やらない夫vs. 第二十三話 鉄獄の中の懲りない面々

2013 06 29  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:◆4acrAZYToM, |

                   _
              , -― 二_  ̄`ヽ
           ,ィ´'´ ̄     `ヽ  )
             ,イ´           } ノ
         /         , -ー'´ー  ̄ ̄`ヽ、      r、
         /        /             ヽ.     |ハ
        ,'       , イ           、     \.  ト'´
        !       /                 ',     ヾト、.!|
        ヽ   , /    i ',      i     ',      V|j|
          `ー' ,'  l  l ハ      ト、   ',      !|ノ
             ,   |  ! l ',       !__ヽ_ l      Y
             l   | l j-‐ヾ´    l  \  ̄l     |    清村さんに、お手紙でーす
             !   l イj_‐-ゝ 、   ',xz=≦=ュ-_   i l
             | i  !__zィ≦=ぅ、 ヽ',   ', ´T:t:cゝヽ  i| !
             l |  ! ´-ゞ-゚'ソ   !\_{ ´ゝ-'゚イ   ! ハ !
                 ! |i !  l               j  /イ‐リ..        ┏━━━━━━━━━━┓
              ', i ゝ',  i                ,'  / ノ//∧       ┃ メイルデーモン ハク  ┃
             rヘ l/ハ ハ    、_  _,。   ノ /イ/////ハ      ┗━━━━━━━━━━┛
             !/ハ!//ハ ',ヽ、       , イ/ ////_//
             Y_>-| 、 V/ > 、  ィ  // , ハ ̄ _/
             ヽ__l ハ ゝ'/ハ     イィ /|/77//
              V///リハ Vj´      / ハヾ、_{`ヽ,、
            , ゚ ̄ ̄77ハ  リ`ヽ   イ´! l///ハ./i ̄ `ヽ`≧ュ、
                 // /l  !       l |ァ-ュ、ハl|    Y//ハ
           l       l/,イl|  j       l lj///`ヽ!|     l///|
           !   ヽ j////j ハ   ., '  r! !//////l{ /   l///j
           l   ,' ,ィ'///// /ハ: : . . i  ノハ V/////ハ',   ヾ_ノ
               i  ,'/////ノ//ハヽ: : :l: . / /ヽ V//////ヽ  jヽ
           r'-='//////´////∧ \ : / ////ゝ!//////ハ ̄ヽ \
           l__{/////////////ゝ,、Y_, イ/////////////l-、_ { 、ヽ
          イ///!////////////ハ__ノ//////////////j///j  ハ \
           }///ハ////////_////l   |/////////////ノ///|   ',ヽ  ヽ
          j/////`ゝ///////≧、!   ト//////////,イ////ハ   ', 丶  ',
          l/////__>=---‐''7!   ヽ/77777777≧,-、///}   ',  ヽ }
          |////////////////>-イ////////////  /`ヽ、!    i  ', j
          !//////////////,ィ/////////////////  / ヽュ }    l  ソ



  丶-「                 >ゝ
  ><         │       ゝ <ゝ
<、__< 、   ィ     || 丶丶     ゝ >
  >∠'´/! /l.j │| |\ | | | ヘゝ ! ><
 ´>__∠| /--⊥!`l|ヽl  \|_⊥-トヽl > ゝ
   \l/l/ _二_`゙    _二_   ミ、ゝ
    ! ミ ~"_旦, ゙    " 旦_,゙~ iヽi      あ、どうも
     !、_|.       !        |ソ/.
     \.!.      /│      |ン        ……姉貴からか、嫌な予感が……え?
       `,     ´~`     ,'
       ヽ    -─―--   ,/            ちょっと鳴海先輩、これ、見て下さいよ
      /|\   ___    .r |\
     /  ト、 ヽ     / /   \

4 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:00:52 ID:kkCt4wC20

     イ: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : \: : : : : \:\
  ー=彡イ : : : :/: ヽ /: : : \: : : : : : : \: : : : : \_≧=
    ./イ : : /: : : ∧//∧: : :\: : : : : : : \: : : : : \
  ././:/: : :/: : : : : lWWWl ',: : : : \: : : : : : : \: : : : :.\
    //: : :/. : : .:. ::.|     |:l: : : : : : }\: : : : : : : \ : : : : \
  //l:.:.:./: : : : : :l: |    |:ト : : l!: : l!: |\: : : : : : : \: :メ、: \
  .:/ :|: ,': l: : : : : |N≧ミx. l:l l : :|l: : ハ:ノ斗\: : : : : : : \: V ̄  何々、龍歴二八○一三年に魔王が出現し
  :{  |: :l:l|: : |: : :|不c示ミリ |: :从:ノ不c示ミl\: : : : : : : \\
  :|  |: :l从ハl:. :.:| 込刃   |/  ノ 込刃 イレ|:.\: : : : l! ̄     現在もその版図を拡げつつある……
  .!  ',: |  :|: :从                   /l: |ノ: :|\リ
    ', :l   |: :ゝミ=     l|        /: |:.|从リ           一発殴ってやらないと気が済まない為
     ヽ   |: : : ト     __ __       イ: : :/
        |: l!: | .>      -    ./ :| : /               援軍を連れて、北アメリカ大陸まで
      ..__|: |l: |__介         イ   :| /
       |ニ三三三lll|   ≧≦   |ニ三三三三lll|             来られたし……か、成る程な
       l|::::::::::::::::::|ll|          | : : : : : : : :. :.|ll|
       l|::::::::::::::::::|ll|          | : : : : : : : : .:.|ll|               既にこの大陸の人間は、次の段階まで
        彳:::::::::::::::::l三三三l|     ト==ー- : : : :.|ll|
  -‐=:::::::::::::::::ミマ ::::::::::::::::|ll|     \ : : : : : : l三7__              進んでいた……と言う事か
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ:::::::::::::::|ll| ̄ ̄ ̄ ̄ Y : :.   //:::::::::>ミ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::|ll|┬┬┬┬‐|.::    //::::::::::::::::::::l!≧



  丶-「                 >ゝ
  ><         │       ゝ <ゝ
<、__< 、   ィ     || 丶丶     ゝ >
  >∠'´/! /l.j │| |\ | | | ヘゝ ! ><
 ´>__∠| /--⊥!`l|ヽl  \|_⊥-トヽl > ゝ
   \l/l/ _二_`゙    _二_   ミ、ゝ
    ! ミ ~"_旦, ゙    " 旦_,゙~ iヽi         えっと……どういう事です?
     !、_|.       !        |ソ/.
     \.!.      /│      |ン
       `,     ´~`     ,'
       ヽ      __     ,/
      /|\  (_)   .r |\
     /  ト、 ヽ     / /  \

5 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:01:04 ID:kkCt4wC20

     イ: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : \: : : : : \:\
  ー=彡イ : : : :/: ヽ /: : : \: : : : : : : \: : : : : \_≧=
    ./イ : : /: : : ∧//∧: : :\: : : : : : : \: : : : : \
  ././:/: : :/: : : : : lWWWl ',: : : : \: : : : : : : \: : : : :.\
    //: : :/. : : .:. ::.|     |:l: : : : : : }\: : : : : : : \ : : : : \
  //l:.:.:./: : : : : :l: |    |:ト : : l!: : l!: |\: : : : : : : \: :メ、: \
  .:/ :|: ,': l: : : : : |N≧ミx. l:l l : :|l: : ハ:ノ斗\: : : : : : : \: V ̄
  :{  |: :l:l|: : |: : :|不c示ミリ |: :从:ノ不c示ミl\: : : : : : : \\
  :|  |: :l从ハl:. :.:| 込刃   |/  ノ 込刃 イレ|:.\: : : : l! ̄   太古の時代、人は魔法を用いて龍の姿を取り戦った
  .!  ',: |  :|: :从                   /l: |ノ: :|\リ
    ', :l   |: :ゝミ=     l|        /: |:.|从リ         けれども今は、龍が人に変異する方法を用い暮らしている
     ヽ   |: : : ト     __ __       イ: : :/
        |: l!: | .>      -    ./ :| : /              それが何故だか解るか、清村
      ..__|: |l: |__介         イ   :| /
       |ニ三三三lll|   ≧≦   |ニ三三三三lll|
       l|::::::::::::::::::|ll|          | : : : : : : : :. :.|ll|
       l|::::::::::::::::::|ll|          | : : : : : : : : .:.|ll|
        彳:::::::::::::::::l三三三l|     ト==ー- : : : :.|ll|
  -‐=:::::::::::::::::ミマ ::::::::::::::::|ll|     \ : : : : : : l三7__
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ:::::::::::::::|ll| ̄ ̄ ̄ ̄ Y : :.   //:::::::::>ミ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::|ll|┬┬┬┬‐|.::    //::::::::::::::::::::l!≧



  丶-「                 >ゝ
  ><         │       ゝ <ゝ
<、__< 、   ィ     || 丶丶     ゝ >
  >∠'´/! /l.j │| |\ | | | ヘゝ ! ><
 ´>__∠| /--⊥!`l|ヽl  \|_⊥-トヽl > ゝ
   \l/l/ _二_`゙    _二_   ミ、ゝ
    ! ミ ~"_旦, ゙    " 旦_,゙~ iヽi
     !、_|.       !        |ソ/.     そうっすね、龍の姿だと余分なエネルギーを喰うからじゃないですか?
     \.!.      /│      |ン
       `,     ´~`     ,'          龍に戻って暮らしてると、食料が千倍ぐらい必要になりますし
       ヽ    -=ニニ=-   ,/
      /|\    ─   .r |\
     /  ト、 ヽ     / /  \
   _/  ハ    ゙ー-‐´   /!   \

6 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:01:16 ID:kkCt4wC20

     イ: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : \: : : : : \:\
  ー=彡イ : : : :/: ヽ /: : : \: : : : : : : \: : : : : \_≧=
    ./イ : : /: : : ∧//∧: : :\: : : : : : : \: : : : : \
  ././:/: : :/: : : : : lWWWl ',: : : : \: : : : : : : \: : : : :.\
    //: : :/. : : .:. ::.|     |:l: : : : : : }\: : : : : : : \ : : : : \
  //l:.:.:./: : : : : :l: |    |:ト : : l!: : l!: |\: : : : : : : \: :メ、: \
  .:/ :|: ,': l: : : : : |N≧ミx. l:l l : :|l: : ハ:ノ斗\: : : : : : : \: V ̄
  :{  |: :l:l|: : |: : :|不c示ミリ |: :从:ノ不c示ミl\: : : : : : : \\
  :|  |: :l从ハl:. :.:| 込刃   |/  ノ 込刃 イレ|:.\: : : : l! ̄
  .!  ',: |  :|: :从                   /l: |ノ: :|\リ   それだけなら、ネズミにでも変異すればいいだろう……
    ', :l   |: :ゝミ=     l|        /: |:.|从リ
     ヽ   |: : : ト     __ __       イ: : :/         そうでは無く、龍よりも人間の方が強かったから
        |: l!: | .>      -    ./ :| : /
      ..__|: |l: |__介         イ   :| /             龍は人の姿を取らざるを得なくなったのさ
       |ニ三三三lll|   ≧≦   |ニ三三三三lll|
       l|::::::::::::::::::|ll|          | : : : : : : : :. :.|ll|          今から一万年程前、龍はただの大きい的でしか無く
       l|::::::::::::::::::|ll|          | : : : : : : : : .:.|ll|
        彳:::::::::::::::::l三三三l|     ト==ー- : : : :.|ll|            この星の覇者は人間だったのさ
  -‐=:::::::::::::::::ミマ ::::::::::::::::|ll|     \ : : : : : : l三7__
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ:::::::::::::::|ll| ̄ ̄ ̄ ̄ Y : :.   //:::::::::>ミ        だから……荷物をまとめて行くぞ、清村
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::|ll|┬┬┬┬‐|.::    //::::::::::::::::::::l!≧



  丶-「                 >ゝ
  ><         │       ゝ <ゝ
<、__< 、   ィ     || 丶丶     ゝ >
  >∠'´/! /l.j │| |\ | | | ヘゝ ! ><
 ´>__∠| /--⊥!`l|ヽl  \|_⊥-トヽl > ゝ
   \l/l/ _二_`゙    _二_   ミ、ゝ
    ! ミ ~"┴┴゙   "┴┴ ゙~ iヽi       俺、姉貴、苦手なんですよね……
     !、_|.       !        |ソ/.
     \.!.      /│      |ン          昔から良くボコボコにされてたし……
       `,     ´~`     ,'
       ヽ    -=ニニ=-   ,/
      /|\    ─   .r |\
     /  ト、 ヽ     / /  \
   _/  ハ    ゙ー-‐´   /!   \

7 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:01:28 ID:kkCt4wC20

     イ: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : \: : : : : \:\
  ー=彡イ : : : :/: ヽ /: : : \: : : : : : : \: : : : : \_≧=
    ./イ : : /: : : ∧//∧: : :\: : : : : : : \: : : : : \
  ././:/: : :/: : : : : lWWWl ',: : : : \: : : : : : : \: : : : :.\
    //: : :/. : : .:. ::.|     |:l: : : : : : }\: : : : : : : \ : : : : \
  //l:.:.:./: : : : : :l: |    |:ト : : l!: : l!: |\: : : : : : : \: :メ、: \
  .:/ :|: ,': l: : : : : |N≧ミx. l:l l : :|l: : ハ:ノ斗\: : : : : : : \: V ̄
  :{  |: :l:l|: : |: : :|不c示ミリ |: :从:ノ不c示ミl\: : : : : : : \\
  :|  |: :l从ハl:. :.:| 込刃   |/  ノ 込刃 イレ|:.\: : : : l! ̄
  .!  ',: |  :|: :从                   /l: |ノ: :|\リ    出来る限り取りなしてやる、だから行くぞ
    ', :l   |: :ゝミ=     l|        /: |:.|从リ
     ヽ   |: : : ト     __ __       イ: : :/          魔王よりも強い人間やら魔族やらが跋扈する大陸に
        |: l!: | .>      -    ./ :| : /
      ..__|: |l: |__介         イ   :| /             これ以上居られるか……
       |ニ三三三lll|   ≧≦   |ニ三三三三lll|
       l|::::::::::::::::::|ll|          | : : : : : : : :. :.|ll|           百年もすれば滅びてるかも知れないし
       l|::::::::::::::::::|ll|          | : : : : : : : : .:.|ll|
        彳:::::::::::::::::l三三三l|     ト==ー- : : : :.|ll|            今はこの大陸から逃げるぞ
  -‐=:::::::::::::::::ミマ ::::::::::::::::|ll|     \ : : : : : : l三7__
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ:::::::::::::::|ll| ̄ ̄ ̄ ̄ Y : :.   //:::::::::>ミ
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::|ll|┬┬┬┬‐|.::    //::::::::::::::::::::l!≧



  丶-「                 >ゝ
  ><         │       ゝ <ゝ
<、__< 、   ィ     || 丶丶     ゝ >
  >∠'´/! /l.j │| |\ | | | ヘゝ ! ><
 ´>__∠| /--⊥!`l|ヽl  \|_⊥-トヽl > ゝ
   \l/l/ _二_`゙    _二_   ミ、ゝ
    ! ミ ~"_旦, ゙    " 旦_,゙~ iヽi       本当に頼みますよ、先輩
     !、_|.       !        |ソ/.
     \.!.      /│      |ン         ……それじゃあまた、荷造りするかぁ
       `,     ´~`     ,'
       ヽ      __     ,/
      /|\  (_)   .r |\
     /  ト、 ヽ     / /  \

8 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:01:40 ID:kkCt4wC20

                 ,r──.、  ,r──i  r─--‐、  ,. -ー‐-‐.ァ 、‐-‐,. ,. -ー‐-‐.ァ
                  7   ヽ   >  ヽ  ~ヘヽ   i .i'  ,'゙~ ゙̄'゙  ゙i . ! i'  ,'゙~ ゙̄'゙
                  ,ヘ/ヽ  ヽヘヘ    '.,/. 勹.';  i .!. ヽ,__,t‐ッ  i . ! .!. ヽ.,___,,,....
           .     / /  ヽ   (  ',   ',__,r' .!_,,_゙i,ヽ.,__,,.-:、_! .ノ,,..ゝヽ.,__,,,.: -‐ '゙
           .      / /    ',   ',  ',   ',
           .     ノ (.      !   〉/ __,,,,__\  T h e  G a t h e r i n g
              `'゙ ̄.      !,/ `' ゙     `'゙

               , --ノ                                        青青1
            /   (●
             /   (_ノ)          /7
           ./ \  ノ             / /    バリンが教えてくれた。
          ノ   (              / /:ュ
         /⌒V  l⌒ i                / /二|     身につけるのがいちばん難しいのは、
         | 二 l  l  }           /_/:l二|
         | 二 l  l  L . __            :l二|       すでに習ったはずのことだと。
         | ニ| ヽ _ _ _二) iヨヨヨヨヨヨ [二二]___
         | 二 | (三三三)  |圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|   ――― 熟達の魔術師、アーテイ
        ! ニ {   | | `ー ――- 、          |圭圭|
         .\ 心、  | |     _ニ、   i\       |圭圭|
           .丶二二|_|二二二)  )  .l ∧.      |圭圭|
             | |      ,'  ∧ ∧      |圭圭|
               TT     ,'  / V ∧.    |圭圭|
               .| |     ,'   /  V ∧.    |圭圭|
               .|_|     ,'   /   V ∧ ____|圭圭|
         ┌――┘└――(    \   V  |圭圭圭圭圭|

9 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:01:52 ID:kkCt4wC20

 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>  いやー、死ぬかと思ったよ……いつまでも抜けられない嵐や
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ    こちらを追跡して来る竜巻、渦潮を起こす海の怪物に
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|       船底に穴を空けようとして来るマーフォークの群れ……
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/          ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ            ┃ 海上幕僚長 ジャック・ヒデノリ  ..┃
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、.         ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、



      fヽ                   ,.. -‐‐-:....   /}
      |  \               /: : ≦二 ̄`/ /
      |   ヽ         ..  -‐…‐彳:.:/: : : : : : : ̄ミx'
      |  ヽ  Y    . :´: : : : : : : : : : : : : : :-:‐:‐:‐:‐:<: \    でも、その甲斐あって第八次調査船団は
       乂   \ |   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : ヘ: : \
.         >x___|_, '  乂: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ\ : : : :  ̄`゛   新大陸を一つ発見出来たんでしょう?
     .x<: : : : :冂へ ____` 二ニ=   =ニ ニ二´ __乂 : : : :ハ
   /: : : >-‐ャ√| : : : i: i: :斗/-:、八: :}-‐‐-: :_: : : :.j|: : }: : : : ト、      お疲れ様なの☆
.   /: : :/  Y´{' ム: l: : |/: :./ |: /  )ハ: /ヽ: l ヽ: :刈: :.|: : : :.ハ: \
  /: : /    |  从:.:i: : |: j: /  }'  /  }/   )j: : :./: |: : |ヘ: : :.∧: : :,    しかし、解ってたけど効率悪いねぇ……
. ‘: :∨     |  メ ヘ: l: : |: |!',ィ==ミ   チ==x |: イ: :.:|: :八j: :/  }: : ハ
.': : : '       |/   \八〃          ヾ: :|:/}:/\}:/   ,': : : :}..     ┏━━━━━━━━┓
|: : : |           介トヽ      '      从!'  !'  !'  /: : : /      ┃ 冥王 なのは  ..┃
|: : : 乂              |.l.人     l´ ̄`l    イ: l|        /´):.:/       ┗━━━━━━━━┛
ヘ: : : : ,≧=‐       |:l: :个:..   、_ ノ  .イ |: :l|       /'"
. \、: :\   __      乂:乂zzz〕__‐-‐__〔zzx八:.リ
   ヾ>--‐ ´     f ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄F]
               [》⌒ヽ´ ̄`ヽ   -‐_乂\、



       ____
     /⌒  ⌒\      効率が悪くても、必要な事だから仕方ないお!
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     転移でぱっぱと調べられれば良かったんだけど、最初それをやろうとしたら
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /       遭難して死にそうになったんだお
  /           \

10 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:02:03 ID:kkCt4wC20

:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           イ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           / /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        /  /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..       /   /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        / / -───-
:. :. :. :. :. \ ー─ 、 :. :. :.  -‐‐‐-  |/∠ -──- 、ヽ
:. :. :. :. :. :. :. .ー '  ̄ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<二二ヽ     この世界は平面状では無く
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. _ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ:.:\:.:.\   ノ)
:. :. :. :. :. :. :   '´:///Vl:.:.i、:\:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ヽ         宇宙と言う名の空に浮かぶ巨大な球状の星、地球なの
:. :. :. :. :. :. :/:./:.://:/:./:l:.:.:l \:.\:.:ヽ:.\ハ:.:l
:. :. :. :. :. :./:./:/:.//l:.|:.:l:.:ト:.:.l、\ ーィf乏ミ从Vl           しかも物凄い速度で自転と公転を行っている為に
:. :. :. :. :. /l/l:.l:./ l:.l:.|:.:l:.:.ヽィ戊t   Vソ rハ:.\
:. :. :. :. : l l l:ハl l:.l:.|:.:ヽミニ-Vソ 、    / lヽハ)          余りに長距離を飛ぼうとするとそのズレを受けるし
:. :. :. :. :. :. : ヽ \V:.:ヽ:.:.:>=- 、 ー ' /l ノハ
:. :. :. :.             `(_,.x==x._)>彡:.:.丶 _             そもそも地球の丸さを正しく認識していない限り
:. :. :. :            ri彡:::/l.:/V\::::::::::::::::::.ヽ
:.              /.:::::::/∧l^V^>'´`丶::::::::::|             狙った場所へ転移する事は難しい……
:              /.:::::::::://フ(○)t‐、   |::::::::|
:. :. :. :. ..         /.::::::::::/:ムイ |l l |` \  |::::::::|               ましてや目標物の無い大海原じゃあ、ね
:            /.:::::::/ 八{.l |l__l |  ∧_.|::::::::|



..      ____
     / ―  -\     やる夫の頭が、もっと良ければそう言った要素を計算して
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \     自由自在に転移出来たんだろうけれど……無理な物は無理だし仕方ないおね
  |       ` ⌒´   |
.  \           /        超高々度に転移するのはやる夫の体では耐えられないし……
.   ノ         \
 /´            ヽ



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>   結局ベースは人間だもんな、仕方ないさ
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ      気圧差の問題だけだったら、風を纏う魔法を使えば
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|          どうにか克服出来るんだろうが……
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、

12 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:02:15 ID:kkCt4wC20

             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \    二つの魔法を同時に使うとか
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/      一つの魔法を維持したまま次の魔法を使うとか無理無理
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ       なのはさんと違って、やる夫は魔力を外付けしただけの凡人なんで
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |         何十年も勉強して、ようやく上位魔法が使いこなせる程度なんだお
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



