【空ばかり】やらない夫が流しの床屋になるようです【見ていた】 - il regarde toujours le ciel - 埋めネタ

2010 05 26  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:◆vFX5N8DSzU, |
994 ◆vFX5N8DSzU 2010/05/22(土) 02:50:08 ID:rBl2t83Q







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 やらない夫が流しの床屋になるようです。
              - il regarde toujours le ciel -  埋めネタ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                             原作『空ばかり見ていた』は、全12話ですが、
                                    自分の時間とかやる気とか根性とかその他もろもろ問題で
                                                     このスレでご紹介するのは5話だけ…

                                でも折角なので、埋めがてらその他の7話の紹介をしてみようかと。

                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                                                            -----
                ,...'´.... ̄  ̄....ヽ、                               / . -―-  __ \
               /::::::::::::::/::::/l::::メ:::\                      _人_.     ,:' /         ヽ ヽ
              /::::::::::::::::::/l::/ .l::::l l::l::ヽ\                    `Y´.     | l/   , イ ト、   lノl   _人_
             ./:::::::::/l::.l::l ‐Vヽ.l::l-Vヽ::ヽ::>                             | | __.∠. j ノ___、l lノl   `Y´
            /:::::/ヽ:l::l::l == l./==.ll l:::l  <前情報なしで原作読みたい人は      | | /__ // _ .| ト,|
           ∠::/l::(6l::l::l、._ ノ ヽ _・ノ〉l:::l    お気を付けくださいね。            | V| ´⌒'    ⌒''.| レ|
              \i:_l::l::l w l ̄ノ /l llN                            .   ヽ l ト、"""r:┐"""ノ | | 
              /::::l::l::lー ‐ 二-:\l/l                          <\ .} ∥ l>r ェ :<|| } .| {
             /:/^l::l::l::\//レ\/:\::メ          それでは早速行くわ。>   \ノ 八l { |V.:分::V/ }l l ヽ
           /:/'  l/卅i::::ヽ  l \`:\:\                          /{ {t┴ヶ V   .V / ) ) )
          /:/::/   l  〈\::::ヽハ /\ゝ ̄                      l二二二二二二二二二二二二二二二l




.

995 ◆vFX5N8DSzU 2010/05/22(土) 02:50:33 ID:rBl2t83Q




    =================

        モンローが泊まった部屋

    =================


           +++++++++++++++++++++++
                                                           _ .. -:.:.―:.:.- .. _
             ある映画の主演に選ばれた女優のお話。                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::`ヽ、
             彼女はロケのために滞在した地で、                      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:::::::::`ヽ.
             かつてマリリン・モンローが泊まったと言われる              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::ヘ
             部屋をあてがわれる。                            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:. i:.:.:|i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::ハ
                                                      ;:!:.:|:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.l:.:.:i:!`:.二ニ=r=、::::i
             撮影に必要な雨が一向に降らず、滞る撮影。              |i!:.i|:|:.:.:.:.://:/:.:/:. /ヾ三三彡ハイ.ヘ::l
             スタッフ間にじっとりと流れる焦燥感の中、               i Ⅵ:i!:.:///:/:乂//ノ ミ三彡:/: :|i.: : l:l
             様々な思いが彼女の中に去来する――。                 ヾ∨//厶、、i/ー  彡イ/: : :|i.: : :l:!
                                                        }   !;j `ゝ    iγヽ:_:_:jiー‐':l
           +++++++++++++++++++++++            ノ   "´      |}ノ イ::|!: :|: :|::::!
                                                        \        /ーイ::::|!: :|: :|::::',
                                                         |:ヽ`       :  |:::::|!__jー:':::ハ
                                                         |: :ハ、_ ...イ    : ,|:::::::::::::::::::::::ハ
                                                         八:.:.:.:.:_j ヽ. r‐ー< !::i::::::::::::::::::::::ハ
    読む分にはいいんだけど、                                  / ̄/ :.:.:.:.:/  l:|V::|:l  ヽⅥ、:::::::::>''"´ ̄`ヽ
    やる夫スレでやると動きなさすぎて地味なので除外。                 /  /// :.:/!  ..l:|  |:l_   \//ノノ      l
                                                    /   { {:.:.:.{!:|/::《::::《 ::::`ヽ.  //: :./         l
    主人公の女優が姉とやりとりした手紙のことを                    /     ∨:.:/:::::/ハ:ヘ\:::: \/: :./           l
    思い出すシーンが印象的。                               /     , .く::::://  l!:::\\:::: \′        l
    なんとなくfateの桜のイメージ。                            ∨     /: : :У::/`/: :l!::::i!::\.>/}         /
    桜可愛いよ桜。もっとやる夫スレで出てこないかな…。              〈    /: : : /:::/:/O: : :.l!::::i!: : : : :.〈           /
                                                   ノ   {: : : :.i::::i :l: : : : : :l!::::i!: : : : :/        イ
                                                  {.     ∨: : l:†:l: l.: : : : : l!:†:i!: : : /      / /




