やらない夫と真紅が、小説を読むようです 2.「パイロットフィッシュ」

2012 03 12  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:
55 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:00:21 ID:nW6QA.TE


「熱帯魚を飼育するアクアリウムには、様々な技法があるらしい」

   「そのひとつが、メインの魚が住みやすい環境を作るためだけに、
          飼育される『パイロットフィッシュ』だ」
                              _
                            //ノl
                           //〃/l
                   `  _,,, --く∠〃〃/l
                ,  -'''´ ̄    k`'ー.<ン__       _,. - ≦フ
               /   ,, 、     ) / / / / / / `v- <ニニ三/
              /   (.(iン}     く{ { { { { { く ヾ∠二三く
             //    `~",ヶ(   } ¦¦¦¦¦_メ、ニ三三)
              ,くrI r-、   └'~  ゞ_ノ_ヾ__,ャtTTく、 ` ̄ ̄
            ´|j ヾ}` `'''――へニ三ミヾ´    \lヾい
                       `'''ーミノ      ̄ ´
56 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:01:10 ID:nW6QA.TE

「立ち上げたばかりの水槽は、魚たちにとって悪い環境だという」

  「理由は、水の汚れを分解するバクテリアの数が少ないからだ」

「そして、バクテリアを増殖させるには、水の汚れの原因であるアンモニアが必要になる」

                          /ク
            ,,イミl      /彡|
          _,∠_彡i__,ク--''-、/゙‐-、
      ,,ィユユT'';;>',ニニイYYYlll,-┴'=‐┘
  ,,.-‐个yイ二ニニイ>iiiiiiii>テ
 / (●),_〉ミ、l l l l l l l>,ミ三」
 ゙ヽ--=''----── ''" ̄

   「だから、アクアリストは、バクテリアの餌になるアンモニアを発生させるために、

    パイロットフィッシュと呼ばれる魚を、最初に入れるらしい」

  「そして、十分にバクテリアが育ってから、メインの魚を飼育するのだ」

57 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:02:19 ID:nW6QA.TE

「そうして、パイロットフィッシュに選ばれた魚は、

 過酷な環境の中、たった数匹で水槽を泳ぎ回って、水を作っていく」


                 /~{
 ,、__., 、---───,─、─'"、_,='___,. '"~}
ヽ}l ◎)ー、_、-' "~~)-k>K><- ー   ) )  {
 ~"- _, ' _)_/-、    _,...-'< ̄ ~^ 、_,l
     ~ー-、___ ),<_   /
           ヾ)    ~


     「――当然、死んでしまう魚も少なからず居るはずだ」

      「それでも、こうすることによって高価な魚も、安全に飼育することが出来る」

   「多くの人は、パイロットフィッシュたちの末路を承知して、彼らを水槽に入れる」

58 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:03:12 ID:nW6QA.TE

「そのあとに住むもののために、命を捨てるパイロットフィッシュ」

                                 r-'´|
       __,,..、----‐―――‐‐----- 、、....,,,,______/彡ンj
 __,,..、-_ニ.、-‐‐   :. ‐‐‐‐--= ..,,,__ :, :, :, :, :, :, :, :, :, ー-=、,ヨ
.(‐-  i´r‐, i r'´`ヽ -、:. :. :. :. :. ー‐-- ̄二ニ.ー‐‐ - -' '...,,,,__``ー‐‐、--‐‐=====ヽ
. ヽ、 ゝニンノ/   i.  '; :, :, :, :, :, :, :, :, :,ヽ: : : :  ̄: ̄: ̄``ー-- ̄二ニコ三三三ニ二二`、
  `ー-.、.,_´ ___ン   ノ ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;.!: : : :.__,,,,,.....、、-ー‐-、..,_/´ミミミ三=ニニ三!
       `ー-、、..,,___ :. :. :. :. :. :. :. :. _,.1t'´ ̄ミミミヾヾ丶ミ ノ   ヾ、ミミヾー-三三ニ/
             ``ー‐‐t'ヘ不ミ!  !i !i !i !ミミミヾヾン'´     ヾ、_ミミミヾヾ三/
                  !i !ヘミミ!  i.!i !i !iミ,.r'´ ̄          `ヾ、_三ニ/
                  し' ヾノ   `ー‐‐'´                `ー'´

 「それは残酷だが、必要な存在なのかも知れない」

  「そして、僕たちが生活するこの社会においても、
          パイロットフィッシュになる人がいるのだという」

59 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:04:14 ID:nW6QA.TE

「僕は、そんな『パイロットフィッシュ』を題材にした小説を、
                       彼女に貸したのだ」

                                    rく丁ヽ、
                                    トミミミミヽ,イ
                                    ヽミミ>イl|ll    、
                                     Yテ川l|入   丶
                                    ,イ川j||l/ネ人   ヾ
                                    ノ」斗イXトメ∧    l!
                                  /ヽ」ート、!>メYヌ!   !|
                                ,.ィ´j\/VヽL>、|ヽメjイl   l|
                             ,.ィ´ヽ_>、_ヽ_ト┤ヽト、ト、j∧   !l
                           ,.ィ´ート-〈:.`ヽ_」ヽ:ヽ├<イ」)j ∧  l|
                        ,.ィ:´>'⌒!::. ヽ_〉-く:.ヽ、>(´ヽ_ト、〉 ム」!   !|
                      ,. ィ'´-{:.`ヽ、:. Y⌒!:.\:. )<⌒ト>く レ' /_彡!   リ
                    ,.rく::├-、 ト-、/⌒ヽ:. >-く´L人ノYソメ メニ三┤ '′
                  ,.rく_!⌒ヽ:. Y:. :. ト、.::厂l::... ト、! (´Yノ /=ニ三/
                ,.rく__/:. :.ヽ:. :.ト-〈`丶j:.`〈_ |`Y: ├v'´ /ニ三三/
              ,.:'´∠/ ヽ_!`丶!:. .:ト、_「`ヽ!:.`! !ーイ /`ー== '′
            /:. ::. :. :.`丶L:. :.ヽ:.├‐〈:. :. ト、├.y'`j  /
          /.::.::.::.::.:. :. :. :. :.、\ノ⌒ヽ >、」: jノ ノ ,∠三ミ 、
         /..::.::.:::.:::.::.:. ヽ、:. :.:',:..::ト、ノ丁 j / ∠=ニ二三三>
       /::.::. ,. - 、::. ::. ::. :.ト、:..::}::.:| .::| 厂` _ノ ̄ ̄ ` ー‐ '´
       rく.::.: :. :( rう))::. :. :. :..!:.\ j:.ノ_ ⊥-=ニ三> 、
      ヽ、`ー- `二 _     l  ノ ノ -=ニニ二三三三>、_
        ` ‐- 、 __ >--┴‐ '´`丶、ー=ニニ二三三三`ニ==ニヲ
                        ` ー-= ニ二三三二ニ= '´

