【空ばかり】やらない夫が流しの床屋になるようです【見ていた】 吉田篤弘氏を倍プッシュ!のコーナー その3

2010 05 12  目次ページ ⇒ 最初から読む   タブレット ⇒ モバイルやる夫Viewerで変換して読む   タグ:◆vFX5N8DSzU, |
112 ミッフィー ◆vFX5N8DSzU 2010/05/09(日) 21:48:44 ID:SDn0Dtn2



      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────
      ┃

         「やらない夫が流しの床屋になるようです」の原作
         『空ばかり見ていた』作者 吉田篤弘氏を倍プッシュ!のコーナー

                                                    ┃
                  ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




         ,...'´.... ̄  ̄....ヽ、
       /::::::::::::::/::::/l::::メ:::\     ごぶさたしています!
      /::::::::::::::::::/l::/ .l::::l l::l::ヽ\
       /:::::::::/l::.l::l ‐Vヽ.l::l-Vヽ::ヽ::>   後編投下後恒例、吉田 篤弘氏 の紹介です。
      /:::::/ヽ:l::l::l == l./==.ll l:::l
   ∠::/l::(6l::l::l、._ ノ ヽ _・ノ 〉l:::l
       \i:_l::l::lxxx  l ̄| /l llN   司会を務めさせていただくのは
       /::::l::l::lー ‐  二-:\l/l     東聡莉と…
     /:/^l::l::l::\//レ\/:\::メ
    /:/'  l/卅i::::ヽ  l \`:\:\
  /:/::/   l  〈\::::ヽハ /\ゝ ̄


                                                         ,.. -――-. .、
                                                       /: /´ ̄`: ‐.、ヽ
          宮崎都です、よろしくお願いします。                       ///   ,.ィ .i  ヽヽ
                                                   +   | !: :_/ /:.ハ:| レ| +
          このコーナーは毎回後編終了後、                           |:|.:/__`/ノ _`|: :ヒl
          >>1が俺得を承知の上で投下させていただきます。               i:l/}´ ̄`    ̄`|: :|ノ
                                                       ..∧|:|:.ト.´´´┌i´´´ノ: :|:|
          無視していただいても本編には 全 く 問題ありませんので、       Ⅵ:}イ :{>ァrz<l!_|: :|:{.
          見てやってもいいという心が寛大な方のみお読みくださいね。       + ∨:ハ{ | |〈_乂_〉/人:ヽヽ
                                                      {{:弋ユ.{   ノ/:ノ:ノ: :}







           //.       ヽ 二二,\
         //                ヽ ヽ
         / /            / ト     Vヘ
        ' / ./   /   /  ハ     V '.
        l , /    /   // /./  '. ト、  l  l l
        l l ,'  _ / -― / / /―‐.l ト、 l  l l      今回は前回紹介した短編形式じゃなくて、
        l l l   / __.ェ_/ /./  ェ=レ、_ l l.  lノl      長編小説の
        l l l  ./vイろ:::l /./   .ろ::::::<l l   lノl
       ノノ l  l _大_zタ //    辷zタ l.l   l l     『それからはスープのことばかり考えて暮らした』
.      // l  ∧      ,       /  l l       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      //  :l  「 ヘ      _       /   j 人
     { {   l   V. 丶    `ー'     ,.イ l  / |  }     を紹介するわ。
.     l ヽ   l   ', : l : `ト.、   . イ:l: : :l  |l { /
     ヽ ヽ { l  ' : l: : 人     人l: : / .f.l ∨
      } ノ ヽ.  レ'〈  / >‐<\.  〉/  l l  \
      / ムイ|   |   >'.:./:l.:.lヽ:\/ | l  |‐-- __ l



.

