やらない夫は約束を守るようです Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! 第一章 領主の証 前編

615 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:00:10 ID:XaufQ0+k
一1.



┏┓                                ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋──────────────────────╋┓
┃|  ~ やらない夫は                     |┃
┃|      約束を守るようです ~               |┃
┃|     Episode II.大盗賊団ティターンズの挑戦! .|┃
┗╋──────────────────────╋┛  :::::
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓ ::::::   :::
┗┛                                ┗┛:::  :::::
                 | :::::/::::::::::::  :::::::::     ::::::::::::::  ::::::   ::::
                 | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::
                ,/  :::::゙<´::::::::::::::::;;;;;;;;;::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__
                 \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.::::::: __,. -ァ  ∠._,'  /
                  \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.    ̄   _,.r- !/
                    / :::::/::::::::::::| |:;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::  :::::_,.;r=
              .     / ::::/ :::::::::,' ,':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ::::::::     ::::/、::::::::::::::::::
           \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、.:,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_:;;;;─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ./;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´:::::::::::::  第一章  領主の証
      <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ.──-ト、   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
        ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、..   '{  ≦=≠                :::::{
     ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ                /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \j
   --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}    ,.---- 、       /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
    ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く   /     ヽ    ../: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
  /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',  .{  .出   }  ./: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
../---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ .ヽ.  ||   ノ   : : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
.    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|   ||||==||||    : : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : :: : : l  _,-ー、
    /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj....   |::|        : : :.:;;(w●w): : :: : :(w●w): : :: : :: : |/'、=--ー: :メ,
   _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/.       |::|     : : : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : :: :/: /' _.,,=-ー`´i
    ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'.        |::|      : : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :'ー/ /´,_=-ー'': : :)
        /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/         |::|     \: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/ 'ー(,,r'"_,--一,ー ,.゙(,
.      __,-,ニ二ニ=、   \  ゙゙゙/  .ソ.           |::|     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\  ゝ: : ̄.:゙i,: : :: : :,r': ヽ
     .//         /ヽ- '                   |::|              ,ィ''´_二----`' - 、__ : \ ``-" \,_、: : :: : : :
   //:/ ヽ、     _ イ                  |::|          /, イ_, _, - '´     ```'‐、:\   ``ヽ: : :: : ::
 / ヾ`、  ヽ、   Y                       |::|      /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
     >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/          |::|     // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
   /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´            |::|     {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
  ../: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\           |::|       Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
  l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ.          |::|       {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
  /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ        |::|       __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
  l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ        |::|       i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
  l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、        j::!       }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
  l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l.         ` ´      'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
 .l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l        __     i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
 l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V.       /    .\   r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
 l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl           /       ヽ  `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \、
 l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/         |          |   ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \
 l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l            |          |    | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \
/: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l             |          |     l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、
                              ヽ        /                       ,.-、
                                  ヽ      /                    _,.、/:∠_
      ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
     ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
     /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '
     '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/:'シ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
              `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´
                   ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´


 
 
ショートカット
第2話
第3話

617 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:01:11 ID:XaufQ0+k
一2.
翌朝―――

午前八時前に朝食を終えたやらない夫は、
ちょっと早いかとも思ったが装備を調えて町に出ていた。



....................         ........:::::::::::............     .........................................:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............................                    ::::::::::::::::::::::
_,,|,,__,,|,,__,,|  ゙'';;;;|;   γ ̄| ̄ヽ        γ ̄| ̄ヽ   ;;'
,,__,,|,,__,,|,,_|;    '|   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!      [「二二二二二
_,,|,,__,,|,,__,,|;;    |   l!┼┼┼l! '7;,    l!┼┼┼l!    ';; || | ̄ ̄ ̄|| ̄
,,__,,|,,__,,|,,_|゙;;;,  | ;;  l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |┌─┐||┌
_,,|,,__,,|,,__,,|;;;;;; ゙:. |   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |└┐  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;;;;;;;;; |   [ ̄ ̄ ̄ ̄]      [ ̄ ̄ ̄ ̄]  #  ,;|| |  │Ⅱ||Ⅱ
_,,|,,__,,|,,__,,| ;;;;;;;;;;;|   `´ ̄ ̄`´   へ  `´ ̄ ̄`´     ::|| |└┘  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;; / |        メ        ;;     ;;'';     _|| |___||_
_,,|,,__,,|,,__,,|/../| ';,          ;;                ,,;;''| |ニニニニニニニニニニ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ニニニニニニニニニニ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Llニニニニニニニニニニ

                    / ̄ ̄\
____________ /  ノ ヽ、\______________
――――――――――――|   (●)(●)|――――――― /勹――――
     .....           |   (_人_)│         /ヾ/
...,,.......          .....   |     ` ⌒´  |        /ヾ/      ...,,.
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
                 .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/    「済みません、
                  / lヽ     /    /`弋ll      領主の館はどちらになりますか?」
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
       /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
      ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
      〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
      !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
     ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|


619 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:02:10 ID:XaufQ0+k
一3.
町の人に尋ねれば領主の館の場所はすぐに判明し―――



                                                  ,.   ´  ̄ 丶  - 、
                                               ,. ´             \
                                             /      ー 、ヽ          ヽ
                                            /
                                          , ´        _   r‐- 、
                                          i      r'  ヾ,{//' }               ',
                                         ,'       i |        | i i           i
                                         !      i } !         | | |   ヽ       |
  「この大通りを真っ直ぐ東に行って、                 i    ノノ 士-、     ┼ヾ‐ヽ  \       !
   突き当たりを北に行ったら灰色の建物があるわ。         ヽ  _/ノ ,r=ュ、       ,r=ュ 、_,ヽ __, ー'′ |
                                          丶   ', ヾ_i;リ      、_i;ジ  i         |
   そこまで行ったらその辺の人に聞けばすぐ分かると思うわよ」    i  i             |        |
                                     .       l   ',     丶         ! i      l
                                           l i   、    、 _,.       ,'  l  i   l
                                           l.  !   ヽ     -      /  ,'   /    !
                                     .      |  | i  丶、     ,   ,'  /   /    |
                                           !   | |    _`T ´    ,i ,.'   /┐   !
                                           |  ! !/ ̄ヾ / ̄'⌒ i´l     /  |   i l
                                           | | ! 〉 .} y'   / / | 「!  ,/   │  |  !
                                        _,  | _ 」 |l  |/  / /  l|!  /   jヽ 、 l  |
                                       //二二 | /  /   / /  |||/  _/- 、  ̄ ー- 、
                                       '' ′    l |  l   ′ l_r‐'′|」 ′/      ̄` ‐-



             / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)
           l     (__人__)    「分かりました、
          l     ` ⌒´ノ     ご丁寧にありがとうございます」
            |           |
          ヽ       l
            _,ゝ、   _,ノ
        ,、-='l \_,ン g<\
     / \ └〆\ i=i|\'\
    丿   ゙i   \ \=il / i!
     l    l    \\| /=|l
     |    |     \i/   ||


620 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:03:10 ID:XaufQ0+k
一4.
十数分後には、館の前に立つ彼が居た。

少し古めかしい建物ではあるが大きさとしてはかなりの規模だろう、
さすが領主だな、と感心しながら玄関まで進んで戸板をノックすると。



                   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||
     __________||   i´T`i   ||__________
     三三三三三三三三三三||   |__|__l   ||三三三三三三三三三三
     __  __,;  __   __;;  ||;        ||   __,,  __;;; ___  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||  ; ||;   ___  # ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   ;||  ;;||_|_||   ||   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
         ̄''  ;:; ̄   '' ̄   ||;;  ||_|_||   ||
     三三三三三三三三三三|| ,, ||_|_||   ||三三三三三三三三三三
     __  __   __   __   [二二二二二二]   __   __  __  __
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  __  | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     _|| ||_|_|| ||_|_|| ||_|_||   | |  |_ :|: _|  | |   ||_|_|| ||_|_|| ||_|_|| ||_
     __________,|_|  |:::゚|゚:::|  |_|___________
      ;;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙ / ̄ ̄ ̄ ̄\ ゙" ;:;;:;:;:''";:;:;:゙" ゙" ;:;:;:"";;:;:
      ;:;゙" ;:;;:;:''"";:;:;:;:;:゙" ゙";./            \"'';;;";;;:::::;; ゙"'':::::;;;;;;;" ""゙
     ⌒))ゝ⌒ゝ)⌒ミ⌒;;;)i^i                i^i⌒ゝ;:;)⌒ゝ;;;⌒ゝ⌒´;;
     ;;ゝヾ;ヾ;:⌒;;Z;);.;)ヾミ||           || ゞ((;;;ゝヾゝヾ;ヾ⌒;;;))
     ゝヾ゙ヽソ;;;)ヾz;:;ソ(;;;ゝ||           ||)ゝ;;;;ゝ));ヾ;:;;;ヽソヾミ;ソ
     '"''"`''´"''"´"''"''"''`"´            `"''"''"`"´"''"''"`"´"''"''

      / ̄ ̄ ̄\
    /         \
   ./          ヽ
   .l           l
    l             l
    .l           l    「ここか」
    ヽ          l
     ヽ         l
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l
 .l i         l     l
 l .l        l     l
 l l       . l     l
 l l       . l    l
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l


621 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:04:11 ID:XaufQ0+k
一5.
現れた意外にまだ若い執事はいかにも冒険者風の彼を見て、
とっくに締め切ったはずの募集にまたやってきたのかと、一瞬不快そうな表情を見せる。



               _ _
            ,.-‐''"´   `ヽ_
        ,r‐'゙´    `ヾjir /  .:.:.\
      /ィィ彡, ,; _/^ヾr'^ヾリ」r.:.;;:;;l
     /.:.:.:.:.::::::r''''"´      `ヾ;;;;;:ソ
      !;,;,;,;;::::::/   _ _ ,  r‐-、};;;「
     l;;;;:;:;:;::::l   ´r_。ン  ノ。< .l/´
     ヾ;;〈^ヾ!        「´ !     「はい?」
     `ゞY7    r   r‐、ノ ,′
      `i;;ハ   ' `ー==‐ /
        _リ.__ヽ_   ´ ̄ /
      /       \ _ _,イ
     _/        V「´ |
    ̄   ̄`¨`ー - 、__}j  」_



                                               / ̄ ̄\
                                            /  ヽ、_  \
                                           (●)(● )   |
            「突然の訪問、申し訳ございません。         (__人__)     |
                                            (`⌒ ´     |
             冒険者のやらない夫と申しますが       .     {           |
             雪華綺晶さんはいらっしゃいますか?」        {        ノ
                                              ヽ     ノ
                                             ノ     ヽ
                                              /      |



          _.--- 、_
        r '"´  、、    `' ‐ 、_
         }  ミヾ゙゙ `'' ヘ、    \
.        ヽ/       lノi、     ヽ
       /,.-_、 丶'r=、‐、 ヾ     |
.       i < ソ    丶_ソ   ノ     ヽ
        {  ヾ、,    ミ  } r‐ 、     j    「………ああ。
       ',  、__      レ ヮ' l  /     お入りください、今呼んできます」
       ',  ー '       __/ ./
        ヽ `     ノ  r'"´
        丶   _ ____|
         ヾ ̄/      |
         {`/          |
            /  _.-―一 、L_
      _.-‐''´ ̄       ヽ `ヽ
    /              ',   \



しかし、突然の来訪を詫びてここに居るはずの彼女の名を出すと、
話が通っていたのだろう、ロビーに通された彼はそのままそこで待たされる事となった。

622 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:05:10 ID:XaufQ0+k
一6.
執事が廊下の奥に消えてからしばらく。



                       i     ;        /
                        l       ;       /
                    l     ,'      /     ,..、、
                     |    ,'       /ー- 、. -=― .、ヽ
                     l.    ,′     /       ,: ゙i|
                   i    i    /ヾ:     ,,.:'  |l
                    ,! ,  !、   ' ノ,' __  '"_,_;_,..-',イ
                        ,'   |`ー--‐"'''´    ̄i`- '" l
                  /     |             l     ,!
                    r'´ ̄`ヽ、!           ゙、   /
                  ,'      |            `''''"
                 ,'     ,:'
                   /     /
               /     ,,.:' /
              、-゙''   '''" /   タタタタタタタ
        ,:''⌒``'''<゙ヽ、、    '{
          !,. - 、    \ヽ、` 、.,!
        ゙ヽ、  ` ‐ 、...ヽ、_``'く
          ``''‐- 、_ `` ``r'′
               `丶、ノ


軽快な足音が近づいてきたと思ったら、小走りで現れたのは
ほっとした様子の雪華綺晶。



                   _
                   ´))       、__
                     {!´    ___`⌒}! __ _
               , -‐r仝ァ'´ ̄      `>(そ})  `ヽ
               /_/外ツー‐     ー'´ ノゞ匕ー'⌒ ト、
             /(⌒iー' / 〉´    l i   `ヽ    } l l |
           /|   ヘ  / /   |  | |  | l   \ /  .| l |
.           / リ    ∨ l ! |  | |  | |   /   | l 八
          / ./      ハ l l .|  | |  | |  | /    .|  ヽ\
           / ′    } i |斗 十  | l 十 ト V   八 \ 丶ヽ
.          /'  | l.   /  } |八__从 l 八 l 从リ|   /  l\  ヽ∨
         l!  | l  /  バ f仟ツミ〉   ィfた圷、   ,′ / リ \ ! }    「おはよう!
         l!   },′/  /_乂ニシ    弋zグ l   i   | ∧  ) ト'     ちゃんと来てくれたんだね!」
         ヽ ノ' /   '((⌒ヘ ̄^   ,   "" |  l   l/ 〉 V ノ
          /  八  V )} ノ丶   r丶   ィ |   ',  ∨ i´ |
        / /  /  \ ヽ く /r'≧ ´  <)ーァ∧  ヽ  \li |
.        / l   l    }\ }_`>く=ヘ'~^〉⌒^7'、__ \  丶 \}
       |  }  ∧   ハ>=‐く < f⌒´,ィ  λ  }=- 、丶     ヽ
       |  l l  ハ   r'      \l⌒ー仝、_} 'ー'´   \) ヽ     }!
       }  V'  } }  }      丶ヤ> __<リ      l      八
      人/   |/   |        V^L_〉 〈       }     /  ヽ
      /    /   ハ       / ヘ j  !         ′ ,'  /   ハ
     /  /  /  / \     /     }      /  / /   / }
    /   / /  /    ,'∧/  〈   、__ ∧-‐'  /″   |   / /
  / ′  l!/  /    /  ハ    ∨  /⌒レ'7   ハ     }  ′ |
  | l   |   ,'    /  ,' ∧    !  `~7 /   / l     V    {
  | l   }   !    /  /  ∧   レ'7__ノ ,′  / 八   ヽ  ヽ   \
  人 ヽ  j   ヽ   }  ′ / ∧   }    {   /   \  丶  \   \

623 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:06:10 ID:XaufQ0+k
一7.



                    / ̄ ̄\
                  /  ⌒ .⌒\
                       |   (●)(●)|              /勹
                       |   (_人_)│         /ヾ/
                      |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                  |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/     「約束、だと言ったのは君だろう?」
                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                  / lヽ     /    /`弋ll
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
        ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|



おいおい、と腰に手を当てたやらない夫が言うと、
ぺろりと舌を出してそうだったわねと呟いた彼女は目の前に立って、
何処をどう見ても戦士風の出で立ちである全身を見回した。



                                   ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                   / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                  i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                  ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                 .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
        「そんな事より、                 li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
        やらない夫も魔法騎士なの?」        ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                                  ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                   !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                  ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                  //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                 / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                               / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                             / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                            /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                           ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、

624 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:07:10 ID:XaufQ0+k
一8.



                         , ------ 、
                        /      \              /ヽ
                       i             i           /ヾ/
                        |  \    /  │         ./ヾ/
                        | ( ●) (● ) | 、-- 、   /ヾ/
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´      「まあ、な。
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||     本職は一応、こっちだよ」
               ,  ―;;;;;;;―´ | |、` ――― ´.,| |  `-;;;;;--  、`弋 
             / ヽ   ▽  ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /  ▽/ \  ´
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |       \  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´  <^ ^>  |         `ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´....   Ⅴ   |         ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i;;;;;ヽ. ヽ              /  ,/;;;;;;ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::/;;;;;;;;|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|;;;;;;;;i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|;;;;;;;/    |         |   ヽ;;;;;;;.!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i;;;;/\     !         !   /ヽ;;;;i――――‐ ´i
       .|------i   .|/   `ー―――――――― ´   .|   .r‐‐‐‐‐|
      .|    .|    .|         / :::::::::::::∧          |   .|    .|
        |----- .!   .!\     ../:::::::::::::::::::∧     ../.|   .|-----|
       |     .i   .|  .\     /::::::::::::::::::::::::∧    ./ . . |   .|    |



てっきり彼は魔法使いだと思っていた雪華綺晶だったが、
暗くないここで見てみればやらない夫の体格はがっしりとして
見た目から武器を持って戦う戦士だと分かる。

修行が足らないわね、とまた内心舌を出した彼女は自分の未熟さに苦笑すると、
年齢には不相応なほどに落ち着き払った様子の少年をじっと見つめた。

625 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:08:10 ID:XaufQ0+k
一9.



             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''!
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !    (―――かなり出来るって言葉じゃもしかして、全然足りない?)
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ / ' / / /    !
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  / / / /    l
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / / //    |
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |  ┌──────────────────┐
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |     |  │雪華綺晶から見たやらない夫の装備   ...│
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |       |  │                           .│
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |  │途轍もない両手剣              ....│
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |.....│凄そうな板金鎧                 .│
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ     │魔法のグローブ                ..│
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |...   │魔法のグリーブ                 .│
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ....   └──────────────────┘



自らも剣を持ち、理力魔法を操って戦う魔法騎士だからよく分かる。
ただ真っ直ぐに立っているだけのやらない夫は自然体だが、
放たれる一つ一つの雰囲気や身のこなしには隙と呼べるものが全く存在しない。

本人だけではなく装備の質もかなり高い。
グローブとグリーブは探せば同級品も見つかるだろうが、鎧と剣―――
特に剣については、尋常ならざる素性を持った超級品であると一目で分かる程の物である。



 
 
627 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:09:24 ID:JQLwBP9A
やらない夫の剣って鎧より遥かに価値高いのかw

626 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:09:10 ID:XaufQ0+k
一10.



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |   ///(__人__)
          |     ` ⌒´ノ          「………ど、どうした?」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



見つめられるままだったやらない夫が、何となく顔を赤くして声を出すと、



                                             ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__
                                       ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y
                                     r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i |
                                     トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !
                                          | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ
                                          レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、
             「あっ、ごめんごめん………」       /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi
                                       /   /  ヽ卜辷r" :  "" { ! ハ    ト-ミ: ____
                                     √ァ’ /   トミ Ⅵ(  ‐.‐  人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
                                    /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
                                 人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/
                            .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
                          ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
                           /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
                          /    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ
                              .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ
                           / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /
                          く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
                           ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八



魅入っていた事に気づいた雪華綺晶も少し赤くなって視線を逸らし―――

628 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:10:12 ID:XaufQ0+k
一11.



     _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
     /   ,′  ´ ̄、`Y  l
   /    /   、    l くハ |
   ,′ , l !   , |  、 |  l l|
.   l  | | | /| ∧__ハ| | | |     「こ、こんな所で立ち話もなんだから………」
  | |  l | l7/斗‐r、 | | | |
  |∧ |Nヘ、!/ ==、〉 ,′l|
  ´ ハjミYシ′  ::::::::: /  /  l| \
   / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
.  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、
  l  /  / {^ーメ‐┤ | |\   `ヽ、 l
  |/ / rく_∠__」 「ヽヽ \_ l ! |



やや声が上ずっている彼女に連れられて、二人は談話室へと場所を変えた。



        __         |∬|:.       __         |∫|:.       __         |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
     ||―|―||        |∬|:.    ||―|―||.     |∫|:.    ||―|―||.     |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
         ̄ ̄         |∬|:.        ̄ ̄         |∫|:.        ̄ ̄         |∬|:.
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======: :
  ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∫| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======:
                        , -―- 、
                     /     \
                     /  \_   |
                     (●) (●)   |    (こういう所、久しぶりだな)
                     (_人__)    /
                     l`⌒´    /
                     |      ヽ
                     __!、____/  \
                   /、 ヽ     r 、 ヽ
                   ハ ヽ Y`l     |  >  Y
                  { ヽ_ゾノ     | レi i i}
                  `¨´  ヽ    ハ  `'''
                        >   / ヘ
                       /  /ヽ  ヘ
                       _,/  / ご_ノ カツンカツン
                     ( ヽ /
                      \__ノ

630 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:12:11 ID:XaufQ0+k
一12.
ロビーから少し入った所にあった談話室は品が良く、格調高い家具が並んだ
落ち着いた雰囲気の部屋だった。



   ,=============,
   | r──、 r──、 |                         ______
   | | / / | |/∇ /| |                             /7i          |
   | |==== | |==== | |                          //:::|           |
   | | ∀  | | / / | |                       //::::::|           |
   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l               「|::::::::|           |
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉            |:l::::::::|           |
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)             |:|O::::|           |
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│           |:|::::::::l           |
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:|::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      |:|:::/
                                       |」/

                    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
                        l i   +   +   +   l l:::|
                    / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
                      ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
                  | l                l |/
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
                /                     //|
            ___/___________//| |
              (_______________),‐─┬i' ゝ)
             l:::          .   ..::::::::::| l^) .l│
             |:::    ;.             ..::::::::::| ´|  ゝ)
              |:::           ;  ..::::::::::| /
              l:::.            .   ..::::::::::|/



やらない夫に取っては久しぶりの空間。
まだ離れてそれほど経っていないはずなのに、懐かしいとすら感じる空気。


631 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:13:11 ID:XaufQ0+k
一13.
取りあえず、と背中の剣を下ろしてからソファに浅く腰掛けると、



  / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
    /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
    //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
    ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
  /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |    「………もう一度お礼を言わせて。
_/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|    君のおかげで錫杖を守れたわ、ありがとう」
 /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
         / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
       /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
      /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
   , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
 /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
__ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
   ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ



その真向かいにぽん、と跳ねるように座った雪華綺晶がぺこりと頭を下げる。



                                                  / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
                                               (`⌒ ´     |
                       「いや、気にしなくて良いよ」   .      {          |
                                               {         ノ
                                            mm   ヽ      ノ
                                           (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                               ̄ ̄ ̄|    |


633 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:14:13 ID:XaufQ0+k
一14.



              .ノ     _ , _`´ヽ ,、 , - 、
            _ _ |_ , - ´    ̄` >(x )_,,- ヾ、
           /ノ|l /_`      ̄/=|l `| 、 |`、
          /_ /ソヘ,   , ,   、  \ ソ|.| | | .|
         .| |l /|/  |  | | 、 ヾ\ `y ハ|  |、
        ノ|  |ヽ|  .|  .| |  ヽ \| / / |l 、ヾ`、
        /./   ) ヽ |l| | ソ .|ハ .|___.ソ | .八 \\)
       / ||l   ノ |l |  | |ヘ、,ソレヾ__ _ヾ| .| /  ノヾ、\ヽ    「ふふふっ、ちゃんと自己紹介しないとね。
      .|  |l   ||/ || /テアヽ `´ イ::..::ハ |l  | || 人 ) |lノ
       |  |lソ /  /、 >=刻ソ   弋;;ソ .|  .| | |l |レ      私は雪華綺晶=セラフよ、
       ` /  |  |l>ー、 xxx     xxx/ハ  |l ヾ|l +|      この間十八歳になったばかりの冒険者。
        /   ヽ、 ハソ , >、._.` ´  i´てノ、 |   \ |      今はここの領主様に雇われているわ」
       //  |  |ゞ、 Y、ヽ、<ヽ ` ´<>)⌒( ヾ .ト 、   \
      l| | | .|  \ソ=<ソ`ア<,  >  及| |ヾ    ヽ、
       |ゞ、\ |l   y ̄` -=-, 、_ , 、ノー´ ノ |l  |ヽ   |ヽ



                                                 ―― 、
                                              / 〉 ´      \
                                             / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
                                          / //〉  ( ー) (ー )  l
                                           l  ´ イl   (___人___)  l
                                           l    iYl    ` ⌒ ´   l
              「やっぱり冒険者か。      .        /   ハ !.!          !
               なんで、そんな危険な事を?」         /  /  ' ヽ           /
                                        l   // 、ゝ       / ヽ_
                                       ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
                                 .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                                 .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
                                     / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                                 .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                                 .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                                   /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !

634 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:15:12 ID:XaufQ0+k
一15.



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {       「君だってぼ………」
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



夕べも見せた、気に入らない様子で眉をしかめたやらない夫の問いかけに首を傾げ、
君も冒険者じゃない―――と言いかけて気がついた。


 
 
635 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:15:44 ID:Oh06dlDd
なんかニヨニヨしちゃう・・・w

ローゼン王国の方々のことを思い出すと背筋が寒くなるけどねww

636 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:16:10 ID:XaufQ0+k
一16.



.        /   ,_{:::__ )ヽ、_                 ,,イ、ヽ_,-、ノ
     /  /   ゝ_jヽ   `                 r-r_イ\
   / :/   f r- '              ,、             ト-、.ヽ  \
  / :/      ゝ二ゝ'    /      / |   i    j      !  ノ ノ\ \
  ::/       / //     / ,    / /_ l  /   /!     ! ` T     ヽ ヽ
 /        / //i    / /  ,イ  λf' j ,ィ   / |!   /│ |     |  |
/          / ///  ,,/j_/- /-l、i_/,ノj / / l j_/!_|_  //l |  |      |  |
        / / l   / /∧ /-f,j│fイ/ / iリ+/,. =j_/!/,リ   |.     |  |
     ./ /   !∧ !,ノ  トヘ_`少V j/   イ´ir,ノ/ / l     |     .|  |     「………女が戦う事、嫌い?」
.    //      `' ´   /、jfLー- '_/     ` ̄   ∧,│  、, i    │ |
  / ''            /\_f~ζ´    <i        /ノ| |   |、ヽ   ノ /
,,/            /: : : : ヽ.       _      /: : .| |   |-! |  ̄_,/
             / : : : : : />ーr  ` ´  ..ィー-'ゝ: .| !   ト| |\
            /: : : : : : : / \   `ー-、<ノ  /: : リ|   |│|ヽ `ー -、
        /⌒`ヽ-、_/´ヽ  ノ\.   .ノ   ::く: : : : : : ! __.│| |   ̄ ̄\\
       (,,rーr-、__     ̄ ̄ ̄''    (      ̄ ̄´  ` ´ ̄ ヽ   ノ/
    , ー─ゞ-{     . /    _    _ノ 、        ―- 、_ r、ノ___∠、
    (:::::::::::___::::.ゝ- r-' ´⌒ヽ_イo/ゝ''::_/ ヽ_ノ ⌒ヽ_ノ´ ` ーく ̄:::::::::::::::::::::jl
    \´   `ヽ,       / / -―' _/\ \ _ j !      \::::::::::::::_ノ/、
     )ヽ    ノ::!  __ r-,/o/ 、 <      >  |o|   _     ト, ―'  /\\
     `ゝ   ト_::|__ノ: : : |ヽー--、> ` ‐ ´ < ´|__|∠_(へ__ ∠:ノ   ノ   \\



                                    / ̄ ̄\
                                  /       \
                                  | _ノ  ヽ、   |
                                  | (ー)(ー)  |
                                  |  (__人__)   |
                     .             l  `⌒ ´   }
                      「ああ」         ヽ      ./
                                  /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
                              ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
                               //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
                            ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
                           /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
                           |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
                           l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
                           i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
                           〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
                          /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|

637 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:17:12 ID:XaufQ0+k
一17.



       ,r-''´入^>''´ ''''ヽ、/,`',_,_
     ,_ tYソヲ/        >ヾKミ `i
    / /  フ  r     i  ゞ Vvi .人
    i '  il l   >   V |  |  .l   `',
    ',  / .|i |',r、il__  /__i_.i_.l  .| i   ヽ、______
     ',  ゝ Vil/λ=j、iノ´__iハ_i/ il ',    x、__, - -─、 `ヽ
     i _ /jrvX薇.ノ  イtjアハイ/ 入   廴____|  .i     「頭が固いのねぇ。
     / ti, -Y^ト     ` ´//j i     ` ,  ー- 、 _  ヽ/      今時そう言う考えの人が、
    y´Yi 廴t>、 ー- /,、y/フ   i   ',     `'、 ,'      冒険者に居るなんて思わなかったな」
  r''´  >i tノ ヒr` - <ソ ,/ ̄ソ、  i   .i  `'、   ノ /
  \  __`<i l.il' 、-、 _ ,r-コ i  /フ \ i   i   i  ,´ i
   .卍/´` ''=''ニ'、`- ´<i.l ./、  / `''、、_ ゝ、_  ヽ ヾ ヘ_
    itj、_、_ -'ミン´´゜`'> v、/  ./    / `'- 、 `', - 、_  ヽ__
    i  / /`''´X>`´<ソY   ,'i   ./    i ´    ` ' ,   `i
    ',  ハ  `ァx, -''´    / `> '' ´i             ,'   i
    ト、,イ i    i      ,'  ヘ /ハ           '、   ト、_



町の人達ならともかく、平等に自分の命は自分で守らなければならない
冒険者の世界で男女に差などない。

しかし、一般的にはそうかも知れないが、
少なくとも自分は一生その考えを変えるつもりがなかった
やらない夫はますます眉間のしわを深くして、
珍しく不機嫌さを隠そうともせずにソファから腰を浮かしかける。



                                 /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
                               /: : : :          \
                              /: : : : :           '.,
                              |: : : :                 :|
                              | : :u : : : : : .,           :|
                              |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
       「悪かったな。                    |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|
       それだけなら俺は帰るぞ?」      |: : : ´"''",        "''"´ :l
                               ',: : . . (    j    )   ./
                            _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
                          /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
                          : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
                          : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
                          : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
                          : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
                           : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
                          : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
                          イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|


638 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:18:11 ID:XaufQ0+k
一18.



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {         「まだ、やらない夫の事を
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ         何も聞いてないよ?」
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



                                                   / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                                               (__人__)     |
                         「………何故俺の事を          (`⌒ ´     |
                         話さないといけないんだ?」  .     {           |
                                                {        ノ
                                                 ヽ     ノ
                                                 ノ     ヽ
                                                  /      |


4 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:19:11 ID:XaufQ0+k
一19.



                        ,-、_
         /ヽ    _ ‐ ´`‐´ ´人)‐、‐、
       /ニトイミソ ̄´´ // ヾ/lくl(tJ>}) ヽ
      / ili(Gゞ)ト    ´     \ヘ彡イ  il
      i tト=ミ彡          \ヽ lし\l il
       il ノノl  l  . ヽ . i   il ヽヾ\  lil i
       iヘ  /  l  i ヾ、ヽヘ \  ヾ\ l iヾ        「あ~っ。
      ノ l i   i  i l フアヽヾ>七´ヾ ヽil l il\ヽ       私の事は聞いておいて、
      i   i i   l l l〉ソ」i\iくヽ〉=-、`l il i l i \`       自分の事は内緒なの?」
     / /l l ハ l il l彡´X>`ヽ〉il弋yソl 斗l   lヘヽ \
    / i´  il l l  ilく薔仝〈》  ´`ー⊂⊃ l  ilミ=-、 ヽ
    / /    l i 〉`〉《トVvイ´      /il ヾ  ヽ`\\ ヽ
   / /   ノl  il lヾ ⊂⊃  < フ /〉\Yミヽ ヽ ヾ \ `、
  l  il  / l  il l /`ノ`トヽ _ _/イミK  ) \  \ ヽ ) `ヽ
  il  l /  / / i//ー´`  tート三//,,_



                                                 / ̄ ̄\
                                               / _ノ  ヽ、.\
                                                 |  (●)(●) .|
                                                    !  (__人__)  |
                    「そ、そっちが勝手に                 , っ  `⌒´   |
                     話したんじゃないか………」        / ミ)      /
                                             ./ ノゝ     /
                                             i レ'´      ヽ
                                             | |/|     | |



 
 
6 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:20:31 ID:Oh06dlDd
初対面の人に翻弄されるやらない夫ってのも新鮮だなw

5 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:20:12 ID:XaufQ0+k
一20.



    `ミレ_____/三ニ   -    ヾ ミヽ___
   _ _ >//K/f´               \ `ー`ヽ
   `゛=っノノ                   ヽ  `| |
    / >/        /    ;  ;      |ヘ  | |
   i´   /  ,     ,  / /   |  |  ;     | |  | |
   |   /| ; |     / / /  ; __ノ=+- 、|  ;   | |  | |
   | ; | || | ;___ . | | /i  / //_/__ ノ`ハ |  | | | |
   | |  | ヘi  ||`iレミヘiハli // //,=テ=ミノl ノ ノi l  | |    「どっちでも一緒。
   | |  i ミ  |ト i ilト哀ノ>イ´ ´f::::::ハ jメノハノ//i i  l l     さ、君のことを何でも教えてよ」
   ;| |   | ヽlヾミfニ及彡ノ ,  弋:.:ソノ /y/イ l    |
   | ハ   ヾ  ト゛´-Z/        ノ l  i  ヽ   |
   |ノ i   |  | `>`)  ー -   /;;;ill  | | ヘ   |
   |  |l   |  | //ト=i-= 、_ _ イミノil l |  | |     |
   |  ||  |  |ソノ/ノつ= ≧≦三ハ_ム  ilY      |
   /i  . l  | | |-ミ彡ー-゜/ii iiヽ`、ミrル  ) li      |
  / li  l i  l ノ/   `/oフ> `´<l oヽ  ノ  il     |
 /  i il   //  ヽ -ノo/< <> >ioヘノ/       /



主導権を掴んだ事を確信した雪華綺晶は上目遣いに、
腰を浮かしかけたままのやらない夫にちゃんと座るようさぁどうぞ、とソファを指し、
片眉を動かした彼は、せめてもの抵抗にと口を尖らせてから座り直して言った。



                                             / ̄ ̄\
                                           / _ノ  ⌒ \
                                           | ( ●) (●) |
                                          . |   (__人__)  |
                                            |   ` ⌒´  |
                  「何でもと言われても困るな」          |         }
                                          .  ヽ        }
                                               ,、ヽ     ノ-、
                                             /;;;i/      '、!\
                                         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
                                    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
                                .   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
                                   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
                                .   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
                                  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|


7 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:21:12 ID:XaufQ0+k
一21.



                            /`ヽ、
                              /´ ̄伐戎癶)ー―- -―- ..    _,,,,__)
                          / :(⌒/: : .,入            >く(⌒Y⌒ー 、
                            / .:ノ: : .                . : ミ氷冬、   :.
                         { . ′/       :i           . : 伐戎厶:.   .:i
                          У :/  /:    :|     `.    :.  :/ /ハ`Y:.  .:|
                        .' :/: .  :!  /   :|       .:i    :.  / .: }ノi:.  .:|
                          i:.〃.:. .:|:|:! :|   :| .:!    .:| :i   i  .:((__)|:.  .:l
                          |:.:|:!:| :|:.:|:|:! :| i i | |__|:!_!:|  .:| :|    :!   . ′ !:.   .:i
                         ! :|:!:| :| ノ从.:| l l | i :从乂`ヽ :リ:  , ;  .:/:.  |:.  .:|
                         ∨ハん笊ハ,乂乂ノィfテ云メ、:/| /// , :/ i  |:.  .:|
      「そうねぇ。             Y:丈戈匁      {が`Y刈/ .:Ⅵ!/.:/ :/  :|  i   .:|
      ………何歳?」             | しイ爻'^    ,圦::ノノリ′ :/:/.:/イ.:   :|  |   .:|
                            |Y)八 ヽ         /:. .:/:/.:/: :.| |   :|  |   .:|
                           .:.八: : \ 、 _     /:/ .:/:/.:/: :i :| |   :|  |   .:|
                         .: / .:)) :/ )     .: / .:/:厶>―< /.:|  |   .:l
                        .: :/ / :/ /: :`ー┬=/:/ .:/´: .      .:∨ ∧ !   .:i
f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ      .       . : :/ /.:/ //`Yしfて)/:/ .:/.: .         .:∨ ∧:!   .:|
|  十八。   |           , : .:/ / .:{ / /⌒Yて)|.:ハ/: .         .:∨ ∧:.   ',
乂_____ ノ        .   / .:/  .: :∧   /⌒Yて,!:|i :′:          .:∨ ∧:.  :ト、
                 . :  .:/  .:   i ∧     イくミY'Ⅵ:| : : .         .:∨: .:ヽ .:ハ \
                〃   .:,′  i: . :l ハ    Ⅵ彡ミⅣ : : .         . : \:. \:.丶\\
                {{   .:{   | : . `Yし-、   j^Y^てリ : : .              . :/\:. \  \\
                ’,    :.    ', : .  :\(⌒Yて(__八 : : .              . :/ヽ :\:. \  \丶
                 \: . \  \ : . / )〃/7   j\: : . .     / :厶イ . . :\ : \:. \  丶


8 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:22:16 ID:XaufQ0+k
一22.
これには雪華綺晶も少し驚いた。

見た目ではなく、纏っている落ち着いた雰囲気や風格から
若く見える二十歳以上と思っていたのだ。



                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ        「あら、同い年なんだ?
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ       ………冒険者なんでしょ?」
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l          |  ああ。    |
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |            乂_____ ノ
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ


9 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:23:10 ID:XaufQ0+k
一23.



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  家族は?   |
乂______ ノ
                             / ̄ ̄\
                           /       \
                           | _ノ  ヽ、   |
                           | (ー)(ー)  |
                           |  (__人__)   |
              .             l  `⌒ ´   }
                            ヽ      ./
      「誰も残ってない」           /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
                       ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
                        //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
                     ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
                    /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
                    |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
                    l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
                    i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
                    〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
                   /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
                   .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|
                   ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|
                     ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \
                    }/ }: : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : 〉


10 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:24:10 ID:XaufQ0+k
一24.



                 /  /{必}                r=ミ | |
                   /  //)厂                ゞ彳i | |i
               /  //(( /        i |   |    ))   ! i|
                 /  //  /  / l l | l | |   | |  |丶i ' .'.|
                "  /  .′ i | l| | | |/.i ハ .l  | | l l |  l  / |
            /    /i  i  l.| l| | | i :!/:ハ┼-| | l | |  i/ / | |
            /   / !  i l l ! 从r-、_)) /i i/ル'ハ!ル/! !i/i / /i ! !
.         /   /   | l ハN nn{ィ示}}    r:行芯ヘ,レ |/ /i | ! !     「………そっか、一緒だね」
..      /   /    / ./ | |.// )辷_ソノ    込zソイin./ / li | | 丶
      /   /     / / i /i { /.)ーイ   ,      n| | 〉/ ハ.| |  \
    (    (      / /  ハヽ|,| i } ))           / ノノノ ) ,  | 、    \
     \   )     /./  /  l\ `  \   ⌒  ./.    /./l  |  ヽ      ,
        )  :   / ./  / 仁へ._\   \   /    /./ l  ハ  ハ   人
       /  /   (  /fニフ(_ / ⌒ `⌒ヽ }≧≦{    /_'  | i i /  \/  \
.     /  /   ノ /rイ / ( //    / 人__i\r─'⌒ー'  トTフi| /  \ \
    /  /  //r─{.`ー  i /     / _,イ }/        ノ、トイ}_   \ \
.    /  /  (  i {     ノ .ノ      イ   八        //\/  )   .  }
   /  /   |  |     /         /j__、\      い、厂/ 〈 i   ノ /
  ./  /    {  } r─'´           イ≫<\      .∨イ   } i /  /
 /  /    /  /          _ <二二二ニ| ト.      \   } i /  人



そこで、自身は親の名前も知らない孤児である彼女は少し親近感を覚え、
その寂しそうな表情にやらない夫は胸が切なくなってしまう。



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!   (………家族の居ない女性の冒険者、か。
   l               `ー‐ f r'    どうして―――戦う事を選んだんだろう?
   l                  ノ'
   !                     /      ここに居る他の冒険者が仲間なのか?)
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./


 
 
12 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:25:45 ID:0qbVnM0g
なんだろう
ここのきらきーは妙に可愛い


19 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:31:26 ID:8O6Qftb8
>>12

ショボン玉氏のけなげなヒロインはガチ

11 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:25:10 ID:XaufQ0+k
一25.



         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }     「出身は?」
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
  /,,_   }li ゝ、i, )).   __,,  lil .li l i ,l .{           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\        |   知らない。  |
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\        乂______ ノ
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l


13 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:26:11 ID:XaufQ0+k
一26.