.
996 ◆vFX5N8DSzU 2010/05/22(土) 02:51:27 ID:rBl2t83Q





  =================

      ローストチキン・ダイアリー

  =================

   +++++++++++++++++++++++++++++++++

     師走が迫る冬に、頭を悩ませている翻訳家の話。

     仕事である『ノアという名の床屋』という小説の翻訳はうまくいかないし、
     ある事情で自国に帰っている妻の代わりに
     今年のクリスマスは彼がローストチキンを作らなければならない。

     ローストチキンを楽しみにしている娘と一緒に、
     彼はゆっくりとクリスマスをカウントダウンしていく――

   +++++++++++++++++++++++++++++++++



     これもやる夫スレには不向きな話で断念。
     配役はすぐ浮かんできたのに…下みたいな感じで。



     ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ        l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.li:.:.l ';.:.:.:.:lヽ:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;:::::::::::::::::::::/
    /:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.lヘ:l⌒ ヽ:.:.l ´ヽ!`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::/ /:::
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:l `   ヽl     V!:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/`\::::::::::::;:ィ '  /::::::
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l`〃 ̄`     ' ̄ヽ .l:.:.:.:ヾ 、:.:.:.ヘ   l::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ<、   l:::::;;Z;、   /::::::::
  ム -‐ 7:.:.:.:.:.:.l             l:.:.:.:.:.:ヘ ` ー  |_;;:-;'' l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;/'; {::;;;`ヽレ'`゙i゙マa.  ./::::::::::
     /:.:.:.:.:.:.:.:',   ヽ、__ ノ   ,':.:.:.:.:.:.:.ヘ     ,.ィ'´  l::::::::::::::::::::::::::::;x-''"  ヽ、ヾ二二>、. ! ` ./::::::::/
    /:.:.:,, - ┐:丶、      , ィ:.:.:.:.|¨''‐- ヽ ,ィ' *  .l:::::::::::::::::::;;:ィ<、 l       `ー   ´   /:::::/
    ' ´    !:, ィ:.:.:>iー-‐1ヽ:l `ヽ、!    ''´     .l::::::::::::;ン'ヘ:::::::::`ー-;  し     ___ /::/
         '  ' ´ ィノ    ',-、   ,.. '"*      |::::;;:ン'"  ヘ:::::::::::::::|i、   r''" ̄     ̄¨`ト、 _,ィ
         ,, - ''´: :〈    〉: ` . ,ィ'          !'"      ヘ:::::::::::::l.i:'.,  ゝ、_____,,.ノ`ー‐'´
       r、´`丶、 : : : ヽー‐/: : ィ'            *.      ヘ::::::::::| l:::ヘ、
      /  ',   `丶、: ヽ ,.ィ'*      *         .     ヘ::::::| .|::::::ハ、



.
997 ◆vFX5N8DSzU 2010/05/22(土) 02:51:55 ID:rBl2t83Q





    =================

            ワニが泣く夜

    =================


    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++

        旅する床屋・ホクトは、月に一度ある娼館に訪れて
        女たちの髪を切ったり、時折ボイラーの点検をしたりしていた。

        ある時、ホクトは館のアルジに新しく入った女から
        話を聞きだすように頼まれる。
        アルジがいうには、最近自分が昔失くしたはずの右耳から
        何か声が聞こえ、それがその女のものと似ている、とのことなのだが――

