やらない夫と真紅が、小説を読むようです 3.「永遠の森 博物館惑星」

2012 03 13  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:
102 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:01:32 ID:YZinEkjE

「美術品は、人の心を通して鑑賞するものだという」

             ,ィ才フニニ>、
            / /       Y  ト、
        ///       !|   !:.:ヽ
        |l/       ,...」j_  ';.:.:.い
           ,.x――く<⌒ヽメ、 VVレ!
            /ィ⌒ヽニニイ    '∧ \ |
         '             ', !  | |
                      i |  | |
                     i | //
                      i | /ト、
                      i |iミl|lム
        rヘ、__厂)       i |iミ|l彡
       ,r均>、_f勿j        i |iミ|l三!
       `ー'"´         /∧ミjrタ
             r‐-ュ、  ,イヽ_//
      _,ィ^ヽ⌒Y´イ-ケ′ ハ ', i⌒>、
    r'升‐才´¨¨¨´ ̄ン  / ∧ト、ノ.::::)
    `¨ゝ<_/_人_j_i以′   | i|ノム )_.::::::)
         イ^i~!~      レrく| |>、 `Y
           | |     //| | | 乂ノ
           | l     //!l| | |

    「それは、何も美術品に限ったことじゃないと、
                   僕は考えるようになった」
103 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:02:17 ID:YZinEkjE

「僕たちは結局、自分達の心を通さずには、
  物事と関わることが出来ないのだ」

                 、、
             / ̄`ヾ、)シ
           /⌒ー-- 'フ∧ ̄`ヽ
                〈 (,_ ー- 、|
                   Yγ`   ノ
           , -─- 、 | |    ゚
          /       `tノ,,)
            | !       `}
    _  _,. ,_乂 _,.,,_、 _,_ ,メ、,.,_ _
         '"~"~"''`~"'~"~'

       「優しい心に触れれば、優しくなれる」

  「逆に言えば、悲しい心に触れるたびに、
        どこまでも悲しくなってしまうのだろう」

104 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:04:05 ID:YZinEkjE

「きっと、僕と彼女が読む小説も同じだったのだ」

.              ,、ト、
.            /l  '.
            /  l   レヘ、
         、/ ヽ|/   !
.         / 、   / / ヘ |/!
       _/ヽ ヽ// ノ  .  '.
.      |  .\ |//  ノ  i
        | ヽ. ..l .' /     !
       l   \|//  / ..|
.       」    !´  /    └;
      \  ー-\/     /
         `ー- .. __ ヽ  _/
.             `i 「
              | |
             //
                 `′

  「僕も、彼女も、その心を通した感想を語り合っていた」

105 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:05:35 ID:YZinEkjE

     「だから」

                       /´⌒ゝ‐-、
            . : .: (´⌒ゝ   ( レ'フ  ノー-、
                ``´  /⌒/´f':::;:;。'   }
                 . . .: : :{   {_ノ-、゚'”ゞ-<
           . . : :{`ー-、 . : : :ヽ._ 〉-、 }"´ ノ }  r‐ 、
          . . : (⌒ヽ ヽ. 〉 . : : :::{   〉‐-<.._.ノ _ノ  ノ
         : : ` ー'  ̄´  . : ::::`ーヘ.__ノ    ` ̄´




「彼女のことを知るために、僕は、また本を読み始めたのだ」



  「僕たちは互いのデータベースをつなぐ、

        優秀なデバイスなどを持ち合わせていなかったから」

106 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:06:08 ID:YZinEkjE


      「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」

 

          3.「永遠の森 博物館惑星」




               /.:::::,'
             /.::::::::/
             ,' .:::::: ′   .,ヘ、
           .゚.::::: °    /.:::Yヽ、
  ,.。 :―:- .。.   {.::::{      i.::::::}.: )ト、
/.::::::::::::::::::::::::`::... 、 人     ,ノ´ j-‐-、 \
.::::::::::::::::::_____.::::ヽ ゙'ー/.::::::/| l.  \ ヽ、__
.:::::,. :::::゚:::::::::::::::: ,..。 xー<.:::::::: ノ | |    .)´  / ̄` 。   
/.::::::::_,.。:  ゚              | |    // ¨´        ヽ  
:  ''"´                 __ノ 人   ′            ゛. 
                    /⌒¨¨⌒゚ヽ{               ', 
               "         ヽ               l 
                   ′         ',              j  
                  '           ト、      ,、__,r‐iノ  
               {              j \     / } O /) 
                  ',              '   ゚ 'ー-t_く_,ノ'´  
                  V ,:ヘ_,:ヘ   /        ̄
               〉"ノ`ー-‐'ヽ/
                 ゝ.{__   ノ_)
                     `ー'´

107 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:07:15 ID:YZinEkjE

「あの、アクアショップに彼女と行った日が過ぎても、
          僕はいくらか悩まざるを得なかった」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

「彼女が言おうとしていたことはなんだったのか、
             まだ分からなかったからだ」

108 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:08:36 ID:YZinEkjE

「僕は幾度となく、あの日、彼女と別れてから、
  もう二度と彼女と会えなくなるのじゃないか、と考えた」

                      _/`丶、
                     _∠フ::.::.::::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
                  / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
               _/::.:__, -─-……‐-、:L_:\
                   >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
             // / /          /了}ヽ\
            〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
              /' / / /  /  /    '  |  i!ヽ::|::::::::l::.ー─-‐{
          / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.|
            /  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′
            |l  |l |≠ミ、l| ,/__,/ / / /r=≠へ、::人_::.\::.::.::.::.:ノ
            |l  |l |{ {_j^l| / _、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y
            | ヽi|〉!   l' ´了㍉、 >、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
              ,-、/ ハ  '     ゝィ斗/イ//又::.::.::イ〉| |ト, ̄´
          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
-、      ,.─、 イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
. ..:\   //\\:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
.::.  \// ,.::  \\::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.:// .::"      \\フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  //   /\  ::.. \\::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{
// ..: /   \ .::..  \\/ /::::{ {/::._::.', l  |l


