やらない夫は約束を守るようです Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! 第二章 歪められていたこれまでのこと、歪められていくこれからのこと 後編

 
 
ショートカット
第五話 11/02/06
第六話 11/02/12


667 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:00:01 ID:bov0KbVo
二270.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――
  結局、魔剣の他に細かい物をいくつか買い終えたやらない夫が
  武具屋を後にしたのは、三つの鐘が鳴ってから少し後の事だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――



ヽ..  ::::|  ,i´ヽ
ヽヽ.  :::|  |   \
  i i 、:::|  〕____\    ノ;ヽ                           †____
  `: `: |  |;;;;;| ̄| ̄|   _/;;;;;;;;;\_           †__                  /ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    `: `: .| ;; |_|;;; |    | ̄ ̄ ̄~|        /ヽ/山                //ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ` ゝ |ソ└ ┘;;;|   .|:::| 口 |::::|       //iiヾ ̄ヽ             // √;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      .|  |;;;ゞ;;;;;;;/≡ヽ |:::|::.*.::|::::|       //:皿:ヾ ┌i         //    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ,-.、  |  |;;ゞ== /// /ヽ::|  . |::::|┌───// ト=イヾヽ| |         ヽ | || | | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,i:::::::i. .|  |(( ─ ))ノ 〔()〕::|  |::::|_ノ;;;;;;;;;;;/L/四 品 四ヾ| |ヽ  ‡       / | || | | ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
l i::::::l  |───┬┬─ ̄|@.~ ̄  ||ノ| /|/イ─────ヽ ゝ/\   /    _,,.. -;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|;;;i:::::| .|ゞヽ .┌┴┴┐ | |ヽ _   |;| Kノ/ || ||ロ||ロ||ロ|| / ̄ ̄\ ̄ヽ  /‐エ''"´──
|;;;i:::::| .|l;;  │Cafe.| | |@/;;;;;;ヽ |;| |ム-|‐|||──┬ /  ー  ‐\;;;ヽ─┌|┌┐l┌┐
|;;;l:::::| .|;|ヾ;ソ└──┘ | | .|   | |;| |_.| .||ト ─ .┴ |   ( ●) ( ●)..;;ヾ l|;;|││|││
|;;;|.....| .|;| ;;ゞ ...:::::|| .|≡| |┘  └!;|| 乍.| ||┌田 田 |     (__人__)|l─ノ|ヾ;;;i::;;ゞ;;;ヽソ
|;;;|  | .|;; ヽヾ .. ::::|| .|三| | |    ヽ. ヽi_,-,-,-,- ヾ;;;i:| u    ` ⌒´ノ||| / ヽ────
|;;;|  | .|;; | | ゝゝ.─┘//      ) ) ! ! ! ! ! |─ |        }丿|/─ヽへ [ ̄ ̄]
|;;;|  |  | |:|=     //       \\──[.ir⌒ヽrヽ,    } .ヽ─|[][| |;;;|.f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|;;;|  |  | |:|三三 // /          `'‐.、_/  i/ | __  ノヽ ...| .|;;;;;| |;;;|.|  参った参った、                 |
i;;;|  .|  | トヽ    l l .l             ./  /  /      ) ト‐--.、_____ |  まさか三時までかかるとは………   |
i;;;|─.|-'`| ̄    .| | |             ./ /  /     // ト‐--.、_____ 乂________________ ノ
i;;;|  .|  |      | lヽ            /   ./     / ̄、⌒)、     ̄ ̄ | | |
ヽ|  .|  .|_     | l ヽ          .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄  .``'‐‐‐‐‐‐‐| | |
. l|_ | //     ヽ ヽ \             r    /     |
. ||///       i、 i、 i、           /          ノ
  / /        ヽ. ヽ. ヽ.         /      /    /
                          ./    //   /
                         /.   ./ ./  /
                         i   / ./ /
                         i  ./ .ノ.^/
                         i  ./  |_/    タッタッタッタ
                         i /
                        / /
                       (_/



――――――――――――――――――――――――――――――――
  さすがに昼食会は終わってしまっただろうな、と空きっ腹を抱えながら、
  なにやらざわついている町を駆けていたのだが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――

668 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:01:02 ID:bov0KbVo
二271.
―――――――――――――――――――――――
  整列する衛兵の隣を通り過ぎた時、
  耳に飛び込んできたのは緊迫感を孕んだ大声。
―――――――――――――――――――――――



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、     ヽ人_从人__从_从人__从人_从人_人_从人__从人__从人ノ
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉    <                                >
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V    <   検問の設置、急げーーーーっ!             >
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂    <   容疑者の名前はキル夫、赤い外套の傭兵だ!   >
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{       <                                 >
           〉「二三三三コ,/:.:.i         Y⌒YW⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WYWY
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :



                _
             / ̄ ̄\\
           /     ヽ ヽ、
           |、       ゙i ゙iヘ
          〔\`'‐-∪   └' i
          |∩ \_     _|      \_人_人_∧_人_从_//
          |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|       )            >
         / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/      <  は、ハイッ!  >
         |         ,-l l l        <           (
         \iiiiiiiii   ///  ヽ___      /^Y ̄∨ ̄∨^Y^^Y^
        /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
    / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ
   /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
  /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
  |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
  | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
  l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈
  └―--、,-‐l|     ,--‐'_        |/ ̄ ゙i

670 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:02:01 ID:bov0KbVo
二272.



           / ̄ ̄\
         /       \
         |        |
         |         |     「………え?」
         |         |
         |        }
         ヽ       ノ
           ヽ    ノ
         /      \
         |         |
         |  |.      | |
         |  |      | |
         |  |      || |
         (__)   |   |__)
           |   |  |
           |   | |  |   ピタッ
           |   | |  |
         (__|(__|

671 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:03:02 ID:bov0KbVo
二273.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  耳を疑って立ち止まり、慌てて駆け戻った彼は
  町中に散っていく衛兵達に指示を与えていた、小隊長らしき男に詰め寄った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



              ‐――――‐‐ 、
         /           \
       /              \
.       /                 ヽ
      /                     i
      |  二二二二 三 二二二二    i
      |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |
      l   ___ ノ     ^ー―-   |      「すみません!
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l       今、何と!?」
      !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l
      l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
        ',   /    |    ヽ    /
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                                              ,r'"´ ̄ ̄ ̄`\
                                             /          ヽ
                                             !, -‐''´ ̄ ̄`¨`ー,ハ
                                             「  _,,.-──‐- 、 ハ
                                            ,レ'"´__,.-‐rェュ,-、「 `ヽ
                            「ああ?           i! / ( ゙ー',j) ,lゝ‐='ハ   ,!
                             なんだお前。        i!(!    ̄ ____   jト、_,イ
                                                ヽハ  /r===、ヽ //_>‐-、、
                             我々は忙しいのだ、     `ヾ、! i /二ソ_ノ フ,ィニゝ ̄`ヽ
                             邪魔をするなっ!」      ,イΛヽ`二´,イ/ ̄ ̄ヾ二二ヽ
                                             ,イ/  !ヽ ,ィ´ i/ /´ ̄ ̄ヽ ̄ヽ l
                                            「j i  ! ,l/   }イ  〔 GATE 〕  `!
                                            リ  \ l/    _」 !          !



―――――――――――――――――――――――――――――――
  最初相手は、見知らぬ冒険者らしき少年に話せる内容ではない、と
  手を振って追い払おうとしたのだが、
―――――――――――――――――――――――――――――――

672 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:04:11 ID:bov0KbVo
二274.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |  U  (__人__)    「俺はベッケナー公に雇われている冒険者です!
  |     |r┬-|       何かあったんですか!?」
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  公爵関係の所属だと明らかにすると、
  チッ、と舌打ちをした相手から知らされたのは知らぬ間に起きていた襲撃の情報。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                          _ _
                                                       γ´-─- ヽ
                                                       ,レ', -─‐-、|
                                                      〈, イ(//)( 7)
                                                       K>.;:",;:;:;:.::}-┐
          「先頃、公の館が襲撃されて錫杖が奪われたのだ!              ヾ;:;;:;;(固);!‐-′
           容疑者は雇われた中の一人、キル夫だぞ!                ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
                                                    /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
           それでお前、こんな所で何をしていたのだ!?」             /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
                                                 / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
                                                 / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
                                                ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|

673 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:05:01 ID:bov0KbVo
二275.
―――――――――――――――――――――
  鼓動が早くなり、一瞬目の前が白くなった。
―――――――――――――――――――――



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|             ,/    |      \      「な………?」
    |            |     |     |
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ

674 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:06:03 ID:bov0KbVo
二276.
――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし呆然と立ち尽くす事はしなかった。

  その反応の素早さが、容疑者の身近な一人であるやらない夫を
  尋問しようと考えていた隊長の、制止の声を振り切らせる。
――――――――――――――――――――――――――――――



    ―― [] ]   / ̄三\
   | l ̄ | |   /   \三/\
   |_| 匚. |  三   ( ○) ( ○)
      | |  三 u    (__人__)
       |_|  ≡      ` ⌒´ノ        ヽ人_从人__从_从人__从人__从人ノ
          二        }        <                    >
 [] [] ,-     ニ      rヽ,     <   ありがとうございましたっ!   >
   //   r⌒ヽ     / |      <   すぐ館に戻ります!         >
 匚/     三  ヽ  三   /       <                    >
          三  ヽ三  /          Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YWY⌒⌒
         三三 三  /|
         三 ≡、__./ |
           r       |
         三       |
         三   |三  |
      ニ へ三  .|三.   ヽ          \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
     二 | ≡   / 三   ヽ          )                  >
     ニ_ノヽ__ノ  三   ヽ        <   あ、おい!お前!!  >
                 三  )         <                 (
               三  /          /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
              三  /
              ニ  ーヽ
               \_ ノ

675 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:07:14 ID:bov0KbVo
二277.
――――――――――――――――――
  雪華綺晶は無事なのか。
  キル夫は一体どうしてしまったのか。
  そしてエルとコナタ、ベッケナー公は。
――――――――――――――――――



      .`''-、、    `'-、   `-.  ヽ  ヽ .l.    :!    !   \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
- ..,_       ゙゙'-、、   .`'-、   \  `!、 ヽ l.   ,!   /    ./)                  >
   .`'''ー ,,_     `''-..、   \   .\  ヽ .ヽ l   .!   !   / <  雪華綺晶!みんな!   >   _,,
       `''ー ,,    `'-、、  `'-、 .\ .\   l  .|   l   ."  /<                 ( -''''"゛
              `''ー ,,.   ゙゙'-..、 . \ `'‐ .ヽ  ."  :!  .i′  ./ .,/^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
‘''''―- ..,,,,_,            `''ー ..,,. `   `'-、        ノ  ./ / ,..-'"    _,, -''''"゛           _,,
        `゙゙"''―- ....,,,_     `゙''ー ...   ` / ̄ ̄\      ‘ ._,, ー'''"゛     . __,,,.... --ー'''''''゙゙ ̄゛
                `゙゙"''―- ....,,_、  /      \   ー''"_,,,,.... --ー'''''''''゙゙゙´
_________________ ″|         |    "゙_______________
                       _、    . |         |   ..,,_,,
         _,,,,.... -―'''''''^゙ ̄.._,,.. . . 、 |        ノ   : ー..,_ `゙゙''''― ..,,,_
..... --ー¬''^゙ ̄      _,,.. -‐''"゛ ._.. ‐'" .  |        }   -、  ,`゙'ー ..、   `゙゙''''― ..,,_,
         _,,, ー'''"゛   ,.. ‐'"     .  ヽ      、     `'-,,゙''-、、 `''ー、,,,           `゙"''― ..,,,_
    _,,, ー'''"゛     ,.. ‐'"    ,/ ,,.. .-‐'        .l ..l.'、  .、 . \ .`'-..、  `''ー ..,,
-‐''"゛       ._.. ‐'"     . /  <"   ,__,,_        .l  ヽヽ \  `'-、 `''、,   `゙'ー .._
       ._..-'"´      . /    .ヽヾ丿  |          i  ヽ  \   `''-、 `''-、、    `''ー .._
   . _..-'"´       . ,/゛    ./  ヽ&  |         |   ヽ   \    `'-、  `'-..、     `゙''- .
.. -'"             /      ./   /     |, ,_        i''ヽ、  )ヽ  \    `'-、   .`'-、、
             /      ./    ./      i        , -ii、^゙''" ヽ.  .\     . \     `''-、、
        /       ./    /       l|    へ  i    i   ヽ .ヽ   .\.      ゙'-、     `''-、
      /        ./     ./       .|   /  \|    | .  ヽ  .ヽ.   \       \
      ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]   ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
      |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐  .|└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
      |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄  .|┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
      └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘     └┘..凵   └┘  | l ̄__l ̄ ̄.┘
                    └┘                           └┘



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分の居ない所で事件が起こった焦燥が胸を灼き、地を蹴る足をますます早めさせる。

  しかしどんなに早く走っても―――
  時流を遡り、選択の前に戻る事は決して出来ないのだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

676 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:08:04 ID:bov0KbVo
二278.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  _.,.
              .:.:::"´
              i.:.::
             j    . .:´
             {   .:.:´
             ノ  {´
            {  :.:.
             `ヾ: :..  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     ______ `:. :、、..||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三 `:.. .:: ||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __:.:....||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| }. ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|ノ|...||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄{. . ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三.ヾ. . ''>.l..、/゙||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   _: .: : ;;;'\_ ゛  二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|.! |.....| |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     ________..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-:|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''


           ,、  _                          ,、  _
       ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__                ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
       '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬             '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬
          '-' / /   .゛´   / / __              '-' / /   .゛´   / / __
         //         //  凵. 匚!          //         //  凵. 匚!
         `´          `‐´                 `´          `‐´

     ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
    (    )(    )(,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(,    )
   ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
  (    )(    )(,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(,    )



――――――――――――――――――――――――――――――――
  すでに騒ぎを聞きつけた町民達が領主の館を遠巻きに見物していた。
  彼らの注目は大穴の空いた玄関横に集まっており、
――――――――――――――――――――――――――――――――

677 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:09:02 ID:bov0KbVo
二279.
――――――――――――――――――――――――――――
  公式発表が無くても何があったのか大体予想出来る者達は
  好き勝手に色々囁きあっていたが、
――――――――――――――――――――――――――――



      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___              「随分派手にやられてるな………」
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __              「戦技?魔法?
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\             どちらにせよ怖ぇな………」
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |   「この町の証も奪われちまったか………」
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'



                                     ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノ、ノv1人.ィj、ノv1
                                      )
                                   ‐=、´   済みません、通ります!
                                     )
                                    , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!y、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ

                           >   /ごノ   ダダダッ
                        __,∠     /
                       〈、    / 彡
                        \、__ノ  彡



―――――――――――――――――――――――――――
  その人垣を縫うように、疾風の如く駆け抜ける人影が一つ。
―――――――――――――――――――――――――――

678 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:10:01 ID:bov0KbVo
二280.
―――――――――――――――――――――――――
  遅れてきた主役が門をくぐり抜けて庭園に飛び込めば、
―――――――――――――――――――――――――



      ―― [] ]    / ̄三\
     | l ̄ | |    /   \三/\
     |_| 匚. |   三   ( ○) ( ○)
        | |   三 u    (__人__)      \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
         |_|   ≡     ` ⌒´ノ        )                  >
             二        }       <   みんな、無事か!?  >
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }        <                 (
     //   三    i/ | ノヽ        /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ

679 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:11:02 ID:bov0KbVo
二281.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  右往左往するメイド達と、座り込んで膝を抱えている雪華綺晶の姿があった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                        \_人_人∧从从_//
                         )           >
                        <  雪華綺晶!  >
                         <           (
      ,─-、,. ─-、r'f__  | /     /^Y ̄∨ ̄^YY^^Y^
       /  y     :.  ハ   ̄
      }  .:        i   /
      | .:i      |:  .′
     / ,;: 、      :i:. i
    ./  .;i ヾ   /, .:l: |
    l   .:;| `  / " .:l: ∧
    |   .::! .     :|:.  iヽ
    7  :|  i:      :|::  | 〉
    ゞ:.  |:.        ム  { ヽ
     ∧ 》:.       i::  ノ;.∧
     /.::| /.::.        }:, ( i : ヽ
    ./.:::/'.::.:.         ゞ:..)| i、_>
   l::. )!::..        )ノ::|.ハ
    !:::.、   :    /.:ノ, .′
    ::::::..ゞ..,,   ,.;: ´ 人 :i
    i::.:.. .   ¨    ; ノ::::∨
    ∨.:::l、, / ,;ル/:::::::::
     `ヾ.// イ::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::
  :::::::::::::


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分の声に気がついて、ゆっくりと立ち上がったその仕草だけで、
  彼女が精神的にも肉体的にもかなり疲労していると見て取れたやらない夫の胸に
  様々な感情や想いが去来する。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

680 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:12:02 ID:bov0KbVo
二282.
―――――――――――――――――――――
  しかしその全てを押し殺して―――
  静かに、落ち着きを失わないままに問うた。

  まずは彼女の安全を。
  そして、優先度の高い項目を。
―――――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : : :ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_|
./:/V   l              ,‐-,.._ ゞ
.V.     l              l 弋心 l
.     l              冫.ー く     「怪我はないか?
.     l               l    ノ!     それから、今すぐしなければならない事はあるか?」
.      l               `ー‐ f r'
     l                  ノ'
     !                     /
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                     __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
                                   ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
                                     l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
                             .       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
                                   /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
     「お帰り。                   .     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
                                      /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
      私は平気。                     .    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
      重傷者は残っていないよ。           l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
                                V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
      色々あったけど、                 ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
       今の状況は落ち着いてるかな………」      ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
                               //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
                             ,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
                              /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
                                {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



――――――――――――――――――――――――――――――
  一番取り乱したいのはやらない夫だろうに、
  雪華綺晶は遅刻に対して文句の一つも言いたかっただろうに。

  彼らは一流の冒険者だった故に、個を捨てて情報の伝達を優先し、
――――――――――――――――――――――――――――――

681 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:13:01 ID:bov0KbVo
二283.
―――――――――――――――――――――――――――
  切羽詰まった状況ではないと確認したやらない夫はそして、
  次に遅くなった事を詫びる。
―――――――――――――――――――――――――――



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i     「………済まない、遅くなって。
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ      落ち着いているのなら、
    \.,_  ._ノ /      何があったのか教えてくれるか?」
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |



                                       r-、  ., 七'´ ̄ `` ミ=__,,/^ヘ
                                      /ツキ/´        ((⌒(刻> ヽ
                                     |  Σン三ノ         -フノヽ  |l
                                     |  /ーっ     |  |     -"ヘ  入
                                    /|   l   | | || |  | | ||  |    | ヽ
                                    / | |  | |  |  | r> |  | ||  ||  |  ノ | `、
                                   / | || | |  |=、ソノ| | ソー十斗ノ / /  ヘ
                   「あの、ね―――」    /  i ||  | | ン<楼ミヽハノi =ニニ=,ノ /  | ヽ ヽ
                                  |    |  ヾ>、<トソノ   弋ツノ/ /      |  |
                                  |    ノ  ヽ ((ヘ ::::::  .    ゚0.|i /      |  |
                                  |   /   | ノ ト ェニ=-―=ェ-/ik   |    | i |
                                  ヽ  // -、ノ_>´ ̄i_- -- ´`しへソ   l|   |  |
                                   | | |  | ヽi  `) / ´= `ン <_/ | \  |  /
                                  / i li / | ゛´<=>彡ニ`ヽ_ ⌒_ノil  ヽ \ l /
                                  / il l >´   ´`) l <‐ー  ヽ r- ´   \ li ハ
                                 / il y  /   /`  ´´`ヽ   ヽ    )  ヘ  \



――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶は小さく二度、首を横に振って仕方ないよ、と呟いた。

  引き継ぎの時間が狙い目かも知れないと思ってはいたが、
  誰もが本当に襲撃があるなどと思っていなかったのだ。
――――――――――――――――――――――――――――

682 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:14:35 ID:bov0KbVo
二284.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それから、何があったのかを伝えようと唇を動かしたのだが―――

  待っている間、どこからどういう風に伝えようかとずっと考えていたはずなのに、
  彼の顔を見るなりどこかへ行ってしまったようだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                               _
                                   , , )) 斗  <   ̄_,.== ̄ ミ `ヽ> 、((
                                  斥 .(( >' ,' /        `ヽ、ミ、.ヽ)) ⌒>
                                 .∧ rァォフ                  イ[薔]7、 .`ヽ
                                   ∧ イ[薔]7 ,'                  ゞアソ   |
                                  |  ゞア  ,' ,' .,'    i     i      .∧(( i   .|
                                .|  ((  ,' ,' ,' ,' ,'. .i     i i  .i .i  .∧  i    |
                                |  /  .i .i i ,' .i リi  i i .ハ i i i i   ∧  i     |
                                |i  | i i i  i .i i )).i | | i i i i i i i i  i .i 从 i     |
                                .リ .| i i i  i .i i (( i リ 乂i i /__リ_从_i_i  i .i | i i   .|
                                ./  | iリ . i〉' リ,笊-ゝ从 ソi/リ ェ=≠、V .,' ソリ .i i   |
                               / | ∨从/|Yイrォ{薇}}j      斥:::::::リ リiヾ/  i i   |
  「みんな、頑張ったんだけど―――」       / /  |  ∨从ハ.ゞツy.フ      C:::::::ソ Vイ ハ  .i  i  人
                            .. / /  | i ∨yi ((`~`´'  ,       ̄、 i' |ry) i  i  i ,'  ゝ
                           ./  , '    | . i  ,'ヾソ))    `       .| | r孑  i  i  i     ヽ、
                           /  ,.'    | .,'  ,'  乂     r ==っ     .|ソ  i . i  i  .i    ∧
                          ./  ,'    ./ノ ,'    ,'.〉.、   `⌒′   .イ ヽ、i  . i  i  i i   . ヽ 、
                         厶 .,'   ..// ,'    ,'   >.、     < 气 .i  . i  i  i i.     ヽ
                         (   (   / /  ,' r⌒ヽ、>r⌒y ⌒Y⌒r, '    `ヽy⌒‐フゝ_  i i    ∧
                          ゝ、ヽ  く /  ,'∠弋         / Yフ          . (  `.ヽ、i    )
                           ヽ、i  .|l   ∧  .フ        `ヽ、      `ヽ、   )   |/   /
                            .)  弋,  |    `ヽ、ソヽ、  ,ノ弋 _r-.、、  フ ~丿   |   .人
                            ノ    ∠⌒|   、   //`ヽ彡\__//| 廴ノ        .|  /  `ヽ、



――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫よりも先に来て、事情を聞いてすぐ町に行ってしまった
  この町の騎士団長であるウォン=リーには上手く説明できたはずなのに、
  今は無力感と罪悪感があふれ出し、金緑の瞳を濡らして頬を伝う。
――――――――――――――――――――――――――――――――

683 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:15:02 ID:bov0KbVo
二285.
――――――――――――――――――――――――――――――
  時々しゃくり上げる雪華綺晶を真っ直ぐに見つめ、
  流させてはならなかった涙と向き合い、その気持ちを受け止める。
――――――――――――――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : ノ:ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/ー ´_:_:_:_|
./:/V   l              / .,.....、ヽ
.V.    l              l {::::::} l
.  .    l              冫.ー く
.     l               l    ノ!!    「うん、うん………」
.      l               `ー‐ f r''
     l                  ノ'
     !                     /
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



―――――――――――――――――――――――――
  小さく頷きを繰り返すやらない夫であったが、
  己への怒りは無意識のうちに血が滲むほど唇を噛み、
  手首から先が青黒くなるほど拳を握らせていた―――
―――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

684 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:16:02 ID:bov0KbVo
二286.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――
  変貌したキル夫の事。
  おそらく裏で糸を引いていた妖術師の事。
  生き残りの安全と引き替えに錫杖を渡した事。
  逃げたキル夫を追ってエルが飛び出して行った事。
―――――――――――――――――――――――――



                                ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
                               __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
                            . /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
                            |  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !
                             、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
                              ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|
                              ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!(| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
  「―――で、錫杖を渡したら             ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l,,ヽー冊―代, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   キル夫はすぐ出て行って。             l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', , ' !,'li llV)/ ヘF/l/ l |  / / l l|
                               | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨ `.\il__ /}リ/ノ l , -┼y' l|
   エルがその後を追っていったの………」     | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j '    _ 彡==、イ/ /ん/  / /}  |、
                               |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ      `"   。○ /ソ |' /`ー;' ,'| ハl
                                '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7         。 ' ,' ハ/   l / 、 / l|
                               ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     、    o  ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
                              /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´                /´l|//イX!  |   (_土--― 、
                              ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、   r⌒  )    /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
                            . / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ ヽ    ー    /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
                            /   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`  ヽ 、、_ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
                               ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
                              ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、

685 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:17:02 ID:bov0KbVo
二287.
――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶の説明で、頭の中に情景を思い描いていたやらない夫は
  邪悪な妖術師に捕らわれてしまったキル夫のことを思う。
――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ     「……………」
          │         }
           ヽ、      ソ       (キル夫―――
          イ斗┴r┐` .;         何とか助け出さないと)
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  複雑な間柄である。
  嫌われているのは分かるし、自分に心配されても彼は嬉しくないと言うかも知れない。
  それでも、腕を組んで目を閉じた彼にとっては別問題なのだ。

  だから―――
  文句は後で受け付けるが、まずは助けよう。
  そう決めるのに時間はかからなかった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

686 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:18:01 ID:bov0KbVo
二288.
―――――――――――――――――――――――――
  説明は終わりだよ、と締めくくった雪華綺晶がもう一度、
  錫杖を渡してしまった事を詫びると。
―――――――――――――――――――――――――



                                          r-、  r- ー、
                                          ヽ `ヽ-.、  ヽ _
                            //y        _     ヽ  ヽヽ   ヽ`ヽ、    スッ
                          r''´Xメ}) / /  /       ',  `''   `゙  ` ー、
                         ./ /(/┘ ./  /  / ノ  /     }               ',
                        / | // ./  / / - ´  /,- 、  |               ',
                        | //  /  ./ /    /  ',  ',_  l                ',
                        | |/  ./  .//   /  / {   ` -'        ,.-‐――┴- 、
                        |/ //  /   //  /、 ノ `ヽ.         /         \
                        |  |/|  / |  / / / / `'-/、_ヽ       /            ヽ
  「ごめん。                |/|/|/| レ´アミゝく ./ミ=、_ /ヽ| \   /               \
   錫杖、守れなかっ―――」      | |li レ | K薔>イマ   イテ ゚̄ミ、/  `ヽ、/                     \
                        | | |l | | ト=ケソ    廴o゚ソ/ ./  //         _,.-‐ '''''''ヽ     \
                        .i | ..| | i  K´ ` ヽ     ̄/ /  / {        , '       \     \
                         ハ|   | |  |(ヽ  、 _      フ´/ .// ヽ        /         \
                         |/  i  i  |)(i.\ ' `   // / ./     \.    /            ゙ー―-
                         il    | | ) ilハ、>.- ‐<仝/ / ./         \
                         |    }| |メ )、,(⌒)、,/⌒ / / ./         /. \
                         | -―´/| |-、 ,- 、  ,、 /   / `'''- 、_ノ /    \
                         /    ゝ i`-´`-´`-´`/   /      ヽ       \
                                                          \



――――――――――――――――――――
  グローブを外した大きな右手が伸ばされ、
――――――――――――――――――――

687 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:19:02 ID:bov0KbVo
二289.
――――――――――――――
  そっ、と彼女の頭に触れる。
――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  ―――やらない夫?    |
乂___________ ノ

             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 r-、  r- ー、
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ      ヽ `ヽ-.、  ヽ _
              /   ,朴_二_ノ   / / /       ヽ  ヽヽ   ヽ`ヽ、  ポンポン
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー',  `''   `゙  ` ー、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /       }               ',
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! ,- 、  |               ',
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ',  ',_  l                ',
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l!  {   ` -'        ,.-‐――┴- 、
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l!`ヽ.         /         \
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // ヽ       /            ヽ
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! \   /               \
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /`ヽ、/                     \
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,/         _,.-‐ '''''''ヽ     \
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ /{        , '       \     \
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  /ヽ        /         \
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / \.    /            ゙ー―-
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / / \
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ| \
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |   .\
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ       |  君が、無事で良かった。  .|
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |         乂____________ ノ
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  上目遣いの彼女に嘘偽りなく伝わってくるのは優しさ、労り、心配、そして安堵。

  自分を責める気持ちなど微塵も含まれていない、
  純粋に無事を喜ぶ裏には、それを失った場合の恐怖みたいな物と―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

688 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:20:02 ID:bov0KbVo
二290.
―――――――――――――――――――――――――
  笑顔の裏に隠された、己への怒りが透けて見える。
―――――――――――――――――――――――――



                                       ̄ ̄  、
                                  ´          \
                               /         __....--':ヽ _
                                   ,,...-‐''"´\; : : : : : :,;:-ヽ_:::\
                               |,,..-f"´: : : : : : : : : :\ :,;-'"  丶\|
                              i": : |: : : : : : : : : : :, ,ノ'"       丶
                              |: : :|: : : : : : : :.r''"     ヽ       丶
                              ヽ._:|_:_:_:..-'''"´ i イ::::ヽ l        丶
      「コナタも、公も無事で良かった」        ヽ      ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',
                                丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
                                  ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
                                  ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
                                   ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
                                    \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
                                      \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                        ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                           ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

689 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:21:02 ID:bov0KbVo
二291.
――――――――――――――――――――――――
  その証拠に―――
  堪えきれずに後ろを向いた首筋には血管が浮かび、
  下ろした右腕は怒りに震えている。
――――――――――――――――――――――――



                    / ̄ ̄\
                   /       \
                     |          :|
                     |        .:|
                   |        ...::|       「アストナージさんの事は残念だし、
                      | ノ(   ....::::::|        キル夫も、追っていったエルも心配だが―――」
                      ヽ⌒ ......:::::::::::/
                  _, - ''" ̄  ̄` ー、
                 ヽ_..:::-=―--:..、>
               _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
              斤ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             .<::::::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;}
             .〉:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             i:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´
             !::::::::::::::::〉'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
             <:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;i
             !::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
             〈::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ ;
             /::::::::::::::!/::::::::::::::::::::::::::\:;' ;
            ヽ::::::::::::/:::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ. ;
             i、:::::ノ/::::::::::::::::::::::::::::::::、/ ; ブルブル
             | ヽィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ;

690 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:22:02 ID:bov0KbVo
二292.
――――――――――――――――――――――――――
  声色は低く空気をビリビリと震わせ、
  握りしめた拳からは骨が軋む音が聞こえてきそうな程だ。
――――――――――――――――――――――――――



                    i| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    l| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |     「錫杖を渡した判断は間違っていない」
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |i
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    :|::;:;:;:;:;:,.        .,:;:;:;:;:;::|:     (間違っていたのは、俺だ―――)
               :/:::.                 |:
                 :/:                  |:
            //:        ノ (        |:
              //:         ノ (      |:
           :/:       //⌒ヽヽ    |i
             i,':                     ||
             l|:                  |:
             :|:        ,::..             |:
             :|:      /::.:.:.             |i
             i|:     / ̄`ヽ::.            || グググッ
             :|:      |   .::ノ:::.         |:
             :|:      | :/ \    /:  /: //:
             :ヽ___人._____/:. /_/´
                      ̄ ̄ ̄ ̄



            _   __
         ,   ´     `` 、 __   ___
   , -‐r=-= ´,           f千ミlfl´  `''i
  / /`l f>}フ、)          lif廻l l !´'i  l
. / l/`'-=='″           `==´   l.  l
. l  l  / l  l  l i l  i i i__    ! l   l  .l
  !  !  i i i -li‐-l l .l li i´ l_ ` l  /. | |  /  l
  !  l l l l l.r千三ミ、i,lヽl . i灯?i    l l  l   !
  li  l l l l {ft廻}ンl   弋 汐l   l ,l .. !  l      「やらない夫………」
   li  l ! !i  !ー))-´  ,     l i i l !  i |.|
    !i  l ,i i l '、     ‐    ! / l l l  .l lli l
   li  li  i il. `     __ . ィ // l  l l  ! l il
   l l  l l .lr‐f `f'' i__,、,____ / l l  l l  l l i l
   /l l  .l l l l  'r-′ '-‐/ l  l  l l  l l 入 !
  /l l i  i .i i i\  ヽ    l l  l  l l  .l .l  liil
// i  / i l r  ` /  r、l l  l  l   ! .!   ゞヽ
../ .∥ i / / /-、__f <l__,--、l l  l  ! .l 、  i l   入\
 //  / / i r-,-l  l`'> '<´ l l  l  l l i  入弋   ヾヽ
/ /  / / / /  '-f`い/\\l l  l  l l 入 \\\  l



――――――――――――――――――――――――――
  それでもやらない夫は状況を、不運を、選択を恨まない。
  ただ、無力で至らない自分を呵むだけなのだ。
――――――――――――――――――――――――――

691 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:23:01 ID:bov0KbVo
二293.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  この世の中にはどうにもならない事が多すぎるが、
  自分だけは自分の好きで変えていくことが出来る。

  可能性を信じ、弛まぬ研鑽を積み、前を見続ける事が出来る信念があるからこそ、
  切り替えが早く、折れる事も諦める事も無いのだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            ,. ‐―――――‐ - 、
           /            \
          /                    \
       /    \         ノ      .',
        /     ,  ゞ.._,, ー "   、    ',
        l     l {::::::::} l  l {::::::::} l     l
      . l     ` ー ' '  ` ー ' '      l      (後悔している場合じゃない、
        l      /    .!    ヽ       l       念のために司祭様を呼んで二人を診てもらおう。
        l      ヽ__/ \__/.       l
        . l       `  ⌒  ´        l         アンマンに妖術師が侵入している可能性も高い、
       .l                     l         衛兵と学院に連絡をしてから
        l                   l       俺も錫杖捜索に―――)
       . l                        l
         . l                    l                  \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
        !                     !                   )                  >
        /!                    ,'^ヽ                 <  この有様は何事だ!? >
       /{ |ヽ                 /| / \                <                 (
     /  ∨| ヽ            / | /                   /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
   / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /
 /\   \  \        /   _ /
"ヽ  . \  ヽ  ` ー──一'   /
  \  \  \        //
  ,  ‐┬─‐'フ⌒ヽ` ー── ´ /
/    ̄ ̄     }  \     /
  /  ̄`ヽ/ ̄ ヽ   \
 /     /     | ̄`ヽ ̄ ̄/
./     . /      |    | ̄ヽ
      /     |   |   }



―――――――――――――――――――――――――
  ―――今は、不足しているものが多々あるとしても。
―――――――――――――――――――――――――

692 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:24:02 ID:bov0KbVo
二294.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫がこれからの事を考えて早速行動に移ろうと思った時だった。

  大勢の軍靴が石畳を叩いたと思ったら人垣が割れ、
  庭園の中に大勢の兵士達が入ってきて、彼に状況の説明を命じた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´      「自分はエゥーゴ王国中央騎士団
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |         第二小隊隊長、リュウ=ホセイである!
                  /   l        ――‐-、   j
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /         そこの者、状況を説明せよ!」
              /         /-、,,__      /
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_             ┌──────────┐
        \    、―--- 、 ,,,_  `ヽ 、  ヽヽヽ     `ヽ、r-、_       │  王国騎士       .│
         l     ヽ ⊂ ◎.⊃`"''-、 `ヽ、ヽヽヽ  /~ ̄`"''-、ヽl lトi       │  リュウ=ホセイ   ..│
           |     ヽ-- 、 ..,,,_    !   `'ヽヽヽ_/  ,,_ ___ , l l l.|    └──────────┘



                                           / ̄ ̄\
                                         /  \    \
                                        .(●)(● )  u. |
                                        (__人__)  u   |
                                             .(`⌒ ´     |
              (王都からの騎士団、か。               {         |
               予定通りとは言え、遅かったなぁ)       {      u. /
                                        __\     /リ 厂`'‐- .._
                                     / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                                      | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                                     | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                                          | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



――――――――――――――――――――――――――――――――
  庭園を見回して大声を出した、先頭に立つ恰幅の良い騎士の胸には
  輪を持つ星と衛星を現したエゥーゴ王国の紋章があり、
  やっと到着した王都からの応援部隊である事を示している。
――――――――――――――――――――――――――――――――

693 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:25:02 ID:bov0KbVo
二295.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一瞬。
  自分が騎士団に指示を出せる立場だったらもっと早く派遣したのに、との考えが脳裏を過ぎり、
  やらない夫は打ち消すように拳でゴシゴシと顔を擦る。

  その可能性を置いてきた自分がそれを思っても意味が無い。
  むしろ、その選択肢では手の届かない場所を目指して、こうして野に立つのではなかったのか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ  ゴシゴシ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉      (おいおい、なに言ってんだ!
                   ノ U   { )     j       遅れた俺が何様だ!?)
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

 
 
695 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 21:26:40 ID:Pv6KDiNQ
別の国とはいえ武官の最高位を蹴ってきたんだもんなあ…

694 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:26:02 ID:bov0KbVo
二296.



                                           ,____,.廻}`lii_,,..、∥
                                          ,,-''"´´ ̄``!K呈/ゞ、''-、
                                        .,/´    -、  .`i゙""i..} ! l `',
                                       ././   i   i  'i  i }  'i li , .l\
                                      / .|   |i   ii  l .! .i   i ll i .|\\
                                      l ,.ii   | l  !i  l .l |  i .i ii l .l .\\
    「騎士様。                             l i.lu  ./ll`''ii-l=、l_ / λ  li i.ヽ、! `i  i ,/
     彼は当時、現場に居りませんでした。           li li i、 ..//!_/ ! ! /`l''i/i  .li  .|i.\, \ l l
                                       ヽi{シ/´. '行勿ッ/ / / .l  .! il  i\ `ゝ、``'_'
     現場に居たのは私の他、公を含めて六名で         ゙<   `ー'´.//'!./入 ! l ..| ヾ i`\ li ``
     内一名が死亡、一名が逃走、                   .`.、-、. .,//l..! /-∧ヽ !、 il ..l .l ii| i`-i
     一名がこれを追跡中です」                    /./..!._,i、,__,,,l /!i``''.!入!>i!! l l il  l li
                                       / /  .i iii/、l l''''y!‐''>.-.!! .l .|i Il l / il
                                      //  .l .iil/.Ll l!=ン-'./´ `'i i\i li .li l l
                                      l./    .l .il-ンl .!,   !   `il i / il ..! !
                                      l.l  .,,/ i l Z-/i.\  .!ィli   ゝil l il l  i



―――――――――――――――――――――――――――――
  背を向けた可能性に並ぶには、冒険者の自分はまだまだ未熟。

  やらない夫がそうした葛藤に複雑そうにしていると、
  説明に困っているのだと思った雪華綺晶が前に立った。
―――――――――――――――――――――――――――――



696 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:27:02 ID:bov0KbVo
二297.