       <二ミz、         ,. -─ ァ
           >v'´  ̄ ̄ `ヽ. / ,r ' ´
.         /:./:.:.:.:.:.:.:.:.l.、:.:ヘエ二ミヽ、
        /ィ:./:.:/:.l:.:|:.l:ト、l:.l、:.:l:.:.l \ ヽ:ヽ   試作した監視装置を上空へ飛ばしてみたら
.          /l:.l:.l:.トN ハl,ィiZt l:.l|:.:lハ } lヽl
        l:.lハ:.ト ィfハ  Vツ Nハ } ∨ l:.:l     古代人が作ったと思われる謎の兵器に撃墜されちゃったしね
        l:.l ハNミ ゞ' 、    l|レ'    ノ:/
        从   |lヽ、ー , ィリ  -ニ彡'        龍の知恵が得られればその辺の打開策が浮かぶかも知れないけど
               __7i-‐ ' iス
            /〃/、ェ。/ , 冫⌒ヽ、         向こうがこちらに協力するメリットが何も無さそうだから……
            / /l_/^>_'__/ /   o ヽ、
         {^ Y.〈o∠ノ__ ,..{-‐ '^ ー '/          無い物ねだりをするより、今ある海路を模索するべきなの
            ヽ}<ヒi>     丶     /
          /、。/{_}Vi 。    >ニアミ 
          \/ i:i Vi-─ _'_,. l l:::::l
          ,i | i:i   ̄_,.zi、   l l:::::l



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\   まあ、必要な事だって理屈の上じゃ分かってるよ……
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ    海外から侵略を受けた時、情報が全く無いんじゃ話にならんし
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv      海外へ侵略する場合も、他の大陸の国家間事情を知らないで
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}         仕掛けると、世界中の国から袋叩きにされる可能性もある
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ             攻めるにしろ守るにしろ、世界地図は作らなきゃならん
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、

13 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:02:28 ID:kkCt4wC20

           ____
         /      \     この星の裏側で、封印された破壊神が復活でもして
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \    星自体を破壊し始めたら、現状ではどうしようも無いしなぁ……
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/      そういう事に対応する為にも、ジャックには頑張って貰いたいお
      ノ      ー‐   \



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>   どう考えても、そういう事が起きるよりも早く
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ     俺の寿命が尽きるんですがね……
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|        二人と違って魔力が無いんで、老化抑制も出来ないし
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/          肩とか腰とか最近きついんだよ……
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、



:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           イ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           / /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        /  /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..       /   /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        / / -───-
:. :. :. :. :. \ ー─ 、 :. :. :.  -‐‐‐-  |/∠ -──- 、ヽ
:. :. :. :. :. :. :. .ー '  ̄ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<二二ヽ    別に、老化抑制魔法……細胞修復魔法も完璧では無いけどね
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. _ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ:.:\:.:.\   ノ)
:. :. :. :. :. :. :   '´:///Vl:.:.i、:\:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ヽ        昔々、ドクター・カオスと言う大魔導師が居て、その人が作成した
:. :. :. :. :. :. :/:./:.://:/:./:l:.:.:l \:.\:.:ヽ:.\ハ:.:l
:. :. :. :. :. :./:./:/:.//l:.|:.:l:.:ト:.:.l、\ ーィf乏ミ从Vl         魔力が続く限り永遠の命を得られるはずの魔法だったけれど
:. :. :. :. :. /l/l:.l:./ l:.l:.|:.:l:.:.ヽィ戊t   Vソ rハ:.\
:. :. :. :. : l l l:ハl l:.l:.|:.:ヽミニ-Vソ 、    / lヽハ)        結局、ドクター・カオスは齢千年を越えた辺りで
:. :. :. :. :. :. : ヽ \V:.:ヽ:.:.:>=- 、 ー ' /l ノハ
:. :. :. :.             `(_,.x==x._)>彡:.:.丶 _           魔法の維持が出来なくなり、死んでしまったらしいわ
:. :. :. :            ri彡:::/l.:/V\::::::::::::::::::.ヽ
:.              /.:::::::/∧l^V^>'´`丶::::::::::|           脳の容量に限界を来たし、記憶の取捨選択が出来ず
:              /.:::::::::://フ(○)t‐、   |::::::::|
:. :. :. :. ..         /.::::::::::/:ムイ |l l |` \  |::::::::|            最後には魔法が使えなくなってしまったそうなの
:            /.:::::::/ 八{.l |l__l |  ∧_.|::::::::|

14 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:02:40 ID:kkCt4wC20

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     だからなのはさんは、人体実験を繰り返して
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     記憶と脳の関わりを調べてるんだおね
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



       <二ミz、         ,. -─ ァ
           >v'´  ̄ ̄ `ヽ. / ,r ' ´  
.         /:./:.:.:.:.:.:.:.:.l.、:.:ヘエ二ミヽ、
        /ィ:./:.:/:.l:.:|:.l:ト、l:.l、:.:l:.:.l \ ヽ:ヽ    蛇より長く生きる為には
.          /l:.l:.l:.トN ハl,ィiZt l:.l|:.:lハ } lヽl
        l:.lハ:.ト ィfハ  Vツ Nハ } ∨ l:.:l      どうしても解明しなきゃいけない部分なの
        l:.l ハNミ ゞ' 、    l|レ'    ノ:/
        从   |lヽ、ー , ィリ  -ニ彡'
               __7i-‐ ' iス
            /〃/、ェ。/ , 冫⌒ヽ、
            / /l_/^>_'__/ /   o ヽ、
         {^ Y.〈o∠ノ__ ,..{-‐ '^ ー '/
            ヽ}<ヒi>     丶     /
          /、。/{_}Vi 。    >ニアミ 
          \/ i:i Vi-─ _'_,. l l:::::l
          ,i | i:i   ̄_,.zi、   l l:::::l



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ    その副産物として、記憶を消す技術が確立されたと
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv     ……九割は成功するけど、一割は白痴になるんでしたよね?
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、

15 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:02:53 ID:kkCt4wC20

:::::::::::::::!::l:::::::::::ト;:::::::ト、::ヽ ヽ、::::::::::へ__ヽ,:.ヽヽ::::::::::::::::::l::::/__/イ
:::::::::::::::l:::.l::::::::::l`、::.ハヽ;:.ヽ_,,.-‐'.´ ̄:.ヽ、ヽ、i::.l::::::::::::::::レ'´., 、ヽ
:i:::::::::::::::l:::.'.;:::::::l. ヽ::::::._,.-"    _, -=ミ 、.ヽ ヽ:l::l::::::::::::::l:l i   ヽ
:l:::::::::::i::::l::::::ト、:::l  ,ィ´::.、  ,>イ彡モテ=ミ,,`` :::ヽil:::::::::::i!:l  ;'⌒ヽ
::!::::::::::l::::::li:::l.ヽ:::.l ´   `‐イ,il'〃:::::::::ミ、 .リ   ::::il::::::::;イ::l.
:::l:::::::::::!:::::l_;-l、 ヽヘ    イ il::::illlli::::ll ノ:::::::::::::::::l:::::/::l:::l::. i     元は死刑囚なんだから
:::::!:::::::::::l::,':l`、l  ヽl     ヾ:::`'´;;イ::::::::::::::::::::l:::/::::l:::l:::、 ゝ,
:::::ヘ:::::::::.l'::::l'イ=ミ、....    ...:::::ゞ'´:::::::::::::::::    l:/:::::::!:::l::::l  l      執行が早いか遅いかだけの違いなの
::::::::ヘ:::::::::`i::ll!ん:ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ,l'  ::::::l::::!:::l`‐-イ
::::::::::::ト,:::::::::l.ヽヾ:llハ::::::::::::             /   ::::l:::l::;'  `l::       魔法の発展の為に死ねるのだから
.、:::::::::::lヽ::::::ハ`ヽヾイ:::                    :::::l::Y   .リ
:::ヽ::::::::ヘ ヽ::::ヘ、:i, 〈                    ::::::;'l::l             犯罪者の末路としては上等だよね
:::::トヽ、:::ヘ ヽ、ヘ`l       , -‐=i         .::::/ l::l
:::::ハ`、`ヽ::ヘ,l::::lヽlヘ    ィ、   .ノ        .:::/  .l:l
ヽ:::ハヘ`、`‐,ミ、l   ヽ、  ` 、 /        .:;:'     l!  _,ィ
ヽ\:ヘ、ヽ、 l::::i` 、.  ` 、   _,        ,.イ     ,.l<
 `ト、ヽヘ`‐-l::::l       ` 、        ,.イ    ,∠
  ` ``-、::::l::::l`-、_       `   __,/ .∨ _,イ
        ̄l:::ド、;;;;;≧=--‐'         ,〉‐ハ



                    _
                , -" ̄   ~`ヽ、
            /          ヽ
           /            ヘ
          ,'              }    とは言え……
            l __          __,   l
.           { .{.  ̄r' ̄● ̄广´l.   ,'      哀れだとは思いますがね
            ',.ヘ   ゝ、  ノ   !   /
            \丶  `~ ´  ノ /          まあ、人間達も家畜に対し
            ヽミ_‐- - ‐´.,/
                  `フ  ̄ ヽ、              より残酷な真似をしているので……
              /     .ヽ
             /        ヘ               牧場へ行くよりは、心に来るものは少ないのですが
               / ,          ヘ
           / /         i ヘ
            | ,'          i .|
           ! !             i .l
              {_〉           } !
             ∨ ,,__,,   /-'
               '.,   i~ヽ、 /
             丶  l   ! /
                   > |  ,} 〈    トテトテ
                  ̄  ゝ-'



       ____
     /⌒  ⌒\      おっ、先生
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     研究の調子はどうですかお?
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
  /           \

16 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:03:05 ID:kkCt4wC20

                    _
                , -" ̄   ~`ヽ、
            /          ヽ
           /            ヘ
          ,'              }   やはり、心を読む魔法……と言うのは難しいですな
            l __          __,   l
.           { .{.  ̄r' ̄● ̄广´l.   ,'     流れ込む情報の制限や取捨選択が出来ないので
            ',.ヘ   ゝ、  ノ   !   /
            \丶  `~ ´  ノ /         殆どの者は使用したら最後、脳が焼けて死ぬか発狂するか
            ヽミ_‐- - ‐´.,/
                  `フ  ̄ ヽ、             けれども嘘を見破る魔法は三種類目が完成しました
              /     .ヽ
             /        ヘ              一つ一つは完璧とは言えない代物ですが
               / ,          ヘ
           / /         i ヘ              三つ併用すれば或る程度尋問には使えるかと
            | ,'          i .|
           ! !             i .l
              {_〉           } !
             ∨ ,,__,,   /-'
               '.,   i~ヽ、 /
             丶  l   ! /
                   > |  ,} 〈
                  ̄  ゝ-'



      ____
    /  ⌒  ^\     それは素晴らしいおね!
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ     どのような形で運用するのが一番か、紫杏と相談するお
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /
 /           \



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ     噂をすれば影、か
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、

17 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:03:16 ID:kkCt4wC20

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      ||ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||



                  . -―- .
                ,≦ ./´ ヤ∠ヽ
               l /  ィx.ォ ム l
               {/  .イZ三∧ l|
               ム' .ィ赱|l三赱1 |ム
              ム| ハ´  l|l  `| ムヾ、     我等が最後か……
             /オレ' ゝ -_- ィレ ム `
            /   / { ≧`ー ´≦ } ヽ
            .  -―≦ _|_ ≧―- .
        . ≦         O7        ≧  .
      i≦            ノ              ≧i
      Ⅵ               / <             Ⅳ
       〉           /    \          /
      /         /O      O\        ヽ
      |        ./          \        |
     i´       ./ |   O     O   \      ヽ、
     }      ./   .}              .\         1
    /     ./  {   {   O     O     } .\      |
   /   ./ー≦zヤ_  ヤ                 /z≧-\    ∧
   /   //    /≧‐―-zx__ _  -‐<ヽ.    \  ∧
  / / /    ./ / /≦      ヽ >x  ヽヘ.      \ . ∧
 //    \   { 1 .ム≧    、 ヽ ヽ ∨ ヽ  ! 1   /  \.∧
/       > .ヤ!  !≧ナァzx ヽ ヽ V-≦1}  l !. <     \ヘ
           > . ⅥⅣ/ / 7 、ヘ._∨ⅥlⅣ  . <          
           /   ̄7 `'ー七´|    `-"< ∨            
            /   /   O .〈_〉 O      ∨          
           /   /       〈_〉           ∨

18 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:03:28 ID:kkCt4wC20

            _____
           /: : : : : : : : : : : \
         /: : : : : : : : : , -‐===、 _
        /: : : : : : : : : /∠´ ̄ ̄ : : : : ̄ : : .
.        , : : /:: :: :: : :: ::, .': : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : /:: :: :: :: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
.      /: : /:: : :: :: :,.': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..
     /: : / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
.    ///: :: :: : : :i:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : :: : : : : : : : : : :
   /  /: : : : : : : :i: : : : : : : : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : : : : : : :',
.  /  /: : : : : : : : ::', : ,- ,: : : : : :\:::_/ /: : : ノ:: : :: : : :: : : : : i
.   ,′: : ::: :: : :: : :', {へl: : ::r--<\/:/ : /!: : : /: /: : : : : : i
.   :: : : : : :: : : : : :/'{.:(゚| : 八rヘ ソヘ,ヽ厶イ  i: ::,イ: /: : : : : : : :、_ノ
   i: : : : : : : ,イ:::/.  \i: :i .`¨´        .j/ j/ l: : : : : :: ::'
   |: : : : : : /:ノ-‐-.、  i゙ i ″″       .r〒テr /: : :// : /
   i: : : : : //   \\/ i: ト、        ,  └ ′/ : /厶イ   指示しておくべき事が多くてな
..  ', : : : //      ',.∧j/.\   - 、   ″, 'ー=彡′. ノ
   ',: : //         i ∧ ,ヘ \_ _ _ イ                少々遅れたが……
    !: i. i       i.  !{:::r\∨i/|    .ノ
    i: i .i.        i. 八└-[]二コ、_ /                会議なら、相互通信魔法が掛かった
    i:,' .i         i    `Y´jl\_|  ̄ ヽ
    .| i          i::i      .ii       , .i                 鍵を使えば十分ではないか?
     i         i:::i               \.i
      i       .i:::::i             ヽ
     .i         .i::::::::',
      .i       i:::::::::::' ,              i
     i         .i::::::::::::::::>- __        /
    .i         .i:::::::::::::::::::::::::/         \



:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           イ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           / /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        /  /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..       /   /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        / / -───-
:. :. :. :. :. \ ー─ 、 :. :. :.  -‐‐‐-  |/∠ -──- 、ヽ
:. :. :. :. :. :. :. .ー '  ̄ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<二二ヽ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. _ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ:.:\:.:.\   ノ)
:. :. :. :. :. :. :   '´:///Vl:.:.i、:\:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ヽ
:. :. :. :. :. :. :/:./:.://:/:./:l:.:.:l \:.\:.:ヽ:.\ハ:.:l     新しい研究成果によって
:. :. :. :. :. :./:./:/:.//l:.|:.:l:.:ト:.:.l、\ ーィf乏ミ从Vl
:. :. :. :. :. /l/l:.l:./ l:.l:.|:.:l:.:.ヽィ戊t   Vソ rハ:.\     幾つか試してみたい事が出来てね……
:. :. :. :. : l l l:ハl l:.l:.|:.:ヽミニ-Vソ 、    / lヽハ)
:. :. :. :. :. :. : ヽ \V:.:ヽ:.:.:>=- 、 ー ' /l ノハ        それでみんなに来て貰ったの
:. :. :. :.             `(_,.x==x._)>彡:.:.丶 _
:. :. :. :            ri彡:::/l.:/V\::::::::::::::::::.ヽ
:.              /.:::::::/∧l^V^>'´`丶::::::::::|
:              /.:::::::::://フ(○)t‐、   |::::::::|
:. :. :. :. ..         /.::::::::::/:ムイ |l l |` \  |::::::::|
:            /.:::::::/ 八{.l |l__l |  ∧_.|::::::::|

19 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:03:40 ID:kkCt4wC20

                  . -―- .
                ,≦ ./´ ヤ∠ヽ
               l /  ィx.ォ ム l
               {/  .イZ三∧ l|
               ム' .ィ赱|l三赱1 |ム         新しい研究成果と言うと……
              ム| ハ´  l|l  `| ムヾ、
             /オレ' ゝ -_- ィレ ム `         勇者を用いた、運命と魂の解析でしたかな?
            /   / { ≧`ー ´≦ } ヽ
            .  -―≦ _|_ ≧―- .
        . ≦         O7        ≧  .
      i≦            ノ              ≧i
      Ⅵ               / <             Ⅳ
       〉           /    \          /
      /         /O      O\        ヽ
      |        ./          \        |
     i´       ./ |   O     O   \      ヽ、



                       ィ⌒ヽ
                  __/    ヽ
         ィ   ̄         `ヽ    ヘ
       /                \   ヘ
.     /                    \  ヘ
    /          \           ヽ  ヘ       魔王の卵の実物が見たい、と言ったところか
    /            メ―― ― -\    |  ヘ
    /      ト __ ヘ\   \-<     \   !   \       そして都合が付けば実験を行いたい、と
  /    .´|. \   `、` <.ィ´ ̄`ヽ`ト、  > 、.    \
. /_ハ  ヽ  |ィニ\   ヽ  イ γ::ヽ 〉 >-|――   ヘ`ヾ        別に構わんがな……
   ヘ  |  イ´ r‐:ォ\.  i   、 !:{}:::|/ |    ! ,i      |
     `、.|\.ヘ !::{}i | \|    `ー '  !    !.ハ       !
.     ヽ∧ \ `¨                !  /〉 | ,ヘ    .|
       \ヽ ∧    `        リ /'´ |/ |.   /
       / .\  \    r ヽ     イ /   /.  !  /
      .ソ|  |   ` 、 `   <´. ! /     / /
.        ヘ  !    ∧ヽ` ー r´ハ` ̄/`ー‐t  //
        \|   / \  ソ /  ∨      ゝ
        _ ,.イ/  _  /__/   〉、   ./、_
       /: |: // /ヽ. /. |   /: :}  /: : : : :/:`:ヽ
      ,: : :!: :|: : : :|  |//  / : : : |//: : : :/: : : : : `、
       |: : :ゝ:イ: : :!.  ´  /: |_:_:_:_:_:_/: : /: : : : : : : : ::、
       |/:|: : : : : :!   イ: : : :|: : : : : : : : | : : : : : : : : : : ::、
     /: : :ヘ: : : : : |/ : : : : : : !: : : : : : : : !: : : : : : : : : : : :i

20 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:03:51 ID:kkCt4wC20

:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           イ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           / /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        /  /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..       /   /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        / / -───-
:. :. :. :. :. \ ー─ 、 :. :. :.  -‐‐‐-  |/∠ -──- 、ヽ
:. :. :. :. :. :. :. .ー '  ̄ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<二二ヽ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. _ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ:.:\:.:.\   ノ)     ……へぇ? 紫杏ちゃんとムラクモは同じ魂の色をしているのね
:. :. :. :. :. :. :   '´:///Vl:.:.i、:\:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ヽュ。.
:. :. :. :. :. :. :/:./:.://:/:./:l:.:.:l \:.\:.:ヽ:.\ハ:.:lll≧ュ。.       これが魔王の卵って奴か……
:. :. :. :. :. :./:./:/:.//l:.|:.:l:.:ト:.:.l、\ ーィf乏ミ从Vl為圭圭丞
:. :. :. :. :. /l/l:.l:./ l:.l:.|:.:l:.:.ヽィ戊t   Vソ rハ:.\圭圭丞       やる夫君とジャックと先生ちゃんは普通の色ね
:. :. :. :. : l l l:ハl l:.l:.|:.:ヽミニ-Vソ 、    / lヽハ)l圭l圭l丞
:. :. :. :. :. :. : ヽ \V:.:ヽ:.:.:>=- 、 ー ' /l ノハ圭l圭圭刻         種族と魂の間に、特別な因果関係は無いって事かな……
:. :. :. :.             `(_,.x==x._)>彡:.:.丶 _l圭l圭l圭Ⅳ
:. :. :. :            ri彡:::/l.:/V\::::::::::::::::::.ヽ淤jⅣ
:.              /.:::::::/∧l^V^>'´`丶::::::::::|圭:Ⅳ
:              /.:::::::::://フ(○)t‐、   |::::::::|圭lⅣ
:. :. :. :. ..         /.::::::::::/:ムイ |l l |` \  |::::::::|丞
:            /.:::::::/ 八{.l |l__l |  ∧_.|::::::::|圭ik会ュ。



    / ̄ ̄ ̄\        その運命とか魂って言うものは、要するに何なんですかお?
  /        \
 /    ─   ─ ヽ        レポートを読んでも良く解らなかったので、ちょっと聞いてみたかったり
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ     俺も興味あるな
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、

21 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:04:03 ID:kkCt4wC20

:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           イ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           / /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        /  /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..       /   /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        / / -───-
:. :. :. :. :. \ ー─ 、 :. :. :.  -‐‐‐-  |/∠ -──- 、ヽ
:. :. :. :. :. :. :. .ー '  ̄ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<二二ヽ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. _ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ:.:\:.:.\   ノ)  そうね……この宇宙が存在する前、そこには混沌があったの
:. :. :. :. :. :. :   '´:///Vl:.:.i、:\:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ヽ
:. :. :. :. :. :. :/:./:.://:/:./:l:.:.:l \:.\:.:ヽ:.\ハ:.:l       その混沌がたまたま意思を形作り、『かみ』と呼ばれる者が生まれ
:. :. :. :. :. :./:./:/:.//l:.|:.:l:.:ト:.:.l、\ ーィf乏ミ从Vl
:. :. :. :. :. /l/l:.l:./ l:.l:.|:.:l:.:.ヽィ戊t   Vソ rハ:.\        『かみ』は秩序と協力し、混沌の力を奪う事に成功した
:. :. :. :. : l l l:ハl l:.l:.|:.:ヽミニ-Vソ 、    / lヽハ)
:. :. :. :. :. :. : ヽ \V:.:ヽ:.:.:>=- 、 ー ' /l ノハ          その力で『かみ』が描いた宇宙、存在、全ての法則が
:. :. :. :.             `(_,.x==x._)>彡:.:.丶 _
:. :. :. :            ri彡:::/l.:/V\::::::::::::::::::.ヽ           この世界であると……そう言われているわね
:.              /.:::::::/∧l^V^>'´`丶::::::::::|
:              /.:::::::::://フ(○)t‐、   |::::::::|            そして恐らくそれは、本当の事よ
:. :. :. :. ..         /.::::::::::/:ムイ |l l |` \  |::::::::|
:            /.:::::::/ 八{.l |l__l |  ∧_.|::::::::|