    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++


      この話の雰囲気がかなり良くて
      スレに投下する一つに
      加えようとも思ったんですが、
      話が不思議すぎて解釈しきれず断念orz       /;:。;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;O;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;li
                                   ,.+-l;;;;;;;;;;;;;Oo;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
      物語の鍵になる娼婦は、         .    /  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ,,.  ヾ;;;;;|!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;ソl;;;;;/イ;;;ノj;;;;;;;;;;}
      絶望先生の加賀愛のイメージ。        /|  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /\ .'t;|!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/レ' |/ / |;;/ .li;;;;o;;;}
                              .  / l  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{  | /`、  `|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ -―---..__レ u };;;;;;;;;i!
                               /  l,   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li.  ∨ .リ   |;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;/ _  ー、  ̄` ノ;;;;;;;;リ
                              . /   `、. .V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧  ヽ 冫  |;;;;;;;;;;;;;;O;;;/ !ー―=z__」   /;;;;;;;;;/
                              / ,.ィ-‐‐*―:∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧   ヾ   |!;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   /llll!`t.  /;;;;;;;;;/
                              /    .`、 \;;;;;;;;;;;;;;ノ|リ ヽ__)  i;;;;;;;;;;;;;;;;;/    /!!!/    i!;;;;;;/
                              l|       ',   \;;;;;;/ j!        |;;;;;;;;;;。;;;/     `''"    {;;;/
                              :li      ∧_,,.. ィ^、;/       o  |;;;;;;;;;;;;;/ ,i.          V
                               i    ,. ィ''"i;;;/ー'|          |;;;;;;;;;;;/ (.j:          `、
                               li. /;;;;;;;;;;;/ u ノ          |;;;;;;;;;/          ‐,.. -‐'
                               `v;;;;;;;;;;;;/ l.  /         _ :|;;;;;;;;/      _  _j
                                `、;;;;;;/  |  /  ,.イ     / `|;;;;;;/       ` ̄_ノ
                                 `''、   |/   `'     /  |;;;;;へ      /厂         O
                                   ` 、.y:|'.         /.  |!;;/.  `ー-,....//
                                     \         /   :|;;/    /;;;;;;/
                                、       \       lヽ、 |;/    i!;;;;;/          o





.
998 ◆vFX5N8DSzU 2010/05/22(土) 02:52:33 ID:rBl2t83Q




何かどうまとめていいか分からなかった話をふたつまとめてさくっと。




                     _,..--―‐--.、
                     / ,;ヘ     ヽ
                     i i !       i             =================
                  +   i ヽ()    !   i
                    i _, 、<_   `  y、                  水平線を集める男
                 +  〈.´=.! ` `=´    6.)
                    .! '''.|_,! ''' 〈  |'´!           =================
                __,..-‐!(_,-―-、__,) ' ,!  i.
            _,.r'´ ̄  ヽ、. !`ー'Tー'  _,r'´   i、._
         _,..r'´,,....  _   ヽ `ヽ、_,..-‐´       `ヽ、
        ,'´    _,r'´   ⌒ヽ< /_∠、_   〃′ __  `ヽ、
        i    ,r'´ `      `/    ⌒ ⌒ヽ' ̄  `ヽ   `)、        二人の放浪する床屋が、巡り合うお話。
       !_  ⌒/        ,r'´ ̄    _ ,  ;;,,,        ヽ.
       ,r'   ,′      /         ヽ、           i       その内の片方はドン・キホーテを自称して、
      /    !        ,′          ′             !       飄々とした感じ。
     ,i     !、      i            入. _,、_   ,.    !       彼の持っている鞄がこれまた不思議。
     !/     ト、_,.-‐´  `、                Y'´    Y
    ,イ  ⌒ヽ、 ,!、       ` ‐ 、.             `i






