やらない夫は約束を守るようです Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! 第二章 歪められていたこれまでのこと、歪められていくこれからのこと 前編

 
 
ショートカット
・第一話 11/01/10
第二話 11/01/16

211 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:00:05 ID:MZO2a2sL
二1.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  八時十分の玄関前。
  エル、やらない夫、コナタ、雪華綺晶の四人が相談しているのは昼間の護衛の事だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                 ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                  |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                  /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                    { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                      ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
  「日中の護衛は、                            |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
   引き続き私とコナタが担当します。                 |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                      ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
   やらない夫はどうせ、                             |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
   夕べ捕まった三人からの情報を得ようと                リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
   詰め所に行くつもりなのでしょう?」              __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                 ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                            ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                              | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                            、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    「確かにそれもやりたかったが………
        !  (__人__)  |     良いのか?後番で疲れてるだろうに」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /                       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
      i レ'´      ヽ                          |  いえ、構いません。  |
      | |/|     | |                       乂__________ ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  さすがに今日も後番から連続は大変だろう、と
  役所に行く役目に立候補しようと思っていたやらない夫を、もう一度エルは制し―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


212 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:01:10 ID:MZO2a2sL
二2.
――――――――――――――――――――――――――
  たった数時間ぐらい、なんてことありませんと首を振る。
――――――――――――――――――――――――――



                           ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                          i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                              i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                            !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                           i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                          !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
                              /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
     「どうせ今日は闇の日ですから、      '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
     公務も正午までですし」                 `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                                 'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                  ヽ、、      /::::    : //
                                         i    ., '""'-、,,__.._ //
                                    ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                              |.  ヾ、:/



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |           「じゃあそっちは頼むよ。
            |   ` ⌒´  |            ………王都からの護衛部隊が到着して、
          .  |         }            手が出しづらくなる直前の今が一番危険かも知れない。
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、           気をつけてな」
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



―――――――――――――――――――――――――――――
  情報集めも、証の護衛も、仕事の上では等しく重要な役割だと
  分かってくれているエルに感謝して甘える事にしたやらない夫は
  くれぐれも油断しないように、と注意を促した。

  チリチリと首筋に感じる嫌な予感。
  それが次第に強くなりつつある事を、彼は感じ取っているのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――

213 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:02:01 ID:MZO2a2sL
二3.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  物理的な危機なのか、状況が悪い方向へ変遷するのかは分からない。

  護衛を手厚くするべきなのか迷ったが―――二人が護衛を買って出てくれたのであれば、
  衛兵も居る事だし不足はないだろうと判断したやらない夫に、
  少し考えた雪華綺晶も同行を申し出てそれぞれの午前の予定が固まった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                           ,ィ''´_二----`' - 、__
                                       /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                                      /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                                     // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                                     {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                                      Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                                      {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
                                       __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
            「じゃあ私も詰め所に付き合うよ。     i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
             良いよね?」                 }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
                                      'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
                                     i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                                    r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                                    `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                                      ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                                     | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                                     l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                                      i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \



              ,..::;ニ=-、
              i::/     、
           ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ
         /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
        /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
          l:/::;'::::'オ/|::|:::/:廾!::::::::::゙:.ヾ:、
        ,!,イ:::::/ !':|:l::l::/::::::lハ:::::|;;::::l
         /i:::::!::/iTニT::,!;':::イニリ,!:::l`、:|
          !:(|:'!::l::゚‐':::/:::::::゚‐:!:}::!  ゙!  「……………」
          |::::M::::!、   _   .ィ:i!リ
          |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|   コクコク
          !::::|x<!:l  |―| ,l:::|:::!
        l::::::;!ヾl:トミヾ、l〃!:ハ:|
        ,':::::::|  ヾ>ミV∠}′ i|
         l::::::::{ ,r=-=ニL._〉,ノ l|
       ,!:::::::::l      |l!l!|´   |!
       !:::::::::::ト、   |< _/:|
        !::::::::::::゙7ー イ丁´「 〈::::::|
        l::::::::::::/ l  | |  l ゙、::::|
       l::::::::::/ l.  |  |  l  ゙、:|

214 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:03:01 ID:MZO2a2sL
二4.



   / ̄ ̄\
 /     _ノ \
 |      ( ●))
. |       (__ノ_)     「そうだ、キル夫は?」
  |       `⌒ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



――――――――――――――――――――――――――――
  ふと、ここには居ないもう一人の予定について尋ねると、
  眉を動かしたエルは視線を合わせないように天井を見つつ、
  どちらへも行かなくて良いと明確に否定する。
――――――――――――――――――――――――――――



                                              /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                                              /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
                                            //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
           「ああ、彼はだいぶお疲れのようですので        /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
            護衛に出る必要はありません。                iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
                                           リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
           このまま夕方まで寝てて貰いましょう」          ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
                                                  リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
                                             !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
           (この三人で詰め所に行かせるのも何ですし。          i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
            かといって、証の側に来て貰うのも微妙ですしね)         リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                                                  `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                                      ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                                          ヽ'  /     i         ',



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今朝の様子を見ればキル夫が情緒不安定になっているのは明らかで、
  どちらに付いてもらっても問題がありそうならば館待機が最善と思えたのだ。

  もちろん同じ契約で働いている以上どちらかの役目、または別に何らかの働きをするべきだったが
  日中の護衛に付いては契約外の慈善活動であるし―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

215 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:04:01 ID:MZO2a2sL
二5.
―――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫も、これ以上キル夫に負担は掛けたくないと思った。
―――――――――――――――――――――――――――――



       / ̄ ̄\
       _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
     .( ●)( ●)  ..| / |
     (__人__)     .|./   /     「じゃあ雪華綺晶、
      i⌒ ´ .r-、  |/  /      九時にロビー集合でいいか?」
      {     ヽ, ',. .,/ :/',
      .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
       .ヽ . |   / , --'i|
       /   {  V , --ヘ
       |   ヽ  L| r= |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶は、詰め所に向かう方にキル夫が加わらないのであればどちらでも良かった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                           _ __     ((
                                      ,ィヽ、  ,.ィ'´ヽ  l l /  ̄ `'ー-ィ'))、___
                                     //`ー、 ̄     ' ' ――- `ーィュ ヽ、 `!
                                 / イハ                ゞイ)) ヽ.∧
                                i'´ /  ゞイ!   ./ l l! l   l!  l l!  l (( ヽヽ∧
                                l .l    リ /  .i! i! l l l! i!  l!l  l!ll l l!  l`  .lヽ.ヽ,
                                l ./! l! l l l  .i! l i! l!l l! .l! l l! l  l!l! l .l l l .l / .lヽ l
                            .  /l./ l l i! l l l!   i! l l! .l! l! .l! .l l! l! l! l!.l l .l l l /  l ト、
                            . /  / l l!、l l l l!(( .i! l l! ))l!l l!l l! l! l! l! l! l l .l .l .l!  /  l ヽ
                            /   l  l! l l l l .)) l l(( i! l l l l l! i! l!.l! l l l!l l l /  l  .l  l
                            l   l  l  l l!l l (イニエーヒ.ィ l从!i!从!ム从! l l!l i!. l  .i!  l   .l
                            l   l  l   l l!l ノ ハイゝソリ    イた:ハヽll!l l l  .l!  ヘ  .l
               「了解」         .l  ll l ヽ  l ヽ 弋ヘメ.イノ     弋:::ソ  l! l  l!  l!.   \ ヽ
                            ..l /  l .ヘ .ヘ  ヘンー、ノ          ̄  ./.、  l  ヽ    ヽ
                            . l/  .l!  ヽ、 ヽ.∧ ((.  _ ' _     ./ /ヽ .l   ヽ
                            /   /l     ヽ, i i\ ))  ` ‐ '´ ._// / / /  l  i ヽ
                               /l ヘ  ,、-‐-、l l ,ィ'> _   .,i´、 /,、l .l / .,ィ'`'i l  l  ヽ
                               /  l >  ノ,、 ,二>イ >`´r' l  '´ ノ! // ゝ、 〈 .l  l
                               /  .,ィ'´    `´ 〉l _ l /ヽ、イ > 〈´.//'´ゝ'  .\! l
                            .  / /        〈,、ゝ' ゝ.〈  ̄ノ ,_ヽ'´〈.  l      \


216 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:05:01 ID:MZO2a2sL
二6.
――――――――――――――――――――――
  エルは、面倒事はご免だと思っていたし―――
――――――――――――――――――――――



                        ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                         |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                         /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                           { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                             ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                               |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
     「ではコナタ、                  |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
      役所へ行きましょう」           ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                  |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
      朝ご飯は受け取りましたか?」         リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                            __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                        ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                   ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                       l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                     | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                   、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



―――――――――――――――――――――――――
  そもそもコナタは、全くと言って良いほど興味が無い。
―――――――――――――――――――――――――



            r,/''"´ ̄`
          l::|          /!
            l:!      /.::/
          ヾ:.  _/.::.:∠-.-::.::ァ
             , ゝ´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::<、
   .       /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヾー
.        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. .\
        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: i . :.:.i__::丶、
       ,' : : .::.::.::.::.::.::.::.::..::. : . . : l.::.::.::.!  ̄
        i.::.::.::.::.; ,::.::.::.::.::. . : ::.::.::.:l:.::.:i:.::|
       l.::.::.;:;';';';';';';:,.::.::.::.::.::.::.::i::.::j、::.;{::.:|
.        l:.::;';';';';';';';';';';';.;';.::.::.::.::.l::.::l Υ|::.:|    「弁当持った。
         l.::;';';';';';';';';';';';';';'.::.::.:.:/:.::ハノ.::|ヾ|     準備良し」
          !.;';';';';';';';';';';';';';';.::.::./::.::| |::.:|
.          l.';';';';';';';';';';';';';';'::.::/.::.::|ノ|::.:|
        },';';';';';';';';';';';';';'::./::.::.::l !.::.|
.        l.:l.';';';';';';';';';';';';';/::.::,::.::!_|.::/
         l.::.!.';';';';';';';';';';';'/::.::.;;.::.:|l!ヾ、
       l.::|::.::';';';';';';';';';'/.::.::.;;';:.::.|l!l!|゙!


217 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:06:01 ID:MZO2a2sL
二7.
―――――――――――――――――――――――――――
  後番を終えて早々に部屋に引っ込んだキル夫にも、
  もう夕方まで部屋から一歩も出るつもりは無かったのだから
  エルの判断は適当だったと言えるだろう。
―――――――――――――――――――――――――――


    バタンッ
  |┃           ___
  |┃ 三       /⌒  ⌒\
  |┃         /         \     「よーし寝るぞ、
  |┃ .     /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \    俺は夕方まで寝るぞ」
  |┃ 三   |   (トェェェェェェェェイ)   |
  |┃        \  \ェェェェェ/  /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――こうして固まったそれぞれの、これから数時間は何事もなく過ぎ去るはずだった。

  五人ともに仕事を終えて報酬を受け取り、
  暖まった懐に笑みを湛えながら町に散っていくはずだった。

  しかし、流れを乱す手は―――思わぬ所に潜んでいたのである。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

218 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:07:07 ID:MZO2a2sL
二8.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルとコナタは弁当を受け取って出発してしまい、キル夫は降りてこなかった二人きりの朝食の後。
  一度部屋に戻り、装備を調えたやらない夫が十分前にロビーへ出てくると、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                         , ------ 、                   / ヽ
                        /      \              /ヾ /
                       i______ i           /ヾ/
                        |______│         ./ヾ/
                        | ( ●) (● ) | 、-- 、   /ヾ/
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/      「早いな。
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´        まだ五十分だろうに」
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||
               ,  ―――´ | |、` ――― ´.,| |  `――‐  、`弋 |
             / ヽ       ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /     / \  ´
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |       \  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´  <^ ^>  |         `ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´....   Ⅴ   |         ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i;;;;;ヽ. ヽ              /  ,/;;;;;;ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::/;;;;;;;;|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|;;;;;;;;i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|;;;;;;;/    |         |   ヽ;;;;;;;.!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i;;;;/\     !         !   /ヽ;;;;i――――‐ ´i
       .|------i   .|/   `ー―――――――― ´   .|   .r‐‐‐‐‐|
      .|    .|    .|         / :::::::::::::∧          |   .|    .|
        |----- .!   .!\     ../:::::::::::::::::::∧     ../.|   .|-----|
       |     .i   .|  .\     /::::::::::::::::::::::::∧    ./ . . |   .|    |

219 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:08:01 ID:MZO2a2sL
二9.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  同様に完全装備の雪華綺晶が軽く化粧までして、待ちきれない様子で玄関前で待っていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



               ィ⌒ヽ
                   )  __
               iV/r' ´  ̄     ` ' 、     ,-、
             ィv┘./  /         ` 、  .r'´
           r  >イテ   i             \/v
          >フ/  /  l  l        l   {人レ、
        , ィ' ´  /  /  l  l   i     l .i  ゞV/廴
      / /   ./   i _ l  l   :l    ! l  l ハ`´ ヽ
     /  /   ./ィ   r'´ ` il  ト 、 .|  i  l |  | i .| _V )
   / イl/   イ.イ   廴 _ 人 .ハ  ヾ ト +- 、| .|i ./ .l .| rヘ
   {  .i l   / il  il  ≧iVハi .\ _V_ハ /.i V  .∧   ヘ       「お互い様よ?
   V il .  / /   ノ Ⅶt人ァ ヽ \ィ≧テ-L/  /ili .V   ',       それより―――」
    V \/ /  ./ ハミY /ノ  ,  ┴=斗/  ./ 人 V  .',
    V./  /   ./  i ゝ  )      """ / イ / l  i   ト
    /i .  /   ./  .イ┌人il  ` ー '   .//././  l      ヽ
  ./  .レ  /  i  / lr )、 \、     イ // ̄ス─-┐    i \
イ/   /  i   ∧ 、_// 入  ≧- イ⌒i l  /   /、    l   \
../i  /  イ ./  V>-    ⌒) Y. {  :l | イ   ./ /、 i   l     ト
il V./  / :l ./  < `ー─┐ ィつ i   r弋、─-─≦ イ     |     V\
  y  /   {    \_  `i i<`  ̄>i i  \    >イi    |     i  .\
../  / i  Yゝ    彡 } . l l>><<l.l  r ' ´ ̄    ヘ   i     l    ヽ
.   {   / ゝ      イ.. l l<   >l.l  ∧ヾ       Y       l     ヘ
  / .V  /   >    /i┌ ‐/>><<l.l /          }         l     )

220 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:09:01 ID:MZO2a2sL
二10.
――――――――――――――――――――――――――――――
  一瞬前まで、二人きりのお出かけだと彼女は浮かれていた。

  しかしやらない夫が階段を一歩一歩降りてくるにつれて強まっていく
  緊張ともつかない気配を敏感に感じ、
  浮かれ気分だった自分を隅に追いやって冷静に尋ねると。
――――――――――――――――――――――――――――――



 、   _, .} ,メ    l   ',::   ヽ::::.   ',:  ヽ
   ̄,´/F>`ミi_ i  i    ';::   ' ;:   ';::  ',
  ,⌒Yiー<⌒ハL  i     '::;    ',、   ';::  }
  ,イ冖!/てヾVYjヽ_, l、 ,  ',斗七  '.,ヽ 人,,リ
 从r'弋心ノ',イj从i   l....ヽ/ '; :::\  l ::/イ
.<  ゝ._`フノノハ、 .i  l::::''ゞ从_i⊥、;\j .i        「完全装備なんだ?
  弋 _、.>√勿/ヽi. ハ   V{ィrャミ <  丶_       随分物々しいね」
  )) /´  `.i`...'.,::、 '、 ハ  `.辻,ィ'}      ̄|
    l    :::   ::',::\ iヽ   |下乙     /
    l    ::     ;;; ::ヽ| ゞ         /
    ,'  ..::    ,:'::, :::|           (
    ,'   ::    .::  ::: ::|`(  Y ヽ、     /
   ,'  .::  .:: .::..  ::: :| ,ゝ‐イ .ノゝ___,,ノ
  ,'  .:::  ..::: .:::  ::: :::!" `丶、s ̄`)
  ,' .:::/  ::: .::    :: ::/   l  .l ヽ ̄)
 ,' ::; '  .:: :::    ノ,/ ヽ、 ヽ / /、ゝ
.  / ..::: :::   // `丶、`  '彡,廴`;;;;;
  ..,,,_::,,__.:,,,,::://‐-、__   `丶 .ヽ /∧/|
 Y        ̄ -  ,,,, ` ‐ - 、 .Y..∧/|
               `ヽ     ヽ|∧//|


221 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:10:07 ID:MZO2a2sL
二11.
――――――――――――――――――――――――――――――
  革製のグローブとブーツではない、
  魔法の籠手と具足を履いていた重い足音で目の前に立った彼は
  バンダナの奥で眉を動かし―――
――――――――――――――――――――――――――――――



                                                    ___
                                              /       \
                                             ∑≦二二二二二
                                                   |   (●)(●)|              /勹
                                                   |   (_人_)│         /ヾ/
                                                  |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                        「そいつもお互い様だ」        |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                                                  .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                                              / lヽ     /    /`弋ll
                                         _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
                                    ,r‐< ̄´、?ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
                                    /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
                                   l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
                                   ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
                                   〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
                                   !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
                            .      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
                            .       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
                                 /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
                            .     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
                                  ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
                                 ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
                                {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶のグローブの内側、今朝の訓練では付けていなかった魔法の腕輪を指さした。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

222 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:11:01 ID:MZO2a2sL
二12.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ロビー内の空気がぴりっ、と硬さを増す。
  美しい顔に緊張を漲らせてなお、美しい雪華綺晶は勘は鋭いのとその見立てを肯定し、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



.        /   ,_{:::__ )ヽ、_                 ,,イ、ヽ_,-、ノ
     /  /   ゝ_jヽ   `                 r-r_イ\
   / :/   f r- '              ,、             ト-、.ヽ  \
  / :/      ゝ二ゝ'    /      / |   i    j      !  ノ ノ\ \
  ::/       / //     / ,    / /_ l  /   /!     ! ` T     ヽ ヽ
 /        / //i    / /  ,イ  λf' j ,ィ   / |!   /│ |     |  |
/          / ///  ,,/j_/- /-l、i_/,ノj / / l j_/!_|_  //l |  |      |  |
        / / l   / /∧ /-f,j│fイ/ / iリ+/,. =j_/!/,リ   |.     |  |    「ちょっとね。
     ./ /   !∧ !,ノ  トヘ_`少V j/   イ´ir,ノ/ / l     |     .|  |     嫌な予感がするのよ」
.    //      `' ´   /、jfLー- '_/     ` ̄   ∧,│  、, i    │ |
  / ''            /\_f~ζ´    <i        /ノ| |   |、ヽ   ノ /
,,/            /: : : : ヽ.       _      /: : .| |   |-! |  ̄_,/
             / : : : : : />ーr  ` ´  ..ィー-'ゝ: .| !   ト| |\
            /: : : : : : : / \   `ー-、<ノ  /: : リ|   |│|ヽ `ー -、
        /⌒`ヽ-、_/´ヽ  ノ\.   .ノ   ::く: : : : : : ! __.│| |   ̄ ̄\\
       (,,rーr-、__     ̄ ̄ ̄''    (      ̄ ̄´  ` ´ ̄ ヽ   ノ/
    , ー─ゞ-{     . /    _    _ノ 、        ―- 、_ r、ノ___∠、
    (:::::::::::___::::.ゝ- r-' ´⌒ヽ_イo/ゝ''::_/ ヽ_ノ ⌒ヽ_ノ´ ` ーく ̄:::::::::::::::::::::jl
    \´   `ヽ,       / / -―' _/\ \ _ j !      \::::::::::::::_ノ/、
     )ヽ    ノ::!  __ r-,/o/ 、 <      >  |o|   _     ト, ―'  /\\
     `ゝ   ト_::|__ノ: : : |ヽー--、> ` ‐ ´ < ´|__|∠_(へ__ ∠:ノ   ノ   \\



                                                   / ̄ ̄\
                                                 / _ノ  ヽ、.\
                     「雪華綺晶もか。                    |  (●)(●) .|
                                                    !  (__人__)  |
                      俺もだ。                       , っ  `⌒´   |
                      どうも首筋の辺りがチリチリ言ってる」    / ミ)      /
                                               ./ ノゝ     /
                                               i レ'´      ヽ
                                               | |/|     | |



――――――――――――――――――――――――――――――――
  同様に、神がかり的な勘の良さを持っているやらない夫もそれを認めた。
――――――――――――――――――――――――――――――――

223 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:12:01 ID:MZO2a2sL
二13.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  先日証は奪われた物の、その勘の良さで逃げる盗賊を発見すらして見せた彼女は
  二人とも思うならこの件しか無いよね、と本腰を入れてくるか否かの命題を投げかける。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /    「―――来るかしら、ティターンズ」
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



                                                    / ̄ ̄\
                                                  /  ヽ、_  \
               「……………。                         (ー)(ー )   |
                                                 (__人__)     |
                すでに、盗賊が数名来た程度では             (          |
                お話にならないぐらいの護衛はついている。   .    {          |
                                                 ⊂ ヽ∩     く
                それをいまさら出し抜いてまで                 | '、_ \ /  )
                証を奪うとなると………」                    |  |_\  “ ./
                                                  ヽ、 __\_/



――――――――――――――――――――――――――――――――
  対して、考察すべく腕を組み目を閉じたやらない夫はしばしの沈黙の後、
  ゆっくりと言葉を紡ぎ始めた。
――――――――――――――――――――――――――――――――

224 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:13:01 ID:MZO2a2sL
二14.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そこまでは全く同意見。
  雪華綺晶とて、護衛が強化されるまでに大きな動きを見せなかったティターンズの実力に
  不気味さを覚えている一人なのだ。

  しかし、条件が揃えば納得できる推論を持っており―――
  だから未だ正体の見えぬ誰かの替わりに、ティターンズの戦力にやらない夫を組み込んでみる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      //y        _          \
    r''´Xメ}) / /  /           \\
   ./ /(/┘ ./  /  / ノ  /          X糸
  / | // ./  / / - ´  / / /      | ≧┤ヽ
  | //  /  ./ /    /  / / 、 |   ノ/KZソア
  | |/  ./  .//   /  // ./  ト/ |   ≦xくノ|lハタ)、
  |/ //  /   //  /、 ノ  / /| || /  XK<ニミ彡 ヽ
  |  |/|  / |  / / / / `'-/、_// /  / /ヾーミテン   )
  |/|/|/| レ´アミゝく ./ミ=、_ /ヽ| /  / / / |     i
  | |li レ | K薔>イマ   イテ ゚̄ミ、/  / / / / .    /     「たとえば、君なら可能よね?」
  | | |l | | ト=ケソ    廴o゚ソ/ ./  / / /  /  .,'´
  .i | ..| | i  K´ ` ヽ     ̄/ /  // / /    i
   ハ|   | |  |(ヽ  、 _      フ´/ .//    /    /
   |/  i  i  |)(i.\ ' `   // / ./    /  /  i
   il    | | ) ilハ、>.- ‐<仝/ / ./       /   i
   |    }| |メ )、,(⌒)、,/⌒ / / ./       /    i
   | -―´/| |-、 ,- 、  ,、 /   / `'''- 、_ノ /    i
   /    ゝ i`-´`-´`-´`/   /      ヽ      i



                                                    __
                                                   /ノ ヽ\
                                                 /.(○)(○)\
                                     「な、何が?」    |. u. (__人__) |
                                                . |        |
                                                  |        |
                                                .  ヽ      ノ
                                                   ヽ     /
                                                   /    ヽ
                                                   |     |
                                                    |    .   |

225 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:14:01 ID:MZO2a2sL
二15.



          .r-、_,, - ''´ ̄ ̄``'-、, _,,
        〆´__t=lニニ     ̄``'ー l .\
        l __,,fゝ }==-     --==--r-,  l
       l  /   i ,    、     i`ー'l  li
        l ./ | i i l i l i  l l .li l i  |、l l .l、
      / ./ l .l ll l l  l l  l .l l l l i /l l l/. }
       ノl 7 ll  l l.l l l _!_ l ((l l .l l l/ i  l l λ
     7λli  ` i lヽli.ノr-. 、=l))l .l l l / ./ l iλ .| `ー、        「ああ、ごめん。
  . / i l l   i l lく レ` r′lⅥ V7l l  l li 入乂  l        もちろん君がそんな事するわけないって分かってる。
   /  l/ヽヽ .! i (( F、,,i_/ '   ヽ{li l.i λ .|ヽ`l l
  l  ,  l  i l lヽ! !l.ゝ、   -  ,,イll./、.l.i   i  i .l .入       ただ純粋に戦力的、もしくは技術的な例えよ」
  .l  l l  l__l l } i i┌>- , イ´└l {./ } r-, .l l   `ヽ,
 λ  i .l、 入'´|Ⅵ λ、_)  つ   7l l / l-z,) !、 .l ヽ  l  l
..7 ` .7 l ../   フ / .l lーz )´乙__凡\ll .l   .ハλ l  l  l
    { .Y    {.! l__.l l/´   \ .| .| .l } }   / 入.  .l  .l
  /  \.\-、...._i .y L >i_f‐ァ< ,l、_f// /____ ./ ;  l  l  l
 i      l ゝ  ノ }     `'''゚と- /i l l   !、!l   ヽ ヽ 入
 !     l l  / /     て、ろ  !l l .l-- ,, 《 .l    ゝ, `  \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  嫌な想像だったが、実際に自分が証を奪う立場になって
  他の四人を相手取った場合にどうすれば良いか―――

  内部の戦力を不明とし、かつ潜入も済ませていない完全な外部から仕掛ける条件でも、
  十秒程度の沈黙の中で少なくとも四通りの可能性を思いつけたやらない夫は
  最後の作戦―――全員を皆殺しにして奪い去る―――の想像を頭から追い出そうと
  脂汗の流れる顔をごしごしと拳で拭った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                , ´  ̄ ̄ ` 、
                                               /        ヽ
                                                 /    _,ノ_ `ヽ-、
                                             /   (√丶丶´v 〉
                                              ノ U   { )     j
                                           ,.イ 、    V     /  ゴシゴシ
            「………まあ、可能だな」             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r
                                 _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
                                /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
                               丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
                              r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
                             / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
                             / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

 
 
227 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/10 16:15:07 ID:kX4ty5Q/
さすがない夫さんパネェっす

226 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:15:01 ID:MZO2a2sL
二16.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その想像だけでも消耗している様子を見て、雪華綺晶は一つ確信を持つ事になる。

  本当にやらない夫は無垢だ。
  他人を傷つけ、欲望を押し通そうとする想像など殆どしたことが無いに違いない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 、   _, .} ,メ    l   ',::   ヽ::::.   ',:  ヽ
   ̄,´/F>`ミi_ i  i    ';::   ' ;:   ';::  ',
  ,⌒Yiー<⌒ハL  i     '::;    ',、   ';::  }
  ,イ冖!/てヾVYjヽ_, l、 ,  ',斗七  '.,ヽ 人,,リ
 从r'弋心ノ',イj从i   l....ヽ/ '; :::\  l ::/イ
.<  ゝ._`フノノハ、 .i  l::::''ゞ从_i⊥、;\j .i
  弋 _、.>√勿/ヽi. ハ   V{ィrャミ <  丶_
  )) /´  `.i`...'.,::、 '、 ハ  `.辻,ィ'}      ̄|     「ねぇ、感情は抜きにして。
    l    :::   ::',::\ iヽ   |下乙     /      今、具体的にどんな作戦を思いついた?」
    l    ::     ;;; ::ヽ| ゞ         /
    ,'  ..::    ,:'::, :::|           (
    ,'   ::    .::  ::: ::|`(  Y ヽ、     /
   ,'  .::  .:: .::..  ::: :| ,ゝ‐イ .ノゝ___,,ノ        (ごめん。
  ,'  .:::  ..::: .:::  ::: :::!" `丶、s ̄`)           酷い事、させてる。
  ,' .:::/  ::: .::    :: ::/   l  .l ヽ ̄)
 ,' ::; '  .:: :::    ノ,/ ヽ、 ヽ / /、ゝ          ―――でも、君には必要な事だと思う)
.  / ..::: :::   // `丶、`  '彡,廴`;;;;;
  ..,,,_::,,__.:,,,,::://‐-、__   `丶 .ヽ /∧/|
 Y        ̄ -  ,,,, ` ‐ - 、 .Y..∧/|
               `ヽ     ヽ|∧//|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかしそれは、打たれ弱さを抱えている事に他ならなかった。
  体験しろとまでは言わないが、具体的に想像をした経験があるのか無いのかは
  いざと言うときの精神的耐久力に大きな差を産むこととなるだろう。