                  . -―- .
                ,≦ ./´ ヤ∠ヽ
               l /  ィx.ォ ム l
               {/  .イZ三∧ l|
               ム' .ィ赱|l三赱1 |ム        日の出ずる国にも、神が国を産んだと言う伝説がある
              ム| ハ´  l|l  `| ムヾ、
             /オレ' ゝ -_- ィレ ム `        何者かが世界を作ったと言う話は
            /   / { ≧`ー ´≦ } ヽ
            .  -―≦ _|_ ≧―- .         様々な形で、世界に残っているな……
        . ≦         O7        ≧  .
      i≦            ノ              ≧i
      Ⅵ               / <             Ⅳ
       〉           /    \          /
      /         /O      O\        ヽ
      |        ./          \        |
     i´       ./ |   O     O   \      ヽ、
     }      ./   .}              .\         1
    /     ./  {   {   O     O     } .\      |
   /   ./ー≦zヤ_  ヤ                 /z≧-\    ∧
   /   //    /≧‐―-zx__ _  -‐<ヽ.    \  ∧
  / / /    ./ / /≦      ヽ >x  ヽヘ.      \ . ∧
 //    \   { 1 .ム≧    、 ヽ ヽ ∨ ヽ  ! 1   /  \.∧
/       > .ヤ!  !≧ナァzx ヽ ヽ V-≦1}  l !. <     \ヘ
           > . ⅥⅣ/ / 7 、ヘ._∨ⅥlⅣ  . <          
           /   ̄7 `'ー七´|    `-"< ∨            
            /   /   O .〈_〉 O      ∨          
           /   /       〈_〉           ∨

22 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:04:14 ID:kkCt4wC20

:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           イ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           / /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        /  /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..       /   /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        / / -───-
:. :. :. :. :. \ ー─ 、 :. :. :.  -‐‐‐-  |/∠ -──- 、ヽ
:. :. :. :. :. :. :. .ー '  ̄ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<二二ヽ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. _ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ:.:\:.:.\   ノ)   それでその『かみ』ってのはね、争いが大好きだったらしいの
:. :. :. :. :. :. :   '´:///Vl:.:.i、:\:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ヽ
:. :. :. :. :. :. :/:./:.://:/:./:l:.:.:l \:.\:.:ヽ:.\ハ:.:l        だから水を、固体になった時唯一体積が増える物質に設定した
:. :. :. :. :. :./:./:/:.//l:.|:.:l:.:ト:.:.l、\ ーィf乏ミ从Vl
:. :. :. :. :. /l/l:.l:./ l:.l:.|:.:l:.:.ヽィ戊t   Vソ rハ:.\        これにより、この星が氷河期を迎えても湖は氷で蓋をされ
:. :. :. :. : l l l:ハl l:.l:.|:.:ヽミニ-Vソ 、    / lヽハ)
:. :. :. :. :. :. : ヽ \V:.:ヽ:.:.:>=- 、 ー ' /l ノハ           生物が絶滅しないような作りになっている……
:. :. :. :.             `(_,.x==x._)>彡:.:.丶 _
:. :. :. :            ri彡:::/l.:/V\::::::::::::::::::.ヽ            生物が存在しないと、争いが存在しないからね
:.              /.:::::::/∧l^V^>'´`丶::::::::::|
:              /.:::::::::://フ(○)t‐、   |::::::::|
:. :. :. :. ..         /.::::::::::/:ムイ |l l |` \  |::::::::|
:            /.:::::::/ 八{.l |l__l |  ∧_.|::::::::|



            _____
           /: : : : : : : : : : : \
         /: : : : : : : : : , -‐===、 _
        /: : : : : : : : : /∠´ ̄ ̄ : : : : ̄ : : .
.        , : : /:: :: :: : :: ::, .': : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : /:: :: :: :: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
.      /: : /:: : :: :: :,.': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..
     /: : / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',     別に、他にも固体となった時体積が増える物質が
.    ///: :: :: : : :i:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : :: : : : : : : : : : :
   /  /: : : : : : : :i: : : : : : : : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : : : : : : :',      存在する可能性もあるだろう……
.  /  /: : : : : : : : ::', : ,- ,: : : : : :\:::_/ /: : : ノ:: : :: : : :: : : : : i
.   ,′: : ::: :: : :: : :', {へl: : ::r--<\/:/ : /!: : : /: /: : : : : : i        まだ発見されてないと言うだけでな
.   :: : : : : :: : : : : :/'{.:(゚| : 八rヘ ソヘ,ヽ厶イ  i: ::,イ: /: : : : : : : :、_ノ
   i: : : : : : : ,イ:::/.  \i: :i .`¨´        .j/ j/ l: : : : : :: ::'
   |: : : : : : /:ノ-‐-.、  i゙ i ″″       .r〒テr /: : :// : /
   i: : : : : //   \\/ i: ト、        ,  └ ′/ : /厶イ
..  ', : : : //      ',.∧j/.\   - 、   ″, 'ー=彡′. ノ
   ',: : //         i ∧ ,ヘ \_ _ _ イ
    !: i. i       i.  !{:::r\∨i/|    .ノ
    i: i .i.        i. 八└-[]二コ、_ /
    i:,' .i         i    `Y´jl\_|  ̄ ヽ
    .| i          i::i      .ii       , .i
     i         i:::i               \.i
      i       .i:::::i             ヽ
     .i         .i::::::::',
      .i       i:::::::::::' ,              i
     i         .i::::::::::::::::>- __        /
    .i         .i:::::::::::::::::::::::::/         \

23 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:04:26 ID:kkCt4wC20

         ____
       /      \     この世界の造物主であり、世界に争いが絶えない原因、かお
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    その『かみ』とやらは何処に居て、どうやったら殺せるのかな?
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \



      fヽ                   ,.. -‐‐-:....   /}
      |  \               /: : ≦二 ̄`/ /
      |   ヽ         ..  -‐…‐彳:.:/: : : : : : : ̄ミx'
      |  ヽ  Y    . :´: : : : : : : : : : : : : : :-:‐:‐:‐:‐:<: \     それは無理な話ね
       乂   \ |   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : ヘ: : \
.         >x___|_, '  乂: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ\ : : : :  ̄`゛    既に死んでる者を殺す事は誰にも出来ない……
     .x<: : : : :冂へ ____` 二ニ=   =ニ ニ二´ __乂 : : : :ハ
   /: : : >-‐ャ√| : : : i: i: :斗/-:、八: :}-‐‐-: :_: : : :.j|: : }: : : : ト、       大昔、『かみ』はベルクウィニスの刃で
.   /: : :/  Y´{' ム: l: : |/: :./ |: /  )ハ: /ヽ: l ヽ: :刈: :.|: : : :.ハ: \
  /: : /    |  从:.:i: : |: j: /  }'  /  }/   )j: : :./: |: : |ヘ: : :.∧: : :,      バラバラにされて死んじゃったらしいの
. ‘: :∨     |  メ ヘ: l: : |: |!',ィ==ミ   チ==x |: イ: :.:|: :八j: :/  }: : ハ
.': : : '       |/   \八〃          ヾ: :|:/}:/\}:/   ,': : : :}
|: : : |           介トヽ      '      从!'  !'  !'  /: : : / 
|: : : 乂              |.l.人     l´ ̄`l    イ: l|        /´):.:/
ヘ: : : : ,≧=‐       |:l: :个:..   、_ ノ  .イ |: :l|       /'"
. \、: :\   __      乂:乂zzz〕__‐-‐__〔zzx八:.リ
   ヾ>--‐ ´     f ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄F]
               [》⌒ヽ´ ̄`ヽ   -‐_乂\、



                    _
                , -" ̄   ~`ヽ、
            /          ヽ
           /            ヘ
          ,'              }     私の村に伝わる伝説では
            l __          __,   l
.           { .{.  ̄r' ̄● ̄广´l.   ,'       『かみ』はチェンソーと言う名のロングソードで
            ',.ヘ   ゝ、  ノ   !   /
            \丶  `~ ´  ノ /           バラバラにされて死んだと言われていました
            ヽミ_‐- - ‐´.,/
                  `フ  ̄ ヽ、
              /     .ヽ
             /        ヘ
               / ,          ヘ
           / /         i ヘ
            | ,'          i .|
           ! !             i .l
              {_〉           } !
             ∨ ,,__,,   /-'
               '.,   i~ヽ、 /
             丶  l   ! /
                   > |  ,} 〈
                  ̄  ゝ-'

24 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:04:38 ID:kkCt4wC20

 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ    俺の家の方ではビルキースって斧で
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|       バラバラにされて死んだと言われてたな
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、



           ____
         /      \      取り敢えず既にバラバラにされてるんで介入される事は無い、と
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \     けれども『かみ』が消滅しても、神が作ったこの世界、そして法則は生きていて
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/       生命は簡単に絶えはしない代わりに争い易くデザインされている……と
      ノ      ー‐   \



                       ィ⌒ヽ
                  __/    ヽ
         ィ   ̄         `ヽ    ヘ
       /                \   ヘ
.     /                    \  ヘ
    /          \           ヽ  ヘ      そう言う仮説でなのはさんが考えているだけであり
    /            メ―― ― -\    |  ヘ
    /      ト __ ヘ\   \-<     \   !   \     実際のところはどうだか解らんぞ
  /    .´|. \   `、` <.ィ´ ̄`ヽ`ト、  > 、.    \
. /_ハ  ヽ  |ィニ\   ヽ  イ γ::ヽ 〉 >-|――   ヘ`ヾ     確かめようも無い事だ……
   ヘ  |  イ´ r‐:ォ\.  i   、 !:{}:::|/ |    ! ,i      |
     `、.|\.ヘ !::{}i | \|    `ー '  !    !.ハ       !         まあ、仮説を打ち出す事は大事だがな
.     ヽ∧ \ `¨                !  /〉 | ,ヘ    .|
       \ヽ ∧    `        リ /'´ |/ |.   /
       / .\  \    r ヽ     イ /   /.  !  /
      .ソ|  |   ` 、 `   <´. ! /     / /
.        ヘ  !    ∧ヽ` ー r´ハ` ̄/`ー‐t  //
        \|   / \  ソ /  ∨      ゝ
        _ ,.イ/  _  /__/   〉、   ./、_
       /: |: // /ヽ. /. |   /: :}  /: : : : :/:`:ヽ
      ,: : :!: :|: : : :|  |//  / : : : |//: : : :/: : : : : `、
       |: : :ゝ:イ: : :!.  ´  /: |_:_:_:_:_:_/: : /: : : : : : : : ::、
       |/:|: : : : : :!   イ: : : :|: : : : : : : : | : : : : : : : : : : ::、
     /: : :ヘ: : : : : |/ : : : : : : !: : : : : : : : !: : : : : : : : : : : :i

25 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:04:50 ID:kkCt4wC20

:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           イ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           / /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        /  /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..       /   /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        / / -───-
:. :. :. :. :. \ ー─ 、 :. :. :.  -‐‐‐-  |/∠ -──- 、ヽ
:. :. :. :. :. :. :. .ー '  ̄ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<二二ヽ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. _ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ:.:\:.:.\   ノ)  だから生命は、互いを補食し合わなければ存在出来ないし
:. :. :. :. :. :. :   '´:///Vl:.:.i、:\:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ヽ
:. :. :. :. :. :. :/:./:.://:/:./:l:.:.:l \:.\:.:ヽ:.\ハ:.:l       世界が表面上平和になってしまった時にそれを打破する為の法則
:. :. :. :. :. :./:./:/:.//l:.|:.:l:.:ト:.:.l、\ ーィf乏ミ从Vl
:. :. :. :. :. /l/l:.l:./ l:.l:.|:.:l:.:.ヽィ戊t   Vソ rハ:.\       魔王と勇者が存在するのよ……遺伝法則を無視した上位法則
:. :. :. :. : l l l:ハl l:.l:.|:.:ヽミニ-Vソ 、    / lヽハ)
:. :. :. :. :. :. : ヽ \V:.:ヽ:.:.:>=- 、 ー ' /l ノハ         それが運命、魂と呼称される世界に刻まれた力
:. :. :. :.             `(_,.x==x._)>彡:.:.丶 _
:. :. :. :            ri彡:::/l.:/V\::::::::::::::::::.ヽ          殺しても殺しても火の鳥が復活するのは
:.              /.:::::::/∧l^V^>'´`丶::::::::::|
:              /.:::::::::://フ(○)t‐、   |::::::::|            それ自体が、世界に刻まれた力なんだろうね
:. :. :. :. ..         /.::::::::::/:ムイ |l l |` \  |::::::::|
:            /.:::::::/ 八{.l |l__l |  ∧_.|::::::::|



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \    それじゃあ、やる夫が確かに死体を確認したはずなのに復活した
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |     あのワードナとか言うオッサンは……
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

26 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:05:02 ID:kkCt4wC20

:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           イ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           / /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        /  /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..       /   /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        / / -───-
:. :. :. :. :. \ ー─ 、 :. :. :.  -‐‐‐-  |/∠ -──- 、ヽ
:. :. :. :. :. :. :. .ー '  ̄ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<二二ヽ   どうにかして、世界に自分の存在を刻み込んだんだと思う
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. _ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ:.:\:.:.\   ノ)
:. :. :. :. :. :. :   '´:///Vl:.:.i、:\:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ヽ       世界に対して、どうにか自分の鋳型を刻み込み
:. :. :. :. :. :. :/:./:.://:/:./:l:.:.:l \:.\:.:ヽ:.\ハ:.:l
:. :. :. :. :. :./:./:/:.//l:.|:.:l:.:ト:.:.l、\ ーィf乏ミ从Vl          そこに力やら魂やらが流れ込むようにしておくのよ
:. :. :. :. :. /l/l:.l:./ l:.l:.|:.:l:.:.ヽィ戊t   Vソ rハ:.\
:. :. :. :. : l l l:ハl l:.l:.|:.:ヽミニ-Vソ 、    / lヽハ)         そうすれば、死んでも自分と同じ存在が現れるだろうし
:. :. :. :. :. :. : ヽ \V:.:ヽ:.:.:>=- 、 ー ' /l ノハ
:. :. :. :.             `(_,.x==x._)>彡:.:.丶 _            手違いによって、自分が何人も現れるかも知れない
:. :. :. :            ri彡:::/l.:/V\::::::::::::::::::.ヽ
:.              /.:::::::/∧l^V^>'´`丶::::::::::|            意識と体験の連続性が怪しいところなんで
:              /.:::::::::://フ(○)t‐、   |::::::::|
:. :. :. :. ..         /.::::::::::/:ムイ |l l |` \  |::::::::|              『生きている』と言えるかどうかは微妙なの
:            /.:::::::/ 八{.l |l__l |  ∧_.|::::::::|



                  . -―- .
                ,≦ ./´ ヤ∠ヽ
               l /  ィx.ォ ム l
               {/  .イZ三∧ l|
               ム' .ィ赱|l三赱1 |ム       成る程、存在自体の法則化か……
              ム| ハ´  l|l  `| ムヾ、
             /オレ' ゝ -_- ィレ ム `       何度滅ぼしても生まれて来る魔王や勇者と
            /   / { ≧`ー ´≦ } ヽ
            .  -―≦ _|_ ≧―- .        似たようなもの……と言えよう
        . ≦         O7        ≧  .
      i≦            ノ              ≧i
      Ⅵ               / <             Ⅳ
       〉           /    \          /
      /         /O      O\        ヽ
      |        ./          \        |
     i´       ./ |   O     O   \      ヽ、
     }      ./   .}              .\         1
    /     ./  {   {   O     O     } .\      |
   /   ./ー≦zヤ_  ヤ                 /z≧-\    ∧
   /   //    /≧‐―-zx__ _  -‐<ヽ.    \  ∧
  / / /    ./ / /≦      ヽ >x  ヽヘ.      \ . ∧
 //    \   { 1 .ム≧    、 ヽ ヽ ∨ ヽ  ! 1   /  \.∧
/       > .ヤ!  !≧ナァzx ヽ ヽ V-≦1}  l !. <     \ヘ
           > . ⅥⅣ/ / 7 、ヘ._∨ⅥlⅣ  . <          
           /   ̄7 `'ー七´|    `-"< ∨            
            /   /   O .〈_〉 O      ∨          
           /   /       〈_〉           ∨

27 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:05:14 ID:kkCt4wC20

                    _
                , -" ̄   ~`ヽ、
            /          ヽ
           /            ヘ
          ,'              }
            l __          __,   l    仕組みは概ね分かりましたが……
.           { .{.  ̄r' ̄● ̄广´l.   ,'
            ',.ヘ   ゝ、  ノ   !   /       実際に運用する事は可能なのですか?
            \丶  `~ ´  ノ /
            ヽミ_‐- - ‐´.,/
                  `フ  ̄ ヽ、
              /     .ヽ
             /        ヘ
               / ,          ヘ
           / /         i ヘ
            | ,'          i .|
           ! !             i .l
              {_〉           } !
             ∨ ,,__,,   /-'
               '.,   i~ヽ、 /
             丶  l   ! /
                   > |  ,} 〈
                  ̄  ゝ-'



       <二ミz、         ,. -─ ァ
           >v'´  ̄ ̄ `ヽ. / ,r ' ´  
.         /:./:.:.:.:.:.:.:.:.l.、:.:ヘエ二ミヽ、
        /ィ:./:.:/:.l:.:|:.l:ト、l:.l、:.:l:.:.l \ ヽ:ヽ
.          /l:.l:.l:.トN ハl,ィiZt l:.l|:.:lハ } lヽl    どうだろう?
        l:.lハ:.ト ィfハ  Vツ Nハ } ∨ l:.:l
        l:.l ハNミ ゞ' 、    l|レ'    ノ:/      魂を視認する魔法は出来たっぽいし
        从   |lヽ、ー , ィリ  -ニ彡'
               __7i-‐ ' iス             それを利用して火の鳥辺りの魂を移植すれば
            /〃/、ェ。/ , 冫⌒ヽ、
            / /l_/^>_'__/ /   o ヽ、         不滅の運命を持った存在が出来るかも
         {^ Y.〈o∠ノ__ ,..{-‐ '^ ー '/
            ヽ}<ヒi>     丶     /             やる夫君、次に火の鳥が復活したらやってみる?
          /、。/{_}Vi 。    >ニアミ 
          \/ i:i Vi-─ _'_,. l l:::::l
          ,i | i:i   ̄_,.zi、   l l:::::l



         ____
       /      \     まあ、なのはさんがやってみたいなら……やる夫としては、不死性より力が欲しいお
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    例え不滅の存在になったとしても、封印とかされて行動不能になったら意味が無いし
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/      雑魚が何度復活しても雑魚のままですよね
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |         影響力を持たなければ、要観察程度でいい……そう、ワードナのように
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

28 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:05:25 ID:kkCt4wC20

      fヽ                   ,.. -‐‐-:....   /}
      |  \               /: : ≦二 ̄`/ /
      |   ヽ         ..  -‐…‐彳:.:/: : : : : : : ̄ミx'
      |  ヽ  Y    . :´: : : : : : : : : : : : : : :-:‐:‐:‐:‐:<: \
       乂   \ |   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : ヘ: : \
.         >x___|_, '  乂: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ\ : : : :  ̄`゛  そうね、あの老人の研究施設も資料も
     .x<: : : : :冂へ ____` 二ニ=   =ニ ニ二´ __乂 : : : :ハ
   /: : : >-‐ャ√| : : : i: i: :斗/-:、八: :}-‐‐-: :_: : : :.j|: : }: : : : ト、      全部私が奪っちゃったんで
.   /: : :/  Y´{' ム: l: : |/: :./ |: /  )ハ: /ヽ: l ヽ: :刈: :.|: : : :.ハ: \
  /: : /    |  从:.:i: : |: j: /  }'  /  }/   )j: : :./: |: : |ヘ: : :.∧: : :,    正直何度復活しても大した事は出来ないの
. ‘: :∨     |  メ ヘ: l: : |: |!',ィ==ミ   チ==x |: イ: :.:|: :八j: :/  }: : ハ
.': : : '       |/   \八〃          ヾ: :|:/}:/\}:/   ,': : : :}      ダンジョンの主と言う名の
|: : : |           介トヽ      '      从!'  !'  !'  /: : : / 
|: : : 乂              |.l.人     l´ ̄`l    イ: l|        /´):.:/          客寄せパンダがいいところなの☆
ヘ: : : : ,≧=‐       |:l: :个:..   、_ ノ  .イ |: :l|       /'"
. \、: :\   __      乂:乂zzz〕__‐-‐__〔zzx八:.リ
   ヾ>--‐ ´     f ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄F]
               [》⌒ヽ´ ̄`ヽ   -‐_乂\、



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ    すっごいイイ笑顔ですね
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、



         ____
       /      \
     / ─    ─ \     昔何かあったらしいお
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \

29 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:05:36 ID:kkCt4wC20

                       ィ⌒ヽ
                  __/    ヽ
         ィ   ̄         `ヽ    ヘ
       /                \   ヘ
.     /                    \  ヘ
    /          \           ヽ  ヘ      何にせよ、魂の視認が可能になったのなら……
    /            メ―― ― -\    |  ヘ
    /      ト __ ヘ\   \-<     \   !   \     魂の抽出を行い、一体へそれを集中させる事で
  /    .´|:::\   `、`::<.ィ´ ̄`ヽ`ト、  > 、.    \
. /_ハ  ヽ  |ィニ\   ヽ:::::::イ γ::ヽ 〉 >-|――   ヘ`ヾ     強い力を持った魔物の作成等が
   ヘ  |  イ´ r‐:ォ\.  !:::::::::、 !:{}:::|/::!   | ,i     |
     `、.|\.ヘ !::{}i |::::\|::::::::::: `ー ':::::i.   ! ハ       !         出来るようになったのではないか?
.     ヽ∧ \::`¨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  /〉 | ,ヘ    .|
       \ヽ ∧    `        リ /'´ |/ |.   /
       / .\  \    r ヽ     イ /   /.  !  /
      .ソ|  |   ` 、 `   <´. ! /     / /
.        ヘ  !    ∧ヽ` ー r´ハ` ̄/`ー‐t  //
        \|   / \  ソ /  ∨      ゝ
        _ ,.イ/  _  /__/   〉、   ./、_  
       /: |: // /ヽ. /. |   /: :}  /: : : : :/:`:ヽ
      ,: : :!: :|: : : :|  |//  / : : : |//: : : :/: : : : : `、
       |: : :ゝ:イ: : :!.  ´  /: |_:_:_:_:_:_/: : /: : : : : : : : ::、
       |/:|: : : : : :!   イ: : : :|: : : : : : : : | : : : : : : : : : : ::、
     /: : :ヘ: : : : : |/ : : : : : : !: : : : : : : : !: : : : : : : : : : : :i



       <二ミz、         ,. -─ ァ
           >v'´  ̄ ̄ `ヽ. / ,r ' ´
.         /:./:.:.:.:.:.:.:.:.l.、:.:ヘエ二ミヽ、   うーん、どうだろう……器自体は変わらないから入らないか
        /ィ:./:.:/:.l:.:|:.l:ト、l:.l、:.:l:.:.l \ ヽ:ヽ
.          /l:.l:.l:.トN ハl,ィiZt l:.l|:.:lハ } lヽl   無理に入れようとしたら壊れるかだと思うんだけど
        l:.lハ:.ト ィfハ  Vツ Nハ } ∨ l:.:l
        l:.l ハNミ ゞ' 、    l|レ'    ノ:/     まあ、やる夫君以上の化け物の作成は
        从   |lヽ、ー , ィリ  -ニ彡'
               __7i-‐ ' iス            失敗し続けているし……やるだけやってみるけどね
            /〃/、ェ。/ , 冫⌒ヽ、
            / /l_/^>_'__/ /   o ヽ、        いや、全てが全て失敗と言う訳でも無いか……
         {^ Y.〈o∠ノ__ ,..{-‐ '^ ー '/
            ヽ}<ヒi>     丶     /          フレイザード君とか、個人戦力としてはやる夫君を越えてるかも
          /、。/{_}Vi 。    >ニアミ 
          \/ i:i Vi-─ _'_,. l l:::::l
          ,i | i:i   ̄_,.zi、   l l:::::l

