やらない夫と真紅が、小説を読むようです 番外編

2012 03 17  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:
206 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:00:10 ID:SgKtNaBU
本日の投下時のBGMはこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=KomeyDjr_mU&feature=related

207 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:00:39 ID:SgKtNaBU



   ――私は、嫌な子だ。

                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /
|    ./ '       /
|   /        /
|,/        /
        /
      /
    /
.  /
./
                 でも、誰かにそう言われた訳じゃない。
208 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:01:09 ID:SgKtNaBU

   もちろん、私自身、自分のことをそんな風に思いたくはなかった。

       \           | |  //::            /  /    /
          \           | |  //:::         /  /    /
      \  \           | |__//::::.         /  /    /
.         \  \         ̄          /_/  ̄ ̄ ̄\
         ||   \              /::::::::::::::::::::::::::     \
         || |\. \.           /  |::::::::::::::::::::::         \
         || | |.\, \____/l二l |::::::::::::::::::         /
         || | |  ||  |      |  |:::|  |::::::::::::::         /
         || | |  ||  || ̄|   .|  |:::|  |::::::::::::         /...:
.          ̄ ̄    ̄ ̄   !l  |   .|  |:::|  |:::::::::      /...::::
                /.  ̄ ̄ ̄ \ l:::|  |::::::::      /...:::::::
   _           /           ヽ:|  |::::::     | |:::::
   /|         /                \|::     | |:::::       __
     |         /                  ̄ ̄ ̄ ̄| |:::     ___|
     |.      /                         | |:    ___|\ ヽ
     |   /                            ヽ|__|\ ヽ

     でも、そうなってしまったのだ。
                     いまでは、否定なんて出来ない。

209 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:01:36 ID:SgKtNaBU

 小さい頃に感じた思いは、
          じっくりと私の心を浸していった。

            |                 | ::::::::: / / .:.:.:.:.:.:. |______|
            |                 |:::::: / /.:.:.:.:.:.:.:/        |
            |                 |/ / / .:.:.:.:.:.: |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |                  / ./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_______,|
            |                /   | ̄|:.:.:.:.:.:.:./          |
            |              /     |  |:.:.:.:.:.:.:|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
            |            /       |  |:.:.:.:.:.:.:|_________,|
            |          /         |  |:.:.:.:./                |
            |        /           |  |:.:.: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |      /             |  |:.:.: |_________|
            |    /               |  |:/                   |
            |  /                 |  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|___
______|/                   |_|___________,|___

              だから。
 
 彼から借りた小説で、思い出してしまう。

210 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:02:01 ID:SgKtNaBU


           私の中にある、罪悪感を。


                        \                               /
                         \                             /
                          \                           /
                          \                    /
                          \                   /
                           \                 /
                               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
      、                   /                  !
        ` 、                 /                   !
          ` 、              /                     !
            ` 、.        /                       !
                    ` 、   /                        !
                      ` <                       !
                        ` 、                     !
                          `i                 !
                       i    __/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨
                            i __/ /              ∨
                           i/ / /                 ∨
                          i / /                     ∨
                         i. /                 ∨
                        i/______________∨
                      ,>´ 二二二二二二二二二二二二二 `<,
                        ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
                    ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
                ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
            ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<,
        ,>´ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二 `<

                                小さなころの、過ちを。

,

211 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:02:31 ID:SgKtNaBU




    「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」 



              番外編


     _________________
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:(○).:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

212 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:03:28 ID:SgKtNaBU

 小学生の頃、私は転校を繰り返していた。
   
                  親の仕事の都合だ。

                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\      短い間ですが、よろしくお願いします。
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }
./ /    / /:.:.:.:.ノ:.\ヽ:.:.:.:.:.ヽ>:l ::.::|::└r1 :.:.:.:.:.ヽノ/_/ く
//  | / /:.:.:.f⌒ヽ:.:.ヽ`、:.:.:.:.:{{ヽL 厶-‐'/:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.人   ヽ
. /  l | /ヽ、:_>ク^ヽ:_:\ヽ:.:.:.:`T¬ー‐く丶:.:.:.:.:.:.:.:!:ハ `ヽ  \
,′ | | /    /:.:.:.:.:.:.:.:/〉、\:-勹::-‐¬__〉:ヽ:.:.:.:.:.:}ヽ \ \   ヽ
i   l/     /:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:\ヽく_:_:_:_j-‐个、:.:.:.:.:./  / ∧  ヽ、 `、
|  |l  ,...-勹:.:.:.:.:.:.:.:. l^ヽ、:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.:.:八\ー'ニ二ノ  `丶、 l  ト、
|  |レ'´:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:\:.:.:ヽ l:.:.:.:.:´:.:.:〉:.`Y⌒ヽ        l  ∥ \
l  |ト、_ 厶:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.}|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ト、:_厶      ! l「`ヽ 丶

      そんな生活の中では、友達を作るのが
                億劫になってしまっていた。

              どうせ離れ離れになる。
             
                 それでも、私は友達を作ろうと積極的に関わった。

213 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:03:53 ID:SgKtNaBU

 でも、その頃の私は、あまり笑わなかった。

           いや、上手く笑えなかったのだと思う。


:/⌒7:辷彡ヘ.入.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:{-'ー=彡.:.:.:.:.:/^′
:\ <::::r ´ /::{^⌒:.:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:ノ:i:i:i:i:::::.:.:.:.:.(
\:Vハ::::、/::ィ:i「}.:.:.:.:.:.:.:./:i:i:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く⌒^⌒ヾi:i:i:i:r=xノ
 /::::人::::V |::|[:.:.:.:.:.:.:.:.':i:i:i:i:i:i:i:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     V:i:i:)
,/::::/′ ̄,' |::ト=ミ.:.:.:.:.′i:i:i:i:i:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r―=彡       マ″
i::::〃  .:′|::{ r彡.:.:.:|:i:i:i:i:i:i:{.:.:.:.:.:.:.:.:,xt=彡     i 、   :.
レ'}    ′ j:::} 廴.:.:.:.|:i:i:i:i:i:i:}.:.:.:.:.:.:.:( |i  :.  i   |  :   i:
  {   {   ::::::, く:.:.:厶=ミ;i:i{.:.:.:.:.:__;ノ、{i:  {  |   |  l   .:|i
  '    }:. |:::::}i  V{f彡ヘヾi!.:.:.:.({:八^气{,  '. |   | | .:i |i
 ′  /ハ |:::::}i  Ⅵ{fiりノリ:rif^´|i  \{\、Ⅵ   {  j .:i {i
/   / , ∧⌒':   `辷彡'1リ|  |i   f圻x`ー'ヘ、  } /} ∧:.
′ .:{ , /.:∧ ヾ.  Ⅵi:i:i:i{ |  |i   弋tりヾ /Ⅵ/厶′}′
  .: // / :′\     Ⅵ:i:i:{ |  |i   .:.::::`:.   {
  i ;/ / /    \rxミ=ヾ:i:i:M:  |i        〉
  i | / :′   _,/⌒^:.¬=ミx:i:|: 八:.    __ /
  i |' /    厂:^:.:.:.:.:.:.:.:二三℡_L_ノ}__ .,<
  i | /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒^\:i:i:⌒^:i:i:i:i:ヽ
  l |′ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:i:i:i:i:i:i:i:i:/^ー=ミ
  i |  .:′.:.:.:.:.:.:.:,::::::::;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶:i:i:i:i:/⌒7/
  i | /.:.:.:.:.:.:,:./.:::::::::::}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅵ:i{ く<_
  i l′.:.:.:.:/:/.::::::::::::::::{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::.:\i:}r=彡′ j)