113 ミッフィー ◆vFX5N8DSzU 2010/05/09(日) 21:49:21 ID:SDn0Dtn2




      /. : : : : : : : : :/ : : : : : `ヽ: : : : : \
      //: : : :`Y^ヽ: :/ミヽ: : : : : : : \: : : : : \        あらすじはこんな感じです。
     ///.:./.:.:.:;ミ.:.:.:.ノ彡'ヽ. :ト、: : : : : : : :、: : : : :\
    //:.l:.:.|.:.:..:/ l.:!´     ';:| ヽ: : :.|: : : :ヽ: : : : : \  ++++++++++++++++++++++++++
   /.,′l . |.:.:.:l  l::!     ,. リ ==ヽ:|.:.: : : l: \: : : : :
   |:.l: : l.:.:.|.:.:.:l =-l:.:、   /  rt≠ミ、: : : :.ト、: :「 ̄      映画好きが高じて、仕事を辞めてしまった主人公。
   |:.l: : l.:.:.|:. イ ,ィ云ヽ  ,′イ fんィリ: : : : レ'.:l.:l
   /: l: : 1:.:|.:.: !イ‐fんィミ\ヽ 弋_辷ソノ:.l: : :.:l:ノノノ`ー 、     引っ越した街でも映画館に通う毎日だったが、
  /: /l: : 1:.:|.: ハL込ソノヽ \ヽ___ノl/l: : : :K´ミヽ.:.:.:..    あるきっかけで美味しいサンドイッチ屋を知り、
 // l: /:ト、|:ヽ:. l___ノ、  ̄  〃〃〃: : : :.! l !.:.:.:.:/     そこで働くことになる。
 ´   l/ Ⅳ . : : ヽ〃〃 r- っ    /:./: :/l:! l !.:.:./.:
      l.:.ハ: : l: :| 丶、      ,.イ:./: :/ リ.//: :/.:/     寡黙な店主の安藤さん、その息子のリツくん、
      l/ ',: :l: :| /: : >:.‐‐.<. l/: :/  //://.:/      アパートの管理人のマダム、
        ∧:l: :|/ : /: :/ ノ: : : 、: :l: /ヽ // //.:,′    そして映画館で出会った不思議な老婦人…。
        ∨ト、|: :./: /く: : : : : : : V: : : .// //.:.:i
          ヽ:|: / /: :ぃ. : : : : :/: : : :.//://l.:.:.:l       いろんな人に囲まれながら
             /:/: ハ: : : : /: : : :.//: l l. l.:.:.:l       仕事を頑張る主人公だが、
             77´  ヽ: :.〈: : : : :l 」: 」」 l.:.:.:l、       ある日安藤さんから店に出すスープを
            //    l´ ̄`T  l          ヽ    考えてほしいと頼まれて、
            〈〈    l     l          ミ    頭を悩ませる日々が始まった。
            ヽ\   ヽ   '.
             /\\   \  ヽ       . :  ++++++++++++++++++++++++++







           ,.   ´ ̄   ̄`ー- 、
        ,. : ´.:..:..:..:. /..:..:...:..:..:..:..:...\
       /-:/.:..:..:..:../: :/..:..:..:..:..:..:..:..:..:`ヽ、
      '':..:../.:..:..:..:..//..:..:..:..:..:..:..:..:./..:/.:..:ヘ.
      {:.ヽ/.:..:..:..:''/..:..:..:..\:..:..:..;.イ:..:..:/|:..:..:..:.:,
      {ミ:l:..:..:..: {厶r-∠_、-へ´_/.:..:.ノ |.:..:..:..:.}
     八r|:..:..:..: }  ト .,__・ヾ  /.:.:/、__j.:..:..:.:ii      正直最初の数ページを読んだ段階だと
     l:..:{ |.:..:..:..リ       ノ/:/、_ー-ノ}.:..:..:.jj      ぱっとしない感じだけど、
     |:..:.`!:..:..:..|  u      ノイ 、・`ヾ}.:..:..:.jj      サンドイッチ屋が出てくるあたりから
    .:..:..:.j.:..:..:..|            ′ ゙`'' ノ.:..:..:.リ      どんどんこの世界観に引き込まれていくわ。
    /:..:..'ハ.:..:..:..|   r‐-、_     _,ノ.:..:..:!:{
   /.:...:.{{.:.|.:..:..:..|.   `''‐、,_`7    /.:..:..:..:|ノ       普通の日常を描いているはずなんだけど、
  /.:..:.:..{{.:..|.:..:..:..|\          ィ:..:..:ノ:..:ト、       どこか浮世離れした不思議な雰囲気があるのよね。
 ノ.:..:..:.:.ハV:|.:..:..:..l   ` 、_  r<|:..:.ノ.::彡: .: }==
..:..:..:..:.ノ.;ハ j|.:..:..:..|        {/ ∨.::'´:..:..:..丿        サンドイッチやスープの描写は、本当に反則…。
.:..:..:..:.. ノ/ 丿:..:..: |ヾ、     /  /.:..:..:..:..:/         必ず何か食べるものと一緒に読むことをオススメするわ。
.:.;. ‐'´ / 〃.:..:..:..:| ,}}    /  /.:..:..:. /
    / 〃.:..:..:.} ノへ、  /   j.:..:..:..;ハ