  未来を諦めているが故に、妄想や都合の良い想像が足りなかったキル夫の如く、不安定になる前に―――
  やらない夫は他人を虐げる事の痛みと、強さを手にした者が堕ちた場合の怖さを知っておかねばならない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                          / ̄ ̄\
                                        /  \    \
                                       .(●)(● )  u. |
                                       (__人__)  u   |
    「と、取りあえず………                     .(`⌒ ´     |
     詰め所に向かいながらにしないか?」             {         |
                                        {      u. /
                           .             __\     /リ 厂`'‐- .._
                                    / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                                     | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                                    | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                           .           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  口に出すのも憚られる彼は、数秒でも覚悟するための時間が欲しいと出発を促し―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



228 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:16:02 ID:MZO2a2sL
二17.
―――――――――――――
  二人並んで庭園に出た。
―――――――――――――



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : __________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ ̄ ̄ ̄ .i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  まず、ここが最後の証なら………   |     |  |    |          |
乂________________ ノ.      |  |    |          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|                   |  |    |          |     ||  ||  ||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}    |  |    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|     |  |    |          |     ||  ||  ||
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::|    |l     ∥     l|     |  |    |    |  うん。                   |
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::|    |l┌ Ⅱ∥Ⅱ ┐l|     |  |    |    |  力押しでいけちゃうよね。      |
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  / ̄ ̄\│ ∥   │l|     |  |    |    乂______________ ノ
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wl.i/ _ノ  ⌒ \ ∥  ..┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |
            |   ` ⌒´  |                       .ィ>ヘ_.  ´  ̄ `  r=ト-- 、
          .  | u         }                   / {必/ソ        ((〈{廻 }\ \
          .  ヽ        }                  / /((/´|    i     |  |))ハ \ \
            ,、ヽ     ノ-、                  / /   /》 | l l  |  l  |  |  l i  / /
           /;;;i/      '、!\                  {  {   i|ハ l| |  | l  !ィ:十 / l lハ( /
       _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_             i |   | l | | ト-ト、l,リ!ハ.!ィ=チ/ / ト、 i\\
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,         | |  λト、!r{<r>ツ   廴ソ/ / | | i } \\
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!        ヽ \ //// 八´  _,  / / i | | ||   \\
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|         >./ / / rir--≧m-≦i/ /rケ | | |/    / /
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i       /// / / /ニクr、._____人__.| |_ノ. ! !.∥.    /./
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|      // / /  /l イ .><`‐-||爻イ!|⌒i //.∥    //



―――――――――――――――――――――――――――――――
  嫌な内容だが、一番明確な線から説明しようとし始めたその時―――
―――――――――――――――――――――――――――――――

229 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:17:01 ID:MZO2a2sL
二18.
―――――――――――――――――――――――――――
  凄まじい悪寒を感じて雰囲気を一変させたやらない夫は、
―――――――――――――――――――――――――――



                          ‐――――‐‐ 、
                     /           \
                   /              \
            .       /                 ヽ
                  /                     i 人、ノヽ
____________|三三三三三三三三三三三三三|       (___________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|三三三三三三三三三三三三三|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  l   ___ ノ     ^ー―-   |    て
                    l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l `Y´^\
                  !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l          「―――――!」
                  l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
                    ',   /    |    ヽ    /  ゾクッ
                   ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
                    ヽ   ` ー―― ´    ∧__
                     \            / / 〉::`丶、
                     /\         /  / /::::::::::::::丶、
                    /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
                 -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

230 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:18:01 ID:MZO2a2sL
二19.
――――――――――――――――――――――――――――――
  瞬時に剣を抜くと全力にまで集中を高め、戦闘可能な体勢を取る。
――――――――――――――――――――――――――――――



                         __
                    /    \
                      |三三三三|           \_人_人∧从人_从_//
                      |( ●) (●)|            )             >
                    _| (__人__) |           <   雪華綺晶!  >
                ,-ヽ、ヽ `⌒´ />..、         <            (
                   r ´::::::,::-ヽlゝ  /ゝl:::::::`>、       /^Y^Y^⌒Y^YY^^Y^
.                /:::::::::::\::::∧ ∧ /ヽ|::::::::::::l
            / ::::::::::: 「´:::::/∨ `|:::<゙:::::::::::::\
           /:::::::::,/| ::| ::::/ //  |::::::/:::::::,、::::::::::\
           /:::::::::/   | ::|:::/ . |.| /|::::/::::::/ .\:::::::::\
.       /:::::::::/   /::::|/  |.| /|::/ :::: |     \:::::::::\                /ヘ、
.       /:::::::::/     | :::/`  |.|   |/ :::::: |      \:::::::::\             /::::::r'     _  __
    /:::::::::/    /´:::/    |.|   |::::::::::∧      \:::::::::\          {_::::/     /:/ /:r'
.  /彡\ /     /:::::::::/:l.     |.|   |::::::::::::∧       \::/ ゝ、        //     〈;;/ /:::i             /ヽ
  (/\)/      /::::::::::::/ ::|   // . ∠|::::::::::::::∧        | l, , , , |  .     //     r':ヽ /:::::l           ./::::::::|
  /ヽ/゙´     |:::::::::::/ ̄|    .|.| ―‐|::::::::::::::::∧        `' ̄ ̄       //      7:/ `ヽ'           /::::::/
. / /        |::::::::/   〈   二|.|二´ ∨:::::::::::::::`\            .    /::l     /:/   ,._           .i::::/
/ /         .∨ /   ∠、_/l\__∨:::::::::/ ̄                l::::l     /:/   r'::ノ r'ヽ       ./::/
 /         ∨   /::.::::::::::::::リ:::::::::::::::∨/               .   j::::l     /:::l   l::i  /::/        i::/
./              /:::::::.:::::::::::/∨::.:::::::::::::∧                .   /::::::l     l::::::l   L:j 「:ン;へ     ./::l
                 /:::::::::::::::::::/  ∨:::::.:::::::::∧                 |::::::::l   .ヽ/     _/:/   .ヽ/
             /::::.::::::::::::::/   ∨::::::.:::::::∧                 ヽ::/          ヽー '     ,ィヘ
               /:::.:::::::::::::::/      ∨::::::::.:::::∧                             

231 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:19:01 ID:MZO2a2sL
二20.
――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶も連鎖的に集中を高めて腰のレイピアを引き抜き、
  一歩離れて周辺に気を配り始めるが―――
――――――――――――――――――――――――――――



                                             ,.ィ ーュ.
                                          r=}7´ . : ハ∧
                                          l! //, . :l! 」l|i :∧
                                         } l rッハrt_j,k: :∧
                                         / :ゝゞ' _ /: :ヾ《   チャッ
                                      __.「¨!彳> イハ_,、 : .`ヽ
                       「何?         ‐=f」」」j| |==========================-
                        敵!?」            ⌒.:!_」ト.   ̄`7{ ,イ: :イ´
                                       _レ'.::::::}   ,イ .イ {: : : ヽ
                                      . ´ ..:ト-イ /´ (::::  i: : : r '
                                    / . : /`ー=彳ハ  ヘi  l: : : L .
                                   《{: :く    _/   }  !: : : : : ハ
                                    ヾ: :ハ  /´     /、_ム : : : /
                                    ノ}/ }  \   ハヽー ': : : {
                                   / `ー=彳⌒ー1,ィ彳: : : : : : ノ
                                   `ヽ : : : :ト∨{:::::.  : : : : ; ´
                                       },イ: : | X |::::∧x ∨て
                                      ム,: :| X l::::::∧x:.∨{`ヽ
                                        ) l X |::::::::∧x為!
                                          | X i/´  ⅥIIi
                                         l X |     ⅥIi
                                         | X i     Ⅵi
                                        l x :|      Ⅵ
                                        |  i|      `
                                        ゞ彳


232 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:20:01 ID:MZO2a2sL
二21.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  緊張に満ちた十秒が流れたが何も起きそうにない。

  あるいはすでに立ち去ったのかも知れない、と周辺の気配を丁寧に探った彼は
  剣を構えたまま小声で隣に囁きかけ、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                 ̄    、
            ´          \
     /_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ヽ
  <ミ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
∠三(|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r    「………今、見られてなかったか?」
   l                  ノ'
   !                     / ボソボソ
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                             ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                            {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                          /./       辷ニソ
                                         / /   l  l l  l (( \
                                           / / l  l| /i| i| i| | | l \
                           .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                「私は分からなかったけど………」      /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
                           .             /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
                                   ボソボソ  /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
                           .           /  /   / ノ八  _     / /  i!
                                     /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                     .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                      i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                    / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                  / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                  i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                  // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                                 /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /



――――――――――――――――――――――――――――――――
  同じく戦闘態勢は崩さないまま、分からなかった雪華綺晶が囁き返す。
――――――――――――――――――――――――――――――――

233 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:21:01 ID:MZO2a2sL
二22.
――――――――――――――――――――――――――――
  再度庭園、近辺の街路に視線を走らせて、
  樹木の影や茂みの向こうにも気配が無いかの確認をするが、
  やはりここには自分と雪華綺晶の二人しか存在しないようだ。
――――――――――――――――――――――――――――



                               / ̄ ̄\
                             ../      \
                              |      : :::::::|
                 .              |     :::::::::::::|
                 .             |      :::::::::::::|    「気のせい、か?」
                               {      :::::::::::::::|
                               {    ____/
                              (, ./_.,r'ニニ'r
                              ン:`三ー`_:ニニ:'r
                           <:::::::::::、ニ,´::::::::::::::::\
                           ,.-''´::;:、::-;::::::::::::::::::::::::rlッ
                 .         r{:::⊂-='"::::::::::::::::::::::::::::fァ
                           r!:::::r:::{ロ}::っ:::::::::::::::::::::/
                            l::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::l
                           /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::;::l
                          /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::;::::l
                          /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::;:::::!
                         /:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::j:::::!
                         f::::::::::::/_,. -――''"T::::::;'
                         /:::::::::::/__,,,..、-r‐''´';:::::;'
                       /::::::::::::/::::::::::::::::::::l:::::::::';::;' .
                 .     /::::::::::::/ゝ:::::::::::::::::::l::::::::::Y.



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  否。
  気のせいではなかった。
  まだ納得がいかずに抜き身の剣を持ったまま庭園の中を歩き回るその姿を、見ている者が居た。

  ―――ここではない、違う場所から。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


234 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:22:01 ID:MZO2a2sL
二23.
―――――――――――――――
  理力魔法の、力を以て―――
―――――――――――――――



                             _,,、、-‐‐‐‐- 、.,_
                           _、-'' `          ´''‐ ,_
                       _、‐`                  ´'‐,_
                     、 `                     ^ _
                      、`         / ̄ ̄\           ´ ,
                   ,`       ../      \             ´_
                     ,`        |      : :::::::|              ',
           .    .              |     :::::::::::::|             '.
               .                |      :::::::::::::|             :
                   !             {      :::::::::::::::|                 i
                   !           {    ____/                 i
                  ,             (, ./_.,r'ニニ'r               ;
           .        '.         ン:`三ー`_:ニニ:'r              ,′
                    ´,      <:::::::::::、ニ,´::::::::::::::::\          ,'
                   ´_      ,.-''´::;:、::-;::::::::::::::::::::::::rlッ           _`
               .         r{:::⊂-='"::::::::::::::::::::::::::::fァ           、`
                       ' _   r!:::::r:::{ロ}::っ:::::::::::::::::::::/          _ `
                        ´-._ l::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::l        、‐`
                            ´‐、,_                 _,、‐'`
                            ´''‐- 、、.,,_____,,..、、-‐ ''`


                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                   |  ―――なんだこいつは。              |
                   |  何故、遠見に感づくのだ?           |
                   |  常人には感知出来ないはずだが………    |
                   乂___________________ ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  カーテンを閉め切って、薄暗いとある一室に嗄れた老人の声が響いた。

  目の前の水晶玉には首を傾げている少年が映し出されており―――
  音声は伝わってこないが、納得がいかない様子であちこちを調べ回っている様子からして
  何かしらに感づいたのは間違いない様子。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

235 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:23:04 ID:MZO2a2sL
二24.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  理屈上、遠見も理力魔法の一つであるが故にマナの動きは無ではない。
  されど一般の魔力を持つ者程度では感知出来ないほど微弱である事も確かなのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::ヘ
      /  :::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:.     :::::::::::ヘ
.      /  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ::.    ::::::::::::ヘ
    / :::::::::::/::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
    |  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
.    | :::::::::/:::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|:::     :::::::::::::|    「私と同じ?
   | :::::::/::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::::|    まさか―――な」
   | :::::/::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
   | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::::i|::::     ::::::::::::::|
  ,/  :::::゙<´:::::::::::::::;;;;;;;;;:::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__}::::    ::::::::::::::|
   \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.:::::::: __ ,.   ∠._,'  /     :::::::::::::::/
    \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.       _,.r- !/      :::::::::::::廴,
      / :::::/::::::::::::| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::::::::::::::::::_,.;r=≠≦::::`ヽ
.     / ::::/ :::::::::,' ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  :::::::::::::::::::::::::::::/、:::::::::::::::::: ::::::::}
    / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;/___,.. -─ :::::::::::::::::::::: ~゙'-=  ̄::::::::/
.   / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::〈
  /::::::/  :::::::/.、-───-ト、     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::/
. /::::::/  :::::::/.::::》      '{  ≦=≠ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::{
. /:::::/  ::::::::/ :::::::\_,.==≠、/二 ̄ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::j



             _____
          ,..ィ禾圭圭圭圭圭爻.、!
          ,.イ升圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭弁.、
        ,勿圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭小 !
        .,勿圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭小
        爪圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭沁
      {i圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭i}_
      {i圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭i}
      .仔圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭妨
       弐圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭汐
         ゙弐圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i圭伊'
         `守圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭才
          `<圭圭圭圭圭>´



――――――――――――――――――――――――――――――――
  全身を漆黒のローブに包み込んだ老人自身はそれが可能であるので
  まさか同列の才を持つ者かと訝しげに呟くものの、
  単に勘の良さが働いただけかも知れない。
――――――――――――――――――――――――――――――――

236 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:24:01 ID:MZO2a2sL
二25.



              ,.=三三三三: \
         /三三三三三三三 ヽ
.         //三三三三三三三三:ヽ\、
        //三三三三三三三三三:ヾ三ト、
       ハ三三三三三三三三三三三三:ヾ:、
       ハ三三三三三三三三三三三三三ツリ
        i三三三三三三三三三三三三三/:/
        |:三三三三三三三三三三三三:/:/
        !:三三三三三三三三三三三:/:/     「ここの護衛の質はそれなりに高いようだな。
      ,!三三三三三三三三三三;:< :三{      愚図共では相手にならんか………」
      /l:三三三三三三三三:/   / 三!
     ハ三三三三三i三三三/   ァ' :三:!
     ハ三三l!三三三l!三三ハ>- ' :三:シ
    //:三://l:三三三:!l三三三ヾ/三/
   ハ三三/::i!:三三三:、ヾ三三三l三{
   .ハ三三'三!三三三ヾヽ:\三三ト、:i
   ハ:三:/:三三三三三:\ヾミ、 三三`ヽ
.   ハ三:/:三三三三三三:`ヽヾト、\三/
  ハ三/:三三三三三三三三三三:∨{:i



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  取りあえずそう言う冒険者が護衛に付いている事を、
  頭の片隅に留めた男は飛ばしている魔法の目を操作し、館の全体像を確認しているようだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


237 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:25:06 ID:MZO2a2sL
二26.
――――――――――――――――――――――――――――――
  浮遊する魔法の目は個体、液体の類を通り抜ける事が出来ない。

  窓が開いていればそこから侵入させる事は可能であろうが
  冬場の今、寒さを防ぐためにどこもぴったりと閉じているし、
――――――――――――――――――――――――――――――



┌─────────────────────────────────────────┐
│                                    ______                    ....│
│                                   ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、                ..│
│                             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、              ...│
│                            く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\              .│
│                            彡:.:.:.:.:.:.:.:.:イミ彡=、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:\             .│
│                            イ/:.:.:///´     ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\         ......│
│                               \//ハ         Ⅵノノ:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.}           .│
│                                   Y ー 、    r==‐ 、   く:.:.:.:.:.:.: /          .│
│                               i ィヘ     , -、  ヽ  }:.:.:.:.: /           │
│                                   }  ・/    ・ ヽ   ミr‐、ノ           ...│
│「えーっと。                              l イ      ー′   ミこ} !           .....│
│ やらない夫君以外の四人がこっちで、         l   ヽ _,,        //ノノ              │
│ やらない夫君の袋がこっちで………」         ',  ヽ ____ ,   〈/ イ              │
│                                ',  ,,、       / l               │
│                                      ',          ノ  :l                .│
│                                    ' 、__..........:.:.:.:   イj                │
│                                 く j     , - ― ′ !               │
│                                 i.: : :`ヽ /: : : : : : : : j、            ......│
│                                 _j: : : : : :Y: : : : : : : : イ: : `: : : : . . . .      .....│
│                            . . . : : :´: : :\: : : :.|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :` : :    ..│
│                     _. : : : :´ : : : : : : : : : : : : :ミヽ:.|:.:.:≦彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .│
│                     / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  .....│
└─────────────────────────────────────────┘



―――――――――――――――――――――――――――――
  そもそも、錫杖を持った領主はすでに公務に向かった後だろう。
―――――――――――――――――――――――――――――

238 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:26:01 ID:MZO2a2sL
二27.
――――――――――――――――――――――――――――――
  窓から適当に覗いてみれば袋に白金貨を詰めている男の他、
  幾人かの下働きの者、魘されている不細工な男などが見つかった。
――――――――――――――――――――――――――――――



┌─────────────────────────────────────────┐
│                                                          ......│
│                __  _____           __                          .│
│                | |/─  ─ \======| |  「………ウゥ………          ....│
│                |/ (ー):::(ー) u.\.         | |   仲間………俺も仲間が………」    .│
│               / ェェェェェェェェェェェ U .ヽ..     | |                         │
│             _rーー‐‐- 、-----'    / ̄ヽ___| |                         │
│           __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |                         │
│        / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |                         │
│       ノ                    `ヽ/|  /| |                         │
│      /                      ) |/  |_|                         │
│                            / |  |                              .│
│                           /   |                              ....│
│                                                          ......│
└─────────────────────────────────────────┘

239 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:27:25 ID:MZO2a2sL
二28.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  そのうちの誰かが館の外に出た所で接触を図ればいい。

  予定通りに行く事にした老人が飛ばしていた目を消すと、
  光を湛えていた水晶玉も部屋の暗さに溶け込むように沈黙し―――
―――――――――――――――――――――――――――――――



       /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::ヘ
      /  :::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:.     :::::::::::ヘ
.      /  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ::.    ::::::::::::ヘ
    / :::::::::::/::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
    |  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
.    | :::::::::/:::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|:::     :::::::::::::|
   | :::::::/::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::::|    「愚図共が動くのを待っているのも飽きた、
   | :::::/::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|     さっさと片付けて続きに戻りたい。
   | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
  ,/  :::::゙<´::::::::::::::::;;;;;;;;;::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__}::::     :::::::::::::|    ―――ポリモーフ・セルフ」
   \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.::::::: __,. -ァ  ∠._,'  /     :::::::::::::::/
    \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.    ̄   _,.r- !/      :::::::::::::廴,
      / :::::/::::::::::::| |:;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::::::::::::::::::_,.;r=≠≦::::`ヽ
.     / ::::/ :::::::::,' ,':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  :::::::::::::::::::::::::::::/、:::::::::::::::::: ::::::::}
    / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_:;;;;;;;;;/___,.. -─ :::::::::::::::::::::: ~゙'-=  ̄::::::::/
.   / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::〈
  /::::::/  :::::::/.、-───-ト、     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::/
. /::::::/  :::::::/.::::》      '{  ≦=≠ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::{
. /:::::/  ::::::::/ :::::::\_,.==≠、/二 ̄  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::j



――――――――――――――――――
  次いで、自己変化の魔法を解き放つ。
――――――――――――――――――



                \  ゚  o 。| 。   /  。  /
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o   ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O――――
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜     キィィィン
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \

240 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:28:01 ID:MZO2a2sL
二29.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そしてローブを脱ぎ捨てれば、現れたのはまだ壮年に見える眼光鋭い男の姿。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



            ,,.. -rー-- .,
              /  / ,r ''ー _`ヽ
         / _,.. 」 --- ..,_´ `ヽ.\
        / /,. -―‐ ''' ー-``_- 、 ヽ
       l //      ,. -  `ヽヽ. ',
       i l/         /r= 、    ヽ_j
       /  r'"7/´ー'´   \    ',         「………ふん。
         !  ィ   ! l       ヽ、   ',         変化に偽名ばかり繰り返していると、
       l  /l  `ヽ    _,__-‐ !'    !         元の自分を忘れそうになるな………」
       l  l l‐┬--、  , ィ--‐'  l'´l.   l
       |  ゝ',´  ̄        |リi   |
       | !ヽ ヘ    _ ,.     /.7i |  l
       ',l l l`ーヽ  、`__,.   /|´ 〃 i l
        ヽヽヽ  |ヽ   ''  / !ィ' / ノ
     __,,ゝヽ_ー'r、 `,ー-‐_,. -,'- 1ノ- '´ヽ
    ヽ      `|`ヽl r,ニ ‐'"  l .ノ  /
      ヽ     r.|   l ||     / /!
r 7ー―‐ ヽ__  |ィl、  | !! _,. -.7 // `' - .,_
レ' - ..,,_   !レ'  l r、`ニ_'_'ニ,- ,.イー' /      `` ー-、, -、
     ` ヽ lヽ  .!.ト ヽ=‐ '´/ ノ / , -------―‐/ /i



241 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:29:01 ID:MZO2a2sL
二30.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  肉体年齢はある程度誤魔化す事が出来ても、頭脳についてはそのままだ。

  興味のない事にはこれっぽっちも脳の容量を割くつもりが無いだけで
  実際にはそんな事は無かったが、
  忘れっぽくていかんと自嘲した男は愉快そうに肩を揺すらせて笑い―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――



             /                ヽ
             !_,..::::::::==:==::::;,,,        ヾ
            ,/"  ゞ_,.;:"`~`ヾ, ~`;:::,._      `;,.
           / ,.r-・”~~     ヾ   ~~=-;;:...    i
          /  ,.i           ヾ      `;:,,,   i
         /  ,.rii           ヾ      ~`;::,,i
         /  i,i ii       _,,,,:=-- .ヾ::       ヾ_
        ,/   i;i  ,,i     _,,.;'ゝ.-.-;;'  ヾ:::::....     ヾ
       .r  yii, =;,.. -;"  ,"~/'-'"ニ;'"   .ヾ ,.:"^;.    ヾ
       l :': ::::i.∠.,(ツヘ    "       . i: i r  i  : :  i    「年は取りたくないものだ、ククククッ」
       .l ::: ::::::l  '  .,i            .i::i.iヘ i  :::.:::  |
      ,l :::: :::::::::;,   .:;" ,           .i:i  ,i ..:::::::::::: |
      l :::::: ::::::::'.    `      __.,,     .i!  /.::::::::::::::::::::::|
      ,l ::::::::.::::::::::{     -==二..ソ      =":::::::::::::::::::::::::|
       l :::::::::::::::::::ヘ      "`::.,       l::::::: i::::l:::::::::::::|
       ,l :::::::::::::::::::::::ヘ          ::::/  j::::::: l::::ll:::::::::::i
        ,l .::::::::::::::::::::::::::ヘ        :::::/   "";'ノj丿|:::::::::l
         ` ,,,,,::::::::::::::::::::::::ヽ      .::::/        ,j:::::ノ
            ~`=-;,:::::::.___;;i,m;,:::_::;.;:`_;,,/  _-==;""l ""
                  i\   _,...;;:::""     l
                ___,i ヘヾ,/"~          l<,.........____
              / ,i.,_ ][_}β       ___ゞ      ~~~~~~~~~~
            ,/   i.,_ .][_}β __,.-=ゞ"-"~~~~
          ,/    i_  =i i===,""~
        ,/       ` i, i
      ;//          ,i i
    /"~//


―――――――――――――――
  独りごちた所で部屋を出ると、
―――――――――――――――

242 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:30:04 ID:MZO2a2sL
二31.
―――――――――――――――――――――――――――
  カウンターの中で宿帳の処理をしていた女将が顔を上げ、
  お出かけですか、と声を掛けてくる。
―――――――――――――――――――――――――――



              _ . . . . . . _
          . . : ´: : : : : : : : : : :` : .
      / : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : \
     / : : : : : : : : : : : : : :.}、: : : : : : : '.
    ; : : : : : : : : : : : : : : / ヽ: : : : : : '.
    i : : : : : : : : : : : : : /    \ : : : i
    | : : : : : : : : : : : /       /ヽ: :l
    | : : : : : : : : :./ーー- 、  /えア}: /
    l : : : : : : : :./  ミ戈癶     |'′        「シロッコさん、お出かけですか?」
.     ! : : : : : :/Y!          ゝ  l
      ; : : : : : {2リ       _  /!
      ',: : : : : :`:ーヘ.     ´ー ′/: !
     ヽ : : : : : : :.:j  ` ー-  _ イ.:丿
       ヽ.:_:_:_:_:「`ヽ_/.:.:.:.:.:.:.:.|"
         ,、,、,、___,トゝ:|||:.:[ ∞ ]:.:.:!、_
        ,イ//.:.:.:.:.:ヾ:.:jjj:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.…ーxrrx、、
        {三=≧、:.:.:.:.:.:}}}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://仁ニヘ



                                            __.........__
                                            / . . . . . : : :` : . .
                                        γイ__  ̄ " <: : : . . `: .、
                                      ノ⌒: : : :  `ヽ   ヽ: : : : : : : . 、
                                      . イ才⌒ヾ:.    . : \  \: : : : : : :.、
                                     ( ;/′   ∨ :    . : :\  \: : : : : ヘ
                            .         /        ∨ .     . : : \  \: : : : ',
           「少々野暮用でな。             .′_ ..イ ̄ ̄`ヾミ辷彡  . : :ヽ  ∨ : : i
                                     〉´¨fソ ̄`   ヘr=、   . . .: : :ヘ ∨: :.'
            ………ああ、そうだ。    .        /         l :!,ィ、} \ : : : : :Vソ、:/
            もしかしたら急に出立する事に      /__           l: !ろ リ   ∨: : : :.∨∧
            なるやもしれん、よろしく」        └ 一      ソ´ イ     ',: : : : :.i!.: :ヘ
                                     〉       /ーく: :!      i: : : : :.i!: : :.',
                            .        i      イ  ソ八  / /: : : : : リ: : : :!
                            .        ヽ、. < _/ ー=彡イ:.:/ イ: /: : //: ;′/
                                       __j  __ .... -ー===<: // :/: :/
                                        (( Y´  :) )        `ゞミ辷彡′
                                        ノv/ .. イ :/         .:|
                                         从/ ノ//     ____;ゝ、
                                ____....イ_Y と ´ ニニ二 ̄      `  ..
                                     / , ' /             _____`7ムムゞ、、


243 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:31:01 ID:MZO2a2sL
二32.



