やらない夫でリンダキューブアゲイン Cシナリオ その1

2012 07 23  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:◆Q4IsgKJmwY, |








                ┌──────────────────┐
                │ヤラナイオキューブアゲイン Cシナリオ   │
                └──────────────────┘










212 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:28:24 ID:d2Vns/Dc



           ┌──────────┐
           │男は動物学者だった  │
           └──────────┘

              _,..-ー;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;=- 、,,
          __.ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
         / ,゙- .,;;;;;, -.,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ
      ,,‐''''¨""   /;;;;;/,,,,/l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
        |   ,..-ニ-'´   .l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
       l   .:l /´   _.ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..-ー、;;l
      l  .:y'  .:/" `"''_,,..-.''7ー''"´    l;;;;!
.      /   .'  .::/;; _.ィ´    ./       l;;;;l
     /      .::∠.'"  _,..-'"´     ,,,, -, l;;;;l  ┌─────────────────┐
.    ,r'      ´     ,.ィ´,,,   , -‐ニニ",,,,,/ .l;;;, 、  │ありとあらゆる動物の事を調べ       │
   /          <´////ヽ ィ´"´ヒニ;ン  レ,, l │それなりの名声も持ち合わせていた    │
.  /              ̄ ミ.,l   `¨      リ" ,'  └─────────────────┘
 /           ./777  //l         レ ./
.″           ////l  /'/,l         .l /
            /////`¨///,         l'
       ,..-'" .l////////    ''     /l
       /   /!、////  __ _        / ト 、
     /   /////、//, ´ ..... `    ,イ  ヽ `丶、
   .;;;l   ////l//l/` 、       _.ィ´  l:  ヽ   ``''=''7
   ,;;l ,..''´//////レl///`ー- -‐'7/    l;   ハ     ト 、

213 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:28:37 ID:d2Vns/Dc

┌─────────────────────────────┐
│生粋の研究バカであり                                  │
│新種が見つかったと聞けとすぐさま駆けつけ                     │
│動物園で変死した動物がいればすぐさま解剖しに出かけていった    │
└─────────────────────────────┘

 \                     /     キラーン☆
   \  丶       i.   |     /     ./       /
    \  ヽ      i.   .|  、 `  ̄ ̄ `' ,/      /
      \  ヽ  /⌒ ー-、  i、‐-┬-ー-r i   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   \      / ヾ 、、、ヽ〉 |},_   _,,| |    | 24時間バッチコイ!
        .//  7ヽ_|」」ノ   l´゚゛{ `'゚゛ |Z    乂___________ノ
  ー    / ,′  /       ! _''__,   i.イ
 __    /     ,ム-.、       ト. ー /l ゙i         --
     二ヽ    ̄      ̄⌒ヽ_,ィ! , ̄ /  ヽ.、 = 二
   ̄    \  ヽ、__.. 、    !、   /., ___,,`ー-.、      ̄
    -‐    `ヽ、-== 、 У   /´      〃   ',  ‐-
            `ー-、/   /            l
    /          ,'、   ,′       ,ィ、   ハ
            /  l,゚'  ,;l;,    、。, ;ノハ `ー-''  ',  \
    /          }`ー‐个ー  -‐ '' ノ |     l




        ___
        /:::::::::::::::\
      // ̄ ̄ \:::\
    __r!" /i   ,ィ、 \:ハ
    l/7 l! i |   ハl ヽ| ゙}:ト、
    (_イN◯ ゝノ  ◯| (」ー'     ┌─────────────────────┐
    ./ l !    △  ,少イ !\   │こんな研究バカであったが、娘を持っていた     │
      | \        ,イi |      │妻はあまり体が強くなく、娘が3才の時に死んだ   │
     ノィ ≧>ニフヽ≦ | |      └─────────────────────┘
    〃 | i ゞ:ヽノ:::ノ  ノ).|
     !.| /:i::::A:::ヾヽ// `
       ゙ `ヲ:/Xヽ:::f〈  ,.- '二つ
      <7:/.><.\:ヽ`{゚x 。 ト、
     ⌒ヽfニ!~lニラヽ! ゝ-<^ヽ)
         ゝノ .レ′ \,.、)

214 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:28:50 ID:d2Vns/Dc

┌───────────────────────┐
│毎日研究に没頭する男であったが                 │
│研究バカの手合いにしては珍しく子煩悩でもあった    │
└───────────────────────┘



             , '´  ̄ ̄ ` 、
            i r-ー-┬-‐、i
            | |,,_   _,{|
            N| "゚'` {"゚`lリ    今日の晩御飯はチキンカレーだ
            ト.i   ,__''_  !     締めたてホヤホヤだぜ?
             / l\ ー .イ
           __,/! |`ヽ工{ヽ___.  ||
           {:::::`ヽ|    ̄  V::::::/.一'||)   (⌒ヽ o
           Y⌒V|   _  l|‐r'´ ̄ .||  r‐(     )
           \ }      リ    ||⌒    ⌒ヽ
           乙ノ|         | ┌「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|┐
              |         |.  `|         |´
              |         |   |         |
              |_____|   |         |
              |  ,′|  ,′   、_______/
              |  ′.│./   / r‐――┐   `ヽ
                  し′. ...し   /  」      |____j



