コピペ 昔からの友人の娘の結婚式に出席した

2011 07 30  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:
792 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:19:27 ID:Q3mDNVOc
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /
この前昔からの友人の娘の結婚式に出席した

     / ̄ ̄\
   /   ⌒ ⌒\
   |    ( ●)(●)               ____
.   |   ⌒(__人__)            /⌒  ⌒\
    |     |r┬-|           /(●) (●) \
.    |     `ー'´}  \      /:::⌒(__人__)⌒:::::: \
.    ヽ        }     \     |    |r┬ |      |
     ヽ     ノ       \   \   `ー ´    _/
     /    く. \         \  ノ           \
     |     \  \    (⌒二              |
私と友人は高校からの友達で、かれこれ30年以上の付き合いで、

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 |i
         〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ |i
         レ!小l( ●) (● )从 |、|i
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノノ
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ
            /  丶. i  |
           ./ 丶、_)|_ノ|_
           .|  ̄ヽ._  ´  ヽ
           ヽ、 _/´`ヽ   /
その娘の事も知っている。
その子の結婚式という事で電話が来て出席することにした。

793 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:19:54 ID:Q3mDNVOc

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」
しかしその子、本当は友人の娘ではなく、友人が20歳の時に生まれた妹だ。

794 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:20:35 ID:Q3mDNVOc
なぜ妹を娘としていたのかというと、

_________________  ._________________
||        /:::::::l      l:::::::',        ||  ||        /:::::::l      l:::::::',        ||
||     /:::::::/        '.,:::::::\      ||  ||     /:::::::/        '.,:::::::\      ||
||   /:::::::/         \:::::::\    ||  ||   /:::::::/         \:::::::\    ||
||_/:::::::/            \:::::::\_||  ||_/:::::::/            \:::::::\_||
||::::::::::::/              \::::::::::::||  ||::::::::::::/              \::::::::::::||
|| ̄ ̄                       ̄ ̄||  || ̄ ̄                       ̄ ̄||
||                        ||  ||         / ̄ ̄\             ||
||                        ||  ||       /   _ノ  \      . . . ||
||      γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、. . . .. ||  ||       |  ─(⌒)(⌒)         ||
||      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    . ||  ||       |     (__人__)        ||
||    γ:::::::::人::::人::人::::人:::::::ヽ  .  ...||  ||       |     ` ⌒´ノ . . . .   ||
||    (:::::::::/ ─    ─ \:::::::)    ||  ||       |         }          ||
||    \:/  (⌒)  (⌒)  \ノ     ||  ||       ヽ        }  . . .      ||
||      |      (__人__)     |  . .... ||  ||        ヽ     ノ          ||
||      \    ` ⌒´      /     ||  ||        /    く     .  .  .     ||
||      /            / . .. ..  ||  ||        | 父  \             ||
||      \      (__ノ . . .     ||  ||         |    |ヽ、二          ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
友人が21歳の時に両親が事故で他界、

795 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:20:59 ID:Q3mDNVOc
家族は兄妹二人となり、
親のいない家族として育てるよりも、片親ではあるが父親のいる家族として育てたほうが妹のためにもなるのではと、

       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ
彼なりに判断したからである。

796 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:21:35 ID:Q3mDNVOc
        / ̄ ̄\
    /ノ(  ゝ 、_,ノヽ        r'´ ゙ヽ      /`ヽ          ____
    | ⌒(( ●)(●)        ヽ   ヽ从从/   /        \   /\
.    |     (__人__) /⌒l     \  \/  /て       (●)liil(●) ノ( \
     |     ` ⌒´ノ |`'''|    ∑ ヽ/  /  そ     / (__人__)  ⌒   \
    / ⌒ヽ     }  |  |      ,)/  / \ く     |   |!!il|!|!l|         |
   /  へ  \   }__/ /      /   /\  \      \i⌒ヽェェ|      /
 / / |      ノ   ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,/´
( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l
       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\
       .|            /            \             |) )
       ヽ          /               \           ,r' /
         \      , '´                   `' ,        /ー'′
          \     (                     )     /
            \    \                  /    /