     _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
     》ゞそヅ/                        \乂v匕人
    ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
  ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
_)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
. / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
 l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |     「………そんなに、私と話すのって
 }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |     つまらないかな」
  \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
   ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
   / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
.  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
 / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
  /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )



余りにも端的な返事が連続したので、雪華綺晶は哀しそうに首を傾げてしまった。

だが、自分の出身について本当に知らないやらない夫は両手を挙げてそれを否定し、



                                              / ̄ ̄\
                                             _ノ  ヽ、  \
                                           ( ●)( ●)   |
                                           (__人__)      | ../}
              「違う、                       _       ヽ`⌒ ´     | / /    __
               本当に知らないんだ」      (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ
                                ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
                               .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /
                                 ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
                                  i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
                                  ヽ. `ー '/   /           /\ \
                                     `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ


14 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:27:11 ID:XaufQ0+k
一27.
彼にとても興味を持っており、何でも知りたい気持ちになっていた彼女はそれでも
浮ついた気持ちを自覚しながら、尋ねる内容に気をつけようと思った。



                  ,、  _ . --- ‐-  .,_
             ,r' `ー、 ,ハ `ヽ/(⌒       `ミ 、
            l   rァォ7ハフー'    ,        ヽ
            l i   イゞン7ハ!_  /  /         フ、 ̄了
            /   ゞアン'  /   /         ヽヽフ ヽ
             /   // `Y  '   /            ヽ'  i
             ソ   ./.l    )/   / -/-/─ / ,  /`   ヽ   l
        ,/,     i   ̄ /  /  / / / / / /l、   ヾ i  l
       ///    |    i i  ,'r{辷ト、/ / / /リ \ l   i .l l
       (  i    i. l l  l l l  .バY^ド{ // / / /   i  l i .l
          l   l  l  l  l. !   ゞ弋ソソ    ,ィfテト、 リ  |l l l    「そう、なんだ。
.          ヽ  / i.  l  l  l. !  .| `))        込ン/ 、 .i.  l l l    ………ごめんね」
           i /. /  i  i  l    | .((     ,   /,.イ /   i lノ
           // i  ヽ l  ヽ   l             / ,' /  ./  i
        / /i  l   ヽ      |     ´ ̄ イ l/.イヽ  ヽノ
       ./ /  i/ /    l      |  ‐- t‐<  リリ ,ハ  \ ヽ
      / /    / //  l   .从ノ~ヽ~'. /  .// /  ヽ l  l



                                                   / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                                               (__人__)     |
                                                (`⌒ ´     |
                             「良いよ、        .      {          |
                              気にしてないから」        {         ノ
                                             mm   ヽ      ノ
                                            (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                                ̄ ̄ ̄|    |



赤子の頃から孤児院で育った自分ですら出身国ぐらいはおおよその推測が付くのに、
自身の素性を知らないと言う事は地に足が付いていないと言う事に近しい。

きっと気にしていないはずはないのだが、あっさりとそう言ってくれた彼に感謝し、
そろそろ本題に入るべく次の質問に移った。

15 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:28:11 ID:XaufQ0+k
一28.



         , 、 __   ____
       , -i fjfiンl    ``lrf-} }_ヽ,
      /  /-i-''      `=="i l .l
.     l l i  ll/ l  l  l .l .l. l  l l .!
     弋 '、 l l l l l li  /l __l l // //     「冒険者になって、どのぐらい?」
.        ヽ、.ヽ ,ィ竺ョ.  l:::::::i / ,i´
       | i、 .,!些∥ 弋ツl / ,|
      /l  } /ゝ   ,、 "ィll l、 !l
     //_/ ィ `!ri_/l_r、r`、`i、__`ー-、



                                                 ―― 、
                                              / 〉 ´      \
                                             / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
                                          / //〉  ( ー) (ー )  l
                                           l  ´ イl   (___人___)  l
    「んー。                                  l    iYl    ` ⌒ ´   l
    ………物心ついた時には              .       /   ハ !.!          !
    親父と旅していたしなぁ。              .        /  /  ' ヽ           /
                                        l   // 、ゝ       / ヽ_
    親父が死んだのが十五の時だから、             ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
    それから考えても三年ぐらいかな?」       .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                                 .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    (途中、別のことをやってた時もあるけど)        / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                                 .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                                 .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                                   /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



 
 
20 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:31:31 ID:5qiaDX/f
ない夫は途中で何してやがったんだ
くそ、気になる


23 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:32:18 ID:4cg864y6
>>20
たとえば騎士をやってたんだろ。
他にも何かをやっていたのかもしれないけど。

16 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:29:10 ID:XaufQ0+k
一29.



       /ィ ヲr-,ヘノノ " ´     ` ' ‐‐ r:γf⌒い)
      __∥ |/ iヽ,:} }              ト 7 ハi`フ
     //!_ { !_Yシi り       |   |   弋イ_ 川 )
.  ///乂辷ニツ´/  /    i|   | ヽ ヽ ゝ彡イ
. /// ((/ | | /  〃! / ∥  / |   |  i  ヘ \
/ / /   /  l y   / l// ∥ / / | |   |   i  iヘ   ヽ
!/ /   //  |/i / //   | / /. | ))i  / i  li  | i  |
! {   .//!  |!/  i   /rィ⌒二ヘ |,/ | .ハ   | i   |
 i  // |   l  / .|  {λrテ弌. i }|./ 7 ナ.┤ l  l /
. l  l l |   l ./  |  |ヘヾ 辷シノ」   行:卞i  ノ|  |/
! l  l | |   ハi  |  |ノノ--ニ_ソ   弋,汐7/ .|         「ふぅん。
!. ノ ノ l |  i ゝ、l  l  :::::::     ' :::::::l′  |          じゃあ、今は何をしているの?」
イ イ l |  l   l l  !、       ー::‐'    ノλ| |
⌒`ー-ノ_  l   iノ  |ィ` 、      . イフ l ヘ |
       `‐--‐'´    | |、.  ` ‐-<´ /  l ヽ\
-──- 、_     ノ  l ト、r‐ァ  ゝノ  ⌒ナ\\ \.\
     ,_、`----'´  ノ | |てr、 (__ィ⌒レ′ヽ.\\ \.\
   /r( ⌒r-、__.イ  | |-    ≪| |   iヘヽ. \ \ヽ
 /  /     `´⌒i__  | | // >| | ん' / ヽ  ヽ. ヽ )
/i   /        -イ ⌒.| |/ // |,ン゜ヽ. \  i  i イ
ノ  {  /       i )  ⌒ー 、_ィ⌒´    i   l |  l ノ
   i  l       lノi     /⌒      l   l l  リ
  (⌒         /     l        ノ  / l _ イ
   乙r~i       人      l       /  /  l /



                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                                                (__人__)     |
                      「特には何も。                  (          |
                      アンマンに着いたのが昨日なんだ、 .    {          |
                      しばらくここでゆっくりしようかと」       ⊂ ヽ∩     く
                                                 | '、_ \ /  )
                                                 |  |_\  “ ./
                                                 ヽ、 __\_/

17 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:30:13 ID:XaufQ0+k
一30.
その言葉を待っていました、とばかりに身を乗り出す雪華綺晶。



                  / __癶ぅ) /            癶ぅ{\  ハ
                       ′ {fγ{f ア }          ((_杙必〉}  ヽ i
                    / 込辷ソ            癶辷り   V
                   |  i (( /         l  |  |     ({ \   
                     ハ    }′|  |   | |  |  |  | | i \ ハ,  |
                   / ',   |  |  |   | |  | T .ト _| | |   } ノ 人
      .            /   }   |  |  | }}_.⊥_| ハ/ / 从/  ,  / / /  \
                 /  .′/ |  |  |/だTt}ァ'/ /  r=ミ,/ / / ∧   丶
      .          /  / /  ,}ハ人_{メ { 必 k 〉   弋zソ/ / {  { \     \     「そうなんだ!?
               /  / /  ノ|}  ((ヽ弋辷ソ  ,   .:.:.:./ / 八 八  ハ    ヽ    じゃあ、良い仕事があるんだけど………
      .        /, -‐ ¨   / /  / } ハ((     _ ..,   { { /  ハ \ } \       どう、かな?」
            /, -‐─… ´  ′ / | (介 .  ` ´  , ィい Y  /  .  y   \  
           //  /    ノ/   / ∥ / } rz_>  <γf\\_ __} .∨ \   ヽ }
          { {   ,   / i   / / イ./ Y^YひfてノY^\ハ ヽ  ヽノ 人 丶  } ハ
          ヽ {  i   /  |   !/   { /)う  乂Y {ニニ .} } }   ∨´  ハ ハ /  }
           .} |  | ( {,  人  |     ∧ "´r」几几{f─‐ | } /    ハ  /'  }  /
           .} |  .ハ ハ     \ノ    / ∧   ヽ ⌒ { ヲ  ///     /' V  ./ ′ /
           {リ / Y  }    ′   ,    ハ   }_fてノ|   / { {       } / ′ /
      .       {  \ ヽ   {       /i  /   {| {, 八 \     ノ / ′ /
                \  \\   ゝ-‐┐ /ノ  /)  (}|  }V \ \厶イ ′   ,
                \  \\   / V´ (  / (    リ 勹ハ  ヽ }   /  /
                   ヽ  ハ } /   {   } /  ノ   / f´   i   ノi}   .′/
                     |  / / { ̄`ヽ,} 丿 幺厂    \/ /  / (



                             / ̄ ̄\
                           / _ノ  ⌒ \
      「………なんだ?」          | ( ●) (●) |
                            . |   (__人__)  |
 (あれ、誘導されたかな?)          |   ` ⌒´  |
                            .  |         }
                          .  ヽ        }
                               ,、ヽ     ノ-、
                             /;;;i/      '、!\
                         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
                    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
                .   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
                   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
                .   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
                  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|

18 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:31:12 ID:XaufQ0+k
一31.
微少な違和感を感じながらの会話はやはり、やらない夫が予想した展開であり―――



                                              ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
                                        _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
                                       ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
                                       l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
                                       l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
           「エゥーゴに来たばかりじゃ知らないかな。  .l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
           最近、ティターンズを名乗る大盗賊団が    ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
           各地で騒ぎを起こしているのよ。       . // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
                                     //,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
           この国は国王様から領主に対して、     イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
           その証が預けられるのだけど………」     /,,_   }li ゝ、i, ))    。   . lil .li l i ,l .{
                                      l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
                                         ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
                                        /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
                                        7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l



      / ̄ ̄\
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
    .( ●)( ●)  ..| / |   「それを盗まれる事件が続いていて、
    (__人__)     .|./   /    アンマン領主も証を護る護衛を雇った。
     i⌒ ´ .r-、  |/  /
     {     ヽ, ',. .,/ :/',      つまり、君と同じ仕事に?」
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
      .ヽ . |   / , --'i|
      /   {  V , --ヘ
      |   ヽ  L| r= |

21 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:32:14 ID:XaufQ0+k
一32.
彼が現在、仕事を請けていない事の確認さえ済ませてしまえば問題ない雪華綺晶は
話が早いわね、とあっさりと認めた。



                                                  _ ,, -=_‐‐‐-、,
                                            __,, ==-‐''´,..ィラ'''..`'''、)) 'i,
                                          ./` / ., 、  !,,-'已\ l,  ∧
                                         ,,-'-,   i i  i !, {l .炒  l'´! 、  l
 「うんうん。                                ./7'"i`/ , / .i、ヽ l,ヽ__T_='__/ i l  .l
 話の早い人って好きよ。                        !./后/ l  l li.、ヽ, \ i  l .l\ l .l  l
                                       "ヒl  .l  .l l i, l、入_,,i--- l.l  i l .l  l
 ご存じの通り私もその一人なんだけど、               l l  .li ! ヽ,  iゝlゝ、 _ ____, l.i .i l l l   l
 腕が立つ人が足りないの。                        l l  .l,,'"--、    〃´ ̄ l.l .l l, l  .|
                                          .i`i.ヽ,、, l l{秘}i     ""  l  .l l i .l  .|
 夕べだって君が居なかったら盗まれていたわ」            .| .l .// ヽ,ミ彳" '   _ ,   .l.  l! l .l ,  .|
                                        .,-!、!//l .l lゝ     i,´  .,! ,.ィ  ./ !/ l  l
                                     /_`,、''!''l l l `'-、_ .`''‐'_/-'--'-、 ./ l  |
                                     !ニ='´'  l l l_,,--'''´_´/ ̄`'、 __.f'´ !  .il
                                     ..ゝ- ''´i l  l,/   ヒ/      i `l   /i



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    「………偶然だよ」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

24 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:33:10 ID:XaufQ0+k
一33.



                                        ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                        / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                       i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                       ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
                                      .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
                                       li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
                   「それは謙遜でしょ、        ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
                   私には分かるわ」          ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
                                        !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                       ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                       //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                      / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                                    / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                                  / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                                 /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                                ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、



本当かな、と思ったやらない夫はしかし、取りあえず逆らわないで話を進めてみる事にした。

別に仕事をしなくても暮らしていけるだけの金は持っているが、
こう言った『縁』みたいなものを彼はとても大事にするのだ。



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |    「夕べのお礼に
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ    実入りの良い仕事に誘ってくれるのは嬉しいけど、
     l` ( ``/ .  |        }     君が認めても領主が雇うとは限らないだろ?」
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ


 
 
25 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:34:08 ID:JQLwBP9A
なんだかんだで厄介事に自分から首突っ込む性質だしなぁ。

26 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:34:11 ID:XaufQ0+k
一34.



                                                 _...__ __((r-、_r、
                                         ((  _.. -= ── - yT へ-、 }∧
                                      r‐‐-fニY_ /    ̄ ` { て ノ 7-: ∧
                                      l  {人_>:/          ゞエソ:   ∧
                                      l lゝ-ソ=′           ヘ     ∧
                                       l l l /    l          ヘ    l ヘ.
                                        l l 7/   l  i l i  ヘ  lヘ !_l  l  l  l   ゝ、
                                        l l / l  li  l l l   ヘ l __l l   l  l  l    ヽ.
                                        l i!l  !,  l_r-、_l_\_i l, ,イ:V卞l   }  l  i    ヘ
         「あら。                         l  ll  l i l f-、へ7-!   弋少 /: 7   l  i     i
         夕べ君のことを話したら、                l  l  li:∨\-/.}  ,     /  i    l   i    l
         二つ返事で雇うって言っていたわ」           l  l l  l  ̄-'':、.   _ .. .イ   i    i!   i     l
                                          !  i  l  l l    >. ....イ !   i   i    i   7
                                     7  7   i  l l   { ̄ |.r--l    l   l       i!
                                      /  /   l l } ヘ   l 、  `'"、 :ヘ    l  7  l     l
                                     /  /    ィl l:/  i  :k    /   i   i  i、.   ヽ.    i
                                  7 :/    / i /   l /-i     /- '´l    l ヘ    i    l
                                     / /     /-/ /     /  `--、__/   /   7   }    i    l



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)    「……………」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

27 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:35:11 ID:XaufQ0+k
一35.



                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ        「ね、ね、ね?
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \       良いでしょう?
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \    どうせ落ち着いたら仕事を探そうと
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ  思っていたなら、ちょうど良いじゃない」
 /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ     「―――はめられた、か」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


28 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:36:12 ID:XaufQ0+k
一36.



             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ==、j|ノイ / ' / / /    !   「失礼ね、
      / | |  ! / . ヘ `冖''                レ'  / / / /    l    そんな言い方ってないでしょ」
/  / /   | |  ! /  ハ    ヽ  __        イ/  / / / //    |
     ,. -人 |!  γフ\           // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
   '      ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |      |
 /          V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |      |
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ   ヽ
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |    \
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ        \



拗ねたふりをしつつも彼女の表情はしてやったりと勝ち誇っている。

やれやれと、それでも楽しげに肩をすくめたやらない夫は、
この人の事だから反論しても無駄になるに違いないと思って頷いた。



              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ
       i                 丶
       l       /  ̄           丶     「分かった、手伝うよ」
       |  __           ヽ        丶
       ヽ/         i イ`丶 l         丶
        ヽ     ヽ ゝ _            ',
       丶i イ`丶 l    `ヽ             ヽ
         ゝ  , ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

29 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:37:10 ID:XaufQ0+k
一37.



                    i´` 、
                    `  )     _ _
                    i:,// - ´  ̄   ̄` - 、     ,_、
                 __;,.〃y/            \   `´ヾ
               ,__ >/ノi   /            `\ /´´
               iしe/フ ̄ /  |  |        ;   /イ>i
            _ 〃´ ̄//  /   |  |   |     | ヽ Y>=レ>
          ,-´ /   /イ/ /   |  |    |     |  | |\fノ,、
         / //    //  ;; ,, , |  |    | ;  ; |  |   | iヽ``ヽ
        / / /    //   i  ` |  ; | i  | l i ll |  | | |` _|ノノ
       /   /    //  l/ `ー-、_|l l | ヽ ├-- 、l ; l  l l ´(ヽ
       |   l    / /  l | |,、/r、ゞハヘ` |=_ノ |/| i|` / イ/,, | |l |      「それでこそ、私が見込んだ人ね」
       |   |   / // // |rハヒ妥>y>` `ヘ|イテ〒ノ // /lヽ    |
       ヽ  ヽ / / /  il  |トミ=>ソノ    くゝ'シ_| / / /i     |
        \/  /  //  l  i"`(ヾ   .    ̄゜ / // /i ヽ    ヽ
        //  /  /ノ  イ -ヽ r´´ 、_ ___,    / / / i il   ヽ  `、
      /  /  /  イ   /l、 ト \、      //,/´ ̄フ __ノ"i      \
    / /   |   | ; il  ,__) ` ン  ミ 、 _ イ / // /y´_-ノ       ヽ
  / // l   /  ノ i /l -つ、-  ヽヾ  `><   l i/ /   ´〃-´        i`、
../  // il l  /  / l  / \>_`___   ,-、 <il   ヾ  --- 、i´-フ         i ヽ



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}    「よく言うよ、まったく」
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く   
   |     \    
    |    |ヽ、二⌒)、



それでも『縁』は『絆』になる可能性を秘めている。

まだ無意識の内ながら、金でも名声でもない何かを求めて旅をする彼にとって
それは仕事の報酬よりも余程魅力的な事で、

30 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:38:11 ID:XaufQ0+k
一38.
宜しく、と右手を差し出したのだが。



                                      ┏──────────────────────┓

                                         まあ、こう言うのも何かの縁か、よろしく頼むよ。

                                      ┗──────────────────────┛





                                          __      _,. -‐' ¨´
                                         (_,_` `ー<^ヽ
                                      (⌒ー " ,.(    ヽ ヽ
                                      ヽ(⌒r-ー ソ     _Lj
                                        (⌒r--,,     /ヽ
                                         ヽ⌒_-ー´"    `¨´



          ∠乂ニヅ´             ヽ、_((_
           /{{  (( /               ∨辷ヘY `丶
         ′ / )) ′  .′!    l |  `   弋ニツ` ヽ ヽ
        /  / / / ! |  | l| i l |l | !   l|  | ))ヽ  |  |
       ./  / ,   ′!  )) | l| i l |l | !   l|  | ((  l  !   |
      /  / /   l! | |{{ | l| i l |l | !   l|  |   il  l   |
.     /  / /    ! ⌒\ト| l| i l |l l /⌒l|  |   il  |   |
     ′ ,'  l  |  l|ィセニミベ}从八|ノ|lィ彡=ミ l|  |   il  l  |
    /  /  Ⅳ八从K( くノ 》       { ! } 》lN从   i  |   |    「―――!」
.   /   '     l   !ゝ二_ツ         :.=' 彡i|   !   :.  i   i
   ′ /    ノ  ∧ ((     .:i          l   i    l  l   |
  /  /   /   / ∧ ))             ハ  !   .|  l   |
  ,'  /   / , 〃 / i、     r―‐ュ      イ i |    {  ヽ ヽ
ノ  ノl   ,'  i /  /  l| ヽ    ` ̄    /_ ! i 八   丶  \
{ / l!   i  l./  /   i _{> 、     ィヘ /.i  ゞ ヽ
i,/  ノ  /( 〃 ノ    .i ト、` ̄} r'⌒ーレ7 イ ハ     \   ヽ  ビクッ
′    /  ゞ  (r‐、  / ノ  ̄不´>   / 〈  ヽ     ヽ
 / / √~ ゙̄ ̄’   ̄ ̄ `  {「ヽ√     `ー 、_, ,..-―‐¬,
 /  く,               ノリ       __  `´  7'" ̄
 r――く入  /⌒ヽ     /ヾ           ゙ー~ュ/` ヽ



びくり、と目に見えて分かる程身体を震わせた雪華綺晶は、
まるで今までの笑顔が仮面だったのだと思わせる程の、恐怖に歪んだ表情を浮かべていた。


 
 
31 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:38:48 ID:Oh06dlDd
何事?

33 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:39:17 ID:kzonk5Rd
まさか手がイカ臭かったとかじゃないよね?

32 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:39:11 ID:XaufQ0+k
一39.
戦士にとって利き手での握手は信頼を意味する。

無意識に右手―――彼は両利きではあるのだが―――を差し出していたやらない夫は、
軽率だったか、と所在ない手をぷらぷらさせて謝った。



                                                  / ̄ ̄\
                                               /  ヽ、_  \
                                              (●)(● )   |
                                              (__人__)     |
                                               (`⌒ ´     |
                                          .      {          |
                              「ああ、ごめん」        {         ノ
                                            mm   ヽ      ノ
                                           (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                               ̄ ̄ ̄|    |



                           ___  _    r -‐‐‐- 、_
              ,. -、_      ,   ´       ニ=、 l r-/ヘクl .、 .ヘ
            /f′__n、`--! /                \Y古} / .l .i
             /  f'~rlr、7∧/  /        、  \    ヘ  ヘへ-! l l
           l ./ }入=-! .}   /         ヘ   ヘ   ヘ Υl  l l
           l l ゞ!_____/~  /               ヘ   ヘ   ヘ  l  !l
              l !         l l     l       l  l  l   l  il   l
              l l  /   l l   l  l    l   l   l  l   l   l  l
           l  l  l     l l    l  l    l  λ   ! l  l .l   ヘ !
          il  l l    l  l  l l   l l l l .y !l  l/!l   l l l  l  ヘ
          il  l l l    !  l  l ll  l l/7/!/  !______!l   l  7  l  l ヘ
         / /  l  マ   l l 、ヘ l! lへ l-、Y.  rイ:::rレリ  7 7  l  .ヘ ヘ
           / /   l  lゝ--ヘ l l l マ!ニ ̄、} }   込::::沙イ 7! /l  !   l lヘ    「ちが………!」
         / /!    l /   l、  ! l l{ !_ >っ }シ、      //7/ l  7    l l l
       / 7'i l    l/   l ヘ l  l l! Z、ノイ/′ '       / 7 ! 7l    l l }!
      l .7 7 l    /   7l  \ l l l`"") )′ .--.、    /  l l / l    l 7.}
      l l l l    /     /.l l  l l l ヘ.     ヽ - ′  / l  l l./l l    / .ノ
      !ヘl l   li   /  l l  l l lへ `ュr-、_    . イ !--、 ll y/ ! l l    /
       ヽ、l   l l   l   l l  lr! ヘ( 、_f ⌒ i_i>⌒<!ノ ⌒ノ.y !-fl!.--、 r'´
         l  l l  ll   l l  {|ヘ\_\_}  . .   .  . γ! l  l   ヘ
         マ  ヘ!  l l   Ⅵ  l } \_ヘ´ r--、 .e--ァ、 rfl⌒! l r.′   ヘ
          \ `  マ l   l  rイ =ノ´`/ /-(__)/イィーl l l l {,      ヘ
           ヽ i- 、  \!  r{-, -ノ  7 .7 ∠<  >  ! l l l 、!_      \_
              }l   \ \  }イ\イ 7 7<、..____ ..ィ イ l l \\ )       ``i
               l l  /  } フ{__ iヘr-!、! _....ィ ィ ‐-r-、__l r‐‐d\ヘ     ... -i  l

34 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:40:11 ID:XaufQ0+k
一40.
だが、彼にはそうは思って欲しくなかった雪華綺晶は必死に誤解を訴えた。
その表情はとても真剣で、とても哀しげで―――



                                             ト----- 、_
                                           |    )) ̄`i
            /    /                             \rュ-、   l
.         /     /                               ヽ{必}}   |
      /     /     /       /                   辷メl   |
      /     //    . イ    /   /  /    /      /        l))|   |
.   /   . ィ//   / /.  /   /  /   /      /         ヽ.|   |
 /   / イ /  /  /. /.  // / / /  / / / /             l|   |
..   /  / / /  /  /  .〃/ / / /  / / ハ /  /         |  |
..  /  /  ,//  // / / /  イ ///  // /./ノ /i /   /         |   |
.   /  / /  / // / / //// / //./.// / i /   / /      l  |  .|
  /   / /)  / /  / / ./ / /_ィ仁二ヘ、) )/ / ./ // / ./ / / i i  |  |   |
イ   / i/ / / /. /l / ル' rf´ / Tニ `ュ へ ル':  //// / / / /  |  |   |
/  .//:::::ノ l/:::::!,///  l / / / / /  | f⌒ス/イ i´   ///,/ / / /  | l  l.   |
 /l::::::::(::::::l:::::::::           :| i i { { ├i{ ソ | } ///.ヘ.,/./i/ /  i | ,  .l    |
イ  l:::::: \::::.:.::           ヽ\l \ i入_ン/ } ノ  ̄    入_.ハ/ // / l /   l    |
,λ::::::\__:::):::::        ,,r─--..\\ 人 Y-シ /     ィ示ミミ/ // / /  | /   |
/\ ::::::::::::::::          // ̄ ̄`ーl辷ニ-γ ツ     /:::fiij:::豺/ / / /  / /     !
   ト、___::::::       (/        ー-イ         {:::::li!:::::ソ //i/  /i /     |
-──-/ i:::::::                              廴:ソフ//   /  / ll |     |    「違うの!
.    /::::i:::::::.                           ¨:i  /   i ,//  .|   .|     そうじゃない!」
、   /:::::::i::::::::.                        ..,...   .'  i  // ./  | i |     /
 ト-/_:::::::::::::::::.               __      :/:   l / /  /   | i |   /
     ̄ヽ,::::::::.                ,ィ´..` -、` - 、_     ./ i,/   /i   | l |   /
       )::::::::..          /⌒:::: 、    `-/    ./  /    / |   |/ | ./
  _... - イ´|::::::ヽ::..            |::::::::::::::::\.. /    ..'  l / | ./ .|   |i  | /\
 (     }::::::::::\:::.        \、:::::::::::::::∨    /   i / l /|  .|   |i  li   \
  ト 、_  l:::::::::::::::\:::..         `-`__-.、_/   . イ    |/  |/ .|  .|   |i  |___\
  \   ̄`ー-.、::::::::::`::、;.      ::::.  ¨´  イ  .|     r───--- 、_/
           ):::::::::::::::.へ..        イr─z,  |    /       / /
         / }:::::::::::___ノ- 、___..:イ イ   ソ  |    {
       (   }::::::::/    /   /      /-r───イ_
        ー-イ、_::{ )            ゝ,::|    _ -┴─



心の内に、何らかの闇や傷を抱えている。

やらない夫がそれを察するに十分過ぎた。

35 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:41:11 ID:XaufQ0+k
一41.



                  ト/ニヘ((__       _  )) __
                 /ミY//_}-         `._ {λZ i ヘ   つ
                / //               ヾ、_ツイi  っ
                   / /    i  i  i   i   i    l ))  i
                 / / /   /  i l  i l   l     l((  i
             /  i i   i i  i_! l  l _!l   l     l   li
             i   l l  i iァナアl_ l  l iナナー!l    ll    i
            i  /i l  l il T >ヘ     l_il l  l_  l  l   i
            7 / l l l il i>ン_シ      了:::::::ア ! l l  li   i        「お願い、もう一度―――
              /  i  l l l i l  ゞ イ      弋;;..ノ l l / l  l    l        ね?」
           l  l  l     l """   ,    """ //i7   !    i
          l  l  l      \      __    ..イl  l   l   l l
          l  l l   r 、.    >. ‘   ’:r、.:イ:  l.  i   !   ! i       (見たくないのに―――)
            i  l l rf-- ゝ、__ \t`ゝ-- y|  /  /l  l  l   l  i
       ___  l  l l トイ!    `´ )  Y   入_l / l  _!_ l   l   l
     f⌒| ヘァ l  l l / {_,        _       ̄ ´  -ァl   l   l
     f ! i__l ト、-i  l /   ≫       >          ヘ    i  . i__
    f i_ i-' r--'  f i_r-i __ }イァ    / i        r 乙__|i   i /´)''´ }
    >、_ir-iノ    i  `''′i// T-i /XXヘ  ,r、 _i`-i-′   !__ iーi / i ./ .}
    }yT\      l   i'´⌒i/r-iX^XXXヘ/X i´_|_ノr-i__r-イ  ∨ ヘf⌒!/i
    i-'′       l   l  l`´ \/-iXXi亠i_/ ノu_l      7    f'"_イ
     \       l  l          ̄~    i  7    /       `' \
      i \      l  l          _  rー  }、   /        r-i´



余りにも必死なので、無理しなくても良いのにと思いつつももう一度手を差し出すと、



                                                    / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
                                                (●)(● )   |
                           「じゃあ、よろしく」           (__人__)     |
                                                 (`⌒ ´     |
                                            .      {          |
                      (なんだ?                     {         ノ
                       手が怖い?                ,n    ヽ      ノ
                       いや、男が怖いのか?)       (三  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                                   ̄ ̄ ̄ ̄|    |


36 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:42:10 ID:XaufQ0+k
一42.
ごくり、と喉を鳴らして唾を飲み込んだ雪華綺晶の右手がおずおずと伸びて、
テーブルの上でやらない夫の手に触れた。



┏────────────┓

   よ、よろしく、ね………

┗────────────┛



    _____                                           _ -‐ . : . : . : . : . : . :
\      ー‐‐--、_____                    , ---―- 、     _ .. -‐  . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : \          /⌒ー‐-、_____    _____  _ -‐ッ'       `ー--、} : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : ヽ        ,'        ( ̄ ̄ ̄   ̄   「   ,.-、        ', . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : ヽ       ヽ、       丶          }   /  \       、 . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : ' ,        |        )           jノ ノ    `丶、    ヽ . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : :  ',        丿       /         `゙´        ヽ     } . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : i      (        ', _______                 ヽ   | . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : |      )        ',   )   ヽ, -‐-、,r"ヽ        丶 .ィ´:、  . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : .|      /         )  /   〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、  . : . : . : . :_ .. -‐  ̄
: : : : : : : : : |     (         /   )    `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
: : : : : : : : : !      ',        (    /     `¨´、 /- 丿丶、 >‐'
: : : : : : : : ,'       ',       ',  ノ         `゙'、__/`--' ̄
                                        キュッ


38 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:43:11 ID:XaufQ0+k
一43.



                       ,、.
                     ,l |
                      ,! L.-ヾ
                   _,.-'´  _, - '_
                   |_,.- '´| L-'´_|
                    ,.-'´  ,.-'"
                   |,.- '´| |    />
                      |,i   / r´  __
                          く/Ll  //
                              レ'!_l    __
                                 //
                                 レ'!_l


                  \                    /
                    \  丶       i.   |      /     ./       /
                     \  ヽ     i.   .|     /    /      /
                       \  ヽ    i  |     /   /     /
                    \
                                                   -‐
                   ー
                  __                                --
                      二    (見たく、ないのに―――!)   = 二
                    ̄                                 ̄
                     -‐                            ‐-

                     /
                             /               ヽ      \
                     /                    丶     \
                    /   /    /      |   i,      丶     \
                  /    /    /       |    i,      丶     \





39 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:43:40 ID:XaufQ0+k
一44.















                                (………え?)

















40 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:44:10 ID:XaufQ0+k
一45.



_,-´// イノ/ /,  /l  /l | | /     ハ l'、 i、  i  、   '、'ヽ ヾ ヾ ::::::
../ ,', -´ /´イ /l  /l| / | |:| l |     lハ |i ', |:',  .|、 |',  '、  iヽ  \ ::::::
:::::::::::::::  / ,',i  ,'.| / |'l , |l | l || ,'i    ,' |i l |l .l | i  ハ |'、  i  |、'、 :::::::::::::::
::::::::::::  / /,.|  i | i i | l ,i i|/, | i   , l| ノl |、l /i | il .l  i|l l| '、、 ::::::::::::::::
ニニ''-、' // ||i .| |、/イ'i .ハ 丶 |,,,-'、 / i,,,|,/,,|,,,i,,i_|//,| l.| | l ||,'l ',| ::::::::::::::::
:::::::: 7 / ,' | | |,,(('''|""|"',.|""|ヽi、 、/ ,' /'  リ |~/"i''-' l / l '/l .,'ハ :::::::::::::
.  /λ / '、'、 '、 |,.>',ニ_ヽ'"~'、、ヽ / '"'''/'ニ,,ノ',, ,' . イ lノ / イ ' ソ '、 :::::::::::::
.// |l / ,' ヽ,'、ヽ / |Vrォゝl!        , -7",,"i'ヽソノ  ノノ' l / ', ', ,, - ::::
./  ' /, /  ' ∨ハゞしjイ! `           l _'' リ ノ' ,' イ  ||  | '、 '、'、`ー ::     「―――えっ」
´::::::: // ,'    ,| { lヘゝ二ノ            '- '、 i'  ./|   .|',  i .',', '、、  :::::
:::::::: //  ,'    ,'ハ ゝニ、、      .::i        | |  / l   i.'、 ', '、'、'、 ::::::
:::: ,' /  /  /  ト、'''',`冖''.        :'         | | ./''~i   | '、 '、'、 '、'、 ::::
./ /  ./  // / 7l''、                 ,ソ./-´ ',   l '、 '、'、 '、' :::
 , '/  / .// / // ゝ、     ⊂=⊃      // ' |   '、   i ',  ', '、  '  :
ノ./  /  // / ノ i  |_,,> 、     :::     ノ '- 、 |i  '、  i ',  '、 '、、 ::::
./_,,, /-- ' '-、 ノ  |に  \"~''i-、     , -"" ノヾヽ | l   '、 l '、  '、 '、  ::::
''        ''- 、 | '、 ̄"''`-、'、' ~'''、- ,'  ̄/ /::、-' | 、_,, - '- '- ,, '、 '、 ::::
           "'、| iヽ   ヾ`、   '、 __/_'_ノ// _,,ー"       "''-、 ::::.
:::::::            >.:::\  ヾ,'、_  >'  /イ_,,-'              :::::



沈黙がしばしあってから。
困惑の声が漏れた雪華綺晶の目から、涙がすっと零れる。



                                               / ̄ ̄\
                                              /  \    \
                                            .(○)(○ )  u. |
                                             (__人__)  u   |
                               「えっ!?」       .(`⌒ ´     |
                                             {         |
                                              {      u. /
                                              \     /
                                              ノ     \
                                             /´        ヽ


 
 
41 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:44:16 ID:5qiaDX/f
手相からその人の運命が見えるとかそーいう能力なのか、きらきー

43 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:45:02 ID:LfT/B2ae
サイコメトラーか何かなのかな?

45 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:45:15 ID:Oh06dlDd
読心術者?デカイエローみたいな感じかな。

47 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:45:49 ID:JQLwBP9A
きらきーもチート能力保持者なのか

44 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:45:10 ID:XaufQ0+k
一46.



                       _
           , , )) 斗  <   ̄_,.== ̄ ミ `ヽ> 、((
          斥 .(( >' ,' /        `ヽ、ミ、.ヽ)) ⌒>
         .∧ rァォフ                  イ[薔]7、 .`ヽ
           ∧ イ[薔]7 ,'                  ゞアソ   |
          |  ゞア  ,' ,' .,'    i     i      .∧(( i   .|
        .|  ((  ,' ,' ,' ,' ,'. .i     i i  .i .i  .∧  i    |
        |  /  .i .i i ,' .i リi  i i .ハ i i i i   ∧  i     |
        |i  | i i i  i .i i )).i | | i i i i i i i i  i .i 从 i     |
        .リ .| i i i  i .i i (( i リ 乂i i /__リ_从_i_i  i .i | i i   .|
        ./  | iリ . i〉' リ,笊-ゝ从 ソi/リ ェ=≠、V .,' ソリ .i i   |
       / | ∨从/|Yイrォ{薇}}j      斥:::::::リ リiヾ/  i i   |
       / /  |  ∨从ハ.ゞツy.フ      C:::::::ソ Vイ ハ  .i  i  人        「………そんな、まさか………」
    .. / /  | i ∨yi ((`~`´'  ,       ̄、 i' |ry) i  i  i ,'  ゝ
   ./  , '    | . i  ,'ヾソ))    `       .| | r孑  i  i  i     ヽ、
   /  ,.'    | .,'  ,'  乂     r ==っ     .|ソ  i . i  i  .i    ∧
  ./  ,'    ./ノ ,'    ,'.〉.、   `⌒′   .イ ヽ、i  . i  i  i i   . ヽ
 厶 .,'   ..// ,'    ,'   >.、     < 气 .i  . i  i  i i.     ヽ
 (   (   / /  ,' r⌒ヽ、>r⌒y ⌒Y⌒r, '    `ヽy⌒‐フゝ_  i i    ∧
  ゝ、ヽ  く /  ,'∠弋         / Yフ          . (  `.ヽ、i    )
   ヽ、i  .|l   ∧  .フ        `ヽ、      `ヽ、   )   |/   /
    .)  弋,  |    `ヽ、ソヽ、  ,ノ弋 _r-.、、  フ ~丿   |   .人
    ノ    ∠⌒|   、   //`ヽ彡\__//| 廴ノ        .|  /  `ヽ、
   /   /iヽ、 |     Vi  | |    〉 .     ..〈  | |         ゝ|  (    `ヽ、
  /   ./(  i (r- -.、 .rヽ、| |  // ̄ ̄\.\| |   ヽ、 r- 、ノ / / `ヽ、  )
..(   く  乂 丿   r-ノ  く_ _ _(⌒)_ _ _(⌒)_ _ _ _(⌒r^ヽ、_)ヽ   ./`ヽ    )
 ヽ   `ヽ r- レ   ,'                 .)    )   |



戸惑うやらない夫の事も忘れて呟いた彼女は、


 
 
49 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:46:41 ID:lC6kjSWN
接触型テレパスか何かか
しかも制御できない

48 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:46:10 ID:XaufQ0+k
一47.
そんな事は有り得ない、と今度は力一杯やらない夫の手を握りしめる。




    _____                                           _ -‐ . : . : . : . : . : . :
\      ー‐‐--、_____                    , ---―- 、     _ .. -‐  . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : \          /⌒ー‐-、_____    _____  _ -‐ッ'       `ー--、} : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : ヽ        ,'        ( ̄ ̄ ̄   ̄   「   ,.-、        ', . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : ヽ       ヽ、       丶          }   /  \       、 . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : ' ,        |        )           jノ ノ    `丶、    ヽ . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : :  ',        丿       /         `゙´        ヽ     } . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : i      (        ', _______                 ヽ   | . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : |      )        ',   )   ヽ, -‐-、,r"ヽ        丶 .ィ´:、  . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : .|      /         )  /   〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、  . : . : . : . :_ .. -‐  ̄
: : : : : : : : : |     (         /   )    `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
: : : : : : : : : !      ',        (    /     `¨´、 /- 丿丶、 >‐'
: : : : : : : : ,'       ',       ',  ノ         `゙'、__/`--' ̄
                                        ギュウウウウ



50 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:47:10 ID:XaufQ0+k
一48.
しかし、伝わってくる映像はやはり純白。
一点の曇りも、染みも、影もない、柔らかく温かい光の空間。










                       (嘘でしょ!?

                        光に満たされた白―――だ、なんて―――!)












52 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:48:10 ID:XaufQ0+k
一49.



