失敗は成功の素 その1

.

         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l    できない子です 初めまして
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (<)|ハ|
      ヾi∨| ""    , "|´  ⌒☆
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l         せっかくなので新ネタで乗り込むと
          └l´:::/ヽ |`         作者が意気込んでますが
                        肩の力を抜いて、リラックスしてご覧ください



      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<      さてと、
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/        「失敗は成功の素」っていうけどさ、
     ヽ、_  ―  _,.ィT/         これから紹介する話はむしろ
       l 7Eニ::ィ1│          【失敗してなければこの成功はない】
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    始まるよ   (,,)_
  /  |             .|  \    そういう話なんだ
/    |_________|   \

.

2 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/05(土) 10:04:27.26 ID:HH6x0B6L
.

~その1、失敗からノーベル賞!?~


            __
           .. ‐f: ´   ロ |
        / l!|:.  -―|
      ./   .l!|    ロ |                         ,..ィ‐、
    /     l!|:.  -―|                 _ rー '"   :| ロヽ
  r''"        .l!|    ロ |             _ ,.-゙≦ :|     :|―-|
  |:::.       l!|:.  -―|   _    __,,.-≦      |     :l ロ |
  |:::.       l!|    ロ |___l_ヽ__l_K_l______ .|     :|―-|
  |:::.       l!|:.  -―|_l_l_l_l\\_l_l_l_l_l |     :l ロ |
  |:::.       l!|    ロ |_l_l_l_l_\\l_l_l_l_l_|     :|―-|___
<|:::.       l!|:.  -―|_l_l_l_l_l___\\l_l_l_l_l_   l ロ |ェェェェェ
  |::. 、,、、.,..、  l!|    ロ |_l_l_l_l_l_l__l\\l_l_l_l_l  .|―-|ェェェェェ
,、,.|::. ;:     ヽ. l!|:.,.、 -―|ェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェl ロ |,,,、,,.、,.
 ;):`゙ヾ     `゙"  ヾ゙‥|,,,、f"ヽ,、      l三三l三三l 、,f''"`ヾ、,:'゙::|、,,、;:゙
 、  ,: `ヽ;、        ゙"    "゙ヽ、,,、,,、,:''""´゙:.''"´゙`''"ヽ    ヾ''、,:;
  `゙ 、 _;:' ゙` ---一 ''゙゙"´ ̄ ̄、;:゙`''r―――|゙「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
--- ''"´               ((__,.:''| | ̄| |¨.| |:::.
                      | |  | | | |:::.


                 【某社分析研究所】



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |     ___'___      |   やあ、僕はできる夫
     \    `ー'´    ,/   企業に勤めて分析をやっているんだ
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |    担当は質量分析(MS)という機械による分析
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

     【できる夫主任】

.


3 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/05(土) 10:05:15.96 ID:HH6x0B6L
.

質量分析(MS)とは、大雑把にいうと
飛んでいる分子に小さい粒子をぶつけて大きなイオンに変化させ、
それを電気の力で引っ張ったとき、どれだけずれるかを計測する方法



─────────────────────────────────☆───────────────
                                          _,..-‐'''"~
                                    _,..-‐'''"~
                              _,..-‐'''"~
                        _,..-‐'''"~
                  _,..-‐'''"~
            _,..-‐'''"~
      _,..-‐'''"~
       ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓電気の力


【出来上がったイオンが小さいと、強力に引っ張られて元の位置から大きくずれる】




─────────────────────────────────☆────────────────
                                             _,,,,,,,,,,、.
                          _,,,,,,,,,,、.----―ー''''''''''""゙ ̄
             _,,,,,,,,,,、.----―ー''''''''''""゙ ̄
       ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓電気の力


【逆に大きいイオンは、あまり引っ張られずに元の位置から少ししかずれない】

.


4 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/05(土) 10:06:46.87 ID:HH6x0B6L
.

                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::   __´___  :::::\|   l    このずれ方は、元の分子のおもさ(質量)によって
  |      `ー'´       |  /    ほとんど決まっている
  \             //
  / __        /
  (___)      /



        ____
      /     \
    / ―   ― \
  /   (●)  (一)  \
 |      __´___     |      だから、何種類もの分子で『目盛り』を作っておけば
 \      `ー'´     /      未知の分子の大きさを調べることができるのさ
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

.

5 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/05(土) 10:07:39.04 ID:HH6x0B6L
.