  「ところが、そんな僕の不安に反して、彼女はいつもの図書室の
                   いつもの席に座って、小説を読んでいた」

109 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:09:21 ID:YZinEkjE

「そして、どんな風に話しかければ良いか迷っていた僕を見つけると、
   彼女は何事もなかったかのように、微笑み混じりの挨拶をくれたのだった」

      _  }::.::.::.::.::.::ハ::.::.::.:::::::::::::::::::::.::.::.::.::.::て::ハ
     /::.:ー '::.::.::ヾ::.::.::.::ヽ::.::.::::::::::::::::::::::..:.::.::.::.::.:λヘ
 .   └┐::.::`::-::.;;,::.::.::.::.V::.::.:::::::::::::::::::::::::::.::.::. {::.、_:\
     r、_}::.::.::.::.::.::.:`::.-;;,::. ハ::.::.::_:::::::::::::::::::::::..::.::.::.::.}::.:ハ
    廴::.::.`::.:..ー::.::.:-::.:>' ´  `- 、,,;::::::::::::::..::.::.:i::.::.::.:\_ _ r 、
     _ヾ::.-::.::.-::.>' ´  /   ヽ   ` -、:::::::::::.:il::.::.::V::.iヾ::.::.:::>
    (::::::::`::-/, ィ    ./          ヾ、::.:::.: ̄ヾ::.::i .V::.::廴
     フ`::.//  /                V:::::::r-イ、:/ V::.::.::.}
     V:/ /   /  /  ,             V::.:廴::.::i  il::.::.(
    ィ::イ ./   /.  i  イ     i         i::r=イ::.::il   il:::.:::.:)
   {{/ ./ イ i   il  il     il      i   {;,;,;,;:.:.Vリ  il::.::.:廴
   Y  i  il .il  .il  il    .イ        il  イ:.:.:}:.:/  リ:.:.:.:.:ソ
    i .ハ  .il .il   ハi=、.il    升イ i .ハ   il  {:.:.:./  /:.:.:.{´  あら、こんにちは。
    ヽリilト .iトⅦハ/ィ=、 -ミ   / / .リ=ナ -i 、  .リ /ノ)/   /::.::.::.ハ_  
      ハトヾ入ゞハ 伐心 ハ ノ,斗rそか㍉ /ヽ イ/:.:/┴ 、./:.:.:.:.::.ノ
    / ノ人ゝ川ハ 弋ツ '´    弋_ソ ノ/イil {::イ-r=、i}:.:.:.}'//
   .//.イil /人小           フ升 ili i:.K {rj]iイr'´//
   イ// /il.// //ハ    '      イil_i_l_ilili il:.ノ人ツ //
./イ// イイr⌒>''´ \  ー―    イ:::.::.::.::::Yフ/    .//
 /// iヾ:::Y''´      >      , ;'::::.::.::.::.:{ソ-、   {{
V/ /∧::.::.::.:ヽ     _ t ` r</.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:人:.::.:.ヽ>  |.|
_,,/ < 入::.::.::.::.\_-'`-' r 人 il:.:.:.ヾ:.:.:.:.ィ:.:.´:.:.ー 、_/:ヽ..|.|

          / ̄ ̄\
        /   ヽ_  \
        |    (⌒ )(⌒)
       . |     (__人__)  こんにちは、だろ。
         | U   ` ⌒´ノ
       .  |         |
       .  ヽ       |
          ヽ   __ , _ ノ
        _,,,, 「:::ー----ー"::i、___
   _,,..r''''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::`''ー-、
  /::::::r::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ..ヽ
 ノ ::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/}
 l :::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::::/::::ハ

「僕は、それに精一杯の笑顔で応じていた。
  どこまで笑顔をつくれたかは、分からなかったが」

110 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:10:01 ID:YZinEkjE

「彼女は、本当にいつもどおりの彼女だった」
  「もちろん、鋭いとは言い切れない僕でも、気を遣われていることは分かっていた」

   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/   ほら、やらない夫。
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|    前に約束していた小説を持ってきたわ。
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|
:/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ'
.  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |
  |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |
ー-; / /^ミ;ュ'f-、^⌒'⌒~;:::  ::://::::: /:: .>ー' 、  |

                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r
             (__人___)     |      | |
             '、        |     | |,.-、. お、サンキューだろ。
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、  …「永遠の森 博物館惑星」ね。
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',  表紙も綺麗だけど、タイトルも良いだろ。
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |

「だがこれは、僕が謝るようなことでもなければ、彼女が謝るようなことでもないのだ」
 「僕は、僕自身も何事もなかったかのように振舞うのが、妥当だと考えていた」

111 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:10:53 ID:YZinEkjE

「とはいえ、僕の心中は、穏やかだとは言いにくいものだった」

 「あのとき、一瞬だけ顔を見せた『僕の知らない彼女』の影は、
                       僕の笑顔を、時に強張らせていた」
    

           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|  あら、良いセンスをしてるのね。
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    | …実は私も、タイトルと表紙に惹かれて買ったの。
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |   …そいつは、光栄だろ。
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ     ちなみに、やっぱり『惑星』ってことはSFなのか?
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、

