タグ:◆SC/lFq0OJI 【全1ページ/8タイトル】

やらない夫のナブコドノゾール物語 一話

2012 04 14  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆SC/lFq0OJI, 完結作品1話目, |
1 ◆SC/lFq0OJI 2012/04/07(土) 20:39:14 ID:WQZWtEjM

               ,...、...-‐ ‐- 、 ,
.         ,.r::´:::::::::::::::::::::  :::::::`:ヽ.,
.         i:::::::::::::::::::::::::::::::.: .::::::::::::::::::ヽ
         !:::::::::::::::::::::::::::::.:. .:.:::::::::::::::::::/
.         !:::::::::::::::::::::::::::.:. .:::::::::::::::::::i
           i::::::::::::::::::::::::::::.: .:.::::::::::::::::::i
           |::::::::::::::::::::::::::.:. .::::::::::::::::::|
.         |::::::::::::::::::::::::::.:. .:.:::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::::::::::::.:.  .:.:::::::::::;:、-゙‐‐..、
...... (:::::::``::.."、::::::::::::__; , , ,、、: : :;: :r:"::::::::::::::::::ヽ
.    \::::::::::::r::`: : :‐--‐: : : :":-‐: ‐-:、:::::::::::::::::}
.    ィ彡;: :: :i:: : :,,-,-,‐,)ノ.i /-、、,,,, ヽ: ::.:.ゝ-:、::/
.    ヽ《::ヾ;: :i:/: .ェエユッ::) ."´frヲュ、 ! ミ、ヾミ、{....──────────────────────────────┐
.     ヾ、ヽ::.i:{:.:. ゞ /::{ :: ゙  "  :} ヾヽ:.:.:/                                                │
.      ヾ、:彡i:.   ./ヽ. ::ハ    i :.:.ミ〃'...   ○イタリアの作曲家ジュゼッペ・ヴェルディの若い頃の話です     ..│
.        彡;,., -‐‐ ゙ヽ,__,〃‐ヽ、,_ i .:.ミ         ○一応史実を題材にしていますが、半分以上はフィクションです    .│
       彡:, :: : : :__,;; ; ; ;、; : : : : :三ミニ.       ○主人公が作曲家なのに音楽の詳しい話はあまりありません       |
        i:`彡: : : ´":::-‐‐"" : : : :.:ミヽ      ○全七話完結です                                   │
.       ,...i ヽ::"彡: : : : : : : : : : : : :.ミ゙ .}                                                   │
.   , _ .,/:::`-、``〉"彡: :川:ヽ : : :.ミ゙/ / トヽ────────────────────────────────┘
_:'´::::::::::::::::::::::::l// , ´"‐-、;;-‐ ゙  : :' ., ヽ}
_::::::::::::::::::::::::::/ /  /  ./ /   〃 .{:::`‐---....、      【 ☆以上を踏まえてお楽しみください 】
゙::::::::::::::::::::::/ /   ノ  ./-‐-  、 : :〃,、ゝ ;::::::::::::::::::`ヽ
_:::::::::::::::::/        /:::::::::::::::::::::ヽ、ヽ`` 、`` ‐-  、:::::::::\
_::::::::::::::/       ./::::::::::::::::::::::::::::::\\  `ヽ 、   `ヽ 、

やらない夫のナブコドノゾール物語 二話

2012 04 15  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆SC/lFq0OJI, |
156 ◆SC/lFq0OJI 2012/04/08(日) 20:35:25 ID:rd2bsNIA

     ┏───────────┓
     │  1839年11月17日   ...│
     ┗───────────┛

_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_l二二二ln_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | || | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n
ヮ,'l㌍l、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;l㌶ni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,т㍑i゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧凸;;;;;;
田┐工ユE∧ヰA┏─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳∟凵Ξ|田
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖v"|l巫]||斤
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ ̄|─r‐┬|Π
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i| /⌒\ /二三
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三|i |二二! 三\
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,. イ___/´|    |  il   |\ __] Πпr―.、=ニ二>、|| 田 |
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.-_‐=_二l  |__|  '|...┏────────────────────┓
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' "´i i i i i i i| /          │  それがどれほど記念すべき日なのか、    .│
ニ―-┐γ´  r''´i i| i| i_l⊥l,.-‐''´       ::'' i ''::. │  ミラノの市民たちは気づいていなかった  .....│
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"´        \  .:'  :i:   ┗────────────────────┛
  r┐:|-‐''´/|_ `ー-ァ―ァ、 _   |圭圭圭圭圭|   _   ._,,...-‐''´  _,.イj:::丶| l^
」 .i__| :|_,,/n |  / / / ||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |ヽ  ._,,..-‐<´-‐||:::::::::ヽ!
    :| | / ヽ|/∧’/ / i||    /         \       |丶\ \ | | | 川 ノ::::::::::::::ヽ
-‐  /|| ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄||\
  /川||_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_||川
/川 /                                                  \

