タグ:◆c4bqdXp7mw 【全3ページ/38タイトル】

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第一話

2014 03 25  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |
1 ◆c4bqdXp7mw 2013/12/14(土) 00:10:00 ID:Dy..w8Jg




このスレは、『ツァラトゥストラはかく語りき』や『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』などの交響詩や
歌劇『サロメ』、『薔薇の騎士』、『カプリッチョ』等で知られる作曲家 リヒャルト・シュトラウスの人生を扱ってます。

ですが、これはフィクションであり、 ◆c4bqdXp7mw による〝創作〟として捉えて下さい。



また このスレで差別的な表現を載せることもありますが、これは十九世紀半ば~第二次世界大戦における
ドイツの社会的な状況から来るものであり、作者に特定の人種を貶める意図はございません。


最後に、このスレはタイトルに【十八禁】を入れませんが、スレ内で紹介するオペラ作品によっては
エロ・グロが出ることがあります。
該当する話のときには投下する前に注意を入れる予定ですが、ここに前もってお断りしておきます



.

2 ◆c4bqdXp7mw 2013/12/14(土) 00:10:53 ID:Dy..w8Jg



                         では、始めます


.

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第二話

2014 03 27  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |



           / ̄ ̄\
         /      , ヽ
          |   _,.ノ、,ヽ,__
.           |   .( ●)(●)
           |     (___人__)       ・・・・・・・・・・・・
            .|        ノ
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
/..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::...ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ、
:::::::::::::::::...ヽ::::::、-─────- 、_,. --──ー、
::::::::::::::::::::::::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー´ ̄ ̄ ̄ ̄/
::::::::::::::::::::::::://         / /      /
:::::::::::::::::_//__        ./ /      /l
:::::::::::::::{ _____  `ヽ     / /     ,/´)
::ー::::::{ _____}`'ー'´    ./ /      L,.-'´}
:::::::::/  _____}      ./ /       ,.-'´ ./

―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::ヽ ,.-ー=ニ、
:::::::::::::::へ──────────-- 、._// ̄ /
::::::::::::://  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./    /
::::::::::://                 /./     /
::::::::// 意志と表象としての世界 /./    ./
:::::://   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /./    ./
::://                 /./     /
//                 /./    / j
/              ( ̄ ̄ ̄ヽ  /:::: i
             r―- ニ二ヽ  \ ::::::: i
. ショーペンハウアーヽ ‐- 、_ \,  丿::::::: i

.

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第三話

2014 03 29  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |

                                             /   /
‐-、_                                            /  ./
      ̄"''ー-、_                               /  /
__         ̄`ー 、                           / /
__`―----、_━     ̄"'ー- 、______________/ ./
 [二] ̄゛ ̄`―‐ニニニニ==―--、_━ `ー‐ ┌―――――――┐||||/__
          (ニ)   (ニ) ̄ ̄  ̄| ̄llll|||||              ||||||||   |
                 「 T~|  |  ||||||||          ,...--─- 、 |
                 | | |__|_|||||||└――――― ./   :::::::::::::::ヽ、
――――― '" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| |,-|~~~ニ二二二二二二 ./     ∠ :::::::::::ヽ
-、,-、 ,Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ l     /;;)) ::::::::::::丶
 |  Y⌒Y⌒`Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y l    ヽ`´  ヽ ::::::::::丶
,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,.ヒヾ)  ,   _,ノ ::::::::::::丶
|..."' - .,                                 ヾ ,  ゝ‐ ´ ...::::::::::::::::::`
Y'"⌒` .`'' - .,_  ,..._ __                         `l. /   :::::::::::::::::::;;::::l
.|    |    | `r`''、~ ヽ                          ヾ     :::::::::::::::;;;;:::::l
/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄ . ゙{ ‐-′ 丶,r、_                       ヽ         /_,. ゙ー、
.            }ニ´'!  /   ̄ヽ.                   \      / '´    '.
            .`ー^''´〉′    ゙'' ー ..,_                 `、 _/,′,,.. -     ゙、
               '、              ゙'' - .,_       _,. -''"''´ , ´r'´ ヽ.      ゙ 、
        ╋──────────────────────────╋        .`.
        |                                        | ヽ      ゙.
        |          ~ リヒャルト・シュトラウス ~           | ...`i      |
        |                                        | i ,.      |
        |     やらない夫のオイレンシュピーゲル物語  第三話    | /  丿     l
        ╋──────────────────────────╋ . _,..         i
                {゙ヽ. ゙、゙''ー-‐┘  !                ノ       / ‐"         i
.              {、 ヽ二>       }i`=、- .,_   _     r=゙ ー  ミ   , ゙               i
                {、`-‐-、_     !  `、  ゙'' '"、`'ー─ '′ ″_      /             !
                 ! ゙-‐-ァ-- ....,_,_j   〉      ` '' ー    ̄ヾ、   , i             |
             ` ̄´   !‐''"ー- i'´             `    ,゙ {              l
                      ヽ j                  / ノ _            |
                       `"'''"゙'' ー--  ....,,__   _,,. -'  r′ `              |
                                        ̄´´    { "´              |

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第四話

2014 04 01  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |



┌───────────────────────────────────────┐
│                                                            │
│   ドイツは 1871年の統一以来、国としての性格が根本的に変わるほどの変化を遂げた   │
│                                                            │
└───────────────────────────────────────┘