         ,. -‐-─-- 、
.      /             `ー、
    〃                 i,        ,. -‐
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈    /
    !  :l      ,リ|}    |. }   /   .や
.   {.   |          ′    | }    l
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    |    ら    ┌────────────────────────┐
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    |        │「仕事で娘の世話ができなくなるのは困る           │
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|   |     な    │ 家を仕事場にしよう」                       │
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     |        │こんな事を平然と言いのけ、それを実行するほどに、だ   │
.    }.iーi       ^ r'    ,'    ノ    い    └────────────────────────┘
     !| ヽ.   ー===-   /    ⌒ヽ
.   /}   \    ー‐   ,イ       l    か
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\       ヽ
 /i   |!  i      :;::;:::::::ト、 ヽー-    ` ー--
 │ .|  i l     ノ ,'    :i  i
 ノ   |- ⊥.」__     /_,. -‐ |  |

215 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:29:14 ID:d2Vns/Dc



┌────────────────────────┐
│動物のホルマリン漬けが並び、動物の死骸が運ばれ    │
│動物に関するありとあらゆる書物が揃った家         │
└────────────────────────┘

                                      ___ _
                                  -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
                              ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                            r(:::::::::::::::::,、 _ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::
                r‐、   r‐、    _,,,_ ゞ, rr~ヅ   ミ::::::::::::::::::::::::::::::
          _,,_      ヽ ヽ  ! l    / / !  フハ       ミ:::::::::::::::::::::::::::
        __,,-r‐' ,r''''ヽ. _,,,,_ ヽr' ヽ !'´ !  ! ! l  l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::
    ./´ ;  ,'    /} l、r‐、! >  l  !  ! ! l___〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::
  ______!  ; ,'    / }_`l¨''__>、____l_/¨ヽ! l l _. /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ::::
//7X/ !  ,     / {XXXXXXXX!____,ノ !  !l__/..             "´ 2ノ/ l:::
ヽーーi '  ,    /   ヾ''''''i'''''''''''''''''''',r'’ /i l. ヽ.ニ,`           __/ :l::
    !  ,   ,r''' _,,-"´ l   , ' /     ! i !.!   'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
   ,/  ,   _!,,/     ヽ _    、__,ノ`:L,!」   〈..        /:{      ヽ
  /'       ;!         `ー-、` 、 ヽ    \、   `}     /:: ! i'''‐‐‐‐-
/´       ;!            `ヽ、ヽ ヽ   `\ 丶、,、. イ::::::    ! _,, -
       .    ;!                丶,   _,,-‐'''''''''''`ヽヽ ∠_     `、
      :    ;!               ',,r''´         ヽ、  ヽ、     \
      :   ;!             /             ヽ   ヽ

┌──────────────────────────┐
│そのうえ、仕事のために動物の頭蓋骨を割っている最中に   │
│娘が父の仕事場にやってきても                       │
│父は特に咎める事をしなかった                     │
└──────────────────────────┘

┌───────────────────────┐
│恐らく、これは娘の情操教育に大きな影響を与えた    │
└───────────────────────┘

216 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:29:32 ID:d2Vns/Dc

┌──────────────────────┐
│家にはよく、学者や様々な企業の社員達が訪れた   │
│訪れる人達の全てが、父の事を褒め称えた       │
└──────────────────────┘


            ___
            /:::::::::::::::\
          // ̄ ̄ \:::\
        __r!" /i   ,ィ、 \:ハ
        l/7 l! i |   ハl ヽ| ゙}:ト、
        (_イN゙●ゞノ ゙● | (」ー'
        ./ l !.* △ *少イ !\  お父さんすごいでしょ!
          | \        ,イi |
         ノィ ≧>ニフヽ≦ | |
        〃 | i ゞ:ヽノ:::ノ  ノ).|    ┌──────────────┐
         !.| /:i::::A:::ヾヽ// `   │娘にとって、父は誇りであった   │
           ゙ `ヲ:/Xヽ:::f〈      └──────────────┘
          <7:/.><.\:ヾj
         ⌒ヽfニ!~lニラヽ!
             ゝノ .レ′

                i|| i
           !|川|!
              !|| | ||!
        ( (⌒)   (⌒) )   ぼいんっ
       (⌒)⌒))  (⌒(⌒)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

217 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:29:51 ID:d2Vns/Dc

┌─────────────┐
│娘が6才の頃            │
│男はある物をプレゼントした  │
└─────────────┘


            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::   ほら、誕生日プレゼントだよ
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !



     ,,,..-‐‐‐-,,,
    /      ヽ         _,..-‐‐-..,,,
   l ,,-‐‐-.,,   ヽ,,.-‐‐‐‐-.,,,_/      ヽ
   l l    ヽ                  ヽ
   ヽ   /              ,-'^~~^'‐、l
    ~ヽ/                ヽミ   ll
   <^~/  /て^ヽ       __  ヽ  ,ノ
 ,,r''~ゝ,l   |o ゝ,_ノ|      /^'ヽヽ  l'^~
 l  く,,,,l,,,,  ヽ( )_,,ノ      |ゝ.,_ノ o|  l~^'-,
 ヽ'~ ゝl ~^''      `-'  ヽ..,,_( )ノ   l  /    ┌────────────────────┐
    '''l^^~~~   (         .-‐‐‐--l=く~^ヽ │それは、真っ白なマウスだった            │
     ヽ、  ,,,,  `'''''^''''~    ~^'‐..,,_/  ヽ  l │大きさは彼女の手のひらに収まるほど小さい  │
      /  (:::::}        ,,,,   イ~''''^~ヽ;/ └────────────────────┘
      l   ~~        {:::::)   l         ┌────────────────────┐
     l              ~~    l         │ただし、プレゼントはマウスだけではなかった  │
      l、                 l>       └────────────────────┘
      /^‐-,,____,,,,,,,,..................,,,,,,,__,,,.--ヽ
      ~‐‐'~             ^'‐‐~

218 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:30:07 ID:d2Vns/Dc




┌──────────────────────┐
│マウスの解剖図が描かれた、父手作りの小冊子    │
│ハサミ、ピンセット、押しピン、ホルマリン瓶       │
└──────────────────────┘

          ,.-''"´:::::::::::::::::::::::::"''-、
        r(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      ┌───────────┐
        ゞ:::::::::::::::::::::::::::,、_ィ:::::::::::::::::::',     │男はそれを娘に渡すと   │
          l`^~アr~ヅ   ミ::::::::::::::::::i     └───────────┘
.         lニ=-、   ,.-==ニゝミ:::_:::::::::::l    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           |ー-‐    ー-‐ l::/r.ヽ:::::::l   | いったい、いつやりたい?
         l    l      l:j {l.j/:::::::l   乂______________ノ
.         !   ゝ     ./ヾト、:::::::',
         ', ヽ二二フ  /   ヾヾヽ__
          ヽ        ,.' l    ヽ::::::`ヽ       ┌───────┐
             `''―‐''"´  /     ./::::::::::/-..,,_     │そう、聞いた    │
           ,..-''"::/::| .|   /     /::::::::::/:::-..,,_`"''   └───────┘
.        //::::::::/:::::l lヽ     _,,..-/::::::::::::l:::::::::::::::>
        /:::::l:::::/::::::::|ヽ  r''"´ /:::::::::::::::|::::::::::'´:::::
     /::::::::|::::\:::::::::|     /::__:::::::::::::::|::::::/:::::::::::
      /::::::::::::::::::::::>::::::|   /:::::\ ̄ ̄ ̄:::/::::::::::::::
    /:::::::::::::::l:::::<::::::::::|/ ./::::::::::::::_,,>:::::::::::::::::::::::::::::::
  /:::::::::::::::::::::|:::::::\:::::|/::::::,,..-''"::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::
.

219 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:30:20 ID:d2Vns/Dc





    ┌───────────────────┐
    │娘は満面の笑みを浮かべながら、答えた    │
    └───────────────────┘





       //.:::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ__ヽ    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      ___//.::ィ^⌒^⌒^⌒^' トく<_}{^)}   | いますぐやりたい!
     {に}{_>>l  l |l  | |l| | l ト仆イ l   乂___________ノ
     フ小1|| l |l  | lハl|| 〈ハ〉l |
      〈{_ハ〉_」⊥L!l  | 厶斗+ | |l | |l |
      | l l | lヽハ ヽj/  j 亅|l | |l!  
       | | | いx==ミ    ==ミ| l| ! ,小|l  
     川 | ヽ{ :.:.:.   .   .:.:.:.: 川//l|l ! 
 二≧x' '//⌒ヽ、   ー‐   彡イ/l ! l¦k≦三
z≦三/ / l     _ヽ\_, イ/ //_」_|l|l三≧x
 _≧/ / /| _ {@}l:::〉―‐1' //.:::::.\l l弋≦⌒
 ラ/ / /.::|l{@}  ̄ レ::/ ^Yl /.::::::::::::::::.Ⅵヽ\
  { {/.::::ハ ̄ q_ l /  / | {:::::::::::::::::::::::〉|ハ ヽ
  ヽ个ー'::::::ト、 ペ) へ. /-人ヽ:::::::::::::::::/ ノ ノ

220 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:30:39 ID:d2Vns/Dc


┌──────────────────────────┐
│父の仕事場へ移ると、娘は勝手知ったる我が家とばかりに   │
│必要なものを棚から机から取り出していった              │
└──────────────────────────┘

              _  - ―― 、
             イ.:::::::  -――-\
          / /.::::/      ヽ  \
         / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ |    | おとーさん! あれとって! あれ!
         / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| /    乂__________________ノ
       ./      | ヽ  、  ||     || レ'ィカ
       ./      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ノノ
       /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く__つ         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤              | はいはい、ちょっと待ってくれよ
    ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |             ヽ________________乂_
    /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {仡}:l:.:.:.〉ノ
   ;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{
   | /  /    }彡ヘシ}:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:ト、:.:.\
   | l |  / _,,.∠斗―/-―:.:.:.:.:.:.:.:〈 \:.:.:}ヽ、