「それでも、僕は変わらずに、彼女の一言一言に喜んでしまう」
  「変わったことと言えば、僕が以前よりも、彼女のことを深く知りたくなっていたぐらいだ」

112 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:11:37 ID:YZinEkjE

「だからこそ、彼女に少しでも近づけることを、より強く求めるようになっていた」

   「そのうちに、彼女が薦める小説に、彼女の思いが隠れているのじゃないか、と思い始めた」

             r-ヘノし'⌒ー'⌒ーヘ
           _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.しヘ
          _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:しヘ
           (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(_
         ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._)
.     r≦(_:.:.:.:.:.:.:.:.:.,  ´        ` 、:.:.:.:.:.:.:.:_) r=ミY
      《 〈(_:.:.:.:.:.:. /                 \:.:.:.:.:._)//^Y》)
    厶イ(_:.:.:.:.: /  /          \\   '.,:.:.:.:_)辷彡´))
.     }} (_:.:.:.: /  //   / l l l    ヽ ヽ   ',:.:.:._)乃ー'ノ
    {_{ェr(_:.:.:.:'   l l    l l l l l   l  l l l:.:.:_)i| |ヽヽ
    //i| (_:.:.:'  l l l l l  l l l l l l l l  l l l:.:._) | |i |\\ えぇ、そうね。SFに分類されると思うわ。
.   // | (:.:.l| i l l l l ! l l l l l l l l l ll l l ':.:._)《ミ,}|  ヽ_)
    {:{  |   ヽ从:l l 斗l‐l-l l l l 十l‐l-| l| l l/ :/ l   |    近未来的学芸員とでも言いましょうか。
.   |:|  |   トミ从 、__,    、___, 川//};,;ノ  |   ,     膨大なデータベースと直結した学芸員たちの話ね。
.   〈_j  |   |リ|,ハ ´¨¨`      ´¨¨` ん|     |   |
.      |   | 川人    '_     /| |     |   |
.      |   |/  | _   ` ´    イi | |     |   |
.      |   |   ノ 《三ニ≧=‐=≦ニ三》| |     |   |
.      |   | / ノ三三ニ《薔》ニ三三i} |     |   |
.      |   | i{/ニ _,r=ニ二ニ=f! 三三》 |     |   |


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)      ほうほう。
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

「このときから、僕はまた小説というものに深くのめりこんでいったのかも知れない」

113 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:12:14 ID:YZinEkjE


「結局、あの日からも僕と彼女の関係は変わらなかった」

          )): : : : : : : : : , .----<: : : : : : 八_
       r'´: ̄: : : : : : : ;.'´          ¨ <: : : : : : ヽ
      {: : : : : : : : ::/〃               ヾ: : : : : :ハ
       ゞァ: : : :.:.:, ' /   ,ィ      ヽ    ∨: : : : ::ヽ
     __ _ノ:\: : :/  ,'  〃  i |   i  l     ∨: : : : ::ハ
    /}: :ヽ: :.:.:∨  ,  / il  | |   |   |   i   ∨: : : : :.i
.   //ハ: : : \:.;'   i  /i .:il  | |   |   |   |   ∨: : : : !   私から説明するのはこれだけ。
   // /¨):、: : :.i  :| :厂! :从 . | |   :i|   |   |  i  ∨: :rチハ
.  // //ノ: : ヽ: |  从ィ=ミ、 ', ハi   :リ  !  リ ,'  爪: : :i ∧  あとは自分で読んで欲しいわ。
 // //(: : : : : :| 乂{トftイハ ヽ ノ从_./j  /  ./ ,'  ,ィ川: : / ∧
.// // j |ー、:.:.|  Tミ弋zツ    ィ云ヌァ / . / /: ! :!:.イ   ∧ 変な先入観を持たれても嫌だしね。
{_{ .//!  | |  ヽ| 从""        {辷zシ 》彡 / /:ノ| / /! ',
    ノ  | |:    |  爪       '   `¨,,,,(( イ._/ノ  ,' ,' |  ',
  ,'   | | ,ィチ| ,'ノ=\  `ー    ,イ | | |  ̄   ,' ,'  ハ  ',
  ,'   | |ム:::: ;' ,'_::-== \ __ ........z≦::::|::j j jト..、   , ;:    ',  ヽ
. /    升::::::::/:/::::::::::::::::__:ノ三入:::::::: : |::| | ||::::::::>{ {     ヽ  `
/    ;八:::::/:/:::::::::::::::::::}-くマ ノハ:::::::: |::| | ||:::::::::::/| |     \
.    /  Ⅳ:/:::::::::::::::::::::{   ヾソ 人::::::::|::| | ||::::: : / | |
..    /  / /、:_:_:_:_:_:;;≦::>元テ::::::`ー-|::| | ||::: : / | |
  /  ,' ,'::::::::::::::::::::::::::::::/::::::∨:::::::::: ::i: 八 Ⅳィ  | i
./     /:::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::\::::::::::レ':::::) ){   | ;


 Y: : -、: : :>―…- 、: : : /: V: :}__}}ヘ
 |: : : : :V´ i       \\: : :_〕: {||ヾ_}}
=}: : : //   ヽ    V ∨ |: :ノ|l
〃l|: : l ! l  l V  l_l  V 丁 \
l |lト、:l |  l _l  V l  | l ∨    ヽ
 | Y} ヘ イ_{ヽヽ , =- | l|_
| l └V ヘ/, =-     l / }    じゃあ、また感想を待ってるわ。
l |   V ヘ   '_,  ハ/   /       あと、散歩もね。
! |    V ヘ  V__ノ/.:i  ∧
l||    ∧  ヘ>イタ:.::/  {ー辷_      どこに散歩に行きたくなるかも考えてきて。
!l|    /:/:.V  }:.:.:.ハ:.:.j   ,    \
!:∥    |: :\:} リ:.:/.:.lV  /   |  ,  }
l!|   |: : : /イーイ:.:.:|{.  {_/ _/  /
l| l   /: /: : : : :ヘ:.:.:|l\  }>― イ
!l| /: :〃: : : : : : : : ̄: :{: :し': :/: :/|
l | {//: : : :l: : : : : : : : : \: :´: : : /:{
| | { ̄ \: : !: : : : : : : : : : :廴: : イ: :|



        「つまるところ、僕たちは小説を読み続けたのだ」

114 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:13:12 ID:YZinEkjE


「彼女と別れ、図書室を出た後、
  僕は講義中にも関わらず早速、小説を開いた」


   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::ヽ ,.-ー=ニ、
   l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ──────────-- 、._// ̄ /
    ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./    /
    j :::::::..∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
   i :::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  ,イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /.
  l :::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  | :::::::::::::::j :::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    / j
  l| ::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::://              ( ̄ ̄ ̄ヽ  /:::: i
  ノ .::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::://             r―- ニ二ヽ  \ ::::::: i
 / .:::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::://             ヽ ‐- 、_ \,  丿::::::: i


