やらない夫はあじさいに名前をつけるようです

2010 06 25  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:◆RWwEbHEhig, |

104 名前なんて無いだろ常識的に考えて 09/08/16 23:00:27 ID:Sa++2n+0

  ジャンル:歴史系
  ヒロイン:ホロ

 「やらない夫はあじさいに名前をつけるようです」


105 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:03:51 ID:Sa++2n+0

                    o
 :     _,,-<">">-、-,                   :
 o   ,-<,レ< x > +>"`ヽ/ヽ,-,,               o
     トーi- >。ノく。:>< >'~-- /,-,
   : / >:::o:/":。/< +>o:<_-,,i, ヽ
   o ~"'-""`-,< ::。:< :::。:>o:: >--'    :
   ,,-''"/< :::o:: >/⌒`^>ヽ"''--">>     o
:  / .: ""'-,,,/ヽ_::o:: >::゚: /--',,,i
o < .:      /ーヽ___/:'::.: ̄  ヽ          :
 /.    /~ヽ/   /i:::::::  :.  i          o
 '~~ '´~ ̄      .l ヽ_,    :.  i
                "---_,_,__i               :
                                    o
                       

来る日も来る日も降り続く雨、そんな鬱蒼とした梅雨。
けれど、地上にともる灯りのように咲く、あじさいの花。

このあじさいは日本原産ですが、今ではヨーロッパでも見られます。
これを伝えたのはドイツ人の医師、シーボルト。

106 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:04:43 ID:Sa++2n+0

     / ̄ ̄Y ̄ ̄\
    /  ヽ,_.   ノ  \
   (●)(● )  ( ●)(●)
   (__人__)     (__人__)  ここが日本か・・・。
   {`⌒ ´   彡 ` ⌒´ノ
    {             }   なんだか不思議なふいんきのする国だろ…jk
     {      彡    }
     ヽ、    /   ノ
       .ン    ヽ
      //    |
  (⌒二_/ |  .  |

シーボルトは文政6年(1823年)来日。長崎の出島のオランダ商館医として
出島内に開業しました。

107 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:05:27 ID:Sa++2n+0
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |
     |/ ̄ ̄\
   /    \ ノ
   |    ( ●)(●)  おらー授業始めんぞ!席につけー!
.   | ノ(  (__人__)
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |         }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ         \
     l/   く   \          \
     |     \  \         \
      |    |ヽ、二⌒).、           \

そして、長崎の鳴滝にて、鳴滝塾を開業。
診療所と蘭学塾を兼ねたこの施設には、多くの若者が足を運び
西欧医学を学んでいきました。

ここではヨーロッパの学問なども教えられ、ヨーロッパの学問を日本に普及させた
功績ははかりしれません。

108 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:06:01 ID:Sa++2n+0
     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ  シーボルト先生の蘭学は、本当に勉強になるなぁ・・・
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |
    \     `ー'´     /
    /     ∩ノ ⊃  /
    (  \ / _ノ |  |
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /

この塾には、のちに蛮社の獄で囚われる蘭学者、高野長英も通っていました。


109 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:07:22 ID:Sa++2n+0
☆そんなある夜、遊郭にて・・・




      (ヽ三/) ))
       ( i)))
   / ̄ ̄\ \
 /   _ノ  \ )
 |    ( >)(<)  たまの息抜き、異国でのお戯れは
. |  ///(__人__)
  |     ` ⌒´ノ   まさに俺の空だろ!
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |




     |┃三   / ̄ ̄\
     |┃三 /  \,_.  \
     |┃  (●)(● )    |  オラー!かわいこちゃんはどこじゃーい!
     |┃  (__人__)      |
 ガラッ .|┃  ヽ`⌒ ´     |    
     |┃   {         |
     |┃三  {        /
     |┃    ヽ     /
     |┃  .   ン    ヽ
     |┃三   /     |
     |┃(⌒二_/|   . |


110 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:07:50 ID:Sa++2n+0


    / ̄ ̄\
  /     _ノ\
  |       (●)
.  |       (___ノ)
   |        ´ノ
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ





    / ̄ ̄\
  /     _ノ\
  |       (●)
.  |   ///  (___ノ)  ポッ
   |        ´ノ
.   |         }
.   ヽ        }
    ヽ     ノ