       /            _        ヽ
       /          / l         ',
      ,'          / ヽ、        ',
       l          /    \         l
        |     , - ' ´       `ヽ、    |    「分かりました、
     │   ,、,'-‐ー 、    , -ー ヽ     |    お気を付けて行ってらっしゃいませ」
       |   lrl| ゙.弋_テァ   , 'ィr ア゙`f /r,   l
      l   !(.l| `゙ ´   i ``´ ´ /,/   ,'
       '、  ヽl       !     ,'ノ   /
       ヽ   ',    、_`´_    /   /
        ヽ、  ヽ、   ‐    , ' _ , '
           ` ‐ ァl ヽ、     /l´
               | ヽ ` ‐ '´, ‐' |
          , -j    ̄  ̄ r0 |
  _  ,  -‐ ' ´  \        /`ー -- 、_



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  言い残して悠々と出て言った客を見送り、
  仕事に戻るべく宿帳に目を戻せばちょうど開いていた頁の最後にあの男性の名があった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



     ______________  __________
   {\              `\               \
     \\  ~~~~~~~  .\ ~~~~~~~  .\
      \\  ~~~~~~~  .\ ~~~~~~~  .\
        \\  ~~~~~~~  .\  ~~~~~~~  \
         \\  ~~~~~~~  .\  ~~~~~~~  .\
           \\  ~~~~~~~  .\ Paptimus=Scirocco .\
            \\__________\ ___________\
             \ソ三三三三三三三三三三ミ彡三三三三三三三三三ヘ
               `く三三三三三三三三三三入三三三三三三三三三三ゝ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  パピプペポではなく、パプテマス―――
  さらに冒険者の宿と言えど、その豪華さから一流以外の来店が無く、
  貴族や豪商中心の客層となっているこの店の女将が裏の情報に精通しているわけでもない。

  だから全てが終わった後の追跡調査まで、この足跡に気づく者は居なかったと言う―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

244 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:31:13 ID:MZO2a2sL
二33.



┏┓                                ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋──────────────────────╋┓
┃|  ~ やらない夫は                     |┃
┃|      約束を守るようです ~               |┃
┃|     Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! .|┃
┗╋──────────────────────╋┛  :::::
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓ ::::::   :::
┗┛                                ┗┛:::  :::::
                 | :::::/::::::::::::  :::::::::     ::::::::::::::  ::::::   ::::
                 | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::
                ,/  :::::゙<´::::::::::::::::;;;;;;;;;::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__
                 \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.::::::: __,. -ァ  ∠._,'  /
                  \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.    ̄   _,.r- !/
                    / :::::/::::::::::::| |:;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::  :::::_,.;r=
              .     / ::::/ :::::::::,' ,':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ::::::::     ::::/、::::::::::::::::::
           \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、.:,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_:;;;;─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ./;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´    第二章  歪められていたこれまでのこと、
      <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ.──-ト、                歪められていくこれからのこと
        ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、..   '{  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
     ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ                /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \j
   --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}    ,.---- 、       /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
    ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く   /     ヽ    ../: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
  /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',  .{  .出   }  ./: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
../---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ .ヽ.  ||   ノ   : : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
.    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|   ||||==||||    : : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l  _,-ー、
    /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj....   |::|        : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |/'、=--ー: :メ,
   _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/.       |::|     : : : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :/: /' _.,,=-ー`´i
    ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'.        |::|      : : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'ー/ /´,_=-ー'': : :)
        /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/         |::|     \: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/ 'ー(,,r'"_,--一,ー ,.゙(,
.      __,-,ニ二ニ=、   \  ゙゙゙/  .ソ.           |::|     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\  ゝ: : ̄.:゙i,: : :: : :,r': ヽ
     .//         /ヽ- '                   |::|              ,ィ''´_二----`' - 、__ : \ ``-" \,_、: : :: : : :
   //:/ ヽ、     _ イ                  |::|          /, イ_, _, - '´     ```'‐、:\   ``ヽ: : :: : ::
 / ヾ`、  ヽ、   Y                       |::|      /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
     >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/          |::|     // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
   /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´            |::|     {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
  ../: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\           |::|       Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
  l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ.          |::|       {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
  /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ        |::|       __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
  l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ        |::|       i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
  l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、        j::!       }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
  l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l.         ` ´      'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
 .l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l        __     i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
 l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V.       /    .\   r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
 l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl           /       ヽ  `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \、
 l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/         |          |   ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \
 l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l            |          |    | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \
/: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l             |          |     l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、
                              ヽ        /                       ,.-、
                                  ヽ      /                    _,.、/:∠_
      ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
     ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
     /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
     '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/:'シ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
              `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
                   ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´



246 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:31:55 ID:MZO2a2sL
今回の投下は以上になります。
ゲリラにお付き合いいただきありがとうございました!

次回は第二章第二話になります。

 
 
248 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/10 16:32:35 ID:2mPOJbbY
乙でした。
嫌なところで引いてくれるなww
おかげで次回が待ち遠しいです。


249 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/10 16:33:01 ID:x8Eqhx7N
乙でした!
やらない夫の勘は化け物か!?
そのうちあだ名が白い悪魔になりそうな主人公だ・・・


251 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/10 16:34:31 ID:jz2ZoluF
乙!
成人式の後直帰してよかったww


254 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/10 16:39:17 ID:MZO2a2sL
>>247-253
乙と閲覧をありがとうございます!


>>248
>>252
ほらその、
章の始めですしひっぱらなきゃなーと思いまして(・ω・`)


>>251
成人おめでとうございます。
成人式では市長の挨拶の最中に
壇上に上ったりしましたか?

260 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/10 17:30:19 ID:HcBETArc
乙でした!
今回の黒幕は1章よりも大物そうだな・・・


268 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/11 00:59:28 ID:1dJfde1F
白薔薇が初恋ならけ―ねさんはなんだったんですかーーー

270 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/11 03:33:35 ID:T3mv6wV1
乙です
ちょい展開が気になるな~鬱的ないみで‥
てか遠視や変化の魔法便利すぎだろw


271 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/11 06:45:01 ID:5Fi1+Jnt
おはようございます。

>>262-264
>>267
>>269-270
乙と閲覧をありがとうございました。


>>270
コンシューマゲームに出てくる魔法使いって
攻撃魔法とかギリギリ移動、それから戦闘補助系の役目ばかりですが、
TRPG的にはウィザード・アイやファー・シーなどの探知魔法や、
ポリモーフ系の変化魔法もあるので、こういう手を使ってくるかなぁと。

273 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/11 07:42:46 ID:PQ/kf+rN
ウィザード・アイとかってロードスのスレインが使ってた奴か、懐かしいw

けーねさんは何だったのかって、真紅達だって同じだしなぁ・・・生きてるか死んでるかって違いだけで。
きらきーはやらない夫の足りないところに気づいて支えようとしている、
ほかの人たちはただやらない夫に頼るだけだった、その差かもと想像してみたり。


274 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/11 11:37:17 ID:TKfmoZRA
>>273
けーねと真紅は事件の中心人物で多くの人の命運を左右するが
雪華綺晶は自分から介入しなければ無関係を貫くことも可能
立場的な余裕の差は大きいと思う。


326 やらない夫板IIへの引っ越し作業中だろ 11/01/16 07:48:56 ID:VenY0VqZ
Episode I を改めて見てたんだが、最終的に健在な親衛騎士って
マコト、言葉、ジュンの3人だけだよな

護衛その他のローテーションとか3人で大丈夫なのかね
あるいは他の騎士団から信頼できて腕の立つ人材を登用するのか…


327 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/16 08:01:40 ID:mBo9Vyt6
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト、:::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::! ';:::::i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/ヘ|::::::::::::::::::::::::::! ';:::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::/    |:::::::::::::::::ト::::/   !:!
::::::::::{:/:::::::::/::::::/   !::/三三三|::::/レ:::::/ |/    リ    >>326
:::::::::::i:::::::::/ |:::/   i/       |:∧ |:/ ′       「もともとは五人で回していたとは言え、
:::::::::::::::::::/ |/          ゙  ヽソ           さすがに三人だと足りないぜ。
:::::::::::::::::∧               \
:::::::∧:::/ `ー             /          国王様と真紅様のお二人から減ってしまったとは言え、な」
:::::/ ∨           ∠二 7 /
/ヘ                  , '
\  \      _        /
  \  \    /  ` ー - ′
   \  \__ /
      ̄\ \



       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:i:.:|Wwハ.:.:.:.ヽ.:.:ヽ
      /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/.:.:/i:.:|    !.:.:!:.:.:.:.:.:.:',
.     /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.// !.:,'    i:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:!
     i.:.:/:.:/.:.:/.:.:/:.:,.斗 //  i/ --、  i.:/:.:.:.:.:.:.:!:i
     |./!.:.:!:.:.:!.:.:/イ  //  /    `メ、 |..:!.:.:.:.:!:|
     | |.:.:i:.:.:i.:.:| |斗≠  /   ≠=、  |:.:!.:.:.:.:!:|
     | |.:.:i、.:i:.:|./ト:::::::i}      ト::::心、!:/.:.:.:.:!:|
     ヽ |.:.:iヽ:ヽト v':::::}|      r':::::リ |/:.:.:.:/!.:|    「なので今は、主に警護関連は
       |イヽ..\ト. V少      vニソ 厶 イ:.:.!.:|     第一騎士団の手を借りてなんとか賄っています」
      / |:.:.:.:.:.:.:ハ  :::::   、   :::::  /ノ:.:.:.:.:.:!.:|
      / |.:.:.:.:.::!:.!ヘ、   r  ァ    /:.|.:.:.:.:.:.:.!.:|
     /  |:.:.:.:.:.:!.:|.:.:.>、       ィ´:.:.:|.:.:.:.:.:.:.!.:|
     /  |r―‐-、!:.:.:.:.:.:i`  、.  '´|.:.!.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.!.:|
    /   |    |!_, ィリ      !\.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:!.:|
.   /   /|    |i  /       !  ヽ!:.:.:.:.:.:.:.:!.:i
.   /   /_|/ ̄ヽ||  |        |   |:.:.:.:.:.:.:.:!ハ
  /  ./::::|    |ヘ !ー-、  , -‐/  /:.:.:.:.:.:.:/::::::\
  /  ∧:::::::|    |:∧ \     ./  /:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::∧



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : |: : : : ヽ: : ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : :./\: : : : : ト、: : : : ト、: : /: :∨ :.l
: : : : : :∧: : /──{/、.  \ : : |.-\: : |ー∨、: : : : : |
: : : : :./ 1/     .i   l\:|   \|   |: : |\;!
: : ,、: :{           |-‐‐-|         .|:ヽi
: :{ ヽ'           !   |         ハ:_}     「早いところ補充しませんか?
ハヽ ヽ_____,ノ   ヽ_______ノ }       忙しくて大変です」
ハ: :`-',  ! | |  ! !      ' ! |' | | 川/ ノ
  〉: :.:∧   〃'ー──-----、    ,イ"´
   ̄  \  ヽ______丿  /
        >、         ,イ´
 ,────、__` ,‐──┬'"´ __
/        |   !     | ̄l ̄    `ヽ
.         |  ー──'  リ      }

328 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/16 08:01:50 ID:mBo9Vyt6
    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ -=o=-| :/ |:./  V: |.: : : | V
  < : _: : : /       |/  レ-=o=-|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{               レ{: :.|ヽ:|    「んな簡単に補充できたら、
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V      今までだって五人ぽっちでやってませんっての」
      \_!      _ '     !
        ヽ    /  `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \ ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、



|:i.:.:::i.::.::i.:.:.:.:::i.:..:.://.::/.:.::// /:/     .|.:.:i.:.:::i.:.:.:.:.::i.:.:.:.::
:i.:.:.:i.:.::.:i.:.:.::.:i:.::.// :/;r´// ./;ヘ,_      .|:.:ii.:.:.:i.:.:.:.:.::i.:.:.:.:
i::.:.i.:.:.:.:i.:.:.:.:::i:.://:./'´./'´ .//   `"=ェ,,_.|:.ハ:.:i.:.:.::.::i.::i:::.:
i:.:.ハ:i:.:.:i.:.:.:.::i:.:i レf /   /´        .|;ナ‐ト、i.:.::.:i.:.:i.:.::
i:.:.| |;i:.:.i.:.:.::::レ´i:|./   /         i'  |:.i.:.:.:.:i:.:.i:.:.: 
`i;| .|;i:.:.i:.:.:.:.:ト;| i          _,,rー‐-、,, .|:i:.:.:./:.:/:.:.::    「なのでもうしばらくは、
 \ヾi:.::ト:.:.:.{ヽ _,.r=、      '´,r===ュ、ii.|:.:.:イ:./:.:.:.:     このままかも知れませんね」
   ` }:.:i`、;:::{,`,r'"~ヾ.            / リ|./:i:.i:.:.:.::.
    |ヾヽ;ト、kヽ、.::::::::.        ..::::::::.../.|:.:.i:.:i:.:.:.:.:
    .|;i;`ヽト、:{     '、           ./i:.i:./:.:.:.:.:.
     |.:.:.:.::i.::`\     ー‐     u  /:i.:.:i/.:.:.:.:.::::
     .|.:.:.::.:i:.:.:.:i:.`;. 、          /|:.:/:.:i':/:.:.:.:::.:
     |.:.:.:.:.:i.:.:.:i.:.:::i.:.:`i;...、    _, '´  .|:/..://.::.:.:.:.:::
     .|.:.:.:.:.:i.:.:.:i.:.:.:i.:.:.:i.:.:.:.` T '´     .|':://.:.:.:.:.:.:.::.:

329 やらない夫板IIへの引っ越し作業中だろ 11/01/16 08:02:56 ID:hrYEefaE
なあに。ジュンがチート化すれば全て解決なんだぜ(おい

330 やらない夫板IIへの引っ越し作業中だろ 11/01/16 10:02:30 ID:K7HXt8Iq
ない夫とジュンが2人同時に加入ってのがホント珍しい事だったんだなw

331 やらない夫板IIへの引っ越し作業中だろ 11/01/16 11:05:58 ID:J6Bu4zFJ
そこにキョンと古泉ですよ!

339 やらない夫板IIへの引っ越し作業中だろ 11/01/16 12:44:27 ID:MVYzfSwO
流石兄弟あたり、そのうち親衛騎士入りしそうだよなぁ、とか考えてるとニヤニヤしてくる

19 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:00:16 ID:mfiAMJSs
二34.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  午前十時過ぎ―――

  夕べ捕まった三人組との接見を終えたやらない夫と雪華綺晶の二人は、
  揃って険しい表情を浮かべながら詰め所を後にしていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



              ‐――――‐‐ 、
         /           \
       /              \
.       /                 ヽ
      /                     i
      |  二二二二 三 二二二二    i
      |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |       「……………」
      l   ___ ノ     ^ー―-   |
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l
      !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l
      l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '
        ',   /    |    ヽ    /
       ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
        ヽ   ` ー―― ´    ∧__
         \            / / 〉::`丶、
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                                   _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
                                   》ゞそヅ/                        \乂v匕人
                                  ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
                                ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
                              ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
                              _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
                              . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
                    「……………」  l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
                               }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
                                \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
                                 ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
                                 / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
                              .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
                               / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
                              ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
                                /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )

21 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:01:15 ID:mfiAMJSs
二35.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大方の予想通り、奴らも噂に釣られたただの盗賊だった。
  錫杖をティターンズに持ち込み、願いを叶えると共に幹部待遇を夢見ての行動だった為、
  ただ一点を除いて新しい情報は得られなかったのだが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                   / `ー〈  `` ヽ            '¨´ `ヽY/´ ヽ
                                 /    ノノ         /  |    !    ,)) |  |
                                      ((´     /  /  ./1  !  .::,′   .((  |  |
                                     //    /./ ,イ .:/ | ,′.::/i::.   l.::| |  |  !
                                    .//,′ ,.イ:/__/_/ .:ノ) / /|_.:./_」:: .:/ /l.:| |  |  !
                                   // i  /.::ハ 7仁l7X / /´l//二「.:/l/ リ ',. |  |
                                  /l/ |/|/.:/′Vf.{.い.},':!〃  ィ.ヒiシフ:l::::l.:.   ! |  |
                  「黒いローブ………」   /       /((ヽ こノ   ,     ̄`,'.::.:|::.  | | |  |
                                     .:/   /.:.::))了´   _ _     /.::.:::i |  | | |  |
                                    .::/   /.:.::/:::/\  `ー   , .イ.:.::::::| |  | |_/ /
                                   .:::/   /.:.::/.::/:.:ヽ  ̄`ヽ__∠ ̄`7.:.:::l/  | |<
                                 .:.::::/´ ̄`ー─- 、.:::::>    ) _, イ.:.:.::::L_LL_ \
                                 .:.:〈ィ^ヽ、      ̄     <      ̄      `) \
                                 ´ ̄``ヽ     _ _, ィ(__入 _>ュ、_, ─-、ノ<-─‐- 、
                                 ´ ̄``ヽ `7´ ̄``7。// , -- 、 \。',     \:.:.:.::::::::::/ 〉
                                      ハ r-、_,/ /   <     > ハ ',      L.:.:.::/ /:、
                                     (::::::.:ノ .:.:/。/ ̄\ \__/ / 」。V^Y⌒ヽ /:「 ̄  /丶\
                                       ̄ .:::::/ /    ハ ⌒ ハ / | | 人  /::/    \ ヽノ



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)       「………順当に考えるのなら、
   |     `⌒´ノ        妖術師か暗黒司祭、か」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ティターンズに女神の宝具の話を持ち込み、
  頭領バスク=オムの片腕となった者は常に漆黒のローブを纏っていると言う。

  その一点が、二人に決して小さくない衝撃を与えていたのである。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

22 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:02:14 ID:mfiAMJSs
二36.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  古来より、黒いローブは葬式の参列者以外は着るものでは無いとされている。
  普段からそれを身に纏う者は、自らを邪悪な妖術師か
  邪神と契約をした暗黒司祭と認めた者だけなのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::ヘ
      /  :::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:.     :::::::::::ヘ
.      /  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ::.    ::::::::::::ヘ
    / :::::::::::/::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
    |  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
.    | :::::::::/:::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|:::     :::::::::::::|
   | :::::::/::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::::|
   | :::::/::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
   | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
  ,/  :::::゙<´:::::::::::::::;;;;;;;;;:::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__}::::     ::::::::::::::|
   \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.:::::::: __ ,.   ∠._,'  /     :::::::::::::::/
    \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.       _,.r- !/      :::::::::::::廴,
      / :::::/::::::::::::| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::::::::::::::::::_,.;r=≠≦::::`ヽ
.     / ::::/ :::::::::,' ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  :::::::::::::::::::::::::::::/、:::::::::::::::::: ::::::::}
    / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;/___,.. -─ :::::::::::::::::::::: ~゙'-=  ̄::::::::/
.   / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::〈
  /::::::/  :::::::/.、-───-ト、     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::/
. /::::::/  :::::::/.::::》      '{  ≦=≠ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::{
. /:::::/  ::::::::/ :::::::\_,.==≠、/二 ̄  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::j



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして妖術師と暗黒司祭は人の世に仇なす邪悪な存在であり、
  人権を含めたいかなる権利も認められておらず、
  人間、エルフ、ドワーフ、グラスランナーに寄らず文化を持つ全ての『人』から
  忌むべき存在と認識される。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

23 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:03:15 ID:mfiAMJSs
二37.
―――――――――――――――――――――――――――――
        ソーサラー
  ちなみに妖術師は理力魔法を邪悪な目的に使う者、
  つまり邪悪とされて研究や使用が禁じられたいわゆる『禁呪』や、
  利己的な目的に理力魔法を用いる者の総称である。
―――――――――――――――――――――――――――――



                                                    / ̄ ̄\
                                                  / _ノ  ヽ、.\
                                                    |  (●)(●) .|
                                                  !  (__人__)  |
           「お前等は黒ローブの者が居るかも知れないのに、          , っ  `⌒´   |
            ティターンズの幹部になりたいのか?」               / ミ)      /
                                                ./ ノゝ     /
                                                i レ'´      ヽ
                                                | |/|     | |



         _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ
     ; i              〉   |
.     |.|       ,.:'"      `i   |
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |
      !.`i<´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j      「別に用が済んだら
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ      消しちまえばいいだけだろ。
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/      奴らの首だけでも高い褒美が貰えるのは
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl      てめぇだって知ってるんじゃねぇのか」
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |
.        |          .::::::::::: ,....-'―



――――――――――――――――――――――――――――――
  そして総称であるが故に、理力魔法使いのような
        ウォーロック   ウォーロック    メイシ    アーク・メイジ゙
  『見習い魔法使い』、『魔法使い』、『魔導師』、『大魔導師』などの、
  どの程度の実力を持つかの目安が無かったりするのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――

24 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:04:14 ID:mfiAMJSs
二38.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  万一、ティターンズに情報を持ち込んだ者が大魔導師級や遺失となったそれ以上の者だったり、
  怪物すら操る事が可能な高位の暗黒司祭だったら、その辺の盗賊団が束になっても適う相手ではない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i     「理解できないわ………」
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
  /,,_   }li ゝ、i, )).   __,,  lil .li l i ,l .{
 l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l



                                                    / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                                                (__人__)     |
                              「同じ穴の狢なのかな」     (`⌒ ´     |
                                            .     {           |
                                                 {        ノ
                                                  ヽ     ノ
                                                  ノ     ヽ
                                                   /      |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  返り討ちに遭うのが関の山じゃないかな、と
  呆れた様子で肩をすくめて会話を打ち切った雪華綺晶も、頷いたやらない夫も、
  同じ理力魔法を使える者として妖術師の存在の可能性は看過できる話ではなかった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

25 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:05:14 ID:mfiAMJSs
二39.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ある意味、妖術師みたいな連中ばかりだったと言われる古代魔法文明期―――
  魔力のない、理力魔法を使えない者達を下級民族と蔑み奴隷以下の扱いを
  長きにわたって続けた歪んだ文明―――のせいで、
  理力魔法は前科者と言っても過言では無い。

  後の世の、『理想の導師』を初めとした大勢の魔法使い達の
  一千年以上もかけた多大なる努力により、ようやく疑惑や恐怖の眼差しが薄れ、
  魔力を持つ者への差別が少なくなってからまだ二百年も経っていない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                                                (__人__)     |
                             「黒ローブの正体は       (          |
                              分からないが………」 .    {          |
                                                ⊂ ヽ∩     く
                                                 | '、_ \ /  )
                                                 |  |_\  “ ./
                                                 ヽ、 __\_/



.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }   「実力も分からないし厄介ね。
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l| ,」li⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!     町中で破壊の魔法を使う事に躊躇わなかったら?
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //     人の心を覗いたり、操ったり、魅了したりする
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′    禁呪を使ってきたら?」
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  、       / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((   _      イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、       イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  たとえば妖術師だった場合はどうだろうとやらない夫が意見を求めると、
  雪華綺晶は軽蔑するような氷の眼差しを知らぬ存在に向け、吐き捨てるように言った。

  魔女狩り、魔法使い狩りと言った言葉すらまだ風化していないこの時代。
  妖術師は恐怖と侮蔑の対象であり、国や冒険者達も危険因子として共通の認識を持っているのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

26 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:06:14 ID:mfiAMJSs
二40.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                ネクロマンシー
  命の流れを歪めて弄ぶ死霊魔術や、
  魔界に通じるような邪悪な魔法だってこの世には存在する。

  もちろん存在したという知識や、大体どのような内容かの情報程度はあるものの
  対抗手段や詳細については未知と言っても良いそれらを使われた場合、
  果たして騎士団だけで防衛が可能なのか。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                               / ̄ ̄\
                                          rヽ  / ノ  \ \
                                          i !  |  (●)(●) |
                                          r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
      「衛兵さんは、すぐにベッケナー公や王都、         〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  |
     他の町への情報展開に走ったと言うが―――」     l` ( ``/ .  |        }
                                      ヽ   l  .  ヽ       }
                                       |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {      「うーん………」
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  詰め所の前から一歩も動いていない二人は現時点で誰よりも、
  状況への危機感を覚えていた。

  その気になった高位の理力魔法使いは、
  魔法の援護がない騎士の一小隊を一瞬で灰に変える事も出来ると知っていたから。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

27 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:07:14 ID:mfiAMJSs
二41.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  風説の流布のみならず、具体的な指示や暗躍の可能性も現実味を帯びてきた。

  すでに奪われた三つの証について、もしかしたらその可能性もあるんじゃないかなと
  不安が隠せない様子の雪華綺晶に、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



     _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
     》ゞそヅ/                        \乂v匕人
    ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
  ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
_)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))      「ね。
. / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
 l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |        見えなかっただけで、
 }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |        他の町の証が奪われた時に
  \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |        後ろから糸を引いていた―――
   ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
   / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\      とは考え過ぎかな?」
.  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
 / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
  /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )



                                                   ./ ̄ ̄\
                                                   / ヽ、_   .\
                                                 . ( (● ) .   |
                       「オーガスタ、                    . (人__)     |
                        ゼダン、                     r‐-、    .   |
                        ニューホンコン………                (三))   .   |
                                                 > ノ       /
                        三カ所全てとは言わないが、       /  / ヽ、 .   /
                        皆無だったとも言えないな」        /  / ⌒ヾ   .〈
                                                (___ゝ、  \/. )
                                                  . |\    ,.1
                                                  . |  \_/...|



―――――――――――――――――――――――――――――
  しばしの間考え込んでいたやらない夫は
  不安要素だけで偏った推測をするのは危険、と明言を避ける。
―――――――――――――――――――――――――――――

28 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:08:14 ID:mfiAMJSs
二42.