           (    __ノ ヽ-,  |          )  /´
          _/     | _ ,ノ   ヽ         `):::~|
         \___ノ )`´    |        __ ,):::::::レ~、,, --‐‐:::::::::::
                ,-´、_    ´つ   /~~~´;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;
              ,,-~~`   ,,ノ   /   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
              ´~~~~、_ノ ,~-´    , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::' ,
                  、-、 ,,-ノ'     ,::':::::::::::::::::::::::::::,, -‐‐-、;,
              |~~~~`ツ           ';::::::::::::::::::::::::::::::::'
              `ヽ,            ';:::::::::::::::::::::::::::::::::',
                ~ヽ           ,;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::; '
                 )               ' ' ' '
     ,,、,,-、          |
     |   `‐- 、,     ノ                  ,--,
     /      ~`~~´             __     )  ヽ
    /                  ,~、__  _~´ `丶   ヽ  `ヽ
   /                  |   `-´    _、 `|   `|,  \
  /                ,__,-´        ( !  \   \  ~~~`ヽ,,_
  `/              /           、二,   `ヽ_,,   ̄く    |
  /,             (  _ 、‐、 ο     ´i  |      `-、   ,~_\ i
  ~ `´ヽ,         /´  ~  `´       ) ,,_|        `i ヽ, `´ ヽ
     |__,,-‐‐-、,, ,,-‐`              `´          ) ,-!     )
     ,,-‐、    ~                       i~~`-‐フi_/
  _,,/   ` ‐-´i_ - ‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐ ´`‐`―´~ヽ,っ  `\_  )








          /./ /_______    \、
        ..7| 〃/-.   ___ ̄ ̄`、"ヽ\ ヽ
       [(.l|(,/ノ゛.//〆<´-t___>⌒~  .\、
         [./ ヾツ/´     ー====、、_ _ -.\
       [゜./`、        `ー―\ \\ヽ丶|l
      ||(            \\,,.\ \ヽ
       X|       _彡≡==イ  く\ヽ  |レ
        Y ==ミゝ、 〃´=ェ__   ソ ノノ  V
        `)レ≠幵ヾ  ゛〃ア TT リ /ミイト、 V
         |l  ゙==ソ     =イ  /ミノ n レ
         l|   /ノ         ヾメ  r /
          l、  、           / _/      ・・・・・・・・・・・・
          k  .\       ∪  /.\^へ
           \           / /::::::::::\
           ...ヽ   ---.   /./::::::::::::::::::::::\
             ゝ..    _ ンく/:::::::::::::::::::::::::::::::::/ゝ、
         ゴクリ    ゛` lて7 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/\\
               l^r、\く.\:::::::::::::::::::::::::::::::::/ 0 ゝ、\
               l|l゜:::::::\\:::::::::::::::::::::yくゝ、:::::::::\ 、

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第五話

2014 04 03  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |




   \||||||||||||││││||||││││|│|/
   三                                        三
   三                                        三
   三   「 私はまたしても始めて――リーヒァルト・ヴァーグナーの   三
   三   『 マイスタージンガー 』 の序曲を聴いた。 」          三          ♪
   三                                        三
   三                                         三
   /│││││││││││|││││||||││││|│|\


                   ,
                  ノ(フ、ヽ、、、、
               , '"/ 爪ヽ、\ミミミ`ミ 、
   ♪          ,' i(、(、ヽ` 、、`ミミヽ、))ヾ 、
               ',、-'"゛    i、'、ヽλ、ヽY(、ヽ
               ,'゛       '、\ヽミミ、ヽ、ヽ、'、    ♪
              ,         、ヽ ヽ、ミミ、ヾ、'、)、
              /          ヽ、ミミニ、ミ、ヾ、i!;                    ♪
            、i!;、;ニニェ、.;...     .:.:.,‐‐、`ミ、))、.;.!
           ,、‐永ゞエン'`ヽ     ( レ、 !、ミ'))ノリiミ         . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
          f゛ -/  ヽ、         ヽノノ iノノン;トi、        . : :                              : : .
          l  ( ,,  、         し '  ノノリ,、--、        . : :                              : : .
          i  ,;ゝァン゛ヽ            ,、イ   ヽ、      . : : 「 それは華麗な、飾りすぎた、重々しい、    : : .
          ノ` ;サリリリチ、          、‐' /    / `'      .. : :  末期の芸術であって、それを理解するには : : .
          /  ルイミミlマン        /  /   /          . : :  今もなお生命を保っている二世紀間の    : : .
       ,,、ノ    'i"`'       .: /   /   / /        . : :  音楽を前提しなければならないという     : : .
     ,rイ,フ      /ヽ、_  _  /   //   / .:.:.         . : :  誇りを持っている。―― 」            : : .
    /i∥《、    /)      ノ'゛   /::/.:.   / .:.:.:.:....;.;.      . : :                             : : .
   / ヽ、 `'''>‐-':/     ,r'゛ `‐ ''゛::::/  .:..:/.::..;.;.;.;..;.;.;      . : :                             : : .
  /.;;.;..;.:.....`' '".;.;.;.:../    ,r‐'::::::::::::::::::::::::/:,、==”:::::.;.;:::::..;;..;.;.;.::       : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
  /:::::::::.;.;;..;.;.;.:.:::::::::::i!  ,、-':::::::::::::::::::::::::::/::::`=ェ、;;;.:.:.:.:.::.:;.;.;.;;;..::..::.