  先の見えてしまった交友関係に、いくらかの疲労を感じていたのだ。

214 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:04:20 ID:SgKtNaBU

   それでも、私は精一杯、学校では笑っていた。

       笑っていると、誰かも笑ってくれる。

          そう信じていたのだ。

        まさしく、子供のように、純粋に。

                 , -、/ ̄ヽ   __
            __(  しヘ 弋/ )\
            /ー'    \    └ヘ\
         └ヵ              |\
        / ̄\             〕 \
        └┐         _   -―-\  ヽー、
        ┌┘        ,.   /  ヽ \ 了   ト ∠ム / ヽ
        廴     /   /       ヽ`つ  ∨Y   ̄〕マ7_
         r┘   /              |  |└┐ | |  rヘ´ \ j!   _
         `つ   ./            |  |  | | 〔. ||<_ム__>  ̄__
         〔_ .′           |  | || |i `)|| 〔 ヘ\ <
           ヽ| | :  |  |    |  | ||  レハ 弋 |r= 、r┘ | \ `
            | | |  |||    |  川ィチレ,_| ({ヘ參〉)  !   \
            | | |  |⊥从_| /j//ィi´うハ「| |广7_ハ  丶
             \\ヽ7了7ヾ    ゞ- ' | |∨/   \  \
               \| ヽ ゞン     ゙゙゙゙゙゙゙| | ∨     \  \
                 | ∧゙゙゙゙゙゙゙ `      .__| ハヘ       \  \
                 | l| > 、  ‐ '  / j / ̄ヽマ_    \  \
                 /∧|/   __ア=ミく入`マ" ̄ ̄ /       \  \
              // ヘ   /-ゞ參r' _≧ \ ̄/___〉          \
          ___/∠ ヽ_\イ   `T1く, ―‐  ∨  ヘ,__
          \   _...ニニニ>    」 K_,/ ̄ヽ 〉¬   \_
             ̄  _/ __〔  /  | ゝィ厂ト  Ⅴ | |  廴 厂 ヽ
            <二、≦二._ヽイ    |  「 广ヽ.ノ |/   \   /

215 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:04:49 ID:SgKtNaBU

 私は友達を必死に作り、

        作った数だけ別れてきた。

  別れた友達からの連絡なんて、すぐに途絶えた。

               _,-- 、
           r冖'::.::.::.:.几、
            r┘::.::.::.::.::.::.::.:しヘ
          _)::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ト、
           {::.::.::.::.::.::.:_,.:-―-、::.〕 `ヽ-、___
         コ::.::.::;: '´/  、ヽ`しヘヽ  )ニヱ、
          └i::.:/ /  /  ヽ ヽ } l | { |ハ_/
.           く::/  l  l   l l l ( | | 〕|:|
            l|   l l l| |   l| | l |,lト、l_| { l:|
           ヾl L,ィ=ト:i、 ノ,ィTkノl}必}| |:|
             个tヘ.イtク ` `ピr,ノi:lヒオ| |」
            l |∧`" ' _,   / l|  |_| l||
              |ノ _L>‐、_,ィ^7 /l|   | l||
              / |ヽ:.:.:.:.:.:{爻}/ /:.|ト、   ! ||
            _〉」_∧:.:.:.:.:./|/ /:.:.|j:: \ | l `、
            斗‐- 、\〕ー7|::ヒニ二ニフ::. ヾーi ヽ
           「::.:r‐┴/:.:.:/:.|::| _/,イヽ、::.: `┴‐ヘ.
            〉:;`ヽY¬z__」:ん勹 ノ::.::.:`ー-、::.::∧ \
          `7〈〈:{_::.::.<::.::.::.く <r冖、_,ィ⌒Zノ| ヽ  ヽ
              / /:|l:/: ̄::`:ーr=彳::.::.::.::.|::.::.::.:〉l  |  |
          / / :ハ_::.::.::.::.:ー-'::;:|::.::.::.::.::.ヽ::.∧ ヽ \ ヽ、
         i /′::.::.::.::.::.::.::/::L:_:;::.::.::.く:/ `. `、 ヽ  ヽ、

   それでも、私にはそれを繰り返すほかになかったのだ。

216 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:05:14 ID:SgKtNaBU

 そして、ある学校に転校したときの事だ。

.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:..-‐- ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'ヘミx':〉
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ´   、 丶  `ヾ:.:.:.:.:.:.くミュ_ヾヽ 、   ____
.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   丶  \ ヾ:、  丶、.:.:.)厂`ヾ≠=彡’ ̄ ̄ `ヾ:、
.:.:.:.:.:.:./   !  `ヽ.\  \ \ヽ  ゞノ`ヾ:、  \㍉、 `ー- .. _
.:.:.:.:.:/  丶 |   ヽ ヾ:、、 ヽ \:.、ヾ:.、 ヾ:、\ \ `ー― -==._
.:.:.:.:.′     i! ト、 ハ   ヾ:、   X ミヾ ヘ   辷x 丶ヾー=ミ
.:.:.:.:i 丶   | ヾ、ミxヾ:、\/ ヾ八㍉、{   ヾ:、 \ \\
.:.:.:.:| i  \ i!\  \ヾ、xく.\.ィく`liト:.ヾヽ.   `ー=ミx `ー=ミ、
.:.:.:ハ{:    1  \  ヾ ヾ`ぐツ リ }ハ ハ       `ー=.. __
x:.:.:.:.i|ゞ \ ! 丶  ゙x ハ ト!     ,ィ:::}i } L..'´し,..∧_
 > l|.:\  ゞハ、 /X j, <  、    〈::::::|l レ"  /:::/ }.: ̄三ニ=ミ
  `ゞじ.:.:.ヾ、\Xヾハxぐツ   ‘′ )::ノ"イ/:::/ ,:ィ|.:.;ィ.:.:.:.:.:.:.:.
   ヽ> ヾ ヽハミ㍉ャ‐ ._   _ r彡r7 / /:::/ / /:iリイ./.:.:.:.:.:.:.:ィ
   `:くヾメヽ `ーx. ハ     ̄ /:::::Y_/ // ,.イ /// イ.:;ヘ:_,.イ7.:
     i Y}iハ    } ix ヽ  rfチ::::::::::::::)〃/.:/ 〃7 /〃7ノ::::::〈
     | iX  ‘,  | !、  \ レ`ーァ:::/〉:=彡::::://:::::/ ム才:':;:ィx::/
     | |ハ  入 八ヾ:ヽ、 У /:::::/イ::::::::::::::::"ヽ、/..彡:::::{  `
     | | ‘. ハ  ヽ \:/ /::::/ .ノ::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::>

       私は、あの子と知り合った。


         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\`'    ´ ¨// ./
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!     、_ __′"/´ | / )
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、     イ.: j| /{ ノ′
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::::>ー<l!:.:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
     /´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
   /' イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
   ///   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァzく::.::..::..`ヽ、

      私に趣味を与えてくれた、あの子に。

217 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:06:17 ID:SgKtNaBU

 あの子は私と同じ、転勤族の子だった。


     川 | ヽ{ :.:.:.   .   .:.:.:.: 川//l|l ! 〃
 二≧x' '//⌒ヽ、   ー‐   彡イ/l ! l¦k≦三
z≦三/ / l     _ヽ\_, イ/ //_」_|l|l三≧x
 _≧/ / /| _ {@}l:::〉―‐1' //.:::::.\l l弋≦⌒
 ラ/ / /.::|l{@}  ̄ レ::/ ^Yl /.::::::::::::::::.Ⅵヽ\
  { {/.::::ハ ̄ q_ l /  / | {:::::::::::::::::::::::〉|ハ ヽ
  ヽ个ー'::::::ト、 ペ) へ. /-人ヽ:::::::::::::::::/ ノ ノ


        だから、私たちはすぐに仲良くなれた。

                      _____
                    ト:、::::::::::/i
                   /:ヽz...才::::|:::: : K|  ハ
             /:::::::::::∨::::: : |:::: : |::::¨/::|
              _  }:)::::::::> 廴_;_;ノ=ミ!::::/::(!
.          /::廴ノ:::i '´     ̄    ¨ヽ:::::|\ ____
         /:::::ヽ::: ノ                ∨:::::/::::::∧
.        /=ト、:::/      i       i   ヾ:イ:::::_::::::i
.         >j::: ;'     j       i    ∨¨r' ̄_
      /_}:::i:i       从       从 i   i::::::ー^i ̄\
      \ {:¨::八  i i_i_⊥ハ   i _/⊥_リ  i . |:::::::::::j   }}
        |゚X!::::{::::::}i | !x==ミ  i .:レ==ミヽ/ ノ . |:r==くヾ__/
      / :{\::::::从 ,〃,_ノ::ハ\ヾ/,_ノ::ハ 》ム .:|:::>:!  }} 
     〃 |  | ::>=;' \ V//ソ  ヽ V//ソ .イ . 从乍 =彳ヾ,
      {{: |  | :{:{ /  八      '     八j, イ∨ノz|  j  }}
      {{: |  | .{:{./ ,イ{___≧ .._ マフ _. .≦__|  :!/∧ :|  j  }}
        |  | :/ /  ハ:::::::::::::::>=<::::::::::::::::フ .∨ !t|  j
        |  |::/ /!:: {ハ::::::::{从rケY}:::::::::::ハ  :!{  | :!  |
        |  |ノ:/ :!:: | /}:::::::::ゞァア,ソ::::::::::{:∧ :|i! ハ !  |
        | ( ( :i:  |/!::::::/:i: :i::::\:_:_j: :∧八(  ヽ :j
        |  |:)) :!:: |:::::::¨:::::::/: : !:::::::::::::::ヽ: :ヽ: )) !::):|
        | 〃 :::八 |::::::::::::::/: : : l:::::::::::::::::∧: : :}(、::j((::|
        | (: : : :.:.:.ヽj\::::::/: : : :.:l::::::::::_:_:_:ノ:.:.: | )\ . |
        |  |ヽ : : : : >zV___r===v'´: : : : : : :ノ从ミソ: |