やらない夫のナブコドノゾール物語 三話

2012 04 16  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆SC/lFq0OJI, |
292 ◆SC/lFq0OJI 2012/04/10(火) 20:35:09 ID:QabpTR3k

     ┏────────┓
     │   1840年    .│
     ┗────────┛

     ┏─────────────────┓
     │  それは二つの革命に挟まれた年    │
     ┗─────────────────┛

    /   ´7         ´-´~ヽ,      i‐、 )
―‐´   , -´               !      ノ  ´    ;
     !__、-、           /     /--‐―‐ヽ、''
        _二っ        く´_,,    ,/,,,,,;''''"''';,,,,,; i、
      i`´  _  _       ノ ,,- ‐;´,,,      ,,; ヽ,
    /´-、 i´ `‐` ~`´~~~~~´  |     "';,,,     "; ヽ,
    ~`´  `´          _,,ノ       ;,,,;';  ;'';  `‐-、
            i--、   /´           "';,,,;,,,',;    )
             `i "‐-´                     "''''''''/
     ,-―‐~~ヽ,,,--!                       /
     つ                             i
     `‐`‐i_                          |_,,,,-、,,,,,,
          ヽ,,,                       ;''''"     (
           )                      ,;"   .,,-‐´
           \,_                    ,;"
             )                   ;''"';,,
             |                     ';",
             |                     ,,,;'
             |     ┏────────────────────────────┓
             !     │  1830年のフランス七月革命と、1848年の『諸国民の春』に     .│
―、,,_    ,,     ノ     ┗────────────────────────────┛
   ` ―´ ` ‐--,,ノ,              ,,/`―‐、   /´
            ";,,,           |´     ` ‐‐´
              "''';,,,,,,,,,;''';,,,,,,   {
                     "'''''"'}

やらない夫のナブコドノゾール物語 四話

2012 04 17  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆SC/lFq0OJI, |
484 ◆SC/lFq0OJI 2012/04/12(木) 21:02:55 ID:s7W/iIRM

    ┏──────────────────────────┓
    │  それは、今から9年前――1831年12月26日の夜だった    │
    ┗──────────────────────────┛

     +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
      . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
               *- - -*   。       。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
     ゚  o   .  。   .  . ヽ  ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
    ゚ ,   , 。 .   +  ゚  ヽ 。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
   。 .  .。        *- - -*. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
           。   .  ヽ 。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
    。 .  . .   .   . ヽ 。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
       ゚  。   ゚  .  +。 *゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
    。  .   . 。 。゚. 。* 。, ヽ´。.  ((★))。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
     .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ ヽ+ ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
    ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚.,* ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
   ゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚.ヽ ° 。 .   ,      ゚    ゚
    。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ヽ゚   ,   。     。   .   .
    ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。 *゚
   ゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
    .  .     . ,     。       .           .  ,    .
         。                 ゚   .           。
    , .        .           ,       .     .

    ┏──────────────────────────────┓
    │  新進気鋭の青年作曲家ヴィンチェンツォ・ベッリーニが          │
    │  イタリア・オペラ史に燦然と輝く傑作を、スカラ座で初演したのは    │
    ┗──────────────────────────────┛

やらない夫のナブコドノゾール物語 五話

2012 04 18  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆SC/lFq0OJI, |
662 ◆SC/lFq0OJI 2012/04/14(土) 20:06:45 ID:7MgwNlQU


        ┏───────────────────────────────┓
        │                                            ....│
        │    あなたは、私のことを思っておられるかも知れません        .....│
        │                                            ....│
        │    他の男達と同じような男だと、賢明な人間だと、           ......│
        │    自分の夢見る目標目指して、まっしぐらに走る賢明な人間だと   ...│
        │                                            ....│
        ┗───────────────────────────────┛


.

