やらない夫と真紅が、小説を読むようです 4.「夏の庭」

2012 03 15  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:
153 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:00:18 ID:QCg5cLHs
ということで、投下させていただきます。
BGMはこちらを聞かせていただいてます。
よろしければ…どうぞ。
(問題があれば、すみません…)

http://www.youtuberepeat.com/watch/?v=8K-RqSrkNs8

154 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:00:59 ID:QCg5cLHs

「僕たちだって、昔は少年と少女に過ぎなかった」

    「だが、いつしか時は過ぎて、僕は大人になった」

      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
  :::.....                     -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
  ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',

         「だが、僕は、いつ自分が大人になったのだか、まるで覚えていない」
155 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:01:33 ID:QCg5cLHs

「世の中は本当に、止め処なく流れ進んでいく」

       .;i;、;;:。;:';.
   ,.;i;';.,,;;、;、;;:。;:;:。;:`;,,
  ,.;;:。;:;;::、;;:、;;:。;:;:;;,.:i;,;,、
 ,.,;:;;`;;i`:;::i;,|i!。;、;;:。;::i;,|i!;:''   .
 `'::',:'':';:;.;;:、;;:;:;、;;:、;;i!;:''",,.,,.  ...... .......,. ,.......,..,........... ...
'::',:'`'::',:'':';:;..`'::',:'':';:;..:.,"'`::'::',:''  "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''  '''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;: .
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::' ,:'':';:;..,"'`'      ,"`'::',:'':';:;..,"'':'   ;、;;:。、;;:。;:';..,..,
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`                    '::',:'':':: ;;:。;:;;::。;:;:;;,.:i;,;,、
"'''.''' "'''.''"'"''::',:'':';:;..,"'`::'::',:' ':'`::'::',:'':  '`'"'"' "'' ''' "'''    .;;:。;:;;::、;;:、;;:。;:;:;;,;,;,、
"';:;..,__,:'':'`::'____''::',__:'':';:;..,__;.;___"'` __'`::'__':'::',:__ _:'':';:;.._ __`,:'__., ;:;;`;;i`:;::i;,|i!;:::。.;:.:;、;;:.:.:'
  ;;l, __ ̄/  l, ̄ ̄i;;.  ヽ_ l ̄ ヽ   ) ̄ ,i' ̄ ) ̄ /ヾ  ;;;`;;;`: ヽi!;:;ソ。;、;;:。;: ;:'
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__... ヽ_,,__,,i__..."'':;::i;:;;`yi!;;:。。;、;:: ;:'
/  ヽ  /  l,   i;  ヽ_ l,  ヽ   )  /.:.Y ヽ   /  /   /"''i;;;:。;:;;::、;;:、;;:。;
ヽ____Y, __、i__...__,/_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __i____l____i__._,,,ヽ_,,,,i__..."''__,,,|il;:/;:;,-''"
  ;;l, __...../  l,   i;;.  ヽ_ l,   ヽ   ) ;;; i  ヽ  )  / ;;;/  く .:. ;|il;:|
____l, ____i__...../_____l, ___,,i__...ヽ__,,,l, __ヽ____l, ____i__...ヽ_,,,,i__...ヽ__,.,,ノ__/il;:ヽ
"''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;: . ::'`':/ハ:l.:.'i, '`'::: :'`'::
'::',                                    ;..`'::',:'':';:;..
           '"' "'`'::',:'':';:;          "'`'::',:'':';:;..,"'':';:;.`'::',:'':';:;...,..,
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::'::
"'''.''' "'''             ::'::',:'              ':'`'"'

                   「子供の頃は、そんなことを意識せずにいた」

    「何もかもが、当たり前のように感じられていた」

156 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:02:09 ID:QCg5cLHs

「けれども、考えてみるとそれは不思議なことだ」

  「『当たり前』になる前、僕は何を感じていたのだろう」

  yr
 )ム
冰之z y
从父夭イr
ソ仆戈k斗し
乂ハと少八匕                                               _
イ个イ匕小トし      ∠ニ二^二ニヽ    __ /ヽ、    ,.へ、 , へ、         _,,. -‐¬ '"´.:.:.:.:.:.`
介廾レシ代乂k イ乢r└r────r′'´.:.:.:.:.:ヽ、  ヽ^ニ- ─ く    >¬-‐'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ン乂北孑儿⊥廴沂伏k |∠ ニニ ヽ│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;> '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
爻戈乂尤ン之k泝垳ト乢 { 郵〒便 }| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ.:.:.:,;.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
尓小Y爻久乂泝收游卦 ト、P0STノ│_从Y林卆k¬=弍來k二三三三二三三三二二二三三三三二 ニ
ヌ以从y戈k孑湫批效收「  ` ̄´  ¨|    ̄`ヾ率ィkュュュュュュュュュ芻  ─`ヽ、- ─`` ー- 、_ イヽ二ヽ
戈キY尓父ト派收批彬淵        | ‐ ─ ''  ̄_   _ュュュュュュュュュュ ̄` ー- `ヽ二二 ̄__艸トュ r三L
爻丱W从リj浙似彬批矧| ト ---イ  |7ヱ三 ̄ _ 〕 〔℡广TT弋ゝ、二ニ ¬ー──────────
ネ仗!|朮k湃漆柎游淼翔 || ̄ ̄||  |        ヽ '^率、    く艸k      `ヽ、      ` ー- 、
什メ从尖淋坿游淼彬矧| ||__||  |= ======\ ヾ來、   `ヾ_夲k ====ヾ ==== = = =
タ乃リミ斗泚漆淼游戔翔 ` ̄ ̄´  |           ヽ、 `'卆k    `丶率      `ヽ、
爻カ||k夭汽淼辧彬辨戔|         | = = = = ===== ヽ、 Yw从YW仆 ィイ ヘYハ   ヘY/
`^Yj|l广´ `¨'`^卅¨^ _,」         L_           、vヘYリ州jハ州リハjKじY州ルイ Yソレ/r ヘWリイ
、wツ|lk__シ艸リy洲ルr_ハ、` ー---一 '´ ハ _、wYレr_、vリ州k災リル艸ハW洲爻W州艸从リ笊州〈ルイ災川ム
゙¨´ "-゙¨'^`^、, `¨'´ ,ト、 ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´_ノ `^'゙´'`″ `^'¨"´_,^'¨^`"´ ¨^",¨` ^`¨'´ `^'¨"  ^'゙´'`_,
  - `'  、;  `" _, ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´、_ ‐ ゙ `' 、, ゙ 、;   ‐'  、_,  ‐ `' 、, ゙  、_;

