やらない夫は約束を守るようです Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! 第一章 領主の証 後編

17sh6y-1-afe1.jpg
 
 
ショートカット
・四話
五話
六話
六話後半


226 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:00:09 ID:0YwzkVuN
二212.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一方。

  やらない夫を困惑の淵に叩き落として廊下に出たキル夫はと言うと―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――





              .      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
                    /;    . . : : : :\       ┃|
                  /        : : : : : :\        ┃|
              .   |         . : : : : : : : :| .       ┃|  バタン!!
                  \_    . : :〃: : : :,/         ┃|
                   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|
                  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
              .   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |




227 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:01:09 ID:0YwzkVuN
二213.
―――――――――――――――――
  その表情を見ていたにも関わらず、
―――――――――――――――――



______________┌:───:┐    __   __
______| | |________| | ̄ ̄ ̄| |     |    | |    |
______| | |________| | [二] | |     |    | |    |
.     |     .| | |  |   | .   |  | |。     | |     | // | |    |
.     |     .| | |  |   | .   |  | |      | |     |    | | // |
.     |     .| | |  |   | .   |  |_|___|_|    \.  | |    |
.     |     .| | |  |0  .| .   |//     \\.     \| |    |
.     |     .| | |  |   |  //       \\ .       \.  |
.     |     .| | |  |   |// ___       \\ .  _/\/\/\/|_
.     |     .| | |  |  //_,. '´      ̄`、    \\ \          /
.     |     .| | |  |///          \      <  クソがっ!  >
.     |     .| | |.// |     ,-、          |      /          \
.     |     .| |//   、   {  ヽ   r  ァ /        ̄|/\/\/\/ ̄
.  ̄  ̄  =― ー ̄ ゙゙̄`ヽ、  トェェェェェェイ '´ `、
.  =―――                      ゙ヽ、
.  ゙`゙-- ̄ ̄__ ̄                    ヽ
   ./ / ̄   ̄ ̄----ー、           ハ
  ./ /            'l           l ヽ
/ / .,-イ .,,,、、 ,,,,、       |           |
/   .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|    ,i            l、
  ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""    /              ヽ
  .ト'",l゙ l゙ l゙ │      /       ,r´ヽ      `,
    l゙ ,l゙ .l゙‐'"
   .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
       {-!ト''゙l゙,i´
         ,レ"
         l"



―――――――――――――――――――――――
  いや、だからこそ言い合いに勝った気がしなくて
  感情の爆発するままに壁を殴りつけていた。
―――――――――――――――――――――――

228 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:02:09 ID:0YwzkVuN
二214.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  哀しいが怖面には自信がある。
  傭兵として多くの経験を積み、命のやり取りだって数多くこなしてきた。

  一部の国では尋問官として仕えないかと誘われたこともあるし、
  町を歩けば通りすがりの子供が余裕で泣き出し、
  気の弱い女性なら吐き気を催す可能性だってあるこの顔で睨み付けたのにも関わらず、
  相手が平然としていた事が驚きでもあり―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



               ____             「マジでなんなんだあの野郎は!
                 /⌒  ⌒\.
               /         \           ビビリもしねぇと思ったら、
              /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \         雪華綺晶の名が出るなり
          |   (トェェェェェェェェイ)   |         この世の終わりみたいなツラしやがって!」
              \  \ェェェェェ/   /
             /    :::::::::::::::::::    \
        /                 \  〈〈〈 ヽ
                              (〈⊃  } }



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでいて、自分のついた嘘に余りにも簡単に引っかかった事が意外だったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

229 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:03:09 ID:0YwzkVuN
二215.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  心にもない嘘をついてしまったのにも理由がある。

  自分が懸想する雪華綺晶の反応だけではない、
  未だ自分が馴染めていない他の二人までも、
  昨日会ったばかりのあの少年を認め始めている空気が感じられて我慢ならなかったからだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          ___            「おまけにあの空気は何だ!?
       _,. '´      ̄`、
      /              \        曲者のエルと人形みたいなコナタとも
     |  (○)   (○)   |       もう打ち解け始めたってのか!?
     、   トェェェェェェェイ    /
      ,"ヽ、 ヽェェェェェ/  '´ `、       俺ァ未だに会話は殆どねぇってのによ!」
     /               ゙ヽ、
     |   `-、、            ヽ
     \    ヽ        ハ
       ヽ    l       l
        ゝ_ノ        |
       ,i            l、
      /              ヽ
     /       ,r´ヽ      `,


 
 
235 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:06:29 ID:sr5/JcLQ
>>229
で、キル夫可愛いと思った俺は駄目ですかw


230 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:03:36 ID:05BsiQzG
ハッタリかよw


ちょっと小物過ぎないか?
シンジ君みたいな愛嬌もないしw


232 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:04:31 ID:hC2xIv70
う~ん、キル夫の性格がいまいちつかめない…やらない夫の腕に嫉妬するだけの小物ではないのかもしれんが・・・

231 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:04:09 ID:0YwzkVuN
二216.



                    /\  /\ /\      /| /|
                    /  | く  | |  |      .| | / |
                    |  |  |  | |  |     | | | |
                     |  |  |  | |  |  |~| .|/ |/
                     |  |  |  〉 | /   | |      /| /|
                      |  |_ヽl    |\_| |      | | |/
                      |    \    L_└┐    |/
                      .|   i、_  \_  i、_ | i‐┘         |\     /\     / |   //  /
                       .|   | \ .~| |_ `└-、        _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                       `|   |  \|   ̄! i、,_| 〈~|      \                     /
                        |   |      | | ,,,__〉 !‐二 〉  ∠    どチクショウめ!      >
  \\             | | |      \  |      | / |__,.ヘ〈 く/  /_                 _ \
.  \\\           .| | |        / \|      .|/    | |      ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
     \\          | |       /'!     /       |/       //   |/     \/     \|
       \\..        | |      ./ !    //
        \     |\   |     //| |___         ____,,..、-―‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         \    |  \ |  ,.. --――――――r''"´ ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ____| |\\ /           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        \  ____|  \j             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         \ \       /   | /       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          \ \  __l/  ,- 、Y        l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           /  / , >'、  _,.-'        ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             /  ///  Y ア´           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         /  /./   !     _,,.. ァ、___ ,. -';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           / / //  /! ` ‐、__7´`"´      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-―――――
        // ..// / ...! l l  \     |       \ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-―‐ ''"´ ̄
         /   //// | .l l l    \   |         \ ̄ ̄
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\



――――――――――――――――――――
  再び、全力の拳が壁に叩き付けられた。
――――――――――――――――――――

233 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:05:09 ID:0YwzkVuN
一217.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  手の皮が剥けて骨が震える程の衝撃と共に、痛みが全身を突き抜ける。
  興奮に肩を上下させる程、荒く息を吐いていたキル夫はそれだけやって、
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    ___
                _,. '´      ̄`、
               /          \
              |     ,-、          |     「……………」
                 、   {  ヽ   r  ァ /
 ̄  ̄  =― ー ̄ ゙゙̄`ヽ、  トェェェェェェイ '´ `、  ハアッ、ハアッ、ハアッ
 =―――                      ゙ヽ、
 ゙`゙-- ̄ ̄__ ̄                    ヽ
      ̄   ̄ ̄----ー、           ハ
                'l           l ヽ
                |           |
                ,i            l、
               /              ヽ
              /       ,r´ヽ      `,



――――――――――――――――
  やっと頭が冷えてきたのだが。
――――――――――――――――


234 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:06:09 ID:0YwzkVuN
一218.
―――――――――――――――――――――――――――
  有り得ないぐらい取り乱していた自分が情けなくて―――
―――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /⌒  ⌒\
   /         \       「ああ、どうせ俺はこのツラのおかげで
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \      嫌われ者ですよ。
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /      俺みたいな奴がやっていくには
                     仕事で結果を出すしかないんだ………」



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  言わなくて良い嘘を、感情任せに口から出してしまった事が恥ずかしくて、
  眉間に指を当てて俯いてしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



     ____
   /      \
  /         \
/           \    「おまけにつかなくて良い嘘までついちまった。
|     \   ,_   |     あんな小僧相手に何やってんだ………」
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



236 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:07:10 ID:0YwzkVuN
一219.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自己嫌悪に駆られる彼も、今年で二十五歳になる。

  九年近くも傭兵稼業をやってきただけあってそれなりの実力と知識を備えているし、
  何より自分と言うものを良く理解していた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /         ____
|    ./ '       /         /      \
|   /        /         /         \
|,/        /         /.  (●) (●)  \
        /           |   ハェェェェェハ   |      「取りあえず結果だ結果。
      /           .  \  |_ェェェェェェェェ_|  /       仕事で結果を出すしかねぇ。
    /                   / ゝ         ィ'ヽ
.  /                 /                 \      傭兵らしくなきゃ、な………」
./                /   ィ          r   \
                 |   `||           |ヽ  ヽ
                 /⌒ヾ|          | |,  |
                 ヾ___,ソl          │(、__,ノ
                     |          |
                     l    Y´     /
                     ヽ,   (     ,/
                      ヾ  |   |
                       ≒;|   |  スタスタスタ…
                       (.("_`゙_)



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その人間離れした外見とは裏腹に冷静沈着が売りのはずで、
  仕事に対する意識も高く、これまでに数多くの依頼をこなしてきた実績もある。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
237 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:07:11 ID:KzsoA/fv
素直にそれを口に出せればもっと打ち解けられると思うw

238 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:07:36 ID:hC2xIv70
いやほんとに何やってんだ?

239 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:08:10 ID:0YwzkVuN
一220.
――――――――――――――――――――――――――――
  そもそもキル夫はシアード大陸の南西、
  ハーイ諸島にあるポルトと言う国の貴族の家柄に産まれた。

  それも美男で有名な父と―――
――――――――――――――――――――――――――――



                                  ハ::::::::::::::::::,|:::::::::::::l、       l             /:/::::::::::l:::::::::! 
                                   'l:::::::::::::/ |:::::::l::::::ハ       l            //l:::::::::::ハ:::::::l'
                                    'l:::::::::/ 'l:::::::!:::::::::'、     `- _         〃 ,l::::::::/,ィ::::::!
                                    ',:::::l'  l:::::ハ:::::::::ハ`::.、     、_ ー __.. -'   / ,l':::::::/´ l:::::l
               「男なら立派な跡継ぎになるぞ!  ∨   l:::/ l::::::::l ',:::::> 、    ̄__. -     ,イ::::::/   l:::l'
                女なら君に似て器量よしだと良いな」   |/ l:::::::l'   、::::::::/ ` 、         / l::::/    |::!/
                                           ヘ:::::l   ヽ:::;′   {\    , '′ 'l:/    ノ'′
                                            ヽ:!     ヽ!     \` ーイ     l′   /
                                             `       __ イ/ ヽヽ ヽ       /
                                               __  - '´  //   }ヘ }     /



       | :::l :: ::|、        ,'      -'イ::::::::/::::; '
      ,'::::::l :: ::|ヽ.    r‐‐- 、      /::, -"::; '
      /:::::::l  : ::l ヽ.   ヽ__,ノ     , 'イ:::::; '"
    /:: :::::l  :::',  ヽ.      _,. - '´  { "      「まぁまぁ。
   /  .::::::l  ::::',   ヽ..__,, -/::::: :::   l        男の子だって、きっとあなたに似た
 /   ..:::::::::.l   ::::',      /:::::: ::   l        凛々しい子に決まっていますわ………」
'"   ..:::::::::::::::::l   :::::',      l::::::::: :    l
  ..::::::::::::::::::::::,.|   ::::::ヽ    ゝ、__,;.     l



――――――――――――――――
  美女で有名な母の間に、である。
――――――――――――――――


 
 
245 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:12:00 ID:hC2xIv70
>>239
ハーイ諸島で確定したw
これはまた、遺伝子の仕事ぶりがすごいわw


240 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:08:42 ID:ARn8WYW/
この母親はまずいぞ 多分AA的に考えて

242 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:09:20 ID:sr5/JcLQ
ハーイ諸島が公式になってるwwww

241 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:09:10 ID:0YwzkVuN
一221.
――――――――――――――――――――――――――――――
  だが運命か偶然のどちらかが悪戯をしてしまった。

  母の不貞か先祖返りか、はたまた何の因果かは分からないが、
――――――――――――――――――――――――――――――



           !'{ !::::::::ト;:ヽ|||i ̄´  ..:::::. !  ` ̄ ̄/イ::::::::::! ヾ!  ヽ
           ヽ|::::::::| `ヽ     ::::. ,   U '´ !:ト::::::::::| '
            i::;:::::::i U       _       イ:::iリ|::::::}
            !ハ;::::iヽ      rニ二ア   ,/!;:::;! i::/           「な、なんだこれは………
            '  リ,r'ヽ`ヽ、     ‐    r' 〉  ∨  !'            一体、誰の子だ?」
               }.:.:.:.:``'‐`, 、.   ,r '´:.:.:{
           __,,..-イ|.:.:.:.//´``ヽ,,.><´>:.:.:.:.:.:.ヽ、
    __,,..--‐'´ ̄::::::::::::| |.:.://   {   } }.:.:.:.:.:.:.://''‐‐-..,,__
-‐'´ ̄:::::::::::::::__,,..-‐'''´| |://    |   //.:.:.:.:.://___:::::::::::::`''‐‐-.,_
:::::::::::::::::::┌'´       |'y/     |   { {.:.:.//   ``''、__::::::::::::::::::`ヽ、
:::::::::::::::::::::}        |/ `ヽ,,_  {  ,r'ヽ∨/´        /::::::::::::::::::::::::::::``'' 、,_



.   /(o)  (o)\
  ( {トェェェェェイ} )  「おぎゃぁ!おぎゃあ!」
.   \ヾェェェェv'/



       | `ーi-、,_`゙、ー`、       .:::::::::: !          /  |    |    |
       |   |  |_.l"'''         :::::::::::l         /|  |    |     .|
.  |    |   |  |,~ヽ、            ′         / |  |    |      |
  l.   |   |  |, 'ク >、           ,r─--─、    /  |   |.   |.      |    「わ、私は不貞など!」
 ノ     |   |  | { i´(,i`ヽ、       ヽ'⌒ ̄ ,ソ   /, ,,  |  | i   !     |
. ノ l   | |i. |  | `  j   `ヽ、    `ニニニ   /| レ/ |  |  |,'!  ノ       |
/ ノ    |. | !|.  |,.-‐''"      `ヽ、.     / | `ヽ、!__|  !' ! /      l
      |. | i|   |   ハ        |゙ ー-‐'i   .l     |    l |         l
 ,, -‐''" !|! |   |    ! |          |  |  |   {     l    l |`'''‐- 、.,,   |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  待ち望まれて産まれたはずの跡継ぎは父と、そして母とも全く似ても似つかぬ、
  恐ろしくて人間離れした容姿をしていたのである。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

243 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:10:11 ID:0YwzkVuN
一222.
―――――――――――――――――――――――――――――
  夫は妻の―――よりによって人外との浮気を疑って正気を失い、
―――――――――――――――――――――――――――――



        {: :/ i{ :l: |: :リ  =≠彡       ` ̄ ̄ イ:/: :!: /
        |:/  ヽ|: ト、l               /イ: :/}/
        ′   ゝト、!        ゝ           |:/ノ
               |、    { { 厂 ̄ ̄`)     /j′       「はは、はははは。
               |: :ト、    `二二´    /
               |/ |: :ト、          / |            何を言っても無駄さ、
                |/ !  丶、     /  |ヽ           僕らからこんなのが
                厂 ̄ 7} `二二´r<´  }          産まれるはずがないじゃないか。
                {    ,',′  |    l l   l
               ノ    j j   !   l l    '、         君の相手はオーガか何かだったのかい?」
          _  -‐ ´ { {、  / /   |     l l    } 、__
      , -‐ ´    /ハ.\/ /    j     l l  / ノ ヽ `丶、
  , -‐ ´         //  \_/.   `Y     l レ / ヽ ヽ    丶、



                                      | : >:ハ 、       ' : : |:|/: : : : :ヽ
              「私を………                |/: : : ヘ   ,'-‐-   i  : :i|:|: : : : : : : : \
              信じてくださらないのですか………」   ヘl: : : : |>、 ´     .l |  :i|:|!: : : : 、: : : : . \
                                       /,l : : :|:| | \_  '´ !.! : |i:lV: : : : :\: : : : . 丶、_
                                      i:l | : : |l| | : : : : :ヽ  ||l : :|l' V: : : : : :\: : : : : . ー
                                      i:| l : : !リ | : : : : : :ハ |l| : :|  `ヽ、   __>ッ――‐
                                      i:!|: :|   | : : : : : : : 〉lハ : : | _ -‐  ̄/ /
                                      リ 、: :|  | , -―一' l V: :|´      / /



――――――――――――――――――――――――――――――
  妻は、自分の弁明を全く聞き入れようとしない夫に絶望し―――
――――――――――――――――――――――――――――――

244 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:11:09 ID:0YwzkVuN
一223.
――――――――――――――――――――
  一月もしないうちに哀しい惨劇が起きた。
  妻が、夫もろとも心中を図ったのだ。
――――――――――――――――――――



            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"



┏───────────────┓

   だ、旦那様!?
   奥様ああああああっ!!!?

┗───────────────┛


 
 
247 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:12:12 ID:KzsoA/fv
これは・・・歪むな

250 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:13:12 ID:IVNiizsG
予想以上にハードな出生だな

246 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:12:09 ID:0YwzkVuN
一224.
―――――――――――――――――――――――――――――
  幸い、と言うべきか。
  赤子であったキル夫は被害を免れて、すくすくと育つことになる。
―――――――――――――――――――――――――――――



               ,. ' ´  ̄ `' 、
            , '´       _.0._ \
            /,. - ' ´ `` - 、'´_, - )
          ('´  _ , 、 --‐`‐ 、.., ‐ r'´
          `Y'二..-+ Tフ"´/フ7か
           ,ィ´ iノ| | /‐= ジ,ナl.|
           / l  ,イシ| |Y'f_ヲ'  fア'!|
         {  |  /,ィ | |      l ||     「坊ちゃま、
         ` | i/' i l| |   .,_ィ´/i|      学級へは行かれないのですか?」
           l l 、 l l '、 |- .,, _ ィリノリ
           >ヽ\lヽ|   !iヾ、'´
        ,r<ヾ:::...   ヽ/\l  ...::`:‐;.、
       i´'、 \ヽ ::::..... . ヽ ノ. .:: '/´ /゙i
       |  ヽ i ` ' ‐- 、、:(○j‐'´  V |
       ト、 ヽ'|   i   ノ デ、  i  } ,l
       /-ゝ ヾ  l   /ト、 .i、  l  l ヾi
       /こj  /   /  \ '、ヽ//   '、 l  |



                                               ____
                                             /      \
                                            /         \
                   「行かない。                   /  (○)  (○)  \
                   お前が教えてくれるからいい」     |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
                                        .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  外見や両親のことについては不幸だったが、館の全員が去っていった訳でもなかったし、
  生活に困らない程度の遺産はあったからだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
252 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:15:02 ID:KzsoA/fv
なんという歌が上手そうなメイドw

249 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:13:10 ID:0YwzkVuN
一225.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  特にベビーシッター兼メイド、後にメイド兼家庭教師になってくれた女性が居た事で、
  ―――家の外では雑音は酷かったが―――幼少期の彼は境遇に絶望することもなく居られた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       /:::/  : : : : : ::::::::/: : :./ .l:::l: : : :i\::::\::::i
      /::/ : ::::.:| : : : ::/: : : /::::::l:::l ,: : ::::i::::\:::: \i
        /: : : ::::::| : : /   /::::::/l::l ヽ : : i\::::\:: : \
     /: : : : :::::::::|i./: : : /:::::::/ l::l   ! : :.l  \::::\:: :.\
     /: :: : : ::::::/ ::/: : :/l:::::::::/  l::L._  !. :l ,;.ー-\`、l\: \
      i: : :: : ::/ .::|::/: : :/:::::l / ,,..-'''l:l    .l: l/  ,.λ\l  \\
    l::| / .:::::::::|/: : /:::::::::l /   .l:レ    l: F斤卞l::::l:ヽ   \、
      | |:| |::::|::::::::i: : /:::::::::::::l  _,,.-卞、..    ヘ|、ン l::|:::l::l     `、
.      | || .|::::|:::::/::/:::::::::::::彡<(,::丿'          l::|:/::i
      |: ヘ.|:::l:/λ :::::::、::::::l           丶 l:::l:::::i      「坊ちゃま。
       { .ヘ:∨|:: | ::::::::ヘ:::::l          / /::::::::|       外見で人を判断する様な者を
         ヘ::{ |ヽ| :::::::::|ヘ::l        _ ,  /|:::::::::|       まともに相手する必要は御座いません。
            |::::| ::::::::| ヘ      ー`../ /:! |:::::::|
            |:/{:::::::::|-、 \      ´ /}/  |::::|        同様に坊ちゃまも、
            '_,,、〉:::::::|  > ,   __, '  !   |::!        人を外見で判断しない方になってくださいまし」
            / i lヘ::::.{        { \    !
             /  | | ヘ:::!        .ト、}  \、_
          /   |'   \      l  }    ` ー , _



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼女の存在に、キル夫が大いに救われたのは疑いようがない事実だろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――


251 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:14:14 ID:0YwzkVuN
一226.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  そんな生活が十六年も続いただろうか。

  当代が心中をした没落貴族に国が手を差し伸べてくれるわけでもなく、
  両親の遺産も残り僅かとなった。
――――――――――――――――――――――――――――――――



            /           <〇> \
           / -―   ̄ ̄  ー―‐- ...__ \
         /'´       _二>、___ノ    \\
         ヽ  _, -― ^ ̄__________ ̄`丶、  `/
.           Y  _,イ´了/     / // 丁>、\/
           「 丁l| |  |  / / // / 小  |ヽ」
            l  | /|  |/// `/   //⌒ト\:| |
             |  |〃:|  |,_斗=ァミ'    /斗=ァxj ヽ| |
              |  //|  |ヘ込;リ_     ´込;リ_癶 リ |    「坊ちゃまも十六歳ですか、
          |   | |  |                 ム| |    ご立派になられましたね………」
           | l | | |  |          j       /ノ| |
           | l | | |  | 、     r   ァ    , イ l | |
           | l | | l  | \   `ニ ´   イ |: l | |
           N八 ! ヘ |≧= >  _ , ィ升:j|: |: l | /
                ヽ{\{大_  ̄ ̄ ̄川∨Ⅵノj:∧ノ'
             ノ─―-、\     |l|| |入
            /     \ \ 〃⌒ヽ|\
             /           \ ゙Y{   }|  `丶、__
        /            \ゞr=‐く       \
       / ̄ ̄`ヽ          `|| \\      }ヽ
      /       ヘ             |ヽ    \    j |



                                              ____
                                            /     \
                                          /         \
                  「アテナ、話がある………」       / (●) (●)    \
                                         | (トェェェェェェェェイ)     |
                                         \ \ェェェェェ/    /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  元々居づらい町に未練はなく、多少残っていた資産を全て食いつぶす前に売り払ったキル夫は、
  三割を世話になった彼女に、残りの四割を他の残っていた者達に分け与えた後、
  国と家を捨てて野に生きる者となったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

253 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:15:09 ID:0YwzkVuN
一227.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん異形の十六歳が生き抜くにあたり、世間の風は冷たく厳しかった。

  しばらく泥水を啜り、地面を這いつくばるような生活を送った後、
  やがて彼は他人を信じる事、自分に期待する事をやめた。

  それは『絶望』では無かったが、『諦め』に似た境地だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(●)ヘl;;;;;〉          「キル夫、傭兵だ。
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/           ………姓なんぞ捨てた。
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ           仕事は選ばねぇ、何でもやるぜ」
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分をそう言う者だと決めつけ、それならそう言う生き方をしようと選んだのだ。
  その考えは他人をますます遠ざけ、彼の心を次第に凍り付かせて行く事になる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

254 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:16:09 ID:0YwzkVuN
一228.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そう言う意味では、傭兵という生き方は楽だった。
  ある意味この外見も役に立つことがあったし、結果さえ出せば誰も文句は言わないからだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      _____/^Vヽ
    /        ,,,,,,  ヽ
    /   ___,,  / 川  〉
   /    l    //l/l/|/
   |    |   \, ´ ,/ |
   |    |  ⌒    ⌒l      「見ろ、この醜悪なツラを!
   |     l       〈  |      まるで鬼の血を引いているかのようだ!
   |  ( ~  /     __〉  |
    |   |  i  ,ー―一, l       報酬はくれてやる、さっさと目の前から消え失せろ!
    l .|ヽ   l____ノ /       はーっはっはっは!」
    ヾ |  \_____ノ
  __/ヽ\      | l\_
 ̄     λ ヽ     / .|



                                         ____
                                       /     \
                                     /         \
                    「毎度あり」         / (●) (●)    \
                                    | (トェェェェェェェェイ)    |
                                    \ \ェェェェェ/    /


255 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:17:09 ID:0YwzkVuN
一229.



       ____
     /     \
   /         \
  /     (●) (●)\    「おい、この辺に………」
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /



        _,,... ........ _
      /::::::::::::::::::::::`ヽ
     /:::::/`^ヘヘ/レヘリ
     |::::::', ''''"   `'''l
     ヾ;::::l ,(. ・)  (・)|     「うわあああっ!?
     ( ^ ` : : __  〉 ::: !     ば、化け物!」
      `ハ  l´ー三:ヲ /
     ノ ` 、 ー''''"/
  ‐ '´ ヽ     ̄rー 、
        ヽ `  '7    `ヽ、
  i     ヽ  /     , ',
  l ;     ヽ /     | / |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし生きていけるだけの力を身につけたとは言え、
  幸せだと胸を張れる生活ではなかった事も確かだ。

  身の回りで何かが起きれば真っ先に疑いを掛けられるし、
  人には言えぬ仕事を請け負った結果、逃げ出すようにそこから離れた事もある。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    ___
                _,. '´      ̄`、
               /          \
              |                |       「……………」
                 、  {  ヽ   r  ァ /
             γ `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ、
              /      `、ェェェェ,,´      \
             ,|              _    l、
            l "-'''" ̄ ̄三    三´   ̄"''` l
             ゝ    _ノ      ゝ_   __ノ


 
 
256 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:17:12 ID:hC2xIv70
ベクトルは違うが、孤独だという意味でやらない夫と似てるんだな

257 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:17:46 ID:KzsoA/fv
壮絶な人生だな・・・

258 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:18:09 ID:0YwzkVuN
一230.
―――――――――――――――――――――――――――――
  あちこちの国を転々としてこの町に流れ着き、
  一つの宿屋を拠点に仕事を始めたのが数ヶ月前。

  最初は不審者として衛兵に任意同行を求められた事もあったし
  ―――おかげで衛兵は顔なじみになったが―――、
  町の子供からは指さされたり、いきなり泣かれたこともあった。
―――――――――――――――――――――――――――――



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!      「ちょっと詰め所まで同行願えますか?」
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉     (何という凶悪な顔!
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V       こいつは悪党に違いない!)
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :



                                               ____
                                             /      \
                               「へいへい」     /         \
                                          /.  (●) (●)  \
                                 (またか)    |   ハェェェェェハ   |
                                        .  \  |_ェェェェェェェェ_|  /



 
 
261 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:20:21 ID:ttKHiadZ
ある意味特徴的すぎて手配書が無いのがすぐわかるなww
悪いこと出来ないww

259 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:19:09 ID:0YwzkVuN
一231.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、淡々と仕事をこなす彼に次第に周囲が慣れていき、
  宿の主人から優先的に良い仕事を回してもらえるようにもなっていた。

  ―――そんな矢先の事である。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



        _ ,,... , - 、,、 ,,,,_
       /  〃  _ -、  ``ヽ、
      /  〃  /        ヽ
     !  l l!  /    __       ',
    /   ヽ   rー'´  ゝ      .|
    1 / ヽ   // \"''ヽ     |
     ヽ!  ',  /'     ヽ      !    「おいキル夫さんよ。
      |   ヽ '      ヽ   ー、!     領主の館で護衛を募集してるぜ?
     ,r'     ,       !,  r‐_l
    t''ー- 、_ / __,、-‐''"´`l  7_´ !     興味があるなら紹介状を書いてやるが、どうだ?」
     `Tヾ了!' ´"ヾ_T:フ"´/ / `!
      1  ´|       ノ  l‐1 |
      ト, i' _,,_   、‐'_,, lr ' /
      く!  `___, ヾ__,ィ , イ、
     , -ゝ´_,,_          l  | rヽ
    / r'''l       ,..... /  ,'=l  !
    i ア, -ヽ、--― '´ / __r ''"ヽノヽl
f '"r´!フレ , - ゞ--‐rー ' ! !   /r'´ ト、__
'  1ノ!  く/  `´ /   ハノ / j / / , `ー, -、_
  1 l、  ヽ..,, __(   ,.イr、_ノ‐^.ク´ ./` ー' -ィ__,r-リヽ、
 イ  l ヽ、     ̄ ̄ ´  _, イ /   ,r-     `' ! \



                                            ____
                                          /     \
                                        /         \
                                       / (●) (●)    \
                   「金になるなら何でもやるさ」   | (トェェェェェェェェイ)    |
                                       \ \ェェェェェ/    /



 
 
264 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:22:57 ID:hC2xIv70
Lも言ってたが、おいしそうな仕事だから希望者が多いんかいな?

260 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:20:10 ID:0YwzkVuN
一232.



                 __
               /´;;;;;\\;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ
           {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::(●)ヘl;;;;;〉          「キル夫、傭兵だ。
            ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/::ェェェェェェェェイ)};;/           ここで護衛を募集していると聞いた。
             λ_ゞ\ゝェェェェェ/_,/У
             イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|;;;;ゝ           宿の紹介状もある」
             /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;;;;;;;ヽ
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
             /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
            __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")



               _ _
            ,.-‐''"´   `ヽ_
        ,r‐'゙´    `ヾjir /  .:.:.\
      /ィィ彡, ,; _/^ヾr'^ヾリ」r.:.;;:;;l
     /.:.:.:.:.::::::r''''"´      `ヾ;;;;;:ソ
      !;,;,;,;;::::::/   _ _ ,  r‐-、};;;「
     l;;;;:;:;:;::::l   ´r_。ン  ノ。< .l/´
     ヾ;;〈^ヾ!        「´ !      「い、いえ!間に合ってます!」
     `ゞY7    r   r‐、ノ ,′
      `i;;ハ   ' `ー==‐ /
        _リ.__ヽ_   ´ ̄ /
      /       \ _ _,イ
     _/        V「´ |
    ̄   ̄`¨`ー - 、__}j  」_
                                          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                          |  待ってください。  |
                                          乂________ ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  領主の館に行ってみれば、出迎えた執事はいつも通りの反応を見せた。
  ああ、またかと何の感情もなく引き返そうとした所で―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――

262 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:21:11 ID:0YwzkVuN
一233.



、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
  l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
.  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
. 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
 f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
 ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
.  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
  \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ         「アストナージさん、
   ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ         冒険者の宿の紹介状を持って来た人を
   /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ       門前払いは良くないと思いますよ」
 / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
.   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
 /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
. i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
 i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
 l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
 l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



                                                 _.--- 、_
                                              r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                              }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                       .        ヽ/       lノi、     ヽ
                                              /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
                    「ええまぁ、雪華綺晶さんが   .       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
                     そう言うなら………」            {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
                                             ',  、__      レ ヮ' l  /
                                              ',  ー '       __/ ./
                                              ヽ `     ノ  r'"´
                                               丶   _ ____|
                                                ヾ ̄/      |
                                                {`/          |
                                                /  _.-―一 、L_
                                             _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                           /              ',   \



――――――――――――――――――――――
  ごく自然に、それを差し止めた者が居たのだ。
――――――――――――――――――――――

263 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:22:09 ID:0YwzkVuN
一234.



                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ       「仕事を請けられて良かったね。
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \    私は雪華綺晶=セラフ、
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \   一緒に領主様の証を守りましょう」
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ



       ____
     /      \
   /         \
  /  (○)  (○)  \      (天使だ………!)
  | //┌ェェェェェェェェ┐/// |
.  \ Lェェェェェェェェ._l  / ズギュウウン



――――――――――――――――――――――――――――
  そして、自分の外見を全く気にしなかった雪華綺晶の反応と
  彼女の余りの美しさに―――考える間もなく、恋に落ちた。
――――――――――――――――――――――――――――


 
 
266 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:23:34 ID:hC2xIv70
流石人外の美貌に加えて、正確よしの優良株w

265 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:23:09 ID:0YwzkVuN
一235.



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj    「エルとコナタです。
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/      よろしく」
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V   「……………」
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l



                                     ____
                     「キル夫だ。       /      \
                      よろしくな」     /         \
                                /  (●)  (●)  \
     (ハーフ・エルフと不機嫌そうな小娘?    |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
      てぇか、俺を見ても反応しないのな)   .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  また、次の日に雇われたエルやコナタの、自分の外見に無関心な様子も楽に感じられた。

  他人に興味が無いのは自分も同じ。
  だからこそお互いの距離感が一致し、居心地は決して悪くは無かったと言える。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

268 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:24:09 ID:0YwzkVuN
一236.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これまでまともに女性を接した例など片手で数えられてしまうキル夫にとって、
  何故冒険者を、と思える程に美しく、朗らかで社交性のある雪華綺晶は衝撃だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /     \
   /         \      「一緒の見張り番だな………
  /     (●) (●)\     その、よろしく」
  |  //(トェェェェェェェェイ)//|
  \   \ェェェェェ/ /



                              / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
                            ./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
                                /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
                                //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
                                ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
                              /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
                            _/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
      「高い契約料を貰ってるんだし、    /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
      頑張らないとね」            ´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
                                     / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
                                   /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
                                  /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
                               , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
                             /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
                            __ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
                               ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
                            ´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
                                /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
                            、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
                            ´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ


269 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:25:09 ID:0YwzkVuN
一237.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だから―――彼女自身、あるいは言い寄る男のあしらい方には慣れているのかも知れなかったが―――
  それほど自分を毛嫌いしていない様子だった事もあって、積極的に接点を持とうとしていたのは事実で、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\
   l^l^ln//(トェェェェェェェェイ)\       「雪華綺晶はその………
    ヽ   L \ェェェェェ/  |       冒険者って言うけど、一人なのか?」
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



                               、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
                                 l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
                               .  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
                               . 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
                                f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
      「うん。                      ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
       女一匹だから、色々面倒だけど――― .  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
                                 \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ
       気兼ねしなくて楽だよ」              ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ
                                  /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
                                / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
                               .   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
                                /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
                               . i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
                                i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
                                l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
                                l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



270 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:26:09 ID:0YwzkVuN
一238.
―――――――――――――――――――――――――
  エルやコナタの、事務的かつ端的な反応もやりやすい、
―――――――――――――――――――――――――



                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::          「メイスとヒーター・シールドですか。
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::          随分使い込まれているようですね」
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|   「……………」
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\         「どっかの道場に居たわけでもないんでな、
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\        力任せに装甲の上から叩けるこれが
    ヽ   L \ェェェェェ/  |        一番しっくり来るんだ」
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))




――――――――――
  そう思っていた。
――――――――――

271 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:27:09 ID:0YwzkVuN
一239.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  ところが、つい先日のことだ。

  調子に乗って錫杖から目を離し、雪華綺晶を起こしに行こうとしたところで
  証を奪われると言う失態を犯したばかりか―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――



_r-f⌒ 、   ̄ へ_! li  li l l i l i! l l li li l/!ll l  l il l
' |    ヽ 、__   ヽ ll ヘl l ll l l l ェi≦三三≧ュ ;-ii.ム
  !  λ  >  i   7、 l\li l l7 !j j豸{ ζfi}` ,ヾ}气 l l
} .弋/ ヘ   }   l >! V !i i    .!i!ヾ'、“,, ' ,!i! }i! ll
!  、_ヘ_         l /          癶、,,,,, '' 豸 ′ i
.ヘ  _..,,      __ノ           `゙゙゙゙゙,゙″    /     「聞いて聞いて!
 .`´  \ ___,ィ  !_            :::::::::::::::    / l     すっごく素敵な人が錫杖を取り戻してくれたの!
.ヘ、____  r、  __..イ            .::::::::::::::::::   / 7
ヘ/イ \|  ` ´      .:::.       ::::::::::::::::  /  l      私、あの人この仕事に誘う!
 !、!                           /  l      決めた!絶対なんだから!」
..  \           _. .. ._           ./ l/ l
  l l i\          ` .'´          /  l   l
     へ                   /  ii \



                                               ____
                                             /⌒  ⌒\
                                           /         \
                                          /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \
                            「……………」     |   (トェェェェェェェェイ)   |
                                          \  \ェェェェェ/   /



―――――――――――――――――――――――――――
  証を取り戻して戻って来るなりの、彼女のこの反応である。
―――――――――――――――――――――――――――


 
 
272 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:27:11 ID:hC2xIv70
キル夫も(やらない夫も)がっつき過ぎるw
彼らの半生を思えば仕方がないかもしれんが・・・

274 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:28:09 ID:0YwzkVuN
一240.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして本当に雪華綺晶が連れてきた少年を見て、キル夫も一目で分かった。
  自分とは正反対の生き方をしている人間だと。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    / ̄ ̄\
                  /  ノ ヽ、\
                       |   (●)(●)|              /勹
                       |   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/      「やらない夫です、よろしく」
                  / lヽ     /    /`弋ll
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l      (くそが…………!)
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :: ::l
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : ::/
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  才能に恵まれているのだろう、実力がありそうなのは構わない。
  装備に金が掛かっているのもまあ良しとしよう。

  だが、においが圧倒的に違う。

  自分は日陰を選び、他人から目を背けられながら、闇の中で息を潜めるように俯いているのに、
  あいつは陽光の中を歩み、他者の注目を集め、光の中で胸を張って生きている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
275 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:28:20 ID:hC2xIv70
キル夫、お前は泣いていい…
だが相手にあたんのは、自分の株下げるだけだからやめとけよ…

276 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:29:09 ID:0YwzkVuN
一241.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一体、人は何故これほどまでに違うのか。
  産まれも容姿も自分で選ぶことが出来ないのに、余りにも不公平ではないか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |                 ____
.  |           |               /      \
.  ヽ       /              /         \
   ヽ      /               /   (●) (●)  \
   >     <              |   (トェェェェェェェェイ)   |
   |      |              \  \ェェェェェ/   /
    |      |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それを決めるのは神か、魂の持つ業か、はたまた単なる運でしかないのか。

  今まではそう言う考えを捨てて、『仕方ない』と自分に言い聞かせ、
  何とかやってきたキル夫にとってその格差は我を見失わせるに十分であったし、
  何よりも雪華綺晶の反応が我慢ならなかった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

277 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:30:13 ID:0YwzkVuN
一242.
―――――――――――――――――――――――――――
  ただ、容姿はともかくとしても、
  結果としてその他の全てはキル夫の僻みでしかなかった。

  彼は知らない―――
―――――――――――――――――――――――――――

┌───────────┐
│在りし日の修行風景  ......│
└───────────┘


           /l/ |/!/ ̄/
       /!/^         フ
      ∧!             `¨>
   ト、|ヽ               <__
   l             _         /
 _iヽ         /ヘヽ彡ァ     ¨>
 \    ∧     ,.=-〈〈  /、      `>
  _>::レwト〈-、w-'"^   〉)  77_     /
    7::::::l ` 、 i    '´ ,/7 i  ,ヘ  ゙7_         「甘い!
   ゙レ:::l_  、 i 〈 /   /__^゙ ゙l 〉゙〉〉  /         ファイア・ストーム!」
      {::〉ニ、=、゙j /__,.=ィ弋ソ¨   ', ト‐ j  ヽ、
.      ¨ヘヾ='>li ¨ー=¨    /∨フ/  ヾ、
       ',   ll           ' ├‐ヘ   バ
         ヘ   ll            l   ヾヾ、¨ヽ--、_
         ',  ゙ヾフ _      j       ヽ、 `
          /ヽ, ヽ,¨─,>    /:::j    ト、   ヽ、
.       /  l ヘ _,ニ´ _ノ //i:::/  }  ヾ,ヽ,
    /   i. l ',ヘ、__,/:::/ //   j   ヾ,`ヽ、_
   /    l. l  ',:::::::::::::::__/ /   /l    `ヽ=-
. /⌒ヽ、 _/ '  ',:::::::::〔    /    /::ヽ、_,.-‐'"/



                           |\     /\     / |   //  /
                         _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                 (:. ,:.     . \                     /
               .:从,)ノ':.:,    . ∠   うあああああああっ!?   >
              ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,    ./_                 _ \
            ,;,、 ,;ノノ .:;.(. ,.( ,     ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
     / ̄ ̄\  ,、 ,.:;(゙:  ,.:.人:. ヾ,、 (.  //   |/     \/     \|
   /   _ノ三ゞ ,ノ (,.ノ,、ヾ , .,;ノ (;. (:,  ,)        _______  / ̄/:.
   |   ( ○)( ,;. ,:ノヾ; . ,;) ,、 ヽ;,:.;):.从;.,       /          / / /
  . |     (__.,):.   ..:.(ノ 从ヾ;. '',人ヾ,´      /          / /レ/ / ̄/
    |     |i!i!i!i!|`..: . .::::)  (::..  (::.       /_____   /     / /
  .  |     |;;;;;;;;;|.:::: .:ソ  ,ゞ.:.   ,ゞ.:.               /  /     iY/
  .  ヽ    . .:::: .:ソ::..::..:(   (: :.   (: :.                /  /
     ヽ     :..::..:(        ):::...  )   _____/  /:::...
  ./ー-.l    :;;::::;:(::: ;;; ::; :; : ;:: );:::  :::;::)     /             /
  (   ⌒ /   \;;:::: ::;: : ; :: ; :; : :/  .  /_______/
   `´ー-、i´   /l .ト''ノ ヽ: :: :  : :: :/             _从
                                  / / _从__
                                 ./,.,// //  /
                                 ." /,、/'´ /
                                   ゙ //



―――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫がどれだけの血と汗を流し、鍛錬に人生を割いてきたか。
―――――――――――――――――――――――――――――――

278 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:31:09 ID:0YwzkVuN
一243.



