やらない夫と真紅が、小説を読むようです 1.「海」

2012 03 11  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:完結作品1話目, |
2 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:00:12 ID:zgOhGsTM




「やらない夫と真紅が、小説を読むようです」

         1.「海」

            r1
           jこ!
           ノ-‐',
          j,. -‐ヘ
          厂_,. -‐',
           ノ-‐ ' ´_,.i
        /r‐_ 二 -‐l、
       ∠ニ二三ニ三ゝ、
      ,イ=ニ二三三チ==、!
     / ! l_L⊥ ┴ァ'     ト、
    ├ー!l {」{_{_ L/ ヽ、ヽ、、 ト、ヽ、
    レ‐i!T{丁フ′`ミミヽ>'´::ヽ、',
     ',___Vて「 --=ミミ,>'´三ミ,:::'、ヽ
     ',. ヘ{{!| -=三/r=ミミ!|li|::: ', l
      ヽノヽ_! =ニj//r,))}}jij:::  ! !
       `ヽ/」三シ!l!t三彡j/::  | l
         ヽレ'´ !三彡'ノ  :.   !
          ト,彡'ト-‐ '´    :;:,. l
          | V´/! : :. :. ::.  /
             ! `くイ :; ,: ::, .:::/
           l   _,へ ___,. -‐ '′
          し'′
3 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:00:59 ID:zgOhGsTM


「彼女はとても、知的で、クールで、それから美人だ」

                      ,r===ュ
                   ㌶㌶㌶
                     _,㍊㍊㍊、_
                  _.._   !` ー --- ‐ ´!
                 ノ: : : ` :!      .:.:!
              ,': :ノ: : : : ` ー --- ‐ ´`"''‐- ..
                j  ! `"''‐- .._: : : : : : : : : : :/i:!
                i  i: : : : : : : : : `"''‐- .:_/: : :il
            ;  ; : : : : : : : : : : : : : : : : !: : : : :il
           ,:. ,: i : : : : : : : : : : : : : : : l : : : : i!
           .′.′; : : : : : : : : : : : : : : : i : : : :.:'
            ; ; : : :!: : ; : ; : : : : : : : : : : .; : : : :;′
            i |:./: : : : : : : ' : ' : : ; : ; : .; : : : !
            | `"''‐- .:_: : : : : : : : : : : ' ; : ; :j
           `"''‐- .._  `"''‐- .:_ : : : :.!; : :′
                 `"''‐- .._  `"''‐:i.;′
                         `"''‐- ;j!


     「そして、どこか子供っぽくて、好奇心旺盛で、可愛らしい」

                _,ィュ、_
              ,. -‐''´ /  `ヽ、`ヽ、
            /     /         ヽ:::.\
          l    /         l:::::::i
          |                |:::::::|
          |                |:::::::|
          ノ               |:::::::|
      ,.へ               |:::::::|
      /.::::::.`:::::.―-......__      /::;/
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄::7´
   〈.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   `  ‐-  、::::::::::::::::::::::::::::::::::/
              `ヽ、::::::::::::::::::/
            `ー― ´

4 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:01:56 ID:zgOhGsTM

「僕が彼女と出会ったのは、大学の図書室だった」

「高いところにある小説に、手が届かなかった彼女の代わりに、
 背の高い僕が手を伸ばしたことが会話のキッカケになった」


 ヽ    /                  \    /
 \ ./   /           ヽ       ∨ ./
   .′  /           \  、       } /  /
    i   .′ / , ,. /   ヽ   l ヽ      Ⅵ  .  /
    |  / i!  i! .! .! .′    l} 、 iヽi、 l!     l!  i  !
   ! i! |! .ハ!_l!_l!_{!    .ri! i !¨l;!キ ト、l!   l!  |. {
 、  '.. {! l!/!ヘ ハl! l!、   j W  l! V l!l!   j!  ;  !
 ノ  ! i! lヘ l! _l!_l!_ l!ヘ   ! | l!j!x==t、l!} l! .ハ   、.i
 `ーァ ヘ!キ {iヾf.{_fY_iヾ'.  l!リ イl!{_fY_i l! ハ!.ljヘ
  〈  ll '. ト 弋zノ    ∨   弋zノ l! ! | リ ハ
   て  l!キ!ヽ!                j!  l!   ヽ
    ` ̄ヘ. ∧、 ""   ′  ""U .オ  /⌒i
        キ .∧\   (  ̄ )   /l! /  .!       /.i
      r‐ヘ .∧―≧:、.  ̄  .≦  ̄l! !   ,'    /  /
      {   キ ∧    r仁Z`iヽ   l. j  i    /  /
      .ハ   '. ∧   ヒンニュウ′  l! ,!   ! 、 /  /
      _ヽ  l  ト、  /〉¨^ー __ノ /     .´ イ      _
     /  \_! .! ヘ´ /     //          ` ̄ ̄ ̄´ ノ
     ノ      ム‐≧三}′   _ /    ヘ     T. ̄ ̄´
  /       {三三三リ  ( ̄  __           ヽ__
./        ヾ-ァ ´   ` ̄´  `ー  ^ヽ、   ,\_ノ

5 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:03:05 ID:zgOhGsTM


「話してみると、彼女は僕と同じ、文学部の一年生に在籍しているようだった。
 そして、どうにも、僕と同じように小説を読むのが好きな人種だったようだ」

        _)≫:::::::::::._ ''"         ` 丶、:::::::::::::.(_
    __(::::::::::::::::::::::/               \::::::::::::::::├─x
   ./ r─.≧:::::::./                 ヽ:::::::::::≪ニ7》
   に二三彡::::.∧                    ハ:::::::::.|\Y《
   仁{_/つ::::∧                    :ハ:::::::) . ) )
  . 廴__,.イて ,'.l                 j | |  |  }::ム辷彡'
   .ハ ; (::::.| |  { | | ハ V     .l   イ.∧ l  | :!.|::::/. | |:| 大人になってから「銀河鉄道の夜」を読むと、
   .ハ ,: l| 辷| l  .V.L | ハ.ヽ    | / ,/7 .Ⅵ jl !.}:::}  .| |:|  以前は気づかなかったことに気づけるの。
   ハ:/ :!l  .|!ト{  .ヘlV>>zリ,,,. ハ  l/./ィ-七7.l ∧リノ|::lハ  | |:|
  .ハ/ ::l|  .|::|ヘ\ =Y´jう㍉`\V/7´たうj.Ⅵ从ンj .|:| .l.  |:|
   /  !|   |::ト叮アト、ヘ. ヒン        ヒン  7イ |ソ}l::| .l   |
  ,'   |   |::|.  | .l∧         ,       ./ ! .|'  川 :l:   i|
  .′  :|   川  .l .|.`ヘ.    r─‐┐   / /l .|    |:   i|
  ;    :l      / リl.  >、.  ` ー ′ .イ.  |..|..    |::   |
  |   ::|    / .∧}./´.::.ニ>tー 'チニ`ーzxノ八.   |::   |
  |   ::|    ./ /´::マ.:.::.:.:/ニ{ 只 }ー=、...:.:.://::Vム  |::   |
  |   |  .//>、::マ: _,::-‐‐'..:》ー.イ :.:..:.::`ー//::〈 .Vム .|::   l
  |   ::l .《∠≪:::::::へ.マ .:.:.:.:.:.::イ|:::::ト、.:.:.::. //:::::::\Vム,!|    |
  |   ::|::: ヽこ二ニミへマ .: : /.:.:|:::::|.:.\__./ムニニ三彡'l::   |
  |   r上≦三ニy__ > 小く. :.:.::::|:::::|:::.. \:::::ィ≪<::::::入.l    |
  | r─{    ¨´`ー三三>-x _|:::::L_,,-‐'¨,ィ<≪三>カl   .|
  | ∨::ヘ.         ̄`¨三≧|:::ィ≦三‐'¨´        .|::≫|ー-、
  | ∨::::`、             .{| ̄ ̄|}            .|:::::::::::::::/
  |  ∨(⌒ヽ          ||    |}          /⌒)::::::::::/

