やらない夫と真紅が、小説を読むようです 7.「アジアンタムブルー」

2012 03 23  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:
367 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 19:01:26 ID:awMx2fZQ


 【投下予告】


                -‐‐‐-
             /       \
           /            ハ
              i{、     l      ノ }i  無事に第七話が完成したので、
               } 込、、,,人,  x汐 ,{   本日22時より投下いたします。
             八  〃´ l `ヾ   }
              {  Yi{   |   }iY  ;
            ',. |i{   : | :   }i| /
            ',. |i   |   i|.イ    よろしければ、ご覧ください…。
            ',.|i    |    i| ;{
             ∧i  , | ,  i/∧
             / ∧i  |  i/ '' ∧
             _/ //∧i { .. } i/  //∧
            〃    \.:./   ///ヽ
           /, , ,       "      ' //∧
368 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 21:59:23 ID:awMx2fZQ
それでは、時間になりましたので投下いたします。
今回のBGMはこちらになります。

http://www.youtube.com/watch?v=kGzOHGg0oe8

では、よろしくおねがいします…。

369 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 21:59:53 ID:awMx2fZQ


   「どんな話であっても、終わりは来る」


           ____
       ___..._/二二二ト、 r‐ュ
      r┴┴‐┼──‐弋三三マヽ
       I.>-─┴─ 、:.:.:.|─‐9|<7
    ./´ ´¨`ヽ`ヽヽ::::::ヽ::::|}}─ j|^:|
.     l::;′   Y:::::l:::l::V:::',:::::!|!ュ :.|:::{
    l:::|     ||:::::|:::|::i:::::}⊇:| .:.:.:ト、I
.    ヽヽ __ノ/.::/::/:/:::/:::::::|::.:.:.:i::::i
     'マ=∠∠∠::::∠ :/:j.i::::::::j::::j
       ̄ ̄ ̄ ̄[___◎] ̄ ̄ ̄ ̄
             [_o]=ニニ二⊃
             | |
             | |
.              __|-:|__
            /○人Λ
              /:::::/ ハ::::V


    「終わらないことを夢見ていても、だ」

370 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:00:19 ID:awMx2fZQ


   「ゆっくりと、だが、確実に時間は流れた」


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::        /
::::::::::::::::::::     ∠/」       /_l      l[l.|
::::::::::::::    __  ||」」      |  |       [l[l|
:::::::::    /  /| ||_||      /  ̄|       ll[l| | ̄ ̄\
::::::     /  /」」| ||_|     /   .|     Ll| | \  \
:::::::. . /  / 」 」」| ||    /    |       .l |、L \  \
::::. /  /:」」」」」」|      /       |        |L\LL\  \
./_/」」」」」 」/!    /________|        |\ '`|LLL\L \
__::::||」」」」 /」 |    |        .|        |  \L \LL| ̄ ̄
. /| ||」」  」       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|          \
' 」」| ||  」        ./        |
」」」| |          /           |                     ::::::::::::::::::::::::
」」」|          /.           |           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              /            |  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   「矮小な僕たちがどれだけ抵抗しようとも、押し流すように時間は流れた」

371 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:00:45 ID:awMx2fZQ


 「僕は今までのことを振り返ってきた」

  「何度も何度も、振り返ってきた」


|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::..    ..:;;;;;;;;;;| |:::::| |||:: | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |                 | ||l:__ | ||l._
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |                 | ||__| ||_
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||   | || _
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||   | ||l´
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||   | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                         | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                         | ||l._
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                         | ||_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                         | ||
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      ......:::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;;;;;, ||
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::                  .:::::;;;;;;;;;;;;;:,||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |


     「大切なことをひとつとして、見落とさないために、だ」

372 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:01:10 ID:awMx2fZQ


   「あの時間を忘れないために、僕はもう一度、本を開く」


                      | `ヽ、
                  |\__.|   `ヽ、
                  l::::::::::::::|      `ヽ、
                  l::::::::::::::|        `ヽ、
                  .l:::::::::::::|          `ヽ、
                   l:::::::::::::|            `ヽ、
                   .l::::::::::::|              `ヽ、
                   l:::::::::::|                `ヽ、
                    l:::::::::|                        |
                    .l::::::::|                        |
                    l:::::::|                        |
                    ヽ::::|                     .|
                     ヽ::|`ヽ、                     |
                _ ___ ノ   `ヽ、                  |
                , ..:::::::::::::::/      `ヽ、.               |
             /.:::::::::::::::::/`ヽ、       `ヽ、:             |
           /.:::::::::::::::::::/    `ヽ、       ヽ           |
         /::::::::::::::::::::::/        `ヽ、     `ヽ、         |
       /.:::::::::::::::::::::/            `ヽヽ      `ヽ、     |
       /.::::::::::::::::::::::/              :  ヽ、      `ヽ、  |
     \.::::::::::::::::::/                    `ヽ、      `ヽ|
      /.::::::::::::/                        `ヽ、       |
        \.:::::/     .                     `ヽ、   ノ
        /                               ヽ/
       ヽ、.                                /
        `ヽ、                            /
           `ヽ、                       /
             `ヽ、                   /
                ヽ、.               /
                 `ヽ、           /
                    `ヽ、       /
                      `ヽ、   /
                         `、/

373 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:01:37 ID:awMx2fZQ
||||||||||| |||||||| |
||||||||||| |||||||| |
!!!!!!!!!!| |!!!!!!| |
!!!!!!!!!!| |!!!!!!| |
!!!!!!!!!!| |!!!!!!| |
‐-!!!!!!| |!!!!!!| |
  `‐.i |!!!!!!| |
≧=ュ、 `‐-.! |
ュ、三/| |≧ュ、.|
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |       「たぶん、これが僕の原点の話だろう」   
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
| |:.|:.|::| |ニニ| |
L|:.|:.|::| |ニニ| |
  ̄ ̄ `ー-'...|
===-i r--. i |
三三|l| |三ニ|.|
三三|l| |||||||| |
三三|l| |||||||| |
i i i i !l| |!!!!!!| |
i i i i !l| |!!!!!!| |
l l l l !l| |||||||| |
l l l l !l| |||||||| |
l l l l !l| |||||||| |
l l l l !l| |||||||| |
i i i i !l| |_!」l」 |
―  ̄   ...|

374 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:02:34 ID:awMx2fZQ





    「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」 



 
          7.「アジアンタムブルー」




              ,-r_'Zヽ1Yヾ_ュ-、
           r'`7ヽ,イ_スTゝ‐zヘjヽ.
         l`スZ_Y_い_,-ヘlイ_j、T,ゝ7
        _,ト'Tヽ_ノ、 メ、7イ-rヘいKス._
        ヽレv'ート、/7-、f`ナV-、ハノ、lヽィ′
        ,レ'Tー!7´ト、_K´Yヽノ、j-イ゙Y、
        ,ゝiくヽレくY_ノvヽい'ーくメゝト!、
           レ'人ノ`{二XX二}`;ヘレ′
            ´     /{/}\    `
                 └v{/}v┘
                 {/}
                 {/}
                 {/}
               _{/}_
                i´‐一''┴─`i
              l∧ ∧∧ ∧l
              `l工 工 工l´
        __ __ _|_|_|_| ____ _ _
.         ニニ/ / l_|_|_|_l. / l |ニニ
       ニ/ / /  /  /  / ¦ |ニニ
       ̄` ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ´ ̄

375 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:03:04 ID:awMx2fZQ


   「それはそう、もう冬も終わろうとしている頃のことだ」

    「彼女と僕は、変わらずに図書室で本を読んでいた」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)   うぅん、一番好きな一冊、か。
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',