                                           =================
           ,. -‐ ''"  ̄   ̄`ー-、
         __/‐,:-'"´   、      ',                         長き水曜日の休息
          / ,:=、 ';ヘ       ',    ,    !
.         / / ./≧_l,ヘ , , i  !   , !    |                 =================
       i. '  l !   i. |l∧!__,イ__,'/ ! __  '、
          !   、 |=、 レl7ラi,Z_ iノ/リ'´i }    \
        V゙ヽヾrf'p!     '-'゙.  l/ノ/  、   、ヽ
           ` ゙リ           /∧!  l    ヽ`
                ,!ヽ、 __,    / V:| .ハ:Nヽlヽ|           夫に先立たれた図書館司書のお話。
    r ''"´ ̄ ̄ l  レV \¨   / ノ::::|/;リ ` _フ、
. 〈^'|  oo。 _|r-、._ ヽ/ヽ -イ:::::ぐ:、::::::l!′/   \         同僚の紹介で精神科医と知り合いになるんだけど、
 rヘ'|。。 ()fー--二ヽ`ヽ.  . :`ト:、:::ヾヾ/ /        \        その先生のイメージがエヴァのりっちゃん。
 `i-、|0°  (`ー-- 、`  ヽ. : : :/: ;!;kz;;;;! l   / /´    ヽ      司書のイメージは洞木ヒカリで、
  ゝ,、| ゜  。。\ヽ、 `   ヽ.: ,'.: ;!;〃i;;;!|  i'´    .: :. ', ヽ     これもいいなって思って作ろうかともったけど
  `ーt-‐゚ラ''T´ ヽ、`      Y  |;;{しj;! l.  /    : : : :. ', ヽ     ない夫の出番がなさすぎなので断念。
     ヽ   |   /`ー- 、   ',_, |;;;;!i;;,!  l/    : : : : : : l. ヽ
.     |   i.  〈  `:、ヘ.   ヽ.|;;;;!i;;|<{        : : : : /  ヽ
     !    ヽ,ノ    ヽヘ   ヾ:;!i;;| / }_,. -一 "   : :/     ',
.      !     ヾ\_    ヽヘ   ヾ:;;| /r'´        / /  l
      l.    \ `ヽ. . :}ヘ.   ヽ<_        //    l、




.
999 ◆vFX5N8DSzU 2010/05/22(土) 02:53:01 ID:rBl2t83Q





。   ' o ゜          ☆          ゜    +.      ;     ゜         。   '
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'        ☆  .  '      。
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜    ゚
  ゚        。      .        +     。        +      ゜   。     ゚
。      +       。     *  .    ゜        ゜      ゜    。     。
   ゚   ,;     。   .          +      。  .     '
  。   ゚   。.     +         。         .  ' ゚ 。     *  . ゜   +  ゜
     。          ,;    '   ゜             o     ゚   ゚        .
 。             *''          *       .゜     。    ゜       。
'      ゜       。   ゚        ゚  +
        ゜       。  '   ゜
                                                  / ̄ ̄ ̄\
         _,..-'''""'''- .._ , -'"~""''' ‐- ...,,                     /     :::::::::.ヽ
__,,.. .-‐ '''""~                             vww        /    :::::::::::::::::::: 〉
                     __,,.. .-‐ '''""~''' ´´´      ```゙          |    ::::::::::::::::::/
                                                |     ::::::::::::::::::::l
                                                |   ::::::::::::::::::/
                                                \__  :::::::::く
                                      .            ,イ   :::::::::ヽ
    =================                    / `   :::::::::::}
                                                ,' :::j  .:::::::::/
          草原の向こうの神様                        ,-´ :::ノ  .:::::::::{
                                             (,. - ―.i_   ::::::::::i
    =================                /      ::::::::::: }
                                                 l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._


   +++++++++++++++++++++++++++++++++

      成人し、「束髪士」として人生を歩んでいくことになったホクト。
      つつましやかに暮らしていたが、ある日父から送られたロバに
      小さな矢が刺さっているの気がつく。

      その土地の習わしでそれは、神様の髪を結う者に贈られる矢だった。

      友人のニムトは自分のことのように喜んでくれたが、
      ホクトはある涙壺と引き換えにその矢を手放してしまい――

   +++++++++++++++++++++++++++++++++


       これはちょっとファンタジー色が強いお話。
       といって冒険の旅に出かけたりするわけではないんですけども、
       神様の言い伝えとかちょっとしたところに不思議な雰囲気が漂ってます。