  / `ー〈  `` ヽ            '¨´ `ヽY/´ ヽ
/    ノノ         /  |    !    ,)) |  |
     ((´     /  /  ./1  !  .::,′   .((  |  |
    //    /./ ,イ .:/ | ,′.::/i::.   l.::| |  |  !
   .//,′ ,.イ:/__/_/ .:ノ) / /|_.:./_」:: .:/ /l.:| |  |  !
  // i  /.::ハ 7仁l7X / /´l//二「.:/l/ リ ',. |  |     「じゃあ、この町は?
 /l/ |/|/.:/′Vf.{.い.},':!〃  ィ.ヒiシフ:l::::l.:.   ! |  |     私達、本当に今日で終わりで良いのかな?」
/       /((ヽ こノ   ,     ̄`,'.::.:|::.  | | |  |
    .:/   /.:.::))了´   _ _     /.::.:::i |  | | |  |
   .::/   /.:.::/:::/\  `ー   , .イ.:.::::::| |  | |_/ /
  .:::/   /.:.::/.::/:.:ヽ  ̄`ヽ__∠ ̄`7.:.:::l/  | |<
.:.::::/´ ̄`ー─- 、.:::::>    ) _, イ.:.:.::::L_LL_ \
.:.:〈ィ^ヽ、      ̄     <      ̄      `) \
´ ̄``ヽ     _ _, ィ(__入 _>ュ、_, ─-、ノ<-─‐- 、
´ ̄``ヽ `7´ ̄``7。// , -- 、 \。',     \:.:.:.::::::::::/ 〉
     ハ r-、_,/ /   <     > ハ ',      L.:.:.::/ /:、
    (::::::.:ノ .:.:/。/ ̄\ \__/ / 」。V^Y⌒ヽ /:「 ̄  /丶\
      ̄ .:::::/ /    ハ ⌒ ハ / | | 人  /::/    \ ヽノ



――――――――――――――――――――
  可能性はゼロではない。
  自分達が護衛から外れてしまった後、
  果たして錫杖の防衛は本当に完璧なのか。
――――――――――――――――――――



                                               / ̄ ̄\
                                             /  \    \
                                            .(●)(● )  u. |
                                            (__人__)  u   |
                     「うーん………」              .(`⌒ ´     |
                                             {         |
                                             {      u. /
                                .             __\     /リ 厂`'‐- .._
                                         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
                                          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
                                         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
                                .           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

29 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:09:14 ID:mfiAMJSs
二43.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分達の契約延長の方向で考えていた雪華綺晶に対し、
  やらない夫は防衛の主体はこの国の者達で担うべきだと言った。

  ここまで事が大きくなっている話を、一介の冒険者主体で進めるべきではないと考えたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                / ̄ ̄\
                                                _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
                                              .( ●)( ●)  ..| / |
              「騎士団、衛兵達だけじゃ                 (__人__)     .|./   /
               対応仕切れない可能性もあるし、             i⌒ ´ .r-、  |/  /
               彼らは魔法学院や神殿の協力を得るべきだ。     {     ヽ, ',. .,/ :/',
                                               .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
               俺は横から援護すれば良いだろう」            .ヽ . |   / , --'i|
                                                /   {  V , --ヘ
                                                |   ヽ  L| r= |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分の利益や名声ではない。
  国の面目を考慮した方針はしかし、一介の冒険者が出せるものでは無く、
  誰にも頼まれていないのに無償で援護すると言うのも通常の考え方ではない。

  そこに彼の根幹となる何かが潜んでいる事を知り、
  正体を掴もうと真っ直ぐに彼の瞳を見据えた雪華綺晶は、敢えて尋ねた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―-ヾ/   ;{ |   /       「放っておかないんだ?
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i        ただ働きになるよ?」
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zzン /  i   i!  │
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ       ̄ /イ |   |   !
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '     / ,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{ ゝ、   - -_--  ./ /  リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ   }ト、      イ ,.'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \⌒}r、>-< i ム{ ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.) ⌒)__r- '^Y´ 7  i ヽ     `ヽ、  .!
   ,.'    ,.'  リ  ├ー'´     ))   ム ,∧  }       \,'
.  /    r=、_./_} !_     (  __   _ノ⌒i!   ヽ     Y
 /  /  /   ´ >i ̄`ーtt=''´ ̄`''tt=ーイ ⌒ヽ,, - 、ィ \   !
.,'  ,.'  /      | .!   jo!>Ⅹ<joi  } ト、   Y    V   ヽ. /
  {  /         ! ト、  ⊥ ヒニ=ニイ⊥r 人  .ノ     i     乂

30 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:10:14 ID:mfiAMJSs
二44.
―――――――――――――――――――――――――――――
  それで彼女が何を言わんとしているのかを察したやらない夫は、
  少しだけ複雑そうに頬をかくと―――
―――――――――――――――――――――――――――――



                                                  / ̄ ̄\
                                                / _ノ  ヽ、.\
                                                  |  (●)(●) .|
                                                !  (__人__)  |
                      「まあ、ただ働きだな。                , っ  `⌒´   |
                       冒険者としては変だよな」         / ミ)      /
                                              ./ ノゝ     /
                                              i レ'´      ヽ
                                              | |/|     | |



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ      「そうね。
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―‐ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i       冒険者は慈善活動じゃない。
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zブ ,  i   i!  │        報酬も無しに働く事が、
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ'     ' 冖` /  |   |   !       他の冒険者に影響を与えることは分かってるよね?」
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '      /,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{  ゝ.   ´=`    イ /   リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ  j⌒}r、  -  <iム,'  /   八 {!    ヽ、   
    i ,' .,'   /  ヽ  \  ⌒)__r- '^Y´ 7 ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.)     ))   ム  i ヽ      `ヽ、  .!

31 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:11:14 ID:mfiAMJSs
二45.
―――――――――――――――――――――――――
  他の冒険者に影響を与える自覚はあるが、
  ここだけは自分に正直で居たいんだとばかりに言った。

  迷いを全く見せない口調と、とても―――
―――――――――――――――――――――――――



                                   ̄ ̄   、
                                ´         ,, /T
                           /         _..r''’`: : ';;;ョコ
                          /      _r‐": : : : : :ノl''ヽ
                           i    ..x‐'´: : : : : :..r‐’   丶
                           l  ,,x‐´: : : : : :,,ノ'"        丶
                          _ノ'": : : : : :.:.r''"     ヽ        丶
                         ヽ: : : :r‐'´    i イ::::ヽ l        丶
                            `ー'´    ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',
    「でも、放っておけないんだ」       丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
                              ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
                              ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
                               ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
                                \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
                                  \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                    ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                       ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



――――――――――――――
  ―――とても良い笑顔で。
――――――――――――――

32 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:12:14 ID:mfiAMJSs
二46.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自覚があるのなら良いわ、と釣られるように雪華綺晶も笑みを浮かべてしまう。

  彼の考え方は実に突き抜けており、良い意味でとんでもない。
  実力、胆力、財力、その他諸々の全てを得た者で無ければ出来ない理想だ。

  それは他の冒険者と一線を画する、称号を持つ者でなければ許されないやり方。
  万人に認められ、高き名声を持ち、人々を助け続ける者でなければ認められないやり方だ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    i´` 、
                    `  )     _ _
                    i:,// - ´  ̄   ̄` - 、     ,_、
                 __;,.〃y/            \   `´ヾ
               ,__ >/ノi   /            `\ /´´
               iしe/フ ̄ /  |  |        ;   /イ>i
            _ 〃´ ̄//  /   |  |   |     | ヽ Y>=レ>
          ,-´ /   /イ/ /   |  |    |     |  | |\fノ,、
         / //    //  ;; ,, , |  |    | ;  ; |  |   | iヽ``ヽ
        / / /    //   i  ` |  ; | i  | l i ll |  | | |` _|ノノ
       /   /    //  l/ `ー-、_|l l | ヽ ├-- 、l ; l  l l ´(ヽ
       |   l    / /  l | |,、/r、ゞハヘ` |=_ノ |/| i|` / イ/,, | |l |    「お人好しだね。
       |   |   / // // |rハヒ妥>y>` `ヘ|イテ〒ノ // /lヽ    |     でもそう言うの―――私は嫌いじゃないよ」
       ヽ  ヽ / / /  il  |トミ=>ソノ    くゝ'シ_| / / /i     |
        \/  /  //  l  i"`(ヾ   .    ̄゜ / // /i ヽ    ヽ
        //  /  /ノ  イ -ヽ r´´ 、_ ___,    / / / i il   ヽ  `、
      /  /  /  イ   /l、 ト \、      //,/´ ̄フ __ノ"i      \
    / /   |   | ; il  ,__) ` ン  ミ 、 _ イ / // /y´_-ノ       ヽ
  / // l   /  ノ i /l -つ、-  ヽヾ  `><   l i/ /   ´〃-´        i`、
/  // il l  /  / l  / \>_`___   ,-、 <il   ヾ  --- 、i´-フ         i ヽ

33 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:13:14 ID:mfiAMJSs
二47.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶はまだ、彼がどのような称号を得るのか想像も出来なかったが、
  その道はやらない夫にとてもお似合いだと思える。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    (⌒ )(⌒)
         |     (__人__)        「ははは。
           |     ` ⌒´ノ         我ながら損な性分だとは思う」
         |         }
         ヽ     ヘミ|
         /,` 、` -`,--` ,
   __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
  /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
 ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
 |;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
 ;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
 ;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
 ;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



                                             ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                             / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                            i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                            ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                           .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                            li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
                         「そうね。              ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                          けど、お似合いよ」       ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                             !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                            ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                            //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                           / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                                         / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                       / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                                      /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                                     ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分はその白さを守りたい、育てていきたいと思い始めていた。
  だが彼自身はその白さと持てる力故に、他者を守ろうと考えていて―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――

34 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:14:14 ID:mfiAMJSs
二48.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  もし、雪華綺晶が未だこの地には届いていない
  やらない夫の積み重ねてきた実績を知っていたならば、
  彼の歩む道が、英雄候補のそれである事をすぐに理解しただろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――



  / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
    /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
    //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  
    ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
  /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
_/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
 /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |     「私は………
´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !     君を手伝おう、かな」
         / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
       /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'     (なんだろ?
      /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、       昨日の夜から、君が眩しくてしょうがないよ)
   , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
 /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
__ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
   ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
    /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが謳い手の声はまだエゥーゴには届いていない。
  彼女が、やらない夫の歩んできた道程の一部を知るのは今ではない。

  だから―――
  日常生活では違和感が多かったが、いざ有事に面した時の反応や考え方が妙に頼もしく、
  そして底が知れないほど大きい事に新鮮な感銘を受けていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    「えっ?
          , っ  `⌒´   |     でも………」
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

35 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:15:37 ID:mfiAMJSs
二49.
――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん、女性が戦う事に拒否反応を示していたやらない夫が
  どう言った反論をするかは予測済みだった。

  そうはさせまいと先手を打ち、
――――――――――――――――――――――――――――



                        , '´ ̄f令y、__
                          /  /rヘミイヽ  `丶、
                    / / //// {{ /    \
                  , '´ /〃////〃 / / / ,   Y7
                    ,  '´  ///〃/{//^X / // / , /  {レ示、
              , '′,  / //〃/rク不=彳// / //  ハミ処}ヘ
             /  / / //〃7=ゞ杉'′〃 /‐く /  /`7  ヽ
.           /  /  /f了 /〃ハ         r采/}// /    |      「おっと。
        / , イ //__〉廴几// rヘ  r、 '  〈沙'}彡'´/ /   l |      『女の子』とか『無関係』とかは無しだよ?
       / /// / , ! {/ └ク`ー′ハ `ー'     / / / ∧   |  |
.      /// // / / l 〕   しrヘ ┌┘`¬ァ冖7´  / / / ?  l  |      私も十分関係者だし、
     |/ // / / |/ 7⌒) //―廴rヘ、└勹  / / /  l|   l  |      君が影ながら援護するのと、
      |,' / l / ,′ ,'レ'´   ` ̄}_〉 ̄\/7Z_人  厶__ i  ハ  l|  |      私がそれを手伝うのと何が違うのかな?」
      | ,′|  /、 / j       `ー―く/     }'´ / l  |? |  `、
      | ! ル / ∨ /   ,   ,     ┌ ┴‐z__r'⌒フ   |  !| |  }
     ,ハ「 / / / レ′ /  /   _ノ   j ノ / / ?|  / | |  〈
    (   l/ 厶-‐'´     ___ノ     ノ  /  /}   | | ,' l |  |  `、
      〈 {            }     , '´  /  / l|  リ /  | |  l   ヽ、
         ヽ>⌒7  r冖、乂       ,′   /  ,  / ,   }/  l} |  |      \
       /    `ー┘  r┘    l   イ  / / / , /   ,' |  ヽ     ヽ
      /       ,    `⌒)     |  | / / / / /   /  ハ  \      }
    /         /     /`ヽヘ__〉  !  / / / /   /  /  l    }    /
.     i        /       `ヽ  ヽ   |  / / / /  , ′ /  l|   /   (
   |  ?  //         /    ト、! ,' / ! ,′/  /   八  ,′    ヽ
    l     l  ′       __/      Vヘ∨ { // {    /   /  `ヾ
    /         、 `Y´      ,  } ヽ\ ヾ、  `ヽ
_/   /       }   )     / /   l l
`ヽ、  _/_   ┌个ぐー'´  ?  ′`ヽ、_ l |
   ` ┘|  `ヽ_ノ |  }  __」_   \   / ! 〉
     l        |  ` ̄| 厶-、/丁ー′ レ'′


                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j       「違いません。ハイ」
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r         (適わないな………)
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



―――――――――――――――――――――――――
  正論過ぎて反論する術の無かったやらない夫の中に
  この人には適わないと言う意識が芽生え始めたのは、
  おそらくこの辺りからだろう。
―――――――――――――――――――――――――

37 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:16:16 ID:mfiAMJSs
二50.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これで今の仕事が終わっても接点が保たれる事になる。
  それがとても嬉しくて、やっと安心できた雪華綺晶はつい―――
  気持ちが高ぶってしまい、期待する様な、甘えるような声で言ってしまった。

  初なやらない夫が、どういう反応をするのか知りたかったのがその理由の殆どだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                               , へrァォ7フx- ´  ̄ - 、
                                             /  イゞン7ハ__         ヽrァ7、__
                                           /   i ゞアン'ー,          vシ}  、
                                          i    ト、   //  , /      ド'   i
                                          |     |  、 /./ /, //, /|//  .|  ドミ、  |
                                          |,ノ ,  .|  V /////r'/ //| | | | \ .|
            「そ、それに―――                  //   |   }|rァォメヾ/ノ //-ト|、| /ト、ヽ ` 、
                                        //   , '  / トK乃ッリ)   ,r=ォx'ノイ |  ハ   )
             女の子が戦うのが嫌なら、          //   /,'/ゝi トゞアンツ    J | ノ/.| |/ 人メ、
             君が守ってくれれば良いんじゃ……….   /   / ,','   .,|  \wx.   , じ' / .| |, イ/\  、
             ないかな?なんて」              ///ヽ.//  ,ヘゝ 、  \ 、_ , w イ/| |  |   \ \
                                      . (/  // 、ノ ̄ へ⌒ヽ、 )_r 、_ ィヘ ノノ |,  ゝ、   ) .)
                                      ヘ \   | |  )\    \_ソ/ミ,| i / / (/ノ   \/ /
                                       \ \ノノ/ く´ _ ., …´/  .} !/ /,/ , ヘ\.  / /
                                         ) Y  , イニ____,ノ   ノ ,'  ' _,∠_ヽ,/ /  \
                                        ,/  / /  |  しー   /     ,ー-='(  (      )
                                      / , イ  i    、 `ヽ⌒ 、r^丶    ノ /  / ,\ \  /
                                       /  \ ` 、 ゝ ノ  イ    ゝ'^y  //  )  )'



          / ̄ ̄\  l _
        / _ノ  ヽ、.\ ヽ
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  対してやらない夫は、君は守る必要が無いぐらい強いじゃないか、とは欠片も思いもしなかった。

  実力の有無ではない。
  彼にとって女性とは全て護り、労るものであり―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

38 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:17:27 ID:mfiAMJSs
二51.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――さらにこの人は、自分にとっても気になる存在なのだ。

  だから全力で応える、と強い眼差しで頷いた。
  黒々とした瞳はこれまで護ってきたもの、護れなかったものの重みがあるからこそ
  底が知れず、磨き抜かれた黒曜石の様に輝きを放っており、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                 ̄    、
            ´          \
     /_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ヽ
  <ミ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
∠三(|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l      「そうだな。
.    l              冫.ー く       雪華綺晶の事も俺が護る。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'      ………約束、する」
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./

                          /  !        ,'  i|                        |    ヽ
                        /      /      |   |ソ 从     |    .|i! !.i  |i   !      |  、  i
                            /    i!     i! i! ! | |     i!    !| | |  !!.  |   |    !  ヽ  i!
                        .  /     |   イ ,i A .|  ! i!    |i  ィ廾从―/、 |   |   ハ   ハノ
   「そ、そんな本気に            /       !  / | | ! | ! トヽハ !    .| i!  ./t彡宀リ廴   i!  !  ,'     |
    ならなくて良いんだよ?        ,'   ハ  i!  i! ! ! |广_}| フt ヽ  i || /fソ 行芯及ァイ   i!   i,      |
                         i    ! i  ', .ハ {⌒{必}个  '} ヘ/ リレ'   {辷t jrリ. ィ レ/ |  ハ    iヽ、
    私だって、戦えるんだし………」  . ハ.    | i!  ∨ ヽ< レ〃  !_/         弋z_ソ.ソス   |   !   /  ヘ
                         ∧   ', ヘ、 ',,tハ   宀,,Y                / /    !   kL__   ヾ
   (うわーーっ、うわーーっ!        >、 |  >、i  i!  V《 じ      ;ァ   xxx   /_/ i !  !    ',    `!  i
    なにそれ、ずるいよ!?)     . /  ヽ!  < ヾ ,' ,   i'ー           ,ィ 'ー<, i | ,'   /  ∧  | __ノ
                        i'    /j ノ >ノ ノ i ! /y-,    r‐--っ  r‐‐7 ,'i ー'ュ_ ./  イヽ 'レ' !  '‐' 'i
                        >   ///  /< / V リ{  ー ^ヽ` ̄、,∠   ,'     //, ',        /
                         \  / .  /   /  i!ハ  V    ',  ̄ i´   //    / ハ ハ      /
                            ,' i.   ,'   /  ./  ノ/入ーァ ーゥ/       イ ./  i! ヽ、ヽ >―ッ!ヾ< ┐
                  ドキンドキンドキン  ! i!  !    /  入7./L_ユ/{  ヽ   t>i  // i   ``ヾ、  ヘ / i



――――――――――――――――――――――――――――――
  その視線と、約束と言う言葉の重みに射貫かれた頬は朱に染まり、
  心臓は早鐘のように鼓動を全身に響かせる。
――――――――――――――――――――――――――――――

40 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:18:22 ID:mfiAMJSs
二52.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  同い年の少年からは想像も出来なかった重く熱い言葉、
  真っ直ぐ自分の心を撃ち抜くような視線。
  これは完全に不意打ちだった。

  無意識の成せる業なのか。
  落ち着かず、もじもじと身体を揺する相手の様子に気がつかないやらない夫は
  全力で頑張るさ、と顎に手をやって微笑み、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)       「いつだって本気さ。
          |     ` ⌒´ノ        手抜きは嫌いなんだ」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


                                   ヾ       _ _ _          /ゝ
                                   ノ } , - ' ´      ̄`ヽ      <'´r‐'    ,
                                /入y'´              ` ー 、_≧彡>┐、/ V}
                               /≧/     /               ヾ廴{i}.」ヾil´"
                               V /     ./i  i               ト=イ´  ト
                               /./      / .l  l     i        i { r‐'´   i i
                               Ⅵ     /  l  l     l        l ゞ、      il l
                              /  i _  .i  l  l  i   ハ  .|   :i    | i      ハヘ
                                i   { ゝ、_ |   l  l  l  _ヘ. l  .l    | l      i l ヘ
                        .      {   l   ./ ハ  l  l 升´  i ヽi  /    / il      V.ハ
                               |  .l  /.// >┐_ハ i .lハ  il  \/     Y/      i ハ
    「じゃ、じゃあ。                     K  l  .K<イ- 、 } ゝハヾハ_ ilヾ 人   //       i . |   .ヘ
     大船に乗った気で居るね………」       /V ハ  ト/ <=_ノ/K   -===、i / / ./イil .      l ∧    }
                        .     / i ハ  Ⅶミ_,ィ┘ ,    ""  ././i イi i.      |   V  ノ
                            /  .l   ゝ ミ  ノ/        /ィ // |.l |.       l   レ'´
                        .   /   i  Kハハ \{<  ー -   -=彡 .//  Ⅶ.      i   i
                           i     //  V /.\.         イ.┤/.ハ  i       l.    |
                           l/    //    /__.≧、_  < ヽ il\─ 、 l       |.    |
                           /    // i ̄ ̄\  i}=v| ̄ ̄  /_ ─<       ヾ    ハ
                          ./.     レ/'´\    > V / /  Ⅶ⌒/ .ハ           i
                          i.    //人_ \-<_ ∧./ \_/  /  /  ` ヽ     i .、 _  l
                          |    //  ヽ  ̄ >//    // .   /  /   <´⌒ヽ   |    |
                          |  ノ.ハ  /   ゝ升、___升≦ ̄ ̄/∧__ >   \ .l .    ',



―――――――――――――――――――――――――
  心が温かく満たされていくようだった雪華綺晶はただ、
  それだけを言うのが精一杯。
―――――――――――――――――――――――――

42 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:19:27 ID:mfiAMJSs
二53.
――――――――――――――――――――――――――――
  冬の街路の上で、温かくて優しい空気が二人を包み込んだ。
――――――――――――――――――――――――――――



                 ̄ ̄   、
            ´         ,, /T
         /         _..r''’`: : ';;;ョコ
         /      _r‐": : : : : :ノl''ヽ
          i    ..x‐'´: : : : : :..r‐’   丶
          l  ,,x‐´: : : : : :,,ノ'"        丶
         _ノ'": : : : : :.:.r''"     ヽ        丶
          ヽ: : : :r‐'´   i イ`丶 l         丶
           `ー'´   ヽ ゝ _            ',
          丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
            ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
             ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
             ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
              \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
                \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                     ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



                    「「……………」」
                    ィ⌒ヽ
                        )  __
                    iV/r' ´  ̄     ` ' 、     ,-、
                  ィv┘./  /         ` 、  .r'´
                r  >イテ   i             \/v
               >フ/  /  l  l        l   {人レ、
             , ィ' ´  /  /  l  l   i     l .i  ゞV/廴
           / /   ./   i _ l  l   :l    ! l  l ハ`´ ヽ
          /  /   ./ィ   r'´ ` il  ト 、 .|  i  l |  | i .| _V )
        / イl/   イ.イ   廴 _ 人 .ハ  ヾ ト +- 、| .|i ./ .l .| rヘ
        {  .i l   / il  il  ≧iVハi .\ _V_ハ /.i V  .∧   ヘ
        V il .  / /   ノ Ⅶt人ァ ヽ \ィ≧テ-L/  /ili .V   ',
         V \/ /  ./ ハミY /ノ  ,  ┴=斗/  ./ 人 V  .',
         V./  /   ./  i ゝ  )      """ / イ / l  i   ト
         /i .  /   ./  .イ┌人il  ` ー '   .//././  l      ヽ
       ./  .レ  /  i  / lr )、 \、     イ // ̄ス─-┐    i \
     イ/   /  i   ∧ 、_// 入  ≧- イ⌒i l  /   /、    l   \
     ../i  /  イ ./  V>-    ⌒) Y. {  :l | イ   ./ /、 i   l     ト
     il V./  / :l ./  < `ー─┐ ィつ i   r弋、─-─≦ イ     |     V\
       y  /   {    \_  `i i<`  ̄>i i  \    >イi    |     i  .\
     ../  / i  Yゝ    彡 } . l l>><<l.l  r ' ´ ̄    ヘ   i     l    ヽ
     .   {   / ゝ      イ.. l l<   >l.l  ∧ヾ       Y       l     ヘ
       / .V  /   >    /i┌ ‐/>><<l.l /          }         l     )



―――――――――――――――――――――――――――――――
  この安心、信頼は雪華綺晶が求め、憧れ続けてきたものだ。

  相手の心が見えてしまう彼女だからこその苦悩は
  他人においそれと理解できるほど簡単なものではなく―――
  また、見えてしまったからこその、
  やらない夫に対する信頼も他人が理解できるほど浅いものではない。
―――――――――――――――――――――――――――――――

44 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:20:15 ID:mfiAMJSs
二54.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そのまま永遠に時が止まってしまうかのように思えたが、
  時計塔が鳴り響かせた十一の鐘の音が、二人を現実に引き戻してしまった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                       i
                                       |
                                       ∧
                                      ノ..λ
                                      /…λ
                                         ====、、
                                      |.|IIII|.|l
                                      /∴∴ヾ、
                                         l,i,i,i,i,i,i,i,i,i,iili;,   ゴーン…ゴーン…ゴーン…ゴーン…
                                    _|I I I I I I_|;}、   ゴーン…ゴーン…ゴーン…ゴーン…
                                            | |γ⌒ヽ| |ll|   ゴーン…ゴーン…ゴーン…
                                            | |,.!、,__,ノ.| |ll|
                                            i''i;;:::;;:::;;:::;i'il|'
                                    =========、
                                        | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
           i     i       i      i           | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          ムi   ムi      ムi    ムi        i????ill|
          I.Iム,__,I.Iム     I.Iム,__.I.I ム          | |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
          |l,|I/ i^i |l,|I|     |l,|I/ i^i |l,|I;|         | |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
          |_,!__i山i.!_|l.| _ _ _|_,!__i山i.!_|l;|    ム    i????ill|
i   .i    i   | i"゙∩゙" i |/;;||;;||;;;| i"゙∩゙"i |ll|.l l.i;;:_l_l_!______| |'i'i'i'i'i'i'i'| |ll|
|ー―||ー―||ー―|| i__:;l」;:_,!.|凸凸凸| i__;l」;:_,! |;;,|)))))|;||;;;;;;;;;;;;| |;|,|,|,|,|,|,| |ll|
|=ヘ=||=ヘ=||=ヘ=|I?:冊:_?|???I?:冊:_?|-]]]]]];||=∧=.ロⅢⅢⅢロ|i
| ∩ || ∩ || ∩ ||  iⅢi : | iii iii iii..|  iⅢi : | .|:|:|:|:|;||'~|;;| | | | | | :| |ll|
|,.l」,,;||,.l」,,;||,.l」,,;||_|Ⅲ|__:_| lll lll lll..|_|Ⅲ|__:_| .|:|:|:|:|;||l_.l」;__|_| | | |_;| |ll|
I.[iii].,II.[iii],II[iii]_I?._冊_.?|???.I?:冊:_?IIIllliiiiiii||iニニ[.二二二二]:|;.
| Ⅱ || ∩ || Ⅱ ||  iⅢi : | iii iii iii..|  iⅢi : | |:|:l:l:i_.!_iii_ .| | | | | :| |
|_Ⅱ_||_Ⅱ_||_Ⅱ_||_|Ⅲ|__:_| lll lll lll..|_|Ⅲ|__:_|_|,|,l,l,i_,l|   l ̄i__| | |
|_門_l|_門_l|_門_l|__!_而___!_|ΠΠΠ|__!_而___!_|__,;:--ー---------
 ̄ ̄ ̄i,i ̄ ̄ ̄ ̄;;; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄ ̄:; ̄ ̄:´|;;'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

45 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:21:14 ID:mfiAMJSs
二55.
―――――――――――――――――――――――
  見つめ合っていた事に気づいた雪華綺晶は
  照れくさそうに視線を外すとこれからの事を尋ね、
―――――――――――――――――――――――



                                    ,ィ''´_二----`' - 、__
                                /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                               /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                              // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                              {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                               Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                               {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
        「あ、もう十一時。              __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
         そろそろ館に戻ろっか?」      i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
                              }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
                               'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
                              i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                             r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                             `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                               ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                              | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                              l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                               i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \



                   / ̄ ̄\
                 / ノ  \ \
                 |  (●)(●) |
                 |  (__人__)  |           「俺は武具屋に寄って行こうかと。
                   .|   ` ⌒´  .}            向こうの通りに一軒あるんだ」
                 .|        .}
                  ヽ     .  }
           ___._,r、   Yヽ     ノトj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l



―――――――――――――――――――――
  予定のあったやらない夫は目的地の方向、
  街路の西を指さして答える。
―――――――――――――――――――――

46 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:22:14 ID:mfiAMJSs
二56.



                                              ___      ______     ))
                                        _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
                                      / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
                               .       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
                                     / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
                               .     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
                                    ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
                                   〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
              「早速折っちゃった分の補充?      .', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
              余裕あるのねぇ………」           ハ i {   il| l| l |, =彳|! l|、、i⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′
                                   / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!
   (だんだん、君がどのぐらいお金持ちなのかも .  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //
   気になってきたなぁ)                / /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
                               . /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .  ///// / }ハ ハ  ' |
                                ′ (     } / // ∧ ((           イ イ '、ハ l  !
                                     ヽ  / /  {   /  > 、  -‐(   イ ノ/,小、 \j l  、
                                     丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \



―――――――――――――――――――――――――――
  少しだけ羨ましそうな声だけで
  胸が痛いやらない夫は申し訳ありませんと項垂れてしまい、
―――――――――――――――――――――――――――



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |
  l レ ./..ノ .,''´} i    「その節は大変失礼を………」
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |

47 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:23:14 ID:mfiAMJSs
二57.



                           /  r--i、 .          i < r- //
                           l  / } |/             \ヘノノ ∧
                            l  Y/               il     l
                            l (( l     i     l       l    つ
                            l   l     l l     l l l l l   l    っ
                            l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
                            l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
             「わーわーわー、     l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
              それはもう良いから。  l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l
                            l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l
              行くなら行こう?」     l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l
                             y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
                              l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
                             l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
                             l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
                             l l i` トィ--!‐~ ___ ~i: irー -r-----i'´__
                             l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7
                             l l  l   ノ ´ r┴‐:、\-!´           /
                             l l  l  `-i  `r--、` i i    l     l
                             l l  l /   l_ r |r‐ ⌒- l \  l     l



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  せっかく二人で居るのだし、今はそう言う空気にしたくなかった雪華綺晶は
  慌てて出発を促したのだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

48 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:24:14 ID:mfiAMJSs
二58.