                      _/`丶、
                     _∠フ::.::.::::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
                  / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
               _/::.:__, -─-……‐-、:L_:\
                   >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
             // / /          /了}ヽ\
            〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
              /' / / /  /  /    '  |  i!ヽ::|::::::::l::.ー─-‐{
          / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.|
            /  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′
            |l  |l |≠ミ、l| ,/__,/ / / /r=≠へ、::人_::.\::.::.::.::.:ノ  そう、やらない夫の好きな小説を
            |l  |l |{ {_j^l| / _、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y    一冊だけ教えて欲しいの。
            | ヽi|〉!   l' ´了㍉、 >、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
              ,-、/ ハ  '     ゝィ斗/イ//又::.::.::イ〉| |ト, ̄´
          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
-、      ,.─、 イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
. ..:\   //\\:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
.::.  \// ,.::  \\::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.:// .::"      \\フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  //   /\  ::.. \\::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{
// ..: /   \ .::..  \\/ /::::{ {/::._::.', l  |l

376 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:03:29 ID:awMx2fZQ


    「彼女が僕に、一番、好きな小説を教えて欲しいと言ってきたのだ」


                     / ̄ ̄ \
                     ⌒´ ヽ、,_  \
                      (● ) (● )  _,-|、   こいつは…難しいだろ。
                 (__人___)  r' l |.lヽ    …真剣に悩みたいから、一週間ほどもらっていいか?
                    '、`⌒ ´   l i | l} }
                    |       l l, |. l ノ__ _
                   |     /    /ィ::::::::.. ヽ
                  _,,ィ'´:::ヽ__、_r'´   /:/:::::/::::::::. ヽ
      __    __ ,. ''´..::::::::::::::::「:::::人__..ry:::::::::::::::::::::::::. ',
   ,.- v ヽ r´ ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈::::::::::::::ム:::::::::::::::::::::::::: l
  rー、 ヽヽ }_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ::::::::::::::::::::ハ:::ノ::::::::::::::::: l
 r ヽ ` 、_」イ_] |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::: i
 i >、_〉-".| ,,,,,, |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:「 ::::::::::::::: !
 ヽ   ) | | ,,;;'' |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::: |



       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、
      _ノ.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;入
      (;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ;:;:,ヽ、
     `).:.:.:;:;;;;;. '"´     ̄`¨¨);:;:;`ヽ、_ _
      「.:;:;:;:;/         (;:;:;:;:;:;:;:;.;ト、;:;:;:〕
      (;:;:;:/              ``);:;:;:;.lヽl;:;:;:)、
      ):/  .:i .::l    .:.::::|.:.:.l::|:::::(;:;:;:;:;:ト、l;:;:;:;;) \  えぇ、あなたの好きなペースで構わないわ。
      V:l.:i.:.i .:| .:l!  .:.:::l.:l.:.:::l_|.:.::::);:;:;:;ト、l;:;:;:〔 ノノ
       i.:l.:l.:.l .:l_;lト、. .:.::/l/ィイハV(;:;:;:;:;:;! l;:;:;:;:)ネヽ   ゆっくり悩んで頂戴。
      Nトト.:ト.::V笊V:/ ,.ィ笊〒ミ.:::);:;:;/ /,;:「  i
         `>.:.ヾヒツ   ヒ ツノ ,/:ハ;:/__/.;:ハ:i i
          //i.:.i.   ,        /l リネ薔シ′.|:l |
         .// .l.:.ト、  r‐ァ   ノ .l レ'′    |:l |
        l |  |.:| __>、 _,..イ::ヽ1 l.        |:l |
         | |  |::| :: {ffカ7 .:.:.:.::1 :ト、.      l:l |
         | |  |::| :: ´V/ ー-.:::ノノ:.:.:`ヽ   l:l |
       f辷彡ll::l ::  / ー-f辷彡.:.:::::::::ヽ  |:l |


    「僕はその問いに即答できず、数日の猶予を貰った」

377 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:03:53 ID:awMx2fZQ


   「彼女が言ってきたのは、僕の好きな本だ」


.                _______
               /    \,-、__
             /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
             | (● ) (● ) ,.! ┴-'、  つまりは、真紅の好みに合わせたら…
             |  (___人___) 〉-‐‐´ l   意味がないってことだろ。
             .|         〉--‐´ l
              |        iヽソ   l
             Λ      ∧`;"   '、
            __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
      _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
    ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
  / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}


      「もちろん、彼女の好みに合わせることも出来た」

       「だが、僕は自分が本当に好きな本を選びたいと思った」

378 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:04:21 ID:awMx2fZQ


   「しかし、そうは思っても、僕が好きだった小説は既に紹介していた」


               / ̄ ̄ヽ           | | | ||:||:|| ||:|| |
              /       \        [二二二二二二
              |          |       _|_|_____
              |          |       |:|      | |;| .| |   えっと…
              |          |       |:|      | |;| .| | 
                  |         ,'        .|:|      | |;| .| |   …あぁ、このあたりか。
                 j __<   i         /.二フ  | |;| .| |
             ,.イ::::::::::--.、ヽ _ノ   、(  /‐ ´- 、   | |;| .| |
           / .::::::::::: :::::/ ̄`ヽ.     /     二ヽ.| |;| .| |
           / ..:::::::::   .:::::/ :::::::::::::.`,  /      / `-'| |;| .| |
        / ..:::::::  ::::::::::::: :::::::::::::::: ノ ._ノ _  _.ノ    | |;| .| |
         / v ::::    ::::::::r :::::::::::__,.-、,' j::::::::::::::::〈[二二二二二二


      「その上、読んできた小説に順位をつけるのは難しかった」

        「なにを一番にすべきだろうと考えながら、僕は家にある本を広げた」

379 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:04:48 ID:awMx2fZQ


    「僕の捜査は難航していた」

     「どんな本も、読めばやはり『良い』のだ」


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( =) (=)   うーむ…悩ましいだろ。
           |    (___人__)
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


      「この中で特別な本を作るとなると、本当に難しい」

380 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:05:10 ID:awMx2fZQ


    「僕は、自分の中の一番の本を探すために、いくつかの本を読み始めた」


   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::ヽ ,.-ー=ニ、
   l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ──────────-- 、._// ̄ /
    ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./    /
    j :::::::..∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
   i :::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  ,イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /.
  l :::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  | :::::::::::::::j :::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    / j
  l| ::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::://              ( ̄ ̄ ̄ヽ  /:::: i
  ノ .::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::://             r―- ニ二ヽ  \ ::::::: i
 / .:::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::://             ヽ ‐- 、_ \,  丿::::::: i


        「それは、以前にも読んだことがある本たちだ」

381 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:06:00 ID:awMx2fZQ



    「僕は基本的に、読み終わった本は古本屋などに売り払ってしまう」


                    ,斗-、
                 > ´   \
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂

                      __________
                   r´ ´\                \
                   (    \                \
                    \     \              \
                     \     \                 \
                       \     \                 \
                         \    \                 \
                         \    \_________\
                               \   r´=========r´
                                \ 《 三三三三三三三三三=
                               ヽゝ==========ゝ


         「だから、家に残しているのは、本当に気に入った本だけだ」

382 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:06:25 ID:awMx2fZQ


   「そんな、数少ない小説を再び読み返すのに時間はかからなかった」


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)  …なるほど。
.             |    (___人__)   
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ


    「そして、小説とは面白いもので、読むものの心境の変化があれば、
 
        何度読んでも違った印象を与えてくれるような気がした」

383 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:06:54 ID:awMx2fZQ


   「僕はもう一度、読んだ本を並べて、考えてみた」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)  …。
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


     「小説は、読み手の心情に応じて形を変える」

       「ならば、僕がいま、一番好きになった本はなんだろう」

      「そのようなことを、僕は考えた」

384 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:07:16 ID:awMx2fZQ


   「結局、僕は五日ばかりの時間をかけて、一冊の本を手に取った」


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |   …これ、だろうな。
              |         |
           |        |
            ヽ      .イ_
          __「ヽー'ーー"/ L
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  / r二\;;;:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;:::::::::::::У ̄\ー, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::// ̄}<r´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |


       「そして、その本をカバンに入れると、大学に向かった」

         「おそらく、彼女はいるだろうと思ったのだ」

385 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:07:41 ID:awMx2fZQ


   「僕の予想はあたり、彼女と無事に会うことが出来た」

    「そして、いつもどおりの挨拶に、いつもどおりの挨拶を返した」

                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ   あら、おはよう。
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i::::


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)   おう、おはようだろ。
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、

386 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:08:24 ID:awMx2fZQ


   「僕たちは差しさわりのない世間話をしながら、
                学内のカフェに向かった」

             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒
.         |    ( ●) (●)  俺的には実写化もありだと思うだろ。
          |     (___人__)
          .|        ノ  ただし、キャスティングにはうるさくなるけど。
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ


          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ   そう?
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、   
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ  俳優も好きだし、原作も好き。
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ    だけど、何か違うってことがあるわ。
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}    それがあるから、私は否定派かも。
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}


 「さすがに、図書室で談笑をしつづけるのは気がひけたのだ」

387 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:08:49 ID:awMx2fZQ


   「カフェはまだ朝だということもあって、空いていた」


         |    ...:;;|
         |    ...:;;|
         |    ...:;;|    O   O     O
         |    ...:;;|二二i | ||  || |ヽi二二i | ||
    ______,|    ...:;;|_____  i ̄i  ||  i ̄i
    |     |   ... :;;|      |
    |     |    ...:;;|      |
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                         \
                           \
二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二二二| ̄ ̄ ̄ ̄|二二二|

                   ,.-─-、
                  /     .',
                  i      i    お、あの机が空いてるだろ。
                   !     ,'   _
               ノ__ /    i }_
            _,.ィ':::::::::::::::::`ー─ <//γ、
         ,.-‐'´...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`、. r_j
          /´...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: } }
       / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::イ-〔、
      ,ゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶:::::::::::: {::::: i
      冫:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l.:::::::::::: i:::: l
    /.::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: i::: l
   イ.:::::::::::::::::/`,::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: i、:i
  /.:::::::::::::::::::<ー- 、| ::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::: ノ


         「僕たちは席についてから、また話の続きをした」

388 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:09:24 ID:awMx2fZQ


   「そして、適当な頃合を見計らって、僕は彼女に小説の話をした」


           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)
.           |    (___人__)  そうだ、この前、話をしていた小説だけど、
           |     ` ⌒´ノ
            .|        |    しっかり悩んで決めただろ。
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::


         ,、   ):::::::::::::::::::ゝ_   ノ:ヽ、
       /:::::`ー'´:::::::::::::::::::::::|:::`ー'´:|::::::::ヽ,
       ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::l:::::( ̄:l
     ,、_ノ:\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l:`ー.'`ヽ_   .,.、
.     /:::::`ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:)‐ /r、ヽ
    i::::::::::::::::::::::::::::::::,、-‐' ´ ̄ ` ' ー- 、:::::::::::::r‐'´!ゝ‐、=≠ヽ
    ゝ―‐:::::::::::,ィ'´              `ヽ,::::i:::::::|、:::::::ヽ ̄〉〉
   ,、_ノ_:::::::/                ヽ:ヽ:ノ∧:、-'ゞ=".i
.   i::::::::::::::::/      /     ヘ      ヽ .',:::)∨ヘゝ‐、.  l
.  l::::::::::::/   /   /       .l      ヽ ノ´::::l  l::::::リ   l
.   つ:::::i   l    l       l       l∨:::::l  l:イll.  l   あら、案外早かったのね。
   /::::::::l l.  l    l.        l   l  l   .l ヽ_::|  |:::|||.  l
.  ヽ:::::::l l   l     l l      l!  l  l   l .l ノ:l /:ノ|||.  |
   /`ーl l  l  _ll l、      l!l__/!_ l! l .l l/:::/./::| l |ミ|  l   あと数日かかるかと思ってたわ。
   /  (、!ヽ ヽト、l! ll`\ l  l /´|/ l//!`/ //フ:/ィュ::ノ. l|ミ||  l
.  /   l`ー、ヽ!ヽイ んテョ ヽ!/´ rョモハ、l/l/ //:ィ<トリ´  l ̄  .l
 /    .l  `'十 i 弋::ツ  `   .弋::::ソ´ l l ノ 弋ソ.   l    .l
./    ,'  ,ィ.l .lヘ. `´  、       ̄  ,.| |`i_.      l     l
    /,、_/::::::l .l: :ゝ、   ー -    /‐l l!、::::`ヽ、__ |     l
   /´::::::`ヽ/ i l::::::::::::::> 、,  ,  <::::::::l l.l:::`ヽ:::::\::: ̄)   l
  .__i::::::::::::::::/ /! l'´::::::::::::::リノ`´、ヘ::::::::`ー:l l l:::::::::〉:::::::\:(_,、-―、


      「彼女はもっと時間がかかると思っていたようだ」

389 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:09:58 ID:awMx2fZQ


   「僕は自分が選んできた小説を彼女に見せる前に、
                     もう一度、自分で見た」


          / ̄ ̄\
        /   ヽ_  \
        |    (⌒ )(⌒)
       . |     (__人__)  まぁ、一冊と言われたら、なぁ。
         | U   ` ⌒´ノ
       .  |         |   それなりに迷うだろ。
       .  ヽ       |
          ヽ   __ , _ ノ     だけど、俺が選んだのはこの小説だ。
        _,,,, 「:::ー----ー"::i、___
   _,,..r''''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::`''ー-、
  /::::::r::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ..ヽ
 ノ ::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/}
 l :::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::::/::::ハ



          r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:入:__;ノ⌒ヽ__乂.:.:.:.:.入___
           |:L.__/} :.:.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.:__ノ         ` く:.:.:..:.:.}_
          ゞ;≠¨´| .:.:.:.:.:.|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.___)    , イ       ∨ ̄.:.:}
            {:{____人 :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:___;} /  /| |  .|      ∨.:.‐〈
         /`¨¨7/:ト、:.,:ィ≠ミトil_y´ | イ{;‐/‐l‐!、 ,!  | |     |:.:.:.ノ
          /   // l:| } {l(匀} } j:.|   | 从/ミ 乂_ノl! / イ  |  .|フ′  『アジアンタムブルー』、ね。
       /   // ///|:.:ゞニ彡'l:.|   | 〃r'.:ハ `ヽ}_/.ム|  .|. リ
       ,'   // /// ヾ;.:.ト:i:i:i:iL|   | 八え:ソ      ん:} .ハ /      あら、この作家さんは…
        |  // ///   |.:ヾ;\i:i|   l   ''       弋ソ| / ン
       ! // // '     `,二ヾ:ト|   ヽ        ′'' }ヘ \
        | |_/ /〈 !    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l     ー ‐   八 \  、
        l   |_/ !   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、        /l |   \ \
        | i    | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ辷=-=彳 .l |     ) .)
        l|    ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 l |  / /
        | |     /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i:》.l .| / /
        | l   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》l .(  (


         「そして、やはりこの小説だ、と思ってから、彼女に渡した」

390 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:10:24 ID:awMx2fZQ


   「僕が選んだ小説は、『アジアンタムブルー』という小説だ」


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)   そう、『パイロットフィッシュ』の人だろ。
             |        ノ
              .|        |     俺はやっぱりこの人の小説が好きみたいだ。
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\



 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{    …えぇ、確かにいい小説だったものね。
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


  「彼女がすぐに気づいたとおり、それは『パイロットフィッシュ』の著者による作品だ」

391 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:10:52 ID:awMx2fZQ


    「そして、その小説はちょっとした特性があった」


   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|
:/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|   どうして、その小説を選んだのか、
|  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ'
.  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |     教えてもらってもいい?
  |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |


             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\
            l/ ニヽ( ●) ( ●) .|  …実は、この小説は『パイロットフィッシュ』と
            l / y 「'i___人___)  |    強くリンクした小説なんだろ。
            l   <、.l         |
            ',    ',/       |    それがひとつの理由でもある。
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l


   「『アジアンタムブルー』は、『パイロットフィッシュ』と
           ほとんど同じ設定で書かれた小説なのだ」

392 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:11:15 ID:awMx2fZQ


   「彼女はどうやら、その特性に興味が向いたようだった」


                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ    …リンク?
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_



                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
                (●)(● )    |   そうだろ。
                  (__人___)    |
                 |        |   主人公の名前や職業は同じ。
                    |        .|
                 ヽ 、     ,イ    周囲の人も、どこか似通ってる。
                 /ヽ,ー-   ト、
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__     そんな小説なんだ。
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \

393 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:11:49 ID:awMx2fZQ


   「だから僕は、その特性を説明した」


                     / ̄ ̄ \
                     ⌒´ ヽ、,_  \
                      (● ) (● )  _,-|、   どちらかというと、
                 (__人___)  r' l |.lヽ   俺は『パイロットフィッシュ』の方が好きだった。
                    '、`⌒ ´   l i | l} }
                    |       l l, |. l ノ__ _   だけど、心境の変化があったのか、
                   |     /    /ィ::::::::.. ヽ   改めて読むと、とても良かっただろ。
                  _,,ィ'´:::ヽ__、_r'´   /:/:::::/::::::::. ヽ
      __    __ ,. ''´..::::::::::::::::「:::::人__..ry:::::::::::::::::::::::::. ',
   ,.- v ヽ r´ ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈::::::::::::::ム:::::::::::::::::::::::::: l  『パイロットフィッシュ』とは違った切り口で、
  rー、 ヽヽ }_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ::::::::::::::::::::ハ:::ノ::::::::::::::::: l    その、再生を描いているというのが、特に。
 r ヽ ` 、_」イ_] |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::: i
 i >、_〉-".| ,,,,,, |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:「 ::::::::::::::: !
 ヽ   ) | | ,,;;'' |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::: |



   r=イ: : : : : :∨: : : : : : : : /\_____
./⌒/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : :i
{: {¨: : : : : : : >  - - < : : : : : : : : ::∨ハ
廴: : : ::,. ´          ` <: : : :/: : :i
: : }ヽ, ',                \: : : : ´{
: : : /./               ヽ .ヽ: : : : ::}
:..:.:.i.,'                    ∨: :.{====、
八 |!      i|  li  ヽ  l     i:  ∨: ハ   }}
トム|!      i|  li    )ノ      |:   ∨ ノヽ=彳ヾ
:ソ:::|!   i_|__i|__ 乂  /  / i:. |:   Ⅳ  i__}}
Y司!   _从___八 `  ヽ /_/_/_|!::. |::  i 爪  | ̄ ̄
:| ハ   <T芯トミ\ \ / ,∠_ム从 !::.. ノ 八 ) :|      ――再生、ね。
:|:i ハ   Ⅵ込ツ      fモテミ爪 ノ::〃/}:::{   |
:|:i   ',  乂 ̄         ゞrケ ソイ イ/z}:::{',  !
:|:i   i  トヽ    j    ̄ /彡 彳/:/}:::{ ! :!
:|:i   |  !ト、   - -    , イ     | {_{ ム:j | :|
:|:i _| i:...| >  _  <___j   i  |  ノ:::ノ | :|
<: : : | i::::|: : :⊥r=ァ廴:_:_: : : |   ! :|.  ̄  | :|
:∨.:.:.:.| i::::|: : :辷zィ ノ-: : :.:.:.|   ! :|:     | :|
:::∨:.:.:| i::::|: : : フTT、: : : : : : :|   ! :|ト、    | :|
:::: ∨z| i::::|: :イ: : | |: \: : : :.:.|   ! :|::::::ヽ  | :|
:::::::::Ⅳ /:::/: :/: : ::| |: : .:.\ : ∧   ∨:::::::\  !


   「以前、彼女が意味深長な質問をしてきたのが、
     『パイロットフィッシュ』を読んだあとだったことを考えると、当たり前の反応だろう」

394 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:12:11 ID:awMx2fZQ


 「僕はその後、小説につけられたタイトルの意味を説明した」


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    | アジアンタムブルーというのは、
          (__人___)     |  観葉植物のアジアンタムが枯れていくことらしくてな。
              |         |
           |        |   一度、このアジアンタムブルーになると、
            ヽ      .イ_    大抵のアジアンタムは、そのまま枯れていってしまうらしいんだ。
          __「ヽー'ーー"/ L
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、   だけど、その状態を抜けると、もう枯れることなく、
  / r二\;;;:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、  青々とした葉を茂らせるんだって。
  i ;;;::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;:::::::::::::У ̄\ー, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |   そんなものを題材にしてる小説だろ。
 l ;;;;;::::::::::::// ̄}<r´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |



          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ   ――ごめんなさい。
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ  ねぇ、やらない夫。
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ   良かったら、その小説を貸してもらえない?
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}


    「そして、その説明が終わるより早く、彼女が僕の言葉を遮った」

395 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:12:41 ID:awMx2fZQ


    「僕はそんな彼女がどこか微笑ましくて、すぐに頷いた」

        「彼女が以前言っていたことを、真似しながら」


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)    おう、いいだろ。
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ    というか、そのつもりで持ってきてたしな。
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、   …まぁ、この先は読んで欲しい。
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^   変な先入観なしで読んで欲しいし、な。
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ



 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l |  i | l|  | ,.ゝ/ -‐' -:::::::::::::j,ェ、
       | |    l |  | ! l =ー|''  // (::::::::::::::::ハ{{     ありがとう。
       | |i     i i _」 ト、|| /   _x=== ト、::::::::::代`
       |l|    X´i l\l  レ'  rテ´    .| ト‐-,:::|:.`:    感想をまた聞いてね。
        ヽ!ヽ、 ト、  _==ヾ、           l i| 〈::::}: : :
         `  \| k'x゙              ,//.| 〉,': : :
                  ハ     、   ァ    // | |: ;/
             | ヽ    ヽ '   .// __| |_:::::::
             |   | i ー-_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             /  / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


   「彼女はそのことを指摘しなかったが、気づいていたのだろう」

    「僕たちは小さく笑いあって、その場で別れた」

396 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:13:10 ID:awMx2fZQ


   「僕は、少しずつ何かが変わっていることを感じていた」

     「それは予感と言い換えてもいいかもしれない」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)  …さすがに、講義中には読まない、よな。
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\


  「だから、だろう」


   「あの日、『パイロットフィッシュ』を読んで何かを思い悩んでいた彼女に、
        僕は心置きなく、『アジアンタムブルー』を貸すことができた」

397 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:13:52 ID:awMx2fZQ


   「それから僕は、彼女が小説を読み終わるのを待った」


                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / _  ヽ
.   l              l / \ l
.    l              冫.   く    さて、俺も講義に出るだろ。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


     「彼女のことだから、きっとすぐに読み終わるだろうと思いながら」

398 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:14:16 ID:awMx2fZQ


   「そして、そんな僕の予想は正しかったようで、
           彼女は二日後にはもう、本を返してくれた」


          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧   ありがとう。
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',    予想以上に切ない小説だったわ。
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ   でも、今の私にはとてもいい小説だった。
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `
/    ;八:::::/:/:::::::::::::::::::}-くマ ノハ:::::::: |::| | ||:::::::::::/| |     \
.    /  Ⅳ:/:::::::::::::::::::::{   ヾソ 人::::::::|::| | ||::::: : / | |
..    /  / /、:_:_:_:_:_:;;≦::>元テ::::::`ー-|::| | ||::: : / | |
  /  ,' ,'::::::::::::::::::::::::::::::/::::::∨:::::::::: ::i: 八 Ⅳィ  | i