             【 フリードリヒ・ニーチェ 】

                                           ♪


              http://www.youtube.com/watch?v=5Zcxx7fNqIs

    【 R.ワーグナー:『ニュルンベルクのマイスタージンガー』から第一幕前奏曲 】

.

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第六話

2014 04 06  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |

                                             /   /
‐-、_                                            /  ./
      ̄"''ー-、_                               /  /
__         ̄`ー 、                           / /
__`―----、_━     ̄"'ー- 、______________/ ./
 [二] ̄゛ ̄`―‐ニニニニ==―--、_━ `ー‐ ┌―――――――┐||||/__
          (ニ)   (ニ) ̄ ̄  ̄| ̄llll|||||              ||||||||   |
                 「 T~|  |  ||||||||          ,...--─- 、 |
                 | | |__|_|||||||└――――― ./   :::::::::::::::ヽ、
――――― '" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| |,-|~~~ニ二二二二二二 ./     ∠ :::::::::::ヽ
-、,-、 ,Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ l     /;;)) ::::::::::::丶
 |  Y⌒Y⌒`Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y l    ヽ`´  ヽ ::::::::::丶
,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,―-、,-―、,.ヒヾ)  ,   _,ノ ::::::::::::丶
|..."' - .,                                 ヾ ,  ゝ‐ ´ ...::::::::::::::::::`
Y'"⌒` .`'' - .,_  ,..._ __                         `l. /   :::::::::::::::::::;;::::l
.|    |    | `r`''、~ ヽ                          ヾ     :::::::::::::::;;;;:::::l
/ ̄⌒ ̄ヽ/ ̄ . ゙{ ‐-′ 丶,r、_                       ヽ         /_,. ゙ー、
.            }ニ´'!  /   ̄ヽ.                   \      / '´    '.
            .`ー^''´〉′    ゙'' ー ..,_                 `、 _/,′,,.. -     ゙、
               '、              ゙'' - .,_       _,. -''"''´ , ´r'´ ヽ.      ゙ 、
        ╋──────────────────────────╋        .`.
        |                                        | ヽ      ゙.
        |          ~ リヒャルト・シュトラウス ~           | ...`i      |
        |                                        | i ,.      |
        |     やらない夫のオイレンシュピーゲル物語  第六話    | /  丿     l
        ╋──────────────────────────╋ . _,..         i
                {゙ヽ. ゙、゙''ー-‐┘  !                ノ       / ‐"         i
.              {、 ヽ二>       }i`=、- .,_   _     r=゙ ー  ミ   , ゙               i
                {、`-‐-、_     !  `、  ゙'' '"、`'ー─ '′ ″_      /             !
                 ! ゙-‐-ァ-- ....,_,_j   〉      ` '' ー    ̄ヾ、   , i             |
             ` ̄´   !‐''"ー- i'´             `    ,゙ {              l
                      ヽ j                  / ノ _            |
                       `"'''"゙'' ー--  ....,,__   _,,. -'  r′ `              |
                                        ̄´´    { "´              |

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第七話

2014 04 08  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |




                       :
                     □
                    ┌─┐
                    └─┘
                  ┌───┐
                  └───┘
                 ┌─────┐
             ┌─┼─────┼─┐
             │  └─────┘  │
       ┌──┼─────────┼──┐
       │    └─────────┘    │
       │                        │
       └───────────────┘


.

783 ◆c4bqdXp7mw 2014/04/05(土) 22:41:44 ID:x.BMYBIM



┌────────────────────────────┐
│                                            │
│   少し時間を飛ばして先の所から始めるが、1902年の初夏・・・  │
│                                            │
└────────────────────────────┘