    お互いに、何を欲しているのか、痛いほどに分かったのだ。

     私たちは、互いに足りないものを補い合って、幼い時期を過ごした。

218 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:06:50 ID:SgKtNaBU

あの子が教えてくれたのは、読書という趣味だった。

  友達と離れても、それがあると寂しくないとあの子は言っていた。

 世界はどこまでも広いけれど、どこかで誰かと繋がっていられる気がする、と。

           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !  あー、面白かった!
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',
    {::ヽ  ヾ:::::::、::::r‐::':;:;:;:;\::::::/:;/´:::::∧:::::、::〉 .!!  、
     ゙ー1`=〈::::ノ:::/!::::::::;:;:::::::: ̄:/:::::::::::::i:ヾ:;::::::〉 ,'l    !

   それを聞いた私は、母が読んでいた小説を試しに読んで以来、
                  今に至るまで、本を読み続けることになった。

219 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:07:15 ID:SgKtNaBU

   そうして、私にとって、あの子が何よりも大切な友達になっていった。

       それは、あの子にとっても同じだったようで、

          L   .::::::::::::::: '                 (_,-、 |:::ヽ \      イ_
         {    :::::::::::/ /                   ノハ:::::V ノー.、    __ ノ
         つ      , ' /                        ー 、|:::::::V / |   (__
        rへ    ,' / ./  .//   ,      '         rー Y::::::::|/ V    _ ノ
        レイ     / ' ,  /     '      '         `ー|::::::::| :/   (__
       /1|ト、  .' ./ ハ  ,  '  /.     |   |  | |  γー '´!:::::: | /     /
       / ∧|ゝ  ! / /  ' l!  .'l!'   |! ,|   |. | |!   `ーt |:::::: レ    _ノ
.      / /  |!(_.  l |  ! | l! .|! | |l! | | |!l |! | | |! |! i rーV:::::: |     ハヽ
     イ ,'  ∧ ハ__ | l |!l! | !‐!-ハ、 | |l! | |! :|||: |! | | |! |,  ゝー|::::::: |  r__'Yヽ//
    /::l ' ./ |::| /ヽ从1リ|!、,≡l!|ヽY |l| | l!! |_j__|ハj | l |! | r、ノ ,::::::::,   __ノ l V
   ./:::// /  ,|::レ   ゞYヽイf::::::::゙ヾ ' lゞ|,ハ! |!ハノ|j!''T!十 - ー,ノ:: /_  ノ /イl |
   ヽ , /!   ノ::|   イ ハ  .ゝ-ヘノ      ,.メ≡!ヾメイ! 'rー'___/r、j Y /∧:|.|
    /  ' !  Y/  / | ハ    ̄          i、::_::rハヾ|!ノ{γfヽ!フ /  〃  \
   ./ / !  //   / ハ  l              ゝ- ' / イハゝゞン ′ ' |./!|   | |! \
  / /  ! //   / / | l ハ      `         '   / /   | /::イ'   | |! l::!
. / /  ,.' //   / /  l l'  ゝ    ` ー       /  ,/¨´     | !: |    | |' ノ::!
 ' /  / //'  ,.' , '  ,.l l!‐==、 \         .イ   /         | ||:::| ヾ  !`V
  /  ,' ,// / イ  /l| |三三::`ーゝ、 ._ . -__.'ニ/   '、 _.      |!|ヾハ   ' 、 ゝ
 '  /´ / ' / ./ , '|| |三三三::_γrーァV三]/  イ |三三./     .l!|   ',.   \ \
   /  /..∠ / 三 ' ノ 〆´三三! (込ハ:/ /, '/|! | 三../     li|    ヽ   \ \




-―く∧ヾ` ーヘ、             / ∧ /  V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:: :: :: .\\ \ー-\         >   / / |∧   \:::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄
:: :: :: ::. ..\\ \     、  __ ,   ' イ l| ヽ  \\::::┴――----一ァ
:: :: :: :: :: :: ..\\ \      ̄  ̄  へ :: :| ||-、 \   \\::::::::::::::::::::::::/
:: :: :: :: :: :: :: :: .\二二丶    < 、  |:: ト. || ::ヘ  \   \ヽ  ̄ ̄ ̄
:: :: :: :: :: :: :: :: :: .. \:: :: :>>く:: Lノ 〉 |:: ハ|! :: .ヘ \ \\ \―-- __
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::〉冖^ヽ>ー冖-冖>┐: リ :: :: .ヽ ヽ  ト ヽ ヽ::::::::::::_ 二ニ=
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : /    lヽ \ 、  冫 :: :: :: :: .\| ハ } ノ ̄ ̄
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /   ー--|:: 〉_ヽ<  く:: ::/ :: :: :: :: : 〉|/  } /
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :〈     ノ'´        〈:: ヽ :: :: :: :: ∧|
:: :: :: .\: :: :: :: :: ∧         r-=、ヘ:: ::l :: :: :: / }|
:: :: :: :: :..\:: :: ::/ /\         く〈与}〉 | :: | :: ::/〉
:: :: :: :: :: :: .\:: ::〈 :: :. \      `''^´ | :: | :: :: :∧
:: :: :: :: :: :: :: . \::.ヽ:: :: :. \         /. :: | :: :: :: ::|


     私はあの子を求めて、
            あの子は私を求めてくれた。

     自分を必要と思ってくれる人がいる。

   それだけでも、こんなに満たされるのかと私は初めて知った。

220 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:07:46 ID:SgKtNaBU

 だけど、そんな時間は、呆気なく終わってしまった。

     , ー‐―     , ー‐―
    i「 // ⌒ヽヽ\ / / ⌒ヽ ゙i.ヽ
    || | |     ヽ.! ||  /     | | ||
    || | |     ||  ||  ||     | | ||
    || | |    l|  ||  |l    | | ||
    || | |     iト、J|、イi     | | ||
     \ \_ノ /ハヾi !、_/ /
      \   //ノ !、ヽ  /
           丁6))   ((6丁
          〈三〈三〉
.             i | i
.             /.   ヽ
            // ̄\ |
.            |/6}‐ /./|
.            |   /ヽ
.           ト、_/::.:.:::|
.          |  |:::.:.:|
.          |  |::.::::|
.          |  |::.::::|
            |   |. ::.:|
            |   |. ::.:|
            |   |. ::.:|
           |   !::::::|
           |   !::::::|
           |   !::::::|
           |   !.:::/
             ヽ   !::/
             \/

    今になっても、なにが原因だったのか分からない。

221 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:08:34 ID:SgKtNaBU

 突然、あの子は、いじめられたのだ。

     クラス中のみんなに。

 無視され、物をぶつけられ、影に追いやられた。

     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ
      |l    |\        r‐ァ   / /
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |
―‐ 、 ` マ}__ ト、  ∨/:||:lL)〉ハ   |
::::::::::..\「` マ}___\  ∨:||:「く/  |  |
::::::::::::::::::::::::::::..マ}___\ ∨| ヘ`ー|  ∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}__ \l|  ヽ:::::l /:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}  ゙r~、>|/-、:::::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ/ヽ|  | 厶、ノ`}:::ヘ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\   /「匀ヘ r':::::::.ヽ


       r-':、 ̄ ̄ ¨ ヽ   ___
    , - '  : :.l      \/   ´ ̄ヽ
    {     : ::ーヵ      |::\    |
    〕   : :.:./ └i:: . .   ヽ:::.∨   ヽ
    └i  : .:/     └t.:..   ',::::|:. .   」、
     {  .:/  /    l  }::.   l::::|:. . r┘ :|
      ヽ.;/ / l |   l / ゝ-、:. !::l::  /l l :|
     〔_:|l | :l l   .:l ,.:i| _ト|  T |:l: 「 l | :!
       |l/! |!\ イ!ィi´:::|.レ'| |l l:|: 」 八 l|
       l| ヽlト rヵl   L.r’'ノ| l{ |j Y/  ',l |
           / l ハ.{」_, - 、 /:| 」:.../'    lハ
        / / { ヽ{  」_, -'´ ̄ ¨ヽ   ヽ :|
       , r'´ ̄ス、!_>t.zッ'.::: --― ::',    ヽ!
     / レ' ̄-'´ l__{ヅ .: :___  - /.:|!    |
    /i/く::.'    /l└t. _  .::ー './ .:::|    :ト、
   / イ /\::.  ,:. l '  L.. _  /.:: .: ,'    l ',
  , / i 〈 、 lハ:::.     _∟ .:' .:: .: {       l i|
  ! i :|   ト 、}>、__/!,_ イ.::    └ァ     l lヽ
 | ! |  〈 ヽ r ---:.ヽ/┘::.ーt. __「i′    l l ',