                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   |
              (__人___)     |    気に入ってくれたなら、何よりだろ。
                    l`⌒ ´    |
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|


    「そして、僕たちはまた散歩に出かけた」

      「目的地は、以前、行ったことがあった植物園だ」

399 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:14:39 ID:awMx2fZQ


   「前回、この植物園に来たときは、夏だった」

    「そのため、春になってから行った今回は、まるで印象が違った」


       r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:__入:__;ノ⌒ヽ__乂:.:.:.:..入___
        |:L.__/} :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|.:.:.:.:.:.___)          ` く::::.:.:..}_
      ゞ;≠¨´| :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.::___;}             ∨ ̄.〈
         {:{____人:.:.:.,:ィ≠ミトil_y´ l   /  ,.イ         ∨.:..:.:}
        /`¨¨7/:ト、{l(匀} } j:.|   |.―/-  /  l .|       .|.:::‐〈
.       /   // l:| }:.ゞニ彡'l:.|   | /| / ヽ/  |  /   |:.:.:.ノ
     ,'   // ///ヾ;.:.ト:i:i:i:iLl   斥卞ミ.   /  /}⌒/   リフ′
      |  // ///  |.:ヾ;\i:i|   代:.cソヽ   ィ尓Y  ./      すごい。
     ! // // '    `,二ヾ:ト|  ヽ""     ,ヒ:.ソイ   /
      | |_/ /〈!    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l       ""厶イ     こんなにも花が咲いてるなんて。
      l   |_/!  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、  ` ´  ィ .|
      | i   | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ -<  i  |    まさに、咲き乱れてるわね。
      l|   ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 |
      | |    /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i.》..|
      | l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》.|



             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\
            l/ ニヽ( ●) ( ●) .|  うん、だけど、これだけ管理してるのはスゴいだろ。
            l / y 「'i___人___)  |
            l   <、.l         |   きっと、色んな思いを込めて花を育てた人がいるんだろな。
            ',    ',/       |
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l


  「まず、香りだ。温室の入り口を抜けると、甘くて切ない香りがした」

    「僕たちはその香りを余すことなく嗅いで、空から降り注ぐ日の光を浴びた」

400 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:15:08 ID:awMx2fZQ


   「そして、植物園の中の花を眺めながら、彼女はゆっくりと口を開いた」


          r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:入:__;ノ⌒ヽ__乂.:.:.:.:.入___
           |:L.__/} :.:.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.:__ノ         ` く:.:.:..:.:.}_
          ゞ;≠¨´| .:.:.:.:.:.|:i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.___)    , イ       ∨ ̄.:.:}
            {:{____人 :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.:___;} /  /| |  .|      ∨.:.‐〈
         /`¨¨7/:ト、:.,:ィ≠ミトil_y´ | イ{;‐/‐l‐!、 ,!  | |     |:.:.:.ノ
          /   // l:| } {l(匀} } j:.|   | 从/ミ 乂_ノl! / イ  |  .|フ′
       /   // ///|:.:ゞニ彡'l:.|   | 〃r'.:ハ `ヽ}_/.ム|  .|. リ   ――やらない夫。
       ,'   // /// ヾ;.:.ト:i:i:i:iL|   | 八え:ソ      ん:} .ハ /
        |  // ///   |.:ヾ;\i:i|   l   ''       弋ソ| / ン      少し、私の話を聞いてくれる?
       ! // // '     `,二ヾ:ト|   ヽ        ′'' }ヘ \
        | |_/ /〈 !    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l     ー ‐   八 \  、
        l   |_/ !   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、        /l |   \ \
        | i    | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ辷=-=彳 .l |     ) .)
        l|    ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 l |  / /
        | |     /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i:》.l .| / /
        | l   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》l .(  (



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)    …喜んで。
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


     「以前なら、こうして態度を改める彼女を見ると、僕は動揺していた」

       「だが、このときはなぜか、動揺せずに頷くことが出来た」

401 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:15:43 ID:awMx2fZQ


    「それは、僕がもっとも、彼女に近づけた瞬間だった」


          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉     また、たとえ話なんだけど――
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、  私はね、ずっと自分が、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ   『枯れた葉っぱ』だと思ってたわ。
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}    私はもう、枝から落ちて終わるだけ。
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三}       だから、多くのものを望んだらダメだ、って。
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´ 
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}



   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’           ヽ Ⅶ: : :己
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′                Ⅵ: : :.__7
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ       .l!    l|  ', ' |: : :_:∠,
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l  | l!  l| l .lLi! | l! l}: : _く   でもね、最近、気づいてしまったの。
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | |  | l!  l| l .i i! i l| l|__ノ
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | |/| l!  l| ||」zテメ.l l| l!トミx7    私はまだ、枝から落ちたくないんじゃ、ってね。
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ i ./|  | iヾ/!ノ fz リ |从ノマヘⅣ
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ .l ;z云气    `¨ "| | |  |      色々、知りたいことが出来て…
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |《Vzツ'       八.| |  |
    | : ̄|  ̄ゞ≠{  |  ""   _  '  /  l| |  |       色々と見てみたいものがあることに気づいてしまった。
    | i  |    x≧l  |> _       イ三ヲ{ |  |
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦ 三∧ ',. |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧i |

402 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:16:09 ID:awMx2fZQ


    「彼女は淡々と、自分の思っていることを話した」


/: : : /::_::;:::::::::::::::::i /  /         \ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : /´::::-:::::::::::::::::lイ〃 /         ;,    ヾ/::::::::::::::::::::::::::::::
: : /ヾ:::-::─< フ / ,〃  / /       i    Vノ:_:_:_:::::::::::::::::
: :{ー:::::-:::::::ノ/ ,; /  / /         |     .V:::::::::::::::::::::::::
: :i>::-::::_ノ゛/ 〃/ ,,;'  /  ,;'    ,;i      ',:ィ::-:::::::::::::::::
: :lミ=::::/ ̄,ィ  / ,;' /  〃  /     ,;'!i   i   i::_:::-::::::::::::::_
Ⅳ::::rイ  /,;  ハ / /i  //  ,;/     ,;i;'   ,l   i::::::::::::::::/
i}ソ:ノ ,;/i /ハ,; i ,;/i l /.;i ィ,;/      /;   ,;'    l:::::::::::::{
Yノ i il il 升- /_/,;ハ /,;' i   ,;'  /,;   ,;   , i:::::::r─'
ノil  il ,;i≧=-ミ;;,  ヽiハ ,;i il   / /,;' /  ,;   / ,;'::::ノ
i il  il i! i/::芯:::ケミ、  i;,ハ;;,  ,;/_;/;;' .;  イ  /〃ノ ̄   最初は、そんな自分が嫌だった。
i il  il i! ゞ、:z=ン`;,     iレ,;;/=、 ̄,;ヽ,;; /,;  ./.;/''      もう、枝から落ちる時間なのに未練がましくて、嫌だったのよ。
川  i i!    ̄゛       ィ,;:烈ゞ,,;/〃イ,;' イ/
小.;  i             ,;::t::ィ ア /,,;;i.小イ i
イ i  li            `ー''´/il ,;i川,;;il l       でもね、やっぱり求めることを止められなかった。
.i il  ト          '    人 ,;i  i l,lミ ,i
.i il  |: `: ,     ` _ _ イ  i,; il  ,;i 小;;..il
.| il;;, i: :- :、:>、_  , , ;': : : : : `: ̄: Y i;  i;;.';,  ';,        私はまだ、したいことがある気がしたの。
:| ;;. i: :-=Y rイミil}=-: : : : : : :: : :.::i ,;i  l;,ト,   ;,
:i ;,  i: :イ人廴Yソ、: : : : : : : : : : : ,i il;,  ,ハ ミ,  ヽ
:i il  i: : :/: : Y小ミ、-: : : : : : : : : :i川  i..i il、  \
:| il  l; ;/; ; / ii;i; : : : : :ヾ: : : : : : :ハ;;,  ;l ヾ ヽ;,   ';,
ミ;;,il i!: :i: :ィ: : 小: : : : : : : : : : : : : : ;,   il: :', ヾヽ   \