111 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:08:45 ID:Sa++2n+0

          /..:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:メ、;ミ
.           /.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.'/
         /.:.:.:.:.::{:.:.:.:.:.:.:.::/.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.::ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.
         .:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.: .:.:/'|:.:.:.:{:.:.:.:::! :.:.:.::}:.:.:.:.:.:.:.:.:':.:.}
          |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:{:::{ |:.:.::ハ:.:.::::! !:.:::ハ:.::.:.:.:.:.:.:.:}.:}  今宵のお客は、異国の方か。
          |:.:.:.:.:.:.:::|:.:.:.:.:.::从厂!:.:ヌ::ト、:::| i:::/jノ:.:}:.:.:.:.: ;ハ:ト、
.         j:.:.:.:.:.:.::::|:.:.:.:.:.:|K利「うト、jハ}リ j厶}-从:.:.:.:/ リ ヽ  さあさ、そこに坐るがよい。
       i:.:.:.:.:.:.:::::|:.:.:.:.:.:|`弋::タソ       ,. __,, /ノソイ 〃
         ,! - ミ:::::|.:i.:.:.:.:|             ⌒ヾ::.:.:.://    -/,`丶、
        /     ヽ|.:i.:.:.:.:|        〉   /.:.:.:/    j/ .とニ二.__\
     /        |.:i.:.:.:.:ト、  「 ー‐ァ  . イ.::/.::.    ノ;し′ ` ー- `ヽ
     ,′      |.:i.:.:.:.:| \ ` ='  イ:厶|:/ .:.:ト .   ;: ;.:.:i}`ヽ丿   }  ,
.     ′      │i.:.:.:.:|.   ` r "  |:::.:.:/.:.:.:.:l  l  ;: :;.:.j.:i:ト、     }  ′
     {         |.:i.:.:.:.:|   /     !:::.:.:.:.:.:.:.:| │ ;.:. ;:.::!:i:} \     }
    |        j|.:i.:.:.:.:ト、   {  /  i::: i.:.:.:.:.:.:| │ ;.:. ;:.::!:i::}    `}     |
    |        ||.:i.:.:.:.:| \     i:::.:i.:.:.:.:.:.:| ! ,:;.:. ;.:::!::!:}    |     |
    |        ||.:i.:.:.:.:|        i:::.:i.:.:.:.:.:.:| ! ;:;.:. ;.:::!::i::}.    |     |

112 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:09:40 ID:Sa++2n+0
         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          | /// (__人__)  いやーははは・・・どうもおばんです。
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }  よろしく。
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |


                   ,イヽ         , ィ'⌒!
                  //  i       / /:  |
                    / /   !    /   /   |
                /   .'    | ¨  ̄ ̄`'ヽ    |
            /    /  _ ,..' - ── ──- `ヽ
           /    .  '     ,             ` 、
           ´   /      /               \
          /_  _/.. _    /|_ /  /     \ ヽ _ヽ \
        / _  _  __  ̄_7_ji_  ̄/二,' ニV -  ヽ ニ ヽ_ヽ__ヽ
       ′   .′     7::: ||:::: 7  /  |  |   |   |  !::  !
       i    :i        /::::/||:: イ  ハ::.  |  |   |   |  !::  !  なにをかしこまっているのじゃ?
       i    :|       ′.' !!/ |  | |:: ,ハ  イ   !   .′ ,::  i
       i    :|.     ! :::| |ヽ_j_,.ィ::!/ | ヽj.__/j  /: /:::: ′異国の方なのに、おかしな方じゃのう。
       i    :|::.     ! :::| 丁 ヽ ヘ! レ′ / レ' レイ:::::/::|:: /
       i    :::|:::      | 「 . == ミ     ィ==z /从'::: ' ∧
       l    :::l::::.     | i´             '::::::::: // ゝ
       |  _ ::ハ::::.    | |           〉  /.:::::::::/イ
       レ ´  `ヽ::::.    | |             , ::::::_ イ: |                   ,  - _、_
        /      !:::.  │ |、    r ‐― ァ  .イ::::::::  |:: |              /V:/ r'__r‐ ─ `
        .′     i::::::.   l l \    ̄  ∠___|::::::::  |:: |              '::::r' ノ´,  `r―‐
      l       i::::::  i i    、  _/    :|::::::::  |:: |                 |:::::::::::V::!   j ̄ヽ
      |       i::::::  i !      「   .′ :|::::::  |:: l             从:::::::::::::::|` ´
      |       i::::::  i !      l   /   :|::::::::  |:: l              !::::::::::::::::::ヽ
     ∧       i::::   i ! ` ‐ 、  .′    |::::   l:: l、             ! : :::::::::::::::| ヽ
      /   .        i::    i !           |::    l:: l  .           ' : :::::::::::::::|  |
.     / ::::∧       i:::   i !            l::    l:: l   \           ヽ:::::::::::::::|