.
114 ミッフィー ◆vFX5N8DSzU 2010/05/09(日) 21:49:57 ID:SDn0Dtn2





     /:::::::::::l:::::l{::::/  l:::::::l    l:::::::::ll::::::::
    /:::::::/:/::::l.l::::l  l:::::::l    l:::::/ l:::::::
    ノ::/::/l:::::リV―‐'l:::::::l `ヽ  l::/  l::::::::
  /::::l::::/ l′l ̄_ ´.l:::::l   `ヽlー--l::::::::
./:::::::::l::::/::::l::::ll⌒ひ心 l:::::l   三二   l::l::     メインで描かれるのは、
  ̄ ̄l::::ll::::lヽ::l 弋zク  l::::l   / ぅ心 ヽl::l:    主人公とサンドイッチ屋の親子の交流ですかね。
    l::::ll::::lヽ::ll /// / l.::l   弋zク / l::l
    l::ll:::::l::ll::l  ̄  l  \\ //// ・  l::l:    主人公の身辺に関しては割と記述があった気がしますが、
   /ll::l.::::l::l::l.l    ヽ、    --‐ ‐'' l::l::::    親子に関しては過去に何があったのかは
   l..::l::l:::::l.::lゝ    l   l       /::l::::::    具体的に書かれてなかった…と思う。すみませんうろ覚えで…。
   l.::l::l:::::l.l::l^\   l   l       l::/:::::::
 ‐‐l::l::{:::::l. l::l ―:\ l_/      //::::::::::     だけどその過去をにおわせる描写がいくつかあって、
 ::::::l::l::.l.::::l::::l.::l::::/ \__ _ ‐‐ ー ´/::::/:::::::    それが何とも印象深いです。
  '''l::l::::l::::l:::::l::l/二二 l__ ____/::/:::::/´
  /V:::::l.::l/  /\i!i!i!/\  //:::::/        特に息子のリツ君に関するあるシーンは、
:::::::::::::::/l.::l / i /i!/i!i!i!i!i!/::::/:::::/        ときどき頭の中に鮮明に浮かんで、
   /l  l::l l  ̄ ̄)i!i!i!i!/::::/:::::/         思い出したときほんのり泣けてしまうくらいです…。
    \ \l  ̄ ̄〉i!/:::::/:::::::::/
       /   ̄ ̄〉´:::::/:::::::/







           /  /       ト、      \:.\
.            ' /  /  ,    |  | \      ヽ:.:ヽ
         / ,′ ,′/     |  |   ヽ 、      :. :.:'.
         ,′  .::/  _」.:/.::|  /'´ ̄ l|`ヽ :!    l.:.:..:.
.         ′!  j!: /.::/ノ:/l..:/   __.リ   ':|    |.:.:.ノト、
.        ′ !  :|.:.::/:」L、 j:/   'r‐- ミュ、 }   !.:_;ノ}〉〉      主人公が映画館でであう不思議な老婦人も、
.          l  :l   レ' /ン'⌒`/       '' | /  |彡ィ//      物語上重要な役割を持ってるわね。
        |  l|   'ヘ      ,:        j/|  | |:.:.:.{〈
        | /|    {:'.     ′       / :|  | |:.:.. |ヾ:.、     彼女がどういう風に関わってくるのか、
        | | l    トム.      v'_フ        j!   |:.:.. '. }」      そしてその正体は何なのか…
        | l |    |:.:.ハ、     ‐     // |.::l:.:.:. 、       これは読んでたしかめてみて。
        '. :l | :.   ! :.l.:.:.|l::...        ,. ゚/   .:.:ハ:.:.. \
        ヽ! 、:.::..  :.:.:.:.|:!:.:.:.:`:.:..‐r: ´ /    レ':.:.:..\:.   \
.           \ヽ:..  .:.:.:l:.:.:.:.:.:.ヽ:._」  /{   .: { \:.:.:.. \   丶
          |  \ 、:.:ヽ:.:.:.:.:rくr<  丿  .:.: lノ'´  ,> 、:\   ヽ
          |  .::}:.\\:.:.:,.ィ::「:ヽ  )'   .:.:.::jノ ,. '′  ヽ. ヽ:..  }
          J__,ノ}:.:}:.:.}: /:::L}::::::∨ /.:_;ノ/  / ̄   ',:. }:.. 丿
             レノ:.:.:/.::::::/.::::::::/ ,. '"/ /  /      }}(::. (
           ,.イ {:.:.:/.::::::::{::::::::::{ ん'  { i{ /       }!::.ヽノ
.            / | {:.:/.:::::::::∧::::::::lハ{    { {, ′/      /|::..丿


