コピペ 両親は、仲が悪いのだと思っていた。 冷たく見えるぐらい素っ気なかったから。

2014 04 15  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:


┌──────────────────┐
│両親は、仲が悪いのだと思っていた      │
│冷たく見えるぐらい素っ気無かったから    │
└──────────────────┘




   γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、                        / ̄ ̄\
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                       /   _ノ  \
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ                      |  ─(●)(●)
 (:::::::::/―   ―   \:::::::)                         |     (__人__)
 \:/(●)  (●)    \ノ                          |     ` ⌒´ノ
.   |   (__人__)       ,|                       |          }
   \  `⌒´     /                        ヽ        }
    /         \                          ヽ     ノ

148 普通の名無しさん 2012/02/14(火) 22:12:02 ID:7X.YZQrI


┌────────────────────────┐
│両親の兄弟姉妹などから幼なじみで大恋愛だったとか   │
│周りの反対を押し切って結婚したんだとか聞かされても  │
│到底信じられなかった                           │
└────────────────────────┘



         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|      あの二人、小さい頃から仲良かったのよね
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`



                                              ____
                                            /      \
                                           / ⌒   ⌒  \
           周りの反対を押し切ってまで結婚したんだから    / (⌒)  (⌒)   \
           それはもう、仲が良かったですよ             |     __´___      |
                                         \    `ー'     /







     _      _,..‐.....-......、..._ vr 、
    /:.:.:`ヽ、,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .: ハ.j∧:
.    ハ.::.:.:.l/:.:.:.イ.:.:.:.:.:.,:.:'"´ .:,.,ィ´:.:.7.:.:.、
   /:ノ:.:.:.:.l〉:.:.:.:.:.:.:.:.;〃..:.:.:/:.:.l:.:.:.:./!ヽ:.l:.:.ヽ
   l:.:l:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.;〃..:.:.:/:.:.l:.:.:.:./!ヽ:.:.l:.ヽヘ
  /イ.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:-:.:.l:.:.:.:./:.:.:l:.:/:.:.:./ :::.:.l:. l、:.:.ヾ、
  l:.:.:l:.:.:.:.:.:,lヽ:.ヽ:.:.j. :.ノ:.:.:,:l::.lム:/--ヽ:.ハ:l:.:l:ト|
. l:.:.:.:l :.:.:./ :.ヽ:.:.:./V:/:.i'"|:/_,ュ、_i ,'lソ:.:l|:.l
  l:.:.:.::.ィソ  !:.、:.:./r,ヾ;.:.:.:.:l f´弋厂 ヽ、:lレヽ|
  l:.:.(    ,':.:!.:.ヽ 、6l.:.:.:.l ,,,,´     /:l        …………
  :.:.ソ   /:.:l:.:.イ:.:.フ|ハ :.:.l         ∧:l
 (     l:.:.,'/l |ヽ:.:.lヘ.:.:|      ´/| ソ
      /:.八/ ´ \ヽ ヽト、r┬ - i:.i
.      ,∠.......`ヽ,   \ 〈ミ'ヽ.|  ,l/
    /"¨_""''\、    ヽ_,, ユ.!!
   イ/::::::`:ヽ.、\、_ _/:=ヽl.lヘ\