シーボルトは、日本滞在中、遊女のおたきと出会います。

シーボルトは彼女を愛し、やがて一緒に暮らすようになりました。

113 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:10:21 ID:Sa++2n+0
爻   _,,-‐t‐''⌒ハ、       _,,, -‐''三]
k;;:、 (,, メ μ ,,´`, -―一''''""~ _,, -‐/::::\        /
、,\;;:: 人人キ,,  / --一'''"~ ̄  ,/:::::['i']::::\へ、  /
ニヾ \ Y,/         /ii[]:::[_,!_]::[];、\ Yy,,..
-‐''`  `.、:,:/         /ii;[ i ]~~[_!_]~[l];:ヽ \_
_,,、_,,,,/         ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ > ̄ヽ
ハハ从 /-―====r-===三'' 、-―――――――‐< 木ホYyy
(⌒)イト爻------( tイ-‐'´::::::::,\__,,,....、___,,,_____`」¥ Y
 T,::爻Ooト[iiii]<,,. 、 キ[]  i::::::::::::::::[]::::::::::::::[]=======|爻爻三三
ー-  ''ー^ 二,, ー---┴, -‐へ-O-ー-~~-―へ`~~    ]、
         ━
 〓           ━〓   ー ---- 、---―

そして時が流れ、1828年。

114 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:10:59 ID:Sa++2n+0

           / ,r'´
          /_,r'´                   、
          | ム二=-‐'"              、 ヘ
         |                      \ ヘ
.         |                        ゝミ
         |     |_  |  |  |_| | | | |  |      |
.         |     ||  ̄| ̄| ̄| l | | | |  |      |
        |    ''''''l==-、_L | L| L|L_|'‐-|.,__      |      シーボルト様…
.        |     |O__::::: ゚:ノ      _ __ |       |
        |  |    |//  ̄"      "f :;;; : :ノ>  |   |  わっちのこと忘れないで…くりゃれ?
       |   |    l    /////////''' ‐-'O|  ハ    |
.       |   |   |゛、      '    ////l  | |   |
       |    |   |. l 、    =ニァ      イ |  | |   |
      /     |   |. ノ \r―-=ヘ、 ‐'"  |  |  |   |
     r´ ̄  ‐-.|   |   ///\\ッ.,____|  |、_ |     |
.    /         |   |  / > '´へ 二つ   |  |  ',|    |


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  忘れるわけないだろ、常識的に考えて…
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    |

シーボルトの帰国のときが迫っていました。
 
 
116 名前なんて無いだろ常識的に考えて 09/08/16 23:12:16 ID:SBELzsoS
シーボルト事件かぁ・・・



115 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:11:40 ID:Sa++2n+0

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)  3年後、また戻ってくるさ。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃  
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