┌────────────────────────┐
│少々手つきはぎこちなかったが、マウスに麻酔をかけ   │
│手足を広げさせ、押しピンで固定していく           │
└────────────────────────┘

         ___
      ∠ニ-‐O‐- 、`ヽ、          ┌────────────────────┐
    ∠ - ┬ ¬- 、::.:\ `、       │ピンセットで皮を持ち上げると、ハサミを入れ   │
   _//, / / ,'  ,  `ヽ、:∨ハ       │腹膜を傷つけないように皮を剥いだ         │
  〈// l l | ,′/l  / , \} !      └────────────────────┘
  /∧ lTト|¦ / |__/_厶イ/lト、|
 {ハ ヽrメ::ミ、/ 厶=≠} /〈/|lV|
    }\_〉沙    沙 ,/ 〃 l|| __ノ
 ー=ハ { >、  、 ∠ィ/ l l| ∨::.:< __
.  / / l |く>r<`< || l|  ト、::\::.r'⌒

221 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:30:55 ID:d2Vns/Dc

        ┌──────────────────────┐
        │娘の目の前に、ピンク色の綺麗な腹膜が現れた    │
        │血も余り出ていない                         │
        └──────────────────────┘
                  __,、
        ,.-‐'  -,===〔{〈包}ヘ、
      /  _f〆:::::::::::::::::::弋之ソ:::\
     /     {i7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ::',    ┌─────────────────────┐
     /   {i7:::::/ ,' l  l l  l   ,  ',    │ところどころに血管が走り               │
     l   {i7:/   l ,斗ト,|l  l ト-、l, ハ   │白地に淡いベージュがかった皮膚と合わさって   │
    ,l    〆 |  l | ハ ハ| l / リ |. l | l|   │まるで宝石のように見えた                   │
    l   介 l |  l 〒弐オ l/'〒テトr',', l|   └─────────────────────┘
    !    !  ! .ハ  l、ト'::ィ;リ   トィリ, l l リ
    ! |  |  | 弋  ゞー'    ゙-'l |,lレ'
     ! |  |  |   T'´ xxx   ` xx; |リ
    |  |  | ,ハ   |',    _ _  _,ノ l|     ……きれー
    ! ,l  ,l ,'ハ   | `ニ、r‐、‐ T´ 川
   | ,l  ,l /..ヾ   |',=ニ| /::`|  | |
   | | / /:::::`::'、  |〈包}/:::::::|  | |
   l  / ,'::::::::::::::',ヽ、ト ', レ'::::::::|  | |




┌──────────────────────┐
│腹膜と内臓は密着している                   │
│どうやって内蔵を傷つけずに腹膜を切り取ろうか   │
└──────────────────────┘

     小ヽ      ′ |       |   |     |ヽ::ノ:::|
    //|:| 〉〉  |  |  |.l         |   |    |  ̄|:|
   .//厶'イ |   |  |  | |      |   |    |   |:||
   //' |:|   |   |  |  ||       |   |  , /|   |:| !
  .//  |:|   |、 |  ヽ  |ハ    |/|   / ! / / |   |:| |
 // | :|:|  |ヽ l\ l\ ヽ ヾ   / | / 」'_/ /|   |:||
 / |  |:|  丁 ̄,.ィ≠ミk\l/ \\ / l/ィ=≠// /  l|::|  ┌──────────────────────┐
  | |:|ヘ.  ヾ=代〃 :ハヾ `  \、 "f〃下:ハ>./   ハ:〉  │そう、悩んでいると、隣から父が助言をしてくれた    │
.  l   |:| 丶  ヽ Vヘ:::j.|         |rヘ::j.リ '゙/   / |   └──────────────────────┘
  |  レ' | \ \ゝ-‐'    ,     ゝ‐-' / /  |   l
.  l     |   ト、 \ 〃〃     〃〃 .∠ イ     ∧   l
 /     / l    | ト ̄     r‐‐、    /  |    ′ヽ
/    /   l   | |  `   、  -‐     ´   ;   /
    /   '.   V   r┴> - <L.__   /   /
.   /     ヽ  ヽ r::'::::/ イ:ハ:ト.\::::::::> /   /

222 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:31:10 ID:d2Vns/Dc




.    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.     |::l`''~^~ァrr~~ー..,,_:::::::::::::::,、_ィ:::::::::::::::::::::::::::
.    |:|       ノリ       ̄ ̄´   ミ ::::::::::::::::::::::
    !|                   ミ:::::::::::::::::::::::
      ',ミヽ                 〈::::::::::::::::::::::
      ',rヾミx、                    l:::::::::::::::::::::
.      i でツ、   =≡三三三三       |:::::::::::::,..--
.     l `ー }                    |:::::::/ ,.-
      ∧  /      '"''===''    }::::/ <ヽ/     ほら、こうやって小さな穴を開けると……
     _,,..∧. /                     ノノリ `/     腹膜と内臓の間に空気が入っただろう?
_,,..-''":./.:∧ゝ‐-、                _/
: : : :/: : : :.∧                   /       これでやりやすくなる
: :/: : : : : : :.∧ -..,,_      _、      /
: :`"''‐-..,,_: : : ∧ 、_ ̄ ̄ ̄       _,,,,.. -''"´
: : : : : : : : :`''‐、:∧    ̄   __,,,...-‐''''"´: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : ヽ∧      \: : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : :. <: `''‐--‐<  \: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : :.\: : : : : :| ヽ   \: : : : : : : : : : : : :