「そんな僕たちが友人になるのに、時間がかかるはずもなかった」
「すぐに、僕は彼女と、読んだ小説の意見を交換するのが好きになる」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒) へぇ、宮沢賢治も読むのか。
.             |    (___人__)  カンパネルラの旅だよな。
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、

新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

6 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:05:38 ID:zgOhGsTM


「彼女はよく僕に、自分の好きな小説を薦めてくれた」

 「そして、僕も同じように彼女に小説を薦めることになった。
  このあたりも、必然的な流れがあったように思う」

                、_          , -―  ―- .、          _)
            _ノ        ,  '´              `  、    (_, ^i
         ,.-‐(__       /                     \    _ノ,. -‐-.、
          | r‐-ァ_)   , '                      ヽ   (ノ)<フ /
           rt  ̄(__   //                     `、    )iヘ、X
        i l´ヽク/ノ  //      j            l i       i  (〈_l V /
        ヾ= ,イ(__  l |        小          | |   `i    l ( ゝ---' 小川洋子の「海」という短編集は
          /.:l|i フ | |  { | |  :i| i       |   ,| ト、 |  |  | |  ):i:::|::::|  とても素敵だから、一度読んで欲しいわ。
            /.:/.|l 弋っ| | .: || |、:;| l |      |  /l/ i l|  |  !:i /:::::k:|!:::|
        /.:;/ |! ::|〈 :i.|| 、 | |什三|上i k. |  .j / / リ  |ム j  , j l 〈::::: i:||::::|
        /.::/ | :::| | :| |kl  ヽト.l ,ィ干=tt_ヽ|、 .ノ/_ム廾下、 | /, / /,'i :l|:::: . l:||::::|
        /.:::i  | ::::| | ::|c,ヘ ヽゝイ f¨:::::::ト ̄ヾソ/ノ彳¨::::::} |ト,リ/iノノ | ::|l:::. |:!|/
       \|  | ::::|.|::|{回}) |、`代::.o.ノ       弋::.o,ナ'´ソ! |{廻})::||::::. |l
          | :::::| | :::i⌒ l . |`y   ̄    ,     ̄  / l |´⌒|..::||::::: |!
            | . :::::| ヽ、l  .| .|.∧      ,へ―┐     / . | |  ヽ、||::::: l!
.           | ::::::|     ,! . ,|.  >    i .|__ノ    .<  l . !     |::::. . |
          | . ::::::|    ,.' , '.L. -―....>| .L_  < ,...‐-..、..,| |    |:::::. |
           | :::::::|   ./ /::|..|::::. .:::::::,-,!  |_,,.. -、/~ 〉  .y'k .!     |:::::. . |
            | :::::::|  , ' 人::::| l::::: :::::::;;/ "´     〉 /.、.:::,' .ハ ヘ、  |::::::. |
.          | :::::::レ' , '  ヾ! lに:: '´/   ー<;: { / .::/ ハ\ゝ、`.、 .|::::::. . |
         | ::::::::ト、 ̄二‐- l |.::Y::. i′  _,,__ `Y/ :,.' /   `、ソ ゝ|:::::::. |

「彼女がもっぱら、敬愛していたのは小川洋子という作家だった。
 僕は彼女に会ってから、その作家の小説を初めて読んだ」

海 (新潮文庫)

7 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:06:43 ID:zgOhGsTM
「結論から言えば、『海』という小説は僕にとても大きな衝撃を与えた」

           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    | ちょっと待った、なんだこのエロさは。
          (__人___)     | 「バタフライ和文タイプ事務所」って短編はすごいな。
          '、`⌒ ´  u  | 正直、活字を題材にして、こんなに官能的になるとは思わなかっただろ。
           |        |
           ヽ 、     イ
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V

「小川洋子という作家が書く小説は、非現実的だった。
  だが、それでいて、身体に直接的に響くような生々しさも混在していて、
   奇妙な気配を漂わせていたのだ。それがたまらなく心地よかった」

              _n_r‐vーy、
          i'y厂し'f      ⌒^ト、
          _f !  , ノ-――-  ,    ⌒i_
         コ 上'           \   ム
       ,r┘之,            ヽ   ク
       _ュヾス  /            i  ヒ
     .,イyセ |rュ | | / i||| | | i iヽ i .ユ
   /! f|rェ ij.k' | || |  |||| | | | || | __}'  でしょう?
  < ./| j ||y !,ヒ|r' || |  |||| | | | || |_イ  私も初めて読んだときは驚いたわ。
    V_| | |iム@yウ,| ||+-j-!-jリ!/リ-|-+ !, ハ'
     `L!| └rYィ` l将圭w^   ィ桂永 i ト'
     | | |j!| i|  |戈ン    戈ンy| |
     | | |kヽ._i  | ""    ,  ""/|| |
     | | ||  |  |\    rャ  /| || |
     | | ||  \ \_f二>n<_フl|/j /
     | | ||  /^y./し,  ュ9く,  /ソ/、
     | | || / f二二了 小^  ヒ二ニ7
     | | レ  .ム二二ス__,イト、_{二二ヌ
     | | /    j二二コv  i,l   | ヒ二ラ|_

8 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:07:57 ID:zgOhGsTM

「彼女は決まって、自分の薦めた小説が褒められると、
 自分自身を褒められたかのように喜んだものだ」
               ,...-┐ ,.-―-..、
           ,.イ:::::::::::|/:::::::::::::::::}
        _ r'´::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ゝ__, -t
         ,イ:::} ヽ:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/:::::::::::}
       /::::::::しi´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐'
    , -、く__:::::::l::::l:::::::; ィ ´  ̄ ` ー- 、::::::::::廴
 __,ノ: : /: : /:::::::::; イ            `ヽ:::::_ノ
/:.: : : :r‐r‐'::::::/       i    ヽ ヽ ヽ:〉
〉: : : :く: :|:::::::/        l      :,  ヽ i
: : :.:`:iト、l_::::′ /      !     トム- l !  こういった文章を書ける感性はすごいわね。
: : : : :.{三ミi!/ /    /   i /! i  l lイ 从l /i/   まるで、目で見てきたように非現実を描いてる。
: : : : : ヾ三}i  l    l /-/‐l‐从ヽ レ',イ}ヽ! /}    きっと、この人には感じられる何かがあるんでしょうね。
ゝ: : : : : ヾ/l ト、!   l l' /xョョュ、   ヽ弋リ ! l
 ヽ_; -、: :{ frzヘ  ヽヽ '弋リ      '  八}
.,ィiタハ /}`ヘゞ"ノiヽ、ヽヘ       , ,イ
.ヾミxv三}  ヽ`ー、:__ヽ ヘ-     ̄ ィl !
   ヾ三}   ヽ /: : ヽ `ヽ二ミ}¨ __l,x=ュ
   〃ゞ' ヽ   ∨: : : : : `: ー―-'寸三ミ}
  〃   ヽ   }: : :、: : : : : : : : : : :Vミ三!
  {{      }  l: : : :ヽ: : : : : : : : : : `tリ