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



――――――――――――――――――――――――
  どれ程までに自分に厳しく、他人を思い遣り、
  その腕に抱えられるだけの物を受け止めてきたか。
――――――――――――――――――――――――

279 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:32:10 ID:0YwzkVuN
一244.



                                 _ _ _
                                ´      丶
                             /         丶
                            /             丶
                             /             |
                          /           _..,,ノ   |
                           /          (● )   ノ
ヽ                        /           /   |ヽ
:::::`ヽ、                       !           丶_ / /
_, ‐、:::::: ̄ )           | ̄ ̄ ‐ '─ !_               ノ ´
:::::::::::レ'  ̄            |::::::::::::::::::::::::::::::`‐ _        /
:::::::::::|              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、 _   /
:::::::::/       __ _ -‐' ̄`‐- 、_::::::::::::::::::::::::::::`‐ <
:::::V        |::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-、 _:::::::::::::::::::::::::::>
::::::〈       __|::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _:::::::::::::::/
::::::::}_r──´ ̄::::|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、/
::::::´::::::::ヽ:::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐-、
::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::\:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
、_______|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::: {:::::::::::-‐‐‐:::::::::::::::::::::::::/
_          l::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::`‐-、_     __ キ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、
:::::::::::::::::__ >-‐´::::::::ヽ:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
:::::::::-‐´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



――――――――――――――――――――――――――――
  そして彼に背負わされている宿命の重さを知っていれば、
  自分の嫉妬がお門違いだと気づいたかも知れないが―――
――――――――――――――――――――――――――――


 
 
280 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:32:39 ID:hC2xIv70
ま、見ただけじゃ分からんわな。

282 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:33:53 ID:IVNiizsG
でも親の有無は大きい

281 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:33:09 ID:0YwzkVuN
一245.
―――――――――――――――――――――――――――――
  それを今の彼に求める方が無茶という物だ。

  多くの人にとっては、その時見えた物が全てであるし―――
―――――――――――――――――――――――――――――



   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::     :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::     :::::              :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::    :::::::      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::       ,. -─────────‐- .、            :::::::::::::::
::::::::::::::::::        /                  \         :::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::      /                     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::        \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \      (何でも持ってるお前が
   :::::::::/      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      .\     妬ましいんだよ、クソが!)
:::::::::::::/       .|                        |      .\:::::::::::::::::::::
:::::::::/         |\                    /|        .ヽ:::::::::::::::
  |            |  工工工工工工工工工工工工工工|         .|
:::::::|           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          |
:::::::|           \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             |
 ::::|                 \エエ工工工工工工エエ/               |
:::::::ヽ                                          /::::::::::::
:::::::::::::\                                    /:::::::::::::::
::::::::::::::::::\                                   /   :::::::::::::



――――――――――――――――――――――――――――
  上辺だけを見れば全てを持っている相手への、
  キル夫の反応は一般の人間として至って当然の感情である。
――――――――――――――――――――――――――――


 
 
284 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:35:01 ID:hC2xIv70
生まれた時から憎まれてたという体験は、人格歪めるよな。

283 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:34:10 ID:0YwzkVuN
一246.
―――――――――――――――――――――――――――――
  ―――とは言え。
  それが一方的な嫉妬である事はキル夫自身が一番分かっていた。
―――――――――――――――――――――――――――――



_________________________________
  ________         ________  . |:.:.:.:.:.:.:|
 ::|i::,        ,|      ::|i::,        ,|.'  |:.:.:.:.:.:.:|     r==ニ==:、
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |::.:.:.:.:.:.| .   . |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |..:.::..:::.:|     |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |.:..::.:.:.:.|     |!_|_|_i|
 ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||!   |.:.:.:.:.:.:.|     |!_|_|_i|
 .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,l .      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,| .   |、.:.:. :.:.|  '   .|!_|_|_i|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~'  .l、\:.: :| .      ̄ ̄ ̄ ̄
                                !:.\\|
                                 |.:.:.. \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



________________________________
――――――――――――――――――――────────────
     ____
   /      \
  /         \
/           \    「しかし惨めだ………
|     \   ,_   |     嘘はいらねぇだろ、嘘は」
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



―――――――――――――――――――――――――――――――
  これまでの人生の苦しみと、溜め込んでいた不満と、
  見せつけられた三人の反応でついかっとなったが、
  そう言う生き方を選んだのは自分なのだ。

  それを引け目に思って、恋人でもない雪華綺晶をだしに使ってまで
  あの小僧を責めるのは大人げなさ過ぎる。
―――――――――――――――――――――――――――――――

285 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:35:11 ID:0YwzkVuN
一247.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼女の耳に入り、やらない夫が真実を知れば、
  間違いなく両方から軽蔑されるだろうが、これは自分が蒔いてしまった種だ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



      ヽ;;;||:::: |  ||    || |      /
       二||:::: |  ||    || ;;| ; ;;::::::/
        ノ::||:::: |  || 0  :||;;;;|;;;:::/
     ./ヘ.||:::: |  ;;||    ||;;;;|/
    /へ/;;;;;/|  ;;||   :;;;||/
     :/ ;/|/| ;;;||  ..::/,;l           ____
          /;;;::|;;;;;;;|| .:/::/          /      \
    ;;;;;;;  ;;;::::ノ|;;;;;;;||/::/         /         \
     ;;; ;;;::ノ  |;;;;;r;;;;/          /   (●) (●)  \
      ;;;;::ゝ    |/ゞ´           |   (トェェェェェェェェイ)   |  「仕事、するか………」
     ;;;ヽ   /               \  \ェェェェェ/   /
    ;;;;;;:ゞ;/                 |          |
   ;;;;;;;;;/                  ||        / |
                         ||       /||
                         (_|   r  /  (_)
                           ヽ  |/
                            >__ノ;:::......  スタスタスタ…



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今更無かった事には出来ないが、せめてこの場に居られるだけの役には立とうと
  気を取り直して衛兵の詰め所に向かった。

  この間捕まえた盗賊から、何か情報が得られないかと思ってのことである。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 
 
287 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:36:11 ID:hC2xIv70
やらない夫がいないときは、普通に自制できる大人なんだな。
これが相性という奴か…

286 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:36:10 ID:0YwzkVuN
一248.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  十数分後。

  なじみの詰め所で、先日捕らえられた盗賊の尋問をしたいと言って驚いた。
  自分よりも先に、同じ目的の先客があったと聞かされたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



              _ _
           γ´-─- ヽ
           ,レ', -─‐-、|
          〈, イ(//)( 7)       「尋問?
           K>.;:",;:;:;:.::}-┐      ………ああはい、あの盗賊ですね。
           ヾ;:;;:;;(固);!‐-′     昨日の背の高い人じゃ無いんですね?」
         ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
        /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!
      /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
     / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
     / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
    ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|



                                              ____
                                            /     \
                                          /         \
                             「背の高い?」    / (●) (●)    \
                                         | (トェェェェェェェェイ)    |
                                         \ \ェェェェェ/    /




288 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:37:09 ID:0YwzkVuN
一249.
――――――――――――
  しかもそれが―――
――――――――――――



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!     「ベッケナー公の所で
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、     護衛に雇われた冒険者の人ですよ。
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V      キル夫さんと同じですよね?」
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :



                                              ____
                                            /      \
                                          /         \
                       「あいつ、来てたのか?    /  (○)  (○)  \
                        いつの間に!」         |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
                                       .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



―――――――――――――――――――――――――――――
  昨日の午前に雇い入れられたばかりのやらない夫とあっては
  もう一度驚いたのも当然だろう。
―――――――――――――――――――――――――――――

290 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:38:09 ID:0YwzkVuN
一250.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ただ、行動が早すぎた上に間が悪かったのか、情報の入手には至らなかったようだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          , ─ - 、
        /        ヽ
       /  =___   ',            「昨日の昼過ぎでしたかね?
       l / __  `i‐、.」
       Ll  ./-ヽ、_.ノ::::l:',            我々が尋問中だったので、
       └_「:::::::;:ゝ-アi:::ゝ            また後で来るってその時は帰ったんですよ」
     , -ー「::i:::l::::::::ヽ:::::l:/  l
    /   ヽ-‐'  ̄  ̄、_/ ` ‐ 、
   //  ̄ \        ' ,  -=、 i\
   l      ', l         ,⌒', ', l
   l /\   iノ         `‐ ' i_l



                                                  ____
                                                /     \
                     「なるほど。                  /         \
                      で、何か情報は?」            /   (●) (●)  \
                                             |   (トェェェェェェェェイ)   |
                                             \  \ェェェェェ/   /
                     (素早い………                γ        ⌒|
                                               |         | |
                      やっぱり、                    | |        | |
                      ただの小僧じゃねぇようだな)       (_|  、    (_)
                                                ヽ  ヽ  /
                                                 ゝ__ハ__ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  申し訳無いことをしてしまいました、と言う衛兵に肩をすくめたキル夫が
  半分ざまみろ、と思いながらも
  もう半分は、早速行動を起こしていた事に感心していたのも事実で―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――

291 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:39:09 ID:0YwzkVuN
一251.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そのまま調書だけ受け取って帰ると情報の横取りに思えて少し気が引けたので、
  自分でも尋問してみる事にした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!       「こちらが調書の写しになります」
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :



                                              ____
                                            /     \
                                          /         \
           「ああいや、まずは自分でも話してみるわ。    / (●) (●)    \
           それは後でもらって帰る」              | (トェェェェェェェェイ)     |
                                            \ \ェェェェェ/    /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――あるいはここが、キル夫にとっての分岐点の一つだったのかも知れない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
292 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:39:45 ID:05BsiQzG
ああ……いやなフラグだ。

293 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:40:10 ID:0YwzkVuN
一252.



    .  :"´ ̄`゙:
       ,i.ニニニニ.i、
      ;:i〇_〇i;、
     ,,.ハ.ヘ.ハ;/ソ,)._       「分かりました。
    /,.: .ヘ::;◎;:~ `;ヽ       まあ、すぐに分かると思いますが
    i'ヘ,:/;\ヽ、:ハ,: ;/.:j      期待しない方がいいですよ」
   .l: ,!l; . :\ヽ、;'.il,:..i
    i;o;ji..':, .: '"\ヽi;o;l;      (しっかしいつ見ても凄い顔だなぁ。
    i~:.;|、ィ:,、ソ:,.ハ,゙j.l;: 'i゙;      傭兵なんか辞めてうちの隊専属の尋問官になってくれないかな)
    .l.;;;il≡≡Ilコ≡il; ,:i:l
    .lニ:l_",;__.__`_゙__:l:ニj



       ____
     /     \
   /         \
  /     (●) (●)\    「………?
  |    (トェェェェェェェェイ) |     わかった」
  \   \ェェェェェ/ /



――――――――――――――――――――――――――
  自分達も大した情報は得られなかった衛兵に案内され、
――――――――――――――――――――――――――

294 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:41:09 ID:0YwzkVuN
一253.
――――――――――――――――――――――――――――
  自分の不手際の一因でもある盗賊の独房の前に立った彼は、
――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  こちらの独房です    |
乂__________ ノ


                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                      |  どれどれ。  |
                      乂______ ノ

  __                       ______
   :||                        ||┌────┐|| .φ
   :||           θ           ||│ ____,,│||::ミ
   :||                        ||│[∥∥∥]│|| ∞
   :||::   :;  ; ,,       ::     :||│.  ̄ ̄ ̄ ;│||  ::
   :||::   :;           :    ..;||◎ニニニニニ ||
   :||;::: #   ..:            ,, ;;....;:||│        │||;;:..::
   :||;:::      ..:   ..:   . ,,, ;;#....;:||│        │||;;;k、,,,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:


295 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:42:09 ID:0YwzkVuN
一254.
――――――――――――――――――――――――――
  大胆にも単独で領主の館に忍び込み、
  まんまと一度は錫杖を手にした相手に声を投げかけた。
――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /     \
   /         \      「おい、そこのティターンズ。
  /     (●) (●)\     何が目的で錫杖を盗んだか言え。
  |    (トェェェェェェェェイ) |     少しは罪が軽くなるかも知れんぞ」
  \   \ェェェェェ/ /



                                            ____
                                         /´    `ヽ
                                        /       彡、__
                                        /             ̄`ヽ
                                       ,'  /               `ヽ
                                       {  {{  //               ト、
                                       }   ∨{{  ノ _____         }
                                      ノ    乂、彡"´     `!     イ
                                     从  /          ヽ    彡
                                     ∨ /      }  __    ミ     (_
           「ウハッハッハッハ!               ヘ 〉 ____ゝ:::ム"´ ̄`    !     丿
            こいつはまた随分と凄いツラの         7´ ̄く          l /こヽ  イ
            お兄ちゃんがお出ましだなぁオイ!」      {   ______    ノ j/イ} }  j
                                       `ト に二ニニニ`ヽ j    丿/ _丿
                                        ', ∨      /     イ  ム
                                         ', j/  ̄ /    ノ  |  ノ
                                         ', `ー‐'′    /    !ミ彡
                                         !       / /   ト、 ___
                                       ___,,,,,,`コ=<´   __,,,、r┴──‐ヽ
                                      ト、二二≧≦二ニ≦ :::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                      |:::::::::|::::::::::l:::::|:::::::____::::i:.:.:.:.:.:.:.:.|_



―――――――――――――――――――――――――
  床に敷いた毛布に寝そべって目を閉じていた男は
  鉄格子を見るなり笑い声をあげ―――
―――――――――――――――――――――――――


296 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:43:09 ID:0YwzkVuN
一255.



       ____
     /⌒  ⌒\
   /         \      「うるせぇぞクソ野郎。
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \     お前はただ俺の質問に答えりゃ良いんだよ」
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /



                                        ___,,、-ー── ─ 、、
                                     /´            `ヽ
                                     {                ヽ、
                                     j                     `ヽ
                                    {       ヾ ノ             ヘ
                                     ヾ、ミ彡"´ ̄`ヾ彡           i l
                                       /      ミ              ! l
             「へいへい。                  /    __,   ヾγュ        リ
              同じ事の繰り返しになるが、         〉`<’´   リγj }       ノヽ
             せいぜい取りなしてくれよ?        /      /   6) }         ノ
                                     〈__,       j     イ        >
             つぅか、あいつ等にも言ったが        ヽ-‐ 、     jリ      γ
             そもそも俺はティターンズじゃねぇよ」     ゝ      /ノノ彡、    ゝ
                                        /     ∠     ヽ、__彡"
                                       ヽ‐- <           |
                                          .,r┴―───── ┴、
                                          i:|:.「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                          |:|:.|:::::[≒:≒]::::::::::::::::::: |
                                         _j |:.|    ________j
                                        //´ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                                       //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                       //:::::://´ ̄\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ



――――――――――――――――――――――――――――――――
  いきなり調子を乱されたキル夫は、相手の意外な言葉に眉を動かした。
――――――――――――――――――――――――――――――――

297 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:44:09 ID:0YwzkVuN
一256.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  ここしばらくのアンマンの噂や他の町から伝わってくる情報からすれば、
  領主の証を狙う命知らずはティターンズ以外に無いはずなのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /     \
   /         \
  /     (●) (●)\    「なんだと?
  |    (トェェェェェェェェイ) |    じゃあなんで錫杖を狙ったんだ」
  \   \ェェェェェ/ /



                                         ___
                                       ∠´   `ヽ、、
                                     /          ̄ `ヽ
                                   /                  }
                                  〃    i            `ヽ_
                                  リ                   \
                                  ト    ∨      ノノ、       `ヽ
                                  ヽ    ソ    /   `ヽ       ヽ
                                    ヾ、 /"\.,ノ        ∨       }
                                    ノ /            ミ       ノ
                                    {   i             }    {
    「領主の証を一つでも持ってティターンズに       ヾ .l      }    _,   彡ヘ    }
    加われば幹部にしてくれる上に、             ミ、 ー。-、 {、<゚ イ   l K }  ノ
    女神が何でも願いを叶えてくれるって言うんでな」     `i ` イ      ノ  jオノ 〃
                                        ヽ  j_     j   イ  ヾ
                                         ', 、_`´_ イ     ノソ ソ
                                         ', `ー ´    /  "ト彡
                                          ヽ  `    /    レ `> 、
                                        ,、r<ゝー‐‐<   , ‐ イ⌒ .>イi
                                       /ゝ、_⌒⌒〃´  ̄_`__ >-ー:.´:.:.:.:.:.|
                                       |_::::_:::::|´ ̄`l:::|´:::::::::::::::::::::::::!:.:.:.:.:.:.j、__



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、鉄格子越しでも鋭い眼光を向けてくる盗賊はその手前である事をあっさりと白状し、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

298 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:45:11 ID:0YwzkVuN
一257.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  神が実在する事は知っているが、
  信仰心の欠片も持ち合わせていないキル夫は不愉快そうに唾を吐き捨てる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /      \      「ケッ。
   /         \     どいつもこいつも女神かぶれかよ。
  /.  (●) (●)  \
  |   ハェェェェェハ   |   女神が願いを叶えるってのはどういうこった?」
.  \  |_ェェェェェェェェ_|  /



                                                   , ,
                                                , , ,-'   ~ ゝ_
                                            .   //,'        ⌒ ~ ,
                                               |.i.i   r'  ,,,_     ヽ
                                            .   |!|!|i、  |i ,',-==- 、    ヽ
                                               )ゞヾ、 (_(' _-=- 、ヾ    |
                                              γ `./        |    !
            「国王と五つの町の領主が持っている証は         | /    , '     |     ゝ
            女神の宝具で、それを集めると女神が降臨して      ゝi, ___  / __,,, ,,_  ゝ     !
            何でも願いを叶えてくれるそうだ。               !'' -`')  ` ―`` γヽゞ ノ
                                                i、 ノ_     _ノ iλ ! i
            女だろうが金だろうがな」                     } ヾ'、ゝ   i'   ν/ ソ
                                                | ,-―---    し /
                                                |  ''''      / | ゝ
                                                 !、     __--''' レ彡
                                                  `┐ー''''  ノ  レ
                                                  λ、,,,,,,、、---'''⌒!i
                                                  ノ>πiiiiiii!!!!!



――――――――――――――――――――――――――――――――
  ところが、自分以上に信仰心など持ち合わせていないと見られる盗賊が
  まるで宝物を前にした子供のように言うので、
――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
299 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:45:37 ID:ttKHiadZ
これは・・・ぐらっとくるな

300 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:46:09 ID:0YwzkVuN
一258.
――――――――――――――
  こりゃ重傷だ、と嘲笑った。
――――――――――――――



         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\        「まさかそんな子供だましに
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\       引っかかる奴が居るとはな」
    ヽ   L \ェェェェェ/  |
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



                                          ィ / 7"´'´ ´ `ー'ー'´ ̄` ヽ、
                                         / / /              \
                                        / l l    /             ヽ
                                        1 ヽ   l   /            i
                                        ヽヽ.,,r' i | r(      _,,,_      }
                                        _7'  ヽ lヽ ヽヽ   ,.ィr- ヽ      !'
                                       l´   ィ,.=‐` ー`ー '"´   ̄`ヾ    ヾ
                                       !    f              !     ヽ
                                       1    l      _       {    }       !
          「子供だましかどうかは               ヽーr  !    _  ヽ_  _,_ィ_   l    ,イ
          お前が決める事じゃねぇよ。             ヽ7 l -‐_''o_ゝ  r'ヽ┴'‐`  }ヽ-、_ノl
                                         ゝ-!       |  ヽ      !r  l /
          ただ、夢のある話だろう?               l -l、ヽ    r'_ ヽ   r'  ,l、l  !'
          お前だって女神に頼めば                ! ヽl  !     __,    |ン イ-,
          そのツラ治してもらえるかもしれないぞ?       ヽ !   rー'´― '"´    l/ /
                                           `!ヽ   ー― ''      ,ィ ノ 7
          ハッハッハッハッハ!」                   ヽ ヽ         / !- 'ノ
                                             ヽl\      / r'  !/
                                              ! ヽー― '´  ノ  ,.!、
                                             l'ゝ、_ `' __,.. -‐_,ニ- l
                                             ノ- 、 7'',´ r ''"´,.-‐i二!
                                            ヾ--/././ ヽ'、 ヾ‐≡ン'ヽ


 
 
301 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:46:10 ID:hC2xIv70
キル夫、正気を保てよ?

302 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:47:10 ID:0YwzkVuN
一259.
――――――――――――――――――――――――
  しかし盗賊から手痛いしっぺ返しを喰らってしまい、
  余計なお世話だと目をむく羽目になる。
――――――――――――――――――――――――



       ____
     /⌒  ⌒\
   /         \    「女神に頼んだぐらいで美形になるなら
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \   百万回だって祈ってやるわ、ボケッ!」
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /



                                              ____
                                           /´    `ヽ
                                          /       彡、__
                                          /             ̄`ヽ
                                         ,'  /               `ヽ
                                         {  {{  //               ト、
                                         }   ∨{{  ノ _____         }
                                        ノ    乂、彡"´     `!     イ
                                       从  /          ヽ    彡
              「確かにそのツラじゃぁ、           ∨ /      }  __    ミ     (_
               女神様の手にも余るかもなぁ!       ヘ 〉 ____ゝ:::ム"´ ̄`    !     丿
                                         7´ ̄く          l /こヽ  イ
               ハーッハッハッハッハ!」           {   ______    ノ j/イ} }  j
                                         `ト に二ニニニ`ヽ j    丿/ _丿
                                          ', ∨      /     イ  ム
                                           ', j/  ̄ /    ノ  |  ノ
                                           ', `ー‐'′    /    !ミ彡
                                           !       / /   ト、 ___
                                         ___,,,,,,`コ=<´   __,,,、r┴──‐ヽ
                                        ト、二二≧≦二ニ≦ :::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                        |:::::::::|::::::::::l:::::|:::::::____::::i:.:.:.:.:.:.:.:.|_

303 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:48:09 ID:0YwzkVuN
一260.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  普段ならこの程度の挑発には反応したりしない。

  やらない夫に感じた劣等感がまだ心の中に残っていたせいか、
  乱暴に扉を蹴飛ばした彼は、不機嫌さを隠そうともせずに男を怒鳴りつけ、
――――――――――――――――――――――――――――――――――



          ___
       _,. '´      ̄`、
      /          \
     |  (●)   (●)   |      「うるせぇってんだよ!
     、   トェェェェェェェイ    /
      ,"ヽ、 ヽェェェェェ/  '´ `、     大体女神が女だの金だの、
     /               ゙ヽ、   そんな都合の良い願いを叶えてくれる訳がねぇだろ!」
     |   `-、、            ヽ
     \    ヽ        ハ
       ヽ    l       l
        ゝ_ノ        |
       ,i            l、
      /              ヽ
     /       ,r´ヽ      `,



                                        ___,,、-ー── ─ 、、
                                     /´            `ヽ
                                     {                ヽ、
                                     j                     `ヽ
                                    {       ヾ ノ             ヘ
   「だからよぉ。                         ヾ、ミ彡"´ ̄`ヾ彡           i l
    それはお前さんが決める事じゃぁねえだろ?         /      ミ              ! l
                                       / 、__,    ヾγュ           リ
    女神様以外にそれを否定する事はできねぇんだ、     〉`‘ ノ     リγj }       ノヽ
    だったら試してみるのも面白いじゃねぇか。         /      /   6) }         ノ
                                     〈__,       j     イ        >
    なんも起きなくたって、                      ヽ=ー ′    jリ      γ
    大盗賊団の幹部になれるだけで御の字さ」           ゝ      /ノノ彡、    ゝ
                                        /     ∠     ヽ、__彡"
                                        ヽ‐ _コ=──ー====¬-、
                                       i´:.:「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|



―――――――――――――――――――――――――――――
  浪漫と実益、結構じゃねぇかと似つかわしくない事を言う盗賊に、
―――――――――――――――――――――――――――――

305 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:49:09 ID:0YwzkVuN
一261.
――――――――――――――――――
  その情報の出所は何処だ、と問うと。
――――――――――――――――――



       ____
     /      \
   /         \     「大体てめぇは
  /  (○)  (○)  \    なんでそんな情報を持ってるんだ」
  |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
.  \ Lェェェェェェェェ._l  /



     ィ / 7"´'´ ´ `ー'ー'´ ̄` ヽ、
    / / /              \
   / l l    /             ヽ
    1 ヽ   l   /            i
   ヽヽ.,,r' i | r(      _,,,_      }
   _7'  ヽ lヽ ヽヽ   ,.ィr- ヽ      !'
  l´   ィ,.=‐` ー`ー '"´   ̄`ヾ    ヾ
  !    f              !     ヽ     「結構裏側じゃ有名な話だぜ?
  1    l      _       {    }       !
  ヽーr  !    _  ヽ_  _,_ィ_   l    ,イ      最近ティターンズに入った
   ヽ7 l -‐_''o_ゝ  r'ヽ┴'‐`  }ヽ-、_ノl       パピプペポだかなんだかって奴が、
    ゝ-!       |  ヽ      !r  l /       頭領のバスク=オムに
    l -l、ヽ    r'_ ヽ   r'  ,l、l  !'       女神の宝具の話を伝えて―――」
      ! ヽl  !     __,    |ン イ-,
     ヽ !   rー'´― '"´    l/ /
      `!ヽ   ー― ''      ,ィ ノ 7
      ヽ ヽ         / !- 'ノ
        ヽl\      / r'  !/
            ! ヽー― '´  ノ  ,.!、
        l'ゝ、_ `' __,.. -‐_,ニ- l
        ノ- 、 7'',´ r ''"´,.-‐i二!
       ヾ--/././ ヽ'、 ヾ‐≡ン'ヽ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  いかにもスジ者風の笑みを浮かべた男は、蛇の道は蛇ってな、と愉快そうに答えた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
306 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:49:53 ID:ttKHiadZ
ちょw名前ww

310 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:51:21 ID:euo1OVNj
パピプペポwwwwwwww
あいつしかいないな

307 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:50:09 ID:0YwzkVuN
一262.



              __ _ _
           ,r'"´        \
          /     〈±〉     ヽ
            |   , -──‐‐- 、  |
             ! ,r'´.:.::::::::::::::::::.::.:.:.:\ !
          レ'.:.::::r'"´ ̄ ̄ ̄`ヾ、:::.:.!
          |;r'"´-‐`ヽ  ,/´-ー-、`^i          「野郎共!
          !jィ〔´(◯)`二´(◯)`ト、|          なんとしても六つの宝具を奪ってこい!
         ハレ' ゙ー='゙´.:;! ' `゙=‐'゙^レj、
         l ト、'..,   / .::;j,_  `ヽ ノイ !          持って来た奴は誰でもかまわねぇ、
         ! リj i    ^"^    l^iイソ          幹部にして願いを一つ叶えてやるぞ!」
         ヾU ',  ''ー==‐''´ ,! |ノi
       _ _」^i  ',  `ニ二"´ ,' ,! ト、_ _
   ,r'"´.:.:.:.:.::::::| ゙、  Y´     `) /  |:::::::::.:.:.``ヽ
   ,!.:.:.:.:::::::::::::::::j  \,ゝ‐---‐ '゙,イ  」::::::::::.:.:.:.:.:.:!       ┌──────────────┐
   |/\.:.:.:.:::::::::| ̄ ̄`¨`ヾ`二´イ"´ ̄ i:::::::::::::::::/|      │  盗賊団ティターンズ頭領   ...│
   |.:.::::::\.:::::::::|       `゙Yi"´     |:::::::::::::/::.:.:.|.     │  バスク=オム           .│
   |::::::::::::::i:::::::::| 「***j」  !l | 「***j」/:::::::::::/:::.:.:.:.:|     └──────────────┘
_,ノ.:::::::::::::|:::::::::!       | ||    /::::::::::::/::::::.:.:.:.:L_ _
::::::::::::::::::::::::!:::::::::ト、``二二ニj i | -ー'/:::::::::::/::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:



      /  :::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:.     :::::::::::ヘ
.      /  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ::.    ::::::::::::ヘ
    / :::::::::::/::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
    |  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
.    | :::::::::/:::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|:::     :::::::::::::|
   | :::::::/::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::::|
   | :::::/::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
   | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|     「そうだ。
  ,/  :::::゙<´:::::::::::::::;;;;;;;;;:::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__}::::     ::::::::::::::|     宝具が集まれば
   \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.:::::::: __ ,.   ∠._,'  /     :::::::::::::::/      あらゆる願いが思いのままだ
    \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.       _,.r- !/      :::::::::::::廴,
      / :::::/::::::::::::| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::::::::::::::::::_,.;r=≠≦::::`ヽ
.     / ::::/ :::::::::,' ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  :::::::::::::::::::::::::::::/、:::::::::::::::::: ::::::::}
    / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;/___,.. -─ :::::::::::::::::::::: ~゙'-=  ̄::::::::/
.   / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::〈    ┌────────┐
  /::::::/  :::::::/.、-───-ト、     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::/    │  ? ? ?   .│
. /::::::/  :::::::/.::::》      '{  ≦=≠ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::{     └────────┘

308 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:51:10 ID:0YwzkVuN
一263.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  この盗賊がティターンズの一味であれば、
  本拠地や幹部の名前などさらなる情報を得られる可能性があったが、
  単純に噂話に釣られただけとなると事情がだいぶ異なる。
―――――――――――――――――――――――――――――――



          }                 }.:}:.:. (
        ノ        ィ彡"⌒ヽ    !:.|:.:.  )
        /         {     ヾ、_ ノノ:.:.  j
.    ,イ/!        イ          `V:.:  イ
    | リ        彡'          ∨彡′
    l       __ ミ   、__   ヘ,    ∨
    ゝ、    /てハ j    ヽ _゚ ゝ  ノ,__ }      「―――ってな。
      ゞ     いくi 八           \゚イ/
     彡    ヘ ヘ!|  `ヽ       、ー.,,/ j        なんならおめぇ、
        `ヽ    トイi   ;   、 ____ /        宝具を持って行ってみればいいじゃねぇか。
       ノ ノ ミ彡 :|    !   ` ー‐' ,'
       彡イイ  ヾ;         `"´ i         俺なんかよりよっぽど盗賊団の幹部にお似合いだぜ、
          ノム、、..._\>....        !         ワハハハハハ!」
        l: : : : : :_: : :`: :...<`_ー― ′
         l: : : :.:/。_。_。 7: : : : X〕
_____,,l: : : :.′. . . ._/: : : : :小!
圭圭圭圭圭圭≧;、、: : : : : : : : : :/小!
圭圭圭圭圭圭圭圭≧;、、: : : : :// |:i|、
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭k、〈/ ::j:||圭≧;、、



                                                   ____
                   「あいにく俺は、                     /     \
                    そんな法螺話に付き合うほど          /         \
                    お子様じゃないんでな。             / (●) (●)    \
                                              | (トェェェェェェェェイ)    |
                    まぁいい、ちったぁ聞ける話だったぜ、   \ \ェェェェェ/    /
                    衛兵には口をきいといてやる」



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  勘でしかないが、今のところ嘘は言っていないと判断したキル夫は尋問をそこまでにしておいた。
  これ以上この男と話していると、下らない夢物語を繰り返し聞かされるだけだと
  嫌気がさしたのもその理由の一つだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

312 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:52:10 ID:0YwzkVuN
一264.



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  クク、頼んだぜ。   |
乂_________ ノ


  |  |┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃|    |
  |  |┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃|    |
  |  |┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃|    |
  |_|┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻|__|
/                     \
                        \
                         .\
                           \
          ____
        /      \
      /         \
     /.  (●) (●)  \
     |   ハェェェェェハ   |      「………何が女神だ、馬鹿馬鹿しい」
   .  \  |_ェェェェェェェェ_|  /
       / ゝ         ィ'ヽ
     /                 \
   /   ィ          r   \
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
   ヾ___,ソl          │(、__,ノ
       |          |
         l    Y´     /
         ヽ,   (     ,/  スタスタ……
          ヾ  |   |
         ≒;|   |
         (.("_`゙_)



――――――――――――――――――――――――――――――
  独房前から離れ、待機部屋に戻る最中も悪態が漏れる。

  闇側の邪神ならともかく、光側に属する大地の女神が
  都合良く人の願いを叶えてくれるはずなど無い、普通ならそう思う。
――――――――――――――――――――――――――――――

313 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:53:09 ID:0YwzkVuN
一265.



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、       「お疲れ様でした。
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉       どうでしたか?」
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :



                                                ____
                                              /      \
                      「ハズレだな。              /         \
                       簡単に口を割るだけあって     /.  (●) (●)  \
                       成り上がり希望のアホだ」     |   ハェェェェェハ   |
                                         .  \  |_ェェェェェェェェ_|  /


314 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:54:10 ID:0YwzkVuN
一266.



              _ _
           γ´-─- ヽ
           ,レ', -─‐-、|
          〈, イ(//)( 7)        「我々も同意見です。
           K>.;:",;:;:;:.::}-┐
           ヾ;:;;:;;(固);!‐-′      実際、オーガスタの領主の証は
         ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、     ティターンズとは無関係な
        /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!     盗賊団の仕業だったとの情報も入ってきています。
      /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
     / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,   その後合流したかどうかまでは
     / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|   現時点で聞き及んではいませんが………」
    ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|



                                                  ____
            「たかだか盗賊風情に情けないねぇ。                /     \
                                         .     / (●)  (●)\
             ―――しかし、奴さん達も                 l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\
             随分と上手いやり方を考えたもんだ。          ヽ   L \ェェェェェ/  |
                                              ゝ  ノ         /
             自分達の戦力は削らずに                /   /         \
             証が勝手に集まってくるんだから           /   /            \
             こりゃ楽なもんだぜ?                . /    /         -一'''''''ー-、.
                                         人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))
             守るこっちはたまったもんじゃねぇが」



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だがキル夫の予想よりも遙かに、その夢物語を信じている者は多いようだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

315 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:55:09 ID:0YwzkVuN
一267.