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |.
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
     !   i  ー-- ノ~ r--- レ!
    ヽ,r‐、|           |     リ|
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄
                                            ┏──────────────────────┓
                                       │  もう一人は気を失われている公と共に      ......│
                                       │  向こうで館の者に診てもらっておりますので、   ..│
          ,,  、、                           │  私からのご報告でも宜しいでしょうか。       ..│
        /_;,.: : : ;,\                            ┗──────────────────────┛
        //     ヾ:, ,,.-:''": ̄: : :`:`: : :<
      〃        , :': : : : : : : : : : : : : : : : :\
      i′     /: : : : : : : : : : : :-: ;,: : : : : : `:.
       {      ./: : : : : : : : : : : : : : : : :`丶、: : : :ヘ
         _, -:'": : : : :.!: : : : : : : : : : : : : : : : `: 、.:.ハ-―- 、
      _,, ‐': /: : : : : : : i: : : : : : \: ヽ: : : : : : :_: :`:、゙‐ /:::゙:、
    _,:,':-‐'' / : : : : : : : : : i: ゙、: : : : ヘ\:`:、: : : : : :ヾッ,、く  `ヾ:、
.   '´   ./. . : : : : :./: : : :i: lヽ: : : : ヘ::`::、ヾ:、: : : : ヘVノ`    \、、
        /: : /: : : :./: : : : !i: l:::ヽ: : : : i::::::::\、`:i、: :.ハ〈    /  ヽ `丶
        /: : /: : : :./:.::. : :.ハ:.l::::::ヽ: : : i:::::::::::::`::::!\: i !  /       /`ヽ、
   _/⌒j: ; :./: : : :/: ::::. : /:::::゙;:i::::::::丶: :.!::::::::::::::::::j/:.ヾ!| ,.∠ _   /_,,.-― ` 、
_j´   、 !ヘ/: : :::/:;:::::::::.: i、:::::::゙:{:::::::::::ヽ:.|    /: : : :/´/ ,.  `丶、"´      ヽ__
 j 丶、 \/: :.:::/:/i:::::::::::.K:::>.、ヽ   ヾ!  /: : : : : / i /  /          ノ
 !、丶_,ンァ: :::::;人{へ:;;::::::{::゙く._ ` ---‐ァ'''"´  ̄ ̄```ー^-(...(_,,.z_ノ---‐ ''"

697 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:28:02 ID:bov0KbVo
二298.



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |        「良かろう、報告せよ」
                  /   l        ――‐-、   j
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /
              /         /-、,,__      /        (こんな若い娘が護衛をしていたと言うのか?
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´          腕は立つのかも知れないが―――)
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  じろり、と値踏みの視線で見回した騎士は納得がいかないながらも了承し、
  これまでの経験で相手が何を考えたかが分かった雪華綺晶はそれでも、
  気づかないフリで報告を始める。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                                _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
                                》ゞそヅ/                        \乂v匕人
                               ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
                             ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
                           ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
                           _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
                           . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
                            l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
     「先頃おいでになりました         }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
      リー団長への報告と              \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
      同一になりますが………」          ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
                              / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
                           .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
                            / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
                           ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \

698 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:29:03 ID:bov0KbVo
二299.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶がはきはきと報告をする最中。
  ホセイの後ろに立っていた騎士達は興味深そうに冒険者達を見回していたのだが、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                _
             / ̄ ̄\\
           /     ヽ ヽ、
           |、       ゙i ゙iヘ
          〔\`'‐-∪   └' i
          |∩ \_     _|
          |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|     「あの小僧、良い装備してやがんなぁ………」
         / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/
         |         ,-l l l
         \iiiiiiiii   ///  ヽ___
        /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
    / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ
   /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
  /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
  |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
  | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
  l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈
  └―--、,-‐l|     ,--‐'_        |/ ̄ ゙i



          _冖___
.          / | |  ヽ
       /   | |   ヽ
.         |∪      └|
.         ( ニニニニニ l
.         〕l l-‐‐i i‐‐--l〔          「どういう手段で手に入れたのか、
        . (  ヽ .,,,,ll,,,.. / )          分かったもんじゃないけどな!ハハハハハ!」
.     / ̄ト、  ヽ   ,'  /--、
.    /  ,'|  i\(0)只(0)// ̄`ヽ、
.    |__/ | ヘ__/  |      ヽ、
.    |\_|   ,'     |\     ヽ
.    |   |   i     ヘ \―----'゙
.    |   |   |      \|     |
  ..| ̄ ̄ヘ ̄ ´`''‐‐----,'  ヘ     |
.   |    |ヽ          ヽ __--i
.   〈 へへl/___,----、      ヘ´___   |



―――――――――――――――――――――――――――――――
  居たのが少年一人、少女二人のたった三人と知って揶揄が漏れた。
  わざと、彼らに聞こえるような声の大きさで。
―――――――――――――――――――――――――――――――

699 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:30:02 ID:bov0KbVo
二300.



        _,,......-........ ..、
      / ,,,,,,,- -- -.... _ `''ヽ、
     / /´       `'' 、`ヽ、
    ノ/              、 ゙i
   /                  ̄ヽ、
   /                   ゙i
   |   __,,.._...._               ,,..ヽ
   r‐‐‐'';;;;;;;;;;;;;;;;丶  ___......-‐‐''ニ二二゙i          「おいおい。
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ニニ_ -r─''''' -、;;'〈           あっちにいる奴なんか、まだ十五歳ぐらいの小娘だぞ?
   |丶..---‐―''""` イ";;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ヽ;;ヘ
   | /\\       ヽ;;;;;;;;;;.r'´     ヘヘ          冒険者ってのは因果な商売だねぇ」
   |(⌒) ))......、    丶‐'´         ヘヘ
    |  ノ ノノ\ 、 `''''‐-、,,,,        / ヘ
     | ̄´    ヘ       ``'' ‐  //´  ヽ
     |ヘヘヘヘ    ヽ-------ィ  //     ヽ
    / ヘヘヘヘ _......_......_,,,,   //       /j
    |     ,'//////////7            ( )
    ヽ_ ,'丶       ´         ,r/
      ` ゙i...._、_____〈        //
   __/:::: :::::::::::::::::::::::: ''‐-......_.. |( )   ,―――--、
//    ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄\\      ヽ
/     '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     \\        ヽ
        \....:::::::::::::::::::::::::::::::/        \\     ヽ
         ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´



                        __
                       _/_,,.......,,,,..ヽ_
                 .,,i_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
                   /;;|   (ー)(ー)|              /勹
                     |;/|   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/        「……………」
                  / lヽ     /    /`弋ll
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、?ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  目を閉じたやらない夫は、これが普通だと知っていたから何も言わなかった。

  女である苦労が身に染みている雪華綺晶同様、
  冒険者が町の者にどう思われているかなど、とうに思い知っているから。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

700 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:31:35 ID:bov0KbVo
二301.



                  r'~⌒            ヾ
               _r"~               ヽ
              / '´                  λ_
             τ                     z,
             ノ´                      〉
            1'                       ζ
             レi               ,          <´
.             ソ      , i ノ レ-ι'1_ノヮノν´ヾレ,   ノ
              {      r' ,, -.、   ´     ,;'==;.L r'         「こんな女子供に警護を任せていたとは。
              ゝ    Ξ - ''"_'=-、 __ノ,,_∠_,,.  |r '、          ベッケナー公は何をお考えだったのだ………」
.             ヾ、r'~ヽ〈   ヽ!二' "   .ヽ,゜‐,,,.  |lウ l
               | ベl {. u ,,,       ヾ. ""ヽ./
                ヽ ヽY   u    (     ,,.ノ     i
               r'\-`      `"  ~´       ト、
                  |.ヾ, ヽ、 _     ___,,..ィ    i .r'┐
               /´| ヘ_ r< i___ ´   _,,      / /ヘ\,=.、
            l' ~'. ∧  .V |~ ' --i |         / i/ .ii/ハ ヽ`ト rヽヵ_
         ,, r' 7  | .!   ヽ |   | ト 、,,... ----- '-'´ハ ,/イ  !  |. \ L\
      , r' ~´,, -ヶ.  !     |ヽ   | |        ,,/ | ∧  !  |  L|_|_}、


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶の報告が終わった後、抑えきれなかった呟きがホセイから漏れる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                   _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
                   》ゞそヅ/                        \乂v匕人
                  ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
                ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
              ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
              _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
              . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
               l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
            「……………」    }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
                \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
                 ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
                 / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
              .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
               / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
              ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
                /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  俯く雪華綺晶は、この場にエルが居なくて良かったと思った。
  この上ハーフ・エルフが居たと知れたら、どんな誹謗中傷を言われるか分かったものでは無い。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

701 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:32:06 ID:bov0KbVo
二302.



                    _,, -――――- 、
                _,, - ''"           `ー-、_
               /                   \
              /                      \
             /                         ヽ
             ノ          r―― 、            ノ
          /          /     \    ___     l´
           |    __    /   ___   ヽ  /二ヽ`   ヽ
             |  / ヽ  /    、_,\   `Yー 、ヽ       l
             |   l r.ソ/ /  ._ ー、 o、\ 、 ノ ノ |    /
          |  | |( / /   ´ ̄  `` ┘ ソ __  |  /
           /  ヽヽイ l          .  fー。、` |,/
         / /  ゝ, `'"            ヽ`ー'/
          | l / ノノ/         __. -ノ  .l    「しかも自分から渡しただと!?
        レレ'"   l.        / ̄ー、\     /
       /;;;`ヽ、   '、     .l|::::::::::::::::::「/  /     なぜ命を懸けて錫杖を守らなかったのだ!?」
        /;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、 '、     ヽ、_::::::/ /
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、'、     _ ̄  /
___/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r;;〉、     ̄  /         ┌──────────┐
;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ/  `ーr、___/_          │  王国騎士       .│
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;|/`ー、__/;;;;;;;;;;;;;;:/;|             │  ジェリド=メサ   ....│
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;|     \;;;;;;;;/;;|          └──────────┘
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;/;;;;;;;;|       Y;/;;;;|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして話題は当然、雪華綺晶が渡してしまった領主の証に移っていった。

  ホセイの後ろに立っていた血気盛んそうな若い騎士が大声を張り上げたので、
  目を開いたやらない夫が弁護するが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                  / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
         「戦技使いを相手に、意識を失ってその場に残った       (●)(● )   |
          公をお守りしながら錫杖を奪われずに済む、             (__人__)     |
          確実な手段がなかったのですよ。                  (`⌒ ´     |
                                          .     {           |
         しかも相手は、洗脳されている仲間ですし………」        {        ノ
                                                ヽ     ノ
                                                ノ     ヽ
                                                 /      |

702 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:33:05 ID:bov0KbVo
二303.



          _,.. -― 、_,-、
        , ‐'´       ヽ
      /       , -,  ヽ
     /        / / , -j  lj
   /    , = 、ヘ _j  イ 〃`´ !
    !      〃ヽ、   ヘ'ヽ  !
.   |      /   〃ーrー'   ! |
   !     /     ヽ     l !
   ヽ    {  _,,__    _,._‐''リ
    l,  r 、 l '´-ニt'テ''  !┴' |
     i { r、l l       '、  !         「その場に居なかった貴様は口を挟むな!
      ! iヾーl j       - '  !
     _j人l Tl    ー―,,'  ト- 、
    lく   Tヽ`ー- 、     l   〃      ………そもそも、お前達全員がグルで、
    ヽヽ  ! \ヽ、,-ミェ- くトi  〃       演技をしているだけの可能性も我々は疑っている」
     >ヽ ヽ /7  ハヽヽヽl 〃、__
_, -‐ ''´  `´l  ヾ/  リ !  l! lヾく     `
       ヽ\ \   '  l /ィ7 '
 ̄ ̄ ̄ ` ー 、ヽ \ ヽ  /イ/    , - '
        l ヽ ヽl// レ  ,. -‐'´



―――――――――――――――――――――
  鼻で笑った騎士はお前とて容疑者なのだと
  やや乱暴に、一括りにしてしまう。
―――――――――――――――――――――



                                                  / ̄ ̄\
                                                 /  \    \
                                               .(●)(● )  u. |
                                                (__人__)  u   |
         「ティターンズに黒ローブの者が………                    .(`⌒ ´     |
          おそらく妖術師とおぼしき者が加わっている事は             {         |
          お耳に入っているのでしょう?」                     {      u. /
                                                 \     /
                                                 ノ     \
                                                /´        ヽ

703 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:34:01 ID:bov0KbVo
二304.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん黒ローブの情報は、早々に彼らの元へも届いていた。

  しかし妖術師や暗黒司祭に詳しい者が居るわけでもなく、
  魔法を使われていたからと言って、取り調べも無しに周辺の者を解放する訳にもいかない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´    「うむ、それは聞き及んでいる。
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |
                  /   l        ――‐-、   j       しかし、確かな身元の証明もない者を
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /       取り調べないまま、解放する訳にもいくまい。
              /         /-、,,__      /
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´         君達は重要参考人であり、容疑者キル夫の仲間なのだ」
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_
        \    、―--- 、 ,,,_  `ヽ 、  ヽヽヽ     `ヽ、r-、_
         l     ヽ       `"''-、 `ヽ、ヽヽヽ  /~ ̄`"''-、ヽl lトi

704 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:35:02 ID:bov0KbVo
二305.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  確かに、公的に身元を証明する術がない、
  保証人となってくれる後ろ盾があるわけでもない。

  単純な雇用契約しか自分達の立場を示す物がないやらない夫は、
  騎士の言い分ももっともだったので、困ったようにバンダナを触って頷くほか無かった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ―― 、
             / 〉´.,,,,,-----,,,,...ヽ_
            / /_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l           「それは、分かりますが………」
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /           (何日足止めされるだろうか?
       l   // 、ゝ       / ヽ_          長引くとまずいな………)
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



                                           ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                          {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                        /./       辷ニソ
                                       / /   l  l l  l (( \
                                         / / l  l| /i| i| i| | | l \
     (仲間って、認めるんだ?                 / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                                       /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
      元から組んで居たわけでもないし、  .          /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
      公の証言があれば                    /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
      現場に居なかった君だけは      .        /  /   / ノ八  _     / /  i!
      すぐ釈放される可能性が高かったのに)      /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                   .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                   i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                 / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                               /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /

705 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:36:02 ID:bov0KbVo
二306.



              厂           `>、 _
                 ノ´             `> 、
           .,.イ                   `ヽ
           / /                        \
            〈 {                         ',
             ∨ヽ、   ⌒ヽ、                   l
           }  `     .,ヘ     }   __       l
            {         / ゞ    ノ ノ´  ` ,:      l
              ゝ、      /  {〃イ , - '"     ∨:    j
            ミ    /   ヽ !リ           ∨:  ,'
            ∨   ,'      {             ミ:  ,'      「隊長!
                ∨ l <≧-.、,,_   {_,,、-≦千> j: ,'       すぐにでも拘束して
              ∨lj  ー tァー ヽ ヾ"¬tァ ー  lヘ,'        尋問しましょう!
              !K:!    ̄´   l     ̄´   j_)}
              l(l:!       j        |)/         神殿の検査官を手配します!」
              ∨j        ヾ;>         j イ
                ヾ、      ______       /|:リ
                リヘ    ´  ,,,  `  r‐<j、ノ,,,____
            ____| l|\          |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
             i´::::::::::::::リ| \ ____/|:.:.:/,、,、7:.: /
             |:::::::::::::::::::::|  ,、r─ 、____ /:.:.:ム゙'゙'/:.:./
             |::::::::::::/⌒/::::::::/::::::::::::く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
             |:::::::::///::::::::/:::::::::::::/´:.:.:.:.:.:.:>:<_______



                  r'~⌒            ヾ
               _r"~               ヽ
              / '´                  λ_
             τ                     z,
             ノ´                      〉
            1'                       ζ
             レi               ,          <´
.             ソ      , i ノ レ-ι'1_ノヮノν´ヾレ,   ノ
              {      r' ,, -.、   ´     ,;'==;.L r'
              ゝ    Ξ - ''"_'=-、 __ノ,,_∠_,,.  |r '、         「落ち着くのだ、ジェリド。
.             ヾ、r'~ヽ〈   ヽ!二' "   .ヽ,゜‐,,,.  |lウ l          彼らは曲がりなりにもベッケナー公が契約した者達だ、
               | ベl {. u ,,,       ヾ. ""ヽ./          公にお話しせずに勝手な事は出来ん」
                ヽ ヽY   u    (     ,,.ノ     i
               r'\-`      `"  ~´       ト、
                  |.ヾ, ヽ、 _     ___,,..ィ    i .r'┐
               /´| ヘ_ r< i___ ´   _,,      / /ヘ\,=.、
            l' ~'. ∧  .V |~ ' --i |         / i/ .ii/ハ ヽ`ト rヽヵ_
         ,, r' 7  | .!   ヽ |   | ト 、,,... ----- '-'´ハ ,/イ  !  |. \ L\
      , r' ~´,, -ヶ.  !     |ヽ   | |        ,,/ | ∧  !  |  L|_|_}、



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ホセイはいきり立って聖騎士の手配まで言い出す部下を窘める必要があった。
  事情はどうあれ、抵抗する素振りも見せていないのに
  公人との契約を持つ者を乱暴に扱うわけにはいかない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

706 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:37:03 ID:bov0KbVo
二307.



                   __
           ,,. -─‐ ''"´ ̄   `ヽ
        ,. ‐'´              \
      /                  ,リ
   /                   ,.ゝ
    !                  // 〈
    |         /⌒>yヽ  fr'"'、 }
   |          , '   ´ ('´ `ー'´  l ノ
   │      /      `      レ'
    |      (._               |
    |       / -─- 、._      __,..ヘ!
   |    r‐、 {  ーヮニニ`ー'  〈ゥニ'‐.|          「その中から略奪者が出ているのですよ!?
   ヽ   | ,ゝ| !         ヽ、 |
     }    ヽ(、Ll           r:ン' l           ………ハッ、所詮冒険者などこの程度!
    { ! { { /`ーi      _,. -─‐ァ  l  ̄ ̄`!        しかも二人はまだ年端もいかぬ小娘、
    ,ゝト、ヽ{  {        `ー-- '   ,'    |           一人は見てくればかりの小僧ではないですか!」
   i(  ヽミ`ヽ  ヽ、       ー   l      |
.   | `'''┴-- 、.._  `''‐、       ,!、    亅
   |   _____ ̄ ̄~ヽ` ー-r-‐ヘ ヽ く´
.   !  |=<>=<>=|    ト、-、r=ニ⌒ヽ.) ヽ
  _,r=ゝ、  ̄ ̄ ̄     | ヽ. \ `ヽ } /
      `ヽ ー-----‐‐┴、 }   ヽ レ',ノ./`ー-



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  冒険者を目の敵にする騎士は、かつて辛酸を嘗めさせられた経験でもあるのだろうか。
  真価や内面を知ろうともせずに、見た目のみで評価を下して嘲笑う相手にしかし、
  やらない夫は一切反論をしなかった。

  ただ、心の中で感じている苦みに眉をしかめているだけだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ      「……………」
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}

707 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:38:03 ID:bov0KbVo
二308.



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |         「とにかくこの場には数名を残し、
                  /   l        ――‐-、   j          手の空いている者はリー団長と合流して
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /          検問にあたれ!」
              /         /-、,,__      /
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_
        \    、―--- 、 ,,,_  `ヽ 、  ヽヽヽ     `ヽ、r-、_



――――――――――――――――――――――――――
  見かねたホセイが場の空気を入れ換えようと指示を出し、
  敬礼で答えた騎士や衛兵達が武器を持ち直す。
――――――――――――――――――――――――――



                   ,.-===、、
                 /イ   ヽヽ、
                 :l匚ユ_____l
                 jΘ-|l__-‐l.l‐i|        「分かりました!」
                 リ ..ム\ 」∟i
                 ( ( ─,' ヽ'´ ム
             ,,....___,,,〉-!、_O 只0),--- 、
            ./  / / `'''‐‐,‐‐'' ̄ .| (   ヽ
            l / ./     /      ヽ ゝ、  ヽ
            l/  j  ,.-‐∧,     卜  \_|
           '゙Y Y/´    `゙'''‐-、_rイ / ̄`ヽ
            | イ    _,,....,,,,    ^ 'リヽ     ヽ
             ∟│ ノノー‐‐ヽゝ、   │  、___..,,/
            ..テ─レ' '´| | | | ヽヽ、__|   ヘ----`、
            にニ| ̄|-冂冂-|´ ̄|冂~l   i─个)
           ,'   |  |-凵凵-|   |凵 |    厂   )

708 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:39:01 ID:bov0KbVo
二309.



          _,.. -― 、_,-、
        , ‐'´       ヽ
      /       , -,  ヽ
     /        / / , -j  lj
   /    , = 、ヘ _j  イ 〃`´ !
    !      〃ヽ、   ヘ'ヽ  !
.   |      /   〃ーrー'   ! |
   !     /     ヽ     l !
   ヽ    {  _,,__    _,._‐''リ
    l,  r 、 l '´-ニt'テ''  !┴' |         「隊長!
     i { r、l l       '、  !          ここの手勢を減らすのですか!?」
      ! iヾーl j       - '  !
     _j人l Tl    ー―,,'  ト- 、
    lく   Tヽ`ー- 、     l   〃           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    ヽヽ  ! \ヽ、,-ミェ- くトi  〃            |   かまわん。    |
     >ヽ ヽ /7  ハヽヽヽl 〃、__         乂________ ノ
_, -‐ ''´  `´l  ヾ/  リ !  l! lヾく     `
       ヽ\ \   '  l /ィ7 '
 ̄ ̄ ̄ ` ー 、ヽ \ ヽ  /イ/    , - '
        l ヽ ヽl// レ  ,. -‐'´



―――――――――――――――――――――――――――
  容疑者を目の前にして手ぬるいとの反論の声を遮ったのは、
  意識を取り戻したベッケナー公だった。
―――――――――――――――――――――――――――



                                    ,.-─‐‐ - 、
                                     /        `ヽ、
                                    /   , ‐-、      \
                                 /   / ,人  Y^ヽ     \
                                j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                   l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                                  `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                                  /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
                                  ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
          「ここはもう良い。                 !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
           検問の方に注力してくれ」          `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
                                        |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                                      ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                    / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                                 __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                            _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                          //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                         ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
                        /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i
                        /  /        ヾ.:.:.l |  //.:.:.:.:.:.:.:.:/             /     」

709 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:40:02 ID:bov0KbVo
二310.
―――――――――――――――――――――――
  その場の注目が一気に集まり、
  外傷も無く、意識もはっきりしている様子の領主に
  やらない夫と雪華綺晶もほっと息を吐き出す。
―――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │    「ベッケナー公!
  |   `⌒ ´   |      お体の具合はいかがですか!?」
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



          .r-、_,, - ''´ ̄ ̄``'-、, _,,
        〆´__t=lニニ     ̄``'ー l .\
        l __,,fゝ }==-     --==--r-,  l
       l  /   i ,    、     i`ー'l  li
        l ./ | i i l i l i  l l .li l i  |、l l .l、
      / ./ l .l ll l l  l l  l .l l l l i /l l l/. }
       ノl 7 ll  l l.l l l _!_ l ((l l .l l l/ i  l l λ
     7λli  ` i lヽli.ノr-. 、=l))l .l l l / ./ l iλ .| `ー、
  . / i l l   i l lく レ` r′lⅥ V7l l  l li 入乂  l      「証を………守れませんでした」
   /  l/ヽヽ .! i (( F、,,i_/ '   ヽ{li l.i λ .|ヽ`l l
  l  ,  l  i l lヽ! !l.ゝ、   -  ,,イll./、.l.i   i  i .l .入
  .l  l l  l__l l } i i┌>- , イ´└l {./ } r-, .l l   `ヽ,
 λ  i .l、 入'´|Ⅵ λ、_)  つ   7l l / l-z,) !、 .l ヽ  l  l
..7 ` .7 l ../   フ / .l lーz )´乙__凡\ll .l   .ハλ l  l  l
    { .Y    {.! l__.l l/´   \ .| .| .l } }   / 入.  .l  .l
  /  \.\-、...._i .y L >i_f‐ァ< ,l、_f// /____ ./ ;  l  l  l
 i      l ゝ  ノ }     `'''゚と- /i l l   !、!l   ヽ ヽ 入
 !     l l  / /     て、ろ  !l l .l-- ,, 《 .l    ゝ, `  \

710 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:41:02 ID:bov0KbVo
二311.



                                    ,.-─‐‐ - 、
                                     /        `ヽ、
                                    /   , ‐-、      \
                                 /   / ,人  Y^ヽ     \
                                j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                   l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                                  `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                                  /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
 「奪われた―――か。                    ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
                                       !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
  仕方あるまい、                           `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
  応援も到着していなかったあの時間帯、           |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
  誰が居ても結果は変わらなかっただろう」           ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                    / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                                 __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                            _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                          //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                         ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
                        /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i
                        /  /        ヾ.:.:.l |  //.:.:.:.:.:.:.:.:/             /     」



――――――――――――――――――――――――――――――
  その場に居たからこそ領主も割り切ることが出来た。

  下手にキル夫を退けた所で、
  近くに居たであろう妖術師までも出てこられたら
  証は奪われて更に犠牲が増えていた可能性が高いと分かるから。
――――――――――――――――――――――――――――――

711 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:42:03 ID:bov0KbVo
二312.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  それでも自分の判断で錫杖を渡してしまった重圧は相当なもので、
  深々と頭を下げた彼女の両目から、また大粒の涙が溢れてしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――



    ,´, -‐'こ                     、ヽ ヽゝ=イ_ノ ヘ.   ,
   __ノ 公  ト  ,           ヽ        ヾヽヽ(三ソ   ヽ  i
. /て、l Lソ メ、/            , ',ヽ   ! ヽ 、ヾヽ ', f{  i 、 ',.|
|  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !
 、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
  ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|
  ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!(| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
   ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l,,ヽー冊―代, ハ メl |  l,/ ,'| l|
   l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', , ' !,'li llV)/ ヘF/l/ l |  / / l l|     「―――申し訳、ございませんっ………!」
   | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨ `.\il__ /}リ/ノ l , -┼y' l|
   | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j '    _ 彡==、イ/ /ん/  / /}  |、
   |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ      `"   。○ /ソ |' /`ー;' ,'| ハl
    '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7         。 ' ,' ハ/   l / 、 / l|
   ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     、    o  ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|
  /,' /|    |  /丶ノ、ゞく{ ̄´                /´l|//イX!  |   (_土--― 、
  ,' l ,' l i || ,'  _L,__ヾj{L...,、   r⌒  )    /|f リ|l/Li /|  ,. ノ |
. / l,'  、 l l ' /  rナヽ )``ゞ ヽ    ー    /イリ / ル八/|/ ナ´   ',   r
/   |  ', l l {   fメ、 Yゝイ`l`  ヽ 、、_ , イr―メ、__ソ/ ヽj/ ,'   f'「 ̄´
   ,ト、 ', ', ', 、  | ト) l( ヾi、ヽ、:.:.:.:., - 、_j:..i:.l:./ヽ /丶、/ / /| ;    、L、
  ハ   、 、; 、|l メ、 l ヽ ヽ ゝ-‐'   ̄了:.:.:.:.:.ノ |  /、   ヽ     メ、

712 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:43:02 ID:bov0KbVo
二313.
―――――――――――――――――――――――――――――
  言葉の無くなった雪華綺晶が下がった後。
  やっと来たか、と見慣れぬ騎士達を振り返ったベッケナー公に
  王都からきた騎士達は一糸乱れぬ整列、最敬礼で応えたのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |.
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |        「君達は応援の者だな?」
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|        (今更だな。
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_        もう一日、せめて半日でも早く来ていたのなら―――)
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



                                            /                  ヽ,
                                           /"                    ヽ
                                          /"    ,-、,-‐-,,/⌒-‐っ,       ゙!
                                          (   ,ノ~^~ ~  ,,ョョヨヨヨョュ,,ヽ,      ゙!
                                          (   j ,,ョョ⇒>ュ  ゙゙゙(゙ヒリ )ゞ !      ヽ,
                                          ゙(  ヾ゛ ((゙;;リ )    ~~~~::::::::\  ⊂ス  ,,!
            「ハッ!                          \ ヽ  ~(   ,,,,;;    :::::::{  ノ丿 )
                                               ゝ !    ヽ=彡″    ::::゙!   ~~  ア
             自分はエゥーゴ王国中央騎士団                ( V             :::ヽ_,ノ入⌒く,,
             第二小隊隊長、リュウ=ホセイであります!」    ゛ !   └‐---‐‐ーつ  :::::::::;;;;;;|;;;;;;;ヽ
                                             ヽ.    ~ヾ---‐^~´  ::::::::::;;;;;;ノ;,,-‐^~ヽ
                                              ヽ    ゙゙゙゙ヾ:::::::   :::::::::;-‐^~     \
                                               ゙ヽ    ゙゙゙゙~   ;;;_,ノ^~         ヽ
                                               /^~~ヽ-,,______,,--‐^~ヽ,,           ゙ヽ
                                               !   /--、∥┌‐^~~ ヽ     __,,,,-‐^~~~~
                                              !゙   !  .!.∥..|     ゙ヽ-‐‐^~
                                              人______!   !.∥ |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その杓子定規っぷりが今の領主にはもどかしかった。
  普段はその規律の厳守が心地よいが、この国には緊急時までそれを持ち込む悪癖がある。

  今回の事も、どうせ手続きだなんだとやっている内に
  王都からの出発が半日、一日と延びたに違いない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

713 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:44:02 ID:bov0KbVo
二314.
―――――――――――――――――――――――――
  対照的に、契約外の時間や情報収集までも
  臨機応変に対応してくれていた彼らに感謝こそすれど、
  余計な疑いまでかけられるのは面白くない。
―――――――――――――――――――――――――



       ,,;;;-―'''''"'ヘ;;;;,,,
      /      _,,ノ-、.,)、
     i    ,从iリ'    ヾl
      l  r''' ヾゝ      ||
.     |  i.   ___゙ヽ,  ___ .l|    「彼らが真面目に取り組んでくれていた事を保証しよう。
      !  i -< ・>ノ~ r<・>ii
     ヽ,r、|   ""  |~"" iノ    契約外の日中に奪われたのは
      !ゞ|   ,,,,,,,_ ソ;;,,,,_ i       私やリーを始めとしたこの町の警護の不手際であり、
   / `ゞ!     r‐'"""y;; /     彼らを責めるのは筋違いである」
  ,((    i ト,,、   ̄二"';./
   ヾヽ  | ヾ"''ゞ,,___,,,,,ノ;;"
.    `i i  !  """'''''''''''''"



                    _,, -――――- 、
                _,, - ''"           `ー-、_
               /                   \
              /                      \
             /                         ヽ
             ノ          r―― 、            ノ
          /          /     \    ___     l´
           |    __    /   ___   ヽ  /二ヽ`   ヽ
             |  / ヽ  /    、_,\   `Yー 、ヽ       l
             |   l r.ソ/ /  ._ ー、 o、\ 、 ノ ノ |    /
          |  | |( / /   ´ ̄  `` ┘ ソ __  |  /
           /  ヽヽイ l          .  fー。、` |,/
         / /  ゝ, `'"            ヽ`ー'/
          | l / ノノ/         __. -ノ  .l      「しかし、公!
        レレ'"   l.        / ̄ー、\     /
       /;;;`ヽ、   '、     .l|::::::::::::::::::「/  /       実際に錫杖を渡したのは
        /;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、 '、     ヽ、_::::::/ /         この小娘なのですよ!?」
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、'、     _ ̄  /
___/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r;;〉、     ̄  /
;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ/  `ーr、___/_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;|/`ー、__/;;;;;;;;;;;;;;:/;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;|     \;;;;;;;;/;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;/;;;;;;;;|       Y;/;;;;|

714 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:45:02 ID:bov0KbVo
二315.
―――――――――――――――――――――――――――
  まだ若い騎士の反論を、領主は静かな声で封じ込めた。
  おそらく騎士団が居ても結果は変わらなかっただろうと。
―――――――――――――――――――――――――――



                                             ,.-─‐‐ - 、
                                            /        `ヽ、
                                           /   , ‐-、      \
                                          /   / ,人  Y^ヽ     \
                                         j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                             l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                             \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
 「逆に、君達が居ても状況は変わらなかったかも知れん。       `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                                          /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
  その場に居たからこそ言うが、                       ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
  あの状況をひっくり返せる者などそうは居らぬ。                !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
                                                 `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
  ―――それこそ、英雄でもない限りはな」                   |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                                                 ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                                / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                                             __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                                    _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                                    //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                                ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
                                /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i



――――――――――――――――――――――――
  その皮肉が実は、
  一番身近な可能性だったとは気づかないままに。
――――――――――――――――――――――――



          _,.. -― 、_,-、
        , ‐'´       ヽ
      /       , -,  ヽ
     /        / / , -j  lj
   /    , = 、ヘ _j  イ 〃`´ !
    !      〃ヽ、   ヘ'ヽ  !
.   |      /   〃ーrー'   ! |
   !     /     ヽ     l !
   ヽ    {  _,,__    _,._‐''リ
    l,  r 、 l '´-ニt'テ''  !┴' |
     i { r、l l       '、  !         「くっ………!」
      ! iヾーl j       - '  !
     _j人l Tl    ー―,,'  ト- 、
    lく   Tヽ`ー- 、     l   〃
    ヽヽ  ! \ヽ、,-ミェ- くトi  〃
     >ヽ ヽ /7  ハヽヽヽl 〃、__
_, -‐ ''´  `´l  ヾ/  リ !  l! lヾく     `
       ヽ\ \   '  l /ィ7 '
 ̄ ̄ ̄ ` ー 、ヽ \ ヽ  /イ/    , - '
        l ヽ ヽl// レ  ,. -‐'´

715 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:46:01 ID:bov0KbVo
二316.



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |.
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |           「今必要なのは、責任の所在を彼女らに押しつける事か?
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!           違うだろう?
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_           国王への報告、王都とソロモン残り二つの防衛見直し、
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、        追っ手を差し向ける事が優先ではないのかね。
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__     ―――なぁ、ホセイ君?」
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これ以上の対応遅延は許さぬ、と暗に含ませた言葉に思うところがあったのか、
  汗を浮かべたホセイは部下の失礼を詫びた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                   r'~⌒            ヾ
                                _r"~               ヽ
                               / '´                  λ_
                              τ                     z,
                             ノ´                      〉
                             1'                       ζ
                             レi               ,          <´
                 .             ソ      , i ノ レ-ι'1_ノヮノν´ヾレ,   ノ
                              {      r' ,, -.、   ´     ,;'==;.L r'
                              ゝ    Ξ - ''"_'=-、 __ノ,,_∠_,,.  |r '、
                 .             ヾ、r'~ヽ〈   ヽ!二' "   .ヽ,゜‐,,,.  |lウ l
        「仰る通りです………           | ベl {. u ,,,       ヾ. ""ヽ./
         部下の監督が              ヽ ヽY   u    (     ,,.ノ     i
         行き届いておりませんで」           r'\-`      `"  ~´       ト、
                                |.ヾ, ヽ、 _     ___,,..ィ    i .r'┐
                               /´| ヘ_ r< i___ ´   _,,      / /ヘ\,=.、
                             l' ~'. ∧  .V |~ ' --i |         / i/ .ii/ハ ヽ`ト rヽヵ_
                          ,, r' 7  | .!   ヽ |   | ト 、,,... ----- '-'´ハ ,/イ  !  |. \ L\
                       , r' ~´,, -ヶ.  !     |ヽ   | |        ,,/ | ∧  !  |  L|_|_}、
                   _/_ r'´   |.   !.      | . \.| !`' ―-- 、 =/.  | 〈. |  !.  |/´  | \
                 ,,r'´\\      |   !       |. `〉 /.\ 、         | ノ ||  !  |    |  |
                 \ \ヽ \_,--、|            |  ヽ.ヽ  \        | !   |.  ! |     |  ヽ

716 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:47:04 ID:bov0KbVo
二317.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  すでに冬空は夕暮れに覆われている。
  夜闇に紛れられては追跡も困難であろう、と検問強化と集合を指示した領主は次に、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                           ,.-─‐‐ - 、
                                            /        `ヽ、
                                           /   , ‐-、      \
                                        /   / ,人  Y^ヽ     \
                                       j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                          l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                       \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                                         `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
             「リー団長に伝令を。                /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
                                         ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
             『王都騎士団と合流、検問強化後に          !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
              役所に集合するように』」                 `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
                                               |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                                             ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                           / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                                        __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                                   _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                                 //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                                ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久



                   ,.-===、、
                 /イ   ヽヽ、
                 :l匚ユ_____l
                 jΘ-|l__-‐l.l‐i|
                 リ ..ム\ 」∟i
                 ( ( ─,' ヽ'´ ム          「ハッ!
             ,,....___,,,〉-!、_O 只0),--- 、      直ちに!」
            ./  / / `'''‐‐,‐‐'' ̄ .| (   ヽ
            l / ./     /      ヽ ゝ、  ヽ
            l/  j  ,.-‐∧,     卜  \_|
           '゙Y Y/´    `゙'''‐-、_rイ / ̄`ヽ
            | イ    _,,....,,,,    ^ 'リヽ     ヽ
             ∟│ ノノー‐‐ヽゝ、   │  、___..,,/
            ..テ─レ' '´| | | | ヽヽ、__|   ヘ----`、
            にニ| ̄|-冂冂-|´ ̄|冂~l   i─个)
           ,'   |  |-凵凵-|   |凵 |    厂   )
           /   l─-' ̄ ̄ ̄l─‐l┌┘   |   丿

717 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:48:02 ID:bov0KbVo
二318.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  妖術師に町中で暴れられては大事になる為、
  優先されるべきは人民の安全、錫杖の確保は二の次と
  徒に刺激しない程度に留めてから、王都からの者達にも協力を要請したのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
     /       _,,ノ-、.,)、
    ./       /'   `ヽ\
    i     ,从iリ'      ヽ l
     l   r''' ヾゝ        i |.          「家屋の強制捜査などは行わなくて良い。
    .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
     !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!           ホセイ君達も疲れているだろうが、
    ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|           この町の者と協力して
    ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_          錫杖を持ったキル夫君の捜索を―――」
   /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
 /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
 ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
.  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



                                   ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                    |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                    /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                      { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                        ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                          |:: ハ  `     u         }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
 「………残念ですが、                            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
  すでにこの町には残っていないと思います」                ノ ノ' l心  `ー‐一`   u  ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                             |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                            リ ヽ u     ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                       __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                   ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r     u      / / |、:! ヽ、
                              ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                  l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                                | |      ヽ  \   ヽ        i   u        ノ /  ヽ、
                              、  | |       、   \   u       ノ        / / r   ``丶、



――――――――――――――――――――――――――――――
  走りずくめだったのだろう、
  全身に汗を浮かべているエルが突然割り込んできてそう言った。
――――――――――――――――――――――――――――――

718 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:49:02 ID:bov0KbVo
二319.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)      「エル、無事だったか。
  |     ` ⌒´ノ       ………やはり、すでに足取りは全く掴めない?」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く__,-ュ__ユ¨‐‐- 、_
   |    ___ 三) ` ヽ__  `-
    |    |       ̄    `ヽー、}



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  呼吸を整えるのを待ち、そのままじゃ風邪をひくだろうと手ぬぐいを差し出すと、
  頭から被った彼は初見の大勢を見回して頷き―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                _,.-'´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                              /___       \
                                            / ニ二______       ヽ、
                                            /,.イ´::::::::i::ヽ::\:::ヽ:`ヽ、      !
                                            | l::N::::::::!:::::\:::ヾ、\::ヽ.   i l
                                            l i::レ:::::::ハ::ヽ::::::::,ィ‐-、ヽ::i   l l
                                            | ノ:::::::::::ir‐t:、::ト、::::! {::)〉!::::l     l
         「ええ。                                  l ´i:::::::::::ト、_ソ  ヽ:!`‐´ |:::::l   i l
          あれほど目立つキル夫の目撃談が、                |ノ1:::::::::iゝ   、 _    リ!::l   l  !
          この館を出た直後から完全に途絶えていました。..    ! iハ::::::ヽ.     __    ノ,イi      l
                                            |  i:ハ:ト、::ヽ. ´ - ` /ノリ!   i  `l
          おそらくはこの近くに妖術師が潜んでいたかして、....   l  l! i ヽハ` 、 _,.イ   / |   l   }‐ィ、_
          テレポート  リコール・ポーテーション                      i     l   リV`ヽ.   /|   i  ノ/i   ̄`ヽ、
          転位の魔法や帰還の魔法で                    l    i   ,.イ   !  / i     i  l     / ヽ.
          キル夫ごと町を離れた可能性が高い」           |    l  (ヽ、  l  ,.-‐|   i  |  !    / i   i
                                            i      r‐'\\`゙__ ,.イi   l  |    /|  l   !
                                            |     _j    `‐--‐''イ/!  ソ‐、_l   / |   i  l
                                            l  ,.-‐'!  i /  \ // |  ノ   i   V   i   i  |
                                            レ'´i  ヽ l /         └‐'    ヽ、 !  l    l i
                                              l i   V!l                 ヽl  ハ   i |
                                              l !   i |                ゙i /  !   ! l
                                              l  i   l|     ー==- 、         l/! ,.ヘl   |

719 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:50:02 ID:bov0KbVo
二320.



                |/
          / ̄ ̄\    ̄
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |     「どちらもかなり高位の魔法だが………」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /      (相手の実力も知らずに判断出来る事じゃない、
      ./ ノゝ     /         エルはその妖術師に心当たりがあるのか?)
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



――――――――――――――――――――――――――――
  長距離の転位を可能にする理力魔法を挙げられて
  相手の実力を推し量ったやらない夫が気づいた様子なので、
  可能性の段階です、と彼にだけもう一度頷く。
――――――――――――――――――――――――――――



                                               ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                              i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                            i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                               !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                                  .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                               i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                              !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
    「ああ、もちろん聞き込みをした上での推測です。                 /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
     見逃した可能性や                                '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
     まだ潜伏している可能性もあります」                        `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                                  .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                                    ヽ、、      /::::    : //
                                                        i    ., '""'-、,,__.._ //
                                                       ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                               |.  ヾ、:/

720 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:51:02 ID:bov0KbVo
二321.