 当時そのことで友人から相談された時は私はすごく反対した。

      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)
     |      |r┬| .}
     |       | | | }
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ
確かに妹のことを考えればそれがよいのかもしれないが、お前自身はどうなるのか?
21才やそこらで子供一人、しかも片親として育てる事は幾らなんでも無理がありすぎる。
母親のことを尋ねられたらどう答えるのか?そもそも戸籍を見られた際気がつく。

              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ
祖父の元で育ててもらったほうが良いのではないか?
それに友人自身の将来の結婚などのこともどうするのか?
それらの事を友人に尋ねると、

797 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:22:24 ID:Q3mDNVOc
.           / ̄ ̄\
.         /  _ノ .,;;,. \
         | .iil(○)illi(O)|
         |   (__人__) |
         |U   |ii!!ii!!|| ノ
         |  U |o0Oつ}
          /ヽ    |ェェェU }ヽ
        /  ヽ   U || ノ|           / ̄ ̄\
       /   ∩ _rヘ U|  / ズンッ!!   /ノ(       \
       |   /_ノ    |____ /  ⌒         \
      |  / / /::、::´ ̄  ̄  =― ー ̄ ゙゙̄―゙―-、|
      lヽ、__./   ヽ丶=―――__           \
      |        丶   ゙`゙ ̄ ̄   ̄ ̄ー         \
      \                     `\        |
                             (゙ ト、       |
友人は父親母親方の祖父はすでに病気で他界、親戚に預けるのも嫌、

____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_   .ヽ.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(●)) (( ●))゚o ..ヽ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'      i:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ / |::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\.|::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/  .ヽ::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;/ / \  ._丿|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄: :: .:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :::::|

それ以前に自身、両親の他界しつらい時

           , /.'´ ̄ ̄` ー-
          /   〃" `ヽ、 \
           / /  ハ/     \ハヘヘ
.        、|i │ l |リ ⌒   ⌒}_}ハヽ
       / ̄`ヽ  从( >) (<)l小Nl ̄ゝ
      ヽ、  ヽ、⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ ./
        `ヽ、  \j   (_.ノ   ノ/
          \  'へ、 __, イ/
           |        |
           i  `/ ̄`l  /
           \    //
            l´\__/
            |   /
            `ー´
妹の笑顔に救われた、

798 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:22:52 ID:Q3mDNVOc
      _____
     / ノ' ^ヽ_\
.  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\°
.  / o'゚~(___人___)~o°\゜
.  |     ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |
  \     ` ⌒ ´    /
この子が無事育ってくれるのならば
自分の幸せは二の次でも構わない。

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´
そういわれたら私自身何も言い返せず、ただ
「つらい道なのかもしれないが、頑張れ」
としか言えなかった。

799 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:23:17 ID:Q3mDNVOc

                  ┌一´ ̄`ー┐
                \_____/
                 l    |
                , L _」
               /⌒  ⌒\
         ,ィ^ヽ  /( ●)  (●)\
.          { |  |/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
            ヾ__, |     |r┬-|     |
             l l  \     `ー'´    /
.          /`ヽ__/ >ー ‐-- '´ \
         ヽ_ ノ / {>ロ<}  _ ノ  }
             l_lヽ/   /o   o〈_|__ノ,
.             /   /o    o      ',
            〈   /o     o      |
              \l________/
              ヽ_/    ヽ_/
                 |ー'|       V⌒)
 それから友人は一家事と
     _____
    /  ⌒   ⌒ \  ガタンゴトン
   /   (一)  (一) ヽ||   ガタンゴトン…
   |     (__人__)    |u))
   ヽ__  ー‐'  _ノ: l
   /:::::::/::|ヽ/Vヽ/::ヽ:::_ノ
   |::::|::>:|   ハ |::<:.!
   |::::|::::ヽ|   リ |:/::|
  _(_ u、_| ニ□ニ |:::::|
 |ニニニニl |':::::::l|.:::::::T
 |____.|_|::::::::|:::::::: |
      ( ̄ ̄)  ̄)
仕事、