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |
. |        |     「き、雪華綺晶!?
  |        |
.  ヽ      ノ      どうした!?
   ヽ     /         大丈夫か!?」
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



                         /  !        ,'  i|                        |    ヽ
                       /      /      |   |ソ 从     |    .|i! !.i  |i   !      |  、  i
                           /    i!     i! i! ! | |     i!    !| | |  !!.  |   |    !  ヽ  i!
                       .  /     |   イ ,i A .|  ! i!    |i  ィ廾从―/、 |   |   ハ   ハノ
 「信じられない………           /       !  / | | ! | ! トヽハ !    .| i!  ./t彡宀リ廴   i!  !  ,'     |
  真っ白の人が居るなんて!      ,'   ハ  i!  i! ! ! |广_}| フt ヽ  i || /fソ 行芯及ァイ   i!   i,      |
                        i    ! i  ', .ハ {⌒{必}个  '} ヘ/ リレ'   {辷t jrリ. ィ レ/ |  ハ    iヽ、
  こんなに、温かくて           . ハ.    | i!  ∨ ヽ< レ〃  !_/          ど二つ .ソス   |   !   /  ヘ
  優しい人が居るだなんて―――!」 ∧   ', ヘ、 ',,tハ   宀,,Y                / /    !   kL__   ヾ
                          >、 |  >、i  i!  V《 じ      ;ァ        /_/ i !  !    ',    `!  i
                       . /  ヽ!  < ヾ ,' ,   i'ー           ,ィ 'ー<, i | ,'   /  ∧  | __ノ
                       i'    /j ノ >ノ ノ i ! /y-,     ャ=⊃ r‐‐7 ,'i ー'ュ_ ./  イヽ 'レ' !  '‐' 'i
                       >   ///  /< / V リ{  ー ^ヽ   、,∠   ,'     //, ',        /
                        \  / .  /   /  i!ハ  V    ',  ̄ i´   //    / ハ ハ      /
                           ,' i.   ,'   /  ./  ノ/入ーァ ーゥ/       イ ./  i! ヽ、ヽ >―ッ!ヾ< ┐
                           ! i!  !    /  入7./L_ユ/{  ヽ   t>i  // i   ``ヾ、  ヘ / i


 
 
54 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:49:15 ID:USzOgGQ3
えー……
精神的にも聖人なのか……

53 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:49:11 ID:XaufQ0+k
一50.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|      「えっ?」
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)、



やらない夫が、感極まった声に再度驚いた所で、
やっと我に返った雪華綺晶は弾かれるように手を引っ込める。



                           _rfヲ"   i! | !l |i ヾ、 \丶    !}  ! ハ
                          ィ{匂 i l   | i! |il |l  トヾ. ヽ ヾ:、  ||  |  ヽ
                         { ((´i  l l   | i! |il !|  i! !|ハ、 \ ハ 八 ヾ.   \
                     .     | j))il  !ハ  i! | ハ! jム斗ァト、i! ト、 ヽ い、ヽ \  ヽ
                     .     | ハ !| 川  |! !i!才i|_Lzxjハil| i! ヾハノ ヾ!i }i   ヽ  }
                          八 il i! ヾi|  !i ト! jィf乏ヽヾ! | j リ  N 从 ノ \  ト、`
                        / ,イi i!ハ  lLi_l!ハリイ 乂゚_ノ ,  |/,ィt _! ヾ廴ハ\ ヽ ヾ ヽ
                         { ハ.!ト㍉ }}Xヾj)`バ!  .;;''°o | バ:、{ Yヾ 、リ  ヾ i ノ ヾ:、
    「あ、あわっ………         | ! i!ハ ヾ((fチ卞ミ:x     ゚:。   !{ _`圦 ヽ ヽヽ _ イ ヾ、ー、
    ご、ごめんなさい………      八ヽヾト:ヾx圦均 }ト、   __   |i}弋 `Yハ. ‘,! V !ヽ.  \
                         } ハヽ Y゙辷彡{   r'  )  }ハ. r':、 ヽ:} '   i }  \  入
    ごめんなさい!」       .    //   ヾ 人 Yヽ.))  ` ¨  ゜|iリィソ.:.} `’    人___ ヾ  )
                        { {     廴_) j / Y寸=- .. _ ィlイrぅ.イ    __ ムャr'⌒y`1 {!
                         ヾ:、   ‘,いゞ! ム }、{! Y^Yひ7 { {  __ r' 乙.イ   ′ハ
                          \  }i{  ilゝ{ ゞ`ー’ ヽ { / r≦´ Yリ ` ノ : : :/.∧
                              i|! __川入 `ー''⌒  Ⅵi_ \  : :}/   : : :_;イ r' ヾi
                              Ⅵ}x乙j⌒r'⌒y'Zィ^「i7!`) ヽ: :{! __.x≦_ / ノ、: |ト
                              ∨  {/  /  | ヾソく  / Yヽ_. :ィ´  ,イ  ヾリ
                              〈   ヽ  .イ   '  〃 ノ 〈:i ハ |、    /.:{   /
                               }    }〃      "{   {トxⅥハ   /: : ハ {i
                               i     ヽ.  〈::ヽ 、 |   } ヾ、  ′ : : }i! ヾ
                                ヽ ` ーヘ._  ヾ:ハ ` i   〉   jく´: : : : : : |ハ ))
                                 \ ーァ入   ヾ:、ハ  {   :{: :ヽ: : : .  川 《
                                  )、 爪( ヽ  マ }::. ヽ   : :   . ;イ ;リ ヾ



そのまま大粒の涙をこぼし、子供のように取り乱しながら謝り続ける彼女の後ろに回り、

55 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:50:11 ID:XaufQ0+k
一51.
そっと背中をさすってやると―――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)        「大丈夫大丈夫、落ち着いて。
  |     ` ⌒´ノ         深呼吸するか?」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄



肉刺だらけでゴツゴツしているけれど、とても優しくて温かいものが
そこから流れ込んでくる事を雪華綺晶は感じ取っていた。



                                              ,,   ´  ̄ ̄ `   、,__r--、
                                           r''ュ-/´           .fl昼q  ヽ
                                          /  {r3!}             !=彳li  il
                                        |  /`´                l l  il、
                                       /! /     ii  i i i  i i  i i i    | il
          「………あぅ~。                   / l .i  |   |i ll li l  l li  ll  l  , .l  il
                                       / | li  | ll l li  !l ll l li、l_ハ__l_;_ |  / l  il
           だ………大丈夫、うん………」    .    /  l  ll  ! l !l 7ニ-ri l l .l l l___ l l / /  l  l il
                                     .li.  ! l l. ヽl <_ く廻_' } V. i'l:::ii:d`i / /  l   l il
                                     li   l  l! ヽヾ 'r、Y__r‐′  .ゝ辷っ!l ./   l   l il
         (やっぱり―――                  li    ∥  l  l,""    '    """,ll /   l    l  il
          勘違いなんかじゃない、よね)          l   //   }  ヽ、   c-ュ  イ!_λ   l    l  i l
                                     l  / l  r 、 、__ゝ  !=r‐‐' 、┘''´/  _ ァ l   l  l .l
                                      l l l   } .| |__,_ ___ ./__`_ミr'  `--,/. | ヾ  ;  /
                                     / l l /  |__r ユf ..ヒ二,' `i__fて/l  ヽ  i |  /
                                    / l  l /      l l  ⊂ニ   i r `'''′  \ l l /
                                   / l  /        /   ヒ' ̄!_  ,-l-r 、   l   ヽl lヽ
                                  ./  l   ゝ    / /   _f'´´U ''´ /       /  ヽヽ
                                 ../  l    入  // /    \,     ヽ,    /    } \
                                 l   l     く //     /  \     ヽ  ∫     /.  }
                                 !   l    て l     / r-'' l      !  l    /   }

56 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:51:10 ID:XaufQ0+k
一52.
しばらくして。

落ち着いたようなので向かいに戻ったやらない夫は、先ほどよりも深くソファに腰掛けて、
かなりの間を取って、さらには刺激しないようにそっと問いかけてみた。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)        「どうしたんだ?
   |     `⌒´ノ         ただ事じゃない様子だったが………」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉        (やはり握手?に何かあるようだな)
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                                 _>yえ}トv^ー                   `丶へv七たベ
                                 》ゞそヅ/                        \乂v匕人
                                ^}乂=ァ'                         Y^>=ヘ V
                              ___ノ/7 /.′       | l| l   |! i   | !|        {     ) )
                            ((´~7 ̄/ /      | l | | l| l   |! | | | !|  l    |     ( (__
                            _)} ./ / ′      | | | | l| |((⌒|! | | | !|  |    l    }` ̄))
           「………あの、ね?」     . / /  |  l     | | | | l| | `)l |! | | | !|  l/    }   ハ  ´
                             l! {   !   |  _  | | | | l| レ'/ |! | | | !| /!     l  / |
                             }  V |  |ヘ`}! | |_l_⊥斗 ヘくi |! ト┼- 、!| / !    |  /  |
(この人だけには、言わなきゃ―――)       \ ヽ.|   | ∧ゞ==く rッ7そト〉{    ィfラ冬圷 / ./ ″ ! {.   |
                               ) ∧  \∧   》ゞト=ン^〈    弋 ぅツ´′/ /   八 \人
                               / / ∧   V) _ノ!ーv__ゾ´       / /.| l!  / ∧  \\
                            .  / /   }    レ'ノ´~ 丶    _'._      イj | | l! {  ハ    ヽ )
                             / /   /    ノ^ /   >   ´`  <=ベ} | | l!   \ l    |(
                            ノ /   /   (   ./  r=くxヘ ト=ー=ヘ人   | l | l!     ヽl     | \
                              /   ∧   `ヽ′ ノ  ィ^ー~v-~ yへvノ j | |!      l     |  )



そして、決意するように頷いた雪華綺晶は自分の掌を恨めしげに見つめながら
ぽつり、ぽつりと語り始めた。


 
 
57 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:51:21 ID:9SsTnr5C
ほんとに、やらない夫何者なんだ

58 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:51:56 ID:lC6kjSWN
チーターじゃない?
或いは強くてニューゲーム

59 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:52:10 ID:XaufQ0+k
一53.
未だ誰にも言った事のない、己の秘密を―――



                        )ヽ _ _
                     ,-y' ィ‐' ̄_-─-、`  、
                 , -‐_三、,-/ニヽ_ _` -、 \ ` ‐ 、
              , '  ̄   、 `.Σュト ル.)、‐-、  \ ヽ  ヽ       「私、私ね―――
             /       \tУィ_ノフ \ ヽ、 \ ',   ヽ       誰かに触れると、決して隠せない
               '    、      \`モ彡、_ \ ヾ、. ヽ',   ヽ      その人の心の在り方が見えちゃうの。
           /     \      ヽ .`'`‐-.`、、ヾ、ヽ   ',    ヽ
             / ./        ヽ  、   ヾ、     .)) ヽヽ  ',    ',     信じて、くれないだろうけど―――」
          '  '   !.    ヽ ヽ    ',    ´    ', ',  ト、   ',
         l  l    l l  l 、 ', ヾ、   !        ', ',  ! !.    ',
         !. l   l l」  l l l  ',  ',ヽ  l        l l  ! ',    ヽ
          !  !  ! !〃!l .l ト ', 、',  ',l    !   ヽ    ! ヽ ', ',    ヽ
         l  !  !.l }}.l l !l l ! ! 、.',  !  .〃    .l    !  ヽ. ヽヽ    \
          ', .!  ! リ/l l l斗1ソ!l     //     !   l.   ヽ. ヽヽ     ` 、
              ', ! l l彳.l l、'l リ l l'.!l、  ,  / /   /    !  , ヽ ヽ.ヽ.     、ド=、、
            ',', リ`l l l ',l l'、>、フ  '   ノ !   /   / !  l ', ヽ ヽヽ     ヽ!  ` `、
            ',l', ト、レユ.ヽ´弋ジノ! /  .イ ソ  /   /  l  ! ヾ、\.ヽ\     !l   ヽ 、
               ! ',トゞ.モ)ヽ ´ // ./ ル    '  /    ',  !  ヽヽ \\\  リ     ', !
                  `ヾ(/    ,'/ / //    !  l.     ヽ l   ヽヽ. ヽ. \\ ゝ‐ 、_.  l l
                 ! 、   / l 〃 /   /!   レ‐ ' ` 、 \   ヽヽ ヽ. ` \.  ヽ ノノ
                    `ヽ_, ィ.!λ! /   .爪  /     )  ヽr―-、丶ヽ ヽ   ヽ  ソ/
                         ヽ、.リ ヽl    !.l l  ゝ、    ヽ‐-‐'    ヽ ヽ 、.、.   ヽ / '
                      l ヾ__ィ    ',.l ゝ_ l)    ヽ       !.  ヽヽ、    ', !
                        ` ,'、  !    ヽ' (‐'´        、  ノ   ヽヽヽ   !. ヽ
              l ̄ ` 、_    / ', 、',    \ `          ` 、 !     l l !  l  ` 、
           __ゝ、_   `、./  / ヾ\  ヽ  ヽ           ヽ 、   ', !. l  レ   `、ヽ、
     γ-─´ ̄     `    `、/ _ !l ヽ  ',  ヽ           / / ヽ  l ! !  l     ヽ、、
       `ー─--─、        __ ! / /ノ  /!  l.  l l          /!_  ', /' /   /      l.ヽ.、
      _ _,--‐'´          l  (_)  ハ  /   '  ! !          ,l  ヽ イ'  /  /     .ノ  リ
     (_ _ __ -‐      ___ ) l l l、 ./ / /  / /          l  l l'  /   ハ     /   !
      `‐-、___     (.  ',   / ヽ /  /  //           l  /ノ  /  /     /    ./
           `‐--─、<)       ヽ  l、 r、l       /   ノ //   /  !     '    (
                     ゝ_       ',  !ヽ !ゝニヽ   /    / イ ! ヽ  !  !     ゝ_    ヽ



こんな突拍子もない話、誰に言ったって信じてもらえないよねと
自嘲気味に顔を上げる。

60 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:53:10 ID:XaufQ0+k
一54.
だが目の前にあったのは、信じて納得した優しい笑顔だった。



              ̄ ̄   、
         ´          \
.       /              \
      /                   ヽ
       i                 丶           「へえ。
       l       /  ̄           丶           それは凄いな」
       |  __         _ ヽ        丶
       ヽ/       i イ::::ヽ l       丶
        ヽ    _  ヽ ゝ_ゞ::ノ '           ',        (………人の負の部分を
       丶i イ:::ヽ l    `ヽ            ヽ        嫌って程見てきた―――
         ゝ ゞ ', ヽ _  丿            \‐、-..、
         ヽ  ゝ ノ , ‐ ´              ソ:.:.:.:\  そう言う、事か………)
          ヽ  ´                '    /:.:.:.:.:.:/\
           \            /   /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.ヽ、
             \          /  /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
               ヽ         /  /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
                  ヽ __  ィ   /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



                         ∠乂ニヅ´             ヽ、_((_
                          /{{  (( /               ∨辷ヘY `丶
                        ′ / )) ′  .′!    l |  `   弋ニツ` ヽ ヽ
                       /  / / / ! |  | l| i l |l | !   l|  | ))ヽ  |  |
                      ./  / ,   ′!  )) | l| i l |l | !   l|  | ((  l  !   |
                     /  / /   l! | |{{ | l| i l |l | !   l|  |   il  l   |
               .     /  / /    ! ⌒\ト| l| i l |l l /⌒l|  |   il  |   |
                    ′ ,'  l  |  l|ィセニミベ}从八|ノ|lィ彡=ミ l|  |   il  l  |
                   /  /  Ⅳ八从K( くノ 》       { ! } 》lN从   i  |   |
  「し、信じるの!?」 .   /   '     l   !ゝ二_ツ         :.=' 彡i|   !   :.  i   i
                  ′ /    ノ  ∧ ((     .:i          l   i    l  l   |
                 /  /   /   / ∧ ))             ハ  !   .|  l   |
                 ,'  /   / , 〃 / i、     r―‐ュ      イ i |    {  ヽ ヽ
               ノ  ノl   ,'  i /  /  l| ヽ    ` ̄    /_ ! i 八   丶  \
               { / l!   i  l./  /   i _{> 、     ィヘ /.i  ゞ ヽ
               i,/  ノ  /( 〃 ノ    .i ト、` ̄} r'⌒ーレ7 イ ハ     \   ヽ
               ′    /  ゞ  (r‐、  / ノ  ̄不´>   / 〈  ヽ     ヽ
                / / √~ ゙̄ ̄’   ̄ ̄ `  {「ヽ√     `ー 、_, ,..-―‐¬,
                /  く,               ノリ       __  `´  7'" ̄
                r――く入  /⌒ヽ     /ヾ           ゙ー~ュ/` ヽ



まさか信じてもらえると思って居なかった本人が言うと、


 
 
63 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:54:45 ID:InRQ4S+q
流石やらない夫器の大きさが違うな

オレなんかペットボトルのフタぐらいなのに…

61 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:54:10 ID:XaufQ0+k
一55.
首を傾げたその少年は、心の底から不思議そうに問い返し―――



      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \    「え?
  \          |     だって本当なんだろう?」
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|



                                         / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
                                         ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
                                     .   {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
                                        ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ 'ー-」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
                                     .    从从八;ゝ=:)) `` '´!ハ`ヽ/:/: / . : : :,′
            「う、嘘は一つも言ってないけど………」      〉〉〉 〈(必リ    .じ' ノ: /: / .:/ : /: :
                                          j ij : : j{((′_'__ ,xxx/: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
                                         ,','///'}n  |/´ `ヽu'. : :;' : : : :', : :', : : : :
                                     .    / /イ / /./,n、 、  _.ノ{: : :::{: : : : :ヽ.: :、: : :
                                     .  ノ /.: | ' / '|// `¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :
                                        i: : : |   .イ⌒'‐|`i´ ̄`7 , ‐-、: : : : |: :
                                        |: : :,|  ノ"´ ̄/'  '´ 、`'´   ヽ : : :|: :
                                        |:,〈/  /_〉、_, '_,-‐、_,‐、i´     ): : :|: : :
                                        ./,','`‐'´,'/ヽ_`´××_ /       / : : :|: : :
                                       /,',',',' ,',',/‐'´ `'、,‐'"´./     _ノ : : : :|: : :
                                      /´ ' ' ' '`i      /    ,/"ノ´:|: : :|: : :


65 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:55:10 ID:XaufQ0+k
一56.
いとも簡単に言ってのけた。



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ      「世の中広いし、
      .  |         }       不思議な力を持った人ぐらい、居るだろうさ」
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



                                           .  ´          r-ト、
                                         /            { {:必 }、
                                        /   |l      |    ゞ辷シ \
                                .       / ,   |l      |       i|   |\
                                      .′i|  | ハ    |   |.       八  ヽ \
                                       |  l|  | / |  | |   |   l   |,  \  }\. \
                                       |  l| ∥ 厶./l |   |   |   |    ノ ハ. \. \
                                      ト、 l|ヘイrぅュ、_!ハ|   |   |   |  / /  }  )  )
                                        ノ.  }c::::リ /  /  /    | / / / / /
             「そ、そんな簡単な事なの?」         r   {沙'"./  /  /    {{  (   / (  (
                                       | _       /   /  /   \ \ \{   \  \
                                       ヽ`ヽ   /   /  /      :  \ \   \  \
                                        ヽ .}  /   /rzr─ ァ   i  i   \ \   \  \
                                          ー/  /    /    }  }    \ \   )   )
                                          /_/ _,厶イ⌒!   /  /   /  } }  )  /  /
                                    ィ ⌒ Y⌒!7フ7ァ/   /  { / /    / ノ  / /  /
                                    (\   }_/////_トァ      | /  .  イ /  / /  /
                                   弋 三.r┴ミ了く/ノ      |   /.  //  /  ./  /
                                     (__rイ  兀け      |  /   く   {   /  /
                                          |\、. イ ⌒i、   __j /    { \  ヽ {  
                                         /  \   人 / ̄/  { .\    \  \ }/  ノ
                                      / / r‐ {  /  /  /   \  \    )  \} /
                                    ∠厶⊥!.  \ /  /       \  \ /   / {


66 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:56:10 ID:XaufQ0+k
一57.



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!    「簡単か難しいかじゃない。
   l               `ー‐ f r'     君は嘘は言っていない―――それだけだ」
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



何を信じれば良いか、何を赦す事が出来るのか、そして何が真実かを見極め、
より良い答えを選び抜いていく漆黒の双眸。

いかなる理由があろうとも、いかなる事象であろうとも、
信じるべき人を信じ抜き、欠片たりとも疑わない心。

これは―――彼自身が育ててきた資質、そして信念だ。



                                             _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
                                      _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
                                     //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
                                      / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
                                      | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
                                      | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
                                       | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |
                     「……………」        / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |
                                     ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
                 (どうしよう―――         / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|
                  本物だ………)        / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
                                 / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
                                / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
                               ../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
                               /  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
                               |  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
                               |  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、



その心に直接触れ、中を覗いてしまった雪華綺晶だから分かる。
彼は『本物』だと。

存在し得ないと思っていた人物との遭遇に、思わず反応を迷っていると。

69 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:57:11 ID:XaufQ0+k
一58.



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l      「まぁ、俺は優しくなんかないけどな?」
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



君は信じるがそこは納得できん、と眉間にしわを寄せた表情がとても面白かったので、



                                                     ,,-
                                        _       __  {i  _r─ 、-  _
                                       {{ ̄ヾ  , - ' ´     ヾミ={ ィtュ}入ァ=、 ヽ
                                     _}}ヘr=/            Yヽ _ ィノ ノ i
                                     i<イri ノ        ヽ    ;, `tr''´ - '´  l
                                   r==YKニン   ';,       \    ';,  ̄〃\ ,'
                                   廴才彡'' /   ヽ       'i   ',;, -'´ ';, ヾ、
                                    /У  i     ';,     i  l __ム    li ハ ヽ
                                   /   i   i!     ,, \  i  'i,´il   升`  i! ;i ヽ ';,
                     「くすっ………」     il  l   i!     {{  \,;i  'i, |   川i    | ,;| ';, }
                                   ヽ i   i  /  ヾ;, ';,  !  ,;iィ,ーイケミ、  / ,i  i ,ノ
                                    Vイ   ',     _〃zュ、 l  ノハ::rilj...:i 小 ;/  l //
                                    //ゝ   ';,  r=≧>ーァュヾ/  レz::ソ /川レ'  V/
                               .    // ヽヾ   ';,  i {フr )y/イ      ̄  ノ┤il  /∧
                                   i i   \ヾ、 ';,ミ;ゝ辻ニ/   '   ノ  イ.ノi! } //  ヽ
                                   l l    ヽ ー''´ /八ヽ{{    ̄   // / ノ;, i i   ';,
                                   ヾ;,    }   ハ     ̄`)>`⌒/{  /<⌒i:l |    ';,
                                     \    i    / ̄`つ/ニ化≦ i  ir''´ イ i ヽ    i
                                      \;,ノ    _/    } //><ハYヽ \  マi,, \ ,;;'
                                       /∧ヽ  {    У⌒`´⌒´`⌒{ ̄ヾ  }\  \i



素直に笑顔を浮かべた。


 
 
70 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:57:55 ID:JQLwBP9A
まぁ人外にお前本当に人間か?と問われるレベルなのは間違いないw

72 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:58:21 ID:USzOgGQ3
何だろう
この痛い吟遊GMが出した最強NPCみたいなキャラクターは


73 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:58:49 ID:NrYNxdbC
しかし薔薇王国出てすぐにこの展開とか真紅マジご愁傷様wwww

76 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 21:59:59 ID:Oh06dlDd
>>73
雛や翡翠やメイドガイのことも思い出してください…w

71 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:58:11 ID:XaufQ0+k
一59.
応接室に、微妙な沈黙が満ちる。



   ,=============,
   | r──、 r──、 |                            ______
   | | / / | |/∇ /| |                             |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   | |==== | |==== | |                            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   | | ∀  | | / / | |                            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l                  |::::::::::::::::::::::::::::o|
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉                 |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│                |:::::::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      
                                      

                    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
                        l i   +   +   +   l l:::|
                    / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
                      ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
                  | l                l |/
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
                /                     //|
            ___/___________//| |
              (_______________),‐─┬i' ゝ)
             l:::          .   ..::::::::::| l^) .l│
             |:::    ;.             ..::::::::::| ´|  ゝ)
              |:::           ;  ..::::::::::| /
              l:::.            .   ..::::::::::|/

74 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 21:59:12 ID:XaufQ0+k
一60.
しかし完全に場が止まってしまう前にやらない夫が口を開き、



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    「で、取りあえず
  |     ` ⌒´ノ    領主様に挨拶したいんだが」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄



                                           ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__
                                     ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y
                                   r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i |
                                   トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !
                                        | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ
                                        レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、
    「そうね、行きましょう。                 /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi
    今なら公務に出られる前のはずよ」           /   /  ヽ卜辷r" :  "" { ! ハ    ト-ミ: ____
                                   √ァ’ /   トミ Ⅵ(  ‐.‐  人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
                                  /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
                               人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/
                          .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
                        ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
                         /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
                        /    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ
                            .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ
                         / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /
                        く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
                         ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八



彼女が同意をして二人は部屋を出る事になった。

77 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:00:12 ID:XaufQ0+k
一61.
肩を並べて領主の部屋に向かう互いの距離。



______________┌:───:┐    __   __
______| | |________| | ̄ ̄ ̄| |     |    | |    |
______| | |________| | [二] | |     |    | |    |
.     |     .| | |  |   | .   |  | |。     | |     | // | |    |
.     |     .| | |  |   | .   |  | |      | |     |    | | // |
.     |     .| | |  |   | .   |  |_|___|_|    \.  | |    |   ┏───────────────┓
.     |     .| | |  |0  .| .   |//     \\.     \| |    |   │ ところで、領主様のお名前は?  │
.     |     .| | |  |   |  //       \\ .       \.  |   ┗───────────────┛
.     |     .| | |  |   |//              \\ .       \|
.     |     .| | |  |  //                \\
.     |     .| | |  |//                 \\ / ̄ ̄\
.     |     .| | |.//                         /       \
.  ┏──────────────┓             |          :|
.  │ ベッケラー公。             .│             |        .:|
.  │ ヘンケン=ベッケナー公爵よ。....│           |         .::|
.  ┗──────────────┛          |        ...::::|
   ./ /                                  ヽ   .......:::::/
  ./ /                                ヽ.......:::::::::::/
/ /                                _, - ''" ̄  ̄` ー、
/             ,─-、,. ─-、r'f__          ヽ_..:::-=―--:..、>
                /  y     :.  ハ       _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
               }  .:        i   /      斤ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
               | .:i      |:  .′    .<:::::::::: 丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::i
              / ,;: 、      :i:. i      .〉:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;::::::::',
             ./  .;i ヾ   /, .:l: |      i:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::/
             l   .:;| `  / " .:l: ∧     !::::::::::::::::〉'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'/::::::::!
             |   .::! .     :|:.  i     <:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;i'::::::::::::::|
             7  :|  i:      :|::  |     !::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l:::::::::::::::〉
             ゞ:.  |:.        ム  {     〈::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ:|::::::::::::::!
              ∧ 》:.       i::  ノ;.     /::::::::::::::!/::::::::::::::::::::::::::\:;'〈::':::::::::::::::',
              /.::| /.::.        }:, ( i :    ヽ::::::::::::/:::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.ヽ::::::::::::::ノ
             ./.:::/'.::.:.         ゞ:..)| i     i、:::::ノ/::::::::::::::::::::::::::::::::、/ ` ー-イ
            l::. )!::..        )ノ::|.ハ    | ヽィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',、



それが、談話室に行くときよりも縮まっている事に
雪華綺晶は気づかなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


 
 
78 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:00:47 ID:8O6Qftb8
物語の根幹に関わる伏線くさいなぁ、、、

79 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:01:05 ID:wXh9hyVi
ほほう。偏見さんか

80 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:01:10 ID:XaufQ0+k
一62.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

領主の私室前。
ちょうど公務に出かけようと、部屋から出てきた公爵を捕まえた雪華綺晶は隣のやらない夫を紹介し、



               _ __     ((
          ,ィヽ、  ,.ィ'´ヽ  l l /  ̄ `'ー-ィ'))、___
         //`ー、 ̄     ' ' ――- `ーィュ ヽ、 `!
     / イハ                ゞイ)) ヽ.∧
    i'´ /  ゞイ!   ./ l l! l   l!  l l!  l (( ヽヽ∧
    l .l    リ /  .i! i! l l l! i!  l!l  l!ll l l!  l`  .lヽ.ヽ,
    l ./! l! l l l  .i! l i! l!l l! .l! l l! l  l!l! l .l l l .l / .lヽ l
.  /l./ l l i! l l l!   i! l l! .l! l! .l! .l l! l! l! l!.l l .l l l /  l ト、
. /  / l l!、l l l l!(( .i! l l! ))l!l l!l l! l! l! l! l! l l .l .l .l!  /  l ヽ
/   l  l! l l l l .)) l l(( i! l l l l l! i! l!.l! l l l!l l l /  l  .l  l     「領主様、彼が夕べお話しした
l   l  l  l l!l l (イニエーヒ.ィ l从!i!从!ム从! l l!l i!. l  .i!  l   .l     やらない夫です。
l   l  l   l l!l ノ ハイゝソリ    イた:ハヽll!l l l  .l!  ヘ  .l
.l  ll l ヽ  l ヽ 弋ヘメ.イノ     弋:::ソ  l! l  l!  l!.   \ ヽ    彼も協力してくれるそうです」
..l /  l .ヘ .ヘ  ヘンー、ノ          ̄  ./.、  l  ヽ    ヽ
. l/  .l!  ヽ、 ヽ.∧ ((.  _ ' _     ./ /ヽ .l   ヽ
/   /l     ヽ, i i\ ))  ` ‐ '´ ._// / / /  l  i ヽ
   /l ヘ  ,、-‐-、l l ,ィ'> _   .,i´、 /,、l .l / .,ィ'`'i l  l  ヽ
   /  l >  ノ,、 ,二>イ >`´r' l  '´ ノ! // ゝ、 〈 .l  l
   /  .,ィ'´    `´ 〉l _ l /ヽ、イ > 〈´.//'´ゝ'  .\! l
.  / /        〈,、ゝ' ゝ.〈  ̄ノ ,_ヽ'´〈.  l      \



                         , ------ 、                   / ヽ
                        /      \              /ヾ /
                       i             i           /ヾ/
                        |  \    /  │         ./ヾ/
                        | ( ●) (● ) | 、-- 、   /ヾ/     「お初にお目にかかります。
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/       やらない夫=D=ビップと申します」
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||
               ,  ―;;;;;;;―´ | |、` ――― ´.,| |  `-;;;;;--  、`弋 |
             / ヽ   ▽  ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /  ▽/ \  ´
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |       \  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´  <^ ^>  |         `ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´....   Ⅴ   |         ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i;;;;;ヽ. ヽ              /  ,/;;;;;;ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::/;;;;;;;;|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|;;;;;;;;i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|;;;;;;;/    |         |   ヽ;;;;;;;.!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i;;;;/\     !         !   /ヽ;;;;i――――‐ ´i


 
 
81 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:01:34 ID:USzOgGQ3
ない夫、いつか神話の英雄のように女で身を滅ぼすぞ

86 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:03:34 ID:JQLwBP9A
女が唯一の弱点とアンデルセンも評してたじゃないかw

82 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:02:11 ID:XaufQ0+k
一63.
頭を下げた背の高い少年に笑顔を浮かべたのは
人の良さそうな中年の男性だった。



             /       / / ,.-'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛ヽ-、   `、
             ,'       ,' // ,'´               ゛!    l
             ,'      ,ヘ(/ノ                   l   |
           ,!     /                    `ヽ  |
           ,'     ,'                      } |
            l: :    'イ                       |  l
            |: : :     /             ヽ             | ,'/    「おお、君が!
            |: :/´ヽ、 i   ,. -――--- 、  ノ            リ,'
           ∨/´ヽ| ,'  ´ _ "´ ̄`゛ヽ, `"  /―--―-、   ,'/      夕べは本当にありがとう、
           ! / /,' |  ;;;'''      `  ''  ,'( '"´ ̄ヾ   /ヘ      キル夫君から錫杖が奪われたと聞いた時には
          /', ! l| l                 l ヽ     =   lィ l      心臓が止まるかと思ったよ」
          /.:.:.:.!ヽヽ`! ノ              l   l      ,'l ,'
     ,. -'"´:.:.:.:.:.:i l (ヽ_≦              , -、_ノ '´      ,'//
  ,,-'": : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽゝ:.:.彡    , --―- 、,,,,`‐''´__     ,'ン'^ヽ、
 //: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : :.:.l´|    "´´, ̄ ̄`""  ヾ―‐-゙ヽ  /:.:.: : : : \
//: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.,|: : :.:.:.:| ',      ´ ̄`ヽー――‐,=-ィ     /!.:.:.:.: : : : : :\
/: : : : : :.:.:.:.:.:.:.:./:.:./,'   :l i           ` ̄ ̄´      //:.:.:.:.:.:.: : : : : : :\
: : : : : : : :.:.:.:.:.:.,'/     ヽ,,'',,         "゛      ,' i:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :
: : : : : : : : :.:.:.:.,'       |  ヾ、"ヽ,,            _ / /:.:.:,.--、: : : : : : : : :
: : : : : : : : : :.:.:|         ヽ   ヽ、`ヽ、__,,_       _// ̄ヽ/:::::::::ヽ.: : : : : : :
: : : : : : : : : :.:.:|       ヽ    ヽ,,_,,_ ゛"` ̄゛_,!:::::/::::::::::::::::/.: : : : : : : :
: : : : : : : : : :.:.:l        ヽ       `゛^´ ̄´  |::/:::::::::::::/::::!/`ヽニニ


84 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:03:10 ID:XaufQ0+k
一64.
時間がないのだろう、挨拶だけして仕事の依頼を出したヘンケンからの握手を
やらない夫も返し、これで契約成立である。



┏─────────────────┓

   条件は雪華綺晶君達と同じとする。
   よろしく頼むぞ、やらない夫君。

┗─────────────────┛
                                              ┏────────────────┓
                                              
                                                 お任せください、ベッケナー公。
                                              
                                              ┗────────────────┛


               
                                                         _ -―
               、_                                   _ -‐
                 _ >一ー―――- 、__       , ---―- 、     _ .. -‐
                ̄                }  _ -‐ッ'       `ー--、}
                              「 ̄  「   ,.-、        ',
                              |     }   /  \       、
                                i     jノ ノ    `丶、    ヽ
                             |    `゙´        ヽ     }
                             /               ヽ   |
               : . . .            /ヽ, -‐-、,r"ヽ         丶 .ィ´:、    . : : : :
               : : : : : : : : : : / 〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、. : : : :_ .. -‐  ̄
                ̄ ―-  __: : : : /   `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
                        ̄ ―┘    `¨´、 /- /丶、 >‐'
                                   `゙'、__/`--' ̄



窓から見れば、すでに昼間の護衛である衛兵と馬車が玄関前に待っている。
もう一度任せたぞ、と言い残した領主はそれで足早に廊下を去っていき、

87 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:04:11 ID:XaufQ0+k
一63.
二人は次いで、他に雇われている者が集まっているはずの広間へ向かった。



                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /                            ┏─────────────┓
|    ./ '       /                              │ 雇われた冒険者は     .....│
|   /        /                               │ 私の他に三人居るわ。   ....│
|,/       ┏──────────────┓             ┗─────────────┛
         │ じゃあ、挨拶しておこうか。  .....│
      / ┗──────────────┛
    /             / ̄ ̄\
  /             /       \.
./             | _ノ  ヽ、   |.
             | (●)(●)  |
             |  (__人__)   |
.             l  `⌒ ´   }
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、                ,r-''´入^>''´ ''''ヽ、/,`',_,_
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.             ,_ tYソヲ/        >ヾKミ `i
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.           / /  フ  r     i  ゞ Vvi .人
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i        i '  il l   >   V |  |  .l   `',
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,,         ',  / .|i |',r、il__  /__i_.i_.l  .| i   ヽ、___
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、       ',  ゝ Vil/λ=j、iノ´__iハ_i/ il ',    x、__, - -─、
      l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,       i _ /jrvX薇.ノ  イtjアハイ/ 入   廴____|
      i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}.       / ti, -Y^ト     ` ´//j i     ` ,  ー- 、 _ 
      〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ.       y´Yi 廴t>、 ー- /,、y/フ   i   ',     `'
     /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|     r''´  >i tノ ヒr` - <ソ ,/ ̄ソ、  i   .i  `'、   /
    .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|    \  __`<i l.il' 、-、 _ ,r-コ i  /フ \ i   i   i  ,´i
     ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|      .卍/´` ''=''ニ'、`- ´<i.l ./、  / `''、、_ ゝ、_  ヽ ヾ 
       ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \       itj、_、_ -'ミン´´゜`'> v、/  ./    / `'- 、 `', -

89 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:05:11 ID:XaufQ0+k
一64.
ここよ、と雪華綺晶が扉を開けるなり、椅子に座っていた三人の男女が戸口を振り返り、



                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ



           ___
     .    /:::::::::   \
        /:::::::::::::::     \
      /::::: (●) (●)  \
      |::::::::::(トェェェェェェェェイ)  |
      \::::::\ェェェェェ/   /
        /:::::::::::::::::::::::::::::: く
-―――――|::::::::::::::::::::::::::::::::: \.――――――――
         |:::::::::::::::::::::::::::::|ヽ、二⌒)



ぴりっ、と緊張した空気が硬質な雰囲気を醸し出す。



         /'"⌒ヽ
          _,,. . /'. .,.へ
        ,. :'':´: : : : : : : : : |`:`丶、、
      , ': : : : : : : : : ,!: : : :ji  . .ヾ´
     ./: : :./: : : :/: /j: ;!: :/A、: : : :`:、
    .i: : : /: ; : :ィ''/`l:/|: /.!| V : i: : :ヘ
    l: : :./: ; : :// _,,l' !:/ jLx.}: :.!: |`ヾ、
   .|: : /:'゙:|: :イT示「 j/ l刊.ハ: :!ヾ!
    !: : : :/:l:/:.iヾシ    `''!l:/
   !:i: :l: :゙{: :.ヘ    - ,.イ|
     !:.l: :|: : :ヘ: :ヽニ'iー<. |: :.|
    l:.!: :|: : : :ヘ: :\`!vミ |: :.|
      !|: :|: : :/   ヾ、Y^i! !: ;!
      l,!: |: : :!    ゙i i i |;人     /´
    /: :.!: : | ` ー::-..ヽ i ij. ,.<   /
    /: : :!: :,:| '::,    〉.i i ト、 ヽ厶
   /: : :.l: :i::|  ヘ、 /^`ー┴-`'⌒Y
   /: : : :!: :!:i{   ` ``┬---::ッー''
  ,!: : : : : :.!: :|   _,:::'  ゙i . :::/
  !: : : : `:、: : |    ̄   ヾ/



 
 
92 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:05:39 ID:Oh06dlDd
全員一匹狼なのかな

93 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:06:10 ID:XaufQ0+k
一65.



          _  、  _  __  ,r __
        ,.ィ´yヽノ)'´  `´    `'ゞ、イyヽ.ヽ、
       / 辷_ソ            辷ツ) ヽ
        /l  )) ゞ=-'/  l l  l l  、 (( 、ゝ=-' ヘ
     / l '´ l   l l l l l l l l! l  ヽヽ` 、 ヽ  ヘ
     ,'  /!  l   l l l l l l l l ll 、 ヽ l l! l',   ヘ
    ,'  / l  l _l l!(( l l l l l´l`l' 、 l l l! l.ヘ  ヘ         「みんな。
.     ,'  ,' .',.  l´ ̄/示´`ヽl从!ィョョュ、、l l /lヽl ヽ   ヽ        夕べ錫杖を取り返してくれた、やらない夫よ。
.   ,'  ,'   l  l   〉jY リノソ   辷ツ' l! '´  ヽ ヽ  ',
.   l   l  ト、  ! ゝ-、ノ_ノ '    ̄ !l   l   ヽ. ',  ',       今日から一緒に働く事になったわ」
    !   ! / ヘ l.  ヘ、(( ー ‐ _ / l l  l    `ヘ  ヘ
    l   l /  ∧ ヽ ヽr‐`z,ィ'ー'´ノ`´〉.l l  l  ヽ    ヽ  ヽ
    l   l'  ./ ヘ ヽ ヽ ヽ /〉ノヽ___`〉、 ヽ、_  ヽ   ヽ
    l  l   / i´ ヽ   ヽ_ノ 〉__/。l、ノ´ ゝ--、-、ヽ ヽ   ヽ
.   /l  l ./ r‐'‐t‐ヽ   ヽ><.l。l r‐/`ー‐十 ヽ ヽ     ヽ
   l l  l / ヽ  /ヽヽ   ヽー'`ー'´ノ  l /`ー-、 ヽ   ̄
   l l  l'  /ノ  `/`/\  \ ヽ〈 ノ     /、  \
   l l  l 〈   ゝ / 、 \  \ ノ /  ´t‐‐'     \



元から不穏な緊張が漂っていたと感じ取れるが、
自分から動こうと中に入ったやらない夫が会釈したので、



      / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)    「やらない夫です、よろしく」
    |     ` ⌒´ノ
    |         }
    ヽ       /
___イ.ヽヽ、___ _ノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ
    |  \/゙(__)\,|  i
    >   ヽ. ハ  |   |

94 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:07:11 ID:XaufQ0+k
一66.
一様に不機嫌な表情をしていた三人も自己紹介を始めた。



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/     「エル=ローライトです。
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/         ハーフ・エルフで精霊使いをしてます」
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



短くそう言った男性の耳は髪に隠れて分からない。
エルフと人間の合いの子であるハーフ・エルフは迫害を受けやすいと聞いたことがあるので、
もしかしたらその自衛の為に髪を伸ばしているのかも知れないとやらない夫は思った。

身に纏う雰囲気と動作は静かで知性的なものを感じさせるが、
内面に何か秘めている物が感じられる。

一筋縄ではいかない相手だなと評した所で、

95 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:08:11 ID:XaufQ0+k
一67.
エルの向かいに座っていた、やらない夫達よりも二、三歳は若そうな少女が小さく呟いた。



            r,/''"´ ̄`
          l::|          /!
            l:!      /.::/
          ヾ:.  _/.::.:∠-.-::.::ァ
             , ゝ´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::<、
   .       /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヾー
.        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. .\
        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: i . :.:.i__::丶、
       ,' : : .::.::.::.::.::.::.::.::..::. : . . : l.::.::.::.!  ̄
        i.::.::.::.::.; ,::.::.::.::.::. . : ::.::.::.:l:.::.:i:.::|
       l.::.::.;:;';';';';';';:,.::.::.::.::.::.::.::i::.::j、::.;{::.:|
.        l:.::;';';';';';';';';';';';.;';.::.::.::.::.l::.::l Υ|::.:|
         l.::;';';';';';';';';';';';';';'.::.::.:.:/:.::ハノ.::|ヾ|     「………コナタ」
          !.;';';';';';';';';';';';';';';.::.::./::.::| |::.:|
.          l.';';';';';';';';';';';';';';'::.::/.::.::|ノ|::.:|
        },';';';';';';';';';';';';';'::./::.::.::l !.::.|
.        l.:l.';';';';';';';';';';';';';/::.::,::.::!_|.::/
         l.::.!.';';';';';';';';';';';'/::.::.;;.::.:|l!ヾ、
       l.::|::.::';';';';';';';';';'/.::.::.;;';:.::.|l!l!|゙!