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!       「恥ずかしながら、ゼダンにおいては、
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!       護衛の者が奪って逃げたとか。
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉       ………幹部待遇と女神の噂につられたのでしょう」
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :




                                                 ____
                                               /      \
           「夢見がちな野郎が                      /         \
            多い国だなぁオイ。                     /  (○)  (○)  \
                                            |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
            そんなに女神様とやらを信仰してるのかよ」     .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



―――――――――――――――――――
  余りの盲信っぷりにさすがに呆れると、
―――――――――――――――――――

316 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:56:09 ID:0YwzkVuN
一268.
――――――――――――――――――――――――――――――
  急に態度を厳しくした衛兵は、少し声を低くして言った。

  都合の良い噂話はともかく、
  この国に住む者は皆、大地の女神の御力を信じているのですと。
――――――――――――――――――――――――――――――



              _ _
           γ´-─- ヽ
           ,レ', -─‐-、|
          〈, イ(//)( 7)         「お言葉ですが、大地の女神の御力は
           K>.;:",;:;:;:.::}-┐       確かにこの国を守ってくれているのです。
           ヾ;:;;:;;(固);!‐-′
         ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、      タオ砂漠の隣にあるこの国が、
        /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.!      国境からすぐ肥沃な土地なのは
      /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、     不自然だと思いませんか?」
     / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:;:.:;:;:;::;::::;:;::;:;:/:::.゙,
     / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|
    ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|



                                                ____
                                              /      \
                                            /         \
                       「まぁ、確かに………」       /  (●) (●)   \
                                           |     r───-、     |
                                           \               /
                                               o
                                             O
                                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 
 
317 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:57:01 ID:hC2xIv70
うん、普通にできる冒険者だな、キル夫

319 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:57:38 ID:ttKHiadZ
女神がマジにいるなら、盗んだ証で叶える訳ないと思うけどなあ・・・

318 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:57:10 ID:0YwzkVuN
一269.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  相手の言う事にも一理あった。

  実際に数ヶ月前、砂漠越えのキャラバンの護衛をしつつエゥーゴ入りしたキル夫も、
  サンド・ワームぐらいしか生息していない、生命の気配が殆ど無いタオ砂漠と―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                rォ-fヽ-fヽ__
                            __rイ´ 。゚r 。゚ 。゚。゚。゚`>x
                           rイ。゚/。゚/。゚/。゚  ゚。゚。゚。゚。゚。゚。゚`>x
        ..- ─── - 、         rイ。゚/。゚{。゚.{。゚/゚     ゚ ゚ ゚。゚。゚。゚。゚。゚。゚。/
      く._       、   \     _rイ。゚/。゚ !            ゚ ゚。゚。゚㌢ ̄ !
       `ヽ   \   ` ̄ ̄「/。゚ !。゚       ィ"⌒ ー─── ==r WWW.}
         }    ` </: : /: :ゝ.       ィ´             ハj   メ"
          |       `  ̄ ̄ > ─一 "   ___:.:.:.:>‐r─‐へ YYYノ
          | /   \               ィ":.:.:.:.:.:.:/ノ      ゞー-′
         ∨/     ゝ           /    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.レ'
          ` < 〃    ̄ ̄ ̄ ´   ./ /:.:.:.:.:.:.: ノ'
             ` <          / /:.:.:.:. 彡イ :::::::::::::::::..              ;ヾ,
                 ` ー────一 "  ̄ ´ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....        ,-‐ ' i´
                        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....    ...゙ lハi''゙ソ 比較対象
                             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..    "' "''"  馬
                                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┌───────────────────────────────┐
│【種族名】                                       .│
│サンド・ワーム(砂芋虫)                             ......│
│                                            ....│
│【怪物辞典より抜粋】                                ..│
│砂漠を旅する者の天敵、それがサンド・ワームだ。               .│
│全長十メートルから二十メートルにもなる巨大な怪物は             │
│好んで生きている者を喰らう。                           │
│                       サンド・アバランチ               │
│無きに等しい脳はとにかく貪欲で、時には砂雪崩と呼ばれる          │
│砂芋虫の集団による狂的な行進が行われ、                  ..│
│一つのオアシスが蹂躙され、食い尽くされて死滅する例もあると言う。    │
└───────────────────────────────┘



 
 
322 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 21:59:10 ID:KzsoA/fv
サンドワームは怖いな。

320 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:58:09 ID:0YwzkVuN
一270.
―――――――――――――――――――――――――――――
  青々と草が生い茂るグリーンノア平原との境目が、
  はっきり線引きされている様子を見て、驚いた記憶があるのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――



←タオ砂漠      エゥーゴ王国→

┌────┐    ┌─────────┐
│砂漠    │    │肥沃な穀倉地帯  ....│
└────┘    └─────────┘
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`^;  ....   ...     ...   ...       ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ゙;       .. ...          ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...,'    ...    ...    ...         ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::....,' ...  ...   .... ...     ...     ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::....',           ...    ...    ...    ....
:::::::::::::::::::::::::::::::::::......゙、   ...            ...
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:......ヽ ....   ....      ...      ...
::::.:::....:::::.:.::::::.:::.::::::::::.:::......ヽ      ...       ...
:::::.:...:..:::::.:.:..::...:::::.:.:::::...::........ヽ  ...     ...     ...     ...
::.::.:::..:....:...:...::::...:....:..:.:....:.:::.........!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^;  ....   ...     ...   ...       ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ゙;       .. ...          ...
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...,'    ...    ...    ...         ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....,' ...  ...   .... ...     ...     ...
:::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::...',           ...    ...    ...    ....
:::::::::::::::::::::::::::::::::::....::..゙、   ...            ...
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:......ヽ ....   ....      ...      ...
::::.:::....:::::.:.::::::.:::.::::::::::.:::......ヽ      ...       ...
:::::.:...:..:::::.:.:..::...:::::.:.:::::...::........ヽ  ...     ...     ...     ...
::.::.:::..:....:...:...::::...:....:..:.:....:.:::.........!

321 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 21:59:09 ID:0YwzkVuN
一271.



            ,.-───- 、
         /  / /     \
         /   / /   /   \
        /   , -─‐─‐‐- 、    l
       / , ィ´.::::::::::::::::::::::::::::.:.\  l!       「もともと荒れ果てた土地であったグリーンノア平原が
       !//.:._,.-── ─‐- 、::.\イ!       今のような穀倉地帯になったのは、
       ヾ!.:,イ:〈≧rェュ; ''ーェェ<「::::| ト、       エゥーゴが建国された後と言われています。
         |::l1:::ヽ _j;:.:.___ ,,ノ:::::H.:.:〉
         Lli|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:V        ですからこの国の民は女神をとても信仰しており、
         ヾT:::::::::::::::::::::::::::::::::::://厂        四方山な噂話まで信じる者が居ても不思議ではありません」
          `ト、::::::::::::::::::::::::::,イ/{
           〉「二三三三コ,/:.:.i
          _」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\-─‐- 、
    、-‐'''"⌒Y´ソ..:.::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:/: : : : : : :
   : : : : : : : : :|/.:.::::::::::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : :
   : : : : : : : : ::\.:.::::::::::::::::::::::::.:./: : : : : : : : : : :



                                                ____
                                              /     \
                                            /         \
                                「ふ~ん」       / (●) (●)     \
                                            | (トェェェェェェェェイ)    |
                                           \ \ェェェェェ/    /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  熱っぽく語る衛兵の様子に鼻白んだキル夫はあまり興味が無いふうを装って、
  さっさと引き上げる事にした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

323 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:00:12 ID:0YwzkVuN
一272.
――――――――――――――――――――――――――
  これ以上女神の話を聞いていると、
  自分まで余計な妄想に浸る羽目になると思ったのだ。
――――――――――――――――――――――――――



  __                       ______
   :||                        ||┌────┐|| .φ
   :||           θ           ||│ ____,,│||::ミ
   :||                        ||│[∥∥∥]│|| ∞
   :||::   :;  ; ,,       ::     :||│.  ̄ ̄ ̄ ;│||  ::
   :||::   :;           :    ..;||◎ニニニニニ ||
   :||;::: #   ..:            ,, ;;....;:||│        │||;;:..::
   :||;:::      ..:   ..:   . ,,, ;;#....;:||│        │||;;;k、,,,
       ____
     /     \
   /         \
  /   (●) (●)  \     「まぁいい。
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /      こちとら用事が終わったんで帰らせてもらうぜ。
   γ        ⌒|       調書は預かっていく」
    |         | |
    | |        | |
   (_|  、    (_)
     ヽ  ヽ  /
      ゝ__ハ__ノ                                     _,,,,,,,,__
                                             _,,∠ニ  丿ヽ,
                                            /彡ミミへ    ヘ,
                                           /  |::::::::.  \   ヘ
                                           ヘ  |, '" =≡゙::\ ノ  )  __,,,,,,,,,,,,,,
                                            ヘ ゝ,ュi ::゙゚'"  :/  ノ‐'"______,==i `i
                                             \ ヾ|_ ,,、‐ / 三_,,r‐''"___,,,,,,,,,,ノ
               「はっ。                          \\、,,=' l_,,r'" ,,r"´==   ミ'i
                お手数をおかけします」                 >、`、,/ /∠〃_,,r-‐'''''' ヘヘ
                                             r'"  ゙フ /´∠ (ミ‐-、,,,,,,,,,,,,,,,  }
                                             | r'''''i /__/   E | (三ミミミミミ≡ヾ、
                                            r''‐|,,,,/>‐ゝ 、 E | |、三三三三彡" 〉
                                            i 、 О i    )  E | |`'==≡==''" 〈
                                             ゝ-l`゙ '‐=-‐'   E / /´`゙''i    i  )
                                              |ヽ‐"´ヘ`゙'‐、 ,. / /   /    |/
                                              | ∧[] ヘ  `゙゙゙| `゙'''‐"     |i


324 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:01:09 ID:0YwzkVuN
一273.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  調書片手の帰り道。

  町の平和を守る衛兵と、町の治安を脅かす盗賊との両方が
  大地の女神を信じている様子を思い出し、無意識の呟きが漏れた。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                          ,,
                                         (;;ヾ
                                      ,,,;;ヾ;;;, ;;;;
                                     ミ;;;;(;;;:::;;;ミ;;;;
ヽ                   .,,                (;;;;ミ:;;;;ゞ;;;;(;;;
:: ヽ;,,、                ;;;;   .†_          (;;;;;ゞ;;;(::;;::;;ミ;;;;;
:: ;;i ..i...... ..... ......... .......... ..;;:::,,   ,;;;/ニ ,へ.ニニニニ/ヽ  (;;;;ヾ;;;;;;;〃;;ゞ;;;;;
'' " ,, ;:'':: :: :: :::: ::::::: ::::;'::: :: ::.'';,:: ,,, ii | 「 |i^il 「 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
,,. ;:'''::   ::. ..::. ..  ::;':: . ::: :: ''、  ;; ̄ ̄ .,, 、|::
. :  : . :  . : /. :  . :   ,::.\:: .:::::::(;;;ヾ;|:
  ,,  , . ..  :/.,,      . .. . ,\. (;;;ゞ;;;|
;      ,, . /             \,(:;;;ゞ|
 :       ,/     .____.  . ..   ,\ヽ|
       /    /      \       ヽ|
      /   /         \     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  .   /   /   (●) (●)  \    |  どいつもこいつも女神、女神か………   |
  .  /   |   (トェェェェェェェェイ)   |    乂__________________ ノ
  . /.     \  \ェェェェェ/   /          \
  /    :    /          ヽ.    .,        \
         / /|         i  i
          / / |       /|  |
          廴j  ヽ   r  / ハ .,)
            ヽ  |/  スタスタ
             >__ノ;:::......


326 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:02:09 ID:0YwzkVuN
一274.
――――――――――――――――――――――――――――
  キル夫はそう言った神頼みとか運頼みとかが大嫌いだった。

  今まで生きてきて、神も運も味方をしてくれた事はない、
  どちらかと言えば自分にとってそれらは敵だ。
――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /     \
   /         \
  /   (●) (●)  \
  |   (トェェェェェェェェイ)   |    (もし、願いが叶うなら―――)
  \  \ェェェェェ/   /
   γ        ⌒|
    |         | |
    | |        | |
   (_|  、    (_)
     ヽ  ヽ  /
      ゝ__ハ__ノ

          。
           о
             ○
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、実在する事は聖遺物や神聖魔法などで証明されている神々が、
  何でも願いを叶えてくれると言われて妄想しない者が居るだろうか。

  たとえどれだけ現実主義で冷めた考え方をしているとしても、
  一つでも、少しでも現状に不満を持っている者であればそれをしないはずがないだろう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

327 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:03:09 ID:0YwzkVuN
一275.
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶



     / ,/           /   |    ヽ
      / /            / /´|     ヽ
    'ク′  ,.           //  /      ヽ
     /  /            //  ,/、      |
   / ,/i′        ,   ´ ,/ /  ヽ  i    ゝ
   1 /  |    ,.  ,ノ  ∠_∠_   /! ヽ    |
   |/  |    / ∠_,/    _二´ |   ヽ  /
   ´|   |  / / ─-、ゝ、  ,.∠. -─' |    ゝ'ァ
    |  ヽ  |/ /ヾ:ツヽ    /ヾ:ツヽ レ   | |    「雪華綺晶………」
    ´レ `>、|       : :       |  |ノ
     ヽ | |         : :       ,!  /´
      ,ノ ∧ l        ,.、 ,.、     ,! i  |
    ∠.ノ ,! ∧      `´       / |ヽ l.
        /ノ ヽ.    -‐- -‐-   ∧ |  ヽゝ
        ´   /ヽ.    `ー‐ ´  , 'ヽ/ノ    ※キル夫
          |  \      /  \
         /ヽ、  ` ‐---‐ ´    _,ゝ
        ^ー  `ー─-------一 ´`



                                  _(( ,  ´       `  、  ( /
                                 _{(>y.X                r--.、
                                 / 辷ニイ                {く } }=-、
                                   /  /   /  /  /    l、       ̄\
                               /  /   /i  |l  | |   | l  li  ヽ     ヽ
                                 /  / li  / .|___|l  | |   | l  | \  l!    |
                    .            /  .′ .li i 厂`ヘ,ノ)| |   | l  |  l l!    |
        「きゃーっ!                /  i l li |〈 T>λソハlハ, ノ三三三.| l!   iリ
         キル夫さん、素敵!」         /   l l .li | >入イ .イ     三三三.|,/l!   / .|
                             /   八/ハli |((`ー -彳             /.   /  |
                             "  / / r-、_.! /i/i/i   ,:----、 /i/i_.rく\/    |
                         /  / /// / )r-、    {::::::::::::::} (`ヽ\ヽ \.   !
                        /  / / // .′/ / )   ヾ::::::::::ノ  i ノ `     l   |
                    . /  / /  / {    ' iく > . _ _/      /  |
                    .イ  / /   /< \     ヽ(r、/__) n/      イ、_.r-、 |
                      / /    /  ノ Ζ    } //⌒U(     イ、__ノ⌒ .\
                    /. /       ./  /  { r─z rイフ//\ }_几ィ⌒´|
                    ../      /  /   .| |   ̄ 7っ    )      |
                    .        イ  /    | |    /(_r─zハ..     トi
                         /  /\__   | |    i |   l   i     l   |
                    _    /  /    ハ | |    | `  /  / |.   l   |
                    .  /  /    /  | | |    |  メ  /.  |.   l   |
                    / ../    //  /| | |    | / \厂`ー!.    l   |



⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶



 
 
328 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 22:03:33 ID:euo1OVNj
ないわwwwwwww

331 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 22:05:31 ID:KzsoA/fv
ないないw

329 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:04:09 ID:0YwzkVuN
一276.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   街路のど真ん中で妄想に浸っていた事に気がつき、
   ハッと我に返った彼は脳内の甘い映像を追い払うようにぶんぶんと手を振った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          ___
       _,. '´      ̄`、
      /          \
     |  (●)   (●)   |
     、 ///トェェェェェェェイ/// /        「っ!
      ,"ヽ、 ヽェェェェェ/  '´ `、        馬鹿馬鹿しい!
     /               ゙ヽ、
     |   `-、、            ヽ    そんな都合の良い話、あるわけねぇ!」
     \    ヽ        ハ
       ヽ    l       l
        ゝ_ノ        |
       ,i            l、
      /              ヽ
     /       ,r´ヽ      `,



330 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:05:09 ID:0YwzkVuN
一277.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分はそう言う『弱さ』を捨てたはずだ。
  こんな事を考えてしまうのは、きっとやらない夫のせいに違いないと転嫁し、
――――――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /⌒  ⌒\        「チッ!
   /         \       あの野郎が来てから
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \     調子が狂いっぱなしだ!」
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /






              >   /ごノ   「忌々しい!」
           __,∠     /
          〈、    / 彡
           \、__ノ  彡  ダダダッ



―――――――――――――――――――――――――――――
  悪態をつきながら、立ち止まっていた足に急ぐよう命令を下す。
―――――――――――――――――――――――――――――


 
 
332 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 22:05:43 ID:pb4p9vkX
嫌な予感がプンプンするぜ。
ゲロ以下の臭いがプンプンするぜ。

333 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:06:09 ID:0YwzkVuN
一278.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これまでの自分を否定するような妄想に追いつかれないよう、全力で走った。
  走って走って、都合の良い考えを振り払おうと必死になった。

  今まで全てを諦めてきたが故に妄想への耐性が低く、
  甘美な想像に浸る快楽が強すぎて急に恐ろしくなってきたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



\\ | |:::::::::::::::|;:| ∥ |\| ::::::::::::::::::::::|
:::::::\| |\ ::::::::|;:| ∥ |  |:::::::/⌒ヽ :::|
:::::::::::!| |:\\::!|;:| ∥ |\|::::::|.  .ヽ:::|
:::::::::::!| |::::::::\\. ∥ |  |::::::||\  |:::|
!:::ヽ::::::ヽ:::::::::::::::\\.|\|::::::||!;;;;\|:::|
α::::::ヽ::::::::::::::::::::::::\\ |::::::|| ;;;;;;;;;|:::|
π:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::\\::|| ;;;;;;;;;|:::|)=、__
::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::\\ ;;;;;;|:::|__|゙l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::\\:::| | l:ヽ\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ::::: \:| | l`ll.゙ミ\                      (゙;;(゙;;,,, ;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ::::| | l__ll`ll.゙ミ\                ,,,,  (,;;;; ,,,,,;;;;;;;;;;;);;;;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | | l │]|[]|ミ.\             (゙;;;,,,, (゙;;;;;;;;;;;;,,, ,,;;; ;;;;,;>)
___________ _ _ _ _ ! | |i|''''|i|  l“』 :'ヽ\        :::::) ゞ;,,;;;;,,,,ヾ ;;;;;;;;;,,,,,  ,,,,;;;)::;;llir)
:::::::::::::::| \             \!|i|'.'.|i|'.'.|i| 』l| 』;;;;ヽlll     (::::::::::)::(;;,, ,;;, ゙'、 ;;;;;;;;;; ,,,;;;;;li;;;;l;;;/
:::::::::::::::|   \_________\!.,|i|,,,,|i| 』l| 』 'lr-、゙ll    ゞ,,,;;;;;;,ノゞ,,,;;;;;;,,, ゞ,,;;;;;;リ(;;;;;;;;(丿
:::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ヽ~~~~~~~~~ヽ:..,,,,|i| 』l| 』!』l| 』|    ヾ_;iil;;' ゛ヾ_;;iil;;' ~゙ヾ;;:il;;;レ';''''''゙~
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |:: |/|l!i!i!|. lllllllll-l::l:::l | .|   ,,-、 |;:|.     |,ii!     l;l;ii;/
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |:: |_|l!i!i!|. lllllllll'll:.l:;;l,,''l,,-"   丶ヽ,|;:|ヽ     |;lil     |;i|ll|
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |".|  |l!i!i!i ̄~l;;;;;;;∩;,-"      \ヽ、~:;;,,,,、ーl;li;|ーァ、 l;iil;;!
__ .. .--|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | | |  |l!i!i!| ./ ̄ ̄ ̄\        r'''ヽ, ll~~ll~~ll~~ll|lil;;:l--ヽ,
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | | |  l:i!:!|l/        \       \γ'ヽ、,`ll\~~ll|;lli;;|~, ll\,
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | | |,,,.-"/           \       \γ'ヽ||,;; ll~~ll~~ll~~ll~~ll
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,| | ,.-- " . |              |           """""""~~~~~~~~~~~~~~
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,.. .-- "        \           /      |\     /\     / |   //  /
!.    |;;;,,,,.. .-- "           ,,.. .-‐'           \    _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
!,,,,.. .--                <"   ,__,,_               \   \                     /
                    ヽヾ丿  |             i  ヽ  ∠     ああ、忌々しい!      >
                      ヽ& i          , -ii、ヽ、 ) /_                 _ \
                          |     へ.  i    i^゙''"  ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                          |    /  \|    | .    //   |/     \/     \|
                          |   /     |    | .
                          |   /     `--- ´
                                       ダダダダダッ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  胡散臭い話、上手い話には裏があると何度も自分に言い聞かせながら逃げるキル夫。
  その背に迫る、これまで多くの人を飲み込んできた女神の噂話。

  果たして彼は、逃げ切ることが出来るのだろうか。
  神頼みという―――この世でもっとも都合が良く、楽で、他人任せの選択肢から。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……



 
 
335 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:06:45 ID:0YwzkVuN
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手ありがとうございました!
次回は第一章第五話になります。

336 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 22:07:47 ID:pb4p9vkX
乙ッ!!!
今回も楽しませていただきました!!
続きが気になるぜッ


337 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 22:08:00 ID:ARn8WYW/
この作者さん結構容赦なくキャラ消してくから
キル夫死亡フラグだな・・・


338 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 22:08:00 ID:ttKHiadZ
普通の砂漠は命満ち溢れてるんだけどなあ・・・人間が暮らしにくいだけで

343 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:10:18 ID:0YwzkVuN
>>336-340
乙と閲覧をありがとうございました!



そして寒い。。。エアコンもっとがんばれーーー orz

342 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 22:10:13 ID:sr5/JcLQ
乙でした。
キル夫にはこのままヒロインへの道を歩んで欲しいがwww。
ハーイ諸島に爆笑ですw


345 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:11:16 ID:0YwzkVuN
>>341-342
乙と閲覧をありがとうございました!

>>342
ハーイ諸島は公式になりました(′・ω・)

元々大した名前がついていたわけでもありませんし、
偶然の産物って事でw

344 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 22:10:34 ID:hC2xIv70
乙でした~
なんかキル夫の人間臭さが癖になるw


349 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 22:13:02 ID:F7xRfnpq
乙でした!
キル夫の今後が気になるぜ・・・
なんかできる夫と、いいパートナーになりそうだなwww


351 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/18 22:13:41 ID:T9GkIWal
おつおつ。
やらない夫のスーパーヒーロ的活躍も盛り上がるけど、
キル夫みたいな凡人ゆえの苦悩はやっぱり共感できるなー。


353 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/18 22:18:15 ID:0YwzkVuN
>>344
>>346-352
乙と閲覧をありがとうございました!

>>349
できる夫とキル夫のコンビ、、、
うーん、今まで想像した事なかったですねw




368 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/19 00:19:27 ID:m57AuJqY
乙でした。
前回のやらない夫の動揺以上に、キル夫の境遇に同情してしまいました。
「神頼み」とどう向き合うのか、ハラハラしながら次回をお待ちしてます。


369 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/19 00:20:23 ID:5VK/BKWB
乙です
リアルで神の奇跡が実感できる世界では、あながち神頼みを馬鹿にできませんな


371 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/19 06:24:11 ID:CHjulALh
おはようございます。

>>367-369
乙と閲覧をありがとうございました!

>>368-369
ショボさんなら、
・一生遊んで暮らせるお金
・スランプの無い書きため術

あたりをお願いしたいですw

375 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/19 19:19:51 ID:CHjulALh
>>372
>>374
乙と閲覧をありがとうございました。


>>372
今のところないですね。


風邪気味にて休憩休憩ウボァー(´・ω・`)


393 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/20 00:29:52 ID:0eYUOviF
投下乙でしたぁー
キル夫は捻じ曲がってるけど、嫌われるであろう結末を自身の責任としてるとことか良いなぁ
捻じ曲がってるけど下衆ではないってとこなんだろうか?

そしてキル夫が良い感じにキャラ立ってきた支援
1f86fl-1-f7d7.jpg

すんません次支援するときは塗装終わってからだなーとか思ってたんですが読み返している内にテンション上がってきて顔だけ即興でやった 今は反省している
両親の諍いで「オーガの~」とあったから微妙にモンスターな事に・・・

んでは、マジで最近寒いので本格的に風邪引かないようにご自愛くださいなー


397 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/20 06:12:06 ID:r1/66SC5
おはようございます。

>>393
うっひょ、これは怖いwww
それ故に神www


塗装と言えば、キル夫のイメージカラーは赤ですね、
どちらかというと静脈血に近い錆びた感じの赤ですか。

赤い普通の金属のプレートメイルを着込み、
メイスとヒーターシールドを装備している、、、と設定メモにありますん。

普段は赤いローブを着込んで顔も隠すようにフードを、、って
自分から悪目立ちしてないかこれ?www

394 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/20 00:41:58 ID:UHjQtxgf
職人乙
確かにこれはモンスターwだけど
「家庭を崩壊させる威力を持つ異形とまで言われる容姿」ならこうなっちゃうよね


395 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/20 00:52:42 ID:NdKRnUEV
さらし首ですね、わかりますw

400 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/20 12:58:33 ID:JR4Twf+l
>>399
入れませんよ?(・ω・)
68 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:00:00 ID:E9x8Eecm
一279.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――
  キル夫が部屋を出て行って一時間以上が経過。
―――――――――――――――――――――――



     ||;;;/■ヽ ;;||        | ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||
     ||∩・∀・).||   .从从w!| ||==========||
     ||;;;;;;;;;;;;;; ;;;||   ,ハvVvwリ..||[[[[[[[[[[[[[[[ ||
       ̄ ̄ ̄ ̄   /ルwwV ヽ|==========||
               WwwW . ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||       |ヽ
 _          __|  ::| !. .i|==========||       | ヽ  .|\
   i⌒⌒⌒⌒⌒i    .ヽ_ノ.\||[[[f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ   | \ | |O ヽ
   i'--、_______, -'、              | ……………。 .|   ヽ  | | Ni |
   i丶_丶  丶\\:. , -―- 、    乂______ ノ.      ヽ| ヽ\ |
   」\|:::|-----丶|:::| .l:::::    l             \        \ |
    |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::::::::  |              \
    | | .\_____ヽ   .ノ                \
       | |---------/   .ヽ                    \
          .i~⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒i               \
      .(ヽ~ヽ:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                 \
       ヽ.\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ヽ:::::.....               \
        \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::.....              \
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


――――――――――――――――――――――――――――――
  ソファに座ったままのやらない夫は
  未だ、自分の心の中に巣くった混乱を消化できないでいたりする。
――――――――――――――――――――――――――――――

69 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:01:00 ID:E9x8Eecm
一280.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  何しろ自分がどうしたいのか分からない。

  これまで他人には与えるばかりで―――形の無いものは沢山貰ったが―――
  具体的に何かを求めた事が殆ど無い、
  期待されるのは大抵自分で、相手に要求する事などついぞ無かった彼だ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |    (………自分が分からない………)
. |       u  |
  | u   u     |
.  ヽ u  u  ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  旅の目的とて、ただ父親の作った道筋の残滓を辿っていただけに近しい。
  金も、実力もこの年にしては有り余るほど持っている。

  名声は不足していたとしても、殆どの場合においては状況に流されて、
  ただ純粋に、周りの者が喜ぶようにと生きてきただけのやらない夫にとっては、
  自分がどうしたい、と言うのは余り考えたことが無い欲求でもあり―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

70 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:02:01 ID:E9x8Eecm
一281.
――――――――――――――――――――――――――――――
  そして、それをしても良いのか分からなかった。
  自分が、他人に何かを求めても良いのかも判断が出来なかった。
――――――――――――――――――――――――――――――



              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ            「こういう場合、親父はなんて言ってたっけ?
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、       ―――いや、教わってないな」
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これもまた、彼が一人で生きてきた事の、
  そしてすでに、多くのものを手に入れて来た事の証明と弊害なのかも知れない。

  いつぞやのメイドとのやり取りは相手を手の届く距離に置くことまでは了承したが、
  仕事については結局、相手任せで具体的な要求するには至らなかったし、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

71 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:03:00 ID:E9x8Eecm
一282.
―――――――――――――――――――――――――――
  大勢の未来を拓き、それを守るために
  己を殺して身を退くことすら迷わなかった経験を持つ彼は、
―――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |   u   (__人__)           「これまで読んだ書物には?
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }             ―――戦術や帝王学、
           ヽ、      ソ             その他学問や知識諸々には無かったかなぁ………」
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  結局の所、知らないのだ。
  ―――生きる事以外に自分がどうしたいのか、を。

  そう言った欲求が希薄な―――むしろ知らないと言った方が近い無垢な状態だからこそ、
  雪華綺晶は彼の中に汚れも、染みも見つける事が出来なかったのかも知れなかった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
72 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 21:03:33 ID:p8u2+lo9
なるほど・・・
完璧超人の成長なんてどうするんだと思ってたらこう来たか。
緊急時以外の自分が薄いんだなぁ。

73 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:04:01 ID:E9x8Eecm
一283.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  己を殺し、大義のための礎となる事が出来る。
  それは英雄としても必要な考え方だ。

  しかしながら、相手が求める以上の実力と知識、経験を積み重ね、
  常に他人を思い遣りながらもどこか人間味のない幻想のような存在が、
  これまで接してきた人々の心に違和感を残し続けていたのも確かだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――


                         , ------ 、                   / ヽ
                        /      \              /ヾ /
                       i             i           /ヾ/
                        |  \    /  │         ./ヾ/
                        | ( ●) (● ) | 、-- 、   /ヾ/
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||
               ,  ―;;;;;;;―´ | |、` ――― ´.,| |  `-;;;;;--  、`弋 |
             / ヽ   ▽  ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /  ▽/ \  ´
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |       \  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´  <^ ^>  |         `ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´....   Ⅴ   |         ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i;;;;;ヽ. ヽ              /  ,/;;;;;;ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::/;;;;;;;;|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|;;;;;;;;i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|;;;;;;;/    |         |   ヽ;;;;;;;.!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i;;;;/\     !         !   /ヽ;;;;i――――‐ ´i
       .|------i   .|/   `ー―――――――― ´   .|   .r‐‐‐‐‐|
      .|    .|    .|         / :::::::::::::∧          |   .|    .|
        |----- .!   .!\     ../:::::::::::::::::::∧     ../.|   .|-----|
       |     .i   .|  .\     /::::::::::::::::::::::::∧    ./ . . |   .|    |

74 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:05:01 ID:E9x8Eecm
一284.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼にはまだ夢が無い。
  希望と呼べる物も、明確な目標も無い。

  絶望した事や、悲観したことはある。
  だが、他の大勢のように渇望した経験があまりなく、
  また己が大きな力や影響力を持ちつつある自覚が芽生え初めているからこそ、
  それをしても良いのか分からない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',     「参ったなぁ………」
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今の自分は、概ね父の教育により形作られているだけの張り子でしかない―――

  そう言った『中身の希薄な自分』に気づきつつあったやらない夫は
  再び眉間に手を当てて、これからどうするべきかの堂々巡りを徒に繰り返していたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

75 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:06:01 ID:E9x8Eecm
一285.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  混乱の原因は見えてきたが、根本的解決には至りそうにもない時間が唐突に破られる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||         <  失礼しますよ。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||           \________
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:   ガチャッ…
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

76 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:07:01 ID:E9x8Eecm
一286.
――――――――――――――――――――――――――――――
  ノックと共に談話室に入ってきたのは執事のアストナージだった。

  人気の殆ど無い室内を怪訝そうに見回して
  唯一残っていたやらない夫に不思議そうな視線を向けてくるので
――――――――――――――――――――――――――――――



                                            _.--- 、_
                                          r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                           }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                  .        ヽ/       lノi、     ヽ
                                         /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
                  「あれ、やらない夫君の  .       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
                   一人だけですか?」            {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
                                         ',  、__      レ ヮ' l  /
                                         ',  ー '       __/ ./
                                          ヽ `     ノ  r'"´
                                          丶   _ ____|
                                           ヾ ̄/      |
                                           {`/          |
                                              /  _.-―一 、L_
                                        _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                      /              ',   \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)      「はい。
  |      |r┬|}      ニューホンコンの証が奪われたとの情報があって、
  |      | | |}      雪華綺晶、エル、コナタの三名は役所に向かいました」
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



――――――――――――――――――――――――
  己の混乱は取りあえず余所へ追いやり、
  少なくとも三人は役所に向かっている事を答えると、
――――――――――――――――――――――――

77 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:08:01 ID:E9x8Eecm
一287.
――――――――――――――――――――――――――――――
  さすが冒険者、と感心した彼は
  この分なら最新の情報も持っているのだろう、と
  先ほどキル夫からももたらされた非常事態宣言について触れた。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                              _.--- 、_
                                            r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                             }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                    .        ヽ/       lノi、     ヽ
                                           /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
   「さすが冒険者は行動が早いですねぇ、         .       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
    国の騎士団も見習って欲しいものです。                 {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
                                           ',  、__      レ ヮ' l  /
   ………では、非常事態宣言が出た事もご存じで?」         ',  ー '       __/ ./
                                            ヽ `     ノ  r'"´
                                            丶   _ ____|
                                             ヾ ̄/      |
                                             {`/          |
                                                /  _.-―一 、L_
                                          _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                        /              ',   \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   「ええ。まだ具体的にどうなるかまでは
. |     (__人__)    聞いていませんが………」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |

78 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:09:01 ID:E9x8Eecm
一288.



                                          ______
                                       ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                                  く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                  彡:.:.:.:.:.:.:.:.:イミ彡=、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:\
                                  イ/:.:.:///´     ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\
                                     \//ハ         Ⅵノノ:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.}
「それなら話は早い。                          Y ー 、    r==‐ 、   く:.:.:.:.:.:.: /
                                     i ィヘ     , -、  ヽ  }:.:.:.:.: /
 実は、王都からアンマンとソロモンに向けて、         }  ・/    ・ ヽ   ミr‐、ノ
 証の護衛を増強するために                      l イ      ー′   ミこ} !
 中央騎士団が派遣されるのだそうです。               l   ヽ _,,        //ノノ
                                      ',  ヽ ____ ,   〈/ イ
 明日か明後日にはこちらに到着するでしょうから、       ',  ,,、       / l
 昼も夜も護衛が不足するような事態には                ',          ノ  :l
 ならないでしょうし、その………」                        ' 、__..........:.:.:.:   イj
                                            く j     , - ― ′ !
                                       i.: : :`ヽ /: : : : : : : : j、
                                       _j: : : : : :Y: : : : : : : : イ: : `: : : : . . . .
                                  . . . : : :´: : :\: : : :.|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :` : :
                           _. : : : :´ : : : : : : : : : : : : :ミヽ:.|:.:.:≦彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                              / /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                          /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                             /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)      「ああ、金を掛けてまで
. |     (__人__)      冒険者の手を借りる必要が無くなった。
  |     ` ⌒´ノ      ―――そう言う事ですね」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  申し訳なさそうに言ってはいるが、早い話が契約終了による解雇だ。
  
  冒険者は国が動かない、あるいは動けないような事や
  それほど大がかりでない事を埋める隙間産業的な意味合いもあり、
  領主の証を守るために公的機関が動くとあれば出番が無くなるのも当然だろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

79 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:10:01 ID:E9x8Eecm
一289.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自慢ではないが、現在の契約は破格の待遇と言っても過言では無い。

  だから、執着されるかと思っていたアストナージは、
  あっさり了承した少年の反応に驚きながらも発生した分の報酬はきちんと払うと言い、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                              _.--- 、_
                                            r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                             }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                    .        ヽ/       lノi、     ヽ
 「何分急な事で相済みません。                        /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
 結局やらない夫君は短期の事となってしまいましたね。  .       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
                                            {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
 契約金についてはご心配なさらずとも、                   ',  、__      レ ヮ' l  /
 日割りですからきちんとお支払いしますよ」                 ',  ー '       __/ ./
                                            ヽ `     ノ  r'"´
                                            丶   _ ____|
                                             ヾ ̄/      |
                                             {`/          |
                                                /  _.-―一 、L_
                                          _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                        /              ',   \



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( 一)(●)     「いえいえ。
   |     (__人__)      国が動いたのであれば
    |     `⌒´ノ      余程の事が無い限り冒険者の出番は無いでしょうし」
    |   ,.<))/´二⊃
    ヽ / /  '‐、ニ⊃
    ヽ、l    ´ヽ〉
 ''"::l:::::::/    __人〉
 :::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
 :::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
 :::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
 /: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  お気遣い無く、と片目を閉じたやらない夫は
  自分は良いにしても、エル辺りが文句を言うかも知れないな、とちょっと思った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

80 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:11:01 ID:E9x8Eecm
一290.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  と、契約解除についての規定は無いとは言え、さすがに急すぎると思ったのか。
  彼らの収入を心配したのだろう、アストナージは何気なく今後について触れたのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                             _.--- 、_
                                           r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                            }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                   .        ヽ/       lノi、     ヽ
                                          /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
      「確か、エルさんとコナタさん以外は        .      i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
      皆さん単独の人達でしたよね。                   {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
                                          ',  、__      レ ヮ' l  /
      やらない夫君は今後予定でもあるのですか?」        ',  ー '       __/ ./
                                           ヽ `     ノ  r'"´
                                           丶   _ ____|
                                            ヾ ̄/      |
                                            {`/          |
                                               /  _.-―一 、L_
                                         _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                       /              ',   \



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    「特には何もないですね。
        !  (__人__)  |     取りあえずは宿屋にでも………」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /     (あれ?
      ./ ノゝ     /      雪華綺晶とキル夫も単独?
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |      元から組になってた訳じゃない?)



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  想定外の情報に頬をかいたやらない夫がキル夫の発言に疑問を持った所で、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

81 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:12:01 ID:E9x8Eecm
一291.
――――――――――――――――――――――――――――――
  白髪交じりの執事は若いってのは良いですねぇ、と気楽に言った。
  三角関係も彼にとっては他人事でしかない。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                       ______
                                   ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、
                                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....、
                               く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                               彡:.:.:.:.:.:.:.:.:イミ彡=、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:\
                               イ/:.:.:///´     ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\
                                 \//ハ         Ⅵノノ:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.}
  「そう言えば公から聞いたのですが。           Y ー 、    r==‐ 、   く:.:.:.:.:.:.: /
                                  i ィヘ     , -、  ヽ  }:.:.:.:.: /、
  雪華綺晶さんが随分ご執心のようですから         }  ・/    ・ ヽ   ミr‐、ノ
  この後は彼女と組になるのですか?            l イ      ー′   ミこ} !
                                      l   ヽ _,,        //ノノ
  ああでも、キル夫さんも雪華綺晶さんに         ',  ヽ ____ ,   〈/ イ
  組にならないかって誘ってましたっけ」          ',  ,,、       / l
                                      ',          ノ  :l
                                       ' 、__..........:.:.:.:   イj
                                    く j     , - ― ′ !
                                    i.: : :`ヽ /: : : : : : : : j、
                                    _j: : : : : :Y: : : : : : : : イ: : `: : : : . . . .
                              . . . : : :´: : :\: : : :.|: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :` : :



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l           「先の事は、まだ分かりませんよ。
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /            王都からの騎士団到着を待っての
       l   // 、ゝ       / ヽ_          護衛の引き継ぎ及び契約の終了については了解しました、
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \       俺から四人にも伝えておきましょう」
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \   (あぁ………もしかしてキル夫、
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ  そう言う事なのか?)
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !


82 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:13:02 ID:E9x8Eecm
一292.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  実際に三角形かは分からないが、
  ようやくにしてキル夫に睨まれていた理由が分かったので言葉を無くしていると、
  後は任せました、とアストナージは部屋から出て行ってしまい―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                           _.--- 、_
                                         r '"´  、、    `' ‐ 、_
                                          }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
                                 .        ヽ/       lノi、     ヽ
                                        /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
                                 .       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
         「それじゃ、お願いしますね」               {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j
                                        ',  、__      レ ヮ' l  /
                                        ',  ー '       __/ ./
                                         ヽ `     ノ  r'"´
                                         丶   _ ____|
                                          ヾ ̄/      |
                                          {`/          |
                                             /  _.-―一 、L_
                                       _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
                                     /              ',   \



        ______________
      | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
      | |      ||           |l    | :|
      | |      ||           |l    |_,|
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |  バタン
      | |      ||           ||    |_|
      | | l| ̄l ||           |l    | :|
      | | l|: ; l ||           |l    |_,|
      | | l|(,0 ||           ||    | |
      | |   ̄  ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    | |
      | |      ||           ||    |_|
      | |      ||           |l    | :|
      | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
      | |      ||           ||_,.. -‐''"
      | |      ||     _,.. -‐''"
      | |     _||,.. -‐''"
      |_|,. -‐''"
  _,.. -

83 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:14:01 ID:E9x8Eecm
一293.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  また一人残された彼はソファからテーブルに備え付けの椅子に移動すると
  窓の外が見えるように逆向きに跨り、
  背もたれに肘をついて足をぶらぶらさせながら思考を再開させた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                       __
                  /    \
                     | \_    .|
                     | (●)   |            (さて、どうするか………)
                 __(人__) __|,二ヽ- 、
              ∠爪∠!´ ̄    .`l    \
                  (___∨  ヽヽ、/      ∧
               ∨  ∧ .`ー ‐ヽ、´ヽ      ∧
               ∨  ∧     \ ヽ    ゙∧
               ∨  ∧      .∨ |      ∧
                     ∨  ∧      ) `ヽ     |
                     ∨  ∧       /_   .|  ゙\|
                   _∨_, -`─::´ ̄::::::\/.   \〉
                  /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_  \/
                   |::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::,\__ゝ
                 X/:::::::::::::,!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                /:/::::::::::::/ .T'.TT ̄ ̄ ̄ ̄ ̄TT'.T
          /::::/ ::::::::: /  .| | |           | | |
.    ,- 、__/` :::::/::::::::::: /   | | |           | | |
.    \   l `ヽ、__」::::::::::::/    .| | |           | | |
.     \_\   ∧:::::::::/     | | |           | | |
          ゙i__\_ ∧::::/      .| | |           | | |
             ゙i__∨        | |_l           |_| |
                        ̄.            ̄



――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分がどうしたいのかは未だ分からないが、
  アストナージのおかげでキル夫の気持ちと、
  何を思ってああ言う事を言ったかは何となくではあるが予想がついた。

  しかしながら、一番優先すべき事は何なのだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――


84 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:15:01 ID:E9x8Eecm
一294.
―――――――――――――――――――――――――
  未だはっきりしない自分の気持ちか、
  自分に温かい反応をしてくれる雪華綺晶の気持ちか、
  自分に冷たい反応を向けてくるキル夫の気持ちか。
―――――――――――――――――――――――――



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉     「どうすればみんなが上手くいくんだろ?」
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



――――――――――――――――――――――――――――
  ―――ため息混じりの彼はまだ気づいていない。
  そう言う事に、全てを丸く収める答えなど無い、と言うことを。
――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

85 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:16:05 ID:E9x8Eecm
一295.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もう昼時である。

  食事はどうしようかなと立ち上がった所で扉が開かれて、
  窺うように中を覗き込んできたのは、少しは落ち着いた様子のキル夫だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                _____.|┃┃
                                      .         /       |┃┃
                                           /        |┃┃
                                          /   (●) (●)|┃┃
             「何だお前、まだここに居たのか」       .   |.  (トェェェェェェェェイ|┃┃   ガチャッ…
                                      .     \ \ェェェェェ/|┃┃
                                          /          .|┃┃
                                          / i       (.二つ┃
                                         { ミi      (.二⊃┃
                                         l ミii         ト、二)┃
                                         | ミソ      :..`ト-'. ┃



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     「お帰り」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



―――――――――――――――――――――――
  いきなり怒鳴られることはなさそうだ、と
  迎えたやらない夫の様子に片眉を動かした彼は、
―――――――――――――――――――――――

86 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:17:01 ID:E9x8Eecm
一296.
―――――――――――――――――――――
  ずかずかと中に入り込むとテーブルの上へ
  詰め所で預かった封筒を放り出す。
―――――――――――――――――――――



                                f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                |  衛兵から調書を預かってる。   |
                                乂______________ ノ
                                          _____
                                         / ヽ____//
                                         /   /   /
                                        /   /   /
                                        /   /   /
                                       /   /   /
                                       /   /   /
                                      /   /   /
                                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    「ああ、詰め所行ってたのか。
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     ありがとう、確かに受け取った。
.  |         }     ―――どれどれ」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


87 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:18:00 ID:E9x8Eecm
一297.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  昨日仕入れ損なった情報を確認しようと、早速目を通し始めたその様子を
  キル夫はふんっ、と鼻を鳴らして面白くなさそうに眺めていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |           「……………」
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ



                                               ____
           (………見かけは落ち着いてるな。             /     \
            あるいはもう嘘がばれたか?              /         \
                                              / (●) (●)    \
            今の内に謝って、                         | (トェェェェェェェェイ)     |
            雪華綺晶には言わないでくれと―――)         \ \ェェェェェ/    /



――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん、心中は言ってしまった嘘の事で一杯であったが―――
――――――――――――――――――――――――――――――

88 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:19:00 ID:E9x8Eecm
一298.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ここで頭を下げる事が出来たら苦労しねぇんだよ、と内心唾を吐いてしまう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                               ____
                                             /⌒  ⌒\
                                           /         \
                  (言えるわけがねぇだろ、クソ!)     / ;(◯)::::::(◯);;;;;; \
                                             |   (トェェェェェェェェイ)   |
                                          \  \ェェェェェ/   /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)     「女神の噂話と
. |     (__人__)      盗賊団の幹部待遇、か………」
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



―――――――――――――――――――――――――――――――
  一方、調書の情報を一通り確認して顎に手をやったやらない夫は、
―――――――――――――――――――――――――――――――

89 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:20:02 ID:E9x8Eecm
一299.
―――――――――――――――――――――――
  神頼みに釣られる連中の事を疑問に思っていた。
―――――――――――――――――――――――



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \     (何か欲しい物があれば、
  \          |      自分で手に入れれば良いと思うんだが。
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩      何で女神に頼ろうとするんだろう?)
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



                                                 ____
                                               /      \
                                              /         \
                  (ああもう。                    /           \
                                            |     \   ,_   |
                  女神でも何でも良いから、          /  u  ∩ノ ⊃―)/
                  この性格も何とかしてくれねぇかな)    ..(  \ / _ノ |  |
                                            .\ “  /__|  |
                                              \ /___ /



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  対照的にキル夫は、目の前の小僧と自分とを比べてまた、
  劣等感に苛まされる羽目となっていたりする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

90 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:21:01 ID:E9x8Eecm
一300.
――――――――――――――――――――――――――
  だが一瞬後に、彼にも迷いが生じてしまった。
  自分の手から零れてしまった命が脳裏を過ぎったのだ。

  忘れてしまう事は出来ない傷を思い出してしまい、
  良くない考えを振り払うよう拳を顔に押し当てる。
――――――――――――――――――――――――――



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j       (あぁでも、
                ,.イ 、    V     /         死んだ人を蘇らせられる事が出来るって言われたら、
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r         俺だって迷うな―――)
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



                                                 ____
           (イヤイヤ待て待て。                       /      \
                                             /         \
            結局はこの見た目が                    /  (○)  (○)  \
            原因なんじゃねぇか?                   |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
                                          .  \ Lェェェェェェェェ._l  /
            こんなツラじゃぁ無ければ俺だって―――)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  やらない夫とキル夫、それぞれの葛藤は
  それぞれが歩んできた道を反映しているかのようだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

91 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:22:01 ID:E9x8Eecm
一301.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでもやらない夫は、噂話に縋ろう、その可能性に掛けてみようとは一分たりとも思わなかった。

  一人で踏みしめてきた道には多くの事があった。

  それらは父から教えられた事では無い。
  自らが選び、経験し、乗り越えて来た事柄から目を背けたく無かったし、
  それらこそが希薄な自分をそれでも何とか形にしている、大事な記憶達なのだから。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く     (だけど………俺が奪った命も、
   l               l    ノ!     守れなかった命も、
   l               `ー‐ f r'     俺が背負って生きていかねばならない事だ。
   l                  ノ'
   !                     /       その呵責から逃げてはならない。
   ,'                   /        俺が選んで良いのは、俺の手でできる事のみなんだ―――)
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                                 ____
                                                /      \
           (いや待てよ?                          /         \
            だから神様が居るのか?                       /  (○)  (○)  \
                                             |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
            人にはどうしようもない事を改変する為に………)  .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  逆にキル夫は、大いなる存在が居る意味を考え始めていた。

  この世界に神聖魔法と言う奇跡がもたらされる以上、
  神々は実在するのは確かで―――
  宝具の願いも神聖魔法も同じではないか、そう思ったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

92 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:23:01 ID:E9x8Eecm
一302.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかしやらない夫の推測からすれば、噂話が何らかの真実から零れ出たとしても
  『何でも願いを叶える』と言うのは誇張だろうと考えられた。

  様々な効果のある神聖魔法は、それぞれ力の源となる神が異なる―――
  つまり、一柱の神にもできる事、できない事があると言う証明に他ならず、
  よって宝具を集めて何かが可能だとしても、せいぜい大地の女神が司る奇跡の範疇と予想される。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)         (それにリフの事も鑑みて、
           |,      ` ⌒´ノ          女神の宝具の話に
          │         }          ある程度の信憑性があるとしても―――
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;             それは大地の女神の奇跡の中での事じゃないのか?)
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



                                                 ____
                                               /      \
                    (だぁ~か~らぁ~~~。             /         \
                     そんな与太話に                  /           \
                     何を妄想してるんだ、俺は。       |     \   ,_   |
                                            /  u  ∩ノ ⊃―)/
                     都合の良い話には罠がある、     ..(  \ / _ノ |  |
                     そうだろう?)                .\ “  /__|  |
                                              \ /___ /



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  そんな風に、女神の噂話を目の前にしても冷静に自分を保っているやらない夫を見ていたせいか、
  キル夫もやがては自分の根源に立ち返り、都合の良い話を振り払って頭を冷やすことができた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

93 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:24:01 ID:E9x8Eecm
一303.
―――――――――――――――――――――――――――――
  もしかしたら宝具集めの糸を引いている誰かは、
  そこまで把握した上で魅力的な嘘で扇動しているのではないか。
―――――――――――――――――――――――――――――



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',    (しかも、大地の女神は
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬     闇と月の女神と並んで女神の中では代表格だけど、
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ    あんなリフでも信者で居られたんだ―――
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!   どちらかと言えば鷹揚な神様なんじゃないだろうか?)
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l ! 
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l 



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  問題はその手段であるが―――

  例えば理力魔法の道具である魔符が、魔力を有さない者でも利用できる事の様に、
  何かしらの道具を介在しての奇跡は
  司祭が行使する場合や神々の意思が直接宿る聖遺物とは異なり、
  行使条件がかなり緩和されるのでは無いだろうか。

  それこそ盗んだり、奪ったりした宝具であっても、
  大本の発動条件に関わらないのであれば
  悪党や邪神の信者ですら利用できる可能性があるとしたら。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


94 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:25:01 ID:E9x8Eecm
一304.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そこまで考えこんだ所で、はっと気がついた。
  自分がそれを心配しなければならないのも、あと数日の事になってしまったのだ。

  調書を持って来てくれたのに役に立たないかも知れない、と
  申し訳なさそうに言うと、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    「ああ、そうだ。
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |     さっき執事のアストナージさんから連絡があって、
       / ミ)      /     非常事態宣言が出た事により、
      ./ ノゝ     /      王都から証護衛の騎士団が近日中に到着するそうだ」
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



                                               ____
                                             /     \
            「………つまり俺達はお払い箱って事か」      /         \
                                          / (●) (●)    \
                                          | (トェェェェェェェェイ)    |
                                          \ \ェェェェェ/    /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  さすがキル夫も察し良く、この仕事の終わりが突発的に訪れた事を理解したようだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

95 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:26:01 ID:E9x8Eecm
一305.
―――――――――――――――――――
  それでこれからの事にやんわりと触れ、
―――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |            「いきなりのことで申し訳無いと思ったのか、
            |   ` ⌒´  |             この後、俺達にそれぞれ仕事があるのか心配してた」
          .  |         }
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



                                                ____
                                              /      \
                                             /         \
                                           /           \
                                           |     \   ,_   |
                     (ばれてるな、こりゃ………)    /  u  ∩ノ ⊃―)/
                                          (  \ / _ノ |  |
                                          .\ “  /__|  |
                                            \ /___ /

96 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:27:01 ID:E9x8Eecm
一306.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  先ほどの事は言う相手が違うだろう、とある意味とても正当に切り返す。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)      「今後の事は、
.   |     (__人__)      三人が戻ってきたからもう一度話せば良いだろう。
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }       何か要望があるのなら、
.   ヽ   L     }        俺にじゃなくて雪華綺晶に伝えるべきだと思うぞ」
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ



          
             「……………」                            ____
                                                /      \
             (黙っておいてくれるってか。                /         \
                                             /  (○)  (○)  \
              随分とお優しいこって!                 |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
              その余裕は勝者の確信からですかぁ!?)    .  \ Lェェェェェェェェ._l  /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ところがそれがキル夫には信じられなかった。

  一人の女を取り合っているのだ、自分が見せた弱みを利用しても当然なのに、
  それを手札から外したばかりか同じテーブルに着いても言いとまで言われたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

97 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:28:02 ID:E9x8Eecm
一307.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  こいつは俺の事を歯牙にも掛けていない。
  むしろ勘違いしていただけで、雪華綺晶の事も何とも思っちゃいないんじゃないか。

  そうとすら思えた彼はもはや、乾いた笑いを無理矢理に押し出すことで
  呪詛にも近い言葉を何とか胃の中に押し込むことしか出来ず、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                             ____
       「ハハハハハハ」                             /⌒  ⌒\
                                          /         \
      (あれだけチヤホヤされて反応がそれだけか!?     /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \
       どんだけ恵まれた存在なんだ、テメェ!!)        |   (トェェェェェェェェイ)   |
                                         \  \ェェェェェ/   /



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |        (あれ、言い方まずかったかな?
. |        |
  |        |         いやでも、じゃあなんて言えば良かったんだ?)
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



―――――――――――――――――――――――――――――――
  予想外の反応を返されたやらない夫は、
  自分の選んだ言葉があまり上手くなかったのかも知れないと思った。
―――――――――――――――――――――――――――――――


98 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:29:00 ID:E9x8Eecm
一308.
――――――――――――――――――――――
  しかしそれはある意味、彼の思い違いである。
  男女のこじれた関係に正解も間違いも無い。

  あるのは勝者か敗者か―――
  あるいは両方敗者になるのか、なのだ。
――――――――――――――――――――――



       __
     .,/,-、  \
   / ノ:/ ノfヽ.. \
   | /:/ /...| |  |
   l レ ./..ノ .,''´} i    「………ははは」
   l   ' ´ .〃 / |
   ヽ.     . 〈 .ノ    (魔法を覚えるより難しいな、
     \.,_  ._ノ /     こう言うの………)
      /  /  ヽ
     ./  /   |
     i ./  .  |



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分が勝ちたいのか、負けたいのかもまだ分かっていないやらない夫は
  方向性を間違ったか、と顔を手で覆ったのだが、
―――――――――――――――――――――――――――――――――

99 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:30:03 ID:E9x8Eecm
一309.
――――――――――――――――――――――――
  結局満ちた沈黙に居たたまれなくなって、
  外の空気を吸おうと部屋から出て行ってしまう。
――――――――――――――――――――――――



    /||ミ
  / ::::||
/:::::::::::||____
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::||        ||
|:::::::::::::::|| / ̄ ̄ヽ|| ガチャ
|:::::::::::::::|/      ヽ
|:::::::::::::::||       |    「散歩にでも行ってこよう………」
|:::::::::::::::||       |
|::::::::::::::|||        |
|::::::::::::::||ヽ_    _/
|:::::::::::::::||/    ヽ|
|:::::::::::::::||  i   } |
|:::::::::::::::||ノ |   } |
\:::::::::::||  |  i  |∪
  \ ::::|| ̄|  ||ー| ̄
    \|| (_/_ノ

100 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:31:01 ID:E9x8Eecm
一310.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  残されたキル夫は呆れた苦笑いで頬杖を突くと、
  深呼吸と変わらないぐらい大きな大きなため息を遠慮無く吐き出し―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――



         ____
         /     \
.     /        \
    l^l^ln;;;(○)::::::(○);;; \       「くぁ~、やだやだ。
    ヽ   L(トェェェェェェェェイ)  |        なんなんだ、アレ?
     ゝ   \ェェェェェ/ /
   /   /         \        無自覚すぎて気持ち悪いわ」
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))




―――――――――――――――――――――――――――――
  理解できないわ、と自分とは別の生き物である事を確定させた。

  別に綺麗な事に違和感を感じて不愉快なわけではない。
  そう生きられなかった自分に対する劣等感は多分にあるが、
  『自分が綺麗だと自覚が無い』から気持ち悪いのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――

101 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:32:00 ID:E9x8Eecm
一311.
――――――――――――――――――――――――――――――
  綺麗である自覚があっての態度か、
  綺麗であろうとする姿勢があるのならむしろ格好良いとすら思う。

  だが、あの少年の場合はそうではない。

  『綺麗で居ろと言われたから綺麗で居ます』の様な、
  お人形のような綺麗さが感じられたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――



                      ____
                     /     \
                    /        \      (ある意味危なっかしいぞ、あいつ)
                    / (●) (●)    \
                 | (トェェェェェェェェイ)     |
                     \ \ェェェェェ/    /
                    / ̄        ̄ ̄)___
                  / //       /'/ /  〃 ⌒l
        _____/⌒\./       /∧し'___|;;;;;;;;;;;;|
        l'⌒゙l  ( ゙̄^  ヾ  /⌒ l\ /    |'⌒゙|;;;;;;;;;;;;;|
        |  |──=`──‐/  /────|  |;;;;;;;;;;;;;|
        |  |         ノ_  /       |  |;;;;;;;;;;;;;|
        |  |        iヘ__ソ         |  |;;;;;;;;;;;;;|
        |__|_______ ̄_______.|__|;;;;;;;;;;;;;|



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  そう言うのが好きな奴だって大勢いるだろう。
  潔癖症の人間なら歓迎するだろうし、
  別の何かに視点を奪われたのなら気にならないほど僅かな違和感だ。

  だが、そう言った裏付けの無さ、芯の細さは、
  ふとした拍子に反転する危うさを秘めている事をキル夫は知っていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

102 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:33:00 ID:E9x8Eecm
一312.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  何しろ今現在、当の自分が抗いがたい反転衝動に駆られているのだ。

  甘い妄想に浸る回数が多くなりつつあるキル夫は
  仕事のことだけを考えてより現実的考えを保とうとしていたのだが―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――



       ____
     /      \
   /         \     「まぁ俺は、他人の心配している場合じゃねぇんだけどな」
  /  (○)  (○)  \
  |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
.  \ Lェェェェェェェェ._l  /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  急に終わりを告げられて雪華綺晶との別れが明確になった今。

  女神に救済を頼んでも良いのではないか、
  そんな風に自分を誤魔化そうとする意識が膨れ始めたのを自覚せざるを得ない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

103 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:34:01 ID:E9x8Eecm
一313.



     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |     「しっかし、あと数日か………
/  u  ∩ノ ⊃―)/      一か八かで組になってくれって、
(  \ / _ノ |  |       もう一度誘ってみるしかないか………?」
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



――――――――――――――――――――――――――――
  せめてもう少し時間があれば。
  せめて、やらない夫が現れなければ。
  あるいは何とかなったのではないか。

  キル夫もまた気づいていない。
  そう思うことがすでに、希望的観測に縋っていると言う事を。
――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


 
 
104 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 21:34:41 ID:5nEmdwjH
このキル夫は姿変える魔法で受け入れられても納得しないだろうなww

105 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:35:01 ID:E9x8Eecm
一314.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――
  悩ましい男達とは無関係に時間は進み、夕暮れ時―――
―――――――――――――――――――――――――――



                           ..........................................
   ⌒Y⌒                  ...::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::.............
        カァー         .......::::::::::::::;;;; ''''          '''''' ;;;;:::::::::::............
                  .......::::::::;;;;;''''                 '''';;;;:::::カァー:.....
         ⌒Y⌒   .........:::::::;;;'''               ⌒Y⌒  '' ;;::::::::........
           (´(;;;⌒;;;⌒ ) ;;'''     カァー      >>>       ..... ..:::::''.;;::::......
               .....:::::::;;''             (:::::∋:)    ..... ......... :::::.'';;:::::......
             .........::::::::;''     ⌒Y⌒      彡´^:::::〉   ... . ........:::::: :::::::::';::::::....
(;;⌒;;;⌒ ) ... ....::: ::::::::::::::::::::::;'            __|√_________;;:::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.......            / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(´(:: ⌒ / ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
::::::::::::::(´(;;;⌒;;;⌒ ):::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7 ^7
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 三三三三三三三三三三三三三三三三三≧! へ || ̄ ̄| ̄ ̄||:.:.::;::.:.:.:.:.::;;|| ̄ ̄| ̄ ̄||:
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:# :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    |    ||:
 :.:.: :.: .:.I/l⌒l\I:;; .:.:.:.: : . I/l⌒l\I .:.:.:.: :|  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||    |    ||:
 :. .:.:.:.:. |  |  |  | .:.:.:.: : .:.: |  |  |  | .:.:.:.: :|  |:.:.:.:.:.:||    |    ||:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.||    |    ||:
 :. .:.:.:.:. |==|==|==| .:.:.:.: : .:.: |==|==|==| .:.:.:.: :|  |:.;.:.:.:.:||__|__||:.;,:.:.:.:.:,:.:.:.:.||__|__||:
 :. .:.:.:.:. |  |  |  | .:.:.:.: : .:.: |  |  |  | .:.:.:.: :|  |┏───────────┓:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 :. .:.:.:.:. |==|==|==| ;; .:.:.:.: : .:|==|==|==| .:.:.:.: :|  |∥:.:.武具 是得太の鼓動 :.:.∥"゙ ̄ ̄ ̄
 √:.:.:.:.:|_|_|_| .:.:.:.Χ.:.: |_|_|_| .:.:.:.: :|  |┗───────────┛:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 :. .:.:.:.:.  ̄ ̄ ̄ ̄:. .:.:.:.:.::..:.: ̄ ̄ ̄ ̄ .;.:.;,: :| [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 :. .:.:.:.:. :.:.#;:. .:.:.:.:. :.;;:. .:.:.:.:. :. .:.:.:.:. :. .:.:.:.:. :. .:|  | )~( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:)~( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


106 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:36:00 ID:E9x8Eecm
一315.
―――――――――――――――――――――――――
  役所から戻る際に寄り道をしていた雪華綺晶は
  館に戻るなりやらない夫の部屋の前に立っていた。
―――――――――――――――――――――――――



                   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                   |  やらない夫、居る?  |
                   乂__________ ノ

             , ¬―‐、
            /   \ }
          /  ヽ`ヽ ノヽ    コンコン
        /     \人_/
      /     tく_//
     ./   _ノー'’
     l    Y
     l      |
     l      |
     l      |
     l      |
     l      |

107 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:37:01 ID:E9x8Eecm
一316.
―――――――――――――――――――――
  ノックをしても返事はないし、
  室内の気配を探っても人の居る様子はない。
―――――――――――――――――――――



                                       ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                      {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                    /./       辷ニソ
                                   / /   l  l l  l (( \
                                     / / l  l| /i| i| i| | | l \
                     .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                                   /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
           「………あれ? .             /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
           お出かけ中?」             /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
                     .           /  /   / ノ八  _     / /  i!
                               /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                               .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                              / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                            / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                            i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                            // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                           /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /

108 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:38:01 ID:E9x8Eecm
一313.
―――――――――――――――――――――――――――
  別にショックでもなかった彼女は
  少なくとも館の中に居るだろうと考えて彼を捜すことにした。
―――――――――――――――――――――――――――



        __         |∬|:.       __         |∫|:.       __         |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
     ||―|―||        |∬|:.    ||―|―||.     |∫|:.    ||―|―||.     |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
         ̄ ̄         |∬|:.        ̄ ̄         |∫|:.        ̄ ̄         |∬|:.
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======: :
  ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∫| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======:

            
                 _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
                 /   ,′  ´ ̄、`Y  l
               /    /   、    l くハ |
               ,′ , l !   , |  、 |  l l|    「―――やらない夫はどこかな~♪」
            .   l  | | | /| ∧__ハ| | | |
              | |  l | l7/斗‐r、 | | | |
              |∧ |Nヘ、!/ヘ::.::.::.} 〉  ,′l|
              ´ ハjミYシ′  `ー' /  /  l| \
               / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
            .  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、
              l  /  / {^ーメ‐┤ | |\   `ヽ、 l
              |/ / rく_∠__」 「ヽヽ \_ l ! |
              / /{_)'′   / ∧ ト、| |  / ノ |/ /
            . / / //乙ヘ__/_/  〉 V| |イ7′ l||
            / ,ハ// ハ _| `ヽ_爪 ∨| | | ,  l| |
            ヽヽ〈く  | {∧x 「交7 | } | Vl |ノ| ∧{
             `ヽ\`ヽ`ーヘ」爻ハ__j// `ヽヽレ'´ `ヽ
             ー'∠/  ̄ ̄|__/´ 〈〈    ` ̄ ̄ テクテク


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  軽い歩調に鼻歌交じり。
  懐に入れている物の事を思うだけで、温かい気持ちで心が満たされるのが分かる。

  半分スキップするような足取りで廊下の曲がり角を曲がった時だった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

109 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:39:02 ID:E9x8Eecm
一314.
――――――――――――――――――――――
  全く予想もしなかった人物がそこに居て、
  全く予想もしなかった反応をするので―――
――――――――――――――――――――――



    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !:::::::l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! :::/:::::!:::::::::::!: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,':::::::!:::::::::::::!: : : !:::::::l: |:::::ヽ: ヽ: : : : :
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、::::::::::::::l: : l:::::::::', l:::::::::ヽ: ヽ: : : :
         | : : : : |: :/l:::::|__   |::::::::::::::!: |:::::::::__'|:::::::::::ヽ;!、: : : :
        |: : : : :,!: !: l:::::r '  i !:::::::::::::::| |:::::::::::/`''―- 、ヾヽ: : :
          !: : : イ|/: :,!:::::!ヽ-'/::::::::::::::::::l:!:::::::::::!_      /l: :∧: :   「…………」
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ! :/: :! : :!
         ヽ:| | |: :{               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l
           '.| | |: : \    、__         ` '´ /:/ : : : ,!: |
              | |: : : : |ヽ、 __,.、 `ー'         ・ /:/: : : : :/!/
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: : クスッ
              | |: : : : |/ / / ,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :
              | |: : !         |/::::::::::::::::: , ': : : : : , ': : : : |: :



                              _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
                       _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
                      //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
                       / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
                       | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
                       | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
                        | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
                       / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
 「うっわ!                   ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
  いつから見てたの!?」     / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
                    / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
                  / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
                 / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
                ../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
                /  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
                |  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  数十センチ以上飛び上がって驚いた彼女は、そのまま取り乱しそうになったのだが。

  相手が反応の薄いコナタであった事もあり、
  冷静さをぎりぎり保ったまま何処まで痴態を見られていたのかと問いただし―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

110 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:40:09 ID:E9x8Eecm
一315.
―――――――――――――――――――――――――――
  結果として後悔する羽目になる。

  自分の鼻歌の全てを聞かれていたばかりか、
  彼女は辿々しいながらも、見ているだけで笑いたくなるほど
  浮かれた様子まで詳細に再現してくれたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l   「『あ~なた~のお悩みキラッ☆と解決!
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V    良いもの良いもの、あ・り・ま・す・よ~♪
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/       やらない夫はどこかな~♪』」
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



                                         _(( ,  ´       `  、  ( /
                                        _{(>y.X                r--.、
                                        / 辷ニイ                {く } }=-、
                                          /  /   /  /  /    l、       ̄\
                                      /  /   /i  |l  | |   | l  li  ヽ     ヽ て
                                        /  / li  / .|___|l  | |   | l  | \  l!    |  て
                           .            /  .′ .li i 厂`ヘ,ノ)| |   | l  |  l l!    |
                   「全部!?」            /  i l li |〈 T>λソハlハ, ノγ‐=ミ.| l!   iリ
                           .          /   l l .li | >入イ .イ      {{     ハ.l!   / .|
                                    /   八/ハli |((`ー -彳     弋   ,リ./.   /  |
                                    "  / / r-、_.! lllll  .   ,:----、 'U‐'rく\/    |
                                /  / /// / )r-、    {::::::::::::::} (`ヽ\ヽ \.   !
                               /  / / // .′/ / )   ヾ::::::::::ノ  i ノ `     l   |
                           . /  / /  / {    ' iく > . _ _/      /  |
                           .イ  / /   /< \     ヽ(r、/__) n/      イ、_.r-、 |
                             / /    /  ノ Ζ    } //⌒U(     イ、__ノ⌒ .\
                           /. /       ./  /  { r─z rイフ//\ }_几ィ⌒´|

111 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:41:04 ID:E9x8Eecm
一316.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  客観的に見せられて思った。
  これが広まったら何を言われるか分かったものでは無い。
  むしろ、キル夫とやらない夫に余計な騒動を巻き起こす可能性だってある。

  実は時すでに遅かったのだが、知るよしも無い彼女は口外しないよう願い、
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                          /  r--i、 .          i < r- //
                          l  / } |/             \ヘノノ ∧
                           l  Y/               il     l
                           l (( l     i     l       l    つ
                           l   l     l l     l l l l l   l    っ
                           l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
 「で………出来れば、             l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
  見なかったことにして欲しいなー?     l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
  なんて………」                 l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l
                           l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l
                            l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l
                            y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
                             l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
                            l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
                            l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
                            l l i` トィ--!‐~ ___ ~i: irー -r-----i'´__
                            l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7



               //
              〃       ,r:、
              ,⊥.-.. ..、 ..,/.::.::|_
           , .::'".::.::.:;.::.::.::.::.::.::.::.::.:l.::.::.::`_`::‐-. .、
          , ' : : : ; :.'.: :: :: :: ,! /::.::.::.l.::.::.::. : :`ヽ ̄``丶
        /  ./ノ.::.::._::_::./.:;{:;!.::.::.|:.:;.::.::.:.ヽ:. . ヽ
.         i..:..:..//::.::.::´::.::/.;7 l'.::.::.:ハ:.:|、::.::.':;.:'、、:.`.、
        l.::.:/イ:.::.::.::.:;∠/∠ ,!:.::.:/ .!个l.::.::.::';:.:、ヾ::.:',
          |::/:/.::.::.:;:ィ「「示芥 /::.::/ _、|ハ:l.::.::.::.';.:i. ヾ:.i.
          /:/.::.:/::|:| ト-イ! /:.:;/ ^}≧ォ!|.::.::.::.:l.:!  ゙'}
       /,ィ;:イ`!.::.::.!! └-'' /, '   /ー/∧::.::.::.::.:!l
        /' l':;.:人.!.::.::.|   /'゛  ' ヾ‐゙/::.j|::.:l!::.::.l!
       l:/::.::::::}.::.::.l     ∠!   j.::.:l !:/ !::.:;l    「?」
         !'.::.::::::ハ.::.::l`ト 、   _ .. イ.::.:l l/ |.:/
        ,'.::.:::::/:::::;l.::.:K、 乃「:::|::::::::||.::.:;!   l/
      /.::.:::::ム<. l::.:l \_ゝト、!::::::|l.::.:ハ
      /.::.:::/ニ、ヾミミ.l.::.i. ヽ | \:|'::./:::l   コクコク
      /::.::::/′ `丶ヾ:!::l.、 `、l   /l::./::::::!
     ,:.:.:::::;'      |`ヾ:トミヾ、| //!∧::::::|



―――――――――――――――――――――――――
  コナタは不思議そうな表情ながらも了承の意を示した。
―――――――――――――――――――――――――

112 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:42:01 ID:E9x8Eecm
一317.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  それから、恥のかきついでに捜していた相手の所在を問うてみたが、
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                 ((‐  __      __     ))__
                                /  (必)'´            `  ミイ茫ハ  ヽ
                                 / /  / /            乂Y》ノ   i
                              i   / /   ′.′|  |   | |   ヽ   ((     |
                              |  ′      |  |   | |     |  | ))     |
                              | { |     |   |  |   | |     |  | |     |
                                   | | |  |  | ((| .ハ`ー┼┼‐-ハ |  | |     |
                                   | | |  | x--ノノ      x==ミ l |  | |     |
 「えーと、その………                      | | |  {f芯ハハ     んu:l| 》 l|  | |     |
                                   | 八人ハ[ 辷ソイ}    弋とつo八八丿    |
  やらない夫が                          |  八 r| ::::::::   '    :::::::: -- 、 |八   八
  どこに居るか知らない?」                ,  /   ヽ     r - ‐ 、  /     ヽ  \   \
                             / /   Y.人     ー   ′{ r─rr─r‐'⌒ヽ \   ヽ
                              /  / )  >    _(⌒{  ||   } },   ト、 \
                             /   .′ _{ 乂       { } τ v  ヽヽ   丿   )   }
                           :   {  {`ーっ 乂_    ノ/           ヽ. /   人
                          ハ  ヽ | 匕⌒) i  //ー' {            } ′ /   \
                         /  }   ノ  { └'⌒(_r─z匁、             /  /
                         /   /二ニ <   /     {  } \ ヽ  !  〃 /  (  \     }
                        ′   (/ r─    ``{ ̄冖=‐<_   Υ          \   \  \   ′
                      {    (_/_/ ̄__     廴_      ̄ `<        ヽ   )  ) /
                       、     (/゛r┐> _r─‐         \      丿 / /  {
                        ヽ   r‐「 | .|   \ }                  { / /(    \
                        丿  r┤ |__Lノ\  ( |        /           |{  (   \    \



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!  ブンブン
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



―――――――――――――――――――――――
  一秒も考えなかった相手は即座に首を横に振る。
―――――――――――――――――――――――

113 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:43:01 ID:E9x8Eecm
一318.
―――――――――――――――――――――――――――――
  知らないのであれば、一刻も早くこの場から離れたい。
  未だ、動悸の収まらない雪華綺晶は焦った様子で伝手を頼み、
―――――――――――――――――――――――――――――



                                 ト/ニヘ((__       _  )) __
                                /ミY//_}-         `._ {λZ i ヘ   つ
                               / //               ヾ、_ツイi  っ
                                  / /    i  i  i   i   i    l ))  i
                                / / /   /  i l  i l   l     l((  i
                            /  i i   i i  i_! l  l _!l   l     l   li
                            i   l l  i iァナアl_ l  l iナナー!l    ll    i
 「じゃ、じゃあ………その、          i  /i l  l il T >ヘ     l_il l  l_  l  l   i
  もし見かけたら私が捜してたって      7 / l l l il i>ン_シ      了:::::::ア ! l l  li   i
  伝えてくれるかな?」               /  i  l l l i l  ゞ イ      弋;;..ノ l l / l  l    l
                          l  l  l     l """   ,    """ //i7   !    i
                         l  l  l      \      __    ..イl  l   l   l l
                         l  l l   r 、.    >. ‘   ’:r、.:イ:  l.  i   !   ! i
                           i  l l rf-- ゝ、__ \t`ゝ-- y|  /  /l  l  l   l  i
                      ___  l  l l トイ!    `´ )  Y   入_l / l  _!_ l   l   l
                    f⌒| ヘァ l  l l / {_,        _       ̄ ´  -ァl   l   l
                    f ! i__l ト、-i  l /   ≫       >          ヘ    i  . i__
                   f i_ i-' r--'  f i_r-i __ }イァ    / i        r 乙__|i   i /´)''´ }
                   >、_ir-iノ    i  `''′i// T-i /XXヘ  ,r、 _i`-i-′   !__ iーi / i ./ .}
                   }yT\      l   i'´⌒i/r-iX^XXXヘ/X i´_|_ノr-i__r-イ  ∨ ヘf⌒!/i
                   i-'′       l   l  l`´ \/-iXXi亠i_/ ノu_l      7    f'"_イ



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l   コクコク
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l

114 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:44:01 ID:E9x8Eecm
一319.
―――――――――――――――――――――――――
  何を考えているのか全く読み取れないコナタの前から
  逃げ出すようにその場を離れた。
―――――――――――――――――――――――――



      j  |:l     !:: :.,    :l:::l    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
       j  l」_r―┐|__ l.  ::|::::l    |  よ、よろしくね!   |
     /j  l| 〒テ 「   |  :::|:::::!    乂_________ ノ
      /   /l /|| l lハ   l  :::|:::::|
    ,/\ / l {_ハ_| lメ〈  l .:::|/l
    \./ーl l乂l l∨〈  lー/   |
      {_l l乂l l V ハ |‐/ /
       j l乂l l  ∨:l l /'´
       l l乂l l   lヽl l
        l l乂l l  lく l l
         l l乂l l  l∠| l
         l l乂l l  l∠l ハ
         l j乂/ / / ヘ _/  タタタッ
        | 乂 lー'   / :|
       l    { __/ _」
       |    〈 ̄ ̄
       l   ノ}
       ゞ==='イ

115 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:45:01 ID:E9x8Eecm
一320.
――――――――――――――――――
  階段を一段飛ばしで駆け下りる途中。
――――――――――――――――――



               ___      ______     ))
         _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ   「あぁ驚いた。
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }   ………私もいい加減浮かれ過ぎね、
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l|、、i⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′   気をつけなきゃ………」
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .  ///// / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((           イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  -‐(   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \



―――――――――――――――――――――――――――
  見られたのがコナタで良かった、と幾分頭が冷えた彼女は
  どうやら気づかなかったようだ。
―――――――――――――――――――――――――――

116 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:46:01 ID:E9x8Eecm
一321.
――――――――――――――――――――――――――――
  自分達のやり取りを眺めていた、二対の視線があった事に。
――――――――――――――――――――――――――――

┌──────┐
│廊下の影    │
└──────┘



               /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
          /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´
         //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
        /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄     (驚いたのはこっちですよ!
        |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\
        |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄      コナタが長文を喋ったんですよ!?
        }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、     寝ぼけた状態じゃないのにも関わらず!)
        |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
        / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
          .l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
          r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
        /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |



┌──────────┐
│反対側の曲がり角   .│
└──────────┘


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l     「くそ………
: : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |      くそっ………!」
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :: ::|
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :. :./
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\

117 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:47:01 ID:E9x8Eecm
一322.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  困惑のエル、絶望のキル夫を残して二階を見て回った彼女は最後に、
  一階の玄関近くまでやってきていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――



        __         |∬|:.       __         |∫|:.       __         |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
     ||―|―||        |∬|:.    ||―|―||.     |∫|:.    ||―|―||.     |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
         ̄ ̄         |∬|:.        ̄ ̄         |∫|:.        ̄ ̄         |∬|:.
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======: :
  ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∫| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======:

            
                 _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
                 /   ,′  ´ ̄、`Y  l
               /    /   、    l くハ |
               ,′ , l !   , |  、 |  l l|    「自室に居ない、
            .   l  | | | /| ∧__ハ| | | |     食堂にも居ない、
              | |  l | l7/斗‐r、 | | | |     お風呂とかお手洗いではなさそう、
              |∧ |Nヘ、!/ヘ::.::.::.} 〉  ,′l|    となると………」
              ´ ハjミYシ′  `ー' /  /  l| \
               / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
            .  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、
              l  /  / {^ーメ‐┤ | |\   `ヽ、 l
              |/ / rく_∠__」 「ヽヽ \_ l ! |
              / /{_)'′   / ∧ ト、| |  / ノ |/ /
            . / / //乙ヘ__/_/  〉 V| |イ7′ l||
            / ,ハ// ハ _| `ヽ_爪 ∨| | | ,  l| |
            ヽヽ〈く  | {∧x 「交7 | } | Vl |ノ| ∧{
             `ヽ\`ヽ`ーヘ」爻ハ__j// `ヽヽレ'´ `ヽ
             ー'∠/  ̄ ̄|__/´ 〈〈   
                          テクテク

118 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:48:07 ID:E9x8Eecm
一323.
――――――――――――――――――――――――――――
  他に可能性があると思われる場所は全て見て回った後なので、
  おそらくここに居るだろう。
  高鳴る心臓を落ち着かせるように深呼吸を二度してから
  ノブに手をかけてゆっくりと扉を開いてみる。
――――――――――――――――――――――――――――


f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  あとは談話室ぐらいよね?    |
乂______________ ノ

:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ガチャッ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

119 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:49:01 ID:E9x8Eecm
一324.
―――――――――――――――――
  声が上ずらないように、
  笑顔になりすぎないように、
  至って平静を装って呼びかけた。

  しかし―――
―――――――――――――――――



    `ミレ_____/三ニ   -    ヾ ミヽ___
   _ _ >//K/f´               \ `ー`ヽ
   `゛=っノノ                   ヽ  `| |
    / >/        /    ;  ;      |ヘ  | |
   i´   /  ,     ,  / /   |  |  ;     | |  | |
   |   /| ; |     / / /  ; __ノ=+- 、|  ;   | |  | |
   | ; | || | ;___ . | | /i  / //_/__ ノ`ハ |  | | | |
   | |  | ヘi  ||`iレミヘiハli // //,=テ=ミノl ノ ノi l  | |    「やらない夫、居る?」
   | |  i ミ  |ト i ilト哀ノ>イ´ ´f::::::ハ jメノハノ//i i  l l
   ;| |   | ヽlヾミfニ及彡ノ ,  弋:.:ソノ /y/イ l    |
   | ハ   ヾ  ト゛´-Z/        ノ l  i  ヽ   |
   |ノ i   |  | `>`)  ー -   /;;;ill  | | ヘ   |
   |  |l   |  | //ト=i-= 、_ _ イミノil l |  | |     |
   |  ||  |  |ソノ/ノつ= ≧≦三ハ_ム  ilY      |
   /i  . l  | | |-ミ彡ー-゜/ii iiヽ`、ミrル  ) li      |
  / li  l i  l ノ/   `/oフ> `´<l oヽ  ノ  il     |
 /  i il   //  ヽ -ノo/< <> >ioヘノ/       /



 |\                                 /7
 |  |                                /  /
 |  |            ___               /  /
 |  |          / __ \      __      /  /
 |  |         (__/   \ \__/ )     /  //⌒i
 |  |      ∧          \___/     /      |   ∧
 \ \__ノ ノ                     /    /|  \_ノ ノ
   \___ノ                     (___/  \____ノ
     ||;;;/■ヽ ;;||        | ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||
     ||∩・∀・).||   .从从w!| ||==========||
     ||;;;;;;;;;;;;;; ;;;||   ,ハvVvwリ..||[[[[[[[[[[[[[[[ ||
       ̄ ̄ ̄ ̄   /ルwwV ヽ|==========||
               WwwW . ||[[[[[[[[[[[[[[[ ||       |ヽ
 _          __|  ::| !. .i|==========||       | ヽ  .|\
   i⌒⌒⌒⌒⌒i    .ヽ_ノ.\||[[[[[[[[[[[[[[[ ||       | \ | |O ヽ
   i'--、_______, -'、            ::::::::::::::::::\      ヽ  | | Ni |
   i丶_丶  丶\\:.            :::::::::::::::::\      ヽ| ヽ\ |
   」\|:::|-----丶|:::|::..                  \        \ |
    |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                  \
    | | .\______\                  \
       | |-----------| |::..                  \
          .i~⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒i               \
      .(ヽ~ヽ:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                 \
       ヽ.\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ヽ:::::.....               \
        \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)::::::::.....              \
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



―――――――――――――――――――――――――――
  がらん、とした談話室には人の居た気配は残っておらず、
  沈黙と冷たい空気が彼女を出迎えただけ。
―――――――――――――――――――――――――――

120 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:50:03 ID:E9x8Eecm
一325.
―――――――――――――――――――――――
  明らかに落胆した自分が居ると分かる。

  ここでは誰も見ていないので
  遠慮無くため息を吐いて粘り強く室内を見回すも、
  やはりやらない夫はここにも居ないようだ。
―――――――――――――――――――――――



             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/   「おっかしいな?
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l    館の中に居ないのかな?」
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ / ' / / /    !
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  / / / /    l
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / / //    |
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |     |
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |       |
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ   ヽ
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |    \
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ        \


121 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:51:01 ID:E9x8Eecm
一326.
―――――――――――――――――――――――――――――
  もしかしたらまた訓練しているのかも知れないと庭に出てみたが、
  背が高く目立つはずの姿は見あたらず―――
―――――――――――――――――――――――――――――



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ____________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|                   |  |    |          |
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|                   |  |    |          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|                   |  |    |          |     ||  ||  ||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}    |  |    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|     |  |    |          |     ||  ||  ||
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::|    |l     ∥     l|     |  |    |          |
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::|    |l┌ Ⅱ∥Ⅱ ┐l|     |  |    |          |
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ ∥   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijkn.ィ>ヘ_.  ´  ̄ `  r=ト-- 、      wliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
;;;;; , ' ´~ lilii / {必/ソ        ((〈{廻 }\ \
 wwliilwnw_/ /((/´|    i     |  |))ハ \ \
__,,.. -‐''  / /   /》 | l l  |  l  |  |  l i  / /
      {  {   i|ハ l| |  | l  !ィ:十 / l lハ( /
       i |   | l | | ト-ト、l,リ!ハ.!ィ=チ/ / ト、 i\\      「庭にも見あたらないし………」
       | |  λト、!r{<r>ツ   廴ソ/ / | | i } \\
       ヽ \ //// 八´  _,  / / i | | ||   \\
        >./ / / rir--≧m-≦i/ /rケ | | |/    / /
      /// / / /ニクr、._____人__.| |_ノ. ! !.∥.    /./
     // / /  /l イ .><`‐-||爻イ!|⌒i //.∥    //
    /ノ  / /i  l { 弋/ ノ  \  ヽ, /ヘ ヘ/..∥   .//
    l,!  / / |  {   /   ∠´___ノ_辷ァィ>/    ((
      ( (  \ /^フ  ,イ´  ̄  fケ \ノシ   /ノ
       )\ //r‐‐′ /   fケ    )     //
      /  ソ l i  \ /  / rクノ \  `> l,/
    //|,/ | | \!)入二辷.ニ孑 込辷ーイ⌒
 .   l/    \\   /x/    |.x|  ̄
           / /   /x/.     |.x|
          (ノ    /x/       |.x|
              '-´      ゝ-'


122 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:52:03 ID:E9x8Eecm
一327.
――――――――――――――――――――――――――――
  寂しさに似た感情が我慢できず、とうとう大声が飛び出した。
――――――――――――――――――――――――――――



                                         ,____,.廻}`lii_,,..、∥
                                        ,,-''"´´ ̄``!K呈/ゞ、''-、
                                      .,/´    -、  .`i゙""i..} ! l `',
                                     ././   i   i  'i  i }  'i li , .l\
                                    / .|   |i   ii  l .! .i   i ll i .|\\
        |\     /\     / |   //  /      l ,.ii   | l  !i  l .l |  i .i ii l .l .\\
      _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///       l i.lu  ./ll`''ii-l=、l_ / λ  li i.ヽ、! `i  i ,/
      \   やらない夫!          /       li li i、 ..//!_/ ! ! /`l''i/i  .li  .|i.\, \ l l
      ∠   聞こえてたら返事をして!   >        ヽi{シ/´. '行勿ッ/ / / .l  .! il  i\ `ゝ、``'_'
      /_ 一体、どこに居るの!? _ \         ゙<   `ー'´.//'!./入 ! l ..| ヾ i`\ li ``
       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄           .`.、-、. .,//l..! /-∧ヽ !、 il ..l .l ii| i`-i
        //   |/     \/     \|            /./..!._,i、,__,,,l /!i``''.!入!>i!! l l il  l li
                                     / /  .i iii/、l l''''y!‐''>.-.!! .l .|i Il l / il
                                    //  .l .iil/.Ll l!=ン-'./´ `'i i\i li .li l l
                                    l./    .l .il-ンl .!,   !   `il i / il ..! !
                                    l.l  .,,/ i l Z-/i.\  .!ィli   ゝil l il l  i



――――――――――――――――――――――――
  それは、今すぐ会いたい―――

  そんな感情がありありと込められた呼びかけだった。
――――――――――――――――――――――――

123 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:53:02 ID:E9x8Eecm
一328.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一秒して、やっちゃったと舌を出した彼女は自己嫌悪して目を閉じる。

  別に緊急の用事でもなく、仕事仲間の一人を捜すだけにしては
  明らかに自分の態度は熱を帯びすぎている。

  浮かれていた様子をコナタに見られて一度は自重しようと考えたのに、
  結局抑えきれずに大声まで出した事が恥ずかしく、
  そして今までの自分からは考えられない事だと冷静な自分が指摘しているのが分かった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                  ___
                                          >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
                                         γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
                                         / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨
                                          〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
 「―――って。                                ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i
                                          / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!
  食事の時でも今夜の見張り番の時でも良いじゃない。     イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!
  なに逸ってるんだろう、私………」                   |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|
                                       从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|
                                         !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,、__,j/  / '  } j   i|
                                         Ⅵハcぅツィ    ´ ̄どう / /  / ∧   iト,
  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                             `从(~  、   xx ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
  |  雪華綺晶? |                               j ))、  r 、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
  乂______ ノ                               ハi  \ ´ /       \ 、
                                            j    >ァ'          \ヽ



―――――――――――――――――――――――――
  だが、結果としてその呼びかけが正解だったようだ、
  彼女の声を聞きつけた相手から返事があったのだ。
―――――――――――――――――――――――――


124 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:54:02 ID:E9x8Eecm
一329.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  それでまた、先程までの自己嫌悪も何処へやら。
  ぱっと表情を輝かせた雪華綺晶は、声の主を捜して視線を庭に巡らせる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



        (( ,  ∠   ̄   ̄  `ヽ、((
      /{薔}辷           〈(薔)辷ヽ、
     ∠ / ))              ((`ヽ、 `ヽ、
    / /   / /       ヽ、ヽ`ヽ、   ヽ   i
    / /   / .i  /       ヽ ヽ、ヽ、   i .|  l
    ∧ 八  / .i ../i i i  |     |  |  i  .|  i  i    「やらない夫!?
   |  |    i | | i .| .| | .∧从ヽ八i  i  ./i  i  |  .|    どこに居るの?」
   |  .| i  i i i∨ヽN、.iリ Nr=ミ .i ,'i / ..|  .|  i  i
   ヽ、.| i.リ、|/バY^ト.リ   イr:::ハ |ノ/ ∧ ..i  i  | . ヽ
    (  | i  ヽ|ゞ弋ソ     `冖' ∧ / i |  |  i  八
    `i .| i   ト ))   '      // /  | i  i   |  l  ヽ、
     .| .| i   八   マ  フ  イ/ ./ i⌒y⌒`ヽ.、 .i  i    i
    / | i   i . >、 -  </ /yラ.(、     .`ヽ‐-、  .|   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   ノ / /  / /  ,厶(⌒)ハ(| .|},ゝ   r)         )  i   |  こっちこっち。上だよ。 |
    i/i ./  / / .,ゝ、 ,- 、,- | |\  ,.ゝry          /  |   乂__________ ノ
   / /  丿 / 〈  (  ><.| |  `Y  (       へ  i



――――――――――――――――――――――――――
  しかし、そっちではないと指摘する声に導かれるままに、
――――――――――――――――――――――――――

125 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:55:01 ID:E9x8Eecm
一330.
――――――――――――――――――
  館を振り返り、視線を窓に走らせると。
――――――――――――――――――



                       ,ィ''´_二----`' - 、__
                   /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                  /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                 // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                 {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                  Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                  {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
                   __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
    「―――上?」    i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
                 }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
                  'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
                 i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                  ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                 | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                 l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                  i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \



―――――――――――――――――――――
  さらにその上、三階建ての建物の屋根から
  やらない夫の顔が逆さに覗くではないか。
―――――――――――――――――――――



___________________________
///////////////////////////
///////////////////////////
///////////////////////////
___________________________
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :/.:.:.:.:.:.:.:,/     \:.:..:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:      ===
: : : : : : : : / : : : : ,./,        \.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:              ===ァ7  ∥ ∥ | |
‐- __: : /´: : : :, /;   -──-    \.:.:..:.:.Y  ̄     ===== ===//==     //
     ̄!:: :, /´                   \.:.:.i                            〃
       V/:::                    V
        .l                      |
      |                     |
      |          ⌒         |
      |     -一-   -ー-、     |
      |     (     Y     )    .|    「屋根の上だよ」
      |      `      i     ´     |
      |   、_,. ‐__` .}:{  ´.__- 、_,.  |
      |  、' ̄(¨,),ノ'/!  ヽヽ.(¨,) ̄ヽ  |
      |   .`¨''',彡'´    `ヽミ¨'''"´  |
      |    ̄          ` ̄   |
      \                   /
        \                /
         \_______/


126 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:56:01 ID:E9x8Eecm
一331.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これは予想できなかったのも無理はない。
  建物の中でも庭でもなく、普通の人が行かないような屋根に上っているとは
  誰が考えつくであろうか。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



  |\     /\     / |   //  /
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
\                     /
∠ そんな所で、何してるの!?  >
/_                 _ \
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  //   |/     \/     \|
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            /
           /
          /                      .ノ 、 、
         /                           ● ●)l   「考え事さ。
        /                        (人__) |    今降りるよ」
       /                          ヽ   ノ
      /                         /-r-.、 〉
     /                          | |  |-'.|
    /                           r┴┴.┤ノ
   /                           ̄ ̄ ̄
    ⌒⌒⌒|⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
          |
          |                  _____________
          |                  |::::::::::l::::::l::::::::::::l::::::l:::::::::::l::l:::::::l:ll::::



――――――――――――――――――――――――――――――
  館の中にまで届きそうな大声を出すと、
  手を振って答えたやらない夫はそれで屋根から立ち上がり―――
――――――――――――――――――――――――――――――

127 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:57:01 ID:E9x8Eecm
一332.
――――――――――――――――――――
  躊躇無く、地面に向かって身を躍らせる。
――――――――――――――――――――



               _γ⌒ー^= _   r'//)
    , - ァ‐、―-  __/`、  \  `ヽ、////     !          「よっ」
  /  ) |●, 'ヽ 、  `Y  `ー-一<ノ_ノ \.(っ    ||
  |    ;ニ、‐< .7   l 〃      ヽ、   ヽ 、_ ..,i_i___
  |   ) |● 、ノ ′  l            ヽ~'  〉  ̄ //    Y、
  \   ー'         ノ         /   / Y        l}
    `/ / /‐ <¨´   ー- _  _. /   // } //  /    l}`¨ ー- .,
   ノ ノノ   ` 、 〃     ,r‐-ヘ=、./l! / / //      l}_     `¨ ー- .,
              ̄` ーγ´  ,-ァ 〉 '=´/ , //       /   ̄  、      `¨ ー- .,
                 /ノ〈〈〈 ー'__  .Z;ー‐//--./-=ニ./      〉、ー- .,    Y⌒ ̄ =-,,
                   ′. UU   \/に___    ム____///へ    `ヽ、  //////ヲュ、
               !i               // ¨/ ¨¨¨¨´..   气///.////ム    `ー∨//////ヲ7ュ,
             .|i            //  /          /∨///////|       \////////心
               { { .\        //  /           ///////          ////////∧
              ,  、  、     /  /               //             ∨//////∧
                >-=二=-‐<  /                               ∨///////!    .:
                                                            ///////|    .’  ,
                                                            / /////   /   ′
                                                               `¨´   ノし/
                                                                }  て__ ,
                                                                  _ノ  √ ̄
                                                             ,.。-一…´¨ (⌒ヾ
                                                            ⌒'Y'⌒乂ゞ`  `\


128 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:58:01 ID:E9x8Eecm
一333.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  危ないと思う暇も無く、反射的に落下操作の魔法を使おうとした雪華綺晶の目の前に、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                __
       .-――z^^7 ̄`((⌒ ._
    /    /   }(勾},ト、   `ー ._
   /    /     ((乂ミ=       ヾミ .   _
 /             _)}   .-‐        λ--__))
´     /7 /      /   -~ __     ゞ勾ハ
   / //  /     /    ((⌒' /    Ⅵ i
_ノ  '       イ /   //`).l /! / ,  Ⅶ !
.  /        /    //l\ レ'/ / } / //  :. !
 ̄´            {./ // r==>ミ / // 〃ル  i l      「えっ!?
    /     /ス//{,// 7rッそ》}  八、/ } l  } |
   /     ∠ゝ、ン    _《 ゞト=ン γ=ミ / リ ./ ノ!      ―――フォーリング・コントロー………」
 /     /__.У::.     ((⌒ーv_ソ"  辷ソⅣ/ノ  l|
      / ト、_ ハ::.            、   ハ /|    l|
_   /   {   ̄ト、::.    , r‐=z 、 ′/ /i l|    l!
7} `ー- ._ノ   ム 丶:.    l  ヽ:/   イ:.   | l|    l!
/          {__ヽ、ヽ:.   `ゝ=ァ’ イ !:.  | l|r―-lト、
i           /}  ≧x.._ ィ~zリ √ ̄ ̄〃    ⌒ヽ‐z



                    __
              /    \
        ,--,──-|       \___、_____
       /| .|::::::::::::::|\_  _ノ   |:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /  ,ヽ-゙'──(●) (● )  |:::::/::::::::::::::∠二二/
  _/  /        |::(_人__)   |::_」/`ー-´__/
 i´´  .「         \::\_   丿::ヾ〈〈〈〈_ ノ´        「とっ」
 ヽ〆〈/            ヽ、::::ヽ、/:::::::::::::::::| 
                 ゝ:::::::ヽ::::::::::::::::::\ 
                   __/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::\
             /-、:::::::::::::/ヽ/,二二二ゝ
              ̄ヽ ヽ:::::::::/:::::|/:::::::::::::ヽ
                /´::\二_//|::::::::::::::::::::::|
              /::::::::::::::::::::/  =;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
                /:::::::::::::::::::/   ノ:::::::::::::::/
            /::::::::::::::::./    .|:::::::::::::::|
             /::::::::::::::::/     /:::::::::::::::/   スタッ
            /:::::::::::::::/     ノ`¨~´|`
          ;;;;;;;;;;;ヽ、:::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;| 三 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ;;;;;;;;;;;|::::::::::::::〉;;;;;;;;;;;;;;;;|  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ;;;;;;;;;;;〈:::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;`¨~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/___ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ミ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      ;;;;;;;;;;;;;;;;;|_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



――――――――――――――――――――――――
  危なげもなく、大きな衝撃もないまま着地してしまう。
――――――――――――――――――――――――

129 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 21:59:01 ID:E9x8Eecm
一334.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  この館は三階建てだ。
  しかも、一階一階の天井の高さも通常の家屋よりかなり高い造りになっている。

  マナは動いていないので、浮遊の魔法や落下操作の魔法などを使って、
  落下の衝撃を軽減したり、速度を緩和した訳では無いようだが―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                        _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
                                 _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
                                //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
                                 / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
                                 | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
                                 | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
 「………ル………                      | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
 って、平気なの?                      / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
                                ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
 三階建ての屋根から飛び降りて………」.       / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
                              / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
                            / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
                           / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
                          ../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
                          /  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
                          |  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
                          |  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    「ん?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



――――――――――――――――――――――――――――――――
  平然としている彼の、頭からつま先までを眺めて硬直する雪華綺晶に
  ちょっと首を傾げたやらない夫は、
――――――――――――――――――――――――――――――――

130 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:00:01 ID:E9x8Eecm
一336.
――――――――――――――――――――――――――
  親父の訓練のおかげだな、と
  他人には全く説明にならない理由を当然のように言った。
――――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)        「このくらいは平気だな。
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ          小さい頃は親父に、もっと高いところから何度も
        |         }          放り出されたぐらいだし」
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l



                                      //y        _          \
                                    r''´Xメ}) / /  /           \\
                                   ./ /(/┘ ./  /  / ノ  /          X糸
                                  / | // ./  / / - ´  / / /      | ≧┤ヽ
                                  | //  /  ./ /    /  / / 、 |   ノ/KZソア
                                  | |/  ./  .//   /  // ./  ト/ |   ≦xくノ|lハタ)、
 「どんなお父さんよ………」                    |/ //  /   //  /、 ノ  / /| || /  XK<ニミ彡 ヽ
                                  |  |/|  / |  / / / / `'-/、_// /  / /ヾーミテン   )
 (お父さん?                               |/|/|/| レ´アミゝく ./ミ=、_ /ヽ| /  / / / |     i
                                       | |li レ | K薔>イマ   イテ ゚̄ミ、/  / / / / .    /
  やらない夫の実力の―――                   | | |l | | ト=ケソ    廴o゚ソ/ ./  / / /  /  .,'´
  いいえ、考え方の下地もお父さんが作ったのかな)  .i | ..| | i  K´ ` ヽ     ̄/ /  // / /    i
                                   ハ|   | |  |(ヽ  、 _      フ´/ .//    /    /
                                   |/  i  i  |)(i.\ ' `   // / ./    /  /  i
                                   il    | | ) ilハ、>.- ‐<仝/ / ./       /   i
                                   |    }| |メ )、,(⌒)、,/⌒ / / ./       /    i
                                   | -―´/| |-、 ,- 、  ,、 /   / `'''- 、_ノ /    i
                                   /    ゝ i`-´`-´`-´`/   /      ヽ      i



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それで彼が十五歳までは父と二人きりの旅をしていたと聞かされた事を思い出し、
  訓練から垣間見えた並外れた戦闘力と外連味のない白い心の根本が
  そこで育まれたものなのかも知れない、と推測してみる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

131 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:01:01 ID:E9x8Eecm
一337.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  あるいはやらない夫は、父の教えに従っているだけ、
  与えられた知識や目的に沿って行動しているだけとしたら。

  彼自身が希薄に思えて、欲求などが薄く無垢な部分があり、
  目的が見えず、違和感を感じていた事の理由の一部はその辺りにあるのかも知れない―――

  真っ白に見えた理由について、そんな考察を組み立てていた所で
  止まった会話を動かそうとやらない夫が呼んだ理由を尋ね、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |         「それでどうした?
            |   ` ⌒´  |          何か仕事で不都合か進展でも?」
          .  |         }
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



                                   , へrァォ7フx- ´  ̄ - 、
                                 /  イゞン7ハ__         ヽrァ7、__
                               /   i ゞアン'ー,          vシ}  、
                              i    ト、   //  , /      ド'   i
                              |     |  、 /./ /, //, /|//  .|  ドミ、  |
                              |,ノ ,  .|  V /////r'/ //| | | | \ .|
                             //   |   }|rァォメヾ/ノ //-ト|、| /ト、ヽ ` 、
                            //   , '  / トK乃ッリ)   ,r=ォx'ノイ |  ハ   )
                          //   /,'/ゝi トゞアンツ    J | ノ/.| |/ 人メ、
  「あ、違うの。                /   / ,','   .,|  \wx.   , じ' / .| |, イ/\  、
   仕事は関係ないんだけど―――」   ///ヽ.//  ,ヘゝ 、  \ 、_ , w イ/| |  |   \ \
                          . (/  // 、ノ ̄ へ⌒ヽ、 )_r 、_ ィヘ ノノ |,  ゝ、   ) .)
                          ヘ \   | |  )\    \_ソ/ミ,| i / / (/ノ   \/ /
                           \ \ノノ/ く´ _ ., …´/  .} !/ /,/ , ヘ\.  / /
                             ) Y  , イニ____,ノ   ノ ,'  ' _,∠_ヽ,/ /  \
                            ,/  / /  |  しー   /     ,ー-='(  (      )
                          / , イ  i    、 `ヽ⌒ 、r^丶    ノ /  / ,\ \  /
                           /  \ ` 、 ゝ ノ  イ    ゝ'^y  //  )  )'



――――――――――――――――――――――――――――――――
  緊張を隠すようにぱん、と手を叩いた雪華綺晶は、
  落ち着くように、と自分に言い聞かせながら懐へと手を差し込み―――
――――――――――――――――――――――――――――――――

132 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:02:00 ID:E9x8Eecm
一338.
―――――――――――――――――――――――――
  少し照れくさそうに頬を染めながら差し出されたのは
  正方形に畳まれた青い布だ。
―――――――――――――――――――――――――



                                                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                                  |  はいこれ、どうぞ。  |
                                                  乂_________ ノ
                                  ┌───────┐
                                  │\           y.│
                                  │  \      ./.,-┴-、_
                                  │   \  / ./ ,r    `ヽ、
                                  │     /   〈__/│ ヽ
                                  │    /        │  ゝ
                                  │  /          │    _,,、
                                  │/            ├-'''¨´
                                  └───────┘



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)    「ハンカチーフ?」
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く__,-ュ__
   |    ___ 三)
    |    |       ̄

133 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:03:01 ID:E9x8Eecm
一339.



                                    /`ヽ、
                                      /´ ̄伐戎癶)ー―- -―- ..    _,,,,__)
                                  / :(⌒/: : .,入            >く(⌒Y⌒ー 、
                                    / .:ノ: : .                . : ミ氷冬、   :.
                                 { . ′/       :i           . : 伐戎厶:.   .:i
                                  У :/  /:    :|     `.    :.  :/ /ハ`Y:.  .:|
                                .' :/: .  :!  /   :|       .:i    :.  / .: }ノi:.  .:|
                                  i:.〃.:. .:|:|:! :|   :| .:!    .:| :i   i  .:((__)|:.  .:l
 「バンダナよ。                         |:.:|:!:| :|:.:|:|:! :| i i | |__|:!_!:|  .:| :|    :!   . ′ !:.   .:i
  きっと似合うんじゃないかなって」            ! :|:!:| :| ノ从.:| l l | i :从乂`ヽ :リ:  , ;  .:/:.  |:.  .:|
                                 ∨ハん笊ハ,乂乂ノィfテ云メ、:/| /// , :/ i  |:.  .:|
                                 Y:丈戈匁      {が`Y刈/ .:Ⅵ!/.:/ :/  :|  i   .:|
                                    | しイ爻'^    ,圦::ノノリ′ :/:/.:/イ.:   :|  |   .:|
                                    |Y)八 ヽ         /:. .:/:/.:/: :.| |   :|  |   .:|
                                   .:.八: : \ 、 _     /:/ .:/:/.:/: :i :| |   :|  |   .:|
                                 .: / .:)) :/ )     .: / .:/:厶>―< /.:|  |   .:l
                                .: :/ / :/ /: :`ー┬=/:/ .:/´: .      .:∨ ∧ !   .:i
                       .       . : :/ /.:/ //`Yしfて)/:/ .:/.: .         .:∨ ∧:!   .:|
                            , : .:/ / .:{ / /⌒Yて)|.:ハ/: .         .:∨ ∧:.   ',
                       .   / .:/  .: :∧   /⌒Yて,!:|i :′:          .:∨ ∧:.  :ト、
                         . :  .:/  .:   i ∧     イくミY'Ⅵ:| : : .         .:∨: .:ヽ .:ハ \
                        〃   .:,′  i: . :l ハ    Ⅵ彡ミⅣ : : .         . : \:. \:.丶\\
                        {{   .:{   | : . `Yし-、   j^Y^てリ : : .              . :/\:. \  \\
                        ’,    :.    ', : .  :\(⌒Yて(__八 : : .              . :/ヽ :\:. \  \丶
                         \: . \  \ : . / )〃/7   j\: : . .     / :厶イ . . :\ : \:. \  丶


134 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:04:02 ID:E9x8Eecm
一340.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ハンカチーフにしろバンダナにしろ、彼女から何かを貰う理由が思い当たらない。
  思わず反応に迷い、硬直しながら何故、と尋ねると、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /                  \
    ./         ───     ──\
   /                        \
  |         //:::::::::丶\  ://::::丶丶
  .|        | {:::::::::::::::::|  |  | {:::::::::::::| |     「これを―――
   |          \ヽ:::::::/ /   \ヽ:::::::ノ/      俺に?」
   .|             ,/    |      \
    |            |     |     |
    |            |     |     |
    .|             \__/\__/
    |.             ヽ  , ─ 、 ノ '
    .|                           /
     |                          )
      丶                         l
      \                        ) ドクンドクン
       .\                  /
        ヽ                /
        /                く
        |                 ヽ


135 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:05:01 ID:E9x8Eecm
一341.
―――――――――――――――――――――――――――――
  断られちゃうかな、と不安に思いながら
  今となっては言い訳の方になってしまった理由を彼女は答える。
―――――――――――――――――――――――――――――



                                       _ , - ― - 、 _
                                  _, - ''' ´          ` ''' -、
                              (ハ //          `    ゝ \_ ,_
                             X<>ァフ⌒}                   /イx入__
                           /ゝ=5ソ                    タX=ヾ)  ヽ
                          // ト_、圭ヲ      ,   /   |  ,     \三ノTソヽ \
                         / / .| |-´      , /   .|    |  | |  |  ノソilヲ  ト  |l
                        ,| /  | |  /    //    |   |  | |  |  / ノil i _  | |
 「う。                     | | i  | || |l    | |     |   | lヽ | |  | ヽ /| | |  |  | |
                         | | |  | |  |    /_||    ハ   .|x|  | |  |  / | | |  |  | |
  無理にとは言わないけどさ、       | |l   | | | .|    トX.|   / .|   +代 ̄ ‐-、|  || | | |  |  ||
  汗とか目に入らないと思うよ?」     | |  .| | | |    | |r=X ./  i、   |ハ \| |  || | |   .|  .|
                         | |   | | ヽ   | |アメ V_  ヽ  .|-´ヽ  \i  |  | |  .| /|
                         .| |  |  |  |ヽ <<ィゥ薔ヌ/、  ヾソ彡三=、V / 、//   |  ||
                         .| |    || ヽ`、 て互Xノ┘   ` ´ ̄ ̄`|i/ / | |   /|
                         | |    |  |  斗ヽハノ   、  """"" イ  | |    | |
                         | |    |ヾ \  |i ((           ノ i   | i |   | .|
                         |    ヽ |     { |i \   ー-─  /i |  /  |    |
                         .| |    | ヽ   | ヽ ト>、    /  | .|  /   |    |
                          | |  |  | i    |  |/⌒ハ >< /⌒) i   |   |     |
                         /  /       |  | (⌒)ハ(⌒}、_,/⌒ヽ,|  |   |     \

136 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:06:01 ID:E9x8Eecm
一342.
――――――――――――――――――――――――――――――
  えっ、とやらない夫は驚いた。

  訓練を見られていた事では無い、
  僅かな隙とその理由を一度見ただけで見切ったことがその理由で、
  内心、戸惑いながらも実力を計るように問うと―――
――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)     「もしかして、今朝の訓練………
  |      |r┬|}     見てた?」
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、



                                   、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
                                     l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
                                   .  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
                                   . 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
                                    f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
                                    ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
                     「うん。          .  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
                                     \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ
                      汗が目に入った所で    ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ
                      隙が出来てたね」      /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
                                     / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
                                   .   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
                                    /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
                                   . i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
                                    i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
                                    l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
                                    l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



――――――――――――――――――――――――――――――
  事実、一流の力をその細腕と華奢な身体に宿している相手は
  確固たる自信を以て頷いた。
――――――――――――――――――――――――――――――

137 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:07:01 ID:E9x8Eecm
一343.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  考えてみれば、生半可な実力では生き抜けないであろう女性の一人旅を
  自分と同い年でこなしている雪華綺晶である。

  それが事実である事を確認させられてしまい、だから、
  女性が戦う事が大嫌いなやらない夫の胸に、苦しさと切なさが去来したのも当然のことだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く    「未熟な所を見られたなぁ。
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'    とは言え、なるほど。
   l                  ノ'     防御力前提で考えていたから
   !                     /      バンダナは思いつかなかったよ」
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /       (ああ。
        `  、        /         本当に、女性の冒険者なんだな―――)
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                      ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                      / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                     i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                     ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                    .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
 「防御力の事も考えてあるよ?                  li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
                                     ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
  その布の中に、                          ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
  魔法の鎖でも護符でも御守りでも、                !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
  何か効果が付加された物を挟んでおけばいいのよ。    ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                     //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
  私はこの髪飾りの中に本当は首飾りである鎖を      / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
  一つずつ仕込んでるわ」                  / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                               /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                              ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、



――――――――――――――――――――――――――――
  そんな―――彼本来の―――内心の複雑さには気づかず、
  解決出来るのは汗の問題だけでは無いと言うと、
――――――――――――――――――――――――――――

138 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:08:01 ID:E9x8Eecm
一344.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  しばらくの間悩んでいた問題への
  最適解を渡されたと知ったやらない夫は心からの感謝と感心を述べ、
―――――――――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)      「参りました。
        |      ` ⌒´ノ       君の発想力に脱帽だろ」
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |



                                           __     _
                                         / ̄>t=ヘ_/ムイ-
                                        /   イ{し}V≠  ̄  ―- __  _
                                       ./ />┬そ__     == ⌒しイ¬キ―‐、
                                      / 〃 t(⌒´  ̄     ̄ __,.. {{ 乃ノ i ハ
                                     /   {し_)     /  i          ヾ一;、/ | ,
                                        ././ / / 〃     ハ | i  ∥ ヽ ノイ  ′ !
                                       // , ,  ″: | |i  Ⅵ| |∥ ,  ゙, ∨ /  j|
                                     / .イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥  | i ' /|   〃
               「そ、そう言われると照れるよ」      | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/ / |  ||
                                        | 八 ∨{ ィrァミくヾ  イ | |∥ |! / /, i| l|
                                        ヽ |ヘ、トヽいYレ'ノ  ノ/ |_l_/jノ /  i l  l|
                                         | 「ヽ!ヾ二 イ     ミ、、_ ノ/ イ i|  l
                                        イ | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ / /|  |   |
                                      // .| ヽ \    !ーァ   ::: /:///| |  |
                                      __/イ .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉 / |   |
                                     K⌒Y´  }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /// | |  |
                                     | ヽjし  >-、_ 7―、`/      ノト |┌ 、|   |



―――――――――――――――――――――――――――――――
  予定以上の反応を返して貰えた雪華綺晶は嬉しさに身悶えしつつ、
  赤くなる頬を沈めようと掌を押し当てる。
―――――――――――――――――――――――――――――――

139 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:09:02 ID:E9x8Eecm
一345.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それから。
  器用にバンダナを巻いたやらない夫は少し照れくさそうにどうかな、と感想を尋ね、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                ̄ ̄   、
                           ´         ,, /T
                  .       /         _..r''’` ';;;ョコ
                        /      _r‐"     ノl''ヽ
                         i    ..x‐'´    ..r‐’   丶
                         l  ,,x‐´    ,,ノ'"        丶
                        _ノ'"     _..r''"     ヽ        丶
                         ヽ   _..r‐'´   i イ`丶 l         丶
                          `ー'´   ヽ ゝ _            ',
                         丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
                           ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
       「似合うだろうか?」        ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
                            ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
                             \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
                               \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                 ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                                    ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



                   ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__
             ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y
           r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i |
           トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !
                | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ
                レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、          「うんっ、とってもよく似合ってる!
           /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi          やらない夫には青がぴったりよ」
             /   /  ヽ卜辷r" :  "" { ! ハ    ト-ミ: ____
           √ァ’ /   トミ Ⅵ(  ‐.‐  人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
          /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
       人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/
  .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
 /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
/    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ
    .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ
 / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /
く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
 ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八



――――――――――――――――――――――――――――――――
  渡した本人は、頭の中で想像したとおり濃い青のマントと調和し―――
  この空のように大きな彼によく似合っていると頷いた。
――――――――――――――――――――――――――――――――

140 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:10:01 ID:E9x8Eecm
一346.
―――――――――――――――――――――――――――
  ところが。
  急に真剣な表情になった彼が何かに気づいた様子なので、
―――――――――――――――――――――――――――



                        ___
                  /       \
                 ∑≦二二二二二
                       |   (●)(●)|              /勹
                       |   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/  「ん………?」
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                  / lヽ     /    /`弋ll
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|



                      / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
                      ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
                  .   {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
                     ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ 'ー-」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
                  .    从从八;ゝ=:)) `` '´!ハ`ヽ/:/: / . : : :,′
      「ど、どうかした?」      〉〉〉 〈(必リ    .じ' ノ: /: / .:/ : /: :
                       j ij : : j{((′_'__ ,xxx/: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
                      ,','///'}n  |/´ `ヽu'. : ::;' : : : :', : :', : : : :
                  .    / /イ / /./,n、 、  _.ノ{: : :::{ : : : : :ヽ.: :、: : :
                  .  ノ /.: | ' / '|// `¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :
                        |   .イ



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もしかしてもう半分の理由に気づかれたのか、と慌てた雪華綺晶が問いかけると。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
141 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:10:08 ID:lNfu/ebK
どうしよう、海老フライに見えちゃった・・・

142 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:10:38 ID:WK61lU9P
>>141
お前のせいで・・・

143 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:11:01 ID:E9x8Eecm
一347.
―――――――――――――――――――――
  僅かに頬を赤らめたやらない夫が
  言わなくて良いことを口から滑らせるので、
―――――――――――――――――――――



                 ̄    、
            ´          \
     /_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ヽ
  <ミ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
∠三(|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く                   _/\/\/\/|_
   l           //// l    ノ!    「少し、温もりが――― \          /
   l               `ー‐ f r'                   <  ちょっと!  >
   l                  ノ'                    /          \
   !                     /                      ̄|/\/\/\/ ̄
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



               _  -― …   __
              ´     _       ` 、
           /   , '            `--、  ハ
          ´          ―        `rム、ミ、
         |i /     , '          \<Y薔゙ハ  |、
         ,  (  /         - ´    て ヾv, .| ';
        /  ハ  --―           ヽ ハ ) リ |丶
       i ,rvイノ.、   ,        l     丶 | |Y   i| j
          |i フ廻 リ.  /          | , ヾ i  | |i , --、L ̄.ヽ
          |i、Y ´./ i|        |  | .|i  | .i i´ `l i |っ. \ 、_ __      「やめてよ、この助平!」
        |i.ノ  i|  .|    | |  )) | il | j__| (´、`i    Y   il.    \ __
         |  i.).li、 .| l  i| l | | il(( |./li |/ ,;ィ=-、ヽ)'.    / _f⌒丶r⌒i     \
         l| l _.| i |.| ノ~)、r‐及リ  彳'   /    ./  i ヽ  l| / 、    ヽ
        丿| .|/   | └// .i |{.ヒj心ミ、>  ////i    ./  '⌒  v.   /     ;
      /  | .|l   ノ // .< ヽ丶彡/// _  ,.-、 丶  .' \`、 _     \    /
     / / .l .||   \\ ` ` ~ ̄`.、i ̄ _. ' ./ \    \/ .)      ヽ  (_
    / ,/  .i.∧    .`ー -- 、   |_ ̄_//   \   て \  _ _/_    ̄ `
  /    /  ノ ∧ _,、_)ヽ l ヽ  i `   |__/  i__l丶 \  ( \ \― 、  .)     ヽ
  |    ./ // そ'  | .\| > .|   |.  / ̄ ̄   丿  \__)      ヽ ,ゝ     ./
  ヽ  / / /    > 丶j,   i|  |    |ノ⌒j_f-'⌒)/ち f´ー          < \      /
   i .(  /  i.     |i      /て_    |       /  ( _i             ,ノ    (
  ノ   (  l     i|      >  ふ_ .人 ヽ,    (  弋`ー           /      )



――――――――――――――――――――
  火を噴きそうな程赤くなった顔を手で覆い、
  それ以上言わないでと大声で遮った。
――――――――――――――――――――

144 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:12:01 ID:E9x8Eecm
一348.
―――――――――――――――――――――――
  それでやらない夫も、自分が触れなくて良い所に
  触れてしまった事に気づいて謝罪し、
―――――――――――――――――――――――



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |    「あ、ごめん………」
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



                                          .ノ     _ , _`´ヽ ,、 , - 、
                                        _ _ |_ , - ´    ̄` >(x )_,,- ヾ、
                                       /ノ|l /_`      ̄/=|l `| 、 |`、
                                      /_ /ソヘ,   , ,   、  \ ソ|.| | | .|
                                     .| |l /|/  |  | | 、 ヾ\ `y ハ|  |、
                                    ノ|  |ヽ|  .|  .| |  ヽ \| / / |l 、ヾ`、
    「そう言う冗談は、                     /./   ) ヽ |l| | ソ .|ハ .|___.ソ | .八 \\)
     仲の良い女の子としなさい。                  / ||l   ノ |l |  | |ヘ、,ソレヾ__ _ヾ| .| /  ノヾ、\ヽ
                                       .|  |l   ||/ || /テアヽ `´ イ::..::ハ |l  | || 人 ) |lノ
     ―――ね?」                           |  |lソ /  /、 >=刻ソ   弋;;ソ .|  .| | |l |レ
                                    ` /  |  |l>ー、 xxx     xxx/ハ  |l ヾ|l +|
    (それとも―――                          /   ヽ、 ハソ , >、._.` ´  i´てノ、 |   \ |
     そう言う距離に私をおいてくれてるの?)      //  |  |ゞ、 Y、ヽ、<ヽ ` ´<>)⌒( ヾ .ト 、   \
                                   l| | | .|  \ソ=<ソ`ア<,  >  及| |ヾ    ヽ、
                                   |ゞ、\ |l   y ̄` -=-, 、_ , 、ノー´ ノ |l  |ヽ   |ヽ



―――――――――――――――――――
  君の距離感次第では有りだけどね、と
  暗に含ませるものの―――
―――――――――――――――――――

145 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:13:04 ID:E9x8Eecm
一349.
――――――――――――――――――――――――――――
  困り顔の彼は本当に解らない様子だ。

  どうやら随分女受けしそうな見た目と性格にも関わらず、
  今までそう言う事に発展した相手に心当たりが無いらしい。

  自覚が産まれなかっただけの可能性も多分にあるだろうが。
――――――――――――――――――――――――――――



                 ̄    、
            ´          \
     /_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ヽ
  <ミ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノヽ
∠三(|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_ー_´:_:_:_:ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!     「仲の良い?
   l               `ー‐ f r'      そう言うの、難しいな」
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


146 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:14:01 ID:E9x8Eecm
一350.



