コピペ 猫が床から十数センチ離れた空間に猫パンチをくらわせていた。

2012 04 03  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:
139 名無しさん 2009/10/29(木) 23:52:06 ID:hnZssIG6

猫が床から十数センチ離れた空間に猫パンチをくらわせていた。近づいてみても虫すらいない。

    -‐ フXXXXXXXXXXXXXXXXX`丶、
 /   /XX>¬冖冖¬‐<XXXXXXXXX\
 \ /X>.:'´::.::/::.::.::.::.:_::_.:.:.::`::くXXXXXXXハ丶
   Y/::/:/::. :. .;:.:'´::.::.::.::.::.::.:.:└くXXXXXX} `、
  〃:/:/::.::.::.:/::.::,:.:-‐::.::.::.::.::}::.::(XXXXXX) ヽ
  /::/::.:/::/:::/::.::/:::.:. .::/.:.::/l::.:::{XXXXXX)   、
 ::.:/::.:/;:.::.:/::.::/ .:.:.:/::.::,ィ::/.:l|::.:.:(XXXXXXL   \
 |::'::.://:-;―‐-::.:::=彡::.::://:/|:.:|l:.:l:::[XXXXXXメ , -┘
 |:|:://:::///::.::-=:_:彡' 冫く」::.|l:.:|:::[XXXXXく / 何をたたいてるんですか?
 lリ:l::l:::/イなメく-‐ ´   /   l「:ト、|:::|XXXXX「|
/八{::|:ハ {イ:.:rハ   /, 孑=ミヘ::kく:/ XXX厂:|:|
/_`ソX ! `゙゙´      ^!{::.::rーハ:ト、XヽX/: !::.|:l
l K ヽ_ム    、.    ヾ二シ '八 \/7::.::.::|:::l:|
| !| ト、 `ヽ   、        (XXX//:;l::.::.:|:::|:|
Lノニー仁〕 |ヽ、       _ ィ´xXX/;'::.:l|::.::.:!::.|:!
三三三仝r仁三二>'´ , └┴くXXi::l::.::l:l::.:::|:.::!|
三三三三三三三└‐く_ -‐ ,二ヽ|::|::.::|:!::.::|:.:::|
ニ三三三三三三三三三二て r‐=≦>xヘヽl::.::{
              ___     ,.、
          i`ヽ., -       ー ./ l
         |::.. ヽ      \ ヽ \i
         /!;:.   /|lト、   ヽ \ ヽ ',
.         i::::    |-!|ー\、  \ ト、! i
       l:::: i:: l┬::cr ヽヽ┬crl| l
  ミ ミ ミ l:::: l:: l l:::::::j     l::::j {!|    ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒ハ :::ト:⊂⊃‐       ‐⊂: !   /⌒)⌒)⌒)
 | / / /.'、:ヽ:| ヽ|      _   ノ l (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒)、 lY `        /|:// .ゝ  :::::::::::/
 |     ノ ノ,从_ー      イ  l/!' /  )  /
 ヽ    /   ヘ,、   _「    l/!'   /    /     バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||l  バ  ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、    ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

それなのに必死に猫パンチ。いい加減に止めないとアホになるんじゃないかと心配していたら、通りすがりの弟が
鼻息を荒げている猫をその場から撤去した。

              ,.、
      i`ヽ , -ー- 、// l   ____
     |::.. ヽ      ヽi  ./      \
     ,' ._ハヽ_ヽヽ/─    ─  \ ブルドーザーが参りま~す
   _  レノ●   ○ ! lハ,/ノ)  (●)   \
  ヽ.> 、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ __)      |
  i ! \. ゙w> --<レ'l/´ヽニ⊃ ヽ∩     < ) ) )
  l i l´l ̄|ヽイハヽヘ _,~ヽ' ' '、_ \ /  )
  ⊂ニ!.ト‐‐!_'! l__〉  |  |__\  “  /
   `       ./l  l ,ノヽ.\ ___\_/
         /.:ヽ/.:.:.:.:.:',
          |.:.:.:,.、.:.:.:.:.:.:.:|
.
140 名無しさん 2009/10/29(木) 23:53:58 ID:hnZssIG6
.
夕飯時に昼間猫が空中を殴打していたという話をしたら、

