やらない夫は人生のまとめに入るようです 6話

2010 06 06  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:◆.9jeLz5xws, |
386 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:13:12 ID:tMb4GRow



______|            ""''、|"';|/
....|    |ヽ___________;| :::|
::::|    |:::|""''' ''' '''' ''' '''' ''' '''''''.:::;;| :::|
....|    |:::|           ...:::;;| :::|
::::|    |:::|     . 口   ..:::::::::| :::|
....|    |:::|二二二ニ┻ニ二二二,| :::|
::::|    |:::|    ._____|≡≡≡≡| :::|
....|    |:::|___/l    l\ ___,|_,,,|    ,,,......_
..::|______.|,/  I::/ーーーヽ::I      \...::;;l"' 、,"' 、,
         :|_|ニニニニ|_|    ,.'ニニニニニ|   "' 、,"' 、,
                    L_____,i     "' 、, "' 、,
       __________ l\   :: "' 、,      "' 、, "' 、
      /             \ \     "' 、,     ' / |
    /                \ \   /二二二二二" .:|
   /                   \ \ ::|        ...::::|
 /                      \ \|        ...::::|
                          \.::L, -──── -、_|


.

387 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:13:28 ID:tMb4GRow
                                              / ̄ ̄ ̄ ̄`丶、
                                           ,.-''⌒´              \
                                        /         ⌒`          ヽ
                                       /       i"'"! !`、         |
                                       '/     イ| |   | i i、      \  |
                                       |ィ′ / /ノ j lノ  ヽ\ヾト、、    丶 ヽ
                                       l'|.イ ,イ' ``丶、  ×´\\\     i
                                        |へ.| ===。=、  = 。==== ヽ \、  |
                 ・ ・                         |.` ー‐ '/   ー― '" |ト、   |
   「伊藤さん…例の女の処理、終わりましたよ」              |   /            ||,) |ヽ. |
                                            |.く__ - 丶      |!'ノ i||
                                            ハ ー――‐一    /! i |_  |
                                            ゙イ,`、 ===     / ,||||  ~"'''‐-
                                         ,. -‐'''"~ヽ.     /  ノノノ/|
                                               \__/    /  |
                                                | \    /    |
                                                    |   ヽ/     |
                                                  l  /\      |
                                                 l/|  /\  |





          ,. -‐- 、r'´  ̄ ~Z.__
       ∠             ´   ,.>
.     /                 ̄`>
     /           ,、      `\
.    !             / \    \. トゝ
   │       , ,.イ /、._,  ヽ |ゝ、  N
.    |      /レ' レ\,/  /V '´ l\!
     |. r;=、 .ノ=a=== ,, ,/a===!
    | |.ト、| |  ` ー--‐ "  \ーァ"!       「そうか…」
    | l ヒ |:|.       r __   \l
     |  `ー 1|、 ヾニ二二二二フ 7′     「ご苦労だったな、一条」
    ノ     | \     ___  /
.   /   ,ヘ、  ト、 \    ̄ ̄ /l
  /  ./\.ヽ. ヽヽ、 \   , ' ,'
  ,' , ./   \ヽ、ヽ \./`iイ /
. /l/l/     |\\ヽ  ヽ. Wレ

389 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:14:55 ID:tMb4GRow
               ,. ----- 、__
           /       -=´、
.          /      ,ィ\l  ヾv
          |      /  .|    |
          |   ルナメ、 ,.ゝt、 |    「しかし…一人だけ生き残っててくれて助かりましたね」
          | ノ||゙せラ  せラリリ
          |. |ヒリ      , 7 |    「そのお陰で、誠さんを殺った奴の風貌や詳細を知る事が出来たのですから」
          |. ゞl ヽ三三 ヲ l
          |   |ヽ  ≡ /
.         _ノ/| | \ /|_        「ま、足一本手一本じゃ、この先ロクな人生じゃないでしょうけどね!」
  _.. -‐ '' "´≡≡ | |.  `| | `" '' ‐- .._
  l ≡≡≡ ≡≡≡ Nリヽ/ リリ≡≡≡≡≡l    「クックックックッ…」
 | ≡l ≡≡≡≡≡ |\ <>/|≡≡≡≡ l ≡|





              _          _
        _,. -‐-`' ``'‐、,.‐'"´,. =ニ`
        ,.‐'"´           __`ヽ
       /               ``''‐、
.      /                 `''‐、
       i            , /i  、     ヽ‐-ヽ   「…おい、一条!!」
.      !       /| /| / ! .!ヽ..ト、  、.ヽ
     |       /''l/、l/_, l/ _,.ゝ' ゝ、 iヽ!
      |      ノ`''‐ 、._/   /_, ‐'´ !.\!    
     !  ,.-、 r' =。=== _  ,=。===,!
     /   { ‐、!|  ` ー-‐' ''  \--‐' !
.    /    !( r||.        r __  \'/|
   /.  ,、 ゙ー'|!、  ,..-‐───; 7゙│
  /_,./ l    │\ `ー-----‐'´/!\i
  ̄ .!  1    l  ヽ、   ー一 ./ |  |`'‐、
    |    i、   l.    ヽ、    / |  .|   `'‐、
.   |    ヽ  i       ヽ、.イ │  |
.    |    |ヽ  !.       | !  !   .|
   |      |. ヽ. i、        | W1  │
    |  ,. ‐'´\|ヽi.ヽ、    ノ|/`‐、  !
    !.‐'´      |     `'ー-‐' .|     \!

390 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:17:05 ID:tMb4GRow
  /       |::::::::|                 |
. / ,イ    ノ l::::::::::!、      ヽ         |
 レ´/   ,イ ノ:::::::::::::::ヽ.ト、 lヽ i、        |
  / / / ィフノ ‐-、    >ヘ「 \l \ l       |   
.  レ'レ'レ'ギ===、   ッ===‐ ラ"|ゝ.ゝ    |   「あっ……!」
        |丶,, @l    _  @、゛ | |ヽ     |
.       |  `フ  .|j~u  ̄  u |.|う)    |   
       |  く 、          ||じ       |  「も、申し訳ございませんでした!!」
.       | r=`=== ニニ二`i   l      |
       | l            |  l         |   
          | !ニ二二と二二二ノ l   .∧   l
        l    __ u   ,、イ   /  ',   l
        \   ≡   ,、-'´ /  .ム-―l   ',
            l\   ,、-'´  ,,、/  /   ,.、-ゝ  ヽ
         |  `i''´ |,.、-'´ /  /,.、-''´   l  ト、
           | l レ   ,<    / /./´       .l |l | \
            レレ  / ヽ‐7イノ         リ.リ   \





        __     ____
       <、  ```ヽv'´    `>
       __,,.>  ,  `Y´   、   ``ヽ、
     ,ィ'´     ;'´(       )ヽ     ヽ
   ∠二ィ : .  `、 > ___,,,..ノ 丿    .ヘ
      /: : ; .   `´ `ー--‐''´    . : : |
    ∠:/,:ィ: : : ,:ィ: . /| ト、       . : : : |      「…分かればいいんだ」
     ///.: :, く//   \!_,>   . : : : : :|
     '´ /:,:イ`>、\   _,/ /\ . : : : : : |
        |/ .kー-。、〉 >-‐'ー。、 |.:|‐-、: : !
         |`ー:/'´  `ー-‐'´ | !か.|: /
            |/ __‐、      lノい/:〈
         `iー______  ,'/じ:' : :ヽ
          l `ー―‐---‐'  '/: : : : : : :.ヽ
             '、   ー    //: : : :∧: : : :ヽ
          ∧.     /,.r': : : :,/⌒'ヽ: : : l
          ノ|: ,ヘ__/,r'´ノ: : :/    \.:|
          |: : /」:/ /: :,:イ          \
          ノノ^「ヘ、 ノ//             \
         '´   |i゚:l \'´ /
             |i :!  V

391 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:17:21 ID:tMb4GRow
     _   , -─- 、
   / ニ `′二_`ヽ.\
  / / ヘヽ  -‐、 \  ヽ
 / / , l f'``"" | ト  l l |     「…では、伊藤さん」
 ! | 〃 , |     l | l |、 | |.|
 | l /イノー-、  rヽ!'ヽ!ヽ  |
. | /l''==a= , =a==''|r、!   「私はこれで…」
  |,イ| u` ̄ 〈|    ̄´ ||'イ
.  ド||. ,__ヽ__   l'イ|
  l l.ト、   __   イ l |
-‐'''l ! l.\     /:| ! |`:ー-
::::::::::l,ル ト、 ` ー '´ ./!ル':::::::::::
:::::::::::::::N \  /  |':::::::::::::::
::::::::::::::::|    ,><    |:::::::::::::::::






―――――――――――――――――――――――――――――――
                ||  /         |.Pi  |
                i||/   _ 丶      .||~   |                        タッ,タッ,タッ,タッ…ガチャ >
         .      | ヽ`         / |   |
         .      |  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ /  |    |
               |   ヽ     /    |   __|_____    「…………」
              //__....../| ヽ_ ./    |   |┬ii.--
         ___....-- i.|~  / | /       |   | | ||
         -- ~ ~ i.|   / | / >...___....-^ |    |  | 
―――――――――――――――――――――――――――――――

392 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:18:58 ID:tMb4GRow



        ,.‐''" ̄`丶、
      /        \
   /´           \
   /    |\_>、_ 、r‐、    \
    レ! ||_| |/_ ヽ\}      \        「…誠……」
    |八|-/>、∪_ u`i  ト、      \
      / / ,くィ夕u' |   |/ ``‐- 、_.、__\
       |/ / /_ヽ┐u |  ,|  /  ,-,.=====ゝ     「俺の…大切な息子……!」
      ヾ' / r┘|.l__人 |  /\//      \
        \ ) |   N /  //\./´ ̄`丶
        |u  |  /|(l(l「|  | |   |
         | u| / | ヾ-イ .||  l、
         _|   |/| |  \_|_|,. く. \
        ハ.___ハ     >、 \ \  \


.

393 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:20:44 ID:tMb4GRow
     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V      「確かに、ヤンチャな奴だったかもしれない…」
  < : _: : : / 〈 {}   |/  .レ {}  } |:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|      「他人に迷惑をかけた事もあっただろう…」
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V     
      \_!      _ '     !
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /        「…でも、そんなの若い時だったら誰だってやってる事じゃないか!」
      ___,r| \  `二二´ /          
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、          「何故…何故あんな風に殺されなければならなかった!」
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、





              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
         二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ       「誠……」
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
     /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、_:::::\::::\:::::',
     i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',     「誠ぉ……!」
     l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
     l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
       l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ        「俺の…大事な息子……!!」
      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
         \|\!\  ′          ∨
          ヾ ヾ 、    ー ´   ,   ゝ、
              `  、      , ′  /  \_
                  ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                   _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
              :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
              :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::

394 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:21:57 ID:tMb4GRow



       .、-―-..,,_  /:: ̄;;Z
        ゙>::::::::::::V::::::::''"::::;;;;>
      ∠;;;:::::::: .:::::::::::::::.... :::::::\
      /:::::  ::::::::::::::::::::::  ::::::\ゝ
     〃:::::::::  ::::::::::::::::::::  ::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::........::;:;;::::::::::::::::::::::::::::i    「…殺してやる」
     |:::::::::::::::::::/!:/ ヽヽ:::::::::::::::::::::|    
      レ!::::::::::::::/V/ ij' ヽヾ:::ヘ;::::::::::!
       」::::/|/>、゙':.、 /;:ヘヽ\;:r''、   「俺の誠を、あんな惨たらしく殺した奴…」
     i r.i:|ヽ"''‐、ヽ、! .i/ ‐''゙゙゙7|:ヒ'i }
.     ヽ'ニi:iヾ、 o\i i< o  ノ' i:ヒ7/
      ヘ,,_|! ゙'=u='"'|.| ゙=u=" /|!_,/-、     「絶対に…見つけ出して……殺してやる――
   ,, ‐''" |:::ヘ u   , .|.| 、 .,,//::::!.  ゙''‐ 、..__
    ,.┼/!:::::ヘ.iエェ.ヽ!.レ'‐rエi/::::::! ヽ‐- ,,_  ゙'' -
   i┼i‐|/‐!:::::::ヘrェェェェェェェノ::::::::!‐| ヽ┼i┼i‐- ,,_
   i┼i /‐i‐!;:::::| \ ‐=‐ ./.}:::::::!.i┼i.ヽ‐i┼i┼i┼i
   i┼/.|‐i‐ .!::::|  \_,/  /::::/‐i┼i‐ヽ.i┼i┼i┼
  .i‐|/.┼i┼ |ヘ|ヽ,,___,,/|W .|‐i┼i┼ヽ..‐i┼i┼i


.