         _,、=:ニ;‐、、--――‐y、,_     ,,r;;;;''''=―--、、,_
       /´  ヽ,ヽ,.゙'l,.゙Y;--',r'゙'ヾ;'V.j   /∠,,.r_;'゙-‐-,<゙゙ヽ,'i、'‐、,
      ./_   .,,_j ゙l l,. Y/゙'ヾ、;、ノ,r;'|  /jフ,r-、ヽ、  _,,>.゙'ー;゙' ーi,. |'i,           キングクリムゾン・・・ッ!
      j.ヾ!  ト‐! | .| .|,_ ./,.〈. 〉| ./ .(゙   _>゙'゙ r''゙´'i,゙l, ,j レ! .|:|
      .|il,  __  j .j゙ .l  ト,゙',/ j.゙ r;| .レ'゙''‐ニ'''゙r''゙´ .゙l,ヽ,. ,ノ ゙ r''1.jノ
      .|.l,゙l, ゙ー゙.ノノ  / / ゙l ゙l,ヽr',r'l ゙;| .ト、,. /./´゙ヽ;.、 ノ ,゙rッ  .,Y';V
      | l,.゙ヽ--'゙ ,ノ  /  l, ゙'゙,,.l, ,j ゙| l,ヾ,、--、,,,、'_, r''゙ l   / li,;)
      l,. ゙'i,  /  ,rシ-、,ィ) l,゙i,V/゙j゙ /゙,,、、、,_  ゙\!.レ゙  .| Y゙      『キングクリムゾン』の能力の中では
       ゙l゙i,・ヾi, ,/ィl、・_ノ ,;:: ゙シ'i.l,ノ ./゙    \  ゙Y:   .l /       この世の時間は消し飛び・・・
       | `ラ´゙'''´ ''"'´  .|  |:.r'`V'''" ̄`゙ヽ、 ゙'i,  |.   ' /
       ゙'i,         .j  |./ ∧、, ゙̄ヽ、. \ ゙l. |\ ./        ・・・シュトラウスが 「 全ドイツ音楽協会 」 会長に
        ゙i,. r、,,,.、,_   / ノメ、 .j |ヾヽ,゙'ー---‐'''''ヾ-、,‐'         就いた後の“結果”から、第七話が始まるッ!!
         .゙i,ヾ'-'ニワ.  / ./ノ .V j゙ |'i,. ヽ;-‐-、,_::::__ ::..>
        /:::l,〈`   //‐'´ ./.ヽ/ .j.ノ  .:ヾ、;:) ゙'i    `ヽ、
       /::::::::|ヾ‐;<;/__,、r'´ ./ .)='゙  ..::  ,ソ  .(:: _,,r‐''゙⌒`゙ヽ、,
      / l;::::::::::Y゙人゙l;:.    .,/,r'ニ゙   _,、r''´  ..:: ゙ヾ、     ::  ヽ,
     l  /,r:| j‐゙''l; ゙ニー‐'゙ (`l.(_,r‐'''゙´__,, ....:::::   .`ヽ、,....:::::..  ゙l,
     .!. .l゙l゙レ'>‐゙ | ト;゙i,l、ノ,r;;'ニ゙/´゙Y .,r'゙ ̄    .....::::::::::::::::::::::::.゙ヽ、:::    l,
     | 'ー;l.'i,.l゙  ,j 'シ'‐-ヘ;'V゙./  ゙l, ヽ, ......:::            ::::..ヽ,   ゙l
     .|._,rラl,.|  / ,i l,   .ノ , ゙i,   .゙ィ,.レ'                :.゙l,  .|
     / / ゙l l,゙l,/./ .l, l, ././ .゙l,゙l、  /.,ィ´ ,.r''ニ'' ヾ,            .:l, j゙
   .,rl´.'-‐ニ, .,、 L,,,,,゙l, V /   ヽ,゙'´/.|  .l゙/;=iミ;゙'i,. [        .:::::::::::::::Y゙
  .,r',、 「゙´  | .| jヾ、--、ヾl,    /,、 ゙l,.゙l、-';j;ノ::::::゙レ゙lj゙   ........::::::::::::::::::::::::::|
 / ./.| .レ-‐' 'ソ::l,゙l, ./.∧、ヽ、,,/,/,,゙'i,,゙L、‐'゙::/::://     :::::::::::::::::::::::::::::j゙
 レ:'二i .i''゙゙´| .|:::::::)、V.l゙  ゙l,.゙'V /   ゙'i, ゙V゙ /ノ゙ /゙L,___,,,_   : : :: :::::l
..゙T´ .| |  ,.| .|::::::/ ゙'i,゙l,  `i , l,    〉,,.〈/  .ヽ、,,,,,、、-―‐-、ヽ、  ..:: .:/

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第八話

2014 05 21  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |



┌───────────────────────────────┐
│                                                  │
│  十九世紀 ―― 産業が、工業化が急速に進んだ、この時代の末・・・   │
│                                                  │
└───────────────────────────────┘




          _/     | _ ,ノ   ヽ         `) ~|
         \___ノ )`´    |        __ ,)  レ~、
                ,-´、_    ´つ   /~~~´
              ,,-~~`   ,,ノ   /
              ´~~~~、_ノ ,~-´
                  、-、 ,,-ノ
              |~~~~`ツ
              `ヽ,
                ~ヽ
                 )
     ,,、,,-、          |
     |   `‐- 、,     ノ                  ,--,
     /      ~`~~´             __     )  ヽ
    /                  ,~、__  _~´ `丶   ヽ  `ヽ
   /                  |   `-´    _、 `|   `|,  \
  /                ,__,-´        ( !  \   \  ~~~`ヽ,,_
  `/              /           、二,   `ヽ_,,   ̄く    |
  /,             (  _ 、‐、 ο     ´i  |      `-、   ,~_\ i
  ~ `´ヽ,         /´  ~  `´       ) ,,_|        `i ヽ, `´ ヽ
     |__,,-‐‐-、,, ,,-‐`              `´          ) ,-!     )
     ,,-‐、    ~                       i~~`-‐フi_/
  _,,/   ` ‐-´i_ - ‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐ ´`‐`―´~ヽ,っ  `\_  )



                     。o - - 。
                    >__  \ \  `ヽ
                 / 二二 、、 \ ゝ // ゝ
                 ζ´三三丶ヽヽ 'ー'彡三 |
                 l / 彡`       `ヽ`|
       ポリポリ…  >―┐///          l .|
              /:::::∠工 //l----- 、  r'¨¨¨ |/
               /::/::。へ:jV/l ヱ武   l 戔丁 l |
            /::::::::::´:_:_:_l .∨        l.     l/
            。:::::::::::::::::::::::l__,彡      ノ   .;      如何にして
            l:::::::::::::::::::lー'  | :.  u         /       ドイツ製品を売るか・・・
             /::::::::::::::::::/..  | ヽ    -― /
       。o 。/::::::::::::::::::/-v―'/  `:.:.:.、_/.|
     /    /:::\::::::::::/: : |   |    :.:.:.:.    | 、__
    /.    人::::::::::ー:/ |: : |  |            /`ヽ: ヽ _
       /  \::::::::/ .|: : | `.':, 、_     /   |: : |   `
      /      ̄/  |: :弋  ヽ   ` __ -/-- ./: : :|
     /         /.   |: : : :\.  \ . __../   ./: : : :|

                      【 ドイツ 】



┌───────────────────────────────────┐
│                                                    │
│   工業化を推し進めてきたドイツでは輸出の増大を図って、保護貿易を緩和した   │
│                                                    │
└───────────────────────────────────┘

.