       /,.-‐'⌒ ̄⌒ー-、 \    \
        /':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:\ ヽ: /_/   
      /.:.:.:.:.:/:.:.:.:,:.:.:|:.:.:ヽ.:.:.:.:.', } /:.:.|
     l{:.:.:.:|:.l:.:.:.:/l/'ハ:、.:.:ヽ.:.:.:} .{::.:.:.:.:l   
     ハ:.:.:.|:|:.// ノ ‐ヾ\_|l.:.:i }::.:.:.:.:.',   
     ,rヽ:.:.{ト、_{ル{,ィ'eラ  ノ.;./ /::.::.::.:.:.:.', あ…ありのまま さっき 起こった事を話すですぅ!
      /: : : :ヽゞ`| {´,)⌒`∠ノ!※}::.::.::.::.:.:.:.', 
    ,゙: : / )ヽ iLレ  u' | |イ ./‐、:.:.:.:.:.:.:.:.',  
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/{※}  ヽ、:.:.:.:.:.:.:',
    // 二二二7'T'' /u',/  } ._,ィ><i:.:.:.:.',    
   /'´r ー---ァ‐゙T´__,/!※{ {/: : : : :\:.:.:
   / //   广¨´/'不´\ }.  {〈/: : : : : : : : :ヽ:.   
  ノ ' /  ノ   |_/{|}ヽ__i| {※.}/: : : : : : : : : : :}   
_/~`^'ヘ、,/   . / }|{ }}  {  }: : : : : : : : : : :.イ 
 

        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\おっさんが生えてたお・・・
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ



と弟がボソッと呟いた。

.

141 名無しさん 2009/10/29(木) 23:54:22 ID:hnZssIG6
.
床からおっさんが顔半分だけ生えていて、猫はその控えめな頭髪に覆われた頭を叩いていた。



           ,,,,、
          ノソミ      ,,,、
         /:/ .ミハ:::::::.::.-'/ミ ベシベシベシ
         /'´::::il:ト、::、::、:、ヽミ ミ ミ   / ̄ ̄\
        ハ::i::::::!l+-ヾト、!:|:::;i  (⌒⌒/ _ノ  ヽ、_ \
          !l::::!i::::N>  くソ//  ゝ  .| ( ●)(● ) |
         ゙ヽ|:l::::!""r‐ュ ノィリ  / , /|  (__人__)  | ・・・・・・・
           lハ:::lゝ __ ,イ:/"  ,/ ,イ/ |   `⌒ ´   |
        /ヾ{lヾ!―ィト、|ん⌒/ ,イ/  |           |
        ,/::.::.:{|} 〔/イト' {l}:ハ´ /〈   ヽ       /
       ,/ィ::.::.::{|}  |:l !:i f}ハ/:::/    ヽ      /
     く::.:/::.:/::.:{|}   l」 l」 f}::.::./     >     <
     ⊂ヽ ん;.-ゝZyニハニ,〈~~´
      i !l ノ  ノ ∀7ヽXV´
       ⊂cノ ´


最初は迷惑そうだったおっさんの顔が徐々に泣きそうになってきて、かわいそうだったので猫を撤去したんだとの事。


                        ,.、
                i`ヽ , -ー- 、// l
                |::.. ヽ      ヽi
                ,' ._ハヽ_ヽヽ  
    / ̄ ̄\゙シベシベシ レノ●   ○ ! lハ,/ノ
   / ヽ、_    \ ヽ.> 、lヘ '''▽ ''' ハ. l' /ヽヽ
  (●)(● )    | .i ! \. ゙w> --<レ'l/´ヽニ⊃
  (__人__)゚o    │l i l´l ̄|ヽイハヽヘ _,~ヽ' '
   (,`⌒ ´      |⊂ニ!.ト‐‐!_'! l__〉
  . {        | `       ./l  l ,ノヽ
    {        ..:/       /.:ヽ/.:.:.:.:.:',
    ` ー     \       |.:.:.:,.、.:.:.:.:.:.:.:|