                          /:::!:::::::':,::::ヽ、:::::ヽ、:::::::::::ヽ、::::::::::::ヽ、::ヽ::::::::::::::::::::::::::フ
                          /::::::::::!::::::::::':;:::::::ヽ、:::::ヽ、:::::::::::ヽ、::::::::::::ヽ::::ヽ:::::::::、--く.
                          /::,':::::::::l:::::::::::::'::;:::::::::ヽ、::::ヽ、:::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::ヽ::::::::ヽ、:ヽ、.
                          /!::i::::::::::ハ::::::::::::::':;::::::::::::`ヽ、:ヽ:::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::ヽ、:::::::`ヽ、
                        //!::l:::::::/::::ハト、:::::::::::ヽ:ヽー、::::::ヽ::::ヽ、:::::::::ヽ:::::::::::::ヽ::::::ヽ:::ヽー‐ヽ、
                         l l::ハ::::;':::::|., =、::::::::ゝヽ. `ー,=、ヽ:::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::::\::ヽ、
                          !:l:::!:,!::::::K(:::::}ヽヘ::::ヽ. ヽl!l::::::::} )、:::ヽ:::::::::ヽ:::::::::::::、::::::::::ヽ`ヽ
 「………済みません。            !:l:::l:}::::::::!ゝニ彡! ヽ、、 ヽニ´彡 !:::::::!:::::::::::!::::::::::::::ヽー、:::::::\
  キル夫を捕まえる事が          !ハ::!:::::::::!. `´ /    `ヽ   ̄   ヽ::::lヽ::::::::!:::::::::::::::、:ヽゝ`ー‐`
  出来ませんでした」               }!:::::::::{.   ,'            l!:::!::::ヽ、!:::::::::、::::::ト、ミヽTー――- 、
                           ,.」!:ハ::::::ト、  ヾ ‐-          l:::!::::!:::::ヽ、::::::ト、:!. / ヽl
                           / l::! ',:::::',.  _ ___         }::i:::∧::::::! ヽ、ヽ /  /
                        /    !l ヽ::::ト、  `ー―`‐      /!:i:/ ヽ::::l  `ヽ/  /l   /  /
                          |    ヽ  ヽ::! ヽ、 ー‐      , '  !/   ヽゝ、 /  / l      / |
                        !    ',   ヽ.  ヽ      ,....'::::    !  ノ   ヽ! / ./ l      / ,'
                        〉、    ,       ヽ __,∠:::::__  , --、,-、    //  ll     /  ,
                  , -― 7´        ,           r―‐'´r‐' ´   `ー‐く/       l    /



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ       「それは私じゃなくてベッケナー公に。
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧       あと、コナタにもちゃんと説明してあげてね?」
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大口を叩いておきながら、と謝るエルに首を振った雪華綺晶の視線の先には、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

721 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:52:01 ID:bov0KbVo
二322.
――――――――――――――――――――――――――――――
  領主と同じ頃に意識を取り戻してはいたが、空中を見つめたまま
  遠目から見ても分かる程に震えているコナタの姿があった。
――――――――――――――――――――――――――――――



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
    ; l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.! ;
.    ;λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l;
     ; l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ ;
    ;j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ;
    ; |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l|| ;
     ;!::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|; カタカタカタ………



                                 ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                  |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                  /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                    { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
 「ええ、分かっています」                       ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                        |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                        |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                      ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
 (あんな状態のコナタを放ってまで行ったのに               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!、
  手がかり一つ掴めないとは………!)                  リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                     __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                 ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                            ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                              | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                            、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

722 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:53:02 ID:bov0KbVo
二323.
――――――――――――――――――――――――――――
  手短に報告をしてさっさとコナタの側に行ってしまったエルの、
  線は細いが背負う物がある後ろ姿を眺めていた領主は
  しばし考えた後にやはり検問を強化する事に決めた。
――――――――――――――――――――――――――――



                                 ,.-─‐‐ - 、
                                  /        `ヽ、
                                 /   , ‐-、      \
                              /   / ,人  Y^ヽ     \
                             j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                             \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                               `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
  「手遅れかも知れんが               /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
  検問の強化は行う。                 ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
                                  !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
  ホセイ君、役所まで一緒に来てくれ」             `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
                                     |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                                   ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                 / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                              __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                         _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                       //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                      ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久



                      、,,-‐'"^ ̄⌒⌒'ヽ-、,
                     ,,r^´             ^ヽ、
                    r'´                ^ヽ,
                  ,f´        ,r 、 、,r-ィ       )
                 (        >‐'~_,..; 、 "-t_,ノ、 i  )
                ζ   ./ノ  ζ  '´´__ヾ;_   ιrノ   }
                (    | ァ !  /´   (_u_`    、_;;ニ} /
                  {.   lゝ{  `)        ,,_ ',u_,`./ ノ
                ヽ   ヾ "´             `j  イノ´     「了解であります」
                `ヽ,, ノ´i             '"´   |
                  /   l        ――‐-、   j
               ,r‐メー―‐- 、,,__     、..,,__    /
              /         /-、,,__      /
               /         /`"' ‐ 、`,'‐-、r_'´
    __ ,,.. --―‐ ''"~^ ' ‐- 、 ,, _  /      |. | l'-r'!
. _r'"―- 、 ヾ、_____        ´`''‐-、,, / /./  |
/ `~~"'-‐'"´       ̄`' ‐-、,       `~ヾ!_,, .!,,_
      ヽ             `ヽ 、     ヽヽヽ  `'ヽ、,_
        \    、―--- 、 ,,,_  `ヽ 、  ヽヽヽ     `ヽ、r-、_

723 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:54:02 ID:bov0KbVo
二324.



                  _,,..,_,..;  __
                 ,,-: '"      `'ー‐┐ _
               /'´            ´ <
              _/"               `ヾ
            r'        _  ,            )
          /      _,/´,;;..、ヾr'7 _,      〉
             !'      ,.' "´,_ヾ.、.; ´ーr' ,.    /
           シ  ,:-‐、  r''  〈o__ヾ.、ノ; _ ,,,,;'┐ ,.イ
           〈 .i )、ノ }. `'' ゙`゙  ,,:: r。ヽ`/ r'´
          ヽ;|´ !;.ヾ'~        ._  ヾ';:/r '´       「騎士団!街路に整列!
           ,,..-/ヽ'    ,.. -‐:、_    ‐'' .i
            /  ̄__~" ''ー-、'`'^-‐、`_ -、  |           打ち合わせ後、
           / /<>=,<>‐7  r=ヽ.,,__  ヘ l  〃、_       自分とジェリド班の五名は先に王都へ戻る。
.         / `"" ''‐‐=:-r'` ̄ ''_l ,!__ ,,シ ./ヾ、>、      休息を取っておけ」
      ┌`''" ̄''"~´     /"= _,,ヾ、 //. ヽ
|、       ./       _,,... -ヘ,,___ ‐''´    `゙''-、,  ヽ
. |      /   ,,. -‐''´     /           ヽ、 ;
 l    /  /.´         /              ヽ,
  l   i /          i                ヽ
  l.  |,/              l                ト 、.._
    l. |                |               ,,;:: ''´
    |.            ''               __,,,.....



                     __
                  _ノ´   `ヽ、
               厂           `>、 _
                  ノ´             `> 、
            .,.イ                   `ヽ
            / /                        \
              〈 {                         ',
              ∨ヽ、   ⌒ヽ、                   l
            }  `     .,ヘ     }   __       l
             {         / ゞ    ノ ノ´  ` ,:      l
               ゝ、      /  {〃イ , - '"     ∨:    j
             ミ    /   ヽ !リ           ∨:  ,'
             ∨   ,'      {             ミ:  ,'
                 ∨ l <≧-.、,,_   {_,,、-≦千> j: ,'
               ∨lj  ー tァー ヽ ヾ"¬tァ ー  lヘ,'    「了解しました!」
               !K:!    ̄´   l     ̄´   j_)}
               l(l:!       j        |)/
               ∨j        ヾ;>         j イ
                 ヾ、      ______       /|:リ
                 リヘ    ´  ,,,  `  r‐<j、ノ,,,____
             ____| l|\          |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
              i´::::::::::::::リ| \ ____/|:.:.:/,、,、7:.: /
              |:::::::::::::::::::::|  ,、r─ 、____ /:.:.:ム゙'゙'/:.:./
              |::::::::::::/⌒/::::::::/::::::::::::く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
              |:::::::::///::::::::/:::::::::::::/´:.:.:.:.:.:.:>:<_______



―――――――――――――――――――――――――――――
  承諾した隊長の号令で、騎士達がぞろぞろと出ていって―――
―――――――――――――――――――――――――――――

724 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:55:02 ID:bov0KbVo
二325.
――――――――――――――――――――
  ようやく静けさを取り戻した庭園の中央。

  前に出たやらない夫が複雑そうに言うと、
――――――――――――――――――――



       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \
     |    ( ●)(●)
.     |     (__人__)       「………ご無事で何よりでした」
      |     ` ⌒´ノ
      |         }
   _./:l ヽ        }
‐''"´:/::::::|_ ヽ_  __ノ::、
::::::::: !::::::::l′     \ ,イ\
::::::::::l::::::::::l         /:`:::l:::::\
::::::::::|:::::::::::\     /:::::::::::l:::::::::\
::::::::::|::::::/\ヽ   l::ヘ::::::::l::::::::::::ハ
::::::::::l/:::::::::::o:ト .」::-:::::\::!::::::/::::l
:::::::::::::::::::::::::::::: l`ー'l:::::::::::::::::`::/::::::::l



                                        ,.-─‐‐ - 、
                                         /        `ヽ、
                                        /   , ‐-、      \
                                     /   / ,人  Y^ヽ     \
                                    j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                                       l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                                    \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                                      `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                                      /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
                                      ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
                                         !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
            「君達に、警護の延長と              `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
             日中対応の正式依頼を              |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
             相談しようと思っていた矢先に………      ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                                        / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
             出し抜かれてしまったな」         __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                                _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
                              //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
                             ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
                            /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i
                            /  /        ヾ.:.:.l |  //.:.:.:.:.:.:.:.:/             /     」



――――――――――――――――――――――――――
  肩をすくめたベッケナー公は上手くいかないものだな、と
  髭を動かして苦笑いを浮かべる。
――――――――――――――――――――――――――

725 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:56:02 ID:bov0KbVo
二326.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  防衛の主体は騎士達が担うべきだと思っていたとしても、
  今とは別の結果になっていたであろうその選択肢を
  自分の寄り道で潰してしまったやらない夫にはもはや、謝る事しか出来ない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',     「遅れてしまい………
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬      申し訳ございません」
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



                                            _,.r''" ̄ ̄ ̄~\
                                          /       _,,ノ-、.,)、
                                         ./       /'   `ヽ\
                                         i     ,从iリ'      ヽ l
    「過ぎたことは仕方が無い、                        l   r''' ヾゝ        i |.
     敵の方が上手だったと言う事だ。                     .|   i.    ゙ヽ,,    _ .l |
                                          !   i ー< ̄。)ノ~ r( ̄。)レ!
     どうやら騎士達の心証も良くないな、               ヽ,r‐、|    ̄   |~ ̄  リ|
     このまま君達を雇い続けるのは難しいようだ………」     ,.=l )、!l      .__」: )  ,ilノ_
                                        /  !ヾ.||   __,,,,,,,,>=',,,, iト-゙=、、
                                      /   `tゞ!  " r‐'"ニニ) ゙ ,il    \
                                     ,((    v' ト,,、    ̄~ ='  /,,!    //__
                                          ヽ\  |i  !"''ゞ,,___    /,,j'     /   \
                                     .  \ヽ i   !  "''ー"ニ''ニ'"彳!   //       ̄



―――――――――――――――――――――――――――
  街路に整列している騎士達をちらりと見やった領主に習い、
  視線を巡らせてみると―――
―――――――――――――――――――――――――――

726 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:57:02 ID:bov0KbVo
二327.
――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶は、錫杖を渡してしまった責任の重さに黙り込んでいる。
――――――――――――――――――――――――――――――



     _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
     》ゞそヅ/                        \乂v匕人
    ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
  ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
_)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
. / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
 l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |      「……………」
 }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
  \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
   ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
   / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
.  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
 / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
  /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )

727 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:58:02 ID:bov0KbVo
二328.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  重傷を受けたコナタは回復したものの、精神的な衝撃が大きいらしく、
  エルが落ち着かせようと必死になっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                            ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                      .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                      .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
                            ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
                             li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
         「コナタ………」             ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
                               ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
                                  ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                    ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                      l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                    ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                              ヽ ヽソ



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
    ; l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.! ;    「嫌い………
.    ;λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l;     魔法、嫌い………」
     ; l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ ;
    ;j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ;
    ; |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l|| ;
     ;!::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|; カタカタカタ………

728 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 21:59:02 ID:bov0KbVo
二329.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  アストナージは殺され、館は半壊し、メイド達も疲れ果てた顔で座り込んでいる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  _.,.
              .:.:::"´
              i.:.::
             j    . .:´
             {   .:.:´
             ノ  {´
            {  :.:.
             `ヾ: :..  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     ______ `:. :、、..||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三 `:.. .:: ||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __:.:....||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| }. ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|ノ|...||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄{. . ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三.ヾ. . ''>.l..、/゙||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   _: .: : ;;;'\_ ゛  二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|.! |.....| |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     ________..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-:|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''

729 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:00:02 ID:bov0KbVo
二330.



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :: ::|
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'/
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\



――――――――――――――――――――――――――――
  キル夫は敵の手に絡め取られ、護衛対象の錫杖も奪われた。
――――――――――――――――――――――――――――



                      ,.---ミ、
                      /     ム
                      {      }
                      V     リ
                      `||||___||||
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                        |/|
                         j-.!
                        ` ´



――――――――――
  それでも―――
――――――――――

730 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:01:02 ID:bov0KbVo
二331.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでも、まだ出来る事がある。
  歪められた流れを正しき方向へ戻すのに、何のためらいがあるものか。
――――――――――――――――――――――――――――――――



            ,. ‐―――――‐ - 、
           /            \
          /                    \
       /    \         ノ      .',
        /     ,  ゞ.._,, ー "   、    ',
        l     l {::::::::} l  l {::::::::} l     l
      . l     ` ー ' '  ` ー ' '      l
        l      /    .!    ヽ       l
        l      ヽ__/ \__/.       l       「―――あの!」
        . l      〈        〉       l
       .l        `ー――― '         l
        l                   l
       . l                   l
         . l                    l
        !                     !
        /!                    ,'^ヽ
       /{ |ヽ                 /| / \
     /  ∨| ヽ            / | /
   / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /
 /\   \  \        /   _ /
"ヽ  . \  ヽ  ` ー──一'   /
  \  \  \        //
  ,  ‐┬─‐'フ⌒ヽ` ー── ´ /
/    ̄ ̄     }  \     /
  /  ̄`ヽ/ ̄ ヽ   \
 /     /     | ̄`ヽ ̄ ̄/
./     . /      |    | ̄ヽ
      /     |   |   }



――――――――――――――
  双眸に燃えるは決意の炎。
  握りしめた拳は覚悟の証。
――――――――――――――



                         ,.-─‐‐ - 、
                          /        `ヽ、
                         /   , ‐-、      \
                      /   / ,人  Y^ヽ     \
                     j   /ヾ =jk' ,!;:::.:.``ー- 、   \
                        l   j , ≧≦イ、.:.:.___ _  \   \
                     \_ Yノ,ィニ ‐ ── ‐ -ュrQ、`ヽ  ,ノ
                       `フ´ / /   _/^`ヾ \_Y′
                       /__, - ─ rr '"´___,,  !   !j
                       ´`T´ゝ‘-'゙「j;;:.ゝ‘-'′ j ,イk !
                          !j   1 ;::.  ̄   j N ,リ
                         `!  ,rゞィー-、、   i レ /!
     「ん、なんだね?」             |  '´ー=ニニ>ゞ゙j  ノソ´1
                           ト、   ー-''   ,イ;::_」_
                         / ,ハ、,,,_ _  __,,ノ,」┐   |
                      __」 「ニ Y、 二Y二フ-‐' ┤   l
                 _ ,、-‐'"´.:.:.:.:.ト、| | |     //.:.:.:.:.:.|    L ー- 、 _
               //,r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ! | |ー 、  /i !.:.:.:.:.:.:.|,.-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``ー-rrァ、
              ,//j」、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽj 」ニニニニソ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,f// 久
             /'´      ̄``ー 、.:.:.:.:i 「 ー-//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-─── ‐ ─ ‐-y'ー'  ゙i

731 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:02:03 ID:bov0KbVo
二332.
―――――――――――――――――――
  その言葉は、英雄の誓いに他ならない。
―――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : : :ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_|
./:/V   l              ,‐-,.._ ゞ
.V.     l              l 弋心 l
.     l              冫.ー く
.     l               l    ノ!     「錫杖は必ず取り戻します。
.      l               `ー‐ f r'      お約束、します」
     l                  ノ'
     !                     /
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

732 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:03:02 ID:bov0KbVo
二333.
――――――――――――――――――――――
  ところが。
  アストナージの家族に説明に行かなければ、と
  気の重いベッケナー公から返ってきたのは
――――――――――――――――――――――



             /       / / ,.-'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛ヽ-、   `、
             ,'       ,' // ,'´               ゛!    l
             ,'      ,ヘ(/ノ                   l   |
           ,!     /                    `ヽ  |
           ,'     ,'                      } |
            l: :    'イ                       |  l
            |: : :     /             ヽ             | ,'/
            |: :/´ヽ、 i   ,. -――--- 、  ノ            リ,'
           ∨/´ヽ| ,'  ´ _ "´ ̄`゛ヽ, `"  /―--―-、   ,'/
           ! / /,' |  ;;;'''      `  ''  ,'( '"´ ̄ヾ   /ヘ       「………ハハハ。
          /', ! l| l                 l ヽ     =   lィ l        まぁ、頑張ってくれたまえ………」
          /.:.:.:.!ヽヽ`! ノ              l   l      ,'l ,'
     ,. -'"´:.:.:.:.:.:i l (ヽ_≦              , -、_ノ '´      ,'//
  ,,-'": : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽゝ:.:.彡    , --―- 、,,,,`‐''´__     ,'ン'^ヽ、
 //: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : :.:.l´|    "´´, ̄ ̄`""  ヾ―‐-゙ヽ  /:.:.: : : : \
//: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.,|: : :.:.:.:| ',      ´ ̄`ヽー――‐,=-ィ     /!.:.:.:.: : : : : :\
/: : : : : :.:.:.:.:.:.:.:./:.:./,'   :l i           ` ̄ ̄´      //:.:.:.:.:.:.: : : : : : :\
: : : : : : : :.:.:.:.:.:.,'/     ヽ,,'',,         "゛      ,' i:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : :\
: : : : : : : : :.:.:.:.,'       |  ヾ、"ヽ,,            _ / /:.:.:,.--、: : : : : : : : : : : ヽ
: : : : : : : : : :.:.:|         ヽ   ヽ、`ヽ、__,,_       _// ̄ヽ/:::::::::ヽ.: : : : : : : : : : :ヽ
: : : : : : : : : :.:.:|       ヽ    ヽ,,_,,_ ゛"` ̄゛_,!:::::/::::::::::::::::/.: : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : :.:.:l        ヽ       `゛^´ ̄´  |::/:::::::::::::/::::!/`ヽニニニニ'''



――――――――――――――――――――――――――――――――
  気休めをありがとう、と期待していないのが丸わかりの冷えた声だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|             ,/    |      \
    |            |     |     |
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ

733 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:04:03 ID:bov0KbVo
二334.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでようやく、先程からずっと感じていた苦みが何なのか思い出せた。

  その苦みは冒険者の自分の、存在の軽さ。
  言葉の軽さだと言う事を―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i      (ああ、そうだった―――)
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  後ろ盾のない自分の言動など、綿毛や羽毛程度に浮薄。

  前に居た国であれほど皆に受け入れて貰えたのは、
  偏に大きな信頼を寄せてくれた親友の父や上司、王位継承者の存在があってこそ。
  もう一つ前に居た国で自由に動けたのは、共に居た王族の存在があってこそ。

  本来、十八歳の冒険者はこれほどまでに軽いものなのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

734 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:05:03 ID:bov0KbVo
二335.



       ,,;;;-―'''''"'ヘ;;;;,,,
      /      _,,ノ-、.,)、
     i    ,从iリ'    ヾl
      l  r''' ヾゝ      ||
.     |  i.   ___゙ヽ,  ___ .l|
      !  i -< ・>ノ~ r<・>ii      「もう行きなさい。
     ヽ,r、|   ""  |~"" iノ      今日まで、ご苦労だった」
      !ゞ|   ,,,,,,,_ ソ;;,,,,_ i
   / `ゞ!     r‐'"""y;; /
  ,((    i ト,,、   ̄二"';./
   ヾヽ  | ヾ"''ゞ,,___,,,,,ノ;;"
.    `i i  !  """'''''''''''''"



―――――――――――――――――――――――――――――
  契約金の話はない。
  証を奪われた責を、それで不問にすると言ってくれているのだと
  察したやらない夫はただ頭を下げ―――
―――――――――――――――――――――――――――――



                                                     / ̄ ̄\
                                                  /  ヽ、_  \
                                                 (●)(● )   |
                                                 (__人__)     |
                                                  (`⌒ ´     |
                                「お力になれず、   .     {           |
                                 残念です………」       {        ノ
                                                   ヽ     ノ
                                                   ノ     ヽ
                                                    /      |


 
 
753 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:20:09 ID:wAxWZ386
ベッケナー公は流石領主って器だなぁ・・・

735 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:06:03 ID:bov0KbVo
二336.
―――――――――――――――――
  後ろにいた雪華綺晶を振り返る。
―――――――――――――――――



   !:::::::::::::::::::::::|          |:::::::::`‐-、:::!
  |:::::::::::::::::::::::l           |:::::::::::::::::::::::|
  i:::::::::::::::::::::::l             !:::::::::::::::::::::::l
  l::::::::::::::::::::::!            |::::::::::::::::::::::|
 /:::::::::::::::::::|               !::::::::::::::::::::l          「―――失礼します」
/_::::::::::::::::::::!                |:::::::::::::::::::|
ヽ、:::、:::::::::l                  i:::::::::::::::::::!
、ヽ、ヾ、:::|               |:::::::::::::::::::|、
:::\::\:::ノ               l::::::::::`ー==!
ヽ、:::ヽ:::!                  ヽ::::::::::::::::::::|         ザッ
 /`ヽ__/                  i:::::::::::::::::::l
 ̄´ ̄ j                   |::::::::::,ィ'=弌!、    ―≪(_  .:
¨ ̄´                    ヽ_ノ !ノ tf==、       \.,し
                        iニ`ヽ〃/  ̄`ヽ_       V
                           `ヽ、_゙ー‐‐'")      }
                                       /
                                     /
                                  ―≪´



―――――――――――――――――――――
  ―――未だ存在が軽くとも。
  言葉が軽くて、届かない事があったとしても。
―――――――――――――――――――――

736 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:07:05 ID:bov0KbVo
二337.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  この国で今はそうだとしても―――
  月下に立ち、宣言したのは英雄の素質を持つ男。
  場所が場所なら、すでに英雄と讃えられる道を歩んできた存在なのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――


       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,


                        __
                       _/_,,.......,,,,..ヽ_
                 .,,i_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
                   /;;|   (●)(●)|              /勹
                     |;/|   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                  / lヽ     /    /`弋ll         「俺は錫杖とキル夫を取り戻しに行く」
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、?ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|

737 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:08:02 ID:bov0KbVo
二338.
――――――――――――――――――――――――――
  それを受け、当然のように雪華綺晶は同行を申し出る。
――――――――――――――――――――――――――



      __     _
  ,. ,. ´  / ̄>t=ヘ_/ムイ-    ―- __  _
//    /   イ{し}V≠  ̄     == ⌒しイ¬キ―‐、
/     ./ />┬そ__        __,.. {{ 乃ノ i ハ
     / 〃 t(⌒´  ̄          ̄   ヾ一;、/ | ,
.    /   {し_)     /  i         ヽ   ノイ  ′ !
    /    /./ / / 〃     ハ | i  ∥   ゙,   ∨ /  j|
  /  / / , ,  ″: | |i  Ⅵ| |∥ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥ |! | |  /' |  ||
   /   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/  /  |  ||
 /   /| ∥ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|       「私も行く。
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l        剣は無くなっちゃったけど―――」
      //  | 下 乙  ,._    / /? |  |     |
      /__/  イ  |{>‐、 `    / /l | |  |   |
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l      (君一人に背負わせるつもりなんか、ないよ)
    .′| ヽjし―<  ー┘ Y´  / //   | |  |    |
  厶イ  丿   {_r<l 〈_  ;′ ト \ |┌ 、  |       !
/´     〔__r┬ 、 /゚厶 く__ イ |  | `ー┴' |         l
| ∧     丿 ,.У゚く ̄\   7|  |」  てヽ..ノ         ?
ヘ| ヽ  /   ー' ̄)ニ、 ニマ ゚ハ  '、_丿\         !
     /       (__r‐, >く゚/ ヽ  \   ___ヽ ̄\     l
  _r―y′          (__〉 <jヽ__)>、  `<_〈!  丿     l
/   /             >-、丿` ー―-- ニ ー      、
   |         /⌒ヽ_厂 ̄/         | \ ̄  `  、 ヽ
\__广 /7Tヽ   〈       /\       //    ヽ   \ \ \
     ゝ_/ ∨__,ノ      /| | ヽ    〈      '     ',  \
' ̄厂  /rヘ         / | | }┐   /        |     |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  肩代わりしようとしてくれている気持ちはとても嬉しい。

  だが、何の力も持たない町娘ならいざ知らず、自分は戦う力を持つ冒険者だ。
  ならば共に行かずしてどうしろと言うのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

738 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:09:03 ID:bov0KbVo
二339.



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)      「雪華綺晶………」
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



―――――――――――――――――――――――――
  もちろんやらない夫は複雑そうに片目を閉じたのだが、
―――――――――――――――――――――――――



                             / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
                           ./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
                               /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
                               //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
                               ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
                             /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
                           _/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
                            /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
   「待っていられる性格じゃない、よ?」.  ´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
                                    / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
                                  /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
                                 /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
                              , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
                            /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
                           __ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
                              ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
                           ´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
                               /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
                           、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
                           ´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  言い合いも辞さないよ、と不敵に笑う彼女を論破出来るとはとても思えなかった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

739 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:10:02 ID:bov0KbVo
二340.
――――――――――――――――――――――――
  だから、指を一本立てて交換条件を出す事にする。
――――――――――――――――――――――――



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |     「なら、一つ条件がある」
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



                                               ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
                                         _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
                                        ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
                                        l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
                                        l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
                                        l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
                           「条件?何?」    ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
                                      . // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
                                      //,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
                  (後衛に徹しろって事かな?)   イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
                                        /,,_   }li ゝ、i, ))    。   . lil .li l i ,l .{
                                       l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
                                          ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
                                         /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
                                         7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l

740 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:11:03 ID:bov0KbVo
二341.
―――――――――――――――――――――――――――
  あれほど悩んでも見つからなかったこの剣を渡す理由が、
  今ここで生まれた事にやらない夫は驚いたが―――
―――――――――――――――――――――――――――



  O
  ((@))
   ト彡ヽ
    ヽ彡 、
     ヽ彡ゝ__ ___ ノ}          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      )rk´∥nて`-´.           |  この剣を自分の物として     |
     r=‐X)).Y |´           |  使ってくれ。             |
  _ xイ彡チキ.、:::|ヽ|           乂______________ ノ
    ̄  ̄ \`i`' ヽ
         ヽ ミ:ヽヽ
          ヽ ミ:ヽヽ
           ヽヾ.ヽヽ,
            ヽヽ ヽ.' ,
             ヽヽ. ヽ\
              ヽヽ. \ヽ,.
               ヽヽ. \' 、.
                ヽヽ. .ヽヽ
                 ヾ \', ハ
                   \ ゝ |
                    \ヽ |
                     `丶



―――――――――――――――――――――――――
  これも、様々な選択が絡み合っての結果に違いない。
―――――――――――――――――――――――――

741 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:12:02 ID:bov0KbVo
二342.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  戦術でも立ち位置でも、心構えでも何でもない条件と差し出された魔剣。
――――――――――――――――――――――――――――――――



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ     「…………」
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―‐ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i      (まさか―――
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zブ ,  i   i!  │       それで悩んでいたの?)
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ'     ' 冖` /  |   |   !
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '      /,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{  ゝ.   ´=`    イ /   リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ  j⌒}r、  -  <iム,'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \  ⌒)__r- '^Y´ 7 ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.)     ))   ム  i ヽ      `ヽ、  .!



――――――――――――――――――――――――――――
  全く、女の勘という奴は恐ろしい。

  それだけで購入時に何を悩んでいたのかを知った雪華綺晶は
  じっと彼の目を見つめるが、
  困り顔のやらない夫は視線を逸らすと
  縋るようにバンダナに触れてもう一度繰り返す。
――――――――――――――――――――――――――――



                                    ―― 、
                                 / 〉´.,,,,,-----,,,,...ヽ_
                                / /_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|
                             / //〉  ( ー) (ー )  l
                              l  ´ イl   (___人___)  l
                    .        l    iYl    ` ⌒ ´   l
                    .       /   ハ !.!          !
  「その剣を使ってくれ」            /  /  ' ヽ           /
                           l   // 、ゝ       / ヽ_
  (気づかれた、か………?)      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
                    .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                    .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
                        / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                    .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                    .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                      /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !

742 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:13:02 ID:bov0KbVo
二343.
――――――――――――――――――――――――――――
  二人の間に微妙な緊張が満ち、
  先に解いたのはクスッと笑って剣を受け取った雪華綺晶だ。
――――――――――――――――――――――――――――



                         / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
                       ./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
                           /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
                           //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
                           ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
               ・ ・ ・            /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
 「―――分かった、借りるね。     _/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
                          /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
  折ったり無くしたりしても、         ´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
  恨まないでよ?」                     / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
                              /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
                             /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
                          , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
                        /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
                       __ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
                          ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
                       ´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
                           /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \



        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|              「いえいえ、決して恨みません」
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./               (ほんと、適わないな)
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ただ、受け取ってくれはしたが、
  その笑顔にも言葉にも含まれているものがある。

  顎に手を当てたやらない夫にはこの先もやられっぱなしの予感があったが、
  それも良いか、と享受する気持ちが生まれていたのも確かだったりする。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

743 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:14:02 ID:bov0KbVo
二344.
――――――――――――――――――――――――――
  と、やり取りが終わるのを見計らって、
  エルとどうやら落ち着いたらしいコナタが声をかけてきた。
――――――――――――――――――――――――――



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'     「すみません、こちらも落ち着きました」
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



                 ,. ‐,ニニ丶、
            //´   `ヾ:
            j.:/
            {:{          _,.,
             ,. -:`: :": ̄:゙゙: :'':‐- :'": :|
         /: : /: : : : : : : : : : : ; : : : :「 ̄二: :_‐.、
       , ': : : :/:./: : : : :,: : :.ィ::!: : : : j: : : :`ヽ、``丶、
        ,': : : :./, ':::; : : : :./: :, ':|::!: : : : ;{: : . . 、 ` 、
       i: : .:: :,!':::::/: : : ;/: ; '::::::!l: : ; : :ハ: : : : :、: : .ヽ
        !: : :::/::::::/: : :7フア'‐::::::l!: /: :.,'_;;;j: l: : : ヾ::、: :゙:
      .|: ; /::::::;,': : :/_l/___::::::j.:/ : /::::::::i:.|: : :i: l`ヾ: :l
.      ,!',/:;:イ,': :./!{T示干':::::;!/: :/ィ夫ォキ|: : :l: :!  ヾ}
      /イj/:/_|:!: /::|::.!_ l|::::/イ:./::l_ l | lハ{: : :{: :|
     / !: :゙ ' ||;/::l:|:::ヽ-' .::::::::::!/:::::iー' :::!:l'|: : ハ:|    「……………」
       .!: :: ゙l'||:::: i:|::  ̄    '′  ̄ ・l::l !: ,' ゙:,!
       j: : : l::l :::: :i:ト,、      ,,  _,..ィ:.|. |/
      /: : :/::;l ::: : iヘ. ` 7 、-‐ァ:'/|:l::::: :|
     /: : ;!く . l: :: : :i.゙:、 い`ヾ、/ |:|:: : :|
     /: :./\\.!; ; ; ;.i ゙:、-┤ || ト.||: : :.|
     /: :.{'^ヽ ヽ.ヾ: : : :l ゙:、 |  || |ハ|: : :.|



――――――――――――――――――――――――――――――
  見ればコナタの表情は今朝に比べてずっと暗く重苦しい、
  まるでやらない夫が来る前の日にまで戻ってしまったかのようだ。
――――――――――――――――――――――――――――――

744 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:15:02 ID:bov0KbVo
二345.



                                                    / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                          「コナタも無事で良かった。      (__人__)     |
                                                 (`⌒ ´     |
                           具合はどうだ?        .     {           |
                           怠いようなら霊薬あるぞ」        {        ノ
                                                  ヽ     ノ
                                                  ノ     ヽ
                                                   /      |



              ,..::;ニ=-、
              i::/     、
           ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ
         /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
        /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
          l:/::;'::::'オ/|::|:::/:廾!::::::::::゙:.ヾ:、
        ,!,イ:::::/ !':|:l::l::/::::::lハ:::::|;;::::l
         /i:::::!::/iTニT::,!;':::イニリ,!:::l`、:|
          !:(|:'!::l::゚‐':::/:::::::゚‐:!:}::!  ゙!   「………平気」
          |::::M::::!、   _   .ィ:i!リ
          |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|
          !::::|x<!:l  |―| ,l:::|:::!
        l::::::;!ヾl:トミヾ、l〃!:ハ:|
        ,':::::::|  ヾ>ミV∠}′ i|
         l::::::::{ ,r=-=ニL._〉,ノ l|
       ,!:::::::::l      |l!l!|´   |!
       !:::::::::::ト、   |< _/:|
        !::::::::::::゙7ー イ丁´「 〈::::::|
        l::::::::::::/ l  | |  l ゙、::::|
       l::::::::::/ l.  |  |  l  ゙、:|



――――――――――――――――――――――――――――
  ただ、話しかけられれば返事をする余裕はあるらしい。
  なら時間が解決してくれるだろう、と彼女から視線を動かすと、
――――――――――――――――――――――――――――

745 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:16:02 ID:bov0KbVo
二346.
――――――――――――――――――
  早速ですが、とエルが本題に入った。
――――――――――――――――――



                                                  ,ィ
                                                /  ,// _、-
                                            , '/ /‐'::::,、ン'/
                                         , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
                                          _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
                                      r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
                                     /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
                                    /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
                                    //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
                                     !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
                                     /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
 「それで、提案なのですが。                    /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
  私達も同行させてもらって良いですか?           /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
                                 _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
  戦力としてはやらない夫や雪華綺晶の     ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  足下にも及びませんが」             / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
                             ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
                             ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
                             、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
                           .  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
                           .   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
                              i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
                           .   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
                               ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
                               iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)       「いや、精霊魔法や盗賊技能は
   |     `⌒´ノ        喉から手が出るほど欲しい、
   |   ,.<))/´二⊃        願ってもないが………何故?」
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

746 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:17:03 ID:bov0KbVo
二347.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  金銭的理由もないのになぜ、と言うやらない夫の疑問は当然なので、
  ここまで来て隠しておく必要も無いと
  エルは自分達の目的が妖術師である事を告白する。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                    ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                     |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                     /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                       { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
 「私達の目的はキル夫でも錫杖でもありません、           ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
  ティターンズの妖術師です。                         |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                           |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
  二つの件の協力をしますので、                     ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
  妖術師の件も協力してください。                         |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
  それが条件です」                                 リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                        __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                    ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                               ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                   l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                                 | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ         「雪華綺晶、良いか?」
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;            (やはり、妖術師狙いか。
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、         どうやらかなり高位の術者のようだな)
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  どちらにせよキル夫、錫杖を狙う限り妖術師はぶつかるであろう相手だ。
  避けられないのであれば共闘した方が良いだろうと考えたやらない夫が意見を問うと、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

747 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:18:02 ID:bov0KbVo
二348.