  「講義形式の授業だからこそ出来ることで、
    僕はノートをとりながら、隙を見ては小説のページを繰った」

115 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:13:38 ID:YZinEkjE

「当然のことながら、二つのことに同時に取り組んでいると、
  集中力には偏りが生じてしまい、どちらかが疎かになってしまう」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

「僕の場合は、これもまた当然のごとく、
  講義を聞くことが自然と疎かになり始めていた」

116 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:14:34 ID:YZinEkjE

「それだけ、僕は小説の世界観に入り込んでいたのだろうと思う」

             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |
           {         |
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  「膨大なデータベースに、脳を直結した学芸員達が、
    それぞれの美を追求していく様を、僕はひたすらに追いかけていた」

117 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:15:12 ID:YZinEkjE

「この『永遠の森 博物館惑星』は一話完結型の短編を集めたような長編だった」

 「だから、キリが良い所で読み止めることも出来て、とても読みやすかったのを覚えている」


           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     | …おっと、もう講義は終了か。
          '、`⌒ ´  u  |  危なかっただろ。
           |        |
           ヽ 、     イ
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V

 「それから、僕は電車の中、自室と場所を変えて少しずつページをめくった」

  「そして、表題作『永遠の森』を読み終え、最終章『ラヴ・ソング』を読み終わった頃には、
               あたりは真っ暗になっており、気が付けばもう深夜だった」

118 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:15:39 ID:YZinEkjE

「本を閉じ、振り返ってみると、『永遠の森 博物館惑星』には、
  彼女がよく好んで使う言葉である『ロマン』がたくさん詰まっていたように思えた」

                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ


 「クールで、子供っぽいと思い込んでいた彼女は、
  僕が思っている以上にロマンティストなのかも知れない」

119 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:16:18 ID:YZinEkjE

「僕は、意識した途端に重くなった目蓋に誘導されるように、
  ベッドの中に潜り込んで、ゆっくりと身体を伸ばした」

                                  |  、
                                  |   ||\
                                  |   ||  \
                                  |   ||   \
                                  |   ||     ||\
                                  |   ||     ||  \
  __________,_____                        |  \、   ||   \|li,,
 ||   .| === | o _|、,ニ、                      |    \、 ||    .||||
 ||::::::::::|..[ニ].|.◎..|、|_|                       | 「゛、、  \||    ||.||
,-l|______|iニニ|_____|、|_|    ,,___________,,,,___|.|  ゛、、. \、  || ||
l|\________\ 「|\             \ (⌒ヽ, ゛、、. \、 .|l. ||
l|\||l_||||||||」l_||||||||」_凵、||' . |.|  \             \ヽ、__,'\.  「|  | | ||
l|| l|| ,==============、|| ̄|」\  \             \, __ _,,,\|.|   ~'`';l
~ il||       \|__|||    \  「|ー --- ''''--    ''' l,,    |.| _
.  ~            ~        \|.|                |__,,,,|.|| \ \
                         |」~~ー~ー-―~~''-'      |」||.\\ \
                                           |l  l | ̄|l
                ________,,              |` \.n__n
               l\               \               |l'、\,||\n_ \n
               |\\               \              \゛、 ||\||___||
               '~ \l二二二二二二二二l               \||'!レ||‐ー‐||
                    !|_|         !l_|                 ~ ゛''||"''''''||
                                               ~   ~\
                                                      \

   「それから、散歩はどこに誘うべきだろうか、と少しだけ考える」

120 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:16:53 ID:YZinEkjE

「タイトルどおりにいうならば、博物館か美術館だろう」

       \        /
        \      /
          \    /
           ゙ヽ、..ノ
              ,,ξ
            ,,.‐'"/;;i|
        ι-‐<;;;;;;i!
         !i;;;/;;;\;i!
          i;;;/;;;;;;;;/
         !/;;;;;/
         !;;/
         `

     「美しさを追求した学芸員たちが見たものを、僕たちも見る」

  「それはそれで良い様な気がした」

121 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:17:36 ID:YZinEkjE

「だが、僕はここで首をひねってしまう」

 「なにか、少しだけ違うものが見たい気分だったのだ」

                        __
                . <   / \    > .
            . :个 ‐- /     , '′  i` : .
         /   i     l:::\   /ヘ,     l __ \
.          イ-―¬‐=ニ.._j::ニ=-‐‐-=ニz--‐‐1     i:〉,
.       / |   !:::> ´        ` <,」     j::: ヘ
        ′|___ j '                丶'/77 ‐=:.
      ,'> ´\,'//                    ∨/     ,.
.      ;ヘ、   , ′                    '/ヽ  /::;
.       i//\ / i                   i///,>、::::::i
     |/// 丶 |                   |,/  \::|
.      k'    ∧                 ,'∧     !
.       v> , _/::::::、                  , //ム -‐=7
.        V,/// ̄ ̄ト、             /,|     i:::::,′
.         ∨/    j:::::> .._         _..<'//|     | /
         '、=-‐1゙ ̄ ̄∨/フ7へ'7フ// ̄ ̄ ,―--, '
           '<,'/∧    ∨'   ´'v/     / ::::>'゙
            `'マハニ=-‐ \   / ‐-=ニ/> ゙
                  `゙''<::::__::ヽ./::__:::>''゙´
                         ̄ ̄

    「洗練された宝石などの美しさとは異なったもので、
       もっと、この小説に描かれていた美しさに近いものがある気がしたのだ」

         「そして、僕はそれが何かも気づかず、深い眠りに落ちた」

122 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:18:03 ID:YZinEkjE

「翌朝、一日で読み終えてしまった小説を持って、
                        僕は大学に来ていた」

                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;