     「『何か』がなくなることを知らなかった頃の僕は、
                  一体、何を考えていたのだろう」

157 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:03:21 ID:QCg5cLHs

「僕は、彼女のことをあまりにも知らなかった」

                     ノレ〉
             rヘy'´ ̄ ̄ ̄ ̄` Y^i 
             } }━━━━━━} } 
               { {    /ハ      { { 
            ノ ノ   人人    ノ ノ 
           _ノ ノ|  /   \ _ノ ノ| 
         r '"´_,.-': :l l    r '"´_,.-': :| 
       { {´: : : : : |__l___.{ {´: : : : :| 
       }_.」: -‐='´    -‐ } }: : :_/| 
      ∠ __ ∠ __∠ __{ {/l」/| 
      |    |    |     } }/: : :| 
      |___丞-〈〉-丞___{__{_ -‐fF! 
      |―|      l-|   |―|     l-| 
      トnイ      |_|   トnイ    |_| 
     〈.人.〉         〈.人.〉 
        l-|               l-| 
       |_|             |_| 

         「だけど」

 「自分自身のことも、まるで知らなかったのだと思う」  


 「そう、僕はまず自分を知る必要があったのだ」

158 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:03:52 ID:QCg5cLHs




    「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」 



 
             4.「夏の庭」






                ,.ィ<゙゙>.、
               /,ノ. _人  `ハ
                  ii'  ゙!´  `r‐ヘ !
                 マ、_,ノー-ィ′ /メ
                 ゝ.、_  〉‐タ'
                 `==´

159 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:04:24 ID:QCg5cLHs

「大学生活にも慣れ始めて、秋の気配も感じられるようになったころだった」

     「突然、実家からかかってきた電話に、僕は随分と驚かされた」


.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、 えっ…家を売るって?
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}



  「聞けば、道を拡充するための工事区域に重なるため、

              立ち退きを要求されたということだった」

160 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:04:57 ID:QCg5cLHs

「連絡をくれた母が言うには、

   近いうちに家を明け渡すという」

            / ̄ ̄\
            _ノ ヽ、_   \
           (= )(= )  |  …いくらなんでも、急すぎるだろ。
          (__人__)  U  |
            l` ⌒´    |
.             {     U   |
             {       /
       _. -: ´∧ _,__  _.へ` 、
      r<....::::::::::ゞ::::::::::::r'    \ :\_
    /.::::::l:::::::::::::::::::::::::::::L>、    >ヘ::ヽ
    | :::::::ト、::::::::::「|:::::::::::::::::::`ー/:::::::::V::|
    〈:::::::::::::::::::/へ、:::::::::::::::::∧::::::::::::::V }
    /::::::_ン´「 ヽ`ヽノ:::::::::::::::::::Λ::::::::::::::ヘ}
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   「だから、思い残すことがないように

     一度帰って来ないかという話だった」

161 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:05:37 ID:QCg5cLHs

「僕の実家は、片田舎にある」

  「下宿先からは電車で四時間というところだ」


                    /) ̄ ̄\
                  /∠___ ヽ、,_ \
                 / / ,-イ)(= )!!! |
                 l / /(__人___)   |  はぁ…
                 l   ', `⌒ ´  u |  そうか…
                 ',    ',      |
                  j    ノ      /|_
                _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__
            ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
          /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
         | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l


 「もともとは母方の祖父母が住んでいた家で、

   祖父が亡くなったことを契機に、僕たちが祖母と同居する形で移住したのだ」

 「そのため、母が本当に言いたかったのは、

    祖母との思い出の場を見納めないか、ということだろう」

162 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:06:11 ID:QCg5cLHs

「そんな僕の気が重くなったのは、
  彼女に狼狽しているところを見られたから、というのもあった」

                         ,.ィ≦三ヽ、_
                 ,..::'´:._j三三三ニ廴
                 /:r'二´三三三三二}
                 /:.:.:.:.)三三三三三三く_
      rー-v一'⌒ヽノj:.:.: , イ  ̄ ̄` <三三三ニ)
      |匸7:.:.:.:.:.:.:/_7:.:/:r┘/        ヽ、三〔_
    /人/:.:.:.:.:.:.ハ7:.:.:.:.:.〈  ′     、   ヽ三フ
    \V{:.:.:.:.:. /ニ7.:.:.:.:.:_:ノ, l  |    、ヽ  ヽ ∨ 〉
     └う:.:.:.:.{三{:.:.:.:.:.:ヽ l | lト、\ヽ ヽ` 、`、Vニヽ、
      / {:.:.:.:.:.|三|:.:.:.:.r‐'∥ l | ',丶 l 川 l | l | !  ヽ\   …なにかあった?
    // ∧:.:.:.:.l三l:.:.:.:ヽ |ヽ」斗-ヘ }ノ,エZ{ノ/リヘ\ \ヽ
.    | l / ヽ、:.:Vニヽ:.:r个ト,ィfl圷  ` 化ノケハ  `ヽ>└′
   l|,'   「ヽ{lHlリ:{ 小 ` ゞ ′    八ヽ\
   |V  ,'  l| | ` <7/ | lヽ、    , .′, 仆 ヽ \ヽ
    `7 /  ,イ |    l├ヘヽ―ヘ、__,.:'⌒ヽ `、`、 ヽ\
    /   / ||   | |:./ヽ\::.::rヘ::.::.::.::.::\ヽ \ \ヽ
   ,' ′ / /|| /ヽ\::.::.::.) ){廴r-、__::.:rく  \ ヽノ /
   / /    /ハ !/:.:.:._:_;>=≠-‐、::.f‐ミ ヽV  \ } 〉 /
.  / /    / 'rヘヽ:.:.:. ヽ二ニ==、 }:「`{  ,ゝ、_V_/∠_


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)    |  いや、昔、ばあちゃんと住んでた家を売るらしくてな。
              |` ⌒´   u. |    いい機会だから、実家に帰らないかって言われただけだろ。
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |

 「彼女の不安げな顔を見ると、
   不安にさせてしまって申し訳ないという気持ちが出てきた」

163 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:07:10 ID:QCg5cLHs

「僕はそんな不穏な気配を振り払うように、言葉を探した」

                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (⌒)(⌒ )    |  まぁ、確かにいい機会だし、里帰りとするだろ。
               (__人___)     │  こうでもしないと、帰らないだろうし。
                   '、'ーー´   'J |
                |        |
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |



   r‐く二ニ:/i:i:i:i:i:i/  V^’           ヽ Ⅶ: : :己
.  /:i/[_: :|i:i:i:i:/、yz'′                Ⅵ: : :.__7
 /:i/ lしんく|i:i:i:Yrュヲ       .l!    l|  ', ' |: : :_:∠,
.〈:i〈  || 己 {i:i:i:i|′   ! l  | l!  l| l .lLi! | l! l}: : _く
 \\!!   し|i:i:i:i|   | | |  | l!  l| l .i i! i l| l|__ノ
    ̄|L__ムスi:i:i:i:{l  | | |/| l!  l| ||」zテメ.l l| l!トミx7 そうね、きっとその方がいいわ。
    | ̄|i:|i:|マi:r=Ⅶ i ./|  | iヾ/!ノ fz リ |从ノマヘⅣ
    |  |i:|i:|ミム泌リヾ .l ;z云气    `¨ "| | |  |   もうすぐに出発するの?
    | /i:{ゞ\ゞ=イ| l |《Vzツ'       八.| |  |
    | : ̄|  ̄ゞ≠{  |  ""   _  '  /  l| |  |
    | i  |    x≧l  |> _       イ三ヲ{ |  |
    | | | ヘ  ∨i:|  |≦三三r≠くヘ≦ 三∧ ',. |
    | | | ', ヽ/:ヾ|  |三三三いゞソメ《 三三∧i |

「そんな僕の気持ちを汲んだかのように、
            彼女は表情を緩めてくれる」

164 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:07:47 ID:QCg5cLHs

「僕は、彼女が何を言おうとしているのかもわからず、
     とりあえず、自分なりに考えた予定を伝えていた」

                         / ̄ ̄ \
                      ⌒´ ヽ、,_  \
                     (●).(● )    | いや、次の連休を使って帰るだろ。
                     (__人___)     .|
                          '、           |
                         |        |
                     ,. -ー._i-、_     /l、
                 /...::::::{. i_ {_γ、__ ∠ノ::.}- 、_
                   ./:::::r/::::{. i_ l_ i_ {::::::::::::/::::::::::::::::..\
                  /.:::::::::::::::} .i _i l_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
               /.:::::::::ノ::::::r "~'ヽj_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ',
              /.:::::::::::>ー、j.‐-  / {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }
             /.::::::::::::::トヽ、⌒ γ  i::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::: i
            /.::::::::::::::::::l::::::::ゝ、 {   ソヽ、:::::::::::::::} :::::::::::::::::: i
           /.::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ト、__/::/:::.\::::::::::::i :::::::::::::::::: i
             /`-::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::`,ー::::::::::::::::::::..ヽ::::::i ::::::::::::::::: i
          / .::::::::::::::::::::/ l::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::..、::::::::::::::::::::: i

          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ なら、行く前に貸したい小説があるの。
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧ 良かったら帰省中にでも読んで欲しいわ
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',  …帰省前に読むのは、ダメだからね?
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `
/    ;八:::::/:/:::::::::::::::::::}-くマ ノハ:::::::: |::| | ||:::::::::::/| |     \
.    /  Ⅳ:/:::::::::::::::::::::{   ヾソ 人::::::::|::| | ||::::: : / | |
..    /  / /、:_:_:_:_:_:;;≦::>元テ::::::`ー-|::| | ||::: : / | |

 「すると、彼女が僕に小説を貸してくれると言ったのだ」

   「きっと彼女なりの考えがあるのだろうと思い、僕は頷いてみせた」

165 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:08:32 ID:QCg5cLHs

「結局、彼女は、帰省する前日に小説を貸してくれた」

    「どうしても帰省中に読んで欲しかったらしい」

:::::::::::::           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::   \   | ./ /  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::     \ | //    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::  ── ○ ──   (:::⌒) 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'⌒⌒ヽ、、::::::::::::
::::::::::     // | .\     (⌒..:. `):: ):::::::::::::::::::::::::,'⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::(:::.  (::. ) ):::::::::
:::::::::   / / . |  .\    >:::..  ... )~、    ,(:::...  )、    ,'⌒:::.(::::,.  /::ヽ :::::::
:::::::::::::             ::::::::: ITTTTTTTTTTTTTI  _|_     ______    |FF|ニ|
    _____________           /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~! iニi.     | FFFFFFFFF |  /二ニ,ハ
    . |IIIIlミ|三三|゙ ____|ミ| LL LL LL LL LL | iニi,___| FFFFFFFFF |  |EEE|日
 ̄ ̄|!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.|__|.|==/\==|.| ̄ ̄|「| ̄ ̄
lllllllll |!|IIIIlミ|三三| |田田田田|ミ| LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 田 |「|  田
 ̄ ̄. |IIIIlミ|三三| | ̄ ̄: ̄ ゙̄|ミi LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|
  . . . |IIIIlミ|三三||    :   :゙| | LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| | 田 |「|  田
  . . . |IIIIlミ|三三||    :     :゙||LL LL LL LL LL |ll.| ロ ロ .|.l⌒l l⌒l l⌒l l´| |    |「|
 。___<> ___<>____<>____<>_____<>___ 三 ≡─
  |日= -P:: ̄Jr::::ii 田┌┐田 田┌┐田| 田┌┐田 田┌┐田| 田┌┐田  三  ≡─
  |)_l|_ヽ_;;;;;;;;;;;|______,| |,|______.| |,|__,,,,|______,| |.|______.| |,|__,,,,|______,| |,|_;:;:_三 三 ≡─
   ○◎∪○○─○∪◎○~○○゙────"◎○~○○゙────"◎○~○○─
╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂╂



    「僕は電車に乗って、誰も座らないシートを占有してから、
       彼女の意に沿うように、小説のページをゆっくりと繰った」

166 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:09:01 ID:QCg5cLHs

「彼女が貸してくれた小説のタイトルは、
          『夏の庭』というものだった」

       ,";'.:.:;”:;,`:;,':,”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;
       .::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`:
       ..:;,`ヽ|/:;,':,:;.,:;.:∨//.:";'/.:.:;”
       .:;.:'";|'ノ.:.:;”:;,`:;:i;|.':,”ソ::.:゙,:;、,". : .: . :.lニ|: . . : . : . :
      ,,`:;\i;|i;/:,:;.,:;.::i;i;/'.:.:;”:;,`:;,': :. . :. .[]n「「 .|ニ .:__... -
    "".:::;.:".:i;i|.:';'.:.:;”:|:i|.;,`:;,':,”:"゙:.:゙;'_   __.:.__,,,,-‐‐ ゛ .: :. .: . :.
     ".:;,`:;,i;;i|;'.:.:;”:;:i;i|.,/`:;,':,”;”:;,`:;,  -ニ二_ :.: .:. .:. :. : . .:
     ,,.:;'.:.:|iii|;”:;,`:;,'|i;i|.:,”//:;.:'"゙:.: "'‐..._―、_^ー-‐‐、___  ;::. :. : .
     .:; .:ヾ'|;|'ノ.:.:;”:i;i|i:;,/`:;,':,”::. ;:   -  _ヽ.   ̄^~^^ー―ニ___..._
     .::; .:".:i;i|.:';'.:.:;:i;i||”:;,`:;,':,”:"゙:::-_  =- -ヽ.  :::li::.:. .:l
      .:`:;,i;;i|;'.:.:;”|:i;i|.:;l:;.;"~‐     -  ̄,λ`ー-、..__  : .: . : .:
   "   ;'.:.:|iii|;”" :i;i|.|i;,`::;;"::::  =―  _,,-'″`ヽ...: .: .: "`ー、__
     " ;;:;i|,i;;ii:i;;i:i,`:;;,`:;,':,__      ,,‐'"~:..: .: .:.. ,;`-,:: ;: ;: : ; :; ::.:..:.: ̄
   ._,,,.,,,,-‐'"~ ―=-   .    ,,‐'"  :.:. :. :. :; :;::. :. `ー-,.__. :. :..: .: .
      ニ ―  =―  _  ,,'   "..: .: .:. :. :. : .. :.: .: . :. : : .:."`ー-, . :
   ―  --― _   ̄-  ;;"  .: .:. .: . :. .:.:. : .: . :. : .: . . . :. : .: .: .: .: .

        「三人組の少年が、ひとりの老人と触れ合い、成長する話」

「それだけを聞くと、ありきたりな童話のようにも聞こえる」

    「だが、この小説の少年達は、老人が『死ぬとき』を観察するために
       老人を監視していたのだから、すこし毛色が違ってるようだった」

167 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:09:29 ID:QCg5cLHs

「僕は、この少年達の老人と触れ合う動機が、
     少年期というものを巧みに描いていると感じた」

          /!
\ {      //i   _   _
  `xーrーr-'ー'┴,ァ'/" ̄  }
  i {')}  ト-ァ'"~ ,.〃_,.--'''"
  ヾV>'ゞ┴、//  ̄ _フ
   _,/"´  ̄`ヽ.ニ_" ̄
            ヾ,,`            |
           l             ,.-.、
           ,゙-‐r‐‐--;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:/;;//‐‐;;;;;‐‐;;;;;‐ 、
        ,‐i-0=i::::::.../、;;; ;;; ;;/,'ミ/:/;;;, ::;;;;, ::;;;;;, )
         / ヾ!_,l_゙゙゙ ノヽ`';;ー/ /ミ/::/-,-,-,-,-、‐‐‐''´
          /`゙''ー===<.,,ノ.シ-/'-'-'-'-'- '
       _,.-‐''´        \,,_   ''ー

   「年頃の少年少女は、時に残酷な形で生き物と触れ合っていく」

 「そして、そのことをいつか後悔し、命の重さを理解するときが来る」

168 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:09:58 ID:QCg5cLHs

「それは、僕も同じだった」


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',


           
        「無邪気さは小さなシコリを残して、
                  どこかに消えていってしまう」

169 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:10:31 ID:QCg5cLHs

 「小説自体は、簡潔にまとめられていて、あっという間に読み終わってしまった」

「そして、作中の少年達が老人と触れあい、
     少しずつ心を形成していくのを見届けるころには、

..,,,
 : ゙゙"'ー-、,,
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、
: : : : : : : :       `゙'-、
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
     ヾヾヽ ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''""
;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:';';';::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';',: '::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:;';';.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.


                 車窓から見る景色が、懐かしいものに変わっていたことに気づいた」

170 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:11:16 ID:QCg5cLHs

「この町を離れたのは、ほんの数ヶ月前のことだったはずだ」

   「それなのに、僕はまるで数年ぶりに帰郷したような気持ちになっていた」

                   / ̄ ̄\
                 / _ノ  ⌒ \
                 | ( ●) (●) |
                . |   (__人__)  |   懐かしいだろ…。
                  |   ` ⌒´  |
               _入 |        }人
             , イ  / ヽ       }  l\
           /    |  |ヽ     ノ!  |  ヽ.
           | ヽ、  |  .V::::` ー ':::::.;.  |  ∧
―――――――「´  `i. /__,厂V::::::::::::::::.:/ィヘ」  /  ー―――――――
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /     | ´     ヘ、::::::::::/.    ,' ,ィニ`ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         / ____   |        \_/    r/   ∧
.        〈ィ´  `ヽ」j       「        {以イ´ ̄`ヽ、
        r'       `¨¬-、_   |   r‐‐-ィチ´       〉
        `ゝュ,,__        `¨亠'"´ ̄ ̄ヘ   __,ィ=≦ヽ
       f´ i . . .:`寸=ー----ュ、,___ ,、 , , 〉ャ'´/.: : : i  ',
――――‐┤ :i . . .: : :} \   /    ,斗ク,々y′ ,.′ : : : :i::. ∧ー―――
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!  :i . .: : : ::V ソゝヘ/   T′`^__ソ.: : :/  .: : : :i::. : : :, ̄ ̄ ̄ ̄
        〈.: i.: :i . : : : : :} '.:: : /    ト、,f壬イ.: : :,ハ  .: : : ::i:. : ::/
        .V .:: i . : : : ::iy.: : :ハヽ __ィニ′.,'.: : : : : : j .: : : : i:. : :{
         ’.:.::i  . : : : l.: : : : :`^´.: : : :,イ/.: : : : : : :l .:,'.: : :i:. : :|
         |.:.:.i  . : : ::|.: : : : : : : : : :.,'/. : : : : : : :i /.: : : i:. : ;'
          .i.:.:.i  . : : ::|.: : : : : : : : .::′. : : : : : : : :l /.: : : : i:. :;'
______|.:.:.i  . : : ::!ゝ __________/l/.: : : : ::i.::,′_____
―――――一|.:.:.j  . :ヽ├―――――――――┤.: : : : : !〈ー―――――‐
         ./.:.,'__, . :ュ_.∧             ,ノ.: : :,: :ュ_:∧
        {.:.:,≧--‐‐'ニ 〉            .〈.: : ;イ-‐‐.: :.;}
         \r‐-' `ヽ,'             .}.: : :≧、.:イ
        , イ-‐マ、__,ハ              〈.斗ァ´ ̄`L
       仁二ニニヽヾY′             {__yイ,仁二ニム
―――――ゝ====ー┴―――――――――┘--≦二二ニー――――