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―-ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i      「もちろん。
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zzン /  i   i!  │                     ミュート
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ       ̄ /イ |   |   !      ああでもエルは、どこでも静寂が使えるように
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '     / ,.'z |   |   八      コントロール・スピリット
  \ 彡 /,'   |! !i{ ゝ、   - -_--  ./ /  リ   j ./  ヽ      精霊使役  でシルフを手元に置いといてね?」
    } / /   ∧ ヽ   }ト、      イ ,.'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \⌒}r、>-< i ム{ ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.) ⌒)__r- '^Y´ 7  i ヽ     `ヽ、  .!
   ,.'    ,.'  リ  ├ー'´     ))   ム ,∧  }       \,'
.  /    r=、_./_} !_     (  __   _ノ⌒i!   ヽ     Y
 /  /  /   ´ >i ̄`ーtt=''´ ̄`''tt=ーイ ⌒ヽ,, - 、ィ \   !
.,'  ,.'  /      | .!   jo!>Ⅹ<joi  } ト、   Y    V   ヽ. /
  {  /         ! ト、  ⊥ ヒニ=ニイ⊥r 人  .ノ     i     乂
  {!  i        | | `ー'⌒ヽ、__,ィ⌒ソ ,人        V     ヽ
  Ⅴ .|         | |   i   |!   / /⌒Vv/      }\    }



――――――――――――――――――――――――――――――――
  もう言い合いはご免だよ、と頷いた雪華綺晶は一つ条件を出し―――
――――――――――――――――――――――――――――――――

748 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:19:02 ID:bov0KbVo
二349.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  急にいたずらっ子の様な表情を浮かべると、とんでもない代案も出した。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                                         ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                         / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                        i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                        ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                       .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                        li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
          「それか、風の精霊石でもいいよ?」        ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                                        ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                         !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                        ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                        //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                       / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                                     / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                   / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                                  /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                                 ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、



            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ      「買えたら誰も苦労してません!」
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  精霊石は自然界の産物で、それぞれの精霊の力が宿る為に
  どこでも精霊力を利用する事が出来る精霊使い垂涎の品であるのだが、
  産出量がごく微量でお値段が超絶とんでもない。

  故に、エルが金切り声で否定したのも当然だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
750 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:19:46 ID:WSMYr/rU
持ってそうなのが側に居るがw

749 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:19:45 ID:Pv6KDiNQ
ない夫なら余裕で何個か持ってそうだがw

752 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:20:07 ID:J4gCTxv2
ブルジョアのターン!

754 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:20:15 ID:L8hFIpgo
買える人がそばに

756 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:21:12 ID:7E/XT2mo
一気に合いの手ワロタwww

757 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:21:45 ID:Pv6KDiNQ
>>756
だって……なあ?

751 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:20:02 ID:bov0KbVo
二350.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その場には精霊石の一つや二つ、買おうと思えば買える富豪も居たが
  あいにく荷物には無かったし、
  今すぐ買おうと思っても店頭で販売されている部類でもない。

  精霊魔法は対魔法使いに効果的な魔法が多いとは言え、
  理力魔法にも対抗手段がある事から、頼りすぎないように注意する必要があるな、と
  心に留めておくだけにしておいた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |     「精霊石は俺も持ってないなぁ………」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /      (相手が相手だ、精霊使いが混じっていると分かっていたら
      ./ ノゝ     /        サプレス・エレメンタル  ニュートラライズ・エレメンタル
      i レ'´      ヽ        四大制圧の魔法か  精霊中和の魔法 をされるかも知れないし、
      | |/|     | |        慌てて買う必要はないか)



                               ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                  { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                    ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
   「上位精霊は希に喚べる程度ですので            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
    余り期待をしないでください。                 |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                    ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
    それから………」                           |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                        リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                   __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                               ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                          ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                              l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                            | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                          、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、

755 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:21:02 ID:bov0KbVo
二351.



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'    「戦力の偏りも著しいですし、
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       指揮はやらない夫に任せます」
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y                         ,..::;ニ=-、
     /            ー┴、                       i::/     、
.    /               |                       ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ
   /            \     |、                    /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
    i   /        \     ハ                   /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
    |  /          ヽ   |                   l:/::;'::::'オ/|::|:::/:廾!::::::::::゙:.ヾ:、
    |  ,'             }  |                  ,!,イ:::::/ !':|:l::l::/::::::lハ:::::|;;::::l
                                     /i:::::!::/iTニT::,!;':::イニリ,!:::l`、:|
                                      !:(|:'!::l::゚‐':::/:::::::゚‐:!:}::!  ゙!
                                      |::::M::::!、   _   .ィ:i!リ  コクコク
                                      |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|
                                      !::::|x<!:l  |―| ,l:::|:::!
                                      l::::::;!ヾl:トミヾ、l〃!:ハ:|
                                      ,':::::::|  ヾ>ミV∠}′ i|
                                     l::::::::{ ,r=-=ニL._〉,ノ l|



               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|    「え?
        r、      |   ` ⌒´  .|     仲間なんだし、対等で良いじゃないか。
      ,.く\\r、   ヽ      ノ     意見を出し合って………」
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´



―――――――――――――――――――――――――――――
  年長者で思慮深いエルも居るのに、と突然の申し出に戸惑うと、
―――――――――――――――――――――――――――――

758 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:22:07 ID:bov0KbVo
二352.



       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',       「また戦場で言い合いもご免ですし。
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',       ですよね?」
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l
           /    /   /          ', ', 'i
          /    '   /            i. ', l



―――――――――――――――――――――――――――――
  襲撃の際に一悶着合った二人の間に、ピリッと火花が散った。
―――――――――――――――――――――――――――――



            , ィヘ ̄>y‐ァ-─ -、 _
            |/ 〈(薔)Y⌒ヽ      ``丶、
           / /( >‐< , /   !         \
         / // こ) / /  ! !        ((_/⌒Y⌒ヽ
          /  l/ , / / /   ! !     |  |   i| /Y ニYi i
       /   / // l/i /  l ,! ,  |   !   ||.:i 人式i| |
        /   /   ,イ /   l  )/   l  /   / l|::|! /^Y^i |
      ,/  / 1 !(( /  ,rr=' l/  /l  /  / / l::|  _ノノi |
      /  /  | |:.:〉こ二仆 l /1 / l /  / / |.:|(( _ ノ  |
    ,/ /   | |:〈{ (Y) ) )}l/ l / ─‐- 、./ / /^i^7     |
    / /     〉トト、ト、こ ニソ::::::::::::::r==ミ、 ヽ| ,/ / |/     ,′   「そうだね。
   ,/ /     // V^l/ ー‐'′::::::::::::{ ,f○} 〉i::/ / /   , /      やらない夫が適任だね」
  / /     //  l{ _)           ゞ‐‐ < :/ィイイ /   / / |
 ,/ /    //  |,.ヘ   ヽ _,      /   / /   / / .!
 ′/   人//  /(⌒) 、          ,.ィ:/   / /   / /  .:|
  / /    >イ   入L1 >‐──一<⌒/   / //!// /  . :.|
 _/    (  〉二ニ   / ⌒Y⌒ Y /   ,/ /  |/ /  .:.:::::|
        Vr‐-,  , 人_人_人/   / / ~~\ .:.:.::::::|
         ).::<_ノ入 _ _ノ入_/   //´        ヽ:::::::::|
   ─ <⌒Y´.:.:/。゚ /´ ̄`7弐く7 /   //           `,::::::|


 
 
761 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:24:11 ID:bfFsuUN2
きらきーさん 怖いですよw

759 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:23:02 ID:bov0KbVo
二353.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  少し迷ったが、幸い自分は父の教育のおかげで知識や戦術論をそれなりに備えている。

  何かあったら遠慮無しに意見を述べて欲しいと前置きをしてから
  その役に就くことを了承した彼に、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : : :ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_|
./:/V   l              ,‐-,.._ ゞ
.V.     l              l 弋心 l
.     l              冫.ー く
.     l               l    ノ!
.      l               `ー‐ f r'
     l                  ノ'      「ただ、言いたい事があったら
     !                     /       どんどん言ってくれな」
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                  ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                 i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                               i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                  !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                     .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                  i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                 !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
       「差し当たっては、                   /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
        何処に向かいますか?」            '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                     `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                     .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                       ヽ、、      /::::    : //
                                           i    ., '""'-、,,__.._ //
                                          ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                  |.  ヾ、:/



―――――――――――――――――――――
  早速、試すようにエルが目的地を聞いてくる。
―――――――――――――――――――――

760 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:24:02 ID:bov0KbVo
二354.



                       , -、
                  , -   / /
       / ̄ ̄\      / ノ/ /
     /ノ \_  \    / / /`ヽ
     ( ●)( ●)    |   {    (__/}
    (__人__)     |   {    (__/}
     (`⌒ ´     |   /     (__.ノ
      {        |   /   ,;-ー'´
      {         /  . /  . ノ        「王都か、ティターンズの本拠地か迷ったが、
       ヾ      /  / ./          王都に向かおうと思う」
       ソgヘ二ニ=7./  /
      ∧ii/ oィ/厂  /
     / .|//=≠. r'´
     l  |。     `~/
     /  |。      /



――――――――――――――――――――――――――
  これには間髪入れず、北西の夜空を真っ直ぐに指さした。
  彼の中では行くべき場所がすでに決まっていたのだ。
――――――――――――――――――――――――――



                                         ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                         / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                        i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                        ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                       .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                        li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
                      「その心は?」          ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                                        ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                         !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                        ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                        //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                       / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                                     / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                   / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                                  /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                                 ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、

762 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:25:01 ID:bov0KbVo
二355.



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       「盗賊ギルドなり、なんなりに尋ねれば
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ        奴らの本拠地がどこかはすぐ分かるでしょうが………」
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ                (まぁ、四人で踏み込むのも馬鹿のする事です)
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



――――――――――――――――――――――――――――
  キル夫、錫杖、妖術師の三つを追うのであれば
  錫杖が持ち込まれるであろう本拠地が優先のはずだ。

  何故王都を、と解説を求めるエルに腕を組んだやらない夫は
  自分の考えを告げ―――
――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;                「時間が無いのか分からないが妖術師が表に出た以上、
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、             残り二つも強攻策で奪いに来る可能性が高い。
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_           なら、確実に来るであろうどちらかの町で待つべきで、
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ         ここから近いのは王都の方だ」
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}

763 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:26:01 ID:bov0KbVo
二356.



                                ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                 |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                 /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                   { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                     ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                       |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
    「………ああ、なるほど。                    |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
     まずはキル夫を助けたいんですね」           ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                          |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                         リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                    __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                           ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                               l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                             | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                           、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルはそれだけで、襲撃の場に居たいと言う彼が何を考えて居るのかを察した。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



              ,..::;ニ=-、
              i::/     、
           ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ 
         /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
        /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
          l:/::;'::::'オ/|::|:::/:廾!::::::::::゙:.ヾ:、
        ,!,イ:::::/ !':|:l::l::/::::::lハ:::::|;;::::l
         /i:::::!::/iTニT::,!;':::イニリ,!:::l`、:|
          !:(|:'!::l::゚‐':::/:::::::゚‐:!:}::!  ゙!   「?」
          |::::M::::!、   _   .ィ:i!リ
          |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|
          !::::|x<!:l  |―| ,l:::|:::!
        l::::::;!ヾl:トミヾ、l〃!:ハ:|
        ,':::::::|  ヾ>ミV∠}′ i|
         l::::::::{ ,r=-=ニL._〉,ノ l|
       ,!:::::::::l      |l!l!|´   |!
       !:::::::::::ト、   |< _/:|
        !::::::::::::゙7ー イ丁´「 〈::::::|
        l::::::::::::/ l  | |  l ゙、::::|
       l::::::::::/ l.  |  |  l  ゙、:|


 
 
764 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:26:29 ID:7E/XT2mo
コナタ同様「?」だな

と、コンスタントに合いの手w

765 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:27:01 ID:bov0KbVo
二357.



                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!     「そうだ。
      |         }/  .::::::::::::::::::::/      人前で利用された場合、遅くなればなるほど
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/       キル夫を助けられる可能性が下がる」
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



―――――――――――――――――――――――――――
  命を助けるだけではない。
  社会的な立場をも助けようとしているやらない夫の考えに、
  雪華綺晶もようやく話が見えた。
―――――――――――――――――――――――――――



                                _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
                                》ゞそヅ/                        \乂v匕人
                               ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
                             ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
                           ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
                           _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
       「確かに、王都強奪に        . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
        利用される可能性は高いね。    l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
                            }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
        そして、洗脳されているとは     \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
        誰も知らないわけで………」       ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
                              / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
                           .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
                            / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
                           ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
                             /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )


 
 
767 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:27:52 ID:Pv6KDiNQ
洗脳を解ければ戦力として加えることも出来るねえ

768 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:28:08 ID:bov0KbVo
二358.



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',      「それもだし、 洗脳されているからと言って
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬      やってしまった事が消えるかどうかが分からない。
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l     前例を殆ど聞いたことがないから、
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!    余計な事をさせられる前に助けたいんだ」
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



                                          .r-、_,, - ''´ ̄ ̄``'-、, _,,
                                        〆´__t=lニニ     ̄``'ー l .\
                                        l __,,fゝ }==-     --==--r-,  l
                                       l  /   i ,    、     i`ー'l  li
                                        l ./ | i i l i l i  l l .li l i  |、l l .l、
                                      / ./ l .l ll l l  l l  l .l l l l i /l l l/. }
                                       ノl 7 ll  l l.l l l _!_ l ((l l .l l l/ i  l l λ
    「アストナージさんの件もあるし、ね………」       7λli  ` i lヽli.ノr-. 、=l))l .l l l / ./ l iλ .| `ー、
                                  . / i l l   i l lく レ` r′lⅥ V7l l  l li 入乂  l
                                   /  l/ヽヽ .! i (( F、,,i_/ '   ヽ{li l.i λ .|ヽ`l l
                                  l  ,  l  i l lヽ! !l.ゝ、   -  ,,イll./、.l.i   i  i .l .入
                                  .l  l l  l__l l } i i┌>- , イ´└l {./ } r-, .l l   `ヽ,
                                 λ  i .l、 入'´|Ⅵ λ、_)  つ   7l l / l-z,) !、 .l ヽ  l  l
                                ..7 ` .7 l ../   フ / .l lーz )´乙__凡\ll .l   .ハλ l  l  l
                                    { .Y    {.! l__.l l/´   \ .| .| .l } }   / 入.  .l  .l
                                  /  \.\-、...._i .y L >i_f‐ァ< ,l、_f// /____ ./ ;  l  l  l
                                 i      l ゝ  ノ }     `'''゚と- /i l l   !、!l   ヽ ヽ 入
                                 !     l l  / /     て、ろ  !l l .l-- ,, 《 .l    ゝ, `  \


 
 
770 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:29:32 ID:7E/XT2mo
無事に復帰させたとしても、ない夫やきらきーに対しての心の葛藤が・・・
デリケートな問題も後ろに控えてるな

769 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:29:03 ID:bov0KbVo
二359.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫の言うとおり、
  戦いに利用される可能性が高く、さらには単なる敵と認識されて殺されるか、
  捕縛される可能性が高く、
  洗脳されているからといって無罪になる可能性も分からないキル夫の身柄を優先すべきだろう。

  場合によっては妖術師との接触も考えられるので実に合理的です、とエルは納得し、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、        「良いでしょう、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_       その案で行きましょう」
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
    |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
    !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!
     `ー-、_ニィ_ 、 ニ ー   '''' ーー '  , - .メ∠、.      /

771 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:30:02 ID:bov0KbVo
二360.



                         , ----- 、               / ヽ
                        / ___ \              /ヾ /
                         i.ノ/: : : : : : `ヽ;-,           /ヾ/
                     |:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ:|            /ヾ/
                        | ( ●) (● ) |.、-- 、   /ヾ/
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||
               ,  ―;;;;;;;―´ | |、` ――― ´.,| |  `-;;;;;--  、`弋 |
             / ヽ   ▽  ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /  ▽/ \  ´
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i       「よし、早速―――?」
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |       \  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´  <^ ^>  |         `ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´....   Ⅴ   |         ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ           グウッ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i;;;;;ヽ. ヽ              /  ,/;;;;;;ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::/;;;;;;;;|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|;;;;;;;;i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|;;;;;;;/    |         |   ヽ;;;;;;;.!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i;;;;/\     !         !   /ヽ;;;;i――――‐ ´i
       .|------i   .|/   `ー―――――――― ´   .|   .r‐‐‐‐‐|
      .|    .|    .|         / :::::::::::::∧          |   .|    .|
        |----- .!   .!\     ../:::::::::::::::::::∧     ../.|   .|-----|
       |     .i   .|  .\     /::::::::::::::::::::::::∧    ./ . . |   .|    |



――――――――――――――――――――
  出発しようと促しかけた耳に届いたのは、
  腹の虫からの苦情だった。
――――――――――――――――――――


 
 
772 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:30:37 ID:Pv6KDiNQ
そういや何も食ってないんだったなw

773 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:31:02 ID:bov0KbVo
二361.



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V     「………お腹すいた」
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l   グ~
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/   キュルルルル
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



――――――――――――――――――――――――――――
  どうやら音の出所は、お腹を押さえて蹲るコナタだったようだ。

  言われて気がついたが四人とも昼飯を食べ損ねており、
  このまま出発するには心許ないのも確かである。
――――――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)           「そう言えば昼飯食いっぱぐれたままか。
          |     ` ⌒´ノ          どこかで晩飯を食べて、
        |         }          準備をしてから出発しよう。
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,        せっかくだし、今日は俺がご馳走するよ」
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

774 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:32:08 ID:bov0KbVo
二362.
―――――――――――――――――――――――――――
  微笑んだやらない夫の申し出に、まず食いついたのはエル。
―――――――――――――――――――――――――――



                     , ,. '    _,,,,、、yッ‐'´
                      ,r/, _,、-='"´:::::::K..,,,,,,,____  __,,,,.....
                 / ,、イシー''"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ン'"´
               / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-'"
               ソ,:'::::,::::::::彡=::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=ェー   _,.
        .       il!'::::ソ::, ェ=-ニ '゙:::::::::::::::::::::::::::::-ーニ三::::::::::::::::::::`ミェ<´
            ,..=゙::!:::レ:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::三ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=ミ云ミ'=、、._
           ,r'^チ;::::::::ー=ニニ  ニ==ー-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ォr'''`゙゙゙'''ー-、
            メソヘ、:::::::'::.:.,::::::':::.:,::::::::::'.::.::.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、゙ヾ、
            イ!l ! !::ヽ、::::::::::::::::::::`::::::::'::.:.,::::::ヾ、:::::::::::::::::::_::::::::::::::::::ヽミキ=;'''`´
           ル'|.l!::l!::::::i:ヽミニェー- 、、、.._::::::::::ヽ、::\三ニ二_::::::::::::::::::::::::::ヽ=ー___
        .  ソ .i.:::!::',:',:::、:::::::::;::::::、:::::::::、、::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::`:::::::::::::::::ニ=二''"´
        .  /  !:从::'.,:::!ヾ、:::::ヽミ ニィ弋;ッ'y、ヽ::::::::::::::::ヾ:::::::::ヽ:::::::::三天_ ~
         ノ  り !l::::ヾi゙代ッ、-::ヽ`  、 ノ   ゙i::、::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ミヽ、
            !' !':;::ハ:;ゝ=‐  `゙`'‐      !:l メ、::::::::::::、,、:ヽ:::::::ヾッ、ヽ
        .   ノ.   ヾ','!リ丶 |           !i,i: `ヾ、:::i 'i ゙ヾミ廷=-ヽ
           '     `、゙ャ、. ヽ、 ‐       リ'    ゙リ>・'"    ``ヽ、.,
                    ` i! ヽ ___     /   ,, -'"           `ヾヽ,
                  !  ゙ヽ`ニ´    /::   /´ '""'ー-、゙_ヽ、      `ヾ、
                       `ヽ. __,. '^`'‐=./'´        `'ー゙ミ、,     \
                             /             ゙'ヽ、    ヽ
                             /              \ ヽ,     \
                             ゙|                   \ i       ヽ
  「何処へでもお供します。             l                 i   、.i.',     ヽ
                              i              !   ヽl ',     ヽ
   ですが、せっかくなので              !             ,' ,'.   ヘ : 、       \
   高いところを希望します。             ヽ            ,' ,'     ゙i! :      ヽ.
                                 ヽ            / ,'      ヘ'       ,ヘ
   走り通しで血糖値が足りないんです」        ヽ、       / ,'     ', ヽ      ',ヾ.
                                    `ヽ、     / / !     ',  ゙i        ', ヽ




―――――――――――――――――――――――――――――――――
  冗談なのか本気なのか分からないが、
  すでに庭園から出ていこうとしているその顔は戦っている時よりも真剣だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

776 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:33:02 ID:bov0KbVo
二363.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  毎回奢りは問題だが、記念日にリーダーとなった者がふるまうのなら問題ないだろう。

  目的が見えて、前に進めるようになってやっと、
  明るい笑顔を浮かべることが出来た雪華綺晶も後に続き、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                /⌒フ薔}r -  ─ -  ─- .
                                  /  ≫'"             \((r-r── 、
                              /  / /                 {斤心}   ハ
                                 { / /                 辷炒、     :
                              /  /   /      |    |       ノハヽ   ?
                             ,'  .′  ?       |    |  |     ´ | |   |
                              |  |    /| |     l  |    |  |  }      | |   |
                              |  | | i | |     l-‐|‐-  | ,  !      | |   |
                              |  | |ィ{{ヘ. !  , / / ハ  /| .  .′   | |   |
                             !ハ!{⌒くΧハl / /! r=ミ、_!//l/  /       .′|   |
                               | { { 必イソ`   f泛沁㍉/  /      |  |   |
                               | {込ニイ     ,込r:少 /  /  /    |  |   |
 「今日は甘えちゃおう、かな」              / l |/l '          /  /  /     .|  |   |
                                / ハ| ヽ  、 __      /  /  /      |  |   |
 (結成記念だし、まあいいか)  .          / /.// // )      /  / .ィ⌒゙\    |  |   |
                              / / /゙ / /`ー─‐t /  //     ヽ  ハ |   |
                            / / / / /⌒i(Y⌒Y´/  /´         ∨、∧|   |
                    .     /   / / {  ' /⌒l_沁t?  }             ∨  |   |
                    .    /  / / ∧    / ,)沁t|  /            人  |   |
                    .. /  /  {  | ∧     イ⌒(_人 {           /  \!.  |
                    . /    /   | 八 ハ    |≫≪ンリ                ヽ  |
                    /    /    Y   \ハ_   |⌒Y⌒)|              /  |
                        /     |i     ) (ノ⌒卜-イ八              /l   |


 
 
780 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:34:08 ID:yYKvjnVc
結婚記念に一瞬見えた


781 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:34:46 ID:7E/XT2mo
>>780
俺もだw


777 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:33:03 ID:bdil5HVg
くるか、やらない夫のぶるじょわ接待術?

778 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:33:44 ID:7E/XT2mo
>>777
エルの驚く表情がどんなものか
予想がたやすいww


782 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:34:53 ID:Pv6KDiNQ
高いところ、とか言われたから
きっと貴族御用達みたいなとこに行くんだろうな
全員どん引き

779 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:34:02 ID:bov0KbVo
二364.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  食べられれば何でも良いが、とにかく空腹で辛いコナタが三番目に庭園を出る。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



            r,/''"´ ̄`
          l::|          /!
            l:!      /.::/
          ヾ:.  _/.::.:∠-.-::.::ァ
             , ゝ´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::<、
   .       /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヾー
.        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. .\
        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: i . :.:.i__::丶、
       ,' : : .::.::.::.::.::.::.::.::..::. : . . : l.::.::.::.!  ̄
        i.::.::.::.::.; ,::.::.::.::.::. . : ::.::.::.:l:.::.:i:.::|    「何でも良いから、早く………」
       l.::.::.;:;';';';';';';:,.::.::.::.::.::.::.::i::.::j、::.;{::.:|
.        l:.::;';';';';';';';';';';';.;';.::.::.::.::.l::.::l Υ|::.:|
         l.::;';';';';';';';';';';';';';'.::.::.:.:/:.::ハノ.::|ヾ|
          !.;';';';';';';';';';';';';';';.::.::./::.::| |::.:|
.          l.';';';';';';';';';';';';';';'::.::/.::.::|ノ|::.:|
        },';';';';';';';';';';';';';'::./::.::.::l !.::.|   グゥ~~~
.        l.:l.';';';';';';';';';';';';';/::.::,::.::!_|.::/
         l.::.!.';';';';';';';';';';';'/::.::.;;.::.:|l!ヾ、
       l.::|::.::';';';';';';';';';'/.::.::.;;';:.::.|l!l!|゙!

783 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:35:02 ID:bov0KbVo
二365.
――――――――――――――――――――――――――――
  この時、肩を並べて歩く四人の道は確かに重なっていた。

  生まれが、育ちが、これまでの道のりが異なっていたとしても、
  同じ目標を目指して歩を合わせていた。
――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  コナタは無口なのに、           |
|  腹の虫は雄弁なんだな、ははっ。    |
乂_________________ ノ
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:.
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:.
          : :. ::..       .: :. .:.::.
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :.
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:;     |  育ち盛り………   .|
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ:                 乂_________ ノ
|  やらない夫!                |. .. ;:   ,.,.,
|  甘味も頼んでいいですか!?   |
|  もちろん食前と食後に!     |
乂______________ ノ
                              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                            |  エルは甘い物好きなのに       |
                            |  身体の線が細くてずるい………   |
                            /乂_______________ ノ
                              / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
                          / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^
                           / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
三三三三三三三三三三三三三三三三三≧! へ || ̄ ̄| ̄ ̄||:.:.::;::.:.:.:.:.::;;|| ̄ ̄| ̄ ̄||:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:# :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    |    ||:
:.:.: :.: .:.I/l⌒l\I:;; .:.:.:.: : . I/l⌒l\I .:.:.:.: :|  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    |    ||:
:. .:.:.:.:. |  |  |  | .:.:.:.: : .:.: |  |  |  | .:.:.:.: :|  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.||    |    ||:
:. .:.:.:.:. |==|==|==| .:.:.:.: : .:.: |==|==|==| .:.:.:.: :|  |:.;.:.:.:.:||__|__||:.;,:.:.:.:.:,:.:.:.:.||__|__||:
:. .:.:.:.:. |  |  |  | .:.:.:.: : .:.: |  |  |  | .:.:.:.: :|  |┏───────────┓:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:. .:.:.:.:. |==|==|==| ;; .:.:.:.: : .:|==|==|==| .:.:.:.: :|  |∥:.:..【料亭】 ~新しい絆~ :.∥"゙ ̄ ̄ ̄
√:.:.:.:.:|_|_|_| .:.:.:.Χ.:.: |_|_|_| .:.:.:.: :|  |┗───────────┛:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:. .:.:.:.:.  ̄ ̄ ̄ ̄:. .:.:.:.:.::..:.: ̄ ̄ ̄ ̄ .;.:.;,: :| [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



――――――――――――――――――――――――――――
  このように互いの境遇に捕らわれず、
  力を合わせて戦う冒険者の姿に憧れる者は多い。

  ―――たとえその後、それぞれの道が分かれていくとしても。
――――――――――――――――――――――――――――

784 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:36:02 ID:bov0KbVo
二366.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  果たして、キル夫の道がこの四つに重なる未来はあるのだろうか。
  重ならずとも、暗い闇の中から引っ張り上げる事は出来るのだろうか。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(○)ヘl;;;;;〉
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")

786 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:37:02 ID:bov0KbVo
二367.
――――――――――――――――――――
  今言える事は一つ。
  英雄の手が、やがて差し伸べられるだろう。
――――――――――――――――――――



                                   (´`ゝ;_
                                   ヽ,   `ゝ、
                                     ゝ/  `;:,
                                      `ゝ、 ;;;;\、
                                      /(;;;;;;;:  ;;;;ヽ、
                 r'"::::::::::::::         __,,.:;,:;:;,:;:;.:; :゙´´゙゙\:::::;;;;   ::::;;;;`ヾ;;;;; ̄
               /   }/⌒;       (´ ::::::;; _;;__...,;;;  ::::ヽ;;\;;;;   ;;;;;;;:
             ,,/,,  ,、.,/ 丿       `´´ ̄ .,:;イ ::;  ::;::ゝ;;;;;;;;    :
           /~   ヾ::::ツ,、/        ,,;:;::;:´´`:::::;;;;入;:;;   :::ヽ;;;;;;;\:::::::::::::::  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         , '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;ツ        ( ....,,,,,;:;;;:;;:;:;::; ̄;;;;;;       ,.,,.,.;:;:;-‐゙´
     ,    ,.'      j゙,,, ´ 7          (  ,,,...:::;-‐゙゙゙゙^> :::;; ;;,:;:;:;-‐~´
         /    __,,.ノ:::::::: /_____          `´    ∠::;:ゝ´ ̄
        /  '''"/;;;;;;;;;r:::::::ゝ  丿              ,.;::;;/
       ,'     '、;;;;;;;;   / ̄              ゝソ
       ,'            /
     V           /
     /         /
     /   ,.、     /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その時掴むのか、振り払うのか、邪魔が入るのかはまだ―――誰にも分からない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


 
 
787 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:37:06 ID:7E/XT2mo
同じ釜の飯を食う
だな

788 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:37:28 ID:bov0KbVo
本日の投下は以上になります。
閲覧と合いの手をありがとうございました!

次回は第二章第六話(ラスト)になります。

 
 
※スキップ

790 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:38:15 ID:J4gCTxv2
乙でした!
英雄の約束も出てきたし、錫杖も安心だな。
それにしてもLは奢ってもらってるんだから甘味は自重しろwww


791 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:38:28 ID:R/7iDxyM
乙乙!
料亭の名前がビンゴww


792 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:38:28 ID:wAxWZ386
コースで1人当たり20金貨みたいな所に入って行きそう・・・w

795 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:39:50 ID:7E/XT2mo
乙でした
合いの手が一気になだれこんだところがフいたw
しかも俺も同じこと思ったwww


800 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:44:08 ID:bov0KbVo
>>789-795
乙と閲覧をありがとうございました!

>>790
いや、奴は絶対に遠慮しないと思いますw

>>791
このΖのタイトルがあったこともあって、
エゥーゴ王国になった部分もちょっとあったりw

>>792
贅沢を覚えさせては大変かとw

>>795
あそこまで合いの手0の一人旅で
(´・ω・`)な状態でしたw

801 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:46:07 ID:cfJrCIEI
乙でした
初めてリアル投下に当たったよ、嬉しいな

それにしてもこのパーティで動くのはこれで最初で最後か…?
できる夫と遭遇した時には既にパーティを組んでいた様だが
できる事ならこの四人で……Lの様な対等な立場での突っ込み男はやらない夫には必要だと思うんですよ
曰く『親友』でも『戦友』でもなく『相方』ってのが


805 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/06(日) 22:53:53 ID:bov0KbVo
>>797-799
>>801
>>804
乙と閲覧をありがとうございました!


>>>801
できる夫さんと遭遇したのがいつでどういう状況かは、
いつか分かると言う事で ンガングッ

807 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/06(日) 22:57:06 ID:L8hFIpgo
とりあえず乙
そろそろやらない夫無双の時間ですね

920 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:00:10 ID:fZAUk0Ko
二368.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――
  料亭『新しい絆』―――
  繁華街の中心にあるこの店はアンマンでは三指、
  国内でも十指に数えられる程の高級料理店である。
――――――――――――――――――――――――


     , ' ⌒ ヽ.        |§|:.    , ' ⌒ ヽ..     |§|:.    , ' ⌒ ヽ..     |§|:.
     ||: : |: : ||        |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.
     ||―|―||        |§|:.    ||―|―||.     |§|:.    ||―|―||.     |§|:.
     ||: : |: : ||        |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.
     ||―|―||        |§|:.    ||―|―||.     |§|:.    ||―|―||.     |§|:.
     ||: : |: : ||        |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.
         ̄ ̄         |§|:.        ̄ ̄         |§|:.        ̄ ̄         |§|:.
 ====================|§|====================|§|====================|§|======: :
 圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖|§|圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖|§|圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖|§|圖圖圖
 ====================|§|====================|§|====================|§|=====: :
          ∧_∧   ̄                ̄                 ̄::::::::::::: : :
         .(ΘsΘ)_                           /|
    ,ハ、、ハ  (∪⊂|_|           ∧_∧          .r' _ ヽ>
   彡*゚ーミ ,  ̄ ̄ ̄ ̄Ψ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ(∀`* )_          ヽ n‐`ノ
   と y )つ∇ (Ξ)  ゙┴ ゙(EE)∇   と ~:~  )||         ( ノ⊂)
   ||(;;;,⌒).゙|ゝ、    (ミ//)     ,イ( (~/⌒||      γ ̄▼ ̄ ̄Ψ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   || ̄iiJJ.|| | ̄|| ̄|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||| しし ii ̄''||        | /bbb/  ゙┴゙  ∧ ∧O)∇ |
         ...| |  ||  ||  |  |  |  |  |||::::::::::::::.......::....      ||ゝ、  (///).   (  .,,)   ,イ::
         ..⌒⌒"⌒"⌒'⌒"⌒⌒"⌒"              || | ̄|| ̄| ̄| ̄| .ii''"~"''ii:  ̄|||::::
                                        | |  ||  |  |  | .||:::::.::. ||:   |||:::::
                                     ⌒⌒"⌒"⌒'"⌒|| ̄ ̄||"⌒"

922 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:01:10 ID:fZAUk0Ko
二369.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大陸の南東に位置するサンダース王国の名産、ケンタ鶏を使ったメインが評判で、
  静かで落ち着いた雰囲気から値段がかなりお高いとしても再訪する者は少なくない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                  _,,,,,,,,,_     {n_}
                      ,,,x-─''''''''''''''''ー-─く,,,,:..:.:::..;~゙''',二区い}つ
                     ,z'~:; 彡;:. : .::.;'':::.. ,,:.:;''..:.,~ミt、:::;;t~   {こ} __
                   ,,,イ~ .;:`メ:;;...,'',:::..:::,:..;::::..;:. __,,,,,;;;;,二ュ,,,,,,,,,,__{n_}_
                 ン~;: ,,:' ,,,:::,':,;'::゙;;';;:...:::.'';::.,;:: ,r'~ `". ;:... .::::;;,;::,:'.:,,,;;;}い,}二)
   __,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__      A彡ノ,''. :: ' ;,:.::, :::,Zx,,:::';;`,:;  ,::,;..゙:: ';: ..;;::..,;:: ::;r''~,,__ 込}
  i<___>!    ∧,、{米ミ,,:.: ;:;.`::.;,'':...::'';''::,,ノヤ; 炎';;,.:. ::::,:.. :.;;:...;;;;/Y,,, i巛},
;;;;;;;;k,,;;;;;;;;;;;;;;;;;,,-'|__ノYて}{ミ;爻i;;;.::;`:.:;;:.;;r‐'''~ ,,;ジ::,: ::,;; "::,,::';;;;;;;ッぎテ~..';;;ア(')}心ュ,,___________
..:. .|: ;::.. ; :::l:::.:|  メヾW个`=ベ-ェ、,,;.:{;,,. ;=~~'''ュ,,,;,_:::.:,':...::,;===''~.:::;;;ソViYY}K}Ei゙ヾ,、 .. :.. :::...: :  ..:....
. .: .|: L::. j ::|;;:::|.  .いYソヽ/A(Yい)V台、>-、,,,,. ,:::,:..,;;~ヱ;;;,,,:::::.、、=X〆()のr、iミ)Tノル/゙j  .. :    ::..
 :. . {・;;;;.::,,;;..;;.....}   i`ヾ、、i^rひMべTノ のl'*=z=爻m≡'∧ひ,六俎ミどヾ)メ2ノハ}=ィ",ノ  _,,,-‐'''"tュ~r-ミニ'‐-、,,,
..:. ::.人,;;__;;;ソ;;;..:_ `-、`ヾ、ッニ士t},;豆ZY}亘ミメX}rYt川广}ハir、tわ&YO,,=-'~,,-''~  i'  (,_ 々(コ/´ ::;)J  ,; .゙i
 . ; .`''''':; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;,::. .~`-=,二二二二二二二二二二二二二二二二二二,=-''~  ...... .. .`-、,,_   `゙'"~  __,,,-´
                                                        ̄~~~~~~~ ̄:


 
 
923 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:01:44 ID:sEY75Wtc
ケンタww

924 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:02:09 ID:pAtmy32Y
確かに高めだけどw

926 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:02:27 ID:ObCP.X.6
ケンタっておまwww

927 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:02:57 ID:.7ec/tAc
カーネルか

925 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:02:10 ID:fZAUk0Ko
二370.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  アミューズ、アントレ、ポタージュ、ポワソン、ソルベ、ビヤンド、デザートと言ったコース料理から
  一品料理はもとより、西方から東方までのあらゆる料理に精通したオーナー兼料理長は、
  若い頃はローゼン王国に名だたる料亭で修行していた事もあるそうだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