.
115 ミッフィー ◆vFX5N8DSzU 2010/05/09(日) 21:50:37 ID:SDn0Dtn2





       ,...'´.... ̄  ̄....ヽ、
     /::::::::::::::/::::/l::::メ:::\
    /::::::::::::::::::/l::/ .l::::l l::l::ヽ\
   ./:::::::::/l::.l::l ‐Vヽ.l::l-Vヽ::ヽ::>
   /:::::/ヽ:l::l::l ○  l./○ ll l:::l     雰囲気的に、映画の『カモメ食堂』に似てるものがあります。
 ∠::/l::(6l::l::l、._ ノ ヽ _・ノ〉l:::.l     すきな人は読んでみて損はないと思いますよ。
     \i:_l::l::l w l ̄ノ /l llN      っていうかカモメのスタッフで映画化してくれないかなぁ…
     /::::l::l::lー ‐ 二-:\l/l      主人公:森山末来、安藤さん:佐々木蔵之介で…夢がひろがりんぐ。
   /:/^l::l::l::\//レ\/:\::メ
  /:/'  l/卅i::::ヽ  l \`:\:\
/:/::/   l  〈\::::ヽハ /\ゝ ̄



                                                   ,.. -――-. .、
                                                 /: /´ ̄`: ‐.、ヽ
                                                 ///   ,.ィ .i  ヽヽ
                                             +   | !: :_/ /:.ハ:| レ| +
             まぁ、確実にかなわない夢だけどね。              |:|.:/__`/ノ _`|: :ヒl
             今回はこんなところで。それではまた次回…          i:l/}´ ̄`    ̄`|: :|ノ
                                               ∧|:|:.ト.´´´┌i´´´ノ: :|:|
                                                Ⅵ:}イ :{>ァrz<l!_|: :|:{.
                                               + ∨:ハ{ | |〈_乂_〉/人:ヽヽ
                                                {{:弋ユ.{   ノ/:ノ:ノ: :}









     l : :l : : ::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::,イ:/ ,イ:::: ′       |:|  ∨::: : : : :
     ! : i!: : ::::::::::::l:::::::::: ̄:>ーx'// / |::./     __.._zz|=―十十 : : :
    l : :l| : : :::::::::::|::::::、:_::_::∠/7ミヽ j:/ヽヽー=テ__|!__乂 : : : :
.    l: :/ !: : ::::::::::::l::::::`:弋弋z:::歹ヽ /′ ` 'ノ不弐z::::歹了´| : :| : :     と言いたいところだけど、
   | l |: |: :::::::::::l_::斗 ´.>  ̄= ' /     `丶` ー ̄- ´  |: :.:!: : :     紹介コーナーはこれでおしまいよ。
    |: :| |: |: :::::::::::|--キ´´               //// ///: :::| : :
    | :l  |: !: :::::::::::|:::::::l           ノ               |: :::| : :     本当はあと一つ、
    l :l  从: ::::::::::::|::::::ハ         ヽ         し     |:..:::|: : :     吉田さんが奥さんと一緒に活動している
    | :| /: |!: :::::::::::::|::::::∧                       /!::::::| : :     クラフト・エヴィング商會の本、
   |:! : :.|!:.::::::::::::::l:::::::::::ヽ.       丶ー― 、       /::|:::::::!: : :     『じつは、わたくしこういうものです』の話を
    ハ::V ::|.:::::::::::::::::|::::::::::::}::\      ヽ  ノ       イ::::::/:::::: | : :      しようと思ったんだけど…
   /: ∧:Ⅵ! ::::::::::::::::|:::::::::::|:::::::::>..、           . ´ |》::/::::::::::| : :
  /:: : : ∧V|.:::::::::::::::::|:::::::::::l::::::::::::/ |丶..__ ... ‐ ´    j//:::::::::::::|: : :