             「読んだ小説の余韻に浸っていたからかも知れない」

  「僕は読み終えた小説を手に、自分の少年時代を思っていた」

         「そこから、突然に現実に戻るのだ。これは、数年をかけた旅に近い」

171 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:11:43 ID:QCg5cLHs

「数ヶ月ぶりに帰省した僕は、
   母の小言をそこそこに聞き流し、かつては自分の部屋だった場所に入った」


_| | |______,|| |:|___________________________
 ̄| | |______,|| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄| | |───||l──‐|| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | | |      ||l.     || |:|
  | | |      ||l.     || |:|  ┌‐‐l]‐┐
  | | |      ||l.     || |:|  | ::.。゚o.: | __
  | | |      ||l.     || |:|  │ ,;ゝ;:'│| 11.|
  | | |      ||l.     || |:|  └――┘|;;;;;;;;;;|
  | | |      ||l.     || |:|          |''''''''''|
  | | |      ||l    0|| |:|         ̄ ̄
  | | |      ||l.     || |:|                                     _
  | | |O     ||l.     || |:|                                        |\_
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l.     || |:|                                        |  |
  | | |      ||l   /,||_|;l__________________________|  |
  | | |      ||l //                                             \|_
  | | |      ||' /
  | | |    //
  | | |  //         __________________
  | | |//             /                            \
_| | |/           /                                \
/| | |               /                                    \
  |_l/           /                                  \
/            l二二二二二二二二二二二二ニ二二二二二二二二二二二二l
                | |l                                   l | |
                |_,,ソ                              !,|_,ン


                  「そして、荷物を適当に投げ捨てるように置くと、
                          広いとは言えない家の中を歩き回る」

172 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:12:08 ID:QCg5cLHs
                       カビ
 「生前、祖母が暮らしていた部屋は、黴のにおいがした」

   「座り手のなくした椅子は、所在なさげに部屋の隅に鎮座していて
       どこか寂しそうにも思えた」

「僕はその椅子の背もたれを抱くように座って、思考にふける」


                       __
                  /    \
                     | \_    .|
                     | (●)   |   …。
                 __(人__) __|,二ヽ- 、
              ∠爪∠!´ ̄    .`l    \
                  (___∨  ヽヽ、/      ∧
               ∨  ∧ .`ー ‐ヽ、´ヽ      ∧
               ∨  ∧     \ ヽ    ゙∧
               ∨  ∧      .∨ |      ∧
                     ∨  ∧      ) `ヽ     |
                     ∨  ∧       /_   .|  ゙\|
                   _∨_, -`─::´ ̄::::::\/.   \〉
                  /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_  \/
                   |::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::,\__ゝ
                 X/:::::::::::::,!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                /:/::::::::::::/ .T'.TT ̄ ̄ ̄ ̄ ̄TT'.T
          /::::/ ::::::::: /  .| | |           | | |
.    ,- 、__/` :::::/::::::::::: /   | | |           | | |
.    \   l `ヽ、__」::::::::::::/    .| | |           | | |
.     \_\   ∧:::::::::/     | | |           | | |
          ゙i__\_ ∧::::/      .| | |           | | |
             ゙i__∨        | |_l           |_| |
                        ̄.            ̄


「――この頃には、彼女が『夏の庭』という小説を
       僕に貸してくれた意味が分かった気がしていた」

173 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:12:42 ID:QCg5cLHs

「小説の少年達がそうだったように、
  僕たちもまた『喪失』を獲得しなければならないのだろう」

     「僕たちは喪うことを積み重ね、成長していく」


                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / _  ヽ
.   l              l / \ l  ・・・こんなにも椅子は小さかったのか。
.    l              冫.   く   まったく、ばあちゃんは小さすぎだろ。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                    


  「だから、喪うことを『過不足なく』食べつくさないといけないのだ」

「彼女は僕にそう言いたくて、僕にこの小説を貸したのだろう」

174 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:13:07 ID:QCg5cLHs

「祖母の部屋の柱には、無数のマジックの跡が残っていた」

 「今でも覚えてる。たった一人の孫だった僕は、本当に祖母に愛されていた」
                                _┌┐___|_|:|
                              |\└┘ (二)  \  |::|
                              |  |[l二二二二二]|  |::|
                              |  ||______||  |::|
                              |  ||______||  |::|
                              |  ||______||  |::|
__________________|  ||______||  |::|
                                \|[l二二二二二]|  |::|
                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|::l、
                                         \\
                                         \\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                           \\
                        \                           \
                        \
                        \
二ニ二二二二二二二二二二二二二二二l
                        l | |
                       !,|_,ン

 「祖母は僕の身長が伸びると、柱にその背丈を記録して微笑んでいた」

  「僕の背が祖母の背丈を越えてからも、祖母は椅子の上に立って、柱に記録を刻み続けた」

   「だが、柱の記録は、僕が十四歳のときで止まっている」

175 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:13:32 ID:QCg5cLHs

 「そこで、僕はくだらないことを思いついた」

   「彼女と過ごすうちに、僕もいたずらっぽくなっていたらしい」

                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r  たしか…あっただろ。
             (__人___)     |      | |   このマジックだ。
             '、        |     | |,.-、.
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |


    「僕は鏡台の中にしまわれたマジックを取り出し、
        柱に背中を預け、手探りで線を横に引いた」

176 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:14:07 ID:QCg5cLHs

「久しぶりに使われたマジックのインクは、かすれていた」

  「それでも」

 「気にせずに、僕はかすれた線の横に自分の名前と年齢を書いた」

                      /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `\.
                          /             \
                         /                  '.,
                         |  , ´ ̄` 、  ,´ ̄` 、  |
                         |                    |  これでよし、だろ。
                         | ;;;( ● ) ノヽ ( ● )   |
                         |  .´"''",.     "''"´   |   我ながら、大きくなったもんだ。
                         |. "⌒(    j    )⌒゙ l
                         |     `ー-‐´`ー-‐′   /
                    .丶     ` ⌒ ´      /
                    ヽ               /
                     ヽ           /
                       /! ゝ    _   / \
                       /  {               !  \
               _,. ‐7′  l             !     `ト-  .._
          ,. -‐  ̄   /      l               ,'     ヽ    ̄ ‐- 、
          /        /      l ̄`丶    '´ ̄/    _  \      \
       , '  i        / _,. -─-ヘ        /-‐  ̄   ̄``          ヽ
        /   |:.      ̄         ヘ         /  . ..:/            .:i    ',
.      /     !:. .            丶.   ヘ       /  ..:;. ′         ..::|    、
     /      !::.:..,'  .       :、:. ヘ.    / o            ',  ..:.::!     丶
.    /      !::.:!   :         :. ヽ:...ヘ. ,': ./     .:  .       i ..:.::'      ヽ
   /        '、:!___,;_,..  --─-:. ¬ニ Y::../─---‐::¬‐::─:-‐-:- l..:.::;'       `、
.  /         :!  ::    : :    : : :   ∨ o    .:  .:  .:    :. !:.:/        ',
  /          |  ::       .   . . :    {.       :  :     :  !:'            i
 {           |   :                |          .       :  j              〉
  `ヽ          |  :                |                    |            /

  「言ってしまえば、これは僕の、ただの自己満足だ」
 
    「祖母が見ているはずもないから、僕による、僕のための記録だった」

177 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:14:34 ID:QCg5cLHs

「それから僕は、何気なく一番下の線から順に、
                    指でなぞってみた」

                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / _  ヽ
.   l              l / \ l  本当に小さかっただろ。
.    l              冫.   く
   l               l    ノ!   こんな、だもんな。
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

 「指は滞ることなく、ゆっくりと柱の上を滑っていく」

   「そのたびに、僕は祖母と、幼かった頃の自分を思った」

178 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:15:10 ID:QCg5cLHs

 「この場所には、かつて彼らが居た」

   「優しい老婦人と、無邪気で、無知な子供」

==| l l||===||===||===||===| | |                . : : : : : : :
    | l l||      ||      ||      ||      | | |              . : : : : : : . . : : : :
==| l l||===||===||===||===| | |             . : : : : : .  . : : : :
    | l l||      ||      ||      ||      | | |           . : : : : .    . : : :
==| l l||===||===||===||===| | |          . : : : : .    . : :
    | l l||      ||      ||      ||      | | |        . : : : .      . : :
==| l l||===||===||===||===| | |
    | l l||      ||      ||      ||      | | |
==| l l||===||===||===||===| | |
    | l l||      ||      ||      ||      | | |
==| l l||===||===||===||===| | |
    | l l||      ||      ||      ||      | | |
二二| l |||二二二二二二二二二二二二二:|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |
.:.:.:..: | l |||.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|| | |──────────
二二|_l_||l二二二二二二二二二二二二二二|/===================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                   //
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::               //
--- -- ------------------ //-- ------- --
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          //    ( (
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            //      ))
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                 //      (( _,.'⌒ヽ.
------------- -- --- ---//----- -()゜. . : : }、-
:::::::::::::::::::::::::::::::::::                  //         `ヽJ J′

  「両親に怒られた子供を、老婦人は慰め、その成長を見守った」

「子供はその愛を『当たり前』のように受け止め、少しずつ背を伸ばしていった」

179 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:15:39 ID:QCg5cLHs

「だが、もう彼らは居ないのだ」

 「もう二度と帰らない場所まで、行ってしまったのだ」




                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l                   と.ー .く
   l              〃    .ノ!   …ほん…とうに…
   l             八`ー‐_f r'
   l             / l}    ノ'        小さくて…大きくて…
   !               !  ハ.  /
   ,'            /  | .i ./
 ̄ `ー -         ι  i ! /
        `  、        J
:.:.:.:.:.:...        、      / 。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´  o
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./




         「その事実は、僕が成長したことを示している」

  「けれども、その喜びと同じだけの悲しみが、僕の中から湧き上がってきた」

180 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:16:12 ID:QCg5cLHs

「あふれ出した涙は、しばらく止まらなかった」


  「それを止める必要がないことが分かっていたから、
               僕はひたすらに涙を流し続けた」


   !                  し   /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /i!
:.:.:.:.:.:...        、      /. i!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´   i!
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:.ヽ    。
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ゚
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



  「僕はこの瞬間、明確に何かを喪うことを知ったのだ」

「喪失の裏には、喜びも悲しみも、同じだけ混ざり合ったものがあった」

181 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:16:47 ID:QCg5cLHs

 「それから、僕は二日ばかり実家に滞在し、
           三日目の朝に帰ることにした」

                |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:...   | | |   | |:.
                |:|.:.:.:.:...      | | |   | |:.:..
                |:|:.:...         | | |   | |:.:.:....
                |:|..         | | |    ̄ ̄ ̄ ̄
                |:|_______,| | |
                |:|______ヽ| |
  ==============|:|ー‐――――┬ | |
 ※※※※※※◎ |:|         | | |
 ※※※※※※※ |:|         | | |
 ※※※※※※※ |:|         | | |
 ※※※※※※※ |:|_______,| | |
 ※※※※※※※ |:|          \| |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                          \


 「いつまでも留まれたら、どれだけ良いだろう」

  「だが、そうもいかない。僕にも生活があった」



「僕はこの帰省で、何かを感じることが出来たように思った」

  「そして、そのきっかけになった小説を貸してくれた彼女に感謝した」

182 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:17:22 ID:QCg5cLHs

「駅のホームに居たのは、僕一人だった」

             //;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;;/彡;;;;;;
            //;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;:;/彡彡彡;;;
           l/;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;;:;;/彡彡彡彡;;;
.              ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄||彡彡彡彡彡;;;
                ||   ||彡彡彡三三;;;
                ||   ||彡彡三三三;;
                ||   ||三三三三三;;
. ... . . .. . . .lTTTTTl.... ...  ,||   ||ミ|「」~ll三三;;;;
:::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄\:`;''-、l"'''i  ||ミl,,_ l|ミミミミ
:::::::::::/        \ x|\|';;、,,||ミミミ`ミミミミ;;
: : /            \ | :xx||ミミミミミミミミミミミ
/               _i\ヾヾヾヾミミミミミ;;
                i\キ\\::ヾヾヾヾヾ;;
          .::::::::::::::::::::::::::::\__ヽト、ヾヾヾヾ;;
          .::::::::::::::::::::::::::::::::!!:::::ii:::::\ヾヾヾ;;
          .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\;;;;;