30 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:05:48 ID:kkCt4wC20

             ____
           /      \     いやいや、失敗続きなんてとんでもない
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \    クロコダインも、オルトロスも、キラーマシンも大変良くやってくれてるお
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/       フレイザードはあれ、凄い強い上に成長性もたっぷり残っており
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ        加えて野心バリバリなんだけど、あいつどうして裏切らないの?
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



                    _
                , -" ̄   ~`ヽ、
            /          ヽ
           /            ヘ    魔王様、彼は強い者が好きなのですよ
          ,'              }
            l __          __,   l      魔王様は、彼にとって数少ない自分より強い存在で
.           { .{.  ̄r' ̄● ̄广´l.   ,'
            ',.ヘ   ゝ、  ノ   !   /         自分が仕えるに足る存在だと思っています
            \丶  `~ ´  ノ /
            ヽミ_‐- - ‐´.,/              確かに野心は強いのですが、魔王様に反旗を翻す気は
                  `フ  ̄ ヽ、
              /     .ヽ                 全く無いと思いますよ
             /        ヘ
               / ,          ヘ
           / /         i ヘ
            | ,'          i .|
           ! !             i .l
              {_〉           } !
             ∨ ,,__,,   /-'
               '.,   i~ヽ、 /
             丶  l   ! /
                   > |  ,} 〈
                  ̄  ゝ-'



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>    俺見た事無いんだけど
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ      フレイザードってそんなに強いの?
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、

31 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:06:01 ID:kkCt4wC20

..      ____     強い強い、強い上にやる夫とは相性が悪い
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)     やる夫が一度に打ち消せる呪文は一つまでなんだけど
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |     フレイザード君は平気で五つの呪文を同時に扱ったりするんだお
.  \           /
.   ノ         \        その内、ムスペルニブルの領主にしか使えないアレも使い出すかもなぁ
 /´            ヽ



                  . -―- .
                ,≦ ./´ ヤ∠ヽ
               l /  ィx.ォ ム l
               {/  .イZ三∧ l|      成る程……確かにアレを使えるようになるかも知れんな
               ム' .ィ赱|l三赱1 |ム
              ム| ハ´  l|l  `| ムヾ、
             /オレ' ゝ -_- ィレ ム `
            /   / { ≧`ー ´≦ } ヽ
            .  -―≦ _|_ ≧―- .
        . ≦         O7        ≧  .
      i≦            ノ              ≧i
      Ⅵ               / <             Ⅳ
       〉           /    \          /
      /         /O      O\        ヽ
      |        ./          \        |
     i´       ./ |   O     O   \      ヽ、
     }      ./   .}              .\         1
    /     ./  {   {   O     O     } .\      |



:::::::::::::::!::l:::::::::::ト;:::::::ト、::ヽ ヽ、::::::::::へ__ヽ,:.ヽヽ::::::::::::::::::l::::/__/イ
:::::::::::::::l:::.l::::::::::l`、::.ハヽ;:.ヽ_,,.-‐'.´ ̄:.ヽ、ヽ、i::.l::::::::::::::::レ'´., 、ヽ
:i:::::::::::::::l:::.'.;:::::::l. ヽ::::::._,.-"    _, -=ミ 、.ヽ ヽ:l::l::::::::::::::l:l i   ヽ
:l:::::::::::i::::l::::::ト、:::l  ,ィ´::.、  ,>イ彡モテ=ミ,,`` :::ヽil:::::::::::i!:l  ;'⌒ヽ
::!::::::::::l::::::li:::l.ヽ:::.l ´   `‐イ,il'〃:::::::::ミ、 .リ   ::::il::::::::;イ::l.
:::l:::::::::::!:::::l_;-l、 ヽヘ    イ il::::illlli::::ll ノ:::::::::::::::::l:::::/::l:::l::. i      もしアレが使えるようになったら
:::::!:::::::::::l::,':l`、l  ヽl     ヾ:::`'´;;イ::::::::::::::::::::l:::/::::l:::l:::、 ゝ,
:::::ヘ:::::::::.l'::::l'イ=ミ、....    ...:::::ゞ'´:::::::::::::::::    l:/:::::::!:::l::::l  l       はっきり言って手出し出来なくなっちゃうし
::::::::ヘ:::::::::`i::ll!ん:ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ,l'  ::::::l::::!:::l`‐-イ
::::::::::::ト,:::::::::l.ヽヾ:llハ::::::::::::             /   ::::l:::l::;'  `l::         そうなる前にやっちゃう?
.、:::::::::::lヽ::::::ハ`ヽヾイ:::                    :::::l::Y   .リ
:::ヽ::::::::ヘ ヽ::::ヘ、:i, 〈                    ::::::;'l::l
:::::トヽ、:::ヘ ヽ、ヘ`l       , -‐=i         .::::/ l::l
:::::ハ`、`ヽ::ヘ,l::::lヽlヘ    ィ、   .ノ        .:::/  .l:l
ヽ:::ハヘ`、`‐,ミ、l   ヽ、  ` 、 /        .:;:'     l!  _,ィ
ヽ\:ヘ、ヽ、 l::::i` 、.  ` 、   _,        ,.イ     ,.l<
 `ト、ヽヘ`‐-l::::l       ` 、        ,.イ    ,∠
  ` ``-、::::l::::l`-、_       `   __,/ .∨ _,イ
        ̄l:::ド、;;;;;≧=--‐'         ,〉‐ハ

32 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:06:13 ID:kkCt4wC20

         ____
       /      \      使える物は全て使う主義なんで駄目ですおー
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     もし今海外から戦争を吹っ掛けられたら彼は間違いなく主力となるし……
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/       そう言う訳で、有事の際にフレイザードタイプを量産する事は出来ますかお?
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



      fヽ                   ,.. -‐‐-:....   /}
      |  \               /: : ≦二 ̄`/ /
      |   ヽ         ..  -‐…‐彳:.:/: : : : : : : ̄ミx'
      |  ヽ  Y    . :´: : : : : : : : : : : : : : :-:‐:‐:‐:‐:<: \
       乂   \ |   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : ヘ: : \
.         >x___|_, '  乂: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ\ : : : :  ̄`゛
     .x<: : : : :冂へ ____` 二ニ=   =ニ ニ二´ __乂 : : : :ハ     無理なの☆
   /: : : >-‐ャ√| : : : i: i: :斗/-:、八: :}-‐‐-: :_: : : :.j|: : }: : : : ト、
.   /: : :/  Y´{' ム: l: : |/: :./ |: /  )ハ: /ヽ: l ヽ: :刈: :.|: : : :.ハ: \    やる夫君のような存在を
  /: : /    |  从:.:i: : |: j: /  }'  /  }/   )j: : :./: |: : |ヘ: : :.∧: : :,
. ‘: :∨     |  メ ヘ: l: : |: |!',ィ==ミ   チ==x |: イ: :.:|: :八j: :/  }: : ハ     ゼロからもう一体作るぐらい難しいかなー
.': : : '       |/   \八〃          ヾ: :|:/}:/\}:/   ,': : : :}
|: : : |           介トヽ      '      从!'  !'  !'  /: : : /        要するに偶然の産物ね
|: : : 乂              |.l.人     l´ ̄`l    イ: l|        /´):.:/
ヘ: : : : ,≧=‐       |:l: :个:..   、_ ノ  .イ |: :l|       /'"
. \、: :\   __      乂:乂zzz〕__‐-‐__〔zzx八:.リ
   ヾ>--‐ ´     f ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄F]
               [》⌒ヽ´ ̄`ヽ   -‐_乂\、

33 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:06:25 ID:kkCt4wC20

            _____
           /: : : : : : : : : : : \
         /: : : : : : : : : , -‐===、 _
        /: : : : : : : : : /∠´ ̄ ̄ : : : : ̄ : : .
.        , : : /:: :: :: : :: ::, .': : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : /:: :: :: :: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
.      /: : /:: : :: :: :,.': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..
     /: : / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',    科学と違い、魔法と言うのは本当に
.    ///: :: :: : : :i:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : :: : : : : : : : : : :
   /  /: : : : : : : :i: : : : : : : : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : : : : : : :',    再現性が乏しいからな……
.  /  /: : : : : : : : ::', : ,- ,: : : : : :\:::_/ /: : : ノ:: : :: : : :: : : : : i
.   ,′: : ::: :: : :: : :', {へl: : ::r--<\/:/ : /!: : : /: /: : : : : : i     同じ魔法を同じ魔力で使用して
.   :: : : : : :: : : : : :/'{.:(゚| : 八rヘ ソヘ,ヽ厶イ  i: ::,イ: /: : : : : : : :、_ノ
   i: : : : : : : ,イ:::/.  \i: :i .`¨´        .j/ j/ l: : : : : :: ::'       効果が異なると言う段階で
   |: : : : : : /:ノ-‐-.、  i゙ i ″″       .r〒テr /: : :// : /
   i: : : : : //   \\/ i: ト、        ,  └ ′/ : /厶イ          魔法に安定性を求める事は難しい
..  ', : : : //      ',.∧j/.\   - 、   ″, 'ー=彡′. ノ
   ',: : //         i ∧ ,ヘ \_ _ _ イ
    !: i. i       i.  !{:::r\∨i/|    .ノ
    i: i .i.        i. 八└-[]二コ、_ /
    i:,' .i         i    `Y´jl\_|  ̄ ヽ
    .| i          i::i      .ii       , .i
     i         i:::i               \.i
      i       .i:::::i             ヽ
     .i         .i::::::::',
      .i       i:::::::::::' ,              i
     i         .i::::::::::::::::>- __        /
    .i         .i:::::::::::::::::::::::::/         \



:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           イ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           / /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        /  /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..       /   /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        / / -───-
:. :. :. :. :. \ ー─ 、 :. :. :.  -‐‐‐-  |/∠ -──- 、ヽ
:. :. :. :. :. :. :. .ー '  ̄ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<二二ヽ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. _ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ:.:\:.:.\   ノ)
:. :. :. :. :. :. :   '´:///Vl:.:.i、:\:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ヽ
:. :. :. :. :. :. :/:./:.://:/:./:l:.:.:l \:.\:.:ヽ:.\ハ:.:l       だからこそ、魔法を研究するのは私一人で十分なのよ
:. :. :. :. :. :./:./:/:.//l:.|:.:l:.:ト:.:.l、\ ーィf乏ミ从Vl
:. :. :. :. :. /l/l:.l:./ l:.l:.|:.:l:.:.ヽィ戊t   Vソ rハ:.\       国の発展の為なら科学を研究すればいいの
:. :. :. :. : l l l:ハl l:.l:.|:.:ヽミニ-Vソ 、    / lヽハ)
:. :. :. :. :. :. : ヽ \V:.:ヽ:.:.:>=- 、 ー ' /l ノハ
:. :. :. :.             `(_,.x==x._)>彡:.:.丶 _
:. :. :. :            ri彡:::/l.:/V\::::::::::::::::::.ヽ
:.              /.:::::::/∧l^V^>'´`丶::::::::::|
:              /.:::::::::://フ(○)t‐、   |::::::::|
:. :. :. :. ..         /.::::::::::/:ムイ |l l |` \  |::::::::|
:            /.:::::::/ 八{.l |l__l |  ∧_.|::::::::|

34 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:06:38 ID:kkCt4wC20

                  . -―- .
                ,≦ ./´ ヤ∠ヽ
               l /  ィx.ォ ム l
               {/  .イZ三∧ l|
               ム' .ィ赱|l三赱1 |ム       それで……結局我等が集められた理由は
              ム| ハ´  l|l  `| ムヾ、
             /オレ' ゝ -_- ィレ ム `        魂の色を見る、と言った用件だけですかな?
            /   / { ≧`ー ´≦ } ヽ
            .  -―≦ _|_ ≧―- .
        . ≦         O7        ≧  .
      i≦            ノ              ≧i
      Ⅵ               / <             Ⅳ
       〉           /    \          /
      /         /O      O\        ヽ
      |        ./          \        |
     i´       ./ |   O     O   \      ヽ、
     }      ./   .}              .\         1
    /     ./  {   {   O     O     } .\      |
   /   ./ー≦zヤ_  ヤ                 /z≧-\    ∧
   /   //    /≧‐―-zx__ _  -‐<ヽ.    \  ∧
  / / /    ./ / /≦      ヽ >x  ヽヘ.      \ . ∧
 //    \   { 1 .ム≧    、 ヽ ヽ ∨ ヽ  ! 1   /  \.∧
/       > .ヤ!  !≧ナァzx ヽ ヽ V-≦1}  l !. <     \ヘ
           > . ⅥⅣ/ / 7 、ヘ._∨ⅥlⅣ  . <          
           /   ̄7 `'ー七´|    `-"< ∨            
            /   /   O .〈_〉 O      ∨          
           /   /       〈_〉           ∨         



:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           イ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           / /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        /  /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..       /   /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        / / -───-
:. :. :. :. :. \ ー─ 、 :. :. :.  -‐‐‐-  |/∠ -──- 、ヽ
:. :. :. :. :. :. :. .ー '  ̄ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<二二ヽ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. _ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ:.:\:.:.\   ノ)
:. :. :. :. :. :. :   '´:///Vl:.:.i、:\:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ヽ
:. :. :. :. :. :. :/:./:.://:/:./:l:.:.:l \:.\:.:ヽ:.\ハ:.:l     その用事もあったけれど
:. :. :. :. :. :./:./:/:.//l:.|:.:l:.:ト:.:.l、\ ーィf乏ミ从Vl
:. :. :. :. :. /l/l:.l:./ l:.l:.|:.:l:.:.ヽィ戊t   Vソ rハ:.\     魂と運命の解析が進んだお陰で
:. :. :. :. : l l l:ハl l:.l:.|:.:ヽミニ-Vソ 、    / lヽハ)
:. :. :. :. :. :. : ヽ \V:.:ヽ:.:.:>=- 、 ー ' /l ノハ        複製體の技術がおおよそ完成したのよ
:. :. :. :.             `(_,.x==x._)>彡:.:.丶 _
:. :. :. :            ri彡:::/l.:/V\::::::::::::::::::.ヽ         誰か、被験者になりたい人は居ない?
:.              /.:::::::/∧l^V^>'´`丶::::::::::|
:              /.:::::::::://フ(○)t‐、   |::::::::|
:. :. :. :. ..         /.::::::::::/:ムイ |l l |` \  |::::::::|
:            /.:::::::/ 八{.l |l__l |  ∧_.|::::::::|

35 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:06:49 ID:kkCt4wC20

              /                ≧ z._
          /              l        ` z
          /       xzzzzx._   l         ィZ
         /         .////  `.l        .イ\ヽ
        l       / /     .l       / l/≧ !
       l  /      /≦      l        ∧  kⅥ|
       / /      /´z≧x   l      /    l Ⅶ1 l
      ./ .ィ      ∧ {  ≧ l\ l      /_  ; l Ⅷ| |
    /ィ/7  ,  ./ .∧ ( ぅ.  .!      ,ィ///>' イ .|/| l    ……!
   /イ7 ィ'  ./  /   .∧ `   .!    .////イ `  !   |/l l
≦ ´/ ./   /      /  `ー≦ l   .////≧   .l   |lリ ;      あの技術が、実用段階になったのですか
  /  / ィ/      /    1 ! . l   //r ´   ,=-′ .!l7,
    /イ/  .イ . /x_      Ⅵl  ./Ⅵ  _/     |/,
   ´ ./ .イ //./  ≧zx._ Ⅵ ./、   ̄ /       ,|/
    /∠ / <l/        ≧ /、//≧ー ′
 / ´ /イ /> .         |/   `|1
イ/         > .     |    | !
/                ≧   .    |リ
                     _≧´ ` <
                     \ r ヽ   ` 、
                        \、_ノ     \
                        \       ヽ
                         /≧x     .∨
                        /    \    ∨
                       /      .\   ∨



                       ィ⌒ヽ
                  __/    ヽ
         ィ   ̄         `ヽ    ヘ
       /                \   ヘ
.     /                    \  ヘ
    /          \           ヽ  ヘ
    /            メ―― ― -\    |  ヘ      そうか……
    /      ト __ ヘ\   \-<     \   !   \
  /    .´|:::\   `、`::<.ィ´ ̄`ヽ`ト、  > 、.    \     複製體が、完成したのか……
. /_ハ  ヽ  |ィニ\   ヽ:::::::イ γ::ヽ 〉 >-|――   ヘ`ヾ
   ヘ  |  イ´ r‐:ォ\.  !:::::::::、 !:{}:::|/::!   | ,i     |
     `、.|\.ヘ !::{}i |::::\|::::::::::: `ー ':::::i.   ! ハ       !
.     ヽ∧ \::`¨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  /〉 | ,ヘ    .|
       \ヽ ∧    `        リ /'´ |/ |.   /
       / .\  \    r ヽ     イ /   /.  !  /
      .ソ|  |   ` 、 `   <´. ! /     / /
.        ヘ  !    ∧ヽ` ー r´ハ` ̄/`ー‐t  //
        \|   / \  ソ /  ∨      ゝ
        _ ,.イ/  _  /__/   〉、   ./、_  
       /: |: // /ヽ. /. |   /: :}  /: : : : :/:`:ヽ
      ,: : :!: :|: : : :|  |//  / : : : |//: : : :/: : : : : `、
       |: : :ゝ:イ: : :!.  ´  /: |_:_:_:_:_:_/: : /: : : : : : : : ::、
       |/:|: : : : : :!   イ: : : :|: : : : : : : : | : : : : : : : : : : ::、
     /: : :ヘ: : : : : |/ : : : : : : !: : : : : : : : !: : : : : : : : : : : :i

36 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:07:01 ID:kkCt4wC20

                    _
                , -" ̄   ~`ヽ、
            /          ヽ
           /            ヘ
          ,'              }
            l __          __,   l     そんな……
.           { .{.  ̄r' ̄● ̄广´l.   ,'
            ',.ヘ   ゝ、  ノ   !   /        まさか、そんな事が可能だとは……
            \丶  `~ ´  ノ /
            ヽミ_‐- - ‐´.,/
                  `フ  ̄ ヽ、
              /     .ヽ
             /        ヘ
               / ,          ヘ
           / /         i ヘ
            | ,'          i .|
           ! !             i .l
              {_〉           } !
             ∨ ,,__,,   /-'
               '.,   i~ヽ、 /
             丶  l   ! /
                   > |  ,} 〈
                  ̄  ゝ-'



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ     おい、やる夫、複製體って何
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|        何だか俺だけ置いてきぼりなんだけど
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、



     ____
   /      \    えーっと……同じ生物を複製する技術? 複製しても結局動かなかったんだけど
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   それはたった21gの魂か何かが足りないんじゃないかと仮説が立てられていて
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     「試しに一体死んでみてくれない? そうしたら複製に魂が入って動き出すかも」
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |         とか無茶振りされて、その内一人ぐらい死ぬから待ってと言う事で保留された研究だお
  \ /___ /

37 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:07:12 ID:kkCt4wC20

 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ   ……やる夫、お前本当に王様?
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|      扱い軽くね?
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、



         ____
       /      \      ジャックと一緒に、4/5が最前線に送られてる時点で
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \      推して知るべしだお
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \



                  ,,、__,,, -、
.           __ ,,, . .---<: : __: : : : : :ヽ
      ,,、. ''": : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :ヘ
     ,  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :ヘ
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :ヘ
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :
../: :  ..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ: i
,::: : : :     :: : : :: : : : :: : : : : : : : :  : : : : : : : : :Y
|:: : :: : : : ........:}:. ...|、:::.......::::........... . .. .:::: : :ヽ: : : : ::::}
|:::::::: : ::: :  ̄/ヽ‐-{、`ヽ、::::::::::::,,lヽイ:: ̄ ̄:{: : : : ::/
'::::::',: ::::::: :::/  \{    ` ヽ 、::ヘ\::l、::::::::',: : ::::/
.∨::l:::::|:::::::リ , ---ヽ      ‐─‐-=ミY\Y|::/    この国って、内乱らしい内乱も起こらないしな……
 ∨\|:::::::::Y""チヨミf     イ彡ヨハ`Y:: : : |∧
  .ヽ ヽ}::::::(  {///=!      {.///=i i: : : : |::::{      最大の対応力を持つ個人戦力を
      |: ::::}ヽ ヽ:;;;;ノ     ヽ:;;;;;;ノ ./:::: :::ノ: ::}
     ',::::人 、、、          、、、./::::::::/: : : }        平和な場所で遊ばせておく意味は無いだろう
      ヘ:{ヘ::>...    -    _ </:::/::::::::::/
       \\::::::::::::> -- <::::::::::: //:::::::ハ:|
          >//}     ヘヘ\l::::::::::::/ リ
        , イ  /人     ノ} ヘ \:::::ノ
      /   / { `.-v-'" ./   ヘ  >、
     /ヽ   〈  ,>/ ̄:::〉‐‐..、 /  / Y
.    {  \.  /::::::::ノY:::::::|--ァ:::::\ /   |
     |    Y´:::::::(:,人:::ノ::::::::::::::::::::).  . .|
     |    {::::::::::::::::::::/|.ハ::::::::::::::::::/      |
     |    `ヽ::::::::::/| |.|:::ヘ::::::::::::ノ  /   |
    ∧     ゝ‐.イ:::!.|.|::::{ ゝ‐'´},/   ,イ
    { ヽ   ヽ} .丿ノ } ヽ:::ヘ  /    / Y

38 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:07:24 ID:kkCt4wC20

                    _
                , -" ̄   ~`ヽ、
            /          ヽ
           /            ヘ
          ,'              }
            l __          __,   l   内乱らしい内乱を起こした張本人がそれを言うのか……
.           { .{.  ̄r' ̄● ̄广´l.   ,'
            ',.ヘ   ゝ、  ノ   ! u /
            \丶  `~ ´  ノ /
            ヽミ_‐- - ‐´.,/
                  `フ  ̄ ヽ、
              /     .ヽ
             /        ヘ
               / ,          ヘ
           / /         i ヘ
            | ,'          i .|
           ! !             i .l
              {_〉           } !
             ∨ ,,__,,   /-'
               '.,   i~ヽ、 /
             丶  l   ! /
                   > |  ,} 〈
                  ̄  ゝ-'