ヽ..  ::::|  ,i´ヽ
ヽヽ.  :::|  |   \
  i i 、:::|  〕____\    ノ;ヽ                           †____
  `: `: |  |;;;;;| ̄| ̄|   _/;;;;;;;;;\_           †__                  /ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    `: `: .| ;; |_|;;; |    | ̄ ̄ ̄~|        /ヽ/山                //ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ` ゝ |ソ└ ┘;;;|   .|:::| 口 |::::|       //iiヾ ̄ヽ             // √;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      .|  |;;;ゞ;;;;;;;/≡ヽ |:::|::.*.::|::::|       //:皿:ヾ ┌i         //    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ,-.、  |  |;;ゞ== /// /ヽ::|  . |::::|┌───// ト=イヾヽ| |         ヽ | || | | |;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,i:::::::i. .|  |(( ─ ))ノ 〔()〕::|  |::::|_ノ;;;;;;;;;;;/L/四 品 四ヾ| |ヽ  ‡       / | || | | ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;
l i::::::l  |───┬┬─ ̄|@.~ ̄  ||ノ| /|/イ─────ヽ ゝ/\   /    _,,.. -;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|;;;i:::::| .|ゞヽ .┌┴┴┐ | |ヽ _   |;| Kノ/ || ||ロ||ロ||ロ||ロ||;| ̄|ゝ/ ̄ヽ  /‐エ''"´──
|;;;i:::::| .|l;;  │Cafe.| | |@/;;;;;;ヽ |;| |ム-|‐|||──┬──||  | /;;|[]|;;;ヽ─┌|┌┐l┌┐
|;;;l:::::| .|;|ヾ;ソ└──┘ | | .|   | |;| |_.| .||ト ─ .┴ ─ ┘___|_||~:[] ||;;ヾ l|;;|││|││
|;;;|.....| .|;| ;;ゞ ...:::::|| .|≡| |┘  └!;|| 乍.| ||┌田 田 田┐|  |..||~:[] ||l─ノ|ヾ;;;i::;;ゞ;;;ヽソ
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ .-,- ヾ;;;i::;ソ┘|  |..||~:[] ||| / ヽ────
|  今までの貯金とこの仕事の報酬で   |.. ! ! ! |───|─ ;;ゞ:::[] 丿|/─ヽへ [ ̄ ̄]
|  良い剣が買えないかなぁ?       .|──[.i───! i .| |ヾ  ヽ─|[][| |;;;| . ̄ ̄
乂________________ ノ、_ ||``'‐, ノ ヽ、. 、.、.._. ii .| .|;;;;;| |;;;| 〔〕〔〕
i;;;|  .|  | トヽ    l l .l                ``'.  (● ●)|、.、.._ | ト‐--.、_____   _
i;;;|─.|-'`| ̄    .| | |                .  | (_人_) |、、.._. | ト‐--.、_____ ̄ ̄| | |
i;;;|  .|  |      | __  _            .  ヽ   ノ   `'‐.、     ̄ ̄ | | |
       ,ィ=ト y ´    `Yf=}ト             ,=,-|  ̄ll~|- 、     ` `'‐‐‐‐‐‐‐| | |
       ゞミ彡 :::,  ::   ゝ=イ\ _          !::i ..:::。 ..::i::.. ヽ
       / / rく/  :::! :ll :', :ヾ', ヽ       i ::!::...。 ..:::::ヽ::. ヽ
     /ノ' /≧ト.! ::/,ィ/‐、 ::} ::l >ノ       ハ::!〉::。.. .::::〈 ソ::::〉  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   .  i {/ :::ト≡ノ ヽ' '弋卞/ :レ/´       /.:::/i:: ,i:. . ..:::/.:::/   |  雪華綺晶の腕に合う剣、か………   |
     ヽ(  ハノr'   _ ///} /!>` }     ,'、_:/ ノ:/:|::: _'テ`ン´   乂_________________ ノ
     /::> 、 > --_ -、イ´(_:', {r'´    ._',,-、! /:/::: i ..:: ̄i
     ヽ ( / ,ィ´. ~_~' ト7 (_::\\      ノ::/.!.::: | . ...:::l
     / 人 {<_ j   < } ノーっ∨      . ´::::ノ .| :::.i| . .::::::|人
     `ト\77 /-イ}j ̄ヽ {::r'彡(r       ヽ.i´ー-.l...:::l|.r―-ゝ|
   .      ヽY  r-イト-_}≦ヽ            |:: .:l  i. ::::!
   .      人t'x', x 「                  l..::::|  .l: ..::|
   .       \x', xヽ                  !:::::.!   !...:::l、
   .         ゝ_ >‐'                _ノ`ヽ!  !`ー'、
                             ー '´   ``ー-'

49 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:25:14 ID:mfiAMJSs
二59.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  仕事に就く事になったその日に、町のあちこちを見て回っていたやらない夫は
  迷うことなく一軒の武具屋の前にたどり着いていた。

  それほど大きな店構えと言うわけでもなく、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



     |==|==|==| ;;      |==|==|==|     |  |∥    再会の酒場      ∥"゙ ̄ ̄ ̄
√   |_|_|_|   Χ  |_|_|_|     |  |┗───────────┛
      ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ;;',; | [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     #;     ;;                |  | )~( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:)~( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
────────┐三三三三三三三三≧!゙( () )   ;;'        ( () )     
具 是得太の鼓動 |           ;;',; | ;; | {三} [二二二二二二]# {三}. }三三三{
────────┘   I/l⌒l\I    | ;; |7     |l . . . . . . .||      ||  ||  ||
________ Κ  |  |  |  |    | ;; |      ||: :. :. :. :. :. :. :. ||  ζ  ||--||--||
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |   |==|==|==|    | ;; |  ',;'; ||´二\ /二`||      ||  ||  ||
: : : : : : : : : : : : : : : : |   |  |  |  |    | ;; |      ||三三 l l 三三|| ;;':     ||  ||  ||
: : : : : : : : : . |   |==|==|==| ;;   | ;; |      || ≡≡l l≡≡ ||      }三三三{
                |   |_|_|_|    | ;; | ̄ ̄ ̄||三三_l l_三三|l ̄ <◎><◎><◎
                |  #; ̄ ̄ ̄ ̄   ;; | ;; |___||_;;_;;_;;_;;_;;_;;_;;_;|l_[::ヾ〃::ヾ〃:ヾ〃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|               |┬ ‐ ┴ ‐ ┬ ‐ ┴ ‐ ┬ ‐.┴ l二二二二二二
________| ̄ ̄ ̄ ̄,;; ̄ ̄ ̄,;#|┴ ‐ ┬ ‐ ┴ ‐ ┬ ‐ ┴ ‐ ┬ ‐ ┴ ‐ ┬ ‐ ┴
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄

___________________________________
───────────────────────────────────

                         / ̄ ̄ ̄\
                       /         \
                       /           ヽ
                       |             |
                       |               |
           「あったあった」      |              l
                       |          /
                       |        〃/
                       \、__     (
                          _)_ ===\
                         /          \
                        /            ヽ
                        |    ,        i
                        |     |        l.|
                        |     l         | |
                        |     |.        |. l
                        l    |       |.│
                       /    ノ        | |
                       /     /        l /
                      (ヽ、__,/____  __,У
                       ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
                       ?  ? ? j l   |


 
 
50 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:25:52 ID:20jAnmdg
Zの鼓動w

55 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:28:10 ID:sbeSz.To
再会→Zガンダム10話のタイトル。ゼータの鼓動→Zガンダム21話タイトル。ネタ細かいw

51 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:26:14 ID:mfiAMJSs
二60.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼の後に続いて入店した雪華綺晶も、
  お世辞にも質が高いとは言えない品揃えに戸惑った表情を浮かべている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



            /::| |                /l、       {<二}=}
           /:.;.;; | |: ;   <>====l」=====l}.; .| l|  ;:.  メ;
           / ;   | |  ;.:;  ;:.  .:;         [i| l|i] .:;   #  {<二]=}
         /     /|| |   <>====l」=====l}  | l|   キ;,  :;
       /     /  || |   キ.              、'ー}  ζ . ;; {<二]=}
     /  ::;; ;i'゙   || |   <>====l」=====l}  |ζ
   /     ||    || | #.; , メ     ;.:/ `     ,__rk-o_ ,.__ ______
  /  /|l  ┏━━┓ |  .:;      `   ;;';   l二lニi_{i]=_ニlニi=、,ii>/●~●~●~
/  /  |l  ┗┯┯┛ |__________ /   l_l ̄i_j^  /●~●~[500]
  / \ |l   | ̄ ̄ ̄|\                 | ̄  ヘヴィランス] ̄| ̄[フラムー] ̄
/      |l   |      |/ ̄ ̄ ̄ ̄[ ̄i]/|    |           |
 \\   |l #::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \ /    |__________|/         、^@ ̄@^ ,
\  /    /                          ((从(((,,i! )  「えっと………」
  /    /                           ノ∂ヮ ゚从(,
/ #;  /                            ((とtξ,,,tつ)
    /                             ) )(,,,,ζ,,)( (
  /                              .( ( ( UU  ) ) )
/    _____________________________
     /<<<<<][ /.∠∠∠∠二l= /┻.┻.┻━.┻━/卍卍卍卍卍/|
   / <<][ [750]/∠∠二l=[1000]/┻.┻.┻[ 5000 ]/ 卍卍 [100]./ ..|
  | ̄ ̄[短剣] ̄ ̄| ̄[毛狩包丁]. ̄| ̄ ̄[トンファー] ̄ ̄| ̄[手裏剣] ̄|  /


 
 
52 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:27:08 ID:.XiXxvk2
トンファーの値段w

54 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:27:21 ID:M1ZLM4Xc
トンファー高いw

53 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:27:14 ID:mfiAMJSs
二61.
―――――――――――――――――――――――――
  しかし、やらない夫が真っ直ぐカウンターへ向かえば、
  目立つ少年に気がついた店番の女性が
  見覚えのある客だと仕事の手を止めて声を出してくる。
―――――――――――――――――――――――――



        ,.-' 、ヽ        `ヽ、
       /   __ヽ!           ヽ
     /    ´ _`ヽ´          ヽ
     i    ,.r'´ `  ,.-、            i
    l   ´      ,、r 、 ヽ、       l
   l         ,ィ/   ヾト、 ヽ       |
    l     ,.ィ / i{     i} ヽ ト、     !
   jr.シ   /l !/l.! {!       }! } i,ハ    ,!
   l.イ/ _{. i!|!_|!__!_      } __!l_!__|!ヽ、l リ     「いらっしゃいませ」
   |! !/i´ハ´-‐tr;j-     rノ ‐t!リ-,!`トヽ!ノ
   ! lハ ゝ!         iヽ       リ/       (あれこの子、この間も来た子よね?)
    | ヽ、.l         ! ノ      !ノ
        !ハ       丶       / リ
       ノ゙l ト、    ー ;;;ッ'   ィ!、ト、
          ,ゝ|.ヽ、       /| ,ゝ
        f く!  ` ー   ´   !く
        ヽ ` ヽ、        ! ヽ、
     __,. -'´i    ヽ、    l _ノ 〉
 `´  ̄      `ヽ、    ` ー-'´  /`ヽ、



                                                  / ̄ ̄\
                                                 / ヽ、_   \
                                               . ( (● )    |
                                 「お邪魔します」      . (人__)      |
                                               r-ヽ         |
                  (魔剣は………                     (三) |        |
                   あそこに飾ってあるのだけ、だが―――)   > ノ       /
                                              /  / ヽ     /
                                             /  / へ>    <
                                             |___ヽ  \/  )
                                                 |\   /|
                                                 |  \_/ |



―――――――――――――――――――
  腕を組み、足を止めた視線の先―――
―――――――――――――――――――

56 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:28:14 ID:mfiAMJSs
二62.
―――――――――――――――――――――――
  カウンターの後ろの壁には、
  この店には明らかに場違いな品が飾られていた。
―――――――――――――――――――――――



  O
  ((@))
   ト彡ヽ
    ヽ彡 、
     ヽ彡ゝ__ ___ ノ}
      )rk´∥nて`-´
     r=‐X)).Y |´
  _ xイ彡チキ.、:::|ヽ|
    ̄  ̄ \`i`' ヽ
         ヽ ミ:ヽヽ
          ヽ ミ:ヽヽ             ┌────────────┐
           ヽヾ.ヽヽ,         │魔法の広刃剣         .│
            ヽヽ ヽ.' ,         │付加:硬質化、軽量化   ....│
             ヽヽ. ヽ\       │材質:隕鉄鋼          │
              ヽヽ. \ヽ,.      │価格:金貨一万六千枚  ......│
               ヽヽ. \' 、.   └────────────┘
                ヽヽ. .ヽヽ
                 ヾ \', ハ
                   \ ゝ |
                    \ヽ |
                     `丶



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  重厚感たっぷりの赤茶けた刀身は珍しい魔法金属で作られている事を意味しており、
  魔力源なのだろう、柄頭にはめ込まれた大粒の水晶が強い光を放っている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

57 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:29:14 ID:mfiAMJSs
二63.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  おそらくは古代魔法文明期に作られたものと推測出来るが、
  それにしても隕鉄鋼の魔剣とは珍しい。

  下手をすれば銘有りの一振りかも知れない、と
  感嘆の吐息を吐き出した雪華綺晶は吸い寄せられるように剣を見つめており、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



 、   _, .} ,メ    l   ',::   ヽ::::.   ',:  ヽ
   ̄,´/F>`ミi_ i  i    ';::   ' ;:   ';::  ',
  ,⌒Yiー<⌒ハL  i     '::;    ',、   ';::  }
  ,イ冖!/てヾVYjヽ_, l、 ,  ',斗七  '.,ヽ 人,,リ
 从r'弋心ノ',イj从i   l....ヽ/ '; :::\  l ::/イ
.<  ゝ._`フノノハ、 .i  l::::''ゞ从_i⊥、;\j .i
  弋 _、.>√勿/ヽi. ハ   V{ィrャミ <  丶_       「わぁ………!
  )) /´  `.i`...'.,::、 '、 ハ  `.辻,ィ'}      ̄|     メテオリック・クロムの魔剣なんて
    l    :::   ::',::\ iヽ   |下乙     /      初めて見たよ………」
    l    ::     ;;; ::ヽ| ゞ         /
    ,'  ..::    ,:'::, :::|           (
    ,'   ::    .::  ::: ::|`(  Y ヽ、     /
   ,'  .::  .:: .::..  ::: :| ,ゝ‐イ .ノゝ___,,ノ
  ,'  .:::  ..::: .:::  ::: :::!" `丶、s ̄`)
  ,' .:::/  ::: .::    :: ::/   l  .l ヽ ̄)
 ,' ::; '  .:: :::    ノ,/ ヽ、 ヽ / /、ゝ
.  / ..::: :::   // `丶、`  '彡,廴`;;;;;
  ..,,,_::,,__.:,,,,::://‐-、__   `丶 .ヽ /∧/|
 Y        ̄ -  ,,,, ` ‐ - 、 .Y..∧/|
               `ヽ     ヽ|∧//|



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ             「希少だよな。
          │         }              俺も今まで数振りしか見たことない」
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  腕を組んで少し横に避け、場所を彼女に譲ったやらない夫もその意見に同感だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
58 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:30:14 ID:35nDjxV.
魔トンファーは置いてないのかな?

59 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:30:14 ID:mfiAMJSs
二64.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一方、二人の様子をカウンターの中から見ていた女性は若い彼らの―――
  特に、やらない夫の装備がとんでもない部類だと知り、
  冷やかしではなく購入を検討できる上客だと判断している。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



               __,,,,,  -‐‐‐-- 、 __
           ,,-'''''^   .           ̄''‐-、,
         // /, -''^ ̄__.              ^'、,
        { { , '^ ,.-'''^                  \
       ._,-ゝ、/ / ,    ''^⌒ヽ                  ヽ
     /   ヽ'((/  /⌒ヽ  ヽ.                  ヽ
    /      ヽ( .r' / /ヘ   ヽ               λ
   / ./   ./ /.r' .,-''^⌒'^^'⌒ ヘ  i. i i . !             キ
  .i' r'    ,{ i .i i'          λ  | 川 .|            |
  | ノi   ソi.||.{           i  | |.i| .|, '、,          |
  |/ |   /ノ !, ! |             | | .! || | \ ^' 、        |
  ! |  ノ /!  ヘ!i.             | .!.i ! !|.!   ミヽ、\      |    「あら、お目が高いのね。
    {   / |-^ ̄^'=、        ノソ ノ .ル'   !ヾ,\ ヽ     |
     | ノ .| ‐'冖i=‐、ヽ     __,,,--==‐、,   |、ヽ, ヽ、    i  |    ―――でも、あなたのその両手剣の方が
      i!i^i |    ̄^        -‐'冖i=-、 `  |. ヽ, ヾ ヽ、  i i     余程曰く付きの品じゃなくて?」
      i .| |                 ̄^ ̄   || ,― 、ヘ.   i |..|
      ! |.|                    i!//⌒}.}. i  i |!
      ! | .!     ,               ノ イノ./   }  } !
      ノ !、!.i     ゝ^'               ノ     ./|!
     ノ  .| ヘ.    、.= 、,,_         /'^       /
       .! j ヽ    `= ̄       ノ     ,/ソ ノ
      ノ'^ノ .i ヘ           ,,,-'/ / ノ // {
        ノiノ .i  iヽ、   __,, -‐''^ ノ ノ /  {  {ヽ、
         ヽ. .r  |    ̄       イ  (   >''^
          ノ,ル|               | ___ゝ‐''^
            __ノ|.               |^
     ,,,,,、-‐''''^  !               \



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)       「あぁいや、えーっと………」
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ        (俺の予備じゃなくて、
   |   ,.<))/´二⊃       これを、雪華綺晶に………)
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|

60 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:31:14 ID:mfiAMJSs
二65.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ただの冷やかしなら絶対に触らせないが、
  それ以上の装備を持っており、購入に実現性がある相手となれば話は変わる。

  見ただけでは分からないだろうと壁から剣を降ろした女性はやらない夫にそれを差し出し、
  鞘はこちらになります、と戸棚から鞘も取り出してカウンターに置いた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                          ,.-‐= ̄  、 `~‐-、
                                         /     `      ~\
                                        /  /  ...../ ̄丶丶 ヽ   \
                                        | ////´  `l | |\\ヽ   ヽ|
                                        |、||/l┼   ┼|-|-|\ヽ \ |
                 「どうぞ、                   | |"l.ヽ  ‐、-,、 |/ 、\ヽ |
                  手に取ってお確かめください」       |  ノ    ̄~ l|ζ| | |
                                          ノ| ヽ      ノノ- ' /
                                           '\ `''''    /| | ||
                                            .ノ\.....    ノ||ll
                                          __,.─,-ソ| /   \__
                                        /~ |:::::::|  ´ ̄ ̄ ./::::::/ ̄~ヽ.
                                       ,'ゝ、._|:::::::::\____/:::::::::::| _......l,、
                                       {、_  ─:::::::::::::::::::::;---‐‐~~~   ノ |



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)         「すみません、
        |     ` ⌒´ノ          お言葉に甘えさせてもらいます」
      .  |         }
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



――――――――――――――――――――――――――
  慣れているのだろう、この値段にも全くたじろがない少年は
  お借りします、と剣を受け取り、
―――――――――――――――――――――――――――


 
 
61 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:31:29 ID:sbeSz.To
安心の金銭感覚でワロタww

62 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:32:11 ID:.lKFzwuI
このブルジョアめw

63 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:32:14 ID:mfiAMJSs
二66.
―――――――――――――――――――――――――――――
  対照的な連れの少女はしかし、
  隣から興味津々に覗き込んでいるだけで手を伸ばそうとしない。
―――――――――――――――――――――――――――――



        <  r=-、  > ' ´            / /  rァ/ }v'´`i > ゝ
        >イ{r-j}ソ                     トv´ ゝイ.人K i
        廴Y/ ┘      /              ヒ=-ゞ イノ小 |
        ノiヾイ'´        /            i i   ≧三≦ .| ハ
    、 _/ィ //        i              il .il   i  升 ハ .ヘ
      ̄  ノ i .i           il     i.      i  il .il   il  |.i  ii  .ヘ
      / /       i    i  i   il       ハ .il .il   il   Ⅶ   ハ
     /            il i__ ハ.  il     .升 iⅦ   i   i.lハ  ノ ハ
      i     i    ナTl   il    il    -ハナilー -.i  il   ト ソ   i   i
      |       il    il il     il i  il i  /  il .il ilハ/ .イl   il     il {ハ     「うわぁ………
     人.     il    il ilゥ≦ミ=、 il il il / 行芯及ァイ//  小、 i  .il   ヽ     随分高位の術者が付加したんだね、
     ハ.    il     il ノ/<t 」ノ ゝハi .il ハ   {辷t jrリ./イ  / il  il.   il ( ミ;,、    魔力も随分強そうよ」
       V>‐  il  i  il人ゞ- 、 _ハノ ハ' ´   弋z_ソ.//  / .il  il  / ハ  ヽ
       } i ハ .il  ハ ト≧_>イ           イ.  /  il  il ./    i   ヽ
      ノ  .|/ Ⅶハ i i i ノ人(    _       -=彡イ   il   // i  人   ',
     , '´ /   /  ヾハ 人 (  `ヽ           /.< ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_il / il    ノ
   /   /        }人≧、    ー =-    イ} })    /  (  .il   (
  /ハ   /         il  ゞ >        イ∧_∧ /    /    ∧  il    ヽ
  iハ ゞ. i        ≧}人 K  /> ─ ´i   || | | .| i    .i    / ゝ i ヾ _ ヽ\
   i   .|        彡イ人ゞ  / /∧∨/ /  / / ハ     //  /ソ   \      ヽ

64 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:34:14 ID:mfiAMJSs
二67.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それで店番の女性も、やらない夫が何を思ってこの剣を見に来たのか察する事が出来た。
  超一流の冒険者が、新しい仲間の装備を調えに来たと考えれば辻褄が合う。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



        ,.-' 、ヽ        `ヽ、
       /   __ヽ!           ヽ
     /    ´ _`ヽ´          ヽ
     i    ,.r'´ `  ,.-、            i
    l   ´      ,、r 、 ヽ、       l
   l         ,ィ/   ヾト、 ヽ       |
    l     ,.ィ / i{     i} ヽ ト、     !
   jr.シ   /l !/l.! {!       }! } i,ハ    ,!
   l.イ/ _{. i!|!_|!__!_      } __!l_!__|!ヽ、l リ
   |! !/i´ハ´-‐tr;j-     rノ ‐t!リ-,!`トヽ!ノ    (………ああ、もしかしてこの子に
   ! lハ ゝ!         iヽ       リ/      買ってあげたいのかな)
    | ヽ、.l         ! ノ      !ノ
        !ハ       丶       / リ       「あなたも遠慮無くどうぞ」
       ノ゙l ト、    ー ;;;ッ'   ィ!、ト、
          ,ゝ|.ヽ、       /| ,ゝ
        f く!  ` ー   ´   !く
        ヽ ` ヽ、        ! ヽ、
     __,. -'´i    ヽ、    l _ノ 〉
 `´  ̄      `ヽ、    ` ー-'´  /`ヽ、



                               .. -─  ─ --{ { rく Fヘ ト } \
                        ___{人シ-}ノ´           辷{ーイノi  \
                      /  `ナ '´              ((ー'⌒))ヽ   \
                      /    /      |  |l   l|       |   \  .ハ
                    〃   /  /  l!  |  |l  l, l| ヽ \   |    ハ  i
                    i     /  /   |(ヘ |  |l  |i l|  l  |.  |   / .ハ  l
                    |   .:′ .{ l   !/ ノ|  |l  |i l|  |  |         } {
                    |   i   | |  {r′|  |l  |i 爪丁`メ.!   |     ハ.\
                    |   |   | レ─ェヘ.|人リ八!ハ从/ハ/ !|   |      /  ',  ヽ
                .    八.  |   | ノX 必\λイ─  .,:ィだ心t、|  .'     /   i   )
     「は、はいっ!」     /   } |   |く λYシノf ノ     .之z少 ./  / ,    /    ノ ./
                .  /   /  ヽ,从!弋rマ辷彡         , , , , /  / /   /  / /{
                ./  ノ   }  \. !))   ,         =彡イ   / ./ /{八
                  ./    ノ  / ∧    __     r─l/  r‐─--、,/ /\ \
                  /    /  / ./ }丶.   `´    l⌒レ./ /     .八  /\ \ \
                 {   /   {  /  ノ  > . _ . ィ _|  / /    <  \  \ )  )
                  }  〃    / { r──-マ r~7ノ  / /       へ、ハ.  /  /\
                 /  {i / /  / /  `ニニ┤-l {  / /             } /   ハ   \
                ./  八{ .(   ./.   ‐─、_) ノ / /! /              |    / }   )
                .  /  \{⌒Y    > )-'. / // /      /\     /  /  /   /
                 /  \  ト-!r-.、     / /./ /      /  ノ     / /   人  {
                '  ノ   \} [   |_ イ7/  / ./  /\  -一'      / \  /   )  }

65 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:35:14 ID:mfiAMJSs
二68.
―――――――――――――――――――――――――――
  一足先にカウンターの隣にある試着室横の広い場所で
  ブロード・ソードを構えたり振ったりしていたやらない夫は、
―――――――――――――――――――――――――――



                                        ,ィ7
                                       /,/
                                    / /
                                      / /
                        .             / /
                                    / /
                                   / ̄ ̄\
                                  /\  /  \
          「良い重さだ。      .         | (●)(●)  │
           釣り合いも悪くない」  .         /| (__人__)   .|
                                / ,| ` ⌒´     |
                        .    ィ´ /''ヽ      ノ
                           (⌒) イi一‐ヽ、   /
                            7 .K.`ー--→―― )
                            ヽ/ ヾ--‐―‐  /
                        .       /      /
                              /      /



                       i     ;        /
                        l       ;       /
                    l     ,'      /     ,..、、
                     |    ,'       /ー- 、. -=― .、ヽ
                     l.    ,′     /       ,: ゙i|
                   i    i    /ヾ:     ,,.:'  |l
                    ,! ,  !、   ' ノ,' __  '"_,_;_,..-',イ
                        ,'   |`ー--‐"'''´    ̄i`- '" l
                  /     |             l     ,!
                    r'´ ̄`ヽ、!           ゙、   /
                  ,'      |            `''''"
                 ,'     ,:'
                   /     /
               /     ,,.:' /
              、-゙''   '''" /
        ,:''⌒``'''<゙ヽ、、    '{
          !,. - 、    \ヽ、` 、.,!  タタタタタタッ
        ゙ヽ、  ` ‐ 、...ヽ、_``'く
          ``''‐- 、_ `` ``r'′
               `丶、ノ

66 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:36:14 ID:mfiAMJSs
二69.