      「だが、乗換えをするたびに、人は増えていく」

183 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:18:39 ID:QCg5cLHs

「それに伴って、ホームもまた、大きく広がっていった」

  「僕は、帰ってきたのだ」

   : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::.......
"'- 、           廾_________廾.      i!゙~`'i      /
   "'- 、        「 ̄] 「 ̄] 「 ̄]   ̄ ̄..|!   |  ̄ ̄/  ,,-"
 :::::::::::::  "'- 、      `ー'' .`ー'' `ー''   .,__,.., |!   |   /  ,,-"    ,, - "     ,,,, -- ""
 :::::::::::::::::::::...  "'- 、             |::  | |!   | /  ,,-"  ,, - "    ,,,, -- "
 ::::::::::::::::::::::::::.......  "'- 、.          _,.,_, |::  | |!   |   ,,-" ,, - "  ,,,, -- ""
 ::::::::::::::::::::::::::::::::..... .. .   ヽ、..    ._.|:::.| |::  | |!   | ,,-"- ",,,, -- ""
 ::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : . . ... ヽ、.   :|.|:::.| |::  | |!   |         ,....... - ―
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: : : : : : : : :. 丶 i:|.|:::.| |::  | |!   |        |__ ,,....
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : .. .       i:|.|:::.| |::  | |!   |           |
 :::::::::::::::::::::::::::::::: : ::::......   _,..-  |.|:::.| |::  | :.|!   |      __|二| .. ,,,, _
 :::::::::::: ::::::: ::: ::::::::.  _,..-'''"      |__,i |::  | |!   | "'- 、  i''― -- ....,,,,__
 :::::::::::::::::::::: _,..-'''"               .|;:  | |!   |    "'- 、
   __,,.. .-‐-――-:ァェェ-.          ̄´ .|!   |       "'
  | .!    | ........:::;;;;| ̄ |´ |            |!   |
  | .!\ .. ;:i ..:: : ;;;;;;:|   | ,/           .;i!.,__,.|
  |__,|  ヽ ├――::::|__|/  . . . . . . . . . . . . . .
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::.......
             . .. : :::: :: : :: : : :: :::: ::;: ;: ;;:;;; ::;;:: ::..:::::::::::::....

184 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:19:15 ID:QCg5cLHs

 「そのことを実感した途端のことだ」

           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |  …っ。
          '、`⌒ ´  u  |
           |        |
           ヽ 、     イ
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V


    「僕は、彼女と話がしたくなった」


「それはとても強い衝動だった」

185 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:19:41 ID:QCg5cLHs

 「僕は下宿先にも寄らず、大きなカバンを抱えたまま、
                        大学の方へ向かった」

                    /) ̄ ̄\
                  /∠___ ヽ、,_ \
                 / / ,-イ)(= )!!! |
                 l / /(__人___)   |  …まだ、居るといいが…
                 l   ', `⌒ ´  u |
                 ',    ',      |
                  j    ノ      /|_
                _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__
            ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
          /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
         | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l



  「時間はちょうど、夕方にさしかかったところだったと思う」

186 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:20:14 ID:QCg5cLHs

「図書室の窓からは、ぼんやりとした灯りが漏れていた」

                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;

           「それを見てから、自然と足が速くなってしまったのを覚えている」

187 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:20:40 ID:QCg5cLHs

 「僕が真っ先に向かったのは、彼女の席だ」

    「幸運にも、彼女はまだ大学に居た」

「僕を見て少しだけ驚いたあと、彼女は笑った」

     「笑ってくれたのだ」

             _
              (:.:.:.ヽノし'⌒ヽノ⌒ヽノ⌒ヽ
          ノしヘ,):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)
           ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(.,ノヽ
       (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       _こ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(ノ、
      (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  -   -  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)、
        ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ´       `  、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;_:..
        (_:.:.:.:.:.:.:.:.:/                 \:.:.:.:.:.:.:_;ノ}:.ヽ
.       ):.:.:.:.:, '                 ヽ:.:.:(:.:|:i|:.:.:.)
.       (_:.:.:.:.:/   / /  /     ヽ   \  ',:.:.:_)|i:|:.:(
         ):.:′   / /  /  l! l     l   l l  l:(:. :|:i|: :.:_)
         (:.:/l  l  l l l l  l l! l   l l   l l  l:.:_):|i:|:.(
         )l l  l  l l_l l  l l! l l_l_l_ l   / / /(: :/:i/:.:._)  おかえりなさい。
         (;,il ll l イ´l l l  l l! ´l l l l`ヽ / /:.:.:)/i:/:.:ノ
           川ヽ  ヽx≠=  l八ヽy≠=ミ / /:.:.(/:i/:.ノ〉
         《》从\《 f斧抃    斧抃》ムイハ:.:/i:/:.ノ/
.          /// l lハ 弋ツ     弋zツ  l l|iノ/乃》_:/
         /// ノノ 人 '''  ,   '' /\川 /:/}:{}:{
.        〈〈,,}三三三ニ=-  ー    /三ニ\}´ | }:{}:{
.          {三三三三三ニ=-=≦三三三三ム,;| {:}{:}
            }三三三三三《薔》三三三三二ニ}|   |
.           {三三三三三从乃三三三三三ニ{i;|   |
        {三三三三二ニ=ニ二三三三三三}八   |

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ   …ただいま、だろ。
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