「『人はみな、一度出会った人とは、永遠に別れられない』

         「作中にあったその言葉の意味を、
                    僕はまだ、分かっていなかった」

60 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:04:58 ID:nW6QA.TE



「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」




      2.「パイロットフィッシュ」






         ,zー=ニニ二三ヾヽ
       ,Z三二ニニニニヾヾヽ
          ⌒うミニニニニニミニヾヾヽ____
       , =≦三ラヾミニ二三> ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `丶、
      /, ‐ァ=ァ=ニ三Xミニン'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(   c >
    〈///, -ァ‐ァ=ァ=X .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ´
      ノ'´///////>=ァァァァァァァァrmヾゝ
    {////////, イ ////////l川
    〈////////リリ/////////|川
   レ //////} ,ハ//////// レ{人j」
   ヾ∠∠∠∠/ // ////////'´
                〈/ ///////´
               ////⌒´
              ⌒´
61 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:05:40 ID:nW6QA.TE

「彼女が小説を読み終わったその日、僕はまた図書室に向かった」

 「どうやら、彼女は少しばかり考え事をしているようだったので、
   僕は彼女に声をかけず、対面に位置する椅子に座ってみる」

                    r=..、、
                 rー-ヘ::.::.r':.:\
               r‐、_)ヽ::.:.:.:.:.::.:ー^j_rヽ
              r:j_):..:..:.:.:.:丶::.:..:..:.:.:.::.:r':ヽ
            r..、}:.:.:.:....:..:..:..:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.ーr':\
            _ヽ:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.::.::.::.:ーヘ:..ヽ
           {_:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ―、― - {`::.:.:.:.\-..、
             _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、   _
           {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}/_:.ヽ
            ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ∠⊥ノ、
             {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小 ̄ ヽ:ヽ
          /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィト\__ノ:.:}
         /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レj:.ト- ヘ´
        /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv' |::l:. l |
       / /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ  |:.|:. l |
     , イ ´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  |:j:: j|
    /イ ..::j//    ノイ /ヽ、   ,      ,リ /_:/、) ∨   リ: .:/ !、
  /´ / ,..--イ`ー──┴''ヽr‐、--─へ . _ /}/´ヽV    l\ j:..:/  l }〉
/'  /__/  /         `ヾl     〉''´ ,、__ノ=,_ノヽ  ! ヽ/  /ノ'
 ̄ ̄ ̄ 〈             //,ィア`ー'´ ̄     ̄ヽ\  /ゝ、∧=イ
      \__,,.  --<l ̄ ̄ //             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ヽ_ 〈〈__         /
                  `ヽ-'     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

62 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:06:22 ID:nW6QA.TE


「僕が目の前に座ると、彼女は僕のほうを向いて、
 目だけで優しく笑って見せた。僕はそれに、頷いて応じる」

             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  | …どうだった、『パイロットフィッシュ』は。
           (__人__)      |
            l` ⌒´    |
           {         |
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


「彼女は少しだけ悩むような表情をして、それから、ゆっくりと口を開いて言った」


 _〕       //    〔      \ー‐rイ  く ―┐
 {      / /     l \_     l:::::::l    |二二1
  つ   /  ,    l  |   ]     l:::::::l   イ〔V  | |
 └‐t  /   l    | l  |  l {      l:::::::|     | ∨/
    L. l !  |    l| N  l_廴 ィ   ,ィヱヘ   匸. | l 確かに、良い小説だと思うわ。
     | l  l l | N ナマ彡ャ‥Y|_ 〈ヘ{そリ   | l | メッセージ性も高いし、文章も読みやすい。
       !l  トl,イ、.| jノ  ハrい 八 L. ト-r'  r イ !| ヽ
      l|ヽ ヽiYf:ハ     ゞ‐'  | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ| けど、中年の男女の恋愛観についての部分は
          liヘり    .:::::::::::. .l |l  !:::/ //   | ! |   私には理解しきれなかったわ。
          l l.::::.ヽ _ 、     l l |  !//     ! l |
          | ヽ、 ′    _//イ  |´       | l l  あと、考えさせられるところもあったわね。
         / /| ` 、  r'´ // ̄| lフ       l l  !
         //| l / ̄, ィ、 //:::::::l |ーt.     l| !
          //r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}  \   l | |
       /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|    ヽ. l/   !
       ヽ| /\:::::::::::::/:::::::>'´ ̄/::j |    l |   |

63 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:07:09 ID:nW6QA.TE

「確かに、この小説は時間の流れが大きな意味を持っている小説だ」

 「彼女が疑問を抱いたのは、元恋人の男女が中年に差し掛かって再会したとき、
    なぜあのようなことを思うのか、というところだろう」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●) うーん、実は俺にもわからないだろ。
.             |    (___人__) 第一、俺たちもまだ大学生に過ぎないんだし。
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ



   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    | やっぱり、そうよね。
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   | だけど、分かりそうで分からないというのが
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |  なんだかもどかしいのだわ。
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

64 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:08:04 ID:nW6QA.TE

「だから、彼女の言おうとしていることは、なんとなく僕にも理解できた」

 「これは、どれだけ想像しても、まだ学生の僕たちには答えが分からないことなのだ。
  それだけに、こんなにももどかしく感じられてしまうのだろう」

             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒
.         |    ( ●) (●)  まぁ、そのあたりは歳をくったときの楽しみにしとくだろ。
          |     (___人__)   いやでも中年にはなるんだし、それからまた考えれば良い。
          .|        ノ
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ


      _  }::.::.::.::.::.::ハ::.::.::.:::::::::::::::::::::.::.::.::.::.::て::ハ
     /::.:ー '::.::.::ヾ::.::.::.::ヽ::.::.::::::::::::::::::::::..:.::.::.::.::.:λヘ
 .   └┐::.::`::-::.;;,::.::.::.::.V::.::.:::::::::::::::::::::::::::.::.::. {::.、_:\
     r、_}::.::.::.::.::.::.:`::.-;;,::. ハ::.::.::_:::::::::::::::::::::::..::.::.::.::.}::.:ハ
    廴::.::.`::.:..ー::.::.:-::.:>' ´  `- 、,,;::::::::::::::..::.::.:i::.::.::.:\_ _ r 、
     _ヾ::.-::.::.-::.>' ´  /   ヽ   ` -、:::::::::::.:il::.::.::V::.iヾ::.::.:::>
    (::::::::`::-/, ィ    ./          ヾ、::.:::.: ̄ヾ::.::i .V::.::廴
     フ`::.//  /                V:::::::r-イ、:/ V::.::.::.}
     V:/ /   /  /  ,             V::.:廴::.::i  il::.::.(
    ィ::イ ./   /.  i  イ     i         i::r=イ::.::il   il:::.:::.:) それもそうだわ。
   {{/ ./ イ i   il  il     il      i   {;,;,;,;:.:.Vリ  il::.::.:廴 中年になるまで、忘れないでいないと。
   Y  i  il .il  .il  il    .イ        il  イ:.:.:}:.:/  リ:.:.:.:.:ソ 
    i .ハ  .il .il   ハi=、.il    升イ i .ハ   il  {:.:.:./  /:.:.:.{´
    ヽリilト .iトⅦハ/ィ=、 -ミ   / / .リ=ナ -i 、  .リ /ノ)/   /::.::.::.ハ_
      ハトヾ入ゞハ 伐心 ハ ノ,斗rそか㍉ /ヽ イ/:.:/┴ 、./:.:.:.:.::.ノ   ところで、アクアショップにはいつ行くの?
    / ノ人ゝ川ハ 弋ツ '´    弋_ソ ノ/イil {::イ-r=、i}:.:.:.}'//
   .//.イil /人小           フ升 ili i:.K {rj]iイr'´//
   イ// /il.// //ハ    '      イil_i_l_ilili il:.ノ人ツ //
./イ// イイr⌒>''´ \  ー―    イ:::.::.::.::::Yフ/    .//
 /// iヾ:::Y''´      >      , ;'::::.::.::.::.:{ソ-、   {{
V/ /∧::.::.::.:ヽ     _ t ` r</.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:人:.::.:.ヽ>  |.|
_,,/ < 入::.::.::.::.\_-'`-' r 人 il:.:.:.ヾ:.:.:.:.ィ:.:.´:.:.ー 、_/:ヽ..|.|

「彼女は僕の投げやりな提案を飲み込み、次の散歩の話をしはじめた」

65 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:08:51 ID:nW6QA.TE

  「これも僕たちの一つの関わり方だった」

                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ 俺はいつでも大丈夫だよ。
                     | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                      | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                  | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r


 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : : それなら、今週末でもいい?
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、  出来るだけ早いほうが良さそうだし。
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L


 「僕たちは同じ小説を読んで、そして、その小説のイメージに合致するところに散歩をする」

   「いわば、読書の延長の行為だ」

66 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:09:58 ID:nW6QA.TE

「僕は彼女が笑顔になってくれたのもあって、
  彼女の提案に二つ返事で応えた」

                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \
            ( >) ( ●)   |
             (__人___)     |   オッケイ。じゃあ、また連絡するだろ。
             '、        |
          ,,. -ー|         |ヽ___
         / .::::>-、_ ___     /ィ::::::::::::..`' ー-、
        l ::::://// ,ヽ__,. ":::/::::::::::::::::::::::.. ヽ
        」 :::/     代_|二::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::..\
       l ::::/__    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::: i
       L√:::::>、<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::v":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::: 〉ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::/::||
      ハ:::::::::::::::::: i/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::;| ::::::::::::::::::: ノ::|

        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |  えぇ、またお願いするわ。
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |   コーヒーぐらいならご馳走するから。
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i

「彼女の笑顔ひとつで浮かれてしまう自分を知って、可笑しくも嬉しかったのを覚えている」

67 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:10:37 ID:nW6QA.TE

「こうして、あらためて考えると僕は相当に浮かれていたらしい」

                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   | 楽しみにしてるだろ。
              (__人___)     |
                    l`⌒ ´    |
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|