                        / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
                      ./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
                          /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
                          //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
 「難しいんだ?」               ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
                        /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
                      _/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
                       /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
 (初なだけ、か。            ´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
                               / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
  興味が無いんじゃ女の子との          /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
  距離感を掴むのもまだ下手そうね)     /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
                         , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
                       /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
                      __ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
                         ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
                      ´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
                          /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
                      、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
                      ´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  逆にこの外見と性格とあってこれまで大勢の男から言い寄られた経験があり、
  その全てを華麗、あるいは何とかに回避してきた彼女は
  少なくとも経験値だけならとんでもない量を積んでいるし、
  そう言った事への理解や判断もかなり聡い事になる。

  だからこそ、キル夫の事は一定の距離と態度を保っているのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

147 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:15:01 ID:E9x8Eecm
一351.
――――――――――――――――――――――――
  少しずつではあるが今までに無かった経験を積み、
  自分らしさを模索し始めたやらない夫と―――
――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ        「ともあれ、ありがとう。
      .  |         }         誰かから物を貰うなんてあまり無くてさ、
      .  ヽ        }         正直どう反応していいか分からないぐらい嬉しい」
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



                                  ヾ       _ _ _          /ゝ
                                  ノ } , - ' ´      ̄`ヽ      <'´r‐'    ,
                               /入y'´              ` ー 、_≧彡>┐、/ V}
                              /≧/     /               ヾ廴{i}.」ヾil´"
                              V /     ./i  i               ト=イ´  ト
                              /./      / .l  l     i        i { r‐'´   i i
                              Ⅵ     /  l  l     l        l ゞ、      il l
                             /  i _  .i  l  l  i   ハ  .|   :i    | i      ハヘ
                               i   { ゝ、_ |   l  l  l  _ヘ. l  .l    | l      i l ヘ
                       .      {   l   ./ ハ  l  l 升´  i ヽi  /    / il      V.ハ
     「どういたしまして。              |  .l  /.// >┐_ハ i .lハ  il  \/     Y/      i ハ
      喜んでくれたなら嬉しいよ」        K  l  .K<イ- 、 } ゝハヾハ_ ilヾ 人   //       i . |   .ヘ
                             /V ハ  ト/ <=_ノ/K   -===、i / / ./イil .      l ∧    }
                       .     / i ハ  Ⅶミ_,ィ┘ ,    ""  ././i イi i.      |   V  ノ
                           /  .l   ゝ ミ  ノ/        /ィ // |.l |.       l   レ'´
                       .   /   i  Kハハ \{<  ー -   -=彡 .//  Ⅶ.      i   i
                          i     //  V /.\.         イ.┤/.ハ  i       l.    |
                          l/    //    /__.≧、_  < ヽ il\─ 、 l       |.    |
                          /    // i ̄ ̄\  i}=v| ̄ ̄  /_ ─<       ヾ    ハ
                         ./.     レ/'´\    > V / /  Ⅶ⌒/ .ハ           i
                         i.    //人_ \-<_ ∧./ \_/  /  /  ` ヽ     i .、 _  l
                         |    //  ヽ  ̄ >//    // .   /  /   <´⌒ヽ   |    |



―――――――――――――――――――――――
  少しずつではあるが彼の違和感の正体を掴み、
  ますます興味を深めていく雪華綺晶―――
―――――――――――――――――――――――


148 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:16:01 ID:E9x8Eecm
一352.
――――――――――――――――――――――――
  そんな二人を窓から見下ろす者が居た。

  雪華綺晶の、やらない夫を呼ぶ大声を聞きつけて
  またあいつかと庭を見に来ていたキル夫だった。
――――――――――――――――――――――――



 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  : : : _________ : : : : : : : : : :
 : : : ./_________ヽ : : : : : : : :
 : : : ||       ||.       || : : : : : : : : :
 : : : ||       ||.        || : : : : : : : : :
 : : : ||       ||.        || : : : : : : : : :
 : : : ||       ||.        || : : : : : : : : :
 : : : ||       || ,. -―- .、|| : : f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 : : : ||       ||/ ( o)(o).|| : : |  くそ………!  |
 : : : ||       ||ゝ{トェェェイ}.,|| : : 乂_______ ノ
 : : : ||       ||  ` ̄´  .|| : : : : : : : : :
 : : : | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| : : : : : : : : :
 : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



―――――――――――――――――――――――――――
  なにやら楽しそうなやり取りを睨む視線には殺気すら宿り、
  口から漏れる苦々しい声には絶望が溢れている。
―――――――――――――――――――――――――――


 
 
149 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:16:45 ID:Y/APY4i+
>>148
地味にこええw


151 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:17:28 ID:ryxK8DPi
キル夫には成長して貰いたい

150 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:17:01 ID:E9x8Eecm
一353.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  これ以上見ていたら胸が張り裂けて死んでしまう。
  もしくは、この両目をえぐり取ってしまいたくなるだろう。

  会話が聞こえていたならば、耳だって切り落としたくなるに違いない。
―――――――――――――――――――――――――――――――



______________┌:───:┐    __   __
______| | |________| | ̄ ̄ ̄| |     |    | |    |
______| | |________| | [二] | |     |    | |    |
.     |     .| | |  |   | .   |  | |。     | |     | // | |    |
.     |     .| | |  |   | .   |  | |      | |     |    | | // |
.     |     .| | |  |   | .   |  |_|___|_|    \.  | |    |
.     |     .| | |  |0  .| .   |//     \\.     \| |    |
.     |     .| | |  |   |  //       \\ .       \.  |
.     |     .| | |  |   |// ___       \\ .
.     |     .| | |  |  //_,. '´      ̄`、    \\
.     |     .| | |  |///          \
.     |     .| | |.// |     ,-、          |
.     |     .| |//   、   {  ヽ   r  ァ /
.  ̄  ̄  =― ー ̄ ゙゙̄`ヽ、  トェェェェェェイ '´ `、
.  =―――                      ゙ヽ、
.  ゙`゙-- ̄ ̄__ ̄                    ヽ
   ./ / ̄   ̄ ̄----ー、           ハ
  ./ /            'l           l ヽ
/ / .,-イ .,,,、、 ,,,,、       |           |
/   .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|    ,i            l、
  ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""    /              ヽ
  .ト'",l゙ l゙ l゙ │      /       ,r´ヽ      `,
    l゙ ,l゙ .l゙‐'"
   .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
       {-!ト''゙l゙,i´
         ,レ"
         l"


152 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:18:00 ID:E9x8Eecm
一354.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫を見てではない。
  雪華綺晶の、あいつに対する表情を見てしまい心に大きな亀裂が走った。
  大きな、音を立てて。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                    ___
                _,. '´      ̄`、
               /          \
              |                |
                 、  {  ヽ   r  ァ /        「なんでこんなに違うんだろうなァ………
             γ `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ、
              /      `、ェェェェ,,´      \     あいつはいいなぁ、何でも持っていて………」
             ,|              _    l、
            l "-'''" ̄ ̄三    三´   ̄"''` l
             ゝ    _ノ      ゝ_   __ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  持ってはならないはずの、他人に対する明確な嫉妬が首をもたげ、
  割り切ったはずの、諦めたはずの自分に対する絶望が産まれようとしている。

  心の中のどす黒い感情はやがて彼の全身を満たし、
  そして―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
154 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:19:31 ID:vOiDiNEb
>>152
なんか白面の者みたいなセリフだな

153 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:19:01 ID:E9x8Eecm
一355.
――――――――――――――――――――――
  とうとう、泣き言となって口から溢れ出てしまう。
――――――――――――――――――――――



         ---‐ ― 、
    , H  H|       \
   ,' l H  H│       \
  ,'  {,,H, H|         , \
  ,'   \H.H|      , 、`丶 \          「―――なぁ、アテナ。
       `ー"        ii,    ヽ \
                   |il       、 \       外見も、内面も綺麗な奴にゃ、
                i|i|       ,   \      俺はどうやっても叶わないのか?
               、_,..       i     ` 、
                              i    どうして俺は、残念なツラで
                              │   産まれちまったんだろうなぁ………
                               ′
                               どうすれば俺は、持たざる者から
                               脱却出来るんだろうなぁ………」



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  最後の、せめてもの抵抗にと涙がこぼれないよう天井を振り仰いだキル夫は、
  唯一の拠り所である女性に問いかけた。

  何度も、何度も。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
155 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:19:52 ID:uF11xxbF
キル夫ェ…

156 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:20:01 ID:E9x8Eecm
一356.



 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。
. 。       o  ゚       .   ゚   . 。       o  ゚       .   ゚    ::
      。       .             *    ::;;::            ゚  。   .   ::;;::  ゚
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;.     . 。    ゚     ::;;;::
   *                           ::;;;:  *    ::;;::  ゚  ;       *    ::;;;:
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;     ゚     ::;;;::   ` :.  ; f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
o     + ::  ,    ;    o  ゚     o     + ::  ,    ;    |  教えてくれよ………  |
                        ____            乂__________ ノ
   _,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,__,_,_,_,_,_,_,_/~\\\,\\______________; ...|
  /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/ニ日ニ\\/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;.//ヽ
  /;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/!|      |/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,// ヽ\
 /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/|      |,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;// 三 ヽ\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :|王||王i |ニi ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |三三三|
 ゞ;ミゞ |王|王| .  ||   |王|王| . |      |ニi  |王|王| .  ||   |王|王|.   |三ノヽミゞ;;;
 ソミゝ:ミゞ!LLLi   .||  .'LLLLLLi. .|      |ニi :.LLLLLLi  ||  LLLLLLi  |三;;;ミ;;ヽミゞ;;
 ;ノ:;:ヽミ;:;ミゞ;;;    ||        i=======i====i  .  .  . . ||  .    .    .|:ニノミヽミゞ;;;
 ソ;ノ:;ミ;;ゝミ;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ソミヽミゞ;;;ミゞゞ
 ソミゝミゞ;;;;    ..    .i^^ii           .i^^ii                      ;ノノii;;;ヽミゞ;::;;
 i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄|: |i         |: |i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 .~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i~i: |i'''''''''''''''''''''''''''''''''|: |'~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   '" '':'.'   .   .   ::  :     ''  "  '    .''    " : ' ."'



――――――――――――――――――――――――――
  だが。
  持たざる者の、悲痛な声に答える者は居なかった―――
――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


 
 
157 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:20:23 ID:E9x8Eecm
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手をありがとうございました。

次回は第一章その6(ラスト)になります。

※その6へスキップ


158 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:21:02 ID:lNfu/ebK
乙!乙!
今日も面白かったよ!


159 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:21:15 ID:hDXdDbVK
乙でした。
キル夫の慟哭が胸に痛い。
好きなキャラなだけに、幸せになってもらいたいな~。


162 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:23:06 ID:vOiDiNEb
乙でしたー
温もりってずっと握ってたからかな?


167 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:25:44 ID:tnvak1Bj
乙!キル夫がどうなるか心配だなぁ。

>>162
「懐へと手を差し込み」ってあるから・・・懐だよ・・・つまりおpp


169 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:26:51 ID:lNfu/ebK
>>167
そこに気づくとは・・・やはり天才か
あとエビフライっていってごめんね・・・


165 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:24:43 ID:5nEmdwjH
ところでちょっと確認したいんだが、やらない夫って美形じゃないんだよな?
禿げてて面長のちょっと残念な容姿なんだよな?


201 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/28 22:08:44 ID:EAsHZGri
>>165
ブルース・ウィリスは禿げていてもカッコイイだろう?


166 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:24:47 ID:p8u2+lo9
乙でした!

キャラの立ちっぷりがハンパない。
背景が細やかでそれぞれの葛藤や苦しみがよくわかります。

きらきーはやっぱり今までもモテモテで、男のあしらい方に慣れてたのねw


172 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:28:49 ID:E9x8Eecm
>>158-166
乙と閲覧をありがとうございます!

>>161
ジュンは恵まれ代表だと思いますよー

>>162
in the 懐です。
間に挟まっていた事はなさそうですが(何の?)

>>164
AAの改変能力不足ですみません。。。
ハーイ諸島に引き続き、えびふりゃぁバンダナが誕生するとはorz

>>165

       ,r-''´入^>''´ ''''ヽ、/,`',_,_
     ,_ tYソヲ/        >ヾKミ `i
    / /  フ  r     i  ゞ Vvi .人
    i '  il l   >   V |  |  .l   `',
    ',  / .|i |',r、il__  /__i_.i_.l  .| i   ヽ、______
     ',  ゝ Vil/λ=j、iノ´__iハ_i/ il ',    x、__, - -─、 `ヽ
     i _ /jrvX薇.ノ  イtjアハイ/ 入   廴____|  .i    「え?
     / ti, -Y^ト     ` ´//j i     ` ,  ー- 、 _  ヽ/    結構素敵な部類だと思うよ?」
    y´Yi 廴t>、 ー- /,、y/フ   i   ',     `'、 ,'
  r''´  >i tノ ヒr` - <ソ ,/ ̄ソ、  i   .i  `'、   ノ /
  \  __`<i l.il' 、-、 _ ,r-コ i  /フ \ i   i   i  ,´ i
   .卍/´` ''=''ニ'、`- ´<i.l ./、  / `''、、_ ゝ、_  ヽ ヾ ヘ_
    itj、_、_ -'ミン´´゜`'> v、/  ./    / `'- 、 `', - 、_  ヽ__
    i  / /`''´X>`´<ソY   ,'i   ./    i ´    ` ' ,   `i
    ',  ハ  `ァx, -''´    / `> '' ´i             ,'   i
    ト、,イ i    i      ,'  ヘ /ハ           '、   ト、_


>>166
きらきーはそりゃもう、超が幾つつくか分からない美人さんで
この性格ですから、そりゃもう男が言い寄る言い寄る・・・
だったと思います。


174 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:31:47 ID:5nEmdwjH
>>172
あばたもえくぼ状態のあなたが言っても説得力がwww


168 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/27 22:25:51 ID:UnDlPIGU
乙ー。

大義の為の礎か・・・
ちょうどタクティクスオウガやってるところだw


173 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/27 22:31:19 ID:E9x8Eecm
>>167-168
>>170
乙と閲覧をありがとうございます!

>>167
あの恥ずかしがりようだともしかするのでしょうか?w

>>168
とうさーーん(AAry

193 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/28 08:53:48 ID:Qkr434UX
乙であります!
キル夫…いい味してるぜ本当に。
第一話がない夫の英雄としての強さと知恵が全面に出たヒロイックサーガでしたけど
二話は人間の内面の描写が濃い感じになりそうですぬー。


194 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/28 14:24:37 ID:y4uPpvdL

キル夫さんが他人に思えない件


195 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/28 14:36:27 ID:YkrZYbMj
>>194
お前の人生に何があったwwwwwwwwwwww


197 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/28 15:17:42 ID:Ssp3TRq2
>>195
人の顔面偏差値について突っ込んでやるなよ


245 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/02 23:12:28 ID:o/a/WzGA
きょぬーエルフが居たっていいじゃない

247 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/03 02:01:45 ID:dn+EmMNZ
エルフ=貧乳のイメージは、ディードリットに原因の6割くらいがあると思うw
ダークエルフ=巨乳でも違和感ないのは、ピロテースに原因の9割があると思うww

248 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/03 10:46:45 ID:+NVKqZCW
きょぬーエルフOKOKOK(゚Д゚)

>>247
やはりディードとピロテーのイメージが強いんですよねーw
あの時代からひんぬー萌えときょぬー萌えの先駆となるとは
水野とイラストレーター恐るべし。

250 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/03 13:30:25 ID:yk7qFDgW
そういや雪華綺晶のオパーイは元ネタ準拠なのだろうか・・・・・それとも元ネタよりも特盛だったり?

251 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/03 13:35:41 ID:+NVKqZCW
                   ,、  _ . --- ‐-  .,_
              ,r' `ー、 ,ハ `ヽ/(⌒       `ミ 、
             l   rァォ7ハフー'    ,        ヽ
             l i   イゞン7ハ!_ /  /          フ、 ̄了
             /   ゞアン' /   /           ヽヽフ ヽ
          人 人/   // `Y '   /            ヽ'  i i }人_人_人
       ^´       ∨/    )-/-/─ /  ,    /`    ヽ   l l }´     〈
       〉    変  〈. i    ̄>',ニ_ヽム /. / / / /l、/ _,.=‐|'"´l l〈  変  /
        〈    態.   ∨, '/l| Vrォゝl、` / / / /リ/''"´__ | ハ l丿  態   {
     人)   ! !   (/! ハ ゞしjイ! { // / /,ィ,ィ≠ミミk ,' !く   ! !  (_
 ト、__/   ヽ、_,.イ|   i il l { lヘゝ二ノ  レ   ´..  ォ´ ィぃ. l ,'  !! )     /
ト'    亦   /ソ.l l  l l!l l ! ゝニ、、   J ::::::::::::::::::::キ マソ //  ,'、`Y´Τ`Y
l      夂   (/, l  l  l. ! ', `冖'' , -―-、_   ′` ‐-'.//! Λ ヽ、ヽl
ヽ          〉. l  l  l. !, l `、'、/_,. ―- 、_``ヽ、  ι 〃,'/! ヽ、\ ヽ、
 !     能   // ,' i  i  l  ',l  ∨\'⌒ヽー-、 `ヽ、!  / ハ ノヽ._人_从_,. \
 |    心   { // ヽ l  ヽl`、 { ヽ' \     ヽ  '  '´   Λ ',}      ( \
.丿         ∨/  ヽ l  l ヽ`、 \  \   ∨   し /! ∨  変   ,ゝ、
∧     / /   ヾノ //l l l  l、_ヽ\ \   ヽ , '   ,.イ |ノ    態   (ヽ
/ノ__  ゚ ゚  (⌒`〃'j | l  l   l `ヽ `ヽ、.ヽ _,.}'′ ,.イl {  | ヽ   ! !   ,ゝ\
/ /`Y⌒ヽ/⌒ 〃 ノ | l   l   l   } ヽ、._ } ノ,.イ l | ! !  |  )






元ネタ通りです(゚Д゚)

255 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/03 14:13:19 ID:/u6NmeOD
つまり貧乳最高ということだな

261 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/03 21:25:11 ID:+NVKqZCW
〆(・ω・`)カキカキ
→現在の書きため(320kb プロットコマ割混在)


配分間違ったのが確定なので、
済みませんが次回は第一章 第六話、その次に第七話(ラスト)となりそうです。

逆DB現象が起きるとはうかつだった。。。 orz


262 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/03 21:33:19 ID:+NVKqZCW
                      __
                 _, '"´      `丶、
                /            \
                  / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ
               l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ
               l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/     「説明しましょう!
                | l Vf゙圷/ jl ノィアト、ヘ// /       逆DB現象とは!」
                  j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ
               ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !
                / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ
                //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ
          / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ
         /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/
         ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X
         {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \
         ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',
          }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /
          /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /
         / /  |ヽ  \:::l:::::::::::/∠/j  rテ':〃  ( ヽ   ,
.      / /  、__jノ   ∧{::::::/ ,/ {  _/:::ハ   `ー彡
      /  〃  、__ >   /::;>'´   /! ∨ヘ::::ヾ::\   < _
      ヽ {{    =ァ 彡<::/     { >く{ ヽ:::::ヽ:::::ユ=―'´



                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |   「戦闘描写など、原案の文章だと数行で済んでいた部分を
   /( ●)  (●)\  !   !    AA化すると、意外にボリュームが増える事を言います!」
  / :::::   __´___  :::::\|   l
  |      `ー'´       |  /
  \             //
  / __        /
  (___)      /

263 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/03 21:33:36 ID:+NVKqZCW

                      _
               , -‐ ' ´ ̄  `  、
              /         ―--.ァ
            ./       ,      .ハ、
           /        /    /  ./  トヽ
           /    /    l   !,ィ  /l  ヽ `
          ム'   / . i   レ ィAト<N. l !リ`
          /ィ   .レメ',i  , ∧! '、''¬` .,''`'
           レ、   !爿ヘ l'    ̄ '´ ヽ、          「某アニメでは逆の―――
             ヽ.  \ゝ、l         /           数秒の戦闘を、ひたすら見合ったり引き延ばしたりして
              ヽ,  ,八     , -―, '            三十分の枠に収めていたっけな」
           _/: ヾ'´  !`> 、  , i i j
        _/:.:/-―仆、     フ/iニ´、‐---― ―- 、
    . -‐':.´:.:.:.:.:.:./: : : : l L ヽ.  / 」 l: : :`:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/'´ ̄:`! 、 ̄V´ ̄ィ !-‐: 、',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: : : : : :!  ゝ`l /  .l : : : : ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./´: ̄: `:!    l    /!'´;  ̄`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`-、
  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈/: : : : : :!、   l    /;;l: : : : _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
,-':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:‐-、 : l;ヽ   l   /;;;;;;レ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:\
:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ;;ヽ  l  ./;;;;;;;;;l:i.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l;;;;;;\レ ';;;;;;;;;;;;l:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽレ:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l;;;;;;;__」 __;;;;;;;;;;;;l:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:\
:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l;;;;;;;`-l- ';;;;;;;;;;;;l:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l ` 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;l:.l:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:l    `  、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l




            ,. -─── 、
         //  /      `ヽ
         /.:./  / / .:.  /     \
       / .:.:./   / ,斗-- 、:{:. .:. ヽ    ヽ    「週刊誌掲載時も『ハッ!』『だあっ!』『かーめー●ーめー波ーーー!』
       /  /:  イ´l .:|l.:.:∧:|.:.:.: .:斗ー   ',   『ドカーン』『次号へ続く』で
       l ..:.:|:.:.   | ィチ才ミヾヽ.:.:.:/厶.: / .:  〉   中身なんて殆ど無い回があったみたいだけどね」
       l.:.:.:.!:.:  ∨  }:ヘ.リ  ノ/仟テk';.:./ィ/
      ノ.:.::人:.   ヽ ゝ-'      ト;'ソ//!
   /.:./.:.:.ヽ:.   ヘ       ` ` |:.: |
  /.:./.:.:.:.::.ノ.:}:.    ',     __    ,:.  |
/.:./.:.:.:.:.:.:/.:.|.:.:.  l    ´ ´ /.:  |
.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./_ィ.:.:.:.   小    イ/:.:.:.:.  l
.:.〈.:.:.:.:.:./   ./.:.    }_,工,.´ー=〈:.:.:.:..   ヽ
 :ノ.:.:/   /.:.:.:.:   /.、 ∧ ̄入ヽ:.:.:.:.   \

264 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/03 21:36:09 ID:+NVKqZCW
          ____
        /     \
      / \   ノ  \      「ルイズ!
     /   (●)  (●)  \      そんなときは一緒に唱えるんです!
    |       ,-、      |
    \      '⌒`    /     『面白ければ、こまけぇ事はどうでもいいんだよ!』」



             _
          , -‐'´   `ヽ
         /         `丶
        /               ヽ
       / /     /  、ヽ ヽ 、 ハ
       { ,'  i_i」Li   、 L,」__ }  }  |    \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
      l { i´lzL」_ト、 iソリ_」Lリ` l  l      )  >>255-256         >
      ∧ヾ〈.代ラj }ノ' .代ラj.〉! /  ト、    <  貧乳にも価値がある! >
     /  〉 ヘ ゞ-'   ,  ゞ-' / ト、   \   <                 (
    〈   /  .iヘ "" r‐‐y ""イ / ヽ    }  /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
    ) /  /::/`ト ,_‐'_,.イ/ ∧   \_ ノ



                      _
               , -‐ ' ´ ̄  `  、
              /         ―--.ァ
            ./       ,      .ハ、
           /        /    /  ./  トヽ
           /    /    l   !,ィ  /l  ヽ `
          ム'   / . i   レ ィAト<N. l !リ`      「違うっつうの」
          /ィ   .レメ',i  , ∧! '、''¬` .,''`'
           レ、   !爿ヘ l'    ̄ '´ ヽ、
             ヽ.  \ゝ、l         /
              ヽ,  ,八     , -―, '
           _/: ヾ'´  !`> 、  , i i j
        _/:.:/-―仆、     フ/iニ´、‐---― ―- 、
    . -‐':.´:.:.:.:.:.:./: : : : l L ヽ.  / 」 l: : :`:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:/'´ ̄:`! 、 ̄V´ ̄ィ !-‐: 、',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: : : : : :!  ゝ`l /  .l : : : : ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

265 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/03 21:37:37 ID:+NVKqZCW
  ∧_∧
 ( ´・ω・)
 //\ ̄ ̄旦\     「というわけで、次回(第六話)は100コマ前後で、
// ※\___\    水曜か木曜投下を目標にしています」
\\  ※  ※ ※ ヽ
  \ヽ-___--___ヽ


266 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/03 21:39:16 ID:RjY3DlYl
諒解
ゆっくり待ってるよ!


267 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/03 21:47:58 ID:VfpYxGjI
なん…だと…!?の連続で何ヶ月も続く漫画もあるよね

268 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/03 21:49:33 ID:+NVKqZCW
>>267
某オサレ漫画でしたっけ。。。

あれの戦闘開始から終了までのフローチャートを見て笑った記憶がありますw

299 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:00:11 ID:s/0d74MR
一357.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――
  昨日とはまた別の空気が漂う夕食時―――

  早速やらない夫が執事から聞いた話を展開すると、
―――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)         「………と、言うわけだ。
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }          アストナージさんは明日か明後日には到着と言っていたし、
           ヽ、      ソ           王都からの距離を考えると明日の夕方ぐらいかもな」
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



                            , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
                          _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                         _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                       ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
                          ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
                         〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
「人生、楽して儲けられないように     ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
なってるんですねぇ。               i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
                             l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
私としてはもう一年ぐらい      .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
この状態が良かったのですが」          " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
                                '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
                     .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                   !'i   j       ~ヽ
                                   リ 、 /  ―ー '''"""f,
                                   / _冫'''~            ',
                                 / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
                                l!~    /         ヽ. !



――――――――――――――――――――――――――
  案の定、わざとらしいため息を吐いたエルが
  こんな好条件な仕事、滅多に無いんですけどねと言った。
――――――――――――――――――――――――――

300 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:01:06 ID:s/0d74MR
一358.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼の言う事にも一理ある。
  やらない夫が知る限り、この仕事の報酬は待遇も併せて破格であり―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ       (確かに、この仕事の報酬は相場の三倍近い。
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃      腕利きを集めた事と言い、値段の事と言い………
   ヽ、l    ´ヽ〉       何か裏があっても不思議じゃないんだが―――)
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  だからこそ―――喩え領主が自身の持つ証の詳細を知らなくても―――
  何らかの秘密が隠されている、そう思わせるには十分だったのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

301 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:02:06 ID:s/0d74MR
一359.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――と考え込んでいたら、相棒に突っ込んだ者が居る。

  まるで、人間のおよそ三倍から四倍の寿命であるハーフ・エルフの時間感覚に付き合っていたら、
  やらなきゃいけない事をする前に婆になっちゃう、とも言いたげな声で。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V   「長いよ………
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl      あんたの寿命で考えないで」
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



                                     _____
                                    __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                                   /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                                 ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       「は、はひっ」                  /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
       (コナタが突っ込んだ!?)     / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
                           / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
                           |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
                           |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
                          /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
                         /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
                        /    |      \_____/レ´   //    ヘ



――――――――――――――――――――――――――――――――
  今までそんな経験の無かったエルは年甲斐も無く声を裏返らせて驚き、
  目を白黒させながら彼女を見つめ―――
――――――――――――――――――――――――――――――――

302 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:03:06 ID:s/0d74MR
一360.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  以前感じた通り、何らかの芽生えがコナタに訪れているのは確実だと判断した。

  自分を落ち着かせるためにお茶を飲んでから、
  精霊使いらしく、精霊視力で彼女の様子を確認してみれば裏付けが取れたので、
  金銭の事が無くても、コナタのためにこの仕事はもう少し長く続けたかったと思ってしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ:::         (フム。:
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、        ………今まで殆ど動きの見られなかった
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ        精神の精霊達に変化が見られますね)
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、     
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――
  集中して精霊の力を探るのは面倒だし疲れるので、
  滅多なことではやらない彼はそのまま視線を巡らせたのだが―――
―――――――――――――――――――――――――――――――

303 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:04:13 ID:s/0d74MR
一361.



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {       「でも、私ももう少し稼ぎたかったよ?
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ       そろそろレイピアを卒業したいし………」
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



            ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
            ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
       :::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
       ::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::
       :::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
       :::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::     :::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::: ____:::              :::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           /     \      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::        .     / (ー)  (ー)\             :::::::::::::::
         :::::::::::::::::           :::::::::::l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\         :::::::::::::::::::::::
      「魔剣は高ェからな………」     ヽ   L \ェェェェェ/  |  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       :::::::::::::::::::: ゝ  ノ         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ::::::::::::::::::::   /   /         \
              ::::::::::::::::::::::    /   /            \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ::::::::::::::::::::::::::::     . /    /         -一'''''''ー-、.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::::::::::::::      人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒)):::::::::::::::::::::::::::::::::::



―――――――――――――――――――――――――――――――
  見た目は平然と、いつも通りの態度で話しているはずのキル夫から、
  怒りや困惑、哀しみの精霊の力が異常に放たれているのが分かる。
―――――――――――――――――――――――――――――――

304 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:05:07 ID:s/0d74MR
一362.



                                   ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                    |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                    /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                      { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                        ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
 (おやおや。                                  |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                          |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
  二人にあてられて何か思うところがあったのは、          ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
  コナタだけじゃ無かったみたいですね)                     |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                            リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                       __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                   ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                              ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                  l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                                | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                              、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  何となくその理由も想像がつくが、やぶ蛇になるのは確実なので特に触れないでおいた。

  このままでは彼が爆発するのも時間の問題かも知れないが、
  エルにはコナタ以外の他人に気を割いている余裕など無いのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


305 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:06:06 ID:s/0d74MR
一363.
――――――――――――――――――――――――――――――
  特に感慨もなくキル夫から視線を外して集中を解き、
  爪を噛みながら今後の事に思考を向ける。
  
  彼らも旅の目的ぐらいある、収入のための用事が終わったのなら
  本来の道に戻るのが筋―――
――――――――――――――――――――――――――――――



',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、       「とは言え、終わりが見えたのなら
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i       次のことを考えねばなりませんね。
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l        取りあえずは町の宿にでも―――」
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ      f´ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `         |  エル。  |
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;            乂____ ノ
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、

306 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:07:06 ID:s/0d74MR
一364.
――――――――――――――――――――――――――――――
  そんな思考を破ったのは自分にだけ聞こえるような小さな囁きだ。

  他人が居るところでコナタに呼ばれる事など滅多に無いので、
  余程の事かと彼女を見れば、
――――――――――――――――――――――――――――――



                   ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                    |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                    /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                      { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                        ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                          |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
 「は、はいっ?」                |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                        ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                             |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                            リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                       __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                   ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
              ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                  l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
              、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.ー< ̄ ̄
        /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.;イ:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /:.:/    ../::/::/|:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.    \::\
     /:/ / .....:.:._/∠/::/ |:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.l:.:.:.....  \:.:\
    j//:.:.:/:.:.:.:.:./ /:./ |:.:.:.:.:./|:i__|:.:.:ル:.:.:.ト:.:.:......ト、::::.,
    /:.:.:/:.:/.:.:.://  j/  |:.:.:.:/ j:j N/:.:.:.:.|:.:.:l:.:.:.:.l \',
   /:.:,イ:./:.:.:./i テ==ァ  |:.:./   j/ |:./X:.:.:l:.:.:.|:.:.:.:.:.l
   /:ィ':.:レ:.:.:.イ| l!{o辷ル!  j:./  テ=土__|:.:.:j:.:.:.:|、:.:.:.:|
  ,'ィ' !:.r|:.:./:. ! ゞ,__ノ/  /    {o辷ル'テ !:./:.:.:.:.ハ:.:.l
     |:.ゝ!/:.:. |  ¨ ̄´    、   ゞ,_ノ/ ' ィ::/.:.:.:./  l:/
     |:.:.Y:.:.:.: |            ` " /:.|/|:.:.:./
     |:.:.:|:.:.:.:.:.|\     (_ノ       ・/:.:.:.:.|:.:./     __   クイクイ
     |:.:.:.|:.:.:.:. |:.:: >、       _ イ:.:.:. :. |:./  _ -t_ ̄___ノ
     |:.:.:.:|:.:.:.:.:|r' ̄|  `  7≦ ´:.:.:.: l:.:.:.:.:.:.:|  __l ヽ _j⌒,
.    ル:.:.:.l:.:.:..: l: :r'´    ゝj: ヒ_;.:.:. l:.:.:.:.:.:.:l ,〈 :|     }
    j:>、'´l:.:.:.:.:.l: :l   _  j: : : : :.ヽl:.:.:.:.:.:.j人ゞ\ __ノ
  /ヘ\ヽl:.:.:.:.:.l: :「 ̄   ̄7: : : : : : : l:.:.:.:./ヘ、\ `ヾ )
 / \\\|:.:.:.:.:.l: :|    ,' : : : : : ://l:.:.:/ \\ \_/



―――――――――――――――――――――
  何か言いたげに口をぱくぱくと動かしながら
  三人のやり取りの方を指さしている。
―――――――――――――――――――――

307 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:08:06 ID:s/0d74MR
一365.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その先には、キル夫の事を敢えて見ないようにしている雪華綺晶と―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                   ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                   / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                  i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                  ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                 .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                  li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
     「ね、ね?                       ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
     やらない夫はこの後どうするの?」        ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                   !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                  ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                  //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                 / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                               / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                             / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                            /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                           ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、



――――――――――――――――――
  今にも爆発しそうなキル夫と―――
――――――――――――――――――



         ____
         /     \
.     /        \
    l^l^ln;;;(○)::::::(○);;; \    「…………」
    ヽ   L(トェェェェェェェェイ)  |
     ゝ   \ェェェェェ/ /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

308 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:09:06 ID:s/0d74MR
一366.
――――――――――――――――――――――――――――
  甘えるような視線と、突き刺すような視線を違う角度で浴びて
  困り顔のやらない夫の姿があった。
――――――――――――――――――――――――――――



        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|         「………宿屋に戻って魔法の勉強かな」
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|

309 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:10:06 ID:s/0d74MR
一367.