395 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:22:14 ID:tMb4GRow



   ___ : : :: :: . . . . . .
 \|;;;;;;;;;「\ . . . . . . . . . .
 \|[]![]i|\l   __   ,__.          ,‐レ /    『…え?』
 \|[]![]i|\|\〃..:::日ヽ」 2 !ヽ        |Hレ' /
 \|[]![]i|\|\:\::::日  |ー ト、|         |Hレ' /
 \|[]![]i|\|\:\i..l;;ト、 |::┌ 、! : : : ::: :: :┌‐lHレ' : : :
 \|[]![]i|\|\:\i..|;;ト、ヽ|ii|\ | : : ::: :: : : :||__|H| : : : :  『律さんの行方が…分からなくなっている!?』
 \|[]![]i|\|\:\i..|;;ト、ヽ|ii|l\L__r;;;;;;;ュ r'il|:::|H| /
 \|[]![]i|\|\:\i..|;;ト、ヽ|ii|l\|llllllllllllllllll| il「::|Hレ' /
 \|[]![]i|\|\:\i..|;;ト、ヽ|ii|l\|llllllllllllllllll| il「::|Hレ゙ : : : :
 \|[]![]i|\|\:\i..|;;ト、ヽ|ii|l\lllllllllllllllllll| il|、:|H|  : : :
 \|「l!「i| , ――┬、  ∠二Tヽ, r-‐‐‐-\;lH| : : : :
 .| l|L。∠___。ィlLlレ、 ゚=゚゚O-O’{iiト_≡_イii} '\;レ゙レ’
  ̄ ̄@=呂=@-‐jHr‐」     /Lt‐┸‐j」   \
     `‐' ̄`-'' `-’   /


.

396 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:24:32 ID:tMb4GRow
      ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
   .  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
      \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
         Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
   .     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |    「ええ、そうよ…」
           l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
           |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
           | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |   「あなたが、律さんの常連客の元に
   .      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |    .送り届けたあの日からね」
         | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
   .     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
        //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
   .     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
    r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
     \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
      \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    「でも確か、律さんの方から、
. |     (__人__)     『今日は客と泊まりになるから、迎えはいらない』って
  | u    ` ⌒´ノ     メールがきた筈ですが…」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

397 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:26:52 ID:tMb4GRow
――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――
      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l     「…ええ、そうよ」
         l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ   「私の方にも、同様の連絡が来ていたわ」
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |    「…でも現にあの日以降、彼女の携帯電話は通じないし、
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |     彼女が住むアパートに行っても、そこはものけのから。
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |     荷物も殆どそのままだし、帰宅した気配も無い」
            /'   ノl j/ ㍉ト(  ノ l (   \  |  |
           ヽヽ/ヽ j!    > ´ / /     ハ |  |
――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――

398 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:28:41 ID:tMb4GRow
          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__) u |   「あの…それってまさか…」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――



  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/        「…断定はまだ出来ないわ」
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」    「こういう商売だもの。ある日不意に姿を消す事など、よくある話」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |     「ホロさんは、『常連客とでも逃げたんじゃないかえ?』と言っていたわ』
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j

399 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:32:10 ID:tMb4GRow
        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \      「そんな…」
    (●)(● )   |
    (__人__)   u .|
     (`⌒ ´     |  「変な様子は無かったんですけど…」
.     {           |
     {        ノ
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――



    つ:::::::::::::::::rー-'三三_ -―――‐-- 、)::::::::\  _
   (:::::::::::::::::::::::) 三= '´/       、  (_:::::::::::::丶<::::::`ー、
    `ー,:::::::: __ノ /  / /    \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /      ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{      「…ええ、私もそう思うわ」
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.   「彼女、私達に借金がある訳でも無いし」
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´   /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |     「…つまり、逃げ出す理由があまり無い」
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`      宀'´ |  ∨//    |
          }  |ヘ ^¨´  、          |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     r‐、       ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
           // j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
         ノ ,' / /:.:.:.:.:.:....:.:__}イ夊)=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |
       // / />ァー:. :.:.:.:`¨)´:.:.:.:.:./-ー=二二〕\  |   |
       〈≦__,/_/ーャ(:.:.:.:. :.: /\:.:.:.:《__∠⌒ー-、::::::::::::::ヽ |   |
      / ̄ ___..==':::\_:-<: : : : :\: :.:ノ:::二> _>::::::::::::{、    |

400 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:33:02 ID:tMb4GRow
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   | u    (__人__)
.   |        ノ     「それじゃあ…もしかして、事件か何かに巻き込まれたんじゃ…」
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――



        ,r::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./    /::.::.::.::.::.::/____/_
        マ_,ヘ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./     ./::.::.::.::.::.::.:く;;;;ィヽヾーr:、`ーァ、
            r゙::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./     ./::.::.::.::.::.:_::.::.:)l ト、 ヾ≦`У,.く
            /ゝ-'")::.::.::.::.::.::.::. ′   /::.::.::.::.::.〈 ゝ' l ト, マ i゙〈 / ,<_
        /  / ゝ_r、::.::.::.::.:;'     /::.::.::.:/`し’   /.ハ | .ト ∨v' r′
        〃  ′ :! ゝ-'1::.!    ,'::.::.::.::.:ヽ.      ! | .}.! .|i  K
         { {  l   :l ! !i k r「ト、 /::.::.::(⌒ー'  ,/ .| l  !.! :l !.  ', ヽ
        マト、|:、  :lム-テナyi ! .! ! ,'::.::r-┘   / / ! ! / .! :| |  .ハ     「…その可能性も、有り得なくはないわね」
        ヽヾ! \ヒ,ィア'/// ! !/::.::.)     ,     | |/ .! :| |   |
              ノ ij /    i'¨}"´    /     .| |  ! :| |   |
            〈   |     l !   ̄ ´    /! !   ! :| |   |
          r―y'´ ̄ ̄ ヽ   ハ , ,.-  ,.- _/  l__〉 .! :! !   !
             `ヾ::.::.:│::.::. 人_/__"´"_二i二__       | :| |   |
            _},:-―::.::.::.::.::. /∠-:'::.::.::.::.::.:.::.7       | :| |   |
            /::.::/::/::.::./::.::.::.::く -―::.::.::.::.::.::.::ヾ、.      | :| |   |
          i::.::.::/::.::.::. /::.::.::. /::.::.::.::.::./::.::.::.::.::.::.:\.    | :| |   |
          |::.::/::.::.::.::.{::.::.:: /::.::.::.::.::.::.:/::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ  | :| |   |

401 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:34:31 ID:tMb4GRow
                /      _ .. - 、--──- 、    \
              '     , '"           ゙ヽ     L
             ,′   /                \   ノ
           _ l   j//  /       丶        ヽ /
        ___  (._  |  ノ ,   '  ,         '         ' ヽ
     ___/r_- '  ̄  イ (__/ /  /          |  i 、      V
   r :::__:::: {    /:!   ヽ    ,'  │!.    │ !   V      ',
   |:::|  イ^て  イ::::!   ノ .!  l.  │!     ハ  !   l  !  ハ !
   L/イ  「    |:::::!   (_ | l ハ   | | |!   l | |  ノ| !   ! | |   「私の方は引き続き、最後に会ったという客の方を調べてみるわ」
  .   /!  ハ____. |:::::!    ヽVハ__ヽ__Nヽ|!  l/ j ,.ィl‐j 'T リ イ レ
    /::!   l    ヽヽ:::ヽ  ノヘ´ ヽ==ゝl、 `ヾノ' j/ィ´j::V レイ|
    !:::!  !   (  ヽ,=:Vハ ヽ イiナ:ハ        、'-ノ ' l | ヽ
    ゝ!   !    ー-..{@jil!| !   ゝ‐ '            ハ ハ. |       「あなたは、もし律の方から連絡があったら、すぐ私に教えて」
      |  !         ´ゞィ'!| |            _′   / | | ヽ
      |  !       `ナ'| ト          '-'     ∠_.l  !  \
.      ,|  ::!         /'  l  !_>-_、, ―-、     /⌒Y ,′   lヽ
    /│ ::::!         /   l  ! ' ´ : : : : : : .ヽ-<: : : : :V ハ.    | !
  . /:/  :::::!      /   ,l  !: : : : : : :__ {ゞン}─ - 、:.| ! ノ  / '
   / l ::::i      /    /! i!: : : : /: : : : . Y´: : : : : :L_.! / /
  :/.  | ::::!       \ ,.'   ! i!:__:/: : : : : : :.:.| : : : : : ::_.ゝ-─── ァ
  '   | ::::l       ゝ ノ ノ: イ: : : : : : : : :ノiヽ: : : : : ゝ_.. -─r─/



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――



   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \
. (●)(● )   |
. (人__)    .u |
  |⌒´      |      「…はい、分かりました」
.  |        /
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |

402 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:36:37 ID:tMb4GRow
          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\       「…ふう」
          |  (●)(●) .|
        ! u (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |     【俺は、胸の奥に泥が詰まった様なざわつきを覚えながら、
       / ミ)      /     携帯電話の通話ボタンを指で押した。】
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ …プチッ
      | |/|     | |




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       (…一体、何があったんだろ…?)
 |    ( ー)(ー)
. | u    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     【別に彼女とは、特別深い関係も交流もあった訳では無いが…】
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ     【多少なりとも会話を交わした事がある知り合いが、
   ヽ    ヽ く      あまりよろしくない事態に巻き込まれているというのは、
   /     ヽ \     やはり気分が良いものではない。】

403 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:38:06 ID:tMb4GRow



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(    (…アイツ、大丈夫かなぁ…)
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   | u    (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´    【なんて、無責任な心配をしながら、
    |     ∩ ノ)━・'     俺はタバコに火をつけた。】
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │   【…いつもより、少しだけニコチンが肺に染みた。】
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


.

404 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:40:13 ID:tMb4GRow
         ____
       /      \
      / ─    ─ \     「…おい、おっちゃん。何をモタモタしてるんだお」
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/   【俺の憂鬱を強引に蹴り飛ばす様に、やる夫が俺を急かす。】
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




    r '´ ̄ ̄ ̄ ̄`¨i
    |_, -――― - L.         「はやく、はやく~! 売り切れちゃうかもしれないよ~!」
  r'´           /
  ヽ._, -――――‐ -'、
   / / \\ \ \ ',
   イ / > ヽ `<ヽ\l l          【俺の憂慮を自然に無視して、蒼星石もまた、
    イ|  、_   | トレ'´{ー、_./ ̄l    俺を無理矢理下らない日常の些事に意識を戻させる。】
     |l> 、\__) ィ/} _」 | ||_フノ
     と.」_|{ {_」}_} |   }ー' ̄´
       \ヽ.」._ノ_/
       / ̄l凶/   \- 、
   _    ハ   -z. __ .ノ}   ヽ
  / ヽzく.厶_/     \_.ノ
  \     }
      ̄' ┘

405 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:41:09 ID:tMb4GRow



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)     /
.      |     (__人__)     |   r―
       |     ` ⌒´ノ     r'  _ノ
.        |         }       |   l    「…分かってるよ。ちょっと電話してただけだ」
.       ヽ        }     ) ノ
     /ノヘヽ     ノミヽ  丿 (
    片、 i | ヽ/ヽrフ |´ l/.| / _ノ
    }: `l   ト^ー┘ハj .丿 |,ッ´      【俺達はこの日、車で一時間程の距離にある、
.    ハ      ヽ   〉  r-//        量販店や一通りの外食チェーン、居酒屋などが揃っている、
   /.: ヽ iミヽ   ハ  {二. ヽ      .少し大きめの街へ、買い物に来ていた。】
   人-、 ∧::.     |.   ト- /iァ
.  〈_ン>_ }〈:::     く  介、_ノ!
  }:./-ィ.V ‐'     /   弋_ン


.