3年後の1831年、彼は再来日することになっていました。彼は医師として
長崎の街で特別に診察を許された存在でもあり、そういったことも配慮されていたそうです。



117 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:12:18 ID:Sa++2n+0

    ヽ f   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \  z. /
     ∨,./´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ (,, ,'
     ,∧/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽz∧
    ,' : :`: : : : : : : : : : : : : ,: : : : : : : : : : : : : : : :.ハ
    ,'            {             l
    i : : : : :.:i: :i: : : : : : : : :.ィ: : : : : ヘ: : : : :l: : : : : : l
    l: : : : : :{: :{: : :.i: : : : :.ハ: : : : : :.}: : : : :}: : : : : :.l
    l: : : : : :',:.ハ: : {}: : : : ,' ',: : : : : ハ: : : :リ: : : : : :.l
    l: : : : : : l:.l''ヘルサ∀タ、 ',ヘ∀リ¨}: :リ'}: : : : : : :l    ・・・・・・。
    l: :.:. : : : {>=-ィ==ニ 、    ,,-==n丶l: : : : : : :l
    l: : : : : : :l. 弋zタ      弋zタ ''゙}: : : : :.l: :l  
    l: }: : : : ∧ `゙゙゙´         `゙゙゙´ ,l: : : : : l: :.l
    l: :l: : : : : lヘ ////   i  //// /l: : : : :.{: : l
    l: :ll: : : : : l:ヘ、     _,    /:.:l: : : : :l: : :.l
    l: : l: : : : : l:.:.:.:> 、       /.:.:.:.:l: : : : l: : : :l
.   l: : :}: : : : : l:.:.:.:.:.:.:}> 、_ . イ{:.:.:.:.:.:.l: : : : l:.:.:.:. :l
   l: : : :l    l:.:.:_>´      <、:.l    l:.:.:.:.: :l
.   l: : : :_,l: : : : :l゙´           `'l: : : : l:.:.:.:.:.: :l
   l, -''´ {: : : : :l゙'''''' - 、   ,, --- 'l: : : : l''-<、:.l
.  /    ∨: : : l     `  ´      l: : : :ソ    ヽl
  {      ∨: :.ハ           リl: : :,'     }l
  l   ',   ∨: :lヘ           ,'l: : :,'      l:l


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          | /// (__人__)  (う・・・5秒以上俺をみつめるのは、あのサイン)
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }  ははは、明日の朝は早いってのにしょうがないな・・・
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

118 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:13:50 ID:Sa++2n+0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ドサッ…::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


119 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:14:20 ID:Sa++2n+0
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

しかし、帰国間際に悲劇は起こります。

120 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:15:03 ID:Sa++2n+0
     リ''-、
   .,/::::│                         ,,,,,,,,,、
   l゙:::::::::::,/            ィ,!             |::::::│
   l,,,---'′                            ,i::::::i、l
  ″              ,               `゙'''''''''゙゙
                   ,‐゚i、
                   l゙._,,,ノ
                   '"

                  ,...                       ノ⌒)
                /(                       ~''''"
 〈ヽ              {:::::::)                    ト、
  ´              ゙'''"                    lノ

                             ,/,ニ''ッ‐
                            ノ::::′ l
                         '―ー''"
           /゙'l                            ノヽ
        ヽ/                           (::::::ヽ
                                      ヽノ
                               />
                               ´
    _,、
   .,i":::(           _                     <ゝ
   .゙l.,/        i´ヽ
    ゛         ゙''v'


彼がヨーロッパへ持ち帰ろうとした収集品の中に、幕府禁制の日本地図がありました。

これが問題になり、シーボルトは国外追放処分となります(シーボルト事件)。


121 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:15:39 ID:Sa++2n+0

      丿::::::::::.l゙::::::::,!   |     ゙i、゙l、::::ヽ|
      |:::::::::::::/:::::::::l゙    | i    'ドl:::::::::ヽ      ,.、
     ,l゙:::::::::::,l゙:::::::::,!    .| .|     l、:l、:::::::\    <",ノ
     /:::::::::::::l゙::::::::::l゙    | l゙     l、:l、:::::::::::\   ~
    ┴'''''''''>|:::::::::::|     .|.|      ゙l:ヽ::::::::::::::ヽ
        l゙::′::::::l゙     .∥      ゙l.:゙l、:::::::::::::\
   ,,ハ    `''ー、:::l゙     .|       .゙l::゙l、:::::::::::::::゙i、
   i、 〈      ヽ,,,!      |       ゙i、:゙l,:::::::::::::::::::\
   ヽ'                |        │::ヽ::::::::::::::::::::ヽ、
                  |        │:::ヽ::::::::::r―‐ッ
               ,,、  |         ゙l::::::ヽ::/::::::::/
               l ,) .|         │::::::゙::::::::::::/   ,-、
               ′ |          ゙l:::::::::::_,/    .ト┘
                    |          _,ル-'"゜
                    ヘ-,,,,,___,,,,,,,-'"|、
                      ,/′ `,! .,,,,,,y" ゙l
                     ,-'`'''''ニr〆`/ ,,/
人ブ゙゙ハノ⌒ヾr"゙゙゙"レ'ヾ(ヽ/'( ゝ''"ヽ>'"゙゙シ、イ゙゙''、ノヽ⌒ノ⌒( ゝ''"ヽ、イ゙゙''、ノヽ⌒ノ⌒
( ゝ''"ヽ>'"゙゙シ、イ゙゙''、ノヽ⌒ノ⌒人ブ゙゙ハノ⌒ヾr"゙゙゙"レ'ヾ(ヽ/ヾr'"´゙゙(ノ⌒
 ゝ''"ヽ/-ニ7r'"´゙゙人(⌒レヘ>,,,ノヽ/ヽ⌒レヘハノ-"´ヽ⌒ノ⌒( ゝ''"ヽ>'"゙゙シ、イ
ヘハ( ゝ''"ヽ>'"゙゙シ、イ゙゙''、ノヽ⌒ノ⌒ノ-( ゝ''"ヽ>'"゙゙シ、イ゙゙''、ノヽ⌒ノ⌒"´ヽr"゙゙
 ゝ''"ヽ/-ニ7r'"´゙゙人(ヘハノ-"´ヽ/>,,,ノヽ/ヽ⌒レヘハノ-"´ヽ/ヾソヽ