                           ____
                         /⌒  ⌒\
                       /(⌒)  (⌒ )\
     _               /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
    /´ . ヽ             |    . . レ-、 |      |
   {      }             \  . /./-'     /
    ヽ、___ ノ    ○   _       .≠ニニヽ    く
        ,r'"⌒ヽ    /r=、`ニ乞  r‐く/⊂_ノヽ、ノ /
  r'⌒ヽ ,r‐{-、  r'⌒(Y))O)ニ}こ}((_9)    \_ .ノ
 {   }{  ヽ }.__乂__ノ `ーt=ぐヲ´○
  `ー'´ヽ、__ ノ     ○  ` ¨古/

妹の育児とで一生懸命だった。

800 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:23:38 ID:Q3mDNVOc
       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)
私も何か手伝えることはないか?と時折聞いてはみたものの、

        / ̄ ̄\
      /  _ノ ,ヽ\
      |   ( ●)(●)
. \    |     (__人__)
   .\  .|     ` ⌒ノ
   . \ ヽ       }
      .\_,ゝ     ノ  . ____
      /, r、    く  /      \
     ./ 〈  \    i / _ノ  ヽ、_  .\
    . ヽ、 .ヽ   \ i.o゚((●)) ((●))゚o  \
       .て_)   \|   (__人__)'      |
             \   `⌒´       /
               〉        、 〈
             _ノ 入    /  / |
            (⌒_ノ  \  / /  /
              ̄     \(.__) _/`)
                     \ /―i'.|
酒に付き合い話を聞くぐらいしか出来ることは何もなかった。

801 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:24:06 ID:Q3mDNVOc
       ___
      /     \          -‐'´ ̄ ̄`ヽ、
    /        \     / /" `ヽ ヽ  \
  /            \   /, '/     ヽハ  、 ヽ
  |            (__|   〃 {  ⌒、 ⌒, リ| l | i
  \          /    レ小( ー) (ー)从 | |
    \       /      レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ
     |  ゙i    !、/⌒⌒ ̄ ̄ ̄⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ ̄ ̄⌒ヽ
.     |   !、.__,/     〈〉       〈〉    〈〉    ヽ
     |      /   〈〉       〈〉      〈〉       ヽ
     |     /       〈〉     〈〉           〈〉 ヽ
     ヽ、__/                             ヽ
          ヾ-‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐--‐‐----‐‐-‐‐‐-‐‐-‐‐-ゞ
 私の知る限りその子が友人が父親ではなく兄という事を知っている様子はなく
又友人からそのような話を聞いた事もなかったので、うまくいっているのであろうと思っていた。

802 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:24:34 ID:Q3mDNVOc
            / ̄\
           |     |
             \_/
               |
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     |
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /
式も順調に新郎の会社の方、

    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( ( ●) (●::(
.      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )
       ) ) )、    ̄ノくハ(
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
       ,'   ノ    Y    Y
       l: ( ......    .....  i
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ
友人のスピーチなどすべてが順調に進んでいた。

803 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:25:08 ID:Q3mDNVOc

         ,‐'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
       /          \
      /   /"" `ヽヽ   ヽ
     /// ,'/     ヽハ 、ヽ ヽ
     〃 {_{  \ 、/ ,リ| l | i|
     レ小l ( ●) (● ) 从 |i|
      V⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノノ
     / /::ゝ、 ____  ,ノ:::::| \
   _/((┃))::::::∨yヽ/::::::::::| i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /__________ヽ... \
そして新婦が友人に手紙を読み始めた。良くある内容の父への手紙である。

        , ' ´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
      /  /"" `ヽヽ \
      // ,'/      ヽハ 、ヽ
     〃 {_{  \  / ,リ| l |i|
     レ小l ( ー) (ー ) 从 |i|
     レV⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ
      ヽゝ、      j /
         ヘ,、 __, イ
      rヽヽ::::|ヽ ー ´,1ー::::ヽ、
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  トン
   _(,,)             (,,)_
  /  |              |  \
/    |__________|   \
「お父さん今まで本当にありがとう」
そう言って娘さんは泣いていた。泣きじゃくっていた。