            / __癶ぅ) /            癶ぅ{\  ハ
                 ′ {fγ{f ア }          ((_杙必〉}  ヽ i
             ? / 込辷ソ            癶辷り   V
             |  i (( /         l  |  |     ({ \   ?
               ハ    }′|  |   | |  |  |  | | i \ ハ,  |
             / ',   |  |  |   | |  | T .ト _| | |   } ノ 人
.            /   }   |  |  | }}_.⊥_| ハ/ / 从/  ,  / / /  \
           /  .′/ |  |  |/だTt}ァ'/ /  r=ミ,/ / / ∧   丶
.          /  / /  ,}ハ人_{メ { 必 k 〉   弋zソ/ / {  { \     \    「ね、ね、ね!
         /  / /  ノ|}  ((ヽ弋辷ソ  ,   .:.:.:./ / 八 八  ハ    ヽ    私にも触らせて!」
.        /, -‐ ¨   / /  / } ハ((     _ ..,   { { /  ハ \ } \
      /, -‐─… ´  ′ / | (介 .  ` ´  , ィい Y  /  .  y   \  ?
     //  /    ノ/   / ∥ / } rz_>  <γf\\_ __} .∨ \   ヽ }
    { {   ,   / i   / / イ./ Y^YひfてノY^\ハ ヽ  ヽノ 人 丶  } ハ
    ヽ {  i   /  |   !/   { /)う  乂Y {ニニ .} } }   ∨´  ハ ハ /  }
     .} |  | ( {,  人  |     ∧ "´r」几几{f─‐ | } /    ハ  /' ? }  /
     .} |  .ハ ハ     \ノ    / ∧   ヽ ⌒ { ヲ  ///     /' V  ./ ′ /
     {リ / Y  }    ′   ,    ハ   }_fてノ|   / { {       } / ′ /
.       {  \ ヽ   {       /i  /   {| {, 八 \     ノ / ′ /
          \  \\   ゝ-‐┐ /ノ  /)  (}|  }V \ \厶イ ′   ,
          \  \\   / V´ (  / (    リ 勹ハ  ヽ }   /  /
             ヽ  ハ } /   {   } /  ノ   / f´   i   ノi}   .′/
               |  / / { ̄`ヽ,} 丿 幺厂    \/ /  / (



   / ̄ ̄\
 /    ⌒ \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      「ああ、雪華綺晶も握ってみると良い」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ   
   /    く__,-ュ__
   |    ___ 三)
    |    |       ̄ 



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  飛んできた彼女の勢いに微笑みながら、持っていた剣を手渡してやった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

67 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:37:14 ID:mfiAMJSs
二70.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  それからかなり長い間、雪華綺晶は魔剣を構えたり振り回したり
  重さやバランスを確認したりしていた。

  最後に自分の長い髪の毛の一本を刃に置き、
  置いただけでは切れないこと、
  微量な気を流し込んだだけで重力に負けて切れた事を確認してから
  納得がいったようにやらない夫を振り返る。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                   / ̄`f ミ、__
 ̄ ̄`ー'⌒ヽ.       /   {必 )   ` 、
        \    //   ゞvイ       \
          ー '  /   /  | |  l  / l lハ
            /  /   / l  | |  | / l ハl l i          ,、
.           /   /   /  l _ | |ィTへ ノ// 川 !        /, |
.       /    /  /  {う八 {く必シヾ// /l l           / / /
_   ,  "   /  /  / 二ハ ヽ!》-イ  , f;/ハ/       / / /
   ̄.    /  /   /  )  `ァ.八   . ィ .|         / / /    「メテオリック・クロムって
      /  /      _( ̄   (_ \>:イ  ノ\      / / /     確か鋼鉄より重いんだよね?
      /  /     ./   \   {}≫-{} /  ノ.       / / /
.   /  /        i     i  {}≫≪}ー イ      / / /       ………ああそうか、
 /  /        /     ノ- ゞ>ー  {.        / / /       だから軽量化が付加されてるのか」
.  /          /  ,.rー ' { フ     i )       / / /
_/         , '  /    l(__     / ___.へ./ / /
         /  , ´      } レ⌒j  |イ (__</>< }フ
         /  /ィ  ̄` 、 /    (__ }    ノ ケミミ彡 ノ
        /   . '       ?      )λ\ (_ /ミミ/__ソ
 .    /⌒i  ∥       ヽ       (  ゝ--ミ/



                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                               「どうだ、その剣。       (__人__)     |
                                相性良さそうか?」     (          |
                                            .    {          |
                                                ⊂ ヽ∩     く
                                                 | '、_ \ /  )
                                                 |  |_\  “ ./
                                                 ヽ、 __\_/

68 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:38:18 ID:mfiAMJSs
二71.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  改めて確認するまでもなくその剣に惚れ込んでしまったようだが、それも無理もない。
  このレベルの魔剣ともなれば剣士、剣匠位の者が持っても不足ではない程なのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       /ィ ヲr-,ヘノノ " ´     ` ' ‐‐ r:γf⌒い)
      __∥ |/ iヽ,:} }              ト 7 ハi`フ
     //!_ { !_Yシi り       |   |   弋イ_ 川 )
.  ///乂辷ニツ´/  /    i|   | ヽ ヽ ゝ彡イ
. /// ((/ | | /  〃! / ∥  / |   |  i  ヘ \
/ / /   /  l y   / l// ∥ / / | |   |   i  iヘ   ヽ
!/ /   //  |/i / //   | / /. | ))i  / i  li  | i  |
! {   .//!  |!/  i   /rィ⌒二ヘ |,/ | .ハ   | i   |        「最高ね。
 i  // |   l  / .|  {λrテ弌. i }|./ 7 ナ.┤ l  l /         いつかはこんな剣を持ちたいな」
. l  l l |   l ./  |  |ヘヾ 辷シノ」   行:卞i  ノ|  |/
! l  l | |   ハi  |  |ノノ--ニ_ソ   弋,汐7/ .|
!. ノ ノ l |  i ゝ、l  l  :::::::     ' :::::::l′  |
イ イ l |  l   l l  !、       ー::‐'    ノλ| |
⌒`ー-ノ_  l   iノ  |ィ` 、      . イフ l ヘ |
       `‐--‐'´    | |、.  ` ‐-<´ /  l ヽ\
-──- 、_     ノ  l ト、r‐ァ  ゝノ  ⌒ナ\\ \.\
     ,_、`----'´  ノ | |てr、 (__ィ⌒レ′ヽ.\\ \.\
   /r( ⌒r-、__.イ  | |-    ≪| |   iヘヽ. \ \ヽ
 /  /     `´⌒i__  | | // >| | ん' / ヽ  ヽ. ヽ )
/i   /        -イ ⌒.| |/ // |,ン゜ヽ. \  i  i イ
ノ  {  /       i )  ⌒ー 、_ィ⌒´    i   l |  l ノ
   i  l       lノi     /⌒      l   l l  リ
  (⌒         /     l        ノ  / l _ イ
   乙r~i       人      l       /  /  l /



                                            / ̄ ̄\
                                              / ⌒  ⌒ \
                                          | ( ●) (●) |
                                         . |   (__人__)  |
                                           |   ` ⌒´  |
                                         .  |         }
                    「そっか」                    .  ヽ        }
                                              ,、ヽ     ノ-、
                 (さて―――)                   /;;;i/      '、!\
                                        _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
                                   ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
                               .   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
                                  |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
                               .   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
                                 /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|

69 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:39:18 ID:mfiAMJSs
二72.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  持ち手候補も文句は無いらしいので、いよいよ購入者が現れたかと
  店番の彼女も期待に満ちた目でやらない夫を見つめている。

  しかし―――
―――――――――――――――――――――――――――――――



        ,.-' 、ヽ        `ヽ、
       /   __ヽ!           ヽ
     /    ´ _`ヽ´          ヽ
     i    ,.r'´ `  ,.-、            i
    l   ´      ,、r 、 ヽ、       l
   l         ,ィ/   ヾト、 ヽ       |
    l     ,.ィ / i{     i} ヽ ト、     !
   jr.シ   /l !/l.! {!       }! } i,ハ    ,!
   l.イ/ _{. i!|!_|!__!_      } __!l_!__|!ヽ、l リ    「お買い求めになりますか?」
   |! !/i´ハ´-‐tr;j-     rノ ‐t!リ-,!`トヽ!ノ
   ! lハ ゝ!         iヽ       リ/
    | ヽ、.l         ! ノ      !ノ
        !ハ       丶       / リ
       ノ゙l ト、    ー ;;;ッ'   ィ!、ト、
          ,ゝ|.ヽ、       /| ,ゝ
        f く!  ` ー   ´   !く
        ヽ ` ヽ、        ! ヽ、
     __,. -'´i    ヽ、    l _ノ 〉
 `´  ̄      `ヽ、    ` ー-'´  /`ヽ、

70 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:40:14 ID:mfiAMJSs
二73.
―――――――――――――――――――――
  もう一つ、そして大きな問題が残されていた。
―――――――――――――――――――――



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',       「うーん」
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ      (問題はどうやって雪華綺晶に渡すか、
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l      だよなぁ………)
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



                                       ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                       / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                      i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                      ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                     .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                      li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
                  「くすっ………」           ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                                      ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
    (さすがに、このお値段は悩むんだ?)            !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                      ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                      //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                     / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                                   / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                 / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                                /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                               ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、


 
 
72 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:41:37 ID:eHJguRSg
悩む部分が一味違うw

71 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:41:15 ID:mfiAMJSs
二74.



              -        ‐-、  ((__、__
           ,. '        ┏┓┏┓ \ ノ rミ<|
         /          ┏┛┃┃┗┓  マλ }7_
        /     l   l ┗━┛┗━┛   ヾニ/ヽ、
     ((   /  l l    l  l  ┏━┓┏━┓  . トイ) ∧
  r-、__))r7  l l  l l   l l┗┓┃┃┏┛l  l ∧((  ヘ
   マlフワ7   l l  l l   l l ┗┛┗┛  l  l  l    l
   7 L_| |   l l  l l   l l  l  l  l _.. l  l  l    l        ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
   \r-f | |   l l  .__ ll   l l  l  、」ィi´ l l l ヘ  l   l       <                             >
   l  l ll   l 、l  、_ ̄_、 ヘ マ  l  l  l!_!l lヘヘ  l   l      <  バンダナのお礼って言ったって         >
    l  l  l   ll  rノ r-、 ヘ \ V Ⅵ lf"だ;::狄l ヘヘ  l   l     <   物事には釣り合いってものがあるでしょ!   >
    l  l  l l   l  マ/ミシ } /      込;;;;彡 l l   l∨  ∧     <                             >
    l l   ll   ヘ f=--ノ !_}       ̄~   l l   l ∨  ∧      Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
   l  l  、 l   ヘ \ツ ))           !  l   l .∨   ∧
   l  l  ヘ マ   ヘ                   イ l  l   l  ∨   ∧
   l  l   l ヘ   .∧、     r:=:ァ    / l  l  l   l.  ∨  ∧
  l  7   l l ∨.  ∧`. 、.    ̄   /l l_..__ノイ l   l   ∨  ∧
  l  l    ll  ∨  ∧l l `  . _. イ r、 {   ノ  l   l   ∨  ∧
 /  l     l    ∨  ∧-f⌒}_ r-ァ ム `'′  イ--'´゙ l   l   ∨ ∧
 l   l    l l   } \  \\  {_.{   l        l   ト-i.  ∨ ∧
 !  l    l l   イ- 、_\  \    \  \     l   l  l  _V ∧
   l    l  l )ー---テ \  \    \   ` >、_ノ ∨  f⌒`'´フ ∨ ∧
   l      l-!        _\  \   r-、  l-! l ( ∨  l   {  ∨ ∧

丶~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'〇'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
                      O
                      o
                      ゚
                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉      「う~~~ん………」
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /        (ジュンの時のようには行かないだろうし、
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r         下手すりゃ怒られるかも知れないし)
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



――――――――――――――――――――――――――――――
  さすがの彼も、自分が買って渡そうとしたところで大いに遠慮され、
  怒られるのは容易に想像出来る。
――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
73 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:41:58 ID:KhBBUFck
普通に貸し出し ってことにすればいいじゃないかw

74 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:42:15 ID:mfiAMJSs
二75.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  何か良い方法が無いものかと渡す方法をと考え込んでいると、
  彼が金額面で悩んでいるものと勘違いした雪華綺晶が助言をしてきた。

  さすがにこの魔剣は折ったりしないだろうし、
  自分が買えないとしても、やらない夫が持つ分には気持ちの面で整理できると思っていたから。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                       、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
                                         l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
                                       .  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
                                       . 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
                                        f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
         「ねぇ?                           ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
         予算はどのぐらいなの?               .  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
                                         \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ
         少しぐらいなら負けてくれるかもしれないよ?」      ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ
                                          /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
                                        / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
                                       .   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
                                        /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
                                       . i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
                                        i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
                                        l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
                                        l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    「予算?
        !  (__人__)  |     特に決まってないかな。
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /     別に値切る必要は無いし」
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ところが、彼女を振り返ったやらない夫は事も無げに言ったのだ。

  また、この店に不釣り合いなこの魔剣は誰かの委託販売の代物なのだろう。
  であれば店員が値下げ交渉に応対出来るとも思えない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
75 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:42:58 ID:.XiXxvk2
さらっと言いよるw

76 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:43:14 ID:mfiAMJSs
二76.
―――――――――――――――――――――――――――
  そしてこれがまずかった。
  金額に全く躊躇していないと知った雪華綺晶が驚いて尋ね、
―――――――――――――――――――――――――――



                                      / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
                                      ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
                                  .   {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
          「え?                        ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ ⊥..」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
           それって、上限無し………って事?」  .    从从八;ゝ=:)) `` Tij:7ヽ/:/: / . : : :,′
                                       〉〉〉 〈(必リu    ゙ー'/: /: / .:/ : /: :
                                       j ij : : j{((′    !i!i! /: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
                                      ,','///'}n. r-‐‐-、 ,'. : ::;' : : : :', : :', : : : :
                                  .    / /イ / /./,n、  ̄ ̄  {: : :::{ : : : : :ヽ.: :、: : :
                                  .  ノ /.: | ' / '|// `¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)     「そうだよ」
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  嘘やごまかしをする事を嫌うやらない夫はそれを、あっさりと認めてしまったのである。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
77 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:43:56 ID:.lKFzwuI
清々しいまでの金銭感覚だなw

79 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:44:21 ID:35nDjxV.
できる夫さんマジ切れ発言だwwww

81 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:45:35 ID:pxUJGbLk
できる夫)金持ちがいると聞いて

78 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:44:14 ID:mfiAMJSs
二77.
―――――――――――――――――――――――――
  なので彼女が、呆れた苦笑いで言ったのも当然だった。
―――――――――――――――――――――――――



                                              _ -  ´ ` `´ト`ヘヒ´\
                                        /\r-、/         ヽ゜七ミl、  ヽ
                                       /  〈土/             \ヒゞ、  \
                                      /  〉《/ //      i   l  il ..  ヽ i\  ヽ
                                     i  /)// l i l  l il ;  il ;   i i l   ` i ヽ  `.
                                     /  / /il l l l l  li l il  i ヽ  il i i    il l  \ `、
                                    ;/  / i il l l l/i  il li ili  レ升ト++;l    l il  ヽ `、
        「………莫大な資産を受け継いだ       /  i  i il l  il lヘ yヾ il l i l i_ニ土_ll il i  l l    i.  ヽ
         お坊ちゃんでしたかぁ」                /   i  ; il l  lilKヽilミア\ハソ ´":::::::゚アlノ   il l      `、  \
                                 /   ノ  ;  ヾi  i iK《ゞ}イト   `弋ソ i l  il l      l   l
                                /  /      ; u;ヽ》ヒ≦レイ )    ゛゛ /i   il l l      i  ;/
                              /  /       ノilヽトミヒ i´( `__ ,  ノノ/i  i l  l l      il /
                             /  /        / l  i)`ト、   `- ´  /// / il l  il    i il
                              /          ノ il  l `iレノl`K=- _彡ニil/.  .-/  il  il   i il
                             /           / //l ilK=ー`ミ三 il lレ/ / イレ´ ̄ヽヽ  〉 i
                             i          /  /  i il liフミ//) ( `、il  /ヒ/     ヾ 、  ヽヽ、
                                       / ノ  / /il i)l トttYX右//il / 、      X \ ソ/



   / ̄三\
 /;;;;  ノ三 \
 |;;;;;;;  ( ○)(○
. |;;;;;    (__人__)
  |;;;    ` ⌒´ノ
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

80 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:45:15 ID:mfiAMJSs
二78.
―――――――――――――――――――――――
  今の表情を見られたくない、と振り返って
  カウンターから少し離れたやらない夫は―――
―――――――――――――――――――――――



                                           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                           |  ……………。    |
                                           乂________ ノ

                      |:::::::::::::::::::::::::|  /:::::::::::::::::::::::::::〉
                      |:::::::::::::::::::::::::| ./::::::::::::::::::::::::::y'
                      |:::::::::::::::::::::::::レ:::::::::::::::::::::::::::/
                      |:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
                      |::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/    クルッ
                      |:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
                      |::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/
                      |:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/
                      〈::::::〈二二二\:::::/〈
                      /\/::/::/::/::∧ \:::::::〉
                        〈::::::::∨::/::/::/::∧ ∨ ̄\
                      `─‐∨ /::/:::/ /\     〉
                      .:.;::;.:;.; ..;:`ー─--- ───′
                   ...:;.:;.:;;:.;:::;;;;;;;:: :;;;...:;;..;;;...:;;...:;;
               ...:;:;:;.:.;:.:;.:;.:;.:;.:;:.;.:;.;. :;;;;;;;:::; ;;;;;;:: ;......:;;
            ...:;:.;:.;:;..:.;:;.:.;::.;:;.;:.;:.:;.;:.:; :;;;;;;;: : :;;;...:;;...:

82 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:46:34 ID:mfiAMJSs
二79.
―――――――――――――――――――
  二度の深呼吸の後、背中越しに言った。
  肩を、これ以上なく小さくさせて。
―――――――――――――――――――



            ___
.         /     \
        |_ノ ヽ、_   |
        |●) (●)  |
        |(__人__)   |           「そんな言い方はしないで欲しいな。
       _| `⌒´   |、- 、__       俺が親父から受け継いだ物に金は混じってなかった。
.     r..´:ヽ      /:|:::::::/ヽ
.      | ::::::::|\  ./:::::/:::::/ ::::::|      それらも、少し後にホールディング・バッグを壊したせいで
.     !、 :::::l/|二|ヽ、/:::::/::::::::::|      全部消えてしまったし………」
       |::∨ ::::|  ∨::::::::/ :::::::::/
       ∨∨゙::|   .∨:::::|::::::::::/
.         | ::∨:|    | :::::|::::::::::|
.        |:::::l ::|  /| :::::|::::::::::|
.         | ::::|:::|    | :::::|::::::::::|
       | ::::| ::|  / .| ::: |::::::::::|
      /::::/::::|/  | :::::|::::::::::|、
      〈 ::/ :::/   〈 :::: |::::::::::|/
      |/::/ヽ、__| :::: |::::::::::|〉
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  御守り代わりに懐に入れていた遺髪と
  亡くなる前夜に渡された、通貨ではない一枚の硬貨以外にはもう、
  唯一の肉親であった父親を感じられる物は何も残っていないその声。

  そもそも肉親自体知らない雪華綺晶はそれでも、
  自分がとんでもなく失礼な事を言ってしまったと知り、慌てて謝ったのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                                ∠乂ニヅ´             ヽ、_((_
                                 /{{  (( /               ∨辷ヘY `丶
                               ′ / )) ′  .′!    l |  `   弋ニツ` ヽ ヽ
                              /  / / / ! |  | l| i l |l | !   l|  | ))ヽ  |  |
                             ./  / ,   ′!  )) | l| i l |l | !   l|  | ((  l  !   |
                            /  / /   l! | |{{ | l| i l |l | !   l|  |   il  l   |
                      .     /  / /    ! ⌒\ト| l| i l |l l /⌒l|  |   il  |   |
        「ご、ごめん………」       ′ ,'  l  |  l|ィセニミベ}从八|ノ|lィ彡=ミ l|  |   il  l  |
                          /  /  Ⅳ八从K( くノ 》       { ! } 》lN从   i  |   |
                      .   /   '     l   !ゝ二_ツ         :.=' 彡i|   !   :.  i   i
                         ′ /    ノ  ∧ ((     .:i          l   i    l  l   |
                        /  /   /   / ∧ ))             ハ  !   .|  l   |
                        ,'  /   / , 〃 / i、     r―‐ュ      イ i |    {  ヽ ヽ
                      ノ  ノl   ,'  i /  /  l| ヽ    ` ̄    /_ ! i 八   丶  \
                      { / l!   i  l./  /   i _{> 、     ィヘ /.i  ゞ ヽ
                      i,/  ノ  /( 〃 ノ    .i ト、` ̄} r'⌒ーレ7 イ ハ     \   ヽ
                      ′    /  ゞ  (r‐、  / ノ  ̄不´>   / 〈  ヽ     ヽ
                       / / √~ ゙̄ ̄’   ̄ ̄ `  {「ヽ√     `ー 、_, ,..-―‐¬,
                       /  く,               ノリ       __  `´  7'" ̄
                       r――く入  /⌒ヽ     /ヾ           ゙ー~ュ/` ヽ

84 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:48:14 ID:mfiAMJSs
二80.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼女には―――
  彼女だけには、自分をそういう風に見て欲しくなかったやらない夫は静かに振り返ると、
  苦い表情で小さく囁いた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)         「以前―――
   |     `⌒´ノ          プラチナ・ゴーレム  ジュエル・ビースト
   |   ,.<))/´二⊃        白金の魔像と、宝石の獣魔の集団を倒した事がある、
   ヽ / /  '‐、ニ⊃        と言えば、納得するか?」
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉 ボソッ
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                                        !´Y⌒ー一'((⌒' , - ´ ̄       __  VR 〕
                                       ! ! ノ   fノ/二 ̄     -一ニ-‐   !ヾニ
                                       j  /  fヲ^レ'´ ̄               !
                                     . / r'===(./    /         !   l   l
                                     / { }_  //    /      /   !! l! !!   !ヽ   l
                                       ノ!‐ニ/ /!    /   l  /! .  ll、 ll! l l    ! `、 !
                                     . / l / //  //!  _._ l !!l  l ll ヾ!l ! !  l ! ! ヽ !
                                     / l l  ! !  l ll ! '^,))! ll l  ! ll _!Ll...-! l ! !  ! !
                                       l !  !! l   l l! l 〃´ l !! l -!'f!´ ll ト! ! l l /  !/
                                       ! ! l ! l   ! !! { ム  lll`、ト、_,.-==-_≒ト、 l/   /!
                                         l  l. ト、. l 、 j !!└-ニ‐、ト、_`-=' 〃 ̄`)〉-. / //
             「どどどどどどど、何処で!?」       !  `、! ヽ`、ヾ、__ト-ニミリ     ''   '- // /!
                                     /   /ヽト、ヾ\ソィT元Y!      ' ー''`` ´/ /{l ト、
                                        /   ヾ`ト=-(}二ソンノ         |!|!|!/  / l ll ト、ヽ
                                       ,'     ! l  l _ヲ) ヽ         !  ヽ ヾl !
                                     \ !   l  ! l   Yr‐'    r‐-、    `ー、ヽ、 ヾ
                                       ヽ.   !  ! !    ノ`,‐、_  `ニ`     .ィ _>、!  \
                                     \ `、 l   ! !    / /  l`T'r 、 _.. r<´ !l  リ    \
                                       ヽ !  !  レ  //  __! l l ノ(_.l  ! ' ゝ
                                        !.ノ /  '     //  レ/!、ヽ   `´ヾ/
                                       /  ! 、    /  !   /!ヽ  `´!    /


 
 
85 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:48:19 ID:.XiXxvk2
全くゼロの状態からどうすればそこまでチートになれるんですか

86 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:49:14 ID:mfiAMJSs
二81.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶とて伝説級のお宝怪物、白金の魔像と宝石の獣魔の事ぐらい知っている。
  戦力的に倒せるかも分からないが、出会えたら良いなと想像した事も一度や二度では無い。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)      「マース公国の坑道でな。
. |     (__人__)       床が抜けた奥に、古代魔法文明の遺跡があって―――」
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



                                             _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
                                      _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
                                     //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
                                      / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
                                      | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
      「荒らされていない古代遺跡………           | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
                                       | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
       プラチナ・ゴーレムと                   / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
       ジュエル・ビーストの集団………」           ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
                                    / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
                                   / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
      (億万長者って桁じゃないよ、         / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
                                / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
       下手すればこの大陸を合わせた内の  ../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
       何分かを持っているって事じゃない)   /  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
                               |  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
                               |  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  様々な魔法の武具や道具も入手できたであろう未踏の古代遺跡、
  腕一本でも大いなる成功者として裕福で優雅な暮らしが約束される程のお宝怪物を複数。

  それがどのような桁の話なのか、上手く想像が出来なかった彼女は唖然としながらも、
  必死に頭に理解をさせようと努力していたのだが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

87 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:50:33 ID:mfiAMJSs
二82.
―――――――――――――――――――――――――
  極めて常識的な思考回路や価値観を持っていた故に、
  理解するなり色々な物が同時に弾け飛んだ。
―――――――――――――――――――――――――


                   ./⌒i
               _,,..、 .|  / ,..-、          /`l _
               l   l | /´ l,、_ノ         l  |/ 〉
               |  i' '´_,,、    . ,-、,-‐'''"\ l  |レ'                  _,,..、       ,..、
        .        |  し''´ 」    . l  ._‐t  .|  レ'                  ヽ `ー、    / ア
               .|  ,,.-''´      ヽ┘ l  /      r‐、,,,-----――-、   ヽ、  'l  / /
                | .|                !  l       `――''''''''''''''''''''′    `ー',/  /
                l、_ノ        、 .__/  l                       /  /´
                         | ̄   |                      「  /
                         └-‐'"'''‐'′                         `''"
                                 γ ⌒ ⌒ `ヘ
                                イ ""  ⌒  ヾ ヾ   .....
                               / (   ⌒    ヽ  )ヽ
                               (      、 ,     ヾ )
                       ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
                            :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
                                 .._....,,. .-ー;''!  i;;;~-ヽ_
                                γ ,~ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ
                        ::::::::::   ::( (    |l  |    )  ) :::::
                      :::::::::::::::    ヾ、 ⌒~"""''''''⌒~'"´ ノ;;'.:::::::::::::::::::::::::
                                  "   ""'''ー-┬ーr--~''""
                          :::::'         _:|   | _
                                  //   ̄ ̄ r'7ー-、
                                 /v,,.、∧ .、  ヽ   /
                               ´/}ムy)´∨ ∨i /  i
                               //´¨´   ○ ! ′ ∧
   (うあああぁ、うあぁぁぁ!              / ,(""    * l' i  ∧
                                ! /\( ̄ 7  《 l|   ∧
    それじゃ金貨二千枚ぐらいの魔剣なんて   : ! く .>──''' `! ヘ   ∧
    爪楊枝以下の価値じゃない!          i>/\_}ll{_/ \へ/.
                                r┘y  /!、.ヘ./`\  ,>、ゝ、
    私、事情も知らずに                 ̄`ー<´" " ー-‐ .>’u、_) ハ!
    勝手な事言ったんじゃない!)             ゝ.    _,ノ´   》"´
                                 /Xラ1^ 、___/
                                 `ー "   /X /
                                       `ー"


 
 
89 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:51:24 ID:.XiXxvk2
魔剣一本が爪楊枝かよwwwww

88 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:51:15 ID:mfiAMJSs
二83.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  混乱する彼女を落ち着かせるよう、やらない夫はただ淡々と言葉を続け、
――――――――――――――――――――――――――――――――



                 ̄    、
            ´          \
     /_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ヽ
  <ミ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノヽ
∠三(|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_ー_´:_:_:_:ヽ
    l              / .,.....、ヽ     「………他言無用で頼む。
.   l              l {::::::} l      本当は、君にも言うつもりは無かったんだ」
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                          /  r--i、 .          i < r- //
                          l  / } |/             \ヘノノ ∧
                           l  Y/               il     l
                           l (( l     i     l       l    つ
                           l   l     l l     l l l l l   l    っ
                           l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
          「う、うん、分かったよ。   l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
           その―――」         l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
                           l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l
                           l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l
                            l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l
                            y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
                             l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
                            l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
                            l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
                            l l i` トィ--!‐~ ___ ~i: irー -r-----i'´__
                            l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7
                            l l  l   ノ ´ r┴‐:、\-!´           /
                            l l  l  `-i  `r--、` i i    l     l
                            l l  l /   l_ r |r‐ ⌒- l \  l     l



―――――――――――――――――――――――――――
  何とか取り乱す前に落ち着くことが出来た雪華綺晶は
  これまでの、金銭面に関わる違和感の全てを納得し―――
―――――――――――――――――――――――――――