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)  …あぁ、まったくだろ。
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

「僕はそんな彼女の、子供のような笑顔に強く心を惹かれはじめていた。
 そして、そのことに戸惑いを抱かずにも、いられなかった」

9 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:08:54 ID:zgOhGsTM
「なぜなら、僕がどれほど彼女を異性として意識していても、
 彼女は僕のことを異性として見ていないということがすぐに分かったからだ」

                      - ─- 、       ノノ
                     /      (,ヽ、   ((
                   /     _,ノ___ヽr__i____ ノ
                   /    (√丶丶´v┬─'"  こんなにエロい小説を薦められるなんて…
                    i U   | )     j      男として意識していないってことだろ…
                  ,.ト、     V     /
               _,/( く、.    (    r
        _, 、 -― ''":::::::::::\::::ヽ,ヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
       /;;;;;;::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',;;;;;
      丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( ;;;;::::::::::... ',;;;;|
     r ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;ハ :;;;;;;::::::::.. ',;;i
    / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: !;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',
    / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::!;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;;;;::::::. ',

「その事実は、僕の戦意を失わせるには、
               あまりに強力だった」

10 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:09:50 ID:zgOhGsTM

「それでも、僕は彼女から目を離すことが出来なかった。
 困ったことに、僕の恋愛感情はずいぶんと根深く巣食ってしまったらしい」

           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   ,      〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::|  |::::::::〈 、 、〉
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
           、λ、  、   .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |  この「缶入りドロップ」って短編もいいわ。
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !    !  ほっこりするというか、優しい気持ちになれて。
             ` |゙ |}´   _ ""/l | (ノフ   、   、
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |
 ヾ`ヽ,/´,. - '^ヾ、.∧(::::::::Y::::::::::::ゝ==':::::::::::ハ   、  、
.  ヾ'- '"´     ヾv‐‐{〉::::::::::::::::丶ノ::::::::::::::::::::::\. !   !
   \\      ヾ、:::/::::::::::::::::::::::::|::::/'⌒ヽ:::::::::::::`>  .|
    、 、      ヾ、ヾ::::::::::::::::、::::|!´:::::::::::>―^、/ ト、!
     、_ 、      y::::\::::::::::::::、:"::::::::/!`ヾ<.    !l、 、
    ._i^!レr 、,. -≦´:::::゙:::|:;:ヾ:::::::::::::::::/::::∧::::::::\  ||  ',
    {::ヽ  ヾ:::::::、::::r‐::':;:;:;:;\::::::/:;/´:::::∧:::::、::〉 .!!  、
     ゙ー1`=〈::::ノ:::/!::::::::;:;:::::::: ̄:/:::::::::::::i:ヾ:;::::::〉 ,'l    !


           / ̄ ̄ \
            _,ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)     |  …あぁ、たしか、子供をあやすオジさんの話だったよな。
          '、`⌒ ´    |    二ページたらずなのに、妙に印象深く残ってる。
           |        |
           ヽ 、     イ
           ィヽ-ー ≦ノ7
    _, 、 -― ''"....:::::::::::::::::::::::::::ト、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........--、
  丿.:::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r::::: {
  r :::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,::::i
 /.:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::i
/.:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V

「このまま彼女に意識されることなく、ひとりの友人として過ごせるのなら、
 それもまた良い生活ではないか、とも考えられた」

11 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:10:56 ID:zgOhGsTM
「こうして、僕の片思いなんてものに彼女は気づきもしないまま、
 僕たちはいつものように小説を読んで、語り合った」

  「僕たちが会う場所はほとんどが図書室で、気が向けば学内のカフェに向かう時もあった」

                      ,. '   ヽ
                    ,.イ     /
                ,. - ' /三三_   /
       _      ,_,.. /  / ̄ ̄ ̄ `ヽ r-ァ― 、
       / ヽ  /..f|    -|         ヽ〔 三  ヽ.
      |   ヽ/....三l    v'           ヽ./   |!
      f   l! .|三三l   f  /          \  j
      __ゝ,. l. l.三三|   /   /        .i       V,.,__ 短編が気に入ったなら長編も読んで欲しいわ。
      7 ゝォ ゝ!三三|/ ,′´/  ̄`メ| l   |       ヾ三. / 代表作は「博士の愛した数式」だけど、
       攸.  |三,r !{ !  /{_/} | |  ,′ !      〕三 /「凍りついた香り」や「沈黙博物館」も素敵だわ。
      / 〉'´ヽ 〉rt:ヾ|Ⅵ ,ィf爪 心、 リ  /  | }、  }  |ニトv'
    'Y |i ヽヽ√ミfr@jY/, f{ん'///  ´_}/ 从ノレ∧ ′rイ`!i
    ヾ,/¨ヽ ヽヘ`´〃l ヘ代辷ン     厶ィj',ィ笊/  / /:::L_l!
.   ,' /   N  `ー、 Vリ`           ん/,厶イノ _∧::|
   {, ´ ̄ ̄`ヽ\j、人|! | ヽヽヽ   , 弋ン/if |  f ルヘ
   /       \   |! |       -   ヽ ,イヘ`ヽ | ./∧ \
.  /     ´ ̄ ̄/ ̄ ̄|! |`Y⌒ヽ、     人  ´ヽ // f'|`ー,i
  {   / ̄/      |! \ノ   ハ=‐r<  \ ./∧ .|  l
 ハ    ´ ̄         \  \    ヽ(_ノ }__,ノ// ヽ.ノ  l
 ー‐\______/\|!  |__,ノ´  ̄三  \ レヽ\ \ `

凍りついた香り (幻冬舎文庫)

「そして、彼女との出会いが僕の生活の指針を決めたようだった」
 「サークルにも所属せず、コンパにも出席しないまま、僕は小説を読みふけるようになる」

「このとき、僕にもっとも必要だったのは、彼女との接点だったからだ」

                    rーイ ̄¨ト、-┐
                 ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入
            .  _i -、_>- --- <:::::┴i
                〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ 短編はどこか翳りがある内容だけど、
              _|::-./ :i ,l|  li  i,   i:::::〉 長編は総じて、ロマンティックなのも特徴的ね。
                 ┐::i  |Vlハk i|⌒ソ . i_イ  
                  九ハ_i ,=ミヽ 'ィ=ミ、ソ ハ ヽ、  もっとも、短編にもロマンは見え隠れするけど。
                /| ト、 " 、-, "/ /  ヽ. .)..
            ,--,~~、>~~'-、}   ( .(
                ⌒`,、::::{`!'::::::::::::::::.:.i    ) .)
                .ノ ノ ̄`^/^介`:.:.:.ト、  .( .(
                ( (    .`,-'-:.:.:.:.:.:.:ヽ  .) .)
           <二二}  /:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:i{二二}
               {二二> く:.::.::.::.:.::.::.::.:::.:_|二二>
                       `,へ::_:_::r-く'
                     |_ソ    `、ソ