   当然、私は憤慨し、必死にあの子を擁護しようとした。

    クラスのみんなに嫌われても良かった。

   それよりも、あの子が苦しむのを見たくなかったから。

222 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:09:41 ID:SgKtNaBU

   だが、そんな覚悟をしていた私にかけられた言葉は、
                  
                賞賛の言葉だった。

                          _
                       〃::::::::::::::>=、     _
                       /:::::::::::::::::::::::::{{:\....:::::´::::::i
                  r===xノ::::::::::::::::::::::::::::{{=イ:::::::::::::::::∨¨ ̄ハ
                       ノ::::::::::::`::::::::::>  '''  ̄ ̄ '' <::::::: ∨:::::::::}ト.
                      {:::::::::::::::>  /            <::::::::::}ハ
                 ∨::::/   /               \::: }廴!__
                  ___ノ/     /             ヽ   ヽ::::::::::))
                  (( /     ,                   ∨::::ム!
                  (,イ                   i     ヽ ∨:/:::ヽ
              /八/                 i  |    i   i .∨:::::人 ノ:Y  ̄ ヽ
            , ' (( /     i    、        ||  !     |   !  .∨:)) }:ノ ̄ ̄  '.,
              , '   ))      ト、    ヽ      リ ,' /   |   !  .У} i }:)ミ= 、   '.,
          , '/  {::{ {   i、  ヽ_ヽ__ 八      ,' / ,.:'   j  !i  (:::リ  从\/:/、  ∧
            //   /く八 .   |}ト - 厂 \ヽ ヽ   .,/-/≠-、i   リ  /j   У /::::::) }:}:} )   ∧
        //  /://ク{{ニヽ 从 \ ,,z==ミヽ\ ,,/ ,/zz_  ノ`:./ ./r==v=x ./::::::ノ /::/      .',
          // <::/:/.,' 廴人  \. 《 んハ`      ´ん¨ハミx / ./人/¨¨ヽヽ:::Y r::/!ハ     i 
.         //  / {:{ ,i   ¨¨ヾ}ト,,_ハ r'込:リ       r'入:::rリア イ.ノ Y__r-ソY:: ノ .}:}  !{:::{      |
        //,  ,' ..{:{ ,j      /| |ハ弋zツ        弋辷グ / !八く彡⌒ノ::/  }}  !{:::{   i:   |
.       //.,'  .,   :{:{ |i       / ii j 从      ´     `  /.,'  :!/`ー''¨:r''¨  jリ  | {:{ノノ:|i:   |
      // ,'  ;   {i |!      /  | |./ .ゝ""  r==、  "",' ; !  |!_,r==x-'¨     /   | {:{/ |i:   |
.     { { ,'   ,:; i   i !.     /  乂{___> ._ ー '    { {.,' |!::: |! }}        :/  .八:{ i |i:   |
.     { {;  /;' .!:  | !  // /.j j:::::::::::::::::::::≧z--ュ≦::| |;  {j  ∨      /   /  }!_ i |i:   |
.     | |  / ,'  j   | ! ! / {::::://:::::::::::>={ィァムヽ-::::: :| |!  !j   i          ,'  .从zi |i:   |
.     | | , ,.   |   ! ! ヽヽ !:::{ {:::::::/:::::::::辷Y ソミ::、: :| |! 八   :ト、         ,'  //::::}i |i:   |
.     | |./ ,   |   ! !   \ Ⅵ |:::/::::::::::::::彡兀::ヽ:::::::ヽヽヽ{:::::}   !:::::>      (  { {:   i |i:   |

                      『あなたは良い子ね』

             そんな言葉が、教師やクラスのみんなからかけられる。

              だが、言葉はそれだけで終わらなかった。

                 『あんなにも良い子に迷惑をかけて』

        私の行動が賞賛される裏で、そんな言葉があの子に向けられたのだ。

223 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:10:16 ID:SgKtNaBU

   クラスの人々は、私をひたすらに褒め続けた。

  今になって思うと、当時の私は理屈っぽくて気が強く、

       敵に回すと面倒なタイプだったから、そうされたのかも知れない。

.    /     /     /      ヽ    \   \    ヽ   ノ|i:i:i:i:i:|: : : : : : : :(    |
   /     /     /     l  |    l| ヽ    ヽ  l  l (:.: |i:i:i:i:i:|: : : : : : : : :.`ヽ   |
.   '      '    |      l  |    l|  |     |  l  l  ):.|i:i:i:i:i:|:. : : : : : :_:_:_:ノ  |
.   ′ ′   i      |      l  |   /l  |     |  l  l (:.: |i:i:i:i:i:|:.:. : : : :(|     |
  l  l     |      |      l  l   / il  l    |  l  l  ):|i:i:i:i:i:|: : : : : : : ヽ     |
  |  |  |  |      l     l  |ー‐/―l―――‐ト 、  / (: : |i:i:i:i:i:|: : : : :_:_:_:ノ    |
  |  |  l  l   l  丶ノ   l  l / //  l    / ///   ):|i:i:i:i:i:|: : (/   |      |
  l      ヽ  ヽ ィ´ 丶  '/|   //'"´/  /}/// ,イ (:.:/7ーヘ/:.:._:,;)   |      |
. 八   ヽ  \ \ 丶ー―\|  j/ j/ Уj/笊ミ j///i|  |{ {〈《〉}//     |      |
.   ヽ 丶 \ 丶 丶y了笊ミ          トミrj刈 /´ / |  |ヽヽノノ '      |      |
    \ \ 丶 \ 《 ト rj }         弋辷:ツ´  / イ  i|:i:i:i:/ /      |      |
..     \ 丶 ー ヽ 弋zツ        ////// / /i|   |:i:i/  ′     |      |
.        / ヽ丶/´ ハ /// 〈             / /i:i|   |i/ /         |      |
       /   / /´ハ                 / /i:i:i:|   |/          |      |
.      /    / / / 人      こヽ     __/ /i:i:iィ|   |            |      |
...   /    / / / /´ >          /i:i:i:i:i/ /≧≦:|   |            |      |
   /    / / / / /i:i:i:i:i:i:i:i≧:..... _/i:i:i:i:i:{  {i:i:i:i:i:i:i:|   |            |      |
.  /    / / / //i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:i|  |i:i:i:i:i:i:i|   |\          |      |
  /    / / / /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:斗七刈i:i:i:|  |i:i:i:i:i:i:i|   |i:i:i\         |      |
. /    / / / /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{《〈乃〉》i:i:i:|  |i:i:i:i:i:i:i|   |i:i:i:i:i:i〉      |      |

  いずれにせよ、私が怒るだけ、あの子は余計に辛い目をみるようになったのだ。

          これは、私にとっても辛いことだった。

224 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:11:03 ID:SgKtNaBU

  それでも、私は怒らずにはいられなかった。

   何度も声を荒げて、あの子を守ろうとした。

: /_  ト、 l ト、\l l       l      '; : く__
:ゝ':/  ,' ,ム斗=ヽ、l`ヽ      //       !: : :./
:./!  ,   1 {:ゝ‐:ハj  ',`    //l      ,'r‐-'
//l   ,   '弋z:::ノ '  ヽ  /、 / /  l  /´
/ ,'  ,′  ´  `     ヽ'ィュ、 /X   / /
:l/  /               ん:リ / _ / /  ――っ!
:l  l            ' ゞく /'´///
:l  l三心     fニヽ、_     /l   l
:l  l三三',       `′  ,ィ'l l   l
}l  l三三ミ;        /l l l ',   ',
ミ!  '三三ミ;     , ィ.´__. l  l ∨  ∧
ミ!  ',三三≧‐-.升三三ミ l   l ∨  ∧
`ヽ、  ∨ー'´ ー 寸三三三}   l  ∨  ∧