                                     ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                    i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                        i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                     !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
       「ああ。              .          l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
       彼女はコナタと言います。               i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                      !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
       盗賊技能に長けていまして、                  /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
       戦いもそれなりにこなせます」              '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                         `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                         .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                           ヽ、、      /::::    : //
                                               i    ., '""'-、,,__.._ //
                                              ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                      |.  ヾ、:/



会釈をしたやらない夫が見れば随分身軽な格好をしており、
                                  マイン=ゴーシュ
ベルトのように腰に巻かれた鞭と右肩に装備されている護拳付短刀が目を引く。

続いたエルの説明に、それ以上口を開こうとしないコナタは椅子を立って頷いただけである。
無口な人なので、と彼が付け加えて彼女の紹介は終わった。

97 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:09:11 ID:XaufQ0+k
一68.



         ____
         /     \
.     / (●)  (ー)\ フンッ
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\       「キル夫、傭兵だ。
    ヽ   L \ェェェェェ/  |
     ゝ  ノ         /        偶然錫杖を取り返したからと言っていい気になるなよ?
   /   /         \
  /   /            \      夕べは交代の隙を突かれただけなんだ、
. /    /         -一'''''''ー-、.    縦長い顔をしてないで屋敷の哨戒でもやってな」
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



最後に、戦士風の男性が椅子に座ったまま口を開いた。
                                                  メイス
忌々しそうにやらない夫を睨む彼がふん、と鼻を鳴らして側に置いてあった鎚矛を掴み、
失礼にもその先端を彼に向けたので、



                __
       .-――z^^7 ̄`((⌒ ._
    /    /   }(勾},ト、   `ー ._
   /    /     ((乂ミ=       ヾミ .   _
 /             _)}   .-‐        λ--__))
´     /7 /      /   -~ __     ゞ勾ハ
   / //  /     /    ((⌒' /    Ⅵ i
_ノ  '       イ /   //`).l /! / ,  Ⅶ !
.  /        /    //l\ レ'/ / } / //  :. !
 ̄´            {./ // r==>ミ / // 〃ル  i l
    /     /ス//{,// 7rッそ》}  八、/ } l  } |     「キル夫!
   /     ∠ゝ、ン    _《 ゞト=ン γ=ミ / リ ./ ノ!     あんたの不注意で錫杖を奪われた癖に
 /     /__.У::.     ((⌒ーv_ソ"  辷ソⅣ/ノ  l|     その態度は何よ!?」
      / ト、_ ハ::.            、   ハ /|    l|
_   /   {   ̄ト、::.    , r‐=z 、 ′/ /i l|    l!
7} `ー- ._ノ   ム 丶:.    l  ヽ:/   イ:.   | l|    l!
/          {__ヽ、ヽ:.   `ゝ=ァ’ イ !:.  | l|r―-lト、
i           /}  ≧x.._ ィ~zリ √ ̄ ̄〃    ⌒ヽ‐z



明らかな喧嘩腰に雪華綺晶は腹を立てたのだが。


 
 
100 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:11:14 ID:77PJLQq3
キル夫は蒲鉾の使い手か

98 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:10:11 ID:XaufQ0+k
一69.
彼女を手で制したのはやらない夫だった。



                        _
                      /-/,-、
                    /  / ーイ
                  ,イ  /  /
                      /.l . /  ./
                  ,イ .l  |.   l
               l .|.| |  l    ,ィ=、
                l .lリ .ノ  ',   /`-イ
                l         i   / . l
               |        `シ   /     「まあまあ」
                   ',              /
                   ,            /
                   i、        /
                   /       /
                /      ./
              ./      /´
            ./        ./
             /       ./
           /       ./



                                             ,____,.廻}`lii_,,..、∥
                                            ,,-''"´´ ̄``!K呈/ゞ、''-、
                                          .,/´    -、  .`i゙""i..} ! l `',
                                         ././   i   i  'i  i }  'i li , .l\
                                        / .|   |i   ii  l .! .i   i ll i .|\\
                                        l ,.ii   | l  !i  l .l |  i .i ii l .l .\\
                                        l i.lu  ./ll`''ii-l=、l_ / λ  li i.ヽ、! `i  i ,/
                   「ちょっと、やらな………」      li li i、 ..//!_/ ! ! /`l''i/i  .li  .|i.\, \ l l
                                         ヽi{シ/´. '行勿ッ/ / / .l  .! il  i\ `ゝ、``'_'
                                          ゙<   `ー'´.//'!./入 ! l ..| ヾ i`\ li ``
                                           .`.、-、. .,//l..! /-∧ヽ !、 il ..l .l ii| i`-i
                                          /./..!._,i、,__,,,l /!i``''.!入!>i!! l l il  l li
                                         / /  .i iii/、l l''''y!‐''>.-.!! .l .|i Il l / il
                                        //  .l .iil/.Ll l!=ン-'./´ `'i i\i li .li l l
                                        l./    .l .il-ンl .!,   !   `il i / il ..! !
                                        l.l  .,,/ i l Z-/i.\  .!ィli   ゝil l il l  i



不満そうな彼女がどうして、と文句を言おうとしたら、
こんな表情も出来るのかと思えるほど薄ら笑いを浮かべた彼は
キル夫の顔を指さすと―――



   / ̄ ̄\
 / ⌒  ⌒ \
 |  ( ●)(●) |
. |   (__人__)  |    「あんたの邪魔はしないから、
  |   \_)  |     こっちの邪魔もしないでくれよ?
.  |         }
.  ヽ        }     それから―――」
   ヽ     ノ
   /    く

99 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:11:11 ID:XaufQ0+k
一70.
振り返り際、ため息混じりに教えてやったのだ。



                                 _ _ _
                                ´      丶
                             /         丶
                            /             丶
                             /             |
                          /           _..,,ノ   |
                           /          (● )   ノ
ヽ                        /           /   |ヽ    「―――随分鼻息が荒いせいか、
:::::`ヽ、                       !           丶_ / /     鼻毛が飛び出してるぜ?」
_, ‐、:::::: ̄ )           | ̄ ̄ ‐ '─ !_               ノ ´
:::::::::::レ'  ̄            |::::::::::::::::::::::::::::::`‐ _        /
:::::::::::|              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、 _   /
:::::::::/       __ _ -‐' ̄`‐- 、_::::::::::::::::::::::::::::`‐ <
:::::V        |::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-、 _:::::::::::::::::::::::::::>
::::::〈       __|::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _:::::::::::::::/
::::::::}_r──´ ̄::::|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、/
::::::´::::::::ヽ:::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐-、
::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::\:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
、_______|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::: {:::::::::::-‐‐‐:::::::::::::::::::::::::/
_          l::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::`‐-、_     __ キ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、
:::::::::::::::::__ >-‐´::::::::ヽ:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
:::::::::-‐´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

101 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:12:11 ID:XaufQ0+k
一71.
慌ててメイスを離したキル夫は真っ赤になると、手で顔を押さえて向こうを向いた。



          ____
        /      \
       / ∩l^l^lnnl^l^|\
     / .//ヽ   ∥  ノ/.\    「なっ!?」
     |   /   人   l   |
     \ /   /ェェェ\ \/
.      |    / ̄ ̄ ̄\ |  バッ



    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !:::::::l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! :::/:::::!:::::::::::!: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : :
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,':::::::!:::::::::::::!: : : !:::::::l: |:::::ヽ: ヽ: : : : :
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、::::::::::::::l: : l:::::::::', l:::::::::ヽ: ヽ: : : :
         | : : : : |: :/l:::::|__   |::::::::::::::!: |:::::::::__'|:::::::::::ヽ;!、: : : :
        |: : : : :,!: !: l:::::r '  i !:::::::::::::::| |:::::::::::/`''―- 、ヾヽ: : :
          !: : : イ|/: :,!:::::!ヽ-'/::::::::::::::::::l:!:::::::::::!_      /l: :∧: :
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ! :/: :! : :!    「ダサッ」
         ヽ:| | |: :{               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l
           '.| | |: : \    、__         ` '´ /:/ : : : ,!: |
              | |: : : : |ヽ、 __,.、 `ー'         ・ /:/: : : : :/!/ プッ
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: :
              | |: : : : |/ / / ,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :
              | |: : !         |/::::::::::::::::: , ': : : : : , ': : : : |: :



同時に、それまで不機嫌そうな表情だったコナタとエルも思わず吹き出している。

実はこの二人、先程からそれに気づいてはいたのだが、
緊迫した室内の空気から言い出せずに悶々としていたのだ。



                       ,イ∠.-7_
                        i::::::::::::::::::::ミー
                      r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
                        n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
              .     {__. i レ/ 丶        ヽ
    「プクク………」       ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
                      〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
                     ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                      λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                     | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                     ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                       \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                       '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
                         \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
                           〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |


 
 
103 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:13:24 ID:ghNaoxu3
大人しいこなたは中々斬新な気がする

106 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:15:53 ID:FzWe9Xth
>>103
身近に定番の面子がいないから絡みづらいのかもw


108 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:16:39 ID:NrYNxdbC
無理にヲタを隠して中二病を患ったんだな

102 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:13:10 ID:XaufQ0+k
一72.



    /||ミ
  / ::::||
/:::::::::::||____
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::||        ||
|:::::::::::::::|| / ̄ ̄ヽ|| ガチャ
|:::::::::::::::|/      ヽ
|:::::::::::::::||       |   「邪魔したな」
|:::::::::::::::||       |
|::::::::::::::|||        |
|::::::::::::::||ヽ_    _/
|:::::::::::::::||/    ヽ|
|:::::::::::::::||  i   } |
|:::::::::::::::||ノ |   } |
\:::::::::::||  |  i  |∪
  \ ::::|| ̄|  ||ー| ̄
    \|| (_/_ノ



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {    「あ、やらない夫!」
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



それでやらない夫は部屋を出て行ってしまい、
中の三人と扉とを見比べた雪華綺晶も、彼の後を追いかけて広間を退室する。


104 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:14:11 ID:XaufQ0+k
一73.
廊下で待っていた彼を見上げて尋ねると、



             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ノ'
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !     「やらない夫、待ってってば。
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ / ' / / /    !
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  / / / /    l      ………最初は丁寧だったのに
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / / //    |      急に態度を変えるんだもん、びっくりしたよ?」
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |     |
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |       ||
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ   ヽ
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |    \
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ        \



       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |
     |      (__人)   「礼を尽くす人には礼を以て、
     |        ⌒ノ    無礼を働く奴には無礼を以て対応する質でね」
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |
    \ィン、__)、
     .|     ij ,ノ



歩き出した彼は聖人君子じゃないんでね、と肩をすくめ、

105 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:15:10 ID:XaufQ0+k
一74.
とは言いつつ、突きつけられた悪意をさらりとかわす余裕を持つ彼は、
悪意を以て対応する事なんて無いんだろうな、と何となく感じた。



                                                        ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                                       {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                                     /./       辷ニソ
                                                    / /   l  l l  l (( \
                                                      / / l  l| /i| i| i| | | l \
                                      .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                                                    /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
                                      .             /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
                  「相互主義者なんだ?                   /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
                                      .           /  /   / ノ八  _     / /  i!
                   ふぅん、なんだか『らしい』ね。            /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                   ところで………」                   .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                                 i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                               / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                             / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                             i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                             // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                                            /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /



    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /           ヽ
  |             |
  |               |
  |              l
  |          /
  |        〃/
  \、__     (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /  スタスタ
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
      j l   |



これから何処へ、と尋ねようとしたところで彼が玄関から出て行ってしまうので、

107 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:16:11 ID:XaufQ0+k
一75.




: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ____________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|                   |  |    |          |
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|                   |  |    |          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|                   |  |    |          |     ||  ||  ||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}    |  |    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|     |  |    |          |     ||  ||  ||
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::|    |l     ∥     l|     |  |    |          |
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::|    |l┌ Ⅱ∥Ⅱ ┐l|     |  |    |          |
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ ∥   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijknwn      ̄:.:  ̄ .. ̄:.  ̄     wliwliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
;;;;; , ' ´~ liliiwliliwil :. :.   : ::.. .:. .. ,, ,,.. .-‐ '''" "゙WililjlilijWwwliil゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙ wwWliliwjlilijlijlw゙゙



庭先まで追いかけた雪華綺晶は遠ざかる背中に慌てた声を出した。



              _ , - - ― ´  ̄  ` - 、_
       _ _ γて_,、//       ― 、―yミXヽ_=r= 、
      //| Kr-、|ヾ、           >ロ><ァトミヽ
       / Xヾ彡 //     |    ヽ ヾ|\テソノヘヽ`、
       | | |ト`´ノ/  |..|   .|   |  |  ゛ て‐<ゝ` |
       | | |`、/ | / | |  .ハ|  ヾ  |   ヽ |ヽ ||(`  |
        | | /ヘ/ | /  .| |  | |ヽ  `、_._|_  | li `、\|| |     「ちょ、ちょっと!?
       / | .ハ .| |  |大-.| | .|、  .|ハ | |  | | |  || |      帰っちゃうの?
      ,/ ///  || | ノレハ,、|、\\ハi_, =-、 | | .| |  | |
     / / /イ  | | .| Kr/マア冫 ` `´イ::..::ハ | | |  | .|      仕事は!?」
    / // / | | | ヘ Y`.ヾ斗ソ     弋;;ソ / .| .|  ヽ .|
  / / / /  | | |  ヾ|ト, ゛´゜       ノイ |  |   | .|
 / / //イ .| | |  ヽ) >    _ _ U ノ彡/  /    `、ヽ
../  / /  |  | | | |  |ノ i |>、   ` ´  /イ / ./ /     `、\
/  / イ  / |  | | | |l  y | | r-ノ> - <  |/ / /        ヾ`
|  |  |l ..  || |  | | /| .| | \>_)(⌒)(\ノ/ / /`、,_ /`´ |_ ヾ \
|  |  || |  |ヾ   X .| .| |_ , )、ソ (  ) ( / /テアノ ̄r/./ ヽノ   `、

109 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:17:14 ID:XaufQ0+k
一76.



              / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
            .( ●)( ●)  ..| / |
            (__人__)     .|./   /
             i⌒ ´ .r-、  |/  /     「宿を引き払って、ついでに買い物に行ってくる」
             {     ヽ, ',. .,/ :/',
             .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
              .ヽ . |   / , --'i|
              /   {  V , --ヘ
              |   ヽ  L| r= |



だが、振り返って指を立てた彼が当たり前の事を言うので、
慌てていた自分が恥ずかしくなった彼女は真っ赤になって俯くほかない。



                  ,、  _ . --- ‐-  .,_
             ,r' `ー、 ,ハ `ヽ/(⌒       `ミ 、
            l   rァォ7ハフー'    ,        ヽ
            l i   イゞン7ハ!_  /  /         フ、 ̄了
            /   ゞアン'  /   /         ヽヽフ ヽ
             /   // `Y  '   /            ヽ'  i
             ソ   ./.l    )/   / -/-/─ / ,  /`   ヽ   l
        ,/,     i   ̄ /  /  / / / / / /l、   ヾ i  l
       ///    |    i i  ,'r{辷ト、/ / / /リ \ l   i .l l
       (  i    i. l l  l l l  .バY^ド{ // / / /   i  l i .l
          l   l  l  l  l. !   ゞ弋ソソ    ,ィfテト、 リ  |l l l
.          ヽ  / i.  l  l  l. !  .| `))        込ン/ 、 .i.  l l l    「あ、そっか………」
           i /. /  i  i  l    | .((/l/    ,/l/l/l/,.イ /   i lノ
           // i  ヽ l  ヽ   l             / ,' /  ./  i
        / /i  l   ヽ      |       ´  イ l/.イヽ  ヽノ
       ./ /  i/ /    l      |  ‐- t‐<  リリ ,ハ  \ ヽ 
      / /    / //  l   .从ノ~ヽ~'. /  .// /  ヽ l  l
      l i   ノ//   ,i  ,ノ:::::-、____゙ノ // />、,ァ´,ィ、 i
      ヽヽ,-'/ノ    r'_/´ ̄     ヽ_  ー'_/ ///人\i
     /  /    ( ̄           ヽ、 _:  //' / ,.ィ\\
    /   /、 l     `イ、             // ∠>'.人`<_ヽ
    /   / \l   _/,.У          .ノ /       r≦_ト.、>‐'7
   l   l   ヽ /:::::::`ー' ̄)     __   ,/         .x---、ヽ:\'7
   ヽ   ヽヽ  i::::::::::::::::::::(__r^(__〉~ ソ∨       /       ヽ
    ヽ  ヽ ー ヽヽ、 _,,-、:::::::::::::::::::::::::::::/!     ./::::ハ        〉
      ヽ  ヽ  ヽ_   ヽ__,::::::::::::::::::::/l   ,ィ´::::::::-H-       /
      l / .l   .ヽ     ヽ、 _,,-、/.!    |    リ      /
      ノ. /  l  ,ー.  ヽ ______ ノ :l.    l    /ll:>─‐< |
 ー-tー'  //  l ´            ノ:::l     l   イ:::ll     | j

110 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:18:10 ID:XaufQ0+k
一77.
それでも、一瞬で開き直って自分に出来る事を伝えると、



               ___      ______     ))
         _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l|、、i⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′   「じゃ、じゃあ………
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!    執事のアストナージさんに
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //     君の部屋を割り振ってもらっておくね」
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .  ///// / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((           イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  -‐(   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)    「ああ、頼むよ」
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



少し笑いかけて右手を振ったやらない夫は、そのまま町へと消えていった。


 
 
111 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:19:04 ID:SmoNbkhR
きらきーが可愛すぎて生きるのが辛い

114 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:19:43 ID:Oh06dlDd
きらきーの懐きっぷりがすごい、これは良い物だ…

112 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:19:11 ID:XaufQ0+k
一78.
執事に言って、自分の隣の部屋をやらない夫用に宛がってもらってから、
自室に戻った雪華綺晶。

椅子に座ってテーブルに頬杖を突けば、
頭の中を回るのは彼の事ばかりだ。



                 /  /{必}                r=ミ | |
                   /  //)厂                ゞ彳i | |i
               /  //(( /        i |   |    ))   ! i|
                 /  //  /  / l l | l | |   | |  |丶i ' .'.|
                "  /  .′ i | l| | | |/.i ハ .l  | | l l |  l  / |
            /    /i  i  l.| l| | | i :!/:ハ┼-| | l | |  i/ / | |
            /   / !  i l l ! 从r-、_)) /i i/ル'ハ!ル/! !i/i / /i ! !      (どうして真っ白なんだろう………?
.         /   /   | l ハN nn{ィ示}}    r:行芯ヘ,レ |/ /i | ! !
..      /   /    / ./ | |.// )辷_ソノ    込zソイin./ / li | | 丶      これからもずっと、真っ白なのかな………?)
      /   /     / / i /i { /.)ーイ   ,      n| | 〉/ ハ.| |  \
    (    (      / /  ハヽ|,| i } ))           / ノノノ ) ,  | 、    \
     \   )     /./  /  l\ `  \   ⌒  ./.    /./l  |  ヽ      ,
        )  :   / ./  / 仁へ._\   \   /    /./ l  ハ  ハ   人
       /  /   (  /fニフ(_ / ⌒ `⌒ヽ }≧≦{    /_'  | i i /  \/  \
.     /  /   ノ /rイ / ( //    / 人__i\r─'⌒ー'  トTフi| /  \ \
    /  /  //r─{.`ー  i /     / _,イ }/        ノ、トイ}_   \ \
.    /  /  (  i {     ノ .ノ      イ   八        //\/  )   .  }
   /  /   |  |     /         /j__、\      い、厂/ 〈 i   ノ /
  ./  /    {  } r─'´           イ≫<\      .∨イ   } i /  /
 /  /    /  /          _ <二二二ニ| ト.      \   } i /  人



ここしばらく感じていた白い予感は、彼との出逢いを意味していたのだろうか。

冗談でも何でもなく相手の心を感じ取れてしまう彼女にとって、
真っ白と言う存在は初めての事だった。

115 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:20:13 ID:XaufQ0+k
一79.
喜怒哀楽や憎しみ、嫉妬などの正負に寄らず、
様々な感情は一時心を別の色に染め上げる。

だが、背景とも言うべき大本の色は簡単に変わる物ではない、
余程の事が無い限り変調を来さないのだ。



   )) i ..___ //                  ヽ...r 、___  ))
    {- ヲf.,/ , ´                    liコi>テ彳_
   {>、_i./ /       ∥     ll    l!   i!  ヾア>シ‐-i!   r.ト.L
    i-///   ∥ ∥ ∥.     l!  i l!   i! / iンエi  l!.  `′l
    !///   li  l!  li   i      l!   i! !   i!   fイ iゞ l. l!    メ、
:   !/∥ i!  li  i!  i!  |    l_.l!  i!. l   i!  ∥|| !  lリ.   ' '′l
   l ll  l   l  l   l:  |    l. l  /.l i!  l  ∥ || l 〃   ヽ  l,-、_.,
   l ll  l   l  l!.  l:  |    i! !_∥/./   /  /  || l i    `ノ
   l ll  l   l r-ァf ーl !   7/:ィテ≡.ュ__./  /   l! l λ ヽ_ノ
   l l!  l  ソテ/riヘ\| ∨ノj fo:::::::::rリ〃 7 l    l!入 ゝ. (乂 )
   l  ゞ ヽ 〈 { Yーイl ノ     弋二歹/./  l   l! ノ  ノ  __ヽ
   l  l \ |\!ヘノ- フ´        ノイ∥  l   l! l  lヘ    レ~    (もし、ずっと真っ白なら―――)
   l  l  l  l \ ((                ∥.   l    l! l  l l!  νv
     i!  l i! . ヘ、  __r i_ _ __   . イ7     l   lヽ、l  l l!   VV
     l   l /    `f/ / | .| |, ヘへ___/ __ _..L..........., ゝ l ,l!    vv
    ∥  f  ̄ T フ┤f⌒フ_r ァ_l_ ヾ_ヽ\!        i|   \ ゝ、
   ∥  l′   }  `′/ / i/ >┘ `--イヘ__       l     \  \
   ∥  |    ノi  ̄  ゝ ヽ /\_ \| ' //     i′ヽ.     ヽ、  ` 、
  ∥  ノ     /      / Vイ      〉   /  !_.ヾ ゝ.    i}    ー
  ∥  〈       /      i≫|       i|  /    } \ \  ノ    _
 ∥ / 、`i 、   /       i!r-、i、       i、_ ー  /    \/    /
..∥ /   i   ノ       l! フ |!       l    入   /    / 、_
∥ _   }  i´          l ~ .|!       l!     / /       {  >  >



どんなに立派な司祭や騎士、出来た人と言われる人でも
大抵が灰色を基調としており、濁りやくすみ、染みがたくさんあった。

それは人間、エルフ、ドワーフなど種族に寄らない『人』の心とは言え、
目を背けたくなる、見えてしまうとどうしても辛くなる現実だ。


 
 
116 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:20:23 ID:NrYNxdbC
白いのはアンタの服と髪だからー!

118 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:21:11 ID:XaufQ0+k
一80.
その為、人と接する事が恐怖にも思えて、
人を心から信用することが出来ない彼女にとって、
やらない夫の存在は異質と言うよりも安住の地に思える。



           ヾ       _ _ _          /ゝ
           ノ } , - ' ´      ̄`ヽ      <'´r‐'    ,
        /入y'´              ` ー 、_≧彡>┐、/ V}
       /≧/     /               ヾ廴{i}.」ヾil´"
       V /     ./i  i               ト=イ´  ト
       /./      / .l  l     i        i { r‐'´   i i
       Ⅵ     /  l  l     l        l ゞ、      il l
      /  i _  .i  l  l  i   ハ  .|   :i    | i      ハヘ
        i   { ゝ、_ |   l  l  l  _ヘ. l  .l    | l      i l ヘ
.      {   l   ./ ハ  l  l 升´  i ヽi  /    / il      V.ハ   (これからの事なんて分からないけれど、
       |  .l  /.// >┐_ハ i .lハ  il  \/     Y/      i ハ    この仕事が落ち着いたら―――
      K  l  .K<イ- 、 } ゝハヾハ_ ilヾ 人   //       i . |   .ヘ
      /V ハ  ト/ <=_ノ/K   -===、i / / ./イil .      l ∧    }  仲間にしてもらえないかな?)
.     / i ハ  Ⅶミ_,ィ┘ ,    ""  ././i イi i.      |   V  ノ
    /  .l   ゝ ミ  ノ/        /ィ // |.l |.       l   レ'´
.   /   i  Kハハ \{<  ー -   -=彡 .//  Ⅶ.      i   i
   i     //  V /.\.         イ.┤/.ハ  i       l.    |
   l/    //    /__.≧、_  < ヽ il\─ 、 l       |.    |
   /    // i ̄ ̄\  i}=v| ̄ ̄  /_ ─<       ヾ    ハ
  ./.     レ/'´\    > V / /  Ⅶ⌒/ .ハ           i
  i.    //人_ \-<_ ∧./ \_/  /  /  ` ヽ     i .、 _  l
  |    //  ヽ  ̄ >//    // .   /  /   <´⌒ヽ   |    |
  |  ノ.ハ  /   ゝ升、___升≦ ̄ ̄/∧__ >   \ .l .    ',



だから―――
物心ついた時、孤児院にいた時から他人に恐怖を覚え、
孤独に苛まされていた雪華綺晶がそう思ったのも当然だった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……


 
 
119 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:21:33 ID:XaufQ0+k
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手ありがとうございました。

次回は第一章第二話になります。

120 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:22:28 ID:4cg864y6
乙でした。
やらない夫は白い心の話をしても
今まで出会った人たちのおかげだとか言い出しそうだねw。


122 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:23:37 ID:FzWe9Xth
乙でした。
やらない夫は人を逸脱しつつあるのかな。
いずれ、自身が討伐対象にならないといいけど…


124 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:23:52 ID:ctB6be+A
おつおつ
原作的にきらきーはエンジュの実娘だからそこ関係かと思ったが違うのね


125 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:25:00 ID:XaufQ0+k
>>120
>>122-124
乙と閲覧をありがとうございました。


>>124
基本、原作設定はこの世界には全く関係ありません(´・ω・`)

128 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:25:18 ID:Oh06dlDd
乙でした~

きらきーもそうだが、人の規格外のやらない夫に安住の地が見つかるだろうか・・・
見つかって欲しい気もするが、本人に立ち止まる気もなさそうだなぁ


131 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:26:47 ID:USzOgGQ3
乙です
やらない夫は能力だけじゃなく中身も完成されてるのか……
成長の余地のない主人公は寂しいなあ……


132 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/04 22:28:41 ID:XaufQ0+k
>>126-131
乙と閲覧をありがとうございました。

>>127
誤字あったりでギャフンですけどねw

>>131
誰も完成なんて言ってませんよ?(´・ω・`)

135 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:31:04 ID:JQLwBP9A
このホワイトロングはまだ伸びしろがあるのか、恐ろしいな

139 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:34:53 ID:p2hfixW4
>>135
おいおいこれ以上長くなったらホワイトグレートロングとか呼ばないといけないだろ


143 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/04 22:46:45 ID:wqviXMzM
乙です!
キル夫はチートのレベルも見抜けないレベルか

257 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:00:06 ID:Z8o2HuJz
一81.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  夕方頃戻ってきたやらない夫は、
  落ち尽きなく待っていた雪華綺晶から自分の部屋の場所を聞いた後、
  館の構造を覚えようと中を歩き回っていた。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



        __         |∬|:.       __         |∫|:.       __         |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
     ||―|―||        |∬|:.    ||―|―||.     |∫|:.    ||―|―||.     |∬|:.
     ||: : |: : ||        |∬|:.    ||: : |: : ||.     |∫|:.    ||: : |: : ||.     |∬|:.
         ̄ ̄         |∬|:.        ̄ ̄         |∫|:.        ̄ ̄         |∬|:.
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======: :
  ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∫| ・*:.。. .。.:*・゜゚・:*・゜゚・*:.。. .|∬| ・*:.。. .
 ====================|∬|====================|∫|====================|∬|======:
                     , -―- 、
                  /     \
                  /  \_   |
                  (●) (●)   |     「あちこちに侵入出来そうな経路があるな………」
                  (_人__)    /
                  l`⌒´    /
                  |      ヽ
                  __!、____/  \
                /、 ヽ     r 、 ヽ
                ハ ヽ Y`l     |  >  Y
               { ヽ_ゾノ     | レi i i}
               `¨´  ヽ    ハ  `'''
                     >   / ヘ
                    /  /ヽ  ヘ
                    _,/  / ご_ノ コツコツコツ………
                  ( ヽ /
                   \__ノ



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  もちろんここは何かの防衛を目的とした建物ではなく、一般の邸宅であるが故に、
  堅牢さも無ければ経路を誘導したり、狭めたりといった事は全く出来そうにない。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

259 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:01:04 ID:Z8o2HuJz
一82.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  錫杖の防衛のみを目的とするのであれば、
  やはり一室に保管して一晩中見張りを立てるのが一番確実だろう。

  そう考えた時だった。
  背後から怒気ともつかぬ視線を感じたのでそちらを振り返ると―――
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /           ヽ
  |             |
  |               |       (………ん?)
  |              l
  |          /
  |        〃/ ゾクリ
  \、__     (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
      j l   |


260 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:02:04 ID:Z8o2HuJz
一83.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  廊下の突き当たりに立ち、
  ただならぬ感情を込めた視線で自分を睨み付けている者が居る。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::     :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::_____.|┃┃              :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  .         /       |┃┃      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::             :/        |┃┃               :::::::::::::::
::::::::::::::::::               :::/   (○) (○)|┃┃            :::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::        .   |.  (トェェェェェェェェイ|┃┃     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              .     \ \ェェェェェ/|┃┃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ::::::::::::::::::::  /          .|┃┃
         ::::::::::::::::::::::   / i       (.二つ┃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::        { ミi      (.二⊃┃     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::        :::l ミii         ト、二)┃       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        :::::| ミソ      :..`ト-'. ┃::         ::::::::::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::  ::::::::      :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::  ::::::::::      :::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::::::     :::::::        ::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::     ::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::          :::::::::::::


261 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:03:04 ID:Z8o2HuJz
一84.



              サッ
___ _____. ┌‐t  |
|〃||  || || |. | | |  |  | (| lニ冂「¨|
|  ||  || || |. l/ / ̄ ./|.  |. || |
|  ||  || || / /     \ |l || |
| (||  || |レ' ./        \||. l|
|  ||. ,!! /           \.|
|  |レ' /              `
|/ /
  /




一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  感づかれたと知り、それで相手は引っ込んだのだが。

  会ったばかりの人から、
  敵愾心むき出しの視線を浴びた経験の無かったやらない夫は
  その理由に心当たりが無くて、不思議そうに頬を掻くことしか出来なかった。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |     「キル夫、だったか。
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /      なんか、恨まれるような事をしたっけ?
      ./ ノゝ     /       まさか鼻毛の件じゃないだろうし………」
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  いくら考えても分からないので、今のところは横に置いておいた彼は次に
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

262 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:04:04 ID:Z8o2HuJz
一85.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  もう一度外から邸宅の外観を確認して、先ほど歩き回った屋内の地図と結合させる。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                        ____
   _,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,__,_,_,_,_,_,_,_/~\\\,\\______________; ...|
  /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/ニ日ニ\\/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;.//ヽ
  /;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/!|      |/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,// ヽ\
 /,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/|      |,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;/,,,;;// 三 ヽ\
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :|王||王i |ニi ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |三三三|
 ゞ;ミゞ |王|王| .  ||   |王|王| . |      |ニi  |王|王| .  ||   |王|王|.   |三ノヽミゞ;;;
 ソミゝ:ミゞ!LLLi   .||  .'LLLLLLi. .|      |ニi :.LLLLLLi  ||  LLLLLLi  |三;;;ミ;;ヽミゞ;;
 ;ノ:;:ヽミ;:;ミゞ;;;    ||        i=======i====i  .  .  . . ||  .    .    .|:ニノミヽミゞ;;;
 ソ;ノ:;ミ;;ゝミ;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ソミヽミゞ;;;ミゞゞ
 ソミゝミゞ;;;;    ..    .i^^ii           .i^^ii                      ;ノノii;;;ヽミゞ;::;;
 i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄|: |i         |: |i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 .~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i~i: |i'''''''''''''''''''''''''''''''''|: |'~i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   '" '':'.'   .   .   ::  :     ''  "  '    .''    " : ' ."'

      / ̄ ̄ ̄\
    /         \
   ./          ヽ
   .l           l
    l             l
    .l           l      「守りに適した作りって訳でもないな」
    ヽ          l
     ヽ         l
      .)     __,,../
     /===、_〈
   /       \
  /            ヽ
 .i       、    . l
 .l i         l     l
 l .l        l     l
 l l       . l     l
 l l       . l    l
 l .l       、   .ヽ
 ヽ .l       ヽ   ヽ
  ヾ、__  ___ヽ_, ')
   l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
   l   l   l  l   l



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  その辺りはすでに護衛の番についていた雪華綺晶達四人も確認し、
  同じ結論に行き着いただろう。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一


264 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:05:04 ID:Z8o2HuJz
一86.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  それで一通りの確認を終えたので部屋に戻ろうと一歩目を踏み出したのだが、
  今更ながらに、本来は最重要事項である部分を抜かしていると気がついた。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |
             | (ー)(ー)  |          「………あ。
             |  (__人__)   |           雪華綺晶達と待遇は同じと言っても、
.             l  `⌒ ´   }           報酬額や期間すら聞いてないな」
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
      l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
      i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
      〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
     /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
     .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|
     ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|
       ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \
      }/ }: : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : 〉



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  金に興味は無いが、冒険者を名乗る以上は無報酬で働くつもりも無い。

  冒険者がそう言う物だと知っているし、
  自分が慈善事業をする事で他の冒険者への迷惑にもなるからだ。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

265 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:06:04 ID:Z8o2HuJz
一87.



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. : ((.,_,.)):.:.:.:. :. ...::ヘ:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ____________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|                   |  |    |          |
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|                   |  |    |          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|                   |  |    |          |     ||  ||  ||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}    |  |    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|     |  |    |          |     ||  ||  ||
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::|    |l     ∥     l|     |  |    |          |
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::|    |l┌ Ⅱ∥Ⅱ ┐l|     |  |    |          |
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  |    |          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ ∥   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijkn.ィ>ヘ_.  ´  ̄ `  r=ト-- 、      wliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
;;;;; , ' ´~ lilii / {必/ソ        ((〈{廻 }\ \
 wwliilwnw_/ /((/´|    i     |  |))ハ \ \
__,,.. -‐''  / /   /》 | l l  |  l  |  |  l i  / /
      {  {   i|ハ l| |  | l  !ィ:十 / l lハ( /
       i |   | l | | ト-ト、l,リ!ハ.!ィ=チ/ / ト、 i\\      「早速下見?
       | |  λト、!r{<r>ツ   廴ソ/ / | | i } \\     随分熱心だね」
       ヽ \ //// 八´  _,  / / i | | ||   \\
        >./ / / rir--≧m-≦i/ /rケ | | |/    / /
      /// / / /ニクr、._____人__.| |_ノ. ! !.∥.    /./
     // / /  /l イ .><`‐-||爻イ!|⌒i //.∥    //
    /ノ  / /i  l { 弋/ ノ  \  ヽ, /ヘ ヘ/..∥   .//
    l,!  / / |  {   /   ∠´___ノ_辷ァィ>/    ((
      ( (  \ /^フ  ,イ´  ̄  fケ \ノシ   /ノ
       )\ //r‐‐′ /   fケ    )     //
      /  ソ l i  \ /  / rクノ \  `> l,/
    //|,/ | | \!)入二辷.ニ孑 込辷ーイ⌒
 .   l/    \\   /x/    |.x|  ̄
           / /   /x/.     |.x|
          (ノ    /x/       |.x|
              '-´      ゝ-'

266 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:07:04 ID:Z8o2HuJz
一88.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  戻り際にちょうど彼女が玄関から出てきたので、これ幸いと尋ねれば、
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)     「実際に昨日奪われかけたとあっちゃな。
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ      ところで、この仕事の報酬と期間を教えてくれないか」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                               ∠乂ニヅ´             ヽ、_((_
                                /{{  (( /               ∨辷ヘY `丶
                              ′ / )) ′  .′!    l |  `   弋ニツ` ヽ ヽ
                             /  / / / ! |  | l| i l |l | !   l|  | ))ヽ  |  |
                            ./  / ,   ′!  )) | l| i l |l | !   l|  | ((  l  !   |
                           /  / /   l! | |{{ | l| i l |l | !   l|  |   il  l   |
             「あっ!?」 .     /  / /    ! ⌒\ト| l| i l |l l /⌒l|  |   il  |   |
                          ′ ,'  l  |  l|ィセニミベ}从八|ノ|lィ彡=ミ l|  |   il  l  |
                         /  /  Ⅳ八从K( くノ 》       { ! } 》lN从   i  |   |
                     .   /   '     l   !ゝ二_ツ         :.=' 彡i|   !   :.  i   i
                        ′ /    ノ  ∧ ((     .:i          l   i    l  l   |
                       /  /   /   / ∧ ))             ハ  !   .|  l   |
                       ,'  /   / , 〃 / i、     r―‐ュ      イ i |    {  ヽ ヽ
                     ノ  ノl   ,'  i /  /  l| ヽ    ` ̄    /_ ! i 八   丶  \
                     { / l!   i  l./  /   i _{> 、     ィヘ /.i  ゞ ヽ
                     i,/  ノ  /( 〃 ノ    .i ト、` ̄} r'⌒ーレ7 イ ハ     \   ヽ
                     ′    /  ゞ  (r‐、  / ノ  ̄不´>   / 〈  ヽ     ヽ
                      / / √~ ゙̄ ̄’   ̄ ̄ `  {「ヽ√     `ー 、_, ,..-―‐¬,
                      /  く,               ノリ       __  `´  7'" ̄
                      r――く入  /⌒ヽ     /ヾ           ゙ー~ュ/` ヽ



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  聞かれた雪華綺晶も、有り得ない流れで彼を仕事に呼び込んでしまった事を
  知って大きく目を見開いた。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

267 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:08:04 ID:Z8o2HuJz
一89.