142 名無しさん 2009/10/29(木) 23:54:50 ID:hnZssIG6
.
今日も猫はおっさんが生えているであろう空間を肉球で殴打している。
                                                    ,,,、
                        ,,,,,、                          /::イ
                      / 、ヽ                         \.::l}
                      {|::  ヽ\                         ヽ、
                . -―- . {l: :.  ヾ                            ヽ、
              ,. '´      `''ー-、、                     ,. ヾ、    |
           ,.-‐'´              ヽ、、__           _,. -ー' ´  \\   !
         ,.:´     Y             ヽ、`ヾ ' ー--丶 ̄ヾ`' - 、.   /   ヽヽ |
           /         i                \l      \ \  `'フ,ィ7´7 ̄ ̄ ヽ!
.         .′       |           ∨        .ヾ ̄ '─- 、\ \  イ:ン, !、ヽ   '
        ,.イ          !          '、        ヽ〒'.:テヽ  ` ー-ゝ `´ l ヾ`ヽ、
.      .′   '.      '.          '.   /        !:.:'''.:ノ      ヽ  /   \ `
     i       ヘ     ヘ          '. f        }\"´       /
     |      ヽ     ヽ            ∨        /` ヾ、   r_‐',イ、|-、.
.      .′        ヽ     \        j       . ′   ヽ -- ー'  ヾ、ノ ヽ、
     {   \     ヽ     \      ノ     /  r ヽ  ヽ-r─-- 、_.ヽ`ソ \
.     '.    \      ヽ     ` ー‐ァ'´       /   ! | \ \戈、`- 、 `ヽ、__ \_
     ヽ     ヽ       丶     /      .:,.イ     ! |  ` ヾヽ、`ヽ、 \ l ヽ  ヾ、
        \    丶      ` ー‐ァ'´       /ヽ       ヽ`ヽ、 | | >、 \_ノ !<、
         \     丶     ,.イ    ,.. -‐ ´}  ヽ        ヽ、ヽノ ! `7`ヽ、 / -'
           ` ‐-   .,_,.>‐''´ `ー一'
元ネタ
41 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2008/08/31(日) 09:25:35 ID:XcQQVU3d0
猫が床から十数センチ離れた空間に猫パンチをくらわせていた。近づいてみても虫すらいない。
それなのに必死に猫パンチ。いい加減に止めないとアホになるんじゃないかと心配していたら、通りすがりの弟が
鼻息を荒げている猫をその場から撤去した。
夕飯時に昼間猫が空中を殴打していたという話をしたら、「おっさんが生えてた」と弟がボソッと呟いた。
床からおっさんが顔半分だけ生えていて、猫はその控えめな頭髪に覆われた頭を叩いていた。
最初は迷惑そうだったおっさんの顔が徐々に泣きそうになってきて、かわいそうだったので猫を撤去したんだとの事。
今日も猫はおっさんが生えているであろう空間を肉球で殴打している。

 
-143 名無しさん 2009/10/29(木) 23:56:35 ID:1tNmkfuo
おっさんwwwww

144 名無しさん 2009/10/29(木) 23:56:51 ID:IdhgyE3U

おっさん可哀想……


145 名無しさん 2009/10/29(木) 23:57:22 ID:H/L5Ai1c
おっさんww

146 名無しさん 2009/10/29(木) 23:59:37 ID:Q/aDgWug
乙w
このおっさんネタは、後日談があったはず近所の野良猫と一緒にたたかれるとか言う奴


166 名無しさん 2009/10/30(金) 00:44:06 ID:.yzDO4OU
.
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \ 姉ちゃん、あのおっさんいないお。成仏したみたいだお
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

ここ暫く、おっさんの雛鳥のような頭を見なかったらしい。
自分には元から霊感というものはないので彼が居ようが居まいが何の変化も感じないが、

      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' } いなくなってすっきりしたですぅ
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.
     /:.:.:.| {~`^ーセ┘!}{} !㍉x-イ } ,'  |:.
.   /:.:.::.,'  !    !  | }{} ! i!   ト、  |:.
.   /:.:..:./  !    ,' }{} ! |   | ヽ   !:.:.
  /:.:./   ト   イ }{} ∧   | 〉  ハ:.