90 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:52:15 ID:mfiAMJSs
二84.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  であれば自分は明らかに言い過ぎていたと頭を下げかけたのを、強い言葉が遮る。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                          .r-、_,, - ''´ ̄ ̄``'-、, _,,
                                        〆´__t=lニニ     ̄``'ー l .\
                                        l __,,fゝ }==-     --==--r-,  l
                                       l  /   i ,    、     i`ー'l  li
                                        l ./ | i i l i l i  l l .li l i  |、l l .l、
                                      / ./ l .l ll l l  l l  l .l l l l i /l l l/. }
                                       ノl 7 ll  l l.l l l _!_ l ((l l .l l l/ i  l l λ
              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ        7λli  ` i lヽli.ノr-. 、=l))l .l l l / ./ l iλ .| `ー、
       「ごめんなさ|  謝らないでくれ。   |     . / i l l   i l lく レ` r′lⅥ V7l l  l li 入乂  l
              乂_________ ノ      /  l/ヽヽ .! i (( F、,,i_/ '   ヽ{li l.i λ .|ヽ`l l
                                  l  ,  l  i l lヽ! !l.ゝ、   -  ,,イll./、.l.i   i  i .l .入
                                  .l  l l  l__l l } i i┌>- , イ´└l {./ } r-, .l l   `ヽ,
                                 λ  i .l、 入'´|Ⅵ λ、_)  つ   7l l / l-z,) !、 .l ヽ  l  l
                                ..7 ` .7 l ../   フ / .l lーz )´乙__凡\ll .l   .ハλ l  l  l
                                    { .Y    {.! l__.l l/´   \ .| .| .l } }   / 入.  .l  .l
                                  /  \.\-、...._i .y L >i_f‐ァ< ,l、_f// /____ ./ ;  l  l  l
                                 i      l ゝ  ノ }     `'''゚と- /i l l   !、!l   ヽ ヽ 入
                                 !     l l  / /     て、ろ  !l l .l-- ,, 《 .l    ゝ, `  \

91 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:53:15 ID:mfiAMJSs
二85.
――――――――――――――――――――――――――――
  ハッ、と顔を上げるものの、申し訳無くてやらない夫を見れば、
――――――――――――――――――――――――――――



                                        ,____,.廻}`lii_,,..、∥
                                       ,,-''"´´ ̄``!K呈/ゞ、''-、
                                     .,/´    -、  .`i゙""i..} ! l `',
                                    ././   i   i  'i  i }  'i li , .l\
                                   / .|   |i   ii  l .! .i   i ll i .|\\
                                   l ,.ii   | l  !i  l .l |  i .i ii l .l .\\
                                   l i.lu  ./ll`''ii-l=、l_ / λ  li i.ヽ、! `i  i ,/
                    「で、でも………」     li li i、 ..//!_/ ! ! /`l''i/i  .li  .|i.\, \ l l
                                    ヽi{シ/´. '行勿ッ/ / / .l  .! il  i\ `ゝ、``'_'
                                     ゙<   `ー'´.//'!./入 ! l ..| ヾ i`\ li ``
                                      .`.、-、. .,//l..! /-∧ヽ !、 il ..l .l ii| i`-i
                                     /./..!._,i、,__,,,l /!i``''.!入!>i!! l l il  l li
                                    / /  .i iii/、l l''''y!‐''>.-.!! .l .|i Il l / il
                                   //  .l .iil/.Ll l!=ン-'./´ `'i i\i li .li l l
                                   l./    .l .il-ンl .!,   !   `il i / il ..! !
                                   l.l  .,,/ i l Z-/i.\  .!ィli   ゝil l il l  i



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   | 
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __    「君を不快な気持ちにさせたのは事実だ」
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /        
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ



――――――――――――――――――――――――――――――
  両手を大きく広げて気にしないで欲しい、と繰り返した彼は―――
――――――――――――――――――――――――――――――

92 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:54:18 ID:mfiAMJSs
二86.
――――――――――――――――――――――――――――
  ―――逆に深々と頭を下げ、長い時間そうしてから
  至らない俺を気づかせてくれてありがとう、とまで言ったのだ。
――――――――――――――――――――――――――――



                 ̄    、
            ´          \
     /_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ヽ
  <ミ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
∠三(|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l     「俺に教えるつもりが無かった事を、
.    l              冫.ー く      後から知った君が気に病むことじゃない。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'     むしろ俺が、これからも気をつけて
   l                  ノ'      いかなきゃならないだけなんだ」
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                                 ___
                                         >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
                                        γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
                                        / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨
                                         〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
                                        ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i
                                         / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!
                                       イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!
                                        |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|
                                      从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|
                                        !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,、__,j/  / '  } j   i|
                   「やらない夫………」         Ⅵハcぅツィ    ´ ̄どう / /  / ∧   iト,
                                         `从(~  、   xx ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
                                           j ))、  r 、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
                                          ハi  \ ´ /       \ 、
                                           j    >ァ'          \ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これには雪華綺晶も心底痺れた。

  どれ程までに自分の言葉を真摯に受け止めてくれれば、こういう反応が出来るのか。
  どれ程までに他人の気持ちを慮り、大切にしようと思えばこのような考えを持てるのだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

93 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:55:14 ID:mfiAMJSs
二87.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今は足りないところが多々あって、足下のおぼつかない無垢な白さだとしてもだ。

  常に前向きな強さと言う名の土壌には、
  気高い何者かになるための理想と言う種が埋まっている。
  苛烈な環境を嫌った温室ではなく、
  他人の考えや気持ちと言う名の風雨を受け入れるだけの覚悟が備わっている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                     //y        _          \
                                   r''´Xメ}) / /  /           \\
                                  ./ /(/┘ ./  /  / ノ  /          X糸
                                 / | // ./  / / - ´  / / /      | ≧┤ヽ
                                 | //  /  ./ /    /  / / 、 |   ノ/KZソア
                                 | |/  ./  .//   /  // ./  ト/ |   ≦xくノ|lハタ)、
                                 |/ //  /   //  /、 ノ  / /| || /  XK<ニミ彡 ヽ
      (凄いね、君は。                 |  |/|  / |  / / / / `'-/、_// /  / /ヾーミテン   )
                                 |/|/|/| レ´アミゝく ./ミ=、_ /ヽ| /  / / / |     i
       赤ちゃんみたいに無垢で、           | |li レ | K薔>イマ   イテ ゚̄ミ、/  / / / / .    /
       外連味のない理想を持っていて。       | | |l | | ト=ケソ    廴o゚ソ/ ./  / / /  /  .,'´
                                 .i | ..| | i  K´ ` ヽ     ̄/ /  // / /    i
       折れずに染まらずに歪まずに、        ハ|   | |  |(ヽ  、 _      フ´/ .//    /    /
       このまま行けたなら、きっと―――)      |/  i  i  |)(i.\ ' `   // / ./    /  /  i
                                  il    | | ) ilハ、>.- ‐<仝/ / ./       /   i
                                  |    }| |メ )、,(⌒)、,/⌒ / / ./       /    i
                                  | -―´/| |-、 ,- 、  ,、 /   / `'''- 、_ノ /    i
                                  /    ゝ i`-´`-´`-´`/   /      ヽ      i



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  冒険者には珍しい、女性が戦いの場に出る事を極端に嫌う考え方などからして、
  もしかしたら強い喪失感はすでに経験した事があるのかも知れない。

  今後、挫折や敗北、絶望的な状況、邪悪な思想を持つ者に絡め取られようとしても、
  たとえ大いなる宿命に翻弄されようとも、
  それでも芽吹いたものが真っ直ぐ大きく育つ事が出来たなら―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
94 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:55:21 ID:KhBBUFck
(なんでこの客は店の中でラブメロを始めているんだろう・・・)

96 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:56:52 ID:.XiXxvk2
>>94
すいません、トンファー1セットください


97 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 21:57:09 ID:eF2a8fzQ
これ店員からしたら買ってくれるかどうかの瀬戸際だよなw

95 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:56:15 ID:mfiAMJSs

二88.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――その枝に撓わに実るのは、大勢の笑顔に違いない。

  そしていつか精神的にもう一皮、二皮剥けた時に彼の中にあるのは白い空間ではなく、
  金剛石の如き強固さと、黄金の様な不変さを備えた何かなのだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                _ , - ― - 、 _
                                           _, - ''' ´          ` ''' -、
                                       (ハ //          `    ゝ \_ ,_
                                      X<>ァフ⌒}                   /イx入__
                                    /ゝ=5ソ                    タX=ヾ)  ヽ
                                   // ト_、圭ヲ      ,   /   |  ,     \三ノTソヽ \
                                  / / .| |-´      , /   .|    |  | |  |  ノソilヲ  ト  |l
                                 ,| /  | |  /    //    |   |  | |  |  / ノil i _  | |
                                  | | i  | || |l    | |     |   | lヽ | |  | ヽ /| | |  |  | |
   (うん。                           | | |  | |  |    /_||    ハ   .|x|  | |  |  / | | |  |  | |
    その白さを護るんじゃない―――          | |l   | | | .|    トX.|   / .|   +代 ̄ ‐-、|  || | | |  |  ||
                                      | |  .| | | |    | |r=X ./  i、   |ハ \| |  || | |   .|  .|
    支えるだけで良いんじゃないかな、私は)        | |   | | ヽ   | |アメ V_  ヽ  .|iイi弐カ\|  |  | |  .| /|
                                       .| |  |  |  |ヽ <<ィゥ薔ヌ/、  ヾソ 冫::::::ソ V / 、//   |  ||
                                       .| |    || ヽ`、 て互Xノ┘   ` 弋 ゚ ソ|i// / | |   /|
                                  | |    |  |  斗ヽハノ   、       イ  | |    | |
                                  | |    |ヾ \  |i ((           ノi   | i |   | .|
                                  |    ヽ |     { |i \    `ー ´  /i |  /  |    |
                                  .| |    | ヽ   | ヽ ト>、    /  | .|  /   |    |
                                   | |  |  | i    |  |/⌒ハ >< /⌒) i   |   |     |
                                  /  /       |  | (⌒)ハ(⌒}、_,/⌒ヽ,|  |   |     \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  また少しやらない夫の事を知って、考え方を修正した雪華綺晶の予想は当たっていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

98 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:57:14 ID:mfiAMJSs
二89.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  とある約束を守り続けた彼は、数年の内に無数の称号を得る事になるのだが、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  /  ̄ ̄ ヽ
                    二二米二二
                |   リ ヾ   |
                     |       |
                    │        |,-'i,,_,,、
                 __、ヽ       /j .l,,ゞヽ\ .__
            ..ュ、|r‐ヒ‐クii,,_、  ┤! / l .ヽ.l, '、 ../.l
        ,..イ〈llィ'´\\ \ .''q ̄.´.,ノ'/ l 〔 .l .l \ ,!
        i′`-゙\ヽo.\   `ぐ㍉;;'゙_/  l |、 l.l  ゙;;/
       │.,    \ヽ ヘ   .\    ! l. l.′ |
       .,i         \ヽムヽ   ヽ   ! ..l. l /
     , ーyハ、         \ヾ i \   .ヽ, |  .l  リ
   ,,i'゛  ヽ, .´`ー ..、./,  \ヽスヽ、、  ` ! !、 .! 
   |ヽ、  `'、、   、┤    \ヽ)`ヽ.゙、   l  .l
   l  `- 、  ゙'ニ广≪      \ ソヽ、   !、 ヽ
   [く、  .""ー ...,,"..,l′.        .\'くゝヽ'、、    ヽ
    〉゙''!ッy,,,,ii.. イ゙:;;;./;;:         .   \マ 、ヽ、    ヽ
    .l゙  ,!  .__,!.._.,{;;;               \\ヽゝ..    \
    .|   |.r'" . `、. |;;;:               \マ.llヽ.    \
    .|,,,,,,..イ|    .゙'l;;;                \'く. \     \
     .l .i"ミー;;./ ~l丶             ヽ   \丶l\    ヽ
      ゙‐''、   ;:"l";;                    l    \゙く心、     |
        ゙l,  ,;:.l;  .、      ′       ヽ.     \ .{大 、  |
        ! -ヾ .l゙  !      ヽ        ヽ     \くりゝ |
              │  !         l           `、.     \丶、\
           /   .!       ヽ            ヽ       \゙く_ \
          /    !         ! ゝ            \      /\_ノ
          /  .,i   .!      .| l              ヽ-  /
         ,i′  l   .!      ゙、 .l             l  `|
        ,/    |   l       ヽ l           1  |
       l、    |   /    ,   | ゙、  .'i        ヽ./
        .!   ,"   .l゙     !   ヽ .ヽ, .ヽ        /
        .│ ./     ,!     .'L  ..l  .`  .\    _,, ‐´
        l/゛    ./      t   ヽ     ゙ヽ ./
         `!、   i′         l   .゙!、    . ゙'{
          ヽ,  ./   i     ‘.、   "    ,/
            `゙--- ..,,,.l_,,,,, _ ヽ   _ -‐″
                       `゙''""゛



――――――――――――――――――――――――――
  その中の一つに、伝説の戦士が興した国から贈られた、
  黄金の如き理想と約束を以て戦う英雄の証―――

  『黄金の騎士』の称号も含まれていたのだから。
――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

99 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:58:14 ID:mfiAMJSs
二90.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫が未だ、剣を渡す方法について頭を悩ませていた頃―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



  ゴーン…


                   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     __________||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三三三三||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __;;  ||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||  ; ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   ;||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄   ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三三三|| ,, ||_|_||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   __   [二二二二二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  __  | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  |_ :|: _|  | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     __________,|_|  |:::゚|゚:::|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''

100 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 21:59:15 ID:mfiAMJSs
二91.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  十一時半を告げる一つの鐘が町中に鳴り響き、
  書類の整理をしていたアストナージは手を止めて椅子から立ち上がった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j    「おっと、そろそろ正午か」
       ',  、__      レ ヮ' l  /
       ',  ー '       __/ ./
        ヽ `     ノ  r'"´
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  部屋を出てまずは厨房に向かった彼はメイド達に食事の用意を始めるように指示し、
  そのまま階段を上がって三階に行くと、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                        |  そろそろ公や皆さんも       |
             |::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     |:::::::::::::::::::::::.: l.       |  戻ってくるだろうし………     . |
            l::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l     l:::::::::::::::::::::.:.:.!        乂______________ ノ
            |::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l     !::::::::::::::::::.:.:./
            l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l   !::::::::::::::::::.:.:.i
           |:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l   i::::::::::::::::::::.:.:.l
               l:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |.  |::::::::::::::::::::.:.:.:l
             !:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.  |::::::::::::::::::::.:.:.:l
            ',::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l   l:::::::::::::::::::.:.:.:l
            ',:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.   l::::::::::::::::::.:.: !
             ヽ:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   l:::::::::::::::::.:. !
               i::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: l     l:::::::::::::::.:.:l
              l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l    l::::::::::::::.: l
               !:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l    |::::::::::::.:. l
          ――' 、::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:l     l:::::::::::.:. l
        / ´  ̄ `  、 ヽ::::::::::::.:.:.:.:.l.    l:::::::::::.:. l
     / .ィ≦≧=- 、   、 ヽ.:.:.:.:.:.:.:l.   /:::::::::::::.:.:ヽ
      l<///////////ヽ、  ヽ `ヽ.:.:.:.l  〈::::::::::::::::::::/
.      !//////////////ヽ  ヽ  \:l   l- ´  `Y
       V///////////////ヽ \  l!   |     ',
.        \///////////////\ ヽ l   l     ヽ
        ` <//////////////>、 }!   !` ー― 1
            ̄`  <////////V   ` ー― ´    カッカッカッ
                  ` ー- ´

101 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:00:21 ID:mfiAMJSs
二92.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ひとり館に残っている者の部屋の前に立ち、ノックをしてそろそろ昼食ですと伝える。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                    |  キル夫君?                    |
                    |                           |
                    |  そろそろ昼食ですので              .|
                    |  正午になったら食堂に来てくださいね  .|
          , ¬―‐、      乂_________________ ノ
         /   \ }
       /  ヽ`ヽ ノヽ
     /     \人_/
   /     tく_//
  ./   _ノー'’
  l    Y
  l      |
  l      |
  l      |
  l      | コンコン
  l      |

102 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:01:22 ID:mfiAMJSs
二93.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  昨日までの繰り返しであり、『分かった』と一言返ってくるはずだったのだが、
  かなり長い沈黙の後に返ってきたのは、低く押し殺すような声。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | |      ||      |  ………いらん。
     | |      ||     <  終わるまでもう用事は無いはずだ、
     | |      ||      |  このまま部屋にいる。
     | |      ||      \________________
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|  l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -‐''"



                                   ______
                                  ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                           く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                           彡:.:.:.:.:.:.:.:.:イミ彡=、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:\
                           イ/:.:.:///´     ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\
                              \//ハ         Ⅵノノ:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.}
                                  Y ー 、    r==‐ 、   く:.:.:.:.:.:.: /
                              i ィヘ     , -、  ヽ  }:.:.:.:.: /
                                  }  ・/    ・ ヽ   ミr‐、ノ
                                   l イ      ー′   ミこ} !
                「あれ?」           l   ヽ _,,        //ノノ
                               ',  ヽ ____ ,   〈/ イ
                               ',  ,,、       / l
                                     ',          ノ  :l
                                   ' 、__..........:.:.:.:   イj
                                く j     , - ― ′ !
                                i.: : :`ヽ /: : : : : : : : j、
                                _j: : : : : :Y: : : : : : : : イ: : `: : : : . . . .
                           . . . : : :´: : :\: : : :.|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :` : :
                    _. : : : :´ : : : : : : : : : : : : :ミヽ:.|:.:.:≦彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : :

103 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:02:15 ID:mfiAMJSs
二94.
―――――――――――――――――――――――――――
  そう言えば、他の四人は護衛や情報収集に出ているのに
  一人だけ残っているのは体調不良か何かかと尋ねると、
―――――――――――――――――――――――――――



                                              _.--- 、_
                                            r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                             }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                    .        ヽ/       lノi、     ヽ
                                           /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
            「どうしたんですか?            .       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
                                            {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
             そう言えば皆さん出かけているのに         ',  、__      レ ヮ' l  /
             残られたと言う事は、                  ',  ー '       __/ ./
             身体の具合でも悪いのですか?」           ヽ `     ノ  r'"´
                                            丶   _ ____|
                                             ヾ ̄/      |
                                             {`/          |
                                                /  _.-―一 、L_
                                          _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                        /              ',   \



       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | |      ||     <  ………出かけた?
     | |      ||       \__________
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|  l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -‐''"



――――――――――――――――――――――――――
  知らなかったぞ、と訝しげな声が返ってきたので―――
――――――――――――――――――――――――――

104 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:03:15 ID:mfiAMJSs
二95.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  深く考えずに―――考えたところで、他の選択肢があるわけでは無かったが―――
  四人がどう言う予定になっているかを答えた。
  
  ―――余計な、おまけまで付けて。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                    ______
                                 ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                            く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 「ええ。                       彡:.:.:.:.:.:.:.:.:イミ彡=、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:\
  エル君とコナタさんは              イ/:.:.:///´     ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\
  公と共に役所へ。                   \//ハ         Ⅵノノ:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.}
                                    Y ー 、    r==‐ 、   く:.:.:.:.:.:.: /
  やらない夫君と雪華綺晶さんは           i ィヘ     , -、  ヽ  }:.:.:.:.: /
  夕べ捕らえられた盗賊の話を聞きに.          }  ・/    ・ ヽ   ミr‐、ノ
  詰め所へ行きました。                    l イ      ー′   ミこ} !
                                l   ヽ _,,        //ノノ
  ………そう言えば随分遅いですね、        ',  ヽ ____ ,   〈/ イ
  どこかで寄り道でもしてるのかな」             ',  ,,、       / l
                                      ',          ノ  :l
                                  ' 、__..........:.:.:.:   イj
                                 く j     , - ― ′ !
                                 i.: : :`ヽ /: : : : : : : : j、
                                 _j: : : : : :Y: : : : : : : : イ: : `: : : : . . . .
                            . . . : : :´: : :\: : : :.|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :` : :
                     _. : : : :´ : : : : : : : : : : : : :ミヽ:.|:.:.:≦彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                     / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                     ,,,,、                 ,,,,,、
                     ,! .,i´:iー匸l  ┬-、        /` ,l゙
                │.l_ ゙‐'゚″  .|,,,ノ  .,,,ο    | ,i´
                ,l゙ /i、`,!      _,,-'彡'"`    .|丿
                / / `"   ,―''''゙ン'"`      _レ゙
                   l゙丿     `'-‐"           ,i´丿
                   ``                 `"`
       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | |      ||     <  …………。
     | |      ||       \______
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|  l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -‐''"



――――――――――――――――
  壁を殴りつけたような音―――
――――――――――――――――

106 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:04:14 ID:mfiAMJSs
二96.
―――――――――――――――――――
  言葉を遮った、悲鳴に近い大声―――
―――――――――――――――――――



                                              _.--- 、_
                                            r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                             }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
   「最後ですし、                         .        ヽ/       lノi、     ヽ
    公も皆さんと一緒に食事をと                       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
    出がけに仰ってまし ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧   .        i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
              < うるせぇ!            >          {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
              < いらねぇっつってんだろ! >          ',  、__      レ ヮ' l  /
                VVVVVVVVVVVVVVVVV          ',  ー '       __/ ./
                                            ヽ `     ノ  r'"´
                                            丶   _ ____|
                                             ヾ ̄/      |
                                             {`/          |
                                                /  _.-―一 、L_
                                          _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                        /              ',   \

107 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:05:16 ID:mfiAMJSs
二97.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  それでアストナージにも分かってしまった。

  むしろこの館に居る者で分かっていないのはコナタぐらいであろうし、
  それなりに人生経験を積んでいる今年五十六歳の執事からすれば
  彼らの青いやり取りが微笑ましいという程度の認識でしかない。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                   ______
                               ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                           く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                           彡:.:.:.:.:.:.:.:.:イミ彡=、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:\
                           イ/:.:.:///´     ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\
                             \//ハ         Ⅵノノ:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.}
   「ああ、もしかして雪華綺晶さんに        Y ー 、    r==‐ 、   く:.:.:.:.:.:.: /
    ふられちゃいました?                 i ィヘ     , -、  ヽ  }:.:.:.:.: /
                              }  ・/    ・ ヽ   ミr‐、ノ
    この所、あの子はやらない夫君に      l イ      ー′   ミこ} !
    べったりですしねぇ」               l   ヽ _,,        //ノノ
                                 ',  ヽ ____ ,   〈/ イ
                                  ',  ,,、       / l
                                  ',          ノ  :l
                                     ' 、__..........:.:.:.:   イj
                                く j     , - ― ′ !
                                i.: : :`ヽ /: : : : : : : : j、
                                   _j: : : : : :Y: : : : : : : : イ: : `: : : : . . . .
                              . . . : : :´: : :\: : : :.|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :` : :
                      _. : : : :´ : : : : : : : : : : : : :ミヽ:.|:.:.:≦彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                     / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

108 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:05:27 ID:mfiAMJSs
IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII



         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨丶
       /::::::::::::::::::::::::::::             \
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::              \
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                丶              /ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::゙i::::::::::::  ミ-'''゙⌒゛''‐‐::::::::-、,,_      │           ./::::::::|
 /::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::i:::::::   __            │          /::::::/
 i::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i      ;ッ´:;:;::::;;;;;;;゛'''''''''''''''r;     │         .i::::/
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i      ッ;;;;;;;;;;;_、 -----r;;;゙i;゙i     |            ./::/
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i;゙i     シ;ブ゙       ' ,'r;;;i:゙'r    |           i::/
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!V\     ゙i;;゛'-、 ○  'r;;|:i::}    |        ./::l
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i:、l:::\     \;;\,__  ...::!;;;;j      |       .ヽ/
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|;i゙`<;r_::\     \;;;;;゛'‐-.,゙i;;゙i      l        ,ィヘ
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::!i!、イ,r'l゙Y゙r:__\      ゛'ヽ,_;;;;;;;;;゙i     |        ヽ/
 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::!;iミクV:!ッiY‐vニr\        ゛''    |
 ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i:j,,,r'|,,r'|、i゙‐r__ ゛''-.,,_        |
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ク'`,l,r'、イV、レi゙'v:r__、ニ'-、,___  ノ
 \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'\;`,r',|イ `!,r'|´〉v‐v=vニ'-、,/
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'\j,r'イ、イ,r'!イ |,r'l 、;| ,l,,r'゙
     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'\y゙、 j,r'イ,|!,r' !,,r'
       \,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄,ノ´
       ,r''__\_       /ヽ ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     //(9}/::ヽ    /::::::ヽ.._... --┐
    /,.イ,ニY〃::::::::〉ーく:::::::::/        {
    / ヒ:シ//ヽ_/:::::::::::::::Y´         `、



――――――――――――――――――――――――――
  それでも、隔てているドアを飛び越えた何気ない言葉が、
  刃となってキル夫の全身に突き刺さるには十分で―――
――――――――――――――――――――――――――

109 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:06:16 ID:mfiAMJSs
二98.
――――――――――――――――――――――――――
  哀しい実体験を以て人生まだまだこれからですよと諭し、
  気持ちは分かりますと言った声は―――
――――――――――――――――――――――――――



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ     「元気出してくださいな。
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j     いえね、私も若い頃は全然女の人にもてないで
       ',  、__      レ ヮ' l  /      苦労した口でして。
       ',  ー '       __/ ./
        ヽ `     ノ  r'"´         若い頃にはこんな事もありました………」
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \



IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII



                    i| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    l| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |i
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    :|::;:;:;:;:;:,.        .,:;:;:;:;:;::|:
               :/:::.                 |:
                 :/:                  |:
            //:                |:
              //:                    |:
           :/:                  |i
             i,':                     ||
             l|:                  |:
             :|:        ,::..             |:
             :|:      /::.:.:.             |i
             i|:     / ̄`ヽ::.            ||
             :|:      |   .::ノ:::.         |:
             :|:      | :/ \    /:  /: //:
             :ヽ___人._____/:. /_/´
                      ̄ ̄ ̄ ̄



―――――――――――
  もはや、届かない。
―――――――――――

110 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:07:15 ID:mfiAMJSs
二99.



                                   ______
                                  ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                           く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                           彡:.:.:.:.:.:.:.:.:イミ彡=、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:\
                           イ/:.:.:///´     ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\
                              \//ハ         Ⅵノノ:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.}
                                  Y ー 、    r==‐ 、   く:.:.:.:.:.:.: /
          「やっと、今の妻………        i ィヘ     , -、  ヽ  }:.:.:.:.: /
           ケーラっつうんですけどね、   }  ・/    ・ ヽ   ミr‐、ノ
           あいつを射止めたのが        l イ      ー′   ミこ} !
           四十の時でしたから。       l   ヽ _,,        //ノノ
                               ',  ヽ ____ ,   〈/ イ
           まだまだ機会はありますって」   ',  ,,、       / l
                                     ',          ノ  :l
                                   ' 、__..........:.:.:.:   イj
                                く j     , - ― ′ !
                                i.: : :`ヽ /: : : : : : : : j、
                                _j: : : : : :Y: : : : : : : : イ: : `: : : : . . . .
                           . . . : : :´: : :\: : : :.|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :` : :
                    _. : : : :´ : : : : : : : : : : : : :ミヽ:.|:.:.:≦彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                      / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  私も大概でしょう。
  そう自嘲気味に笑ったアストナージが余り長話をしている場合でもない、と
  もう一度声を掛けたときだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j    「………って、長々と話してしまいましたが、
       ',  、__      レ ヮ' l  /     キル夫さん、聞いてました?キル夫さん?」
       ',  ー '       __/ ./
        ヽ `     ノ  r'"´
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \

111 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:08:14 ID:mfiAMJSs
二100.