 「これから後のことといえば、物事を深く考えることもなければ、
  彼女と約束した日までなにをしていたのかも、まるで覚えていなかった」

68 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:11:24 ID:nW6QA.TE

「そして、約束をしていた日の当日。
 僕たちは大学の最寄の駅で待ち合わせをして、
  近くにあったアクアショップに足を運んだのだった」

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
. . . . . . ._ . . . . . . . . . . . . . . . .________
:.\   イ:.:.:ト.. .__.. ... . ./.::|:─└ ─└ ─:.
::.:. \/::::::::ヽ..|:.:.:.:.:.l .   /::/:|:└ ─└ ─└::
::.::.::. `l‐...‐..┴..‐.┴‐.r'::.:. ..:..:.:|:─└ ─└ ─:.
:.:.:.::.:: . |:::.::.:.:..:.:.:...:.:.:.:..:|:..:.:..:. .:. |:└ -___‐ └.:
::..:.:.:  ,! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~.t、ヽ:..:.:.:|.:.:l.:.:i:.|[l[l[l[l|:.:.─:.
:.:..:./               \.、 . |:.:.:..:.i::|[l[l[l[l|:.:..:l.:
:/               \_|.:.:..::.i::|.   {}|:..:..‐.:.:.
                     ̄ ̄ヽ!lニコ| ̄ ̄~

69 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:12:02 ID:nW6QA.TE

「僕たちはその道のりの中でも、たくさんの話をした」
  「その話題のほとんどが、小説『パイロットフィッシュ』についてだった」

       ヽ,ヽ,ヽ
         ヽヽヽ
         | |_ri_ri_ri_
    ゝ     | r―,―,―'
    ':、   . | |  ヽ,ヽ,
      \  | |    ヽヽ
        \| |     l l' 、
          | |' 、   l l ヽ,
          | |  ~"'-l l  ll       i"~| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    ̄ ̄l゙"'i| |/\  l l"-llヽll  .   l l"l ロ ロ ロ  |-‐'""'‐-、_
    ロ .| . l| |――i .l l  ll ll .    l l .l        .|―――┬'
      | . l| | []  l  l l  ll_,.ll-    l l_,l ロ ロ ロ  | ロ ロ.|
    ~ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄l l/      \|______|__[],,,,|_
    ,,   ,,  | |  ,, /          '、――――――――――
     ,,  ,,  | | ,, /            \
         | | /               \

70 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:12:50 ID:nW6QA.TE

「そんな彼女がアクアショップについて、最初に見たいといったのが、
      他ならぬパイロットフィッシュになる魚たちだったのも、頷けるものだ」

                      _/`丶、
                     _∠フ::.::.::::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
                  / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
               _/::.:__, -─-……‐-、:L_:\
                   >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
             // / /          /了}ヽ\
            〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
              /' / / /  /  /    '  |  i!ヽ::|::::::::l::.ー─-‐{ やっぱり、パイロットフィッシュを見てみたいの。
          / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.|
            /  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′
            |l  |l |≠ミ、l| ,/__,/ / / /r=≠へ、::人_::.\::.::.::.::.:ノ  どこにいるか、わかる?
            |l  |l |{ {_j^l| / _、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y
            | ヽi|〉!   l' ´了㍉、 >、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
              ,-、/ ハ  '     ゝィ斗/イ//又::.::.::イ〉| |ト, ̄´
          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
、     \、 _ / イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
::.\     \://ーノ:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
::.::.::.` ー─‐/ /::::::::ゝ/::::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.::.::.::.::./ /::_ - / ̄⌒フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  :..::.::.::.::.{ i{:_//::::::::/::.:|::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{


                     / ̄ 丶
                     l     l
                     (ノ、_)  i   それなら、こっちだと思うだろ。
                     ∧   イト、_
                   __/::`t- "::::::::::::..`,
                 /...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                / ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::'
                i :::::::..V:::::::::::::::::::::::::::: |l
                 i :::::::: j:::::::::::::::::::::::::::::: !    __________
                   i ::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::: iヘー-r´ `ニ⊃--'
                i ::::::: li:::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::ハ__ノ{__}
               i :::::::: l l::::::::::::::::::::::::::::: i-ー" ̄  ̄
               'v:::::::へ::::::::::::::::::::::::::::: |

 「僕はそれに応じるように、彼女を案内した」

71 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:13:44 ID:nW6QA.TE

「僕が案内したのは、よくパイロットフィッシュにつかわれるアカヒレという魚の水槽だ」
  「それ以外にも、大型魚の餌として利用されているのだから、不遇な魚だと思う」


.   /      ,           ヘ   ヾ:.:.ヘi:i:i:iヘ:.:.:.:.:(_
  /      {        ', ',ハ   ! ┌┘:.:.:|i:i:i:i:i|:.:.:.:.:.:.〕
. /    ,' ,  l|      ,} ! |    |  {:.:.:.:.:.:.:}i:i:i:i:i|:.:.:.:.:く
 j   ! {_ l|  ハ     j | l.ノ   人 L_:_:.:.:.:|i:i:i:i:|:.:.:.:.:.:.} ……。
 |l!  :| ヘl| トヘ ゝ、   {ノ/ 「  / /ハ _〕:./i:i:i:i:i|:.r―イ
 ',ヘ :|   l|| /_\ l|レ'了  | >ミト、  (:.:.:r=ミ、iノ:_:] .l |
 ハ ヘ ト、 l|ハ伐心 ヘ{  ,斗rそか㍉l// : }:.{薔リ ./ | |
  マ {\メ\K弋ツ      弋_ソ ノ ./ ハ ∨ゞイ./  j ハ
   ヾゝ./ l| ハ             / /:i:i| |:i://  /イ '.
    l /  :l| ハ    '         ! |:i:i/ j/ノ  / /  l
    K  :l|  .入   ー―     | |:i/ ,l|/   / /
    l    l| イ .才`;=x、  ,x≡三| |/ / |   { {
    |   |  !∧三三三ミ/三三三l ! / j   .| |
    |   | ,j三∨三r=彳ヘ三三∧ .|/ ./   | |
    |   | /三ミ∧三{均{フ三≫三ヘ   |    ! !


  「彼女はそんなアカヒレを見て、色々なことを考えているようだった」

(参考)
http://ja.wikipedia.org/wiki/アカヒレ


Photo by sannse.