         /           \
        ヽ.             )
         i ヽ         _  ''´》
.         i   `¨''ー-‐‐''"´   ノク ,イ
         i            / Y´ジ
         i           丿。彡今、
       __,ト          〆Y。ヘ)イ〉
      イ´(   ! `ヽ、..,,    ,,,./ イ。゚}イ´      ,. -‐''´二ニ=-
      ヽ ヽ  `ヽ、..,  ̄ ̄  ,人ン゚ノ 丿    ,./´ー-メ´
       `'メ、`ヽ 、   ̄ ̄ ̄ ゚゚, ‐'´イ´   /  ,,フ´
      /イ;;;;;;;;;{ヾ〉ヽ、._,...ィ}リヾ;;;;;;;i`¨´ /  _/, -‐''ヾニニ==-、
     '´  ノ∧;;;{ニ!トヽ、  ,,リ-≠iハ;;;;;;ノ、__/ ー// ニ='´
        ´/i、!゙亡フヾ,  イ亡フソi/丿;;;/  シ´ 三フ´
       /;;;;ノ∧ニニノ┼[二ニノ'レイ;;;;/ /  /;;;;}
    , -'";;;;;;;;;;;;いュヽ  ., '' ,.   イ彳;;;;, / =ソ´二-‐'''' ‐- 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)},\.  ̄ ,..<メノイ;;;;{/ /´ヾ、 >ゞ´フ ̄¨ヽ、
 イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>>`ュニン''"¨´´ーレ´, メヾ¨ ̄ヽ;;;;;;;;;;;〉
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;O;;;<´ _,,.-┴',ニ,ヽニヽ/レ´ur'O"´¨ヽ);;;;;;;;;;\
  {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;O゙y'´  .:f゙i::| |^i \Yシ´;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,
.  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ :::r、:j .|::i i: i  ト;;;;;;;;O;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/´ ̄¨`''
  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .:::/`イ }/ .j 〉:: ! >;;;;;;;;/´'' 、;;;;;;;;;;;;;;;;/
   ヽ;;;;;;;;/ .:::::::::{ ''´' / / /}:: レO;;;;;/     ` 、;;;;/
    7/    :::::::ヽ    ´ /::  i;;;;;;;;;/        /
 ,.- '"´    .::::::::メナ=┐ / ::::  iO;;;/       , '
´       ..:::::::::/`''´`} ) /:::  人  i;;;;;:'      /      /
     ..::::::::::/;;\  {,Vヾy ( ) i;;;;'     , '´      , '
   ..::::: , '´;;;;;;;;;;;;;;\.,,`´ i  / i  i/    /       , '
    ,. '´i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;O;;;;;; ̄i  {人}  i   /       /
,. ィ'´   i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  !V/  レ'"       , '
.      i;;;;;;;;;;;;;;;;O;;;;;;;;;;;;;i   〉〈    i       /
       i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  /人ヽ  i      /

928 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:03:10 ID:fZAUk0Ko
二371.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  来訪した者がそれぞれの料理に舌鼓を打ち、幸せな時間を満喫するその中で―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



ヽ丶/,r'⌒´丶、 \   \---zィ-ー-、メ- 、\
/ ,rイ        丶、ヽ`ー---テナ./ ̄`丶\`丶ゝ
 /.|          `丶ニゝ  / ∠==、   ヽ_,,. -
    l   ,.. -ト、   ヽ l / /イ´    /    丶_,, -
    l /, --=ァ`ニゝ ノ 丶イト --゚--       ト _
    /// ,f'´   丶j l´ヽ     ̄ ̄      トミTT
   //'   」 __ ゚ イ´{. l  l            ハミ//    「うーまーいーぞーーーー!」
 / .ハ      /   丶 l l ,_/レヘ__ /   .し'
/ 〃 丶           j __/       く    ヽ
 ノノ   ト、    _zー'"  ,、  _、_    ゝ   ト、
    ィハリ ト- 、 ゝ    ,,,,ノ'''``` }- ト、  ヽ   ハ
-    \Wヘ  丶イ   /ヘ   _,. -'_.ノ 丶.  ヽ /
        `イハ   〉  イゝ 二--'' _,.   ヽ  〉
 ̄´´`      ヽー-ヘ   ヽ     ´       } /



                   ,..- .:.:.,. -‐ '' _,,...二ヽ、、
                  /:.:.:.:.,. ´ ,.. - ''":.:.:.:.:.、:.:.:..:ー、
                   ,.':.:.:.:.:.:.:.| /:.:.:..;ィ:.:.ト、;!、:.:ヽ:.:.ヾ;ヽ
                /:.:.:..:.|!:.:.:ヽ;:.:.:.:./,イ!/' |i ゙i!、:..:.:.:゙!ヾ!
                 |:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:..ヾ;./,._ /ヽ |!  !_ ゙、:.:.:|!
                !:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:..ヽ` ̄``    ,.ニ,|.:./
                |i:.:.:.:.:.:゙!:.:.:.:.:.:...\      '  !/ヾ\
                 i|:.:.:.:.:.:.:゙;.:.ヽ:.:..:.:.:ヽ、 ` 一   !.:.:.:丶.:\、     「ホホホ、流石ワタヌキ料理長。
               ,!|:.:.:.:.|:.:.:.゙、:.:.:.:.:.:.:.:,..、、 '´  ,.ヘ:.:.:.:.:.:.\:.:.\    今宵の皿も輝いておりますわ」
                  ,'.;.:.:.:.:.!:.:..:.:ヽ:.:.::.:.:.:.ヽ,ヽ  ,/:.:.゙、:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.ヾ、
              /イ:.:.:.:.:.:ヾニゞニ二、\,! |,イ:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.゙ト、
              !.:|.:.:,.ィ´:./゙.:.:``ヾ、ー`   \:.:.:.:.:.:.r‐ヾ!-ー-、i|ト、
              └''´`ヾ、:i:.,'.:.:.:_ィ'_`ヾ!  l  ヾ'、!´
                   ` ̄ノ:.  `ヽ、  ヽ   \- 、、__
         ,.ヘ,.ヘィ'´ ̄ ``:...ー '.::::::.   , `ヽ- ..,,_    \,,...>スミ、
       __,/::::.. .\\    `ヽ:;:: ... ;:.' ,.. - ''   `\    ヽヽ\、 レ -┐
       i:..  .:.:::::::... \\      `ヽ ´        _,.\   ,! |   ヾ 、,」
    rー '.:.. ..  .:..::::::::.. `ヾヽ、、_    .    _,.. -‐_ニ彳.:::\ |.:,! .. .    `ヽ,,..-、
    !:::.... .  .:. ...  ::::::::..    ``ヾ\ .::/ ,.イ´  ̄    :.:::::|!;;;ヾ!::| :::::::::.... ..   .:. 、
  __,,.ノ:::..:.:.::::::... ..  `ヾ  ̄ ` ヽ 、  ,ゞ''´ ..:.:::,, -‐ " ̄:::::::.|i;;;;i/::! :::::::::::::::::::.:.:. ...  ト、
/´ ...::::::::.:... ..  ::.. .. :. .. |!;.;,..    ;.\ / ...::::::::. ..     ..:.:.::.|i;;;;| ..| :::::::::::::..: ...   .: :.|!

930 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:04:09 ID:fZAUk0Ko
二372.
――――――――――――――――――――――
  食後の紅茶を飲んでいたやらない夫は
  余りにも突然に、人生初の求婚を受けていた。
――――――――――――――――――――――



                                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
              (                        |  やらない夫、             |
            `.                            |  私と結婚してください。    |
            、 `ヽ.  `ヽ                       乂____________ ノ
            ノ    ,!  ノ
          ,r   '´ _   '  _,
         !     r'´   r‐'
         , , -─==i==i=‐- .._                         /⌒ヽ
       //   ,_.......i............___ ヽヽ                     /(   )ヽ
       トヽ.-''´:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::::::.ソノl                      /   ー‐'´  `、
        l `` ー====-―´´ / ‐- 、               ∠_______i
       |              ゝ!─、 l               |_______|_
         !              ノ、_j j             / |::o::o::::::::o::::o::::0:::| \
       ',             ゝ_ノノ            /  .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |
        ゝ、          /                  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /
                                          \_________/


 
 
933 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:05:00 ID:LXV69k1U
きゅ、球根…だと…?

934 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:05:00 ID:d3LYQmQg
誰が言ってるか判り易すぎるわw

935 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:05:02 ID:Syp2/vOI
この口調はエルっぽいなw

936 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:05:10 ID:fZAUk0Ko
二373.



    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::ヽ ゞ、 \:::::::::::::::::::::::::::::
    i::::::::::::::::::::::::::::::li__‐-、ヘ::::ヽ::::iヽ::::::::::レヘ´,、_ヽ:::::::::::::::::::::::::
   {::::::::::::::::::::::::::::::,ハ (;;;;`ュヽ::iヽ::::!ヽ::::i|´バ{;;;;;;,ヽ :::::::::::::::::::::::
    i::::::::::::::::::::::::::::i ヽ、 `‐-イ \ヽ:! \:i ll ! ヽ=-人:::::::::::::::::::::
    i:::::::::::::::::::::::::ヽ ゛'''''"    ヽ l!   ヽ 、_,,,,,,,ノ  i::::::::::::::::::::
     i::::::::::::::::::::::::::\        i   i ゛''''"   l:::::::::l:::::::::
      >::::::::::::::::::iヽ \ ,                i:::li:::l::::::::::
    /  ヽ:::::::::::ヽ    {                i::/i:::|:::::::::::    「そして一生、甘味漬けにしてください」
  /     l:::::::::::::ヽ    \  ,-‐          リ i:::::::::::::::::
 /        lヽ::::iヽ::ヽ    ヽ         '    !  /丿:::::::::
 |        l ヽ::i ヽヽ < 、               //ノl::::::::::
 |  ヽ     l  ヽi ヽ`、 ア`"‐,-、,__          /::  l:/l::∧::
 |   ヽ       リ    V    Y⌒ ̄`丶     /::  l:l l::l::ヽi`,
 |    ヽ   l  i    /     |-‐       /::    リ l:l  レ   /
 ! \   ヽ  l  i ,/~      /:.      ,/:::        ソ /  /, ´/
 `‐-、_ゝ-‐´ ̄ ̄ ̄       ノ::::ゝ、, -‐´:::         /  /  /



――――――――――――
  何故か、男から―――
――――――――――――



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|             ,/    |      \     「………は?」
    |            |     |     |
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ


 
 
938 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:06:33 ID:sEY75Wtc
>一生甘味漬け
たしかに出来るんだろうがw

937 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:06:09 ID:fZAUk0Ko
二374.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  どう反応すればいいのか分からずに硬直したやらない夫の向かいで
  お茶を吹き出してむせ込んだ者、一名。
―――――――――――――――――――――――――――――――



 |:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/! `i:.:.:.:.:.:.iヽ:.:l:.:.:.:.:.:∧ 、:',
 |:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.: 、//  |:.:.:.:/:.l ∨!:.:.i:.:.:.∧ \
 |:.:/://:.::.:.:.:/ >、__,, |:.:./レ'/|:.l:.:.:!:.:.:.:.:|
 |:.|:/:,、':.:.:.:/_____ !:/ ___ !::!:.:.|:.:i:.:.:|
 |:.|/:{ !:.:/:.|  ̄ ̄ ̄ |'  ,  ̄ ・::.!:.∧:ト、:.!.   ━━┓┃┃
 |:/:.:.ヽ|:/:.:.:!        ,_  }:.:lレ !' V        ┃   ━━━━━━━━
 |':.:.:.:.:>'´ ゙̄ヽ、   <._.,,'   ≦ 三         ┃               ┃┃┃
 ':.:.:./     ヘヽ ` ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚                     ┛
 :.:./       l \ ´ ≧         三 ==-
               ァ,          ≧=- 。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  とんでもないライバルの出現に、結成を早まったかと言葉をなくす者、一名。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                ))   ,    - - -  、  . ((
                              ,∠((.ィ'´ヽ<           >.. )) 、
                             ん {薔}               {薔}` ヽ
                            /  ,' ))  .,'   ,'   .i   i     `ヽ、 .|
                            |  ,'    ,' ,'  ,' i .i  i i  i  i    .i  .|
                            | .l .,'   i .i  i i .i  i i i .i  i i .ヽ .i  ..|
                            | ..l  i . i i  i .i,' ./i.i ,' i 人  i i .l i  ..|
   「ちょ、ちょ………                  | .l  i i リ-))-ルリ ./ .i/リ-ル-八 ,' ..i .l i  ..|
    えーーーーっ!?                | ..l  i iYミメ}ミソ乂 ./ ./.,ィr=-リ .i  l i   .|
    ええーーーーーーーっ!!!」        |  l、 r从ム必ソj    〃::::::ヾア|,'  / i  .|
                            | ,' 乂|y|ゞ辷=ツ    .弋:::::つ.リ /  i  .|
                            Y  .l i弋| ((   ヽ   /// ̄ _.∠._人  i  . ∧
                           ./  i i>、   .rー ⌒ヽ r..'´    .`ヽ`人、   ヽ、
                          .ノ  / rヽ,込   ヽ__ノr(⌒)y(⌒)(⌒)y(   ヽ,
                         .∧ ソ, 斥 ( ヽ `> 、_ _ ..く `  .i ` .|   /ク.ヽ   ∧
                        ../  / ,' .ゝ|  ヽ、 ,'  ⌒(  y 八 ,   〃 ヽ、〈  )   )
                        (  ( ,' |r ゝ   廴,、  __r-)/           ヽ /  ./
                        .入 .ヽ、》(`⌒)   //><(            .)   ./
                        .ノ`)  |/ ヽ、⌒Y⌒)(⌒)_r.ヽ、         ノ   /


 
 
940 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:07:26 ID:f08SJLRQ
ライバルじゃねぇwww

939 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:07:10 ID:fZAUk0Ko
二375.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  世の中にはそう言うケのある者が存在するとは聞いたこともあったが、
  まさか目の前に居て、自分にその狙いが定められるとは思いもしなかった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j       「ごめん、共通語で頼む」
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r         (まてまてまて、落ち着け、冗談だ。
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、     そうに決まっている)
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  話の流れからしても冗談と思えるのだが、万が一の事があるかも知れない。

  まずは落ち着こう、と湯気を立てるお茶を見つめたやらない夫は、
  どうしてこうなった、と店に入った時へと記憶を遡り始めた―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


 
 
945 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:09:28 ID:d3LYQmQg
遡るも何もお前のせいだろブルジョア冒険者w

941 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:08:10 ID:fZAUk0Ko
二376.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  あれは十九時少し前の事だったか。
  領主の館を後にした四人は、ざわつく町を抜けて繁華街までやってきていた。

  目星を付けた店はかなりの高級感を漂わせていたが冒険者でも利用出来るらしく、
  入り口をくぐった彼らは四人がけのテーブルに通されて
  早速メイドからメニューを受け取ったのだが―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                 ,. - ─ー-、
              _, 、__ハ      ハ_, 、__
            / 、 >l ヽ _ ,/  !/  \
           √   丿-'ー´ ____ ー-´  ノ ヘ
         /^\ 〆,. -‐ ' ̄     ̄ ト、 く/ \
        /  、/イ             \\「 ∧
        い_ / イ /    l     i  ', ヽ. ヽ Y }
       __> //  / l    | |   |   l  l  ヘ} <_
       j  斗/  |  !     | |   |_  |  l |   i、 __ }、
      ノ てノ|!  _L斗 ナ  ̄| |   | ̄ ナ‐- !、 :| ) ̄ 人
     / _/リj  |  |/--一' |/ __ノ ≠ー-川_\! vヽ_ ヘ
.    / / |!   L _ィfテ示`     ´ラテぅュ_   | .斤_\ ヘ
    l,/   j |  /' 辷z:ソ      辷:_ソ /l   レ  |'  \i      「いらっしゃいませ。
         | | /小         ,      | |  |  |          こちらがお品書きになります。
         | | |  !,ヘ       _     / !  !   |
         | リ  |  ヽ、    `‐′   /|| !  |          本日の料理長のお薦めは―――」
         | l    |   |.>、      , ィ'  ! |  l   :|
         | |   !   !  }:::> 、 < {   :}| ハ   :!                     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   ,__    ! l   |   レ' !::::. .    `ト、」 | / ヘ  |      __                 |  あ、この頁の全部、  |
.  ∧     ̄\}|    |>´   \    /  | |/  ヤ ! _,. -‐  ̄∧                 |  お願いします。      |
  l }      ヽ、  |       >   く    | l   _斗 '´     リ )               乂__________ ノ
  レノ        {   |    /^Y⌒Y^\.   ! | /        /ト〈
 /::{      \ |   |\ _,イ   ト-' |   ', _! | }        ヽ::::i
./::: >一'    __ !   l   ヽ、_,ノ ∨lヘ、_ノ' ||/ー─-- 、    j::: |
{::::く         |  !    /  ,人   \ j|ト、        /::: |


 
 
942 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:08:46 ID:v7jY1d4.
さすが金持ちwwww

943 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:09:10 ID:fZAUk0Ko
二377.



               ∧⌒7⌒}⌒7⌒ヽ
             〃  ∨厶イ-―-.<_)__
          /:|   U: :i: i: : : :.i: : :\ノ
            |:.:|     |:.:l :l:.: : : l: : :!: ハ
.          |:/廴_ノ _l 」ノ: : :|: : :!': : :|
.           |:},イi |: : :|_l:_」⊥:.:_l\」 : :.,′
         |: :.:.ヽ|: : :| ´  ̄`  'べ7V
          |: : : :::|: : :|、   、_′ .' |      「えっ?
        ハ: : :::::| : :.|.l\  ,.. '::|: :|       お客様、今何と?」
       / ̄厂\.:.: |\__ {´ :::_ |: :|
      ヽ/:::! ,ハ〉: |  /个<_」|: :|ハ
      rv'{::::::::`'ー‐ハヽ!ヽ/\ッ'く. |: :|/}
     /   |::::::::::::::::::ノ )  / 厶ヽ.:|  ヘ
    {   l::::::::::::(´_ハ_〉 /  乂 〉 \__ノ
     \__ノ::::::::::::::::::::::::::〉/_/_人_ノ___.イ }
     ( 廴::::::::::::::::::/        V′
       ヽ  `゙ヘ::::::::::::、     /   ,::7
        `) /:ハ:::::::::::::、    /{  /:「



―――――――――――――――――――――――――――――――
  耳を疑うメイドを尻目に、エルがまさかの『開幕甘味全種類』を発動。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                          ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                         i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                       i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                          !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                             .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                          i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                         !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
      「あれ、聞こえませんでした?                     /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
       まずはこの頁に載っている十八種類、             '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
       全て持ってきてください」                        `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                             .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                               ヽ、、      /::::    : //
                                                   i    ., '""'-、,,__.._ //
                                                  ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                          |.  ヾ、:/


 
 
944 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:09:23 ID:.7ec/tAc
金持ちデブみたいな頼み方すんなww

946 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:09:58 ID:f08SJLRQ
人の金だろwww
遠慮しろwww

947 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:10:10 ID:fZAUk0Ko
二378.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  入店前から甘味を食べたいと騒いでいたとしてもだ。
  初っぱなからの禁断の奥義が飛び出したとあっては、三人も呆気に取られる他、ない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \                      / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
      |    ( ○)(○)                     ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
     . |  U  (__人__)                 .   {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
       |     |r┬-|                     ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ ⊥..」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
     .  | ι   `ー'´}                  .    从从八;ゝ=:)) `` Tij:7ヽ/:/: / . : : :,′
     .  ヽ     u  }                       〉〉〉 〈(必リ, || | ||゙ー'/: /: / .:/ : /: :
        ヽ     ノ                       j ij : : j{((′   u /: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
        /    く  \                     ,','/. : :八   ー  ,'. : ::;' : : : :', : :', : : : :
        |     \   \               .    / /. : :/.: :j\    {: : :::{ : : : : :ヽ.: :、: : :
         |    |ヽ、二⌒)、              .  ノ /.: :ノ. : :ノ :ノ:`¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :


                   (((本当にやった!)))


      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もうその時点で要注意人物来店と伝わったのだろう、
  一度こちらを覗きに来た料理長が腕まくりをして厨房に駆け込んでいった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

948 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:11:09 ID:fZAUk0Ko
二379.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  やがて運ばれてきた大量の甘味はテーブルを埋め尽くしたが、
  店中の注目を集めながらも半分をあっという間に胃に収めたエルは
  指に付いたクリームを舐めとりながら、しれっと言った。

  どうやら胃が少し落ち着いて、
  隣に立つ王侯貴族御用達の料理店が気になってきたらしい。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                       ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                        |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                        /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                          { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                            ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                              |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
   「私は、隣のお店でも              |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
    良かったんですがね」            ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                 |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                           __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                       ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                  ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                      l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                    | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                  、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ     「予約もしていない飛び込みで
              |         }       入れて貰える店じゃなさそうだぞ。
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ      それに………」
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そう言われてもなあ、と肩をすくめたやらない夫の視線が自分とコナタを往復したので、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
950 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:13:11 ID:2QD5iZ8k
予算の心配はしてないのが流石というかw

949 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:12:22 ID:fZAUk0Ko
二380.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼が何を言いたかったのかを察して、仕方ないですねと納得した。

  エルも幼い頃はこういう店に来たことがあるのでそれなりの事は分かっている、
  料理店にはいくつかの棲み分けが存在するのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                    /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                      /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                        /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                   ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
  「まあ、やらない夫や雪華綺晶はともかく、        /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
   私やコナタの装備では                 /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
   入り口で追い返されるでしょうね。             i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
                                    'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
   正装も持っていませんし」                    'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
                                       ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                      ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                           リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ




―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  武器や防具お断りで正装が必要な店、
  武器や防具を装備しているのなら、それなりの質―――つまり一流以上と証明出来る―――が必要な店、
  それが一人でもいれば良いのか全員必要なのかも異なってくるし、
  身なりはどうあれ金さえ払えば入れてくれる店もある。

  それでも一食四名で金貨がそれなりに飛んでいくこの店とてかなり高級な部類であり、
  奢りの分際で何を贅沢な、と雪華綺晶は咎めるような視線を向けるが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {     「ここでも十分贅沢でしょう。
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧     と言うかエル、食べ過ぎじゃない?」
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉

951 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:13:11 ID:fZAUk0Ko
二381.



                              /::i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`=-、
                               (::::::::::::::::-、 :::::'ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::ヾ゙'-、
                          ,=''::"::::::::ヽ::::::::::::、\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\"'-、
                         / ,-'::::::::!\::::ヽ::::::::::、 :ヽ:::丶::::::::::::::::::::::::::::::::::\ `
                        //:::,:::::::/:::::、、:丶:\:\:ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        //:::: /:::::,:::::::::ヽ::\ :\::::::\:::\:::\:::::::::::::::::::::::::::::i、::\
                       ,! i::: /::::::/=、::::!::::\:\ ..::::::::::::::::::\ ::\:::::::::::::::::::::::丶ヽ、、〈
                        ! .i: /::::::/' i゙:i\:::::i,/フ7:\::\:::::::::::::丶 ::::::::::::::::::::::::::'i,  ``
 「ああ、心配ご無用です。        ' i::!i::::::iヽ-''  丶::!i、''-;ノヽ\\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
  私はいくら食べても太らない      i:! !::::i〈     ` `"゙´  '!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'i,
  エルフ体質なもので」          ! '!:::i ` `         '!:::::::::::i::::!::::::::::::::::\::::::::::::::\ヽ
                        '   !:l l'ー----、       !::::::::::|:::i::::::!::ヽ:::::::::丶::::::::\ ``
                             ':i .|7 ̄ ̄`ヽ      !::::::::/'!::l:::::|,:::::,、:::::::i,`''''ー-\
                    ,―''''j,,,-‐-‐'‐‐、      i      !::::::/ iンヽ:::!!::::i \::::l      `''
                  ー'´  /:::::::::::::::::::::::::ヽ   /     /'!:::/ !i  !:i ,イ:i  丶!
                    ,-(:::::::::::,=-‐iTTTl几_,,ィ'  ,,.<_.  !/ /   レ゙ !i  ,,   ´ ̄ ゙̄''
                  _/-‐'" ̄lニ)| .| | l,!/ー‐' _ ,-'゛  l、 `''l! 、,,_   | !  /
                  _,,,,,,,.. -‐'゙゙フ /゙l'''"´ `"゛´    〈 !, "  'l,゙\ l゙   /



                __
       .-――z^^7 ̄`((⌒ ._
    /    /   }(勾},ト、   `ー ._
   /    /     ((乂ミ=       ヾミ .   _
 /             _)}   .-‐        λ--__))
´     /7 /      /   -~ __     ゞ勾ハ
   / //  /     /    ((⌒' /    Ⅵ i
_ノ  '       イ /   //`).l /! / ,  Ⅶ !
.  /        /    //l\ レ'/ / } / //  :. !
 ̄´            {./ // r==>ミ / // 〃ル  i l
    /     /ス//{,// 7rッそ》}  八、/ } l  } |
   /     ∠ゝ、ン    _《 ゞト=ン γ=ミ / リ ./ ノ!    「誰が体重の心配なんか!」
 /     /__.У::.     ((⌒ーv_ソ"  辷ソⅣ/ノ  l|
      / ト、_ ハ::.            、   ハ /|    l|
_   /   {   ̄ト、::.    , r‐=z 、 ′/ /i l|    l!
7} `ー- ._ノ   ム 丶:.    l  ヽ:/   イ:.   | l|    l!
/          {__ヽ、ヽ:.   `ゝ=ァ’ イ !:.  | l|r―-lト、
i           /}  ≧x.._ ィ~zリ √ ̄ ̄〃    ⌒ヽ‐z

952 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:14:10 ID:fZAUk0Ko
二382.
―――――――――――――――――――――――――――
  表情を余り変えずに淡々と言葉を吐くエルだからだろうか。
  冗談なのか本気なのか分からないところが多く、
―――――――――――――――――――――――――――



                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::           「意外に口やかましいんですね。
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::           そうしていると、まるでやらない夫の奥さんか
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::            私のお母さんみたいです」
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`



――――――――――――――――――――――――――――――
  ずずっ、と紅茶を啜ってからの言葉を
  まともに受け取った雪華綺晶の方が真っ赤になって口ごもる始末。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                             ri iヾ, .r‐''´` l
                                 _ 、_  _ , ,,,,__,,ィ-‐-fニノ、_     l
                                fゝiノ)7''´           ``ヽ、  ヽ
                                {ニフ′                ヽ,  l
                               /        i   、    i i  i  .}  li
                              / / ,  i   i l i   li i i、ヽ ヽi  l l  l  l ヽヽ
 「えっ!?                      / /i i  | i  ll i l   l.ヽt 辷」]ヒ!セ l l  l l  、l入
  へ、変な事言わないでよ!          / l /l il  li ll  li _l 、  l  r佗卞ゝi lλ l .l   iλ ゝ、
                             /  v jlλ  l、; f彡_i ,い    f乂歹_ノ ヽl l   l/   l  入
 その、私―――                /     / ll i l i i_> iヾ } /////.l j /  i  ll
 こんな大きな子供、              /      / li ゝ j k _l ノ.ノ///     ! l /   l  ll
 産んだ覚えない、よ」            i     ノ  l j  l  l  ))       __  ノ i  l  l  l i
                       l   ,,イ   l i   ! i丶    rェ==ヱニィ イ  i   l  l  l l
                       ノ  7´   ノ /   l /  >、      , イ´  ノ   l  l  l l
                     / /    / /    / l  _ r-`丶 ィ'´ __f- /   /   l   l i
                    /  /    /  /    /  l_ ,f、_/  ノ ⌒てf彡 フ   .l    l   ヽ,


 
 
954 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:15:39 ID:LXV69k1U
きらきーの反応に2828w

953 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:15:10 ID:fZAUk0Ko
二383.
―――――――――――――――
  そんなやり取りの最中だった。
―――――――――――――――



.      i{!: :j{: ::!             ‘j:::::|V: :Vj
       !|: :|: .:`:..、   `'''^ー'     ,イ::: :|:: : :|゙}
       l!: : !: : ::::l:`i::..._、   _,,... イ::::l::: : !:: : :|
     j: : :.:i: : : ::l::j/´、ノ` ¨´i! ヾ:/:::::j:: : :l:: : :.|
     !: : :.::i: : : :.|   ! _ |  \/: : :j:: : : |  クスッ
     j: : : :::iヘ: : : l   「  .`|    /: : /::: ; : |
      !: : : :∧:ヘ: : |    !  |  /: : ∧:: ; : |
    j: : : /  ',',ヘ: |   l.   |  /: :,.イ V、: :|



                                             ,ィ
                                           /  ,// _、-
                                       , '/ /‐'::::,、ン'/
                                    , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
                                     _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
                                 r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
                                /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
                               /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
                               //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
                                !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
                                /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
             「―――!」           /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
                               /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
                            _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
                         ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
                        / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
                        ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
                        ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
                        、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
                      .  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
                      .   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
                         i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
                      .   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
                          ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
                          iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /



――――――――――――――――――――――――――
  その時、本当にごく僅かではあるが、
  コナタから笑みがこぼれて精神の精霊達が揺らめいた。

  そしてエルは、それを見逃しはしなかったのである。
――――――――――――――――――――――――――


 
 
956 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:16:37 ID:Syp2/vOI
そりゃ面白いだろw
コナタも

955 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:16:33 ID:fZAUk0Ko
二384.
―――――――――――――――――――――――――
  それから、こういう雰囲気は嫌いじゃないやらない夫が
  本番は上手くいったときの為に取っておこうと提案し、
―――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
           / ⌒  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |         「じゃあ、エル。
            |   ` ⌒´  |          三つの目的を全て達成したら、
          .  |         }          祝勝会としてそう言う店に連れて行こう。
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、         もちろん、キル夫も連れてな。
             /;;;i/      '、!\        それで良いだろう?」
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



                                        ,   ,,,.:-‐,,..... -
                                      , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                                       r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                                    r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                                       /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                                      ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                                      /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
                                  /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                                     i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                                    / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
「言質頂きましたーーーー!」             rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
                             / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
                             |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
                             /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
                            〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
                           /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
                            /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
                          /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
                    .      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
                         リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i



――――――――――――――――――――――――――
  ようやく満足した様子のエルが大人しくなったので、
  今度こそメイドに四人分の食事を注文できたのだった。
――――――――――――――――――――――――――


 
 
958 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:17:36 ID:.7ec/tAc
ない夫がパパみたいだなw

957 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:17:10 ID:fZAUk0Ko
二385.
――――――――――――――――――――――――――――
  バーカウンターの隣にはとても珍しい楽器が置かれており、
  奏者が奏でる優しくて静かな音色が料亭内を包み込んでいる。
――――――――――――――――――――――――――――



   |                               ||:::::n:::::::::::n::::::::n:::::::::i''i::::i'i::::::i''i:::::i'i:::::::::::::
   |                               ||:::::i'i i'i::::::i'i i'i:::i'i i'i::|[]|/.ヽ::|[]|:/.ヽ:::,ll、:
   |                               ||:::::|」( ):::::|」( ):|」( ):|  ||:...!|::|  ||:...!|:::l,_,l:
   |                               |≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
   |                               ||:::::n:::::::::::n::::::::n:::::::::i''i::::i'i::::::i''i:::::i'i:::::::::::::
   |  __________     ;;;      .    ||:::::i'i i'i::::::i'i i'i:::i'i i'i::|[]|/.ヽ::|[]|:/.ヽ:::,ll、:
   |  \::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::`ヽ            ||:::::|」( ):::::|」( ):|」( ):|  ||:...!|::|  ||:...!|:::l,_,l:
   |    ヽ::::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::)~♪        [三三三三三三三三三三三三三三三三
   |  ..∧∧ ::::::://::::::::::::::::::::::::::::::ノ              |     |:::::::::::::::::::::::::∧_∧:::::::::::::::::::::::::::::
   |___.|'(  ^)///≡≡≡≡≡≡≡).  :,. ~♪  .    |     |:::::::::::::::::::::::(´∀` ):::::::::::::::::::::::::::
  / ....|;;;|::::っ',. //≡≡≡≡≡≡_,ノ:::i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     |      /:/M>:::ゝ
/    /i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::ノ             |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ハノハ ̄ ̄
     [_| ̄::::::::::::::::::_,,.. -――┰'´             |                ▼・リソル
      ll ̄ ̄|| ̄ ̄       ||:,.              |二二二二二二二二二二二と   )二二
                                   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ___):::::::::::
                                   |:::::::::::::::::<  >:::::::::<  >::::し<  >:::::::::<
                                   |::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::||::::::::::::::::::||::::::::::::::::::
                                   └───‐▲───▲───▲───



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  弾んだ会話の邪魔をせず、しかし沈黙の居心地を悪くしない程度の絶妙な空気の中―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

959 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:18:10 ID:fZAUk0Ko
二386.



ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ     「ああ、こういう食事は
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.    子供の頃以来ですね」
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i



                                           ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                          {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                        /./       辷ニソ
                                       / /   l  l l  l (( \
                                         / / l  l| /i| i| i| | | l \
                         .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
         「私は逆に、大人になってから            /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
         何度かぐらいだな………」 .            /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
                                     /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
                         .           /  /   / ノ八  _     / /  i!
                                   /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                   .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                    i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                  / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                               /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /



――――――――――――――
  少し、感慨深い二人―――
――――――――――――――

961 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:19:10 ID:fZAUk0Ko
二387.
――――――――――――――――――――
  初めての体験に夢中になって口を動かし、
  お気に入りを見つけた者、一人。
――――――――――――――――――――



              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l    「これ………
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x     おいしい………」
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N
         `  N: :ゝ、_, ‐"` 、    ノ: : N : : l
         │: : :,‐´`   `l-イニ: /: : :ハ: : :l
             l : ,亠    ‐、l  `〉/: : : l: l: : :l
            ハキ  _     ヒ、、/ /: : :/彡l、: l
         l//)、 (:::::`:::、 ,'、゙、l Y : : /〃彡l l
         /l´ l '`,‐ニ┬┤l `,.l l /,´/  |l



                                              / ̄ ̄\
                                            /   ヽ_  \
                                            |    (⌒ )(⌒)
                                           . |     (__人__)
                                             |     ` ⌒´ノ
               「お、気に入ったのか?              .  |         }
                良かったら俺の分も食べるか?」        .  ヽ        }
                                              ヽ      ノ
                                           _,,,,ノ|、 ̄//// \、
                                       _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
                                       /     /  |  /\  / /    / ヽ
                                      ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
                                      {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ

962 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:20:09 ID:fZAUk0Ko
二388.
―――――――――――――――――――――
  微笑んだやらない夫からの申し出に
  コナタはかなり長いこと考え込んだ後、
  恥ずかしそうに手を伸ばして有り難く頂戴し、
―――――――――――――――――――――



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V    「う………うん………」
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l



                             ノ } , - ' ´      ̄`ヽ      <'´r‐'    ,
                          /入y'´              ` ー 、_≧彡>┐、/ V}
                         /≧/     /               ヾ廴{i}.」ヾil´"
                         V /     ./i  i               ト=イ´  ト
                         /./      / .l  l     i        i { r‐'´   i i
                         Ⅵ     /  l  l     l        l ゞ、      il l
                        /  i _  .i  l  l  i   ハ  .|   :i    | i      ハヘ
                          i   { ゝ、_ |   l  l  l  _ヘ. l  .l    | l      i l ヘ
 「ふふふ………」       .      {   l   ./ ハ  l  l 升´  i ヽi  /    / il      V.ハ
                         |  .l  /.// >┐_ハ i .lハ  il  \/     Y/      i ハ
                        K  l  .K<イ- 、 } ゝハヾハ_ ilヾ 人   //       i . |   .ヘ
                        /V ハ  ト/ <=_ノ/K   -===、i / / ./イil .      l ∧    }
 (こうしてると、                  / i ハ  Ⅶミ_,ィ┘ ,    ""  ././i イi i.      |   V  ノ
  普通の子なんだけどな。        /  .l   ゝ ミ  ノ/        /ィ // |.l |.       l   レ'´
                        /   i  Kハハ \{<  ー -   -=彡 .//  Ⅶ.      i   i
  もし私に妹が居たら、.        i     //  V /.\.         イ.┤/.ハ  i       l.    |
  こんな気持ちなのかな?)    l/    //    /__.≧、_  < ヽ il\─ 、 l       |.    |
                     /    // i ̄ ̄\  i}=v| ̄ ̄  /_ ─<       ヾ    ハ
                    ./.     レ/'´\    > V / /  Ⅶ⌒/ .ハ           i
                    i.    //人_ \-<_ ∧./ \_/  /  /  ` ヽ     i .、 _  l



――――――――――――――――――――――――――――――
  そんなやり取りを見て、何故だか心が温かくなる雪華綺晶だった。
――――――――――――――――――――――――――――――

963 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:21:10 ID:fZAUk0Ko
二389.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そんな良い雰囲気にも遠慮無く乱入するエルの勢いはとどまる事を知らない。
  甘味に忠実と言うより、もはや駄々っ子である。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\          「いや待ってください!
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ          食べないのなら私も欲しいです、
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i           じゃんけんにしませんか!?」
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i



                                _,_,;_‐: :'':'':¬:‐.-. .,,_  _,,,r.、. . . . .,,_
                                    ̄,.¨ニ=-: : : : : :``/: : : : : : : : : :`:`:丶. 、
                                  /,. ‐ '':":´: : : : : :.:l::: : : : : :: : : : : : : : :ハ: :\
                                   ,:'゙'"   ,.     /.::;:!:::. : : : :.::. : : i;. : : : :J、: : :.ヽ
                               /  . . /: : : : : : /:::/ !:::|: : : : i:::ハ: : i::. : :  ヽ: : : ゙:,
                               /. . : :,,: イ: : : : : : : : :i:::/ !::::!: : : :.l::l. i: : i:::. : : : :i, ゙; : : : i
                              /: ; -'" /: :/: : : : : /:.;!:::i  l:::::{: : : :.|:l  i: :.i::::. : : : i: :i: : : :|
                            //   /: ;.l: : : : : :/、/!::l   l::::!i: : : :.!l   i: :ト;::::. : : :i: :i: : : !
                            '"     ; :/ !: : : : : l: :l`ト!、,,_,,i::| ∨; 、| _,,. ⊥j‐<": : :.!: :i: : :!
                 「ヤダ」              !:.! !: : : : : !:≧土ュ,,__ !| ∨.:.「 _,,,」:L-v: : :.|: :j: : !
                                   !:l  !: : : : :i:!:lヤ[゙゙天゙トヾ  V:.| 行゙天゙丁ヤ: : j: :.|: :i
                                   l:l  ∨: : :.i::!ハ r' ーイ|     ヾ| r' ーイ ! j:};. :.l:|; j):l
                                  l:!  V: : :!:i:{::i ''" ̄        ̄l゙lT・l:i::i: :!:j,}:!: l
                                 {|   ∨.;!::::::::!、             ,':':::V:.i:{:リ: |
                                     V l:::::::::::`丶.、,,_ ∠ヽ  _,,...イ':: : : /:::!.: :.|
                                           l.:.::::::::::::i:::::::::::/丁´ ̄,レ ヾ:l: : : /:::ヾ!: :.|


 
 
964 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:21:20 ID:2QD5iZ8k
普段の食事レベルが気になるな

965 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:21:58 ID:.7ec/tAc
エルさんおちついてくださいwww

967 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:22:25 ID:TdfKx.2Q
エル待てやwww

968 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:22:58 ID:sEY75Wtc
孫と爺が取り合いしてるみたいだなww

966 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:22:10 ID:fZAUk0Ko
二390.