           , /.'´ ̄ ̄` ー-
         /           ヽ
        /   /   〃"`、    ヽ
       |i   │ /    ヽハ  、
       |i   | {_{      リ    |
       レ   . 小|      从 | i|  
        レレ/レ        人| i|
          へ、/⊂⊃、_、_,⊂⊃人|\
     r ヽヽ:::::::|ヽ`ー'1ーヽイ"  \ \
    |  V:::::::::::∨yヽ/:::: /, ̄ ̄ ̄   )
    !  {:::::::::::::::: ヽ/::::::::: y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |  `'、_:::::::::::::::::::::::::::::::: }
     ゝ _   ̄''ー=ム::::::::: ィ.
        ̄ ー '::::::::::::::/
しかしそこで事態は変わった。娘が一向に続きを読まないのである。
そして首を横に振りながら何か訴えてる。何が起こったのかわからず周りはざわつきだした。

804 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:25:43 ID:Q3mDNVOc
          ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ィネ、:.:.:.::.: : :.:.:.:ヽ
       //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.   .ヽ:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:',
          .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :.:.:.:.:.:./      .ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
        l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./       ___ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:,
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :/'"´ ̄`_   ´,ィ  `、:.:.:.:',:.: :i
          .V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ,ィ==ミ    ィシ、-、 .',: : :l:.: :|
         ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :|イ!.l{:::::リ    ´l{:::l! i!'./:.:.:/.'.l |
          .l.V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:', ヽヾシ.      `''" °:.:.:/ 〃           お兄ちゃん
           l..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :l:.l\、二フ       <ニ/:.:.:/
           .l.l:.ノV:.:.:.:.:.:.:.:.:| ヽ ヽ      _., 〃:/
         // l|:.:.: :/∧:.',ヽ、    ヽ,-‐' .y'  ././
        〃   /:.:/:.:.:/\、 > 、   \/ /./
           /:/',:.:/   .ヽ   ,> 、 _././
      .,..:-/l '/  '.,         /_
    ../:::::(:::::::',    \     |',  ヽ、
   /:::::::::::ヽ:::: :',     \    l ヽ   .ヽ
  /、::::::::::::::::::ヽ: :::'.,      >、 ', ',    \
. 〈  .\::::::::::::::::ヽ:::::ヽ    ./~/   .l  .,、‐-、\
  l    \:::::::::::::::`:::::ヽ  / ./l   ./ ./::::::::::::::、ヽ
  〉  `ヽ、 \:::::::::::::::::::::ヽ/:::::\ ヽ //::: ::::::::::::::::/ ヽ
. ヽ\、 ヽ \.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ /:::::::::::::::::::::::::/ .,イ
  !ヾ`ヽ  ヽ` ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::/  / .l
次の瞬間彼女の口からお兄ちゃんという言葉が出てきた。

805 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:26:20 ID:Q3mDNVOc
私は口から心臓が飛び出るかと思った。
                   _____
                 / '⌒ヽ  ; '⌒゙\       ||  ||
                /        ∪     \      ||  ||
              / /´  `ヽ   /´  `ヽ \     o   o
             /  (   ● l    l ●   )  \
           /    ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ  ; \
           |  ;  ''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
           |  ∪      `┬─'^ー┬'′      |
            \          |/⌒i⌒、|         /
             \       !、__,!    U  /
             /       、____,,      \
            /                        ヽ
             |  、                 ,   |
きっと友人もそうに違いない、なにせ顔色が一瞬にして変わっていた。

   , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  , '     /" ヽ\    …………
 , '    //, '/  ヽハ ヽ
,、,|i 〃  {_{  ry7ト、 リ| l、  ___________
;;;;;ヽ|i | | /7ノ././ノノ 从!」 /                  /
三、ゝ|i⊂⊃}    /⊂⊃ヽ」/                /
;三ヽiゝヽトヽWWソレノヽY /              /
三三ヾY;;;ヾ天くハ',三三\/                  /
ヽ三三ノ;三ゝハハノ \;三;;/                 /
;;;;ヾ;;三!;;三;;i仆{    \/                 /
;;;;;;;;;ヽ三三ノ;;:::}____/__________/
彼女はすべて知っていたようである。
何でも高校生の時、書斎を整理している際に偶然友人の日記を見つけ読んだようで
その時自分が娘ではなく妹である事を知ったようである。