                  . -―- .
                ,≦ ./´ ヤ∠ヽ
               l /  ィx.ォ ム l
               {/  .イZ三∧ l|
               ム' .ィ赱|l三赱1 |ム        元より魔族には、最も強い者に従う風習が根付いている
              ム| ハ´  l|l  `| ムヾ、
             /オレ' ゝ -_- ィレ ム `        白の帝国の主戦力は、魔族の軍隊だからな
            /   / { ≧`ー ´≦ } ヽ
            .  -―≦ _|_ ≧―- .         力無き人間達が反乱を起こそうとしても
        . ≦         O7        ≧  .
      i≦            ノ              ≧i    数日で鎮圧されるだろう……
      Ⅵ               / <             Ⅳ
       〉           /    \          /      あらゆる秩序は暴力機構によって保障されているのだ
      /         /O      O\        ヽ
      |        ./          \        |
     i´       ./ |   O     O   \      ヽ、
     }      ./   .}              .\         1
    /     ./  {   {   O     O     } .\      |
   /   ./ー≦zヤ_  ヤ                 /z≧-\    ∧
   /   //    /≧‐―-zx__ _  -‐<ヽ.    \  ∧
  / / /    ./ / /≦      ヽ >x  ヽヘ.      \ . ∧
 //    \   { 1 .ム≧    、 ヽ ヽ ∨ ヽ  ! 1   /  \.∧
/       > .ヤ!  !≧ナァzx ヽ ヽ V-≦1}  l !. <     \ヘ
           > . ⅥⅣ/ / 7 、ヘ._∨ⅥlⅣ  . <          
           /   ̄7 `'ー七´|    `-"< ∨            
            /   /   O .〈_〉 O      ∨          
           /   /       〈_〉           ∨

39 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:07:36 ID:kkCt4wC20

:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           イ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           / /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        /  /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..       /   /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        / / -───-
:. :. :. :. :. \ ー─ 、 :. :. :.  -‐‐‐-  |/∠ -──- 、ヽ
:. :. :. :. :. :. :. .ー '  ̄ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<二二ヽ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. _ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ:.:\:.:.\   ノ) 複製體の技術としては、そうね……
:. :. :. :. :. :. :   '´:///Vl:.:.i、:\:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ヽ
:. :. :. :. :. :. :/:./:.://:/:./:l:.:.:l \:.\:.:ヽ:.\ハ:.:l      自分と同じ生物を複製する、それだけよ
:. :. :. :. :. :./:./:/:.//l:.|:.:l:.:ト:.:.l、\ ーィf乏ミ从Vl
:. :. :. :. :. /l/l:.l:./ l:.l:.|:.:l:.:.ヽィ戊t   Vソ rハ:.\     上手く行けば、擬似的な永遠の命が手に入るんじゃない?
:. :. :. :. : l l l:ハl l:.l:.|:.:ヽミニ-Vソ 、    / lヽハ)
:. :. :. :. :. :. : ヽ \V:.:ヽ:.:.:>=- 、 ー ' /l ノハ        デメリットとしては、自己の同一性を保てず発狂するかも☆
:. :. :. :.             `(_,.x==x._)>彡:.:.丶 _
:. :. :. :            ri彡:::/l.:/V\::::::::::::::::::.ヽ       有象無象を増やしても仕方が無いので、この中から
:.              /.:::::::/∧l^V^>'´`丶::::::::::|
:              /.:::::::::://フ(○)t‐、   |::::::::|        実験体を選びたいんだけど……やる夫君は確定として
:. :. :. :. ..         /.::::::::::/:ムイ |l l |` \  |::::::::|
:            /.:::::::/ 八{.l |l__l |  ∧_.|::::::::|



         ____
       /      \     経験者として言わせて貰うけど、別に自分が増えても発狂なんてしないお
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    双子の兄弟とか、普通に生きてるじゃん?
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/      突然自分と全く同じ経験をした、生き別れの双子の兄弟が見つかるとかそんな感じ
    /     ー‐    \



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ    いやいやいや
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|       無理があり過ぎんだろ、その設定
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/          何だその自分と全く同じ経験をした双子って
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、

40 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:07:47 ID:kkCt4wC20

                       ィ⌒ヽ
                  __/    ヽ
         ィ   ̄         `ヽ    ヘ
       /                \   ヘ
.     /                    \  ヘ
    /          \           ヽ  ヘ
    /            メ―― ― -\    |  ヘ
    /      ト __ ヘ\   \-<     \   !   \
  /    .´|. \   `、` <.ィ´ ̄`ヽ`ト、  > 、.    \
. /_ハ  ヽ  |ィニ\   ヽ  イ γ::ヽ 〉 >-|――   ヘ`ヾ  私はゴメンだな……
   ヘ  |  イ´ r‐:ォ\.  i   、 !:{}:::|/ |    ! ,i      |
     `、.|\.ヘ !::{}i | \|    `ー '  !    !.ハ       !     どっちが本当の私か、悩んだ末に
.     ヽ∧ \ `¨                !  /〉 | ,ヘ    .|
       \ヽ ∧    `        リ /'´ |/ |.   /       殺し合いを始めてもおかしくない
       / .\  \    r ヽ     イ /   /.  !  /
      .ソ|  |   ` 、 `   <´. ! /     / /
.        ヘ  !    ∧ヽ` ー r´ハ` ̄/`ー‐t  //
        \|   / \  ソ /  ∨      ゝ
        _ ,.イ/  _  /__/   〉、   ./、_
       /: |: // /ヽ. /. |   /: :}  /: : : : :/:`:ヽ
      ,: : :!: :|: : : :|  |//  / : : : |//: : : :/: : : : : `、
       |: : :ゝ:イ: : :!.  ´  /: |_:_:_:_:_:_/: : /: : : : : : : : ::、
       |/:|: : : : : :!   イ: : : :|: : : : : : : : | : : : : : : : : : : ::、
     /: : :ヘ: : : : : |/ : : : : : : !: : : : : : : : !: : : : : : : : : : : :i



                    _
                , -" ̄   ~`ヽ、
            /          ヽ
           /            ヘ
          ,'              }
            l __          __,   l    同じく、耐えられる気がしませんな
.           { .{.  ̄r' ̄● ̄广´l.   ,'
            ',.ヘ   ゝ、  ノ   ! u /      魔王様は、その心の在りようが魔王様なのです
            \丶  `~ ´  ノ /
            ヽミ_‐- - ‐´.,/           私のような矮小なる身では、とても真似出来ませんよ
                  `フ  ̄ ヽ、
              /     .ヽ
             /        ヘ
               / ,          ヘ
           / /         i ヘ
            | ,'          i .|
           ! !             i .l
              {_〉           } !
             ∨ ,,__,,   /-'
               '.,   i~ヽ、 /
             丶  l   ! /
                   > |  ,} 〈
                  ̄  ゝ-'

41 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:07:59 ID:kkCt4wC20

       ____
     /⌒  ⌒\      ジャックなら行けるって、行ける行ける
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\      やる夫と一緒に分裂しようお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
  /           \



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>   一瞬、複製した自分に海洋冒険行かせれば良くね?
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ      とか思ったが、良く考えたら複製した俺もそう考えるな
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|         要するに争いが起きる
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、



                  . -―- .
                ,≦ ./´ ヤ∠ヽ
               l /  ィx.ォ ム l
               {/  .イZ三∧ l|
               ム' .ィ赱|l三赱1 |ム        ふむ……ならば、複製した方は
              ム| ハ´  l|l  `| ムヾ、
             /オレ' ゝ -_- ィレ ム `        早急に記憶を消せば良いのではないか?
            /   / { ≧`ー ´≦ } ヽ
            .  -―≦ _|_ ≧―- .
        . ≦         O7        ≧  .
      i≦            ノ              ≧i
      Ⅵ               / <             Ⅳ
       〉           /    \          /
      /         /O      O\        ヽ
      |        ./          \        |
     i´       ./ |   O     O   \      ヽ、
     }      ./   .}              .\         1
    /     ./  {   {   O     O     } .\      |
   /   ./ー≦zヤ_  ヤ                 /z≧-\    ∧
   /   //    /≧‐―-zx__ _  -‐<ヽ.    \  ∧
  / / /    ./ / /≦      ヽ >x  ヽヘ.      \ . ∧
 //    \   { 1 .ム≧    、 ヽ ヽ ∨ ヽ  ! 1   /  \.∧
/       > .ヤ!  !≧ナァzx ヽ ヽ V-≦1}  l !. <     \ヘ
           > . ⅥⅣ/ / 7 、ヘ._∨ⅥlⅣ  . <          
           /   ̄7 `'ー七´|    `-"< ∨            
            /   /   O .〈_〉 O      ∨          
           /   /       〈_〉           ∨

42 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:08:12 ID:kkCt4wC20

       <二ミz、         ,. -─ ァ
           >v'´  ̄ ̄ `ヽ. / ,r ' ´  
.         /:./:.:.:.:.:.:.:.:.l.、:.:ヘエ二ミヽ、
        /ィ:./:.:/:.l:.:|:.l:ト、l:.l、:.:l:.:.l \ ヽ:ヽ
.          /l:.l:.l:.トN ハl,ィiZt l:.l|:.:lハ } lヽl    成る程、個体として強ければそれも悪く無いけれど……
        l:.lハ:.ト ィfハ  Vツ Nハ } ∨ l:.:l
        l:.l ハNミ ゞ' 、    l|レ'    ノ:/      人間の強さは経験とそれによる判断力の部分が大きいからね
        从   |lヽ、ー , ィリ  -ニ彡'
               __7i-‐ ' iス              元は人間の医療用技術である為に
            /〃/、ェ。/ , 冫⌒ヽ、
            / /l_/^>_'__/ /   o ヽ、          あんまり人間離れした生物は複製出来ないのよ
         {^ Y.〈o∠ノ__ ,..{-‐ '^ ー '/
            ヽ}<ヒi>     丶     /             やる夫君でギリギリってところなの
          /、。/{_}Vi 。    >ニアミ 
          \/ i:i Vi-─ _'_,. l l:::::l
          ,i | i:i   ̄_,.zi、   l l:::::l



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ     人生経験を失った俺とかただの五十肩のオッサンだからね
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv       と言うかムラクモ、勝手に俺のコピーを作って
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}          勝手に記憶を消すとか恐ろしい話をするんじゃない
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、



           ____
         /      \      案件が案件だけに、幹部だけで抑えておきたい話だしな……
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \     戦力的にはドルチル君で実験してみるのが一番な気がするけど
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/       彼、先生の力を以てしても何考えてるか解らないんだよね
      ノ      ー‐   \

43 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:08:23 ID:kkCt4wC20

                    _
                , -" ̄   ~`ヽ、
            /          ヽ
           /            ヘ
          ,'              }
            l __          __,   l   魔王様、多分ドルチルさんは
.           { .{.  ̄r' ̄● ̄广´l.   ,'
            ',.ヘ   ゝ、  ノ   !   /      私の力を以てしても考えが読めないのでは無く
            \丶  `~ ´  ノ /
            ヽミ_‐- - ‐´.,/           本当に何も考えてないだけだと思います
                  `フ  ̄ ヽ、
              /     .ヽ
             /        ヘ
               / ,          ヘ
           / /         i ヘ
            | ,'          i .|
           ! !             i .l
              {_〉           } !
             ∨ ,,__,,   /-'
               '.,   i~ヽ、 /
             丶  l   ! /
                   > |  ,} 〈
                  ̄  ゝ-'



            _____
           /: : : : : : : : : : : \
         /: : : : : : : : : , -‐===、 _
        /: : : : : : : : : /∠´ ̄ ̄ : : : : ̄ : : .
.        , : : /:: :: :: : :: ::, .': : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : /:: :: :: :: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
.      /: : /:: : :: :: :,.': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..
     /: : / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
.    ///: :: :: : : :i:: : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : :: : : : : : : : : : :
   /  /: : : : : : : :i: : : : : : : : : : : : : : : : /:/: : : : : : : : : : : : : :',    何でそんな奴が
.  /  /: : : : : : : : ::', : ,- ,: : : : : :\:::_/ /: : : ノ:: : :: : : :: : : : : i
.   ,′: : ::: :: : :: : :', {へl: : ::r--<\/:/ : /!: : : /: /: : : : : : i      航空幕僚長をやってるんだ……?
.   :: : : : : :: : : : : :/'{.:(゚| : 八rヘ ソヘ,ヽ厶イ  i: ::,イ: /: : : : : : : :、_ノ
   i: : : : : : : ,イ:::/.  \i: :i .`¨´        .j/ j/ l: : : : : :: ::'
   |: : : : : : /:ノ-‐-.、  i゙ i ″″       .r〒テr /: : :// : /
   i: : : : : //   \\/ i: ト、        ,  └ ′/ : /厶イ
..  ', : : : //      ',.∧j/.\   - 、   ″, 'ー=彡′. ノ
   ',: : //         i ∧ ,ヘ \_ _ _ イ
    !: i. i       i.  !{:::r\∨i/|    .ノ
    i: i .i.        i. 八└-[]二コ、_ /
    i:,' .i         i    `Y´jl\_|  ̄ ヽ
    .| i          i::i      .ii       , .i
     i         i:::i               \.i
      i       .i:::::i             ヽ
     .i         .i::::::::',
      .i       i:::::::::::' ,              i
     i         .i::::::::::::::::>- __        /
    .i         .i:::::::::::::::::::::::::/         \

44 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:08:35 ID:kkCt4wC20

         ____
       /      \     魔王軍は、強い奴が昇進出来るシステムになってるので……
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    戦術や戦略としての強さも勘定に入れてるんだけど
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/      それを補って余りある戦闘力を彼は持ってたんだお
    /     ー‐    \



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ   魔物達は、強い者に従う習性が遺伝レベルで染みついてるからな
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv    強い奴が上に立たないと纏まるものも纏まらないし
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}       強い奴が指示を飛ばすだけで、部隊としての練度が上がる
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ           奴等との付き合いには色々とコツが要るんだよ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、



:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           イ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           / /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        /  /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..       /   /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        / / -───-
:. :. :. :. :. \ ー─ 、 :. :. :.  -‐‐‐-  |/∠ -──- 、ヽ
:. :. :. :. :. :. :. .ー '  ̄ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<二二ヽ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. _ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ:.:\:.:.\   ノ)
:. :. :. :. :. :. :   '´:///Vl:.:.i、:\:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ヽ
:. :. :. :. :. :. :/:./:.://:/:./:l:.:.:l \:.\:.:ヽ:.\ハ:.:l      ジャックは昔から、人魔問わず付き合いが上手よね
:. :. :. :. :. :./:./:/:.//l:.|:.:l:.:ト:.:.l、\ ーィf乏ミ从Vl
:. :. :. :. :. /l/l:.l:./ l:.l:.|:.:l:.:.ヽィ戊t   Vソ rハ:.\      流石は風使い……かしら
:. :. :. :. : l l l:ハl l:.l:.|:.:ヽミニ-Vソ 、    / lヽハ)
:. :. :. :. :. :. : ヽ \V:.:ヽ:.:.:>=- 、 ー ' /l ノハ         それはともかく、誰も複製體を作りたくないの?
:. :. :. :.             `(_,.x==x._)>彡:.:.丶 _
:. :. :. :            ri彡:::/l.:/V\::::::::::::::::::.ヽ          研究が進めば、肉体的に若返る事が出来るように
:.              /.:::::::/∧l^V^>'´`丶::::::::::|
:              /.:::::::::://フ(○)t‐、   |::::::::|            なるかも知れないのよ?
:. :. :. :. ..         /.::::::::::/:ムイ |l l |` \  |::::::::|
:            /.:::::::/ 八{.l |l__l |  ∧_.|::::::::|

45 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:08:46 ID:kkCt4wC20

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     封印漕で眠ってる、勇者を増やしてみるってのはどうだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
  /           \



       <二ミz、         ,. -─ ァ
           >v'´  ̄ ̄ `ヽ. / ,r ' ´  
.         /:./:.:.:.:.:.:.:.:.l.、:.:ヘエ二ミヽ、
        /ィ:./:.:/:.l:.:|:.l:ト、l:.l、:.:l:.:.l \ ヽ:ヽ
.          /l:.l:.l:.トN ハl,ィiZt l:.l|:.:lハ } lヽl   うーん、複製體に足りなかった魂っぽい部分の認識が出来た為
        l:.lハ:.ト ィfハ  Vツ Nハ } ∨ l:.:l
        l:.l ハNミ ゞ' 、    l|レ'    ノ:/     それを抽出して叩き込めば動くようになったっぽいと言うだけで
        从   |lヽ、ー , ィリ  -ニ彡'
               __7i-‐ ' iス             魂の複製が出来た訳じゃ無いんだよね……
            /〃/、ェ。/ , 冫⌒ヽ、
            / /l_/^>_'__/ /   o ヽ、        勇者の場合、魂と言う名の運命的上位法則が凄いのであって
         {^ Y.〈o∠ノ__ ,..{-‐ '^ ー '/
            ヽ}<ヒi>     丶     /           生物として複製しても……まあ、一人ぐらいはやってみようか
          /、。/{_}Vi 。    >ニアミ 
          \/ i:i Vi-─ _'_,. l l:::::l
          ,i | i:i   ̄_,.zi、   l l:::::l



                       ィ⌒ヽ
                  __/    ヽ
         ィ   ̄         `ヽ    ヘ
       /                \   ヘ
.     /                    \  ヘ
    /          \           ヽ  ヘ
    /            メ―― ― -\    |  ヘ     成る程、そういう仕組みか……
    /      ト __ ヘ\   \-<     \   !   \
  /    .´|:::\   `、`::<.ィ´ ̄`ヽ`ト、  > 、.    \   この世から犯罪者が居なくならない限り
. /_ハ  ヽ  |ィニ\   ヽ:::::::イ γ::ヽ 〉 >-|――   ヘ`ヾ
   ヘ  |  イ´ r‐:ォ\.  !:::::::::、 !:{}:::|/::!   | ,i     |      魂の供給元には困らない、と
     `、.|\.ヘ !::{}i |::::\|::::::::::: `ー ':::::i.   ! ハ       !
.     ヽ∧ \::`¨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  /〉 | ,ヘ    .|
       \ヽ ∧    `        リ /'´ |/ |.   /
       / .\  \    r ヽ     イ /   /.  !  /
      .ソ|  |   ` 、 `   <´. ! /     / /
.        ヘ  !    ∧ヽ` ー r´ハ` ̄/`ー‐t  //
        \|   / \  ソ /  ∨      ゝ
        _ ,.イ/  _  /__/   〉、   ./、_  
       /: |: // /ヽ. /. |   /: :}  /: : : : :/:`:ヽ
      ,: : :!: :|: : : :|  |//  / : : : |//: : : :/: : : : : `、
       |: : :ゝ:イ: : :!.  ´  /: |_:_:_:_:_:_/: : /: : : : : : : : ::、
       |/:|: : : : : :!   イ: : : :|: : : : : : : : | : : : : : : : : : : ::、
     /: : :ヘ: : : : : |/ : : : : : : !: : : : : : : : !: : : : : : : : : : : :i

46 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:08:58 ID:kkCt4wC20

      fヽ                   ,.. -‐‐-:....   /}
      |  \               /: : ≦二 ̄`/ /
      |   ヽ         ..  -‐…‐彳:.:/: : : : : : : ̄ミx'
      |  ヽ  Y    . :´: : : : : : : : : : : : : : :-:‐:‐:‐:‐:<: \
       乂   \ |   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : ヘ: : \
.         >x___|_, '  乂: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ\ : : : :  ̄`゛
     .x<: : : : :冂へ ____` 二ニ=   =ニ ニ二´ __乂 : : : :ハ
   /: : : >-‐ャ√| : : : i: i: :斗/-:、八: :}-‐‐-: :_: : : :.j|: : }: : : : ト、
.   /: : :/  Y´{' ム: l: : |/: :./ |: /  )ハ: /ヽ: l ヽ: :刈: :.|: : : :.ハ: \    あ、やる夫君にはそう言えば
  /: : /    |  从:.:i: : |: j: /  }'  /  }/   )j: : :./: |: : |ヘ: : :.∧: : :,
. ‘: :∨     |  メ ヘ: l: : |: |!',ィ==ミ   チ==x |: イ: :.:|: :八j: :/  }: : ハ     すっごい強い息子さんが居たよね?
.': : : '       |/   \八〃          ヾ: :|:/}:/\}:/   ,': : : :}
|: : : |           介トヽ      '      从!'  !'  !'  /: : : / 
|: : : 乂              |.l.人     l´ ̄`l    イ: l|        /´):.:/
ヘ: : : : ,≧=‐       |:l: :个:..   、_ ノ  .イ |: :l|       /'"
. \、: :\   __      乂:乂zzz〕__‐-‐__〔zzx八:.リ
   ヾ>--‐ ´     f ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄F]
               [》⌒ヽ´ ̄`ヽ   -‐_乂\、



      ____
    /  ⌒  ^\     やらない夫には、二度と関わらないし監視もしない
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ     そういう約束だから駄目だおー
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /
 /           \



                       ィ⌒ヽ
                  __/    ヽ
         ィ   ̄         `ヽ    ヘ
       /                \   ヘ
.     /                    \  ヘ
    /          \           ヽ  ヘ
    /            メ―― ― -\    |  ヘ     敵と解れば、娘だろうが容赦無く殺す魔王が
    /      ト __ ヘ\   \-<     \   !   \
  /    .´|:::\   `、`::<.ィ´ ̄`ヽ`ト、  > 、.    \    口約束は守るのか……
. /_ハ  ヽ  |ィニ\   ヽ:::::::イ γ::ヽ 〉 >-|――   ヘ`ヾ
   ヘ  |  イ´ r‐:ォ\.  !:::::::::、 !:{}:::|/::!   | ,i     |
     `、.|\.ヘ !::{}i |::::\|::::::::::: `ー ':::::i.   ! ハ       !
.     ヽ∧ \::`¨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  /〉 | ,ヘ    .|
       \ヽ ∧    `        リ /'´ |/ |.   /
       / .\  \    r ヽ     イ /   /.  !  /
      .ソ|  |   ` 、 `   <´. ! /     / /
.        ヘ  !    ∧ヽ` ー r´ハ` ̄/`ー‐t  //
        \|   / \  ソ /  ∨      ゝ
        _ ,.イ/  _  /__/   〉、   ./、_  
       /: |: // /ヽ. /. |   /: :}  /: : : : :/:`:ヽ
      ,: : :!: :|: : : :|  |//  / : : : |//: : : :/: : : : : `、
       |: : :ゝ:イ: : :!.  ´  /: |_:_:_:_:_:_/: : /: : : : : : : : ::、
       |/:|: : : : : :!   イ: : : :|: : : : : : : : | : : : : : : : : : : ::、
     /: : :ヘ: : : : : |/ : : : : : : !: : : : : : : : !: : : : : : : : : : : :i

47 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:09:10 ID:kkCt4wC20

         ____
       /      \     まあ、本当にそれしか方法が無い、最悪の時であれば
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    約束だろうが何だろうが、躊躇いなく踏みにじると思うけれど
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/      その時が来るまでは、なるべく守ろうと思ってるんだよ……
    /     ー‐    \



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ   自分には、もう守りたいものがロクに無いからだっけ?
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv    あの女がお前の事をシステムだっつってるけど
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}       俺はお前のそういうところ、人間らしくて好きだよ
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ           人間では無く、人情味のある魔王だと思ってるけどな……
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、