406 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:42:40 ID:tMb4GRow
     【現在俺達が居候させてもらっている佐々木のアパートがある町にも、
     一応、質の割には大して安くない夜8時には閉まるスーパーや、
     おそらくこの地方でしかチェーン展開をしていないであろう、
     夜12時には閉まるコンビニ、薄暗い店内に愛想のよろしくない
     店主が居座る、品揃えの悪い個人商店などはあるのだが…】

; ; ; _____: : : : : : : : : . . . . . . . . .
\ !; ; ; ; ; ; ; ; ||\. . . . . . . . . . . . . .
 :.\ ; ; ; ; ; ; ;||  \. . . . . . . .            【当然、そんな悲惨――いや、質素な環境では、
 i  :\゙ ̄|| ̄||\ |, , . . . . .                どうしても手に入り辛い品物が多々出てくる。】
\ .:  | ̄!! ̄!!\\|, , , , . . . .                           .i||-i/:/:/:/
 i.\  |: : ii: : || ..:\|, , , , , , , . . . . .  .  .  .                .i||-i/:/:/
 l  :\| ̄|| ̄||\/|; ; , , ___ , , ,____. . . . . . . .          . . ..i||-i
\ .i  | ̄!! ̄!!\\|\,,//: : : |___|\|      |\..... . . . . . . . . . . . . . . . . , ,,l||-l
 i.\  |i : ii: : || ..:\|  :\,, : : |___|  \ (⌒))゙ |  .|; ; , . . . . . . . . . . . . , , ; ; ;l||-|
 l  :\| ̄|| ̄||\/|:\:\;.\...|___|   |∠==_ |  .|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;l||-|/i/:/:/
\ .i  | ̄!! ̄!!\\|;\;\;\;|,|____|   |_____.|  .|;; ;; ;; ; ; ; ; ;; ;; ;; ;; ;;ii ̄ ̄l||-l/i/i/
 i.\  |l i iii i || ..:\|\;\;\i|..|,,,,,|\  |;;;;:::::::::|\|;; ;; ;; ; ; ; ; ;; ;; ;; ;;; ;||    l||-l   :
 l  i\| ̄|| ̄||\/|;\;\;\l|..|;,,,,|\\.|iii|\、| |;;; ;;; ;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;; ;;;||__|||-|   :
\ .l  | ̄!! ̄!!\\|;\;\;\l|..|;,,,,|\\|iiil|  \..|;;; ;;; ;;; ;; ;; ;; ;;; ;;; ;;; ;;;;l ;;; ; |||-|  : :
 l.\  |l l iii i || ..i\|\;\i\l|..|;;,,,|\\|iiil| |\. \; ;;; ;;; ;;; ;; ;; ;;; ;;; ;;/|,-─|||-|/i/:/:/
 l  i\| ̄|| ̄||\/|;\i\l\l|:.|;;,,,|\\|iill| |..:: |\|; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;;|: i | ;;: . |||-l/l/i/
\ .l  | ̄!! ̄!!\\|;\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |.::; |.:..||;;; ;;; ;|iiiiiiiiiiiiiiiiiii| |/| ;;; : |||-l   :
 l.\  |l l iil i || ..i\|\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |::;; |.::;||lllllllllllllllllllllll| |: i |,-─|||-|  : :
 l  l\| ̄|| ̄||\/|i\l\l\l|::|;;;;;|\\|illl| |:;;; |:;;;||lllllllllllllllllllllll| |/| ;;; ; |||-|  : : :
\... l  | ̄!! ̄!!\\|l\l\l\l|;;|;;;;;|\\|illl| |;;;; |;;;;||lllllllllllllllllllllll| |i l | ;;; ; |||-|/l/i/i/
 l.\  |l l iil i || ..i            \|llll       llllllllllllllllll| |/|,-─|||-l/l/l/
 l  l\| ̄|| ̄||゙  / ̄ ̄ ̄/|. ̄|||\ __,,.∠ ̄ ̄/~ト,  .,.,--──--、、| ;;; ; |||-l  : : :
___....|___q_∠___p_/_|____||_|__i'ノOo-oOソ ̄l~,、! l.<______>l . ;; ; |||-| : : ::
       (()0)=ロ=(0()).-,.-、.l ー|,-、 j⊂口ニ⊃/.l-''~゙' .{iiiヽ,__=_,/iii} . \|||-| : : : ::
       ⊂ニ口ニニ⊃リ_/  l|ニニ_i l|_) ``´  ``´ / [___口___]  \-|/l/l/
        ヽゝ_ノ ̄~ヽゝ__ノ,,,ヽゝ_ノ'''       /   ;;!_.!;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;!_.!    \

      【という訳で俺達は、それらの物資の数々の
       買い出しに、この街へと赴いたのだが――


.

408 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:45:22 ID:tMb4GRow


      __    
    / ~\          「でもそんなに急いでどうするんだよ?
  / ノ  (●)\        スーパーもドンキも逃げたりするワケでもないだろ」
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \
  \          |     【買い出し自体は、俺一人でも充分に可能だ。
    \       /     わざわざうるさくて生意気な荷物持ちなど
.      \  ⊂ヽ∩     連れて来る必要など殆ど無い。】
      /´    (,_ \.
       /       \. \   
      ./   /       |. \ソ   【では、何故彼らがこの場にいるのかと言うと――
    (  y'      .|

.

409 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:46:01 ID:tMb4GRow
      ___
    /     \        「…はぁ? 何を言ってるんだお?
   /  _ノ '' 'ー \      やる夫たちは新しいゲームを買いにきたんじゃねーのかお?」
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |     「ささきーが買ってきたゲームは、
 \      ` ⌒´   /      もうあらかた解いちまったんだお」




           ! ニ二三三三三三三三三ニ l
           ', ニ三三三   '"´ ̄ ̄ ̄ ̄|
            ',ニ '"´  ,.  -────┴──┐
            V ,.  ニ三三三三三三三三二ニ 〉
           ノニ二三三三三三三三三三二二/
         / ニ三三 ,. ..:"´.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::.:.:.V
        く ニ三三 ,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          ヽニ,.ィ´.:.:.:.:/.:/ /.::/l.:.:.:.ト、.:ヽ.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:!     「それでね、ゲーム買った後はね!
          V.:/.:.:.:.:V::/ /.:./ /:ハ::| \.:\.:.:l.:.::l.:.:|      ファミレスにハンバーグとパフェ食べに行って~、
            /:/.:/.:.:.:.V /.:ノ`メ、ヽl/   \⊥:l.::/.:. !      それからそれから、アイスやポテチも沢山買って~」
             |.:l.::ハ.:.',.:.:Vノ ィ行ミヽ    仁ミ V:/.:.:.:.|
             |.:|.:トぃ.:',.:.:', ゝ廴ソノ    1りノ/.:.:./
             |.:|.:l.`ト、:ヽ.:.、 , , , ,   .:、 , , イ;.イ    【…まあ、大体こんな理由である。】
           N/l.:.l:.:.\:.::.\   、_ _,   ,.イ::l/
                |人..:::ト、:l\|ヽ    ,. イ.:/.:.l
              \l _ハ    `丁 `ヽl/.:./
             , ィ´  L_  _/  ,   |/
            ノ(  V/   `Y´   /  ,rく⌒L_
           /l.:.:.:) リ  /`7介ヽ  ′ / /.:.:.:.:V

410 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:48:03 ID:tMb4GRow
     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\     「いい加減、プレイステーション2というヤツも欲しいお」
/    (─)  (─) \
|       (__人__)   |
./      ∩ ノ)   /     「そしたら、やる夫とオメーで一々交代しながら
(  \ / _ノ´.|  |       ゲームする必要もねーのに…」
.\  "  /__|  |
  \ /___ /




        ,. '"´  ̄ ̄  ̄ ``ヽ
         !               l
         l   ,. -─‐─‐- 、l
       レ'´    ,.-─‐ -⊥__
   r-──┴一''"´          `ヽ
   \  , .-─ ………‐- 、、,,_  /
    `V.:.:/.:.:,:.:.,:l:::.l:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く
      l.:.:.|.:./.://l.:.:ト.、:.\.:.:.:.:.l::.:.:.:',
      l.:.:.|/.:// ヽ:\\_ヽ:_:_|::.:l:.:|    「え~、だったらボク、セガサターンとかいうヤツが欲しいよ~」
      l.:.:.l.イ-一'´ `ヽ\`<:.|.:.:l:.:!
     |.:.:l:.:i  O      O  .l.:/.:;′
     |.:.:l.:.l           //.::,′  「じせだいき、ってヤツなんでしょ? ささきーがそう言ってたよ!」
     l.:.:l:.:.ト、     3   , .イ.:./
       V \::.:.> --- </l/|/
         ,. -'´ ̄`>公ト、 _
     , ィ⌒ヽ  ///ハヽ\`ヽ
   . / /.:.:.:.:い く く // l L_ノl ハ

411 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:49:16 ID:tMb4GRow
      ____
    /_ノ   ヽ_\       「だったら両方買っちまえばいーお」
   /( ●) ( ●)\      
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\     
 |        ̄      |   「ゲームなんてのは、いくらあっても困るこたねーお」
 \              /




             ,.. -―- ..、_
               ,.::'´::.::.:::/::.::.::.::.::`ヽ、
             /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ
          /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
          ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ   「うん、そーだね!」
           |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl
         l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|
        ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|  「でも、そんなに買ったら、お小遣い足りるかなぁ?」
        ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃
       _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′
      /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|
       rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/
      7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ
     / :.:.::|:.:.:. r┤ ) // | lト、\ {X)″
.    /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.`)|〈 // | |圦∨〉( \
    /:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:込八 \| l引 ∨ └r::∨

412 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:50:42 ID:tMb4GRow
            ____
          /_ノ  ヽ\
        / ( ●) (●)、
      /::::::::⌒(__人__)⌒\      「…なーに、心配はいらないお」
      |      |r┬-|    |
      \       `ー'´  /
  ⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ     「だって…なぁ――
    \ ヽ  /         ヽ /
     \_,,ノ      |、_ノ




              !          .:.:.:::::::/
             _⊥  -‐    ── ‐-  ̄``ヽ
             〈    , - ── ──- 、、    /
            ヽ,.'´   .:.:::::;::::::.::::、.:::::::::.:.:.:.`く
            /:!    .:.:::;:::/::ハ.::ハ:l::::::..:.!:::::::.ヽ
             /.:.l   .:.:::ノ/:/  l::| |:ト、::.::::!.:::::ハ:!
           ′.:l  ,.ィ::レ'´ ̄`ヽ リ >く/.::::/l ′
             i:::l:::', .:::l:::|,.ィテテヽ   ,.ィハV:.:::/:/
           i:::l:::::',..:::l:::|ヽ辷ソ_   fリノ!::/:/     「…ああ! そういうことかぁ――
           l::ハ.:.ト、:l:::|. ' ' ' '   ` ' 'ノ1"´
             VVハ::::ト、     ー‐ '/.:::!
                「 ';:::|_ ``ーr ‐く::::::::::|
             ノ  ';::lニに7ニヽ ∩ハ::!
           _ノ  〃.:.:.::::::.:.`ヽヽl |__
        r '¨´     f(.:.::::::::::::::::::.:.V  `L
        ハ、     f(.:.::::::::::::::::::.:.:に7ニ7ニヽ
        ノ::い     f(.:.:.::::/ .: :.  ``ヽ  。i{
      /.::::人_L_ __」ソ.:.:::/  .:: i::   .:::.\。i{

413 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:52:31 ID:tMb4GRow


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. | u   (__人__)     「……?」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }   【二人は急に立ち止まり、俺の方を
   ヽ     ノ    横目でチラチラと見始めた。】
   .>    <
   |     |
    |     |

.