.
116 ミッフィー ◆vFX5N8DSzU 2010/05/09(日) 21:51:23 ID:SDn0Dtn2


                 __.. _
              ,  ´,      `ヽ、
            / //.,イ /^i  l、 .、ヽ、
           / ,イ // l ! ,ヘ l.l  ヽ ヽ
         / // ,仏..._ | l   ヽl l l  ゙!  ヽ
        / /._,/ /!示、 l |,r‐ ¬トl.|   ト、  ヽ       これ、作品の性質上説明しちゃうと
        レ' ,// イ }.{し},{ |.l. rfサト,リ ! | ヽ  l       読んだ時の楽しみが半減されるってつい最近>>1が気付いて…。
         //l /ilヽ_フ, ,メノ ゞ=イ./ :! ト、 ∧. |
         ´   !|. l! :!、 '´ ` ー 'u ,//ノ,/  ヘ!        本当は第三話の終りに紹介するつもりだったんですが、
           |l   l.!>、`   ,/_ ,イメ,-≦== = =、、   急きょ止めにしました…。
           l! _j∟-ー/´ /イ.|イミ、ヾミヽ     }.}
       _, - ´ ̄   ,r─<´ ̄ノイ(_jノ)ヽヽ.   //
     , ´    ,  ,r 7′   ヽ   `ー-イ、 ) ,) く/    『じつは、わたくしこういうものです』は、
     ソ,/  ,// /}、     ∧      l. }</       写真+小話という形態をとった本です。
    ノイ ,/´/ / ,/  ハ /  ,/ ∧     l トミ、        ただ物語の設定がちょっと特殊で…これを説明してしまうと、
      ヽ! {. ! \ /  }/    /_,.ヘ.   l ト、 ヽ、     この本の価値が無くなってしまうんですよね…。
        ヘ!.   `{   i   _/ _, ィ)   .l. | >'´>
             ヽ V ,.f'′/   ヽ  l. レ' /






           //.       ヽ 二二,\
         //                ヽ ヽ
         / /            / ト     Vヘ
        ' / ./   /   /  ハ     V '.
        l , /    /   // /./  '. ト、  l  l l
        l l ,'  _ / -― / / /―‐.l ト、 l  l l
        l l l   /   / /./  ェ=レ、_ l l.  lノl
        l l l  ./     /./   .ろ::::::<l l   lノl
       ノノ l  l _゙=二彡//   辷zタ l.l   l l
.      // l  ∧                /  l l       ただ、このスレの雰囲気を
      //  :l  「 ヘ     、_,     /   j 人      気に入ってくれている人には
     { {   l   V. 丶           ,.イ l  / |  }      きっと面白い作品だと思うわ。
     l ヽ   l   ', : l : `ト.、   . イ:l: : :l  |l { /
     ヽ ヽ { l  ' : l: : 人     人l: : / .f.l ∨      何かの機会で手に取ることがあったら、
      } ノ ヽ.  レ'〈  / >‐<\.  〉/  l l  \     ぜひ読んでみてくださね。
      / ムイ|   |   >'.:./:l.:.lヽ:\/ | l  |‐-- __ l
     / ,へ  ||   |/.:.:.:.:.:.:冂.:.:ヽ \! l   l / .l     あ、その時は絶対にあとがきから読んだらだめよ!
     l f ヽ\|   l\.:.:.:.:.:./ |l.:.:.:.:.:.人ヽ  V.   l     フリじゃないんだから!
     l |    .}   }_>‐く  .\∠____\ヽ l   l/    >>1はそれで今でも後悔してるぐらいなんだから!
    ノ.ノ|.    |   |     \/      } } } ∠__
   ノ ノ l  l  |   |\     \  /  | | |/
-=ニィ´  l  V .レl  .|  `'丶、    `く     | | |
  /  / |  ヽ  |  |      ̄ ̄ ̄\  | | |
  l /|  | \ \从人  ○    ○ } } 从乂
  レ  }  |      ヽ  |         | |    |