           「僕はただ、その言葉に頷いていた」

             「かつて、彼女がしてくれたように」

403 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:16:30 ID:awMx2fZQ


  「彼女の表情はとても穏やかだった」

                    r=ミ r=ミ
                  ノrヘ ∨从_`Yマ、
                     /:/  Y´_,ノ:.:.:.:.:.:.`ー'⌒ー'⌒ーヘ
                    《《  ノ´:.:.ゝ'"´i:i:三二ニニニ≠-\
                    /ゝミ彡:./i:i:i:i:/:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:......
                   //, ノ:.:. /i:i:i:i/:.:.:.:.:.しヘ:ノ⌒ー'⌒ー'⌒ヽ:.:.:.:.`.:.:......
                  ,/:.//(_:.:. /i:i:/:.:.:ノし'´              \ー'⌒ーヘゝ、
                《_//:./(_:. /i:i/ :.:.:ノ   /       /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               /:./ (_:./i:i/:.:ノ´ / /       /  / /       ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:)
                |:.i| (_:.|Ⅳ:ノ / / /-ミ /    / / /      i:.:.:.:.:.:.:.:.:_;ノ
                |:.i| / 《薔》 / /l,,l,,/ / ヽ   / / /    / / i:.:.:.:.:.:_;ノ
.                《_j/ (_|i:i| l ィf斧抃ミメ、 / / / /    / / /:.:.:.:.ノ
               /   (_|i:i| l |弋z::ツ ミ / / /_ / /   / / /ーヘノ
                 /   /ヽ| l | `¨´     / /__/`ヽ/ / / /
                / ___,/ーヘ| l |        f斧抃ミ / / / /     だから、少し悩んでいたわ。
.             //:.:.:.:.:.:{i:i:i:i| l |        , 弋zツ ////i|
         / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}i:i:| r-ミ  ` ー    ー=彡'´|// i |  
        / ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::}i:ノ ,l:.:.:.`ー‐r―――'-ミ| | |/|  i |
       /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ //:.:ミメ、:.:.:.:.)__,ノ´`ヽ)l |  |  i |    でも、その悩みも氷解してしまった。
      '    /:.:.:.:.:.:.:._彡/ /゙ /:.:.:.:.:.:.:\:.:.:):ノ:.ノ:.:.:.:.:'., l i|  |  i |
.      '   /: .:.:.:.:_彡: / / //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ー{:ノ:´:.:.:.:.:.:.:.:.',ヽヽ ヽ  ヽ\       ――あなたのおかげでね。
.    {   /:=ニニ=:.:.:.:.:{/  //:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:..:|i:∧: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.', \\\ \\


     「だから、僕は身構えることなく、彼女の言葉を聞けたのだ」

404 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:16:55 ID:awMx2fZQ


   「彼女は自分で確かめつつ、話していた」


              _n_r‐vーy、
          i'y厂し'f      ⌒^ト、
          _f !  , ノ-――-  ,    ⌒i_
         コ 上'           \   ム
       ,r┘之,            ヽ   ク
       _ュヾス  /            i  ヒ
     .,イyセ |rュ | | / i||| | | i iヽ i .ユ
   /! f|rェ ij.k' | || |  |||| | | | || | __}'
  < ./| j ||y !,ヒ|r' || |  |||| | | | || |_イ
    V_| | |iム@yウ,| ||+-j-!-jリ!/リ-|-+ !, ハ'  あなたは、葬儀の話をしたときに、
     `L!| └rYィ` l将圭w^   ィ桂永 i ト'  『生きなきゃいけない人』って言ったでしょう?
     | | |j!| i|  |戈ン    戈ンy| |
     | | |kヽ._i  | ""    ,  ""/|| |   そこで思ったの。
     | | ||  |  |\    rャ  /| || |
     | | ||  \ \_f二>n<_フl|/j /   私にも、生きる権利と同じだけ、生きる義務がある、って。
     | | ||  /^y./し,  ュ9く,  /ソ/、   
     | | || / f二二了 小^  ヒ二ニ7
     | | レ  .ム二二ス__,イト、_{二二ヌ   そうしたら、突然、何かが落ち着いたような気がしたのよ。
     | | /    j二二コv  i,l   | ヒ二ラ|_
     | | |       ク ∧/r-┴-┤ リ  r,i'__



                  __r―=、ノ⌒ヽ.ノ⌒ヽ._
                  ): : : : : : : : : : : : : : : : : :   `ヽ
               r―=' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
              ): : : : : : : _______: : : : : : : : :ヽ.
              ゝ: : : : ::  ´         `ヽ: : : : : : : :}
             /: \:/                 \: : : : (   私はこんな風に、自分を縛り付けないと
             (: : : ,'       | l|   | |!      ヽ: : : : )   行動できなかった。
                {: ::  |   | l|  !| l|   | |!   l|    :: : ::<
                ): :| |   | l|  !| l|   | |!   l|  |  : : : :)   でも、そうして考えたことで、
            (:.:.::| l  |_l|_!| l|   | |!   l|  |  l: : :.{     私はひとつ、答えを見つけられたの。
              }}フ | |   | 从 l:| l|| | |、_. l|  |  |: : : ヽ.
                / ヽ}.八、.rtテ心レ'j八人ハ:! l.l|! j  :: : : : メ、
              //  ハ ヽ.ハゞツ    ィテミメ.从}ノ  ,': :__ノゝヽ   …こういうのって変かしら?
              〃  人}  ト、 } ::::  .   弋ツノ/´}l  /r ´ | |!:ノ
            ノ'   イ. / /ヽノ   . _   ::::  / /Y`Y:   | |!
          /  /ハ./ /_.ノ:ヽ.      , ‐v / / /   . | |!
        /  /.ノ: / ̄`ヽ===、ー-r‐='   ' / / .ィ:.Y⌒).| |!
      /  // : 八 ̄`ヽ}==/⌒Y _____/!  ヽ|: :(_ | |!


    「まるで、何かを整理するかのように」

405 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:17:19 ID:awMx2fZQ


   「僕は彼女の言葉を否定して、思った」

    「彼女はもう、喪失を終えて、再生に向かっている、と」


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)   …まさか。
             |        ノ
              .|        |   そうは思わないだろ。
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ



    /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >て`:: :: :\   ハ  ___
   5、:: :: :: :: :: :: :/´      ヾ:: :: テ| ̄|,、_ ゞ//┐|
   ノ:: :: :: :: :: :/         ',:: :: ::|  | < X__ | |
   廴:: :::: :: :: /           `):: ::|  |:: ::} V/ | |
   /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ
   てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
    <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_    …ありがとう。
   //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\
  <<V/、_:::',  lヽ_,-+-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ
.   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'
    L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、     イ |´`V´ ̄`ヽ、_\
    // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
.   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}
   | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
   ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
  / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ


    「僕が出来たことは、特に何もなかった」

     「だが、しっかりと前に向かいつつあった彼女を見ると、嬉しさがこみ上げてきたものだ」

406 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:17:45 ID:awMx2fZQ


  「僕は単純に、自分が気になった部分を聞いてみた」


             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒
.         |    ( ●) (●)
          |     (___人__)    それで、見つけた答えってのは?
          .|        ノ
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ


       r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:__入:__;ノ⌒ヽ__乂:.:.:.:..入___
        |:L.__/} :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|.:.:.:.:.:.___)          ` く::::.:.:..}_
      ゞ;≠¨´| :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.::___;}             ∨ ̄.〈
         {:{____人:.:.:.,:ィ≠ミトil_y´ l   /  ,.イ         ∨.:..:.:}
        /`¨¨7/:ト、{l(匀} } j:.|   |.―/-  /  l .|       .|.:::‐〈
.       /   // l:| }:.ゞニ彡'l:.|   | /| / ヽ/  |  /   |:.:.:.ノ  
     ,'   // ///ヾ;.:.ト:i:i:i:iLl   斥卞ミ.   /  /}⌒/   リフ′
      |  // ///  |.:ヾ;\i:i|   代:.cソヽ   ィ尓Y  ./
     ! // // '    `,二ヾ:ト|  ヽ""     ,ヒ:.ソイ   /   …笑わないでね?
      | |_/ /〈!    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l       ""厶イ
      l   |_/!  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、  ` ´  ィ .|
      | i   | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ -<  i  |    私は、今までお世話になった人のためにも、
      l|   ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 |     精一杯生きて、それから、ゆっくりと死のうと思ったのよ。
      | |    /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i.》..|
      | l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》.|     それと…もうひとつ決めたことがあるわ。

407 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:18:09 ID:awMx2fZQ


  「まさか、その返答に驚くことになるとも、知らずにだ」


          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i 
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !  
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧   大学を辞めて、
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',       海外に行こうと思うの。
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',    
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `
/    ;八:::::/:/:::::::::::::::::::}-くマ ノハ:::::::: |::| | ||:::::::::::/| |     \
.    /  Ⅳ:/:::::::::::::::::::::{   ヾソ 人::::::::|::| | ||::::: : / | |



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)     え、え?
            .|     ` ⌒´ノ__
            |     _/  ̄\ヽ    それ、本当に?
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_γ    |
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


   「彼女の言葉は、そのまま、僕たちが会えなくなることを示していた」

408 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:18:39 ID:awMx2fZQ


    「彼女がそんな素振りを見せたことがなかっただけに、僕はとにかく驚いた」


             r-ヘノし'⌒ー'⌒ーヘ
           _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.しヘ
          _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:しヘ
           (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(_
         ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._)
.     r≦(_:.:.:.:.:.:.:.:.:.,  ´        ` 、:.:.:.:.:.:.:.:_) r=ミY
      《 〈(_:.:.:.:.:.:. /                 \:.:.:.:.:._)//^Y》)
    厶イ(_:.:.:.:.: /  /          \\   '.,:.:.:.:_)辷彡´))
.     }} (_:.:.:.: /  //   / l l l    ヽ ヽ   ',:.:.:._)乃ー'ノ
    {_{ェr(_:.:.:.:'   l l    l l l l l   l  l l l:.:.:_)i| |ヽヽ    …うん。
    //i| (_:.:.:'  l l l l l  l l l l l l l l  l l l:.:._) | |i |\\
.   // | (:.:.l| i l l l l ! l l l l l l l l l ll l l ':.:._)《ミ,}|  ヽ_)
    {:{  |   ヽ从:l l 斗l‐l-l l l l 十l‐l-| l| l l/ :/ l   |     自分の知らない世界が見たくなって。
.   |:|  |   トミ从 、__,    、___, 川//};,;ノ  |   , 
.   〈_j  |   |リ|,ハ ´¨¨`      ´¨¨` ん|     |   |   もともと、本が読めるから、なんて、
.      |   | 川人    '_     /| |     |   |    いい加減な理由で大学を選んでしまってたから、
.      |   |/  | _   ` ´    イi | |     |   |    しっかりとした理由をもって、やり直したいと思ったのよ。
.      |   |   ノ 《三ニ≧=‐=≦ニ三》| |     |   |
.      |   | / ノ三三ニ《薔》ニ三三i} |     |   |



          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ   ――自分勝手で、ごめんなさい。
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}


   「だが、不思議とそれを受け入れ始めている自分にも気づいていた」

     「やはり、大好きな時間は走り去って行ってしまうものなのだ、と」

409 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:19:02 ID:awMx2fZQ


    「とはいえ、僕はやはり、動揺していた」

     「いずれ終わってしまうことが分かっていても、こんなにも急だとは思ってなかったのだ」


                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉   しかし…急だろ…
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



                    / ̄ ̄ \
                      _.,ノ ヽ、,_  \
                    (= ) (= )   |    けど、それは謝ることじゃないだろ。
                     (__人___)  u |  
                 '、        |   ____  ,.-、
              ,,. -ー|         |ヽ__∠___ゝ」 r'
             / .::::::、::|       /ィ::::〔 _,.-ー  `'r-、   俺は、応援したい。
             l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/:::〔/    l:::. ヽ
            」 ::::l:::::::::::::::「二二::::/ :::::::ト、 y   |::::::. ',
            l ::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r    l:::::::: i  そうとしか言えないな。
           / :::::;;:ーミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_ ノ L::::|
          / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く:::::::::::::::: i::|
         / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 :::::::::::::::: ||
         / ::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::V :::::::::::::::: |


  「だが、それ以上に僕は、彼女の邪魔をしたくないと考えていた」

        「だから、精一杯、言葉を考えた」

410 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:19:39 ID:awMx2fZQ


   「そして、彼女は僕に言ったのだ」


 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :   ありがとう。
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`   それでね、その…
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L




   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’           ヽ Ⅶ: : :己
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′                Ⅵ: : :.__7
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ       .l!    l|  ', ' |: : :_:∠,
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l  | l!  l| l .lLi! | l! l}: : _く
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | |  | l!  l| l .i i! i l| l|__ノ
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | |/| l!  l| ||」zテメ.l l| l!トミx7
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ i ./|  | iヾ/!ノ fz リ |从ノマヘⅣ   …こんなこと言える立場じゃないけど、
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ .l ;z云气    `¨ "| | |  |
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |《Vzツ'       八.| |  |
    | : ̄|  ̄ゞ≠{  |  ""   _  '  /  l| |  |    出来れば、私のこと、嫌いにならないでね。
    | i  |    x≧l  |> _       イ三ヲ{ |  |
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦ 三∧ ',. |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧i |


    「嫌いにならないで欲しい」


     「そんな言葉に、僕は少しだけ鼓動を早めた」

411 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:20:02 ID:awMx2fZQ


    「それはとても温かく、優しい言葉だった」



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉   ……はぁ。
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__) 
             |        ノ
              .|        |
              人、       |     …おう、俺が真紅を嫌いになるわけないだろ。
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7         常識的に考えて、な。
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ


   「だが、僕にとっては少し違った」

    「まるで、彼女の言葉が今生の別れを示しているようだと思ったからだ」

     「僕はその不安を押し込め、笑いながら彼女に答えた」

412 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:20:30 ID:awMx2fZQ


   「彼女はそんな僕に、もうひとつ、お願いをしていった」


   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}   …私の大切な友達が言ってたことなんだけどね、
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|  読書をしていると、世界中の色んな人と繋がれるんだって。
:/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ' 
.  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |    …私はこれからも読書を続けるわ。
  |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |      あなたも、やめないでいてくれたら嬉しいのだけれど。
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)    …俺の場合、やめたくてもやめられないかも、だろ。
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、    それにしても、いい言葉だな。
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ


    「それは、読書を続けて欲しいということだ」

     「読書をしていると、世界中の人々とつながれる」

      「なるほど、ロマンティックで素敵な言葉だった」

413 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:20:57 ID:awMx2fZQ


   「そんな僕の言葉に、彼女は心底嬉しそうに笑っていた」

     「僕はそんな彼女を見ると、胸が痛んだ」


                                _. イ⌒ヽ_ノ ⌒し '⌒i
                            , 、_ノ⌒)´           し'⌒i
                   ,. - ─ァ⌒                    _ ィ
                  /    /:::::::::::::::::::::::::::::.......            )
                . '’     /───  - <::::::::::.          (_
       、      . ィ’       _)            ` . :::::::.          `ヽ
     / \   /:::::|      ( ´                ` .::::::::         ノ
     )   ヽイ : : :::::|/__     ノ                \::::::::.      (´
    (  ヽ.  │.::::::::::|   (´  '  ,  ′ i!              \::::::::::.     `7
      )   \.|.::::::::::::|    7 / / /   i!         、    ヽ::::::.     )
     '       |:::::::::::::|  (⌒' /  ' /     i!          \     V::::..   ノ
    ( _     |:::::::::::│  ) / i  i !     i! !         、    i:::::::...ノ  えぇ、本当に。
     イ::「 )    V.::  |  「 .'  i  i !/i    ヾ |             !ヽ  |::::::..ノ
  /  !::|(__    ヽ::.. r‐v7/  ∧ !l斗十 |│ \!   !   !    ′i  |::::::::)
 .'     !::|ゝ==)     rfぅjV  ハ)/7从 、| |│ /:||\ i   イ  /  .′ !::::\
   丶 !::| \ ゝ-.. ゝ少ノ ,'  |'   _   ,乂::ノ / 、ヽ. /   .'  /  ,人::::ゞ\
〈     \:|  ヽ ヽ ` ーヘ  /  |ァ==ミ   /レ')/ゝ/) イ .:/  イ:| |:|⌒)::::)   ――本当に、ありがとう。
 ヽ   ヾ: 、  〉、 \  V   |             r=ミ、 / ! .′/ ! | __ノ '/
   \   |:|\ !:::|   ヾ |   ハ ////          `/レ' レイイ  | 「! (:/
    ヽ. |:|   |:::| r.. ―┤  |  '.        ′ ///∧i|     |:  |/ !
        |:|   |:::ト<:.   │  ト i!     ` ー     イ ヾ |     |:  ∧\
        |:|   |:::| \  人   \:ト、        . <__j!   \   | /  '. \
        |:|   |:::|    Y'  \  \ > -<´:::::::::::: i!ー-, \ ! .'   ! )::)
        レ′Y::/     | ヽ.  \  \tfうj} :::::::::::; /   /     /     | /::/
          │!    ム-‐─‐-ゝ   ):少 :::::::::; /   /ヽ.  , '  )  '/::/


       「本当に、彼女との時間が終わってしまうのだと、急に実感が湧いたのだ」

414 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:21:18 ID:awMx2fZQ


  「彼女との散歩を終えてから、僕は考え事をしながら、ひとり歩いた」


           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)
.           |    (___人__)   言えなかった…なぁ。
           |     ` ⌒´ノ
            .|        |
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|


 「せめて、自分の思いを伝えようかと思ったが、僕は言葉に出来なかった」

    「その言葉を口にすることが、彼女の決意に水を差す真似のように感じたからだ」

       「そのせいで僕は、泣くことも出来なかった」

415 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:21:43 ID:awMx2fZQ


   「だが、そうだ」

    「彼女は間違いなく、何らかの再生を得たのだ」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)   ……。
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


   「僕はそのことが嬉しかった」

     「それは、本心だ」

416 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:22:08 ID:awMx2fZQ


    「それでも、僕は彼女がいなくなることが寂しかったのだ」


                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉  …あっけないだろ。
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,


     「自分が失恋したことよりも、ずっと」

    「過ごしてきた時間が、遠く過ぎ去っていくことが、寂しかった」

417 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:22:34 ID:awMx2fZQ


    「そして、彼女はしばらくして、遠い国に行ってしまった」


                     / ̄ ̄ヽ           | | | ||:||:|| ||:|| |
                    /       \        [二二二二二二
                    |          |       _|_|_____
                    |          |       |:|      | |;| .| |
                    |          |       |:|      | |;| .| |
                         |         ,'        .|:|      | |;| .| |
                       j __<   i         /.二フ  | |;| .| |
                   ,.イ::::::::::--.、ヽ _ノ   、(  /‐ ´- 、   | |;| .| |
                 / .::::::::::: :::::/ ̄`ヽ.     /     二ヽ.| |;| .| |
                 / ..:::::::::   .:::::/ :::::::::::::.`,  /      / `-'| |;| .| |
              / ..:::::::  ::::::::::::: :::::::::::::::: ノ ._ノ _  _.ノ    | |;| .| |
               / v ::::    ::::::::r :::::::::::__,.-、,' j::::::::::::::::〈[二二二二二二


      「僕はそれを、精一杯の笑顔で見送りにいった」

        「そして、彼女はそんな僕に、一冊の小説を渡していった」


    
      「――これが、僕が知っている彼女の全てだ」

418 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:22:55 ID:awMx2fZQ


    「その、空港で会った日を最後に、僕は彼女に会っていない」


        _ _ _ _                               _
        | il|       ̄  ¨    ‐-   .__   .  -‐   ¨   ̄     |
        | il| ......................................................   |                ..............   |
        | il| ......................................................   | .......................................................   |
.          | il| ......................................................   | .......................................................   |
.         | il| ......................................................  | .......................................................   |
.        | il| ......................................................  | .......................................................   |
          | li| ......................................................  | .......................................................   |
         | ll| ......................................................  | .......................................................   |
¨:::: ̄:::`:..   | il| ......................................................  | .......................................................   |
:::::::::::::::::::::\__| il| .....  ⌒Y...................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::::::::/ :| il| , '  / ....................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::Y´  ..:|_/   , ............................................  | ..............................
::::::::::::::::{     ´    〃  .........................................  | ..................
:::::::::::::::::          {  ................................      |
:::::::::::::::::|       /          __  . -‐
:::::::::::::::::|      ハ__  . -‐  ¨
:::::::::::::::::|       |´

             「彼女がいま、どこでなにをしてるのか、それは分からない」


                 「だが、どこかで本を読んでいるだろう」


                    「そんなことを、僕は願っている」






                          つづく

 
419 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:23:41 ID:awMx2fZQ

以上で、第七話『アジアンタムブルー』の投下は終了です。

今回は、大崎善生さんの同名小説を土台にさせていただきました。
作中でも書かせていただいたとおり、『パイロットフィッシュ』とは強くリンクしてる話です。
実は、最近出た『エンプティスター』を併せて三部作となっているらしいですが、
こちらはまだ未読になります。地味に気になっています。

        、__ __
        Y´、。ハ
         V人` \
          }  }` ー'  ということで、第八話(最終話)を
       , 彡  j       今から十五分後より投下いたします。
      〃 }  ,ハ
   .  /,  / , ,;リ      …すみません、なんか勢いで出来てしまったのです。
     , //,イ, , ; ;/
     i'//イ{; ;. イ         よろしければ、ご一緒に見届けてくださいませ…!
    小У!{'´ !{
        }{  }{
        }{  }{

420 名前なんて無いだろ 2012/03/22(木) 22:25:11 ID:MYO2sccc
乙でした!
やらない夫の、真紅への優しさに溢れた話だったと思います。
ただ、そのせいで真紅と離れ離れになるのはなんと言う皮肉だろう。

それにしても、好きな本を一冊だけ選べってかなり無茶振りだな~w


421 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/22(木) 22:27:26 ID:awMx2fZQ
(お返事は最後にさせていただきます…!ありがとうございます!)

アジアンタムブルー (角川文庫)

元スレ
やらない夫と真紅が、小説を読むようです

アクセスカウンター
アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


3938 『やらない夫と真紅が、小説を読むようです 7.「アジアンタムブルー」』の前後エントリー2012年03月23日 09:15

纏め作品一覧やらない夫と真紅が、小説を読むようですの目次



※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!