                __
       .-――z^^7 ̄`((⌒ ._
    /    /   }(勾},ト、   `ー ._
   /    /     ((乂ミ=       ヾミ .   _
 /             _)}   .-‐        λ--__))
´     /7 /      /   -~ __     ゞ勾ハ
   / //  /     /    ((⌒' /    Ⅵ i
_ノ  '       イ /   //`).l /! / ,  Ⅶ !
.  /        /    //l\ レ'/ / } / //  :. !
 ̄´            {./ // r==>ミ / // 〃ル  i l
    /     /ス//{,// 7rッそ》}  八、/ } l  } |        「エルはいい加減にしなさい!
   /     ∠ゝ、ン    _《 ゞト=ン γ=ミ / リ ./ ノ!
 /     /__.У::.     ((⌒ーv_ソ"  辷ソⅣ/ノ  l|        ………ほんとにもう、
      / ト、_ ハ::.            、   ハ /|    l|        一番大人なのに恥ずかしいんだから!」
_   /   {   ̄ト、::.    , r‐=z 、 ′/ /i l|    l!
7} `ー- ._ノ   ム 丶:.    l  ヽ:/   イ:.   | l|    l!
/          {__ヽ、ヽ:.   `ゝ=ァ’ イ !:.  | l|r―-lト、
i           /}  ≧x.._ ィ~zリ √ ̄ ̄〃    ⌒ヽ‐z



――――――――――――――――――――――――――
  もちろん雪華綺晶が鋭く突っ込んだのだが
  ため息を吐いたやらない夫は諦め気味に無制限を許し、
――――――――――――――――――――――――――



                                            / ̄ ̄\
                                          /       \
                                          | _ノ  ヽ、   |
                                          | (ー)(ー)  |
                                          |  (__人__)   |
                             .             l  `⌒ ´   }
                                           ヽ      ./
           「分かった分かった、                   /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
            好きなだけおかわりしろよ」          ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
                                       //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
                                    ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
                                   /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
                                   |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
                                   l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
                                   i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
                                   〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
                                  /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
                                  .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|

969 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:23:10 ID:fZAUk0Ko
二391.
―――――――――――――――――――――――――――
  その言葉を待っていました、とエルは右手をぶんぶん振って
  呆れているメイドを呼んだ。
―――――――――――――――――――――――――――



                             , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
                           _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                          _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                        ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
                           ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
                          〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
                          ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
                            i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
     「店員さーん!                l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
      追加おねがいしまーす!」 .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
                              " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
                                 '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
                      .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                    !'i   j       ~ヽ
                                    リ 、 /  ―ー '''"""f,
                                    / _冫'''~            ',
                                  / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
                                 l!~    /         ヽ. !
                                 ソ.    /   ン      、 ', l
                                 /    /   /          ', ', 'i
                                /    '   /            i. ', l



               ∧⌒7⌒}⌒7⌒ヽ
             〃  ∨厶イ-―-.<_)__
          /:|   U: :i: i: : : :.i: : :\ノ
            |:.:|     |:.:l :l:.: : : l: : :!: ハ
.          |:/廴_ノ _l 」ノ: : :|: : :!': : :|
.           |:},イi |: : :|_l:_」⊥:.:_l\」 : :.,′
         |: :.:.ヽ|: : :| ´  ̄`  'べ7V
          |: : : :::|: : :|、   、_′ .' |     「はい、ただいまお伺いします」
        ハ: : :::::| : :.|.l\  ,.. '::|: :|
       / ̄厂\.:.: |\__ {´ :::_ |: :|     (うっわ~、あの卓まだ食べるんだ)
      ヽ/:::! ,ハ〉: |  /个<_」|: :|ハ
      rv'{::::::::`'ー‐ハヽ!ヽ/\ッ'く. |: :|/}
     /   |::::::::::::::::::ノ )  / 厶ヽ.:|  ヘ
    {   l::::::::::::(´_ハ_〉 /  乂 〉 \__ノ
     \__ノ::::::::::::::::::::::::::〉/_/_人_ノ___.イ }
     ( 廴::::::::::::::::::/        V′
       ヽ  `゙ヘ::::::::::::、     /   ,::7
        `) /:ハ:::::::::::::、    /{  /:「


 
 
970 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:23:15 ID:VOR4zR7I
エルひどすぎるw

971 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:24:03 ID:2QD5iZ8k
無制限…店の甘味が全滅するのかw

972 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:24:10 ID:fZAUk0Ko
二392.



                                /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                                 /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
                              //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
                              /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                              iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
       「この頁の全部で」           リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
                             ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
                               リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
                                !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
                                  i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                                    リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                                    `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                        ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                          ヽ'  /     i         ',



―――――――――――――――――――
  そして炸裂する、本日二度目の禁じ手。
―――――――――――――――――――



                    ((まさかの二周目ッ!))

        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \                      / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
      |    ( ○)(○)                     ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
     . |  U  (__人__)                 .   {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
       |     |r┬-|                     ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ ⊥..」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
     .  | ι   `ー'´}                  .    从从八;ゝ=:)) `` Tij:7ヽ/:/: / . : : :,′
     .  ヽ     u  }                       〉〉〉 〈(必リ, || | ||゙ー'/: /: / .:/ : /: :
        ヽ     ノ                       j ij : : j{((′   u /: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
        /    く  \                     ,','/. : :八   ー  ,'. : ::;' : : : :', : :', : : : :
        |     \   \               .    / /. : :/.: :j\    {: : :::{ : : : : :ヽ.: :、: : :
         |    |ヽ、二⌒)、              .  ノ /.: :ノ. : :ノ :ノ:`¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :


 
 
973 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:24:16 ID:d3LYQmQg
喰った分はちゃんと働けよエルw

974 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:24:16 ID:Syp2/vOI
売り上げどれだけになるんだよw

975 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:25:02 ID:NBljlg.2
ま、まあ頭脳労働したら糖分使うし仕方ないよね!

とでも自分に言い聞かせないとたまらんだろうなあw


977 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:25:36 ID:zUCuOcgk
エルフって食い溜め出来る種族だったのか!

976 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:25:30 ID:fZAUk0Ko
二393.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――否。

  それだけでは終わらなかった。
  禁じ手のみならず、焦土作戦に出たエルを止める者はもはや居ない。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                        ,   ,,,.:-‐,,..... -
                                      , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                                       r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                                    r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                                       /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                                      ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                                      /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
                                  /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                                     i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
 「それから、この店はもちろん                 / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
  持ち帰り出来ますよね?               rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
                             / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
  ある分全部お願いします」            |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
                             /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
                            〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
                           /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
                            /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
                          /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
                    .      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
                         リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
                        /r'  ii"     /               /  l  、   i
                       く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k



               ∧⌒7⌒}⌒7⌒ヽ
             〃  ∨厶イ-―-.<_)__
          /:|   U: :i: i: : : :.i: : :\ノ
            |:.:|     |:.:l :l:.: : : l: : :!: ハ
.          |:/廴_ノ _l 」ノ: : :|: : :!': : :|
.           |:},イi |: : :|_l:_」⊥:.:_l\」 : :.,′
         |: :.:.ヽ|: : :| ´  ̄`  'べ7V
          |: : : :::|: : :|、   、_′ .' |       「あの、生菓子は保存が
        ハ: : :::::| : :.|.l\  ,.. '::|: :|        利きませんが………」
       / ̄厂\.:.: |\__ {´ :::_ |: :|
      ヽ/:::! ,ハ〉: |  /个<_」|: :|ハ
      rv'{::::::::`'ー‐ハヽ!ヽ/\ッ'く. |: :|/}
     /   |::::::::::::::::::ノ )  / 厶ヽ.:|  ヘ
    {   l::::::::::::(´_ハ_〉 /  乂 〉 \__ノ
     \__ノ::::::::::::::::::::::::::〉/_/_人_ノ___.イ }
     ( 廴::::::::::::::::::/        V′
       ヽ  `゙ヘ::::::::::::、     /   ,::7
        `) /:ハ:::::::::::::、    /{  /:「


 
 
978 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:25:46 ID:L4WT80wA
結構非常識だなこいつwwwww

979 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:26:11 ID:fZAUk0Ko
二394.
――――――――――――
  かに、思えたが―――
――――――――――――



                                    i:: ::::::::::::::::::、:::、:、:::、:::、:::::::::::,:::::::ヽ:::゙::::::ヽヽ::\::::::ヽ:::::',ヽ:::
                                    i::: ::::i::::::: ::::l\、ヽ::::ヽ::::::::::::',ヽ',ヽ、:::::、:::::::ヽ:::ヽ:ミ、:::ヽ、:::::
                                   i::::l:ヽ::::!::::::!:::l ッtー゙、:::::::::ヽ::'、::', ゙ヽ.ォ-=-、:::::::::::::ヽ:::ヽ:::',:::::
                                .  i:::!l:::::ヽ::::::::::::l.il k::::::ハ\:::::::、:、ヾ:、〃k:::::::ソヾ、:::::::::::ヽ:::ヽ::::::
                                . ,ィ''i:l' !i::::::',:::::::i::::iヾ-.ニ_-' :ヽ:::',ヾ、ヽ.゙ 、..二...;シ ゙i:::::::::ヽ、::::::::::::
       「問題ありません、              イ l リ  'i::l::::',::::::':,':! ゛""   i ヾ:、 ヽ` `""""  .li'i::::::::::::ヽ::::::::
       ホールディング・バッグがありますので」  ..ヽ/ ',  i:il:::::',::::::kヾ、    !    ヽ           l!.l::::::::::::::::ヽ、
                                  ヽ ;  ii i::::、:::::', `     、              ! !:::;:::lヽ::',i!`
                                   ヽ ', ':, ',::i 'i::::':,     ヾ、 -‐           /.l::ハ::l ヽ::i !、
                                    ', ', ヽヾi ',:::::i、  ヽ、 ..__         , ' .i:l. リ /入',
                                    il ', ,ン''ヽ-'i:::l._ヽ   `.{i ゙マ''"""    /   i! ,/./ i`
                                   ,-┴'゙ ' ー ゙ 'i:l、 ゙\.  リ   i     ,..:''    ! , ' "  .i
                                  /          ゙! ゙ヽ、 ヽ/   i  ,..::'::''     /, '  /.!
                                ..r'゙_  il. ,          ノ゛   i'.、イ:::'''      //  ノ



:::;:':::::::::::::::::::::/,!:.:.:.:./:j:.:. : :/: : :.|  l:|
;:':::::::::::::::::/: : /:.:./: :l:. : :/;.:. : :i   リ
::::::::::::::/|: : :./:/: : : :!: :.//|:. : ,'
:::::::::/::::|: : ;シ'゛: : : : :i: /:/ !: :,'
::::;r'::::::::::| : : : : : : : : //|:'   l:.;'
:/::::::::::i:::|      '" l  j/
::::::::::::::|::|     ,    l         「………しろ」
!:::::::::::::l::|     └-、_, ノ
l:.:.::::::::::!:|       _,,.-''′
.!:.:.:.:::::::l:|::¬'''"´
゙l:.:.:.:.:.::::l|::::::|
. l: : : : : l|:::.:.|
 l: : : : : |: : :|



――――――――――――――――――――――――
  もう我慢出来ない、とコナタの口から言葉が漏れる。
――――――――――――――――――――――――


 
 
980 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:26:21 ID:sEY75Wtc
何年分の糖分を摂取する気だwwww

981 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:26:25 ID:TdfKx.2Q
ひっでぇwww

985 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:27:53 ID:8czbZT72
胃袋もすごいが他人の金でそこまで食える根性がすげえw

990 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:28:38 ID:TdfKx.2Q
>>985
他人の金だからですよwww 他人の金で食う飯は旨い(キリッ

982 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:27:10 ID:fZAUk0Ko
二395.



                                         /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                      /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                        /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                      ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
               「ん?                    /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
                何か言いましたか?」        /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
                                         i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
                                       'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
               (やはり―――)              'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
                                           ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                         ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                              リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                  ``ヽ、 //  〃         ヽ



―――――――――――――――――――――――
  エルはそれを待っていた。

  先程までは仮説でしかなかったが、
  コナタの感情に刺激を与える事が出来るのは
  やらない夫や雪華綺晶の二人だけではない、
  自分もその気になればそれが可能なようなのだ。
―――――――――――――――――――――――



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V    「ちっとはエンリョしろ………
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/        恥ずかしいじゃんか………」
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l


 
 
987 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:28:03 ID:p2Hl5phE
敢えて、道化を演じるか・・・

988 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:28:10 ID:fZAUk0Ko
二396.
―――――――――――――――――――――――――――
  これまで十年の間、自分は共に居て何をしていたのだろう。
  保護者とは名ばかり、命と生活を保障するだけで
  コナタを育てることが全く出来ていなかったのではないか。
―――――――――――――――――――――――――――



                               ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                              i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                            i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                               !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                  .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                               i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
    「ですが、せっかくの              !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
     機会ですし………」                  /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
                               '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                  `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                  .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                    ヽ、、      /::::    : //
                                        i    ., '""'-、,,__.._ //
                                       ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                               |.  ヾ、:/



――――――――――――――――――――――――――――――――
  冒険者として生き抜く術、最低限の知識。
  それ以上の事は自分には教えられないと思っていた。

  なんせエル自身も少年期に町を追われて一人、旅をしてきた身である、
  自信があったとはお世辞にも言えない。
――――――――――――――――――――――――――――――――



                 ,. ‐,ニニ丶、
            //´   `ヾ:
            j.:/
            {:{          _,.,
             ,. -:`: :": ̄:゙゙: :'':‐- :'": :|
         /: : /: : : : : : : : : : : ; : : : :「 ̄二: :_‐.、
       , ': : : :/:./: : : : :,: : :.ィ::!: : : : j: : : :`ヽ、``丶、
        ,': : : :./, ':::; : : : :./: :, ':|::!: : : : ;{: : . . 、 ` 、
       i: : .:: :,!':::::/: : : ;/: ; '::::::!l: : ; : :ハ: : : : :、: : .ヽ
        !: : :::/::::::/: : :7フア'‐::::::l!: /: :.,'_;;;j: l: : : ヾ::、: :゙:
      .|: ; /::::::;,': : :/_l/___::::::j.:/ : /::::::::i:.|: : :i: l`ヾ: :l
.      ,!',/:;:イ,': :./!{T示干':::::;!/: :/ィ夫ォキ|: : :l: :!  ヾ}
      /イj/:/_|:!: /::|::.!_ l|::::/イ:./::l_ l | lハ{: : :{: :|
     / !: :゙ ' ||;/::l:|:::ヽ-' .::::::::::!/:::::iー' :::!:l'|: : ハ:|     「………めっ、ってするよ?」
       .!: :: ゙l'||:::: i:|::  ̄    '′  ̄ ・l::l !: ,' ゙:,!
       j: : : l::l :::: :i:ト,、      ,,  _,..ィ:.|. |/
      /: : :/::;l ::: : iヘ. ` 7 、-‐ァ:'/|:l::::: :|
     /: : ;!く . l: :: : :i.゙:、 い`ヾ、/ |:|:: : :|
     /: :./\\.!; ; ; ;.i ゙:、-┤ || ト.||: : :.|
     /: :.{'^ヽ ヽ.ヾ: : : :l ゙:、 |  || |ハ|: : :.|


 
 
989 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:28:32 ID:2QD5iZ8k
自分の欲望に忠実かつ、計算づくとかたち悪すぎるwww

991 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:29:02 ID:p2Hl5phE
>>989
流石切れ者だなw


997 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:29:44 ID:sEY75Wtc
俺にもめっ、てしてくれ!

992 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:29:10 ID:fZAUk0Ko
二397.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今思えば、簡単に人一人を預かる事を決めた自分はなんと傲慢だったのだろう。

  それでもライトを追う事は辞められない。
  そしてまたコナタと別れる事も、彼女から言い出さない限りはしたくない。
  ―――エルとて、コナタの中に安らぎを見出しているのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                            ,ィ
                                          /  ,// _、-
                                      , '/ /‐'::::,、ン'/
                                   , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
                                    _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
                                r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
                               /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
                              /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
                              //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
                               !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
                               /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
    「仕方ないですねえ」              /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
                              /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
                           _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
    (おお………            ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
     怒りの精霊が………!)    / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
                       ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
                       ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
                       、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
                     .  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
                     .   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
                        i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
                     .   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
                         ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
                         iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ならば復讐を終えた後、彼女が普通の生活に戻れるように、馴染めるように努力しよう。
  そんな目標が芽生え始めていた事に彼は気づき始めている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
993 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:29:17 ID:IjQ2XpHs
こんな切れ者は嫌だw

996 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:29:39 ID:f08SJLRQ
計算だったのかー

6 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:30:09 ID:DTTM7c9A
二398.



             .,  -‐‐   / /> ヘ  \     ┛┗
    ))   , -'  ´ -‐    ‐- 、 ゞヘ_ソ_/   l  ┓┏
   r-))-ノ、/ /       l    \ (( _i    !
  / { トコ} /          l     ヘ  l.   l
 /  i-イ 7/ i i  ヘ  i ヘ  l   l l  l  !   \_
 ヘ   i  l ! l l   :ヘ  i ヽ  lヽ ,_! l  l  ヘ    i
  }  l l  l l i    ヽ l  ヽ,.イ´i ;l l l  l  \   l
  7  l  l l  l ヘ  )) \ァイ´ lrェェlュl    l   ヘ l
 /   i!  l l  _..r-、((  \r  イ::fj:::::?   l    l  l
 {  /  / i l { /r-\ }    込zzノ i   l    ヘ,
 !  l  i  \! f i_トー} )-i        l    l      l    「コナタの言う通りよ!
 \  l l    i--=、___ノ '  ___     }   l      l     いい加減にしなさい!」
   l   l    l  ))     '´ ´   /-!  l __     l
  l   l     l   ` ‐--___  イノ /____ j l  \_   `
  {   l         `''' }  ノ __r-ト---、   \
   \ l     r-_--i _ノ-イll><l l   (_
     i へ,   / l  ̄コ    ll><l l    /
    {  r、/ / r-l   ニト.  r-i i--i i-}⌒{_
     ∨ l l  マ---i ilノ--<  --    7  )
       {  l  i  `---  <     (_   l ヘ
        i  ヘ 7    r-'      _~)   /  l
       l   i/    /        (__   }   i



                                    /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
                                /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
                               /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´
                              //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
                             /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄
                             |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\
     「では、持ち帰りは無しで」        |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄
                             }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
                             |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
                             / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
                               .l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
                               r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
                             /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
                            ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
                           |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |



―――――――――――――――――――――――――
  とは言え、せっかくの高級甘味を味わい尽くす機会を
  むざむざと捨てる事もしたくないので、
  苦渋の選択でお土産を諦め―――
―――――――――――――――――――――――――


 
 
7 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:30:49 ID:uWc/EEQE
Lの胃袋無双中。

8 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:31:10 ID:DTTM7c9A
二399.



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬      「結局、今は食べるのか」
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



                              / ,-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              /i /:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              !:i i::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              >::ヾ::::::\::::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::
                             /i:::::::::::::::!,::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::,
                            //::!,:::::::::!::::::!:::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                           /::::':::::!:\:::::ヽ::::::::::::::丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
                          /:::::!:::::::::::!'!\::::::::i\:::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         ..,i::::::::!::::::::/=、!:::!!:::::::i, ,ァ\::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         ..!::::!::::!::::::/r:iヾ!:i\:::i,!(:::)ヽ::::::::\\:::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::\
 「食べられるときに             ..i::::!:::ii:!::::il ''',,ノ ヽ \i'==‐'''´ \ヽ::::\::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ー=
  食べるのが冒険者ですから」       !ii::::!::::ヾ!゙゙,´       ゙       !:!:::::i::::::ヾ:::::::\::::::::::::::::::::::
                          ゙!!::i!::::::::! ヽ ‐          !ii:::::i::::::::::::::::::::::',:::::::::::::\‐
                           !i ヾ::::i,             i!|:::::!:::::::::::::::::::::::\::::::::::::\
                            i! ゙!:::i、  F二ニ=-‐        ! !:!::!:::::ヾ::::::::::::::::::ヽー-、,,,,
                            ゙!  ゙!:i゙!、              !:i/゙\::::::i-、::::::::::\
                               !i ゙i、           イ゙!i゙    \i、`゛'ー、:_::\
                               ゙! ゙!、      ,,、イ   !i     ヽ     ) )`
                                 !i'ー---‐ヾ:::::::::::   !         // |
                                    ゙!,、-‐'フ´/ヽ::::        /      // !
                               ,-'"´  / / i"\      /      //
                               ノ        ( i 、 ヽ     /     / /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  胸焼けしそうだ、と額に手をやったやらない夫の前で満面の笑みを湛えたエルは、
  やがて運ばれてきた大量の甘味をしっかりと食べきったのだった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

9 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:32:11 ID:DTTM7c9A
二400.
――――――――――――――――――――――――――
  もう二十一時を回っている。

  すでに店内もちらほらと空席が出始め、
  料理よりも甘味や酒を楽しむ席が増え始めているようだ。
――――――――――――――――――――――――――



                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::     「………さすがに満腹です」
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::  ゲフッ
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ



                                  ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
                             _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
                            ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
                            l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
                            l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
                            l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
                            ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
      「一体、あれだけの量が      . // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
      どこに収まったのかな………」  //,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
                          イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
                            /,,_   }li ゝ、i, )).      .lil .li l i ,l .{
                           l    7 i! !i)..ゝ..,_. ⌒",./il  il \\\
                              ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
                             /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
                             7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l

10 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:33:10 ID:DTTM7c9A
二401.
―――――――――――――――――――――――――――――
  結局、腹八分目に抑えていたのは雪華綺晶とやらない夫で、
  コナタとエルは満腹中枢が悲鳴を上げるまで食べ尽くしていた。

  呼吸もおっくうそうな彼女は
  今も腹を突き出した楽な体勢で天井を見上げており、
―――――――――――――――――――――――――――――



            _          ,、     .ノソ
      -一=ニニ ,, ̄ ゙'一T ̄~! ヽー- '´'',,_
            ,, -‐ ゙´: : : : : : : :i!: : : : : : : : : : ::`゙:.、
        ,/: : : ;; : : : : : : i: : ::|: : : : : : : : : : : : : : 、ヽ
.       /: : _/     :i!::: /|: : : : : :i : : :     ヽ`,
.      /:,, ィ/    /: : : | : / .|: i: : : : |:ハ,: : : : . . .  ヘi!
      // ./ . : : : :/: : : ,,|-‐ト、.|: |: : : ::|!_⊥ _ : i: : : ::i: ハ
.    /  /: : :/: : :::i!: ://|: /  |::|i; : ::::|  ヽ`ヾ|: : : :i!: :|
         l: : ::i: : : ::l: : : ./ |/   !:| l! : : :|   Y: :|:::: : ::| : |
.        l: : /l: : ::::l: : :/  |     !| l.: ::::|    ヾ:}::: : : |};: |
       l: :/ |: : :::::l: : ! ___, i!  ヘ: ::|___i!;:: : ::l::i!::|
.        !/. l: : ::ハ:!: i!. ━━━    ヽ:|━━━ i!::::: l:::|ヘ!
         l.   !: ::{::!,X:|:i  ,,,,       .  ` .,,,,, ・i!::|::::l::::|      「苦しい………」
            ヘ:::|!:`ヘ| l               l::::|::i!:: |
          ヾ||:::::|:::::゙'s、.,  ⊂ニニ⊃   ,..ィ゙:::::レ' : :|
            | ::::|: : : .|::::≧=‐----‐=≦::::|::: : :|:::::::|
.   _y⌒ヽ-一ッ  |:::::::l: : : :i!´  {~     ~}  `|::: : :|:::::: |
  ´      <´   .|::::::::}: : : :| . ヘー-一ノ  . l: : : i!、::::::|
 (        }   l:::::::ハ: : : lヽ  ',   /    |: : : l /,:::: |
  ヽ   _,,ノ   l ::::/ ヘ: : ::l 、ヽ ヽ /   .ノ|: : ://:ハ :: |
   ゝ一''      |:::::!   ヽ: ::l ヘヽ V  /´l: : /'   ハ:: |



                                          / ̄ ̄\
                                          /  ヽ_  .\
                                         ( ●)( ●)  |
                                        (__人__)      |
                                         l` ⌒´    |
         「一息吐いたら出発するってのに           {         |、
         よく食べたなぁ………」                 {       /
                                    _. -: ´Λ     _.へ` 、
                                   r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
                                 /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
                                 |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
                                 〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
                                 /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
                               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  出発を控えた身としては褒められた事では無いが、
  何故だかコナタがそう言う姿を見せているとほっとするのも確かだったりする。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

11 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:34:10 ID:DTTM7c9A
二402.



                                            ,イ∠.-7_
                                             i::::::::::::::::::::ミー
                                           r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                          n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                        r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
      「年がら年中張り詰めていても保ちません。   .     {__. i レ/ 丶        ヽ
       息抜きすべきときはしないと、ですよ」            ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
                                           〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
                                          ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                           λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                          | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                          ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                            \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                            '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
                                              \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
                                                〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―‐ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i       「それは、そうだけど」
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zブ ,  i   i!  │
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ'     ' 冖` /  |   |   !       (自己弁護が上手な人だねぇ………)
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '      /,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{  ゝ.   ´=`    イ /   リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ  j⌒}r、  -  <iム,'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \  ⌒)__r- '^Y´ 7 ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.)     ))   ム  i ヽ      `ヽ、  .!

12 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:35:10 ID:DTTM7c9A
二403.
―――――――――――――――――――――――――
  胃に集まっていた血も戻り始め、思考能力は問題ない。

  そろそろ、王都までの進路の最終確認をしておこうと
  頭の中で周辺の地図を広げた時だった。
―――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }           (さて。
           ヽ、      ソ            王都までの行程は―――)
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ          |   あの………   .|
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,            乂________ ノ
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}

13 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:36:11 ID:DTTM7c9A
二404.



             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |
            |  (__人__) |          「ん、どうした?」
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }           (コナタから話しかけてくるなんて、
          __,, -ヽ     ノ -、          珍しいな)
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"



―――――――――――――――――――――――――――――――
  おずおずとした声に思考を中断したやらない夫が目を開けてみれば、
―――――――――――――――――――――――――――――――



          /.:/    `ヽ
            l.:/       |
          !{   _ _ _      _
          , .-:'':":´: : : : : : `:`: :.':´:.ヽ. __
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヾ.: :`:丶、
     ,  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::. : :i:::.ヽ``丶:.、
     ,'           . . . . /: : ::i::. : i:::::::`、   ``
      i. . . . . . . : : : : : : : : : : : :./: : : ::!:: :.i !:::::::::゙:.
      !: : : : : : : : : : : : : : : : : :./; : : .::i:::: ,|:.|::i、:::::::i
      !: : : : : : : : : : : : : : : : :.//: : : :/::::/:|:|:::!`、:::::!
     i: : : : : : : |: : : : : : : : :/イ : : :.イ::::/i::l;!::j  ヾ::!
.     l: :: : : : : :|: : : : : : : :/'┤: :./ !:;イ:ハ:リ::l   `:!
      !:.:: : : : : :j: : : : : : :/'{. !: ; ':.!j/ |/ !:/       「あの………」
      l ::: : : : : :j: : : : : : :.:: |7イ: : |  ,!  !'
.     l:.::: : : : : :.|: : : : : : .:: |'_!|: : :|‐'′
     j: ::: : : : : :.!: : : : : : ::: !/7 ヾ:|
      i: :::: : : : : :|: : : : : : ::::.|/ /´`:!
     ,!:.::::: : : :.|: l: : : : : : :::::l' /  `、
     !.:::::::: : : l: :!: : : :.: : :::::l /    i
    j ::::::::: : :.i.:.l.: : : :.: .:::::::l l    |

14 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:37:10 ID:DTTM7c9A
二405.



                           ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                            |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                            /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                              { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                  |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                  |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
             「……………」          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                     |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                    リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                               __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                           ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                      ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                          l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                        | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                      、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



―――――――――――――――――――――――――――――――
  やはり滅多に無い事に、言い悩んでいる彼女に注目が集まっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――



         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./     「コナタ?」
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
  /,,_   }li ゝ、i, ))    。   . lil .li l i ,l .{
 l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l

15 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:38:10 ID:DTTM7c9A
二406.



                 ,. ‐,ニニ丶、
            //´   `ヾ:
            j.:/
            {:{          _,.,
             ,. -:`: :": ̄:゙゙: :'':‐- :'": :|
         /: : /: : : : : : : : : : : ; : : : :「 ̄二: :_‐.、
       , ': : : :/:./: : : : :,: : :.ィ::!: : : : j: : : :`ヽ、``丶、
        ,': : : :./, ':::; : : : :./: :, ':|::!: : : : ;{: : . . 、 ` 、
       i: : .:: :,!':::::/: : : ;/: ; '::::::!l: : ; : :ハ: : : : :、: : .ヽ
        !: : :::/::::::/: : :7フア'‐::::::l!: /: :.,'_;;;j: l: : : ヾ::、: :゙:
      .|: ; /::::::;,': : :/_l/___::::::j.:/ : /::::::::i:.|: : :i: l`ヾ: :l
.      ,!',/:;:イ,': :./!{T示干':::::;!/: :/ィ夫ォキ|: : :l: :!  ヾ}
      /イj/:/_|:!: /::|::.!_ l|::::/イ:./::l_ l | lハ{: : :{: :|
     / !: :゙ ' ||;/::l:|:::ヽ-' .::::::::::!/:::::iー' :::!:l'|: : ハ:|     「………作法、教えて。
       .!: :: ゙l'||:::: i:|::  ̄    '′  ̄ ・l::l !: ,' ゙:,!      出来なくて、恥ずかしかった………」
       j: : : l::l :::: :i:ト,、      ,,  _,..ィ:.|. |/
      /: : :/::;l ::: : iヘ. ` 7 、-‐ァ:'/|:l::::: :|
     /: : ;!く . l: :: : :i.゙:、 い`ヾ、/ |:|:: : :|
     /: :./\\.!; ; ; ;.i ゙:、-┤ || ト.||: : :.|
     /: :.{'^ヽ ヽ.ヾ: : : :l ゙:、 |  || |ハ|: : :.|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  視線が集まって、ますます言いづらそうだったコナタはたっぷり二十秒は言い悩んだが、
  やらない夫に食事作法について教えてくれるよう願った。

  店内の雰囲気に呑まれながらも見よう見まねで誤魔化そうとした挙げ句、
  結局どうにもならずに心苦しい思いをしたせいだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                     / ̄ ̄\
                                   /   ヽ_  \
                                   |    (⌒ )(⌒)
                                  . |     (__人__)
                                    |     ` ⌒´ノ
        「ああ、良いとも。                .  |         }
         祝勝会に備えて覚えておこう」            ヽ        }
                                     ヽ      ノ
                                  _,,,,ノ|、 ̄//// \、
                              _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
                              /     /  |  /\  / /    / ヽ
                             ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
                             {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ

16 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:39:10 ID:DTTM7c9A
二407.
―――――――――――――――――――――――――――
  一番慣れていた様子の彼を師事するのは当然とも思えたが
  これまでそれを教えて来なかった保護者に一言、
  言ってやりたくなった雪華綺晶が一部すると、
―――――――――――――――――――――――――――



、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
  l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
.  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
. 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
 f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
 ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
.  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!         「あれあれ?
  \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ         役目が取られていませんか?
   ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ                ・ .・ ・ ・
   /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ       ―――お父さん?」
 / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
.   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
 /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
. i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
 i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
 l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
 l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



                                             _____
                                            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                                           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                                         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      「だっ………                            /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       誰がお父さんですか!                       __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
                                      / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
       たしかに私はコナタの保護者ですが、.       / /  /|::::|///  ,  | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
       父親になったつもりはありませんよ!」      |  /   | |:::;|   _ ^  /// :::/::::::::::::::::::ド、!
                                   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
                                  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
                                 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
                                /    |      \_____/レ´   //    ヘ



―――――――――――――――――――――――――――――
  さっきまでの気持ちが見透かされたような気がして、
  どうにもこうにも照れくさいエルの頬が何十年かぶりに赤くなる。
―――――――――――――――――――――――――――――


 
 
17 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:39:19 ID:axZuBBXw
これは予想外

18 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:40:11 ID:DTTM7c9A
二408.



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!      「おとう、さん………?」
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



                                        /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
                                    /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
                                   /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´
                                  //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
                                 /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄
                                 |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\
                                 |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄
      「こら!                       }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
      その呼び方だけは許しません!」        |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
                                     / ',|::|:::|   /   `゛     u |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
                                  .l::!::::ト、  '、 _  u        ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
                                   r'"´||',::::', u         u    |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
                                 /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
                               ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
                                 |   |!  ヽ;  ヽ   u    /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |



――――――――――――――――――――――――――
  ゾクリ、と訳の分からない感覚が背中を突き抜けて、
  エルの全身から脂汗が吹き出した。

  理屈ではない、本能的にその呼び方は危険だと感じる。
――――――――――――――――――――――――――


 
 
19 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:40:31 ID:YnYjVmVg
おやおや、エルさんも存外かわいらしいところがあるようでww
こういうファミリーな感じも良いね


20 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:40:55 ID:2NDnuYD2
何この可愛いエルw

21 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:41:10 ID:DTTM7c9A
二409.



   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |     「そうだなぁ、
  |   \_)  |      年齢的にはエルがお父さんかおじいさんで
.  |         }      俺らが兄妹になるよなー」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く



      __     _
    / ̄>t=ヘ_/ムイ-
   /   イ{し}V≠  ̄  ―- __  _
  ./ />┬そ__     == ⌒しイ¬キ―‐、
 / 〃 t(⌒´  ̄     ̄ __,.. {{ 乃ノ i ハ
/   {し_)     /  i          ヾ一;、/ | ,
   ././ / / 〃     ハ | i  ∥ ヽ ノイ  ′ !
  // , ,  ″: | |i  Ⅵ| |∥ ,  ゙, ∨ /  j|
/ .イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥  | i ' /|   〃
   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/ / |  ||
   | 八 ∨{ ィrァミくヾ  イ | |∥ |! / /, i| l|
   ヽ |ヘ、トヽいYレ'ノ  ノ/ |_l_/jノ /  i l  l|    「息子の財布に頼りっぱなしの
    | 「ヽ!ヾ二 イ     ミ、、_ ノ/ イ i|  l.    頼りないお父さん、だねぇ」
   イ | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ / /|  |   |
 // .| ヽ \    !ーァ   ::: /:///| |  |
 __/イ .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉 / |   |
K⌒Y´  }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /// | |  |
| ヽjし  >-、_ 7―、`/      ノト |┌ 、|   |



―――――――――――――――――――――
  なのに、感づいたやらない夫に続いて
  悪のりした雪華綺晶までもが追い打ちを掛け、
―――――――――――――――――――――

22 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:42:10 ID:DTTM7c9A
二410.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  コナタまでもがエルを年寄り扱いするお遊びに興じてくるではないか。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                ,. -、
               //⌒ヽ
              〃       ,r:、
              ,⊥.-.. ..、 ..,/.::.::|_
           , .::'".::.::.:;.::.::.::.::.::.::.::.::.:l.::.::.::`_`::‐-. .、
          , ' : : : ; :.'.: :: :: :: ,! /::.::.::.l.::.::.::. : :`ヽ ̄``丶
        /  ./ノ.::.::._::_::./.:;{:;!.::.::.|:.:;.::.::.:.ヽ:. . ヽ
.         i..:..:..//::.::.::´::.::/.;7 l'.::.::.:ハ:.:|、::.::.':;.:'、、:.`.、
        l.::.:/イ:.::.::.::.:;∠/∠ ,!:.::.:/ .!个l.::.::.::';:.:、ヾ::.:',
          |::/:/.::.::.:;:ィ「「示芥 /::.::/ _、|ハ:l.::.::.::.';.:i. ヾ:.i.
          /:/.::.:/::|:| ト-イ! /:.:;/ ^}≧ォ!|.::.::.::.:l.:!  ゙'}
       /,ィ;:イ`!.::.::.!! └-'' /, '   /ー/∧::.::.::.::.:!l
        /' l':;.:人.!.::.::.|   /'゛  , ヾ‐゙/::.j|::.:l!::.::.l!
       l:/::.::::::}.::.::.l    `ー、_,   i.::.:l !:/ !::.:;l    「九十三歳………」
         !'.::.::::::ハ.::.::l`ト 、   _ .. イ.::.:l l/ |.:/
        ,'.::.:::::/:::::;l.::.:K、 乃「:::|::::::::||.::.:;!   l/
      /.::.:::::ム<. l::.:l \_ゝト、!::::::|l.::.:ハ
      /.::.:::/ニ、ヾミミ.l.::.i. ヽ | \:|'::./:::l
      /::.::::/′ `丶ヾ:!::l.、 `、l   /l::./::::::!
     ,:.:.:::::;'      |`ヾ:トミヾ、| //!∧::::::|



                            ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                             |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                             /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                               { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
 「くっ………!                         ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
  人間換算なら二十四歳ぐらい                   |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
  だと言うのに………!」                   |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                 ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                      |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
 (………こんなに活き活きした                  リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
  コナタは初めてだ)                   __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                            ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                       ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                           l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_



―――――――――――――――――――――――――――――――
  そこには確かに十五歳相応の表情を浮かべた少女が居た。

  だからエルは口ではじじい扱いは勘弁してくださいと反論しつつも、
  活き活きとした彼女の姿に感動を覚え―――
―――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
24 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:44:05 ID:2NDnuYD2
ゴクリ…

23 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:43:10 ID:DTTM7c9A
二411
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――ならば、道化になる事も辞さない事にした。
  コナタが、これまで与える事の出来なかった少女らしさを得る事が出来るのなら―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/     「確かに経済力で言えば、
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'      私はやらない夫の足下にも及ばないでしょう。
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ         これほど好きな甘味を食べる事も
         /\          /ヽ- '              不自由する程です。
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y                    ですから―――」
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |

25 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:44:10 ID:DTTM7c9A
二412.
―――――――――――――――――――
  ―――捨て身の冗談など容易いことだ。
―――――――――――――――――――



    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::ヽ ゞ、 \:::::::::::::::::::::::::::::
    i::::::::::::::::::::::::::::::li__‐-、ヘ::::ヽ::::iヽ::::::::::レヘ´,、_ヽ:::::::::::::::::::::::::
   {::::::::::::::::::::::::::::::,ハ (;;;;`ュヽ::iヽ::::!ヽ::::i|´バ{;;;;;;,ヽ :::::::::::::::::::::::
    i::::::::::::::::::::::::::::i ヽ、 `‐-イ \ヽ:! \:i ll ! ヽ=-人:::::::::::::::::::::
    i:::::::::::::::::::::::::ヽ ゛'''''"    ヽ l!   ヽ 、_,,,,,,,ノ  i::::::::::::::::::::     「やらない夫、
     i::::::::::::::::::::::::::\        i   i ゛''''"   l:::::::::l:::::::::     私と結婚してください。
      >::::::::::::::::::iヽ \ ,                i:::li:::l::::::::::
    /  ヽ:::::::::::ヽ    {                i::/i:::|:::::::::::    そして一生、甘味漬けにしてください」
  /     l:::::::::::::ヽ    \  ,-‐          リ i:::::::::::::::::
 /        lヽ::::iヽ::ヽ    ヽ         '    !  /丿:::::::::
 |        l ヽ::i ヽヽ < 、               //ノl::::::::::
 |  ヽ     l  ヽi ヽ`、 ア`"‐,-、,__          /::  l:/l::∧::
 |   ヽ       リ    V    Y⌒ ̄`丶     /::  l:l l::l::ヽi`,
 |    ヽ   l  i    /     |-‐       /::    リ l:l  レ   /
 ! \   ヽ  l  i ,/~      /:.      ,/:::        ソ /  /, ´/
 `‐-、_ゝ-‐´ ̄ ̄ ̄       ノ::::ゝ、, -‐´:::         /  /  /



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/
   .|             ,/    |      \     「………は?」
    |            |     |     |
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        )
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ


 
 
26 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:44:47 ID:YnYjVmVg
エルさんの本気を舐めたらあかんぜよwww

27 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:45:04 ID:YmM.4mF.
ここに繋がったかw

28 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:45:09 ID:DTTM7c9A
二413.



 |:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/! `i:.:.:.:.:.:.iヽ:.:l:.:.:.:.:.:∧ 、:',
 |:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.: 、//  |:.:.:.:/:.l ∨!:.:.i:.:.:.∧ \
 |:.:/://:.::.:.:.:/ >、__,, |:.:./レ'/|:.l:.:.:!:.:.:.:.:|
 |:.|:/:,、':.:.:.:/_____ !:/ ___ !::!:.:.|:.:i:.:.:|
 |:.|/:{ !:.:/:.|  ̄ ̄ ̄ |'  ,  ̄ ・::.!:.∧:ト、:.!.   ━━┓┃┃
 |:/:.:.ヽ|:/:.:.:!        ,_  }:.:lレ !' V        ┃   ━━━━━━━━
 |':.:.:.:.:>'´ ゙̄ヽ、   <._.,,'   ≦ 三         ┃               ┃┃┃
 ':.:.:./     ヘヽ ` ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚                     ┛
 :.:./       l \ ´ ≧         三 ==-
               ァ,          ≧=- 。



                              ))   ,    - - -  、  . ((
                            ,∠((.ィ'´ヽ<           >.. )) 、
                           ん {薔}               {薔}` ヽ
                          /  ,' ))  .,'   ,'   .i   i     `ヽ、 .|
                          |  ,'    ,' ,'  ,' i .i  i i  i  i    .i  .|
                          | .l .,'   i .i  i i .i  i i i .i  i i .ヽ .i  ..|
                          | ..l  i . i i  i .i,' ./i.i ,' i 人  i i .l i  ..|
 「ちょ、ちょ………                  | .l  i i リ-))-ルリ ./ .i/リ-ル-八 ,' ..i .l i  ..|
  えーーーーっ!?                | ..l  i iYミメ}ミソ乂 ./ ./.,ィr=-リ .i  l i   .|
  ええーーーーーーーっ!!!」        |  l、 r从ム必ソj    〃::::::ヾア|,'  / i  .|
                          | ,' 乂|y|ゞ辷=ツ    .弋:::::つ.リ /  i  .|
                          Y  .l i弋| ((   ヽ   /// ̄ _.∠._人  i  . ∧
                         ./  i i>、   .rー ⌒ヽ r..'´    .`ヽ`人、   ヽ、
                        .ノ  / rヽ,込   ヽ__ノr(⌒)y(⌒)(⌒)y(   ヽ,
                       .∧ ソ, 斥 ( ヽ `> 、_ _ ..く `  .i ` .|   /ク.ヽ   ∧
                      ../  / ,' .ゝ|  ヽ、 ,'  ⌒(  y 八 ,   〃 ヽ、〈  )   )
                      (  ( ,' |r ゝ   廴,、  __r-)/           ヽ /  ./
                      .入 .ヽ、》(`⌒)   //><(            .)   ./



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j       「ごめん、共通語で頼む」
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,


 
 
29 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:45:44 ID:h.dzBDoA
なにこの掛け合い漫才w

30 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:45:59 ID:axZuBBXw
実にバランスのいいパーティだなー(棒

31 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:46:10 ID:DTTM7c9A
二414.