         「昼から始まる講義だけしか履修していなかったため、
                     僕の足はまっすぐに、朝から図書室に向かった」

123 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:18:36 ID:YZinEkjE

「一応、彼女がいつも使ってる席を見たが、
  講義を受けているのか、それとも大学に来ていないかで、彼女は不在だった」

            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

   「仕方ない。僕はそんなことを思いながら、
      自分愛用の席について、ふたたび思考の海に潜り込んでいく」

124 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:19:08 ID:YZinEkjE

  「僕は散歩の目的地を決めるために、
    もう一度、読んだ小説の内容を振り返ってみた」

「やはり、作中でもっとも強烈な印象を残したのは、
               最終章の『ラヴ・ソング』だった」

                             , _ _
                      ,:' { _,.-イ ⊇Y   },. -、
                     」  リ  ,' _,.:1i、   ヾ! j-、_
              rn       ,i }__,:' , {,'    iUuy rヘ (.
               比!    j,'^' .{   rヘ!__   j广 }!  ,'ー'
               比!    {_ハ { ゙Y√ ,、 }__irイ  ,' ヽ_,:'
        _  rタ竺=== - 、', ',   ' ',_,.ィ || {_,.:′
        〉 >'´:- '' ´./^ヽ_〉 >i>、_,ゝ,_  j ||   ,ィ/
.        ,二^}'´    |   ,′ ;'´! ヾゾ イ ||,ィ/.//
       /,':r、`! ; :    !    ヽ. __{ Vー{.  } // /厶=- 、
       }{.{ / ' .:.    '  - =ニ、¬ミト、\ / {ノ仏r…''ソ
       リi У ' .  :.   \ ,∠二≧xKi_,人厶二.`ヽ、
.       V/ _j、 _ _ ,.  - ‐1 〔ー::-:- - -     ヽ. |
        ┃´             |   |::. :. :. :. .        } ,i
        ┃:.           |  |::. :. :. : : . .       j/.i
        ┃:.         ,___ !  !:. :. :. :. : . . .       |
          l! :.     f⌒'{_ _,`}、   V!:. :. :._:..-:._:.-:. .   ,'
         |__ ‘{_   ヾレ{  `ヽ.\ '√:. :. :. :. :. :. .   /
,. -:‐ ‐:‐,rf´ _>‐i-、,-、 }!\ ヽ- -f_f⌒):. :. : : . ..    /
;';';';':';:. ∠,_ _ ,(_j、,人_)_ノ^Y1r:ヘ__r(c /二)_:. : .   __/
;';';:':::. __j、___Y_ )-i(__)、_乂c)‐く√]{  (  ) ̄ ̄
;'; : く¨_,r==行テ{__)-'^て.)(__儿)ノ^し{ `T⌒Yこ)
;:.:.: /べし'          `び⌒'┘    ̄`ー'

     「だが、それは最終章に至るまでの一連の流れがあってこその印象、だろう」

125 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:19:38 ID:YZinEkjE

「その流れの美しさは、僕の中の何かに似ている気がしていたのだ」

                  ,...                                        ノ⌒)
                /(                                        ~''''"
 〈ヽ              {:::::::)                                     ト、
  ´              ゙'''"                                     lノ
                                             ,/,ニ''ッ‐
                                            ノ::::′ l
                                          '―ー''"
           /゙'l                                             ノヽ
        ヽ/                                             (::::::ヽ
                                                       ヽノ

                      「僕が見てきた、何かに」

126 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:20:20 ID:YZinEkjE

「そこまできて、ようやく、僕はその何かを思い出すことが出来た」

                   / ̄ ̄ \
                   ⌒´ ヽ、,_  \
               (●).(● )    |
                (__人___)     .|   …あっ。
                '、` ⌒´      |
             -ーー|        ト、______
            / .::::::、::|       /:::ノ:::::::::.`' ー-
           l :::::::::::::::::ヽ__、____,. "/::::::::::::::::::::::::.. ヽ
           」 ::::::::l:::: ::::::「、:::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
          l ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '、
          / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::|
            / .::::::ー-ミハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::|
         / .::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
       / .::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
       / .:::::::::::::::::::/'     `‐-、::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
      /::::::-‐…‐、/       i `ー-,:::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|
       l::::::::::::::::::::.. \       ヽ::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:::|

       「思わず漏れた声が、図書室の静寂の中でよく響いた」

127 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:20:50 ID:YZinEkjE

「そして僕は席を立って、図書室に収蔵されている地図を探し始めた」

                     / ̄ ̄ヽ           | | | ||:||:|| ||:|| |
                    /       \        [二二二二二二
                    |          |       _|_|_____
   たしか…            |          |       |:|      | |;| .| |
                    |          |       |:|      | |;| .| |
                         |         ,'        .|:|      | |;| .| |
                       j __<   i         /.二フ  | |;| .| |
                   ,.イ::::::::::--.、ヽ _ノ   、(  /‐ ´- 、   | |;| .| |
                 / .::::::::::: :::::/ ̄`ヽ.     /     二ヽ.| |;| .| |
                 / ..:::::::::   .:::::/ :::::::::::::.`,  /      / `-'| |;| .| |
              / ..:::::::  ::::::::::::: :::::::::::::::: ノ ._ノ _  _.ノ    | |;| .| |
               / v ::::    ::::::::r :::::::::::__,.-、,' j::::::::::::::::〈[二二二二二二