                       ィ⌒ヽ
                  __/    ヽ
         ィ   ̄         `ヽ    ヘ
       /                \   ヘ
.     /                    \  ヘ
    /          \           ヽ  ヘ
    /            メ―― ― -\    |  ヘ
    /      ト __ ヘ\   \-<     \   !   \     ……フン
  /    .´|. \   `、` <.ィ´ ̄`ヽ`ト、  > 、.    \
. /_ハ  ヽ  |ィニ\   ヽ  イ γ::ヽ 〉 >-|――   ヘ`ヾ
   ヘ  |  イ´ r‐:ォ\.  i   、 !:{}:::|/ |    ! ,i      |
     `、.|\.ヘ !::{}i | \|    `ー '  !    !.ハ       !
.     ヽ∧ \ `¨                !  /〉 | ,ヘ    .|
       \ヽ ∧    `        リ /'´ |/ |.   /
       / .\  \    r ヽ     イ /   /.  !  /
      .ソ|  |   ` 、 `   <´. ! /     / /
.        ヘ  !    ∧ヽ` ー r´ハ` ̄/`ー‐t  //
        \|   / \  ソ /  ∨      ゝ
        _ ,.イ/  _  /__/   〉、   ./、_
       /: |: // /ヽ. /. |   /: :}  /: : : : :/:`:ヽ
      ,: : :!: :|: : : :|  |//  / : : : |//: : : :/: : : : : `、
       |: : :ゝ:イ: : :!.  ´  /: |_:_:_:_:_:_/: : /: : : : : : : : ::、
       |/:|: : : : : :!   イ: : : :|: : : : : : : : | : : : : : : : : : : ::、
     /: : :ヘ: : : : : |/ : : : : : : !: : : : : : : : !: : : : : : : : : : : :i

48 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:09:23 ID:kkCt4wC20

                  . -―- .
                ,≦ ./´ ヤ∠ヽ
               l /  ィx.ォ ム l
               {/  .イZ三∧ l|
               ム' .ィ赱|l三赱1 |ム        ……考えたが、私が実験体になろう
              ム| ハ´  l|l  `| ムヾ、
             /オレ' ゝ -_- ィレ ム `        元より私が持って来た技術であるし
            /   / { ≧`ー ´≦ } ヽ
            .  -―≦ _|_ ≧―- .         何より、亡き友の研究を完成させてやりたい
        . ≦         O7        ≧  .
      i≦            ノ              ≧i
      Ⅵ               / <             Ⅳ
       〉           /    \          /
      /         /O      O\        ヽ
      |        ./          \        |
     i´       ./ |   O     O   \      ヽ、
     }      ./   .}              .\         1
    /     ./  {   {   O     O     } .\      |
   /   ./ー≦zヤ_  ヤ                 /z≧-\    ∧
   /   //    /≧‐―-zx__ _  -‐<ヽ.    \  ∧
  / / /    ./ / /≦      ヽ >x  ヽヘ.      \ . ∧
 //    \   { 1 .ム≧    、 ヽ ヽ ∨ ヽ  ! 1   /  \.∧
/       > .ヤ!  !≧ナァzx ヽ ヽ V-≦1}  l !. <     \ヘ
           > . ⅥⅣ/ / 7 、ヘ._∨ⅥlⅣ  . <          
           /   ̄7 `'ー七´|    `-"< ∨            
            /   /   O .〈_〉 O      ∨          
           /   /       〈_〉           ∨         



:::::::::::::::!::l:::::::::::ト;:::::::ト、::ヽ ヽ、::::::::::へ__ヽ,:.ヽヽ::::::::::::::::::l::::/__/イ
:::::::::::::::l:::.l::::::::::l`、::.ハヽ;:.ヽ_,,.-‐'.´ ̄:.ヽ、ヽ、i::.l::::::::::::::::レ'´., 、ヽ
:i:::::::::::::::l:::.'.;:::::::l. ヽ::::::._,.-"    _, -=ミ 、.ヽ ヽ:l::l::::::::::::::l:l i   ヽ
:l:::::::::::i::::l::::::ト、:::l  ,ィ´::.、  ,>イ彡モテ=ミ,,`` :::ヽil:::::::::::i!:l  ;'⌒ヽ
::!::::::::::l::::::li:::l.ヽ:::.l ´   `‐イ,il'〃:::::::::ミ、 .リ   ::::il::::::::;イ::l.
:::l:::::::::::!:::::l_;-l、 ヽヘ    イ il::::illlli::::ll ノ:::::::::::::::::l:::::/::l:::l::. i
:::::!:::::::::::l::,':l`、l  ヽl     ヾ:::`'´;;イ::::::::::::::::::::l:::/::::l:::l:::、 ゝ,    あら?
:::::ヘ:::::::::.l'::::l'イ=ミ、....    ...:::::ゞ'´:::::::::::::::::    l:/:::::::!:::l::::l  l
::::::::ヘ:::::::::`i::ll!ん:ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ,l'  ::::::l::::!:::l`‐-イ    誘っておいてなんだけど
::::::::::::ト,:::::::::l.ヽヾ:llハ::::::::::::             /   ::::l:::l::;'  `l::
.、:::::::::::lヽ::::::ハ`ヽヾイ:::                    :::::l::Y   .リ      本当にいいの?
:::ヽ::::::::ヘ ヽ::::ヘ、:i, 〈                    ::::::;'l::l
:::::トヽ、:::ヘ ヽ、ヘ`l       , -‐=i         .::::/ l::l
:::::ハ`、`ヽ::ヘ,l::::lヽlヘ    ィ、   .ノ        .:::/  .l:l
ヽ:::ハヘ`、`‐,ミ、l   ヽ、  ` 、 /        .:;:'     l!  _,ィ
ヽ\:ヘ、ヽ、 l::::i` 、.  ` 、   _,        ,.イ     ,.l<
 `ト、ヽヘ`‐-l::::l       ` 、        ,.イ    ,∠
  ` ``-、::::l::::l`-、_       `   __,/ .∨ _,イ
        ̄l:::ド、;;;;;≧=--‐'         ,〉‐ハ

49 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:09:36 ID:kkCt4wC20

              /                ≧ z._
          /              l        ` z
          /       xzzzzx._   l         ィZ
         /         .////  `.l        .イ\ヽ
        l       / /     .l       / l/≧ !
       l  /      /≦      l        ∧  kⅥ|
       / /      /´z≧x   l      /    l Ⅶ1 l
      ./ .ィ      ∧ {  ≧ l\ l      /_  ; l Ⅷ| |
    /ィ/7  ,  ./ .∧ ( ぅ.  .!      ,ィ///>' イ .|/| l
   /イ7 ィ'  ./  /   .∧ `   .!    .////イ `  !   |/l l
≦ ´/ ./   /      /  `ー≦ l   .////≧   .l   |lリ ;    ……二言は無い
  /  / ィ/      /    1 ! . l   //r ´   ,=-′ .!l7,
    /イ/  .イ . /x_      Ⅵl  ./Ⅵ  _/     |/,
   ´ ./ .イ //./  ≧zx._ Ⅵ ./、   ̄ /       ,|/
    /∠ / <l/        ≧ /、//≧ー ′
 / ´ /イ /> .         |/   `|1
イ/         > .     |    | !
/                ≧   .    |リ
                     _≧´ ` <
                     \ r ヽ   ` 、
                        \、_ノ     \
                        \       ヽ
                         /≧x     .∨
                        /    \    ∨
                       /      .\   ∨



       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     無事に決まって良かったお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
  /           \



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ    大丈夫なのかぁ?
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv     まあ、男が一度やると決めた事を
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}        外野があれこれ言うべきではない、か
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、

50 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:09:48 ID:kkCt4wC20

:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           イ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.           / /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        /  /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..       /   /
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :        / / -───-
:. :. :. :. :. \ ー─ 、 :. :. :.  -‐‐‐-  |/∠ -──- 、ヽ
:. :. :. :. :. :. :. .ー '  ̄ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<二二ヽ
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. _ V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ:.:\:.:.\   ノ)
:. :. :. :. :. :. :   '´:///Vl:.:.i、:\:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.ヽ
:. :. :. :. :. :. :/:./:.://:/:./:l:.:.:l \:.\:.:ヽ:.\ハ:.:l     それじゃあ、これで私の用はおしまい……
:. :. :. :. :. :./:./:/:.//l:.|:.:l:.:ト:.:.l、\ ーィf乏ミ从Vl
:. :. :. :. :. /l/l:.l:./ l:.l:.|:.:l:.:.ヽィ戊t   Vソ rハ:.\     やる夫君とムラクモと先生ちゃん以外、帰っていいの
:. :. :. :. : l l l:ハl l:.l:.|:.:ヽミニ-Vソ 、    / lヽハ)
:. :. :. :. :. :. : ヽ \V:.:ヽ:.:.:>=- 、 ー ' /l ノハ
:. :. :. :.             `(_,.x==x._)>彡:.:.丶 _
:. :. :. :            ri彡:::/l.:/V\::::::::::::::::::.ヽ
:.              /.:::::::/∧l^V^>'´`丶::::::::::|
:              /.:::::::::://フ(○)t‐、   |::::::::|
:. :. :. :. ..         /.::::::::::/:ムイ |l l |` \  |::::::::|
:            /.:::::::/ 八{.l |l__l |  ∧_.|::::::::|



                       ィ⌒ヽ
                  __/    ヽ
         ィ   ̄         `ヽ    ヘ
       /                \   ヘ
.     /                    \  ヘ
    /          \           ヽ  ヘ
    /            メ―― ― -\    |  ヘ      そうか、ではしようと思えば幾らでも仕事はあるのでな
    /      ト __ ヘ\   \-<     \   !   \
  /    .´|. \   `、` <.ィ´ ̄`ヽ`ト、  > 、.    \     私は帰らせて貰う
. /_ハ  ヽ  |ィニ\   ヽ  イ γ::ヽ 〉 >-|――   ヘ`ヾ
   ヘ  |  イ´ r‐:ォ\.  i   、 !:{}:::|/ |    ! ,i      |
     `、.|\.ヘ !::{}i | \|    `ー '  !    !.ハ       !
.     ヽ∧ \ `¨                !  /〉 | ,ヘ    .|
       \ヽ ∧    `        リ /'´ |/ |.   /
       / .\  \    r ヽ     イ /   /.  !  /
      .ソ|  |   ` 、 `   <´. ! /     / /
.        ヘ  !    ∧ヽ` ー r´ハ` ̄/`ー‐t  //
        \|   / \  ソ /  ∨      ゝ
        _ ,.イ/  _  /__/   〉、   ./、_
       /: |: // /ヽ. /. |   /: :}  /: : : : :/:`:ヽ
      ,: : :!: :|: : : :|  |//  / : : : |//: : : :/: : : : : `、
       |: : :ゝ:イ: : :!.  ´  /: |_:_:_:_:_:_/: : /: : : : : : : : ::、
       |/:|: : : : : :!   イ: : : :|: : : : : : : : | : : : : : : : : : : ::、
     /: : :ヘ: : : : : |/ : : : : : : !: : : : : : : : !: : : : : : : : : : : :i

51 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:10:00 ID:kkCt4wC20

 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ    俺はもうちょっとゆっくりして行こうかな
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|       複製體の実験を見ておきたいし
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、



        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ     それじゃあ送って行くお、紫杏
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ



                  ,,、__,,, -、
.           __ ,,, . .---<: : __: : : : : :ヽ
      ,,、. ''": : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :ヘ
     ,  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : :ヘ
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :ヘ
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :
../: :  ..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ: i
,::: : : :     :: : : :: : : : :: : : : : : : : :  : : : : : : : : :Y
|:: : :: : : : ........:}:. ...|、:::.......::::........... . .. .:::: : :ヽ: : : : ::::}
|:::::::: : ::: :  ̄/ヽ‐-{、`ヽ、::::::::::::,,lヽイ:: ̄ ̄:{: : : : ::/
'::::::',: ::::::: :::/  \{    ` ヽ 、::ヘ\::l、::::::::',: : ::::/
.∨::l:::::|:::::::リ , ---ヽ      ‐─‐-=ミY\Y|::/
 ∨\|:::::::::Y""チヨミf     イ彡ヨハ`Y:: : : |∧    ……
  .ヽ ヽ}::::::(  {///=!      {.///=i i: : : : |::::{
      |: ::::}ヽ ヽ:;;;;ノ     ヽ:;;;;;;ノ ./:::: :::ノ: ::}      ああ、頼んだよ魔王様
     ',::::人 、、、          、、、./::::::::/: : : }
      ヘ:{ヘ::>...    -    _ </:::/::::::::::/
       \\::::::::::::> -- <::::::::::: //:::::::ハ:|
          >//}     ヘヘ\l::::::::::::/ リ
        , イ  /人     ノ} ヘ \:::::ノ
      /   / { `.-v-'" ./   ヘ  >、
     /ヽ   〈  ,>/ ̄:::〉‐‐..、 /  / Y
.    {  \.  /::::::::ノY:::::::|--ァ:::::\ /   |
     |    Y´:::::::(:,人:::ノ::::::::::::::::::::).  . .|
     |    {::::::::::::::::::::/|.ハ::::::::::::::::::/      |
     |    `ヽ::::::::::/| |.|:::ヘ::::::::::::ノ  /   |
    ∧     ゝ‐.イ:::!.|.|::::{ ゝ‐'´},/   ,イ
    { ヽ   ヽ} .丿ノ } ヽ:::ヘ  /    / Y

52 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:10:13 ID:kkCt4wC20

            __
         / ̄´   `\
        /          \     俺も、実験は見ておきたいところだが……
       /    ィヘ、       ヽ
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ     船の補修の監督に誰か行かなきゃならないな
     / |/(●)::::::::::::\      ヽ
     { 〈  (__人__)  >  /  イ       俺が行っておこう
      ト ゝ_ ` ⌒´ イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\



        ィ-────-、
       /         ヽ     では、俺がしっかりと実験を見ておこう
      /   i-──--、   ヽ
      /   /(●):::::(●ト、  ヽ     頑張って来るんだお
    /   |:::::::(__人__):::::\   〉
    |   、 k  `⌒ ´   /  /
    \_  \`\__ー‐ _/ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



                    _
                , -" ̄   ~`ヽ、
            /          ヽ
           /            ヘ
          ,'              }
            l __          __,   l    正直、魔王様が一箇所に集うと
.           { .{.  ̄r' ̄● ̄广´l.   ,'
            ',.ヘ   ゝ、  ノ   ! u /      思考酔いします
            \丶  `~ ´  ノ /
            ヽミ_‐- - ‐´.,/           どの魔王様も、その……
                  `フ  ̄ ヽ、
              /     .ヽ            考えてる事が似過ぎていて……
             /        ヘ
               / ,          ヘ
           / /         i ヘ
            | ,'          i .|
           ! !             i .l
              {_〉           } !
             ∨ ,,__,,   /-'
               '.,   i~ヽ、 /
             丶  l   ! /
                   > |  ,} 〈
                  ̄  ゝ-'



 ー-+=≦。ァ': : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ'/:, : : :∧
     /: : : :/ : : : |: : : : : : : : : : : : V//:///\
   /: -‐/ |: : |: |: : : : : l\: : : :{: ∨//////_>
   / '´  / : : |: .:/|: |\: : : :l: :|ヽ: ト、\}'/////ヽ
      /|: :ハ.;;{‐V‐-)\: :l斗-V―r‐}'//////ハ   俺、これが自分の姿で起きたら
      //|: |:|个〈r七ァヽ__,>、'エエ⊃狄ハ⌒i'/rv
    /   ∨//ゝ, _ .ノ⌒ゝ ____ .ノヘ/,| 八|      気が狂う自信があるよ……本当
        |'// N    l      .::::::::}/lイ/ト、}
         ノ/\lゝ.   r‐-、   .::::;:イ{/从/
            ヽ/〕:。. `ニ   .::イ:: :爪`ヽ
             j.ノ斗'l>‐<::::: : :/|:ヽ: :`丶、
          ,.'´: : :/: |\: :::::::: : :/ | : :∧: : : : `丶、

53 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:10:25 ID:kkCt4wC20

             ____
           /      \
          / ─    ─ \     みんな、大袈裟なんだおー
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |     こんなもん慣れよ、慣れ
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



:::::::::::::::!::l:::::::::::ト;:::::::ト、::ヽ ヽ、::::::::::へ__ヽ,:.ヽヽ::::::::::::::::::l::::/__/イ
:::::::::::::::l:::.l::::::::::l`、::.ハヽ;:.ヽ_,,.-‐'.´ ̄:.ヽ、ヽ、i::.l::::::::::::::::レ'´., 、ヽ
:i:::::::::::::::l:::.'.;:::::::l. ヽ::::::._,.-"    _, -=ミ 、.ヽ ヽ:l::l::::::::::::::l:l i   ヽ
:l:::::::::::i::::l::::::ト、:::l  ,ィ´::.、  ,>イ彡モテ=ミ,,`` :::ヽil:::::::::::i!:l  ;'⌒ヽ
::!::::::::::l::::::li:::l.ヽ:::.l ´   `‐イ,il'〃:::::::::ミ、 .リ   ::::il::::::::;イ::l.
:::l:::::::::::!:::::l_;-l、 ヽヘ    イ il::::illlli::::ll ノ:::::::::::::::::l:::::/::l:::l::. i
:::::!:::::::::::l::,':l`、l  ヽl     ヾ:::`'´;;イ::::::::::::::::::::l:::/::::l:::l:::、 ゝ,    そう言えてしまう、やる夫君は最高なの
:::::ヘ:::::::::.l'::::l'イ=ミ、....    ...:::::ゞ'´:::::::::::::::::    l:/:::::::!:::l::::l  l
::::::::ヘ:::::::::`i::ll!ん:ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ,l'  ::::::l::::!:::l`‐-イ     本当に最高なの
::::::::::::ト,:::::::::l.ヽヾ:llハ::::::::::::             /   ::::l:::l::;'  `l::
.、:::::::::::lヽ::::::ハ`ヽヾイ:::                    :::::l::Y   .リ       私の最高傑作なの
:::ヽ::::::::ヘ ヽ::::ヘ、:i, 〈                    ::::::;'l::l
:::::トヽ、:::ヘ ヽ、ヘ`l       , -‐=i         .::::/ l::l            思わず濡れてしまう程に……最高なの
:::::ハ`、`ヽ::ヘ,l::::lヽlヘ    ィ、   .ノ        .:::/  .l:l
ヽ:::ハヘ`、`‐,ミ、l   ヽ、  ` 、 /        .:;:'     l!  _,ィ
ヽ\:ヘ、ヽ、 l::::i` 、.  ` 、   _,        ,.イ     ,.l<
 `ト、ヽヘ`‐-l::::l       ` 、        ,.イ    ,∠
  ` ``-、::::l::::l`-、_       `   __,/ .∨ _,イ
        ̄l:::ド、;;;;;≧=--‐'         ,〉‐ハ

54 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:10:38 ID:kkCt4wC20




           第二十三話 鉄獄の中の懲りない面々




                             _________|\
                            |See You Next Time...   >
                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/

 
-55 名無しのやる夫だお 2013/06/29(土) 00:11:40 ID:qoR8SDI.0
乙です
ついになのはも再登場か
アレを使えるかもってメドローアのことかな?
にしてもやる夫は替えがきくといっても扱いがひどすぎるw


57 名無しのやる夫だお 2013/06/29(土) 00:17:50 ID:inB/4OdU0

相変わらずの面子だな、久々にやる夫の笑顔見たな
かみは死んだ…sagaのあのシーン伝説だなww
何だかんだで約束を守るやる夫はカッコイイな…やらない夫が最悪の事態を起こそうとしてるけど


59 名無しのやる夫だお 2013/06/29(土) 00:21:05 ID:mJlgNKuk0

やる夫……大した魔王だ


62 名無しのやる夫だお 2013/06/29(土) 00:22:49 ID:G41PEdqs0
乙。
魔王がこの大陸にいないという発想はなかった。
冷静に考えたらそうだよね。


64 名無しのやる夫だお 2013/06/29(土) 00:27:15 ID:Ph2VyjLo0

できる夫が「不滅の運命を持った存在」になりそうだな
やらない夫の業はさらに深そうだ


68 名無しのやる夫だお 2013/06/29(土) 00:33:01 ID:9Hf3XlEk0

フレイザードが思ったより強い設定だった


69 名無しのやる夫だお 2013/06/29(土) 00:42:06 ID:jQpMoTco0

ヒデノリの顔を見ると安心するな


76 名無しのやる夫だお 2013/06/29(土) 01:07:22 ID:OH4pDumc0
なのはさんが相変わらずで安心した。

※前スレ埋めネタ
950 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:11:59 ID:kkCt4wC20

          ,, _
       /     ` 、
      /  (_ノL_)  ヽ      本当はサンタクロースなんて居ないんだよ。
      /   ´・  ・`  l
     (l     し    l)      ある種の伝説を信ずる事を辞めなきゃいけない時が来る。
.     l    __   l
      > 、 _      ィ          成長するにつれて僕等は人生の現実に直面しなきゃいけないんだ。
     /      ̄   ヽ
     / |         iヽ
    |\|         |/|
    | ||/\/\/\/| |



           _ _
         _r'7 - >-、   _
         ,r'r/` /-‐‐ヾi_,r' `i     現実は優しく無い……だから僕は優しさを求めるんだ。
       j/l/ -   `  /   l i
       /   -(` - /   .i l! l.       いつでもふわふわで暖かい、この毛布のような……。
        'l       /i _n.rt L. !
.        ヽ .k')フ'i  .l j と. ィ .i ,!,!
        /  l--l ! /  l r /
       .イ  ./ーl /l  /ヽ'       rj
.         `Tニ二 l. l ` T'__     ,.,...//,、,.、
     ,r‐- 、 .l―,.==、! !_r' 、  ヽ、/ノ   ヽ' ヽ
.   i.li i! l !l三/// ! ,!-'_, -   iilliヽ r-、 rl 、l
.    l,il=!l l ,i ノ!//,//  ,-、    .lllllll!_´_,.ノ‐' ヽX
''´`"´ヽ_ノ ̄ヽ'∠ヽ. 二... r-‐_'`´ ' ,.-ニ...うー'
                  ̄  ` ‐'´

952 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:12:13 ID:kkCt4wC20

                  ー十ー十─   ー十ー十─    ノ_|__
                  \   _                     |
                  \  ノメ      イ  |-‐‐     _|__
                      ノ  \      |  |          |
                  /   □       亅  l、_,   __|__