72 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:14:25 ID:nW6QA.TE

「僕はとにかく、彼女の言葉が出てくるのを待った」

            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー) ……。
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

 「少しでも急かすことは、場にそぐわない行為だと感じていた」

73 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:15:04 ID:nW6QA.TE

「沈黙は、苦ではなかった」
  「だが、相手の思考が気になってしかたないのは、不自由だ」

      「だから」

       ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、  綺麗な魚ね。
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__  尻尾は鮮やかな赤色で、
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<   身体もキラキラ光ってるわ。
     ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\
      l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\
       ll、 l、 l`,r==、   '(;;;;,! |. ll'//`ヽ  ヽ  \\
        `ヾ`lヾゝ;;,ノ      l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヽ.  `-‐  ,,,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
          //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ



「ようやく言葉を口にした彼女を見て、僕はほっと息を吐き出した」

            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |   …残酷だと思う?
          (__人___)     |
              |         |
           |        |
            ヽ      .イ_
          __「ヽー'ーー"/ L
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  / r二\;;;:::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;::::::::\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;:::::::::::::У ̄\ー, :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::// ̄}<r´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

74 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:15:47 ID:nW6QA.TE

「彼女は、パイロットフィッシュとして、あるいは餌として生涯を終える魚に、
 哀れみのようなものを感じているものだと僕は思っていた」


     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´     ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ `丶、: : : :ト.、  ,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',  「: : : : :|:.:.:ヽ: : : : : 〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', `丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : : : :ート、、ヽ
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .l i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ! ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r  …いえ、
       ノ:,'     ,'l   |     l  | l !  ! |  `丶; |:.:.:.:.:.::!: : : : : :ハ::ヽ   次はメインになるような魚を見たいわ。
        /:| |   ,' | ! .!l|    ,'| l l | l ,' ,|. |!´: :.!:.:.:.:.:.,': : : :r ' `¬   案内してもらえる?
     /:::,! |   ..L.',_ト. |',ト   / !./l/├ /¬ ¬、).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
      /:::::ハ.ト 、 ! ..l_ヽヽ\、./ l/"´ l/_∠ |  {: : :/:.:.:.:./::::::;:::ノ|    !:
      ヽ|l ',ヽ \ !,イ `` ト  '′   ,イ"´ lヽ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::!|   .!:
.        |   ト、ト.`弋..ン        弋..ン ' | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l !   |:
      |    l l.|. ',     、        l  ! .|:.ヾ ニフ   !::l. |   |:
       |   / / | ト、     ,.、     | l| |/      ヽ:| |l    !
.      |  / / | |_.> 、       _..-.、l l ! !          |.!   |
      l|  /,イ _..l l:.:.:.:.:.:.:`丶、 __..ィ´:.:.:.:.:.,' .,'::| |         | !   !
       !|_ノ' r":.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:.:.:./ /:.:::! !ヽ、       .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.! .l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.:| |:.:.:/、       ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.:``:./:.:.:.:.:.:.:.! !;/: : \     ! l   |


「だから、彼女の表情がすこし曇ってしまうのも、仕方がないと思っていたのだ」

75 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:16:26 ID:nW6QA.TE

「アカヒレの水槽から離れると、
   僕たちはメインになる魚をいくつか見て回った」

                   / ̄ ̄ \
                   ⌒´ ヽ、,_  \
               (●).(● )    |
                (__人___)     .|  やっぱり、アロワナあたりが鉄板だな。
                '、` ⌒´      |   個人的には、ディスカスなんかも良いと思うが。
             -ーー|        ト、______
            / .::::::、::|       /:::ノ:::::::::.`' ー-
           l :::::::::::::::::ヽ__、____,. "/::::::::::::::::::::::::.. ヽ
           」 ::::::::l:::: ::::::「、:::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
          l ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '、
          / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::|
            / .::::::ー-ミハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::|
         / .::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
       / .::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
       / .:::::::::::::::::::/'     `‐-、::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
      /::::::-‐…‐、/       i `ー-,:::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|
       l::::::::::::::::::::.. \       ヽ::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:::|

(参考)
アロワナ:
http://ja.wikipedia.org/wiki/アロワナ

ディスカス:
http://ja.wikipedia.org/wiki/ディスカス

Photo taken by Fanghong

                     r=..、、
                  rー-ヘ::.::.r':.:\
                r‐、_)ヽ::.:.:.:.:.::.:ー^j_rヽ
               r:j_):..:..:.:.:.:丶::.:..:..:.:.:.::.:r':ヽ
             r..、}:.:.:.:....:..:..:..:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.ーr':\
             _ヽ:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.::.::.::.:ーヘ:..ヽ
            {_:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ―、― - {`::.:.:.:.\-..、
              _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、   _
            {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}/_:.ヽ
             ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ∠⊥ノ、あら、この魚も綺麗だわ。
              {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小 ̄ ヽ:ヽ 淡いブルーが光ってるもの。
           /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィト\__ノ:.:}
          /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レj:.ト- ヘ´
         /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv' |::l:. l |
        / /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ  |:.|:. l |
      , イ ´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  |:j:: j|
     /イ ..::j//    ノイ /ヽ、   ′     ,リ /_:/⌒´    リ: .:/ !、
   /´ / ..::/_ --_.ニイ//, -ァ >、  '=' _ /}/´       j:..:/  l }〉
  /'  / :: /// ̄   /' <_:.ノ..: :`:._ァァ{、.:://:\        /:/  /ノ'
. //   ,′ / >‐`ー- ∠/   { :..:.:, =-Vォ}ソ/ :/:.:.:.:.:ヽ_   /:/_. =イ
//   l / `ヽr‐ __.:二 _>.:´ヽ/´:. .::.>_´三  ̄ ̄__ >´‐ ´ /
!{   / /    ̄ `ヽ:\/_.:.:.:.:.: { :.:.:.:.:. :.ー、ァ..´: ̄ ̄_> ´// //