そういう類のものが視える弟は


     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
  /  (●)  (●)  \ 観察日記つける前に消えやがって
  |    (__人__) ノ( |
  \    ` ⌒´  ⌒/
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/←観察日記
     .\旨 爻ン

とぼやいていた。
.

167 名無しさん 2009/10/30(金) 00:44:32 ID:.yzDO4OU
.
当の加害者である猫もおっさんが居なくなって数日は、いつものふてぶてしい顔にうっすらと哀愁の入り混じったような表情で

       ,,,、  ,、.. -―- .、
       l.ヾ、イ.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:.. `ヽ:. -―-、
        i/  , .:. :.::.:. `ヾ.、.:.  ニ=ー、;;;
      イ   .:,:.:、ヽ:.. 、ヽ:. ヽ:.:. \ミ/
     /,    `/メ、ハ\ヽ,ヘ'´!ヽ:.!  ハ
      l/! i  :.Xf_Tト \  イT::l7!:! .;: !:!
      ' N ::.: { ゞ=' .:! `  ゞ=' 7.:/: .:lリ ぬあーおん、まおーん
       l:.:i:.ゝ    r -、     ノィ'::::.〃
       .!:ハ:.:\  ゝ-'     〃:::;:'/
       _' ヽ:ト:!ヘ.. ___ .. ィi´/:::/レ
      ,ェヘ`ヽ-‐ '´ ̄ヽ.  lル' レ'
     ,イ;:;:;:;:;:`7_、   , -‐ホュヽ<ュ
   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;rハ  iイ´/ハヾ! ハ7z、

と鳴きながら家のあちこちを探し回り、


おっさんの捜索を諦めて不貞寝する、という行動を日に何度も繰り返していた。
      ,,,、
     〃ヽ丶、                   ,,,,、
     |!. 丶、、.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\y' /l
     |!., ,,,ゝ':;:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、.\ミ  l
     ;V.イ′.:::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\.\ミ/
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.::ト、.:.:.:!:::::.:.ヾ
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;::::::::::ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ー- 、、,_ ヾ! _,、ゞ-‐ト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::|, - ==-ュ、    , .-=ュリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| `ヾ{dじリ >   <7いb;;7'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::!   ´ ̄         ̄`/:;イ
         \:::::::ト.、         ′    /:::/|
      __, ィ´\:::!. \、     )‐'   , イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  \` ー -‐ '"´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l
 ./.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|

.

168 名無しさん 2009/10/30(金) 00:44:53 ID:.yzDO4OU
.
しかし、おっさんは再び現れた。家の敷地内から200メートル程南にある祖父の畑で、
真昼の燦燦とした日差しを浴びながら恍惚とした表情で土に埋まっていたらしい。





                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< さいたまさいたま!
                 \_/   \_________
                / │ \




                         / ̄ ̄\
                        / _ノ  ヽ、_ \
.                       | ( ●)(● ) |
.                       |  (__人__)  │
             ,、          .|   `⌒ ´   |
.             ヽYノ         |           |
.             ノ          ヽ       /
           /ω・\         ヽ      /
          /ω・)(・ωヽ        >     <
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く


.

169 名無しさん 2009/10/30(金) 00:45:14 ID:.yzDO4OU
.
ここならばあの白黒模様のケダモノに見つかるまいとでも思ったのかもしれないが、田舎猫のテリトリーは広い。