                                     .  ´          r-ト、
                                   /            { {:必 }、
                                  /   |l      |    ゞ辷シ \
                          .       / ,   |l      |       i|   |\
 「報酬は一日金貨二百枚、               .′i|  | ハ    |   |.       八  ヽ \
  食事と宿代込み。                     |  l|  | / |  | |   |   l   |,  \  }\. \
                                 |  l| ∥ 厶./l |   |   |   |    ノ ハ. \. \
  期間だけど―――                   ト、 l|ヘイrぅュ、_!ハ|   |   |   |  / /  }  )  )
  ティターンズの影響が                    ノ.  }c::::リ /  /  /    | / / / / /
  無くなったと分かるまでよ。                r   {沙'"./  /  /    {{  (   / (  (
                                 | _       /   /  /   \ \ \{   \  \
 ………言わなかった私も大概だけど          ヽ`ヽ   /   /  /      :  \ \   \  \、
  聞かない君もどうかしてるよ?」              ヽ .}  /   /rzr─ ァ   i  i   \ \   \  \
                                    ー/  /    /    }  }    \ \   )   )
                                    /_/ _,厶イ⌒!   /  /   /  } }  )  /  /
                              ィ ⌒ Y⌒!7フ7ァ/   /  { / /    / ノ  / /  /
                              (\   }_/////_トァ      | /  .  イ /  / /  /
                             弋 三.r┴ミ了く/ノ      |   /.  //  /  ./  /



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  実際は護衛任務、しかも盗賊団という人間相手の仕事から鑑みれば破格の待遇であるが、
  これが例えば銅貨二百枚であっても仕事を請け負ってしまった以上、
  後から文句は言えないのがこの業界である。

  浮かれていた自分を戒めつつも、
  非常識極まりない状態で仕事を請けたやらない夫自身にも少しは責任があることを咎めると、
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j      「言葉もない………」
                ,.イ 、    V     /
             _,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  言われて当然と思った彼も、顔に手をやって反省しきりの様子。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

268 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:09:07 ID:Z8o2HuJz
一90.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  責任の殆どは自分にあるのでそれ以上は言わない雪華綺晶であるが、
  明らかな違和感は拭えないでいた。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !   (お金が気にならない?
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ / ' / / /    !,   じゃあ何のために冒険者をしているの?)
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  / / / /    l
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / / //    |
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / /     |
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |     |
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |       |
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ   ヽ
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |    \
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ        \



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  かなり腕が立つ様子なので数多くの依頼をこなしてきたのかと思ったら、
  実は意外に慣れていないのかも知れない。

  もしくは装備がすでに超一流である事から、
  金ではない別の何かを求めた冒険者だ。

  午前中の話ではその辺りが全く不明だったので
  折を見て尋ねてみることにした彼女は近いうちに―――

  彼が全く異質な存在だと知る事になる。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

269 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:10:04 ID:Z8o2HuJz
一91.



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ     「………それで、どうした?」
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  用もなく待っていた訳じゃないんだろ、と尋ねれば、
  彼を捜していた理由を思い出した雪華綺晶は見張りの順番について説明し、
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                                            ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                           {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                         /./       辷ニソ
                                        / /   l  l l  l (( \
                                          / / l  l| /i| i| i| | | l \
    「錫杖の見張り番の話。        .              / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                                        /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
     キル夫はああ言ったけど       .             /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
     一晩中って訳にもいかないでしょ?             /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
     午前零時までが私とやらない夫で、.             /  /   / ノ八  _     / /  i!
     その後がエル達三人よ」                 /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                    .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                     i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                   / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                 / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                 i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                 // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                                /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /


270 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:11:04 ID:Z8o2HuJz
一92.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  部屋に行ってみるやらない夫と肩を並べて歩く。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一


                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || ..┏────────────────┓           \
|     ||/│  町の騎士団が警護するのは   ....│
|    ./ ' .│  日中だけなのか?          │
|   /     ┗────────────────┛
|,/        /
       /
      /
    /             / ̄ ̄\               ┏────────────────────┓
  /             /       \.                  │  あまり騎士団も人数が居ないみたい。     .│
./             | _ノ  ヽ、   |.                 │  地方の町だし、元々平和な所だしね。   .....│
             | (●)(●)  |              ┗────────────────────┛
             |  (__人__)   |
.             l  `⌒ ´   }
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、                ,r-''´入^>''´ ''''ヽ、/,`',_,_
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.             ,_ tYソヲ/        >ヾKミ `i
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.           / /  フ  r     i  ゞ Vvi .人
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i        i '  il l   >   V |  |  .l   `',
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,,         ',  / .|i |',r、il__  /__i_.i_.l  .| i   ヽ、_
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、       ',  ゝ Vil/λ=j、iノ´__iハ_i/ il ',    x、__
      l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,       i _ /jrvX薇.ノ  イtjアハイ/ 入   廴
      i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}.       / ti, -Y^ト     ` ´//j i     ` ,
      〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ.       y´Yi 廴t>、 ー- /,、y/フ   i   ',
     /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|     r''´  >i tノ ヒr` - <ソ ,/ ̄ソ、  i   .i
    .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|    \  __`<i l.il' 、-、 _ ,r-コ i  /フ \ i   i
     ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|      .卍/´` ''=''ニ'、`- ´<i.l ./、  / `''、、_ ゝ
       ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \       itj、_、_ -'ミン´´゜`'> v、/  ./    / `'-



271 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:12:07 ID:Z8o2HuJz
一93.



    /||ミ
  / ::::||
/:::::::::::||____
|:::::::::::::::||      ||
|:::::::::::::::||        ||
|:::::::::::::::|| / ̄ ̄ヽ|| ガチャ
|:::::::::::::::|/      ヽ
|:::::::::::::::||       |    「ん?」
|:::::::::::::::||       |
|::::::::::::::|||        |
|::::::::::::::||ヽ_    _/
|:::::::::::::::||/    ヽ|
|:::::::::::::::||  i   } |
|:::::::::::::::||ノ |   } |
\:::::::::::||  |  i  |∪
  \ ::::|| ̄|  ||ー| ̄
    \|| (_/_ノ



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  それで宛がわれた部屋のドアを開けてみたのだが、
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

272 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:13:04 ID:Z8o2HuJz
一94.



          ヘ,     |
           | ̄ ̄ ̄|   ________.  ________
 | ̄ ̄|| ̄ ̄|二l |      |   |  |  .|  .|   |   ||      ||     |
 |    ||    |  . |___|   |  |  .|  .|   |   ||      ||     |
 |    ||    |  /      .|    \|  .|  .|   |   ||  //  ||     |
 |l   . ||    | /      \    \|  .|   |   ||  //  ||     |
 |   ||    |/         \     \|   |   ||      ||     |
 |   ||   /           \.     \  |   ||      ||     |
 |   ||  /                \     \|   ||    .〔i|     |
 |   || /           ..-‐  ¨ ≧ァオ¨_ミ:x.__ ..||      ||     |
 |   /        ,ィニjァ='ィ     ⌒´辷彡ス `Y...     ||     |
 |  /       r:ヘ.Yツ / /   i l i ヽ  ` ヾ) i | ..\  ||     |
 | /        トi ,ィ/ ′ i l l l | | l .ハ  ((  | !   .\.||  //  |
 |/          | jヘトN i  | | ィ7从┼l‐-i!  }` !リ.     \f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
,/           レ′ l  Vアフ彡ィ/ j」⊥j、! イ  ハ、       |  ……………。  |
           /   八 くヾrjYtリ  ´ヒ:z:ノ;7 /   Y ヽi      乂_______ ノ
           /   /  ヽ卜辷r" :  "" { ! ハ    ト-ミ: ____
         √ァ’ /   トミ Ⅵ(  ‐.‐  人ヾ {  , マ≧ レ==ミ`ヽ
        /〃 /イ ャ‐ミxヾ:`へ、_ ..√てハ>"{  ヽノノ     ヽ\
       人{/ /  }   }rリ)  r' `’ ) _/   `ヽУく       )/
  .-一=彡 ハ /r‐ "  ,ィ Yヽ辷彡= _厂Y `う     レ/ \   ー=彡
ィ´   ̄   /ヾく  |  =彡  リ_ / > < 1| {:_  /イ\  丶
 /   /  /\-ィ    「ぇ≧z\_/ィミУ { 〃´  /ヽ   \
/    〃   ′  Y      | " ヾ ̄  ̄ /_  }.:′   /   }     ヽ
   .ィ   i {   Lk、   !         ¨_ノ /=ミ    〉/⌒ヾ    ハ
 / {     ヾ:、  r'¨ ` rァヘ:、   ヽ  しぅ〃 : ヾ ∧     }l   /
く  八     ヽ/   /ソi } ` :.、  }  ソイ}    }  i   〃 /
 ハ   ヽ   r='=<r彡八V_ ==≧<ア/ ¨{/    ト、  v/イ 八



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  案内を終えただろうに、部屋にも入らず廊下に立ったままの雪華綺晶が
  自分を見つめているのでそちらを振り返った。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     「どうした?」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


273 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:14:04 ID:Z8o2HuJz
一95.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  はっ、と我に返った様子で赤くなった雪華綺晶は何でもない、と
  自分の部屋に飛び込んでいき、
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一


                                   ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
                                   / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
                                  i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
                                  ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
             「う、うん。              .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
              それだけだけど。          li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
                                  ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l
              もうすぐ夕食だから         ゞ!!lf凾}.,i.!!!'' ,-i乞弌 l .! /i   l | .l |
              遅れないでね」               !.lF彳"´  ヽ弋汐/  y/!  l | l .l l
                                  ./i , .!  '    `w// / / ! l | l l .l
                                   //i l ゝ、`'ー ..  // /_/=--!、.! l .l .l |
                                 / ,!/ ./  i`ゝ-===/ ./`´    ! ! !.l .l |
                               / ///   l/f⌒i/. /      .! l `i .l l
                             / /  l !、 -‐l,x lf=.l/ .l        \ ! .! l--、___
                            /  /  .l l `i  ..ヽfx) .l .l         \! \l_`'''`‐
                           ..!  /   ! l、 .l    .i>,  l |          .|\ 、、ヽ、



             / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)
           l     (__人__)
          l     ` ⌒´ノ     「了解」
            |           |
          ヽ       l
            _,ゝ、   _,ノ
        ,、-='l \_,ン g<\
     / \ └〆\ i=i|\'\
    丿   ゙i   \ \=il / i!
     l    l    \\| /=|l
     |    |     \i/   ||



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  その姿を見送ったやらない夫も、改めて自分の部屋に入ってみる。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

274 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:15:05 ID:Z8o2HuJz
一96.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  備え付けの椅子に座り、窓から見える冬空を眺めながら頬杖を突いた。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|            「何なんだろうなぁ、本当に………」
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|



  。    :::::            *          *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚
      :::::        。           。           。
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::       +
 *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;::  ゚  ;   ;
   :::   。    ゚     ::;;;::    ゚     ::;;;::   ` : ` ::  :::;
           *    ::;;;:      o     + :: :::::
 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。           .   ゚    ::
. 。       o  ゚       .   ゚    ::            *    ::;;::  ゚
      。       .       *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;::           *    ::;;;:
   *    ::;;::  ゚  ;       *    ::;;;:       ;    ;  ::::;
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;            o  ゚
o     + ::  ,    ;    o  ゚           . 。
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: _____:: :: :: :: :: :: 「|:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :: :: :: :: :: :: :: :::
./三三三\   |-_.__=_ __=| /三三三\    |FF|ニ|   |!_____i|   /⌒\
| ̄同 ̄同 ̄|  |= |+| |+| |+| |  | []_[]_|  /二二ニ,ハ /=‐::::::::::::::::::: ∧ ]皿皿[
|==/\==\_ | _ ‐=‐   =-| ./[Atelier.C]ヽ |E E E|日|  | ̄田 ̄田 ̄| | /≡≡≡
                 ____
/ ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\ /_____ヽ i|三三三三三三三三|i |二二二二二! /
| | 田|「| 田 田  |「|[[[!| | ロ ロ ロ ロ ロ | .|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|. |ロ ロ ロ ロ ロ ロ| |:::


275 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:16:05 ID:Z8o2HuJz
一97.



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く      (ミツカミでもローゼンでも、
   l               l    ノ!      こんな事は無かったよなぁ………)
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  気がつくと彼女の視線を感じるし、気がつくと彼女の姿を目で追っている自分が居る。

  結局その理由が分からないままの彼はどうしてこんなに気になるんだろう、と呟くと
  夕食の時間までそのことばかりを考えていた―――
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

276 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:17:05 ID:Z8o2HuJz
一98.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  それから。

  殆ど会話らしい会話もなく非常に気まずかった五人での夕食後、
  帰宅してきたベッケナー公から錫杖を受け取った
  やらない夫と雪華綺晶の二人は早速警護の番に就いた。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



   ,=============,
   | r──、 r──、 |                            ______
   | | / / | |/∇ /| |                             |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   | |==== | |==== | |                            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   | | ∀  | | / / | |                            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l                  |::::::::::::::::::::::::::::o|
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉                 |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)            |:::::::::::::::::::::::::::::::|
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│                |:::::::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


          ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
            l i   +   +   +   l l:::|
          / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
          ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
        | l                l |/
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|.       .________________
       ./                     //|     ./------------------------------./|
..___/___________//| |     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
(_______________),‐─┬i' ゝ)    |================| .|
l:::          .   ..::::::::::| l^) .l│        |________________|/
|:::    ;.             ..::::::::::| ´|  ゝ)
|:::           ;  ..::::::::::| /
l:::.            .   ..::::::::::|/


277 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:18:05 ID:Z8o2HuJz
一99.



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)                       ハード・ロック
           |,      ` ⌒´ノ            「窓にも箱にも硬質化施錠の魔法を掛けたし………」
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  侵入するならドアからで、錫杖が欲しければ箱ごと持ち出すしかない。
  とんでもない力業で来ない限りは一定の防衛策になり得るだろう、と
  術者であるやらない夫は腕を組んだ。

  もちろんとんでもない相手が来た場合の為に自分達が居るのであるし、
  盗賊団程度の相手に簡単に奪われるとは思えない。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                                           _ __     ((
                                      ,ィヽ、  ,.ィ'´ヽ  l l /  ̄ `'ー-ィ'))、___
                                     //`ー、 ̄     ' ' ――- `ーィュ ヽ、 `!
                                 / イハ                ゞイ)) ヽ.∧
                                i'´ /  ゞイ!   ./ l l! l   l!  l l!  l (( ヽヽ∧
                                l .l    リ /  .i! i! l l l! i!  l!l  l!ll l l!  l`  .lヽ.ヽ,
                                l ./! l! l l l  .i! l i! l!l l! .l! l l! l  l!l! l .l l l .l / .lヽ l
                            .  /l./ l l i! l l l!   i! l l! .l! l! .l! .l l! l! l! l!.l l .l l l /  l ト、
                            . /  / l l!、l l l l!(( .i! l l! ))l!l l!l l! l! l! l! l! l l .l .l .l!  /  l ヽ
 「夕べのキル夫達みたいに、          /   l  l! l l l l .)) l l(( i! l l l l l! i! l!.l! l l l!l l l /  l  .l  l
  交代時にここを離れて呼びに行くなんて   l   l  l  l l!l l (イニエーヒ.ィ l从!i!从!ム从! l l!l i!. l  .i!  l   .l
  間抜けな事をしなければ大丈夫ね」     l   l  l   l l!l ノ ハイゝソリ    イた:ハヽll!l l l  .l!  ヘ  .l
                            .l  ll l ヽ  l ヽ 弋ヘメ.イノ     弋:::ソ  l! l  l!  l!.   \ ヽ
                            ..l /  l .ヘ .ヘ  ヘンー、ノ          ̄  ./.、  l  ヽ    ヽ
                            . l/  .l!  ヽ、 ヽ.∧ ((.  _ ' _     ./ /ヽ .l   ヽ
                            /   /l     ヽ, i i\ ))  ` ‐ '´ ._// / / /  l  i ヽ
                               /l ヘ  ,、-‐-、l l ,ィ'> _   .,i´、 /,、l .l / .,ィ'`'i l  l  ヽ
                               /  l >  ノ,、 ,二>イ >`´r' l  '´ ノ! // ゝ、 〈 .l  l
                               /  .,ィ'´    `´ 〉l _ l /ヽ、イ > 〈´.//'´ゝ'  .\! l


278 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:19:05 ID:Z8o2HuJz
一100.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  そこで雪華綺晶から聞かされた、夕べ錫杖を奪われかけた原因が
  余りにも酷かったので、目を丸くして呆れるが―――
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |      「なんだそりゃ。
. |        |       なんで目を離すような真似を?」
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  思うところはあれど、それをやらない夫に知られたくなかった彼女は
  知らないわよ、と肩をすくめただけである。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                                                ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                               {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                             /./       辷ニソ
                                            / /   l  l l  l (( \
                                              / / l  l| /i| i| i| | | l \
                              .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
            「知らない。                         /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
                              .             /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
            交代の私は五分前には               /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
            部屋を出るつもりだったもの」.           /  /   / ノ八  _     / /  i!
                                        /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                        .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
       (たぶん、またちょっかいを                  i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
       掛けるつもりだったんだろうけど………)         / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                     / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                     i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                     // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                                    /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /


279 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:20:05 ID:Z8o2HuJz
一101.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  やらない夫から見ても、雪華綺晶を合わせた四人は
  結構な実力を備えているように見えた。
  
  ハーフ・エルフであるエルは人間で言えば二十歳代に見えるが
  実際はその三倍程度の年であろうし、
  精霊使いである彼と理力魔法が使える雪華綺晶の二人の魔術師が居る以上、
  インビジビリティ
  『姿隠し』やその他の理力魔法を使われても対応が出来るはずなのだ。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    (ワザと………?
        !  (__人__)  |     もしくは―――なんだ?)
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  何でそんな真似を、と理由を考えたやらない夫の向かい、
  顎に人差し指を当ててうーん、と考え込んだ雪華綺晶は
  キル夫とエルのどっちもどっちなのよ、と一人だけの責任ではないと言った。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                                           ,ィ''´_二----`' - 、__
                                       /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                                      /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                                     // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                                     {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                                      Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                                      {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
                                       __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
           「そう言えば、コナタが後番の時は      i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
            必ずエルが起こしに行ってるかな?    }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
                                      'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
            夕べもそうだったと思う」           i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                                    r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                                    `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                                      ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                                     | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                                     l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                                      i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \


280 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:21:05 ID:Z8o2HuJz
一102.



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)       「エルとキル夫の二人が
   |     `⌒´ノ        後番を呼びに行った隙に………って事か」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                                         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
                                    _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
                                   ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
                                   l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
                                   l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
 「そ。                               l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
                                   ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
  まあ、エルとコナタは纏めて後番になったし、     . // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
  キル夫も後番にしたからもう同じ事は無いと思う」  //,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
                                 イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
                                   /,,_   }li ゝ、i, )).      .lil .li l i ,l .{
                                  l    7 i! !i)..ゝ..,_. ⌒",./il  il \\\
                                     ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
                                    /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
                                    7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
                        ロック
  魔法錠はしていたものの、単純な施錠の魔法だった為に窓と箱を破壊されて錫杖が持ち出され、
  すぐに四人で町に散ったところ、たまたま自分が錫杖を持った盗賊を発見した雪華綺晶は、
  結果としてやらない夫と出会えた事もあり、馬鹿な事だとは思うが二人を責めるつもりは無かった。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

281 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:22:07 ID:Z8o2HuJz
一103.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  後は怪しい気配に気をつけていれば十分だろう。
  本格的に見張りを開始する事にした彼らの内、やらない夫は新しい魔法書の勉強を、
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |
         /        \ ._|_____     「じゃあ、交代の時間まで
       , --'、             /         `〉    魔法書でも読んでるか」
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ



                                   ____
                               ,ィ'´ ̄ _  _ ̄ /⌒゙ー .、
                              /,ィ==‐'    ̄    イ ヽ、ヽ ヽ  ≧ 、
                             /ィュリ    /         ` 、 ヽ    \
                           / (弋ソ     '       ((_,、_ ` ー.、   \
                            l  ))≧=‐'      ヽ   ゞ少 ̄`ー   \   ヽ.
                           / ((   i!  l    l ヽ ヽ ((ヽ  ヽ ヽ  ヽ    l
                       .   /  l.`l   i! l l!  l! l .ll lヽ ヽ.. )) ヽ  ヽ l   ヽ!   l
                         〈  .l .l! l l! l l!  l! l l l l l!  ヽ l ヽ  ヽ     l  l
    「私は瞑想でも………」         ∨ l l.l! ll l! l l!   l! l l l l l! l. ヽ.l  ヽ!  l     l  l
                          ∨. l .l l! l!l l l! l l! l l l l li!.l! l   l!  l .l  l    l.  ∧
                           l!. ∨.i! l从斗、 l l ll!l/!、!l l从l!   l /!  /  l   ヽ.  ∧
                       .   l l  ヘ!从イン仆、.l! l l l 、___, l l  /   /  l l    \ \
                       .   / .l  リ/`ハゞ薔ソ        ̄ |   /   /  / ヽ      \ ヽ
                         /  l /  ./_ゞУ `、_     |     / ./  ヽ     l  l
                       .  l.  l.l´ r‐、ノ `ー'`ー、、` ´ , ィ'.リ   /_,、 r―yヘ. ヽ     l  l
                       .  ∨ l l .|ヽ  | /  /  ̄,ィ  |/ ,イく.し'  ´  /  〉 \   l  ヽ
                       .  ヽ .〉ゝl   j   i./ゝ‐^ーッノ     ¨´         (_,、   \ !   ` ー



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  雪華綺晶は魔法効率を高める為の修行の一環として、瞑想を始めたのだが―――
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

282 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:23:04 ID:Z8o2HuJz
一104.



.., -,,,-‐,"´ ̄ ̄```'丶, .//i
' }_i行}ク  ,,      ヽ、 .l .|
_,,゙ーZ彡l  / // .i  i 、`''、|
   ,, (( // ./ ./!li i  li l .l.l
_,/ l i //l ハ ./l ll .l  ∧ l .l.l
"iィ'-l l  l/l/ .ll l.l l ! ,/_ l l .li l
.l l l il l f.k薔ミl.. l .ll ,,-、; ;i l .ll     「……………」
..ll.l l rl .l .l-ミ'彡"  .l.尓i!i !l/
.l ll 、 l、l 、 ""  ' ,,`'´'i .l
.l.!l /!l <i..ヽ、,_  ‐ .,".イ l
ll/ ./ .! .!l`"ト-` ''´__l .l  l
、 /_,,//! ., ! ト/--, ‐‐、
 l、____/ l l l l、フ\ l



                                                 / ̄ ̄\
                                              /  ヽ、_  \
                                             (●)(● )   |
                                             (__人__)     |
                                     「?」      (`⌒ ´     |
                                         .     {           |
                                              {        ノ
                                               ヽ     ノ
                                               ノ     ヽ
                                                /      |


283 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:24:04 ID:Z8o2HuJz
一105.



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―-ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i        「何でもないよ」
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zzン /  i   i!  │
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ       ̄ /イ |   |   !
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '     / ,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{ ゝ、   - -_--  ./ /  リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ   }ト、      イ ,.'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \⌒}r、>-< i ム{ ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.) ⌒)__r- '^Y´ 7  i ヽ     `ヽ、  .!
   ,.'    ,.'  リ  ├ー'´     ))   ム ,∧  }       \,'
.  /    r=、_./_} !_     (  __   _ノ⌒i!   ヽ     Y
 /  /  /   ´ >i ̄`ーtt=''´ ̄`''tt=ーイ ⌒ヽ,, - 、ィ \   !
.,'  ,.'  /      | .!   jo!>Ⅹ<joi  } ト、   Y    V   ヽ. /
  {  /         ! ト、  ⊥ ヒニ=ニイ⊥r 人  .ノ     i     乂
  {!  i        | | `ー'⌒ヽ、__,ィ⌒ソ ,人        V     ヽ
  Ⅴ .|         | |   i   |!   / /⌒Vv/      }\    }



                                                  / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                                                (__人__)     |
                                         「ん」       (          |
                                           .    {          |
                                               ⊂ ヽ∩     く
                                                | '、_ \ /  )
                                                |  |_\  “ ./
                                                ヽ、 __\_/

284 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:25:04 ID:Z8o2HuJz
一106.



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!    「……………」
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                                            ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                           {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                         /./       辷ニソ
                                        / /   l  l l  l (( \
                                          / / l  l| /i| i| i| | | l \
                          .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
                                        /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
               「やらない夫?」  .             /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
                                      /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
                          .           /  /   / ノ八  _     / /  i!
                                    /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                    .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                     i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                   / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                 / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                 i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                 // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                                /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /

285 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:26:05 ID:Z8o2HuJz
一107.



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |
            |   ` ⌒´  |        「何でもない」
          .  |         }
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



                                          i´` 、
                                          `  )     _ _
                                          i:,// - ´  ̄   ̄` - 、     ,_、
                                       __;,.〃y/            \   `´ヾ
                                     ,__ >/ノi   /            `\ /´´
                                     iしe/フ ̄ /  |  |        ;   /イ>i
                                  _ 〃´ ̄//  /   |  |   |     | ヽ Y>=レ>
                                ,-´ /   /イ/ /   |  |    |     |  | |\fノ,、
                               / //    //  ;; ,, , |  |    | ;  ; |  |   | iヽ``ヽ
                              / / /    //   i  ` |  ; | i  | l i ll |  | | |` _|ノノ
                 「そ?」          /   /    //  l/ `ー-、_|l l | ヽ ├-- 、l ; l  l l ´(ヽ
                             |   l    / /  l | |,、/r、ゞハヘ` |=_ノ |/| i|` / イ/,, | |l |
                             |   |   / // // |rハヒ妥>y>` `ヘ|イテ〒ノ // /lヽ    |
                             ヽ  ヽ / / /  il  |トミ=>ソノ    くゝ'シ_| / / /i     |
                              \/  /  //  l  i"`(ヾ   .    ̄゜ / // /i ヽ    ヽ
                              //  /  /ノ  イ -ヽ r´´ 、_ ___,    / / / i il   ヽ  `、
                            /  /  /  イ   /l、 ト \、      //,/´ ̄フ __ノ"i      \
                          / /   |   | ; il  ,__) ` ン  ミ 、 _ イ / // /y´_-ノ       ヽ
                        / // l   /  ノ i /l -つ、-  ヽヾ  `><   l i/ /   ´〃-´        i`、
                       /  // il l  /  / l  / \>_`___   ,-、 <il   ヾ  --- 、i´-フ         i ヽ



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  何となく、言葉のない二人がちらちらとお互いの事を見つめては首を振り、
  もう片方が首を傾げる時間が音もなく過ぎていく。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

286 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:27:05 ID:Z8o2HuJz
一108.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  結局、怪しい気配などは現れずに交代の時間が訪れ、
  仮眠を取っていた三人が談話室へと現れた。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:  ガチャッ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

287 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:28:04 ID:Z8o2HuJz
一109.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  まず、最初に入ってきたのはエルだった。
  眠いのか眠くないのかよく分からない表情で淡々と交代を告げ、
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                    ,   ,,,.:-‐,,..... -
                  , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                   r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                   /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                  ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                  /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
              /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\       「零時です。
                 i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ       交代しましょう」
                / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
           rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
         / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
         |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
         /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
        〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
       /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
        /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
      /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
.      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
     リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
    /r'  ii"     /               /  l  、   i
   く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
    |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
    !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!
     `ー-、_ニィ_ 、 ニ ー   '''' ーー '  , - .メ∠、.      /



        / ̄ ̄\
      /  _ノ ,ヽ\
      |   ( ●)(●)
. \    |     (__人__)    「あれ、もうそんな時間か」
   .\  .|     ` ⌒ノ
   . \ ヽ       }
      .\_,ゝ     ノ
      /, r、    く
     ./ 〈  \    i
    . ヽ、 .ヽ   \ i..|
       .て_)   \ノ
             \
               \
                 \



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  いまいち魔法書に集中しきれていなかったやらない夫は体内時計を確認して、
  意外に時間が経っていた事に驚く。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

288 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:29:05 ID:Z8o2HuJz
一110.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  次に戸口から顔を覗かせたのは、これ以上ないぐらいに不機嫌そうなコナタだ。
  表情もさえなければ顔色も良くない彼女が端的に交代を言うので、
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



     '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                ''''''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                     '''              '     ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,  _,_,;_‐: :'':'':¬:‐.-. .,,_  _,,,r.、. . . . .,,_                  ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,, ̄,.¨ニ=-: : : : : :``/: : : : : : : : : :`:`:丶. 、     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    ''';;;''        /,. ‐ '':":´: : : : : :.:l::: : : : : :: : : : : : : : :ハ: :\;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
,,,,;;;;;;'''''''       ;'        ,:'゙'"   ,.     /.::;:!:::. : : : :.::. : : i;. : : : :J、: : :.ヽ;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
            '       /  . . /: : : : : : /:::/ !:::|: : : : i:::ハ: : i::. : :  ヽ: : : ゙:,,    '''';;;;;''
     ''';;;,,,,,        ,,;;/. . : :,,: イ: : : : : : : : :i:::/ !::::!: : : :.l::l. i: : i:::. : : : :i, ゙; : : : i ;,     '';,,,;';,,;''
        ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;'''''/: ; -'" /: :/: : : : : /:.;!:::i  l:::::{: : : :.|:l  i: :.i::::. : : : i: :i: : : :|
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''   //   /: ;.l: : : : : :/、/!::l   l::::!i: : : :.!l   i: :ト;::::. : : :i: :i: : : !     ,;
               '"     ; :/ !: : : : : l: :l`ト!、,,_,,i::| ∨; 、| _,,. ⊥j‐<": : :.!: :i: : :!;;; ,,,;;;''';;'
                    !:.! !: : : : : !:≧土ュ,,__ !| ∨.:.「 _,,,」:L-v: : :.|: :j: : ! '''';f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'    !:l  !: : : : :i:!:lヤ[゙゙天゙トヾ  V:.| 行゙天゙丁ヤ: : j: :.|: :i,;''';,'|  代わる。   |
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''         l:l  ∨: : :.i::!ハ r' ーイ|     ヾ| r' ーイ ! j:};. :.l:|; j):l  乂______ ノ  
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';          l:!  V: : :!:i:{::i ''" ̄        ̄l゙lT・l:i::i: :!:j,}:!: l   ,,,;;;    '''''';;,,,,
      ;;;'';             {|   ∨.;!::::::::!、             ,':':::V:.i:{:リ: |     ''''';;;;,,,,,,  ''';;,
                        V l:::::::::::`丶.、,,_ ∠ヽ  _,,...イ':: : : /:::!.: :.|
                          l.:.::::::::::::i:::::::::::/丁´ ̄,レ ヾ:l: : : /:::ヾ!: :.|



               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|  「………ああ、よろしく」
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  本当に大丈夫かな、と思ったやらない夫に
  雪華綺晶が後番ではいつもこうなの、と小さく囁いた。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一


290 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:30:08 ID:Z8o2HuJz
一111.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  最後に入ってきたのはやはりキル夫だったが―――
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln//(トェェェェェェイ)/\     「雪華綺晶、後は俺達に任せときな」
    ヽ   L \ェェェェ/  |
     ゝ  ノ         /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  やらない夫がびっくりするほどの笑顔を浮かべたキル夫は雪華綺晶にだけ頷いて、
  眉を動かした彼の方は一瞥もせずに椅子に座ってしまう。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                                          ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
                                    _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
                                   ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
                                   l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
                                   l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
                                   l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
                 「はいはい、頑張ってね」   ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
                                 . // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
                                 //,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
                                 イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
                                   /,,_   }li ゝ、i, )).   __,,  lil .li l i ,l .{
                                  l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
                                     ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
                                    /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
                                    7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l

291 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:31:08 ID:Z8o2HuJz
一112.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  今日の解錠の合い言葉を伝えれば引き継ぎは完了である。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |  バタン
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|: ; l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  雑談など無駄な会話は殆ど無い、たった数十秒の交代。
  愛想など冒険者に求められる技能では無い為、間違ってはいないのかも知れないが―――
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

292 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:32:11 ID:Z8o2HuJz
一113.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  先日までの、多くの人に囲まれての生活を思い出して
  何となく寂しいやらない夫には、
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



    / ̄ ̄ ̄\
  /         \
  /ノ  ヽ、_      ヽ
 ( ●)( ●)      |
  | { .!  )        |.     「それじゃお休み」
  |. ¨´ `¨´      l.
.  |          /.
  |          /
   \__      (
     _)_ ===\
    /          \
   /            ヽ
   |    ,        i
   |     |        l.|
   |     l         | |
   |     |.        |. l
   l    |       |.│
  /    ノ        | |
  /     /        l /
 (ヽ、__,/____  __,У
  ヽ_ィ  __ __ ̄ ̄_ ̄_,|
      j l   |



                                      _ ,, -=_‐‐‐-、,
                                __,, ==-‐''´,..ィラ'''..`'''、)) 'i,
                              ./` / ., 、  !,,-'已\ l,  ∧
                             ,,-'-,   i i  i !, {l .炒  l'´! 、  l
                           ./7'"i`/ , / .i、ヽ l,ヽ__T_='__/ i l  .l
                           !./后/ l  l li.、ヽ, \ i  l .l\ l .l  l
                           "ヒl  .l  .l l i, l、入_,,i--- l.l  i l .l  l
               「うん、お休み」    l l  .li ! ヽ,  iゝlゝ、 _ ____, l.i .i l l l   l
                            l l  .l,,'"--、    〃´ ̄ l.l .l l, l  .|
                         .   ヽ,、, l l{秘}i     ""  l  .l l i .l  .|
                              . l ヽ,ミ彳" '        .l.  l! l .l ,  .|
                              l .l lゝ     ー'′  ,.ィ  ./ !/ l  l
                             'l l l `'-、_ . __/-'--'-、 ./ l  |
                              l.. l l l_,,--'''´_´/ ̄`'、 __.f'´ !  .il
                             i l  l,/   ヒ/      i `l   /i



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  頷いて答えてくれる、雪華綺晶の屈託のない笑顔が
  とても眩しく感じられたのも当然だった―――
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

293 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:33:06 ID:Z8o2HuJz
一114.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                   ...::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::....
                                 ...:;''''        '';;;:::...
                                ...;;;''           ''';;;:::...
                                  ...::;;;''              '';;::
                    ..........::::::::::::::::::::::::::::::;;'                ';;::::::::
            ..........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;'                  ;:::::::
  ............................::::::::::::::::_,,,...:-‐‐=-..,,,_::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,,.. - ‐‐ ''''"
.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r'";; ;;      ;;\,,:::::,:::::::::::::::::::::::::::::::__,,.. - ‐‐ ''''"";;;;,,,, ,,;;;;;;;;;;,,,,,
;;;,`';;.、::::::::::::::::::::::,,r'";; ;; ;,,,     ;;; , ;;; ;;;,`';;.、--‐‐''''""';;; ;; ,;;; ;;;;;  ,,,;;; ;,,,;;
;;  ;;;,`';;.、:::::::::,:r';;; ;; ,;;; ;;          ;;  ;;;,`';;.、 ;;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;;;;;;  ,,,,;;;
,,;; ,,;;;,  ,r'";;;,, ,,;; ,,;;;, ,,,,      ;  ;;  :; ;; ;;, ;;`';;、_ ,,,, ,,,,,,;;;;; , ;;; ;;;
 ;;;;  ,r'";;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;; ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ;; ;;`';;、_          __,, - ''""
;;;; ,r'",,,;;;;,, ,,,,,,;;;;;               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... ,-‐‐''''",,;; ,,;;;, ,;;
,r'";;;,,,,,, ;;;;;,,,,,,,,;;;;;; ,,,               _,, - ''" ""'''"" `'' -,.. ,,;; ,,;;;, ,,,, ;; ;;



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  翌朝―――
  日が昇ると同時に庭に出たやらない夫はいつもの朝練をしようと身体を温めていた。

  町から町への移動中でも殆ど毎日、天候に寄らず続けている朝練は
  確実に彼の地力を高めつつあるが、
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一


294 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:34:11 ID:Z8o2HuJz
一115.