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ ' ヽ_ リ| l │ i|
         レl小o゚⌒  ⌒゚o从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ⌒´   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
        {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
        ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿/
         `|1::ー'::::::::::::、:::::__,.ィ' 」"
彼女は言葉にならないぐらい、泣きながら友人に感謝の言葉を言っていた。
そしてそれと同時に謝罪もしていた。自分のせいで兄の人生を狂わせてしまった。
本当にごめんなさいと何度も謝っていた。

806 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:26:53 ID:Q3mDNVOc
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                /                     \
              /                        \
             /      -──-             -──- \
           /                              \
          /          /       ヽ         /´       ヽ \
        /        ,'  ィ===y、  ',       ,'  ィ===yとつ、', \
       /         (;;;;;;;;;;))      }         {        ヾj }   \
     /         /''、         ,/  / / / /  '、         人      \
     |         {{    / / / /  ,/      |     \.  / /( じ.)     |
     |           ヽ  / / / / ,/      ∧      ', / / /`¨´       .|
     |            人       .{        /  ヽ       }              |
     |           ( ぃ,)     .ヽ___,、/    \___ノ              |
     \          `¨´,人       |   ij            |             /
       \        人( ぃ,)     |,ィ'~も ̄`゙、´ ̄ ゙̄ヽ|            /
        \     (ん )`¨´     ヾ_      ヽ     ,ノ          /
         /.     `¨´             `‐---------‐"           \
友人は「それは違う。俺の人生はつまらない物じゃない。お前がこんなに大きく育ってくれた。それだけで俺には十分だ」

                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '            :::::::::`ゝ"ヽ
    l             ::::::::::::::::,、__
.   l             ::::::::::::::::| ', ',`,
.    l              冫.:::::| ', ', ',
   l               l  ::::l   ', ', ',
   l           {`ヽ  u   ::::}  ヽヽヽ
   l            ',´ ヽ J   /     }
   !              ',  ヽ、_/     ./
   ,'             ヽ           ./
 ̄ `ー -            `,           ,'
        `  、       ゝ         ,'
:.:.:.:.:.:...        、      /ヽ      〈
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´   |     .i
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ    |     |
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   |     |
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  |     |
そういっていた。俺も自分のことではないのにもかかわらず涙が流れていた。

807 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:27:20 ID:Q3mDNVOc

           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
            /       ヾ  \
         // ハ, '     ヽ、  ヽ
         〃/ ⌒ ソ ,/,      l i|
         レ! ( ●)ノ lノ 从 ノ 、 i|
           ⊂⊃ ソ ノ ノ\ リ |ノ
           ヽ、   iノ lノ/ j ,/
             ゝ .__ . -‐/イ ヾノ
        _,r‐;_,.ィ厂´ヽ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     _,. -┴'´  ハ.   |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
   _/´/       /|   !:!___:.:.:.:.:.:.:ヘ
. /´         /|   └―┬―-¨二二ム
|        / /      \.:.:/ ∧ ヘ
. 廴____∠.._ハ、         `  j   ヘ.
          ∧ \\    \___ノヽ.   \
 そうして周りから拍手が送られ何事もなかったかのように式は進んでいき、

           ,‐ '´ ̄ ̄`ヽ、 _、
            /       ヾ  \
         // ハ, ' /   ヽ、  ヽ
         〃/ ソ ,/, ,       l i|
         レ! ノ lノ/ 从   ノ 、  i|
          (  ソ ノ ノ\  リ リ |ノ
           ヽ、  iノ lノ / 从j /
             ゝ .__ . -‐/イ ヾノ
        _,r‐;_,.ィ厂´ヽ';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     _,. -┴'´  ハ.   |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
   _/´/       /|   !:!___:.:.:.:.:.:.:ヘ
. /´         /|   └―┬―-¨二二ム
|        / /      \.:.:/ ∧ ヘ
結婚式は終わった。