<大まかに描くとこんな感じ


─────────────────────────────────☆───────────────
3000┣                                     _,..-‐'''"~
2800┣                               _,..-‐'''"~
2600┣                         _,..-‐'''"~
2400┣                   _,..-‐'''"~
2200┣             _,..-‐'''"~
2000┣       _,..-‐'''"~
1800┣ _,..-‐'''"~
1600┣
1400┣
1200┣
1000┣
0800┣
0600┣
0400┣
0200┣
        ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓電気の力


この例だと、試した分子(試料という)は分子量1600ちょっとということになる


       ____
      /     \
    /  \   / \
  /  (●)  (●)  \
 |       __´___       |  最初、この方法が発見、開発されたころはこの程度の精度、誤差だったけど、
 \      `ー'´    /  今では小数点以下3桁、あるいはもっと精密に測ることができるんだ
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

.


6 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/05(土) 10:08:21.86 ID:HH6x0B6L
.

            ____
           /     \
          / \   / \
        /  (●)  (●)  \
      |         ´      |      おっと、それでは仕事に戻らないと、失礼
      \      ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \
   (「    `rノ          \
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
=================================================================


        ____
      /     \
    / ―   ― \
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |          しかし、タンパク質の分析というのはやっかいだなあ
 \      `ー'´     /         .何かをぶつけるとバラバラになるし
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /            (※当時タンパク質の質量分析法による分析は困難を極めた)




           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、   あ、しまった
     (  <:::∪::::  __',__::::∪|  )    【グリセリンの中に試料のタンパク質落としちゃった】
      \ ヽ ::∪:: `ー'´∪:://


.

7 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/05(土) 10:09:06.45 ID:HH6x0B6L
.

彼は誤って試料を別の物質と混ぜてしまった
分析するためには余計なものと混ぜてはならないのは当然

しかし彼はこの時、勿体ないとばかりにその混ぜ物を分析してみたのだ

──────────────────────────────

                     i⌒ヽ       /⌒Y
                             /  ,
                   i   i
                       !    !   ;   i. /⌒i
                  |    乂 ノ   l /  ,
                  i          ′ /
                  ;               ,
                     /              乂
                     /                     ̄)
      i´ ̄ ̄¨ ー一 ´                r ´
      人                           i
       `                         ヽ
            `  、                    \
                `                   `
                   `    _                  `
                         \
                        ヽ

                           \


.

8 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/05(土) 10:10:13.14 ID:HH6x0B6L
.


        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |  u   ___`___     |    あからさまに小さい分子が混ざっただけですし
    ヽ、    `ー '´   /    .データとしては区別できるでしょう
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /


──────────────────────────────────
実際そう考えたかどうかはともかく、数万の質量をもつタンパク質と
質量92のグリセリンは区別できる
ただし、通常はグリセリンがあまりに多く測定されるので、混ぜていいものではない
──────────────────────────────────

.

9 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/05(土) 10:11:43.03 ID:HH6x0B6L
.

ところが…


         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |      あれ、あれれ、おかしいですよ?
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /       万単位のモノが測定されてますよ?
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ



         ___
       /     \
      /   ノ   ヽ\
    /  u (●) (●)\
    |  U     __´__ u  |    何度やっても万単位の
    \       `ー'´  /     とても大きな分子があるってデータが!
      ヽ        < ∩ノ ⊃
      | ⌒ヽ     i |/ _ノ
      | ヽ  \  / /    (※科学実験にはこのような【再現性】が必要である)



           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、
     (  <:::∪::::  __',__::::∪|  ) こ、こ、これは…
      \ ヽ ::∪:: `ー'´∪:://


.

10 容量上限テスト中です、よろしければご協力ください@シェルター 2014/04/05(土) 10:12:35.72 ID:HH6x0B6L
.

                      ___
                   /         \
                      /                \
                /                \
                  /           . -一       \
                   / ー- 、     ´    __    ヽ
               l          _=ニ丞三ニ     ヘ
                  l 芹で気ミ     '   んrり〉         ヘ
              l   乂zリ        ゝー'           ヘ   タンパク質という大型分子を
                l                              l   【世界で初めて質量分析できたんだ】
                  l        〈                       l
             l       ____   人          /
              ヽ     ヽー――一ヲ `Y´       /
               \      ̄ ̄ ̄       _       ´\
                /   ー -  一              \
                  / l              /        ヘ
                    /  l              l         l
               /   l              l            l


             【できる夫主任】こと【田中耕一主任】
             後にこの手法でノーベル化学賞を受賞する

.