.
その日の夕方には飼い猫がよくつるんでいる野良の茶トラ猫と共に、おっさんを殴打している光景を弟が目撃した。

                                          ,,、
           ,,,,、                              l.ヾ、-rッニ二^' -、
          ノソミ      ,,,、                      ,ヘi/ ∠-ー 喜 ヽニヾ二、ヽ
         /:/ .ミハ:::::::.::.-'/ミ ベシベシベシ                7^`´     `ヽl、' ヽ/
         /'´::::il:ト、::、::、:、ヽミ ミ ミ   ./ ̄ ̄\          天 l  リ   ,  {>、<}リ
        ハ::i::::::!l+-ヾト、!:|:::;i  (⌒⌒/ _ノ  ヽ、_ \         ハ、lハノ l__,.ノイ/i l ,)イ
          !l::::!i::::N>  くソ//  ゝ  .| ( ●)(● ) |        / トァ=、    ' l .イ l! l
         ゙ヽ|:l::::!""r‐ュ ノィリ  / , /|  (__人__)  |       /  ヽっ 、__ =、 // l! |
           lハ:::lゝ __ ,イ:/"  ,/ ,イ/ |   `⌒ ´   |       /  ッ^ヽ.`.′r/ l .l! l
        /ヾ{lヾ!―ィト、|ん⌒/ ,イ/  |           |       l  /::::::}::7ハ>:7r:::'ァ、  |
        ,/::.::.:{|} 〔/イト' {l}:ハ´ /〈   ヽ       /        |   ーr'ュ::l:::::::l:::トヽ{'^  l
       ,/ィ::.::.::{|}  |:l !:i f}ハ/:::/    ヽ      /        |ィ-'"´::ユ/ト、::::l::ヽ_)、イ ハl
     く::.:/::.:/::.:{|}   l」 l」 f}::.::./     >     <       /::::/:::イ::个、ヽ::\::::\'′
     ⊂ヽ ん;.-ゝZyニハニ,〈~~´                  /-‐/:::::/:::(_ノ::L_)ト::::ヽ:::::::\
      i !l ノ  ノ ∀7ヽXV´                   ∠_:::::ィ:::::::イハ:::ヽ:::::::l.-‐‐-
       ⊂cノ ´                             ヾ、へl-‐-、/\l


       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く

.

170 名無しさん 2009/10/30(金) 00:45:39 ID:.yzDO4OU
.
光合成でもしているのだろうか。陽光を浴びたからといって頭髪が育つ訳でもないだろうに。

移動もできるのなら、なぜ逃げずに二匹の猫にしばかれているのか。



      / .,※,...-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::ー-.、  \
    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛`/―--\:.!:.:..:.:.::,' } ・・・・・
    !ハ:.:.:.:.:.!\ │ /  /  │  /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.
       }ヾ、_\    △     //´ /:.:.:.
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.
.     /:.:/{Y´,.-<:::::::::::::::`ー、` ノュ!_j⌒ーリ:.:.
     /:.:.:! >` ー'、..__>-、_.ノス  ,'  |:.:.




.

171 名無しさん 2009/10/30(金) 00:45:56 ID:.yzDO4OU
元ネタ
227 :本当にあった怖い名無し :2009/01/01(木) 13:26:51 ID:lR3/o94o0
覚えてらっしゃるでしょうか。猫にハゲ頭をしばかれるおっさんの話を投下した者です。


「姉ちゃん、あのおっさんいねえよ。成仏したっぽい」
ここ暫く、おっさんの雛鳥のような頭を見なかったらしい。
自分には元から霊感というものはないので彼が居ようが居まいが何の変化も感じないが、そういう類のものが視える弟は「観察日記つける前に消えやがって」とぼやいていた。
当の加害者である猫もおっさんが居なくなって数日は、いつものふてぶてしい顔にうっすらと哀愁の入り混じったような表情で「ぬあーおん、まおーん」と鳴きながら家のあちこちを探し回り、
おっさんの捜索を諦めて不貞寝する、という行動を日に何度も繰り返していた。