             _,ィー'"ニY二∀ニr==、_
          _r"/-'"´ ̄   r=ミ=、`ヾニ=、、
      ,r、_ /r,.ィ_,.,、_,-、_,-、_ k嬉,r゙   \ニ,、
     //`ヽ,.-、_,.人ノ      `ヾ、,、     ヽ、\
     //_/               弋、     ';=、ヽ
    ん=/ /      ,          `ヽ    ';く ';
    _,.〆! i   i イ |         ,   弋、  |,)  ';     ┌─────────────────────┐
   |_,.-イi  |   ,| /| /ト |      / ,   ト、  |,} ,.|=il  │助言に従い、腹膜を上手に取ると              │
     / ,ヘ ';  | | |! ', |     〆、_/,   |ヘミ, |,.ィ"| /   │父が「上手にできたじゃないか」と褒めてくれる   │
    <,/ ∧\ |_、   |!__,.////,イヽ  /_,.-ハ、_//   └─────────────────────┘
       / \,N !`ヾ、       '"  ,|イ  ´ //  '; |!
      /   八⊂⊃      __    /   / |!  |! |
     /   _|.\   、_  '" ̄`ヽノ'"   / |!  |! .|
    /  _,.-_'"::ヽ ト  ヽノ   ⊂⊃_,.-'"/  |!  |! !
   /   /:::::::::::::|!:::r=-、llliixxxー,ィ  _,.-ーァ       |
   |  ノ;;;;;;;,,.ィ,、r= |//。iヽ ゝ/,.-'":::::::::::::::\      |
   | ,.    ゝ} } / | ∧,.〆`´::i|:::"|\::::::::::::::::ヽ   i  |

223 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:31:25 ID:d2Vns/Dc

┌─────────────────────┐
│腹膜の下には内蔵がぎっしりと詰まっていた     │
│最も目立っていた腸を広げると、場所によって    │
│少し色が違う                           │
└─────────────────────┘

              ___
        r <二. r ‐、_ ´丶
      / ̄´ ̄ ´ ̄¨'-、}--、 \
     / _,  ---- .. _   丶./-、 ヽ
   /イ__.人_人__人_人>、\」  ヘ
   ハ_/           l\  ̄」_./ ̄| ',  ┌───────────────────────────┐
  ,'   ト、    , -‐|‐ ヽ!|_/\.」ハ  │父がプレゼントしてくれた小冊子を見ると                  │
  |   , -| \    ∧/ - 、 | ├ 、    i  │十二指腸、空腸、回腸とそれぞれ役割が違うと書かれていた    │
  ! ヘ トゝ_ヽト ! / r 、 !| | l    l  └───────────────────────────┘
   ',| ヘ.|f r 、    i lj | l  l .ノ     i
.   Vヘ|ヘ.l lj !          |  |       i
    | ハ     、- ァ   /!  !       l   ┌────────────────────────┐
     l  |>------ ‐<.\|  | ̄´ヽ.  l   │手間暇かけて、父が手書きした臓器のスケッチ付きだ   │
    | !  /ト、/\, -i\ | 」     \ i   └────────────────────────┘
      !  | \/:×: \/ |/´      | l
       l∧|    l :×:/ __ |      /  l
    ,. -――‐- 、,r'´ ̄    ̄ヽ-i   |  |
   〈        ヘ くそみそ ヘ」ハ-、 l   !
   Y´ ̄i     i      「 ̄´l 〈 ! l |
   |  l       l      |   | | 〈 |.ハj
    i   /        l 技術  ヽ __j.ノ 」/
      ̄! , -――-、l, -――‐-- 、j个ー- 、