          ___
          /    .\
.        | \_  _ノ゙|
.        |( ●) (●)|___
゙   _ ,..-─| (__人__) |:::::::::::::`ヽ、
   `ヽ、::::::::: |   `⌒´ .|::::::::::::://./ `ヽ、___
 , -=∠_ ̄¨/ヽ.      /\::::::::`l/| 「/ / /ヽXヽ、
´ :::|::::::::::\| .ゝ  ./l\/「 ̄::::::l/ !/`l´//  \
:::::::|:::::::::::::::|ヽ. \_  _/ ./ `ー──‐‐、_.\_  .__|     「さて、やるか」
:::::::〉::::::::::::/ /\    ./`ヽ   ./ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
゙\|:::::::::::/ `. ̄ ̄`∨ ̄ ̄  //:::::::::::∧:::::∨
  /::::::::/      |o|   ./ ゙/::::::::::::::::∧::::::∨
/:::::/´!      .| .|    /|::::::::::::::::::::∧:::::::`ヽ、
::::::, ´/::::|\      |o| /  /:::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::`ー..、
/ ::/ ::: |\      | .|     |:::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::/  \
::::: / :::::::|        |o|     |:::::::::::::::::::::::::::: ∧ ̄`ヽ、/::::\
:: / ::::::::::|      二| .|二   |::::::::::::::::::::::::::::::::∧   `\::::::::::\
./ ::::::::::: |      /|o|\   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    \::::::::::\_
::::::::::::::::〈      〈 〈    ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧     |:::::::::::/
::::::::::::::::/      |o|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧.     \/
:::::::::::::::ヽ\     | .|    ./ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::,:一´
∨::::::::::::|二二二二二二二二ヨ:|::::::::::::::::::::::_/
. ∨ ::::: | ::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::|::::::::::/ ̄
.  \ :::|::::::::::::::::::::::::リ:::::::::::::::::::: | :::::/
.   `゙|:::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::: |::::/



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  技術的な事の他にも、いくつかの課題を抱えたままなのだ。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

295 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:35:04 ID:Z8o2HuJz
一116.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  影剣闘を始めようと集中を高め、今日は試合用の父親を呼び出せば準備は完了。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                                               ,ィ7
                                              /,/
                                           / /
                                             / /
                               .             / /
                                           / /
                                          / ̄ ̄\
                                         /\  /  \
                               .         | (●)(●)  │
    「今日も修行に付き合ってもらうぜ、親父!」 .         /| (__人__)   .|
                                       / ,| ` ⌒´     |
                               .    ィ´ /''ヽ      ノ
                                  (⌒) イi一‐ヽ、   /
                                   7 .K.`ー--→―― )
                                   ヽ/ ヾ--‐―‐  /
                               .       /      /
                                     /      /



           /l/ |/!/ ̄/
       /!/^         フ
      ∧!             `¨>
   ト、|ヽ               <__
   l             _         /
 _iヽ         /ヘヽ彡ァ     ¨>
 \    ∧     ,.=-〈〈  /、      `>
  _>::レwト〈-、w-'"^   〉)  77_     /
    7::::::l ` 、 i    '´ ,/7 i  ,ヘ  ゙7_        (フン。
   ゙レ:::l_  、 i 〈 /   /__^゙ ゙l 〉゙〉〉  /        まだヒヨコだと自覚はあるようだな)
      {::〉ニ、=、゙j /__,.=ィ弋ソ¨   ', ト‐ j  ヽ、
.      ¨ヘヾ='>li ¨ー=¨    /∨フ/  ヾ、
       ',   ll           ' ├‐ヘ   バ
         ヘ   ll            l   ヾヾ、¨ヽ--、_
         ',  ゙ヾフ _      j       ヽ、 `
          /ヽ, ヽ,¨─,>    /:::j    ト、   ヽ、
.       /  l ヘ _,ニ´ _ノ //i:::/  }  ヾ,ヽ,
    /   i. l ',ヘ、__,/:::/ //   j   ヾ,`ヽ、_
   /    l. l  ',:::::::::::::::__/ /   /l    `ヽ=-
. /⌒ヽ、 _/ '  ',:::::::::〔    /    /::ヽ、_,.-‐'"/



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  未だ足下にも及ばない父の幻影が相変わらずなので、
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

297 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:36:04 ID:Z8o2HuJz
一117.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  最初苦笑した彼は、次に至極真剣な顔になると素直に自分の非力を認めた。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



┏──────────────────────────────────────────────┓

   まだ親父みたいに、剣一本でヴリトラをあっさり倒すなんて
   とても出来やしないさ………

┗──────────────────────────────────────────────┛



                   ,...--、      _r、
                   /   |    // f=、
              _...-─-/ ,   .|゙i r{´ィ1 {;
             /  _...-'.,ノ    }、'->,、,!´/`+A,
           ∠-''''´ _,,'/ `''-.∠-'´.f / / ̄
          f´_,.,-'-'''´  {ヽ_     /,/ノ
          {/   y-,-''´ `><二ニ='-t''´
          |!  _..+'''ヽ, ''´  ヽ,   __}_
          {/ r   |     _!,-''´.、 ヽ,
          /  /    ヽ,─-',ニ─`゙ノ }  ヽ
    _........./  /!、、,'';;;ヾr:;;'!,-' )  ノ,ノ    }
 ..-'''´  / /'X_/{´ i;、)(.,r,!゙'-'゙ //ヽ,   ノ
i´ -::_.-''´ ._ノ ノ  ∠_!、_`_.v,゙_}`'´7´/_,,-''´_..-'´
{     ,-',..-´  /  _.!,{,'V、lト'  r <´ _<ソ        .ノ 、 、
ヽ、─--''´_....-''´  ,、'´, ヾ;^!ソ /{  ヾYヽ、\        ● ●) l
  `゙'''''゙´/     / ヽ,ヽ  ̄ヽ--ゝ,  ヽ,r`iゝ、',        (人__) |
      !,    '゙,.,_ ,,>,ヽ  ヽ-''' ヽ、 `''--、__)    (^ヽ    ノ
    ,..-ニ>──-''´_:-l }   l   _..ノ)`´`゙゙゙´       \/   ヽ
   {     __ r´:;ノ ノ   |-_ニ--'´               |   lノ
   ヽ、_-'-_ニ......-{ 、_,._ノ   ノ´                    ゝl  l  比較対象
       ̄    `ヽ、____ノ                    (_(___ノ  やらない夫(185cm)
┌───────────────────────────────┐
│【種族名】                                       .│
│ヴリトラ(多頭蛇系 高位種 多頭の怪物)                  ......│
│                                            ....│
│【怪物辞典より抜粋】                                ..│
│最大で体長二十メートルを超えるヒドラ系の最高位種。            │
│言語は持たないが年を経る毎に増えていく三~八本の頭は          .│
│高い知性を備えており、主となる頭の元、統率された動きを見せる。     .│
│                                            ....│
│漆黒の鱗は高い物理防御、魔法防御を持ち                 .....│
│首を切り落としてもやがて生えてくる程の再生能力を誇る。          .│
│                                            ....│
│個体数は少なく生息域である湿地帯から出てくる事はまず無いが、     .│
│空腹時のヴリトラは一流の冒険者にとっても致命的な相手だ。       ..│
│十分な準備と戦力の無いときに万が一遭遇したら              ....│
│逃げに徹する事をお薦めする。                         ....│
└───────────────────────────────┘


 
 
299 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 21:37:29 ID:gEBWDpJu
流石ラオウ、やらない夫も目じゃないな・・・

298 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:37:06 ID:Z8o2HuJz
一118.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  いつか、彼が初めての親友に告げた言葉を引用させてもらおう。
  この世界には様々な種族が生きており、人間はまあまあの知能を持っている。
  戦技と言う技術を編み出し、魔法を使える者も居る。

  だが―――肉体で言えば貧弱な部類であるし、魔法も絶対的な力ではない。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一




       { 从| | i                            , ///ハ
.       { Ⅵ   | i ;       i                 , ///    }
      、Ⅵ     | i ;r-、  |                   |i  //     j , /
      Ⅵ  :{ |i.i   ヽノ | i ;  i           ;jl∨し、/   ,////
.         ミ   .:乂li.i.|:!     `⌒7  |  / ̄ ̄\ii/Y⌒Y/  ,,////
.       ミ  .:{i.i.i.i从:.    |ii/iヘ、|i;/      ∨/`ヾ//,, , /////      _/\/\/\/|_
       ミ . .:乂{⌒ヾヘヘヽ |/!!   l ヽ、 _ノ  l / , /////// ′      \          /
          ミ . :.:.:.{    \|:i:i|!i !;    l (○) (○) l;/ , ///// ' ′       < だけど!!  >
         ミ`ー=ヘ.     \|:i:i:i i   { (_人_)  },' ,'////∨ / :,′      /          \
.        ミ`ー==〉       ∨:i i  人 ´⌒` / , // ∧ ∨ / ',         ̄|/\/\/\/ ̄
         {ー‐<      Ⅵi{   {个ー‐=个 , /'′/ ,∧ ∨ /                 /ヘ、
           八   ヽ__    ∨ / ,  ⅥⅣ /,' /    ' ∧ ∨ ,               /::::::r'     _  __
.         〈〈 } /⌒ー′    ∨,/ / , V/ , ,..//{,    / ,∧ ∨                 {_::::/     /:/ /:r'
          `Y ノ           `Ⅵ/ / /V,/,///゙/      ' ∧ ∨                  //     〈;;/ /:::i             /ヽ
          ヽつ          __彡イ彡イ彡イ//彡イ       ∧∨       .     //     r':ヽ /:::::l           ./::::::::|
                       __彡へ、///}}///}}イイ/`ヽ   '∧∨             //      7:/ `ヽ'           /::::::/
                  \ `ヾミニ=─{{_}}─<_/::::::/, /  ∧∨           /::l     /:/   ,._           .i::::/
                丶\\\     ノ厶    `ヾ'//// ヘ         l::::l     /:/   r'::ノ r'ヽ       ./::/
               、\\丶       く<          //, / ,ヘ     .    j::::l     /:::l   l::i  /::/        i::/
.               、ミヽ\  \\     /\.        ///, /           /::::::l     l::::::l   L:j 「:ン;へ     ./::l
.            、ミヽ    ヽ   \\/ `Y´ \    /     '//' ,     |::::::::l   .ヽ/     _/:/   .ヽ/
           、ミヽ            、\\/\> ヽ /          ' \    ヽ::/          ヽー '     ,ィヘ
          /               /::/´    `'<> ..             \                         ヽ/


一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  だから、喩え人間と言う括りの中では無類の強さを誇るやらない夫でも、
  人外―――特に強力な力を持つ怪物相手にはその限りではなかった。

                       ビホルダー
  実際、数年前に高位魔族である恐怖の魔眼を相手にした時は
  魔法の鎧を傷だらけにされる程苦戦したし、
 プラチナ・ゴーレム ジュエル・ビースト
  白金の魔像や宝石の獣魔の集団を相手にした時も自分の実力不足を痛感した。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

300 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:38:05 ID:Z8o2HuJz
一119.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  その他の場合も何とか勝つことは出来たが、今日まで彼が単独で生き存えてきた理由には
  素性も分からないがとんでもない切れ味と威力を誇る、
  彼の持つバスタード・ソードもそれなりに含まれているのだ。

  特に三神国での試練については、半分以上この両手剣のおかげで制覇出来たといっても過言では無い。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



 _/\/\/\/|_
 \          /
 <   俺は!  >
 /          \
   ̄|/\/\/\/ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         |  ゝ、          ,           _,, -'    |    i'´|
         |    __`>、::::::::::::::::::::::i!::::,ィ::::::::::::::::::,,ィ二_       |    | |_;. -‐''´i
         |   /   , -\_,,_,,ィ'"ヽ'´⌒ヽ>‐,/ ,-‐ 、 `ヽ   .|  _,ノ      |
         |    i   |:::::・::::|ヽi!::::::::::::::::::::::、,/   |::::・:::::|  /    .l i´ _ .. i ´|   |
         i   ヽ、 .`ー‐'  ノ,'::::::::::::::::::::::ヽヽ `ー‐' _,/    .|  7´ | | |   |
            i      `ー‐‐ '::./         ヽ  ̄ ̄       |    | | |   |    ._ _   __
         ',         /     l      ',           i    .││ |.  _」.   |_| |_| / /
          i           !       人      !            i      | _」 ' ´        / /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ i_/


                           |\     /\     / |   //  /
                         _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                         \                     /
                         ∠   俺の可能性を諦めない!  >
                         /_                 _ \
                          ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                           //   |/     \/     \|



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  ―――武器は所持者の腕の延長とは言え、剣頼りのままでは父親には遠く及ばない。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

301 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:39:05 ID:Z8o2HuJz
一120.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  だからこそやらない夫は装備の上下に捕らわれない、
  影剣闘を主体とした修行を繰り返しているし―――
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一





─ ̄─ ̄_─ ̄_ ̄─_ ─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄── ̄─ ̄_─ ̄_ ̄─_ ─
─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─  ̄ ─ ̄ ─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄── ̄─_─ ̄─_─ ̄─
                                                     |\     /\      /|   //  /
                        ,...::´::三三三二二二二――――――  _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                 ___   /::::::::::::::::::::::\         _        \                     /
             /     \-、....-‐::':::: ̄ ̄ ̄:::::`゙'::::-‐ィi´:::::::`ヽ     ∠    絶対に―――!!!    >
            /        ヽ::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、   /_                 _ \
            |ヽ  ,/ 三三三二二二二―――――― :::::::::::::::::::::ヽ   ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                (○) (○ )     i::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',    //   .|/     \/     \|
             (_人_)     !:::::::i:::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::三三三二二二二―――――――――――――――――――
                ヾー ´     _ ヽ、/:::::/::::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
               ` 、 _ , '´  ゙ヽ;::::/:::::::::::::::::::::゙::::、‐ - 、:::::::::::::::::::::::::::/
                     //ヽ、::::::::::三三三二二二二――――――――― _______  / ̄/
                    //  /`゙' 、::::::::::::::::::::::::::`.,-‐´ ヽ ,ィi´  ヽ      /          / / /
                   //   /       `゙' 、::::::::::::::::::::',\        '、   /          / /レ/ / ̄/
                    //    .'         /-.';::::::::::::::::::|  \   三三三二 /_____   /     / /   _从
                    //    ..i       ゙`   i:::::::::::::::::|、   \       \       /  /     iY/    / / _从__
             //       .ヽ ,           |:::::::::::::::::|ヾ、.   \       \     /  /           /,.,// //  /
             //          ‐--= .. _ |:::::::::::::::::| !i      \   _____/  /            " /,、/'´ /
             //                        | ̄ ̄ ̄'!        \ /             /               ゙ //
        /三三三二二二二――――――     U| , , , ノ        .  /_______/三三二二二二――――――
        //                         !              \       \

─_ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─   ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_─ ̄──_ ̄─_─  ̄─_─
─ ̄ ─_─ ̄  ─_ ─ ̄─_─  ̄─ ̄─_─  ̄─_─ ̄─_─ ̄─ ̄─_─ ̄─_─ ̄─_── ̄ ─_─ ̄  ─_





一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  未だ明確に強くなる目的を持たない彼が、
  それでもこの年齢でここまでの剛の者と言うのも
  激しい鍛錬の積み重ねがあっての事だった。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

302 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:40:06 ID:Z8o2HuJz
一121.
一一一一一一一一一
  数分後―――
一一一一一一一一一



                    / ̄ ̄\
                 /ヾ/ u  \
 「くそ!               (●)(< )   .u|
  目に汗が!」       (__人__) U u .|
                 (`⌒ ´    u .|
            .     { u   u     |
                 {        ノ
                  ヽ  u  ノ
                 i        、\
                 |   !    /__}
                ,-| . |ー-、/ ゞノヽ
               {_ i、___,l   |    |
                )ソ(___i)---|    |
                       ゝ-i--i´
                         `-゙



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  結局、課題の一つに突き当たった彼は
  一瞬の隙を突かれて父親の攻撃をまともに食らってしまい、
  想像上の影としても、汗一つかいていない相手に鼻で笑われる羽目となる。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ    (ふん、言い訳か?
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ     未熟者め)
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"

303 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:41:05 ID:Z8o2HuJz
一122.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  高い集中で動き続ければ冬の朝でも汗をかく。

  流れる汗は激しい動きをしている最中になどに
  どうしても目に飛び込んだりしてくるわけで、
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /  U     ヽ ゴシゴシ
                      / u   _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉     「何か良い方法はないかな………」
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     / 
             _,/(:::ヽ.ヽ u {     r  ハーッハーッ
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



                               ヾ
                                ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
                              ゞ 、                ν
                              ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ   ν
                              ゞ〃 ミ ヾヾソ/ ミ ミ ミ〃ν   ν
                              ヾι  ミヽミ ミ ミ ミ Zミ  ζ   ν
                              ゞζ ミヽ ミZミΞ/Ξ/ ζ  ヽ τ
                              ヾ/ ヽZミくミヾミ/ミνミ´ミνミνζ  ν
         (解決策が出来たなら        |ヾ:: ー::;\ν.ゞー‐::;‐`゛  \  ζ
          また相手をしてやろう!)      ゝ ´ ̄7 /.λ ´ ̄ Z7`´ ヾ\ τ
                              ..|ヽ /   彡    ミZ   .| | τ
                               | | Z ´ ν     Z  | | ν
                               | |   ゞつ   ヽ . ミ   |/ ν
                               |.ゝ ヽ―――― 、..ミミ.. ヽ τ
                               | |ミ ´ `― ―イ´    /  τ
                               | ヽ    Z      〃.彡 ヽ
                               |  |   /、    〃  彡  \
                               |ミ ヽゞ___  /   ミ    \
                               |ミヾ  ミ ヾ    |   ミ
                               |ミ    ミ    /    ミ



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  その剛毛かつ極太な眉毛のおかげか、
  そんな事には悩まされていなかったはずの父親が少し羨ましくもあった。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一


 
 
305 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 21:42:18 ID:YP4yjnn5
やらない夫も大概チートかと思ってたらラオウ様はもっとチートでした…

304 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:42:05 ID:Z8o2HuJz
一123.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  視覚だけに頼らず、空気の流れや微かな音、相手の発する呼吸や気などを
  敏感にを肌で感じて気配を読む戦士達は、情報を大いに遮断しやすい兜を好まない。

  人間の武器相手程度なら通常金属の物でも役に立つだろうが、
  戦技や高位の魔法、怪物を相手にすると、余程の品で無い限りは防御力など無きに等しいのだ。

  さらにやらない夫は通常金属の装備を選べない魔法騎士であるが故に、
  選択の幅がとても狭く、何も無しでこれまで通してきたのだが―――
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                        / `ヽ、
                      /.: i゙  \
                     / ::;  !    :\
                    ,r'     |     '::\
                    /     ,l、    ,:::::゙:、
                    ;'    ./i \  ,:::::::::::゙i,
                 _,,ィL.._,、-'゙  |   \'_;;;、:::::iニ'-、_
              _,.ィ''゙-' lヽ`-、_  ,ィ! 、 _,.ィ;''"/::::::::| `'-`''-、,_
           ,,、-''"-''",,、-''′ __`ミ'/ | ゙:,v/_´`''ー-、;:;:    `''-`''-:、,_
      _,,.、-‐ニ゙-''"    `''-、,_  ヽ_ヽ、 | '"/,ノ .ィ:'"「;:;:;:;:,.     `''ーミ >
    -''"-'''"´         」, `''t:、 二.__|__二:-''フヽ::::|;:;:;:;:;:;:;:,.   _,、_ニ-'"
    ``'‐-ニ、 、,_       (   〉 (__人__) ノ /.:::ヘ;:;:;:;''  ,.-,、-'゙
          `''-ニヽ、,_    ,;\ ,〃   ` ⌒´   {、(,.ィ;'^;;;'' _、ィ;゙,r'"
            `ヽ、ヽ、 ';:;:;:;゙;:;| l        { |;:;:;:;:'',、-,゙-'" l
               `ヽヽ、 ';:;:;:;l !       l;:'',:r',:r'゙   ヽ、
           _,,.、-‐''"~ヽヽ、;:;:;|  `‐-  -‐´ ///      `ー-、,__
    `''ー----‐''"       ヽヽ ;;ヽ  ト、__,,.、レ'゙//             ̄ ̄
                   `ー'-、:ヽl  ,r-''゙   ̄

     ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
                  ○
                о
               。

           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }     (魔法金属の兜を探し出して
           ヽ、      ソ       装備してみるか?
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、    内装が汗を吸うはずだが―――)
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  流れる汗、場合によっては血が目に入るのは結構な問題であり、
  ここしばらくの課題の一つとなっていたのである。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

306 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:43:04 ID:Z8o2HuJz
一124.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  ただ、あれだけ汗をかいて呼吸を乱していてもすぐに回復する体力は、
  繰気技術の向上、身体の成長に合わせて随分高まってきていた。

  戦士としては恵まれた骨格、体躯、そして筋肉の質。
  これは先天性のものだが、おそらく父親譲りの物なのだろう。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l
.       /   ハ !.!          ! フーッ
.        /  /  ' ヽ           /       (いや、兜は勘弁だな………)
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  今更考えてもすぐに答えが見つかるとは思えなかった彼は
  それで今日の訓練を切り上げる事にし、
  どうしようかなと頭を掻きつつ館へと戻っていき―――
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

307 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:44:05 ID:Z8o2HuJz
一125.
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  その一部始終を館の窓から見ていた者が一人。

  やらない夫が、朝っぱらから部屋を出て行った気配で目が冷めた雪華綺晶は
  とんでもないレベルの影剣闘を見物してただ驚くばかりであったのだが、
  汗が目に入って隙が出来た事も見取っていたのだ。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一



                              |
                           \  __  /
                           _ (m) _
                              |ミ|
                           /  .`´  \

                              /⌒フ薔}r -  ─ -  ─- .
                                /  ≫'"             \((r-r── 、
                            /  / /                 {斤心}   ハ
                               { / /                 辷炒、     :
                            /  /   /      |    |       ノハヽ   
                           ,'  .′         |    |  |     ´ | |   |
                            |  |    /| |     l  |    |  |  }      | |   |
                            |  | | i | |     l-‐|‐-  | ,  !      | |   |
                            |  | |ィ{{ヘ. !  , / / ハ  /| .  .′   | |   |
                           !ハ!{⌒くΧハl / /! r=ミ、_!//l/  /       .′|   |
 「………良いこと、考えたっ♪」          | { { 必イソ`   f泛沁㍉/  /      |  |   |
                             | {込ニイ     ,込r:少 /  /  /    |  |   |
                            / l |/l '          /  /  /     .|  |   |
                              / ハ| ヽ  、 __      /  /  /      |  |   |
                  .           / /.// // )      /  / .ィ⌒゙\    |  |   |
                            / / /゙ / /`ー─‐t /  //     ヽ  ハ |   |
                          / / / / /⌒i(Y⌒Y´/  /´         ∨、∧|   |
                  .     /   / / {  ' /⌒l_沁t  }             ∨  |   |
                  .    /  / / ∧    / ,)沁t|  /            人  |   |
                  .. /  /  {  | ∧     イ⌒(_人 {           /  \!.  |
                  . /    /   | 八 ハ    |≫≪ンリ                ヽ  |
                  /    /    Y   \ハ_   |⌒Y⌒)|              /  |
                      /     |i     ) (ノ⌒卜-イ八              /l   |



一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
  同じ魔法騎士であるが故に
  頭装備における悩みが分かった彼女は素敵な思いつきに微笑むと、
  時間があるときに買い物に行かなきゃね、と呟いて部屋に戻っていった。
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

※三話にスキップ

 
 
308 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:44:41 ID:Z8o2HuJz
本日の投下は以上になります。
ゲリラにも関わらず合いの手、閲覧本当にありがとうございました。

次回は第一章 第三話になります。

310 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 21:46:11 ID:I0ih1SoZ
乙でした
流石覇王、眉毛すら武器かよw

あとLはやっぱコナタ狙いなのか…?


312 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 21:46:49 ID:Irb18Zre
乙でした!
やらない夫ときらきーが甘酸っぺーww。
それと他の冒険者達の動向が気になるね。
今回も乙でした。


314 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 21:48:40 ID:pxSInzv4
乙でした。
なんか人間くさくなってるやらない夫に好感が持てる。
いや人間だけどw


315 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 21:48:56 ID:yu3FAEKK
乙でした!

汗にすごい剣、ラオウの強さとローゼンに居た時からの話題が引き続き出てきてますね!

人の世界と人外の世界にはそれほど壁があるのか、、、


316 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 21:49:10 ID:YP4yjnn5
乙でした
ミツカミやローゼンで感じたことがないって事はこれがやらない夫の初恋……?
違うにしても雪華綺晶とのやり取りはなんか初々しいな


318 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:53:25 ID:Z8o2HuJz
>>309-316
乙と閲覧をありがとうございます!


>>310
眉毛で人を殺せるかも知れませんw


>>312
そんな感じを受けて頂ければ幸いです<甘酸っぱい


>>314
きらきーとの出逢いはなにか思うところがあるみたいですねw


>>315
ローゼンは完全に人の世界での話でしたが、
町の外は人の力の及ばない領域です。
これからはそう言う部分も多く語っていきたいと思います。


>>316
そのへんは今後、おいおい。。。w

317 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 21:50:32 ID:1hXszLKs
おつ
ない夫は鈴木とも戦ったことあるのか


319 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 21:57:34 ID:Z8o2HuJz
>>317
乙と閲覧をありがとうございました!

土下座衛門関連の話は、
Episode Iでイリヤが出て居た辺りでちらりと。

320 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 21:58:54 ID:+MtW/x0b


汗の弱点を見抜く観察眼を考えると、雪華綺晶の実力も相当だな


321 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 22:03:54 ID:8fXXW8Ua
おつ

それにしても剣一本でヴリトラ倒すとは親父半端ねエなw
ラハブやテュポーン辺りも倒してそうだな


322 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 22:04:18 ID:OuXyTgko
おつおつ
兜がダメなら、鉢金でもすれば良いんじゃないか?w


324 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 22:04:56 ID:3dJ3gDI7
おつかれー
ない夫が少しずつ人間に近づいていってる気がするw

ない夫の初めての親友に告げた言葉って、ジュンであってるんかな


325 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 22:07:00 ID:reVALH1Z
乙っした!
やっぱ文に括りがあると見やすいですね
ん~、きらきーとない夫の今後以上にキル夫が気になるw

キル夫の心情を掘り下げる事もあるだろうし期待w


326 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/07 22:09:03 ID:Z8o2HuJz
>>320-325
乙と閲覧をありがとうございました!

>>320
きらきーの実力については今後・・・・


>>321
ドラゴン狩ってドラゴンステーキ作っちゃう親父らしいですので、
もし刃向かっていたのならその辺りも。。。。


>>322
さて、きらきーが何を思いついたかは近いうちにw

>>323
お気に入りのやらない夫にジト目を向けているのを
姫様に知られたら大変でしょうし、その辺りはどうなんでしょうね。


>>324
ジュンであってます。
Episode I 第三章その1あたりで。

>>325
括りにつきましては今回初導入でしたが、
見やすいとの事でほっとしていると同時に、
助言を頂いた評価人の方には大変感謝です。

328 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 22:09:37 ID:hswTEcXQ
バンダナとか鉢巻(鉢金)で充分フォローできると思うんだがw>汗

330 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/07 22:12:29 ID:8fXXW8Ua
予想なんかはこの先の展開をつぶしかねんから自重汁

369 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/09 05:06:22 ID:3npsuh5E
筆の遅い自分が塗装まで完了させると年越しそうなので取り合えずこの状態でペタリorz

「幕引きの時間だ、イチジョウ」
14z4ak-2-e77c.jpg

全体像
14z4ak-1-e77c.jpg

あ、塗装完成したら再度報告&貼り支援させてください
・・・・麻呂置きたくなってきt(ry


370 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/09 06:08:36 ID:bBe9vvhn
>>369
( ゚Д゚) 神がおる・・・

( ゚Д゚ ) 次は型どりして量産体制ですか?


いや本当に凄い。。。
絵とか立体ものとか、不器用なショボさんには
想像も付かない世界ですん。

かっこいいわ~~~~~~~~~~



382 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/10 19:02:18 ID:oH5+FyQG
この世界の亜人種はどういった立ち位置なんだろう?
どんな種族がいるのか、国家として成立しているのか、対人感情など、いろいろ気になる


383 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/10 19:15:18 ID:ESvt30YJ
                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',   >>382
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ   「エルです。
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|   ハーフ・エルフです。
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/     そのうち出てくるでしょうが、この世界には人間以外の人―――
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'      つまりエルフやドワーフ、グラスランナーの他に
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/         リザードマンやジャイアントなど数多くの種族が存在します」
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |


384 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/10 19:15:34 ID:ESvt30YJ
              ,,/Z_
          ,//'"´::::::::::::::::Z__
         (:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ ̄
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠_
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,∠
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         「ですが、国家と呼べる集団を形成しているのは人間だけで、
       l:::::::::i、::::_ 、,,::::::::::::::::::::::::::::l/\         エルフやドワーフや他の種族は概ね、
       八::::.lハtュヾ rtッ、:::::::::::::::::zヽ、         森や湿地帯など、人間の領域からやや離れた所で
          /'i:;;:l `'´、 `'´ ゙j l'、:レヘ/            集落や村を形成しているのみになります。
       /  " l!\ ‐=  , ソ! リ /
      /、 ヽ   ヽ_/   丿∧            例外としてグラスランナーは遊牧民的な生活をしているようですね」
      / ゙'- \  ヽ_,, /   ヽ
  ,, -/゙/゙,゙゙!ヽ'ーヽ ヽ      ,/゙⌒`''-、l    ,! l
  |..l.!│ l `'''、   ゙ヽ \   // ,,....,   `、ヽ、,ノ、 l
  / i`'ゝ!‐゙  、 \ ヽレl'i、  lレi / /`''―ッイ  、゙!、 |
 | i    \  l  `'-./ ,゙i゙' / "゛  .、  !/   ゙L `l、
 |  i     ヽ l   , ゙ゝ、 l     l   `'''''‐- l  ゙l
  !       `'ヽ   ヽ、  i    |  !   l  \ ` /
  ヽi    \   ヽ ''-、,` { / !  !   i ヽ`'、`゙/
   ヽ l    \   ヽ  `'‐ l      ! l, i  !  }
    l, i     \  ヽ,   l.,..-'''"   l  i  〉 !
     l, i   l し\ ヽ,  !`''ー、、  l  / ノ ノ
     ヽ i  i      l- /       l / __/
      ヽ, ´      l |       li゙‐'゙″
        `''ッ '"゙゛ ゙'-__ ! !  __,,,,,,,__/
          ,ノ¬- ,,_、/  ! ̄_..―ー'i.,|
          l/i'゙,i'  /´   l゙´   、.!
        ゙'`-‐ ´      l ! | .l.//
                 `''"'゙'''"


385 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/10 19:15:47 ID:ESvt30YJ

       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',    「各種族の対外感情はかなり悪いです。
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',    人間はドワーフやエルフ達を見下し、
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',    エルフはドワーフや人間を見下し、
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、   ドワーフはエルフや人間を見下し………」
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l
           /    /   /          ', ', 'i
          /    '   /            i. ', l


386 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/10 19:16:04 ID:ESvt30YJ
                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::      「もちろん、大勢がそう言う感情をすり込まれているだけで
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::      例外も居ますよ?
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::       だから私のようなハーフ・エルフも産まれるのですから。
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、      まあ、産まれる子の事も少しは考えて欲しいですけど」
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
     ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >
.       |:',   \  ',i  ', ヽ |、ヽ l.  ヽl | レ     l /',   'lメ、
      |:::',    ゝ  i ', l  ' ,', \l   |! |!|      l / i    l ヽ

387 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/10 19:16:16 ID:ESvt30YJ
             _____
            __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
           /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
         ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
    / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\    「おっと。
   / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\    『書きため中に勝手に出歩かないでくれ』と
   |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!    >>1が言っているので、そろそろ戻りますね」
   |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
  /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
 /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
/    |      \_____/レ´   //    ヘ

388 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/10 19:28:51 ID:Bf2bnDRN
解説小ネタ乙w

389 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/10 20:00:42 ID:TjB8KX5d
>>1の書きためがL待ちになりましたw

390 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/10 20:13:58 ID:oH5+FyQG
なるほど、それじゃあ刻の涙亭にいたカミーユたちはかなり特殊な変わり者なのかな

391 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/10 20:24:18 ID:ESvt30YJ
       ____
     /      \      >>390
   /         \    「冒険者はちと例外だな。
  /   (●) (●)  \   国家間、人種間のしがらみには捕らわれない連中が多い。
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /   だから町の連中にゃ社会不適合者とか爪弾き者扱いされるんだけどな。
                   そう言う意味では冒険者は全て変わり者で、
                   エルフの冒険者は更に変わり者って事だ。

                  グラスランナーは頭の中がお花畑らしいからよく分からん。
                  ただ、この大陸でグラスランナーはかなり珍しい、
                  俺も今まで見たことがない。

                  エルフやドワーフの集落は三つの国に一つはあるって言うが、
                  地図にも載らないし絶対数は少ないぜ」



       ____
     /      \
   /         \
  /  (○)  (○)  \    「やべっ、俺も呼ばれたんで戻るわ」
  |   ┌ェェェェェェェェ┐    |
.  \ Lェェェェェェェェ._l  /



438 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:00:02 ID:bGJX8R/H
一125.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――
  朝練を終えたやらない夫は、自分の部屋に戻る前に
  後番が居るはずの談話室に寄ってみた。

  中の気配を探ればまだ警護は続いているようだ、
  やはり領主が公務に就く八時半まではここに居るのだろう。
――――――――――――――――――――――――――――


                          \.      |
________   ________.    | ̄ ̄| |
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄|
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    |
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /
|    ./ '       /
|   /        /       / ̄ ̄ ̄\
|,/        /        ./         \
        /        /          ヽ
      /         l           l
    /               l             l   「ま、お互い頑張ろうぜ」
.  /             .l           l
./                ヽ          l
                 ヽ         l
                  .)     __,,../
                 /===、_〈
               /       \
              /            ヽ
             .i       、    . l
             .l i         l     l
             l .l        l     l
             l l       . l     l
             l l       . l    l
             l .l       、   .ヽ
             ヽ .l       ヽ   ヽ
              ヾ、__  ___ヽ_, ')
               l_ ̄_ ̄ ̄__ __ .ヽ_ノ
               l   l   l  l   l



―――――――――――――――――――――――――
  それで、小さく呟いた彼が立ち去ろうとした瞬間だった。
―――――――――――――――――――――――――

439 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:01:02 ID:bGJX8R/H
一126.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  室内の気配が尖ったと思ったら入り口に詰め寄って、乱暴に扉が開かれ、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



   \       \ \     | ,,,--''''' ̄ | // _,,,,--┐   | /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l \┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、  .ィ-ァ| | 「 ̄'   |
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | | |    |
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~.     |  | | |_,,,,--|--''''
====┐ .||/. | | |l.      | | |               |  | | |    |
    ||  ||/ .| | '!      .| | |               |  | | |    |
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
――||―||  | |         | | |               |'.―|‐.| |-,,,,,__ |_,,,,
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |--'''' ̄|'''''--
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |‐-,_____|
    ||  ロ(()==|         | | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /.   | | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..|..\... ___|,,,,,,,,,,

440 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:02:02 ID:bGJX8R/H
一127.
――――――――――――――――――――――――――――――
  顔を覗かせたのはレイピアを構えたエルだ。

  油断無く両側を確認して廊下にいるのがやらない夫のみだと知り、
  なんだ、と拍子抜けした様子。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                   , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
                                 _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                                _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                              ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
                                 ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
                                〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
         「君、でしたか。              ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
         ティターンズかと思いましたよ」       i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
                                    l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
                            .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
                                    " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
                                       '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
                            .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                          !'i   j       ~ヽ
                                          リ 、 /  ―ー '''"""f,
                                          / _冫'''~            ',
                                        / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
                                       l!~    /         ヽ. !
                                       ソ.    /   ン      、 ', l
                                       /    /   /          ', ', 'i
                                      /    '   /            i. ', l



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm
  |     ` ⌒´ノr川 |  「悪い、脅かしたか?」
.  |         },.!  ノ
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

441 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:03:02 ID:bGJX8R/H
一128.
―――――――――――――――――――――――
  と、そこに居たのがやらない夫と知ったキル夫が
  中から低い声を投げかけてくる。
―――――――――――――――――――――――



         ____
         /     \
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln (トェェェェェェェェイ)\        「エル、簡単に信用するな。
    ヽ   L \ェェェェェ/  |        そいつがティターンズの一味じゃないと言う保証が何処にある?
     ゝ  ノ         /
   /   /         \         前の事だってここに雇われる為の芝居かも知れないぞ」
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



                                               /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                                              /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
                                             //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
                     「それはあり得ませんね、         /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                      あの時点で錫杖は完全に       iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
                      敵の手に落ちていました。         リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
                                                ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
                      わざわざ取り戻してまで           リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
                      ここに取り入る理由がありません」    !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
                                                 i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                                                  リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                                                   `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                                       ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                                         ヽ'  /     i         ',



――――――――――――――――――――――――――
  これには五人目となった彼を信用してではなく、
  論理的に変です、と室内に視線を戻したエルが反論し、
――――――――――――――――――――――――――

442 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:04:02 ID:bGJX8R/H
一129.
―――――――――――――――――――――――――
  それ以上この意見を押し通せなくなったキル夫は、
  不機嫌そうに鼻を鳴らしただけだった。
―――――――――――――――――――――――――



       ____
     /      \
   /         \
  /.  (●) (●)  \     「はん、どうだかな?」
  |   ハェェェェェハ   |
.  \  |_ェェェェェェェェ_|  /



IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII



                                                   / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                                               (__人__)     |
                                  「邪魔したな」      (`⌒ ´     |
                                           .     {           |
                                                {        ノ
                                                 ヽ     ノ
                                                 ノ     ヽ
                                                  /      |



―――――――――――――――――――――――――――
  気まずそうに室内と自分とを見比べるエルにそう言い残し、
  足早にその場を離れるやらない夫の耳に―――
―――――――――――――――――――――――――――

443 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:05:18 ID:bGJX8R/H
一130.


┏─────────────────────┓
│ 大方、隙あらば別のものまで盗もうと         │
│ 目を光らせているのさ。               .│
│                              ..│
│ 人畜無害な面をしちゃ居るが、            │
│ その仮面の下に何が潜んでるんだろうな?   ..│
┗─────────────────────┛
                          \.      |.              ┏────────────────┓
________   ________.    | ̄ ̄| |.              │ そんな言い方は無いでしょう。    .│
| //. .:; ||      ||   |   |.  |.  |  |   |    | |. l二| ̄ ̄|| ̄ ̄| .│ 見回ってくれているのかも     ......│
|.//   .||      ||   |   |.  |.  |  |   |__| |   |    ||    | .│ 知れないじゃないですか。     ......│
|     ||      ||   |   |.  |.  |/  ./.    |   |    ||    | .┗────────────────┛
|     ||      ||   |   |.  |/    /       \.  |l   . ||    |
|     ||      ||   |   | /    /         .\|    ||    |
|     ||      ||   |  /    /              \  ||.   ]|
|      〔i|      ||   |,/    /                     \||    |
|     ||   // ||       /                   .\  |
|     ||.  //./      /                          \,|
|     || . /      /                             \
|     ||/     /           / ̄ ̄\
|    ./ '       /            /   ノ  ヽ \
|   /        /             |  ( ●) (●)|
|,/        /                  |    (__人__) |   (キル夫には嫌われてるみたいだな………
        /                 |     ` ⌒´ |    何でだろ?)
      /                      |       |
    /                     ヽ      /
.  /                      _,,ゝ    (,_
./                    /´  `ー-一´`ヽ
                      /  、      , |
                     /   ノ        |  l
                     (  y'l       l_ |
                     ヽ ヽ.        |' }
                      \ソ`ー─‐一ヾ/
                        |    ij  ノ
                         |   |.   |
                        |    |   l
                          i'  ,}  ,ノ
                         l   | /
                         |,_、|,/  カツン カツン カツン………
                          (゙  ))



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  更に届いてくる言い合いは、廊下を進むにつれて遠くなった。

  階段を上がってから、珍しくやれやれとため息を吐いたやらない夫にはまだ、
  彼らの気持ちは分からない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

444 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:06:02 ID:bGJX8R/H
一131.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  思えば十一歳の頃、町で父親を待っている際に首を突っ込んだ
  シアード大陸南東の島―――ファスト=フー島―――の二国、
  マクダーナル王国とサンダース王国の諍いの事件の他には―――

  殆ど他の冒険者と協力して仕事を受けたことが無い彼にとって、
  今回の仕事は初めての事が多すぎる。
―――――――――――――――――――――――――――――――



          ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
      ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
   iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
   ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
  t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ       (良いか息子よ。
  、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ        父はお前にありとあらゆる技術、学問、
  i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'        知識を植え付けることは出来る。
  't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
  ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ        されど『人の心』―――
   'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i        相手が何を想い、お前が何を感じるのかだけは、
   t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|        お前が自分で一つ一つ知っていかなければならぬのだ)
    '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i
    t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '
     ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'
      i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"
  ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
:::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
:::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、 -';、-'":::::
:::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
             ○
             о
               。
                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l    「親父もこればっかりは
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l     教えてくれなかったしなぁ………」
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今までの経験や父親からの教育により、
  単独で事に当たる場合や人の上に立つ場合はどうすれば良いか知っていても、
  冒険者として対等な立場でのやり取りというのは殆ど皆無に近しいのだ。

  少し前にいた三神国やローゼン王国では重要人物の後ろ盾や、
  元冒険者という異分子たる肩書き、緊急の事態も相まって自由に動くことが出来たが、
  ここでの自分はただの雇われ冒険者でしかない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


445 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:07:02 ID:bGJX8R/H
一132.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  まだ彼は、自分の活かし方を知らない。
  周りも、彼の活かし方を知らない。

  長い間続いた父と二人きりの生活。
  それからは殆ど単独で、戦いと鍛錬のみを繰り返してきた彼にとって、
  雪華綺晶との出逢いは全ての意味で転換点となった―――

  そう言っても言い過ぎでは無いのではないか。
――――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー
.         |      (__人__)       (雪華綺晶の事も頭から離れないし………
           |,      ` ⌒´ノ        時々胸が苦しいのはなんかの病気か?)
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



―――――――――――――――――――――――――――――
  事実、彼はこの辺りから少し変わっていった様に見受けられた。

  まるでその無垢な心に掛けられていた加護と封印が消え、
  これから産まれ育っていくかの様に。
―――――――――――――――――――――――――――――

446 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:08:02 ID:bGJX8R/H
一133.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  類い希なる力と才能は未だ限界を知らず。
  内に秘めた理想と想いは父の願い通り、真っ直ぐ貴く育ちつつある。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l
.    l              冫.ー く    (神殿か治療師に相談に行こうかな?)
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  されど、人として―――人界で生きるには未だいくつかの欠片が不足している、
  どこか浮世離れしたこの希代の英雄候補が―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
449 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/12 21:09:19 ID:RFzdsD7H
>>446
医者「そんな相談されても困るわww」


448 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/12 21:09:12 ID:UM5KbyQb
今まで恋もしたことなかったのかw

けーねと、真紅その他から苦情が着そうだw

447 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:09:02 ID:bGJX8R/H
一134.
―――――――――――――――――――――――――
  しっかりと地に足を着いて立つ為の鍵。
  英雄として開眼し、その宿命に目覚めるための使者。
―――――――――――――――――――――――――



               ___      ______     ))
         _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
       / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
.       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
      / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
.     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
     ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
    〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
      ハ i {   il| l| l |, =彳|! l| ,」li⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′
    / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!
.  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //
/ /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
. /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .       / }ハ ハ  ' |
 ′ (     } / // ∧ ((   _ ._     イ イ '、ハ l  !
      ヽ  / /  {   /  > 、  ` ´   イ ノ/,小、 \j l  、
      丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \
    / / ィ )(⌒ヽ/ ゝ ゝぅ   ゝ-、 ,、__」 {    r¬ ) ) ',  ヽ
. / / // //⌒){__厂)⌒ . . . . . . 弋__八ヽ、___) {_ .イ  i i|
  /   '/./    ゝ_r‐-、 ' . .. . .. .. .'. . ..   >ー ニ、ー- 、| lハ
' /   / /          .'   ' r‐、. : '   ' (      ヽ } } ヽ丶 '、
/    / ′        ィ⌒:  :'  「|/  : :   : ⌒)     } ' ハ ヽヽ.\
    / !       く   :' .: . . .`' . '  :   :. f´    / .イ i  i }  \
   {    ヽ/⌒ヽ / ヽ  '  '        '   '   / / / /  !   l ノ   ヽヽ
  ∧   〈     / _ノ--、' . .'.. .. .. . '. . '  K_  { { 〈  /  / 、  i|
  / ト、  ∨   l   / } ヽ --、        / ̄{ ヽ. ニニ=≠ー  ', ||
 '  ノ ヽ   l   /l /  // }  -、Y , ‐ァ  /   ∧   ∨ /{   i }  l!
 /   ∧  l   {|'  //  //  /_レ /  ∧ ,/ ∧   ∨ ハ   / ' / l l
'    / }   |/ ハiト、_ '/  /イ  /   /   {__! ' / ∧   ∨ } イ  | / l l
    /  ノ  人 ハゝ-ゝ .イ′/!辷'´ \    ヽ {  ∧   ∨ / !  l/  l  l
.   /  / / '/\ \\`フ´ 八 `´ ̄) )ヽノ ヽ ∧    ∨ / ./   l  l
  /  / /   /  /`ー‐>、丶 /⌒)     ̄  \ ∨ }    ∨ /   l   ノ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それが特異な能力を持っていた、雪華綺晶=セラフ―――彼女だったのではないかと。

  誠に勝手ながら、そう謳い手は類推せざるを得なかった。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

450 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:10:02 ID:bGJX8R/H
一135.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――
  朝食の後。
  廊下の窓から、公務に向かうベッケナー公の乗る馬車を
  見送っていたやらない夫の肩を誰かがそっと叩いた。
―――――――――――――――――――――――――――



                                             / ̄ ̄\
                                           /   _ノ  \
                                           |    ( ●)(●
                                  .         |      (__人__)
            (領主の証………錫杖………               |,      ` ⌒´ノ
             盗賊団………                       │         }
             目的は何だ………                     ヽ、      ソ
             力押しでは来ないのか………              イ斗┴r┐` .;
             昼間は本当に大丈夫か………)      / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
                                     /     \ ∨\  |,ベ._ / |
                                     {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
                                     |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
                                     :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
                                      ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
                                      `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
                                       }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
                                        }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
                                         〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
                                       {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



                        _
                      /-/,-、
                    /  / ーイ
                  ,イ  /  /
                      /.l . /  ./         ┏──────────────────────────┓
                  ,イ .l  |.   l          │ 大丈夫よ、町の衛兵達が護衛してくれるわ。           .│
               l .|.| |  l    ,ィ=、    .│ 四六時中冒険者頼りだと沽券に関わるだろうし―――   ....│
                l .lリ .ノ  ',   /`-イ     ┗──────────────────────────┛
                l         i   / . l
               |        `シ   /
                   ',              /
                   ,            /    ポン
                   i、        /
                   /       /
                /      ./
              ./      /´
            ./        ./
             /       ./
           /       ./

451 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:11:02 ID:bGJX8R/H
一136.