.
117 ミッフィー ◆vFX5N8DSzU 2010/05/09(日) 21:51:55 ID:SDn0Dtn2




                     /// ´ /   / /_ / ,′/   , }   ヽ
                    厶/ /  / ,  //_ ,.」_ /`メ、/ //,ハ  i  ,
                    厂ノリ/  / /  /´ y/::::ノうト、 /// /  i i   ′
                  -‐彡 '/,: / /  -─ 弋:::タル゚ / / .:′ i i   |
                 // /  ,: /!  ,::  i |.    ``'ツ/   //,.、`ヽ! i   |
                〈〈 /  イ'/ | i ;   i |            /  'タ;ハ, / ;!   リ
                  V  〃 | i ;  i:|              .; 〈::/ノ” / !   |      _ .  ─-   . _
                 // ″/ | i ;  i:!            '′  んj/ ,  i L. -‐ ''"  ,.   ´ ̄   `ヽ
                /   {{ '  | i ; :. i|        ` -     ハ;/  ′ jノ|      .            }
              /     从.  | i ; :. i|:::...               イ /  ,′ / i|-rァr '′             /
            ,./ / /ノ/j厂ハ| ;: ; :..卜 ::::...       . ィl| j/  /  // リ〃 l                 /
.          ,..:/   /___,ノノ /, ':.. :. :..'   `く > . イ ノ |レ'''  /  /// :i:: |
        ,.:://  //..::.::.:::`ーrヘ ′ ':.ヽ  ゝ、 〕  ノノ|rク´ ,:'/ ,.:' ,.:'/ / .:i:: |          /
.       ,::/,;:/ / //..:: .:.:.::.:::.::::/.::.:.':.、 `:..ヽ   \lフ厂/// ,:′,.:" /〃   ::i:: |          /
      ,:/ ,':ム孑ノ  `ヽ__,. イ.:::.::.::.:..\  \     \/// ,:′/ ,: //   {  ::i:. ,       , '′
      | jレ ´     〃//厶  ‐…┴ヘ、  丶    ` ー- 、 {,:';'  {{    ',  ::!:. ′  ,. イ     それじゃあ、
      レ'           {レ'/             \  \  =ー-  \{   い    ∧ ::i:: 〈   /      今度こそ本当にこれで終わりね。
     ,:             {レ′            ..:..\  \    `ヽ ヽ  } }  / ヘ ::i::. \/
.    .′.. .        ;:′             .:..:..丶、         }  ',弋ゝ / _,ゝ -‐…┘      次は最終回の楽屋裏でお会いしましょ。
    イ .:..:...:..:. :. :..    .:   ..:..:.. .:.:..         ..:..:..::l ト、   ヽ    }   `< ___
  / !.:..:.:...:..:...:..:..:..:... .::!:: .: .:..:.:..:..:....:..:.:..       .:..:.:.:jノ.::{ヽ   } リ 人 ー-  . _ `ヽ、
     i::.::.::.:.:.::..:.:.:.:.:.::.:::l{:::.:::.:.:.:.:.:.::.::.::.:.:.:.:.:..:...      .:ノ{:..:..:.:{  ) 丿从(   ) r─-  、 `ヽ ン'⌒







            ,....-.-─‐- . __/}
         /.:...:.:.:.:.:l.:.:.:{ii|.:.:、.:`、..:.:.:/
       /.:.:.:.:|.:.:{iiiiii|.:.:.:|i i|.:.|`ヽ..\/
      /.:.:.:.:.:.:.:||.:l ̄ ヽ.:|´ V  ゝ.:...\
     /.:.:.:.:/.:.:.:.:|`   |.:|     |.:.:|\:.\
   /.:.:.:..::,イ.:.:.||.l    Vハ 〃〃/ヽ.:|  \|          みなさん、体に気を付けてお過ごしください!
  /.:.:.:..::,.、/. |.:.:|.:i l 〃〃/ |ヽ ̄ ̄ /.:|
   ̄ ̄  |.:ヽ|.:.:l l.:l ̄ ̄  l |  /.:ヽ |_
      └、|.:.:.:トl l-----イ ノ ̄ \.:.:\ ノ
    /.:´ ̄|.:.:.:| ハ| ̄ ̄ ̄| ̄〉:;:;/|\.:\
  /.:.:.:.:/ ̄|.:.:||  |    | | \ノ || /ヽ.:.\
  `ー\/i──|/ \     | | `´| ̄    ̄