こうして、彼は二度と日本の土を踏めなくなってしまいました。

122 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:16:13 ID:Sa++2n+0



      ゙'ー、_,,.   l::::::::|     `''―-┬'''ヽ `ッ--、...._  ゙゙゙''''"
         `''、   l:::::::ト 、     _..-‐¬'''''''゙‐'ー-..、
          `'ー'l:::::::|  \  /゛         /
.               l::::::l゙   y'´     _...... ----、,l:l 
            l:::::l゙  /   ,..-'"      `'|i、
  ,ハ         l:::/  /   /             ゙l
  <_ノ        |:/  ./   /              l:
            ,l/  /  /                l
              " ./  /                 ノヽ
             / /         l゙  ,.      l''゙
       ,-,    / /        │  l      レ--、 `゙'''′
       レ゙   ,l /          │  |...     レ、::\
           /ヽ{             /ー'"  `'、    |::::゙i、::::::ヽ、
             ハ、゙ヽ、        /  l    \  |::::::::゙l:::::::::ヽ
             l、:`'-、`‐、...._    /   |     `''┤::::::::゙l:::::::::::゙l
           |:::::::::::`'''ー、,, ̄ >'    l         |:::::::::::::゙l::::::::::゙l
  、        |、::::::::::::::::::::::゙ソ     l       ,|,,,,,,-‐'゙,}::::::::::|     ト、
 レ'        / |`'―-----r'゜     l       |-v-┬":|::::::::::|     ヽノ
         l゙ |,,,,,__   /        l      /::::|::::::l::::/::::::::::l
         /  |―-ニニ″       l      │:::l:::::::l::/:::::::::::l



123 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:16:52 ID:Sa++2n+0

     リ''-、
   .,/::::│                         ,,,,,,,,,、
   l゙:::::::::::,/            ィ,!             |::::::│
   l,,,---'′                            ,i::::::i、l
  ″              ,               `゙'''''''''゙゙
                   ,‐゚i、
                   l゙._,,,ノ
                   '"

                                        ノ⌒)
                                       ~'''''"
 〈ヽ       「    シーボルト……様……    」    ト、
  ´                                   lノ

                             ,/,ニ''ッ‐
                            ノ ′ l
                         '―ー''"
           /゙'l                            ノヽ
        ヽ/                           (::::::ヽ
                                      ヽノ
                               />
                               ´
    _,、
   .,i":::(           _                     <ゝ
   .゙l.,/        i´ヽ
    ゛         ゙''v'