149 普通の名無しさん 2012/02/14(火) 22:12:31 ID:7X.YZQrI


┌─────────────┐
│そんなある日             │
│母が子宮癌で手術を受けた  │
└─────────────┘

                               __________________
                                  |.    ╋ Royalty Escaline Hospital ╋    |
                                  |.    ─ ── ── ── ── ── ─    |
                                  | ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 _________| ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  ─ ── -     ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |  lエl lエl lエl lエl  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                 i, | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
                  |i | ┌─ ┌─ ┌─  ┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─┌─  |
            =====================================================,┌─  |
,,...,     | ̄ ̄|\\|l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l ├┤l工l工l|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
ゞ;ゞ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____|
t'ゞ;;'tyメ;;,,lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |__|  |
YゞKゞヾメヾ`ゞ、,,、.                                             |.HHH|! |
kゞ,Yハ'ソ;ヾヘゞYソYゞ、,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| ̄
ゞt;ゞヾ〃ゞYゞヘゞヾメt' rソ';tゞ;ッ';'ゞ;ヾゞ、                                |.HHH|! |  | =
ヾゞtゞkゞゞ;l!_kメ'ヌヘゞ;k",t'ッ';;'メ;y;ゞ; ヾゞ゙ゞ""ヾ、エl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |_| =
;;、;;;;;::;;;"ゞ,〃^ゞヾヘメ' :,`;.;;:,”:"゙:.:゙;':,:.:゙;゙':,”:"゙:.;'ミ、                         |.HHH|! |  |
ゞ、,....ヾ;;;;;;;;;;;'''';;;;;;;;;;;;;;;;,;;;:,”:"゙:.:゙;:,” "゙.:゙;' :, ミヾゞ,l lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |  |
kメ'ヌヘゞ;k" f;';:': r';.';:;'.',';';、;;;;;;;:;:; :、,、 、`^;;;:;:;"::ミ'、                           |.HHH|! |ヾ";;''
.';.,':';:.';,:;'j:;`}.ゞ;':,f.';:;';.:';',.;';;ミ;.:".;; ;; ;:ll ,;.:" .:;.:'゙: ゙,ヾヾl lエエエエエl lエエエエエl lエエエエエl |二二|  |ミ;;ゞヾ
':';.;';:;'.:,.';:゙、r';:`Y;':';.,';':';.;' ..;;`;.'!;;;;ヾ;.:".:゙,:,/;、,;;:;;;:;:;, l二二二二二二l_                  |    |  |ミ;;;ヾヾ
;';':';. .';:;'.;';':'};; ゞi;.;':';'.';',;:'.':' .;,l';;; ;,:|l;;; ;,i.i.;; ;;;:":ゞ/|__|__|_|l l='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='=='==,.|;; |
;':';'.';:,';.;.:';;'f;、;.';;i、;:;',':';.,' ,.,:':';";;;;;;;.l;; :l!; ;|;;;.:"' //======l l;"';;"';;"';;"';;"';;"';;"';;";"';';;"';;"';;"';;"';;"';"';;;;;
;';.;';':':.;;.;';i;'l;:;`i;.;iiゞ:;:;';;.';:;';';;;;;;;;;;;;;;l;; :l!; ;|  //=======l l , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , . , .

150 普通の名無しさん 2012/02/14(火) 22:13:08 ID:7X.YZQrI


┌──────────────────────────┐
│手術の終わる時刻を見計らって病院へ行くと             │
│父が母のベットの傍に座り、好きな歴史小説を読んでいた    │
└──────────────────────────┘



  \                               /
    \                            /
     \                          /    ,.、
       \                        / ,. ィ彡l |
        \________________r: ┐   | l´  .| |
           |..:.|:|.::|.:.|  |    l    |:.|:.|  |   | |   | |
           b :|:|.::|:.:|  l    |    |..|.:|  |   | |   | |
           |::..|.|...|::.|  |    l    |::|::|  |   | |_  | |
           |::..|:|..:|:::|  l    |    |.:|.:|  |   `ー ミ、| |
       ミヌ彡|::.:|.|:.:|..:|  |    l    l亡フ|  |        `´
        X |..:.|:|..:|:.:|  l    「  ̄l  L三z|  |
    _,. -‐(__)フ__l/´「 ̄ ̄|`丶 侶占コ | ̄ ̄l   .|
   {二二フ ,. -ァニ二二二ニヾ、i .| ̄ ̄| |──l   .|
      |,. '´ ∠ ____ノ l_|    |_| r----{三ヽ
    /                  l |__| |__ト、r二二二ソ , - 、
  , ニニ「  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |ニニ 、   l          !_「二二二{   \
.〈| |/ |         |\ | |  l          ト、     \   }
 | |__|____________|__| |\_i         |_l\「二二二二二}
 Ll    (O)     (O)   Ll               |______!
/                                |_|      Ll










   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |─( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ

151 普通の名無しさん 2012/02/14(火) 22:13:39 ID:7X.YZQrI


┌─────────────┐
│麻酔から覚醒したのか      │
│母が痛い痛いと呻きだした   │
└─────────────┘



  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
(:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)      うぅ…
\:/ / ⌒)   ⌒゚o  \ノ      痛い、痛い……
 |  /  /(__人__)      |
 \/  /   ` ⌒´     /







        l  /
          ′/
   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |─( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ

152 普通の名無しさん 2012/02/14(火) 22:14:10 ID:7X.YZQrI


┌───────────┐
│父は即座に小説を閉じ   │
└───────────┘



       __________
    r´ ´\                \  パタッ
    (    \                \
     \     \              \
      \     \                 \
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ







  ヘ             {: : : : : i: : : : : : : : : :| ̄| ̄ ̄「|: : : : : : : : : }/
   ',             ヽ、: : : |: : : : : : : : : :|  |    |.|: : : : :__/
    ',             V  ̄` ――‐r― ゝ__L.......」j-‐ 「 _/
     ',              ヽ     : |  :| |: : : : : : : _ - ´
      ',             丶    : |  :| |: :_ ‐ <
.     i、      _,,.. -―┴- 、 : 」.. -‐"´    `丶、_
     ',',    _,r'´/  ___,.-    `<__           ` ー―-
      ',',   / | ノ  / , '´        \
      ',', ∧ 〈__/- 、/           丶                . :_
       ',', {、ヽ} } 、 , '   ,r          ヽ             .  _ ´/
       ',V } : }〈__゙ソ  /  _           、          . _ -". イ
        \`: :{ /  , '   /ノ          ヽ       . ∠ - '´ 「
         `ヽ}/  /   //  , -、      ,.-‐i    . : _ ´. . . .|
           /  /  , '/ , ', '´   _.. -''´/ }  . _ -'´. . . . . .|
           `"トト /'  / '´ _ .. -‐''ミヽ_/  /. : / . . . . . . . |
             |.`く{__..イ' //: : : . \`<__/. . . . . . . . . |
            |. .ヽ}. `く , ': : : : : : . \‐、. . . . . . . . . . |
            'i. . .\ /: : : : : : : : : `丶、 . . . . . . . . |
             i . . . i: : : : : : : : : : :  丶、. . . . . . . |    ┌──────────────┐
             'i. . . .i: : : : : : : : /: : : : . 丶、. . . . .|    │母の右手を両手で包み込んだ  │
              i. . . |: : : : : : : /: : : : : : . \. . . . |    └──────────────┘

153 普通の名無しさん 2012/02/14(火) 22:14:47 ID:7X.YZQrI

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |  ─(⌒)(⌒)
 |     (__人__)     ユミ、大丈夫だよユミ…
 |     ` ⌒´ノ
 |         }
 ヽ        }
  ヽ     ノ




┌──────────────────────────────┐
│まだ意識が戻りきっていないながらも、父の声に母が反応して答えた   │
└──────────────────────────────┘




  γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
(:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)       タカちゃん…痛いよ…タカちゃん
\:/ / ⌒)   ⌒゚o  \ノ
 |  /  /(__人__)      |
 \/  /   ` ⌒´     /

154 普通の名無しさん 2012/02/14(火) 22:15:26 ID:7X.YZQrI


┌───────────────────┐
│父と母が名前で呼び合うのを聞いたのは    │
│それが初めてで、最後だった           │
└───────────────────┘




       ィ'::¦
     /:::::::::::l_ _ 一ィ'ヘ斗、イl
    ':::::::::::`7 /::::::::::::::::::/:::::::lヽ、
.  , ':::::::::::::::ィ-:::Y´::::::::/::::::::::::::::::::,l
 〈::::::::::::::::::i:::::::::!:::::::::/::::::::::::::::::ケ::::¬
  ::::::::::::::::{::::::::::::::::::〈::::::::::::::::::ハ:::::::::::!
  }:::::::::::::::ゝ::::::::::::::::::丶:::::::::::|::::,、:::::::|
  /:::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::〉::::,.::/// , ヘ|
,/:::::::_._/ .|:::::::/|:::::|!::::/::::(レ   /
i::::r ' ´  /:::::::ノN::/:::l:::::::::ム ,i
ヽ、   /::::∧ヘ {:::::l:::::::::/_/
    ∧::::| 丶  |/'l,::::/
   (.:::::〉/\  ヽ|  l::::|
    )f´   ヽ  i|レ ヽ丶
    /       \/A ハ、

155 普通の名無しさん 2012/02/14(火) 22:15:59 ID:7X.YZQrI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━



┌────────────────┐
│母の通夜の後、棺の中の母の頬を   │
│何度も何度も父は撫でていた      │
└────────────────┘



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |  ─(_)(_)
 |     (__人__)
 |     ` ⌒´ノ
 |         }
 ヽ        }
  ヽ     ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━
            /‐ス7
             / / /
       /   ,イl l l   _
      ,'  ,' | !j j │  /┤
     | |  |     ヾ、/ ,!
      `、 `、 │       /
       丶   l      /
          /     /
        /   /
       /    ./
      /     /
━━━━━━━━━━━━━━━━