                                      #002 何時の日か忘れ去る大事な友達

     ,.、  .,r.、                                                          .ノ 、 、
    ,! ヽ,:'  ゙;.                                                          ● ●) l
.    !  ゙;;  }                                                     ,っ - -、  (人__) |
     ゙;  ii ,/                                                i {● ●) ヽ   ヽ    ノ
    ,r'      `ヽ、                            / ̄~フ   r‐、         ヽ.(人__)  ノ   /   .ヽ
   ,i"   _,   _ ゙;                            \く ̄    \ ヽ         ヽ     \_ (|   | |
   !.  ・     ・,!                         ,r─--^-‐^⌒ヽ、_,、_,) 〉          〉      |-'..ゝl  し'
   ゝ_    x _n;                        r'  ,...、-‐ ‐-   ゝ、-‐'´         ιー   J  `(_ノ
    /`''''''''''''G´。 ,.゚)                       {  ゞ-'         i
    !   二つo ,ノ゙                        ゝ、_、      ,   丿
    ゙''::r--、::-UJ'                        ,、_r‐, ``、--‐‐'´__-‐'
      ゙'ー-‐゙ー-゙'         l /(            >  ゝ--/===| ̄(ヽ-、
                 ,─ `  `ー-、         フ ,‐-、     ̄~  <               ヘ-───-へ
                 /   l   ノ    、--‐ __  ̄ /     | ̄ゝ'^´  ヽ、         /  _     _\
                  /,_ ー/      < ̄    {、     |        ヽ       /       __    ヽ
                    ノ (、          r'i´i`ヽ'     <_/¨i   /    }      /   /..    \/  、.  |
                 -─/ l | //)         i | | | ヽ/ ̄`フ  /  /    '´      │ 二|ニ     |   コニ |
                 ー '  ̄ ̄          ゝ、i__i_丿  {_l__lノ  /           丨 .─ヒ___人___メ、 /

954 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:12:25 ID:kkCt4wC20

   ,.、   .,r.、
   ,! ヽ ,:'  ゙;.
.   !  ゙, |   }
    ゙;  i_i  ,/
    ,r'     `ヽ、     僕の名前は、ナインチェ・プラウス。
   ,i"  _,   _   ゙;
   !. ・     ・  ,!       本当は、ナインチェ・プラウスって言うんだ。
   ゝ_   x  _n;:''
    /`''''''''''G´。 ,.゚)
    (,!     ゙!っ(,)
    ゙';:r--;--:''UJ
    ゙---'゙'--゙'

955 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:12:36 ID:kkCt4wC20

     ,.、  .,r.、
    ,! ヽ,:'  ゙;.
.    !  ゙;;  }
     ゙;  ii ,/
    ,r'      `ヽ、
   ,i"   _,   _ ゙;     けれどもみんな、僕をミッフィーと呼ぶ。
   !.  ・     ・,!
   ゝ_    x _n;       僕はナインチェ・ブラウスなのに。
    /`''''''''''''G´。 ,.゚)
    !   二つo ,ノ゙         君は、僕のことをナインチェって呼んでくれるかい?
    ゙''::r--、::-UJ'
      ゙'ー-‐゙ー-゙'

956 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:12:47 ID:kkCt4wC20

     ,.、  .,r.、
    ,! ヽ,:'  ゙;.
.    !  ゙;;  }
     ゙;  ii ,/
    ,r'      `ヽ、
   ,i"   _,   _ ゙;
   !.  ・     ・,!    ……。
   ゝ_    x _n;
    /`''''''''''''G´。 ,.゚)
    !   二つo ,ノ゙
    ゙''::r--、::-UJ'
      ゙'ー-‐゙ー-゙'

957 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:12:58 ID:kkCt4wC20

      ,.、 ,r、
    ,/  ゙i,:' ;.
.    !  ゙;; l
     ゙;  i ,!
    ,r'     `ヽ、
   ,i"    _,   ゙;
   !.    ・   ,!
   ゝ_      x::'     n,、,
    /`''''''''''''''"´':,   (ヽ(゚、 。う
   (,;!     r'⌒;: ⊂、、cノ
    ゙'-::rー-:;;‐'`゙゙` 、,.
      ゙ー-'゙ ノノ  "`

958 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:13:10 ID:kkCt4wC20

      ,.、 ,r、
    ,/  ゙i,:' ;.
.    !  ゙;; l
     ゙;  i ,!
    ,r'     `ヽ、
   ,i"    _,   ゙;
   !.    ・   ,!   ……。
   ゝ_      x::'  
    /`''''''''''''''"´':,  
   (,;!     r'⌒;:           n,、,
    ゙'-::rー-:;;‐'`゙゙`          (ヽ(゚、 。う
      ゙ー-'゙             ⊂、、cノ

959 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:13:22 ID:kkCt4wC20

     ,.、  .,r.、
    ,! ヽ,:'  ゙;.
.    !  ゙;;  }
     ゙;  ii ,/
    ,r'      `ヽ、
   ,i"   _,   _ ゙;
   !.  ・     ・,!   ごめんね、君に罪が無い事は本当は解ってるんだ……。
   ゝ_    x _n;
    /`''''''''''''G´。 ,.゚)
    !   二つo ,ノ゙
    ゙''::r--、::-UJ'
      ゙'ー-‐゙ー-゙'

960 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:14:15 ID:kkCt4wC20

          ,, _
       /     ` 、
      /  (_ノL_)  ヽ      どうして僕は誰にでも優しくなれないのだろう。
      /   ´・  ・`  l
     (l     し    l)      誰もが優しくして欲しいに決まっているのに。
.     l    __   l
      > 、 _      ィ
     /      ̄   ヽ
     / |         iヽ
    |\|         |/|
    | ||/\/\/\/| |



.        jillli_
        /   `i              分け与えるだけのクッキーを持ってないからだよ。
.       l    l       rr-、
       ,!.-、   Yi/⌒ヽ.l.! -l        全員に配ったんじゃ、自分が食べる分が無くなってしまう……。
     ___!     ll ー-、_______!___
.   ,!  ``.illi'´ ̄ ̄`ー'´     l
   ,!     lllli            l
   l. ,..--‐lllll‐‐-、..................--、...._ l
.   l                      l
   l                      l
.  l ‐‐‐‐‐‐‐-ー‐‐‐--ー‐‐-ー-ー- !
  l                      l
.  l                     l
  `ヒ二二二二二二二二二二二二ニ7
.       l"""´´´´´´´´´´´´`` !
      l; --------、--、.......- !
      l:             l
.    /´ ! ´ ̄ ̄``ー'´ ̄`"´` !
 ハ `r ,l/,∠ y,..-、r <´,-i ,r/ ,;ト//l_,.-z,,,r-、
ニニ二二二二三三三三三三二二ニニニ'´`三 '""´

961 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:14:28 ID:kkCt4wC20

                  ー十ー十─   ー十ー十─    ノ_|__
                  \   _                     |
                  \  ノメ      イ  |-‐‐     _|__
                      ノ  \      |  |          |
                  /   □       亅  l、_,   __|__

                                      #003 世界で二番目に可愛い動物

     ,.、  .,r.、                                                          .ノ 、 、
    ,! ヽ,:'  ゙;.                                                          ● ●) l
.    !  ゙;;  }                                                     ,っ - -、  (人__) |
     ゙;  ii ,/                                                i {● ●) ヽ   ヽ    ノ
    ,r'      `ヽ、                            / ̄~フ   r‐、         ヽ.(人__)  ノ   /   .ヽ
   ,i"   _,   _ ゙;                            \く ̄    \ ヽ         ヽ     \_ (|   | |
   !.  ・     ・,!                         ,r─--^-‐^⌒ヽ、_,、_,) 〉          〉      |-'..ゝl  し'
   ゝ_    x _n;                        r'  ,...、-‐ ‐-   ゝ、-‐'´         ιー   J  `(_ノ
    /`''''''''''''G´。 ,.゚)                       {  ゞ-'         i
    !   二つo ,ノ゙                        ゝ、_、      ,   丿
    ゙''::r--、::-UJ'                        ,、_r‐, ``、--‐‐'´__-‐'
      ゙'ー-‐゙ー-゙'         l /(            >  ゝ--/===| ̄(ヽ-、
                 ,─ `  `ー-、         フ ,‐-、     ̄~  <               ヘ-───-へ
                 /   l   ノ    、--‐ __  ̄ /     | ̄ゝ'^´  ヽ、         /  _     _\
                  /,_ ー/      < ̄    {、     |        ヽ       /       __    ヽ
                    ノ (、          r'i´i`ヽ'     <_/¨i   /    }      /   /..    \/  、.  |
                 -─/ l | //)         i | | | ヽ/ ̄`フ  /  /    '´      │ 二|ニ     |   コニ |
                 ー '  ̄ ̄          ゝ、i__i_丿  {_l__lノ  /           丨 .─ヒ___人___メ、 /

962 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:14:40 ID:kkCt4wC20

   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \   落ちる夕日を見て、無性に悲しいと感じる事がある……。
. (●)(● )   |
. (人__)      |
  |⌒´      |
.  |        /
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |



                                             ヘ-───-へ
                                           /  _     _\
                                          /       __    ヽ
                                          /   /..    \/  、.  |
                                        │ 二|ニ     |   コニ |
                                        丨 .─ヒ___人___メ、 /

963 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:14:53 ID:kkCt4wC20

    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \    過去に多くの者が、愚かな者が、この夕日を見たのだろう。
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │     そして争ったり、罪を犯したのなら俺もまたそれを繰り返すのだろうか。
   (,`⌒ ´      |
  . {        |        俺は、そんな事の為に生まれて来たのだろうか……。
    {        ..:/
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′
                                             ヘ-───-へ
                                           /  _     _\
                                          /       __    ヽ
                                          /   /..    \/  、.  |
                                        │ 二|ニ     |   コニ |
                                        丨 .─ヒ___人___メ、 /

964 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:15:05 ID:kkCt4wC20

    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \    人生とは、命とは、一体何なのだろうか。
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │     どう思う、猫さん。
   (,`⌒ ´      |
  . {        |       何が正解で、何が間違いなのか……俺には解らないんだ。
    {        ..:/
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′
                                             ヘ-───-へ
                                           /  _     _\
                                          /       __    ヽ
                                          /   /..    \/  、.  |
                                        │ 二|ニ     |   コニ |
                                        丨 .─ヒ___人___メ、 /

965 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:15:17 ID:kkCt4wC20

    / ̄ ̄\
   / ヽ、_    \
  (●)(● )    |
  (__人__)゚o    │
   (,`⌒ ´      |
  . {        |
    {        ..:/
    ` ー     \
    /    _    l
   /  ̄`Y´   ヾ;/  |
  ,|    |    |´  ハ
  |    |    |-‐'i′l
  |__ |   _|   7'′
 (   (  ̄ノ `ー-'′
                                             ヘ-───-へ
                                           /  _     _\
            答えどころか、問題も無いのが人生だよ。     /       __    ヽ
                                          /   /..    \/  、.  |
                                        │ 二|ニ     |   コニ |
                                        丨 .─ヒ___人___メ、 /

966 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:15:28 ID:kkCt4wC20

    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |    えっ……!?
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



                                             ヘ-───-へ
                                           /  _     _\
                                          /       __    ヽ
                                          /   /..    \/  、.  |
                                        │ 二|ニ     |   コニ |
                                        丨 .─ヒ___人___メ、 /

967 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:15:39 ID:kkCt4wC20

    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |    猫さん……!?
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



                                             ヘ-───-へ
                                           /  _     _\
                               にゃー       /       __    ヽ
                                          /   /..    \/  、.  |
                                        │ 二|ニ     |   コニ |
                                        丨 .─ヒ___人___メ、 /

968 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:17:48 ID:kkCt4wC20

          ,, _
       /     ` 、    彼は天才だから……その一言で片付けるのは簡単だ。
      /  (_ノL_)  ヽ
      /   ´・  ・`  l    しかし努力し続ければ無能はやがて不器用に、
     (l     し    l)
.     l    __   l      不器用はやがて器用貧乏に、器用貧乏はやがて多才に、
      > 、 _      ィ
     /      ̄   ヽ        多才はやがて万能に、万能はやがて全能へと進化するだろう。
     / |         iヽ
    |\|         |/|        天才にはなれずとも、努力次第で八百万の一柱になれるのが人間さ。
    | ||/\/\/\/| |



.        jillli_
        /   `i
.       l    l       rr-、        最初から諦めて挑戦すらされないのは、
       ,!.-、   Yi/⌒ヽ.l.! -l
     ___!     ll ー-、_______!___         とても孤独で、悲しい事だしね……。
.   ,!  ``.illi'´ ̄ ̄`ー'´     l
   ,!     lllli            l
   l. ,..--‐lllll‐‐-、..................--、...._ l
.   l                      l
   l                      l
.  l ‐‐‐‐‐‐‐-ー‐‐‐--ー‐‐-ー-ー- !
  l                      l
.  l                     l
  `ヒ二二二二二二二二二二二二ニ7
.       l"""´´´´´´´´´´´´`` !
      l; --------、--、.......- !
      l:             l
.    /´ ! ´ ̄ ̄``ー'´ ̄`"´` !
 ハ `r ,l/,∠ y,..-、r <´,-i ,r/ ,;ト//l_,.-z,,,r-、
ニニ二二二二三三三三三三二二ニニニ'´`三 '""´

969 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:18:02 ID:kkCt4wC20

                  ー十ー十─   ー十ー十─    ノ_|__
                  \   _                     |
                  \  ノメ      イ  |-‐‐     _|__
                      ノ  \      |  |          |
                  /   □       亅  l、_,   __|__

                                      #004 そこに絵を付けるだけで物語が生まれる楽な商売

     ,.、  .,r.、                                                          .ノ 、 、
    ,! ヽ,:'  ゙;.                                                          ● ●) l
.    !  ゙;;  }                                                     ,っ - -、  (人__) |
     ゙;  ii ,/                                                i {● ●) ヽ   ヽ    ノ
    ,r'      `ヽ、                            / ̄~フ   r‐、         ヽ.(人__)  ノ   /   .ヽ
   ,i"   _,   _ ゙;                            \く ̄    \ ヽ         ヽ     \_ (|   | |
   !.  ・     ・,!                         ,r─--^-‐^⌒ヽ、_,、_,) 〉          〉      |-'..ゝl  し'
   ゝ_    x _n;                        r'  ,...、-‐ ‐-   ゝ、-‐'´         ιー   J  `(_ノ
    /`''''''''''''G´。 ,.゚)                       {  ゞ-'         i
    !   二つo ,ノ゙                        ゝ、_、      ,   丿
    ゙''::r--、::-UJ'                        ,、_r‐, ``、--‐‐'´__-‐'
      ゙'ー-‐゙ー-゙'         l /(            >  ゝ--/===| ̄(ヽ-、
                 ,─ `  `ー-、         フ ,‐-、     ̄~  <               ヘ-───-へ
                 /   l   ノ    、--‐ __  ̄ /     | ̄ゝ'^´  ヽ、         /  _     _\
                  /,_ ー/      < ̄    {、     |        ヽ       /       __    ヽ
                    ノ (、          r'i´i`ヽ'     <_/¨i   /    }      /   /..    \/  、.  |
                 -─/ l | //)         i | | | ヽ/ ̄`フ  /  /    '´      │ 二|ニ     |   コニ |
                 ー '  ̄ ̄          ゝ、i__i_丿  {_l__lノ  /           丨 .─ヒ___人___メ、 /

970 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:18:13 ID:kkCt4wC20

         ____
       /      \
     / ─    ─ \     チャールズ・M・シュルツは格言もどきを書くのが大好きだったが、
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |      批判される事は大嫌いだった。
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |     批判される事が好きな奴なんて居る訳が無いだろ。
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |       常識的に考えて……。
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
    >    <
   |      |
    |      |

971 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:18:25 ID:kkCt4wC20

         ____
       /      \     そしてちょっとでも名指しで批判されると、
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    「時々漫画を真面目に見過ぎる人から批判される事があります。」
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/       等と言ったそうだ。
    /     ー‐    \



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \  1、子供の様な大人にしか、子供向けの漫画は描け無いんだろ。
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │   2、誰もが、強く在れる訳じゃあ無い……。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |      3、大人げないな、オイ。
.  ヽ       /
   ヽ      /         4、性格が悪い人間の方が、面白い作品を作れる。
    >    <
   |      |            どの反応が、一番マイルドだろうか。
    |      |

972 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:18:36 ID:kkCt4wC20

         ____
       /      \
     / ─    ─ \     どう考えても2だが、君の本音としてはどれなんだ?
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \   どれも、思った事ではある。
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │    個人的には、大人には覚悟と責任を持って欲しい処だ。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |        だから、3にしておこうか。
.  ヽ       /
   ヽ      /
    >    <
   |      |
    |      |

973 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:18:48 ID:kkCt4wC20

         ____
       /      \    そうだな……それが他愛の無い雑談であっても。
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   やっつけで行った仕事だとしても。
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/     自らの行動には、覚悟と責任を持って貰いたいものだ。
    /     ー‐    \



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |       その言葉自体が、無責任な気もするが。
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
    >    <
   |      |
    |      |

974 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:18:59 ID:kkCt4wC20

         ____
       /      \     願望や希望にまで、責任を求めないでくれ。
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    これは一億円欲しいなあとか、美人の性奴隷が欲しいなあとか。
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/       そういう類の、言うだけ言ってみた系の言葉なのだから。
    /     ー‐    \



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \   成る程、言うだけなら無料だ。
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │    それで実際、一億円を捨てたい人が通り掛かったり、
  |   `⌒ ´   |
.  |           |      人生を他人に任せたい美人が通りがかったりしたら儲け物だもんな。
.  ヽ       /
   ヽ      /         俺達の話を聞いた通りすがりの大人が、覚悟と責任を持ってくれたら儲け物だ。
    >    <
   |      |
    |      |

975 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:19:10 ID:kkCt4wC20

         ____
       /      \
     / ─    ─ \     あー、どっかに何でも言う事を聞いてくれる美少女とか落ちてないかなー。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |    一兆円の小切手とか落ちてて、警察に届けたら一割貰えたりしないかなー。
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
    >    <
   |      |
    |      |

976 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:19:24 ID:kkCt4wC20

         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    ……。なあ。
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |   ……。ああ。
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
    >    <
   |      |
    |      |

977 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:21:01 ID:kkCt4wC20

           _ _
         _r'7 - >-、   _
         ,r'r/` /-‐‐ヾi_,r' `i
       j/l/ -   `  /   l i   ねぇチャーリー、ライナスの毛布の意味を知ってるかい。
       /   -(` - /   .i l! l.
        'l       /i _n.rt L. !
.        ヽ .k')フ'i  .l j と. ィ .i ,!,!
        /  l--l ! /  l r /
       .イ  ./ーl /l  /ヽ'       rj
.         `Tニ二 l. l ` T'__     ,.,...//,、,.、
     ,r‐- 、 .l―,.==、! !_r' 、  ヽ、/ノ   ヽ' ヽ
.   i.li i! l !l三/// ! ,!-'_, -   iilliヽ r-、 rl 、l
.    l,il=!l l ,i ノ!//,//  ,-、    .lllllll!_´_,.ノ‐' ヽX
''´`"´ヽ_ノ ̄ヽ'∠ヽ. 二... r-‐_'`´ ' ,.-ニ...うー'
                  ̄  ` ‐'´



          ,, _
       /     ` 、
      /  (_ノL_)  ヽ     僕が知ってるのは、君が何処にでも毛布を持って行く、
      /   ´・  ・`  l
     (l     し    l)     甘ったれのクソ野郎だって事ぐらいさ。
.     l    __   l
      > 、 _      ィ
     /      ̄   ヽ
     / |         iヽ
    |\|         |/|
    | ||/\/\/\/| |

978 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:21:15 ID:kkCt4wC20

                  ー十ー十─   ー十ー十─    ノ_|__
                  \   _                     |
                  \  ノメ      イ  |-‐‐     _|__
                      ノ  \      |  |          |
                  /   □       亅  l、_,   __|__

                                      #005 愛と言う名の共同幻想

     ,.、  .,r.、                                                          .ノ 、 、
    ,! ヽ,:'  ゙;.                                                          ● ●) l
.    !  ゙;;  }                                                     ,っ - -、  (人__) |
     ゙;  ii ,/                                                i {● ●) ヽ   ヽ    ノ
    ,r'      `ヽ、                            / ̄~フ   r‐、         ヽ.(人__)  ノ   /   .ヽ
   ,i"   _,   _ ゙;                            \く ̄    \ ヽ         ヽ     \_ (|   | |
   !.  ・     ・,!                         ,r─--^-‐^⌒ヽ、_,、_,) 〉          〉      |-'..ゝl  し'
   ゝ_    x _n;                        r'  ,...、-‐ ‐-   ゝ、-‐'´         ιー   J  `(_ノ
    /`''''''''''''G´。 ,.゚)                       {  ゞ-'         i
    !   二つo ,ノ゙                        ゝ、_、      ,   丿
    ゙''::r--、::-UJ'                        ,、_r‐, ``、--‐‐'´__-‐'
      ゙'ー-‐゙ー-゙'         l /(            >  ゝ--/===| ̄(ヽ-、
                 ,─ `  `ー-、         フ ,‐-、     ̄~  <               ヘ-───-へ
                 /   l   ノ    、--‐ __  ̄ /     | ̄ゝ'^´  ヽ、         /  _     _\
                  /,_ ー/      < ̄    {、     |        ヽ       /       __    ヽ
                    ノ (、          r'i´i`ヽ'     <_/¨i   /    }      /   /..    \/  、.  |
                 -─/ l | //)         i | | | ヽ/ ̄`フ  /  /    '´      │ 二|ニ     |   コニ |
                 ー '  ̄ ̄          ゝ、i__i_丿  {_l__lノ  /           丨 .─ヒ___人___メ、 /

979 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:21:27 ID:kkCt4wC20

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |    果たして、愛とは何だろうか。
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
    >    <
   |      |
    |      |



         ____
       /      \
     / ─    ─ \      躊躇わない事だお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \

980 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:21:38 ID:kkCt4wC20

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |    ギャバン世代乙。
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
    >    <
   |      |
    |      |



         ____
       /      \
     / ─    ─ \    光の速さで走るのがギャバン。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    光の速さで歩くのがゴッドマーズ。
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \

981 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:21:49 ID:kkCt4wC20

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |   それはともかく、愛とは何なのだろうか。
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
    >    <
   |      |
    |      |



         ____
       /      \
     / ─    ─ \      悔やまない事だお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \

982 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:22:00 ID:kkCt4wC20

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |    ギャバン世代乙。
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
    >    <
   |      |
    |      |



         ____
       /      \
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   昔のテレビは、愛や勇気について良く教えてくれたものさ……。
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \

983 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:23:40 ID:kkCt4wC20

          ,, _
       /     ` 、
      /  (_ノL_)  ヽ    魔王なんて何処にも居なかったんだ。
      /   ´・  ・`  l
     (l     し    l)    魔王とは、醜く疑い合う人の心の事だったんだよ。
.     l    __   l
      > 、 _      ィ
     /      ̄   ヽ
     / |         iヽ
    |\|         |/|
    | ||/\/\/\/| |