   それでも、物事は何も変わりなどしなかった。


:/ .:.:.l.:.:.!:.:.:.:.:.   l:. !: lヽ rーr 彡     / 、 、`,.ィ{.:./:.l:.:i j′
' .:.:.:.|.:.:.:l.:.:.:.:.:.  |、:ヽ.l ーjj´           `i ´lV:,〈 }:l ′
 .:.:.:.j.:.|:.:.!:.:.:.:.:.: l ヽ:.ヽ、li          / /イ: lソ′
.:.:.:.:/|:.:|:.:ハ:.:.:.:.:.:. l  ヽ.ヽl!、      __ ,   ,リ:. l l
:.:.:/.:.|:.:l.:.:.:.ト:.:.:.:.:. l   \ヽ     i´‐´ ̄j  /!:.:.ハ !
 ̄ ` l:.:ト、:.:.: ヽ:.:.: ヽ   ` ー    ー‐ ニ  / }:/j j/
    ヽトヽ:.: l:.:ヽ: l    ヽ、         / j'://
     ヽ、 ヽ: ト\lヽ、     `丶       / /´
       ` i: l ヽト、 ` ァiー---` 、_j-i<
        l l  |   / |:.:|:.:.:.:.:.:.:.  !  ヽ
        |:|     /  !:.lヽ.:.:.:.:.:.: !   ',

  彼女がひっそりと流す涙が止まることなど、なかった。

225 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:11:33 ID:SgKtNaBU

 私は学校で怒り、

    自室に帰ってからは、延々と泣いた。

         {    :::::::::::/ /                   ノハ:::::V ノー.、    __ ノ
         つ      , ' /                        ー 、|:::::::V / |   (__
        rへ    ,' / ./  .//   ,      '         rー Y::::::::|/ V    _ ノ
        レイ     / ' ,  /     '      '         `ー|::::::::| :/   (__
       /1|ト、  .' ./ ハ  ,  '  /.     |   |  | |  γー '´!:::::: | /     /
       / ∧|ゝ  ! / /  ' l!  .'l!'   |! ,|   |. | |!   `ーt |:::::: レ    _ノ
.      / /  |!(_.  l |  ! | l! .|! | |l! | | |!l |! | | |! |! i rーV:::::: |     ハヽ
     イ ,'  ∧ ハ__ | l |!l! | !‐!-ハ、 | |l! | |! :|||: |! | | |! |,  ゝー|::::::: |  r__'Yヽ//
    /::l ' ./ |::| /ヽ从1リ|!≧=≠=ミ、l| | l!! |_j__|ハj | l |! | r、ノ ,::::::::,   __ノ l V
   ./:::// /  ,|::レ   ゞY〈 っ:てう::} ' lゞ|,ハ! |!ハノ|j!''T!十 - ー,ノ:: /_  ノ /イl |
   ヽ , /!   ノ::|   イ ハ ⊂つ-- 'っ    .≧=ミ、イ! 'rー'___/r、j Y /∧:|.|
    /  ' !  Y/  / | ハ|ノシ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...   ぃ:rう::\ .{γfヽ!フ /  〃  \
   ./ / !  //   / ハ  l{{     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:O\:‐':::ノj〉.ゝゞン ′ ' |./!|   | |! \
  / /  ! //   / / | l |し       '  :.:.:.:.:と^つ / /    | /::イ'  .| |! l::!
. / /  ,.' //   / /  l l'  ゝ    、─- 、      ./j } .,/¨´    | !: |   .| |' ノ::!
 ' /  / //'  ,.' , '  ,.l l!‐==、 \  ヽ _ ヽ    /んノ/      .| ||:::| ヾ  !`V
  /  ,' ,// / イ  /l| |三三::`ーゝ、 ._ . -__.'ニ./ひ.  '、 _.    |!|ヾハ   ' 、 ゝ
 '  /´ / ' / ./ , '|| |三三三::_γrーァV三]/  イ |三三./    .l!|   ',.   \ \
   /  /..∠ / 三 ' ノ 〆´三三! (込ハ:/ /, '/|! | 三../    .li|    ヽ  \ \


       どうせなら、自分がいじめられてしまう方が楽だった。

          自分が嫌われてしまった方が、楽だった。

             賞賛など、されたくもなかったのだ。

          私はあの子と一緒に居られたら、それだけで良かった。

226 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:12:08 ID:SgKtNaBU

 そうして、いたずらに時間だけが流れ、
             彼女は学校に来なくなり、

     親の都合に合わせて、私の知らない場所に行ってしまった。

              . -≦トヒ薔ァz、_
           , '´イ/////>=≦/ハ:、
          ,イ////>'´      `ヾ/ハ
         ,: ,イ///           `Y
         ! }//´              ハ
          | }i|{               イ
          介ミ}z、八从从彡'ソノ/ノノ从Y/
  ,イ三≧==-<三三ヽ ̄ ̄ ̄ ̄`Y´ ̄{ ̄!ー<
 {////////////////,ハ      {:  | ノ _r、 `ヽ
 ヾ////////////////,ハ     ノ.  ノ八'´j j レ /
  \/ー----'´///////,ト<__.ノ´ー<__/く_ヽヽノ
    >、////ハ/,{/////ハ≦介≧彡// ,イ//  ̄ ヽ
      ∨////人//////}彡'jii|}  // /////////ハ
      ∨////, '////r-、_    // ///////////i
    ≦彡ヽ//,:'//////}rヒァ、`ー,'/.〈//////////, '
    /.:::::::`Y///////,|ゝ=彡〃///ハ///////イ>z
   彡イ7::::,:人//////,∧ /,//////}/////リ::::::::::\
      ´i | | :ヘ///////ゞ/////////////,'z≧>ー'
       从リ从ヘ.///////////////////
            }//////////////////
          ノ/////////,////////


│::::::::::::::、_::::::::::::}:::::::::::::\___    _
└‐、:::::::::::::::> ´\::::::::::::::::::!三≧‐:::::::
   )::::::/     `)::::\:::|:三:i::::::::::::
   t::::/   |  i  f::::::::::::ヾ:三:|::::::::::::
    `il   |  l  ヾ:::::::::::::!:三:!:::::::::::  
    {!   十r-:!_  }:::::::::::|:三:|:::::::::::
    |!ト、从ィテ斥;  .l!::::::::::|:三:|:::::::::::
      /ヽ!´{斗' i |!::::::::::{:薔:}:::::::::::
     く     ´゚! !.人:::::::::!三:|::::::::::::
       ヽ _   ! !   ト、:/三/:::/:ア^’
        ‘. ` oj   、∨三/¨_ノ
       /`ーァ′  ,ハ/';く
        ヽ { 〉  /  >/ハ
          .| >!  ム_´ーォ ::::::::¨ヽ
         _ン/ `ー―ア¨´:::/::::::::::ヽ
     ∠_ /    /::{::::::::::::::::::::::::::::

   私は、何よりも大切なものを失ってしまったのだ。

227 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:12:34 ID:SgKtNaBU

 今ならば、もっと上手いやり方があることも知っている。

  あの子のために怒るよりも、あの子のそばにいるべきだったということも、分かっている。

___________________
へへへへへへへへへへへへへへヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ   |
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| | ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄|| ̄|   |
| |  !l |! !  l | ! | |i   | !l | | l l !i| |  l i ||/.:.:.:.:.:\
| || !    |  ! l  | |  |   ! l | ||  !  l | |!  /   :.:.:.:.:.:\
| |  !l  !   !  | | | !  | ! l | | |l il |!| |/    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |  | ! l i |  !| |l  |! | !il| | |! i /! !     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |!    !  | | !   | | | ! l | | |l |!/        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |!l |! !   | !   | | |! l | ! l l| |/        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| | | ! l  |  |   | |l i  |!|i/|_|       .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| | ! l  |! | !l l | | |!  /          :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
| |!l |! !    | ! !l |!| | /              .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| | ! l |   ! ! | ! || |                  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  ! | | !| ! /ー               .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| | | | ! | ! /                       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| | ! |    /                             .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  | |!/                              :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |  /                            :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |/                        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
| |        :.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