12 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:12:21 ID:zgOhGsTM
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、
      _ノ.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;入
      (;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ;:;:,ヽ、
     `).:.:.:;:;;;;;. '"´     ̄`¨¨);:;:;`ヽ、_ _
      「.:;:;:;:;/         (;:;:;:;:;:;:;:;.;ト、;:;:;:〕
      (;:;:;:/              ``);:;:;:;.lヽl;:;:;:)、  それにしても、やらない夫。
      ):/  .:i .::l    .:.::::|.:.:.l::|:::::(;:;:;:;:;:ト、l;:;:;:;;) \ あなたの読書の趣味は、ずいぶん私と似てるのね。
      V:l.:i.:.i .:| .:l!  .:.:::l.:l.:.:::l_|.:.::::);:;:;:;ト、l;:;:;:〔 ノノ
       i.:l.:l.:.l .:l_;lト、. .:.::/l/ィイハV(;:;:;:;:;:;! l;:;:;:;:)ネヽ
      Nトト.:ト.::V仁V:/ ,.ィ云〒ミ.:::);:;:;/ /,;:「  i
         `>.:.ヾりソ  _f込ソノ /:ハ;:/__/.;:ハ:i i
          //i.:.i.   ,        /l リネ薔シ′.|:l |
         .// .l.:.ト、  r┐   ノ .l レ'′    |:l |
        l |  |.:| __>、 _,..イ::ヽ1 l.        |:l |
         | |  |::| :: {ffカ7 .:.:.:.::1 :ト、.      l:l |
         | |  |::| :: ´V/ ー-.:::ノノ:.:.:`ヽ   l:l |
       f辷彡ll::l ::  / ー-f辷彡.:.:::::::::ヽ  |:l |
       f辷彡 LL:_.:人.   _弍ニ彡:.::::::::::: ヽ |:l |
        辷-7./´`7〃 .:ト  辷-7.:.:::::::::::::::.ヽ |:l |

「だからこそ、彼女の何気ない言葉に、僕の心は激しく揺さぶられてしまうのだ。
 「それに、なによりも小説を愛する彼女のことだ」

「僕が彼女の趣味に合わせるように読書をしていると知ると、
  彼女は僕に幻滅しないだろうか、と不安になるときもあった」

                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (⌒)(⌒ )    |  そうか?
               (__人___)     │  あんまり意識していなかっただろ。
                   '、'ーー´   'J |   ただ、薦められた作家が良かったからかもしれんな。
                |        |
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |

「嘘でもないが、本音でもない言葉を吐くだけでも、僕は動揺してしまう」

13 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:13:29 ID:zgOhGsTM
「そんな、多くの楽しみに満ちて、ほんの少しの不安を孕んだ日々にも、小さな動きがあった。

 それが僕が提案した散歩だった。
    目的地を、読んだ小説のイメージが重なる場所にした、散歩。」

                      _/`丶、
                     _∠フ::.::.::::::}::\
                   厶::.::.::.::.::.::.:ハ::.::\
                  / ̄`::.::.::.::.::.:`ー'⌒Yハ
               _/::.:__, -─-……‐-、:L_:\
                   >´/ ,  '´       \}:ヽ`┐
             // / /          /了}ヽ\
            〃/ / , ′/  /   i    ヽ\ソ::.:j::::`个‐‥''^ヽ_
              /' / / /  /  /    '  |  i!ヽ::|::::::::l::.ー─-‐{ 海にいくの?
          / ' / l |i /  /   / / !  ||〈::ノ::::::/::.::.::.::、::.::.::.| えぇ、良いわ、行きましょう。
            /  i ′ll丁Tト、l|  / ,/ / / , ! |{八!:::::/::.::.::.::.::.:`辷′
            |l  |l |≠ミ、l| ,/__,/ / / /r=≠へ、::人_::.\::.::.::.::.:ノ
            |l  |l |{ {_j^l| / _、__`メ、/ }イ以f}ハ}::.::.::.::.::.::`ー‐Y
            | ヽi|〉!   l' ´了㍉、 >、ハ戈ィくソ::.::.::,小、::.::.:: ノ
              ,-、/ ハ  '     ゝィ斗/イ//又::.::.::イ〉| |ト, ̄´
          〈///ハ丶 _     〃厶イ__」_/7,ーイ/i||、ヽ
-、      ,.─、 イ:::// :;;ヘ ___rー─/ /--‐ "´' //| l// l|| l }
. ..:\   //\\:〃::::f抔ハ〉|::::::::/ , イ、:\   //ハl//_///_ノ/
.::.  \// ,.::  \\::::::ゞニ「 ̄`::/ /:/::::::`く // l  { {─| |ー'
 : ::.:// .::"      \\フ|:ハ:::::::/ /:〃:::::::::::::〉/ li  ヽ>|!
  //   /\  ::.. \\::::',::/ /://:::::_ -イ {.  |l     |_{
// ..: /   \ .::..  \\/ /::::{ {/::._::.', l  |l

             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\  よし、じゃあ、今度の日曜日にしよう。
            l/ ニヽ( -) ( ●) .|  海風にでも吹かれて、のんびりしようじゃないか。
            l / y 「'i___人___)  |  
            l   <、.l         |   …「鳴鱗琴」の音も聞こえるかも知れないしな。
            ',    ',/       |
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l

14 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:15:22 ID:zgOhGsTM
「今回、散歩の目的にした鳴鱗琴は、小川洋子の短編に出てくる架空の楽器だ。
 活字から音が漏れてこない以上、その音色が僕たちの耳に入ることなんてない」

           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_ 
          |    ( ●) (●)  それにしても、海風が吹くときにしか聞こえない音色か。
.           |    (___人__)  いったい、どんな音なんだろうな。
           |     ` ⌒´ノ
            .|        |
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|

「それでも、僕たちはその音色を、行動の理由にすることが出来た」

   '┐ _ :::>‐  ― ー - 、:::i:...:::i ::::: } ヽ
   _/ ..... /           ‐ヽ::::i:. :::r‐'| 「__,.;;ぇ、
  「__ /      /   ;      \::::| _∧  {゙ |:::|
  |  ./    /  /    i      i ヽ::__ノ::l イ.LL:|.
  } /  /  /  /     :l:  l    :l  | ::: |:::| T"゙T:::}
 「 /  /  /   i     :|:  :l   :l ::l l }.|:::|..:く /:::/ あら、それを知るために海に行くんじゃないの?
  イ.  l  :l i :i     :::|:  :| .l :|  :| 「 ] |:::| "ト^/  てっきりそうだと思っていたわ。
  .|:i | i ::l ::i ::i i     :::|  ::| :l ::|  :| .} |.l:::ト ∧:}    
. /:|:i | i L 」 _i__i i  : ::::i  ::| :: .l: :|  :l(: il::/{  |::|     そうだわ、どうせなら、夜明け前に行きましょう。
/:/|:i | iいハL|_リ`i::::::::/ナ ‐ト 、L _:i  :| .}/::/イ  |:::|        きっと朝日も綺麗だと思うわ。
:/ .| いいハ ィ行心ヽ/ レィ‐ ∠レ/` :///:/ /  |:::|
|  |  ト゚| i V辷ソ     ,ィ7ぅミxVイ/ レrヲL.|.  レ'
.  |  .| i | i    、     辷ソfノ "|. i レイ / |.  |
  |  レ i |. ヽ     、 __       ./| i |  | .|   |
  | //.| |_ /` 、 `´   _. rく ァi.ハ ', | .||   |
  レ /ィ| |::::::. ::::::..`_- .:::'´:::::::  ..メ/. ', V ||   |
 /,ハ l l::::::  :::rチ心ヽ:::::::::  :://: \; V |   |
"/  /./::::  :::::::い9ソソ::::::  :::://:::: ∧  ';|   |