414 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:53:56 ID:tMb4GRow
          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|     【蒼星石は、にこにこと満面な笑みを浮かべて。】
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:




      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     【…やる夫は、腹に一物ありそうな顔でほくそ笑みながら。】
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

415 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:55:16 ID:tMb4GRow
           /´...:...:..:..:..:.::::::::::::::::::::::::::`丶、
       ┌―-'- ...,,,__..:..:..:.:.:.:::::::::::::::::::::::::〉
      |...:...:...:..:..:..:.:.::::::::: ̄ ̄`:::::‐-、__:::::/
 (´    L ―――--...,,,_:::::::::::::::::::::::::`ヽ、_
  ヽ、__,ィ´::::::/:::/:::l:::::::|:::、:::::ヽ ̄¬、__::::::::::::/
       |:::l:::/::::l::::::|l::|::::l|::`、:::::::、:::::::l:::::「ヽ_/
      l::l:::l:::::|-r‐ト| !::::K-‐、::―ヽ:::|::::::ノ::|
        リ:::|::::l::!l::::| ! ヾ、!ヽ,.::ヽ_;;::_`ー/‐':!
        !::|::::|::YTヽ  ヽ r'i´  リ:::|/゙}/ソ
       l:ハ:::!从 ト_j      ゝー;'!::/:!ノ '   「…ねぇ、ない夫。ちょっとお願いがあるんだけど…」
         ! ヘ:{ヽト、""_..'_  ""ノ:::ノハ:{
         ヽ `/´__`ヽィ´/ ' `
         、_,/ .../;;;;;;;;;ヽ..ヽ`ー- 、_
        ,_/アュ、ヽ;;;;;;;;;;| r-、   j!`ト、
        ノ`ー'、フ ...` ̄´f、ヽ_>、 ノ!r':::::ヽ
       /:|  。ヘ`ー-ri´r'´  ∨ン::::::::::::\
   __,,.イ´:::!   。│/!} {!:| f、。   ゙、::::::::::::::::::::\
     ⌒ヽ._|  。 j/::|、_j|:|  }  。 、 ゙、:::::::::::::::::::::
          「ヽー7ヽ」ー‐'t_rtゝ、。 ヽ ヽ、::_,,r-‐
         ` ̄´/::::l><l⌒:::ヘ  ̄´ ノ




          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__) u |    「…なんだよ?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

416 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:57:15 ID:tMb4GRow



           「「ゲーム買ってちょうだい♪」くれお!」

                              ,. -──-.. 、
                            ,.'´. : : : : : : : : : : .`ヽ
                          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
               ∩_        /.:.:/.:.:.::/.:.:.ハ.:.:.l.:.:.:.:.:.::.:.:l.:l.:.:.',
              〈〈〈 ヽ       l.:./.:.:.:./.:‐/、 ',.:.ト、__.:.::l.:.:l.:l.:.l.:l
      ____   〈⊃  }       l/l.:.{.:..レ'l/   リ `ヽ.:`T:/.:l.:.l.:l
     /⌒  ⌒\   |   |        l/ N{,r==ミ   r==ヽ:l/.:/.:/リ
   /( ●)  (●)\  !   !         l.:ト、' ' '    ' ' ' 〉:l.:/./
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l         l∧.ゝ、 ,r‐ァ _,..イ.イイノ
  |     |r┬-|       |  /           ,.ィ´ ヽニノ <l/
  \     ` ー'´     //            /.:{j ,.イ介ト、  j}ヽ
  / __        /             /.:.:{j レイXトV  j}.:.:.ヽ
  (___)      /             /.:.:.:.ヽェェイXLェェイ.:.:.:.:.:.',

417 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 01:59:24 ID:tMb4GRow


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      「…ああ、分かったよ。給料も入ったばっかだし、
 |    ( ー)(ー)     そんな高いモンじゃなかったら良いぜ」
. | u    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l  【…やはりこう来たか。まあ、そんな高い買い物ではないだろうし、
.  ヽ      |   ノ   この程度の出費は構わないか。】
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

.

418 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:01:50 ID:tMb4GRow
        _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
     , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
   /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
  く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
   ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
    ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',
   \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
     l:::: i:: lz=≡ ヽヽ ≡z l| l    「…やった~! ない夫、ありがとねっ!!」
     l:::: l:: とつ \\\ C {!|
     ';:::l ト: \\ __,.\\ :!
      '、:ヽ:| ヽ   /   1   ノ l
        ヽ lト、   {_  _,ノ / /
         l ト从 ー┐ r‐:::イ:/::/
         ヽ| Vィ´ {X}ik'´l/!'´
            /: i_lil__|:i
          i: : :l:::::ヒj::l」




       ____
     /     \       「…………」
   / ⌒   ⌒ \
  / -=・=-  -=・=- \
  |      (__人__)      |     【おい、何だその嫌らしい笑顔は。】
  \     |++++| ニヤッ /
       `ー''´

419 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:04:01 ID:tMb4GRow
      __           「…あっ、それじゃあ、小さいテレビをもう一つ買わないとな」
    / ~\          
  / ノ  (●)\         「じゃないと、いくらゲーム機だけあっても、
. | (./)   ⌒)\        どっちか片方しかゲーム出来なくて困るだろ?」
. |   (__ノ ̄   \       
  \          |     【正直、俺としては、夜遅くまでうるさくてなかなか寝付けれないので、
    \       /      出来ればゲーム自体を控えて欲しかったりするのだが…】
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.      【この年頃の少年少女に「遊ぶのを我慢しろ」なんて、
       /       \. \     一日殆ど飲まず食わずでフラフラになって帰って来た早朝に、
      ./   /       |. \ソ    目の前にポンと置かれたおにぎりを「絶対に食べるな」なんて
    (  y'      .|        言われる様なものだ。】




      / ̄ ̄\      「今はテレビもかなり安くなってるし、
     /   ノ  ヽ \     どこかの中古屋にでも行けば、
     |  ( ●) (●)|     多分2,3000円ぐらいで買えるだろ、」
     |    (__人__) |
    |     ` ⌒´ |
     |       |    【まあ、互いにゲーム権を争ってケンカするよりは、
      ヽ      /     まだ両方に与えて飽きるまで遊ばせた方が良い…様な気はする。】
     _,,ゝ    (,_
   /´  `ー-一´`ヽ
   /  、      , |    【でも、佐々木には一度話を通しておいた方が良いだろう。】
  /   ノ        |  l
  (  y'l       l_ |
  ヽ ヽ.        |' }    【彼女の事だから、おそらく反対はしないと思うが…】
   \ソ`ー─‐一ヾ/

420 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:06:56 ID:tMb4GRow
       ____
     /⌒  ⌒\      「おお、おっちゃんの癖になかなか良い所に気がつくじゃねーかお」
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |     【…癖には余計だ、余計。】
  \      `ー'´     /




    r '´ ̄ ̄ ̄ ̄`¨i
    |_, -――― - L.
  r'´           /
  ヽ._, -――――‐ -'、
   / / \\ \ \ ',
   イ / > ヽ `<ヽ\l l
    イ|  、_   | トレ'´{ー、_./ ̄l   「よし、それじゃあ早速ゲーム屋にゴーだ~!」
     |l> 、\__) ィ/} _」 | ||_フノ
     と.」_|{ {_」}_} |   }ー' ̄´
       \ヽ.」._ノ_/
       / ̄l凶/   \- 、     【…え? そっちが先?】
   _    ハ   -z. __ .ノ}   ヽ
  / ヽzく.厶_/     \_.ノ     【いや、別にいいけどさ…】
  \     }
      ̄' ┘

421 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:08:27 ID:tMb4GRow
       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \    「今のテレビはちっちゃいから、
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \    もう少し大きいヤツがいいお」
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /




       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \       「おいおい、無茶言うなよな」
     |    ( ●)(●)
.     |     (__人__)    「ただでさえ佐々木の家は狭いんだ、
      |     ` ⌒´ノ    これ以上物増やしたら、寝る場所無くなっちまうぞ」
      |         }
   _./:l ヽ        }
‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\     【…家族サービスに付き合わされる父親の気分は
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\    こういうものなのかもしれないなと、ふと思い――
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`::/::::::::l

422 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:10:40 ID:tMb4GRow
         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ     【何故か俺の口元は、だらしなくゆるんだ。】
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |




        /:. :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
       / :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
.      / :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
.     .' :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!: ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
.     ,'.:.:.:.:.:.:.:. i:.: : i.:.:. |i.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':  ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
    |.:.:.:.:i:.:.:.:.:|.:.:.:.|:.__:||:.:|!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/____Ⅵ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :|
    |.:.:.:.:|.:.:.:. | /|∨.|Ⅵ∨.:.:.:.:.:.:.:.: /´     Ⅵ\:.:. i:.|.:.:.:.:.: : :|     【俺と、今はこの場にいない佐々木が、遊園地か何かで
    |.:.:.:.:|.:.:.:.:ヘ;.:. |: Ⅵ Ⅵ∨:.:.:.:.:.:.:/      Ⅵ:.:.:.:.:|.l.:.:.:.:.:.:.:.:|      はしゃぎ回る二人を目を細めて眺めている情景が、
.     !:.: : |:.:.:.:.:.:ヘ_,i ヘ! V: ∨.: : :,:′       Ⅴ:.: : j:i..:.:.:.:.:.:.:.j      一瞬だけ頭の中を横切った。】
.    ',.:.:.:.∨:.: i.:.:|Ⅵィ==ミ,V/  ,ィ==ミ、j/.:.: /リ:.:.:.:.:.:.:.:.i
.     i.:.:.:.:.∨.:|:.:.iハヽ                  リ.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
.     i.:.:.:.:.: ∨V:ヘ   ::::::::::         ::::::::::   /!.:/;イ:.:.:.:.:.:.:.:.: i:!
.     i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:ヘ       〈         /.:j/:./i:.:.:.:.:.:.:.:.: 从
    j从.:.:.:.:.!:|: l:::: ヘ、    、____,     /.:.:.:.:/:::!.:.:.:.:.:.:.!.: ハ:ヘ
    /ハ.:.:.:.:.:i:|:. i:::::::::::ヽ、    ー      ,イi:.:.:.:/:::::i:.:.:.:.:.:/:.:.:! `\
.   / ′リV:.:.:i:ト:.l:::::::::::::::::>      イ`<!:.:.イ::::::从:/:/:|:.:/!
         \リi.、!::::;ィ ´   j: > <  :|   !:./ヾ(jj:.:./イ |/
         \i.:.:'!i;)               ,|/  (jj:./`:.:.:.:'..、
.       ,..、.:.:':.:.:`:.:.:.!i;)   ` ー 、  ,. -― ´  (jj:′:.:.:.:.:.:.:`ヽ.
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!i;)                 (jj:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヘ
.     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!i;)                  (jj:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

423 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:12:34 ID:tMb4GRow
       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   「ま、そん時はおっちゃんに、車の中で生活してもらえばいいお」
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /




       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)      「…はぁ? おい、いくらなんでもそりゃないだろ…」
     | u   (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \     【俺の心中に芽生えた温かな心は、
   /   ヽ、____ノ     )    やる夫の心ない言葉によって急速冷凍。】
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (     【蒼星石はともかく…コイツには、しっかりとした
   \  /   /⊂_)      しつけが必要な気がする。】

424 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:15:01 ID:tMb4GRow



  【俺達がそんな下らない会話を交わしていると、
  不意に俺の電話が着信を告げた。】


           {{   |'      |'   |'       /  / r=、/!
           ',!   !      !   {!       {!  {! {! }ハ,'
           >―‐┴―――┴―┴――――‐┴‐┴{`イ! |
           / /`T  ̄ ̄ ニニニニニニ  ̄ TT '' ┐ !_ll ,'`丶、
          / /〃 ̄ヽ  ' -―――- ' 〃 ̄ヽ  l  llr ゙! _,.  `丶、
            l ! ゞ...,,_ノ  _,.==;-、     ゞ..,,,_ノ l  /l_ ll/
          l l  /   , '/    `ヾ,ヽ     ll   l llゝ、/
         l l  /  〃'{      ヽヽ   ll   l ll / l!
PIPIPIPIPI… l l 〃 ̄ヽll ト、     ノ  `ヾ ̄`ヽ ! l ∩ l!
        | ! ゞ...,,_ノ','、ヽ \  /     ヽ_ノノ'| ll H' l'!,. -
          l ! { {____ヽヽ\` ´   , / ̄  ', / ll// l//
       ,| l,ィ―――、 `ヾ='、  /       \/// l, '
      /l ! ゞ____ノ   f´`ヾ',           `ヾ{..,, -
   ,.-'´  ! !          `¨´ ヽ            `ヾ―-
  /    l l f ̄ ̄ ̄ヽ r――- 、 >、
 {     l ! '、.....,,,,,_ノ '、.....,,,,,,_ノ '、_',
. '、   l l ,―――、 ,.―― 、  _.....,,,,,,ヽ
  `ァ、__l l '、____ノ {     } {     ',
. /  ! l ,-――-、  , ニニニ´,  ,ニニニ´|


               【相手は…佐々木だった。】


.