124 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:17:49 ID:Sa++2n+0


         (::::::::::::   ヽ
    , ⌒ヽ    (::::::::::::::::::::::  )
   (:::::::::::: '   (:::::::::::::::::::::::::::  ヽ⌒ヽ 、
    ゝ:::::::::::: `ヽ(:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    )       (⌒ 、
   (::::::::::::::::::   ::::::::::::::: 、⌒  ::::::::::::::::  ヽ     (:::::::  ヽ
  (::::::::::::(⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::  )    (:::::::::::::::::
::(::: ::::::::::::::::::::::::::: `)::::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::::::::::::: Y⌒ ヽ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::::::::::::::::::::::     ┌┐  :::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /~'7;; |/~''7 ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (  ( ̄|  ( ::::::::::::::::::::::::
                     、___`t-'ーイゝ-i
                      ヽ] ̄二二二7
~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'""~~~~^'"^~~^'""~^'"^~~~~~~~
 ~~~ ~~   ~~~~  ~~~ ~~  ~~~  ~~~
 ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~
~ ~~~~~ ~~ ~~~~   ~~  ~ ~~  ~~ ~~~~



125 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:18:18 ID:Sa++2n+0

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |   「おたき・・・俺は・・・・・・お前のことを忘れないぞ・・・」
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

シーボルトは来日当初から、幕府からスパイの嫌疑をかけられていました。
もっとも、彼自身、そういった役割を与えられて日本に派遣されていたフシがあったようです。


126 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:19:40 ID:Sa++2n+0
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、

彼は帰国後、樺太が半島ではなく島であることを発見した
間宮林蔵の業績を世界に発表しました。

「間宮海峡」という名前を世界地図に残したのは、シーボルトの功績です。



             / ̄ ̄\
             _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
           .( ●)( ●)  ..| / |
           (__人__)     .|./   /
            i⌒ ´ .r-、  |/  /
            {     ヽ, ',. .,/ :/',
            .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
             .ヽ . |   / , --'i|
             /   {  V , --ヘ
             |   ヽ  L| r= |

生物標本、またはそれに付随した絵図など、当時ほとんど知られていなかった日本の生物についても
世界に発表し、それは貴重な資料となりました。
これらの多くは、ライデン王立自然史博物館に保管されています。


127 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:20:20 ID:Sa++2n+0

                    o
 :     _,,-<">">-、-,                   :
 o   ,-<,レ< x > +>"`ヽ/ヽ,-,,               o
     トーi- >。ノく。:>< >'~-- /,-,
   : / >:::o:/":。/< +>o:<_-,,i, ヽ
   o ~"'-""`-,< ::。:< :::。:>o:: >--'    :
   ,,-''"/< :::o:: >/⌒`^>ヽ"''--">>     o
:  / .: ""'-,,,/ヽ_::o:: >::゚: /--',,,i
o < .:      /ーヽ___/:'::.: ̄  ヽ          :
 /.    /~ヽ/   /i:::::::  :.  i          o
 '~~ '´~ ̄      .l ヽ_,    :.  i
                "---_,_,__i               :
                                    o

シーボルトはヨーロッパに帰る際に、あじさいの花も持ち帰りました。

彼は、このあじさいをヨーロッパに紹介するときに ある一人の女性にちなんだ学名をつけました。

128 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:20:39 ID:Sa++2n+0

┌─────────────────────────────┐
│ .、ー-¬-.、._.,ゞ -..,_ ̄``">'       ::.   :::ヽヽ::::\'´          │
│  ヽ ` 、 `ヽヽ、  ``''.>   .:   :.   ::ヽ、 :.. ::ヽヽヽヽ          │
│    |、      \   /  .:i::i :.  :::. ::. ::::ヽヽヽ、:::ヽ }::iヽ        ....│
│    |ヽ       ヽ、|   ::ヽ 、  {、 、 、 } ,>、!ヽw、::}:::ハ         .│
│  .i! | !         .| |   ::::llヽヽ>、トー、ヽ|ヽ!  ,..,.._,|:::::::|`       .....│
│  .}.|}         | .|   .::::l:トヽト `     '‐´  i:::::::|          │