しかし、おっさんは再び現れた。家の敷地内から200メートル程南にある祖父の畑で、真昼の燦燦とした日差しを浴びながら恍惚とした表情で土に埋まっていたらしい。
ここならばあの白黒模様のケダモノに見つかるまいとでも思ったのかもしれないが、田舎猫のテリトリーは広い。
その日の夕方には飼い猫がよくつるんでいる野良の茶トラ猫と共に、おっさんを殴打している光景を弟が目撃した。
光合成でもしているのだろうか。陽光を浴びたからといって頭髪が育つ訳でもないだろうに。
移動もできるのなら、なぜ逃げずに二匹の猫にしばかれているのか。
                                          ,,、
           ,,,,、                              l.ヾ、-rッニ二^' -、
          ノソミ      ,,,、                      ,ヘi/ ∠-ー 喜 ヽニヾ二、ヽ
         /:/ .ミハ:::::::.::.-'/ミ ベシベシベシ                7^`´     `ヽl、' ヽ/
         /'´::::il:ト、::、::、:、ヽミ ミ ミ   ./ ̄ ̄\          天 l  リ   ,  {>、<}リ
        ハ::i::::::!l+-ヾト、!:|:::;i  (⌒⌒/ _ノ  ヽ、_ \         ハ、lハノ l__,.ノイ/i l ,)イ
          !l::::!i::::N>  くソ//  ゝ  .| ( ●)(● ) |        / トァ=、    ' l .イ l! l
         ゙ヽ|:l::::!""r‐ュ ノィリ  / , /|  (__人__)  |       /  ヽっ 、__ =、 // l! |
           lハ:::lゝ __ ,イ:/"  ,/ ,イ/ |   `⌒ ´   |       /  ッ^ヽ.`.′r/ l .l! l
        /ヾ{lヾ!―ィト、|ん⌒/ ,イ/  |           |       l  /::::::}::7ハ>:7r:::'ァ、  |
        ,/::.::.:{|} 〔/イト' {l}:ハ´ /〈   ヽ       /        |   ーr'ュ::l:::::::l:::トヽ{'^  l
       ,/ィ::.::.::{|}  |:l !:i f}ハ/:::/    ヽ      /        |ィ-'"´::ユ/ト、::::l::ヽ_)、イ ハl
     く::.:/::.:/::.:{|}   l」 l」 f}::.::./     >     <       /::::/:::イ::个、ヽ::\::::\'′
     ⊂ヽ ん;.-ゝZyニハニ,〈~~´                  /-‐/:::::/:::(_ノ::L_)ト::::ヽ:::::::\
      i !l ノ  ノ ∀7ヽXV´                   ∠_:::::ィ:::::::イハ:::ヽ:::::::l.-‐‐-
       ⊂cノ ´                             ヾ、へl-‐-、/\l
                           〈 ̄ヽ
                     ,、____|  |____,、
                    〈  _________ ヽ,
                     | |             | |
                     ヽ'  〈^ー―――^ 〉   |/
                        ,、二二二二二_、
                       〈__  _  __〉
                          |  |  |  |
                         / /  |  |    |\
                     ___/ /  |  |___| ヽ
                     \__/   ヽ_____)

 
-172 名無しさん 2009/10/30(金) 00:47:01 ID:q/YC93qY
乙ニャーww

うらやましいと思ってしまうぜw


173 名無しさん 2009/10/30(金) 00:57:04 ID:DVBiCJTY
乙、猫に叩かれるんならおっさんは天国にいるようなもんだろ

175 名無しさん 2009/10/30(金) 00:57:37 ID:Kpmewygg
これなんてご褒美?

176 名無しさん 2009/10/30(金) 01:00:04 ID:RbnIjgkI

それにしても、おっさんはどうして地中に埋まるのが好きなんだ?


177 名無しさん 2009/10/30(金) 01:01:34 ID:JoPYRCOw
大地の力で生やしたいんだろ

179 名無しさん 2009/10/30(金) 01:03:07 ID:g4YArXxM
和み系の幽霊って面白いなwww


元スレ
やる夫でコピペ 27スレ目



3992 『コピペ 猫が床から十数センチ離れた空間に猫パンチをくらわせていた。』の前後エントリー2012年04月03日 01:15

纏め作品一覧やる夫でコピペ(主にやらない夫メイン)の目次


13020 名前なんて無いだろ 2012年04月03日 01:43Edit
恍惚としてねぇw
13022 名前なんて無いだろ 2012年04月03日 03:03Edit
なんかオカルト系の記事が多いな

眉唾もいいとこだが
13034 名前なんて無いだろ 2012年04月03日 17:37Edit

霊ばっかりは見えない人間に何を言っても無駄だからな
俺は最近は、誰かの部屋で見かけても何も言わないことにしている
言うだけコッチがバカを見るだけだしな
13056 名前なんて無いだろ 2012年04月05日 05:22Edit
まあ実際見えるなんて言う奴は脳がバカになってるだけだからなwww
13144 名無しさん 2012年04月09日 02:54Edit
ネタに眉唾も糞もないだろ。そこまで潔癖だと正直ひくわ

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!