 「僕はきっと、また泣いてしまうだろうと確信していた」

   「それでも、僕は彼女と話がしたかった」

     「遠い場所に行ってしまった、二人のことを」

188 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:21:17 ID:QCg5cLHs

「彼女は、泣き笑いのような表情の僕を見ても、
         微笑んだまま、ただ話を聞いてくれた」


                                          " ;ゞ "; ;ゞ ;" ; ; ゞ ; ;ヾ ;
                                        " ;ゞ "ヾゞ; ;ゞ ;" "ゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ;
                                     ;ヾ ;"/" ; ;ヾ ;ヾ  ;ヾヾ、ゝヾ;ゞ ヾ; ;"/
  _,,-'~''^'-^゙-、'~''^'-^゙-、                      ; ;ヾ ; " " ヾ ; " ; " ; ; ヾ" ;;" ヾ ; " ; ;ヾ
 ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-:::::::::::::::゙-                    ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ" "ゞ ; ; ; ; ;ヾ ; ; ヾ ; ヽ
i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::i                    ゛;ゞ ;" "ゝゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ;ゞ ; "; ; ゞ゛; ; ゞ ;ゞ
:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、;;;;;__,,''                     ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ" "ゞ ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ヾ ;
ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i |::::::i |                     ;ゞ ;" "ゝゞ ; ; ; ゞ ; ;ヾ ; ; ;" "ゞ; ; ; ゞ゛; ; ゞ
ヾ_:::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/::::::::::;/                      ヾ ;"; "i "; ;ヾ; ;ヾ; ;メヾ "ヾ ;;ヾ;ヾ; ;" ; ;
 ゙-、_::::: i;;;;//::::::::,-'~/::::::::,-'                      ゛ ヾ;\;;ii ;iiメソ ヾ; ;ゞ "ゝゞ ; ;  ,, "
  ゙ヽy /_,,-''~y /_,,-''~                                 |;l!l| |l|
    |i::|    |ii:|                             ,,  "   |ill|| l|ll    ,,   "
   イ从    ノ从 ..,iルw,,.                            ' ノメ''"ゞメヽ''
"'"'" "'"'" "'"^ "'"'"'" ^ "'"'"'"~"'"'" "'"^ "'"'"'" ^ "" "'"^ "'"'"'"^ "'"'" """'"'" "'"'" "'"^ "'"

   「僕は、自分のことをあまりにも知らなかった」

 「こんなにも泣き虫で、弱いなんて、思ってもいなかった」


    「けれども、僕はもう、そのことを恥ずかしくは思わなくなっていた」





                   つづく

 
190 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 22:24:59 ID:QCg5cLHs
ということで、第四話「夏の庭」はここで終わりです。

今回は、湯本香樹実さんの同名小説を土台にさせてもらってます。
この小説は、大人も子供も考えさせられる、良い小説なんです。ほんとに。
書店などで見かけましたら、一度ご覧くださいませ…。


189 名前なんて無いだろ 2012/03/14(水) 22:24:37 ID:0V8VV8LA
乙です。
BGMも内容も良かったせいで泣きそうだ。


191 名前なんて無いだろ 2012/03/14(水) 22:25:17 ID:qxU0kVVs
乙でした!
真紅はやらない夫のことをよく理解してるんだろうね。
二人の関係が羨ましく思えます。
BGMも、懐かしさとどこか気怠い雰囲気で、今回の話にマッチしていたと思います。


194 名前なんて無いだろ 2012/03/14(水) 22:32:58 ID:vosMBeEo
乙でした
BGMと相まって自分の幼い頃の記憶がよぎってこみあげるものが…
このスレは読む度に優しく切ない気持ちに包まれますなあ


196 名前なんて無いだろ 2012/03/14(水) 23:02:05 ID:97Xy5CFY
真紅視点での話も見てみたくなるね

197 名前なんて無いだろ 2012/03/14(水) 23:03:10 ID:2JxXLjTs
いつも乙です。いつも出てくる小説が知らないものばかりなので、もうちょっと色々読んでみようかなとも思ったり

どれくらい続ける予定とかあります?長くてもええねんで……?


※作者さんのレス返し
198 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/14(水) 23:15:15 ID:QCg5cLHs
余談ながら、バッドエンディングの予感がするというコメントをいただいたのですが、
バッドエンディングにするつもりはないので…よろしければ、またお付き合いください。

では、閲覧、ありがとうございました!

>>189さん

ご感想ありがとうございます!
すこし暗くなりすぎてしまったかなぁ…と反省気味なので、
そう言っていただけて、一安心です。

>>191さん
ご感想ありがとうございます!
懐かしさが少しでも伝わるように…と思いながら書いていたので、
そう感じられたのなら幸い!です。

>>194さん
ありがとうございます!
ただ切ないだけじゃなく、かといって優しいだけじゃなく…
と頭を抱えながら書いているので、ありがたきお言葉です。


次回は、番外編という形になるのですがまた近日中に投下したいと思います。
短い話をぽんぽんぽん…と投下していく形になるんで、
若干、鬱陶しいかもしれませんが、どうかお付き合いくださいませ!

>>196さん
実は、次回の番外編は真紅の話になります。
ご期待に沿えるかは分からないですが…
よろしければ、是非ご覧ください!

>>197さん
こちらこそ、いつもありがとうございます。
実は、私も色々な小説の名前が出るたびに、読みたい本リストに追加しています。
予定としましては、10話前後で一区切り、としたいと思っています。
長くなりすぎたらあかんのちゃうかなぁ…という内容なので、ご了承くださいw


199 名前なんて無いだろ 2012/03/15(木) 00:01:41 ID:nfgZMXd2
乙乙
ググってみたら海外でも翻訳されていくつもの賞をもらってる高い評価の本なんですな。読んでみよう

夏の庭―The Friends (新潮文庫)

元スレ
やらない夫と真紅が、小説を読むようです
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


3896 『やらない夫と真紅が、小説を読むようです 4.「夏の庭」』の前後エントリー2012年03月15日 18:25

纏め作品一覧やらない夫と真紅が、小説を読むようですの目次


12551 名無しさん 2012年03月15日 19:19Edit
真紅さんなんて本を貸すんだw
あまりこの本にいいイメージないんだよ
12558 名前なんて無いだろ 2012年03月16日 00:28Edit
「夏の庭」って話タイトル見て、ぞくっとした。
ここでこれ持ってくるかー!みたいな。
うp主さんのセンス、本当に好き。

夏の庭は、珍しく映画がうまく作られている作品なので、
興味がある人には是非小説も映画も楽しんで欲しいと思う。
13074 名前なんて無いだろ 2012年04月06日 12:19Edit
米12558
うp主っておまえ
16454 名前なんて無いだろ 2012年08月18日 22:15Edit
夏の庭か…
昔小学校の受験で出るってので読まされたけど
今思い返すと無性にくるものがある…
ちょっと掘り出して読もう
17253 名前なんて無いだろ 2012年09月20日 00:24Edit
これまでの話もなんだけど、読んでてノスタルジックな気分になるよ
特に今回の柱の成長記録は自分も覚えがあるし

惜しむらくはもうその家は取り壊されていて確認する術が無くなったことだろうか
34067 名前なんて無いだろ 2014年04月14日 05:08Edit
過不足なく喪う、という表現がなんだか胸に刺さります
自分が満足できるほど食べ尽くすことなんてなかなか出来ないですしね
勝手に増えてきた沢山の他人のなかの1人は真紅、あー自分もそんな涙顔を許せる想い人がほしいです、オツ

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!