       「目当ての地図は容易く見つかり、探し物も滞りなく終わった」

128 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:21:32 ID:YZinEkjE

「そうしているうちに、気が抜けたのだろうか。
        強烈な眠気が襲ってきたので、僕はまた椅子に座り込む」

       , -‐―- 、                      , - ― - 、
      /:: :: :: \ヽヽ、      ./ ̄ ̄ \      //:: :: :: :: :: ::ヽ
      .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、   /__,.ノ ヽ、,_ \  ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
      v:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`、 l ( = )( = ) l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: ::/
       v:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: :: :l.  (___人___)  .|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/
       l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: :: l   ` ⌒ ´ 'J |:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: ::/
        v:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ i         |;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: /
        l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ =',       /L,/´ヽ:: :: ::l::|::/:: :/
         ';!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》'ヽ、._,_/:::ゞ ヾ、 ヽ;; :: |::l:: :/
         ';:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽ:. ニ二ニ :./ :. :. v:. :. l::|:: :: :/
          i:: :::l:: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :!::l::l:: :/
          ∨:::|::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. v:l::/
           |;: :レiヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |、/
           ∨ l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|
                
        「幸い、図書室は混んでいなかった。
          僕は机にうつぶせになり、一眠りさせてもらうことにした」

129 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:22:08 ID:YZinEkjE

「そのまま、どれだけ眠っていたのかは分からない」

                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉 ……。
                   ノ     { )     j
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,


 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : :
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、   あら…おはよう。
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{     といっても、もうお昼だけど。
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L

   「目が覚めたときには、彼女がいつもの席に座って、本を読んでいた」
            「一瞬、夢の続きを見ているのかとも思ってしまったものだ」

130 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:22:42 ID:YZinEkjE

「そのときは少しだけ、寝顔を見られたりしていないかと不安になりもした」
 「考えてみれば、うつぶせで寝ていたというのに」


                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (⌒)(⌒ )    |
               (__人___)     │ …お、おはようだろ。
                   '、'ーー´   'J |   ちょっと小説が面白くて、夜が遅くなったんだ。
                |        |
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.  _ .| |{K!j |  そういうときもあるわね。
   〈:;小、ヽヽ、 l ヽj   〃 ̄` .| |ァ1 |
    |  \ヽN { ,ィ=-        | ト |_|  |   ということは、もう読み終わったの?
    |  |>-}ヽ.j     '._,   | ト |_|  |     どうだった?
     |   〈r .ス ヽr ‐ 、.`´ __ /|| |:::..::.`:┴-、
     |  !/ ,ィ   「二 ヽ.rクニミ::../:| ||::..::..::..::..::..:ト、
     l  ,ト、.ヽ   `r- 、 .l:ヽ:シ//| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
     j /.ゝ<`ヽ、  `┐ .l l \::| |..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   //    \ \ .ハ` '  j   ヽ|.::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
  /        \ .〉::::Tv"    ヽ/.::{ー-::.ハ::..::..: /::..|

    「こんなときも、そうだ」

「僕の言い訳染みた話し方を気にもせず、
  彼女はやはり、自分が褒められたかのように笑っていた」

131 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:23:25 ID:YZinEkjE

「彼女の笑顔を見て、思わず気が緩みそうになるが、
  僕にはまだ、散歩の目的地を提案するという、一仕事が残っていた」

             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\
            l/ ニヽ( ●) ( ●) .|  結論から言えば、かなり良かった。
            l / y 「'i___人___)  |  架空の星だというのに、情景が簡単に想像できる。
            l   <、.l         |  それから、ストーリーもその風景にマッチして、
            ',    ',/       |   やわらかな雰囲気を醸していて、優しい気持ちになれただろ。
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l


   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |  それは良かったわ。
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |  とても綺麗な小説だったでしょう?
        | ヽヽl ´x=ミ     x=ミ } | ヒシ''′ |   | この人の世界観は、かなりツボだわ。
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ー '  イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ


 「くすくす、と声を殺して笑って言う彼女は、本当に可愛らしい」
    「だが、ここで感想を言い合うだけでは、彼女のことは分からないままだっただろう」

132 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:24:01 ID:YZinEkjE

「だからこそ、僕はもう一歩を踏み出すことにしたのだ」

                         / ̄ ̄ \
                      ⌒´ ヽ、,_  \
                     (●).(● )    |
                     (__人___)     .| それでだ、散歩の話だけど…
                          '、           |
                         |        |  ちょっと意見提案があるだろ。
                     ,. -ー._i-、_     /l、
                 /...::::::{. i_ {_γ、__ ∠ノ::.}- 、_
                   ./:::::r/::::{. i_ l_ i_ {::::::::::::/::::::::::::::::..\
                  /.:::::::::::::::} .i _i l_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
               /.:::::::::ノ::::::r "~'ヽj_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ',
              /.:::::::::::>ー、j.‐-  / {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }
             /.::::::::::::::トヽ、⌒ γ  i::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::: i
            /.::::::::::::::::::l::::::::ゝ、 {   ソヽ、:::::::::::::::} :::::::::::::::::: i
           /.::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ト、__/::/:::.\::::::::::::i :::::::::::::::::: i
             /`-::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::`,ー::::::::::::::::::::..ヽ::::::i ::::::::::::::::: i
          / .::::::::::::::::::::/ l::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::..、::::::::::::::::::::: i