「彼女はそんな熱帯魚たちを初めて見たようで、
 その表情はまた明るいものに戻っていて、一安心したものだ」

76 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:17:34 ID:nW6QA.TE

「結局、彼女の表情に笑顔が戻ると、自然と僕も笑ってしまった」

                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   | そいつはネオン・ドワーフ・グラミー。
              (__人___)     |
                    l`⌒ ´    |  ペアで飼うと仲良くやるらしいだろ。
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|

(参考)
http://ja.wikipedia.org/wiki/グラミー

Copyright: OpenCage



\\t/ /     |      | |    |  |  l     |  |
  ヘ/ /  / /  i !     l |  |   l ∥ l    |  |
  / /  /  i   | l      l ll  |  ∥ ! l l    .l  |
 i /  l  l   | ll l    | l | l  || | ! .ll   l  |  l 素敵ね。
. i |  l|  !   | |.| .|    ! ! l .| 厶-オ丁゙ l l l  へ| .| |  色合いも綺麗だし、可愛らしいわ。
|.|l /.|  | i  l .| l l  / |/ イ/ 斗l=ト、 レノ l/― ヽ ,i
.\l| / |   l |l l l  .| l /    イフUf゙゙l  l /| レ .| /
  | |  l  l .l.|iH廾─+ l/      ゞ―"~// .|  l/ノ/
  |.|   l  l!| !! Zfテミ              /./  j  i ´
  ソ   ll\l l ! ! ゞヒユ            / /  / l .|
  |  / | | / .ハ  ̄   ヽ   _.   / /  /、l  |
  /  / レ  / / ヽ    ー     //  / /l  l
 /  /   / /   ヽ、      // / / l  ハ
./  /   //i__. _r‐‐/` ー .、__ レく_ ‐´   l  /  ' ,
 /  //,イ | \_,r'"       |l"     / /     ',

   「彼女の笑顔は、なかなかに強力なのだ」

77 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:18:09 ID:nW6QA.TE

「そうして、ショップを出てから、僕たちは喫茶店に向かった」

   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|  ほら、約束どおりお茶代ぐらいは出すわ。
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|   もっとも、必要ないならそれでもいいけど。
:/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ'
.  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |
  |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |

                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (⌒)(⌒ )    |
               (__人___)     │ あぁ…いや、自分の分は自分で出すだろ。
                   '、'ーー´   'J |  こっちばっかり話してしまったし。
                |        |
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

「そのころにはもう、アカヒレの水槽の前で見せた表情は身を潜め、
  彼女はもう、いつもどおりのいたずらっ子に戻っていた」

78 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:19:16 ID:nW6QA.TE

「僕たちは窓際の席に向かい合って座り、
  通りを走っていく車を眺めながら、ゆっくりと飲み物を飲んだ」

                                i:              ーミ込xr}、、'、ィ爻ミ爻爻爻ミミミミ
                   丶 、      ` fr'、         、x、メミミ爻シメ爻爻ミ爻爻爻ミ
                        `丶 、    .||,, 丶        メ爻爻ミ爻爻ミミxメ爻爻爻爻爻
                           `丶、 オ}‐ `i!、        ,、xィ'⌒ヾ爻爻ミミ爻爻爻爻爻ミ
                 _     _ 、xメ     `|ト 、 .i! }、      ィヌト、,__,ノ|爻爻爻爻爻爻爻必
             l      |    、!彡爻、 ,、__,x . ||  `:i!、!`i    ,ム爻||  ̄ ||爻爻爻爻必必必必
         __  | ,,,   ,」,爻; __ 彡彡爻,|.| |爻、||,!  :i!_j`:||!   .xメ爻j|| // ||ェェェ王ェェェェェェ]王ェェェ
公、、合且、、、卅<尖┘…゙'''゙'''''゙宀宀べ丐丐¬冖'''''`^´`,,.. -‐:'.:   iキキキ|| // ||圭圭|圭圭圭圭|圭圭
: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : ,, ,, xx _,-==冖'''''""゙゙゙´  ,, :;' "   . 寸ヨ|| // ||圭圭|圭圭圭圭|圭圭
: : : : : : : : ,, ,, 、、 ィィ_,,.llll!!!!-‐…'''' "´             ,.:',:ノ!  .:.:.:.:.:.:.:.:`:|| // ||圭圭|圭圭圭圭|圭圭
;,;,;,jjjjllllll!!!!!-‐''''"´                   , :',:/;:′     : .:.:.:.:.:||___||圭圭|圭圭圭圭|圭圭
'''""´                         , ',.:/;:.'           |l   ||圭圭|圭圭圭圭|圭圭
                           , ' ./7::;.'    .     . : .:.:.::::|l:::::::::||`守ヌ|圭圭圭圭|圭圭
                          , '  /_,/:'                || .:.::||::::::`守}ヨ圭圭圭|圭圭
                        , ′    .:                  |Kニ>!! ..   `守}ヨ圭圭|圭圭
                       , '      .:                :::{     }::::::::::::::::`守ヌ圭|圭圭
                      , '  /´ア'‐ァ'              ...........:.:.:.:::::::::::.....:::::::::::::.:.:`守}|圭圭
               , '   ∠ /::::;::'                .. ::::::........:::::::::::::::::::::::::::::::`寺圭ヨ
               , '   / ./:l:::;:'                   ..... :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`守ヨ
          , '    ∠ /::::::;::'              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`