.
118 ミッフィー ◆vFX5N8DSzU 2010/05/09(日) 21:53:28 ID:SDn0Dtn2
紹介コーナーはこれで終わりです。
多分今週中に前スレの埋めネタができると思うんで、
その際またチラッと告知に来ますー。
119 名無しのやる夫だお 2010/05/09(日) 22:01:57 ID:9yfiSIkw
乙です。
スープのことだけはこの前本屋で見つけて読みました。
つむじ風食堂の時も思いましたが、この作者は小道具の扱いとその描写が上手いですね。
現実の話のはずなのに、幻想小説を読んでる気分になりました。
埋めネタも期待です。

120 ミッフィー ◆vFX5N8DSzU 2010/05/09(日) 22:15:04 ID:SDn0Dtn2

    ,.、   ,r 、
   ,! ヽ ,:'  ゙;
.   !  ゙, |   }
    ゙;  i_i  ,/         >>119
    ,r'     `ヽ、       おおっ、俺得ネタにお付き合いありがとうございますー!
   ,i"        ゙;       うん、まさにその通りだと思う。吉田さんは細かいところの描写に
   !. ・     ・  ,!      光るものがありますよね。埋めネタもがんばる!
  (    x  ///'
   ヽ,:`''''''''''''''"ヽ.
.
121 名無しのやる夫だお 2010/05/10(月) 02:37:40 ID:1dSAKdUo
やらない夫ブログにお勧めしてみた。
管理人さん、仕事早いよーww

122 ミッフィー ◆vFX5N8DSzU 2010/05/10(月) 17:28:43 ID:BA7eJtsY


 (  ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_ >>121
  \/    /


 ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_  なん…だと…


 (  ゚д゚)   カチャカチャカチャ
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_       <『やらない夫 ブログ』で検索


 (  ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_  ……!





     /⌒ヽ   /⌒ヽ
    /    ヽ /    ヽ
    |     | |     |
    |     | |     |
    |     | |     |
    |      V     ヽ        まさかのまとめ2件様目
  /              \
 /                 ヽ      やらない夫オンリーブログ様
 |                  |      http://yaranaioblog.blog14.fc2.com/
 |    ●       ●    |
 ヽ                /
  \      ×      /
     -、、,,,,,___,,,,,、、-




    ,.、   ,r 、
   ,! ヽ ,:'  ゙;
.   !  ゙, |   }         幸せすぎてもう何が何だか…
    ゙;  i_i  ,/          あれじゃね?俺今日あたり死ぬんじゃね?
    ,r'     `ヽ、
   ,i"        ゙;       本当にありがとうございます…!
   !. T    T  ,!       しばらく投下が滞りますが、
  (///  x  ///'       最後までまとめていただけるよう頑張ります…!
   ヽ,:`''''''''''''''"ヽ.
    |      r';        そして推薦してくれた>>121さんも、ありがとう!
    ゙';:r--;--:、‐'         今度1000円ステーキ食べに行こうぜ、奢るよ…!
    ゙---'゙'--゙'


.
123 名無しのやる夫だお 2010/05/10(月) 21:09:23 ID:CAhgWhy.
早速ですが、やらない夫オンリブログから来ますた!

もの凄く好みなストーリーです。雰囲気、構成と何もかもいいです!

最終話、楽しみに待ってますね!

### 名無しのやる夫だお 2010/05/10(月) 23:06:55 ID:yaranaioblog
>>121
情報どうもです。私からは食後の珈琲奢らせてください。
>>122
最後までまとめさせて頂きます
>>123
うちのブログから足を運んでくださる方が……感激です!
!


それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)それからはスープのことばかり考えて暮らした (中公文庫)
(2009/09)
吉田 篤弘

商品詳細を見る



126 『【空ばかり】やらない夫が流しの床屋になるようです【見ていた】 吉田篤弘氏を倍プッシュ!のコーナー その3』の前後エントリー2010年05月12日 12:15

纏め作品一覧【空ばかり】やらない夫が流しの床屋になるようです【見ていた】の目次



※トリップには対応しておりません。まとめミス等ありましたら、非表示でコメント、もしくは管理人にコメント・メールフォームにて連絡をお願いします。
:管理者のみに表示
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!