425 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:17:54 ID:tMb4GRow
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     「ああ、佐々木か。何の用だ?」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――



―――――――――――――――――――――――
       ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l   
       ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i   「…いや、別に。大した用事じゃないさ」
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
       トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
                  r z'   ,k-、      「今日の夕飯の献立について、意見を聞いておこうと思ってね」
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、
        / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
          ! 、 ヽ 丶         / /  X!
―――――――――――――――――――――――

426 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:21:32 ID:tMb4GRow
     / ̄ ̄\       「うーん、そうだな。昨日はチャーハンだったし、
   /   _ノ  \      今日も昼はこっちで食べるから…」
   |    ( ─)(─  
   |      (__人__)   「脂っ濃くなくて、さっぱりしたものがいいかな」
.   |        ノ 
    |     ∩ ノ)
  /    / _ノ´    【その時の彼女の様子に、特に変わったものは感じられなかった。】
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |      【…少なくとも、俺には気づけなかった。】
.    \/ ___ /



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――



―――――――――――――――――――――――
    i:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.',:.',:. ',弋辷ソ     ヒ.ソ  !/l':.:.:.i、
    l:.:.:l:.:.:.:i:.:.:.:.:.iヽ:.:',       ,    .,:'':.:l:i:.:.:lヽ   「そうか、分かったよ」
    }ィ:::i:.:.:.l:.:.:.:.:.:',::.:.:.:,    _      /:.:.:.:!ハ:.:!
    ':,:.ハ:.:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.,、     ̄  .:.':.:.,':.:.' !:.!
   ./' }' l::.ハ:.:.:.:.:.ハ:.:.: ' `    __..イ:.:.:./ソl/ }/   「それじゃあ、今日は軽く冷しゃぶなんてどうかな」
      ,'  i:.i 、:.:.:.ト:.:.ヽ:.:.',    i:.:.:.:.,、〃  ' . /'
       !:'  ヽ:.:.',ヾヾ.,ヽ',   ',:∧' ヾ
           ヽ:.', _ノ  ヽ   `ー.、_
         ,.-‐::く´  _ __  __ _ ヽ::`ー...、
       /::::::::::::::ヽ           ヽ:::::::::::::ヽ
―――――――――――――――――――――――

427 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:24:33 ID:tMb4GRow
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●      「ああ、それでいいだろ」
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    「後は佐々木にまかせるよ」
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――



―――――――――――――――――――――――
    l、,'、:li::::l,      '      ,'::::l, - '::イ::.l゙:l.l:.l
     l:.、:!゙、:l      _,    ./.:.:l::l::,i::/ l:,' j! ',i
     l:.:l、:、:.:l` 、,'^、.     /l::::::l:.i/l,'  i'
.      l::l ゙、ヽ:.,-'-t, lー,- - '゙l´ ,':::::!l:_,,..-ー-、    「はい、まかされました、っと」
      l:!.  , ',_ーt ト'゙./,,-tー-'  jl::::,'、l:.:.:.:.:.:.:.:i
      .i' .l ._/l ,l.ノ. ,'::::::/、,,、_,,,_ l::,'::::`.:.:.:.:.:.:.i
       iト、゙-'´_,,-'゙ィ:./,XXXXXl'l::,'-:.:.:.:.:.:.:.i
―――――――――――――――――――――――

428 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:26:02 ID:tMb4GRow
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)     「あっ、そうだ。ちょっと佐々木にも聞いておきたいことが
. |     (__人__)      あるんだけど、時間は大丈夫そうかな?」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
.          ハ. |ハj ヘ | :i.    /    弋::::ソ ノ    !     ! ハ        !
           'j  ,ハ| :i                ハ   j_ノ       ',    「…うん、大丈夫だよ。で、用件はなんだい――
              /  从  、             i !   / |   |   ハ
                /  / 人   _          从.  /     | !:ト、 ',    【それから俺達は、少しの間話をした。】
            /  /! i \            .イ  i !/ヘ     i j i | ヽ
              厶イi: ! | i iヽ.       .  ノ ノノノ  | i  ! ! ハハ!  )   【やる夫達が新しいゲーム機と、テレビを欲しがっている事。
            八!`ヽハハハ `ヽー 七    //j八八八ハjノ          その件について、本当に買ってやっても良いかどうか。
                            )ハ    /  {               また、仮に両方購入したとして、置き場所はどうするのか、など。】
                     ,.-‐''て_」        \  _」\
                  〃 ̄´.ゝー‐''"´ ノ          ̄ノ   ゝ.、         【日常的な、いつも通りの会話だった。】
                / {  / 〈 ー 、   _____       〈   ノハ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

429 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:28:10 ID:tMb4GRow
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
      r‐ 、    'j  ,ハ| :i                    ハ   j_ノ      ',
      ヽ ヽ    ./  从   '              i !   / |  |   ハ
         ハ  V  /  / ヘ.     _         从.  /    | !:ト、 ',     「…うん、別に良いんじゃないかな」
        |  |  ./  /! i   \            .イ  i !/ヘ    i j i | ヽ
        |/ __\/´`! | i i ヽ.       .イ ノ ノノノ  | i  ! !ハハ!  )
       ノ/  `i \/ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj        「それじゃあ僕は、君たちが帰るまでに、
      /´ -─┐|、___)            )ハ    /  {              部屋の荷物の整理でもしておこうかな」
     /´    ,. }ノ:: }      ,.-‐''て  _」        \  _」\
     {    イーノ::  V ̄´ .ゝー‐''"´ ノ          ̄ノ   ゝ.、
      \  `ヽ:::.   } /  〈  ー 、   _____       〈   ノハ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)        「おっ、悪いな」
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||
.  |         },.!  ノ'  「それじゃあ、お礼って訳じゃないけど、
.  ヽ        r / .|    何か佐々木の好きなものでも土産に買ってくるよ」
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /        「何が良い?」
    |    i´

430 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:30:50 ID:tMb4GRow
―――――――――――――――――――――――
    l:.:.:l:.:.:.:i:.:.:.:.:.iヽ:.:',       ,    .,:'':.:l:i:.:.:lヽ
    }ィ:::i:.:.:.l:.:.:.:.:.:',::.:.:.:,           /:.:.:.:!ハ:.:!    「うーん、そうだねぇ…」
    ':,:.ハ:.:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.,、     ̄  .:.':.:.,':.:.' !:.!
   ./' }' l::.ハ:.:.:.:.:.ハ:.:.: ' `    __..イ:.:.:./ソl/ }/  「ああ、それじゃあタコ焼きでも頼もうかな」
      ,'  i:.i 、:.:.:.ト:.:.ヽ:.:.',    i:.:.:.:.,、〃  ' . /'
       !:'  ヽ:.:.',ヾヾ.,ヽ',   ',:∧' ヾ         「生憎と家にタコヤキ焼き機は無いし、
           ヽ:.', _ノ  ヽ   `ー.、_         冷凍のものはあまりおいしくないからね」
         ,.-‐::く´  _ __  __ _ ヽ::`ー...、
―――――――――――――――――――――――



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   「ああ、分かっただろ」
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

431 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:34:24 ID:tMb4GRow
―――――――――――――――――――――――
       ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l   
       ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i  
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
       トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ    「…ところで、今日は何時くらいに帰れそうなんだい?」
                  r z'   ,k-、     
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、
        / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \
          ! 、 ヽ 丶         / /  X!
―――――――――――――――――――――――



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \       「んー、そうだな…」
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    「5時か…遅くても6時ぐらいには帰れるんじゃないかな?」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

432 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:36:03 ID:tMb4GRow
――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――
   l:.:.:.:.:./:. i:.: ,':.:.:.:.',:.:.:\ゝ.l:.:.:.!':l:.:./ l/   ゝ. _l:.:l:.:.:.:.:l
   /:.:.:,:.,':.:.:.l:.:.:l:.:.:.:. i:',:.:.:.:lー-!:.:.:.:.:Ⅵ .'      /l,イ:.:.、:.:.!    「…へぇ、そうなんだ」
  ./:.:,ィ:.:i:.:.:.:.l:.:.:l:.:.:.:. l:.:.!:.:. !  l:.:.i:.:.:.:.l     _ ノ:.:':.:l:.:. i:. ',
 // {:.:.',:.:.:.:.!:.:.l:.:.:.:.:!:.:.l:.ハ:!  l:. l:.:.:.:.l      .冫:.:.:. l:.:.:.l: i ',
/   !:.ハ:.:ハ:.:',:.:.:∧:.,!' '  Ⅵ:.:.:.,'      /:.:',:.:.: l:.:.:.l:.:ト、',    【何故かその瞬間、彼女の息を飲む音が、
     レ  ヾ ヽハ--< _     l:.:.〃ト    .,':.:.:.:l:.:.:.!:.:./!:'  .'、    携帯の向こう側から聞こえてきた。】
        /::::::::::::::::::`::..、  .l:./ハハハ:.: ̄:.:.:.:./}:.:.'.:./ }'
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::\!' .l ' ' ノ:.:.:.:.:.:.:/./://
――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――

433 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:37:08 ID:tMb4GRow
          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__) u |   「…佐々木?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――



―――――――――――――――――――――――――――
           \|ヽ: :|.:|: : :弋弋zソ ヽ jⅣ
             }ヽ仆ヽ: : : :lN   _ _/: :l
             / ̄ ̄``ヽ、: レ'´ ̄`): : : :l   「ねぇやらない夫さん、その事についてなんだけど――
            /        V  `ー ユヽ.:.|
                   |     ユ、l../
                  |     l ハ'′
―――――――――――――――――――――――――――

434 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:39:07 ID:tMb4GRow
――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――
   l:.:.:.:.:./:. i:.: ,':.:.:.:.',:.:.:\ゝ.l:.:.:.!':l:.:./ l/   ゝ. _l:.:l:.:.:.:.:l
   /:.:.:,:.,':.:.:.l:.:.:l:.:.:.:. i:',:.:.:.:lー-!:.:.:.:.:Ⅵ .'      /l,イ:.:.、:.:.!    「どうか家には帰らないでくれ」
  ./:.:,ィ:.:i:.:.:.:.l:.:.:l:.:.:.:. l:.:.!:.:. !  l:.:.i:.:.:.:.l     _ ノ:.:':.:l:.:. i:. ',
 // {:.:.',:.:.:.:.!:.:.l:.:.:.:.:!:.:.l:.ハ:!  l:. l:.:.:.:.l      .冫:.:.:. l:.:.:.l: i ',
/   !:.ハ:.:ハ:.:',:.:.:∧:.,!' '  Ⅵ:.:.:.,'      /:.:',:.:.: l:.:.:.l:.:ト、',  「やる夫達の身が…危ない」
     レ  ヾ ヽハ--< _     l:.:.〃ト    .,':.:.:.:l:.:.:.!:.:./!:'  .'、  
        /::::::::::::::::::`::..、  .l:./ハハハ:.: ̄:.:.:.:./}:.:.'.:./ }'
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::\!' .l ' ' ノ:.:.:.:.:.:.:/./://
――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――

435 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:41:40 ID:tMb4GRow
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)   「…は?」
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}   【俺は、彼女がいきなり何を言い出したのか全く理解出来ず、
.  ヽ     u  }    ただ、間抜けは返事を返しただけだった。】
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――



―――――――――――――――――――――――
            _ -  ̄` ー
          /         \     「この家には現在、数人のガラの悪い連中が押しかけてきている」
         , '       ,、 、   ヽ
        / /     ,ィ ィ/ ヽ ! |   ヽ  「どうやら、蒼星石が起こした事件の関係者が差し向けた連中のようだ」
        ,'  l , -‐-x i / イ-─リハ l ヘ ',
          i  l  ァ≠、/    ィニテ!/  l !   「何故彼らがこの場所を突き止められたのかは分からないが…」
       ,'.|  ゝトヘヒノ   ,   ゞ-ィ fヽ | l   
       ! !  ヽ_',    _ __  | f ' i i  「君たちがノコノコと帰って来てはいけない事ぐらいは…分かる」
         { ト    ヽ、     ,イィ/ ィ i l,'
       トゝヽヘ_、-、_` t - イ /!ィハ/ソ
                  r z'   ,k-、       【だが彼女は、突然の事態に呆ける俺をよそに、
             _ ┬ ヘ   只  /`7-、     極めて冷静且つ早口に、自身の身に起こっている
        / ', ',  ヽ/  ヽ'  / / \   事柄を矢継ぎ早と俺に告げて行く。】
          ! 、 ヽ 丶         / /  X!
       | !   ヽ ヽ    , ' , '   ' |
―――――――――――――――――――――――

436 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:43:56 ID:tMb4GRow
    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\     「…え? おい…いったい…なんだよ…?」
 |. u. (__人__) |
. |        |
  |        |   【寝耳に冷水と熱湯を注入された様な出来事に、
.  ヽ      ノ   .俺の思考回路はフリーズ。】
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |




              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (○)(○) .l i i i    【異常な出来事が起こっているのは何とか分かる。】
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
           .i   l.      ,'  ./   【でも、自分が一体何をして良いのかは全く分からない。】
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./      【俺は、俺は一体どうすれば――
               |    .   |

437 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:46:35 ID:tMb4GRow


       / ̄ ̄\
      /  \    \    【…しばしの熟考の後、俺の口から
    .(●)(● )  u. |    やっと捻り出された言葉は――
     (__人__)  u   |
     .(`⌒ ´     |
     {         |      「佐々木は…大丈夫なのか?」
      {      u. /
      \     /
      ノ     \   【という、何とも間の抜けたものだった。】
     /´        ヽ

.