663 ◆SC/lFq0OJI 2012/04/14(土) 20:07:18 ID:7MgwNlQU




                ┏──────────────────┓
                │                           .│
                │   それは大きな間違いです        │
                │                           .│
                │   私は突き進む力そのものです!  ......│
                │                           .│
                ┗──────────────────┛




.

やらない夫のナブコドノゾール物語 六話

2012 04 20  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆SC/lFq0OJI, |
841 ◆SC/lFq0OJI 2012/04/17(火) 20:47:54 ID:kuLuvlFo


────────────────────────────────────────────────
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │         ┏────────────────────────────┓
::::::::::::::::::        │         │  『ナブコドノゾール』は、二人の登場人物を軸とした物語だ     .│
::::::::::::::::::        │         ┗────────────────────────────┛
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::        │                           ||
::::::::::::::::::____│.__________________..||
::::::::::::::::::────へ──────────────────´

     ┏─────────────────────────────┓
     │  主人公であるバビロニア王ナブッコと、ヒロインのアビガイッレ  ....│
     │  彼らの運命的な対決が、このオペラ全体を支配する        ...│
     ┗─────────────────────────────┛

やらない夫のナブコドノゾール物語 最終回

2012 04 21  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆SC/lFq0OJI, |
35 ◆SC/lFq0OJI 2012/04/19(木) 20:44:08 ID:JX2HnhR2

   ┏───────────────────────────┓
   │  イタリア・オペラが生まれたのは19世紀初頭のことである    .│
   ┗───────────────────────────┛
                     ,-、
                  ,-~´
                  \
       _          |~
      /´  `ヽ,        |,
  ,-~´~     ~´)       `\,
/           )         `~|
            `)          `|
             ~\         |,
              く,,_         \
            ┏────────────────────────┓
            │  もちろん、それ以前のイタリアにもオペラはあった    .│
            ┗────────────────────────┛
                       ヽ,_,         ̄`ヽ,,_
                         `っ       ,,-,,_ ~ヽ,
                           `ヽ, _   /    `ヽ )
                             ~ |,  (_,     し´
                               )   `ヽ,
                               `),,  _|
                               ,-´ (
                               _)  ノ´
                              (__ノ

   ┏────────────────────────────┓
   │  だがそれを『イタリア』のオペラと考えるようになったのは、     │
   │  国民感情が高まった19世紀初めからのことだ            .│
   ┗────────────────────────────┛

やらない夫のナブコドノゾール物語 イタリア・オペラと作曲家たち(解説というか蛇足というか雑感というか、そんなもの)

2012 04 24  目次ページ ⇒ 最初から読む    タグ:◆SC/lFq0OJI, |

        ┏─────────────────────────┓
        │  解説というか蛇足というか雑感というか、そんなもの   .│
        ┗─────────────────────────┛



               / ̄ ̄\
             / ノ  ヽ、.\
             |  (●)(●) |
             / ̄ ̄ ̄ 丶人__).  |
         /        \ ._|_____
       , --'、             /         `〉
        / ⌒ )        /         /
       ,′  ノ          /           /
       l  T´ .._     ./       r'´ ̄ヽ
      ヽ ノ   ./丶、  /       (  ̄  l
         `'ー'´   | .`'ー'――┬― --、/   _.ノ

243 ◆SC/lFq0OJI 2012/04/23(月) 20:11:02 ID:iuGLGBms

         |
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●)
.   |     (__人__)      イタリア・オペラと作曲家たち
    |     ` ⌒´ノ
.    |         }...   。
.    ヽ        }..   /
     ヽ     ノ     /
     / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.     | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
    | |  ゚|  |\/____E[]ヨ___________
  _ | |  ゚|  |__
  |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
  |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
  |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
Edit by 社会生活VIPまとめツール  
 

カテゴリ一覧:全記事カテゴリ一覧が表示されます。
▲ページトップ:押すとページの頭に巻き戻します。
レイアウト標準:本文フォント、合いの手、上下バーが初期に戻ります
管理人にコメント:目次ページへのコメントの書き込み。こっそり連絡したい方は非表示、もしくはメールフォームにてご連絡ください。
コメントを書く:各エントリーに対してのコメント欄に飛びます。アレンジ作品等のネタバレ、また作品に対する中傷・批判のコメントは控えて頂ければと思ってます。
NGワード:●ねとか、●す等が引っかかるようです。
MUSIC STOP:プレイヤーで鳴らしているBGMを止めます。(2011/01/15以降のまとめのみ)
TOPへ戻る:トップページへ戻ります。
B!