808 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:27:48 ID:Q3mDNVOc
     / ̄ ̄\
   /   ⌒ ⌒\
   |    ( ●)(●)               ____
.   |   ⌒(__人__)            /⌒  ⌒\
    |     |r┬-|           /(●) (●) \
.    |     `ー'´}  \      /:::⌒(__人__)⌒:::::: \
.    ヽ        }     \     |    |r┬ |      |
     ヽ     ノ       \   \   `ー ´    _/
     /    く. \         \  ノ           \
     |     \  \    (⌒二              |
私は友人とその後居酒屋へ行き酒を飲みながら話をした。

           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;
話をしながら友人は妹のことを思い出しながら涙を流していた。

         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私はその時友人におつかれさまと言ってやった。

        __
      /    \
    /        .\
   /           \
   |:::::::::         :::::|
   \:::::::      :::::::::/      ∩
  ,. -‐'´:::::::    ::::`⌒ ̄ ̄, ̄ ̄〆´ )
  ノ :::::::::::::::      :::::::.,__゛___、r  ソ
友人は笑いながら、いえいえと言い泣いてた。

809 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:28:18 ID:Q3mDNVOc
             / ̄ ̄\
            一  一_  \
          ( ●)( ●)   |
           (__人__)     |
            (`⌒ ´    .|
            {       |                   こらお兄!          -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
            {       .ノ                   ちょっとは手伝えお!!/ /" `ヽ ヽ  \
            ヽ     ノ\、                                  //, '/   U ヽハ  、 ヽ
                / ,≦=、                                〃 {_{ \   /リ| l │ i|
               !VV〃  {\.}、                                レ!小l( 〇) (〇)从 |、i|
             ,イ├―ォy' >  |            ____             レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
┌――――=―――‐、,|  /ノ〈    !l           /      \             ヽ、  ゝ._)   j /
|┌――‐―‐ヒ\‐―――Y y     ||        /  ⌒  ⌒ \             ヘ,、 __, イ
||            |>Ξミ、、  ノ .|       /    (●)  (●) \         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
|| 帝 王       /ゝ、__ミy. |      .|    :::⌒(__人__)⌒::: |   __  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
||  才ー、ニ|ニ``/    .ノヾ===|      \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /   |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
||  /1 d、ニ二 /   _ - ´     |      (⌒\     / ゼロの /    /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y ゝ
||      _ー '゙  _孑彳    ヾ三  |      i\  \  ,(つ使い魔/   ⊂)  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} |
.ヾ|    =ニ   「´   |         |      .|  \   y(つ    /,__⊆)
そんなこんなな話。友人が今一番楽しみにしているのは孫が生まれることらしい。

810 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:28:57 ID:Q3mDNVOc
元ネタ
581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2009/06/08(月) 01:35:57.51 ID:o+fzyehI0
 この前昔からの友人の娘の結婚式に出席した
私と友人は高校からの友達で、かれこれ30年以上の付き合いで、その娘の事も知っている。
その子の結婚式という事で電話が来て出席することにした。
しかしその子、本当は友人の娘ではなく、友人が20歳の時に生まれた妹だ。
なぜ妹を娘としていたのかというと、友人が21歳の時に両親が事故で他界、家族は兄妹二人となり、
親のいない家族として育てるよりも、片親ではあるが父親のいる家族として育てたほうが妹のためにもなるのではと、
彼なりに判断したからである。
 当時そのことで友人から相談された時は私はすごく反対した。
確かに妹のことを考えればそれがよいのかもしれないが、お前自身はどうなるのか?
21才やそこらで子供一人、しかも片親として育てる事は幾らなんでも無理がありすぎる。
母親のことを尋ねられたらどう答えるのか?そもそも戸籍を見られた際気がつく。
祖父の元で育ててもらったほうが良いのではないか?
それに友人自身の将来の結婚などのこともどうするのか?
それらの事を友人に尋ねると、友人は父親母親方の祖父はすでに病気で他界、親戚に預けるのも嫌、
それ以前に自身、両親の他界しつらい時妹の笑顔に救われた、この子が無事育ってくれるのならば
自分の幸せは二の次でも構わない。
そういわれたら私自身何も言い返せず、ただ
「つらい道なのかもしれないが、頑張れ」
としか言えなかった。
 それから友人は一家事と仕事、妹の育児とで一生懸命だった。
私も何か手伝えることはないか?と時折聞いてはみたものの、酒に付き合い話を聞くぐらいしか出来ることは何もなかった。
 私の知る限りその子が友人が父親ではなく兄という事を知っている様子はなく
又友人からそのような話を聞いた事もなかったので、うまくいっているのであろうと思っていた。
式も順調に新郎の会社の方、友人のスピーチなどすべてが順調に進んでいた。
そして新婦が友人に手紙を読み始めた。良くある内容の父への手紙である。
「お父さん今まで本当にありがとう」
そう言って娘さんは泣いていた。泣きじゃくっていた。
しかしそこで事態は変わった。娘が一向に続きを読まないのである。
そして首を横に振りながら何か訴えてる。何が起こったのかわからず周りはざわつきだした。