   \       \ \     | ,,,--''''' ̄ | // _,,,,--┐   | /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l \┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、  .ィ-ァ| | 「 ̄'   |
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | | |    |
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~.     |  | | |_,,,,--|--''''
====┐ .||/. | | |l.      | | |               |  | | |    |
    ||  ||/ .| | '!      .| | |               |  | | |    |
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
――||―||  | |         | | |               |'.―|‐.| |-,,,,,__ |_,,,,
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |--'''' ̄|'''''--
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |‐-,_____|
    ||  ロ(()==|         | | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /.   | | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..|..\... ___|,,,,,,,,,,



               _ _
            ,.-‐''"´   `ヽ_
        ,r‐'゙´    `ヾjir /  .:.:.\
      /ィィ彡, ,; _/^ヾr'^ヾリ」r.:.;;:;;l
     /.:.:.:.:.::::::r''''"´      `ヾ;;;;;:ソ
      !;,;,;,;;::::::/   _ _ ,  r‐-、};;;「
     l;;;;:;:;:;::::l   ´r_。ン  ノ。< .l/´    「うわっ!?」
     ヾ;;〈^ヾ!        「´ !
     `ゞY7    r   r‐、ノ ,′
      `i;;ハ   ' `ー==‐ /
        _リ.__ヽ_   ´ ̄ /
      /       \ _ _,イ
     _/        V「´ |
    ̄   ̄`¨`ー - 、__}j  」_



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  蹴破らんばかりの勢いで開かれたドアに驚いていると、
  赤錆色の外套をまとって荷物袋を背負ったキル夫がのそり、と出てきて一言吐き捨てる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                /   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.            /      \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
            /         \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         /              \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /        -――   ̄:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        /       / _  ____..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       /     /, " .::::::::::::::::::::::::::::::\::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.      /    //         ::::::::::::::::::::\.:.:.:.:.:.:.:.:.
        !   ///    ̄ ̄``     ::::::::::::::::::::\:.:.::.:..::
     ?/, くl::::|   ( ◯ )    ( ◯:::):::::|:::\:.:;      「………どけ」
      { く::::::::ー─-、_         ...:::::::::::::::::i:::::::ノノ
       > \:::::::::::::::::::::::\ェェェェェェェェェェイ)::.::/::/´. :.
       /    7ニ三ミヽ::::::!:: .ェェェェェェ/:::::_;< :. :. :. :
.      /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:`\::\`_フ:::::::,ィ彡⌒´:.:.\ :. :. :.
     /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:. ヽ、::r‐冖´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ :. :.
.   /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.: >不、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.
   /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : 厶  Yヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..i

112 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:09:14 ID:mfiAMJSs
二101.
――――――――――――――――――――――――――――
  腰に吊しているメイスの柄を握りしめた手はブルブルと震え、
  今にも殴りかかってきそうな程に殺気は濃厚。
  そしてその表情は修羅。

  思わず道を空けたアストナージの横を通り過ぎた彼は
  そのまま階段の方へ行ってしまい、
――――――――――――――――――――――――――――



                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /         __              \,|
|     || . /      /         /´;;;;;\\;;;\           \
|     ||/     /         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
|    ./ '       /          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
|   /        /          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
|,/        /           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::ヘl;;;;;〉
        /             ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/
      /               λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
    /                 イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
.  /                  /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
./                   /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
                    /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
          .           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                 L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
                 /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
               /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
              `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   スタスタ
                ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
                   `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
                    __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                   〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                                    ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")

113 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:10:14 ID:mfiAMJSs
二102.



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j   「ちょっと、キル夫さん?
       ',  、__      レ ヮ' l  /    お出かけですか?」
       ',  ー '       __/ ./
        ヽ `     ノ  r'"´
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \



                              /   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
                  .            /      \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
                            /         \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                           /              \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
                           /        -――   ̄:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                  .        /       / _  ____..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       「ヤメだヤメ。          /     /, " .::::::::::::::::::::::::::::::\::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        契約は破棄だ」 .      /    //         ::::::::::::::::::::\.:.:.:.:.:.:.:.:.
                          !   ///    ̄ ̄``     ::::::::::::::::::::\:.:.::.:..::
                       ?/, くl::::|   ( ◯ )    ( ◯:::):::::|:::\:.:;
                        { く::::::::ー─-、_         ...:::::::::::::::::i:::::::ノノ
                        > \:::::::::::::::::::::::\ェェェェェェェェェェイ)::.::/::/´. :.
                        /    7ニ三ミヽ::::::!:: .ェェェェェェ/:::::_;< :. :. :. :
                  .      /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:`\::\`_フ:::::::,ィ彡⌒´:.:.\ :. :. :.
                      /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:. ヽ、::r‐冖´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ :. :.
                  .   /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.: >不、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.
                     /    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : 厶  Yヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..i



――――――――――――――――――――――――――――――――
  慌てて追いかけてきた執事の問いをただ、鬱陶しそうに跳ね返すと
  ますます足を速めて階段を下り、玄関に向かって廊下を右に曲がった。
――――――――――――――――――――――――――――――――

114 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:11:14 ID:mfiAMJSs
二103.



               _ _
            ,.-‐''"´   `ヽ_
        ,r‐'゙´    `ヾjir /  .:.:.\
      /ィィ彡, ,; _/^ヾr'^ヾリ」r.:.;;:;;l
     /.:.:.:.:.::::::r''''"´      `ヾ;;;;;:ソ
      !;,;,;,;;::::::/   _ _ ,  r‐-、};;;「
     l;;;;:;:;:;::::l   ´r_。ン  ノ。< .l/´     「ええっ!
     ヾ;;〈^ヾ!        「´ !       破棄って………
     `ゞY7    r   r‐、ノ ,′
      `i;;ハ   ' `ー==‐ /        もうすぐ終わりの時間じゃないですか!」
        _リ.__ヽ_   ´ ̄ /
      /       \ _ _,イ
     _/        V「´ |
    ̄   ̄`¨`ー - 、__}j  」_



       ''' ゙  ,,,,,,,,,,,   :::::    .:::''         ゙''-
       三,, - 'i': : : : :゙:'ヽ. ::   :::'' ,, -'':゙:゙:゙゙:':'ヽ-,, 彡
        'ヽ, |': :(●): :| 'ヽ:::  .::'.'/ |: :(●): :| ゙''-,,,,
      -=-,,,丶|,,: :'''': :,,リ,-,,,|::::  ://.,,,,,,,|: : :''''' : リ/゙-ヾ
     ゙・ ''゙゙, -・-゙'''''''''゙-=≡_丶 '''',ヾミミ゙゙''''__-'''_彡ヾ''''         ヽ、_,人_,ノ、_,从,人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人.ィj、ノv1人
     ''|,  ゙                   ̄   ゙゙  |        )  うるせえ!!!!
     ゙ヽ,   ,,,,                    .,,,  ,|     ‐=、´   これ以上仲良しゴッコに
       i,,  1゙゙,,-ヽ,,,,             ..,,,,,゙゙゙リ          )   付き合ってられるかってんだ!!!
       ヽ ゙'' |ヽ''・,,,','-        ,,,,:/.,,,./:リノ  丿       , '⌒r‐v'ヽィ'⌒Yソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト、!yヘ!ソ、ト
        ゝ   fリt^-'',',,・-..,┬,,,,...--・・,゙゙_ リ//   /
         ゝ,,丶\::v || |:∥ -__w ヽリ゙リ゙|j:∥//  /
           ゝ''ヽヽ::,, --v,∥ :リ,,リ,゙,,,,,::://ノ /
          ヾ|ヽ,゙ヽヽ,,   ''|'''_  :::ソ/  /
           | ゙ヽ.\゙Vri ri | ∥iヾソノ  / |
           |   \,゙' ,,゙''''''゙゙''''''゙゙/ /   |
           |    \ ゙゙'''''゙゙'''''''゙ /     |

115 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:12:15 ID:mfiAMJSs
二104.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  爆発するような大声でようやく彼の抱えていた不満に気づいたアストナージは
  自分の言葉が過ぎたと思い、契約の破棄ではなく早期終了扱いにしようと
  少し待つよう言ったのだが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j     「ちょ、ちょっと!
       ',  、__      レ ヮ' l  /      じゃあ報酬をすぐ持って来ますから!」
       ',  ー '       __/ ./
        ヽ `     ノ  r'"´
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \



                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(●)ヘl;;;;;〉      「クソが。
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/       いらねぇよ」
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ  ペッ
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")

116 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:13:15 ID:mfiAMJSs
二105.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  もはや聞く耳は残っていない。

  廊下に唾を吐き捨てたキル夫はそのまま玄関から出て行ってしまい、
  後には困惑の執事一人が取り残されたのだった。
―――――――――――――――――――――――――――――――



   .______________
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
.   |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::||:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::て     :|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::て バンッ!|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|::[||||](       :|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::||:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|
.   |:::::!:::::::::::::::::::::!:::::||:::::!:::::::::::::::::::::!:::::|
.   |:::::|______|:::::||:::::|______|:::::|
.   |:::::::::::::::::::::::::::::::: ||:::::::::::::::::::::::::::::::: |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j    「キル夫さんってば!
       ',  、__      レ ヮ' l  /
       ',  ー '       __/ ./      ………どうしよう、本当に出てっちゃったよ」
        ヽ `     ノ  r'"´
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \


 
 
121 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 22:17:36 ID:cQCyAsok
やりやがったなアストナージwwwww

117 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:14:56 ID:mfiAMJSs
二106.




:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|                   |  |    |          |
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|                   |  |    |          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|                   |  |    |          |     ||  ||  ||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}    |  |    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|     |  |    |          |     ||  ||  ||
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::|    |l     ∥     l|     |  |    |          |
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::|    |l┌ Ⅱ∥Ⅱ ┐l|     |  |    |          |
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ ∥   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijkn.ィ>ヘ_.  ´  ̄ `  r=ト-- 、      wliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::ヘl;;;;;〉      「クソがクソがクソがクソがクソがクソが
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/       クソがクソがクソがクソがクソがクソが………」
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、  ザッザッザッ
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")

118 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:15:23 ID:mfiAMJSs
二107.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  余りにも腹立たしくて、余りにも哀しくて、全てを憎む呪詛を吐き出した。
  吐き出しても足りなくて、庭の樹を二発蹴りつけ、花壇に唾を吐き、
  門の柵を殴りつけても駄目だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -―――――――――――――――- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                             \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                              \:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                                ':,:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                                      ',::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'                                   ',:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                                    |::::::::::::::::|\     /\     / |   //  /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     , -‐/: : : : : ヽ、             ,ィ: : : : : :、ヽ       |:::::::::::_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    く  l': :(●): |. \        / |: :(●):::l  >    |:::::::::::\                     /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     \ ヽ,: :'''': :,リ,,,,,,/       /.,,,,,,,|: : :''''' : リ/     |::::::::::∠ どいつもこいつも、クソめがっ! >
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      ミ三二ニ二彡       ヾミミ三三ニ彡'        |:::::::::::/_                 _ \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                                      |:::::::::::: ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                   、:::.::,                 |::::::::::::::::::://   |/     \/     \|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.       |::.、                     ノ::|         ,':::.::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      ',::::::‐---------------------‐::::::::,'        ,'::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.     ',:::::::::::::/⌒Y⌒Y''^Y'^Y ^Y'^Yヽ::::::::::/      /::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      ',:::::::::::ヽ__ノ、_ノ、_,ノ、_ノ、_ノ、_ノノ:::::::::/     /::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.       ',::::::::::/^Y^ Y ^Y`Y''^Y^ヽ::::::::/      /:::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.       \:::ヽ,ノ、_,ノ、_,ノ、_ノヽ_ノ、_ノ::::/    /:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::



――――――――――――――――――――――――――――――――
  もはやこの苦しみを癒すのは酒しか無い。
  さっさと元居た宿屋に戻ろうと、街路を歩き始めたその後ろ姿を―――
――――――――――――――――――――――――――――――――

119 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:16:14 ID:mfiAMJSs
二108.
―――――――――――――――――――――――
  すぐそこの、交差点の角から見つめる者が居た。
―――――――――――――――――――――――



                  _,..、-..――..-...、,,_
                   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>¬─<ヘ:}
                ,'.:.:.:.:.:.:> " ´_.,、:<:´: ̄`:ヽ、
                 {、∠....、:<´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:ヽ
               ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧ノ
                    ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. / ソ
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. イノ 〈
                 /:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. K}  /      「フン。
             /:.:!:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ /       なにやら不安定な様子だが………」
              {:.:.|:.:.:!:.:. |:.:l.:.i:.:.:.:.i:|:.:.:.:.|:.|!:ソ; /
             ∨リ:.l|.:.:.:l:.:|:.:|.:.:.:{{ ̄` :<イー ′
             ヾヘ:,ヘ:.:.ヾ;.ヘへ:.ノ: : : : : : :>:.、
              ∨: :.:`ー'": : : : : : : : : : : : : :/
           __     `_ソ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`"ー=¬′
          ム7><´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、rェュ、
         .,/ /ー―、:.:.:./:.:.:.:/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ー‐<Kヾ、
        ,イ:{´:::::::::::::::ヽ:/:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ:.:`ヽ
       ハ{{::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: //:.:.:.:.:.:.:.:',
       ,'.:.:Y、::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
       ノ.:.:.:.:.ヘ:::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /.:.:.:.:.:.:.:.ヘ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ
.     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ;::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ { {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉;::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧
.   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ \:::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::jヽヘヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   {ヽ:::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::\:j.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧

120 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:17:14 ID:mfiAMJSs
二109.
―――――――――――――――――――――――――――
  明確な悪意と、純粋な好奇心と、邪悪な力を携えて―――
―――――――――――――――――――――――――――



             /                ヽ
             !_,..::::::::==:==::::;,,,        ヾ
            ,/"  ゞ_,.;:"`~`ヾ, ~`;:::,._      `;,.
           / ,.r-・”~~     ヾ   ~~=-;;:...    i
          /  ,.i           ヾ      `;:,,,   i
         /  ,.rii           ヾ      ~`;::,,i
         /  i,i ii       _,,,,:=-- .ヾ::       ヾ_
        ,/   i;i  ,,i     _,,.;'ゝ.-.-;;'  ヾ:::::....     ヾ
       .r  yii, =;,.. -;"  ,"~/'-'"ニ;'"   .ヾ ,.:"^;.    ヾ
       l :': ::::i.∠.,(ツヘ    "       . i: i r  i  : :  i    「面白い。
       .l ::: ::::::l  '  .,i            .i::i.iヘ i  :::.:::  |    憎悪は人を強くする。
      ,l :::: :::::::::;,   .:;" ,           .i:i  ,i ..:::::::::::: |
      l :::::: ::::::::'.    `      __.,,     .i!  /.::::::::::::::::::::::|    何処まで限界を超えられるか、
      ,l ::::::::.::::::::::{     -==二..ソ      =":::::::::::::::::::::::::|     あれで実験してみるのも一興だ」
       l :::::::::::::::::::ヘ      "`::.,       l::::::: i::::l:::::::::::::|
       ,l :::::::::::::::::::::::ヘ          ::::/  j::::::: l::::ll:::::::::::i
        ,l .::::::::::::::::::::::::::ヘ        :::::/   "";'ノj丿|:::::::::l
         ` ,,,,,::::::::::::::::::::::::ヽ      .::::/        ,j:::::ノ
            ~`=-;,:::::::.___;;i,m;,:::_::;.;:`_;,,/  _-==;""l ""
                  i\   _,...;;:::""     l
                ___,i ヘヾ,/"~          l<,.........____
              / ,i.,_ ][_}β       ___ゞ      ~~~~~~~~~~
            ,/   i.,_ .][_}β __,.-=ゞ"-"~~~~
          ,/    i_  =i i===,""~
        ,/       ` i, i
      ;//          ,i i
    /"~//

122 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:18:23 ID:mfiAMJSs
二110.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  光の中で胸を張って歩もうとする前向きな意志は、
  支持や未来を引き寄せる代わりに
  影に生きる者、心に闇を抱える者を色濃く浮かび上がらせる事がある。

  そして影の中から突然追い出されて驚いた者達は、
  立ち上がり辺りを見回して、どうするかを強制的に選ばされる事になるのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                    ,- 、_
                 ,...--─- 、           ( ,´ヽヽ_ ヽ、 ,-┐
                /   :::::::::::::::ヽ、        <ヽヽ .ヽ ヽ ヽ.( .ヽ
                  /     ∠ :::::::::::ヽ        ヽ ヽヽ  ヽゝ ヽ、 l
               l     /;;)) ::::::::::::丶      ,-ゝ、ヽゝ 、     l
               l    ヽ`´  ヽ ::::::::::丶      ヽ ヽゝ 、 ヽ     l  ,-、
                 ヒヾ)  ,   _,ノ ::::::::::::丶       ヽ、_      , -─´   丶
                ヾ ,  ゝ‐ ´ ...::::::::::::::::::`        ヽ、 ./        l
                `l. /   :::::::::::::::::::;;::::l .,、__         >´    , -‐ ´:;:;l
                 ヾ     :::::::::::::::;;;;:::::l〈.ll `ヽ     <  , -‐ ´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
                   ヽ ./l ., ヘ :::::;;;;;;;;::::丶ll l Ⅱl       >´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
                  /  l´ ヾ.、;;;;;;;;:::::::::〉,!ゝ‐‐ゝ─ ´ ̄ ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
                  〈    l, -,.l.〉.、;;;;:::::::::l∧:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
                  丶 ‐´O lゞヽ ヽ::::::::::l  ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
                 ,_´-:;:;:;:;:;:;:;lヽ  ` ヽ、 l / .丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
             ,、_ - ´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l ヽ、 ─- l/ / .丶:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;l

                                                 〃 ̄`
                                                 !|    , ィ
      ,─-、,. ─-、r'f__           ,イ∠.-7_                  ヾ、_/:/--‐;ァ
       /  y     :.  ハ         i::::::::::::::::::::ミー                 /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
      }  .:        i   /        r'::::::::::::::::::::::::::ヽ               /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
      | .:i      |:  .′        l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ               ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     / ,;: 、      :i:. i        !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ             !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    ./  .;i ヾ   /, .:l: |            レ/ 丶        ヽ           l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
    l   .:;| `  / " .:l: ∧            .|  ヽ  j       ゙、            !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
    |   .::! .     :|:.  iヽ           ゙!  / ノ        ヽ     .      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
    7  :|  i:      :|::  | 〉         |   |ヽ、                    λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
    ゞ:.  |:.        ム  { ヽ          i、 .l゙l,                     l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ



.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  それが光の射す場所へ戻る機会だと気づき、近づいていくのも選択。
  目を背け、より暗い闇を求めて離れていくのも選択だ。

  されど―――
―――――――――――――――――――――――――――――――



                           /´;;;;;\\;;;\
                          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
                         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
                        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
                       {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::ヘl;;;;;〉
                        ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/
                         λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
                         イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ
                         /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
                        /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
                         /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\

124 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:19:14 ID:mfiAMJSs
二111.
―――――――――――――――――――――――――――――
  努々忘れる事無かれ。

  闇に近づけば近づくほどその中に住まう魑魅魍魎を呼び寄せ、
  己の流れが歪められていく事を。
―――――――――――――――――――――――――――――



,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ   Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代      |  ―――そこの赤い奴、.  |   ||圭
    ll/                            `'冬淤t、   .|  ちょっと待て。       |    ||洲
    lll                           》i淤〉   乂___________ ノ     Ⅶll
    {{                             ヘ㌢  _               '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                     /''''~ヽ.   /  ヾ              /ア          ヘ
     [ft                   /,___, r`i、 {'ー-' /.|              〃
     Νk           /~' - ._  ヽ,__,,/  'i >tー' |           7
       !垈           }   ,i  \.  |    'i  |   |          ノ
     .為llll}          /ー' /、  丶'ノ     ~    |
    .ィ圭洲;          `- '  >,             'i
   ,ィ劣圭:㌢        / ̄~''-ー'               |        λ
  ,ィ劣斧ア            .{   i        __,, -        '!、        {会ュ。.
f,/淤圭Ⅳ          ヽJ_ノ`-,    /           `'''' -ー,      `''寺ll≧ュ。.
/淤圭Ⅳ               )                    ,   .}       為圭圭丞
圭丞Ⅳ                   !、              _,,.. -!、  .{      為圭圭圭丞
圭i:洲{                  /ヽ、   ー--― ..,,,....-=ニ',    >ー'    ,炸,圭l圭l圭l丞
圭i:刈                     /             /'                  ,炸圭圭l圭圭刻
圭lil代                  /k        7   .λ                  焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t、              !垈          代            以圭圭圭淤jⅣ
圭圭:歪会ュ。              .為llll}      L  ',{I≧ュ。.         込i:圭l圭圭:Ⅳ
圭圭淤冰ik会ュ。           .ィ圭洲;      [代   `''寺l圭≧ュ。.      Ⅵ7:圭lll圭lⅣ
ll圭圭圭淤冰ik会ュ。       ,ィ劣圭:㌢      Ⅵ心   `''寺圭斧≧ュ。._  `''寺圭圭丞
圭圭圭圭圭圭圭ik会ュ。  ,ィ劣lll斧ア         Ⅵ会ュ。   .゙㍉丞圭圭会ュ。_ `'守圭ik会ュ。

125 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:20:25 ID:mfiAMJSs
二112.



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(●
.         |      (__人__)         「う~~ん………」
           |,      ` ⌒´ノ
       ゾクリ│         }          (―――ん?)
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



                                   /  /{必}                r=ミ | |
                                     /  //)厂                ゞ彳i | |i
                                 /  //(( /        i |   |    ))   ! i|
                                   /  //  /  / l l | l | |   | |  |丶i ' .'.|
                                  "  /  .′ i | l| | | |/.i ハ .l  | | l l |  l  / |
                              /    /i  i  l.| l| | | i :!/:ハ┼-| | l | |  i/ / | |
                              /   / !  i l l ! 从r-、_)) /i i/ル'ハ!ル/! !i/i / /i ! !
       「ね、どうするの?」        /   /   | l ハN nn{ィ示}}    r:行芯ヘ,レ |/ /i | ! !
                  ..      /   /    / ./ | |.// )辷_ソノ    込zソイin./ / li | | 丶
                        /   /     / / i /i { /.)ーイ   ,      n| | 〉/ ハ.| |  \
                      (    (      / /  ハヽ|,| i } ))           / ノノノ ) ,  | 、    \
 (お金があるのなら、          \   )     /./  /  l\ `  \   ⌒  ./.    /./l  |  ヽ      ,
  一体何を悩んでいるの?)        )  :   / ./  / 仁へ._\   \   /    /./ l  ハ  ハ   人
                         /  /   (  /fニフ(_ / ⌒ `⌒ヽ }≧≦{    /_'  | i i /  \/  \
                  .     /  /   ノ /rイ / ( //    / 人__i\r─'⌒ー'  トTフi| /  \ \
                      /  /  //r─{.`ー  i /     / _,イ }/        ノ、トイ}_   \ \
                  .    /  /  (  i {     ノ .ノ      イ   八        //\/  )   .  }
                     /  /   |  |     /         /j__、\      い、厂/ 〈 i   ノ /


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  歪められた流れに落ち込んだ者を救い出せる存在は決して多くない。

  流れが速ければ速いほど、英雄の手を以てしても掴み取れるかどうかは賭であり、
  または英雄の周囲に掬い上げられる事を祈るほか無い、と言う事を―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


 
 
126 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:21:17 ID:mfiAMJSs
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手ありがとうございました。

4096byte制限が無いからって余裕ぶっこいてたら
意外に引っかかりまくりで、結局分割だらけで済みませんでした。


次回は第二章第三話になります。

127 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 22:22:49 ID:.uEcQHxM
乙です。

今回の約束が「君を守る」か・・・。
さてさて、どうやって戦ってくれるかのう・・・。


130 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 22:23:46 ID:.lKFzwuI
乙でしたー

初めてリアルタイムで見れた


132 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 22:24:32 ID:ny38./LE
乙でした。
キル夫が切ない……。
コイツに必要なのは恋人じゃなくて、まずは理解者なのかも知れないね。


134 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 22:24:55 ID:cQCyAsok
乙でした。
ない夫ときらきーは順調だがキル夫が心配だな。


137 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 22:27:05 ID:WN.WPsOQ
超乙でした!しっかしいいとこで切るなー。
ない夫ときらきーの絡みで酒が進むぜッ!


147 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 22:55:08 ID:EGLH/SOg
乙でした!

武器屋ってかなり高価なものがおいてあるんだよね。
強盗とか起きても大丈夫なのかな?


148 ショボン玉 ◆Shobon.2x. 2011/01/16(日) 22:57:15 ID:mfiAMJSs
>>147
乙と閲覧をありがとうございます!



        ,.-' 、ヽ        `ヽ、
       /   __ヽ!           ヽ
     /    ´ _`ヽ´          ヽ
     i    ,.r'´ `  ,.-、            i
    l   ´      ,、r 、 ヽ、       l
   l         ,ィ/   ヾト、 ヽ       |
    l     ,.ィ / i{     i} ヽ ト、     !   「奪われたら、
   jr.シ   /l !/l.! {!       }! } i,ハ    ,!    奪い返す依頼を冒険者にすればいいのよ。
   l.イ/ _{. i!|!_|!__!_      } __!l_!__|!ヽ、l リ
   |! !/i´ハ´-‐tr;j-     rノ ‐t!リ-,!`トヽ!ノ     高価であればあるほど
   ! lハ ゝ!         iヽ       リ/      売るのには苦労するし足はつきやすいしね」
    | ヽ、.l         ! ノ      !ノ
        !ハ       丶       / リ
       ノ゙l ト、    ー ;;;ッ'   ィ!、ト、
          ,ゝ|.ヽ、       /| ,ゝ
        f く!  ` ー   ´   !く
        ヽ ` ヽ、        ! ヽ、
     __,. -'´i    ヽ、    l _ノ 〉
 `´  ̄      `ヽ、    ` ー-'´  /`ヽ、


151 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 23:09:01 ID:GKo.NINM
おつジュンの時も思ったが、武器屋話おもしれぇ!!
>>149
やらない夫にとって恋は未知のものだろうからイチイチ可愛くてしかたない


152 名前なんて無いだろ常識的に考えて 2011/01/16(日) 23:15:11 ID:ZfCSIuIE
>>151
確かに<武器屋話

色や素材にまで言及するから、世界観がより深まるんだよねー
やらない夫が年相応に見えてきたのは、人間らしさが出てきたってことじゃないかな?
それにしてもきらきーが良い女だわ。

アクセスカウンター


1761 『やらない夫は約束を守るようです Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! 第二章 歪められていたこれまでのこと、歪められていくこれからのこと 前編』の前後エントリー2011年02月09日 12:15

纏め作品一覧やらない夫は約束を守るようですの目次


3336 m9 2011年02月09日 15:25Edit
相変わらず最高だわこの作品。

管理人さんまとめ乙です
3355 名前なんて無いだろ 2011年02月09日 23:57Edit
お見事な構成、実に素晴らしいです!

管理人さん、まとめありがとうございます!
3367 名前なんて無いだろ 2011年02月10日 10:03Edit
シロッコがかっこいいな
5626 名前なんて無いだろ 2011年05月14日 17:43Edit
なんだろう、やらない夫以外もキャラとしては好感が持てるのに、
やらない夫が中心のせいで『脇役が活躍しない・出来ない』って構成になってないか?
9233    2011年11月05日 10:20Edit
くどいな。まあそれが味なんだろうが
47904 名前なんて無いだろ 2015年11月29日 12:02Edit
面白いけどキル夫が不細工扱いでやらない夫がイケメン扱いなことが
どうしてもいちいち気になって仕方ないw
体格から見栄えがいいというならわかるけど、顔のつくり自体は…
54631 名前なんて無いだろ 2016年11月05日 23:35Edit
作者が二枚目というわけではないとか言ってたような気が
54906 名前なんて無いだろ 2016年11月22日 02:01Edit
前エピソードもそうだったが武器選びの際の様々なやり取りが何かに似てるなと思ってたが、
楽器屋に近いものがあるんだと気付いた。

初心者のドヘタクソが20万円以上のギター買っても上達の助けにはならないけど(むしろ有害)、
上手い奴はギターの品質に応じてどんどん上手くなってくんだよな。
あの感覚か!と気付いたらすごく分かりやすくなった。

※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!