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'    「私と婚姻関係を結び、
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       伴侶として一生贅沢させてください。
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '           子供は産めませんが
       /   ヽ、     _ イ               コナタが連れ子って事でどうでしょう?」
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、  キリッ
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



                                                      / ̄ ̄\
                                                    / ノ  \ \
                                                    |  (●)(●) |
                                       .             | u.(__人__) .|
                                               r、      |   ` ⌒´  .|
                                             ,.く\\r、   ヽ      ノ
               「いや、どうでしょうって言われても………」     \\\ヽ}   ヽ     /
                                              rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
                                               └'`{  .   \.|   /   i
                                                   ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
                                                   `ヽ、   /'  |
                                                      `'ー'´


 
 
33 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:47:14 ID:YnYjVmVg
>>31
エルさん、捨て身過ぎるwwww


34 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:47:21 ID:B8LZnhNw
同姓婚ありなのか?

35 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:47:28 ID:8Wqpk4kk
つまり2人を一生養いませんか?ってことか

36 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:47:28 ID:gxhkiX4M
やらない夫×Lか‥
俺得だな
それともL×やらない夫か‥


37 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:48:07 ID:PLMHFWiI
もしもOKをしたらどうなるのっと

32 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:47:12 ID:DTTM7c9A
二415.



                    ,ィ二三、:`:ヽ
               /      ヽ:.|
         _,. .-.‐.―.-. . 、. /ヽ__   !/
         ̄ ` >.:'':":": : .::!:: : : : :`:`: :∧、
         /   ..:  /:::;!::: : : :i:. : : : {_ノ:丶
         . ' / u . . . /...,'|::::. : : ト、: : : : : :、: ヽ
        / ./: .::::::/: : ;.-:、,' !::::. : :.|‐-、: : : : ,ヾ: :',
      /:, '/: :.:::::::/: : ':/l::;' !:::i:: : :| |:|ヾ:、: : lj :i; : i
     /' /: .:::::::::i: : :./ |:l |j、: : | !|. ヾ: : : i: i: :.l
        i: :,!::::::::|: : /__」L__ |:! V: | _,jL__ヾ: : :|: i: :!
        !:/.!::::::::l: :.ハ下不「 l| V:|下フネトォ: :.|: :!:j
         !′i::::::イi: ハ トイ!    ヾ トイ/ ,':i (`ヾ!|       「……………」
       ,-、_!:::j |:V:::l `"´  '   ``'".'::::i:j>.、\-、
      /(ノノ)二つ::ト、 ∪ T^ア   /::::::リ::/     !
       !  ´‐'/):l: :::l:|:::丶,.、 __ ,._イ:::;!:: :j::::{     |
     /   _,/´ !:|: :.:|:レ'" ノ   'ソ ヾi: : :i:::::::`Tァ  ,!
     /  /     i: ;!: :.l|  「 ̄`ヽ/  /: : /〉:::::::l/   !
   〃 /      j:/ !: :.|\ |_,,._ / ,ィ: : /゙ \::/   / アタフタ
    〈〈       /  l: :.|>'"´  ̄二ニ⊃: :./    /  〃
          r'′ /    _ノ'"//: /v'  彡 "



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  精霊視力で見ればやはり、混乱と孤独の精霊であるレプラコーンの力が
  コナタの中で強まっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――




                __
       .-――z^^7 ̄`((⌒ ._
    /    /   }(勾},ト、   `ー ._
   /    /     ((乂ミ=       ヾミ .   _
 /             _)}   .-‐        λ--__))
´     /7 /      /   -~ __     ゞ勾ハ
   / //  /     /    ((⌒' /    Ⅵ i
_ノ  '       イ /   //`).l /! / ,  Ⅶ !
.  /        /    //l\ レ'/ / } / //  :. !
 ̄´            {./ // r==>ミ / // 〃ル  i l
    /     /ス//{,// 7rッそ》}  八、/ } l  } |     「ちょっとちょっと!
   /     ∠ゝ、ン    _《 ゞト=ン γ=ミ / リ ./ ノ!     冗談が過ぎるよ、
 /     /__.У::.     ((⌒ーv_ソ"  辷ソⅣ/ノ  l|     コナタが混乱しちゃってるじゃない!」
      / ト、_ ハ::.            、   ハ /|    l|
_   /   {   ̄ト、::.    , r‐=z 、 ′/ /i l|    l!
7} `ー- ._ノ   ム 丶:.    l  ヽ:/   イ:.   | l|    l!
/          {__ヽ、ヽ:.   `ゝ=ァ’ イ !:.  | l|r―-lト、
i           /}  ≧x.._ ィ~zリ √ ̄ ̄〃    ⌒ヽ‐z

38 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:48:13 ID:DTTM7c9A
二416.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  このような刺激と経験を繰り返す内に、
  コナタの精神はやがて健常者に近くなるだろう。

  あとはもう一つの課題ですね、と彼女が抱える根本的な問題の事を思い返したエルが
  いい加減種明かしをして雪華綺晶を安心させてやると、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                            ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                      .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                      .     iソl|. /      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
                            ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
       「ええまぁ、                li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
        冗談なんですけどね」           ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
                               ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
       (あとはトラウマの方、ですか)           ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                    ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                      l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                    ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                              ヽ ヽソ



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /        「エルって冗談を言う人に
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {         見えなかったけど………」
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



――――――――――――――――――――――――――――――――
  冗談なのは分かっていたけど意外だよ、と彼女は疲れた様子で言った。
――――――――――――――――――――――――――――――――

39 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:49:09 ID:DTTM7c9A
二417.



                                      /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                                       /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
                                    //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
                                    /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                                    iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
                 「そうですか?」         リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
                                   ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
                                     リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
                                      !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
                                        i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                                          リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                                          `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                              ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                                ヽ'  /     i         ',



          / ̄ ̄\   |/
        / _ノ  ヽ、.\   ̄
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |     「俺もそう思ってたよ」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /      (エルはコナタの何を見てる?
      ./ ノゝ     /       表情?
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |       いや―――)



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろんやらない夫も、エルが突拍子もない事を言い出したのに違和感を感じていた。

  その理由を知ろうと彼の視線を追いかけて、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

40 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:50:09 ID:DTTM7c9A
二418.
―――――――――――――――――――――
  事ある毎にコナタを確認しているのを知る。
―――――――――――――――――――――



              (:i′
              ヾ:、, . . .-:¬_,,.. -.―: : - : 、
          ,.-:':"´: : : : : : : : :!: : : : : :‐=、'''' ``           ┌────────────┐
       /: : ハ : : : : : : : : : : | : . .     `ヽ                │  コナタの感情、か?   ..│
.     /.   (,ノ . . i : :! l : : : ;|、:ヽ    `ヾ 、\            └────────────┘
     i: : : :!: . . . . ,l : :ハ:!: : : ;.|`、: !: : ヽ: : :.`、 `ヾ:、
     l.: : :.!: : : :_;ム:、/ .li: : :./j ,.x‐ト: : :゙!: : : : :.
.       l: : :.|: : : :./ |:/  |! : ;イ:!   ヽl゙、: : :!: 、: : :i
       !: : :l|: : /ェ土ニ、|:/ リ ,ニ≧ヵヽ: :l: : },: : l
      l.:/r|: ∧「代ル| |/    代り,!/l: :l: : j i.: j
      ,!',{ |/: : i ヾ上!     ヒシ l.:.!:.l: :.,' l :!
     /イ:ヽl: :、:.i          ・l: :lイ:./  リ     「疲れた………」
      |: : :l.: :マト.、  r_―ュ  _ , ィ゙|: : :l'
      |.: : :}: : V!r;ク`: ェ_<「:::::::,':lj: : :l
       |: : :.|:l: :ヘ''ハ    j  \:,'::;イ: : !
       |.: : :,:ヘ: :.V!ヾ´ ̄`l   ゙lト!: :/  l^i /)
        |: :,<\ヘ :Y ゙、   l   ll l: :/ /マ ノ'゛∠- つ
        !: iヘ.ヽ、`l: :! `、 ,!   ll ,l.:/ ∧ ヽ、 ‐'二 、
      l: :| `ヽ、゙l: :!  丶 l  〃 レ ∧`:、 \ ‐=ニ′



                                     ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                    i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                  i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                     !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                        .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
           「おやおや、                   i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
            出発前なのに」              !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
                                        /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
                                     '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
           (無理もありませんね、               `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
            今までが今までだ………)             'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                          ヽ、、      /::::    : //
                                              i    ., '""'-、,,__.._ //
                                             ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                     |.  ヾ、:/

41 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:51:10 ID:DTTM7c9A
二419.



、_     _   _
  riヘ,.´        ` :  .
.  {Yシ                  ` 、
7  |))                 `: 、 ((
  / //  ∥               {雪} ̄`i
/ //.  ∥   / //           `))    |
  /〃  ∥.   / //  i          |   |
、/ i  .∥   / ./ i   |    !i  i   i | |
./ l   |!,   / / .l    |    /|  | |!/.  | |
i  l! i  |!  / /  l  ./|   ,' .|  ! !'  i| |
!  l! l  |!.、((ァ7  l  / !|   / |!  l! |  l | !
!  l! !rィト|ヘ`i-|  l /  !|  /  |!. l! l  l .|/
!  lf:て >!\ノ |:  l/   リ.ノ-  |i  l! l  | .|!    「殆どエルのせいだと思うけど?」
  !、マ <iノノニイ     .,ィ==i、|! / /l  |
  | i二ュシ      i bU::7: // / l  |
  ノ           弋_シ ∥イノ  l  |!
 \           〃〃 i!:   l  l  |
 从.ヘ.     ‐--(      ノ´!   l  l  l
  !ノ  { `‐-、   _ ... <⌒!   \. l  l  l
! } イ |  fてノ⌒レi⌒!  ) .|:     \!: l  l
! / |┌  ∨ノ    i´(    ノ      ) l  l



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }        「まぁまぁ。
        ヽ     ヘミ|         確かに良い気分転換にはなったさ。
        /,` 、` -`,--` ,       腹も落ち着いたようだし、そろそろ出よう」
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろんやらない夫もエルの冗談でかなり精神的に削られたが、
  それがコナタの為だったのかも知れないと思って彼女を窘め、出発を促し―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

42 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:52:10 ID:DTTM7c9A
二420.
―――――――――――――――――――
  瞬間、テーブルの空気が緊迫を帯びた。
―――――――――――――――――――



.  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/        「―――いつでも」
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
              l     ` ̄´    l、
         ,. '´            ヽ、_
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
    ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
  ヽ  \                         / /       | ヽ
      \                   /       /     ',
        `'ー-  _         _  -‐ '´        /      l
  /           `'ー----‐ '´         /    l     l   !



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V   「……………」
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/  コクコク
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l


 
 
43 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:52:58 ID:2NDnuYD2
おい、こいつら食い逃げする気だぞ

44 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:53:10 ID:DTTM7c9A
二421.



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||     「ええ、行きましょう」
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―‐ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zブ ,  i   i!  │
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ'     ' 冖` /  |   |   !
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '      /,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{  ゝ.   ´=`    イ /   リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ  j⌒}r、  -  <iム,'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \  ⌒)__r- '^Y´ 7 ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.)     ))   ム  i ヽ      `ヽ、  .!



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一瞬前までの和気藹々とした空気は欠片も残っていない。
  三人が食べ過ぎすら感じさせない程の、適度な緊張感を持った事を確認し、
――――――――――――――――――――――――――――――――――

45 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:54:10 ID:DTTM7c9A
二422.
―――――――――――――――
  王都までの行程を発表すると。
―――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : : :ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_|
./:/V   l              ,‐-,.._ ゞ
.V.     l              l 弋心 l
.     l              冫.ー く
.     l               l    ノ!   「よし。
.      l               `ー‐ f r'    幸いこの辺りの平原は比較的安全だ、
     l                  ノ'     夜間移動も問題ないだろうから
     !                     /      街道を使わずに突っ切っていくぞ」
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                           ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                            |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                            /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                              { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
   「安全、ですか?                   ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                  |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
    狼やハイエナは                     |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
    徘徊していると思いますが」            ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                     |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                    リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                               __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                           ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                      ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                          l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                        | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                      、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



――――――――――――――――――――――――――――――――
  場合によっては中型、大型の動物や
  活動範囲の広い怪物との遭遇もあり得るはずです、とエルが反論した。
――――――――――――――――――――――――――――――――

46 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:55:10 ID:DTTM7c9A
二423.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、数年前からその経験が無かったやらない夫が不思議そうに首を傾げるので、
  エルは改めてその実力の片鱗を垣間見る事になる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \     「野生動物なんか大小問わず
  \          |     そもそも近づいて来ないだろ?」
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



                                            _____
                                           __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                                          /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                                        ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                        /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    「なんと………」                          __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
                                   / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
    (訓練の様子では分かりませんでしたが、     / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
    そう言うレベルの人でしたか)             |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
                                  |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
                                 /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
                                /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
                               /    |      \_____/レ´   //    ヘ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん狼程度が襲ってきたところで、エルとて返り討ちが可能だ。
  しかし楽に返り討ちに出来るのと、そもそも接触してこない事には大きな隔たりがあるのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
47 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:55:55 ID:axZuBBXw
エンカウントすらしませんかw

48 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:56:01 ID:8mYFRHvU
安定の無敵超人wwwwww

50 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:56:12 ID:thdcXnO.
ラオウと行動してりゃなwww

52 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:56:46 ID:jBRVlKtk
デフォルトでトヘロスがかかっているのかw

55 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:58:36 ID:T4uhJ81w
まあ見た瞬間に逃げるわなw

49 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:56:10 ID:DTTM7c9A
二424.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  それで全員が納得したようなのでやらない夫は改めて出発を宣言し、
  舞台は王都へと―――
―――――――――――――――――――――――――――――――



        / ̄ ̄\
.       _ノ,、 \_   \
      ( ●)( ●)    |
     (__人__)     |
     (`⌒ ´     |        「行こう、王都グラナダへ!」
      {        |
      {         /
       ヾ      /
       ソgヘ二ニ=7⌒ ̄"⌒ ̄〆"⌒ニつ
      ∧ii/ oィ/"  〃  (乙ノ≠^ソノ
     / .|//= ゝー─~゙─‐゙~'´
      l  |。     `~/
     / |。      /
    /ソ |。       (
    / リ∠\____ニゝ



―――――――――――――――――――――――――――――
  近隣諸国のなかでも類を見ないほど肥沃な穀倉地帯のど真ん中、
  人口四万八千人を数える大都市へと移る事になる。
―――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

53 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:57:10 ID:DTTM7c9A
二425.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  町を出たやらない夫達はオーガスタとグラナダ、アンマンを結ぶ街道を使わずに急げるだけ急いで、
  通常徒歩で六日かかるはずの道程を僅か三日に短縮しようとしていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  山山山
      :::::::::.┌───────┐::::::::::::::::::::::::::::::::  /   山山
  :::::::::::::.│ タオ砂漠   ...│:::::::::::::::::::::::::::::::: /       ヽ
 :::::::::::::: └───────┘::::::::::::::::::::::::::::::: /         |
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::________/ ○ソロモン   | ....┌─────────┐
 ::::::::::::::::::::::::::ーーーーーーーーーーー” .┌─────────┐      |  │ファイブリア王国  ....│
 :::::::::::::::::::::::::: ×ニューホンコン     │ エゥーゴ王国     .│.        |   └─────────┘
 ::::::::::::::::::::                       └─────────┘         |
            /                                                 |
           ノ        グリーンノア平原     _==================================
┌─────┐================= ̄     アクシズ大河            |
│フリート   .│ |                                               |
│神聖王国  │ |         ◎王都グラナダ                          ゼダン×|ーーーーーーーー
└─────┘ノ        //                                           |
       __ノ        | |   ・やらない夫達の現在地                       |
         \×====== |                               N       /  .┌───────┐
          \オーガスタ  | |                              Δ      /   ..│ダンボルト王国...│
             /         ヽヽ                              │     /   ...└───────┘
         /          ヽヽ,    アンマン                    ─┼─   |
ーーーーーー┴ー-..、          ヽ====×                    │   |          ____
┌───────┐..、       __                          │   ノ ____,----ノ
│ローンデルギア .│ )''''"丶---‐''   ' 、_..-..__________....-...._______..-
│  大湿原    .│/            ◎               /
└───────┘         マリアンデール               _..ノ   .┌──────────┐
           ./    ┌─────────┐         _..-‐'"      │ フォーセリア王国    .│
           ヽ     │ ローゼン王国   ...│       <          └──────────┘
                └─────────┘

54 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:58:10 ID:DTTM7c9A
二426.
―――――――――――――――――――――――――
  本当に外敵との接触が皆無だった二日目の夜―――
―――――――――――――――――――――――――



: : : : : : : : : : ;;;;″     `;;: : : : : : : : : : : : : :_::,:,:,:,:,:,:,:,,:,:,:,::,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,::,,:,:,:,:,:_:_::_:_ : :
: : : : : : : : : : : `'ー-,,,,,,,,,,,,,,,,,,-″: : : : : : : : :,;;;;'"゛                      `;:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,,;;″                        _,,;;: :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;、                   ..,,_,,―''''"^: : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `'―-、,,,_____,,, ____,,,―ー'"^: : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .
.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .








~^ "`~~^ "`~~^ "`~' "`~~^ "`~~^ "`~~^''"` ~~^''"`~~^ ''"~^"`~ `~~^''"^ "`~~^ "`~~^ "`~~^ "`~
            ,l,
    ;"',,     ;"',,        ;"',,
                              ;"'    ,,           ;"',,
                                         ;"',,
          ;"',,                ;"'
                   ;"',,
  ;"',,                                   ;"',,


 
 
57 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 21:59:13 ID:YmM.4mF.
野生の獣は敏感だからなw

59 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 22:00:49 ID:2NDnuYD2
奴を見かけたらすぐさま逃げろ
いつぞやの魚のようにあっという間に掬われるぞ


74 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 22:12:22 ID:NwVpFDuA
狩りできないのはマイナスにもなるんじゃ

76 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 22:13:32 ID:8mYFRHvU
>>74
向こうから寄ってこないだけで自分から狩りしようと思ったら余裕だろ
イメージ的にしなさそうだけど

56 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 21:59:10 ID:DTTM7c9A
二427.
――――――――――――――――――
  二十一時を回った所でやらない夫が
  今日はここまで、と設営を宣言した。
――――――――――――――――――



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |     「よし、今日はここまでにして野営の準備に取りかかろう。
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |      明日の昼にはグラナダに到着できそうだ」
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



                                 ,ィ''´_二----`' - 、__
                             /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                            /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                           // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                           {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                            Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                            {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
       「随分急いだけど、           __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
        王都の証は無事かな?」     i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
                           }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
                            'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
                            i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                          r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                          `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                            ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                           | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                           l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                            i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これより急ぐことも出来たが、万が一の際に体調を崩したり体力が保たなくなる可能性があるため、
  体力も歩く速度も本来は異なる四人が全員翌日に影響を残さない、
  ギリギリの移動速度と距離をきちんと見極めての事だ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

58 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:00:10 ID:DTTM7c9A
二428.
―――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫が注意深く、特に雪華綺晶とコナタの体力に
  気を配っていたのはエルにも分かっていた。

  もちろんそれが出来るのは優秀なリーダーの証であるし、
  有事に備えて万全を保とうとするのも正しいと分かる。
  しかし―――
―――――――――――――――――――――――――――



                                 ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                  |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                  /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                    { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
    「そればかりは                         ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
     何とも言えません」                        |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                        |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                      ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                           |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
    (もし、妖術師がライトで―――                   リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
     奴が本気を出したとしたら………)            __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                 ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                            ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                              | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                            、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その裏にあるのは、ティターンズが―――妖術師がいくら証を狙おうとも、
  王都の防衛は強固であり、簡単にはそれをやらせないとの期待があっての事だ。

  その前提が実は違う事を、彼はまだ言い出せずにいる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

60 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:01:10 ID:DTTM7c9A
二429.



┏───────────────┓
│  容易く奪われるでしょうね。   ..│
│  大勢の犠牲を伴って―――   │
┗───────────────┛



          /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
          /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
         !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
          i、:!:|:、N ゞヽゝ\ヾゝ :::>、ヽi:、|!:|:l
            ト、::!ハ弋心ヾ ` ヾィ赱ハj |::/lj:::!リ
              ヾ、          リイ:|リ
              リヽ  _ `´ _  /イ:::i
            /i"ト:l゙ 、  `二´ ./:::::, |::!
          /.:::::::::::::::::: ヽ、 _,. ':::::::::::::::::.\
    ,  -‐¬'´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.` ー-  、
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..',
  ,'..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.',
 i :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /i  r=≠\::::::::::::::::::::::::::::::::: ,'::::::::::::::: |
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /{   ト〈 !ミ,ハ ::::::::::::::::::::::::::: ,' . .:::::::::::: l
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{=ァ  ハi じ' }::::::::::::::::::::::::: / . .: .::::::::::: l
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V-‐=仆七爪 / :::::::::::::::::::::: / . .: .:.:::::::::::: l
 | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ 八イ//::::::::::::::::::::::::: ,' . .: .:.:.::::::::::::: l
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄´ :::::::::::::::::::::::::::. i . .: .: .::::-‐=≠}
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐- 、:::::::::::::::::::r‐r‐「`ト、 :::::::::.. | . .: .: .:.:::::::::::. ,ハ
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ヽ、 ` ー‐=≠'7 | | | !:::::::::.. | . .: .:.:.:.:::::::::::::::. !
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ` ̄ / ,/ ,/ ,/ /::::::::::.. | . .: .: .:.:.:::::::::::::. |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  怖いのだ。
  もし、相手が超上級の魔法使いだと知ったらやらない夫達は逃げ出すのではないか。
  そして未だ自分には、真っ向から奴と戦うつもりも無い。

  だから、それを伝える勇気が無かった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

61 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:02:10 ID:DTTM7c9A
二430.



                ―――食事中―――


     .., ...,     ..,. .,
    '::⌒ヽ:.:  ::::γ⌒)::
   ..::.: ::"::.f;   ':,:):.:~''::                    .r:‐:‐:、
     ''::ノ::'..':::::/':::                 _._._._,,i"゛゛゛゛゛', ,'~`''i、,_._._._._._
     (' :: :: /::::                    ./  ,r''"` 、 ,'  ,'  ,r''"゛ヽ, /
      ::`::  }                  /  ヽ、、,,;:'゛゜"゛'''''''"゛''i、,,,;:' /
   ,,、-‐──‐- ,,               ./_._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._._/
    l`''ー----一''|__
    |        |-、ヽ        ,,;:rュ;;::^;:;;;-、l;;:`:,
    |        |. ||     ,、;::;「;;;:r、゙::::;「;;::;::〉;::::;::
    |        |,ノ /   ,,、、へ;;'.O;;/:::::>;;;!:;;:://;;;.;ゞ、
    |        |-''´   ヾ^'' ー─-----------─一''フ
   `ー───‐'"      `''ー─-----------─一''



┌──────────────────────┐
│  本日のメニュー                   ......│
│                                │
│  ・ヤムイモと鶏肉のスープ(やらない夫担当)    │
│  ・野草サラダ(エル担当)               .│
│  ・パン                          ..│
└──────────────────────┘


 
 
62 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 22:03:01 ID:J.L8xkdw
これがふつうレベルのご飯なんだなw

63 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:03:15 ID:DTTM7c9A
二431.
――――――――――――――――――――――――――――
  遅い時間の簡単な夕食が終わり、
  後片付けと明日の弁当の準備を済ませた雪華綺晶が言った。
――――――――――――――――――――――――――――



               _ __     ((
          ,ィヽ、  ,.ィ'´ヽ  l l /  ̄ `'ー-ィ'))、___
         //`ー、 ̄     ' ' ――- `ーィュ ヽ、 `!
     / イハ                ゞイ)) ヽ.∧
    i'´ /  ゞイ!   ./ l l! l   l!  l l!  l (( ヽヽ∧
    l .l    リ /  .i! i! l l l! i!  l!l  l!ll l l!  l`  .lヽ.ヽ,
    l ./! l! l l l  .i! l i! l!l l! .l! l l! l  l!l! l .l l l .l / .lヽ l
.  /l./ l l i! l l l!   i! l l! .l! l! .l! .l l! l! l! l!.l l .l l l /  l ト、
. /  / l l!、l l l l!(( .i! l l! ))l!l l!l l! l! l! l! l! l l .l .l .l!  /  l ヽ
/   l  l! l l l l .)) l l(( i! l l l l l! i! l!.l! l l l!l l l /  l  .l  l
l   l  l  l l!l l (イニエーヒ.ィ l从!i!从!ム从! l l!l i!. l  .i!  l   .l
l   l  l   l l!l ノ ハイゝソリ    イた:ハヽll!l l l  .l!  ヘ  .l
.l  ll l ヽ  l ヽ 弋ヘメ.イノ     弋:::ソ  l! l  l!  l!.   \ ヽ        「洗い物、終わったよ。
..l /  l .ヘ .ヘ  ヘンー、ノ          ̄  ./.、  l  ヽ    ヽ         明日の分のサンドイッチも作っておいたから」
. l/  .l!  ヽ、 ヽ.∧ ((.  _ ' _     ./ /ヽ .l   ヽ
/   /l     ヽ, i i\ ))  ` ‐ '´ ._// / / /  l  i ヽ
   /l ヘ  ,、-‐-、l l ,ィ'> _   .,i´、 /,、l .l / .,ィ'`'i l  l  ヽ
   /  l >  ノ,、 ,二>イ >`´r' l  '´ ノ! // ゝ、 〈 .l  l
   /  .,ィ'´    `´ 〉l _ l /ヽ、イ > 〈´.//'´ゝ'  .\! l
.  / /        〈,、ゝ' ゝ.〈  ̄ノ ,_ヽ'´〈.  l      \



   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/     \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /     「………ああ、ありがとう」
.  ヽ   /          / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./
   /./     r-、 ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ



――――――――――――――――――――――――――
  日課の一行日記を手帳に書き込んでいたやらない夫は
  それをぱたん、と閉じると就寝の準備に取りかかり、
――――――――――――――――――――――――――

64 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:04:10 ID:DTTM7c9A
二432.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  焚き火の側を陣取ったエルは毛布にくるまると、一足先に目を閉じる。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                     _/: . /__/:.: : \_
                    _/: .  /{:.  /:.:.:.: : : : : : : :``ヽ、     ,へ、_        /Y´YY´!`1
                  /: .   / .ハ:.. /::.: : : : : : : : : : : : : : ヽ.    /:.:.: : : : .``ヽ、'´ ̄  ノ .ノ丿ノ ノ
              /: .  /     ∨:.: : / / ̄ ̄ ̄ ̄\ ハ  /:.:.: : : : : : : : : : ヽ、     , -‐'
               /    ./    . . : :|:.:.::./ ,.〈: : : . . . . . . .:.:.:\ハ /:.:.: : : : : : : :.ii: : :.:.`ー, -‐'´
          /     /     . . : :i\,': : : :ヘ: : : . . . . .:.:.:.:.ヽ}:.:.:.:.:. : : : : : :ii: : : : : : (‐-v'´1
          /     /  , -、   . .i : :!. : }: : : : :.i:.: : . . . . .: : :.丿:.:.: : : : : : : .:.ii: : : : .:/ /⌒'´
         /    ./  ,ィ'_,..\ . .{: : :ヽ: :!:: : : : :ヽ: : . .  . : : :.:/:.:.:.: : : : :, : :.:.ii:.: : :.:.:/`y' /
      /        ,      \\!: :\ヽ.}: : : : : : \: : . .  : : /: : : : : :.:<ヽ〃: : : :.:/、_,,/
      ,': .      /     _   ヘ \: :ヽ.!: : : : . : : :\: : : : :/: : : : : : : : :;У : : <:/
      |: .   /  ,-‐'´     〉  }}: :/ii:.: : : . . : : : :.:.\;;ノ:.: : : : : : .:.:〃: : : : ::/{
      }: .           . . : : : :.:.:.:rヘ/: :ii: : : :_: : : : : :/:.:.:.: : : :.:.:.::〃: :  : :i : :i
     ,': .     _   . . . . : .:.:.:.:「´_/,.. -‐''"´ : :.:``ヽ、/: : : : : : : :〃: :  : :/: :/
     /: :         ̄``ー一¬´ ̄        . . :.:.:..: .`ヽ、_ : :〃: : : : : :/ : : /
    /: :                      ≧、         |〃: : : : : :/ : : /
    〈:.: :           -―=ニ二ヽ  . .< ,、_,、        ノ、:: : : : :/ , -‐'ヽ
    ヽ: .   -―¬'¨´ ̄`゙¨ー--  . .,.. -‐=、У  .`ィー- 、   /: : \:: : :/: :   )
     \  _             ,.-‐'´: :ii:. : : : : : :.:/ : : : : `ー'、    `´     j
       〉: .   ̄`¨¨¨'''''''''''ー,/ 1 |:. :ii: : : : : :/У:.: : : :〃: : : :\        j
       ヽ、           : :/   /  i.: : ≧: : ::/,イ:.: : : :〃:. : : : :.:/`ー--、__,,.. -‐'
   、   ヽ.) !ヽ ヽ、.  : :/  (  }..  {:. : :∨: :/: :,ヘ : :〃 : : : : : :/:.:. : : : :/
    !ヽ  ノ:::∨::::::\!:.ヽノ}ノ/{ `V   ∧:: : :ヾ/: :/: :i!〃: : : : : :/:.:. : : : :/..    ┌──────────────┐
  丿 ::\{::::::::.:.:.:::::.:.:.:.:::.:.:/::::(  ヽー-、,.ヘ、: : ヾ'≠´{: : : :   . :/: : : : : :/.     │  膝を抱えて寝っ転がる派  .....│
  ヽ、:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::/ ::::/ ̄`` 、   \:. : : : :.:i: :    /__,/.        └──────────────┘
 \` }:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.|:::.:.:/:.:.:::.:/、     、_)_,-‐'´ヽ、___,/ /
   ∨::::.:.:!.:.:.:.:.:.:.!:::./ :.:.:::.::iゆヾ    ゝ、__/ ソ‐)=ィ、    /        「ではこれまで通り、
  \}:::::.:.:.:',:.:.:.:.:.:.{.:.:!.:.:.:::.:.::}`¨/!  j /  Lィ'´ィ'´ ノ ノ  , '         見張りはコナタ、私、やらない夫、雪華綺晶の順で。
  _ヽ: :.:.:.:ヽ:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.::`r' j、く/./'´  `ヾ、r'´ く  /
  >:::::.:.:.:.:.:::\:.:.:|:.:.:.:.:.::レ'::.:.:ノ゙,イノi/        \_, '´            お休みなさい」
    `ヽ :::.:.:\:::.\!:.:.:.:.:/:::.:.:/:.:.:.::::; '´
    \ ゝ、:::.:.`:、.:.:\ノ:::.:/.:.:.::::ノニ=‐-
      ``ヽ、:::.\:>≦:..:ト、:.:.≦、_,
      -‐=ニ二ィ'´≧ノ `ー一'

65 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:05:11 ID:DTTM7c9A
二433.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  同じく毛布にくるまった雪華綺晶は単独野営ではなく見張りが立つのであれば、
  もっと温かくて快適な寝袋を買っても良いかもと
  王都に到着したら道具屋に行く事を考えており、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



┌──────────────┐
│  寝相が余り良くないので   ...│                  rv、fL -―-;―- 、 r‐そz
│  その日の気分で違う派    ..│              ζ{!ツ¨´      `ヽつ人
└──────────────┘             i´〃             ヽ `}
                                     l /                ト; !
                                     レ , i , , i  ィ  i ,  i ,  i!  !
                                    トム 大lメ! |,. 厶匕ナメ| i  l': l
                            , 、 ,. -‐==‐┤从爪刈、!、ノ 'て不ミ:レ! ,ハ 、!
                           /r-'´    !ヽ」 レ圦く,ノレ'   弋zツ i' イ | l
     「お休みなさい」         , =ニ,イ   ,ィ    ノ  .ゝ∧`¨´ '         イ ハ人 ヘ
                     /´ィ'"{!  しぅ"    〃    寸ヽ  、 _ .    / /ー 、 \ヽ
                    /,/イi ,ハ   (   / ,イ       ヘ ヾ: 、    :≦7 /    ゞ八 \
                   //  Ⅷ ヾ   `ァ  〈      ,ハ! );う`¨ζ⌒/ /     |ヽ`ヽヽ
                 ,イ'´    Y! リ   ノ ,イ少`⌒"〃 / / ,'ミノ'、ノしァ彡ノ ,、 、 _, 」  ヽ ヾ入
                i       i}  レ=(彡'八i7   ゙∨  / / /><|/// ヽ/  ∨リ  ノ )
                 廴__二ニ=フ ,ノ`¨!) { ∨   /`ゞ'  ノ /><レ',八 / , 、ヽ    '; ノ-‐' ソ
                     /  /  `ー''´} i    _/ ( (゙ぅく;三彡{ ( Y ,/  `ゞヘ- ∨_ノ"
                    /  /       ノ i    li`ヽ ヽノ¨´     ヽ人,/   /うニ=- ヾ
                    l /      ,.イノ \ ノ   丶、       >' , ,  /:;)    ノ
                     八      ハ   ヽ{ヾ、    ゙ヽ、,.斗-r、 !r'/,イ ハ;:( ,彡"¨´
                  ,ノ ノ     ( ヽ    `vヘ、     _,(¨'''キjノ レ' ゙ちレ"
                 / /         \ ヽ.      \   _r、) 、 、 ミ、
                 ヽ/            \ ヽ      ヾ_,.ぅソ¨ヘ ヽ、 i l」
                               リ            ヽノ、j、!