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第八話 その2

2014 05 26  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, , |



                      では、始めます


                 !注意! エロ・グロあります!!


.

121 ◆c4bqdXp7mw 2014/05/17(土) 22:26:18 ID:qVs4i3WA



                                :
                              □
                             ┌─┐
                             └─┘
                           ┌───┐
                           └───┘
                          ┌─────┐
                      ┌─┼─────┼─┐
                      │  └─────┘  │
                ┌──┼─────────┼──┐
                │    └─────────┘    │
                │                        │
                └───────────────┘


         ┌────────────────────────┐
         │                                    │
         │  そして 12月9日、ドレスデン宮廷歌劇場にて・・・・・・   │
         │                                    │
         └────────────────────────┘




.               i
               .傘                            |
              傘傘                           r^t
              .傘∩傘                         ./.:::ヘ
             傘傘傘傘                        .| : :::::|
.    |      . [IIIIIIIIIIIIIII]_____________________________________________   .r".: ::::`i
   .r'^ー --------i..::::::::::::;;;;i|;;;;::::;:::;::;:::;::::;::::;:::::;:::;:::;::::;::::;::::;::::;::::;::::;:::;ヽ__|.:_;_;;;_;;|_____________.
  /::;::;:::;:::;:::;:::; ::;:;::;;;| ..:::;:::::;;;;;i|;;;:;::::;::::;::::;::::;::::;::::;/|\::::;::::;::::;:::;:::;:::;:::;::;..ヽ.;;;;;:;;:;;::;:;:;;::;:;:;;::;;::;\
 ./;;;;_;.;;;_;;:;_;_;;;._;.;;;:;.;;| ∩ ::::;;;;;/;;_;:;;;_;;:;:_;:;:; ;_;::/\|/\;;;_;:;;_;_;;:;;_;:;;:;_:;;_;.:;ゝ.:-:;:-:-::-::-:-::-.-ヽ
.´|.::::::: ::::::: : :: :: ::: : :;;| ..:::::::::;;;;;i|;;: : : : : : : : : : :[IIIIIIIIIIIII]: : : : : : : : : : : : : :|;.:;ヘ.;: ;ヘ:.: ;ヘ:. :;ヘ.: :|
 |: : i^i: : i^i: : i^i: : i^i| ∩ .:::;;;;;i|;;::i^i::: i^i::: i^i::::||: i'⌒`i: ||..:i^i::: i^i::: i^i::: i^i::|;.:|_j; :.|_j; .:|_j:: :|_j;: :|
 |: : Ll:.:: Ll::.: Ll:.:: L.| . .::: .:;;;;;;i|;;;:Ll;::;:Ll;.:..Ll;: [IIIIIIIIIIIII] ;Ll;;: Ll;::::Ll;;:::Ll::i;;: : ;: .:.; :.: ;.: .:;.. :.; ;.i
 |≡≡≡≡≡≡≡.| ∩...:::;;;;;i|!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i||: i'⌒`i...||;i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!| ≡≡≡≡≡≡≡|
 |:: ::::: ::::::: ::::: ::::: :.:.;;| . ..:: .::;;;;;i|;;: :: :::: : : ::: :: ::[IIIIIIIIIIIII]:: ::: : : :::: ::: :: :...::::|; ;ヘ;.::;ヘ. :.:;ヘ.: .;ヘ.: .|
 | : :i^i: : i^i: : i^i::...i^i| ∩.. ::;;;;i!|;;.:i^i:: :i^i: .:i^i: :|| r'⌒`.i..||;;;i^i:: :i^i: ::i^i:: i^i:..i:..LI;:.:LI: :..Li; ::LI;:::.|
 | :: Ll;;: .Ll;;:. Ll; ::.Ll| .:: .:: :: ;;!i|;;::Ll:;:::Ll;;::.Ll;:::|| | ...l.....i ||;;:LI;; .LI;;: LI;;:.Li,::|;:; .;:. :;..: : ;.:;.: ;.:;;;.; :;|
 |;;:..,,;; ;:,,.: ;::,,.:;. ;;,:.;;i!i::.:.:::..::.;;i!Ii!;,.:::.:.:.:::;.: : .:: : :|| L...|., 」.||;;::...:.::: .:::..::.:.:;.:... ;;.|"` ""`` ""``"""`"
            '''ー----‐:' ''' ' '''' ''''' '''' '::=:/三ヘ =''' ''''' '' '''' ' ''''' ' '''

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第九話 その1

2014 08 24  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |



                  では、始めます。
今回も多いので(500レスover)途中休憩を挟みながらの投下になります。




         !注意!今回もエロ(?)・グロあります!!

.