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/     (やらない夫がどうしました?)
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- ' ボソボソ
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |
                            〃 ̄`
                            !|    , ィ
                            ヾ、_/:/--‐;ァ
                            /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
                           /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
                           ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
            (誘ったら?)       !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
                          l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
                            !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
                    .ボソボソ  .l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
                            λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
                            l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
                          j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
                           |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
                           !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



――――――――――――――――――――――――――――――――
  コナタが示しているのがその中の誰か分かったのでその理由を問うと、
  彼女はこの仕事が終わった後の事に触れる。
――――――――――――――――――――――――――――――――

310 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:11:07 ID:s/0d74MR
一368.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分同様、彼女もこれからの事―――共通の目的について考えを巡らせていたようだ。

  その提案を検討してみたエルは次に、
  終わりの見えない長期的な仕事にあれだけ腕の立つやらない夫を雇っておけるかどうか、
  財布の中身にも尋ねてみるが。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                     (( //  へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                                    /^\:::::\::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::
                                   丶\:::::\::::::::\:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                 /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::
                                │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
                                /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::
                               /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
                              │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
   「―――フム」                  │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::
                              丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
                                 /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
  (確かに相手の力は強大です。            ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
   戦力はあった方が確実でしょうが………)    ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
                                   ||:::::ゝ                ∧|/
                                   │入...___             /
                                    丶  \─ゝ          /   /
                                      |   |,           /| //
                                     /  |        ....////
                                   /= --┴-、    ...:::::::: /  /
                                  /       \<\:::::::/ /      ノ
                                /   , ----= 、 \// /      //
                               / >           /  /      /



311 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:12:08 ID:s/0d74MR
一369.
―――――――――――――――――――――――――
  正直、いくらあれば十分なのかも想像出来ません、と
  予算不足を理由に否定的な答えを言った。
―――――――――――――――――――――――――



                         ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                   .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                   .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
                         ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
                          li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
                            ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
    (彼を雇うだけの余裕が          ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
     ありませんねぇ………)           ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                           ボソボソ ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                   l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                 ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                           ヽ ヽソ



                ---
          _.  ' ´        ` 、
         / /            \
       / //             ` ー-
.      //ィ'   ./ __ _,./  | |
      ,ィ' /   / ´,  ' ^ ′   ,| |
     '´ l′  _/ .__/    /    7ト/.
.      / . ィ'/  「'7女ァr /   / !'| lヽ |
     //,r1' ,.イ ム.  / / / ぇ、リ |  |
.     ´ l.{ |/ | [_/  //   ' ヾ:、  |
       | ヽ|   |     '    ん /|  / |
       | |   |         ヽ、/,r´|/  ,ハ
       | |   |\   ´’      /  ,  , ' l/
       | |   | j` ー--‐ャ  ´ / |/
      '. ハ.   |/   / /  , <   !   ハァー
 ⊂,. ̄`ヽ∨ ∨ | ̄`/   / , /,r⌒.ー、
 /     ゙l   V' |  /   //'´ i´   `ヾ
 }',. , /  |   ヽl. /  /'    !     )



―――――――――――――――――――――――――――
  もちろんコナタだって自分達の財政事情ぐらい把握しており、
  やっぱりね、と肩をすくめて強くはねだろうとしない。
―――――――――――――――――――――――――――

312 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:13:06 ID:s/0d74MR
一370.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルは言わなかったがその他にも、
  やらない夫を雇うことに関しての懸念点があった。

  まず、自分達の目的にあの真っ直ぐで純朴そうな少年は似合わない。
  そして、彼が理力魔法を使う者である事も、
  場合によってはコナタにとって悪影響かもと思えたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――



                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.       (しかし、どうしてこんなに反応するんでしょう?
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-     彼も理力魔法使いだと言うのに―――)
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /

313 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:14:06 ID:s/0d74MR
一371.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし二つ目の事は杞憂かも知れなかった。

  理由は推測に過ぎないが、
  コナタは現時点でやらない夫に強い拒否反応を示していないのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                     (( //  へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                                    /^\:::::\::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::
                                   丶\:::::\::::::::\:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                 /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::
                                │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
                                /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::
                               /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
                              │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  (―――いや。                        |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
                              │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::
   むしろ子供同士がおっかなびっくり       丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
   距離感を探っているように見えますかね)      /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
                                 ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
                               ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
                                   ||:::::ゝ                ∧|/
                                   │入...___             /
                                    丶  \─ゝ          /   /
                                      |   |,           /| //
                                     /  |        ....////
                                   /= --┴-、    ...:::::::: /  /
                                  /       \<\:::::::/ /      ノ
                                /   , ----= 、 \// /      //
                               / >           /  /      /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  このまま時間を掛けることが出来ていたら、
  無味乾燥の代名詞である彼女もやがては年頃の娘っぽくなるのではないか。

  悪夢に魘されたり、暗い感情に灼かれながら旅を続けたりせず、
  別の目的や幸せを探せるのではないか―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

314 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:15:06 ID:s/0d74MR
一372.
―――――――――――――――――――――――――――――
  父親代わりも兼ねている男は、そう思わずには居られなかった。
―――――――――――――――――――――――――――――



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'     (本当に―――
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/        この仕事が終わってしまうのは惜しい)
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |

315 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:16:06 ID:s/0d74MR
一373.
―――――――――――――――――――――――――――――
  しみじみと思うエルの視線の先では頬をかいたやらない夫が、
  他の四人の中で初めて、俯きっぱなしのキル夫に触れ―――
―――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    「キル夫はこの後どうするんだ?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



                                           ___
                                           _,. '´      ̄`、
                                      /          \
                                     |                |
            「元居た宿屋に戻るだけだ」           、  {  ヽ   r  ァ /
                                    γ `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ、
            (お前に聞かれたって………       /      `、ェェェェ,,´      \
             嬉しかネェんだよ………)       ,|              _    l、
                                       l "-'''" ̄ ̄三    三´   ̄"''` l
                                       ゝ    _ノ      ゝ_   __ノ



―――――――――――――――――――――――――――
  何の感情もなく、淡々とした声のみを返されたりしている。
―――――――――――――――――――――――――――

316 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:17:06 ID:s/0d74MR
一374.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  みんなの前では言いづらいのかも知れない。
  もしくは、言わない事にしたのかも知れない。

  自分は取りあえず状況を見ながら判断、と考えていたやらない夫は
  キル夫の反応に思うところあって複雑そうに目を閉じ、
―――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)     「そうか」
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



                                  __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
                                ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
                                  l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
                          .       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
                                /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
                          .     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
                              /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
                「……………」 .    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
                             l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
                             V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
                              ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
                              ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
                            //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
                          ,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
                           /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
                           {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



―――――――――――――――――――――――――――
  彼らのやり取りがどういう事なのか分からない雪華綺晶は、
  探るようにやらない夫とキル夫を見比べただけ。
――――――――――――――――――――――――――

317 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:18:06 ID:s/0d74MR
一375.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  談話室の空気が固まる前にやらない夫は次の組のこれからに触れ、
―――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |    「エルとコナタは?」
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |



                                    ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、、:::::::::
                                   i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                 i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                    !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                       .           l:! ki::、:ヽ::',ヽ|}`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、:::::::::::::::::::::::::::
                                    i! ヾ:、:::::::::、 ゙、.;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、::::::::::::::::::
                                   !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X"、:::::::ヽ:::::::
     「今まで通りに戻るだけです」                 /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、:::
                                    '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                       `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                                ,、..、         'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                f " ,`;ー 、      ヽ、、      /::::    : //
                                ーア::ヾミッ、` 、_       i    ., '""'-、,,__.._ //
                          ,:-、 ,x、, 〈::::::::::::r'^,ニ'ー `=r-、、. ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、::ソ/
                          /   iヽ `'ヾー "{ノ ノ    `  ヽ.         |.  ヾ、:/



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  話の流れから次は自分達だな、と思っていたエルは間髪入れずに答えた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

318 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:19:06 ID:s/0d74MR
一376.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今までの事―――
  つまり、目的には触れなかったがコナタも肯定するように頷きを繰り返すので、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                              ,..::;ニ=-、
                                              i::/     、
                                           ,ゞー--‐::':::|,..-;:ァ
                                         /:::::::::::::::;::::::::!::::::`丶、
                                        /::/::::::::::/:/|;:::::;!i::i::::::....、ヽ
                                          l:/::;'::::'オ/|::|:::/:廾!::::::::::゙:.ヾ:、
                                        ,!,イ:::::/ !':|:l::l::/::::::lハ:::::|;;::::l
                                         /i:::::!::/iTニT::,!;':::イニリ,!:::l`、:|
                                          !:(|:'!::l::゚‐':::/:::::::゚‐:!:}::!  ゙!
                                          |::::M::::!、   _   .ィ:i!リ  コクコク
                                          |::::|:::l:::レ゙'マ¬<:!::|::|



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)
  |         ノ    「なるほど」
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }     (………みんな、
 ( ヽ  /  / ノ      何か目的があるんだな………)
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それぞれには、それぞれの旅をする理由があると再確認していたやらない夫は、
  未だそれを持たない自分が少し恥ずかしくも思えてしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

319 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:20:08 ID:s/0d74MR
一377.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  明確な目的を持たない冒険者。
  それは異端児も異端児、風来坊に近しい存在だ。

  安定した生活の為でも、栄光や名声を勝ち取る為でもない。
  言うなれば父の教え、血の声、そして本能に従って足を動かしている自分が
  酷く頼りないように思えて、腕を組んで考え込んでしまったのも無理はない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ         (俺は、何のために旅をしているのだろう?)
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}


320 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:21:06 ID:s/0d74MR
一378.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし、雪華綺晶は迷いが見られる彼の横顔を、真逆の表情で見つめていた。
  彼女はすでに、新しい目的を彼の中に見出していたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                        ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                       {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                     /./       辷ニソ
                                    / /   l  l l  l (( \
                                      / / l  l| /i| i| i| | | l \
    (さて。              .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                                    /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
     仲間にして欲しいと言っても、.             /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
     目的が分からなきゃね。                   /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
                                 /  /   / ノ八  _     / /  i!
     それが何なのか、                 /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
     まだ分からないけれど)              .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                 i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                               / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                             / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                             i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                             // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                            /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫は目的が不明確でも、立ち位置は明確だ。
  自覚が無いのかもしれないが、誰よりも綺麗で真っ直ぐな存在だ。

  探し求めていたそれを見つけてしまった今、彼が歪まずもっと大きく育つように
  見守りたい、支えたい―――

  そう決めていた彼女は迷わない。
  だから、悪いがキル夫には僅かでも答える事は出来ない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


321 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:22:21 ID:s/0d74MR
一379.
――――――――――――――――――――――――――――――
  陰と陽。
  光と影。

  己の輪郭がぼやけてしまい、
  何のために生きているかが分からなくなってしまったキル夫もまた、
  やらない夫と似たような状況だったのだが―――
――――――――――――――――――――――――――――――



                    ___
                _,. '´      ̄`、
                   /              \
                  |              |     (どうせ、俺の事なんぞ
                 、  {  ヽ   r  ァ /       誰も分かってくれないんだ。
             γ `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ、
              /      `、ェェェェ,,´      \   不幸な星の下に産まれた俺だ、
             ,|              _    l、  仕方ねぇやな………)
            l "-'''" ̄ ̄三    三´   ̄"''` l
             ゝ    _ノ      ゝ_   __ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  たとえどのような状況でも、決して諦めず前を向いて道を模索する者と、
  自分が一番不幸だと諦めて俯き、現状を受け入れてしまった者。

  その一点で、大きく道は分かたれる事となった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



            r,/''"´ ̄`
          l::|          /!
            l:!      /.::/
          ヾ:.  _/.::.:∠-.-::.::ァ
             , ゝ´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::<、
   .       /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヾー
.        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. .\
        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: i . :.:.i__::丶、
       ,' : : .::.::.::.::.::.::.::.::..::. : . . : l.::.::.::.!  ̄
        i.::.::.::.::.; ,::.::.::.::.::. . : ::.::.::.:l:.::.:i:.::|
       l.::.::.;:;';';';';';';:,.::.::.::.::.::.::.::i::.::j、::.;{::.:|
.        l:.::;';';';';';';';';';';';.;';.::.::.::.::.l::.::l Υ|::.:|     (負け犬っぽい………)
         l.::;';';';';';';';';';';';';';'.::.::.:.:/:.::ハノ.::|ヾ|
          !.;';';';';';';';';';';';';';';.::.::./::.::| |::.:|
.          l.';';';';';';';';';';';';';';'::.::/.::.::|ノ|::.:|
        },';';';';';';';';';';';';';'::./::.::.::l !.::.|
.        l.:l.';';';';';';';';';';';';';/::.::,::.::!_|.::/
         l.::.!.';';';';';';';';';';';'/::.::.;;.::.:|l!ヾ、
       l.::|::.::';';';';';';';';';'/.::.::.;;';:.::.|l!l!|゙!



―――――――――――――――――――――――――――
  奇しくも―――

  キル夫よりも壮絶な過去を持つ、コナタのその、目の前で。
―――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

322 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:23:11 ID:s/0d74MR
一380.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――
  時計台の鐘が二十時を知らせてからしばし。

  昨日と同様、前番の見張りとなったやらない夫と雪華綺晶は、
  錫杖を箱に入れて談話室で見張りの任務に就いていた。
――――――――――――――――――――――――――――



   ,=============,
   | r──、 r──、 |                            ______
   | | / / | |/∇ /| |                             |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   | |==== | |==== | |                            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   | | ∀  | | / / | |                            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l                  |::::::::::::::::::::::::::::o|
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉                 |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│                |:::::::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


          ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
            l i   +   +   +   l l:::|
          / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
          ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
        | l                l |/
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|.       .________________
       ./                     //|     ./------------------------------./|
..___/___________//| |     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
(_______________),‐─┬i' ゝ)    |================| .|
l:::          .   ..::::::::::| l^) .l│        |________________|/
|:::    ;.             ..::::::::::| ´|  ゝ)
|:::           ;  ..::::::::::| /
l:::.            .   ..::::::::::|/

323 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:24:06 ID:s/0d74MR
一381.



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |
            |   ` ⌒´  |            「見張りも今夜で最後かな」
          .  |         }
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



                                    ,ィ''´_二----`' - 、__
                                /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                               /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                              // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                              {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                               Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                               {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
     「そうだね。                    __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
      明日の昼は衛兵を             i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
     増やすって言ってたし………」       }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
                               'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
                              i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                             r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                             `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                               ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                              | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                              l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                               i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  明日の夕方か夜には王都からの派遣部隊も到着するだろうね、と同意した雪華綺晶は、
  取りあえず仕事の終了後は、やらない夫と同じ宿に行くつもりだったので
  財布の中身以外に不安点は残っていない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

325 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:25:06 ID:s/0d74MR
一382.



     |┃三   / ̄ ̄\
     |┃三 /  \,_.  \
     |┃  (●)(● )    |
     |┃  (__人__)      |     「夜の巡回も随分増えてるの、
 ガラッ .|┃  ヽ`⌒ ´     |      気がついたか?」
     |┃   {         |
     |┃三  {        /
     |┃    ヽ     /
     |┃  .   ン    ヽ
     |┃三   /     |
     |┃(⌒二_/|   . |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  魔法を使う前に窓を開けたやらない夫が広い庭園と、その向こうの街路に視線を巡らせれば、
  隊列を組んで哨戒にあたっている衛兵の姿が見て取れた。

  それは、昨日までは無かったはずの光景だ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     __________||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三三三三||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __;;  ||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||  ; ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   ;||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄   ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三三三|| ,, ||_|_||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   __   [二二二二二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  __  | |   || || ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  |_ :|: _|  | |   || || ||_|_|| ||_|_|| ||_
     __________,|_|  |:::゚|゚:::|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''

               「異常なーし」
             /        /         /         /
..           /..         /..         /        /
  / ̄〈     // ̄〈  .  / / ̄〈      // ̄〈     /
  l/",ニヽ~'ヽ/  l/",ニヽ~'ヽ/  l/",ニヽ~'ヽ/ l/",ニヽ~'ヽ/
  ノl_[,#゚ -) 0´|   ノl_[#゚ -) 0´|   ノl_[,#゚ -) 0´|  ノl_[,#゚ -) 0´|
  ( _ii_/_ノ   ( _ii_/_ノ    ( _ii_/_ノ   ( _ii_/_ノ
   |ヽ0´|      |ヽ0´|       |ヽ0´|       |ヽ0´|
  ノ/'i'i'iゝ     ノ/'i'i'iゝ     ノ/'i'i'iゝ     ノ/'i'i'iゝ
 /(/´"J     /(/´"J     /(/´"J     /(/´"J
                                   「異常なーし」
  ザッザッザッザッ


 
 
326 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/05 21:25:49 ID:XaKG0pKV
アラララララーイ的な……

327 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:26:06 ID:s/0d74MR
一383.



       , へrァォ7フx- ´  ̄ - 、
       /  イゞン7ハ__         ヽrァ7、__
     /   i ゞアン'ー,          vシ}  、
    i    ト、   //  , /      ド'   i
    |     |  、 /./ /, //, /|//  .|  ドミ、  |
    |,ノ ,  .|  V /////r'/ //| | | | \ .|
   //   |   } .. |rァォメヾ/ノ//-ト|、| /ト、ヽ ` 、
  //   , '  /... . トK乃ッリ)  . ,r=ォx'ノイ |  ハ   )
//   /,'/ゝi  ... トゞアンツ    弋リ/.| |/ 人メ、       「最初からそうしていれば良かった―――
/   / ,','   .,|   \...))  .   ,    / .| |, イ/\  、      なんて言わないけど、ね」
///ヽ.//  ,ヘゝ 、   \  ‐-   イ/| |  |   \ \
. (/  // 、ノ ̄ へ⌒ヽ、 )_. 、_ .ィヘ ノノ |,  ゝ、   ) .)
ヘ \   | |  )\    \_ソ/ミ,',ニニシ ゝ、 l    \/ /
 \ \ノノ/ く´ _ ., …´/  y>ul--‐‐''¨.ヘ\.  / /
   ) Y  , イニ____,ノ  !乂ゝ__ゞ__! ヽ i ヽ,/ /  \
  ,/  / /  |  しー    io .l > i ,.l ( l  (  (      )
/ , イ  i    、 `ヽ⌒ 、,, .′′'^^_"_^i..  \ \  /
 /  \ ` 、 ゝ ノ  イ  ` ~   ′     )  )'



―――――――――――――――――――――――――――――
  肩を並べて外を眺めた雪華綺晶は苦笑するように言うも、
  おかげで君に出会えたんだし、なんて口からは出さないのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ         「はははは」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



 
 
328 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/05 21:26:49 ID:ICfSI05m
それ言えたらプレイボーイになれるな。

329 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:27:06 ID:s/0d74MR
一384.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  窓をしっかりと閉じてから改めて魔法を掛けたやらない夫は
  厳戒態勢となった証の警護の事を考えて、
  盗賊団に大きな動きがあるかも知れない、とこの仕事の背景について考え始めたのだが、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



              / ̄ ̄\          |┃┃
             /   _ノ  \        |┃┃
             |     ( ●)(●)         |┃┃        「じゃあ魔法錠して、と………」
          |     (__人__)       |┃┃
              |     ` ⌒´ノ      三|┃┃ ピシャッ!   (しかし、国王が非常事態を宣言すると言う事は、
           |         }        |┃┃て       領主の証に関する話の何割かは
           ヽ        }         三|┃┃ て       事実の可能性が高い。
               ヽ     ノ         三|┃┃(
               /    く       γ⌒)|┃┃        そのうち、ティターンズが
            |       \____ノ ' ノ |┃┃        本腰を入れて奪いに来るかもしれないな………)
             |     ヽ  ___,,、   |┃┃



          _  、  _  __  ,r __
        ,.ィ´yヽノ)'´  `´    `'ゞ、イyヽ.ヽ、
       / 辷_ソ            辷ツ) ヽ
        /l  )) ゞ=-'/  l l  l l  、 (( 、ゝ=-' ヘ
     / l '´ l   l l l l l l l l! l  ヽヽ` 、 ヽ  ヘ               ハード・ロック
     ,'  /!  l   l l l l l l l l ll 、 ヽ l l! l',   ヘ       「さて、硬質化施錠の魔法の勉強しようかな。
    ,'  / l  l _l l!(( l l l l l´l`l' 、 l l l! l.ヘ  ヘ
.     ,'  ,' .',.  l´ ̄/示´`ヽl从!ィョョュ、、l l /lヽl ヽ   ヽ      魔法書、貸してくれてありがとう」
.   ,'  ,'   l  l   〉jY リノソ   辷ツ' l! '´  ヽ ヽ  ',
.   l   l  ト、  ! ゝ-、ノ_ノ '    ̄ !l   l   ヽ. ',  ',
    !   ! / ヘ l.  ヘ、(( ー ‐ _ / l l  l    `ヘ  ヘ      __
    l   l /  ∧ ヽ ヽr‐`z,ィ'ー'´ノ`´〉.l l  l  ヽ    ヽ  ヽー‐‐ ' ´    `ヽ、 __
    l   l'  ./ ヘ ヽ ヽ ヽ /〉ノヽ___`〉、 ヽ、_  ヽ   ヽ   \ _, -‐-、 _, -‐ '´    `ー- 、
    l  l   / i´ ヽ   ヽ_ノ 〉__/。l、ノ´ ゝ--、-、ヽ ヽ   ヽ   \__, -‐'´ _, -―、―――-、 `ヽ
.   /l  l ./ r‐'‐t‐ヽ   ヽ><.l。l r‐/`ー‐十 ヽ ヽ     ヽ    \ -‐ '´    l      lヽ l
   l l  l / ヽ  /ヽヽ   ヽー'`ー'´ノ  l /`ー-、 ヽ   ̄ ヽ     `ー――----、_    / /
   l l  l'  /ノ  `/`/\  \ ヽ〈 ノ     /、  \    \      _, -―-、 \ //
   l l  l 〈   ゝ / 、 \  \ ノ /  ´t‐‐'     \    `ー― ' ´      ヽ l'´



―――――――――――――――――――――――――――
  テーブルの上に魔法書を置いた雪華綺晶にお礼を言われ、
  気にしなくて良いよとそちらを振り返った。
―――――――――――――――――――――――――――



330 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:28:06 ID:s/0d74MR
一385.



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,         「良いって事さ。
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__       書き込みとかあるけど勘弁な」
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  普通、覚えてしまった魔法の魔法書は、
  学院などで下取りに出して購入価格の何割かを戻したり、
  更に別の魔法書を買う一部にあてるのが殆どだ。

  その為、買った本には補記や書き込みをする者は殆ど居らず、
  写本をしたり、自分用の魔法書などに書き写したりするのが当たり前だったりする。
  それをせずに取ってあると言う事は、かなり裕福である事の証明に他ならない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                         / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
                       ./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
                           /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
                           //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
                           ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
                         /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
 「ううん。                 _/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|
                        /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
  ご飯の後ざっと目を通したけど、  ´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
  凄く理解しやすくなってる。               / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
  かなり勉強してるのが分かるよ」         /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
                             /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
                          , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
                        /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
                       __ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
                          ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
                       ´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だから装備の質、泊まっていた宿の格の事も合わせて
  どうやら彼がそれなりの資産家だと言う事も、雪華綺晶は分かり始めていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

331 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:29:07 ID:s/0d74MR
一386.
―――――――――――――――――――――――――――――
  それで彼女も勉強に移ったので
  目を閉じたやらない夫はもう一度、事件の背景に思考を向ける。
―――――――――――――――――――――――――――――



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l            (最初から同時に証を奪わなかった事、
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l             自分達の戦力を温存するために噂を流して
.       /   ハ !.!          !             野良の盗賊や護衛を動かした事―――
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_           これらは時間の経過を良しとする作戦だ。
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \         国王側が非常事態を宣言して
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、      防衛を固めても構わないとなると………)
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  そもそも盗賊団が国を相手取る時点で異常だ。

  領主の証を狙いつつも、未だ本格的に動こうとしないティターンズの作戦と、
  今後の動きを予想すると、どうしても鍵となる人物が浮かび上がってくる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――

333 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:30:07 ID:s/0d74MR
一387.
┏─────────────────────┓

   その、パピプペポとやらが何者なのか―――
   そこが肝、だな。

┗─────────────────────┛



       /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::ヘ
      /  :::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:.     :::::::::::ヘ
.      /  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ::.    ::::::::::::ヘ
    / :::::::::::/::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
    |  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
.    | :::::::::/:::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|:::     :::::::::::::|
   | :::::::/::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::::|
   | :::::/::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
   | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
  ,/  :::::゙<´:::::::::::::::;;;;;;;;;:::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__}::::     ::::::::::::::|
   \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.:::::::: __ ,.   ∠._,'  /     :::::::::::::::/
    \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.       _,.r- !/      :::::::::::::廴,
      / :::::/::::::::::::| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::::::::::::::::::_,.;r=≠≦::::`ヽ
.     / ::::/ :::::::::,' ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  :::::::::::::::::::::::::::::/、:::::::::::::::::: ::::::::}
    / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;/___,.. -─ :::::::::::::::::::::: ~゙'-=  ̄::::::::/
.   / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::〈
  /::::::/  :::::::/.、-───-ト、     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::/
. /::::::/  :::::::/.::::》      '{  ≦=≠ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::{
. /:::::/  ::::::::/ :::::::\_,.==≠、/二 ̄  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::j
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
               ○
             о
            。
           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ            (ただの盗賊とは思いがたい。
          │         }
           ヽ、      ソ              騎士達が防御を固めても
          イ斗┴r┐` .;               証を奪う事が出来る存在―――)
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}


334 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:31:07 ID:s/0d74MR
一388.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  世の中には希にではあるが、人と言う枠を外れた超越者が確実に存在する。

  自分は別にそうとは思わなかったが、
  確実にそのレベルにあった父親の事を思い出したやらない夫は、
  その領域に立つ者が敵に回った場合の事を考えて、つい頭を抱えたくなってしまった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉     (変化した魔族?
                   ノ U   { )     j      親父みたいな存在?
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r        ―――いやいや、勘弁してくれ)
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  何しろ超越者相手に戦術や戦略など無意味。
  同じ超越者による、純粋な力と力のぶつかり合いでしか立ち向かう事は出来ないのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

335 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:32:06 ID:s/0d74MR
一389.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  いつしか、勉強を中断して頬杖をついていた雪華綺晶は、
  あれこれと思い悩んでは身振り手振りを交えて考え込んでいるやらない夫をじっと見つめていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



       __
      /ノ ヽ\                                         / ̄ ̄\
    /.(○)(○)\                                     /   _ノ  \
    |. u. (__人__) |                                     |    ( ー)(ー)
   . |        |                                     .|     (__人__)
     |        |               , n / ̄ ̄\ .n                 /     ` ⌒´ノ
   .  ヽ      ノ            . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、              /  ヽ ⊂二二 ̄\
      ヽ     /             /,イ / (○)(○) .l i i i          /     \  ⊂、'    ヽ
      /    ヽ              〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉          /        \_, `7  /
      |     |            ', i.  ',   ` ⌒´ /   /        /    へ     \ !/  /
       |    .   |             .i   l.      ,'  ./
                       .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
                           ヽ     〈_ノ ノ
                            |     ./
                             |    .   |
      __
    .,/,-、  \                            / ̄ ̄\
  / ノ:/ ノfヽ.. \                             /   _ノ  \
  | /:/ /...| |  |                        |    ( 一)(●)
  l レ ./..ノ .,''´} i                         |     (__人__)
  l   ' ´ .〃 / |                           |     `⌒´ノ
  ヽ.     . 〈 .ノ                             |   ,.<))/´二⊃
    \.,_  ._ノ /                              ヽ / /  '‐、ニ⊃
     /  /  ヽ                               ヽ、l    ´ヽ〉
    ./  /   |                           ''"::l:::::::/    __人〉
    i ./  .  |                           :::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_


336 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:33:07 ID:s/0d74MR
一390.
――――――――――――――――――――――――――――――
  まるで百面相。

  生真面目な彼の事だ、どうせ仕事について考えているのだろうが、
  一体、何処まで思慮を巡らせればあんな事になると言うのだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                 /  /{必}                r=ミ | |
                                   /  //)厂                ゞ彳i | |i
                               /  //(( /        i |   |    ))   ! i|
                                 /  //  /  / l l | l | |   | |  |丶i ' .'.|
                                "  /  .′ i | l| | | |/.i ハ .l  | | l l |  l  / |
                            /    /i  i  l.| l| | | i :!/:ハ┼-| | l | |  i/ / | |
                            /   / !  i l l ! 从r-、_)) /i i/ル'ハ!ル/! !i/i / /i ! !
    (………器用ねぇ) .           /   /   | l ハN nn{ィ示}}    r:行芯ヘ,レ |/ /i | ! !
                ..      /   /    / ./ | |.// )辷_ソノ    込zソイin./ / li | | 丶
                      /   /     / / i /i { /.)ーイ   ,      n| | 〉/ ハ.| |  \
                    (    (      / /  ハヽ|,| i } ))           / ノノノ ) ,  | 、    \
                     \   )     /./  /  l\ `  \   ⌒  ./.    /./l  |  ヽ      ,
                        )  :   / ./  / 仁へ._\   \   /    /./ l  ハ  ハ   人
                       /  /   (  /fニフ(_ / ⌒ `⌒ヽ }≧≦{    /_'  | i i /  \/  \
                .     /  /   ノ /rイ / ( //    / 人__i\r─'⌒ー'  トTフi| /  \ \
                    /  /  //r─{.`ー  i /     / _,イ }/        ノ、トイ}_   \ \
                .    /  /  (  i {     ノ .ノ      イ   八        //\/  )   .  }
                   /  /   |  |     /         /j__、\      い、厂/ 〈 i   ノ /
                  ./  /    {  } r─'´           イ≫<\      .∨イ   } i /  /
                 /  /    /  /          _ <二二二ニ| ト.      \   } i /  人


337 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:34:06 ID:s/0d74MR
一391.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  二十一時を回った頃だった。

  急に外が騒がしくなったので、ずっと考え込んでいたやらない夫は耳に神経を集中し、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  そっちへ行ったぞ!   |
乂___________ ノ                     _/\/\/\/|_
                                       \          /
                                       < イエッサー! >
                                       /          \
                                         ̄|/\/\/\/ ̄

          / ̄ ̄\ ' _
        / _ノ  ヽ、.\ -
          |  (●)(●) .|    「何か聞こえる。
        !  (__人__)  |     衛兵達か?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  素早く立ち上がって窓際に急いだ雪華綺晶が見れば、
  三人ほどの人影が松明と武器を持った衛兵達に追い回されているようだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



                      、   _, .} ,メ    l   ',::   ヽ::::.   ',:  ヽ
                        ̄,´/F>`ミi_ i  i    ';::   ' ;:   ';::  ',
                       ,⌒Yiー<⌒ハL  i     '::;    ',、   ';::  }
                       ,イ冖!/てヾVYjヽ_, l、 ,  ',斗七  '.,ヽ 人,,リ
                      从r'弋心ノ',イj从i   l....ヽ/ '; :::\  l ::/イ
                     .<  ゝ._`フノノハ、 .i  l::::''ゞ从_i⊥、;\j .i
                       弋 _、.>√勿/ヽi. ハ   V{ィrャミ <  丶_       「三人ぐらい、
                       )) /´  `.i`...'.,::、 '、 ハ  `.辻,ィ'}      ̄|     庭に忍び込もうとしたみたいね。
                         l    :::   ::',::\ iヽ   |下乙     /
                         l    ::     ;;; ::ヽ| ゞ         /      衛兵に追いかけられてるよ」
                         ,'  ..::    ,:'::, :::|           (
                         ,'   ::    .::  ::: ::|`(  Y ヽ、     /
                        ,'  .::  .:: .::..  ::: :| ,ゝ‐イ .ノゝ___,,ノ
                       ,'  .:::  ..::: .:::  ::: :::!" `丶、s ̄`)
                       ,' .:::/  ::: .::    :: ::/   l  .l ヽ ̄)
                      ,' ::; '  .:: :::    ノ,/ ヽ、 ヽ / /、ゝ
                     .  / ..::: :::   // `丶、`  '彡,廴`;;;;;
                       ..,,,_::,,__.:,,,,::://‐-、__   `丶 .ヽ /∧/|
                      Y        ̄ -  ,,,, ` ‐ - 、 .Y..∧/|
                                    `ヽ     ヽ|∧//|


338 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:35:06 ID:s/0d74MR
一392.



         _,.--―'~ ̄`ー-、
       /,.-‐'"~ ̄`、   、 ̄ヽ、
      / /       `ー-〉`ーヽ. \
     r' /.            〈.  ヽ
     ; i              〉   |
.     |.|       ,.:'"      `i   |
      l.l  ,._____ l i__,.--‐‐-、.  l   |    「チィ!
      !.`i<´_,.--、_」'^L_,.===、_`;. j  .j     こんなに警護が厳しいなんて聞いてねぇぞ!
.     /i | 、-‐・./  ヽ!、 ̄`・,.   l /^ヽ
     |.(|. | ``=-7  ,...; ` ̄´   j l ハ |   おいマッシュ、オルテガ!
     ヽ:l !、  、__,.、_,.、i    ,.-'〈  し/    遅れるなよ!」
       j ! ,..-‐'" ゛ー--、、    j  Yl
      j.  `r' -―===-' ヾ`、 _.ノ  l|
      `、 ヽ. ー-,.-、-‐ ,.-'   _./_|           _/\/\/\/|_
       \_`゙゙゙"  ゙゙゙""  ,.-‐',.. '" l           \          /
        |.  `゙゙'""`゙"`´`゙゙ .:::::::::   |           <   おう!   >
.        |          .::::::::::: ,....-'―          /          \
                                     ̄|/\/\/\/ ̄
                                                     _/\/\/\/|_
                                                     \          /
                                                     <  分かった! >
                                                     /          \
                                                       ̄|/\/\/\/ ̄





                                  /             \
                               ,,イ´     /l爪        ヽ
                              〃/  〃 /  | | |l        ミ
                               イl   /从l |    lハミ       l
  |\     /\     / |   //  /      〈{{  リ!    _.∠.._  ヾヽ      リ
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///        川 l¨≒y 'ヾ‘'´   Yf´`i   /
\                     /    .       |从!´ |_ _     /  |j´)l /
∠  逃がすなーーーーっ!!    >         〈ト、´ `` 丶      K_/ /
/_                 _ \             `┤r ニニ ッ'    } |´/
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄                |   ー    ,.   |/
  //   |/     \/     \|                |   ___ イ´    |
                                   `丁 ̄        |
                                     _| :.    _ _力^ヽ、
                                 _r「宀< ̄       /    \ __
                             _ ィ´/     入    /     /
                            ̄ / ハリ    /  ヽ._/      /
                          .  /  / '/⌒Y´     イ   、     /



 
 
339 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/05 21:36:05 ID:ICfSI05m
ゲー黒い三連星!!

340 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:36:06 ID:s/0d74MR
一393.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  二人並んで窓の外を見やり、別方向からの本隊突入などを警戒したが、
  しばらく経ってもその様な動きは見られない。

  どうやら先日と同様、噂に釣られた連中が証を狙いに来たようだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――



  |\     /\     / |   //  /
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
\                     /
∠   そっちに逃げたぞーー!   >
/_                 _ \
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  //   |/     \/     \| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
             : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
             : : : l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二l: : : : : : :
             : : : . |             |             |: : : : : : :
             : : : . |             |             |: : : : : :: :
          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ.   |             |: : : : : : :
          |  陽動では無い、な。  .|..  |              |: : : : : : :
   / ̄ ̄\  .乂__________ ノ...  |             |: : : : : : :
 /       \     : : . |             |             |: : : : : : :
 |          |    : : : . |             |     //.       |: : : : : : :
. |         |   .: : . |             |   .//         |: : : : : : :
  |          |   : : : . |             | //             |: : : : : : :
.  |         }  ....: : : . |                  |             |: : : : : : :
.  ヽ        }    : : ,─-、,. ─-、r'f__      |              |: : : : : : :
   ヽニニニニノ 、_  : :/  y     :.  ハ二二二二二二二二二二二二l: : : : : : :
  /::::::::::::::::::::: ̄`ー  : : }  .:        i   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._: : : | .:i      |:  .′ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   ヽ::::::::::::::::::::::::i  : :/ ,;: 、      :i:. i : : : : : : : f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
             ./  .;i ヾ   /, .:l: |      |  さすがにこれは違うと思うよ。  |
             l   .:;| `  / " .:l: ∧       乂______________ ノ
             |   .::! .     :|:.  iヽ
             7  :|  i:      :|::  | 〉
             ゞ:.  |:.        ム  { ヽ

341 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:37:06 ID:s/0d74MR
一394.
―――――――――――――――――――――――――――――
  仮眠中だったエルが苦労してコナタを起こそうとしていた所で、
  どうやら連中は衛兵達に捕まったようである。

  無念そうな悲鳴が庭園を飛び越えて、館の中まで伝わってきた。
―――――――――――――――――――――――――――――



\_人_人∧从_人_∧_人_从_//
 )                  >
<  ぬわーーーーーっ!   >
 <                 (
 /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^

                                    /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                                     /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
                                  //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
                                  /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                                  iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
                「あ、捕まった」        リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
                                 ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
                                   リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
                                    !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
                                      i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                                        リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                                        `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                            ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                              ヽ'  /     i         ',



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\ 
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}   「……………」
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l  ボケーッ
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|

342 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:38:06 ID:s/0d74MR
一395.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろんキル夫も外を確認している。

  眠れなかったのだろう、焦燥した様子の表情と目の下のくまが相まって
  悲壮感すら漂っているその視線は―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  : : : _________ : : : : : : : : : :
 : : : ./_________ヽ : : : : : : : :
 : : : ||       ||.       || : : : : : : : : :
 : : : ||       ||.        || : : : : : : : : :
 : : : ||       ||.        || : : : : : : : : :
 : : : ||       ||.        || : : : : : : : : :
 : : : ||       || ,. -―- .、|| : : f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 : : : ||       ||/ ( o)(o).|| : : |  ……………。  |
 : : : ||       ||ゝ{トェェェイ}.,|| : : 乂_______ ノ
 : : : ||       ||  ` ̄´  .|| : : : : : : : : :
 : : : | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| : : : : : : : : :
 : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



―――――――――――――――――――――――
  現実と妄想の狭間を行ったり来たりしているようだ。
―――――――――――――――――――――――



       ____
     /⌒  ⌒\
   /         \       「これだけ狙う者が現れるんだ、
  /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \      女神の噂は本物―――か。
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /      何でも願いを叶えてくれるってのは夢のある話だなぁオイ」

344 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:39:06 ID:s/0d74MR
一396.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  再び静まりかえった庭園と街路。
  もう動きは無いようだ、と椅子に戻ったやらない夫は中断されていた思考を再開させ、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



    / ̄ ̄\
  /    \ /\
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)        (これはティターンズの挑戦だ。
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃       護衛が強固になる前に本腰を入れない―――
   ヽ / /  '‐、ニ⊃        怖いな、その余裕が)
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  大事になった場合は、仕事とは無関係に―――個人、やらない夫として―――
  動く意志を固めつつあった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

345 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:40:06 ID:s/0d74MR
一397.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  英雄の可能性を秘めた器が国の危機を察して、それを受け止めようとしている。

  新たな目的を見出し始めたその表情は、この町に来てから初めて見せるもので、
  雪華綺晶はごく自然に彼の横顔に見惚れてしまっていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                    / ̄rv-ーく,.  -‐…‐-  .
                                 / ..=くУ''"´,ノ          `
                                   / ( /   (             ゙Y^ヽ^Y⌒ヽ
                                ' //                 (く笏Y   :,
                                  {/ //    /                 `アフ爪   '
                                  〃 //    /             ヽ     ハ]ハ  i
                                  ;  i;      '           }   ハ  / ノ′i  |
                      .          i  i|  !    i    |,」| _ !   } }    i|  (_;_) |  |
                                 i| ii|  || ,i|  i| l「丁 T  /|    i|.  //| |  |
 (どうしたの―――?                 八 八,i人|ミ刈  i| ナナニ八///|    i|: .//, | |  |
  急に、男らしい顔になっちゃって)           ヽく((笏Y)Y从从 行テミメ、/ ノ    リ:/,   | |  |
                                  }人`Y´ブ     lr'..::::ノリ刈′  ////,  | |  |
                                    从 ィ~ ,     ^゚ ー=/    //イイ,  | |  |
                                  / /八         ::://,  // // | |{  | |  |
                      .           / /(  i\/)ー    // // 厶=ミ| |{   | |  |
                                / //. :i i/ .く ____ // //´     `ヽ   | |  |
                      .         / // ; / x=、 i((⌒刈//  l/         ':. | |  |
                             / ,. / .:/   /`ヽ)) ノノ'   /         ' 八 .|  |
                      .    / / / .:{    /`Y(((i  ;′          V /\:. |
                      .   /  ,  /   i|ヽ.    ク ))| l i;゙               \  \人
                        ,'   /  ;   i| . ハ     ∨((__| l {           _ ..ヽ  ヽ. \
                        !   ;   i  :八,.~}    }~ヘ从     ,..    '"~´     |    ヽ \
                        人  {   | 〃  \`⌒し~)   ノ《,.  '"           ∧    ヽ  \
                         \ ヽ | i{   /   、/ / /  \ \       , / / }       ヽ.  \



346 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:41:08 ID:s/0d74MR
一398.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  まだ護衛は終わっていない。
  むしろ、これは何かの始まりでしかない。
  そんな予感すらあった彼は、自分を動かす事に違和感は感じていなかった。