11 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/05(土) 10:13:13.81 ID:HH6x0B6L
.

         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
    > Y  / 、 ,  ,l_   、\
  <戈、 /   l`寸寸T ハT7 } ,、l
    >ゝ{   ゝ (●) (●)ハ|   ↑
   | ヾハ ∨ゝ     ′  |
   ∨ヾヾi∨|      ̄   丿      .まあ、こんなことめったにないんだけど
       ヽTT、,_     _,ィ        .普段と違う結果が出た時、それを無視したり、捨てたりせずに
        | lヽ::ニヨ7l         さらに追及していくことで
        └l´:::/ヽ |`         【失敗を新たな成功に変換できる】という見本でした



      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
   ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|
    i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)   それではご清聴ありがとうございました
.     ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/    ごきげんよう よい一日を
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ

.

 
-13 ヘッダ下部から3つのソフト(機能)を使えるようにしました@シェルター 2014/04/05(土) 10:36:38.28 ID:w43isgGz
乙ーん!

アカデミックな題材で吹いたww 凄いですねw


14 ヘッダ下部から3つのソフト(機能)を使えるようにしました@シェルター 2014/04/05(土) 20:34:18.54 ID:a7tiA8CG
乙!
セレンディピティだっけ…こういうお話は何度聞いてもいいものだ


15 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/06(日) 22:20:13.46 ID:SWrPYWLL
.

      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
   ′Ji, ゙i ゙i ( ≡)  (≡)|ハ|
    i⌒ヽ'(1. xxx   ' xx,ノ川/⌒)  わーい、反応があった!乙があった!
.     ヽ  ヽx>、  °_,イ l |::::ヽ/   ありがとー!!
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ



      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |     実はこの話『もうちょっとだけ続くのじゃよ』
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/       .ホントにもうちょっとだけどね
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    続きだよ   (,,)_
  /  |             .|  \
/    |_________|   \

.

16 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/06(日) 22:20:57.06 ID:SWrPYWLL
.


実はできる夫(田中耕一)さんにとっては、ノーベル賞受賞の道のりも平たんではなかったのです


                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::   __´___  :::::\|   l   以上に述べました方法によって
  |      `ー'´       |  /   高分子であるタンパク質の質量が
  \             //    以前にも増して正確にできるようになったのであります
  / __        /
  (___)      /


                        /´ ̄ ̄ ̄\
                       /::::::::::::::::::u:::::::::\
                    /:::::::__、:::::::::::::::::::|
                      /:::::: \__ヾ:::::::::::::::|
                       |:::::::::::.u :::::::::~~゙ヾ::::_i
                     |:::::u:::::::::::::::::::::::〉ヾ_i
                   |:::::::_::::-r‐┬─‐j:::::/
                   |:::::(L _/  /  //:::/    キミのその方法は
                   /::::::::::::::: ̄"¬ン:::/     我々の方法の真似ではないのかね?
                     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                  /::::::::::::::::ヽ.____ノ
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
              /::::::::::::::::/::::`¬_::::::::::\
         /::::::::::::::::__/:::::::::::!:::::::}::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::/::ノ::::)(:::::::::/::::}::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::〈:::::::::::⌒ヽ:::::::/::::〉::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
      {::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


しかし、できる夫も負けません いい人ですが、譲れないところは譲りません


         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●):::::(●) \
     |       ___´__    |
      \      |r┬-|  ,/、  いえ、この方法は【論文や報告にあるとおり】
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ  .我々独自のものです
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l

.

17 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/06(日) 22:21:38.58 ID:SWrPYWLL
.

そして、決着は【ごく異例な対応】となる


                   ∧,, ∧
                   (`・ω・´)       えー、我々【ノーベル賞委員会】は
                     U θ U        本年度のノーベル化学賞をできる夫さんに授与いたします
                 / ̄ ̄Ⅰ ̄ ̄\
                |二二二二二二二|
                |        |


パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ  パシャ
 ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (   )】      (   )】    (   )】 【(   )    【(   )    【(   )
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ


ほぼすべてのノーベル賞において、どこかの大学教授などの
その分野における超ベテランの研究者が推薦人となり、受賞対象となる


できる夫の場合、その推薦人は…
委員会自体詳しいコメントをしていなかったことからしても
あまり公にはしたくない事態だったのだろう


.

18 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/06(日) 22:22:10.15 ID:SWrPYWLL
.