438 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:48:24 ID:tMb4GRow
――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――
   l:.:.:.:.:./:. i:.: ,':.:.:.:.',:.:.:\ゝ.l:.:.:.!':l:.:./ l/   ゝ. _l:.:l:.:.:.:.:l
   /:.:.:,:.,':.:.:.l:.:.:l:.:.:.:. i:',:.:.:.:lー-!:.:.:.:.:Ⅵ .'      /l,イ:.:.、:.:.!   
  ./:.:,ィ:.:i:.:.:.:.l:.:.:l:.:.:.:. l:.:.!:.:. !  l:.:.i:.:.:.:.l    、_ ノ:.:':.:l:.:. i:. ',
 // {:.:.',:.:.:.:.!:.:.l:.:.:.:.:!:.:.l:.ハ:!  l:. l:.:.:.:.l      .冫:.:.:. l:.:.:.l: i ',   「…ああ、大丈夫だよ。でも僕は――
/   !:.ハ:.:ハ:.:',:.:.:∧:.,!' '  Ⅵ:.:.:.,'      /:.:',:.:.: l:.:.:.l:.:ト、', 
     レ  ヾ ヽハ--< _     l:.:.〃ト    .,':.:.:.:l:.:.:.!:.:./!:'  .'、  
        /::::::::::::::::::`::..、  .l:./ハハハ:.: ̄:.:.:.:./}:.:.'.:./ }'
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::\!' .l ' ' ノ:.:.:.:.:.:.:/./://
――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――

439 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:51:12 ID:tMb4GRow





          【だが俺は、その先の言葉を、終ぞ聞く事は出来なかった。】




            【それが、俺と彼女が言葉を交わした、最後となった。】




.

440 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:54:40 ID:tMb4GRow


      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \     「佐々木…? 佐々木っ!?」
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)   【佐々木が何かを言い終わる前に、携帯の向こう側から、
     |      ` ⌒ノ    何かが床に引き倒される様な衝撃音と、
      |        }    誰かが争っている様な慌ただしい音がしばしの間聞こえ――
      ヽ u      }
       ヽ     ノ  < ドスン!! バタン…ドスン!!
      ノ     \  
     /´        ヽ   【…やがてその音は途絶え、静かになった。】

.

441 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:54:51 ID:tMb4GRow
        /  ̄ ヽ〆 ̄ニ=
       /    ,.ィm、  ヽ   【嫌な沈黙の後、少し荒らい息遣いと共に、
      l     l゛  |    ',   耳に強く押し当てている携帯の奥から、
        |    リ`ヽ ,ゝト、 |   聞き慣れない男の声。】
        |  /!なラ  なラ|ノ
       ノ  イl    ,`> |
.      1   `|ヾ三三三フ|       「…おい、分かっているな? この女の――
.     /     ト、  =  ,.!_
----―'―'´|  |. `' 、__、イ≡`''- 、
≡≡≡≡≡.l  |    / l ≡≡≡`''- 、
≡≡,r―っ≡|レリ\ / | ≡≡≡≡≡ r- 、
 //二つ、 |  /ヽ |≡≡≡≡⊂ニ、'ヽ \
/ / /二二) |/ 〉8〈ヽ| ≡≡≡⊂ニ、'ヽ ヽ .l



――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv―――――



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\    【と、後に続くはお決まりの、「女の命が惜しければ、
 |. u. (__人__) |     依頼者の息子を殺した犯人…蒼星石を連れて来い」
. |        |     的な脅迫。】
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /    【俺は、佐々木の身を必死で案じながらも、
   /    ヽ     心のどこかで、「ああ、これってドラマみたいだなぁ」と、
   |     |     無責任な傍観者の様な事を考えていた。】
    |    .   |

442 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:57:18 ID:tMb4GRow
――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv――
             _-‐─------- 、
          ⌒/  ─        ヽ
       //  r  ─  \     \
      /     .r     \   \  ヽ
    ./   / |   \   \  \  \
   /  / / (ヾ ⌒ヽ.   .          ヽ
   | |    | |::   ::| || || || || || || ||      |
  .|  | |   .|::   ::| || || || || ||ノ|ノ | \   |
  |  |   ノ_| |:::   :|ノ.|ノ|ノ|ノ|ノ-‐─|ノ|    .|
  .|   ノ| / ::|ノ::ヽ 、    /    :::::::| \ |
   |   ノ:|ノ=====ヽ  ::"======::::|r‐ 、. |
   .| rへ||::` _O_ノ;;|   ` _O_ ノ :::||Fヽl |     「もし来なかったら…分かってるな」
   | |に ||::::::    ヾ|          ::::||レ./|
   .| .ヽ_||::::::    ::::          :::|| ノ |
    .| | .|:::     ヽつ        :::| |  |
    | .| |::  ─‐----------‐─   ::| | ||
    .|   |::  ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   ::| | ||   【そう言って男は、無慈悲に通話を打ち切った。】
     | |. ヽ:  `──---─‐'    /|  | |
    .| | | .\:     ≡      ./  | |
     | |  | | .ヽ           / | |  | |
      |ノ/|    \:::      /| |  |\ .|
  -‐'''"~:::::::|ノ| |ノ  "'''‐--‐'''"   |ノ| | |::::::~"'''‐-
  :::::::::::::::::::::::::|ノ|  ヽ       ./ ||ノ|ノ::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::|   \    /  |:::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::|    .\ /    |:::::::::::::::::::::::::::::
――w―√レvv―~ヘ√レ―――w―~v――w―√レvv――

443 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 02:58:39 ID:tMb4GRow



           {{   |'      |'   |'       /  / r=、/!
           ',!   !      !   {!       {!  {! {! }ハ,'
           >―‐┴―――┴―┴――――‐┴‐┴{`イ! |
           / /`T  ̄ ̄ ニニニニニニ  ̄ TT '' ┐ !_ll ,'`丶、
          / /〃 ̄ヽ  ' -―――- ' 〃 ̄ヽ  l  llr ゙! _,.  `丶、
            l ! ゞ...,,_ノ  _,.==;-、     ゞ..,,,_ノ l  /l_ ll/
          l l  /   , '/    `ヾ,ヽ     ll   l llゝ、/
         l l  /  〃'{      ヽヽ   ll   l ll / l!
         l l 〃 ̄ヽll ト、     ノ  `ヾ ̄`ヽ ! l ∩ l!
        | ! ゞ...,,_ノ','、ヽ \  /     ヽ_ノノ'| ll H' l'!,. -
          l ! { {____ヽヽ\` ´   , / ̄  ', / ll// l//    【俺は、通話の切断を告げる電子音を聞きながら、
       ,| l,ィ―――、 `ヾ='、  /       \/// l, '       しばらくそのまま呆然と立ち尽くしていた。】
      /l ! ゞ____ノ   f´`ヾ',        u  `ヾ{..,, -
   ,.-'´  ! !          `¨´ ヽ            `ヾ―-
  /    l l f ̄ ̄ ̄ヽ r――- 、 >、
 {     l ! '、.....,,,,,_ノ '、.....,,,,,,_ノ '、_',  u
. '、   l l ,―――、 ,.―― 、  _.....,,,,,,ヽ
  `ァ、__l l '、____ノ {     } {     ',
. /  ! l ,-――-、  , ニニニ´,  ,ニニニ´|

ツー,ツー,ツ-…

.

444 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:01:44 ID:tMb4GRow
              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、   【…一体何が起こった?】
           /,イ / (○)(○) .l i i i
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉 【これは…どういうことだ!?】
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
           .i   l.      ,'  ./   【何故…ここがバレた?】
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
             ヽ     〈_ノ ノ   【乗り込んだ電車から…辿られたのか?】
              |     ./
               |    .   |      【俺は…どうすればいいんだ…!?】




              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (ー)(ー) .l i i i       【頭の中を、様々な思考が駆け巡る。】
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
          ', i.  ',   ` ⌒´u /   /
           .i   l.      ,'  ./     【だが、その思考が一つの結論に収束する事は無く、
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ      .ただただ巡り、廻り、悩むだけだった。】
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./
               |    .   |

445 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:04:25 ID:tMb4GRow
..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)     「…おっちゃん?」
  / u    (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /   【俺の様子がおかしい事に、やる夫達もようやく気がついた。】
.   ノ         \
 /´            ヽ




              r─────-、、
                |          .:.:.::::.`ヽ,
                |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
             _ノ_____  ̄``丶、/
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \    「どうしたの? そんなに怖い顔してさぁ…」
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|   【訝しむ二人に、俺は、焦りつまり戸惑いながらも、
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/   何とか先刻告げられた衝撃の事実を、彼らに伝えた。】
         ヽト、::::ヘ       u /::/:/
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
              // /介1  ,fj.:.:.:.:::.\

446 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:05:34 ID:tMb4GRow
        ____
       /    \
.    /          \     「…………」
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |  【やる夫は、俺の拙い説明を聞いている間、
.  \ u  (__人__)  /   一言も口を挟まず、ずっと押し黙ったままだった。】
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ




   /           |   |            \     \  \ /
  /          |   |   i         \  \   \\  /
\/       /     ハ.   l\ ゝ、        \   ヽ     ', ゙く
. /       /     / ∧  ! \\\        ヽ   ',     l   ',
/       |   / /  \. \  \ゝ、\       .ヽノ|    |  |     「…そんなぁっ!?」
i        l\  //     ><\  \ゝ-\--─一'| |    |  |
l        | _>=ニニ<´   \\    ,ィチ示-ミ气> |    |  |
| |   | lく r'"/´ ̄`ヽ\   \ヽ 〃f。 f i .} jノ| |   /  |   「ねぇ、ささきーは!? ささきーは一体どうなっちゃうの!?」
| |   | i.ヽ! { ゚ ( ) }        \  ゝ ー' ノ   | /   /   .l
ゝヽ   ヽ ヽ  ゝ _ ノ           ー--‐'  ノ/  ./  / /
 lヽ\  \\__ー--‐ '       }       u  / // /./     「…ねぇっ!?」
 | \l\  ヽ-'       , -- 、___ノヽ       ∠/ // /
 '、  | | ゝー\ u    /      `ヽl      / 〃 //
  \ | |  | | ヽ、    {           }  u /──‐く⌒}
   「⌒ > 、--<\   ヽ        /   /  ┌‐ノ⌒ヽ」\
  r「⌒/  l/`ヾ-、 ー-丶、___/-‐'     r‐'、 \  \ ヽ
 / 〉 |  /  / / `ヽ   ̄ヽ、ーイ __    / 、 ヽ    ', ',
/  ゝ. l            |   /ニ「}二、 \   〈 i  ヽ      } ゝ

447 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:07:49 ID:tMb4GRow
      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |     「…それは…俺には…ちょっと……」
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ
      |        }   【俺は、蒼星石の必死の問いかけに、何も答えられなかった。】
      ヽ u      }
       ヽ     ノ     【…凡人である俺に、こんな不測の事態に際しての対応など、
      ノ     \     すぐに思い浮かぶ筈も無かった。】
     /´        ヽ




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)    「あ、あの、えっと…」
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}   【頭の思考回路という回路を必死でフル稼働させて、
.  ヽ     u  }    喉の奥からやっと絞り出した言葉は――
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)

448 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:09:28 ID:tMb4GRow


              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (○)(○) .l i i i    「…とりあえず、真紅さんに相談しないと…」
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
           .i   l.      ,'  ./   【という、あまりにも凡人らしい、他者依存且つ
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ    無責任且つ自分本位なものだった。】
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./
               |    .   |

.