224 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:31:46 ID:d2Vns/Dc

┌───────────────────┐
│腸の次には腎臓、生殖器、肝臓と見ていく   │
└───────────────────┘
                                  ┌───────────────────┐
                    __ _rrz=、、_    │そして、肋骨の下にある横隔膜を取り除くと   │
                    , ...::.::.::{>{くtア〉}::.::..  │綺麗なピンク色の肺が二つ見えた       │
               /...::.::.::.::.::.`ー=‐'.::.::.::.::. └───────────────────┘
               /...::.::.::.::.::.::.  ィ^⌒^⌒^⌒^ヽ:.ヽ 〃/
                 / .::.::.::.::.::.::/ /           \  ⌒
             ∧::.::.::.::.::.:/   イ | |       l |    ヽ
               / ヘ ::.::.::.:/ l 斗┼十    j⊥」 l    l
           /   ヽ::.::.:l | | 厶≠ミメ    〃」_ノ`'|l ||
             /     ∧::.::| l |仏'::::}丨ヽ   /ィぅ心ミ|| ∥|
         /    /  Ⅵ   |弋辷ソ  j/  ヒ::ノバリ ハ|
           /    /   /小、 、        , `"' lノイ  }ノ
        /    /   〃|| |l\_>     __   ∠/|l
     ̄ 二≧- _ /   /|l_儿l|  |\    (_У  イ  ハ
   -一 ニニ二二三三≧ }ハ{ | ト、 `   _, < ∠|  仁三  ̄
  -一¬ ニ二三孑…ー<ヽ l |::.::.` ーrヘー-<三| /三二ニ=ー-
     / -‐ ¬ア´/    ∧ \ヽト、::.::.::.:イ{}トヽ::.::.ヾj/=ミ、
    ./    /〃/   _/.::.:.V^i:.ヽ   ┌───────────────────────┐
   /     /|   ヽ::.::.::.::.::|::.. ト- │その肺に挟まれるように、鼓動を続けるものがある   │
   '     / |    |::.::.::.::.:|::.::.ヽ │心臓だ                                 │
/    /    f     ノ.::.::.::.::.ヽ::.::.:.. └───────────────────────┘
     /     ∧ { 〈::.::.::.::.::.::.:..\::.::.::.`ー‐'.::.::.::./.::.::.::.:〉 l
          // .::... \ヽ::.::.::.::.::.::.::ノ .::.::.::.::.::.:┌──────────────────┐
      /  \  ::.::.:..\::.::.:/...::.::.::.::.::.::.: │このとき、マウスはすでに生きているとは   │
           ` ┬―-=::.::.〉::.::.::.::.::.::.::.::. │言いがたいほど解体されていたが       │
               `l::.{{_II_}}:「::.::.::.::.::.::.::.::.::. │それでもまだ心臓は拍動を続けていた    │
             |::.::}ハ{::.l::.::.::.::.::.::.::.::.::.: └──────────────────┘

225 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:32:07 ID:d2Vns/Dc



       |  !                        |  |       |
      | │                   〈   !      人
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   ̄ .Y  ̄
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    |
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !  ┌───────────────────────┐
    ヽ {  |           !           |ノ  /  │その様子を見た父がまた褒めてくれる            │
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′  │「まだ動いてるってことは、上手に解体できたんだな   │
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'     │ 初めてにしては上出来じゃないか」             │
    |    `!                    /      └───────────────────────┘
    人     ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
  ̄ .Y  ̄    |\      ー ─‐       , ′ !
    |       |  \             /   |



           ,、ュェ:: ,,.、     ┌────────────────────────┐
             , 薔///ミマヽ    │また別の所を切り開き、また新しい発見をし          │
           /^^|^“^,、^ ヾ マ、ヽ.  │困れば父が教えてくれ、上手にやれば褒めてもらえる    │
          / ! ,=.、ヘ l⌒ !│ミ\{   └────────────────────────┘
        ; | |,=、 `'⌒d. ト  ∧¨゙ヽ  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       i iヽ!c v´} ,' ハ  リ ' ,    | わたし、将来おとーさんみたいになるー!
           | >=-¨イ/イ、     ヽ  乂____________________ノ
.         | .〈{=`ト、    〉     \
.           |  ,',/}{ヽ} \ 〈       ヽ  ┌─────────────────────────────┐
         |  }}、/乂__ _ ハ    \ 、ヽ  │動物の解剖中だけでなく                             │
          |  レ'//,--、////\ト.    \`  │万事につけてこのような感じであったから                   │
        ', ///><∨////>= _ _   │彼女は10才の頃には、漠然と将来は動物学者になると考えていた   │
        /////=‐==∨///ト、//╋  ̄ └─────────────────────────────┘
      / ///∨     \////ー 、
      レ' ////!       \/╋ /!
          〈 ╋/}  ,.;ュ.,,ャ.,ァ゙^^゛^ ─┘
          ヘ/゙゛^'' w u.tヘ,_〉
          ^ ^ }.∧
              〈__/