         ,、   ):::::::::::::::::::ゝ_   ノ:ヽ、
       /:::::`ー'´:::::::::::::::::::::::|:::`ー'´:|::::::::ヽ,
       ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::l:::::( ̄:l
     ,、_ノ:\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l:`ー.'`ヽ_   .,.、
.     /:::::`ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:)‐ /r、ヽ
    i::::::::::::::::::::::::::::::::,、-‐' ´ ̄ ` ' ー- 、:::::::::::::r‐'´!ゝ‐、=≠ヽ
    ゝ―‐:::::::::::,ィ'´              `ヽ,::::i:::::::|、:::::::ヽ ̄〉〉
   ,、_ノ_:::::::/                ヽ:ヽ:ノ∧:、-'ゞ=".i
.   i::::::::::::::::/      /     ヘ      ヽ .',:::)∨ヘゝ‐、.  l
.  l::::::::::::/   /   /       .l      ヽ ノ´::::l  l::::::リ   l ええ、貴方がどこを選ぶのか、
.   つ:::::i   l    l       l       l∨:::::l  l:イll.  l  私、楽しみにしてたのよ。
   /::::::::l l.  l    l.        l   l  l   .l ヽ_::|  |:::|||.  l
.  ヽ:::::::l l   l     l l      l!  l  l   l .l ノ:l /:ノ|||.  |  聞かせて頂戴。
   /`ーl l  l  _ll l、      l!l__/!_ l! l .l l/:::/./::| l |ミ|  l
   /  (、!ヽ ヽト、l! ll`\ l  l /´|/ l//!`/ //フ:/ィュ::ノ. l|ミ||  l
.  /   l`ー、ヽ!ヽイ んテョ ヽ!/´ rョモハ、l/l/ //:ィ<トリ´  l ̄  .l
 /    .l  `'十 i 弋::ツ  `   .弋::::ソ´ l l ノ 弋ソ.   l    .l
./    ,'  ,ィ.l .lヘ. `´  、       ̄  ,.| |`i_.      l     l
    /,、_/::::::l .l: :ゝ、   ー -    /‐l l!、::::`ヽ、__ |     l
   /´::::::`ヽ/ i l::::::::::::::> 、,  ,  <::::::::l l.l:::`ヽ:::::\::: ̄)   l
  .__i::::::::::::::::/ /! l'´::::::::::::::リノ`´、ヘ::::::::`ー:l l l:::::::::〉:::::::\:(_,、-―、

    「彼女は、目を輝かせながら僕を見てきた」
       「ここは、照れている場合じゃない。それぐらい、僕でも分かった」

133 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:24:35 ID:YZinEkjE

「ここが、僕の正念場だったのだ」
   「だからこそ、精一杯考えたことを、正直に話していく」

                                / ̄ ̄ \
                              /_,ノ  `⌒ \
               -、          | (● ). (● )  |  …真紅のイメージに合うかは分からないけど、
              ヤ  ',           | .(___人___)   |   二駅先に植物園があるらしいんだ。
               i.  l     ,.-、   |   ` ⌒ ´   |     そこなんて、どうだろう?
                ',  j   / /     .|         |
                ノ_..ヽ-、′,'       ',      ,/'|、
                    .l .___ ヽノ    __ .j '.、__ , ___ ィ/::L_
                   Y     )ハ.‐ ' ´ ..::ヽ::::::::::::::::::::::::::/:::::::...`' ー- 、 _
               ト.  ̄ ̄ 〕y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
               ハヽ 一ニイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r;;;;;:::::::: ',
              /...::::::;;;;;;;;;;; /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ;;;;;::::::::::::::〉



    /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >て`:: :: :\   ハ  ___
   5、:: :: :: :: :: :: :/´      ヾ:: :: テ| ̄|,、_ ゞ//┐|
   ノ:: :: :: :: :: :/         ',:: :: ::|  | < X__ | |
   廴:: :::: :: :: /           `):: ::|  |:: ::} V/ | |
   /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ
   てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
    <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_  …なんで、植物園にしたのか
   //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\    理由を聞かせて欲しいわ
  <<V/、_:::',  lヽ_,-+-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ
.   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'
    L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、     イ |´`V´ ̄`ヽ、_\
    // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
.   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}
   | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
   ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
  / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ

134 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:25:37 ID:YZinEkjE

「うまく説明できる自信はなかった」
    「だが、僕は言葉を連ねていた」
.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ  やっぱり、『博物館惑星』の良さは
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、        一連の流れがあるからだと思うだろ。
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l  
                     .|         〉--‐´ l    だから、完成品を見る博物館よりも
                      |        iヽソ   l     植物園の方が相応しいような気がした。
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}


                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r
             (__人___)     |      | |   植物園なら、少しずつ景色も変わる。
             '、        |     | |,.-、.  季節で顔色も、すっかりと変わっていく。
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、 そうして、そんな変化を見ていくうちに、
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ  俺たちも色んな思いを抱くと思う。
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i そんな変わり行く場所で、
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|  真紅と感想を話し合うのが、一番いい気がしたんだ。
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |

135 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:26:13 ID:YZinEkjE

「改めて考えると、酷く青臭い言葉だったと思う」
   「同じ内容でも、もう少し上手く伝えられるはずだ」

     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬  なかなか素敵な理由ね。
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:  なら、植物園にしましょう。
      /:::::ハ.ト 、 !  xぅ心.\./ l/"´ ィアi心 |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
      ヽ|l ',ヽ \ !, {{ ト::::ハ. '′     ト//ハ.}}  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:
.        |   ト、ト.   V:::ソ       込:.ソ ' | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:  でも…やらない夫、あなたって――
      |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:
       |   / / | ト、       _,     | l| |/      ヽ:| |l    !
.      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   !


                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            /::::::イ  i  :|    |ハ  / ! --j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ  ――やっぱりロマンティストなのね。
            \::::{   |  |,    :|川 /,ィレ'_ _,jハ |ト イ  .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/´爪「;;うiヽ| ! ||:イ   .|.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从     V:ヅ'’| ! ||彡  ,.任i!   V/シ
                 |   ヽ八 .{:心      〃 .| ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧Vツ          | ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ〃 ′   ノうi .| ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人.   < ´ノ  | ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ| ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!::::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  廴{:::::::::人::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::::: ヽ |