449 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:11:02 ID:tMb4GRow
          ____
        /     \
       ‐   ─     \
       (  ( ●)     \    【二人は、そんな俺の有様を否定する事なく――
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l     


            【ただ、違う生物、存在に対して向ける様な視線を――


  /   l     .i, 'i、
  /   !     .|.! !.ヽ   l
  /   .|      ! .l ! .ヽ   l\          ,
  ! /  │  .|   ! .ヽ.l,  \ . l、 \         !
 .! l|   l  / .,./   . l..l.   \ミ/;;、.,゙;;xi..ii,i--――-l..,、
 | l│   .l .l'"/了゙゙''''''''''.lヽ     .`'!!r..,,._,,,`-ニニ二l、 `    【…こちらに、投げかけただけだった。】
 .l.! .! .,  .}゙.iiシ'┌'''Z,゙,゙'''x/.l、      !" .|コy ,,, |.,l′
  │ l l ,iシl,.l. ヽ .l'Yくッ.! .\          ! ゙‐''゙'ジ゙/ r     .,
  ゝ ゙lir彳 ..l,.l   .゙―ー"   `''        ̄´  /./      !
     ヽ.!i、 ゙ l、                   u  /. /    ,l゙ /
      ゙'.乂、 .\        ゝ           ,〃 ! /   /l/
      .| ll \  .\       _       ´  /./   / 〃
       ! |l `'‐  ゙l‐ヘ、               ,!/   .i| l'!l゙
       .! l.l   .l.!゙7-、          _/´l|〕  .,l"l/ l!
       l ! l   .l l |  .              .|'l゙ ./ . ′
       レ .l  l .|/      `゙'''Y'"゛    ._,.. | l\
          .l │         │   _..-'"  | l   .\
             \|          '" ̄''''''    .l/     \

450 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:13:18 ID:tMb4GRow
           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \    「…おっちゃん、行くお」
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \




    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\    「…はぁ?」
 |. u. (__人__) |
. |        |  「行くって…どこにだよ…?」
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /  【俺は、その行き先を薄々分かっていたのに。】
   /    ヽ
   |     |    【でも、それでもどうしても、聞き返してしまった。】
    |    .   |

451 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:15:42 ID:tMb4GRow
           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ    「…ささきーの所に決まってるお」
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/    「おっちゃん、早く車出すお」
      /      ー‐   ヽ




      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \        【…やっぱり。】
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ     「あ、ああ…」
      |        }
      ヽ u      }
       ヽ     ノ    【俺だって、彼女を助けられるものなら今すぐにでも助けたい。】
      ノ     \
     /´             【…でも――

452 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:18:16 ID:tMb4GRow


   / ̄ ̄\        「…でも、よ…」
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)   「どう考えても罠だろ!? これ!?」
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|    「待ち伏せされてたら危ないし…
.  | ι   `ー'´}    とにかく一度、真紅さんやホロさんに相談しないと――
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ    【身近な人が危機に晒されているというのに、
   /    く      自分達…いや、自身の保身を考えてしまう俺は――
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)   【…やはり、どこにでもいるただの凡人でしかなかった。】

.

453 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:19:42 ID:tMb4GRow
..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \    【…やる夫は、そんな俺を見上げながら
  |       ` ⌒´   |    見下げ果てる様な視線を向けてきた。】
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ




         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \       【何者も、何事も射抜く様な目。】
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \  【臆せず、激情的且つ冷静に事態の打破を考えている目。】
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l    【その自信が、決して虚勢でも虚構でもないと主張している目。】
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\     【自分は俺みたいな凡人とは違うのだと、
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \    暗に残酷な現実を俺に告げている目。】
     : : : : . : : . : : .                \

454 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:21:35 ID:tMb4GRow


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)    「あっ……」
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}   【俺が、彼のあまりにも強烈な威圧に気圧され
.  ヽ     u  }    思わず後ずさると、背中にも同等かそれ以上の重圧。】
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)

.

455 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:23:06 ID:tMb4GRow


                 |
             ┌‐‐┴- 、
             |      ``丶、   .:.:.::::::::::::
         __」        .:::.ヽ  .:.:::::::::::::/
       , .:´:.:.::::.:.:.: ̄``::.:.、  .:.:::.\ .:.:.::/     【…蒼星石だった。】
        .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.\/
       .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
      | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/  【つい先刻までの、豊かな表情を有していた彼女はそこにはなく。】
        `V.{.:l.::lrr㍉l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´
         V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′
           `11  ,    」いシ.l/::l:/.::::/        【ただただ、無表情にやる夫…そして俺の決断を待っていた。】
         |.:ト、         /:::.:,.::,:::/
         |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ
         l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、     【無言無表情の圧力で、俺を急かし、促していた。】
         l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」
         ' r='7::::フ fシ' l/      ヽ
         〃 /.:::/ fシ′    ',   ヽ
            V/::::/_fシ′       ',    \
         ノ /   ,    ,′   ヽ   .::.\
        _,フ´     /   /     .:ヽ  .:.::::.\
       (⌒ヽ.   /   /   ,r'⌒ヽ \  .:.:::/
         ヽ.:.:/ヽ ′  ,′ /    ト、   .::/
         V.:.:.:.:K7ァー--イ ´  ̄`` !::.\__/
         ``⌒7 三三ノニニ ー- 、 厂 ̄
            ノ三三/        /l

.

456 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:25:20 ID:tMb4GRow
   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|
. | u  (_人_)│     「…分かったよ、車を出すよ」
 |     ` ⌒´ u |
  |           |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |




        ____
       /    \
.    /          \      「…当たり前だお」
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /        【…悪かったよ。お前達にとっては当たり前でも、
.   ノ    ` ⌒´   \ ボソッ…   自衛の手段がロクに無い俺みたいな人間にとっては、
 /´                     当たり前じゃないんだよ。】

457 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:27:27 ID:tMb4GRow
          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\     「…でも、真紅さんには連絡させてくれよ?」
          |  (●)(●) .|
        ! u (__人__)  |  「その…俺達が行くよりも、早く着けるかもしれないし…」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /      【臆病で凡人な俺の、精一杯の譲歩。】
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |




               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |   「そ、それじゃあ…行くぞ」
.             | u.(__人__) .|  
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ  【それを提案した時の、二人の顔。】
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i    【俺に、垣間見る勇気は無かった――
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´

458 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:29:19 ID:tMb4GRow


                    _____,,,、、、、、、、、、、、、、、、,,,,,,,,,,,,,____
                 /゙´ ̄ ̄ ̄ ̄7  , -ーーーー‐ー,┌ーーーー、`、
                /        //        l l        l ゙,
              /        //__          l l       │゙,
           _ , 、-´ーーーーーーーー→´/ニ___)_________________l│__________,,,、」 l7
     _,、-‐・゙´,=ニニ>   , - ー ゙ ´ l            ___ l           │
    /-,_________ ̄ ̄,´-、,・´        l          `ー´l           〔l
  /(ノ  ,_______ ̄l,_,,ノ   , ----、 ロ.l            l      /,ニニ、 l
  ト ‐====,ーー┘------,/・´_ニ_゙ヽヽ,. l            l     l / Vヾ,ヽl
  ll二ll_____│ ̄l l ̄l  /  ,´ ∨`, ゙, l│           ノ     l l>o<l リ
  └-ー====ーニニ、二二 _l  l,>()<l l l゙ーーーーーー-_-__二二二二ニニ/ ゙、.∧ ,ノ/
     ・、`ー´ノ  ̄ ̄  i  、 ∧丿ノ  ̄ ̄ ̄ ̄            ヽ、,,`二ノ
      `゙゙゙゙        `・、 二、・´

.

459 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:29:31 ID:tMb4GRow
   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |     【重苦しい緊張感が車内を包む中、俺は、出来るだけ
. | u (__人__)  │     バックミラーを見ないようにしながら、車を運転していた。】
  |   `⌒ ´ u |
.  |           |
.  ヽ       /    【佐々木は今、どの様な状況にあるのだろう。】
   ヽ      /
   >     <        【俺はその場で、どの様な行動を取ればいいのだろう。】
   |      |
    |      |     【…俺は今彼らに、一体どの様に思われているのだろう。】




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(ー ) |
. | u (__人__)  │
  |   `⌒ ´ u |     【俺には何時間、何十時間にも、実際には40分弱の間、
.  |           |      手と足と心を、恐怖と後悔と不安で震わしながら、
.  ヽ       /      俺は必死で佐々木の家へと車を走らせた。】
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |

460 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:31:36 ID:tMb4GRow



   ________________________
 /                                 , イ
   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ |
   |   ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐   |   |
   | 目|  |  目|  |  目|  |  目|  |   |   .|
   |   |。 |    |。 |    |。 |    |。 |   |   .|  
   |   |  |    |  |    |  |    |  |   |   .|  
 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||#|   |     【やがて、俺達はアパートの前に到着。】
  \|                                   |   |  
   |   ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐   |   |  
   | 目|  |  目|  |  目|  |  目|  |   |   |  
   |   |。 |    |。 |    |。 |    |。 |   |   |
   |   |  |    |  |    |  |    |  |   |  /
   |   |  |    |  |    |  |    |  |   |/


.

461 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:33:18 ID:tMb4GRow


                     ―― [] []
                    | l ̄ | |
                    |_| 匚. |
                       | |
                       |_|

                  [] [] ,-,
                    //
                  匚/ 
        / ̄ ̄ ̄\
     /ノ     ヽ、 \
    / ( ○)}liil{(○)  \.
    |    (__人__)    |        【車が完全に静止する前に、やる夫はドアを開け
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /        車を降りて佐々木の部屋へと駆け出した。】
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ ''"ヽi、  をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/

462 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:34:50 ID:tMb4GRow



                          ―― [] []
                         | l ̄ | |
                         |_| 匚. |
                            | |
                            |_|

                       [] [] ,-,
                         //
                       匚/ 

        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「
        ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}
          Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j
           ヾ V!   r=ニヽ   u '´}::! .::::;':::/    【俺が危ないぞと制止する間もなく、続いて蒼星石も
          `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'      車を飛び出し、やる夫の後へ続く。】
               |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:

463 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:36:16 ID:tMb4GRow


          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\    「お、おい…! ちょっと待てって…!」
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__) u |
          , っ  `⌒´   |   【二人に遅れる事数十秒、俺も車を降りて
       / ミ)      /   部屋へと駆け出した。】
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ     【…しっかりと、ドアのキーをロックして。】
      | |/|     | |

.

464 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:37:54 ID:tMb4GRow


.               ___
                /___\      ___
                |:::::::::::::::::::|     |  102 |    【二人は先に部屋の中に入ったようだ。】
__________ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄
||| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|
|||  ||  ||  ||  ||  ||  |||        |         |
|||_||_||_||_||_||_|||        |    。    |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.           |         |[i]
                            |         |
             ____.    |         .◎ |
              || ̄ ̄ ̄=|    |         |
              ||]     |||    |         |
              ||___=|    |         |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




                        /) / )
                   ハ  / / /
                  / ノ / / /  ______
                 / /ヾ/ ,.'-‐''"´ __,.ノ
                 / ´ / / ,. -‐''"´
                 /      /        【…だが、中からは何の物音も聞こえてこない。】
                , '      〈    _,. -‐ 、
              ,. '    u    ` ̄´  _/
            /          _,.-‐''"´
            /   u      /
          /         /     …ガチャ
         /      __,.- '´
        /      /


    【俺は、恐る恐るノブに手をかけて、ドアをゆっくりと開けた。】


.