467 ◆c4bqdXp7mw 2014/08/16(土) 19:49:05 ID:I8ZYx8hM



    |    ×              .:;,     ト            \|‐
    | ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙̄/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙̄/|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
ζ  | ||二二二二二二二二二二||二二二二二二二二二二||  |  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    | ||llllllllllllllllllllllllllllllllllllllll||llllllllllllllllllllllllllllllllllllllll||  |  || // ...:::: ||
    | ||====================||====================||  |;# ||_____||
    | ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[||[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[||  |  ||0────‐||
  ,;゙| ||====================||====================||  |  ||          ||
    |_||[][][][][][][][][][][][][][][][]||[][][][][][][][][][][][][][][][]||  |_||_____||_
  /゙ ||二二二二二二二二二二||二二二二二二二二二二||/  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





                              ー  ヽヽ    _ノ
                              ー  /    ´ ̄|     ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、 ...
               /  ̄  ̄\         __,./       .|
                 , '       \
             |         |
                | .        |
               |         |
             |         ,
                ',         ,.
              ヽ_,'________r
                  /:::::::::::::::::::ト,
                /  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ;,、_
            __,,./"" :::::::::::::: ' ,:::::::::::::ヽ,、
       / ..::\ ..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::: !:::ヽ
      / .::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: i::::::.`
      l ;ノ:::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: !::::::::::i
     く  :::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::: イ::::::: {
        l ::::::::::::::::ヽ;;|:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: |:::::::::
      l  ::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::: |:::::::: i

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第九話 その2

2014 08 24  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |



                                     :
                                   □
                                  ┌─┐
                                  └─┘
                                ┌───┐
                                └───┘
                               ┌─────┐
                           ┌─┼─────┼─┐
                           │  └─────┘  │
                     ┌──┼─────────┼──┐
                     │    └─────────┘    │
                     │                        │
                     └───────────────┘



               ┌────────────────────────┐
               │                                    │
               │   ホフマンスタールが翻案した戯曲 『エレクトラ』 は・・・  │
               │                                    │
               └────────────────────────┘


┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



               \\__二二ヽ.      .┣━ ┃┃ \\_.
                 ~\\   \\     ┗━       ~\\
       .           \\_   ~ヽ\    ╋┓       ~\\ヽ\__
                  丶 ~\\  \\    ┃┃         ~\\ \\
                      ~| |     ヽ                 ~| |    ヽ
                       ||       ヽ\               ||     ヽ\
       ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、        ̄丶\
       l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __    ヽ\
      /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|        ━┓┃┃
      //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|          ┃
     //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|        ━┛
     //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐=,,..  ┏┓
     `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;:;;|    |∩;:;:;|   ┗┛
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;: |   ,|:! i ':;:;|_
     |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;: |   i'''" ̄~`'i .   ━┓┃┃
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;' |  |':;'[];:;[]' ;|..     ┃
   ,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:;;: ;|  !':;'';:': ;'';:|.. . .   ━┛
   |:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;[]';::|      ┏┓
   |:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:|      ┗┛

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻

.

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第九話 その3

2014 08 24  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |


                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・


┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻




             http://www.youtube.com/watch?v=x2TzKC67o9I

                 【歌劇『エレクトラ』から「オレスト!」 】






 〃/: : : /: : : :/: : : :/: : : : : : /: : : : : l: : : : : : l: : : : : : l: : : : : :', :ヽ: :\: : \
. /'/: : : /: : : :/ : : : ,': : : : : : ,': : : : : : l: : : : : : :!: : : : : : :!: : : : : :',: : ',: : :ヽ: : :
  `ヽ、/: : : :/: : : : ,': : : : : : ,' : : : : : : l: : : : : : :l: : : : : : : ! : : : : : i: : :',: : : ヽ: :
   /.: : : :,': : : : : i: : : : : : i: : : : : : : l: : : : : : : li: : : : : : :.l:___ l: : :.', : : : ハ:
    `ヽ、,': : : : : :l: : : : : ̄!: ̄_¨二コ=‐-: : : : :!l -‐ニ三l_ _: : :.!: : :.',: : : : ,ゝ       Orest! Orest! Orest!
      .i: : : : : : l: : : : : : l ニz==、=ミ――‐┘ ̄'z==,==、┬' : : : i: , イ: :
       ¨T ‐- 、T ¨l ̄l イ/ト--イ::r-i ゛        7ト-イ::::r、}ヾ!〉_.. ィ ´ : :!: :     (オレスト!オレスト!オレスト!)
        |:l: :l: : : : : l: : ! ′Vヘ__ノ !          Vヽ_ノ ノ ´/: : l: :l : l:!: :                         . . : :♪
        |:l: :l: : : : : l: : ト、。゚`ー―‐'        `ー―‐'゚。 /: : /: :l: .                         . : ∮ :
        | l: :!: : : : :.!: : !、!          ,            /: : /: : l: :l: !: :         . . . .          . : : : :
        | l: :l: : : : : !: : ! ヘ.       ___         /: : /: : /: ,' !: :     . . : : : : :|ヽ: . .     . : : :#: :
        |: !: l: : : : : ! : l : : ヽ、     ゝ __.ノ     , ィ/: : /: : /: /l : l :     . : : r‐┐ : C|: : : : . . . :c/⌒: : :
        |: l: :!: : : : :l: : l: : : : : !:l¨ ‐- ..._   _.. - イ: l:/: : /: : /: /: l : l: :   . : : : d d : : :   : :♭: : : :
        |: l: :l : : : : !: : !、: : : :l ',: : : :l    ̄    l/: : :/: : /: /: : l : l: : . :c/⌒: : : :        : : :
        |: :!: l: : : : :l: : l ヽ、: : l: ヽ、ノ       / : : : /: : /: /: : : . : :♪: : : :
                                         : : :
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻

.