「結局のところ、僕たちの行動の裏には小説があって、
 やはり、僕たちを強く繋ぎとめていたのは小説のようだと僕は思った」

15 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:16:28 ID:zgOhGsTM
「僕たちは、まだ陽が昇らない港町に来て、何をするでもなく歩き続けた。
 海風の音に耳を傾けたり、互いの足音に意識を向けながら、ゆっくりと」

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「足元に気をつけるだろ」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::.:.:_人_:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::.:..   |{⌒}|   ..:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.:.:. .     |ト=イ|     . .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「えぇ、ありがとう」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.:.:..       `TT´       .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:.        | |        .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |           .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |               .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |                  .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        | |               .:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


「そして、歩きつかれたら潮気で錆び付いてしまったベンチに座り、
 缶コーヒーを飲みながら、夜明けを待った」


   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

16 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:17:29 ID:zgOhGsTM
「ただ、それだけの時間が楽しかったのだから、
 僕の生活はよほど充足していたということなのだろうと、今さらながら思う」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

「同じように彼女も、そう思ってくれているように、と何度となく願ったものだ」

17 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:18:20 ID:zgOhGsTM
「やがて、缶コーヒーが半分になるころ、建造物の合間をぬって、朝日が昇っていくのが目に入った」

;;;;;,,,
 ""'''';;;,,,            '';;;;:;''              ,';;;:::;;'"         ,;
     '';;,,,           "';,'          ,,;::;:;'"          ,,,;;;'
                     ゙        ,,;;''"       ,,,,,;;;;;'''""
  ;;;;;;,,,,                  l            ,,,,,;;;;'''""
    ""'''';;,,,,           ヽ    l    '    ,,,,;;;''"        ___  _
           ""'';;;;,,,,,         /   '   ''''"       _   |::::::::::::| /:::::::::...
_                \丶               _|:::::|_|::::::::::::∨:::::::..
::::::ヽ           _      ,r'"⌒ヽ / ´__,,-''"":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
::::::::::\_   __   |:::::| `_  (     ) __l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
:::::::::::::::::::::ヽ_|:::::::::::|_|:::::|_|:.:.:.|_ゝ-‐'''"":.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,

「それを見送ると、彼女は大きな大きなあくびをした。
 あくびをするのと同時に、彼女の喉から可愛らしい声が漏れる」

  、... .... ...... .... ..... .... .. ... ,        , .. .. .. .. .. ... ...、. . . . .、_
  _)::::.::::.:::.::::.::::.::::.::::.::./ /     /:::.::.:::.::.::.:::.:::.::.:::.ヽ、: : : `
.  |::::.::::.:::::::.:::::.::.:::.::::/  /      、'、::.::.:::.:::.:::.::::.:::.::::.::::.`、: : :
  廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /         i `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::.::.:.', : : :
.   _)::::.:::::.::::::/     i     i   |     〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!: : :
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |   |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |   !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l | __i _」 l|  ノ_,ィ´/ ! メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、  ふぁ…っ…
          | |    lX´ i\l  レ'  ´ 'r===ュ  (::::::::::::::::ハ{{
          | |i     i ≠ ̄`               ト、::::::::::代`
         | l|   :l      '_            |l| 〈::::}: : :
.        ヽ!ヽ、 :l|     _/ ト、_         ! ハ  〉,': : :
.            \|l   // / |、\         l i | |: : : :
                ::lゝノ / / / ! l       // | |: : : :
             y'/  ´ ´ / / ,'      .// ./| |: ;/
            //         /- ´      .///_.| |_:::::::
            lノ       ,'_  _ ,.  ィ//: ̄ : | |:|-;:::
       _____{!       l,>― _ l´://: : : : ::| |:|. L
     ∠_     |          l: : : : :メ!、//: : : : : :.| |:|::::::ヽ
    /    \  l         l: : : ム杯f//: : : : : : / /: :\:::

18 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:19:23 ID:zgOhGsTM
「その漏れた声が、あまりに可愛いものだから、
 僕は思わず笑ってしまったのだ」

                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒
                |    ( ⌒) (⌒)
                .|     (___人__)  …ははっ
                |     ` ⌒´ノ.
                |        |
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、


 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /           i `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::.::.:.', : : :
.   _)::::.:::::.::::::/     i     i    |     〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!: : :
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ ! メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
        | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_  (::::::::::::::::ハ{{
        | |i     i i _」 ト、|| /   ,ィZr'チ卞、`7 ト、::::::::::代` あら、何か可笑しなことがあった?
         | l|    X´i l\l  レ'  /l {つk_j::::}/ | ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、 ,rz=、        弋:::::::シ'´ |l| 〈::::}: : :
         `  \| kイ、Vム         ゚̄    ! ハ  〉,': : :
              ハ `弋ノ          O   l i | |: : : :
              | 。   ヽ    _ _    o  // | |: : : :
              | `、    ィ_´-‐ツ      // /| |: ;/
              }  ト、    ` ´      ///__| |_:::::::
              / /| | ` .、        , ィ'//: ̄ : | |:|-;:::
             / / .| |    _,>ー _ l´: :.//: : : : :.| |:|. L

「彼女は、僕がなぜ笑ったのかも分からずに、その目に溜めた涙を零していた」

19 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:22:19 ID:zgOhGsTM
「こんなとき、僕はやはり思ってしまうのだ。
 恋人になれなくても別に構わない、と」

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)  いや、なに、「鳴鱗琴」の音色がどんなのか分かった気がしただけだろ。
           |    (___人__)
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

「それは、一種の逃げなのかも知れない。
 けれども、僕はこれこそが僕たちのあるべき姿のように感じられたのだ」

                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、  へぇ、詳しく聞かせて欲しいわね。
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ

20 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:23:06 ID:zgOhGsTM

「まったくもって情けないと自分でも思う。
 きっと今に、この時間が終わることが嫌になるに決まっている」

            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)   俺が思うにだね…「鳴鱗琴」の音は…
          .|    (___人__)
           |         ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',

「そうなると、離れ離れになったあと、彼女の隣に立つ人に、
 僕は必ずや嫉妬してしまうだろう」

             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒
.         |    ( ●) (●)
          |     (___人__)   海のあくび、みたいな音じゃないかって思うんだ。
          .|        ノ    大きく息を吐いたあと、これまた大きく空気を吸い込むような。
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ

21 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:23:49 ID:zgOhGsTM

「僕はきっとそういう人間だ。
 自分が彼女の隣に居られないことは許せても、別の誰かが隣に居ることは許せないのだ」

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒) いつまでもゆっくりと身体を揺らしている海が、
.             |    (___人__)  ほんの少し気を緩めてあくびをしたような音色で、
             |        ノ   「鳴鱗琴」は優しく鳴るんじゃないかな。
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ


   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |  なるほど、ロマンティックで面白い解釈だと思うわ。
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |  でも、それであなたがなぜ笑ったかも分かったのだけど。
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