  ,イ冖!/てヾVYjヽ_, l、 ,  ',斗七  '.,ヽ 人,,リ
 从r'弋心ノ',イj从i   l....ヽ/ '; :::\  l ::/イ
.<  ゝ._`フノノハ、 .i  l::::''ゞ从_i⊥、;\j .i          「昼間は任せましょう?」
  弋 _、.>√勿/ヽi. ハ   V{ィrャミ <  丶_
  )) /´  `.i`...'.,::、 '、 ハ  `.辻,ィ'}      ̄|
    l    :::   ::',::\ iヽ   |下乙     /
    l    ::     ;;; ::ヽ| ゞ         /
    ,'  ..::    ,:'::, :::|           (
    ,'   ::    .::  ::: ::|`(  Y ヽ、     /
   ,'  .::  .:: .::..  ::: :| ,ゝ‐イ .ノゝ___,,ノ
  ,'  .:::  ..::: .:::  ::: :::!" `丶、s ̄`)
  ,' .:::/  ::: .::    :: ::/   l  .l ヽ ̄)
 ,' ::; '  .:: :::    ノ,/ ヽ、 ヽ / /、ゝ
.  / ..::: :::   // `丶、`  '彡,廴`;;;;;
  ..,,,_::,,__.:,,,,::://‐-、__   `丶 .ヽ /∧/|
 Y        ̄ -  ,,,, ` ‐ - 、 .Y..∧/|
               `ヽ     ヽ|∧//|



                                                  / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                                               (__人__)     |
                                    「そうだな………」     (          |
                                           .    {          |
                                               ⊂ ヽ∩     く
                                                | '、_ \ /  )
                                                |  |_\  “ ./
                                                ヽ、 __\_/


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  役目では無い以上、自分の手の届かない場所の事を懸念しても仕方が無い。

  顎に手をやったやらない夫は信じてやらなければ騎士団に失礼だな、と
  気持ちを切り替え、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

452 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:12:02 ID:bGJX8R/H
一137.



  / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
    /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
    //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
    ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
  /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
_/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|     「ところで、時間があるなら少し話そうよ。
 /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |
´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !     私、自分の他に魔法騎士ってあんまり見たことなくて、
         / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |     他人がどんなのか興味あるんだ」
       /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
      /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
   , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
 /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
__ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
   ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
    /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \



―――――――――――――――――――――――――
  違和感の事も含め、彼の事をもっと知りたくなっていた
  雪華綺晶の申し出に快く頷いた。
―――――――――――――――――――――――――



                                  / ̄ ̄\
                                /  ⌒ .⌒\
                                     |   (●)(●)|              /勹
                                     |   (_人_)│         /ヾ/
                                    |     ` ⌒´  |        /ヾ/
                                |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
  「良いよ。                            .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
   談話室に行こうか」                  / lヽ     /    /`弋ll
                           _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
                      ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
                      /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
                     l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
                     ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
                     〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
                     !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
              .      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
              .       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
                   /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
              .     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
                    ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
                   ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、


453 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:13:02 ID:bGJX8R/H
一138.
┏──────────────────────┓

  確かに俺も、他に魔法騎士って滅多に見ないな。
  親父ぐらいか?

┗──────────────────────┛

                                       ┏────────────────────┓
                                       
                                         へえっ?
                                         二世代続けて魔力持ちなんて聞かないよ?
                                       
                                         すっごい珍しいね。
                                       
                                       ┗────────────────────┛



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:   ガチャ…
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


454 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:14:01 ID:bGJX8R/H
一139.
――――――――――――――――――――――――――
  肩を並べて談話室に向かい、扉を開けると先客がいた。
――――――――――――――――――――――――――



                                    ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                              .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                              .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                              .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
            「――――なんですね」          ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
                                     li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
                                       ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
                                       ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
                                          ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                            ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                              l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                            ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                                      ヽ ヽソ



          / '´  `ヽ
         //
          !i     /:ヽ-.‐: : :ニ二=‐
        ゙、 ,. : ':": : : : : : 、: :、 _ .`.ヽ、
          ゝ゛: : : : : : : : . .:i、:ヽ: :`ヾ、_:.\
       , ':i: : /: : : : :ト、: i: : :.i x-゙i: : : :.ヽ ``
       /: :.!:/ . .,.-|:.| ∨!: : :l ヾ:i,: :ヾ:. `、
.       i  }l. : : /: i'| |  !|、: | _,,⊥!: : i;::: :`、
        !. : :l: : : : : :! |:|,,.、l|ヾ:| 彳ハ`ト、:.|`ヾ:.i
       l: : !: ;l: : : :!ッi"、ハ   リ  、_j! l ヾ!  ヾ
         V:|:/:.!: : :!ヘ' 、__j!    `゛ ・|i    「………この町にも目撃談は無し、か」
       ヾ": : !: :,! i `''"   。  /:|
          i: : !: l ハハ.___,./)|:: : |
        |: :!: : {: : :ヾ;| r く,/ ム:.!: : |
        j:/: : :∧: : : :\ヽ_ {.:ト: :.!
         l/: : /==`ー、: <!三ミミヾj Υ
        /: : : |====≧シl二`ヾミミ}|
         /: : : : !、     |   `ヾミ! !、
.       /: : : : : :}ヽ     |     ノ`ヽ`、
       !: /: : : :.∧」:、         /   ,l
      l: /: : : : ;': /.ハ \    ,/   /
.     l.:,!: i : : :i!:.(  \_〕ト、_ノl_,.ィ'「
     l:.!|: :!: : :.!|: ;>、    |`ァ''^ヽ |く
     |:l l: l: : : l/ / `ーr-l∠ィ"^ヾ、ヽ

455 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:15:02 ID:bGJX8R/H
一140.
―――――――――――――――――――――――――
  珍しく口を開いて話していたらしいコナタと
  穏やかだった表情を一変させたエルは会話を止めて、
―――――――――――――――――――――――――



                               /,.. .:-ニ''"__ _
                           〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
                           (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
                          ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
                          /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
                        /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
                          ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
                        ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
  「………おや」            _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
                    ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
                    ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
                 _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
              _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
            ‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
            ´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
              ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
                >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
               _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
            ‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
                 〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
                 ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >



                 ,. ‐,ニニ丶、
            //´   `ヾ:
            j.:/
            {:{          _,.,
             ,. -:`: :": ̄:゙゙: :'':‐- :'": :|
         /: : /: : : : : : : : : : : ; : : : :「 ̄二: :_‐.、
       , ': : : :/:./: : : : :,: : :.ィ::!: : : : j: : : :`ヽ、``丶、
        ,': : : :./, ':::; : : : :./: :, ':|::!: : : : ;{: : . . 、 ` 、
       i: : .:: :,!':::::/: : : ;/: ; '::::::!l: : ; : :ハ: : : : :、: : .ヽ
        !: : :::/::::::/: : :7フア'‐::::::l!: /: :.,'_;;;j: l: : : ヾ::、: :゙:
      .|: ; /::::::;,': : :/_l/___::::::j.:/ : /::::::::i:.|: : :i: l`ヾ: :l
.      ,!',/:;:イ,': :./!{T示干':::::;!/: :/ィ夫ォキ|: : :l: :!  ヾ}
      /イj/:/_|:!: /::|::.!_ l|::::/イ:./::l_ l | lハ{: : :{: :|    「……………」
     / !: :゙ ' ||;/::l:|:::ヽ-' .::::::::::!/:::::iー' :::!:l'|: : ハ:|
       .!: :: ゙l'||:::: i:|::  ̄    '′  ̄ ・l::l !: ,' ゙:,!
       j: : : l::l :::: :i:ト,、      ,,  _,..ィ:.|. |/
      /: : :/::;l ::: : iヘ. ` 7 、-‐ァ:'/|:l::::: :|
     /: : ;!く . l: :: : :i.゙:、 い`ヾ、/ |:|:: : :|
     /: :./\\.!; ; ; ;.i ゙:、-┤ || ト.||: : :.|
     /: :.{'^ヽ ヽ.ヾ: : : :l ゙:、 |  || |ハ|: : :.|



―――――――――――――――――――――――――――
  戸口に立つ二人に何か用か、と無言の圧力を放ってくる。
―――――――――――――――――――――――――――

456 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:16:03 ID:bGJX8R/H
一141.



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |
          . |   (__人__)  |     「おっと、使用中だったか。
            |   ` ⌒´  |      別の部屋に行こう、雪華綺晶」
          .  |         }
          .  ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/     「………いえ、気にしないで良いですよ、
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'      別に重要な話をしていた訳でもないですし。
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ         幸いキル夫も居ません、
         /\          /ヽ- '             お互いの事をもっと話し合いましょう」
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |

457 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:17:02 ID:bGJX8R/H
一142.
―――――――――――――――――――――――――――――
  コナタは何も言わなかったが、エルを肯定するように頷くので、
―――――――――――――――――――――――――――――



                                           ,,===、、
                                           //    ヾ、
                                              l:|      ヾ.
                                           __!__/:ヽ、___l|_
                                   ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
                                   /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                                   /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
                                  /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
                                ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
                               / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
                       「……………」        /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l  
                                   l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x
                                    V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N
                                      `  N: :ゝ、_   _    .ノ : : N : : l
                                  コクリ  .│: : :|  ≧ t - <: : /: : :ハ: : :l
                                         .l : : :|./ |,─ 、./ //: : : l: l: : :l
                                        .| : : :|   |ィ ヽ/ // : : :/彡l、: l
                                          |: : : |  .| ⌒/ //: : : /〃彡l l
                                         |: : : |  .| / // l l /,´/  |l



    `ミレ_____/三ニ   -    ヾ ミヽ___
   _ _ >//K/f´               \ `ー`ヽ
   `゛=っノノ                   ヽ  `| |
    / >/        /    ;  ;      |ヘ  | |
   i´   /  ,     ,  / /   |  |  ;     | |  | |
   |   /| ; |     / / /  ; __ノ=+- 、|  ;   | |  | |
   | ; | || | ;___ . | | /i  / //_/__ ノ`ハ |  | | | |
   | |  | ヘi  ||`iレミヘiハli // //,=テ=ミノl ノ ノi l  | |    「そう?
   | |  i ミ  |ト i ilト哀ノ>イ´ ´f::::::ハ jメノハノ//i i  l l     じゃあ遠慮無く」
   ;| |   | ヽlヾミfニ及彡ノ ,  弋:.:ソノ /y/イ l    |
   | ハ   ヾ  ト゛´-Z/        ノ l  i  ヽ   |
   |ノ i   |  | `>`)  ー -   /;;;ill  | | ヘ   |
   |  |l   |  | //ト=i-= 、_ _ イミノil l |  | |     |
   |  ||  |  |ソノ/ノつ= ≧≦三ハ_ム  ilY      |
   /i  . l  | | |-ミ彡ー-゜/ii iiヽ`、ミrル  ) li      |
  / li  l i  l ノ/   `/oフ> `´<l oヽ  ノ  il     |
 /  i il   //  ヽ -ノo/< <> >ioヘノ/       /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やや微妙な雰囲気ながらもエルの隣にやらない夫、コナタの隣に雪華綺晶が座って
  沈黙が五秒。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

458 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:18:02 ID:bGJX8R/H
一143.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  テーブルの上のポットから、自分のカップにだけ紅茶を注いだエルが最初に口を開いた。
  隣のやらない夫には、視線を向けないままで。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



ニ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニン':::::::,'::'::::::::::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_、/:::::::::::::.:::::i:::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::_ェZ_,リ゙i::::::::::/i::::::i:::::::i!  . ‐、
"::::::::::::::::::::::::::/tニ::::::::´::,ニ-‐'i し'j /::ン:::ィjl:::::::!:!i::i i´ ,: .ン"j、、
:::::::::::::/:::::ン::ヽ!:::,::::::;:,'.   ヽ= '/´/Lソ,':::::::り:i ノ  i/  /  ,}、       「ちょうど私達も知りたかったんですよ。
""ヽ‐-、:/_/ン'7/i:::://           i ,'::::::,' 'ソ /┐,' ,i{、 ,r' ,_'ヽ
、、  ヾ、 ヾ.  !´ .l::://         ,. _,:' /:ハ::i ,rーY'7-、yゝ'ィ'ヽ ヽ  ヽ.     新しく関係者になった、
 ヽ   ゙:、 ゙,;    l::iヽ.        ,:'  ,: /:/ リ `ー//ゝ:' `ヽ、、ィ:ヽヽ=' i     やらない夫君の事をね」
  ヽ.   '、 i',.  !:l  `::.、   ‐'"`゙¨´ヘ、|!    //      `i ゙'  i
   ヽ  ヽ.i ゙  リ  :::::ヽ、    , '´F====゙=ヲ      i    .i
     `,  . ヽ!ヽ  ..::'''''':,',' ``'' ",r‐;fテ''j~ ̄ ̄ ̄ ,'      i    i
     ゙,  i  i ヾェ、_,ン ,' ; _,:r'´   '´-,    /        .i    .i
     i  i ,' ヽ、___,ン .ir'~´      ニ;―― '       .i     i



                                                   / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                        「俺の事はやらない夫で良い。     (__人__)     |
                                                (`⌒ ´     |
                         知りたい事とは?」       .     {           |
                                                {        ノ
                                                 ヽ     ノ
                                                 ノ     ヽ
                                                  /      |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  仲間や協力者とは言わない彼が、まだ自分を信用していない事を暗に告げるので
  何が知りたいんだと尋ねると、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

459 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:19:02 ID:bGJX8R/H
一144.
――――――――――――――――――――――――――――――
  そこでやっとやらない夫を見たエルは、
  思いっきり顔を近づけて至近距離から彼の瞳を覗き込んだ。

  それは嘘を言っても見抜く、そう言わんばかりの真剣な眼差しだ。
――――――――――――――――――――――――――――――



                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
               _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、         「………ではやらない夫、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、          君の職業は何ですか?
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.          夕べは魔法使いと聞いていたのですが」
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=
    iヽ    i! ヽ ヽ               , '/i!   /



                                                  / ̄ ̄\
                                             rヽ  / ノ  \ \
                                             i !  |  (●)(●) |
               「魔法騎士だ。                     r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
                今のところ剣が本職だけどな」         〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
                                         l` ( ``/ .  |        }
                                         ヽ   l  .  ヽ       }
                                          |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  もう、自分の持つ能力を隠そうとはせず、きちんと理力魔法も修行して
  それを名乗る覚悟を持ったやらない夫が答えると―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――

460 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:20:09 ID:bGJX8R/H
一145.
―――――――――――――――――――――――――――――
  何故か壮絶な、そして冷徹な表情のコナタがちっと舌を鳴らす。
―――――――――――――――――――――――――――――



          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V  チッ
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l



                         , -┐_rュ     ,-v- 、 _, -z__,
                         _ / ,ィ´ ..斗-z―r-l f:! __r'_ィ7、 __ト、
                        {!」_/ / _ ノ  、_ヾ=' l !`ヽi__ノ } ヽ
                     ,ィレi  ´ /   、_  ̄ ヽ:!_ー<-'´ヽ i!
                        (/ レ′ ,     i    ヽ ̄、_ノ´i`iLィ´  l
                      /  〃    |     l  ヽ r' (」_    |
                         ′ /    , = 、_ノ  |  }  「`iノ    !
 (また―――!)             l i l _{_>-、{{ ! -――!‐i !  l ´   |
                        Lハ,イ_r'_ヘ.! 'r'└'ィチ孑z ル'l  l      l
                      {iY ゞ'_ノ_ノ   辷シ /  l  l     |
                        7ト仟'´ '       ;  r'  、      ト、
                      /  iT>、  ^   ,. イ  l:    i      l ヽ
                        /   く  t>-r__7-l l   !、   l     ヽ
                          /  /`:、_) ヽ (_   〈ヽ._ 、j   !
                    / __,ゝヘ  _ノ 「 、 r< :! ノ、 }  ′ ;'
                    / く‐-L.. _ 7 !>ニ<`l 厂__ ; / ,イ
      .           /  , --'_ ート rヽ」>ニ<ノ_」'´ ( ル′ / l
             _ . ´ r‐' ィ- { z'Y´ト、ヽ.辷'⌒Lz'´ _r‐y┴z,  {  、   :、
        ―- '´    , ヘム 、ノヽr'__}_},ィ ヽ.厂`Yヾ. /r'⌒Y_ーュ  ヽ  ヽ
                  レ ´  ! } _.「 rくiL../´フv'´f'ヽ Yi/ ,r' ノ `Yヾ!  〉  \
               /    レ´!ノ_ノfレハi L.L、ト、v'_j`ヽ._リイK`Vリハ {
        ,      〈    ' ハ _.ノ L.ム-v !l ヽト、`Y ! レ'_r‐ ' r )ヽ `ヽ.
               ∧r- 、  〈 !r-「(_  >リ ` ̄`ヽ=≧、>、__rに`!_.ノ    \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分が魔法騎士だと名乗った時や、夕べやらない夫が―――勘違いだったのだが―――
  魔法使いだと告げた時も同じだったと記憶している雪華綺晶は、
  一体何が不満なのかと彼女を見るが、
  感情の起伏がかなり薄いその目からは何も読み取れない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

462 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:21:02 ID:bGJX8R/H
一146.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一方エルも、全く凄いとは思っていないのがありありと分かる棒読みで驚いたフリをし、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/      「へぇ~、凄いですね~。
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/          雪華綺晶もそうですし、
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ           以降ティターンズが手を出してきても
         /\          /ヽ- '               簡単に事は運ばないでしょうね」
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



                                                   / ̄ ̄\
                                                 /  ヽ、_  \
              「大体、そのティターンズとやらは              (●)(● )   |
              何のために領主の証を盗んでいるんだ?         (__人__)     |
                                                (          |
              町で聞いた話では、                  .    {          |
              すでに他の町の証も被害に遭っているようだが」     ⊂ ヽ∩     く
                                                 | '、_ \ /  )
              (………この反応はなんだ?)                    |  |_\  “ ./
                                                 ヽ、 __\_/



――――――――――――――――――――――――――――――――
  これにはやらない夫も違和感を感じてその原因を考えてみるが、
  もちろん分かるはずもない。

  取りあえずは、自分が思っていた疑問の方に話題を誘導すると、
――――――――――――――――――――――――――――――――

463 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:22:02 ID:bGJX8R/H
一147.
――――――――――――――――――――――――――――
  君の意見が聞きたいな、と雪華綺晶とエルがそれに乗った。
――――――――――――――――――――――――――――



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ    「まだ、分からないの。
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―‐ヾ/   ;{ |   /
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i     奴らが活動を活発にしたのは一月ぐらい前からで、
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zブ ,  i   i!  │     それまでは何処にでもあるような
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ'     ' 冖` /  |   |   !     盗賊団だったんだけど―――」
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '      /,.'z |   |   八
  \ 彡 /,'   |! !i{  ゝ.   ´=`    イ /   リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ  j⌒}r、  -  <iム,'  /   八 {!    ヽ、
    i ,' .,'   /  ヽ  \  ⌒)__r- '^Y´ 7 ,イ     \     i
    / /  ./    } Y.)     ))   ム  i ヽ      `ヽ、  .!



                                      /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                   /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                     /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                   ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
  「突如として規模を拡大し始め、              /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
   組織的で計画的な行動を始めました。        /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
                                      i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
   やらない夫はこれをどう思いますか?」          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
                                    'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
                                        ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                      ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                           リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                               ``ヽ、 //  〃         ヽ

464 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:23:02 ID:bGJX8R/H
一148.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  いつもの考える体勢。
  目を閉じて腕を組み、しばし頭の中で情報をかき混ぜてからの推測。
―――――――――――――――――――――――――――――――



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ー)(ー            「………統率力のある人物の台頭、
.         |      (__人__)           そして規模を拡大出来るだけの美味い話………
           |,      ` ⌒´ノ           あるいは、出資者の目的。
          │         }
           ヽ、      ソ            ―――それは領主の証に繋がっている」
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



                                             ,イ∠.-7_
                                              i::::::::::::::::::::ミー
                                            r'::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                           n l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     「同意見です。                           r ┘! !i:::::::;:-‐'''''''゙'´ ̄''ヽ
                                             {__. i レ/ 丶        ヽ
     ただし、国王から与えられる領主の証が             ヽ ヽ_.|  ヽ  j       ゙、
     美味い話とどう結びつくのかが分かりません。            〉'´ ゙!  / ノ        冫――――――‐,
                                           ヽ   |   |ヽ、       // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
     ベッケナー公も、特に詳しい話を                    λ i、 .l゙l,         // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
     ご存じな訳でもありませんでした」                  | i ` .i \.      // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                           ヽ、ヽ=ィ    l 、   // ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                             \_.\___|___// ・ ・ ・   ・ ・ ・/
                                             '―r―┬‐┬―.l l ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・l
                                               \ |  .|``ー l.l   ・ ・ ・   |
                                                 〉ニ|  .|=-ェ-l.l   ・ ・ ・   |



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  考えた時間は短かったが自分達が得た答えと同じだったので、
  適切な推理です、と親指を立てたエルは持っている情報をやっと出し始め―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:24:02 ID:bGJX8R/H
一149.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  どうやら同じテーブルに着くことが出来たようだ、とやらない夫は内心息を吐いた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)         「エゥーゴは大地の女神信仰が盛んで、
  |     (__人__)          聖遺物だか宝具だかに関する噂も多く残っていると聞いたが、
   |     `⌒´ノ          領主の証が関係している可能性は?」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃         (でもこの世界に残された、大地の女神の聖遺物の噂話に
   ヽ、l    ´ヽ〉           錫杖なんてあったかな?)
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|



                                           ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                          i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                        i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                           !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
  「それが問題です。                 .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                           i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
  やらない夫の言うとおり、                         !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
  この国には大地の女神に関する話が多い。                  /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
                                           '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
  しかし諸説紛々、噂話から真しやかな伝説まで                `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
  無数にありまして―――」             .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                                ヽ、、      /::::    : //
                                                    i    ., '""'-、,,__.._ //
                                                   ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                           |.  ヾ、:/



―――――――――――――――――――――――
  真実は国王ぐらいしか知らないかもしれませんと
  手詰まりである事を答えられ―――
―――――――――――――――――――――――


5 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:25:03 ID:bGJX8R/H
一150.



    `ミレ_____/三ニ   -    ヾ ミヽ___
   _ _ >//K/f´               \ `ー`ヽ
   `゛=っノノ                   ヽ  `| |
    / >/        /    ;  ;      |ヘ  | |
   i´   /  ,     ,  / /   |  |  ;     | |  | |
   |   /| ; |     / / /  ; __ノ=+- 、|  ;   | |  | |
   | ; | || | ;___ . | | /i  / //_/__ ノ`ハ |  | | | |     「そもそも聖遺物であれば、
   | |  | ヘi  ||`iレミヘiハli // //,=テ=ミノl ノ ノi l  | |     徳の高い契約者しか触ることも出来ないはずだし、
   | |  i ミ  |ト i ilト哀ノ>イ´ ´f::::::ハ jメノハノ//i i  l l     宝具だったらわざわざ領主に渡さないで
   ;| |   | ヽlヾミfニ及彡ノ ,  弋:.:ソノ /y/イ l    |      王城の宝物庫で厳重に保管しているんじゃないかな」
   | ハ   ヾ  ト゛´-Z/        ノ l  i  ヽ   |
   |ノ i   |  | `>`)  ー -   /;;;ill  | | ヘ   |
   |  |l   |  | //ト=i-= 、_ _ イミノil l |  | |     |
   |  ||  |  |ソノ/ノつ= ≧≦三ハ_ム  ilY      |
   /i  . l  | | |-ミ彡ー-゜/ii iiヽ`、ミrル  ) li      |
  / li  l i  l ノ/   `/oフ> `´<l oヽ  ノ  il     |
 /  i il   //  ヽ -ノo/< <> >ioヘノ/       /



                                           / ̄ ̄\
                                          / ヽ、_   \
                                        . ( (● )    |
                                          . (人__)      |
                         「なるほど」          r-ヽ         |
                                        (三) |        |
   (………リフが言っていた話とは無関係?            > ノ       /
    いや、市井の噂話を都合良く解釈しただけか?)      /  / ヽ     /
                                      /  / へ>    <
                                      |___ヽ  \/  )
                                          |\   /|
                                          |  \_/ |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶の補足になるほど、と腕を組む。

  神々の所有物が大地に残された聖遺物と異なり、宝具と言っても様々だ。
  人間が勝手に言い出した物もあれば、神が何らかの啓示をして宝具となる場合もある。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

6 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:26:06 ID:bGJX8R/H
一151.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし、状況に違和感を禁じ得ない。
  ティターンズの起こしている事は大きいのに、それに釣り合う理由が見つからないせいだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l
          l  ´ イl   (___人___)  l           (確証のない噂話を餌に
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l            盗賊団を拡大、組織だった活動をするなんてあり得るのか?
.       /   ハ !.!          !
.        /  /  ' ヽ           /            あるいは伝承や書物を調べて、
       l   // 、ゝ       / ヽ_          国王ぐらいしか知らないはずの真実に行き着いた者が居たら?)
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



――――――――――――――――――――――――――――
  こめかみに手をやって深く考え込んだやらない夫はふと、
  もっと直接的な可能性を思いついてテーブルに腕を下ろし、
――――――――――――――――――――――――――――


7 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:27:02 ID:bGJX8R/H
一152.



             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |    「金銭との引き替え要求は?」
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |            〔ll〕
            ヽ        }             |!l|
          __,, -ヽ     ノ -、              |!l|
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .          .!Kl
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }     .〈wl≦《》≧lw〉
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ       l》 《l  _,,. -‐''"
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }      _,_|,,.-‐''"
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,,. -‐''"
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"




                                          ,ィ''´_二----`' - 、__
                                      /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
                                     /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
                                    // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
                                    {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
                                     Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
                                     {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
             「今のところ、出てないよ」           __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i
                                    i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
                                    }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l
                                     'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
                                    i ′    _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、
                                   r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
                                   `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
                                     ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
                                    | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
                                    l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
                                     i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \


8 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:28:05 ID:bGJX8R/H
一153.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  素早く答えてくれた雪華綺晶にありがとう、と頭を下げると、
  注目を集めるように指を一本立てて、これからの活動指針を決めようとした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



      / ̄ ̄\
      _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
    .( ●)( ●)  ..| / |  「奪えるだけ奪ってから要求するつもりなのかも知れないが、
    (__人__)     .|./   /   それが行われないとなると証その物の、何らかの価値を狙っての事だろうな。
     i⌒ ´ .r-、  |/  /
     {     ヽ, ',. .,/ :/',     高々盗賊団が国を相手にするには余程の理由があるだろうが、
     .ヽ   .|  l_/_, -‐、',     それが分からないとなると―――」
      .ヽ . |   / , --'i|
      /   {  V , --ヘ
      |   ヽ  L| r= |



                                               /,.. .:-ニ''"__ _
                                           〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
                                           (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
                                          ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
                                          /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
                                        /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
                                          ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
  「専守防衛にならざるを得ません。                 ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
   そのおかげで私達はこうして                  _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
   仕事にありついているわけですけどね」          ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
                                    ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
                                 _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
                              _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
                            ‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
                            ´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
                              ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
                                >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
                               _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
                            ‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
                                 〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l
                                 ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   | >



――――――――――――――――――――――――
  だが、何杯目かも分からないお茶を啜ったエルが
  余計な事は不要のはず、とやんわり否定し―――
――――――――――――――――――――――――

9 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:29:02 ID:bGJX8R/H
一154.
――――――――――――――――――――――――――――
  現状に受動的なままで良い、と暗に言われた彼は
  別の視点から情報を固めようと聞き取りを続ける事にした。

  国王が真に伝説を知る者であり、
  単純に領主の証を奪われる以上の影響があるのであれば、
  何らかの大きな動きがあるはずだと思ったのだ。
――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)     「なるほど。
  |     ` ⌒´ノ      ちなみに、証を奪われた領主はその後?」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



                                 ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                  |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                  /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                    { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                      ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
 「さぁ。                                   |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
  王都にお呼び出しでもされているのでは?」            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                      ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
 (………なるほど。                               |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
  国王の動きで重要度が推測出来るはず、ですか。          リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                     __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
  これは盲点でしたね)                       ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                            ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                              | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                            、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



―――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、その情報を調べていなかったエルは内心舌を巻きながらも、
  再度、立ち位置はあくまでここの防衛のみなのだと答える。
―――――――――――――――――――――――――――――――

10 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:30:03 ID:bGJX8R/H
一155.



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    「失職と何らかの処罰ぐらいはありそうだな。
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |     それにしても相手の目的が分からないと何だな、
       / ミ)      /     ひたすら錫杖を守るだけじゃ後手に回るどころか
      ./ ノゝ     /      対策のしようがないぞ」
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |


                                              ,   ,,,.:-‐,,..... -
                                            , ::':ル'´:ー''´::::≦-
                                             r''ニ、:::::ニ=-:、::::二ェェッ=-‐
                                          r'::::::ニ-、::::::::ミミヽ、::::::::::::::=ニ_
                                             /:://:::::ミ、::::::::::::\ヽ、:::::::::::::<
                                            ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                                            /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
                                        /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
 「国王様が何とかするでしょう。                        i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                                          / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
  私達は、それまで錫杖を守っていれば             rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
  大もうけなんですよ」                     / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
                                   |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
                                   /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
                                  〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
                                 /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i
                                  /   ゙l i  'i j/  ,..-‐' ̄         ! /   |
                                /     ll、ヽt,ケンェ‐'´            ,!'    .|
                          .      i┴、>ニ ン`''=ーン´ヽ             /ヾ!ー,-,ン.i
                               リンニ--/    , '   ヽ           /  |、-‐'´  i
                              /r'  ii"     /               /  l  、   i
                             く lハ l:l    イ \          /  /  < ミ、、`ー.k
                              |.   l::',  /シ          , '  , 〈   ノ゙ -ー、-ヽ.i
                              !、   !、::ー::k ヽ        '   , ' メ、  ノ    `ヾ,!



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルが期間が長ければ長いほど良いんですとばかりに断言するのも当然だ、
  それが一般の冒険者として当たり前の考え方であり、
――――――――――――――――――――――――――――――――――

11 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:31:02 ID:bGJX8R/H
一156.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  この場の防衛をより有利にするためと言うより、
  根本原因を突き止めて改善を図ろうとしている様子のやらない夫が逸脱しているのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',      「まあ、そうなんだけど」
          __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬
        /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



                                          /,.. .:-ニ''"__ _
                                      〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
                                      (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::
                                     ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
                                     /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
                                   /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
                                     ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
                                   ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::
 「何か不満でも?                      _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
                               ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
  盗賊団を根絶やしにして               ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
  ご褒美でも狙うつもりでしたか?」       _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
                         _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
                       ‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
                       ´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
                         ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
                           >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ
                          _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
                       ‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ
                            〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、
                            ヽ!   ' ,   li  'i\ .liヽ  l '. / | ,' /    l  ,   |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  確かに盗賊、山賊、海賊の類は壊滅させて首を挙げれば国から褒美が出る。
  それを狙ってのことか、もしくは勇者様か英雄様のおつもりですか、とエルが皮肉ったので、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

12 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:32:02 ID:bGJX8R/H
一157.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  理解は得られそうにないな、とやらない夫はそこまでにしておいた。
―――――――――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
           (__人__)      |         「いや、何でもない………」
            l` ⌒´    |
           {         |          (そうだ、冒険者は契約した仕事以上の
           {       /           結果を望んではならない。
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_       親父に、そう教わったっけ)
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                                              ___   __ _))r-、ィ⌒ヽ
                                             {薔}      λ廻 }⌒ヽ
                                           /./       辷ニソ
                                          / /   l  l l  l (( \
                                            / / l  l| /i| i| i| | | l \
                            .               / / l | l | / i|/_|/ | ! ! |  \
  (―――まただわ。                             /  | /! | r//  イ示ハ|/! /l l  i
                            .             /  /レ' l l必})  弋沙/ l l l|  |
   君が何のために                          /  /   l,リゞ彳,      レ! l |
   冒険者をしているのかが分からないよ、  .             /  /   / ノ八  _     / /  i!
   やらない夫―――)                        /  /   /  l l ゝ、   _ イ /  |
                                      .′ i  /  / / /_fTフ./ / ヘ. |
                                       i  / /  / / /r| /ノ i  i! しヘ ヽ
                                     / / /    / / /ノfi フしヘ!  |ィ⌒´ヘ
                                   / / /    / / {  { ノ≫≪ |  |ノ⌒てi
                                   i i ノ   / / ヽ У|≫≪ λ  \ ̄`>
                                   // (    (  \  i fてzr-z_ノ \  \ ノ
                                  /ノ  i   \  )  )   ⌒乙  /  /



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  一方、金に興味を見せない、名声に執着すると言うわけでもなさそうな、
  まるで純粋な人助けを目的としているかのような彼の素振りに
  疑念を膨らませていたのは雪華綺晶だ。

  あるいは戦いを好んでと言うより、自己研鑽の類なのだろうか。
  もしくは遺言か捜し物か。

  ただ、自分自身も他の冒険者とは全く違う理由で冒険者をしていた彼女である。
  だからやらない夫を否定する気もないし、
  むしろ目的を教えてくれれば手伝いたいとさえ思えるが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

13 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:33:02 ID:bGJX8R/H
一158.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  時間はたっぷりあるのだし、ゆっくり進める事にした。
  ひいき目なのかも知れないが、やらない夫はそれで良いと思わせる風格がある。

  おそらく自分以前に彼と出会った人達も、
  同じようにあるがままを受け入れさせられたのだろうなと何となく思った彼女は
  くすっ、と笑うと自分の中の好奇心に、より素直になる事に決めた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



  / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
    /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
    //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |
    ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l
  /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
_/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|     (まあ―――
 /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |      これから追々教えてもらうよ、やらない夫)
´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
         / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |
       /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
      /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、
   , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\
 /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
__ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
   ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
    /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}  「……………」
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ところでその時のコナタと言えば、
  全く彼らの会話に興味がなさそうに窓の外を眺めていただけだったりする。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

14 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:34:02 ID:bGJX8R/H
一159.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  元々、エルと二人組で冒険者をしていると言う彼女が
  無味乾燥な人物である事はここしばらくで知っていたが、
  もう少し反応が欲しかった事、やらない夫の事をもっと知りたかった事もあって
  雪華綺晶は話題を変えてみた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          _  、  _  __  ,r __
        ,.ィ´yヽノ)'´  `´    `'ゞ、イyヽ.ヽ、
       / 辷_ソ            辷ツ) ヽ
        /l  )) ゞ=-'/  l l  l l  、 (( 、ゝ=-' ヘ
     / l '´ l   l l l l l l l l! l  ヽヽ` 、 ヽ  ヘ
     ,'  /!  l   l l l l l l l l ll 、 ヽ l l! l',   ヘ
    ,'  / l  l _l l!(( l l l l l´l`l' 、 l l l! l.ヘ  ヘ      「話は変わるんだけど。
.     ,'  ,' .',.  l´ ̄/示´`ヽl从!ィョョュ、、l l /lヽl ヽ   ヽ     やらない夫ってすっごい良い装備だね」
.   ,'  ,'   l  l   〉jY リノソ   辷ツ' l! '´  ヽ ヽ  ',
.   l   l  ト、  ! ゝ-、ノ_ノ '    ̄ !l   l   ヽ. ',  ',
    !   ! / ヘ l.  ヘ、(( ー ‐ _ / l l  l    `ヘ  ヘ
    l   l /  ∧ ヽ ヽr‐`z,ィ'ー'´ノ`´〉.l l  l  ヽ    ヽ  ヽ
    l   l'  ./ ヘ ヽ ヽ ヽ /〉ノヽ___`〉、 ヽ、_  ヽ   ヽ
    l  l   / i´ ヽ   ヽ_ノ 〉__/。l、ノ´ ゝ--、-、ヽ ヽ   ヽ
.   /l  l ./ r‐'‐t‐ヽ   ヽ><.l。l r‐/`ー‐十 ヽ ヽ     ヽ
   l l  l / ヽ  /ヽヽ   ヽー'`ー'´ノ  l /`ー-、 ヽ   ̄
   l l  l'  /ノ  `/`/\  \ ヽ〈 ノ     /、  \
   l l  l 〈   ゝ / 、 \  \ ノ /  ´t‐‐'     \



                                / ̄ ̄\
                              /  ノ ヽ、\
                                   |   (●)(●)|
                                   |   (_人_)│
                 「ん?             |     ` ⌒´  |
                  ああ」         |          |
                                  .  ヽ      /
                              / lヽ     /
                         _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=
                    ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__  ゜
                    /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
                   l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
                   ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
                   〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
                   !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
            .      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
            .       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
                 /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
            .     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
                  ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
                 ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
                {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|

15 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:35:02 ID:bGJX8R/H
一160.



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {         「その剣も魔剣だし、
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ         鎧も魔法の掛かったミスリルでしょ?
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧        グローブとブーツもそれなりの値段みたいだけど………
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \      兜は装備しないの?」
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今朝見た彼の訓練からの疑問を問うと、やはりやらない夫は予想通りの事を答え―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                   / ̄ ̄\
                                                /  ヽ、_  \
                                               (●)(● )   |
                                               (__人__)     |
                「ご多分に漏れず情報の遮断が嫌だしな。       (`⌒ ´     |
                魔法金属の兜も今まで見たことないし」           {           |
                                                {        ノ
                                                 ヽ     ノ
                                                 ノ     ヽ
                                                  /      |

16 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:36:03 ID:bGJX8R/H
一161.



、_     _   _
  riヘ,.´        ` :  .
.  {Yシ                  ` 、
7  |))                 `: 、 ((
  / //  ∥               {雪} ̄`i
/ //.  ∥   / //           `))    |
  /〃  ∥.   / //  i          |   |
、/ i  .∥   / ./ i   |    !i  i   i | |
./ l   |!,   / / .l    |    /|  | |!/.  | |
i  l! i  |!  / /  l  ./|   ,' .|  ! !'  i| |
!  l! l  |!.、((ァ7  l  / !|   / |!  l! |  l | !
!  l! !rィト|ヘ`i-|  l /  !|  /  |!. l! l  l .|/
!  lf:て >!\ノ |:  l/   リ.ノ-  |i  l! l  | .|!    「まあ、分かるわ」
  !、マ <iノノニイ     .,ィ==i、|! / /l  |
  | i二ュシ      i bU::7: // / l  |      (じゃあ、ちょうど良いよね)
  ノ               弋_シ ∥イノ  l  |
 \          .::::::::::::::: !   l  l  |
 从.ヘ.    、__..       .イ´!   l  l  l
  !ノ  { `‐-、   _ ... <⌒!   \. l  l  l
! } イ |  fてノ⌒レi⌒!  ) .|:     \!: l  l
! / |┌  ∨ノ    i´(    ノ      ) l  l



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  解決策を提示してあげよう、と後で買い物に行く事にした彼女が頷いた時だった。
  
  理力魔法の魔法原動力である『マナ』と同様に、自然界に満ちる精霊の力を行使する精霊使いが
  本当に面倒くさそうに口を挟んできたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

17 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:37:03 ID:bGJX8R/H
一162.