583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2009/06/08(月) 01:37:11.65 ID:o+fzyehI0
次の瞬間彼女の口からお兄ちゃんという言葉が出てきた。
私は口から心臓が飛び出るかと思った。きっと友人もそうに違いない、なにせ顔色が一瞬にして変わっていた。

彼女はすべて知っていたようである。
何でも高校生の時、書斎を整理している際に偶然友人の日記を見つけ読んだようで
その時自分が娘ではなく妹である事を知ったようである。

彼女は言葉にならないぐらい、泣きながら友人に感謝の言葉を言っていた。
そしてそれと同時に謝罪もしていた。自分のせいで兄の人生を狂わせてしまった。
本当にごめんなさいと何度も謝っていた。

友人は「それは違う。俺の人生はつまらない物じゃない。お前がこんなに大きく育ってくれた。それだけで俺には十分だ」
そういっていた。俺も自分のことではないのにもかかわらず涙が流れていた。

 そうして周りから拍手が送られ何事もなかったかのように式は進んでいき、結婚式は終わった。
私は友人とその後居酒屋へ行き酒を飲みながら話をした。
話をしながら友人は妹のことを思い出しながら涙を流していた。
私はその時友人におつかれさまと言ってやった。
友人は笑いながら、いえいえと言い泣いてた。
そんなこんなな話。友人が今一番楽しみにしているのは孫が生まれることらしい。

          ___
         /⌒  ⌒\
  〃   / ●   ●  \   ミ
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i
   \ll|l     ヽ._)    l|lll  /
    人l||l         |l||l 从 バンバン
    ( ⌒ )        ( ⌒ )


 
 
813 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:30:51 ID:csTrOZVU
40台ならまだまだ嫁さんもらえるよ…


815 普通の名無しさん 2009/09/07(月) 18:31:36 ID:IkWFbeR6


なきそうになったぜ

元スレ
やる夫でコピペ 12スレ目



2696 『コピペ 昔からの友人の娘の結婚式に出席した』の前後エントリー2011年07月30日 01:15

纏め作品一覧やる夫でコピペ(主にやらない夫メイン)の目次


7504 名前なんて無いだろ 2011年07月30日 03:45Edit
長ぇwww
けど( ;∀;)イイハナシダナー
7505 名前なんて無いだろ 2011年07月30日 05:19Edit
ありもしない長ったらしい話しを
わざわざAA化しやがって…チクショウ( ;∀;)
7506 名前なんて無いだろ 2011年07月30日 07:25Edit
やる夫ドロップス
7512 2011年07月30日 14:39Edit
全俺が泣いた
7536 名前なんて無いだろ 2011年07月31日 21:02Edit
なんかの機会に戸籍謄本取るとすぐに分かっちゃうんだけどね。
戸籍上、実子となる特別養子縁組というのもあるけど、養親が
夫婦だとか色々と条件がある。
7543 名前なんて無いだろ 2011年08月01日 06:20Edit
だから戸籍見たら気がつくって書いてあるじゃん。アホか
7580 名前なんて無いだろ 2011年08月03日 19:02Edit
日本語って不便だな
これだけのことを成し遂げた人間にお疲れ様としか言えん
ああ日本語って不便だ、日本人に生まれてよかった
52212 名前なんて無いだろ 2016年07月09日 04:04Edit
半端な覚悟じゃやり遂げられないよなあ…

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!