66 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:06:11 ID:DTTM7c9A
二434.
―――――――――――――――――――――――――――
  ホールディング・バッグの中から十分な量の薪を取り出して
  コナタに預けたやらない夫は
  最後に剣を確認してから、座ったまま目を閉じた。
―――――――――――――――――――――――――――



        ./ ̄ ̄\
      ./      \
      |     ー  ‐ i
      |   ( ー) ( ー)
      |     (__人__)
      |      `⌒´i         「ああ、お休み」
      ヽ.       ノ
       ヽ     ノ
    /   \       \
     |     \, -‐- 、-‐- 、            ┌────────────────┐
     |\     \.  (" ̄ .入         │  いつでも戦闘に入れるように    │
    |  \    "  ̄ ̄ ̄  )         │  野営時は座ったまま寝る派     .│
    |  / \,,_______人.          └────────────────┘
     |      /\    \  \
    ヽ,____/;___\    \,,_ \,,__
              (______)___)



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}     「………お休み」
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|

67 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:07:12 ID:DTTM7c9A
二435.
――――――――――――――――――――――――――
  程なくして―――
  三つの寝息と焚き火の爆ぜる音のみが聞こえる闇の中。

  コナタはふと、空に浮かぶ冬の星を見上げてみた。
――――――――――――――――――――――――――



            。    :::::            *          *
                ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚
                :::::        。           。           。
             ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::       +
           *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;::  ゚  ;   ;
             :::   。    ゚     ::;;;::    ゚     ::;;;::   ` : ` ::  :::;
                     *    ::;;;:      o     + :: :::::
           ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。           .   ゚    ::
          . 。       o  ゚       .   ゚    ::            *    ::;;::  ゚
                。       .       *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::
           .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;::           *    ::;;;:
             *    ::;;::  ゚  ;       *    ::;;;:       ;    ;  ::::;
            ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;            o  ゚
          o     + ::  ,    ;    o  ゚           . 。


               //
              〃       ,r:、
              ,⊥.-.. ..、 ..,/.::.::|_
           , .::'".::.::.:;.::.::.::.::.::.::.::.::.:l.::.::.::`_`::‐-. .、
          , ' : : : ; :.'.: :: :: :: ,! /::.::.::.l.::.::.::. : :`ヽ ̄``丶
        /  ./ノ.::.::._::_::./.:;{:;!.::.::.|:.:;.::.::.:.ヽ:. . ヽ
.         i..:..:..//::.::.::´::.::/.;7 l'.::.::.:ハ:.:|、::.::.':;.:'、、:.`.、
        l.::.:/イ:.::.::.::.:;∠/∠ ,!:.::.:/ .!个l.::.::.::';:.:、ヾ::.:',
          |::/:/.::.::.:;:ィ「「示芥 /::.::/ _、|ハ:l.::.::.::.';.:i. ヾ:.i.
          /:/.::.:/::|:| ト-イ! /:.:;/ ^}≧ォ!|.::.::.::.:l.:!  ゙'}
       /,ィ;:イ`!.::.::.!! └-'' /, '   /ー/∧::.::.::.::.:!l
        /' l':;.:人.!.::.::.|   /'゛  ' ヾ‐゙/::.j|::.:l!::.::.l!
       l:/::.::::::}.::.::.l     ∠!   j.::.:l !:/ !::.:;l     (綺麗………)
         !'.::.::::::ハ.::.::l`ト 、   _ .. イ.::.:l l/ |.:/
        ,'.::.:::::/:::::;l.::.:K、 乃「:::|::::::::||.::.:;!   l/
      /.::.:::::ム<. l::.:l \_ゝト、!::::::|l.::.:ハ
      /.::.:::/ニ、ヾミミ.l.::.i. ヽ | \:|'::./:::l
      /::.::::/′ `丶ヾ:!::l.、 `、l   /l::./::::::!
     ,:.:.:::::;'      |`ヾ:トミヾ、| //!∧::::::|
    ,:.:.::::::i      ヽ、 ``ヾミ、!//イ'| l.::.::|
   ,:.:..::::::!         ``>ヾレ <  l::.::|
    !.:..::::::l     |   /  〃j 、 `!|:.:|



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  これまで俯いて、人形の様に過ごしてきた彼女に
  星空を綺麗と思う感情と余裕が戻りつつある。

  もともと知らぬものではなく、過去の体験から凍り付いているだけなので
  温かみに触れれば少しずつ氷解していくだろうし、
  大きな衝撃で更に加速する可能性もあるだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

68 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:08:11 ID:DTTM7c9A
二436.
――――――――――――――――――――――――――――
  特に、最近の変化には雪華綺晶の存在も大きかった。

  コナタには知るよしも無かったが、やらない夫と出逢った事で
  他人を受け入れる余裕が出来はじめていた彼女は、
  コナタにとってはかつて隣に居た存在の様に思え―――
――――――――――――――――――――――――――――



                       __  _   ,. -- 、
               _ ..-‐…  ̄    (( ̄_fY'⌒Yハ
              ´              `ー‐代f少り          ┏───────────────┓
                              `ーテ:ハ             │  お姉ちゃん、みたい―――   ..│
           ′-― -                ( (__ '.          ┗───────────────┛
         _ノ__                     `"て '.
          /rv ‐‐、,. -<_ノ)                 \ ハ
       / ハY⌒Yイ⌒ ´                   ヽハ
        | 代心少リ                   ヾ  ヾ.   i!   i! !
        | `'rz-‐'′          ヾ '. i! |i ト、 \ i!  i! ∧
        |  ゞニニ ァ            i ! i!i!i | ヽ  ヾ!  j/ ハ
        |   |-,=イ         ィ i!| |  i! i! i!i:| ! _ ∧_ j!|  /  / i
        |  ! !  !  ! i!  i (( l!| |  l! i! ,ィ|升!|  i! !i!// ! /  ヽ.
        |  ! !  !  ! i!  i  ))i!| | ..=、i! | !| i!i! ィ リ/ j∧    \
      /i  i∧ !  ! i!  i 'イ ィ' 《(____l! | !' ィ彡 ' / / j! ヾ    \   スゥ
  __..  /  / .∧|  ヘ. ヾ((.イ !_!_i__!_つ )′      'イ / ハ:  \    `   スゥ
      /  /  i!爪   \. ゝ=Y´r'ニ Y`Y′      '⌒)j/√ ノ  _)_   \
     ′ ∧  i! |! \   \ 〈 《 f少入j!       ( ( // (__ノ´    `ヽ
   /   .′ 、! |   ゝ ニ=- ゝ_ー_てン!   - ´  /:) `ー 、          ト
       /     ヾ !        / >--、jj__ ノ⌒)-f⌒´  __ノ       / |
 .′   /     .′      / ノ  (____    ノ⌒   ( ⌒!      /    ヽ
v'   /       /        ′      )    `つ__.ノ⌒′|       ′
′   .′     .′       /   /`ー‐'"    `て  ト、_ノ       ′
   /     /       /    人__rz      f⌒'´|       )     /   r' ⌒
 /      /       /ー…'"  /〈   代__j‐┘ | l⌒  ´    .′  ?
.'     .′ /       i/       / /`ー く   7 ∧ ー┐.へ、 / r_‐_、_ノ .'⌒
     ′′       /         { レ'⌒ヽ. \ / /  _)'¨  ̄ ̄ ̄ ̄      /


 
 
69 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 22:08:42 ID:witivMYE
お姉ちゃんかw

70 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:09:10 ID:DTTM7c9A
二437.
――――――――――――――――――――――――――――
  失われた人を想う度に胸の奥がずくんと痛む。

  決して忘れる事が出来ない苦しみと悲しみが心を締め付け、
  呼吸が早く、荒くなりそうになった所で、
  エルから交代の声がそれを押しとどめた。
――――――――――――――――――――――――――――



          /.:/    `ヽ
            l.:/       |
          !{   _ _ _      _
          , .-:'':":´: : : : : : `:`: :.':´:.ヽ. __
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヾ.: :`:丶、
     ,  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::. : :i:::.ヽ``丶:.、
     ,'           . . . . /: : ::i::. : i:::::::`、   ``
      i. . . . . . . : : : : : : : : : : : :./: : : ::!:: :.i !:::::::::゙:.
      !: : : : : : : : : : : : : : : : : :./; : : .::i:::: ,|:.|::i、:::::::i
      !: : : : : : : : : : : : : : : : :.//: : : :/::::/:|:|:::!`、:::::!
     i: : : : : : : |: : : : : : : : :/イ : : :.イ::::/i::l;!::j  ヾ::!
.     l: :: : : : : :|: : : : : : : :/'┤: :./ !:;イ:ハ:リ::l   `:!
      !:.:: : : : : :j: : : : : : :/'{. !: ; ':.!j/ |/ !:/
      l ::: : : : : :j: : : : : : :.:: |7イ: : |  ,!  !'       (おねえちゃん………)
.     l:.::: : : : : :.|: : : : : : .:: |'_!|: : :|‐'′
     j: ::: : : : : :.!: : : : : : ::: !/7 ヾ:|                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      i: :::: : : : : :|: : : : : : ::::.|/ /´`:!                     |  コナタ、交代しましょう。   |
     ,!:.::::: : : :.|: l: : : : : : :::::l' /  `、                      乂____________ ノ
     !.:::::::: : : l: :!: : : :.: : :::::l /    i
    j ::::::::: : :.i.:.l.: : : :.: .:::::::l l    |

71 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:10:10 ID:DTTM7c9A
二438.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  危ないところだった、と息を吐いて毛布から起き上がる。

  彼は事ある毎に精霊視力でコナタを見るようになっており、
  今もまた、精神の精霊達が良くない動きを始めているのを感づいていたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                   ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                    |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                    /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                      { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
  「そろそろ時間ですから」                       ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                          |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
  (感情が育つのは良いのですが、                    |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
   衝撃が大きいときの反動も怖い。                  ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                             |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
   今後、どのように舵取りしていくべきか………)             リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                       __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                   ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                              ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                  l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                                | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                              、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



              ,..::;ニ=-、
              i::/     、
           ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ
         /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
        /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
          l:/::;'::::'オ/ !:::/へ|:::::::::::゙:.ヾ:、
        ,!,イ:::::/ !′ l::/  .lハ:::::|;;::::l
         /i:::::!::/iTニT ,!;' イニリ,!:::l`、:|
          !:(|:'!::l ゜┘/  ゚‐:!:}::!  ゙!     「………うん」
          |::::M::::!、   ο  .ィ:i!リ
          |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|
          !::::|x<!:l  |―| ,l:::|:::!
        l::::::;!ヾl:トミヾ、l〃!:ハ:|
        ,':::::::|  ヾ>ミV∠}′ i|
         l::::::::{ ,r=-=ニL._〉,ノ l|

72 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:11:17 ID:DTTM7c9A
二439.
――――――――――――――――――――――――
  毛布にくるまって寝っ転がったが、
  とても眠る気分ではなかったコナタは
  やらない夫から借りた作法教本を読み出してしまう。
――――――――――――――――――――――――



               ,イ:.:.::;〃.:.::|  /:.:.:;//.:.:.:.:.:/.:.:.:.:i:::.:.:.:.
             ,.-.、{:.{:.:.:.j:.:.:.:.:.{,/:.:.:.:;ノ"::::.:.:.:/:.:.:.:.,:':::::.:.:.:
          /:/ヽ:ヽ _::._:.::_":.:.:.:/::::.:.:.:./:::::.:.:.,:':.::::::.:.:.:::
      ____j/,ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、:.:.::::::; ノ::::::.:.:.::::::.:.i:.:.:.:/::
      ´ >:.:.:.:.{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヘ::::::.:.:.:.:.:/::;〉:.:.i;//:.:.:
     /: : : .:.:.:.:.:;/:.:.:.::;'.:.:.:.:.:、.:.:.:.、::::.:.:ー-‐'":.:.::/::::::/ ノ:.:/
      /: :/: :/:.:|:.:/|:.:.:.::.:|`ヽ、:.:.:ヘ.:.: :\:::::::::.:.:.:;ノ:::::.//:::;/
    j:.:/|:.:.|:.:.:|:/´∨:.:.:.:|  `\:.:|.:.:.:.:.:ハ::::;-‐:.:ノ.:.:'":.:::;/
    |:/ |:.:.|:.:.;ハ.ァ=ォV:.:.:| ャ==ャV:'.:.:|、:.:.:|:_::;=-─'"´ ̄    「ナイフとフォークは外側から………」
       |:/|:/ヘ} V::j |j\| k::::リ,' |:.:.:|ノ∨ λ
      {`ミゝ j  ̄     ̄ ’|:ヽ|__,.ィ' ゛\
      `ヽ_,}ヾ`ヽ、__、,___,.ィ';ノ::;//     ,/
        /ヽ、{´`,}ゝ  ∠::.::,.ィ'´     /
      /     ̄`ヽ,.-‐-r',´ ̄`-.、__,/
     /       /   `ゝノーァ7´
     `ヽ    /        //



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'    (誰か―――
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       天使でも悪魔でも良い。
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '            コナタの心を、
       /   ヽ、     _ イ                解放してくれないか………)
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  移動中の野営で睡眠時間を削る行為は決して褒められたものでは無いが、
  見つめるエルにそれを咎めるつもりは無い。
  
  コナタにとって睡眠とは、恐怖と罪悪感に満たされた、
  忌むべき時間でしかないのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

73 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:12:10 ID:DTTM7c9A
二440.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  こーなーちゃーん!  |
乂__________ ノ




''"~~"''ヽ,,,_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
;:;:;;:. .::. .:..:..~~"''ー、,,  :  :  :  :  : _,,,,,、、-─'''''''""""゙''ー:;:;、,,,,_:  :  :
;:;:;:.:.;.:;.;:.;.;::;:.;:.:.::..:::....:... ̄~"''ー-''ー-‐'''ー;;、、'':;.;,;,;,,_: ;.: ;;.;...;..:;;....;..:... .:... .: ..゙'''""゙゙''''"
幵.;:;:.;:.;.; :;..;.; .;.:;.; ;..;.;:.:.;:. ;...;.;. ,.. .. . . .. .. . . .. .:,; ;.,:,.,.゙゙"''ー-、;;:;,;;,;,:,.,.,.;..;.;, .. : :. :.
;;,,∠△''',,;;;::.:..____"゙''''-、、'',,,, _ _ _,,,;;;;''''"r'二△''''''~~;;;、,,,,-'''""'',、,,..,,..,.,..
;.;.;.!#!-!、,、,;;:__/二△___; '''""''';;,;,,人...l:田.旧;..:./ ̄/ ̄ ̄ ̄/△ ̄ ̄ ̄ヽ
;.;.;.;..;y,===::| |           .| | 7ニヽ....Llヨ;,,/''''7ヽ,,,:|ロロ| 田田l田|::ロ|田l田田|lf
;,.,.;.;/ l:|田|:| | ダンセニア | |___田l,:..:..... :.:,l二Lロ.l::.:|ロロ| 由由l田|::ロ|田l由由|ll_|
ニニニニニニニ| |.          | || ;| :: ;   | ;|ニニニニニニニニ|; |ニニニニニニニ|; |ニニニニ
ニニニニニニニ| | ______ | || ;| :  ::::  | ;|ニニニニニニニニ| ;|ニニニニニニニ| ;|ニニニニ
,,        |_| ,     ,    ,|_||_;|:;:  ;;   |_;|   _  _,,   | :|_   _,,   | :|




―――――――――――――――――――――――――――
  産まれ育った村の情景。
  いつの間にか自分が眠っている事に気がついたコナタは
  ああ、またかと飽き飽きした様子で思った。
―――――――――――――――――――――――――――

75 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:13:16 ID:DTTM7c9A
二441.
――――――――――――――――――――――――――
  この悪夢を何百回、何千回繰り返したか分からない。

  さすがにすぐ夢と気づけるようになり、
  出来れば起きたいと願うのだがそれは適わない事で、
――――――――――――――――――――――――――



                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                   |  こーなーちゃーん、   |
                   |  あーそーぼー。.      |
    ,"⌒ ..;;::...ー - _       乂__________ ノ
  (_,::::;.:.. . ':.. .: . .: . .〉
    ヾ::::;;;..._ ____________________
       /,.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',./ヽ
      /,.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',./   \      ,'⌒⌒、:.
    /,.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',.-',./      \   '⌒..;.
    i三三三三三三三三三三三三三三三三:!三三三三三三! ( ..:. . . .:... .
    ヽl:::.i|         _______   _____, |∨i       :iレ′  、_::::;;:::.:... .; ;.;
     |:::.l|         }| /| /| }| /| /l |::|::i       :i|    `゛゛ ´
     |:::.i|  / ̄ ̄ヽ  .}| /| /| }| /| /l |::|::l       :i|
     |:::.l|  |    |  .}|_i|_i| }|_i|_il |::|::l       :i|
     |:::.i|  |    |   {三三三三三三三}:|::|::l       :i|
     |:::.l|  |⊇  |              |::|::l       :i|        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 ::::::::::::: |:::.i|_|    l__________|::|::l______i|:::::::::::::::    |  あっ、おねーちゃん!  .|
 ;;;;;;;;;;;..[| ̄|:: _|____,!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|^i^|:::::::::::::::.:..:....i|;;;;;;;;;;;;;;;    |  いまいくー!           |
 ~ ""~  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゛~`~~    乂___________ ノ

77 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:14:10 ID:DTTM7c9A
二442.
――――――――――――――――――――――――――
  あとは朝になるか、魘されているのに気がついたエルが
  起こしてくれるのを待つしかない。
――――――――――――――――――――――――――



      _(⌒_
     '´   l 7、
    !wノ/ノl/!リ〉
    !リ(!|゚ ヮ゚.ハ     「おかーさん!
    ノ' ⊂)氷!つ ,     おねーちゃんと遊びにいってくる!」
   ´((ゝ く/_j〉 j リ
    `  .し'ノ        ┌────────┐
                │  コナタ      │
                │  当時五歳   ...│
                └────────┘



                                       _,..-''' ̄ ̄'"'''- .,
                                    ., ヘ,|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,
                                  .,...':''`- .,,|.:.:.:.:.:.:.:.::;.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.,
                                   '>,--::::,,_|,.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::,
                                   |'{ .|   |.:.:.:.:.:.:.:.:'|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                .  | .| |,_   |.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           「はいはい。                |.? `  '|;.:,'.:.:.:.:.:|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                                   '.,. ', .,   ',;|.:.:.:.:.:|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
            暗くなる前に帰りなさいね、    .    '', =ミミ,, |.:.:.:..:.:|'',.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:|
            この間みたいに遅くなったら        ノ   ' |.:.:.:.:.:,|ノ.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.|
            めっ、しますからね?」            ヽ,  -' .|.:.:.:.:亅.;.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.|
                                       ' ー |.:.:.:,ノ''|.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:|
           ┌────────┐                |.:,/:::::::',.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:..|
           │  コナタの母  ....│               ,.'==ミ::::::'|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.|
           │  アヤノ       │              ,´,~_~ヾ',',.::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.::|
           └────────┘              卜  ' .,::'.,",|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|.:.|
                                       .,'    ',::: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'|,:|
                                      ,|      ,:::..|::::::::::::::::;:::::::|:|
                                      |      从|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:|
                                      ,|      .|',::|.:.:.:.:.:.:.:.:,|.:.:.:|.:.|
                                     /       |,/-|.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.|
                                     ,|       |/ .|.|.:.:.:.:.:..:|.:.:.:|.:.:|
                                    .|       |   |,|.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:|.:.:|
                                    ,|       |   从.:.:.:.:.|.:.,'.|.:.:|

78 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:15:10 ID:DTTM7c9A
二443.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  もう、顔もはっきり思い出せない幼なじみは
  村でたった二人きりの子供、二歳しか違わない唯一の遊び相手だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――



.      |:::::::|:::::::|ゝ ´  、_ァ  ./:|::|:::::|::|
..    |: ::|::|:::::::|::::ヽ、___ イ: :|::|:::::|::|
     |||::|:::|:: :::|:::l::!::::::::|  .∧-|/!::/l/
     |!|::|::::|::::::|!:l/ ̄ヘ_  ._/   l/ \      「こなちゃん、今日は何して遊ぶ?」
.      ヾ!ヽlヽ::|/|    ∧ /    ./.:.ヘ
          /ヾ|    ./∨    /.:.:.:.:|
           | :.:.∨   / 。 ∨   / :.:.:.:.:|
          |.:.:.:.:∨ / .:.。.:.:∨ / .:.:.:.:.:.:|
         |.:.:.:.:.:∨ .:.:.::.:.:.:.∨ .:.:.:.:.:.:.:|




                                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                   |  伝説の戦士ゴッコ!  |
                                   乂__________ ノ




―――――――――――――――――――――――――――
  一人っ子だったコナタにとっては両親の次に身近な存在。

  否、畑仕事で忙しい父と比べれば、
  接した記憶がより多い姉のような人だったと記憶している。
―――――――――――――――――――――――――――

82 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:21:14 ID:DTTM7c9A
二444.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  この頃二人は、伝説の戦士シュウジ=クロスごっこに夢中になっていた。
  だが、毎回主役をやりたがるコナタに相手が文句を言い、
  新しい遊びを模索した少女達は―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――



     l/l:l::::/::::::|メ、.     c /l:i :|
      |i∨|i:|:::|::(|` -- ,イ Τl!/        「またそれ?
           ,∨冫`ヽ  /ヽ .|`゙l         こなちゃんがシュウジばっかりやるからつまんない。
.          |´.:.:.:`ヽ \ |  |.:.:|
.          |, -‐''''ヽ ヽ .`/\|.:.:|            今日は別の事しようよ」
.           |.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:∨.:。.:/:.:.|




                                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                   |  ぶぅ~.    |
                                   乂______ ノ


 
 
83 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 22:21:52 ID:YmM.4mF.
東方不敗ごっこかよwwwww

84 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:22:10 ID:DTTM7c9A
二445.
――――――――――――――――――――――――
  他愛のない選択で、運命の分岐点に立つ事になる。
――――――――――――――――――――――――



   '´  /:::::::::::::::::::::::::ヽ、ヽ         ,...、      /:::::::/
      /::::::;::::::;ィ::::::::::::::::::::ヽ、      (_,ノ      /::::;:::/
    /::イ/://:::::::::::::::::::::::::::丶、           /:::::::/:/
    '´  /'′/::::;ィ::;イ::::::::::::::::::::::::l`丶 、__,.. ィ´:::::::::::/ ′
        /-'´/' /::/!/l:::/|:::;:イ       /ィ::/|:/         「そうだ、センセの家行ってみよう!」
            /'´  ′レ'>ー′    ' ´ ゞ、`l/- 、_
            _,..- '´: : : :ゝ、        〈: : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : └;        ノ: : : : : : : : : ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : :`^ヽ-へ--': ̄: : : : : : : : : : : :.|
          /: : : :i; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i : : : l




    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
    |  センセの家?   |
    乂________ ノ

85 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:23:10 ID:DTTM7c9A
二446.
―――――――――――――――――――――――――――――
  人口数十人の小さな村が遊び場の二人にとっては、
  未知の場所などそうは残っていない。

  村長宅の寝室から村はずれの納屋まで知らぬ場所は殆ど無く、
  唯一残っているのが先月王都から派遣されてきた
  教師の家ぐらいだったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――



                                |::: :::::|   '        .|::::|:::::::|::::/
                                |/l::::/\  ヽフ     イ::/|/∨l/
                                 ∨  ` ー┬ ' 「_ .|/
          「きっと面白いものが             /|¨ヘ´   / ̄ ソヽ
           たくさんあるよ!」              /  ヘ  \/  / /ヽ
                          .          /  l ヽ/。\/  l´  .|
                                /    /    .。     |  .|
                          .      /     ./|     .。     |  .|
                          .       |    / 冫         /   |
                          .       l  / ./ > `´ / <. ヽ  .|



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  うん、わかった!  |
乂_________ ノ

87 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:24:10 ID:DTTM7c9A
二447.



                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                    |  センセー!        |
                    |  アキヤマセンセー! ..|
                    乂__________ ノ



_____________________
_/_/_/_/_/_/_/_/_/.,:;./_/_/_∧
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ .ヘ
_/_/_/_/,.;::./_/_/_/_/_/,.:;,./_/.γヽヘ.
_/_/_/_/_/_/_/;::::.,/_/_/_/_/  ゝlノ ヘ
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''|,..:  ,;:  |
____        ゙;;:    ____ |   _,. -i |
ニニニニニil   / ̄ ̄ ̄ ̄/l liニニニニニニil. |  |´ | ,..| !
_||_| l|  l二二二二二l/. l l|_||_| l|. |  |-''!´ | !
 ̄|| ̄| l|   | | |l     | ||    l l| ̄|| ̄| l|, |  |_,..レ''  |"''iv,,.
ニニニニニil   | | |l___| ||    liニニニニニニil|       |   ~"~゙''"''' w,v,,ivll、,wii,,..,..,.ill,..w,,_,,
 ̄ ̄ ̄ .   | | |    0| ||;:;,.    ̄ ̄ ̄ ̄ |   ;:;:, .   |                        ゙'' vw,,'w
,.:;       | | |l ̄ ̄ | ||     ゙゙      |  , _,. - '´,,.,,
____,,wiiv| |_|l___| |l_______|_,,-'´
,,       | | ,,    ,,| | ,,                         ""''´''
      ,, ''';"    ゙;^"" ""''´''
wv、,.,..,.ill,..w''"     ゙'' vw,,'wii,,..                           "゙''''~
                     ゙"'''' iw..,,_,,..,..,.ill,..w、,,_
                                  ゙''"゙v,,ivll、,w,,'wii,.,
                                            `~"゙"'''' iw..,,_,,..,..,.ill,..w、,



―――――――――――――――――――――――――――――
  教師がこれまで余り村人と接している姿を見なかった事も
  彼女たちにとっての未知さを膨れあがらせていたのは確かで、
―――――――――――――――――――――――――――――

88 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:25:10 ID:DTTM7c9A
二448.
―――――――――――――――――――――――――
  今でもコナタは思う。
  あのとき帰っていたらどうなっていたのだろう。
  玄関に鍵が掛かっていたら、どうなっていたのだろうと。
―――――――――――――――――――――――――



     l/l:l::::/::::::|メ、.     c /l:i :|
      |i∨|i:|:::|::(|` -- ,イ Τl!/
           ,∨冫`ヽ  /ヽ .|`゙l     「………いないみたい」
.          |´.:.:.:`ヽ \ |  |.:.:|
.          |, -‐''''ヽ ヽ .`/\|.:.:|
.           |.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:∨.:。.:/:.:.|



                                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                      |  あ、開いちゃった  |
                                      乂_________ ノ




                   ガチャッ

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

89 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:26:10 ID:DTTM7c9A
二449.



                                       |::: :::::|            |::::|:::::::|::::/
                                       |/l::::/\   ⌒      イ::/|/∨l/
                                        ∨  ` ー┬ ' 「_ .|/
         「だめだよこなちゃん!                    /|¨ヘ´   / ̄ ソヽ
                                          /  ヘ  \/  / /ヽ
          この間村長さんちに            .          /  l ヽ/。\/  l´  .|
          勝手に入って怒られたじゃない!」         /    /    .。     |  .|
                                 .      /     ./|     .。     |  .|
                                 .       |    / 冫         /   |
                                 .       l  / ./ > `´ / <. ヽ  .|



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  平気だもーん    |
乂________ ノ




―――――――――――――――――――――――――――――
  村人全員が顔見知り、犯罪なども全く起きないで
  夏になれば窓も玄関も開けっ放しの田舎社会。

  だから、たとえ今日が家主の不注意による偶然だったとしても、
  彼女らにしてみれば開いているのが当たり前で―――
―――――――――――――――――――――――――――――




________/l ____     _____,,
\      |/ | / /  ;|    |       |
  i ̄ ̄ ̄ ̄  |  / / ;|    |       |
  i         ̄ ̄ ̄ ̄_   |   。   |
__,,i______ ___┏旦___|  |O.=     |
, ┻┻ ┻┻ //   /l::  :/l  |       |
 ̄ ̄~| ̄ ̄~|| ̄ ̄~| ̄ ̄~|::|  |       |
   。 |。    ||    。|。    |;;|_,,|       |__
_____.|._____||_____.|._____|/    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



―――――――――――――――――――――――――――――
  子供故の無邪気さで、それほど大きくない木造一階平屋建ての
  玄関兼厨房に入り込んでしまった。
―――――――――――――――――――――――――――――

90 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:27:10 ID:DTTM7c9A
二450.
―――――――――――――――――――――――――――
  そこに口を開けていたのは、平和な日常とは別次元の扉。
―――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  階段………?   |
乂________ ノ



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /|__                 /:::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::/ // /|__               /:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::/ // // /|__         ./:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::/ // // // /|__    /:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::/ // // // // /|__/:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::/ // // // // / / /::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::



   '´  /:::::::::::::::::::::::::ヽ、ヽ         ,...、      /:::::::/
      /::::::;::::::;ィ::::::::::::::::::::ヽ、      (_,ノ      /::::;:::/
    /::イ/://:::::::::::::::::::::::::::丶、           /:::::::/:/
    '´  /'′/::::;ィ::;イ::::::::::::::::::::::::l`丶 、__,.. ィ´:::::::::::/ ′
        /-'´/' /::/!/l:::/|:::;:イ       /ィ::/|:/         「地下室があるのかな………」
            /'´  ′レ'>ー′    ' ´ ゞ、`l/- 、_
            _,..- '´: : : :ゝ、        〈: : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : └;        ノ: : : : : : : : : ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : :`^ヽ-へ--': ̄: : : : : : : : : : : :.|
          /: : : :i; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i : : : l


f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  センセ、下じゃない?   |
乂___________ ノ


 
 
94 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/02/12(土) 22:30:23 ID:LA4YR1gA
幾らなんでも禁忌を使う場所の管理としてはずさんな気がする。
すると故意に誰か侵入できるようにしたのか・・・?
うーむ?

91 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:28:10 ID:DTTM7c9A
二451.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大人なら、納屋でもない住宅に深い地下室がある時点で訝しむだろう。
  しかし少女達にとって地下室とは禁断の地、究極の遊び場、秘密基地など好奇の先にある物だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|            |p|q|            |ミ|
              |ミ|         _lニニニニl._          |ミ|
              |ミ|        _lニニニニニニニl_        |ミ|
              |ミ|      _」二二二二二二L_     |ミ|
              |ミ|    _」二二二二二二二二L    |ミ|
              |ミ|  ┌┴─────‐───┴┐  |ミ|
              |ミ[__l ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄L]ミ|
          __| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L_
         / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄\
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                           |  勝手に入ったら怒られるよ!  |
                           乂______________ ノ

f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  へへーっ、               |
|  おねえちゃんの怖がり!      |
乂______________ ノ

                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                           |  こ、怖くないモン!  |
                           乂_________ ノ

92 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:29:12 ID:DTTM7c9A
二452.
――――――――――――――――――――
  だが、足を踏み入れて言葉が無くなった。
――――――――――――――――――――



    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,        ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,      ''';;;,      ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ,,,,,,
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;'|  ……………   |''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,                  ''';;,     ______    '''    乂_______ ノ   ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,           |:::::::::::::::::::::::::::::::|                     ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,       |:::::::::::::::::::::::::::::::|      ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    ''';;;''            ,,  |:::::::::::::::::::::::::::::::|     '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
,,,,;;;;;;'''''''       ;'         ,,,,;;;,;'''   |:::::::::::::::::::::::::::::::|      ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
            '       ,,,;;;''''''      |:::::::::::::::::::::::::::::::|      '';;'       ';,    '''';;;;;''
     ''';;;,,,,,        ,,;;;;'''         |:::::::::::::::::::::::::::::::|               ;,     '';,,,;';,,;''
        ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''          |:::::::::::::::::::::::::::::::|
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''              _」二二二二二二L_         ';,       ,;
                         _」二二二二二二二二L          ''''';;;; ,,,;;;''';;'
                      ┌┴─────‐───┴┐            '''';;;;;    ,,,,;'';,
   ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'     _l ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄L      ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''      __| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L_  ,;''   ;'  ''';;;;,,,
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';     / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄\  ,,,;;;    '''''';;,,,,
      ;;;'';       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ''''';;;;,,,,,,  ''';;,



―――――――――――――――――――――――――――――
  子供でも分かるその場の異常な空気。

  霊気ともつかぬおぞましい雰囲気に呑まれて
  息を潜めながら一段、また一段と降りていく最中、
  ゴクリ、と唾を飲み込んだ音が自分が発したのかも分からない。
―――――――――――――――――――――――――――――

93 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:30:10 ID:DTTM7c9A
二453.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  奥にあったのは―――
  魔法の明かりが中央に浮いて、薄暗い階段とは対照的に明るかった、
  地下とは思えないほど広い実験室。
―――――――――――――――――――――――――――――――



               |      ______  ______  ______
           ./|   |    /_____//_____//_____/|
       ../ ::::|   |    || £ △ 〓 ||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||llllllllllllllllllll||  |
      / . :::::::|   |    ||==========||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||==========||  |  ____
        |::::::::::::::::|   |    || §∇ Ω∧||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||[[[[[[[[[[[[[[[[||  l/
        |::::::::::::::::|   |    ||==========||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||==========||  || ̄ ̄| ̄
        |::::::::::::::::|   |__||Α▲⊿凸Å||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||[][][][][][][][]||  ||   [|]
        |::::::::::::::::| /   .||==========||/||==========||/||==========||/||__|_
        |::::::::::::::/
        |::::::::/                                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
        |:::/                                           |  ふむ、出来たかな?      |
       /     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ./|                  |  あとは井戸にこれを………   |
     /      /                    / |              乂_____________ ノ
   /      /                     /   /
 /       || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  /      / ̄ /| γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
          ||____________||/       ./ ̄ ̄]/| ゝ.____ ノ、
                                      / ̄ ̄[il |〈`  ̄ ̄ ̄,´;;;;〉
                                  /      |  ┏:\_,,,,,;;;;;;;/:┓

95 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:31:10 ID:DTTM7c9A
二454.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  戸口からそっと中を盗み見れば、
  嗄れ声の老人が興奮した様子で部屋の中をうろつき回っており―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



     !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::ヽ!::::}!::::l::li|
     j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、:::::::::i::!::l:l !
      l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ
     !ハト:{:!:i:トN{、:::::::;::::;{ >、{ :::::::::::::::::::::\::l::!:ト!!:l::l!
       ヽ i、ヽ:ト{、ヾ::::::::::: l!\::::::::::::::::::::::::::::::::::|::!:l::! j:ll:!
         !::、::::i  _ノ l   ヽ、 _.    |:::/lj/l:!リ    「この水溶性ゾンビパウダーで不死化した場合、
           ヾト、:!               j!/ j|:::リ      果たして理性は残るのか?
          ヾ!    ヽ  ‐          /イ´lハ/
            }ト.、 { __ _ , }    /' !:://       非常に興味深い………クックック」
             リl::l゛、           /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/



   '´  /:::::::::::::::::::::::::ヽ、ヽ         ,...、      /:::::::/
      /::::::;::::::;ィ::::::::::::::::::::ヽ、      (_,ノ      /::::;:::/
    /::イ/://:::::::::::::::::::::::::::丶、           /:::::::/:/       「センセじゃない………
    '´  /'′/::::;ィ::;イ::::::::::::::::::::::::l`丶 、__,.. ィ´:::::::::::/ ′        誰?」
        /-'´/' /::/!/l:::/|:::;:イ       /ィ::/|:/
            /'´  ′レ'>ー′    ' ´ ゞ、`l/- 、_
            _,..- '´: : : :ゝ、        〈: : : : : : :`ヽ、
          /: : : : : : : : : └;        ノ: : : : : : : : : ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : :`^ヽ-へ--': ̄: : : : : : : : : : : :.|
          /: : : :i; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i : : : l



――――――――――――――――――――――
  この家の住人ではない、と知った同行者から、
  無意識のうちに漏れてしまった不思議そうな声。
――――――――――――――――――――――

96 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:32:12 ID:DTTM7c9A
二455.
―――――――――――――――――――――――
  ここで、少女らの意識は一端途切れる事になる。
―――――――――――――――――――――――



  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.      _/\/\/\/|_
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\ ____ノ /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.      \          /
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                  リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.      <  誰だ!?  >
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:      /          \
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.        ̄|/\/\/\/ ̄
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ \                      i /:.:.:.:.:.:.:
      | i.{ ∨     _    \    ーーー,,_            ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                ヽ        /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、   ヽ      /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三






                          |::: :::::|            |::::|:::::::|::::/
                          |/l::::/\  ⊂⊃   .イ::/|/∨l/
                           ∨  ` ー┬ ' 「_ .|/
       「あ、あの………」            /|¨ヘ´   / ̄ ソヽ
                             /  ヘ  \/  / /ヽ ;
                    .          /  l ヽ/。\/  l´  .|;
                            ;/    /    .。     |  .| ;
                        ; /     ./|     .。     |  .|;
                          ;|    / 冫         /   | ;
                         ; l  / ./ > `´ / <. ヽ  .|;

      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      |  おねえちゃん、逃げよう!    |
      |  おねえちゃん!             |
      乂______________ ノ



―――――――――――――――――――――――
  コナタは階段を戻ろうと袖を引っ張ったのだが
  眼光に呑まれたもう一人が立ちすくんでしまい、
―――――――――――――――――――――――

97 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:33:10 ID:DTTM7c9A
二456.
―――――――――――――――――――――――――
  侵入者に気づいた男が魔法で二人を眠らせたのだ。
―――――――――――――――――――――――――



              ',:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.         ',::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
              ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l       ',:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:. l
              ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l          ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l
              ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         /::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
              ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      /:::::::::::::.:.:.:.:.:.:. !
                i:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      /::::::::::::::::::::::::.:./
                  l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     /:::::::::::::::::::::. /
                l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      i:::::::::::::::::::.: /
                 l::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      !::::::::::::::::::.:./
               l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /
                  l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
               l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/             |  なんだ、ネズミが二匹.   |
                  l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./            |  紛れ込んだだけか。   |
                 l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l            |                    |
                     l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉            |  ―――メズマライズ。   |
                    |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´            乂___________ ノ
                   l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                    /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
               〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     }
                V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ
                ´          |     ` ー ´
               /          ‐'}            カツン………
            { ` ー―――‐ ´ ‐'             カツン………
             ー――――― ´

98 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/02/12(土) 22:34:12 ID:DTTM7c9A
二457.



闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇|  これだから躾の成っていない餓鬼は嫌いなんだ、   |闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇|  余計な手間は掛けさせないでくれたまえ。.         |闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇乂______________________ ノ闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇                       闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇 ―――コナタ、               闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇        起きてください、コナタ―――  闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇                         闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇
闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇闇



――――――――――――――――――――――――――――――
  あとは暗転する意識の中、最後に届いた言葉通りになる。

  僅か数時間後にはゾンビと化した村人が無事だった者達を襲い、
  喰らおうとする地獄絵図が繰り広げられ―――
――――――――――――――――――――――――――――――


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━