228 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:12:59 ID:SgKtNaBU

あの子が居なくなってからも、

 私への賞賛は止むことがなく、周囲の人々は私に優しいままだった。

  『転校したのがあなたじゃなくて良かった』

     そんな言葉まで、聞こえてきた。

                                        l.       .l        ,i′ ./
                                        l.       .!      /   /
                                      l       l     /   /
                                      l       .|    /   /
                                       !       .l  /   ./
                   ,,, -ー‐- ..,,                !       l./   ./
              , ‐ン,'二-`-ハ ミヽ、             ,!       /  ./
               /..r' /    ___.  ..ヽヽ             !      /   .`゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           / .,i'_../   ,i'゙./ . `'、  .l..l               !     ./  ,r' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /   ! .l   .! !    | │|           /    ./  / l
          /  i'ッーl    l `ー-‐"  .リ              /   ./ ./  !
            !   l  |    .゙'-.._._,..-‐゛              /  ./ く,,,,_、 .″
         /  '二-'´ .l                          / ,/./ `゙゙''''ー`-ニニ― ....,,,_
           l    .ヽ  ,-\                  , './,/      /    .`゙゙''''―-二,゙¬ー- ....,,,,_
        ,!   ='" /   .i`''-、             _..-彡'.-ミ;; ,,     /                ´゙"''―- ..,,,゙″
           !     \  /   !`'<_____ ;;;;'ニ、'ぐ    `''つ-..、 /
         l    . / .,/.、 .l   .,──.i、──.l / ゛ .\\      `''-ミ \
            }    `''''〈..、`゙ ! --- ! __ l|,''''" ゙Λ    \\     /  `'‐.ミ''-..、
            !         ,┤ |   │   l.l    ゙'/、    .\\. ./     `'‐..,゙'ー..、
             l     〈..l,,_,___. │   .l.l    ∨、     \\         `''-.. \ 、
              !          /l、.l    .!|.     ゙Λ    ./ .\\             `'-、,`''-..、
              l         / .| !  ._,,、.!|,     ∨、 . /    \\            `'-..,.`''-..、
              l           `''¬''" ´  |.l, !.l      ,゙Λ       \\             `''-、, ゙゙'ー..、
            ヽ              ! .l,.l.l  .,..-''.ッ、 ∨、        \.\                 `''-、,
               ヽ             l  |>'″   .!\ .゙Λ     ,-、  \ \                `
             ヽ,            !'"       .|  \. lヽ  ,/ .゙ぐ-、 .\ \
                 ヽ                   l   ゙'、ヽ‐゛    ヽ `'-.`'- `-

229 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:13:39 ID:SgKtNaBU

  結局、私はあの子を『パイロットフィッシュ』にしてしまったのだ。

    私は無知で、あの子が作ってくれた水の中を、知らずに泳ぎ続けてしまったのだ。

                           ___
                     ∠三ミ/´
                    ∠三三 /                ∠ }
          _..   -── 、 ‐'‐=ミ三/              ∠ニ./
      .. - <メ人メ人メ人メ人メ人メ. >‐-、 ._       ,∠ニニ/
   ,. ´ - 、 人i メ人メ人メ人メ人メ人メ人メメ : :``ー-一 ''".::ニ二/
 rく ( (__) )リ 八メ人メ人メ人メ人メ人メメ ...:.: .::...:::::.:.:::.::::.:.:::.::.:.ニニ〈
. \ヽ `ー ´メイ ,メ Yメ乂メ乂メ乂メ乂..:.::..:.:.:.:.:...:.:::::.:..:.:.,. - - 、::.::. ニ二ヘ
.   ` 、 < <乂 人 メ メ メ メ メ メ ...:.: .::..:..:. ≦/    \ニニ三ヘ
     ``ー‐- .._            _,. ≦ミ三/         \三三ヘ
               ̄ ̄ ̄ ̄ ヾミ三ヘ. V三三/         \三ミ!
                      ` ̄´  V三/             ヾミj
                           ヾ/

     『人はみな、一度出会った人とは、永遠に別れることが出来ない』

      つまりは、私が抱いた罪悪感もまた、永遠に抱き続けるべきものなのだ。

230 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:14:07 ID:SgKtNaBU

 それから、私も転校をした。

   もう何一つとして未練なんてなかった。

                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ …お世話になりました。
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_
 / ,     / ,':.:.:.:.ヽ\:.:.:.:.:.: r‐彡ィ´:::|::.::>‐':.:.:.:.`)ー‐r≠ニ }

 その後も幾度かの転校を経て、私はその間もずっと、本を読んだ。

      そうすることで、あの子と繋がっていられる気がしたからだ。

231 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:14:46 ID:SgKtNaBU

  私はもう、積極的に友達を作ることもなく、ひとりで時間を過ごすようになっていた。

     そして、堂々と本が読めるから、という理由だけで大学の文学部に入学した。

     r‐,ィ': : :`ヽ_,.x=ッ'´: : : : : : :{::::l;ノ:::::::::ノ
     ,ィ'/: : : : : :/三ミ/: : : :  ̄:fハ: 〉:::::::::::::::`i
   《 _ノ=-: : : /三l/:__: :-:‐: : 〈 ー' ヽ::::::::::r‐'
    〈:_: ; -‐: ;三ミ!:ニ:=:-‐: /}:ノ   ヽ::_;ノ
     {: : : : : l三ミ}:-:‐: :.r‐、)´  i   ';〉
     lヾ: : : :.l三ミ!: : : :.リゞ'l   l !  l l l
      l〃lー、_:l三ミ!: : r‐' l l  /ムl ///
      ! ,' ヽ {薔}:ノ l、__ヽlト、 /,ム/'l/
    ,' ,   l ヽヾミ! '弋ツ   ゞ'/l ′
     ! ′ l  l`ヾx ヽ    ' , ' !l
.    / /    ,  ',/:`ヽ ヽ、 _´ィ´! l 、',
   / /     ', ,イ: : : :.}  ヽ三三! ! l l
.  / /    /: : : : : :`ヽ、 ヾ、三! '、l l __
 / /  _  /: :/: : : : : : : :l: `ヽ_,>ゝ-、--′
./ / /: :.`ヽ/: : : : : : : : :.l: : ',ヽ<´_,>>
. / {:ー:-、: ´: : : : : : : : : : :.l: : :ヘ< < ヽ7
/  ヾ: : :l`ヽ、: : : : /: : : : :l: : : : ヽノ '´

              そこで彼と出会ったのだ。

         私と同じ、読書が好きな彼と。

232 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:15:14 ID:SgKtNaBU

 彼は柔軟な思考を持った、ロマンティックな人だった。

   彼と出会ったことで、私はまた少し、満たされた気分になった。


                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒
                |    ( ⌒) (⌒)
                .|     (___人__) 読みたい本がなくなったら、
                |     ` ⌒´ノ.  真紅に聞くのがベストだろ。
                |        |
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿   経験的に考えて。
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、


          _
       /: : :ヽ:ー、   _
         ゝ:、_: :ヽ__:_r‐':.lヽ
     , -、ノ: : : : : : : : `: :|: :.ヽ、  __
.     く: : : `: : : : ; -― ‐{`: : : :ヽ´: :.〉_ -、
      '; : : :.,ィ'´      ゝ‐-、:-:'ミx:´: : : 〉
    r‐': : ; '           ノ: : :}ミ}: : :ノ
    廴:../   l     l    ,': : : :}三!: :ゝ,x=ュ、
     ノ;'  l !       l   ヾ_: : l三!: : : 〉`ヾ あら、それなら変化球でも投げようかしら。
    ヾ!   !ム斗 / l‐l-、l /  〉: l三!:r‐'ミュ、
     lト、  lィュヽ,/ l/ //l/l f´: :..l三!:ヽ三}ヾ  たまには自分に合わない本も読むべきだわ。
       ヽ l じ'   ィ示云x! ゝ、: :l三:.ノミ} }}
        l ! ,    弋:ツ/ l  /:{薔}/三} リ
          l人  、_    / / /彡イ ,ィ彡'´
          !  ,ヘゝ'    / l  l' l イ/}ミ}
       / l {三ミ二三l   ト、 ヽ ヽ{ミト、ミ}
.      / /l /三ミ薔三ミ!  l三ヽ_ヽヽゞ=ミ}
     / ///:.{三リ寸三}ヽ ヽ〃: ヽ ヽ
.    / / /: : :ゞ〃 ヾ三三ヽ ヽ: :/ /}