だが、私は日本人だからというひいき目もあるにしても
この真実を発見したという重大な業績に対して
慣例を破って賞を与えたノーベル賞委員会自体も賞賛すべきだと思っている


       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
  ′J゙i, ゙i ゙i( ○)  (○)|ハ|
     ゙i|゙i'(1   Д  ノ川    よくぞ見抜いてくださった
      │「ィ::ニE7 l        本当に、本当に感謝したい
      └l´::::/ヽト
        |::::|´  ̄`i


       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
  ′J゙i, ゙i ゙i( ●)  (●)|ハ|   やはり、科学とはこういった
     ゙i|゙i'(1    ヮ  ノ川    1つの真実を見抜く活動だと
       ィ二三三三ニ}l      .作者が感激したところでもあった
       / 仁/  A `ト


                                         以上、その1のオマケでした


.

 
-25 カラーAAの作成にはアップローダーにあるソフトを使用@シェルター 2014/04/07(月) 03:14:42.36 ID:qwfLKEJG
乙でしたー
この人自身もすごいが委員会も英断だなぁ


 
20 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/06(日) 22:56:39.76 ID:SWrPYWLL
.

                  _   _,
            ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
         /        ヽ `Y′之>
     .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ  } <
        l ,ィ { {7Tハノ T寸寸ヾ  }ノ  |
        |ハ| l (●)  (●) / / ,/レ′
            `|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ'/|/    わーい、乙が付いたので
         /⌒ヽヘ   ゝ._)   j /⌒i !     .続ける気力がわいたよー
       \ /::::: >,、 __, イァ/  /
.         /::::::::::::::7Eニ:::{:::ヘ、__∧
        `ヽ<:::::/     /::::::::::::/      【安価】次のテーマについて
                               .マジック、ケイ素、フッ素のうち1つ 下1レス


.

21 三度目のトップ更新です。ご確認ください@シェルター 2014/04/06(日) 22:59:50.16 ID:BkJDa0xF
とっていいんかな?

ケイ素


22 三度目のトップ更新です。ご確認ください@シェルター 2014/04/06(日) 23:05:15.70 ID:rzo2Yas9
シェルターの新規スレが医療と化学って凄い偏り方ですよね…w

23 できない子 ◆9Wb4VOzFpU 2014/04/06(日) 23:27:51.83 ID:SWrPYWLL
.

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′   >>21ではケイ素関係の話を次にしますねー
     `|.xx ヽ  xxx 「)'/|/      明日くらいにできるといいかな?
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘



       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   i   >>22まあまずは隗より始めよっていう踏み台になれればいいなあ
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
  ′J゙i, ゙i ゙i( ●)  (●)|ハ|
     ゙i|゙i'(1 ゙゙゙   ヮ  ノ川    既に1000レス超えた最初のチャレンジャーの方や
       ィ二三三三ニ}l      .カラー化の先鞭をつけた方ほどではないですが
       / 仁/  A `ト      これも板支援になれば幸いです


.

24 名無しさん@シェルター 2014/04/07(月) 00:29:42.57 ID:tfznt1sa
コツコツやりましょうw

面白かったよーw

元スレ
失敗は成功の素
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


6961 『失敗は成功の素 その1』の前後エントリー2014年04月08日 06:16

纏め作品一覧失敗は成功の素の目次


33836 名前なんて無いだろ 2014年04月08日 09:35Edit
戦前だったら有無を言わさず外国人が受賞してただろうね。
北里柴三郎の例を紐解くまでもなく
33863 名前なんて無いだろ 2014年04月08日 18:44Edit
戦前は関係なかろうよ、日本が戦争始める前から黒人の受賞者とか出てきてたぞ?
むしろ「白人の作ったものだからノーベル賞なんて価値がないんです!(キリッ」
とかやってるほうがよほど差別的じゃね?
33865 名前なんて無いだろ 2014年04月08日 19:33Edit
小保か・・・ゲフンゲフン
33869 名無しさん@ニュース2ch 2014年04月08日 20:02Edit
どこに白人の作ったものだから・・・なんて書いてあるんだろう
とはいえ、出来てから何十年か、欧米人しかとって無かったのは事実なんだけどね
北里博士の他にも鈴木、山際博士など、非欧米人だったからノーベル賞を逃した
と言われている人は何人かいますよ
実際の理由は未だ謎なんですけどね
33877 名前なんて無いだろ 2014年04月08日 22:09Edit
日本じゃノーベル賞を受賞しても意味無いから良いんじゃ無いの
どこに属しているかが重要だしw

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!