     「だが、こんな青臭い言葉が、
            相手の心に届くときもあったのだ」

136 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:26:53 ID:YZinEkjE

「それから、僕たちは植物園で散歩をした」

  「上手く考えを伝えられないから、いくつもの言葉を駆使しながら」

                    ,. -- 、        ,.x≦三三三三三三三
                  ., '     ',      ∠三>=<三三三三三
                  /       i   ∠三ア     ` <三三三
                 .l      |.  /三ミ7          ` <三
                 _」_      | /三,.x;≦三三≧=≦7
.    ,. =ァ、 「`ヽ、 _,.   ''´  ⌒ヽ/´ ̄ ̄ ̄ `ヽ三三三三三/
    { /  V:.:.   \     ‐-r=ミx-‐       };三三三三/ 
三≧x.V   {::.:..:.    \    ¬ゞ彳-      ,ノ ̄ ̄{三シ
三三三7⌒ ,.>ー- 、rヘ.;>--─ '  `ー=ァ=ニ千‐':. :...   }
===i <:.:.:. .   .:込〕 \: |        ,'.:::/:.:..人__:.:../⌒ ̄ ̄`Y⌒ヽ
     ',  i`ヽ.:.:. .::ノl:..   〉|     /-ぐ^Y   Vハ     ,'   }
     丶|.::..|` ̄´:乂_>'^ヽ、   . イ     i     i,ハ     ,'x_, イ^ヽ
.     /⌒:.|:..   .:::/::.:.:.::::ト、`´: : 乂,  _人,    j:.: /ヽ.__..イ=' ヽ    i
.    /:..: .:::.:人:.   ,ハ::::.:.:.ノ:. \::.:..:.:厂^\:.'`ー-':Y:.:::.:.:...:..l    ',   ノ
   厶.: .:.:.::{_,ノ` ̄´:::::,.>'´ヽ;_;ノ`¬i:.:... r-' V:./:.:.|:.:.:.:.:.:.:..|   ムイ
     `ー─ヘ.:::r─<_rヘ_rヘ__人;_ノ:..  V.:.::人:.:...:.:.:.:L.._/ー┘
         V`⌒^ア    j   | }_人__j-イ  }`ア´!く_乂_ノ≧x.._
      ,.x≦三三jく__ . イ    |三ハ.  / _厶イく:.:..:,ハ<.._乂三三三≧
   ,.x≦三三三三才三三L八.   |三ミI/:  `Y⌒゙  Y!__j_ノ<三三三三
  ∠三三三三三ア./三三三三ヽ.__」三ニ|:..:. .   人__八_ノ    ` <三
∠三三三三三ア´ ,'三三三三三三三三:|:.:.. / \:.:..:ヽ
三三三三三ア   L三三三三三三三三j ̄´     ` ̄
三三三三ア     |三三三三三三三三ミ!
三三三ア       |三三三三三三三三ミ|



  「そして僕は、この小説を読んで、ひとつのことに気づいた」



       「どうやら、僕も彼女も、思っていた以上に

                     ロマンティストだったらしい」
 



       


                   つづく

 
0 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:28:35 ID:YZinEkjE

ということで、第三話「永遠の森 博物館惑星」の投下はこれで終わりです。
今回は菅浩江さんの同名小説を土台にさせていただきました。
これまた、本当に「流れ」が素晴らしい小説なんです。
どうかご興味がありましたら、是非…!

閲覧、ありがとうございました!

138 名前なんて無いだろ 2012/03/12(月) 22:35:14 ID:hiMa/AUM
乙でした!
二人のやりとりがほんわかしてw
ロマンティストな二人が可愛いです


139 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/12(月) 22:44:07 ID:YZinEkjE
>>138さん

ありがとうございます!
まだまだ二人の距離は遠いですが、
すこーしずつ、近づいて貰いたいと思ってます…w

ご感想、ありがとうございます!

140 名前なんて無いだろ 2012/03/12(月) 23:15:12 ID:zeTGhNFQ
乙!
なんだか、やらない夫の心境とかに惹きこまれちゃうなー。


141 名前なんて無いだろ 2012/03/13(火) 02:59:43 ID:PYF0o6IE
乙です

142 名前なんて無いだろ 2012/03/13(火) 07:15:34 ID:kaub/CKE
乙だ!
是非、時間を見つけて、ここで紹介されている小説は読んで見るわ。

永遠の森  博物館惑星 (ハヤカワ文庫JA)

元スレ
やらない夫と真紅が、小説を読むようです
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


3888 『やらない夫と真紅が、小説を読むようです 3.「永遠の森 博物館惑星」』の前後エントリー2012年03月13日 18:25

纏め作品一覧やらない夫と真紅が、小説を読むようですの目次


12508 名前なんて無いだろ 2012年03月13日 21:33Edit
ふたりが素敵過ぎる……!!
いいなぁ、こんな恋したい。
12509 名前なんて無いだろ 2012年03月14日 01:02Edit
最後の真紅の顔が良いです!
12511 名前なんて無いだろ 2012年03月14日 01:11Edit
なんかやっぱ怖いな。バッドエンドが何か見えてしまう。
12516 名前なんて無いだろ 2012年03月14日 08:06Edit
第一話が若干難しいけど、乗り切ったらラストまで一気に読めるぜ。
SF苦手な人でも、気軽に読める名作だわ。
12567 名前なんて無いだろ 2012年03月16日 14:28Edit
今買って読んでるんだが、なんか専門用語的単語の出し方がしゃくがんのしゃなやら禁書と似たような感じがする...
今も昔も読み物ってそう大差ないんだなぁ。
12599 名前なんて無いだろ 2012年03月18日 06:26Edit
まさかの菅浩江さん。五人姉妹という短編集もおすすめです。
12648 名無しさん 2012年03月19日 13:24Edit
※12567
そりゃあんたが同じ様なの読んでるだけだよ
13366 名前なんて無いだろ 2012年04月19日 19:17Edit
最近青春アドベンチャーで放送され始めたね。永遠の森。
34066 名前なんて無いだろ 2014年04月14日 04:40Edit
>バッドエンドを感じる
確かにw前回の話と全部終わった後のようなやらない夫の語り口の性で、こんなほんわかなのに胃がイタイー
植物園でどんな風に過ごしたのかも気になる
この本もゼヒ後で読ませてもらいますね、こんな素敵な物語を添えて本紹介スレとしても使えるなんてサイコーです
42521 名前なんて無いだろ 2015年04月01日 06:51Edit
商品リンク飛んでみたら「こういうのも買ってます」的な所にここで紹介されてる本が並んでたぞ
俺もだけど、お前ら影響受けやすいな・・・

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!