                     「僕はアイスコーヒーを、彼女はアイスティーを、一杯ずつだ」

79 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:20:03 ID:nW6QA.TE

「喫茶店で、どれぐらい話をしたのだろう」

 「話に熱中していたようで、僕からは時間の感覚なんてものがなくなっていた」

「それでも、適当な時間を見計らって喫茶店を出たことは覚えている」

 「そして、二人で帰り道を歩いていると、彼女がまた口を開くのが見えたのだ」

                      _/`丶、
                     _∠フ::.::.::::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
                  / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
               _/::.:__, -─-……‐-、:L_:\
                   >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
             // / /          /了}ヽ\
            〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
              /' / / /  /  /    '  |  i!ヽ::|::::::::l::.ー─-‐{ 今日もありがとう。
          / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.| 楽しかったわ。
            /  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′
            |l  |l |≠ミ、l| ,/__,/ / / /r=≠へ、::人_::.\::.::.::.::.:ノ
            |l  |l |{ {_j^l| / _、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y
            | ヽi|〉!   l' ´了㍉、 >、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
              ,-、/ ハ  '     ゝィ斗/イ//又::.::.::イ〉| |ト, ̄´
          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
、     \、 _ / イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
::.\     \://ーノ:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
::.::.::.` ー─‐/ /::::::::ゝ/::::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.::.::.::.::./ /::_ - / ̄⌒フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  :..::.::.::.::.{ i{:_//::::::::/::.:|::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{



  「それは別れの言葉で、僕はその言葉にただ頷いて、別れるつもりだった」

    「けれども」

80 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:20:52 ID:nW6QA.TE


  「彼女の言葉は、僕の意に反して、まだ続いたのだ」

      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈  ねぇ、やらない夫――
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |
            /'   ノl j/ ㍉ト(  ノ l (   \  |  |
           ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |



       ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<  ――メインになった魚は、
     ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\     罪悪感を抱くと思う?
      l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\  
       ll、 l、 l`,r==、   '(;;;;,! |. ll'//`ヽ  ヽ  \\
        `ヾ`lヾゝ;;,ノ      l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヽ.  `-‐  ,,,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
          //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ


      「それは、たった、たった一言だった」


   「その一言で、僕の身体は動かなくなってしまった」

81 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:21:35 ID:nW6QA.TE

「僕は、彼女の言葉の深さが、分からなかった」

  「その表情が、口調が、いつもの冗談じゃないということを伝えている」


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |  メインになる魚が、だって?
          (__人___)    |
              |` ⌒´   u. |
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |


 「僕が理解していたのは、何かを答えるべきだということだけだった。」
 
  「だが――僕は何を答えたらよかったのだろう?」

82 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:22:19 ID:nW6QA.TE

「僕が答えを求めて困惑していると、
      彼女が突然、くすり、と笑った」

        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |  変なことを言ってごめんなさい。
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !   忘れてくれても良いわ。
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i

                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (⌒)(⌒ )    |
               (__人___)     │ …いや、俺こそ上手い返しが出来なくて悪かっただろ。
                   '、'ーー´   'J |
                |        |
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

 「僕はおどけるように笑った彼女と、同じように笑って見せた」

  「だが、せいぜい僕が作れたのは苦笑だけだった」

83 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:23:13 ID:nW6QA.TE

「彼女は、そんな僕を見てもう一度笑うと、繰り返すように言うのだ」

                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、 …じゃあ、今度こそさようなら、ね。
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\  また大学で会いましょう。
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、  次は、私がオススメの小説を持ってくるわ。
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ    綺麗なお話だから、読んで欲しいの。
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ

.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l そいつは、楽しみだろ。
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}

「そして、彼女はいつもの笑顔で僕に小さな手を振って、駅の改札を通っていった」

   「僕はその姿を、ただ食い入るように見つめていた」

84 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:24:19 ID:nW6QA.TE

「しばらくは、動く気にならなかった」

 「だが、そういう訳にもいかず、
  ひとりになった僕もやがて、改札をぬけ、電車に乗り込んだ」

   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::ヽ ,.-ー=ニ、
   l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ──────────-- 、._// ̄ /
    ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./    /
    j :::::::..∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
   i :::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  ,イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /.
  l :::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  | :::::::::::::::j :::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    / j
  l| ::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::://              ( ̄ ̄ ̄ヽ  /:::: i
  ノ .::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::://             r―- ニ二ヽ  \ ::::::: i
 / .:::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::://             ヽ ‐- 、_ \,  丿::::::: i

 「相変わらずの、いつものくせで僕は本を開く」

   「だが、本の内容はまるで頭に入らない」

85 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:25:10 ID:nW6QA.TE

「彼女は、僕に何を聞きたかったのだろう」



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ     { )     j
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,