「それでも、今の僕はまだ、彼女の隣は僕が相応しい、とまで思えない。
 本当に、はた迷惑な感情だ」

22 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:24:52 ID:zgOhGsTM
     [_:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::7     ′   '       '.       i匚、:.:.ヘi:i:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.ハ `ヽ  ,/.//
     Lz:.:.:.:.:.:.::::::/    ′ 〃      :.         マ:.:.:ヘi:i:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:リミ=彡//
       んく.:.:.:::::/     {   l|         !      | |:.:.:.:.ヤi:iヘ:.:.:.:.匚ヾ\=イ
      し.:.:.:.::::/ ′     i   l|         ! .   i   | {_:.:.ヤi:iハ:.:.:.:.:.: Yハ:i:ヽ ! つまり、あなたは私の
       /:/7::::′      |   l| |       | |   |   |   /:.:.:.}:i:i:i|:.:.:.:.:.:.:} |:i:i:| l  あくびを見て笑ってたわけね。
.       /:/ ハ’ |  |    |   l| |       | |   |   |__ [_:.:.:.:|:i:i:i|:.:.:.z‐'! .|:i:i:|. |
      l:/  ′| |  |    |   l| |       | |   |.イ「.|  _」:.:.:.!:i:i:i|:.:.(:i:i:|、 !:i:i:|  i
      l! /   ! !  !  | |   l| |       | l/ |  .ノ! ム:.:.:.:.:.!:i:i:i:!:.:.:.:}:i:|ハ ヾ:i:!  |
.      〃  ∧ l  l!  丁`ト、l| |        l,厶ニ孑灼フ / Y:./:i:i:i/:.:√|:i:| ! ヾ   !
      |′ i ∧ 、 l|   |_V{__」ト     ー'ノハ '(代ノり〃!|: 7テ=ヘz/ .|:i:| |    l
      |   .l:iヘ、ヘ八  |l(''て「k込 \l/!/   __ヾニイ::   l! {' 辷リ/  ヾ} :.     |
      |     !:i:i:|ヾ丶\l    ヾ汐            ,,  .::;' lハx」ノ     .i    |
      |     l∧! lNⅥl∧   `"´   ,         .::::ハ.  l| ',        .!     |
      |     | ′  l:.八 '"             .イ i  ! ハ..      |    |
      |     |/   /リ  ゝ      ‐-(    x≦三ミ/ ∧  :.     !     |
      |      ./   //  x≦> .     _ '´三三il7 /ミ|   i      |    |
      |     /   〃i≦三三三三i≧=-イ三三三三/ /三.!   |      |    |
      |    ./    /三三三三三≦〈 f匀マil三三三i!/ /i三 |  |      |    |
      |   イ    ∧三三三三三三 ミ辷彡 三三三/ /三三|  |      |    |

「とはいえ、なにも今すぐ関係をどうこうする必要はないのだ」

                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒
                |    ( ⌒) (⌒)
                .|     (___人__)
                |     ` ⌒´ノ.  ははっ…すまんすまん。
                |        |
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、

23 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:26:08 ID:zgOhGsTM

「いつまで続くかも分からない生活に、
   最大限の愛をもって接していきたい」

                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ  もしかして…怒った?
                     | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
                      | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                  | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r

「それが僕なりの、この生活に対する姿勢だった」

\\t/ /     |      | |    |  |  l     |  |
  ヘ/ /  / /  i !     l |  |   l ∥ l    |  |
  / /  /  i   | l      l ll  |  ∥ ! l l    .l  |
 i /  l  l   | ll l    | l | l  || | ! .ll   l  |  l  いえ、ただ不公平だと思ったのよ。
. i |  l|  !   | |.| .|    ! ! l .| 厶-オ丁゙ l l l  へ| .| |  私だけ「あなたの鳴鱗琴」の音色を聞いていないもの。
|.|l /.|  | i  l .| l l  / |/ イ/ 斗l=ト、 レノ l/― ヽ ,i
.\l| / |   l |l l l  .| l /    イフUf゙゙l  l /| レ .| /
  | |  l  l .l.|iH廾─+ l/      ゞ―"~// .|  l/ノ/
  |.|   l  l!| !! Zfテミ              /./  j  i ´
  ソ   ll\l l ! ! ゞヒユ            / /  / l .|
  |  / | | / .ハ  ̄   ヽ   _.   / /  /、l  |
  /  / レ  / / ヽ    ー     //  / /l  l
 /  /   / /   ヽ、      // / / l  ハ
./  /   //i__. _r‐‐/` ー .、__ レく_ ‐´   l  /  ' ,
 /  //,イ | \_,r'"       |l"     / /     ',

24 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:26:48 ID:zgOhGsTM

「彼女はとても、知的で、クールで、それから美人だ」

            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)    | …えっ?
              |` ⌒´   u. |
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |

「そして、どこか子供っぽくて、好奇心旺盛で、可愛らしい」

  廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /           i `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::.::.:.', : : :
.   _)::::.:::::.::::::/     i     i    |     〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!: : :
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ !メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
        | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_ (::::::::::::::::ハ{{  次は、やらない夫があくびをしなさい。
        | |i     i i _」 ト、|| /    ,_,.斗t  ト、::::::::::代`   私がちゃあんと見て、聞いてあげるわ。
         | l|    X´i l\l  レ'   .ィf´| f心V .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、            弋 マソリ  | l| 〈::::}: : :
         `  \| k rf圷、       `¨´   ! ハ  〉,': : :
              ハ圦rvハ            l i | |: : : :
              |  ヽン          // | |: : : :
              | `、    ,           // /| |: ;/
              }  ト、       __,.イ  .///__| |_:::::::
              / /| | ` .、     ´  , ィ'/: ̄ : | |:|-;:::
                / / .| |    _,>ー _ l´://:: : : : :.| |:|. L

25 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:27:40 ID:zgOhGsTM

「世間では、惚れた方の負けだというが、それはまさにその通りだと思う。
 どれだけ強がっても、きっと好きな人には敵わないのだ」

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)  え、意図的にあくびを出すなんて無理だろ。
           | U  (___人__)
            .|     ` ⌒´ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_γ    |
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

 廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /          `‐-‐、::.::.::.::.::::.:', : : :
  _):::::.:::::.::::::/     i     i    |   〉:::.:::.:::.:::.::!: : :
  L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |  {::.::::::.::::.:::::.} : : :
     ̄l:::::::i    l |    i  |     !  ト、:::::::::::::::::|: : :  あら、だからといって自分ひとりで楽しむなんて、
     \_| i     l__|  i | l|  |⌒ゝ/ ' -:::::::::::::j,ェ、   どうかしてると思うわ。
       | |   ´l | | ! l   |''  //(::::::::::::::::ハ{{
       | |i     i i _」 ト、|| /,ィfう「゚圷 ト、::::::::::代`
       |l|    .ィfヤ心l  レ'   .弋ぅツ .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、乂ぅツ     ´,,,,    | 〈::::}: : :
         `  \| k' ,,,,, 、         //.| 〉,': : :
                  ヘ    、‐ ァ     // | |: ;/
             |人    `      // __| |_:::::::
             |  |:.:.:>_、 __ , ィ' //: ̄ ::| |:|-;:::
             / / lヘf{ハ l´: : ://: : : : : | |:|. L

26 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:28:21 ID:zgOhGsTM

「僕たちはいつまで一緒に居られるのか、本当に分からなかった」

                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉  あぁ…わかった…なら、
                   ノ U   { )     j   あくびが出そうになったら、真紅に言うだろ。
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./ ええ、期待して待っているわ。
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |   …じゃあ、そろそろ始発もあるでしょうし、
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |    行きましょうか。
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゙こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i