│  }.'          | .|   :::::ヽ  ..==、  ヽ     i::::::|        ...│
│ }           | ヽ  :::::ヽ.‐´       ノ   /::::::ト、         │
│/  ::    ::: : ::   .| .| ヽ  ::::::::ヽ      _,,.-1  /:::::::::|`ー..,_     .....│
│/  .::::: .: .::::: .:::::: ..: |.| .ヽ  :::::::::ヽ、   ´ー-.'´ ./|  :::::|   ヽ    ...│
│  . :::::::. :::::::::::::::::: .::: ./|i  :ヽ  :::::::::ヽ`ー-..,,,____/ .| i .:::::|    }    ..│
│.:. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .〉  .,!-.、  :::::::::ヽ     {   |.| .:::::|    .|    .│
│.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ / /   ヽヽ :::::::::ヽ ー‐-   ,.| | .:::i:| /   .|    │
│::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;V././    ヽヽ ::::::::::iヽ、ー.、 /.λi :λi .|    |   ...│
│::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;{λ|    `、ヽヽ :::::::ヽヽヽ、У_.|.|| :ハ| |     .|   ...│
│ヽ、::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;|.ハ .i     ヽ.ヽヽ ::::::ヽ 〉'´...../1 .:ハ.|     .|    .│
│.`ヽ;;;::::::::::::::::::::::::;;;;;;;|.|;;| |      .ヽ.ヽヽ :::、ヽ' `i‐ハヽヽ | .i!    .|    │
│  `.ー=,,_::::::::::::ー‐;;ヽハλ      ヽ ヽヽ:ヽヽ {_'~`,.)ヽ|  {     |    .│
│                                           .│
└─────────────────────────────┘

その学名は「Hydrangea Otaksa」

おたきの名前にちなんだのです。


 
 
150 名前なんて無いだろ常識的に考えて 09/08/17 09:26:50 ID:6X+CANqf
>>128
実際は外観はかなり違うけど、スウェーデンの植物学者ツンベルグがすでに命名していたものと
同一種(アジサイは変異種がかなりある。犬がチワワからセントバーナードまで全部Canis lupus familiarisなのと同じ)
であるというオチがついてしまって、
この名前は植物学上では正式ではないと言うオチがついてしまったんですけどね。


129 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:21:58 ID:Sa++2n+0


  `¨ - 、     __      _,. -‐' ¨´
      | `Tーて_,_` `ー<^ヽ
      |  !      `ヽ   ヽ ヽ
      r /      ヽ  ヽ  _Lj
 、    /´ \     \ \_j/ヽ
  ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
           ̄ー┴'^´

時は流れ、1854年。日本は開国し、1858年には日蘭通商条約が結ばれます。
シーボルトに対する追放令も解除され、彼は1859年、オランダ貿易会社顧問として再来日しました。



130 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:22:30 ID:Sa++2n+0


爻   _,,-‐t‐''⌒ハ、       _,,, -‐''三]
k;;:、 (,, メ μ ,,´`, -―一''''""~ _,, -‐/::::\        /
、,\;;:: 人人キ,,  / --一'''"~ ̄  ,/:::::['i']::::\へ、  /
ニヾ \ Y,/         /ii[]:::[_,!_]::[];、\ Yy,,..
-‐''`  `.、:,:/         /ii;[ i ]~~[_!_]~[l];:ヽ \_
_,,、_,,,,/         ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ > ̄ヽ
ハハ从 /-―====r-===三'' 、-―――――――‐< 木ホYyy
(⌒)イト爻------( tイ-‐'´::::::::,\__,,,....、___,,,_____`」¥ Y
 T,::爻Ooト[iiii]<,,. 、 キ[]  i::::::::::::::::[]::::::::::::::[]=======|爻爻三三
ー-  ''ー^ 二,, ー---┴, -‐へ-O-ー-~~-―へ`~~    ]、
         ━
 〓           ━〓   ー ---- 、---―

131 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:23:05 ID:Sa++2n+0
           / ,r'´
          /_,r'´                   、
          | ム二=-‐'"              、 ヘ
         |                      \ ヘ
.         |                        ゝミ
         |     |_  |  |  |_| | | | |  |      |
.         |     ||  ̄| ̄| ̄| l | | | |  |      |
        |    ''''''l==-、_L | L| L|L_|'‐-|.,__      |      シーボルト様…!
.        |     |O__::::: ゚:ノ      _ __ |       |
        |  |    |//  ̄"      "f :;;; : :ノ>  |   |  
       |   |    l    /////////''' ‐-'O|  ハ    |
.       |   |   |゛、      '    ////l  | |   |
       |    |   |. l 、    =ニァ      イ |  | |   |
      /     |   |. ノ \r―-=ヘ、 ‐'"  |  |  |   |
     r´ ̄  ‐-.|   |   ///\\ッ.,____|  |、_ |     |