       ホクト(=ない夫)が夜の草原で散髪するシーンがとてもいいです。
       散髪の相手が誰だかは、読んでみてのお楽しみで。



.
1000 ◆vFX5N8DSzU 2010/05/22(土) 02:53:30 ID:rBl2t83Q


それでは最後。





      =================

            星はみな流れてしまった

      =================







          / ̄ ̄\
         / _ノ  ヽ、_ \
       . | ( ●)(● ) |
       . |  (__人__)  │           ++++++++++++++++++
         |   `⌒ ´   |
       .  |           |                  ホクト…つまりない夫が
       .  ヽ       /
          ヽ      /             ++++++++++++++++++
          >     <
          |      |
          |      |







































        ,、.,___ __    __,//'i
        ヽ、:::,`>" ̄ ̄ , イ ./|
         Σ,:' _ノ  ヽ、_ ヽく
        . | ( ●)(● ) |
        . |  (__人__)  │
          |   `⌒ ´   |           ++++++++++++++++++
   にゃー .  |           |
        .  ヽ       /                     こうなるお話。
           ヽ      /
           >     <             ++++++++++++++++++
           |      |
           |      |





以上です。


>>1000ならいい最終回が書ける。
.

128 名無しのやる夫だお 2010/05/22(土) 03:43:11 ID:16fWkIlY
前スレ埋めネタ乙です。ぴったり1000でお見事でした。
あんな紹介書かれたらますます原作読みたくなるじゃないですかw
この作品が完結したら購入しますー。
129 名無しのやる夫だお 2010/05/22(土) 06:17:10 ID:29mJsP8Q
埋め乙でした。
お忙しい時期は続くのでしょうけど、最終回も期待しています。
怪我や病気には十分注意をしてくださいね。
130 名無しのやる夫だお 2010/05/22(土) 13:01:10 ID:CfMsHJ0Q
埋めネタ乙乙でした。
完結したら読むと決め原作本購入しましたよ~!!
原作を読む時もホクトのイメージはやっはりやらない夫です。
今まで出てきた>>1さん選りすぐりのAA達も出演決定だーい!!真紅タン可愛いよ~!!!
この作品を紹介してくれた>>1さんありがとう。本当にありがとう。
完結してしまうのは寂しいけれど…次回の投下も楽しみにしております。
131 ミッフィー ◆vFX5N8DSzU 2010/05/22(土) 18:50:32 ID:rBl2t83Q

埋めネタに乙をいただいてしまって…本当にありがとうございます!

>>128
1000ぴったりの埋めというのに憧れておりましたww
というかぶっちゃけ1000のネタがやりたかっただけだっていうwww
一体どういう話なのか、読んでご確認してもらえるなら幸いです(´∀`*)

>>129
ありがとうございます…!その一言で、リアルも乗り切れるんだぜ…!
体調には、十分気を使いたいと思います。その心づかいが嬉しいです!

>>130
既に購入していただいたとな…?! ありがてぇ…ありがてぇ…!
小説読む時はキャラクターのイメージがあると楽しめるよなぁと思っていたので、
そのお手伝いができたなら何よりです(ノ∀`) 真紅さん=アヤトリはガチwww かわいすぎるwwww
こちらこそ、自己満足の代物を面白いって読んでくださって、感謝の気持ちでいっぱいです…!
楽しみに待ってくれている間の時間を埋めれるような、いい最終回を作ります!

それでは、またしばらく潜伏します。次の生存報告はきっと、6月半ばかな…?
お待たせしてしまいますが、じっくり最後の総仕上げをすべく、頑張ってきます!


221 『【空ばかり】やらない夫が流しの床屋になるようです【見ていた】 - il regarde toujours le ciel - 埋めネタ』の前後エントリー2010年05月26日 18:15

纏め作品一覧【空ばかり】やらない夫が流しの床屋になるようです【見ていた】の目次



※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!