  強い力を持つ者には責任がある。
  それを活かして弱き立場の者の平穏を守り、期待に応えると言う責任が。
――――――――――――――――――――――――――――――――――


              / ̄ ̄\
         /   \ /\
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)        「取りあえず最後の夜だ、
           |,      ` ⌒´ノ         また狙ってこないとも限らないし………」
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



―――――――――――――――――――――――――――――
  強い力を持て余した者がどうなるか、
  または他者の期待に応えられなかった者がどうなるか―――
―――――――――――――――――――――――――――――



                                 i´` 、
                                 `  )     _ _
                                 i:,// - ´  ̄   ̄` - 、     ,_、
                              __;,.〃y/            \   `´ヾ
                            ,__ >/ノi   /            `\ /´´
                            iしe/フ ̄ /  |  |        ;   /イ>i
                         _ 〃´ ̄//  /   |  |   |     | ヽ Y>=レ>
                       ,-´ /   /イ/ /   |  |    |     |  | |\fノ,、
                      / //    //  ;; ,, , |  |    | ;  ; |  |   | iヽ``ヽ
                     / / /    //   i  ` |  ; | i  | l i ll |  | | |` _|ノノ
 「うん。               /   /    //  l/ `ー-、_|l l | ヽ ├-- 、l ; l  l l ´(ヽ
  油断無く勤め上げようね」   |   l    / /  l | |,、/r、ゞハヘ` |=_ノ |/| i|` / イ/,, | |l |
                    |   |   / // // |rハヒ妥>y>` `ヘ|イテ〒ノ // /lヽ    |
                    ヽ  ヽ / / /  il  |トミ=>ソノ    くゝ'シ_| / / /i     |
                     \/  /  //  l  i"`(ヾ   .    ̄゜ / // /i ヽ    ヽ
                     //  /  /ノ  イ -ヽ r´´ 、_ ___,    / / / i il   ヽ  `、
                   /  /  /  イ   /l、 ト \、      //,/´ ̄フ __ノ"i      \
                 / /   |   | ; il  ,__) ` ン  ミ 、 _ イ / // /y´_-ノ       ヽ
               / // l   /  ノ i /l -つ、-  ヽヾ  `><   l i/ /   ´〃-´        i`、

347 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:42:06 ID:s/0d74MR
一399.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  他人を守って戦い続け、しかし力をひけらかしてしまい、
  強すぎた故に掌を返した人々の反応に絶望し、自ら命を絶った『ヘラクレス哀話』。

  人並み外れた力を持ちながらも立場や目的を見いだせなかったり、
  逆に国のために尽力したことで時の君主に危険視されて抹殺された者達の詩。

  酒場で詩人達が謳う詩には、そんな話も枚挙に暇がない程なのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


                         ‐、‐:、
                     ,,,..-‐‐-..,,i:::i、
                        //::::::;::::::::::;:::;::ヽ.)ヽ
                    ! !;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::i!/
                       ノ;;;;;;:/ ', ,'.'ヽ;;;;;:`ヽ  _ ,.... 、_
                       /:/::::;、>ィ。.><;o`,-i;;;;;iヾV    `<゙'ヽ
                   i:/i::::;{ i.',.ノ,ーイY:i/;;;;;;-''¨ `゙゙゙゙:::..  ', ゙i
                      ! ,〉;;;;ヽ',i 'ニ`〉i:∀´i..::...     ::.   :. ゙i
    i\                  /:;;;;;;ノ : ヾ、___ノ ̄.....::::::::::::::.......,、:::::....:::. |
.     i:::::\                i::;;;;//i;:〆         `::::;:::::::´ ヽ. `゙゙゙'、i
.     ヽ、:::::\        _ノ-'"-' /ζ..:       .::::i::´   :: `',:..`i
      了:::::::::\,     /  }'"  'コ >'        .::::::i::   ヽ`:.. `'. ',
      ヽ;::::::::::::i\  /.: ....:    .`7.ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::.    :. .   ' ,
       〉:::::::::::\ \i.:: ::/  ....::::/i'    ̄`゙::::"""":::'〉:::::.. ....:::.::. ::  :. :.'i
       \:::::::::::::!、 \ :i:::..::::::;'"  i...     .:::'   .:::::::::\::::::::::::::: ..ノ : ...',ノ
         ヽ;:::::::::::i   \:::::/ ...::"i'゙゙゙゙'''' :::::く::::::::::::  .::::::::::`゙''>、:/ /   : .>
            〉:::::::::\.   \..:::" :i. ...   :::::  ..::::::::::::::::::::::/ .(/ ./i   ヽ〉
          ヽ;::::::::::::',.     \,,..::::'"´`'':::::::ノ'"´:::'"゛:::::::::::::/  .}   .!  ', ヽ
            ゞ::::::::::',.     \:i   .:::)   ..::" ..:::::::;/  i   :  :.  i

348 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:43:07 ID:s/0d74MR
一400.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  あるいは彼の、これまでの我の希薄さや欲求の無さ、
  場合によっては違和感を感じさせる程の綺麗さなどは―――
                             ・ ・ ・.・ ・ ・. ・
  明確な、自分としての目的を見いだす前にそうならない為に、
  人として見られないよう、父や誰かが施した防衛的封印の意味もあったのかも知れない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;     ゚     ::;;;::   ` :.  ;
                        ____           
   _,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,__,_,_,_,_,_,_,_/~\\\,\\______________; ...|
  /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/ニ日ニ\\/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;.//ヽ
  /;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/!|      |/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,// ヽ\
 /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/|      |,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;// 三 ヽ\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :|王||王i |ニi ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |三三三|
 ゞ;ミゞ |王|王| .  ||   |王|王| . |      |ニi  |王|王| .  ||   |王|王|.   |三ノヽミゞ;;;
 ソミゝ:ミゞ!LLLi   .||  .'LLLLLLi. .|      |ニi :.LLLLLLi  ||  LLLLLLi  |三;;;ミ;;ヽミゞ;;
 ;ノ:;:ヽミ;:;ミゞ;;;    ||        i=======i====i  .  .  . . ||  .    .    .|:ニノミヽミゞ;;;
 ソ;ノ:;ミ;;ゝミ;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ソミヽミゞ;;;ミゞゞ
 ソミゝミゞ;;;;    ..    .i^^ii           .i^^ii                      ;ノノii;;;ヽミゞ;::;;
 i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄|: |i         |: |i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 .~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i~i: |i'''''''''''''''''''''''''''''''''|: |'~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   '" '':'.'   .   .   ::  :     ''  "  '    .''    " : ' ."'



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  未だ自分の為ではなく、誰かの為の目的を選び続ける彼を、
  闇と月の女神の映し身が遙か天空から優しく、そして興味深そうに見守っていた―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


 
 
349 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:43:55 ID:s/0d74MR
ここまでを前半とし、一端休憩をいれさせていただきます。
後半の100枚は21:50より投下を行います。

350 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/05 21:44:28 ID:t7L0GFQd
キル夫がんばれ、超がんばれ

352 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/05 21:45:22 ID:ICfSI05m
やらない夫無双始まるか?

353 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/05 21:45:35 ID:XaKG0pKV
なんというお年玉

354 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/05 21:46:40 ID:5W6VkRps
とりあえず乙
百枚か・・・すげえ、と思うと同時に大量に更新されるから嬉しいw


360 名前なんて無いだろ常識的に考えて 11/01/05 21:51:55 ID:2vxBvaZp
いやまてキル夫
一番欲しいもの忘れるんじゃねぇ
本末転倒一直線フラグ立てんn_

357 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:50:16 ID:s/0d74MR
一401.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
  ―――結局、その後何も起こらなかった翌朝。
  やらない夫はいつも通りに起き出すと、庭で訓練を行っていた。
―――――――――――――――――――――――――――――



               _/\/\/\/|_                     /  ̄ ̄\
               \          /                   /二二二二≧3彡
               <  ハアッ!! >                     ((● ) u    |
               /          \                    (ノ、__)   u  |、__
                 ̄|/\/\/\/ ̄                       |⌒´   u   |:ハ<⌒7`ー -- 、
                                           ..<´{   u      !:|:.:.|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>、
                      _____ .... へ、_ へ、--─ 、<:.`>:.:.:.:ヽ       u /ノ:.:.厂 ̄ ̄`ヽ、/:.:. \
.              ___r┬< ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:. \:.`>:.":.:.:.ヽ、、.  イ .ヾノ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.://へ
    弋ー―= '' "    }ト.\\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`Y三才:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /∠彡イ/:.:ヽ.
     厶≧≠ー-ノ __丿ー\\\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィテテハ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:彡ヘへへ、__r‐、-=二二ニ=─:.ハ
       ノ厶く//______ ≧──====ニニニニ二二二 ̄ ̄ ̄入(( いZZZZZZ7 / / / r┬  `ヽ:ヽ:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }
  ∠二二二二二二ニニニニ=== ──    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー"´`ヽ:.:.:.:r‐ヘヽヽヽ入_>=彡|:.:|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                      ∨:.: ̄ ̄{ ̄ ̄:.:.:.:.:.:`V:./:./:.:.:.:.:.:__三二才
                                                ∨:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄/ ̄
                                                    ∨:.:.:.:.:.:.:.>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′
                                                     く二二才{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉
                                                <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉__彡′イ
                                             _____j\、、_〈:.:.:.:.:.: ィ「 ̄|入__,ハ
                                             \:.:.:.:.\圭{{_}}圭彡|   `ー〈,,,∧
                                           厂 ̄二ニ=─/\─=彡ヘ、__∨:∧
                                             . .<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:∨:∧
                                    . .<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:∨:∧
                                 . .<:.:.:.:.:.:.:. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.: У:∨:∧

358 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:50:35 ID:s/0d74MR
一402.



                 / ̄ ~/   __ __
            /   /___./  //  /
        / ̄ ̄       /  //  /
         /__   __ /  //  /
           /   / / /._M//_M/
             /   / /   /
         /   / /   /
        ./   / /   /
        /μM/ /   / _ _ _
           ./μM/ / // // /
               ./M//M// /
                        / /                                  /´   ム -イ;‐ァ
                    /M/                                 ,!      〃 /
                                                      /      ィ! |l i¨7
                         `     '                      /     ;'´ i  l| | |
                           、   ノヾ     '               l  /|   !: !  |L/| !〉
                           )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´                 |./  l   |! l  |  .|__|
                            `r      r'                      |   l! |  |
                            )     (                         !  |l' |  |
                          , '´⌒`Y´⌒` 、        ,、    /          |  |! .|/
                             ,              キ人_,/        |/
            `                                )  て                     rーi
             \ ,,_人、ノヽ                       /´⌒Y,.                   i´  | | | 「 ̄!
              )ヽ    (                             \               |   | i!  ! , |  |
           - <       >                                        レハ」,ハ  ! l|´|  |
              )     て                                                  ー' |  |
             /^⌒`Y´^\                                                    |  |
                                                                      |  |
                                                                        l_」

       .,-イ .,,,、、 ,,,,、
       .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|
    ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""
    .ト'",l゙ l゙ l゙ │
      l゙ ,l゙ .l゙‐'"
     .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
         {-!ト''゙l゙,i´
              ,レ"
             l"

359 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:51:06 ID:s/0d74MR
一403.
――――――――――――――――――――――――――
  設定は昨日と何ら変わりがない、父親相手の影剣闘。

  相変わらず余裕綽々の父は攻めには転じず、
  自分の攻撃を受け払っては出方をただ窺ってるのみだ。
――――――――――――――――――――――――――



                                           、   ,,,,,,、-'"t     ..:::::
                                、,,ni、rj、,,r、,     r' ~~~     `'ー'| .:::'' ..::::..'''::
                              (レ'"     ~''-,   i'~          |.::: ,ry'''i/)::
                             ,{''` ,,, ,, ,,,,、 从  イ,  |  そ    フ  |r'Y ノ./ー,' ::
                             ミj,ミ、,iツ(Y、iirリイ''ノ、,}  ノ  .の    ン  |,ノ''リ ノ ,,r ::'' ::
                             'i ミ' ::~'':'、iir''イ"''〉"リ  |  程    //  |{ ~j .リ__ i ,,'~'i ::
                             i{,i| ;;、ti;(从ノ,_,'、''j,,イ ノ   度    ・・  | ー',,"-ー't(  ', ::
                           ,r/ヽ't`""'ミ|~ミ''''''"イ)/ー-ヽ   //        〉}  ,、 ''~  / ::
               ,, 、、、、,,、r-ー――r―';/'"i |t " 、,j,/" ''/イヽ' 、;;;;i  ・・        /'i/)ヽ'"  r' ::
            ,、-'"::::::::::::::::~' 、''"""''ヽ|;;;;'i ,、'":ヽ ー==- ,i':::リ;;;;;)'ヽ,|        ,、-'./ー,':::::  / ::
            (;;;:::::::::: ::::::::::::::::~'ー、三ーヽ;;t  ::::::'、"、~ /:: ::リ|ii;;;| ,t|,、-'),、-―、/'リ ノ ,,r::: / ::
            ,r'~'''''ー- 、、;;;;;;;::::::::::ヽ,三=::;ヽ ::::: :'''''''":::''::: :::リ;;;;ヽ"::ヽ ,ry'''i/) ~j .リ__ i ,'~'i ::
            iリ ::'"    ::::: ::::,~ー、 ,、ー、 ,i;;`'、;;;;,、、、、 , -、 ,ー、;;;;;;|ir ,r'Y ノ./ー,''. ー',,"-ー't,i  i ::
       , ー、 ,,、ー、:::   ::r'''i  /、,,,ノ/、, ノ:::::,,、 、;;r'~'i /、,,,ノ/、, /~)リ ,' ,ノ''リ ノ ,,r~''"} :::,、 ''~ / ::
   r'''i  /、,,,ノ/、, ノ:::::,,、 、:j ;;イ. /,,, //, ,r",、 '~ ノ;;j ;;イ./,,, //, /,、/;/ i ー{ ~j .リ__ i ,'~'i /:::: r' ::  r''ヽ
   j ;;イ. /,,, //, ,r",、 '~ ノ:i、,-tj r'''レ::~'/,r'"、,、 '";;;;;j、-tj r'''レ::~'/ /;ノ'=i -' ー',,"-ー't,i  ',、 ,、-'" r''ヽr''ヽ( ヽ
   i、,-tj r'''レ::~'/,r'"、,、 '"::::,〉ー' ー'' 二,,,,,,'ーリ ー(、,,,,iー' ー'' 二,,,,,,(~ ヽ,,ノ ~''"}  ,、 ''~ /''";;; ,,ti''ヽr''ヽ, ヽ
   ,〉ー' ー'' 二,,,,,,'ーリ  :::::j ~'''''''""  ,,,、-~ノ    j ~''''''"" ,,,、-イヽ ''||   ヽ /   r'::::::, '( . '、 ''t,, ', r 、',
 ,r"j ~'''''''""  ,,,、-~ヽ ::::::::/:::  :::::~'''~   ヽ-("~,)/:::  ::::~''~  t /、(:、,,,,ソ、、 ,、-"::,、 '"  ヽー',〉-.〉 |.| .i
,、"'/:::  :::::~'''~   ア~'Y'"~_,) ),,;;;; ,,,;;;  ,',,,,、ー'"   t,,;;;; ,,;;; ,,、 '"'、;;;;`''ーー,、-'":::,,、 "_、,'''' 、 {ー ''ー t,,,,ii'ー|:
: 从;;;;;;;;,,,,,,,;;;; ,,,;;;  ,',,,,、、ー'"~'ー-- ーヲ''''ヲー'i ::::~'ー-- ーヲ''''ヲ'" '、,,,,,, ,、-ー'"::::::,、'"  (  ' 、,,,、''~ ~'''''ー、  :
:ヽミ;;`'''ー--- ーヲ''''",('''"(~'ー---ー''''"-'"从:::' 、;;;;;;r、;;;;;; 、-'"'ー 、~'''''',、 '":::::::::::,、 '"    `'-、   ~';;、 '' リ:: :



361 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:52:06 ID:s/0d74MR
一404.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし、今日の自分はひと味違う。

  だから今日こそその余裕を消してみせる、と気炎を吐いたやらない夫は
  全身の気を一気に爆発させ―――
――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                    /_`゙ヽ
                                                /   }リ    , '⌒ヽ
   _/\/\/\/|_                                /   〃   /     }
   \          /      ,                        .ヘゝ、_/'  /`゙ 、_/
   <  そこだ!   >                            /    `7′,く_   /
   /          \                           . ,'   __ ∠ァ'`ゞー";',/
     ̄|/\/\/\/ ̄                  / ̄ ̄\  、フイト、_,.イ   ` ゙ 、   ∠ ='´- -ー- - - .、
                            二二二二二≧ィ1:!::jjr'´  :イ ノミ、==、  ̄´(    {   /   `ヽ
                           ( ●)(●)イ::i|:;!:i::jj::レ'  ,:, ノ .ヽ.i `ヾヽ ``、ーrェt冖- ィ 、. ,,.._ノ
                    {        ゙(__人__) u  l 儿ム'´  ヽ,ィ'‐ヘ..ノノ   } ヽ ヾ―- 、,, __
                             |   u    }l{     .ノ     "'ヾ.人 ,,_  、 ,.,_,'  ,' .`")
                      f'r{ト|ト---ri´:;ト、 ヽ   u    } "'' - ''"           \ >、.  ̄"'''-‐'´
‐- = ============= ==={{ (エ|「`7灯:/|:;:::  ヽ    u ノ                 ヾ、_.)
                  ``={.]∟!{ |;ヘノ,!::::::::{:: `ー'_,.ィ


362 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:53:06 ID:s/0d74MR
一405.
――――――――――――――――――――
  二人に分身して、一気に間合いを詰める。
――――――――――――――――――――



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_______________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / ̄ ̄u ヽ ────────────
___________________               =≦二二二二 ̄u ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  >-=――――- 、  /   U (●l /二二二  ________
__________________  ./              〉/     (__ノ,U (●l /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  _ /   ィ  ̄ ̄ ̄ ≧ ///  u    /  (__ノ,   _________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ チ ̄  /   //         < /_二ニ=‐ 一'  u  /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________  /    ∠__/;;;;《      r‐=ヱテ  < /_二ニ=‐ 一'    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________<    〈巛ム'   \ロヽ -ー=// ̄  r‐=ヱテ ________________
|!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!                   \;;;>、 ‐/ /   // ̄  __________________
ゝ、ー=ニ二──――――――――― -  ニ 二 _  |/  ‐/ /   ‐─────────────────
───────────────――――――― イ .`Y  |/   ‐──────────────────
____________ |!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!_ ノ  イ .`Y   ‐─────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ゝ、ー=ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i!i!i!i!i!_ ノ  ___________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ゝ、ー=ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
___________ || .|.__________________________________
─────────── ||.| |. |────|\───────∧────────────────────
           |ヽ    ||.| | | |.      \\           /∨
           | `,    | | | | | |        \\       /∨
           l  `、/ ! |j |j         \|      /∨
           l      |                      / /
         |` ,/  ,、/|  |                / /
         |  .,/   |  |                   / /
         \ \    |  !                / ,/
           \ ヽ,   | |              < _ /
              \j   .| .|
                  | .|
                | |
                 | |
                   {j


363 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:54:05 ID:s/0d74MR
一406.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  分身だけならある程度体術、繰気技術に長け、素早さの高い者なら身につける事は出来る。
  しかし、分身中に戦技を使うとなれば話は別だ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                             |\     /\     / |   //  /
                           _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                           \                     /
                           ∠ 今日こそ勝たせて貰う、親父! >
                           /_                 _ \
                            ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                             //   |/     \/     \|
    /  /  /                                         /  /  /
    /  /  /                                          /  /  /
   /  /  /                 / ̄ ̄ ̄ ̄\               /  /  /                 / ̄ ̄ ̄ ̄\
   /  /  /       ,/゙ ̄"'/ u        \             /  /  /       ,/゙ ̄"'/ u        \
゙ ゚'X.  /  /         /   /         u   \         ゙ ゚'X.  /  /         /   /         u   \
\ `─-、'        /    |  U                |丶       \ `─-、'        /    |  U                |丶
/⌒'y"`ヽ.\______,,;,/ r''\ ├―――――――――┤:::::\.     /⌒'y"`ヽ.\______,,;,/ r''\ ├―――――――――┤:::::\.
/゙ヽ(_,X., ゙r、\_    | _) |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|. : ::.:::.:.ヽ.     /゙ヽ(_,X., ゙r、\_    | _) |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|. : ::.:::.:.ヽ
/゙`‘,' _  /、\_,〉 . : ::| く   ├―――――――――|. : : : ::::::,r'ヽ.  /゙`‘,' _  /、\_,〉 . : ::| く   ├―――――――――|. : : : ::::::,r'ヽ
 ̄⌒ソ`;、i : , ': : : : : : : :!  \ |  ( ●)  ( ●)   U ,|.: :: :: : ::::.::::ハ. . ̄⌒ソ`;、i : , ': : : : : : : :!  \ |  ( ●)  ( ●)   U ,|.: :: :: : ::::.::::ハ
  ,r''゙,r"⌒゙ヽ;_:_; : : : ::::|  : ::;;\}      j、     u /.: :: :: .:::::::::::::.::i    ,r''゙,r"⌒゙ヽ;_:_; : : : ::::|  : ::;;\}      j、     u /.: :: :: .:::::::::::::.::i
:;;" /       `・、_::::|  : :;: : :,i:} u ヽ _ ノヽ___ノ  ,/ : : :: ::: :::::::::::.:::'、 :;;" /       `・、_::::|  : :;: : :,i:} u ヽ _ ノヽ___ノ  ,/ : : :: ::: :::::::::::.:::'、
_!_,r′        :ヽj : : :;;::./ ヽ   ` ⌒ ´    /: :: :: :: :: .::/ .:::::::_! _!_,r′        :ヽj : : :;;::./ ヽ   ` ⌒ ´    /: :: :: :: :: .::/ .:::::::_!
 {、         _,,..,`-、;;:/   l ̄ ゙゚゙̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄”゙`'''" .:' ..::::::::::|  {、         _,,..,`-、;;:/   l ̄ ゙゚゙̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄”゙`'''" .:' ..::::::::::|
  `r::      ,;'" ''゙゚゙ ̄⌒ヽ、.,,__\ ,; : ; : ; : : : : :`'':; , '   ..::::::::::::j  `r::      ,;'" ''゙゚゙ ̄⌒ヽ、.,,__\ ,; : ; : ; : : : : :`'':; , '   ..::::::::::::j
  {: : : :              \  ̄ ̄.:'⌒゜ ̄ ゙`'': :: :/: : : ..::::::::::::::'|   {: : : :              \  ̄ ̄.:'⌒゜ ̄ ゙`'': :: :/: : : ..::::::::::::::'|
   \::::::゙ヽ.      ;、 、   \ ゙' 、      ,r:: /: : : ..:::::::::::::::';;;|   \::::::゙ヽ.      ;、 、   \ ゙' 、      ,r:: /: : : ..:::::::::::::::';;;|
    \::::゚、 ゙ヽ.   , ヽ. ヽ   ゙ヽ `・、,_   /: :/  ..::::::::::::::::::::::i.     \::::゚、 ゙ヽ.   , ヽ. ヽ   ゙ヽ `・、,_   /: :/  ..::::::::::::::::::::::i.
      \::::゙,、 `.、 ,    . : : : 、   \   ヽ, /: : i ..:::::::::::::::::::::::::::::i,      \::::゙,、 `.、 ,    . : : : 、   \   ヽ, /: : i ..:::::::::::::::::::::::::::::i,

365 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:55:05 ID:s/0d74MR
一407.
――――――――――――――――――――――
  どちらか一方が力のない囮ではない。
  等威力の衝撃波が二筋、同時に放たれ―――
――――――――――――――――――――――



              ili!!!!゙゙       .ヾ                       ′                         ッ.       ゙゙!!!!ili
           `'''ー ..,、   `''-..、  `'-、      \         |.「         /      、-'´   ,...-''´    ,.,.. ー'''´
=xii_,_           `゙''ー、,,,  `'ー、、  ゙'-、     .\      |.!        /.     、-'゙   ,.、ー'´  ,,,、ー''゙´           _,_
    `゙"'`-=t;;ii ..,,_        `゙''ー .  "    \     .\     i.!         /.     /    ゛  . ー''゙´        _,,.. ii;;t=-´'゛゙´
_、         `゙''''´゙''ii,,;;.,,,、      .丶      `'=i、   \   i.!     /    ,.i='´      , ' .       ,.,,,.;;,,ii''゙`''''゙´
`゙''“'┴- ..,,,,,_           ,┤. :                 ゙\   `..  !.   ..`   /゙                 : .├,           _,,,,,.. -┴'
,,,,___     . ゙゙゙̄''''''―‐./ !,,_、                           丶           .,..-'"゛         ,._,,! ゙i.‐―''''''゙゙゙ ̄.     _
'''¬ー`-`-ニニニ';;';;ー-.- /   !、  . ̄"'''―- ..,,,,_                                _,,,,.. -―'''゛ ̄.  ,.!   ゙i -.-ー;;';;'ニニニ-´-´
             ゙./   ,!            `゙゙"''―-.、.,.., _/\/\/\/|_  ,..,.、.-―''゛゙゙´            !,   ゙i.゙
            /    |                    \          /                     |    ゙i
_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,. /     .,!                   < 閃空斬!×2 >                    !,.     ゙i .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
--ー‐ー‐ ―‐¬''/     .!`                       /          \_                       `!.     ゙i''¬‐― ‐ー
        /}/      ヒi.y-‐'.,i.          _,, -''"゛  ̄|/\/\/\/ ̄  "゛''- ,,_          .i,.'‐-y.iヒ      ゙i{゙i
   . _,,,,.. -./ 〃       ! l゙.!  /.l       _,, -''"゛                      "゛''- ,,_       l.゙i  !.゙l !       ゙ッ ゙i.- ..,,,
二`-‐'''"゙´ l゛ .l゙       ,!,! .! l  !  _,, -'"´    .,..‐  /     l   l     \  ‐..,.    `゛'- ,,_  !  l !. !,!,       ゙l. "l `゙゛''
       !          |l゙ .! !  l''″.,      /  ./     ./    ゙i.     \.  \      ,.″''l  ! !. ゙l|          !
 _._..ぃー'''フ          ]  ″  . l. .! !  ._.. |「.! .,ii."       ./    、゙i.       ゛.ii,. !.1| .._.  ! !. .l .  ″  ]          フ'''ー
゙~     l                    ヽl゙ l..'./ /  l.〃,! _..-ッ   /  !.    ゙i   ヾ-.._ !,゙ッ.l  ゙i ゙i.'..l ゙l,r'                    l
    , .!                        l".l″ .ゞ ゙'" _ilゝ  ./  !.      ゙i.  ゝli_ ゛'゙ ゙ィ. ″l.゛l                        !. ,
   ,l! !                               r|i.   ./   |.   !   ゙i.   .i|r                               !
. -'''゙/.!│                              '"'^,゙/" /   .l     l.   ゙i ゛゙i゙,^'゛'                              │
   .! .!.!                            ,..‐"  ./   .l゛     l.   ゙i.  ゛‐.、                           !
 :l,│ |}                             /     ./   l      i.     \                                {|
 .l.l.! .|                         ;;lゞ     ./    l       i.     ゙ィl;;                            |.
 .| ゛                         '!>     /    .!        ゙i     <!'                         " |.
'、.|                         ,x/゛      /    .,!        ゙i      "゙ix,                         レ
l .゛                            /       /    l          ゙i       \                           ". l
               ,,,,、-∠                                             ,,,,、-∠
               )   /  ,、'て ,,、ィ                                       )   /  ,、'て ,,、ィ
                フ /_,,、-イ /./ /                                        フ /_,,、-イ /./ /
               ,, /  ´   / / / /    ,,,、-ーァ                                ,, /  ´   / / / /    ,,,、-ーァ
          ィ, 、- '"   r''ー "/__l. / 」 ,,イ /   /                            ィ, 、- '"   r''ー "/__l. / 」 ,,イ /   /
       ノ'''´  ,,、-'"/ /  ,,イ   /// .| / /,,,、イ                        ノ'''´  ,,、-'"/ /  ,,イ   /// .| / /,,,、イ
        .イ ,、-'"  ノ  / ,r'" (     )  (///´  /                         .イ ,、-'"  ノ  / ,r'" (     )  (///´  /
      /'´" /(  ) / ノ  /    ノ /  /  /                        /'´" /(  ) / ノ  /    ノ /  /  /
          }  / /. /  )  |    //   / /                            }  / /. /  )  |    //   / /
           イ  } /  /  / /        //                              イ  } /  /  / /        //
          / /  | /   //                                         / /  | /   //
        ./,/  |/                                            ./,/  |/


367 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:56:06 ID:s/0d74MR
一408.



                             _/\/\/\/|_
                             \          /
                             <  気功掌!  >
                           _ /          \                  _   _   _
             ,‐  ̄ ヾ、       ィ彡 ̄ `i ̄|/\/\/\/ ̄レ// /             //  r' }/ /
             ミ´    ミ、     l|l゙      l|        | | |__|_/                  } i/ | |! /
             ', li!   ミ    l|i      }       <´    {/ `ヽ               _| '´/レ|  }
                 ミ, |l!|llil!ll! ,ミ   l|   /// ィ       /             ヽ       ,、 /  r'´ィチ |/
              ミ l|l!|!l|lチ´ミ   ,l| ,ィ///レ/      /              ∧    / / | | }  |
              ミ ll    i|,,ィ彡l / `ー',;;/      / /ニ‐--、 r==、      ',.  _/ /イ | 〉ヘ  }
        _ -──イl l|} _,ィチレ' ;' ムミ彡イ/   _/ r'、_ニニニ }' r甲rヽ rー‐、-、|  { /´/  | | i,  ! /
     ., <´  彡二''ヾヘ  ̄ ´ l|  /    ,イj-‐  ̄  ヘ ヽ_人_フ二ヾ、 {} ー/=ニニ く|  レ  フ  { _}  | |/
   /   __彡ケ´ ̄ ヽヾ二,ィチ  ヾー--‐''ン        ヘ / ̄ }ー--=土=--‐r'_ソ_ノノヽ_   |  {_ヽ /      __ _
  /  ,,=≡ ̄  ミミ、ソノ  ̄ __ 从__=≠±≡        } (「::=‐-,,,(_(__)ノノ∠__く^‐// > { ン´ |/       r'´.//  /
. /  ニ      ミミ__ノミ", ≦≠三三ニ三二=三       ,心:::::辷o''ツ:::k_'''o''ラ::::}_      }. /        ,' //_,,∠ -/
/   ヾ、     ソ三≦≠三三三三≦'´    三 ̄ フ - {l !j  .. ̄:::::::::|`::: ̄:::::/ ^}      |/ ヽ       // 'r'´ /
     >‐--三==三二_: : : :,≦ニ      ニ三_===≧   :::イ...::| ::::.  /イ ノ           ',          / ,'´
     ;ミ く三三二三三≧: : : :イ三二    ィ´   ニ'´   ≡= r= ヽイ-、  /(/ |ヽ==- 、       |        //
    ;ミ  彡三三三二≠´: : : :ゞ三二   ミ    ニ_      ミ ゝ 二ニア  /|^' |ケ', __,チ   ノ_     ´
    彡   ミ三三二'´   ノ ィミ、 ̄`   ヾ≡= 三_   ,ィチ .:::::::::  , ' ゝ_ノ/ }ヽ、 __ >' ´    ヽ
  ,ィチ .,;:;:;:; 彡ヾチ´ヾミ;:;:;:;''´,少'=‐`゙`ミミミミ≠=≡≡三二≡ ヘ_ ::::::: _∠//レ '  ∧    ゝ、__
 /    ';; /   ゝ;:;:  .,.,ィヂ´        人   _ _ヽ __ __二二 -‐ ''"    / |   , ⌒ヽ
 ゞ___,, /       `ー' ´         /   ̄ ヘ、                 /   |   ゝ_ ノ
ヘ  ̄


―――――――――――――――――――――――――――――
  だがラオウは避けず、掌から気の壁を生み出して相殺してしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――

368 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:56:36 ID:s/0d74MR
一409.



                                 _,,, ‐'"゙''ー ....,,.._,,,
                               ,,‐´           ゙'- ,
                  _、          /                 |,
               ''" ̄゛ ̄´゙"'ー ..、   .l′                   フ
                         `''-、_./                 /
                             7                 /
                             |、             /゛
                      _,,....,,,_,       l               __彡 -―― ,,、
              .. /⌒i'゛    .`l_.     .`゙゙./   __     /            `ヘ、
        、,、  _,,..、 .|  / ,..-、          /`l _/ .`‐゙'、 ,/゛            `'、
          `''ー l   l | /´ l,、_ノ         l  |/ 〉ー-'"゙゙''、.゛                l
               ,|  i' '´_,,、    . ,-、,-‐'''"\ l  |レ'                _,,..、       ,..、
           /.|  し''´ 」    . l  ._‐t  .|   '                  ヽ `ー、    / ア
              l゙ |  ,,.-''´      ヽ┘ l  /      r‐、,,,-----――-、   ヽ、  'l  / /
-ー'''''''^゙゙゙ ̄ ゙゙゙゙゙゙̄'l  | .|                !  l       `――''''''''''''''''''''′    `ー',/  /
           `>..l、_ノ        、 .__/  l                       /  /´
    _,,,,.... -―'''''^l  ,      .`‐ | ̄  __,l                     「  /..,,
            ゝ ヽ、  ..   └-...‐''゙ .                     `''"  .,,,,_ `' 、
              i′   .゙'  ヽ、             \、             /      .,./  `'ー ,,.`^''ー ,,.
            , / .`'''―i ,,    |      .'、_._,,,.  .  ̄`'--               ,i /       `''-、. `'‐
        /      ,l゙ /    `-、                         ,i ....-゛            ゙''-、
      /        ! }                          ,!  ,,|,、
    /            `''i ..l     ,,, .゙;;r-            '.l゛    `'、
  ./              ヽ_ `'''、   .´゛  `゙'^´ .ー       ‐'"     `'、
/                  ヽ、 `.`  .'-..,,..、  、  ._....>  .,..-    -ii'"''''-、
                       / . ,..    .i-‐゙゙'-,   ̄           ,.、 ゙>   `'-、
                      /  / `''''、/    .`i ..,,.... ,,__.     ,,..,,ノ \ヽ    . \
                     /  ./    .!      !      ゝ 〟_...″    `〈;;、    \


369 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:57:06 ID:s/0d74MR
一410.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それは想定通りだ。
  空中でぶつかり合い、弾けた衝撃で巻き上がった土埃を目眩ましに跳んでいたやらない夫は、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                    ____
                            _.. -‐''" ̄゛   ゙゙̄''ー、、
                         _..-'"゛ ._,,...... ..,,、        ゙''、
                         _ / ._..-''"゛     .`'、        \
                    ,/゛_ /                  /ヘ、     l,
                  / _/´                 /::::::r'     _  __
                / ,/                   {_::::/     /:/ /:r'
              ,/./                      //     〈;;/ /:::i             /ヽ
               ,/,/                  .    //     r':ヽ /:::::l           ./::::::::|
             /,/                       //      7:/ `ヽ'           /::::::/
         /./                    .    /::l     /:/   ,._           .i::::/
       /,./                           l::::l     /:/   r'::ノ r'ヽ       ./::/
               _γ⌒ー^= _   r'//)    .   j::::l     /:::l   l::i  /::/        i::/
    , - ァ‐、―-  __/`、  \  `ヽ、////       .   /::::::l     l::::::l   L:j 「:ン;へ     ./::l
  /  ) |●, 'ヽ 、  `Y  `ー-一<ノ_ノ \.(っ        |::::::::l   .ヽ/     _/:/   .ヽ/
  |    ;ニ、‐< .7   l 〃      ヽ、   ヽ 、_ ,、  ヽ::/          ヽー '     ,ィヘ
  |   ) |● 、ノ ′  l            ヽ~'  〉  ̄``                         ヽ/
  \   ー'         ノ         /   / Y  /                  !
    `ー -―‐ <¨´   ー- _  _. /   // }  /                !
          ` 、 〃     ,r‐-ヘ=、./l! / /  /                !
 _______、 ̄` ーγ´  , ,. ‐′=´/ ,′/                   l`¨ ー- .,
 ` ‐-  ____ 二ニニ=/ /ノ〈〈〈〈    Z;ー‐  /                 / Y⌒ ̄ =-,,
          ̄ ̄ ̄¨¨ム/ ̄ ー!_!_! \/に_ /                 l`ヽ、  //////ヲュ、
                 '/             /                  l゙    `ー∨//////ヲ7ュ,
               ̄           /                  !        \////////心
                             /                     l        \///////∧
                         /                   /          ∨//////∧
                        /                   ,!              ∨///////!        .:
                       /                   l               \//////|       .’  ,
                                                           \////       /   ′
                                                             `¨´     ノし/
                                                                }  て__,
                                                                  _ノ  √ ̄
                                                             ,.。-一…´¨ (⌒ヾ
                                                            ⌒'Y'⌒乂ゞ`  `\
                                                              |

371 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:57:37 ID:s/0d74MR
一411.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  背後から神速の突きを放とうと、ラオウの後方に着地するのと同時に
  剣技の始動に入った。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                  / ̄ ̄\
                 二二二二二≧        |\     /\     / |   //  /
                ( ●)( ●)   |      _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
               , - 、 (__人__)     |       \                     /
          ∠二_ヽヽ(,`⌒ ´     |       ∠   ここだ!牙と―――      >
         l´>,へ`lヘ {        |       /_                 _ \
        ,/ /:::.::|ラ, \{      ..:/⌒ヽ.      ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
       /  ./:.::.::.|   ヘ`ー      |    \ _--..,  //   |/     \/     \|_
     /;  ヽ¨゙゛'' ―- ...、、  _______,⊥ -ー"´´     `'‐ゝ
    ./::::::':;..  !、        ̄           ≡三  ⌒\
    /'::;:::::::::::'::,l! \              ....._≡三三,r'   ミミ\.
   ;!  '::;::::::::::::l:.:.:....゛'''‐- ...___.... -ー \ : : : : :/    三三ン―- 、
   l.   ''::;;/\:.::.:..:.:.i!             } : : :/    .三、 r`    !、
    |:.:..  /   \:::.:.:.:!            l: :/     /  ゙,     ゛''‐-、
   :!::::./      . \::゙:、 .  ______、,,r'/      /: : : : : :|    :ll     ゙i
    ゙く          ゝ ゙ :  ̄  : : : : : : :/     / : : : : : : :!      l|l    ヘ
  .   ` 、     /       ー-----/     /:: : : : : : : : :|    ,r'',    | |
        `゙ ‐ /             /     /: : : : : : : : : : :l    | : :',.    !  ゙i
                      /     /  ̄゛'' ―- ..._l    |: : :l   |




――――――――
  しかし―――
――――――――

372 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 11/01/05 21:58:06 ID:s/0d74MR
一412.



                 从 从,、、、、、,,
              j,、-''~~iiiiー'~;;""""'''~''-、
         从,,从、r"iiii、、;;;;''"~'-、,, ,,、 '~~~iiiii,,
         ,r'~ ''ヽ 、,,:::::  ,、 '"" iiii'"'''"