                                     /:/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                     /::/:::i::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                    /:::/::::i:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                   ./:::/:::::l:::/::::::::::::::::i::ヽ::::::::::::::::::::\::::::::::\::\::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::
                                   |::::i::::::l:::l::i:::::::::::::::::l::人::::::::\:::::::::::\::::::::::\:ヽ:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::
                                   |::::ii:::::i:::::i:::::::::::::::::l:||__ヽ::::::::::ヽ:::::\ヾ:r======ヾ::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::
                                   |::::i i::::l::::::i::::::::::::::::i「:::i ヽ:::ヾ::::\::ヽヾ|:;;;l|  :/ \:::::::::::::ヾ::::::::::::::
                                   |::::l i:::l::::::i:::::li:::::::::::i;::;:il /i\ヽ  \丶ミ=≡彡´  \:::::ヽ::::\:::::::
                                   |:::i l::i::::::i::::l:::::::::::::iミ彡´/  ヽ\  ヽ  ̄      ヾ:::::ヽ:::::::ヽ::
   「精霊も銀以外の                      i::i  l:li::::::l  l;::::::::::i   /        \        i::::i::i:::ヾ::::::::
    通常金属を嫌うから困りますよ。             il  l i:::i  i::::::::i  く                   i::i l:l:::ヾ::::
                                    i   i:::l  l:::::::::ゝ  ヽ `丶              i::i i:l::::::ヽ::
    このブレスト・プレート一つ買うのにも               i::l   i::::::;丶                    i:i i:l::::::l::::::
    どれだけ苦労した事か」                      ll   l::::i::::丶.   . ____            :::i::;:;l;;:::l::
                                        l  /  i::::l:::iヽ.  ゙ヽニニニ=`__       :::::::l/l::::i
                                       /    l:l l:::丶 .::::..---‐‐        ::::/::::::::i:l
                                     /      i:  i::l \           :::::/:::::::::::::::::i
                                   /        i  i:i   ヽ        :::::;/:::::::::::::::::::::::
                                 /             i    ヽ.     .:::/::::::::::::::::::::::::::::
                                  |                   ト、___::/\::::::::::::::::::::::::



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  彼の言うとおり精霊も多くの金属を嫌うために、精霊使いは装備の材質を選ぶ必要がある。

  ただ、マナの様にベルトの金具にも影響が感じられる程の完全な阻害と言うわけでは無く、
  装備に使われるような高硬度、高耐性の銀合金であれば大丈夫であるのだが―――

  銀合金の装備も通常の鉄、鋼鉄の数倍の値を覚悟する必要があり、
  だからエルが仕事の報酬に執着を見せるのも、非常に冒険者らしいと言えた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

18 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:38:02 ID:bGJX8R/H
一163.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん、装備に関する苦労話なら雪華綺晶だって負けられない。

  銀合金の更に数倍はする、ミスリル銀のスケイル・メイルをそっと撫でた彼女は
  至って良くある、女性特有の苦労もある事を告げて深い深いため息を吐き、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



             __ ,..-- 、
            「/ ,.-_へV⌒丶_── -- 、 __ __
           /  「fトォ ゞ!|´⌒ヽノ             `ヽ
              /   ,朴_二_ノ   / / /         ̄ 'ヽ \
.            //  〃`--、ヽ , / / /   l/    ー-- イ ヽノヽ__,..‐ 、
          //  //  γ_j l/l/ / /  /         ゝニニノ Vー 、  !
           //  // / /`^.ィ / / /l  ,' !/! | !   | ! ヽ      { (ftト} l'^ヽ
        //  '/   ,ノ_j / / '/  | | l! ! ! // l! |  !   ゞーイ| |  |
         //   !|!| /イ// /l  |!  ' | l! | | // / ノ  |     乂ノ !  !
       イ!    |l |!((  |!'' /! | __ _)) | l ' l! l// /, イ   ,.  |  ( ヾ !  !
      / !   |l | |,.>',ニ_ヽム'~l!'´|i!| !/,/ // /,ハl  /  |    ノ  | ''
      '   |   ハ ヽ/ | Vrォゝl!ヽi| 'l!|/‐/-/ 、//! , / !  | / /   |/
     '    |   | |!∨ ハ ゞしjイ! ヾリ!//'_/_//, \/ /!/ / !/ / /   l
  / ,    |    ハ| { lヘゝ二ノ      〃,. ‐/メノ\ , ,イ/ / /     !
, '  /     |   / ハ ゝニ、、           ヽ弋テノj|ノイ / ' / / /    !   「男性用は平均的な大きさなら
      / | |  ! / . ヘ `冖''             ー   レ'  / / / /    l    ある程度幅があるから良いじゃない。
/  / /   | |  ! /  ハ      _          イ/  / / / //    |
     ,. --人 |! γフ\    `      // /  /|/ / /     |   私なんか、大きさが合う
    /      \ノヽ!ヽ 「ヽ!\       __ イ! /    .イ / /  ,イ|     |   女性用を探すだけでも大変だったよ?
   '       ノ L___ `ーj V ノ ̄ノ、j ̄!._ ノ レ'   / | ノ´| / |     |
 /         V´ 〆 , イ / `ーγ" / , '  ,. イ|γ´  _|   |       |   やっと見つけたこれを、
./            \/⌒j  r-ノヽ,イ  '´   '  イ /ーハ    ´ ヽl!|      |   お金が貯まるまで売らないでって
        , -- 、 ) ( _ノーv / /  \ ,|   !' ノ ヽ'      \_     |   頼み込んでさ………」
ゝ \ ̄ ̄ |   ノ / / \\`ーへ_l__ノ!|   |           ヽ   ヽ
 \_ \  |   ゝ'ー 、.-─\\── ''  |   | ___       |    \
/ `ー──`!    ノ  ̄ ̄ \\ ̄ ̄ ̄||!  |            ノ        \


19 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:39:02 ID:bGJX8R/H
一164.
――――――――――――――――――――――――――――
  紅茶を二口飲んで、唇の滴を指先で拭き取ってから―――
――――――――――――――――――――――――――――



                               .  /  /  i  / i     i   i        iミ>
                                /  イi  il  /  .il  i   il   .il    i  i   lイフ
                               . レ イ ./   i|  i ))il  .il  .il   .il    il  .il  .K/
                               {     i   .i!((.il  ハ  .il  、⊥   il  .il  .i彡
     「やらない夫だって、              ..V    i! i! ,-ミゝ=、i ハ  \ il ` ー Ⅶ .il   lr::
     こんな見事な剣と鎧を手に入れるには    ゝ     i! Vイ≧ェア┐ \ハ ヾ≧= 、_V /  |il
     凄く苦労したでしょう?             ..人    VYK {ヾ=)>ナ   `  イ芯zカアYイ  .il
                               '   ヾ   ⅦゞミK _ /ノi}      ゞ=彡/./  /i
     君は背も大きいんだし………        ゞ   Y   ト、ハ  ̄))/  i       /イ   // i
                               ::... )  \  }  ゝ ((           彡  ./ i l
     あ、それとも古代遺跡とかから        r‐ 、   ≧__(´`ーv / )-、   / ̄{  / ノ 彡
     見つけたの?」                 .)  >'´ (    }  / ,<     イ /i レ'´イ / /
                               i  .(_  ヽ_.∧ /  /_` ニ _´rK /.イ レ ./ /
                                   ヽ   | ./     , -─'´イ  \  \ / 彡
                               _,-=-、_  \ i '      ──ァ ) (⌒)\  \/ ili
                                    , ノ |      ィ> ̄ (_ ) .(_ )   ヽlil
                                    ヽ .ノ      />><<|  |i  \  Ⅶ



―――――――――――――――――――――――――――――――
  とても居心地が悪そうに、彼女らの会話を聞いていたやらない夫に
  同意を求めた。
―――――――――――――――――――――――――――――――



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |    「えっ………」
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



21 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:40:10 ID:bGJX8R/H
一165.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分は全く金に困っていないし、この鎧も見つけてすぐに買った―――
  とはとても言えない雰囲気である事は分かる。
――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)      「ハハハハ」
  |      |r┬|}
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  嘘は言いたくない彼が何とか乾いた笑いで濁すと、うんうんと頷いた雪華綺晶は
  じっと相手のプレート・メイルを見て、改めてその造りに感嘆の吐息を吐き出した。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                         ___ _
                                     _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
                                  ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
                             _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
                           ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
                          '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
                          |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
                          |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
                          |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
 「本当に凄いよ……….              |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_|,_jj_|_ |  i  │ │  ハ
                          |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j _ハ_|リ| ,ハ     | │    ヽ
  竜の紋章も素敵だし、               |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--ゝ,ゝ ヾイrzヽゝ‐| ゝ \|  ゝ    \
  ミスリルも惜しみなく使われてる。..    |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j       lハ:ノフ, |ハ ト  ヾ,   \     \
                          |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ         ` ´  ! │ |  \ \  \     \
  下地は遺失炭素繊維?          '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト  ヽ.  \    ヽ
  古代魔法文明の一級品じゃない」   /     , / ' /  ハ) )        ′      ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,    ',
                               ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_     ー  ´  ,√| |7!   \.   !   リ     Y'
                              レ  !/   / `r(  >ー-、      ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
                             /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
                        '    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
                          i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
                          '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
                         /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |


 
 
20 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/12 21:39:46 ID:RFzdsD7H
サーセンww親の遺産と(とても苦労して稼いだ)金で買いましたww

22 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/12 21:40:46 ID:8rpXLcSm
たしかに、ない夫は無限財布を持ってるから装備に不自由しないし答えづらいな

23 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:41:02 ID:bGJX8R/H
一166.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  自分は革鎧主体の軽装であるコナタは三人の様子に興味ない、と肩をすくめており、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                ---
          _.  ' ´        ` 、
         / /            \
       / //             ` ー-
.      //ィ'   ./ __ _,./  | |
      ,ィ' /   / ´,  ' ^ ′   ,| |
     '´ l′  _/ .__/    /    7ト/.
.      / . ィ'/  「'7女ァr /   / !'| lヽ |
     //,r1' ,.イ ム.  / / / ぇ、リ |  |
.     ´ l.{ |/ | [_/  //   ' ヾ:、  |
       | ヽ|   |     '    ん /|  / |
       | |   |         ヽ、/,r´|/  ,ハ  「……………」
       | |   |\   ´’      /  ,  , ' l/
       | |   | j` ー--‐ャ  ´ / |/
      '. ハ.   |/   / /  , <   !
 ⊂,. ̄`ヽ∨ ∨ | ̄`/   / , /,r⌒.ー、
 /     ゙l   V' |  /   //'´ i´   `ヾ
 }',. , /  |   ヽl. /  /'    !     )



                                     ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                    i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                  i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
                                     !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
                        .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
                                     i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                    !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
      「やらない夫、                          /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
       剣を見せてくれませんか?」              '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                        `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                        .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
                                          ヽ、、      /::::    : //
                                              i    ., '""'-、,,__.._ //
                                             ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                     |.  ヾ、:/



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それを見て取ったエルが、やらない夫の横に立てかけてある立派な両手剣に視線を向けた。

  冒険者達は相手を信用できるかどうかを見極めるための一つとして、
  まず、主たる武器を検分する事が多いのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

24 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:42:02 ID:bGJX8R/H
一167.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    「いいよ、ほら」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄




                         ゴトッ
                   ,┐
                 ,ム|
   ,、_______,..、 ,、/ ̄|ZZZニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、ヽ、
  ○|||||||||||||||||||l l l工 ll.◎ | くl=[三= σヘτニy二エ=ツ       乏シ二竺勺√                  ))
    `´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`´  `ヘ,_|ZZZニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ´-''´
               ヾ'"|
                 `┘



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  普通の人が片手で扱うにはやや長い柄と刃渡り。
  それなりの筋力や実力を持った剣士が、片手・両手を自在に切り替えながら扱うはずのそれは、
  背の高いやらない夫にはとても釣り合って見える。

  柄頭と鍔本に埋め込まれた二粒の宝石は魔剣だからだろうか、自ら光を放っており、
  蒼銀に輝く鞘の表には六本爪の存在―――飛翔する龍神と、翼を広げた神竜―――が
  彫り込まれていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

25 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:43:02 ID:bGJX8R/H
一168.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  コの字型に刃を挟むだけの鞘は左右どちらからでも刃を抜く事が可能なようで、
  ひっくり返してみると鞘の裏、つまり背中に当たる部分には不可思議な文字が彫り込まれている。

  芸術品とすら言っても良さそうな外観をうんうん、と見ていたエルは
  いざ剣を抜こうとしてから眉をしかめ、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                        ,
                                       ,r/ ,;-ー_
                                     /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
                                     ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
                                     ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
                                  //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
                            .       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
                                   i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
              「抜けません」           l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
                                 !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
                                   l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
                                  !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
                                .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
                                    i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
                                     _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
                               ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
                               /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
                              l   \      \  '     //          /    i



、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
  l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
.  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
. 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
 f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
 ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
.  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
  \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ     「やらせてやらせて?」
   ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ
   /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
 / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
.   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
 /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
. i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
 i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
 l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
 l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



――――――――――――――――――――――――――――
  私にやらせて、と代わりに雪華綺晶が手を伸ばし―――
――――――――――――――――――――――――――――

26 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:44:02 ID:bGJX8R/H
一169.
――――――――――――――――――――
  鞘を持って、柄に手をかけた瞬間だった。
――――――――――――――――――――



f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
|  きゃっ!?   |
乂_______ ノ



                        /) / )
                   ハ  / / /
                  / ノ / / /  ______       パチッ
                 / /ヾ/ ,.'-‐''"´ __,.ノ  {
                 / ´ / / ,. -‐'\    |l|w/L ,r_/
                 /      /     \\{w└ ¨ ´ /
                , '      〈    _,. -‐ 、\´     彡x
              ,. '         ` ̄´  _/ >  ; ’  ∠─
            /          _,.-‐''"´  /      }|
            /          /     /´ヾ,  r、r‐|^`
          /         /          //  }´
         /      __,.- '´           /
        /      /



―――――――――――――――――――――――――――
  手と柄の握り革の合間に白い火花が散り、
  突然の衝撃に驚いた彼女は目を丸くして手を引っ込める。
―――――――――――――――――――――――――――


 
 
27 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/12 21:44:47 ID:NRwygvlm
JUMはバスタードソード振り回してたのにきらきーはだめなん?

28 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:45:02 ID:bGJX8R/H
一170.



                           /!/ヽ::::\::ヽ\ヽ、::::::\ヽ:::::::::::ミ./
                               /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::ヽi.
                         //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::ヽi
 「おや、静電気ですか。          /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::≦
                         iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\::::::i
  冬で乾燥してますし、          リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ:::::::ヾ',
  雪華綺晶は髪が長いですしね。    ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::、::ヽゝ
                          リ i!'i:',  `       i::::::::::::::::::::::::\ミ、
  そう言えばコナタも             !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::ヽ\`
  最近よくパチパチ言わせてますね」       i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾミ、
                               リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/  `ーェ、
                               `""´ヽ    :. // /    r'´  `- 、._
                                   ヽ、  :/ /ン    i       `ヽ
                                     ヽ'  /     i         ',



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルに頷きながらも、静電気でないのは雪華綺晶が一番よく分かっていた。
  痛くもなく、むしろ手で手を払われたような感触だったのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  ,、  _ . --- ‐-  .,_
             ,r' `ー、 ,ハ `ヽ/(⌒       `ミ 、
            l   rァォ7ハフー'    ,        ヽ
            l i   イゞン7ハ!_  /  /         フ、 ̄了
            /   ゞアン'  /   /         ヽヽフ ヽ
             /   // `Y  '   /            ヽ'  i
             ソ   ./.l    )/   / -/-/─ / ,  /`   ヽ   l
        ,/,     i   ̄ /  /  / / / / / /l、   ヾ i  l
       ///    |    i i  ,'r{辷ト、/ / / /リ \ l   i .l l
       (  i    i. l l  l l l  .バY^ド{ // / / /   i  l i .l    「う、うん………」
          l   l  l  l  l. !   ゞ弋ソソ    ,ィfテト、 リ  |l l l
.          ヽ  / i.  l  l  l. !  .| `))        込ン/ 、 .i.  l l l    (違う、これは………
           i /. /  i  i  l    | .((     ,   /,.イ /   i lノ     何かの防衛本能に拒否された?)
           // i  ヽ l  ヽ   l             / ,' /  ./  i゙
        / /i  l   ヽ      |     ´ ̄ イ l/.イヽ  ヽノ
       ./ /  i/ /    l      |  ‐- t‐<  リリ ,ハ  \ ヽ
      / /    / //  l   .从ノ~ヽ~'. /  .// /  ヽ l  l



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 インテリジェンス・ソード
  知性ある剣の類かとも思ったが、意識や思考のようなものは無いように思えたし
  僅かな感触には禍々しいものは全く感じなかった。

  むしろ、やらない夫のような単純な白い感覚に近かったような気がする。

  普通に差し出したやらない夫や、エルが柄を握れた事を考えると
  自分の持っている特異な能力に関係していると考えるのが一番納得できるのだが―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

29 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:46:02 ID:bGJX8R/H
一171.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  悩んでいる姿を見せて、何かと推測されるのも嫌だった雪華綺晶が
  持ち主に抜き方を教えてとお願いしたので、
  柄の根本を握ったやらない夫はそのまま親指を伸ばして鯉口の留め金を外すと、
  少し手首を捻ってから刃を横に抜きだした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     「ここの留め金を外して少し捻りながらこう………
  |     ` ⌒´ノ     横に滑らせるんだ」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


                   ,┐   チャキッ
                 ,ム|
   ,、_______,..、 ,、]―――――――――――――――――――――――――――――――――丶
  ○|||||||||||||||||||l l l工 ll.◎ | く/ ̄|ZZZニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、ヽ、
    `´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`´  `.] | くl=[三= σヘτニy二エ=ツ       乏シ二竺勺√                  ))
               ヾ'" .ヘ,_|ZZZニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ´-''´
                 `┘



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/     「なるほど、背中に背負ってるだけあって
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'      工夫してるんですね」
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  鞘の造りとしては取り回しに全く問題ないだろう。

  狭い場所でも素早く抜刀出来そうな構造に、素直に感心したエルは
  半分まで抜かれた剣を鞘ごと受け取り、改めてその全体を抜き放ち―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



 
 
30 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/12 21:46:24 ID:iiurozu9
ああ 特殊能力を弾いてるのか


31 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:47:02 ID:bGJX8R/H
一172.
―――――――――――――――――
  剣に、三対の視線が集まった。
―――――――――――――――――



                 ___ _
             _.."´         _ `  _ ,.= 、-- 、
          ,. '´            ヽヽ_f Yfrtッj   ヽ
     _ .. r ≦-- ノ´            ゝ-ゞゝオツ,    \
   ,. rァォ7ハフ ̄               ヽ   fY 丁\ヾ  ∧
  '  イゞン7ハ!__     /           \ l | |\   Y ハ
  |   ゞアン'ーァ)'  ! '   |   ,     |    ,j/  ヽ ヽ | l  ',
  |    Y  ' !'´ |  | |  |  |   !  |、  | .イ     / ハ  i
  |   l |  | |  ゝ、 |  |  レ ― 、,イ | |│ !      '  |   i
  |   | !  ! !  | ,) )1  ハ. / /!⌒Y _|_| _i .|_ |  i  │ │  ハ
  |   l |  i i  Y l _iィ、_l|_V ∧ヽイ!´j.l | | ,ハ     | │    ヽ       (うっわぁ!
  |   | !  ! ハ   |〉'7-_-、ゝ--.ゝ.ゝ ┏━━┓l‐| ゝ \|  ゝ \      何この剣!?)
  |   | !  !  ヽ 7Yイrォj }_j U    ┃┏┓┃lヽ  \      \ 
  |   Y  ,  / ∧ハ.ゞツフ       ┃┗━┛l│ |  \. \   \
  '     ! ,' / / ( (`~´             ,ハ│ |    ト .  ヽ.  \ 
 /     , / ' /  ハ) )   U    ′  し . ,/|个ゝ.!    ! \ l    ' ,
       ,/ ,' /   ( r‐'ゝ_      ヘ    .,√| |7!   \.   !   リ     Y'
      レ  !/   / `r(  >ー- 、 `´  ィーァ | |  ヽ.   V !  ハ     |
     /   '   / ィ 人ノ   L>'⌒Y く. | |`ー、∧.   V'' │ ヽ..  │
'    /  /   人l′`  ゞ   |     ハ,   | トーア ,∧   !  |   ',
  i/  /   /   ゝ-rー '  i      (   ,ゝ.| |  ィ'′,ハ  i  ,    l
  '  /   ∧.  | {    γ⌒iヽ   Y_/_>, V |  ' │ !      |
 /  Y    /   _j__ ゝ-r‐、 `) \__ イ   __ゝ\| '  |  i:       |
    i   ,'     :::| / /`¨´ >_,..--<___|::i\ヽ|  |   v'     |
      レ     :::i`…ー r' / |f´ ̄ ̄`ト|::L \. 、ハ.   V
      i      ハ     ` 'ー-i ゝ i  ,ハ__ノ   ゝ  ヽ



               //
              〃       ,r:、
              ,⊥.-.. ..、 ..,/.::.::|_
           , .::'".::.::.:;.::.::.::.::.::.::.::.::.:l.::.::.::`_`::‐-. .、
          , ' : : : ; :.'.: :: :: :: ,! /::.::.::.l.::.::.::. : :`ヽ ̄``丶
        /  ./ノ.::.::._::_::./.:;{:;!.::.::.|:.:;.::.::.:.ヽ:. . ヽ
.         i..:..:..//::.::.::´::.::/.;7 l'.::.::.:ハ:.:|、::.::.':;.:'、、:.`.、
        l.::.:/イ:.::.::.::.:;∠/∠ ,!:.::.:/ .!个l.::.::.::';:.:、ヾ::.:',
          |::/:/.::.::.:;:ィ「「示芥 /::.::/ _、|ハ:l.::.::.::.';.:i. ヾ:.i.
          /:/.::.:/::|:| ト-イ! /:.:;/ ^}≧ォ!|.::.::.::.:l.:!  ゙'}
       /,ィ;:イ`!.::.::.!! └-'' /, '   /ー/∧::.::.::.::.:!l
        /' l':;.:人.!.::.::.|   /'゛  ' ヾ‐゙/::.j|::.:l!::.::.l!
       l:/::.::::::}.::.::.l     ∠!   j.::.:l !:/ !::.:;l   ポカーン
         !'.::.::::::ハ.::.::l`ト 、   _ .. イ.::.:l l/ |.:/
        ,'.::.:::::/:::::;l.::.:K、 乃「:::|::::::::||.::.:;!   l/
      /.::.:::::ム<. l::.:l \_ゝト、!::::::|l.::.:ハ
      /.::.:::/ニ、ヾミミ.l.::.i. ヽ | \:|'::./:::l
      /::.::::/′ `丶ヾ:!::l.、 `、l   /l::./::::::!
     ,:.:.:::::;'      |`ヾ:トミヾ、| //!∧::::::|
    ,:.:.::::::i      ヽ、 ``ヾミ、!//イ'| l.::.::|
   ,:.:..::::::!         ``>ヾレ <  l::.::|
    !.:..::::::l     |   /  〃j 、 `!|:.:|

32 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:48:02 ID:bGJX8R/H
一173.
―――――――――――――――――――――――――――
  剣聖ダグラス=カイエンの言葉にある。
  
  ―――武器は他人の命を奪い、自分の命を護るものだ。
  だから少なからず持ち手の心が宿り、持ち主の心を映す。
  相手の人となりを知りたければ、まず武器を見ろ―――と。
―――――――――――――――――――――――――――



                            /::::::::::::::/!:::ヽ::::::::::::::::::::::::::!:::::::`ヽ、`ヽ二ニニ==‐‐--、__:_:::::::::::::::`゙‐-、__:::::::::::::
                            /::::::::/:::::|!::::ヾ、::::::::ヽ::::::::::i`゙‐--、_ヽ∠´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙`ヽ、,,_`゙ヽ、ヾ‐、_:::::::::::`゙‐-:
                            '::::イ/:::::::::::i !:ト::ヽ:::::::::::ヽ:::::::::l    //`‐゙ニ=‐ __       `゙ヾ、, ゙!::`゙‐ニ=‐-:::::::::
  「素晴らしい………!             :/::ソ::::::::::::::ハ.l! !:::l!::::::::::ヽ:::::::::ヽ   //    r'´(;;)゙)      /ツ'' |:::::::::::::::::::::::::::
   傷一つ無い刀身、               :::::::::::::::::::/:::ハ ト、:\ヽ:::::ヾ、::::::ヽ. | !    `‐-‐"     /彡" U !::::::::::::ハ:::::::::::
   鏡のような光沢を失わない刃、       ::::::::::::::::/::/___ ヘ ト、::::::ヽ、::::::ヾ::::ヽ::ヽ|           /彡''    |:::::::::::| !:::::::::
                            ::::/:::::::/:(´r‐‐ヾ.ヾト、\::::\::::\:::\ゞ、,,_     __,,. '"彡"     |::::::::::i  |:::::::::
   鍔元と柄頭の宝石も大粒で………!」   /!:::::::::|::::V;}  / |! \ヾ::::ヾ\:\:::\ヾ、ー‐--‐''"彡''        |::::::::|   !::::::::
                            /::::::::::i:::::{;ij/      \::::::ヽ、\:::::'::ヾ、≡=三彡           |::::::::i  |::!::::
                            〃:::::r‐''´          \:::ヽ.  ゙‐-、_ヾ、              |::::::/  |::|!:::
  (全く血の臭いや曇りも無いとは………   |!::|:::::|              ヾ、      ` ̄          i     |:::/    !:|i:::
                            li::|::::::ヽ、                              l !  |:/    |:!|:::
   ―――なるほど、「そう言う人」でしたか) ::::|!:::::|::lヽ、   ー‐-、.                       し'  ,リ    |:i|::::
                            ::::|i::::i::::|  ヽ、    ゙       ヽ.                   |!    |:l|::::
                            ヾ|!::::i:::::l   `!           ヾヽ、_                      |:|l::::
                             ゙i:::::l::::::l、   '              `ヽヽ                     リ::::::



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  剃刀のように鋭利な刃、鏡面のような光沢もそうだが、
  随分使い込まれているにも関わらず血の臭いや染み、曇り一つ無い事にエルは驚愕した。

  それらは魔剣、喩え聖剣であっても持ち主がそう言う人物である限りは決して拭えないもので、
  少なくともこの剣は、今の持ち主が戦いを手段にする者では無い事を雄弁に物語っている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


33 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:49:02 ID:bGJX8R/H
一174.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  鞘から抜かれた途端、まるで意識を持っているかのように存在感を放つバスタード・ソードに
  コナタすら目を奪われており、エルと同様、血の跡が全く無い事を知って感心し―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



      〃 ̄`
      !|    , ィ
      ヾ、_/:/--‐;ァ
      /::`::.::.::.::.::.::.`ヽ
     /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. `\
     ,' : : .::.::.::.::.::.:: . : |.::.:} ̄
     !.::.::.;;.;:.::.::..: .::.::.::.!.:i:.|   「ふぅん………」
    l.::,;;';;';;';;.;;.::.::.::j.:/)ヘ::|
      !;;';;';;';;';;';;';:.::.j.:/゙!::|`}
.      l;;';;';;';;';;';;';:./::.|イ::.!
      λ;;';;';;';;';;';/.:: | |.:l
      l:i:!';;';;';;';;';/:..:..:|゙ヾ
    j:|.::.i|;;';;';;/.::.::.::.|l!ハ
     |::!;;.::|;;';;/:.::.::.::.::|l||
     !::|';;.:l;;';'.::.::,'::.::.::!」|



、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
  l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
.  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
. 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
 f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
 ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|       「さぞかし銘のある剣なんでしょ?」
.  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
  \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ      (綺麗な剣―――
   ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ      神々しいほどに清廉で、嫌味も怖さの欠片もない―――)
   /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
 / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
.   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
 /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
. i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
 i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
 l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
 l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



――――――――――――――――――――――――――――――
  鎧と同様、古代魔法文明の名品かなとかいのやらない夫を見るが、
――――――――――――――――――――――――――――――

34 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:50:05 ID:bGJX8R/H
一175.
―――――――――――――――
  彼は首を振って肩をすくめた。
―――――――――――――――



        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)        「十六の頃だったか、
       |     ` ⌒´ノ        エゥーゴとファイブリアの国境にある
     .l^l^ln        }         神峰ロストロギアの古代神殿跡で見つけんだ。
     .ヽ   L       }
       ゝ  ノ    ノ          鞘はしばらくしてから、
     /   /     \         バーズ連邦の一、マース公国に居る
    /   /        \        知り合いの鍛冶屋に造ってもらった」
  . /    /        -一'''''''ー-、.
  人__ノ       (⌒_(⌒)⌒)⌒))



                   _,,. - ;/
              _, -' ´:::::::::::/
          ,.ー-<:::::::::::::::::::::::::::`'ー‐::_;‐=‐
         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ       「拾い物じゃ素性は分からないですねぇ。
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、    ………しかし材質も見たことがない。
    !         ヽ,           )ノ_   /   |l  / /         \   ミスリルやアダマンタイトの類でもなさそうですし」
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ / /
    i!       \ `、  亅   / _,. - '´          K,/     jL/       (制作者が別?
     !       \、 ヽ    「           !  / /  / /⌒〈        嘘でしょう?)
    l          `\`|    |   _,. '´   l  〈,/  /レ/ /  /
     !          |   |_,.-'´     / !  /  j// /
     !         / /|      「´     /  / /  /,  /
      !       / /{|    ト 、  /  / _,/ i // ! /l  /
       ヽ    〈 / ヾ    |i !/  /‐'' /  !.// l//! /
       ヽ     |l   \____j_」 〉    ,.ィ  j//  / l/
         \  |!        /___//   //ハ  ∨
           ` ‐ヘ ヽ        /     / 「// ハ /



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そこでエルは、剣と鞘の作製者が別と言う事にまた驚いた。

  二つはまるで、元から組み合わせだったかの如き一体感を見せているし、
  剣の肉抜きされた部分の刻印と、鞘の裏側の刻印も同じ体系の文字に思えたのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 
 
36 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/12 21:51:20 ID:8rpXLcSm
鍛冶屋もハンパネェ人物なんだろうな

41 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/12 21:53:20 ID:6f/hAVJr
>>36
某あの人だよ、前に出てたw


37 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/12 21:51:32 ID:wsz0CCbA
こういった武器やしぐさの詳細な描写が好きだな
丁寧でとてもよい


39 名前なんて無いだろ常識的に考えて 10/12/12 21:52:47 ID:RFzdsD7H
半端ねえぐらい血を吸ってそうだがなあ。

35 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:51:02 ID:bGJX8R/H
一176.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし困り顔で腕を組んだやらない夫も嘘を言っているわけではない。

  ホールディング・バッグに入れられなかったり、
  剣の構造に影響を与えるような魔法などは一切効果が現れなかったりと、
  明らかに尋常ならざる素性を持っている事はこれまでの経験上知った事であり、
  本当に何物なのかは知らないのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    「理力魔法が使えるから魔法金属なんだろうけど、
.  |         }     識別の魔法を使っても識別できないんだ。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      まあ、かなりこの剣には世話になってるよ」
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



                                        ___      ______     ))
                                  _√ィ⌒)), < `ヽ /  `> 、((_r≦ヽ
                                / 厶=ミ ∠__   `      ´── {f以}〉)\
                         .       /  《ゞツ辷ー           ニ 二 ̄ `ベ((_) 、\
                               / / ((¨´   ̄        l     iト、   ∨  }  i
                         .     / / (__))    i   i | i l i| |li||il| | i   }  ,′|
                              ' /     | i| l   i | | l l| |li||il| | l i /  {   ,
 「いいなぁ。                     〈 {  /  i| l| | l i | | l l| |li||il| | l i {  ヽ   ヽ
  私のレイピアとは比べ物にならないね」     , ', /  l| l| | | l | ))i l i| |li||il| | l lハ   .   }
                               ハ i {   il| l| l |, =彳|! l|、、i⊥⊥⊥L! l ト  }  ,′
                             / l i ヽ  il| ! | | r{辷ト、 | | l| | l⊥⊥_! l | l l }ヽ  /!
                         .  /′ ! i  ト 、ハl| l/バY^ト{ | リi イf弐_ケ`l ヽl  / /  //
                         / /   }∧ ヽ ヽヽ ゞ弋ソソ      ` 冖'^ ∧ l  { /  / ′
                         . /   /  ,  ) } ハ ` ̄))  . .  ///// / }ハ ハ  ' |
                          ′ (     } / // ∧ ((           イ イ '、ハ l  !
                               ヽ  / /  {   /  > 、  -‐(   イ ノ/,小、 \j l  、
                               丿 '/{  ヽ { .ィ`Y´ > .. <ノ⌒´// i| `丶、\ヽ \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  遺跡や洞窟からの発掘物の多くはそう言う物なので素性についての興味はさほどではなく、
  純粋に良い武器を持っている彼がちょっと羨ましかった雪華綺晶は
  冗談めかして頬を膨らませる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

38 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:52:01 ID:bGJX8R/H
一177.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  だが、それに敏感に反応したやらない夫が困り顔で話題を変えるよう促したので、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    「そ、装備の話はこれぐらいで良いだろう?」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



                                             .. -─  ─ --{ { rく Fヘ ト } \
                                      ___{人シ-}ノ´           辷{ーイノi  \
                                    /  `ナ '´              ((ー'⌒))ヽ   \
                                    /    /      |  |l   l|       |   \  .ハ
                                  〃   /  /  l!  |  |l  l, l| ヽ \   |    ハ  i
                                  i     /  /   |(ヘ |  |l  |i l|  l  |.  |   / .ハ  l
              「あ、うん。                  |   .:′ .{ l   !/ ノ|  |l  |i l|  |  |         } {
               そうだね」                 |   i   | |  {r′|  |l  |i 爪丁`メ.!   |     ハ.\
                                  |   |   | レ─ェヘ.|人リ八!ハ从/ハ/ !|   |      /  ',  ヽ
                              .    八.  |   | ノX 必\λイ─  .,:ィだ心t、|  .'     /   i   )
       (あれ、なんだろ?                  /   } |   |く λYシノf ノ     .之z少 ./  / ,    /    ノ ./
        何か後ろめたいの?)             .  /   /  ヽ,从!弋rマ辷彡         , , , , /  / /   /  / /{
                              ./  ノ   }  \. !))   ,         =彡イ   / ./ /{八
                                ./    ノ  / ∧    __     r─l/  r‐─--、,/ /\ \
                                /    /  / ./ }丶.   `´    l⌒レ./ /     .八  /\ \ \
                               {   /   {  /  ノ  > . _ . ィ _|  / /    <  \  \ )  )
                                }  〃    / { r──-マ r~7ノ  / /       へ、ハ.  /  /\
                               /  {i / /  / /  `ニニ┤-l {  / /             } /   ハ   \
                              ./  八{ .(   ./.   ‐─、_) ノ / /! /              |    / }   )
                              .  /  \{⌒Y    > )-'. / // /      /\     /  /  /   /
                               /  \  ト-!r-.、     / /./ /      /  ノ     / /   人  {
                              '  ノ   \} [   |_ イ7/  / ./  /\  -一'      / \  /   )  }



――――――――――――――――――――――――――――
  何か隠し事か後ろめたい事でもあるのか、と疑問に思った。
――――――――――――――――――――――――――――

40 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:53:02 ID:bGJX8R/H
一178.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  眉を動かしつつ、ようやく戻ってきた剣を鞘に収めて再びテーブルに立てかけたやらない夫が
  自分に視線を向けたところを見計らって、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                            、         ..イ- フi‐-/ィ γァ_へ____
                              l.ゝ 、_    .イ    --- {川r-、Yi  ̄`ヘ`i
                            .  />r‐-i ヘ´   i    '´ |_i <ユヽノ_   リ
                            . 《.f .C > ト、.|イ  l!  i l ヾ  ゝイイヾ へ ∥
                             f i κシイ/ノ   l  l lヘ ヘ. |!   ヾ i∥
                             ゞーiト-彳i | __ l ))i! .l ヘi マ|! l  l il .{i|
   「………もちろん、              .  ヘ l  l i |rイニⅤヘヾ.i  _z--、! .l  l l y.l!
    その剣に見合った腕なんだよね?」     \.ヘl リ マi/fニ r\}   弋:少i! l  l. l ll...ヘ
                               ヾl /i 人、 ニノ .}ノ         l! l  l.7∥!、.ヘ
                               /.// /i lーイ(イ          ト7r、//ノ .| \ヽ
   (まぁ、私は見ていたけど………       / /i./ / i .ヘ     `.´    .イ r f´ 7`|   ヽヘ
    もう少し話題が欲しいよね)        .   / i /  iノ`ー` - 、 _   イ l />⌒ ゝ-、   i i}
                             /  l i イ´  r }ヽ_ノ  ii  トイl(__     i!   i.∥
                            . i!  l`'} {i    >-f i_ノ⌒い⌒ rイ   i> i}   i l
                             i  l! !ll マ   .) .-.||≫≪、ノ  i     l /  //
                             l  li   ヘ ノ、 /ゝ′'′ゝ′とノ/     /-|.   //
                             l  li    ヘ ∨         ./  r---イ   |   i l



―――――――――――――――――――――――――――――――
  雪華綺晶は別の話題を作ろうと、身を乗り出して彼の顔を覗き込む。
―――――――――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |    「何か見せればいいか?」
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |            〔ll〕
            ヽ        }             |!l|
          __,, -ヽ     ノ -、              |!l|
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .          .!Kl
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }     .〈wl≦《》≧lw〉
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ       l》 《l  _,,. -‐''"
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }      _,_|,,.-‐''"
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,,. -‐''"
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"



42 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:54:02 ID:bGJX8R/H
一179.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ある程度戦える事を証明するのも、見知らぬ冒険者同士が同じ仕事に就くには必要な事だろう。
  新入りの自分が四人のお眼鏡に適うと良いけどな、と
  不敵に笑ったやらない夫は剣を持って椅子から立ち上がった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     ||__
───────‐- 、 : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |     |l\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i--- 、──────────────|     ||\\
             |    |────―─────────|\   ||:.:.:.\
_________,i´ ̄`i                      \\  ||:.:.:.:.:.:
             |    |               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|    |          __    |  えーっと、じゃあ………      |
             |    |        /    \ 乂______________ ノ
────- 、 _____|_.          |      |
        |      .            |      |                |\
        |      .            |   _,..-┴、                        〔ll〕
______,ノ                 X´:::::::::::::::::∧_______________|!l|
      | |                 」__,..-‐'´ ̄ ̄´\、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ||l三|
      | |                  r‐'´:::::::::::::::::∨::::::::::::::ヽ,-―――――――――‐‐'.|l二|
                        |\ ::::::::::::::::::::∨:::::::::::::::|                 !Kl
                        |::::゙\:::::::::::::::::::| ::::::::::::::|              〈wl≦《》≧lw〉
              .        /::::::::::/::::::::::::::::::|::::::::::::::/                  l》 《l
              .         | :::::::/} :::::::::::::::/ ::::::::::::|                〔l〈〉l〕
              ..      / :::::/ 〉:::::::::::::::| ::::::::::::::|                    }│{
                      |::::::::|  |:::::::::::::::゙|::::::::::::::∧                   | l |
              .      |::::::::| / :::::::::::::::|゙:::::::::::::::::|                  | l | スチャッ
              .       / :::::::| / :::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|                   | l |
                   |::::::::::|「:::::::::::::::::::゙|:::::::::::::::::∧                  | l |
                   |二.X/ ::::::::::::::::::::| ::::::::::::::::::∧                   | l |
              .      {,l,l,l,l ,ゝ:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::∧                   | l |
                   ` ̄´l__, -―┴―-- 、__:∧               | l |
                        /::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::`了               | l |
              .         /::::::::::::::::::::::/ .∨ :::::::::::::::∧                 | l |
                     /::::::::::::::::::::::/   ∨:::::::::::::::::∧                  | l |

43 ショボン玉 ◆FrtuoSIf66 10/12/12 21:55:02 ID:bGJX8R/H
一180.
―――――――――――――――――――――――――――――
  何か剣技でも見せれば良いか、と懐から金貨を一枚取り出して
  種も仕掛けもありませんと三人に見せる。
―――――――――――――――――――――――――――――



                                           ̄ ̄   、
       「取り出しますのは一枚の硬貨………」         ´          \
                             .       /              \
            *                      /                   ヽ
           /´ ̄ `ヽ +                i