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第十話  その1

2014 11 19  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |

5 ◆c4bqdXp7mw 2014/09/20(土) 21:11:01 ID:gITUNPxQ
『サロメ』と『エレクトラ』だと、象徴的な語の使い方で『エレクトラ』のドイツ語の方が難しく感じられた。

『薔薇の騎士』は会話主体で象徴詩的な語句があんまりないから楽だろうと思っていたら

・格式的なところでフランス語やイタリア語がちょこちょこ出てくる
・オックス男爵は、くだけた箇所だと訛りのあるドイツ語
・マリアンデル、たまに元帥夫人がウィーン訛りのドイツ語


うーん・・・ 『エレクトラ』とは別方向性で、『薔薇の騎士』のドイツ語も難しい・・・・・・

6 名前なんて無いだろ 2014/09/23(火) 21:38:50 ID:Sj20PHjs
>>5

>・格式的なところでフランス語やイタリア語がちょこちょこ出てくる

モーツァルトのオペラはイタリア語でしたよね
ドイツ語のオペラって19世紀以降ですか?


7 ◆c4bqdXp7mw 2014/09/23(火) 23:59:12 ID:xO9igHzs
一般的な意味ではウェーバーの『魔弾の射手』がドイツ・オペラの始まりとされてますね。>ドイツ語のオペラって19世紀以降

大まかに言えば、オペラの発祥は十七世紀に文芸復興の一環としてフィレンツェで始まった、とされてますが
十九世紀までは、オペラといえばイタリア語(フランス宮廷では「イタリアに負けじ」とフランス語によるグラン・トペラ(グランド・オペラ)が生まれましたが)
というのが一般的でした。

『魔笛』や『フィデリオ』は、現在では〝オペラ〟に括られてますが、当時はジングシュピール(直訳すれば歌芝居)と呼ばれる
宮廷歌劇場で演じられるものではなく、もっと民衆的な劇場で演じられるような扱いをされてました。
(サリエリが『魔笛』について、「これはグランド・オペラに匹敵する作品だ」と絶賛した話が伝えられてますが
裏返せば、「ジングシュピールはオペラより下」という考えが下地にあった訳でw)



十八世紀のハプスブルクの宮廷では

・マナーに関しては、フランスの宮廷の作法から影響を受けている
・音楽に関しては、大のイタリア贔屓

という特徴があり、そういったのを踏まえた上でホフマンスタールはフランス語やイタリア語を使ってるわけです。

ただオックス男爵が使ってるのを注意して見ると

・元帥夫人と話すときに少しイタリア語を使う
・マリアンデルを口説くときに少しフランス語を使う

つまり「自分は貴族だ、宮廷に出ても恥ずかしくないんだぞ」と、オックス男爵がスノッブ的な性格の持ち主だ、というのを
表現するために入れたのかな、とも思いますが。

(ちなみにオックス男爵は零落した田舎貴族で、宮廷にはほとんど縁のない人と思われるし、小間使い設定の
マリアンデルを口説くのにフランス語も使うのは、どう見ても “貴族” を強調するためとしか思えないw)




ホフマンスタールはかなり繊細な言語感覚の持ち主だった、というのは、読んでると分かるんですが・・・

このニュアンス、やる夫スレで・・・俺が・・・・・・? ・・・・・・・・・・・・うーん、無理w

8 名前なんて無いだろ 2014/10/05(日) 11:52:01 ID:YwQaY8VE
>>7
欧州人でも今の人にはわかりにくい背景ですね

9 ◆c4bqdXp7mw 2014/11/06(木) 19:27:57 ID:gtczLnhA



                        では、始めます。

                    今回も十八禁的な表現があります


.