      だが、私にそんな資格はあるのだろうか。

233 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:15:50 ID:SgKtNaBU

 彼が連れて行ってくれたアクアショップは、とても美しい場所だった。

  小説で知ったパイロットフィッシュにされる魚も、とても輝いていた。

                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ あー、やっぱり癒されるだろ。
                     | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                      | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                  | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r



 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、  本当に。
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{   あそこまで綺麗な魚がいるなんて思ってもいなかった。
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


  そして、私はそこで思いついたのだ。

          自分の、これからのことを。

234 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:16:20 ID:SgKtNaBU

   そんなことが正しいとは決して、思っていなかった。

     けれども、間違っているとも思えなかった。

                      _/`丶、
                     _∠フ::.::.::::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
                  / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
               _/::.:__, -─-……‐-、:L_:\
                   >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
             // / /          /了}ヽ\
            〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
              /' / / /  /  /    '  |  !ヽ::|::::::::l::.ー─-‐{ 今日もありがとう。
          / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.| 楽しかったわ。
            /  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′
            |l  |l |≠ミ、l| ,/__,/ / / /r=≠へ、::人_::.\::.::.::.::.:ノ
            |l  |l |{ {_j^l| / _i、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y
            | ヽi|〉!   l' ´了㍉、 >、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
              ,-、/ ハ  '     ゝィ斗/イ//又::.::.::イ〉| |ト, ̄´
          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
、     \、 _ / イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
::.\     \://ーノ:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
::.::.::.` ー─‐/ /::::::::ゝ/::::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.::.::.::.::./ /::_ - / ̄⌒フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  :..::.::.::.::.{ i{:_//::::::::/::.:|::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{

     彼は真っ直ぐで、とてもいい人だ。

           きっと素敵な人生を歩むことが出来るだろう。

235 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:16:46 ID:SgKtNaBU

    だから。

   私は、彼の『パイロットフィッシュ』になろうと思ったのだ。

          L   .::::::::::::::: '                 (_,-、 |:::ヽ \      イ_
         {    :::::::::::/ /                   ノハ:::::V ノー.、    __ ノ
         つ      , ' /                        ー 、|:::::::V / |   (__
        rへ    ,' / ./  .//   ,      '         rー Y::::::::|/ V    _ ノ
        レイ     / ' ,  /     '      '         `ー|::::::::| :/   (__
       /1|ト、  .' ./ ハ  ,  '  /.     |   |  | |  γー '´!:::::: | /     /
       / ∧|ゝ  ! / /  ' l!  .'l!'   |! ,|   |. | |!   `ーt |:::::: レ    _ノ
.      / /  |!(_.  l |  ! | l! .|! | |l! | | |!l |! | | |! |! i rーV:::::: |     ハヽ
     イ ,'  ∧ ハ__ | l |!l! | !‐!-ハ、 | |l! | |! :|||: |! | | |! |,  ゝー|::::::: |  r__'Yヽ//
    /::l ' ./ |::| /ヽ从1リ|!、,≡l!|ヽY |l| | l!! |_j__|ハj | l |! | r、ノ ,::::::::,   __ノ l V
   ./:::// /  ,|::レ   ゞYヽ ___ヤヾ' lゞ!,ハl |!ハノ|j!''T!十 - ー,ノ:: /_  ノ /イl |
   ヽ , /!   ノ::|   イ ハ 彡≠≡ミ        _メ_!ヾメイ! 'rー'___/r、j Y /∧:|.|
    /  ' !  Y/  / | ハ   ¨ ¨          メ≡≠ミ |!ノ{γfヽ!フ /  〃  \
   ./ / !  //   / ハ  l                ¨ ¨ ./ イハゝゞン ′ ' |./!|   | |! \
  / /  ! //   / / | l ハ      `         '   / /   | /::イ'   | |! l::!
. / /  ,.' //   / /  l l'  ゝ    ` ー       /  ,/¨´     | !: |    | |' ノ::!
 ' /  / //'  ,.' , '  ,.l l!‐==、 \         .イ   /         | ||:::| ヾ  !`V
  /  ,' ,// / イ  /l| |三三::`ーゝ、 ._ . -__.'ニ/   '、 _.      |!|ヾハ   ' 、 ゝ
 '  /´ / ' / ./ , '|| |三三三::_γrーァV三]/  イ |三三./     .l!|   ',.   \ \
   /  /..∠ / 三 ' ノ 〆´三三! (込ハ:/ /, '/|! | 三../     li|    ヽ   \ \



           あの子がしてくれたように、私は彼の水を作ろう、と。

236 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:17:22 ID:SgKtNaBU

  こんな質問をしたら彼は困るだろうと思ったが、
     それでも、一度聞いてみたかったことを、私は口にした。

       ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<  ――メインになった魚は、
     ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\     罪悪感を抱くと思う?
      l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\  
       ll、 l、 l`,r==、   '(;;;;,! |. ll'//`ヽ  ヽ  \\
        `ヾ`lヾゝ;;,ノ      l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヽ.  `-‐  ,,,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
          //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ



            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |  メインになる魚が、だって?
          (__人___)    |
              |` ⌒´   u. |
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |


   すると、彼はとても困惑した顔をして、
      必死に何かを言おうとしてくれていた。

237 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:17:54 ID:SgKtNaBU

   申し訳ないことをしたと思いながらも、

     彼が自分の思っていたとおりの人物で、私は嬉しかった。

        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |  変なことを言ってごめんなさい。
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !   忘れてくれても良いわ。
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i

      彼は、優しい。

              だからこそ、だ。

238 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:18:25 ID:SgKtNaBU

  優しい彼は、自分が『メインの魚』になってしまったことを知ると、
 
        大きく悲しむだろう。後悔するだろう。

                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、 …じゃあ、今度こそさようなら、ね。
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\  また大学で会いましょう。
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、  次は、私がオススメの小説を持ってくるわ。
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ    綺麗なお話だから、読んで欲しいの。
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ

.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l そいつは、楽しみだろ。
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}

       それでも、私は彼の『パイロットフィッシュ』になりたい。

         そして、彼は素敵な人生を歩み、私は今度こそ、罰されるのだ。

239 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:19:02 ID:SgKtNaBU

 私はやはり、彼の優しさに甘えていたのだろう。

                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   |
              (__人___)     |
                    l`⌒ ´    |
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|


  でも、ずっと甘えているわけにもいかない。

   私は、彼の邪魔をしたくなかった。

240 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:19:34 ID:SgKtNaBU

    彼もまた、私の大切な友達なのだから。

                           _,.___
                      ,-‐イr'¨¨´~_}
                    r='´r‐、ノ    しヘ
                   / _  j ,.        丿
                   / 「 └'/      └ 、
                /  r:ノ ¨¨  ̄` ‐-  .  _」
        __  /`=へ/!  Lイ        ヽ  \ ヽ
         l ̄`ヽ!   /.:::/   __〕  ,j! .i   :  i  ヽフ
      /l二二lツ ーl.::::l  /! ノ  /|  |   i  ! 、 ハ
      ヽ  //|_   l:::::{ ' L}  /斗イ!ス、 i!メ、j l l !
       ヽイ lj」   !:::::l  r ソ, / ,ィf羔ミ, ヾノ川!リヽj !
        ./' |  l|_   l::::::', ハ八ゝ〈{ 辷tタ    f市k| / l
       .,イ ,  l|::!.j  iイハヌl_) |  xxx      ヾツリ′ノ
      l::| / :/!:| ヽヘゞこソ:::i i!         ′xx{ ,′
      l::|'  .:l |」  l::ト、ー'ヾj i:!      r‐ ォ   }iヾ:、
      ヽ! l|   l_j! lー-/ Ⅳ:、      ̄´   ノ ! 〉:〉
       /  ,: l    | :l i  /;:::::::\      イ |´
     ,:′ / !    :' / ,」∧ヾ:::::::::::`xr=ァ「´\|ヽ  ヽ
    ,/,: イ  .!    _」 / _,′} ,〉::::::::::::;:{kチ}::;:::::.ヽ > ノ
    //!  |   l  / ノ  {  //{`:::::::::::::ヾtイ:;'::::::::/\〈
  /,/ i  .!   l,. rj ゞミ二二ヾ::::\:::::::::::::;l|;:::::::::;イ:::::/} }