         「どんな言葉を、求めていたんだろう」

86 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:25:50 ID:nW6QA.TE

「僕はなぜ、言葉を出せなかったんだろう」



              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,





   「そんな後悔ばかりが頭の中をグルグルと回っていた」

87 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:26:32 ID:nW6QA.TE


「そして、僕は気づかざるをえなかったのだ」


    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,




  「僕が、

     彼女のことを何も知らないという、事実に」

88 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:29:06 ID:nW6QA.TE

「彼女は―

                            _,,,...、-‐==='ヲ
                   _,.、-‐ュニ二ニ三ニ三ニ三二三,.r'´
             ,ィrィァイ'ア7フ〃,r'´彡'彡'´二彡三ニ,.r'´
        ,.、-‐.‐'´ ̄``ヽ/_/i´//r',.r'彡,、-'´三ニ二/
     ,.、-'´., ..;:'    : . : : `ヾ、//,.r'彡'´,r',.r=__ン
 _r、‐'´   .,:::;::.     :.:.:.:     ;:,,r'彡彡,r'´/´
 !ミ、ヽ r''_`ヽ::.     ::::::      ,:;:;'i彡彡r´/
  i ヽ! i,.t_ノノ::;:.    ::;:;      ;:;:;:; i!彡,r'/
  ! .` ,;:;`"´      ,::;::'     ,:;:;:;:'  !彡ノ
  ヽ ,:;;     ノ  ,::;::'     ,:;:;:;:'   ヒ´_ ______
   i`ー_,.、-‐'´   ,::;::'      ,:;:;:;:;'    ,.rイ三三ニ三ミt、.,_
    !::.       ,:;::'     .;:;:;::'    /ミミミミ、三三二ミミ、)
    ヾ、     ,::;:'     ,:;::;:;'  ,_  !ミミヾミミミ三二ニ、,.r'
     Yiヽ、   ,::;:'      ,:;:;:;:  ,i´i`〈ミミヾ、ミミミ三ニ>'´
     !i ::!ヽ、 .::'     ,:;:;:;:;'. , i !!|i | ヾミミミヾミミミ、/
      ! .:i、 `ヽ、    ,:;i! !i i ! i i| !!i、 ヾ、ミヾミミt/
     !.!i !    `!.´川 |.ilil i !i !i.|iヾミ、.〉  ヽ、ミミミ/
     !i i.!     `!i !| !ilil| !!|i !i|ヽミ、/     `ー'
     i.! !i     !I i illil! !i| !iヽ、ミ/
       !i i.!     ヾ! ilil| i !!ミヾミ/
.       i.! !i       ヽ!ili, !iミヽミi
       ti t、       ヾil ミミヽi!
.      't、ヾ       ヾi, ミミ!
       ヾ ヾ、       ヾミミi
        ヾ、`ヾ、     ヽミi
                   `ヾ、  この小説を読んで、
                        一体、何を思っていたんだろう」 




     「僕は、もう一度、『パイロットフィッシュ』を開き、
               彼女のことを考えながら、読み始めた」



       「まるで、それが宝の地図であるかのように、
                             しっかりと」


                   つづく

 
0 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/11(日) 22:32:53 ID:nW6QA.TE

ということで、第二話『パイロットフィッシュ』終了です。
おそらく「どういうこと?」と思うところが多くあると思いますが、
そのあたりは物語の中で説明していきたいと思っています。

なので、よろしければまたのお付き合いを…

今回の第二話のベースになったのは大崎善生さんの「パイロットフィッシュ」です。
時間と人の流れがとても伝わる、大好きな小説です。
機会がありましたら、どうぞこちらもご覧くださいませ…。

閲覧、ありがとうございました。

89 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2012/03/11(日) 22:32:22 ID:XvYhSeTM
乙でした!
真紅さんの問いかけは難しい……というか、残酷な感じがするね。
大きな伏線になりそうでこの先の展開にも期待です。

読み返すと新しい発見が出てきそうなので、もう一度1話目、2話目と読み返してきますw


92 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2012/03/11(日) 23:26:54 ID:GodcugRQ
乙。
話の先が気になってしょうがないぜ。


94 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2012/03/11(日) 23:56:01 ID:voBBmZEM
乙!
全部を読み終えたときの読後感を思うと、今からワクワクするぜ。
次が楽しみだ。


95 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2012/03/12(月) 00:55:16 ID:lpqGsH1k
乙でした。自分がまさに今大学生なので、色々とない夫の気持ちに共感できる……ずきずきくるわ

96 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2012/03/12(月) 02:36:18 ID:dk.elOM2


パイロットフィッシュ……何とも懐かしい作品
これを読んで、『アジアンタムブルー』を読んで……
「うわぁー」ってなった思い出が未だに根深いw


97 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2012/03/12(月) 02:39:17 ID:NQAvekkw
乙です

パイロットフィッシュ (角川文庫)

元スレ
やらない夫と真紅が、小説を読むようです

アクセスカウンター
アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


3883 『やらない夫と真紅が、小説を読むようです 2.「パイロットフィッシュ」』の前後エントリー2012年03月12日 18:25

纏め作品一覧やらない夫と真紅が、小説を読むようですの目次


12469 名前なんて無いだろ 2012年03月12日 18:51Edit
1話2話と読んできたが
これは名作の予感がする
12475 名無しさん 2012年03月12日 20:24Edit
イニシエーション・ラブを思いだした
あれは叙述トリックだけど

あと最近は微生物売ってるし生命力ある魚なら長生きするんだぜ
12476 名前なんて無いだろ 2012年03月12日 21:26Edit
僕は秋刀魚が好きです(´・ω・`)
12478 名前なんて無いだろ 2012年03月12日 21:55Edit
パイロットフィッシュ、読んでみるかなー。
12483 名前なんて無いだろ 2012年03月13日 00:01Edit
こういう雰囲気大好きだ
12485 名前なんて無いだろ 2012年03月13日 00:27Edit
さて、やる夫jpの今年のお勧めにしておくか・・・
12488 名前なんて無いだろ 2012年03月13日 01:37Edit
良いなコレ
俺も恋人と付き合う切っ掛けが小説だったから、凄くこの空気好きだ
12557 名前なんて無いだろ 2012年03月15日 22:57Edit
なんか、橋本紡の「九つの、物語」を思い出したな。落ち着いてるが引き込まれる感じとか。
本を読みたくなるように紹介できるってほんと凄いんだぜ
19590 名無しさん 2012年12月07日 20:31Edit
恋人でも美人じゃなくてもいいけど、読書の趣味が合う友人がほしい

貸し借りはあっても、ここまで語り合うこと無いからなあ
34065 名前なんて無いだろ 2014年04月14日 04:17Edit
1話でしっかり物語がまとまっていたので読み切りかと思った、続きもよめるなんてこりゃ嬉しい
パイロットフィッシュフィッシュときてじゃあメインは?ですか
コレは意表を突かれてまたまたやらない夫とおなじ!!?な気持ちを味わってしまった、作者さんの話運びうますぎるww
罪悪感を感じるのは外で見てる人だけか
もしかしたら、こんな自分を閉じ込める環境を作ってくれたパイロットフィッシュを恨む事もあるのかなーとボンヤリ思った
この辺りストーリーの軸になりそうな予感なので先読むのがまたまた楽しみです、乙

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!