27 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:29:29 ID:zgOhGsTM

「それでも。僕はきっと、これからも彼女に負けてしまうのだろう」

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :  :   :         :   :  :  : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::: :: : .                     ,-⌒一_..._  . : :: :::::::::::::::::::
:::::: :: :                       __,,.-" ..::⌒ヽ^~>     : :: :::::::
                            ⌒ ~^―~⌒ _      _
   _へ"⌒‐-、_ .__ __ _                         |  L___」  |
   ̄⌒^^^^ ~^⌒' |lliiiiiiiiiiiiill|  _ -"⌒ヽ.._            | i========il |
            |lliiiil⌒liiill|   ^ー- ''^   __      | i========il |
            |lliiii|≡|iiill|         l77|||||ll::l       | i========il |
           zL|lliiii|≡|iiill|         |//||||l::::l       | i========il |
          |T:|lliiii|≡|iiill|         |//|||li::: |___     | |}]―━―[ll| |
  ―┐ ィェェェェェェT:|lliiii|≡|iiill|_        ┌‐|//||li::::::|◯l―┐| |≡≡≡≡|| |
 「「「「「「「「l|ヨヨヨ|T:|l]]]]]]]]]]l甲|―┐ -- : |.._」//!il:::::::|\\|iiiill|同TTTTT -コ「
 「「「「「「「「l|ヨヨヨ|T:||三三三{⌒h≡≡≡―|EEEEEE三三三三三三lココココココココ
 ”.',.'〟”.',.'〟”,.',.'〟”.',.'〟”,.',.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'〟”.',.'〟”,.'
 ⌒..~^..⌒ ~...^...~ ~... ⌒ ...^~~..⌒~...^~ {i二二二二二二二二フ  ̄ ̄ ̄
 _::: ::. . - _ :: .:.. - :::.. .:__ ~:: .: --__~ ::. :___..  |_l |,,,;|_l 」,,,;;|_l 」;;/        .
 - ‐ ~ _ __  ~   ‐ ‐  ‐‐_  _~  ~~⌒ - ~ _..⌒~/          :
  ---       --   ---  ~      ---  - -   /           ..:
 -     ― ~    ~~    --  ~   ~  ~_  /             .::
    ~~~  ~   ~     ~   ..  ―-   ~_  /           ..::::
  ~~ ~~ ^~ ~~  ~ ~~  ~~~~ ~     /         ...........::::::::::

 「だが、負け続けるのも悪いことじゃないのかも知れない」

28 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:30:11 ID:zgOhGsTM

「僕たちは明るくなった港町を抜けて、電車に乗り込んだ」

   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::ヽ ,.-ー=ニ、
   l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ──────────-- 、._// ̄ /
    ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./    /
    j :::::::..∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
   i :::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  ,イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /.
  l :::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  | :::::::::::::::j :::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    / j
  l| ::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::://              ( ̄ ̄ ̄ヽ  /:::: i
  ノ .::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::://             r―- ニ二ヽ  \ ::::::: i
 / .:::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::://             ヽ ‐- 、_ \,  丿::::::: i

「そして、どちらともなく本を広げ、物語を読み進めていく」

29 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:31:18 ID:zgOhGsTM

「特急電車の通過待ちで電車が止まったので、本から目を離し、
 大きく伸びをすると、彼女が僕を見て笑っていることに気づいた」

                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、 
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\
            /::::::イ  i  :|    |.ハ  / ! / j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ
            \::::{   |  |,    :|川 / レ' !/ ハ .|ト イ   .|.| | ハヾ;;、
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/  ィヤたかト .||:イ   |.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从.     弋 ぅツ| ! ||彡  ,.任i!    V/シ
                 |   ヽ八 fヤ゚心       、、、 | ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧乂ツ         .| ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ 、、、 ,      | ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人     _ ノ .| ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ|. ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!:::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  ム-、:::::::人:::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::: ヽ

30 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:31:54 ID:zgOhGsTM

「もしかして、と思いながら自分の目に手をやる」

                  , -‐、   , -.、
                /   ノ  ノ   ノ
               / 、_.ノ ./ 、_.ノ´
                 /  ノ /   .ノ  ,,-‐'⌒i
     .           / __ノ / /⌒ii´ /、_  .ノ´.   あ…これは……
               l. ゜ `iノ /   .|/  ,.'~´  .
                |   ,,,|./    丿 、_ノ ,-‐'´⌒)
     .         l.    |``''' /  .ノ ./ 丶,-‐'´
             |  ,___l    |、. / / 、,,/
     .         |   ノ     | `` '´-、 ,ノ
              | _/    |       )
                 | /     ヽ     |
              | .      ヽ::::.` 、,|
                 | :.       |::::  |
                   | ::       |::::  |.
               λ:::      ノ:: 丿
               /      , ::::::'/
               /      :/:::::::::/
             ,/      ::/:::::::::/

「どうやら無意識のうちにあくびをしてしまったのだろう
 手には小さな涙の粒がついていた」

31 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:32:32 ID:zgOhGsTM

「彼女はいたずらっ子そのものの表情で、僕に詰め寄ってくる」
   「まるで、絶好のおもちゃを見つけたような、そんな笑顔で」

                     ___
                /::ヽ__/::::::::::::ヽ\
             /:::::::\::::ヽ::::::::::::::::::\\_
               /::::::::::::::::ヽ::::::`::::::::::::::::::ヽ: ::\
           /:ヽ::::::::::::::::::::>z、:::::_:x==斗: \z、______
              ヽ::::\:::::::::::::::::,."´     イ\: :V∧: : : : ヽィ::ヘ
              }::::::::::>:::/         ヾ: : : : V∧ : : : : : : : : !
           {¨:::::::::::::: :/         ヽ   >、;;: V∧: : : : : : イ
            廴_:::::::::::/  i!   ト、    i人 イ: : : : }iiiii} : : : : : | |、
              ノ: : /   :|    iハ   :ハイ テ: : : /人i}:!: : : :::| |k\  あら、口約無視ね。
            /::::::イ  i  :|    |ハ  / ! --j / | ̄{ .Y ̄Y.| |:ミハ  まぁ、くじらの叫び声のような音色が
            \::::{   |  |,    :|川 /,ィレ'_ _,jハ |ト イ  .|.| | ハヾ;;、  聞こえたから良しとするわ。
.                ヾト  ヽ ヽ   |.ノ !/´爪「;;うiヽ| ! ||:イ   .|.| | ハ ヾ;;、
.                | \ ト {ゝ_从     V:ヅ'’| ! ||彡  ,.任i!   V/シ
                 |   ヽ八 .{:心      〃 .| ! || }レィ /.| |   ト"
               Vハ   ∧Vツ          | ! ||// /.|.| |.    |
               ヽハ    ハ〃 ′   ノうi .| ! ||イ.:/ |.| |.    |
                 i!  iハ人.   < ´ノ  | ! ||三ミメ、|.| ト,   .|
.                 小  |∧  ≧=  .. __ イ| ! || : : ハ|.|,ハ!.  .|
                 /i!   | ',  ,.イ::}{::::::::::::! i i!!::::::::::::Vヽハ.   |
.                / /!   |  廴{:::::::::人::::::,ィ' ` .ノ77;;;;;;;;;;;;;i:::::: ヽ.|

32 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:33:09 ID:zgOhGsTM

「僕は近くにいすぎる彼女に戸惑い、
 あまりのバツの悪さに目を背けた」

            / ̄ ̄\
            _ノ ヽ、_   \
           (= )(= )  |
          (__人__)  U  |    「ねぇ、やらない夫」
            l` ⌒´    |
.             {     U   |
             {       /
       _. -: ´∧ _,__  _.へ` 、
      r<....::::::::::ゞ::::::::::::r'    \ :\_
    /.::::::l:::::::::::::::::::::::::::::L>、    >ヘ::ヽ
    | :::::::ト、::::::::::「|:::::::::::::::::::`ー/:::::::::V::|
    〈:::::::::::::::::::/へ、:::::::::::::::::∧::::::::::::::V }
    /::::::_ン´「 ヽ`ヽノ:::::::::::::::::::Λ::::::::::::::ヘ}