     だから、いずれ、私は彼から離れないといけないのだろう。


      それまでは、彼を支え、隣で笑わせてもらおうと思った。


          ――そんな資格が、なかったとしても。

241 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:20:02 ID:SgKtNaBU

  私は、今も変わらず、嫌な子だ。

\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \丶丶、 丶\ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \. 丶
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \ヽ丶丶 \ \ \ ヾ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ヽ ゝヽ丶丶\ \ 丶 \ 丶 ヾ丶\ \
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶 丶 ヽ ヾ ゞ 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶\
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \\ \. 丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶. .、 ヽ
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \丶丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶/,,;;;;/ ,,,...
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ ゝヽ丶ヽ ゝヽ 、ゞ ヾ丶 ゝ/,,,;;;/  册册
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶  ヽ ヾ ゞ\ヽ ゝヽ丶丶 、/___/  _,. 册册
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 丶丶ヽ \  \丶 ヽ \/ /| _,.-r'| | 册册
ヾ丶\ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ \ヽ \  \丶 ヽ/ / ,..| | | | | | 册册
 ヽ 、ヾ \ 丶 ヾ丶\ \ \ ヽ\\丶ヽ/'~T.,./|川 j_l,.r-'¨ 卅卅i_,.
 ヽ \  \丶 ヽ \ \ヾ丶 丶丶丶   /,.T¨il i l l l川__,,... -‐ ¬¨
\ 丶 \ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \.    ,l:lj|川_'¨三.ノ____,,,,,.....................
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \ l j|:il|‐/jlllllllllll/|\ \ ヾ  \
__,,.. .-‐ '''""~" .;",:;".;..;.,:;".;.".;"=='-i,jl| jj| ロコ   | ロコヨ ∠二∠ 」
.;.;".;.;";".;.;"..;.;";.;.,: ;.;". 三三 ' -f,  .i田l|     |目田|
.;.;".;.;".;.;".;. ,:. ;;: ;.;".;.;".;.;".二二二' -|.,_.j|     |l.l.l l.l.|
".; ;".;.;" ".;..; .;".;..;".;.;". -------------' - .,_  j! ニ二|
.;.;".;.;";".;.;",:.;.;".;.  ;.;".;.-------------------'' - .,_j|
".; ;".;.;".;.;".;..;".;.;".; ;".;.; _______________________________________¬

                 でも、誰かにそう言われた訳じゃない。




          本当は、誰かにそう言われたかったのだ。



         たとえ、許されなかったとしても。

              なにひとつとして、変わらなくても――。







                 つづく

 
0 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:22:49 ID:SgKtNaBU
ということで、これで番外編の投下を終了します。
「あれ、小説のタイトルがないけど?」
と思われた方もいらっしゃると思いますが…
あくまで番外編、と思い、小説は直接絡めませんでした。

色々と思うところがあるかもしれませんが、
次回以降の本編で、そちらを解消できるように頑張りますので、
またどうかお付き合いくださいませ…。

では、閲覧、ありがとうございました!

243 名前なんて無いだろ 2012/03/16(金) 22:28:28 ID:32XaTG8s
乙でした!
真紅さん、すげー重い事を考えていたんだな~。
次の投下も楽しみにしています。


244 名前なんて無いだろ 2012/03/16(金) 22:32:43 ID:voo9dNBw
乙でした
なんとも厄介なものに縛られてたんですね…。ここは颯爽とやらない夫が断ち切ってくれると信じてます!


245 名前なんて無いだろ 2012/03/16(金) 22:41:10 ID:9/DnJsSo
乙です!
今日立ち寄った本屋で『海』を購入しました。
「バタフライ和文タイプ事務所」が特に面白かったです!
活字管理人が「膣」をいじるシーンのエロさはヤバいw
多和田葉子さんの『文字移植』とかもそうですが、活字や文字をテーマにした
小説はやっぱり読んでいて興奮しますね(最近二人ともおとなしめの小説が多いので、
こういう変なのもっと書いてほしいところですが)。
これからも面白い小説の紹介、期待してますー。


248 名前なんて無いだろ 2012/03/17(土) 00:01:23 ID:qnwqqDWc
乙でした!
ハッピーエンドもいいけれど、このまま真紅が描く通りに進んでもまたストーリーとして面白そうですね。
二人の仲としては避けてほしい道ですが。


249 名前なんて無いだろ 2012/03/17(土) 00:22:36 ID:iCwEb7Q6
真紅さんの過去が垣間見えて、色々と分かったような気もする。以前に増して応援したくなったよ
子供の時に転校するのって、一度でも結構大きいんだよな、その後の人生には
乙でした


250 名前なんて無いだろ 2012/03/17(土) 03:02:18 ID:YDqOms.k
乙乙
しかし美人であるならちょっかいかけてくる奴はいただろうに
それでもずっと一人でいたってことは、人を近寄らせない雰囲気を纏ってたのだろうが
その内側にスッと入ってきったんだろうか、やらない夫は


※作者さんのレス返し
0 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/16(金) 22:50:47 ID:SgKtNaBU
>>243さん
いつも、ありがとうございます!
重いことを考えて生きていく人たちです、ほんと。
少しずつ、やらない夫くんが彼女に近づいてくれるように、頑張っていきます!

>>244さん
結局、真紅さんは自分で縛られることを選択してしまった…
というところを書きたかったのです。
やらない夫くんがそれをどう受け取るのか、というところをこれから追求していきたいです。

>>245さん
これは!
ありがとうございます!
『バタフライ~』はなんともいえないエロスですねw
『糜爛の糜』の字のくだりなんて、この方は何を考えて生活してるの?
と思ってしまいましたw

もしかすると、本編とは別に、
個人的にオススメしたい!と思った小説を書いちゃうかもしれないので、
そのときは、また一度ごらんください!

私は多和田葉子さんの作品を未読なので、またメモっておきますw

>>248さん
ありがとうございます!
甘酸っぱいエンディングに向けて、書き進めて参ります。
ただ、やらない夫もいまは『離れるしかない』という前提でいるので、
なかなか厄介なものです…。上手く表現できたらいいんですけど…。

>>249さん
そういってくれたら、嬉しいです。
転校は、本当に上手くいくときとダメになるときがありますからね…。

>>250さん
ありがとうございます!
真紅は、『人を近寄らせない』というより、『人に興味を抱かせない』ような、
そんな関わり方をしてきたのだと思います。
ですが、やらない夫とは同じ趣味でつながっちゃって…というような。
このあたりの描写が難しいですが、少しでも伝わるように頑張ります!


251 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/17(土) 08:26:57 ID:51hu4v32
【突発的なひとりごと】

     、__ __
     Y´、。ハ
      V人` \  オンリーブログさんでも「小説を買った」というコメントをいただきまして、
       }  }` ー'   ただただ、万歳をして喜びたい心境の>>1です。(お気に召すと幸いです)
    , 彡  j
   〃 }  ,ハ     こうして意見交換が出来るのも、コメントをいただけるのも、
.  /,  / , ,;リ      本当にありがたく思っています。
  , //,イ, , ; ;/
  i'//イ{; ;. イ        こんな風に固く、重く、湿っぽい話を書いていると、
 小У!{'´ !{         コメントなんてもらえないと思っていたので、本当に嬉しくて、嬉しくて。
     }{  }{
     }{  }{             これからもよければ、小説談義もしてください!
                        重ね重ね、ありがとうございまーす!


252 名前なんて無いだろ 2012/03/17(土) 11:23:52 ID:7IOIfL2g
乙です

元スレ
やらない夫と真紅が、小説を読むようです
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


3902 『やらない夫と真紅が、小説を読むようです 番外編』の前後エントリー2012年03月17日 18:25

纏め作品一覧やらない夫と真紅が、小説を読むようですの目次


12587 名前なんて無いだろ 2012年03月17日 19:18Edit
ガイアの夜明けOP&ED かいい曲だ
切ないつらい話だ真紅のせいじゃないがなぁ・・・
12592 名無しさん 2012年03月17日 22:20Edit
「花よりも、花を育てる土であれ」って感じか
土は無生物だからそんな風に考えたことは無かったな
考えさせられるいいスレだ
34068 名前なんて無いだろ 2014年04月14日 05:27Edit
相手のことを何も知らない自分の事も分からないと言ってたやらない夫に対して
もう全て了解してる風の真紅さんだけど
どこまで思い込みなのか、なにを期待されてるのか怖いところもありますな
っていうか惚れまくりじゃないですかー、にやけるー

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!