10 ◆c4bqdXp7mw 2014/11/06(木) 19:28:19 ID:gtczLnhA






                      ~ テアター・アン・デア・ウィーン ~





                                           _,.、.-――♪      _,.、.-―-.、.,
                                        、-''´          、-''´       `'-.♪
                          ∧  iニニiニiiニニiニi           ―--:‐''^ ´               `'-.、,_  ♪
                  †_____| ̄|_____/;:;:'i,....|  |;;| |  |;;|iニニiニi               iニ::iニi
             †  'i.|.i' /;i 'i.|.i'   'i.|.i';:;: ;,;'†iニ 'i.|.i' 'i.|.i' .'i.|.i'.ー†、,______________| |::|
            ∧ ,i鬻i、; i ,'i鬻i`、 /鬻i、;;;;;;∧ /i鬻i,/i鬻i/i鬻i、::∧ :.::.:__::.::.:.__:::.:.:..__:.::.:.__: \!_|
           |/ 'i,_iニニニ.、iニニニニヽiニニニ.、:/  'i, ニニ'i,,,ニニ'i,,ニニ,/  'i,::/∧:::/∧:::./∧.::/∧:::/∧
          ,,,/i''"``i:|i--i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i--i|;:;|i''"``l|i--i|;;|i--i||i--i;i''"``i:| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|\
         | / i''"``i;|i_ii_i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i_ii_i|;:;|i;ロ;: ||i_ii_i|:,|i_ii_i||i_ii_i;|;;   |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
        , ;|/__i'ニニi'ニニニニニニニニニニニニニニ;:iニニニ|ニニニニニニニニニ;iニニニ|:                |
        ;;`|∩| ::::l |i--i|; __|ロロ|_,,|i--i|;;:;|   | |i_i| |.|i--i| |i_i| |;;   | | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| |
        ; |:! !|コ :::i |i_ii_i|; iLiLiLiLiL||i_ii_i|;;:;i;ロ;: | |i_i| |.|i_ii_i| |i_i| |;;   | |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |
        ;!;:|:!_!i'ニニiニニニニ `ー--- "ニニニニ;:iニニニ|lニニニニニニニニニiニニニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
        ; |  | ;;::i|i--i|;| ;;i:, '⌒`、| ;;i|i--i|:;|   | |i_i|;, '⌒`、:|i_i|;;|;;   | ..!;;:∩|''⌒ 、 !;;:∩| |i_i| :|i_i| |
        ; |  | ;;:;i|i_ii_i|;| ;;i:|   || ;;i|i_ii_i|:;i;ロ;: | |i_i|;|   |:|i_i|;;|;;   | ::!::::! !|::...  i !::::! !| |i_i| :|i_i| |
        :';:;'':':`::';:;============ニニニニニ;:iニニニ|ニニニ]ニニニ]ニニ:iニニニ|;;| ̄ ̄|:ニニニ| ̄ ̄|ニニニニニニi
        -ー''"’~| ,,.:;:、。,., ,.;:::.,、。、|;;;;.  ,.,,,':';::':';:;'':'`::';:::ニニニ i,,':';::':';:;'':'`::';::':';::':ニニニi:;'':'`::';::':';:;'':'`::';::



                http://www.youtube.com/watch?v=NP90KMTqgMA

               【 オスカー・シュトラウス:オペレッタ『ワルツの夢』から間奏曲 】
.

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第十話 その2(オペラ『 薔薇の騎士 』 第一幕)

2014 11 19  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |




.‥  ─ ── ─── ――――――――――――――――――――――― ─── ── ─  ‥

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ── ─  …
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ── ─  …

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・


                http://www.youtube.com/watch?v=omFIvIqDhWo

                    【 オペラ『 薔薇の騎士 』 第一幕 】

.

やらない夫のオイレンシュピーゲル物語 第十話  その3(オペラ『 薔薇の騎士 』 第一幕)

2014 11 19  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆c4bqdXp7mw, |



┌───────────────────────────────────────┐
│                                                            │
│  しかし諦めきれない男爵は、アンサンブルの後、改まった調子で要求を変えて切り出す    │
│                                                            │
└───────────────────────────────────────┘


┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻






.                       ,´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                      │ Geben mir Euer Gnaden den Grasaff' da        │
                      │                                  │
                      │ (閣下夫人、どうにか この新人を下さいませんか) .....│
                      乂_______________________.ノ




             ___
           ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
        _ /::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
           j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',
        .|:::/::::::::i::::::∧:::::::::::::ト、::::::::::::::::::i、::l
      、__Ⅳ::::/:::i:::::メ__!::::::::::::匕ヽ:::::::::::::ハ:|
       フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i:::ト、`!
      ´ ̄]八!/i」:i  ̄ !/ Ⅳ   小ハl  -、_        zu meiner künftgen Frau Gemahlin Bedienung.
        / j、八i  ´  j〉   爪i:::::::::::::::::::::::::ハ
       /:::::::ハ::::jヽ、  t =ヽ ィ:::::::!:::::::::::::::〉:::::,:: !        (我が 未来の花嫁の小間使いと して)
      /:::::::::::::::|:::::{ > __/ ,!:::::::!:::::::::::〈:::::::/::::{
     , :::::::::::::::〈::::l::::::::t/ ∨;;;;/ヽ !:::::::i:::::::::::::::v::/:::::{
.    /::::::::::::::::::::::::,:::、:::::\ {::::::}  ':::::::::!:::::::::::::::レ゙:::::::::i
    {:::::::::::〈`ヽ:::::j__::\::::::::ヽ::::} /:::::::::::〉:::::::::::::{:::::::::::::ヽ             ,´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.    〉::::\::ヽ ∨ )::}:::::>= 、::,`=v:::::::::/::::::::::::_′::::::::::::::゙,              │ Wie, meine Kleine da? Was sollte die?     │
   |:::::::::::丶} ;'  厶_/  //  /!:::::::/:::::::::::::! {::::::::::::::::::::!            │                              │
   |::::::::::::::::∨ /  /  //  ,..::!:::::/:::::::::::::::}!::::::::::::::::ⅰ            │ (えぇ、この子を? どうしてぇ?)       │
   {::::::::::::::::..′/、 /  〃丶,′!::::.゙::::::::::::::::ヽj:::::::::::::::::::{             ゝ___________________乂
   ヽ::::::::::::〈  ゙ y   /  /、丿イ:::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::ム
   丿:::::::__>、 ′  ′//::::丿::::::::::::::::::∠::::::::::::::::::::::::}

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻

.

Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!