226 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:32:22 ID:d2Vns/Dc


                  _.. -==ァ ~ = ヽ-x、
              ..:< イ7///( 'r少x Y/≧
   ┌─────────────────────┐
   │実際、彼女は動物学者の素養を蓄えていたし   │
   │環境も動物学者になるのに最高の条件だった   │
   └─────────────────────┘
          i  (l////ん'              、   ヘ
            (V///);  ,' !ヽ     ヘ   i. }ト    '.,
          j  ゝV/仍  i! ト i―+-ノ!._ハ  レ1  ヽ
          ,.'   ゝiβ.  ト . ハj  ル' レ  } 从 ル i .ト   }
           /    x仆,  { V __    ノ _x行7 ,' .i! `
        /    (( .l.l )) !〉ィf灼チ ̄`    乏ァ ル   }}  ノ
           ノ   `YiiY´ .八ゞ込ュ       ムイ八ノ,ノ
       .,'  ({    /}.i!:l.  ゝヘ         ,.:  人.j!  `
   ト ,_, {   _ヽ、ヽ:\ ,ハヘ   `ト     _,  ,イ  i   |
   ';三三三_三三ヽヽ::::/弐i  .ゝ> _.´ ' く j!  l   i
   丶三三;三三三ヽ';/::::::::i.   \≡従爪  ヽ  i!   !
   _〈;;三三三;三三,/:::::::::::', ト,   Ⅷ_∧i≧ュ. }! 八   }
ニ二三三三三三三三ィ::::::::::::::i lミ}   ⅸ'   ┌────────────────────────┐
   ¨>二三三三=:::::::::::::::::::::l l ノ   jレ    │12才の頃には、父の仕事を手伝うのは             │
 ,.:'´三三三三三ヾ::::::::::::::::::::l i!   仆    │娘として当然の事と言わんばかりに父について回った    │
/三==‐1三三三三V::::::::::::::::j ;  .ん'⌒Y⌒ └────────────────────────┘
‐'´   7三三三三/::::::::::::::::,  ト   {   j!  ″ f7:::::::::::::::::,'
   ,厶三三三二イ::::::::::::::ノ ヘ }ミx j  r大ぇ   f7:::::!:::::::::{_
    /三≡イ:::::,'::::::::::::::/,ゝ:::::ミ V  .{心x仍  .f7:::::i!:::::::::::ユ__

227 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:32:37 ID:d2Vns/Dc


┌─────────────────┐
│そして、15才の頃                  │
│ネオケニアへと引っ越すこととなった    │
└─────────────────┘

          _rzz_      
          . へミミ.ハ `ヽ
      , '  、 >ミハ.  \ ,ィ  __
        {  ノ) レイ巾    〈レ'/彡
      Y´ノ ┃ j天    ./彡´    お引越しよぉ
        {人    ケ ∧ く彡´ \
         `_チ´ ノ三〉丶へ .ト、)
         ` ー1トミ彡三> jノ ´
          x仁三しべろ ェ、
        r<二气三夫三≧≡=-
        て_,rz  _〟  ,_、 》
           ¨777 `¨´ `¨´
           ゞ´


┌──────────────────┐
│理由は単純明快                │
│そこでしかできない研究があったからだ   │
└──────────────────┘

228 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:32:55 ID:d2Vns/Dc




         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|
          |i i|    }! }} //|     ┌──────────────────────┐
         |l、{   j} /,,ィ//|     │ネオケニアの動物を別の星へ運んだら、爆発する  │
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ    └──────────────────────┘
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人     ┌──────────────────────┐
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ   │何を言っているかわからないと思うが、事実である  │
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉  └──────────────────────┘
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ



               ┌────────────────────────────┐
               │一体なにが原因であるかはわからないが                  │
               │ネオケニアの動物たちは、ネオケニア以外では生きられなかった   │
               └────────────────────────────┘
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |     ___'___      |   日本人ですが、味噌と醤油と白米がなくなったら
     \    `ー'´    ,/    生きていけないと思います
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     わりかしガチで
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
                     ┌──────────────────────────┐
                     │空気が関係しているとか、自転の速度が悪いとか         │
                     │体を構成する物質の根本がそもそも                   │
                     │他の生物たちとは違うのではないかとか様々が説が流れた  │
                     └──────────────────────────┘

229 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:33:08 ID:d2Vns/Dc



┌────────────────────────┐
│とりあえず、研究バカの父と娘にとって重要なのは      │
│ネオケニアに行かなければ、研究できない動物がいる   │
└────────────────────────┘

                   , '´  ̄ ̄ ` 、,
                  i r-ー-┬-‐、i
                   | |,,_   _,{|
                      N| "゚'` {"゚`lリ
                    ト.i   ,__''_  !
                   ノ i.\ ー .イ、
             ,.-‐='´ ノノ_/___,,,..ノ>.、_
            /,   ̄`ヽ/     '´/  ',ヽ
            li     /      、 i   ,' .i   ┌───────────┐
           ノ ト ...,,...ノ、._      )! 丶 / ,イ  │この一点だけであった    │
    ,-─    / .l i     ¨゚''ー--‐"l    Y j    └───────────┘
  ,-弋__ /  l l /¨iヽ、    __/ l   / /
 弋__   i  ハ / /   \、_,.-‐l    ,'
      /l'´l / ./i  i_  _ /  /  l  / ,'
     r'  .!/ / l  ,ノ  ̄ .ソ  ,./-‐ノ、 i  l
    /ト‐、 \‐" _ノ  '  //    / / 、ノ

230 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:33:24 ID:d2Vns/Dc

┌────────────────────┐
│ネオケニアは100年前に開拓されたばかりで   │
│まだそれほど発展していなかった         │
└────────────────────┘