.        jillli_
        /   `i              僕の読んでるお伽噺には、
.       l    l       rr-、
       ,!.-、   Yi/⌒ヽ.l.! -l        普通に出て来るけれどね……。
     ___!     ll ー-、_______!___
.   ,!  ``.illi'´ ̄ ̄`ー'´     l         自分が今までたまたま見なかっただけで、
   ,!     lllli            l
   l. ,..--‐lllll‐‐-、..................--、...._ l           それは何処かに存在しているのかも知れない。
.   l                      l
   l                      l
.  l ‐‐‐‐‐‐‐-ー‐‐‐--ー‐‐-ー-ー- !
  l                      l
.  l                     l
  `ヒ二二二二二二二二二二二二ニ7
.       l"""´´´´´´´´´´´´`` !
      l; --------、--、.......- !
      l:             l
.    /´ ! ´ ̄ ̄``ー'´ ̄`"´` !
 ハ `r ,l/,∠ y,..-、r <´,-i ,r/ ,;ト//l_,.-z,,,r-、
ニニ二二二二三三三三三三二二ニニニ'´`三 '""´

984 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:23:59 ID:kkCt4wC20

                  ー十ー十─   ー十ー十─    ノ_|__
                  \   _                     |
                  \  ノメ      イ  |-‐‐     _|__
                      ノ  \      |  |          |
                  /   □       亅  l、_,   __|__

                                      #006 何時の日か忘れ去る大切な友達

     ,.、  .,r.、                                                          .ノ 、 、
    ,! ヽ,:'  ゙;.                                                          ● ●) l
.    !  ゙;;  }                                                     ,っ - -、  (人__) |
     ゙;  ii ,/                                                i {● ●) ヽ   ヽ    ノ
    ,r'      `ヽ、                            / ̄~フ   r‐、         ヽ.(人__)  ノ   /   .ヽ
   ,i"   _,   _ ゙;                            \く ̄    \ ヽ         ヽ     \_ (|   | |
   !.  ・     ・,!                         ,r─--^-‐^⌒ヽ、_,、_,) 〉          〉      |-'..ゝl  し'
   ゝ_    x _n;                        r'  ,...、-‐ ‐-   ゝ、-‐'´         ιー   J  `(_ノ
    /`''''''''''''G´。 ,.゚)                       {  ゞ-'         i
    !   二つo ,ノ゙                        ゝ、_、      ,   丿
    ゙''::r--、::-UJ'                        ,、_r‐, ``、--‐‐'´__-‐'
      ゙'ー-‐゙ー-゙'         l /(            >  ゝ--/===| ̄(ヽ-、
                 ,─ `  `ー-、         フ ,‐-、     ̄~  <               ヘ-───-へ
                 /   l   ノ    、--‐ __  ̄ /     | ̄ゝ'^´  ヽ、         /  _     _\
                  /,_ ー/      < ̄    {、     |        ヽ       /       __    ヽ
                    ノ (、          r'i´i`ヽ'     <_/¨i   /    }      /   /..    \/  、.  |
                 -─/ l | //)         i | | | ヽ/ ̄`フ  /  /    '´      │ 二|ニ     |   コニ |
                 ー '  ̄ ̄          ゝ、i__i_丿  {_l__lノ  /           丨 .─ヒ___人___メ、 /

985 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:24:10 ID:kkCt4wC20

    ,.、   .,r.、
   ,! ヽ ,:'  ゙;.
.   !  ゙, |   }
    ゙;  i_i  ,/
    ,r'     `ヽ、
   ,i"  _,   _   ゙;         一緒にお茶を飲んでくれる相手もいやしない。
   !. ・     ・  ,!    (
   ゝ_   x  _,r''  _,_  )
    /`'''''''''''''''" つC(____ア
    (,!      |
    ゙';:r--;--:、‐''   
    ゙---'゙'--゙'

986 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:24:21 ID:kkCt4wC20

     ,.、  .,r.、
    ,! ヽ,:'  ゙;.
.    !  ゙;;  }
     ゙;  ii ,/
    ,r'      `ヽ、
   ,i"   _,   _ ゙;    君は僕の友達なのに、一緒にお茶を飲んではくれないんだね。
   !.  ・     ・,!
   ゝ_    x _n;
    /`''''''''''''G´。 ,.゚)
    !   二つo ,ノ゙
    ゙''::r--、::-UJ'
      ゙'ー-‐゙ー-゙'

987 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:24:31 ID:kkCt4wC20

      ,.、 ,r、
    ,/  ゙i,:' ;.
.    !  ゙;; l
     ゙;  i ,!
    ,r'     `ヽ、
   ,i"    _,   ゙;
   !.    ・   ,!
   ゝ_      x::'     n,、,
    /`''''''''''''''"´':,   (ヽ(゚、 。う
   (,;!     r'⌒;: ⊂、、cノ
    ゙'-::rー-:;;‐'`゙゙` 、,.
      ゙ー-'゙ ノノ  "`

988 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:24:42 ID:kkCt4wC20

      ,.、 ,r、
    ,/  ゙i,:' ;.
.    !  ゙;; l
     ゙;  i ,!
    ,r'     `ヽ、
   ,i"    _,   ゙;
   !.    ・   ,!   ……。
   ゝ_      x::'
    /`''''''''''''''"´':,
   (,;!     r'⌒;:           n,、,
    ゙'-::rー-:;;‐'`゙゙` 、,.        (ヽ(゚、 。う
      ゙ー-'゙ ノノ  "`        ⊂、、cノ

989 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:24:56 ID:kkCt4wC20

     ,.、  .,r.、
    ,! ヽ,:'  ゙;.
.    !  ゙;;  }
     ゙;  ii ,/
    ,r'      `ヽ、
   ,i"   _,   _ ゙;
   !.  ・     ・,!   ごめんね、お茶なんか飲めなくても、君は僕の大切な友達だ。
   ゝ_    x _n;
    /`''''''''''''G´。 ,.゚)    ……本当だよ。
    !   二つo ,ノ゙
    ゙''::r--、::-UJ'
      ゙'ー-‐゙ー-゙'

990 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:25:28 ID:kkCt4wC20

          ,, _
       /     ` 、
      /  (_ノL_)  ヽ
      /   ´・  ・`  l     答えを知ってる必要は無いんだ……だからこそ学校へ行くのだから。
     (l     し    l)
.     l    __   l
      > 、 _      ィ
     /      ̄   ヽ
     / |         iヽ
    |\|         |/|
    | ||/\/\/\/| |



.        jillli_
        /   `i
.       l    l       rr-、    学校で答えを得られなかった者は、何処へ行けばいいんだろう……。
       ,!.-、   Yi/⌒ヽ.l.! -l
     ___!     ll ー-、_______!___
.   ,!  ``.illi'´ ̄ ̄`ー'´     l
   ,!     lllli            l
   l. ,..--‐lllll‐‐-、..................--、...._ l
.   l                      l
   l                      l
.  l ‐‐‐‐‐‐‐-ー‐‐‐--ー‐‐-ー-ー- !
  l                      l
.  l                     l
  `ヒ二二二二二二二二二二二二ニ7
.       l"""´´´´´´´´´´´´`` !
      l; --------、--、.......- !
      l:             l
.    /´ ! ´ ̄ ̄``ー'´ ̄`"´` !
 ハ `r ,l/,∠ y,..-、r <´,-i ,r/ ,;ト//l_,.-z,,,r-、
ニニ二二二二三三三三三三二二ニニニ'´`三 '""´

991 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:25:43 ID:kkCt4wC20

                  ー十ー十─   ー十ー十─    ノ_|__
                  \   _                     |
                  \  ノメ      イ  |-‐‐     _|__
                      ノ  \      |  |          |
                  /   □       亅  l、_,   __|__

                                      #008 あの日僕達が通り過ぎた場所

     ,.、  .,r.、                                                          .ノ 、 、
    ,! ヽ,:'  ゙;.                                                          ● ●) l
.    !  ゙;;  }                                                     ,っ - -、  (人__) |
     ゙;  ii ,/                                                i {● ●) ヽ   ヽ    ノ
    ,r'      `ヽ、                            / ̄~フ   r‐、         ヽ.(人__)  ノ   /   .ヽ
   ,i"   _,   _ ゙;                            \く ̄    \ ヽ         ヽ     \_ (|   | |
   !.  ・     ・,!                         ,r─--^-‐^⌒ヽ、_,、_,) 〉          〉      |-'..ゝl  し'
   ゝ_    x _n;                        r'  ,...、-‐ ‐-   ゝ、-‐'´         ιー   J  `(_ノ
    /`''''''''''''G´。 ,.゚)                       {  ゞ-'         i
    !   二つo ,ノ゙                        ゝ、_、      ,   丿
    ゙''::r--、::-UJ'                        ,、_r‐, ``、--‐‐'´__-‐'
      ゙'ー-‐゙ー-゙'         l /(            >  ゝ--/===| ̄(ヽ-、
                 ,─ `  `ー-、         フ ,‐-、     ̄~  <               ヘ-───-へ
                 /   l   ノ    、--‐ __  ̄ /     | ̄ゝ'^´  ヽ、         /  _     _\
                  /,_ ー/      < ̄    {、     |        ヽ       /       __    ヽ
                    ノ (、          r'i´i`ヽ'     <_/¨i   /    }      /   /..    \/  、.  |
                 -─/ l | //)         i | | | ヽ/ ̄`フ  /  /    '´      │ 二|ニ     |   コニ |
                 ー '  ̄ ̄          ゝ、i__i_丿  {_l__lノ  /           丨 .─ヒ___人___メ、 /

992 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:25:55 ID:kkCt4wC20

         ____
       /      \      自分が生まれた日を憶えているかい、やらない夫。
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     そう、俺達はいつの間にか生まれて来たんだ。
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/       そしていつの間にか大人になった。
    /     ー‐    \



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |     そうだな、人生はいつの間にか過ぎて行く……。
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
    >    <
   |      |
    |      |

993 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:26:08 ID:kkCt4wC20

         ____
       /      \
     / ─    ─ \    だからきっと、俺達はいつの間にか老いて行き。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    いつの間にか死ぬのだろう。
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |     そうだな。
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |       それはきっと、優しい事だ……。
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
    >    <
   |      |
    |      |

994 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:26:41 ID:kkCt4wC20

         ,, _
       /     ` 、
      /  (_ノL_)  ヽ
      /   ´・  ・`  l    キルミーベイベーは死ん
     (l     し    l)
.     l    __   l
      > 、 _      ィ
     /      ̄   ヽ
     / |         iヽ
    |\|         |/|
    | ||/\/\/\/| |



     l /(
   ,─ `  `ー-、
   /   l   ノ     おい、カメラ止めろ
    /,_ ー/
      ノ (、
   -─/ l | //)
   ー '  ̄ ̄

995 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:26:54 ID:kkCt4wC20

                  ー十ー十─   ー十ー十─    ノ_|__
                  \   _                     |
                  \  ノメ      イ  |-‐‐     _|__
                      ノ  \      |  |          |
                  /   □       亅  l、_,   __|__

                                      #009 我考えぬなら我は無いのか

     ,.、  .,r.、                                                          .ノ 、 、
    ,! ヽ,:'  ゙;.                                                          ● ●) l
.    !  ゙;;  }                                                     ,っ - -、  (人__) |
     ゙;  ii ,/                                                i {● ●) ヽ   ヽ    ノ
    ,r'      `ヽ、                            / ̄~フ   r‐、         ヽ.(人__)  ノ   /   .ヽ
   ,i"   _,   _ ゙;                            \く ̄    \ ヽ         ヽ     \_ (|   | |
   !.  ・     ・,!                         ,r─--^-‐^⌒ヽ、_,、_,) 〉          〉      |-'..ゝl  し'
   ゝ_    x _n;                        r'  ,...、-‐ ‐-   ゝ、-‐'´         ιー   J  `(_ノ
    /`''''''''''''G´。 ,.゚)                       {  ゞ-'         i
    !   二つo ,ノ゙                        ゝ、_、      ,   丿
    ゙''::r--、::-UJ'                        ,、_r‐, ``、--‐‐'´__-‐'
      ゙'ー-‐゙ー-゙'         l /(            >  ゝ--/===| ̄(ヽ-、
                 ,─ `  `ー-、         フ ,‐-、     ̄~  <               ヘ-───-へ
                 /   l   ノ    、--‐ __  ̄ /     | ̄ゝ'^´  ヽ、         /  _     _\
                  /,_ ー/      < ̄    {、     |        ヽ       /       __    ヽ
                    ノ (、          r'i´i`ヽ'     <_/¨i   /    }      /   /..    \/  、.  |
                 -─/ l | //)         i | | | ヽ/ ̄`フ  /  /    '´      │ 二|ニ     |   コニ |
                 ー '  ̄ ̄          ゝ、i__i_丿  {_l__lノ  /           丨 .─ヒ___人___メ、 /

996 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:27:06 ID:kkCt4wC20

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)   人間とは、常に何かを考え続ける生き物だ。
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     そう、犀川教授は言っていた。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



         ____
       /      \
     / ─    ─ \     誰だよ。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/
    /     ー‐    \

997 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:27:19 ID:kkCt4wC20

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    だから、安らぎを得たい時は、
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      何も考えない事を考えるんだ。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ        犀川教授はそうしていた……。
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



         ____
       /      \     だから誰だよ。
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    何でも自分が知ってる事は、他人も知ってると思って喋るのやめろ。
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/      友達無くすぞ。
    /     ー‐    \

998 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:27:32 ID:kkCt4wC20

          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|   そりゃ、犀川教授と言ったら、
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |     林さんの息子さんに決まってるだろ、
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /        常識的に考えて……。
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



         ____
       /      \       だから誰だよ。
     / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \      その林さんが解らねえよ。
    |      (__人__)     |
    \     `⌒´    ,/         何故解らない物を説明するのに解らない言葉を増やすんだ、舐めてんのか。
    /     ー‐    \

999 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:30:08 ID:kkCt4wC20

          ,, _
       /     ` 、
      /  (_ノL_)  ヽ
      /   ´・  ・`  l
     (l     し    l)    ……誰?
.     l    __   l
      > 、 _      ィ
     /      ̄   ヽ
     / |         iヽ
    |\|         |/|
    | ||/\/\/\/| |



        _         _
      , ´  ヽ     , ´  ヽ
      │   │    │   │
      │   │    │   │
      │   │    │   │
      │   │    │   │
      │   │    丨   /
      ヽ    ー=-     ヽ
      丿             ヽ
      ,   、_     _,   丶
     /                 }      やめるんだ。
    │     ●     ●     │
     │                 │
     │     ヽ__λ__ノ        │
    .│                 │
    .│                 │
    │                  │

1000 ◆4acrAZYToM 2013/06/29(土) 00:30:20 ID:kkCt4wC20

                  ー十ー十─   ー十ー十─    ノ_|__
                  \   _                     |
                  \  ノメ      イ  |-‐‐     _|__
                      ノ  \      |  |          |
                  /   □       亅  l、_,   __|__

                                      #010 たった2コマの第十話

     ,.、  .,r.、                                                          .ノ 、 、
    ,! ヽ,:'  ゙;.                                                          ● ●) l
.    !  ゙;;  }                                                     ,っ - -、  (人__) |
     ゙;  ii ,/                                                i {● ●) ヽ   ヽ    ノ
    ,r'      `ヽ、                            / ̄~フ   r‐、         ヽ.(人__)  ノ   /   .ヽ
   ,i"   _,   _ ゙;                            \く ̄    \ ヽ         ヽ     \_ (|   | |
   !.  ・     ・,!                         ,r─--^-‐^⌒ヽ、_,、_,) 〉          〉      |-'..ゝl  し'
   ゝ_    x _n;                        r'  ,...、-‐ ‐-   ゝ、-‐'´         ιー   J  `(_ノ
    /`''''''''''''G´。 ,.゚)                       {  ゞ-'         i
    !   二つo ,ノ゙                        ゝ、_、      ,   丿
    ゙''::r--、::-UJ'                        ,、_r‐, ``、--‐‐'´__-‐'
      ゙'ー-‐゙ー-゙'         l /(            >  ゝ--/===| ̄(ヽ-、
                 ,─ `  `ー-、         フ ,‐-、     ̄~  <               ヘ-───-へ
                 /   l   ノ    、--‐ __  ̄ /     | ̄ゝ'^´  ヽ、         /  _     _\
                  /,_ ー/      < ̄    {、     |        ヽ       /       __    ヽ
                    ノ (、          r'i´i`ヽ'     <_/¨i   /    }      /   /..    \/  、.  |
                 -─/ l | //)         i | | | ヽ/ ̄`フ  /  /    '´      │ 二|ニ     |   コニ | 
                 ー '  ̄ ̄          ゝ、i__i_丿  {_l__lノ  /           丨 .─ヒ___人___メ、 /


元スレ
やらない夫vs. その3

やらない夫vs. その4
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


6186 『やらない夫vs. 第二十三話 鉄獄の中の懲りない面々』の前後エントリー2013年06月29日 07:45

纏め作品一覧やらない夫vs.の目次


25969 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 08:19Edit
普通にやる夫vs.じゃねーかw
やらない夫どうしたんだよ
25970 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 08:19Edit
これほど危ういバランスの上に神がかり的な絶妙さでまとまっていて
それでいて狂気的なまでに目的に向かって突き進むチームもそうそうねーな・・・
これこそが魔王軍幹部か。ただし残念ながらブーム君さんは含まれていないけど
25972 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 08:33Edit
神の存在を聞いた瞬間に、ころすことを考えるやる夫さんマジパネぇっす
25973 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 08:34Edit
愛ってなんだ?
果てしなきバイオレンス、さ
25974 名無しのフィール 2013年06月29日 08:45Edit
主人公は主人公でも、俺の屍を越えてゆけの主人公だったのかやらない夫…
25977 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 09:26Edit
過去の勇者話が出てきたってことは、ジニーちゃんも戻ってくるかな
25979 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 10:19Edit
<ジャックなら行けるって、行ける行ける
<やる夫と一緒に分裂しようお!
ノリが軽いわw

不滅の運命を持った存在かー、しんどそうだなー・・・
25982 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 10:44Edit
これをできる夫が蹂躙するわけですな…
25983 名無しさん@ニュース2ちゃん 2013年06月29日 11:09Edit
このやる夫複数を想像するだけでちょっと気持ち悪くなったわ

俺にもクローン作るのは無理そうだな。少なくとも同一体じゃなくて別固体としてわけないと無理
25985 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 11:20Edit
あー、ワードナまた出てきてたのそういう事だったのか
やらない夫vsといっても(この後にもしできる夫vsとか続いたとしても)
シリーズ通しての主人公はやる夫、って事かなこれは

…まあ二作目の主人公が一作目の主人公に途中から喰われるのはよくある事ゲフゲフゲフ
25986 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 11:37Edit
やる夫は魔王の卵はもっていないかった。
やる夫は先代魔王を簒奪して魔王を名乗っているだけで魔王の卵から覚醒した存在じゃない。

つーことは他に魔王として覚醒したやつがいる、または後々出てくるってことか。
25987 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 12:36Edit
ジャックとなのはさん懐かしいな!
やっぱりこっちがメインなのか
25988 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 12:39Edit
前みたいにやらない夫に説教してるやる夫より
今回みたいに力を求めるやる夫の方がなんかしっくり来るなw
25990 名無しさん@ニュース2ちゃん 2013年06月29日 13:27Edit
混沌も神も負けたのか
じゃあやらない夫が安心できる子供ってそれ以上の存在にしなきゃな
25991 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 13:38Edit
前回も2クール分で終わったから、今回もそろそろ終わりだよな
25994 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 15:45Edit
なのはさんきた!なのはさんきた!
相変わらず初潮がまだなんですね!
25995 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 15:56Edit
やる夫マンセーする奴らがここにも湧いてクソうぜえ
25998 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 16:41Edit
>>23>>24
全部チェーンソーじゃねえか!!
26000 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 17:12Edit
25985
シンアスカの悪口は(ry
26005 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 17:34Edit
ブームくんさん増やそうぜ!
あの人なら多分安全…な気がする
26007 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 18:29Edit
フレイザードのことをこんなに持ち上げるとはできる夫に吸収されるフラグか?
26008 名無しのフィール 2013年06月29日 18:51Edit
やる夫はベイダー卿の立ち位置だろうに
26009 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 19:03Edit
なんか普通にやる夫vs2でよかったんじゃないだろうか
そうか、この話は種死リスペクトだったのか!
26011 名無しのフィール 2013年06月29日 19:16Edit
やる夫+やらない夫でダースベイダーの方がよほど近いだろ
ガノタは種死しか知らんのかい
26014 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 19:43Edit
※26009
あーそれか、やらない夫を不憫に感じたのも言動の浅薄さが脚本の都合なのが目に見えたからだしなあ
26015 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 19:56Edit
なぜ誰も埋めネタの話をしないのか
そんなに議論するのが好きか
26020 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 21:23Edit
埋めネタのが重要な伏線を含んでそうで下手に話題をもちだせない
26022 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 21:51Edit
埋めネタ最後ワロタw
わからないものを説明するときに全く知識がない人に説明するの大変だよなあ。


>人生経験を失った俺とかただの五十肩のオッサンだからね
なんでかツボってコーラ鼻から吹き出した。

やる夫を複数作って軍隊にできたらヤバいな。
思考をリアルタイムで並列化する技術でも追加したら
ノータイムで戦況に合わせて動く凶悪軍団が出来るな。

武器名調べたら神様バラバラにしたの全部チェーンソーじゃねえかw
26023 名前なんて無いだろ 2013年06月29日 21:58Edit
言葉の説明にまたもわからない言葉を使い、その言葉の説明にもわからない言葉を…という永久ループするノムリッシュ
細かい事は気にするな!勢いと感覚で理解しろ!どうせ大した事は言っていない
26034 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 01:14Edit
あの子供(やらない夫の子供じゃない)はいつ出てくるのかなー
俺の思い違いでなければ、だが……
26039 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 02:09Edit
※26014
同意
26041 名前なんて無いだろ 2013年06月30日 02:11Edit
かみバラバラにされ過ぎだろw
26391 名前なんて無いだろ 2013年07月10日 13:20Edit
埋めネタ読んでいないのがコメントしているから端から見ると滑稽だな。幾ら批判はご自由にとはいえ流石に作者も思うものがあるわけだし。節度は大事。
26435 名前なんて無いだろ 2013年07月12日 19:36Edit
これやっぱり地理的には中国が舞台なのか、一度地図出てきたけど完全にネタだと思ってた
26453 名前なんて無いだろ 2013年07月13日 02:37Edit
※26039
くまぁむにゅ
36154 名前なんて無いだろ 2014年07月03日 09:11Edit
やっぱり他の人達も思ってたか…
呼んでる途中からやらない夫vsというかやる夫vs2じゃね?って感じがしてしょうがなかった
36339 名前なんて無いだろ 2014年07月09日 23:19Edit
やる夫を否定する為には、単純に全能の神がいればいい
非人道的な実験も、個人的な復讐も、反乱に対する過剰な報復すら必要なくなるだろう

……しかし世界樹の冒険者の現実という話があって、異世界チート転生という話があって、こういう話がある
どれが一番、到達しきった存在の話なんだろうね?
37327 名前なんて無いだろ 2014年08月13日 04:14Edit
アメリカがあるってことは丸い形からしてここはオセアニア大陸なのかな

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!