.    /         |   |  / > '´へ 二つ   |  |  ',|    |



         / ̄ ̄\     よ、久しぶり。
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)  3年の約束だったけど、
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ すまん、31年かかっちまったぜ。
          ,|         }
       / ヽ       }   
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

132 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:23:47 ID:Sa++2n+0
               / !       /゙l
              /    l    / ./
             // ∧.l  /   l
            /   / l ',/     l
         ,. -‐./    /  ,!  ̄¨ `丶、!
  .    ,. '´  ./    .//        ヽ
  .  , '    /     /          i. \
    /            ,'         / i ハ`
  . ,'             i       l l l /l| lハ、」ヽ おたきは、一時も
  .,'              l      l l / ‐--< !
  .i              l       l/., -代!゙  !ー   シーボルト様を忘れた事はありませぬ。
   l              l       lヽ、._ ヌ」  丶、_
   ',                l     l l  O ̄、、、   /!   よくぞ・・・よくぞ・・・ご無事で・・・!
    ',          i l     l l         イ
    i             l . l     l l       __,.ィ f
 ..  l          l  l     l l     /_.. -' l
    l          l  l.     l. l       '´ i
 .  l l            l   l    l. l- ...____ノ
   //           l    l     l |  / !
  /./ノ         l     l     l l /  l


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)  俺だってそうさ。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ   また一緒に暮らそう。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        
   /    く  
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、     

133 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:25:19 ID:Sa++2n+0

                    o
 :     _,,-<">">-、-,                   :
 o   ,-<,レ< x > +>"`ヽ/ヽ,-,,               o
     トーi- >。ノく。:>< >'~-- /,-,
   : / >:::o:/":。/< +>o:<_-,,i, ヽ
   o ~"'-""`-,< ::。:< :::。:>o:: >--'    :
   ,,-''"/< :::o:: >/⌒`^>ヽ"''--">>     o
:  / .: ""'-,,,/ヽ_::o:: >::゚: /--',,,i
o < .:      /ーヽ___/:'::.: ̄  ヽ          :
 /.    /~ヽ/   /i:::::::  :.  i          o
 '~~ '´~ ̄      .l ヽ_,    :.  i
                "---_,_,__i               :
                                    o
                       
シーボルトは、日本で再び暮らしました。

そして、1862年に官職を辞して帰国。シーボルトは1866年、70歳でこの世を去りました。

日本でしか見られなかったあじさいの花は、今ではヨーロッパでも見ることができる、美しい花になっています。

                                                    (おしまい)


 
 
134 名前なんて無いだろ常識的に考えて 09/08/16 23:26:11 ID:7X8xQM2m
実話・・・だよね?
おたぎ一途・・・・


135 名前なんて無いだろ常識的に考えて 09/08/16 23:26:21 ID:7X8xQM2m
おっと、乙を忘れるとは俺としたことが

136 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:26:27 ID:Sa++2n+0
以上で投下終了です。

お付き合いいただいた方、ありがとうございました。

138 名前なんて無いだろ常識的に考えて 09/08/16 23:27:23 ID:5VoRl6la

奥さんが亡くなってから帰国したの?


139 名前なんて無いだろ常識的に考えて 09/08/16 23:27:55 ID:SBELzsoS
確かシーボルトはドイツで別にの女性とけっこn・・・おや、誰か来たようだ

144 ◆RWwEbHEhig 09/08/16 23:52:38 ID:Sa++2n+0
>134
実話です!(脚色はしてますが)
二人が出会ったとき、シーボルト28歳、おたき17歳でした。とんだロリコンだよ!

おたきは、シーボルトが追放される際、幼い娘を背負い
シーボルトの乗った船が見えなくなるまで、見送ったと言われています。

二人の間に生まれたこの女の子は、後に日本人初の女医となるのでした。


>>139
ゲフゲフン…ゲフン
帰国後、貴族の女性と結婚してますね。追放処分でもう二度と会えないわけでしたし。
仕方なかったんでしょう。

>>138
おたきは1869年に亡くなりました。
「シーボルトの食べたオランダイチゴを食べたい」と死の床で呟き
オランダイチゴを食べ、「これで思い残すことはない」と言って、息を引き取ったそうです。



元スレ
やらない夫ヒロイン短編スレ2

アクセスカウンター
出会いCFDくりっく365キャッシング比較fxクレジットカード



403 『やらない夫はあじさいに名前をつけるようです』の前後エントリー2010年06月25日 00:15

纏め作品一覧第1回 ヒロイン短編祭の目次



※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!