                  , -‐ "  ̄ ̄ `' 、
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
               r':::::::::::::::::::::::::,,_,,、;;;;_,-、::::::::',   ┌─────────────────┐
               、l ̄"~´/i/^´      |::::::::::l  │そのうえ、そのうち隕石が降ってきて   │
               {:|          _ |:::::::::::i  │惑星ごと吹き飛ばしてしまうという      │
                {,---‐ッ ゞヒニ二二-`i:/⌒i|  └─────────────────┘
                 | i  ̄t i!    ´__てj"' |:lr'` l
                '、',  ̄|       ̄  冫'/
                 ヽ!   、 ,、        イ:i    ┌───────────────────┐
                 '!   ゙'     ij   ,' i::l     │(出来うる限り早く、動物たちを調べつくして   │
                  '、   '.==-‐   /  ':i     │とっとと帰りたいところだな)           │
                  ヽ  ""´   ∠i   '、    │動物学者であり、父である男はそう思った   │
                   i\    /  l    `ー , └───────────────────┘
                    ':.:.:.: ̄    ,'       `ー─-  _
                _ ‐'  '"´     ,' ,'    _, '..:'        ' 、
             /´  ヽ_   il      / ,'_ - ''´ ,::;:'          ヽ
           /      "' -、 , ー''"´     '             ' ,
          , '                                  ',
          /   ,         /                        i
         ,'   ,'        /                         |

231 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:33:40 ID:d2Vns/Dc








           ┌──────────────┐
           │恐らく、その焦りが不味かった   │
           └──────────────┘







:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ┌──────────────────┐ :::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: │動物学者であり、父でもある男は死んだ  │::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: └──────────────────┘::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:                :::;:;: :.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;´::;;         ::::::::   ::::::::;:;:;: `;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:;:;:        :::::::;:;  :::::::::.;:;:;:;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  ;;;、      ::::::::::::::;:;  ;:;:;:;:;:;:..:;:;: .;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;  ;:;.:  ..............  :::::::::::.................. ヾ;; ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ;:;; ;´´;:;:;:;:;:;:;:;``; ;: ;´;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ ;;  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; ´`;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;; ;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.: ;:;ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; .;; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...;..: ヾ、;;;;;;;;;;;.:´.;´;;`;;`ヾ、;;;;;;;;;;...::、..:、..;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  .`` -‐--、..; ;:::::::::;ヾ、,-‐--、´;;  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、............ ;:;:;. ;;;:;、;:; ;:;  ...............;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`;  ;;:;ヽ;;  .`´;`’ ;:;:;  .:;:.:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; .;.;;.;.;:;.;..;、..;、..;、;..,、..;..;..;.;.::.; : ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ヾヾ;、;...;..;....;....;、;..;..:、..:´::: ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   ``;..;..;..;..;..;..;..;...;...:: ::::: ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヾ、  .`´`´`;´`´`´;:::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...       ..:;;:;:; ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┌─────────────────┐::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│彼女が16才の時、彼女の父が死んだ   │ :::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::└─────────────────┘ :::::::::::::::::::::::::::

 
-232 ◆Q4IsgKJmwY 2012/07/23(月) 02:36:37 ID:d2Vns/Dc
投下終了です

今更ですが、ハムスターとかスナネズミを飼ってる人は注意です

ですが、リンダキューブと言えば、♀のネズミを解体するものなのです

234 小さな名無しさん 2012/07/23(月) 03:45:59 ID:J0sXP3dU
乙でした
原作知らんけど、もしかして今回のエピソードは原作通りなのかw


235 小さな名無しさん 2012/07/23(月) 04:14:53 ID:IxfeQreY
乙でした
お、今回はシリアス? と思ったら、爆発する。事実である、のとこでワロタ
いや、原作でもそうなんだけどさぁww


236 小さな名無しさん 2012/07/23(月) 06:19:50 ID:aeQHjPis

別の星へ運んだら、爆発する吹いたwww
Cの主人公は銀ちゃんかな?
阿部さん良い親父さんじゃないか


237 小さな名無しさん 2012/07/23(月) 07:07:36 ID:Yo/rkCjQ
ちなみに、原作ゲームで主人公たちの武器が動物を加工した武器なのは
光学兵器を動物に使用すると大爆発大爆発が起きて半径数百メートルを吹き飛ばす、
わけの分からん理由がある。

元スレ
やらない夫でリンダキューブアゲイン
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


4631 『やらない夫でリンダキューブアゲイン Cシナリオ その1』の前後エントリー2012年07月23日 22:00

纏め作品一覧やらない夫でリンダキューブアゲインの目次


15918 名前なんて無いだろ 2012年07月23日 23:08Edit
>>228
できる夫に完全同意
ノロに罹ってマトモな食事が摂れなかった時のストレスといったらハンパなかった

それにしても光学兵器使うと大爆発する動物って何なんだwww
15919 名前なんて無いだろ 2012年07月24日 01:37Edit
とりあえず作者が関西人なのはわかったw押しピンwww

しかしCシナリオ、随分と原作に忠実じゃないか
15920 名前なんて無いだろ 2012年07月24日 01:43Edit
自分の育った星があまりに過酷な環境故に、
逆に他の星で1年以上生きられないって設定の
戦隊ヒーローがいてだなw
15928 名前なんて無いだろ 2012年07月24日 10:55Edit
ネズミを解体してトンボカッターで錬金術するリンダちゃんマジ良妻
15963 名前なんて無いだろ 2012年07月25日 12:21Edit
錬金術懐かしいww
時間も進まないし最強だよなwwww

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!