465 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:39:58 ID:tMb4GRow


  ___
 |/∨\|       _____________  |______
 |>◎<|       ||    |    ||    |    ||  |:::::::::::::::::::::::::::::||
 |\∧/|       ||    |    ||    |    ||  |:::::::::::::::::::::::::::::||
 ! ̄ ̄ ̄      .||    |    ||    |    ||  |:::::::::::::::::::::::::::::||     
 i           .||    |    ||    |    ||  |::::::::::::::::::::::::::::;||    【…部屋の中は、意外な程荒れてはいなかった。】
 i            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .|:::::::::::::::::::::::::::;;||
  _____________________ _ |:::::::::::::::::::::⊆li||
. / ┏ (*) ┓  .//| ̄ ̄ ̄ ̄|\_________________┌=X\ :::::::::::::::::::;;;;||  【せいぜい、おそらく佐々木が飲んでいたであろう、
/┏ (*)  (*) ┓//,_l========'_\______\\ \ ::::::::::;;;;;;;;||   中身が少し入っていたコップがテーブルの上に倒れていたぐらい。】
|_◎/二二二ヽ.[~]_||    。|。    ||'~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~'|~゚~| ::::::;;;;;;;;;;;;||
| ̄ ̄ ̄。|。 ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄。|。 ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄。|。 ̄ ̄ ̄|~゚~| :;;;;;;;;;;;;;;;;;||
|______.|.______||______.|.______||______.|.______|~゚~| ̄(^)(^) ̄\      【…だが――
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                        .||\ ̄~\
            ____________.           ||  \  \   
          ./                 \         . |\||| ̄ ̄|   
          /                   .\.        |0 .\||_≡|
         ./                      \.      |\  || ̄ ̄|
        /                        \     |0. \||    |
        |=================.|      |\  ||    |
        | | |                     | | |     . \.\||    |
        | | |                     | | |        \||三三|


.

466 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:41:50 ID:tMb4GRow


   【リビングには、大量の血痕。】

            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/                              【…おそらく、佐々木のもの。】
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

467 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:43:24 ID:tMb4GRow
           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ   【そして、苦い顔で立ち尽くすやる夫と、】
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\




        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.::ト、.:.:.:!:::::.:.i |
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;::::::::::ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ ̄`メ、_, ヾ! 、_,ム=ニト、:|ノ川:イリ
      !.:.::::!::::::::::| ' ,.z_ミ      __ .zミリ::ノ::!:/    【床に崩れ落ち、涙を流している蒼星石だけ。】
      ト.::::::!:::::::::| r づ ̄ `    ´  ̄`cぅ'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::! ゚.j           ;. ソ:;イ
         \:::::::ト、     _′   。/:::/|
      __, ィ´\:::! \   〈´ `!  .,イ/l/7L_
    ,イ ^ヾ    ヾ!  `弋ニ=ー-='7'´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l
 ./.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|

468 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:45:01 ID:tMb4GRow


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      「…うそ、だろ……?」
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|   【いや、こんな最悪の事態になっている事は予想出来ていた筈だ。】
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }    【だけど俺は、それを信じたくなくて。】
   ヽ     ノ
   /    く     【現実を喉元に突きつけられた今も、どうしても信じたくなくて。】
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)   【ただただ、二人と共に、その場にしばらく佇んでいた――

.

469 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:45:46 ID:tMb4GRow


______|            ""''、|"';|/
....|    |ヽ___________;| :::|
::::|    |:::|""''' ''' '''' ''' '''' ''' '''''''.:::;;| :::|
....|    |:::|           ...:::;;| :::|
::::|    |:::|     . 口   ..:::::::::| :::|
....|    |:::|二二二ニ┻ニ二二二,| :::|
::::|    |:::|    ._____|≡≡≡≡| :::|
....|    |:::|___/l    l\ ___,|_,,,|    ,,,......_
..::|______.|,/  I::/ーーーヽ::I      \...::;;l"' 、,"' 、,
         :|_|ニニニニ|_|    ,.'ニニニニニ|   "' 、,"' 、,
                    L_____,i     "' 、, "' 、,
       __________ l\   :: "' 、,      "' 、, "' 、
      /             \ \     "' 、,     ' / |
    /                \ \   /二二二二二" .:|
   /                   \ \ ::|        ...::::|
 /                      \ \|        ...::::|
                          \.::L, -──── -、_|

.

470 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:46:40 ID:tMb4GRow
 /  .:.:/  ..:./ . '´;: :'´ : : : : : : : ' i :i :: : : i l. . . . . i ', ::. : : i : : : !: :l、',
./  .:.:,':. .:.:. ' /::,.イ::: : : : : . . . . : : ! |l|: : : l: |i: : :. : | i:i::. : :!l :: : ; !: !l:i
′ .:.:.:.i:.:.:.:.//: /: :l:::: : : : : : : : : : : l i|:',:!::. ::: |i:l i: :::: : ! |:l::.:: j | :: / 川 !|
 .:.:.:.:.:!:.:.:/´::/: : : ::!::: : : : : : : : : : : li:l l:.ぃ::.:ト:.!l:| l:.:::: i:l  !リイ厶ル'ル'i リ リ
..:.:.:.:.:.:|:.:/:/: : : : : ::|::: : : : : : : : : : : :!l:レ!:トv厂_j「 |ハ从 j ァ_,,_ /::| ノイ /
:.:.:.:.:.:.:.V:': : : : : : : :i::!::: : : : : : : : : : : |^l ,,孑ァキ㍉`      /(」`j7:!:l    ′
:.:.:.:.:.:.:.:l: : : : : : : : :i::|::: : : : : : : : : : : |_,〃 たー'}        iりノ ,′:|
:.:.:.:.:.:.:.:!: : : : : : : :.:!::l::: : : : : : : : : : : | ヘ.いー'グ        lー' i: :i :!
:.:.:.:.:___l: : : : : : : : :!:::!::: : : : : : : : : l: :!  `¬冖         丶 |: :! !    「…今、下の者共に全力で探させておる」
` ̄ |: : : : : : :.:i:::i|:::: :.: : : : : : : !: !             / j: :i l
    l : : i: : : : .:i::::i:l:::: ::: : : : : : : i :|                 ´,.': : !:l
.   | : : l: : : :.:::::::::::l::::: i:. : : : : : :l: |、        -一  /: : : !:|   「…じきに見つかる筈じゃ。だから、あん――
   l : : :: : : :.::::::::;':::|::::.:!:. : : : : : :l: ! 丶        ´ .イ:: : : : :i !
.   i: : ::: : : :.:::;:::::::::::l:::::|::: : : : : : :! l   `丶、     ,イ :|::: : : : :!:!
   i: : ::: : : :.::;'::::/:::::::l:::.l :: : : : : : :!:|      l`;: ー:'^|::::!::. . : i:i
  , : ::::: : : ::::::::/:::::::; '|::::l:::. . : : ::.i:l        !;:;:.::.::.::l::::l::: : : : !l
  : ::::::: :.: ::::::〃::/:;:;:l::::i:::: : : . . l.|\     ぃ::.::.::.;!:::!::: : : :i:ト、
 ,′'::::: .: :::::/;'/:;:;:;:;:;:;|::::!::::. : : : ::.!|;:;:;:\ __   }|::.::./:|:::!:: : : :i:|::.:ヽ
./: /::::: .:: .::::/、:;:;:;:;:;:;:;:;:!:::i:::::. : : : ::i|;::.::.::.::\` :!::/: /!::i::: : : : l::.::.::.',




       ̄二=-=、      ヽ-=.,,,_
             ',` 、    ヽ   ''-,.,_
            ',,.=‐ミ      ヘ   ,' ,ミ
          _,. '          ヘ_ニ-'"
   _ニ -‐= '                   |     「…すまん」
  /   /                  | |
  /   /  |  /  /| |  |  | | |
 /    |  ||  /|  / .| .|| | /  /l /| |  【おそらく、「安心せい」とでも言いかけたのだろう。】
 |    ∥ | | / | /  | | レソ| / レ | /
     | | |_レ‐'´リ   ソ,.イ7 ソ   ソ
     |'´~_,. -‐'l"    lヒノ/ |      【だがホロは、その言葉を飲み込み、何故か俺達に短く謝罪した。】
     | く (゚_ ;:ノ     ', / |
     | u        / |
     |       ,.. /   /        【…俺達も、そして佐々木も、とても「安心」出来る
     | ` ‐  __'´/|    /         状況ではない事を思い出したのだろう。】

471 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:48:03 ID:tMb4GRow
       ゝ     _ _...L            ヽ   ヽ        )
      (  __   ´    `  )         |   |       _イ:ヽ
       「    /         「  __         |   |     (::、::.  \
        ゝ _ /   /     V´___)        |   |      )ヾ\  ヽ
          '/  .′     | (  _      |   |     イヾ::: ヽ:.ヽ |    「…とりあえずしばらくは、ここを離れないで」
          //   !      |  「.:.:.:..:)ヽ.._  _j   レ'    ( ハ:  |: :| |
        イ    !       .  ..:.:.:.( __     ,| _ | 、___ .) |::|::. |: :| |
        ∥|    |:  |    / /. ィ :/  )  、γ, -、Y   _.)   |::|::. |: :| |   「ここならおそらく安全よ。警備の方もしっかりさせておくわ」
          i! |    |:  │  ,ィ 升j/_j/ | |ゝし { { fひj j √.:.:    |::| | |: :| |
          i! N. |  、 从ヾ/ j/勿fぅ/ | |   |ゝゝr_少':.: .:.:.:..::  |::| | |: :| |
          ヽト ..._ ゝト-ゝ  ゝ'  | |   |:.:./  /:.:/::.:.,   人| |  ~~ |
                  .          | |   | /  //  /  . '   │    !
               /          , イ   |'  /-‐ァィ'  /     │    !
              ヽ         / |   | /    ,'イ___     |    i
                  / \ 、っ   /   |   |,/  - ‐ ¨   /     |    i!
               '/ | :\    i!__.|   |´    _.. ー >     |    i!
                i|  |:::::::|>‐┤  |   |\ . ´       \   |    i!
                i|_|::/   |  │  !  \         .  |    i!
                「          r|  │  !   /   /!       \    i!




   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|
. | u  (_人_)│    「…はい、分かりました」
 |     ` ⌒´  |
  |           |
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |

472 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:49:12 ID:tMb4GRow
        ____
       /    \
.    /          \     「…………」
.  /    ―   ー  \
  | u   (ー)  (●)  |
.  \    (__人__)  /  【やる夫達は、俺の連絡を受けた真紅や彼女の部下が駆けつけ、
.   ノ    ` ⌒´   \   共にここに移動した今に至るまで、一言も言葉を発しなかった。】
 /´             ヽ




    ./:::::i:::::l::::::::::::|::::::::::::::::;l;:::::::::::::::::::::::::::::::、;;:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   ./:/::::|::::::;ヘ;;;:::::ヘ;;;;::::::::::::;|;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
  /:/:::::;|::::i:::;;;゙i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::;|::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
  /;/|::::;;;|:::ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;;|:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l   「…………」
 .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;;|;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
 |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;;|;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
 |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l  【佐々木の身の安全を祈る様に。】
 |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
  ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|  【自分達のせいだと、自身を責めているかの様に。】
       \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
          ゙iヽ、  _  u .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
          .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|     【俯き目を伏せ、黙していた。】
         // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
         /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
            .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
              ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、
              .,r,r´,r''゙´ ゙、' : : : : : : : : : : : : : : :___ ヽ、
             /  ゙):{   (´.|  : : : : : : _,, -'''´ :r'''ヽ  `-ヽ
            /   ゙ヾ\,,_,,r''゙l   _,,-'''´ _,,_ i⌒'''゙: : :゙⌒'': :

473 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:50:24 ID:tMb4GRow


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      「…………」
 |    ( ー)(ー)
. | u    (__人__)   【俺もまた、そんな二人にかける言葉など無く。】
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ    【真紅に通された部屋に入り、固いソファーに身を預け、
   ヽ    ヽ く      互いに一言も言葉を交わさぬまま、眠れぬ夜を、
   /     ヽ \    心配と心労と不安と焦燥と共に過ごした。】

.

474 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:51:47 ID:tMb4GRow
ヽ         `  _
 ,)_,.v''´⌒ヽ.      ̄ ‐- ...
        )            【そして、翌日の昼下がり――
...   ..:...   ´ヽ.
:.:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;                  __,、         ノ⌒ー'
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ              ,r ヽ'⌒  `^j      ヽ ..:.:.:.
   ̄ `ー ‐-‐一´             r'´       `ー'⌒ヽ    `ー 、:.
           , '⌒ー-‐、       ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
           ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ  ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ- .__,.-
                              ̄   ̄ ̄  ̄ ` ̄ー-






.

475 ◆.9jeLz5xws 2010/02/15(月) 03:52:19 ID:tMb4GRow




    【…佐々木の遺体が、彼女の自宅から数十キロ離れた川に
     浮かんでいたのが発見された。】







                                         …続く。

 
479 どこかの名無しさん 2010/02/15(月) 05:03:11 ID:2oNaiMOY
予想できてたけど鬱すぎる…


277 『やらない夫は人生のまとめに入るようです 6話』の前後エントリー2010年06月06日 01:15

纏め作品一覧やらない夫は人生のまとめに入るようですの目次



※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!