156 普通の名無しさん 2012/02/14(火) 22:16:32 ID:7X.YZQrI


┌───────────────────┐
│ユミ、ユミ…って母に呼びかける父の声が   │
│聞こえてくるようで、切なかった          │
└───────────────────┘




       ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
       i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
       /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
     /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
    , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::レ'   、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
    {::::::/:::://|'::::::l::/l_∟、    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
    l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ` ::::::::: '´;!iメj } :|:::レ'::!ヽj/ )ヽ        お父さん……
    `/,'  l:||::l:::ヽ∧とっ_ソ  ::::::  ,Vとつ|::::l丿::リ::|  `丶
    ( l  リl:!い::::::{t o     ,     。 |:::|::/イ|::l     )
.       ヽ l/ V|トrヘ          o ,イ.|::::|::i|| リ
        \|::| ||::::ト、   -=-   .ィ:::レ':::::jl:::l
          |::::j人!::::|「 ト  __ ィ´| ′イ八|
          |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶

157 普通の名無しさん 2012/02/14(火) 22:17:06 ID:7X.YZQrI

元ネタ



537 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/10/13(金) 13:53:07 ID:g8rxMoBW
両親は、仲が悪いのだと思っていた。
冷たく見えるぐらい素っ気なかったから。

両親の兄弟姉妹などから、幼なじみで大恋愛だったとか、周りの反対を押しきって結婚したんだとか聞かされても
到底信じられなかった。


母が子宮癌で手術を受けた。
手術の終わる時刻を見計らって病院へ行くと、父が母のベッドの傍に座り、好きな歴史小説を読んでいた。
麻酔から覚醒したのか、母が痛い痛いと呻きだした。
父は即座に小説を閉じ、母の右手を両手で包み込んだ。
『ユミ、大丈夫だよユミ…』
まだ意識が戻りきっていないながらも、父の声に母が反応して答えた。
「タカちゃん…痛いよ…タカちゃん…」

父と母が名前で呼び合うのを聞いたのは、それが初めてで、最後だった。



母の通夜の後、棺の中の母の頬を何度も何度も父は撫でていた。
黙って撫でていた。

ユミ、ユミ…って母に呼びかける父の声が聞こえてくるようで、切なかった。






   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |  ─(⌒)(⌒)       母さん、チョコくれよ
 |     (__人__)
 |     ` ⌒´ノ
 |         }
 ヽ        }
  ヽ     ノ



                                 γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
                                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                               γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
                               (:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
          いい歳こいて何言ってんだよ      \:/  (●)  (●)  \ノ
                                |     (__人__)     |
                                \    ` ⌒´     /
                                /            /
                                \       (__ノ

 
-158 普通の名無しさん 2012/02/14(火) 23:40:14 ID:uTAhPZF2

元スレ
やる夫でコピペ 100スレ目


6974 『コピペ 両親は、仲が悪いのだと思っていた。 冷たく見えるぐらい素っ気なかったから。』の前後エントリー2014年04月15日 23:59

纏め作品一覧やる夫でコピペ(主にやらない夫メイン)の目次


34136 名無しさん@ニュース2ch 2014年04月16日 00:29Edit
やめてくれよ……
34138 名前なんて無いだろ 2014年04月16日 01:36Edit
三年前に亡くなった妻の事を思い出したよ・・・
俺も棺桶の中で眠る妻の頬を黙って撫でてたなぁ・・・
34141 エンキド 2014年04月16日 07:30Edit
ああ、流石に年でな。ディスプレイが突然青に染まって……。
34142 名前なんて無いだろ 2014年04月16日 08:35Edit
※34141
やはりゴルゴムの仕業か!
34144 名前なんて無いだろ 2014年04月16日 09:57Edit
父のあだ名と母の名前がコピペと同じだから感情移入しすぎてヤバイ
涙が止まらん
34145 名前なんて無いだろ 2014年04月16日 13:44Edit
あかん、あかんって…
もう親出したらあかん年なんや…
34146 名前なんて無いだろ 2014年04月16日 15:33Edit
「愛を率直に表現するのは恥ずかしい」という価値観はいかにも日本人的だと思う
それがいいとはあまり思わんけど
34149 名前なんて無いだろ 2014年04月16日 18:44Edit
普通に悲しいオチだった・・・
34179 名前なんて無いだろ 2014年04月17日 12:41Edit
いかん、チョコくれよのくだりで回復勇者が浮かんでしまった・・・クソックソッ(´・ω・`)

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!