「だが、そんな僕の態度は、彼女の一言ですぐに変わってしまう」

33 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:34:06 ID:zgOhGsTM


    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {  次は、何を読んで、
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.    どこに行くの?
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      `ー'゙ .|  ∨//    |    !
          }  |ヘ `ー'゙  、          |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     マフ      ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、   ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |





「――なんて、嬉しい言葉だろう」

                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、  …。
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}

「僕は、当たり前のように『次』があることが、嬉しかった」
「だから、次の散歩のテーマの選択にも力が入ってしまう」

34 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:34:42 ID:zgOhGsTM
                  / ̄ ̄\
                /  ヽ、__ .\
               (⌒)(⌒ )   |…熱帯魚がテーマにある小説があるんだ。
              (__人___)     |  今度、貸すから、読み終わったらアクアショップに行こう。
                    l`⌒ ´    |
               |         |
                  | 、   _,.ーへ
            _. -: ::::ヽ__「     v、___
       __,. <::::::::::::::∧:::二〈 、      ∨:::::\
     /:::::::ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_〉、    -ー、:::::∧
     /::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/ ::::::::>:、::ハ
    〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::v::、
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::::ヽ|

「僕が選んだのは、大好きな小説だった」

      ,,,,、 ,-‐,  __
     _ < ヽ"\゛"´く_,、
    く. `'"   ` `    \
   ,-‐'     ::.. :.....::::::::::::.. \
   く,,,     ....:::::::.;;, -―‐ヽ_ :ヽ__
  ┌"   .::::::; '´/  ヽ ヽ l'___:.:l\`‐-、==、
   `'7   .:::/  /    ヽ ヽl" l `l:;;; ,`="、
   l,-, `::/         l, .lヽコ l  l :::lヾ= '/__  えぇ、じゃあ、楽しみにしてるわ。
    l_....::;'   l  ,   l   ll  l l,ヽ, l  l  )lヾ=<
     ー、l'l   l  l   l| , l| l,/'l| `、l,'ヽl ,-'ヽ \\ お願いするわね。
      l.l |l l,l, l,l , /l//,,,=t,l lヘ@>'  丶  \\
       ll、 l、 l`      ,r==ミ l|. ll'//`ヽ  ヽ  \\
        `ヾ`lヾ ,x=ミ       l .ハl"  ヽ  ヽ   \ゝ
            l.イヽ    `_ ノ  ,,l /ヾ、   ヽ  ヽ
          //l >- 、 _, '´// ̄ヾゝ、 ヽ  ヽ
        ノハl'´:::: ::::<@>、===ーハ'   ヽ   ヽ

「僕は彼女に、自分が大好きな小説を読んで欲しくなったのだ」

35 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:35:32 ID:zgOhGsTM

「僕たちの間には小説があって、
  ただそれがあるだけで、僕たちはずっと繋がっていられる気がした」

    |    =┛
  ┬|   |───┬───┬───┬───┬
  ││   |      │      │      │      │
  ┴|   |─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴
    │┌ー'|   |      │      │      │
  ┬││;;::│:::┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬
  │││::::│;    |      |   .....|   .....|
  ┴│└ー'l;;;::┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴
    │   |  |      |      |      |
  ┬│   |─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬
  │|   |      │      |      |      │
  ┴│   |─┬─┴─┬─┴─┬─┴─┬─┴
    │   |  │      |      |      │
    │   |─┴───┴───┴───┴──
    "" ^~ " "


「僕にとって小説は、彼女に繋がる大切な一本道だった」

36 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:36:51 ID:zgOhGsTM


         「そう、僕は、彼女と小説が好きらしい」


      Vk、
       Vト、` ー 、
       Vk `ー、 i
        Vk   l/
        Vk
       〆 .〉
      /   ノ
      ゝ- ´

                f二)
                || l
                ||ノ〉
                レ



         「僕は小説を読むことで、
           少しでも、彼女と繋がっていたかったのだ」





               つづく

 
0 ◆gDQ5bE8qg2 2012/03/10(土) 22:40:42 ID:zgOhGsTM

ということで、これで一話を終了とさせてもらいます。
毎回、これぐらいの長さで投下していく予定ですが、
「小説」じゃなくて、「小説を読む人」にピントをあわせた話を書いていけたらなぁ、と思ってます。

こんな風な、大きなヤマがある話ではないですが、
もし興味を持っていただけるならば、またご覧くださいませ。
不定期ですが、投下していきたいと思います。

では、閲覧、ありがとうございました!

38 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2012/03/10(土) 22:48:02 ID:MT.QIt92

こういう雰囲気好きです。
続きが楽しみ。


39 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2012/03/10(土) 22:53:39 ID:4NQMY4Go
乙!
良い話ですねえ。


40 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2012/03/10(土) 22:57:15 ID:dOmy2eTA
成程、これはいいものを見つけた。半分の月の昇る空が、少し大人になったような。
銀河鉄道の夜、好きなので名前が出て嬉しかった。乙でした


42 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2012/03/10(土) 23:13:43 ID:Z5SQgupc
乙でした!

元スレ
やらない夫と真紅が、小説を読むようです
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ページアクセス
トータル


3878 『やらない夫と真紅が、小説を読むようです 1.「海」』の前後エントリー2012年03月11日 06:00

纏め作品一覧やらない夫と真紅が、小説を読むようですの目次


12416 名無しさん 2012年03月11日 09:49Edit
同じ読書家でもジャンルが違えば話し合わないからなぁい
こういう関係は羨ましい
12419 名前なんて無いだろ 2012年03月11日 11:48Edit
作者は本当に小説が好きなんだなと伝わってくるわw

面白いです 今後に期待
12420 名前なんて無いだろ 2012年03月11日 11:50Edit
この組み合わせ好きだから嬉しい。

そして、小川洋子好きだから、ふたりの発言がすごくよくわかる。
うんうん、そーだよねー、と思いながら読んだよ。
12422 名前なんて無いだろ 2012年03月11日 12:13Edit
とても面白いです。

文章が落ち着いていて、とても整然として。
もっと読みたいです。
12427 1111 2012年03月11日 14:54Edit
良い雰囲気だ
作者のセンスが光ってる
12432 名前なんて無いだろ 2012年03月11日 17:29Edit
文章の上手な人の文だなすんなりと読ませて情景が浮かぶ
12515 名前なんて無いだろ 2012年03月14日 07:46Edit
綺麗な話ですね
こういうの好き
19058 名前なんて無いだろ 2012年11月16日 16:32Edit
 すべてがそうあるべきだとは言わないけれど、こういう作者の力量を感じるやる夫スレは増えてもいいんじゃないかと思う。
 タンポポの恋みたいな、構成と演出で魅せるのでもいいし、字の文でもいい。
29058 名前なんて無いだろ 2013年10月20日 20:06Edit
※19058 まぁ、ピントが力量なだけにそう簡単にいるものじゃないよな
文学的な話、というのはやはり文学者として生きたかもしれなかった人がこそ書くものだろうし
34063 名前なんて無いだろ 2014年04月14日 03:13Edit
はああ、こりゃいい話でしたわ
やらない夫の感じた充足感をすっかり共感させてもらっちゃって口元緩みっぱなし
乙でしたー

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!